ご署名ありがとうございます

以前にも紹介しましたが
イギリスの被害者の方が署名を集めています。

署名のお誘い

多くの日本人が協力してくださりました。
ありがとうございます。


被害日記

10:00
昨夜はかなり激しく脳を攻撃され、暴れ出したくなる衝動まで送信されて大変に苦しまされたので就寝が遅くなってしまった。2時過ぎだったと思う。しかし、朝の6時半に人工夢を見させられて起された。脳内音声による歌のリピート送信をされていたが、その時にどさくさに紛れて「許して欲しかったら日記を書くのをやめろ」と声の送信で言っていた。しかし、私は全部、嘘だと思っている。恐らく加害者は現在どんな事をしても摘発されないと言う完全な確信の基に殺人に匹敵する犯罪を行っていて、被害者が何をしても全く関係ないのだと思う。それに対しては幅広くこの犯罪を知ってもらう事しかない。

起床後は頭痛がしていて、キーンという音のためか周囲の音が聞こえ難くなっている。歯を磨いていると吐き気を何度も起された。腹は立つが見えない敵であるので我慢するしかない。

11:48
仕事をしているが、脳内音声による歌のリピートは起床時から行われ、パルス波で意識障害を起こされているような感じで、記憶障害や時間感覚の喪失感も伴い、著しく不快である。頭痛と首の締め付けや平衡感覚の変調も行われている。また、電話をしようとすると名刺に書いてある電話番号を自分の目から読み取られてしまい声の送信で先に言われる。このように被害者の体を遠隔から乗っ取ってしまい情報を盗んだり、身体機能を不調にしたり出来る装置なので、何をされているかを被害者が語れば内的な問題に聞こえるのは当たり前だと思う。

心拍数を上げられ、興奮状態にされている。それは、物事を確かに確認して次に進む事が出来ない状態で、文章を読むのであれば飛ばし読みしか出来ないようにされている。その現象が脳内の自分が思考して行動すべき領域でも起されているので、慌てて先を急ぐような感じになってしまう。しかも、それに逆らってゆっくりとした確実なペースの言動をしようとすると、著しい不快感に襲われたり、記憶の消去や歌のリピート送信などで強力に妨害をされると言う最悪の手口で行われている。これは今始まった攻撃ではない。

17:59
文字通り

被害者を自殺・発狂に追い込む悪魔の電磁波テロが実行されている

相当な攻撃を受けていなければ、そのような言葉は思い浮かばない。

何もしないで生きているだけで「苦しい」そんな状態のまま仕事を続けている。何が「苦しい」のか、それは頭部圧迫感であり、首の後ろの硬直であり、手足の筋肉の引きつりであり、聞きたくもない脳内音声であり、耐え難い激しい嫌悪感であり、記憶障害であり、平衡感覚の変調や吐き気や頭痛であり、人前でも遠慮なく続けられ自然な自分の姿は何処にもなく、重要な場面では確実に妨害をされ仕事は勿論、生活全般に関して途切れる事無く苦しみを伴った妨害が続けられるからだ。

特に電磁波による遠隔マインドコントロールは精神への遠隔拷問テクノロジーを使っているので激しい嫌悪感や暴れ出したくなるような強力な怒りが湧きあがる。それは、一般に電磁波攻撃と言われている苦痛を倍増させ耐えがたい感情を作り出す強度の精神への遠隔拷問だ。

例えば、顔の左半分の筋肉が遠隔操作により引きつってしまっていても、下唇を右側だけ吸い込むようにして噛まされていても、脳内音声による歌のリピート送信が途切れる事無く続けられていても、精神への拷問テクノロジーが使われていなければ、ここまで苦しむことにはならない。

午後は来客があり、大切な話をしていたが歌のリピート送信と脳への攻撃の為に話を聞き逃してしまう場面が何度もあった。その度に声の送信では「ざまあみろ」と言う。その後は現場で仕事をしていたが、急に目眩がして視力が落ちたり、筋肉が固まってしまい身動きが取れなくなった。声の送信は途切れる事無く干渉を続け、他人が笑っていると「お前のことを笑っているんだぞ」、「お前のことを皆が精神病だと思っているぞ」と言ったりする。とてもリラックスして人と話せるような精神状態ではなくなってしまう。それでも我慢をしてそのまま仕事を続ける。

加害者の人間性を説明するまでもなく

このような武器を使う事を禁止させない政府に問題がある。

27日2:22
ボクシングのニュースを見たら加害者が「マイク・タイソンとイベンダー・ホリフィールドの試合を見てみろ」と言うので、見ていたのでこの時間になってしまった。マイク・タイソンの試合のビデオは何本か録画して持っているので、探してみるとあった。ホリフィールドという名前は覚えていたが、イベンダーというのは忘れていた。探していると約20年前の試合のビデオもあったが綺麗な画像で見れた。加害者の意図は判らないが、マイクタイソンの負け試合を見せて気分を悪くさせたかったのだろうか。過去からの試合や選手を取り巻く環境などに関して、その裏側があるような事を加害者はしきりに言っていた。ビデオを見ている最中も歌のリピート送信や声の送信、脳の芯が痺れるような不快感と首や腰の違和感が続いていた。

今日も楽器の練習に行ったが音が煩く聞こえる妨害以外はそれほど酷くなく練習が出来た。今も、各種攻撃が続いていて著しく不快である。

2:57
音声送信により無理やり呟かされ、それのなぞりを聞かされ、テレパシー通信のように会話をさせられたり、意味なく呟かされたりの状態は途切れる事無く続けられている。そのような遠隔操作が思考の領域でも行われている。

電磁波テロ、酷い迷惑だ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる