人の行動を変えてしまう遠隔操作

電磁波犯罪、テクノロジー犯罪と呼ばれている人間の遠隔操作では、被害者の思想のみならず行動を変えてしまう事がしばしば行われる。方法としては、感情の遠隔操作と思考の挿入(声やイメージ)によるもの、五感の変調などの不快感から逃れようとするもの、現実と乖離させてしまうマインドコントロールによるもの、などがあり、それらを説明すると大変な量になってしまうので省くが、平衡感覚の変調と筋肉の操作で転びそうにされてしまう、鼻を刺激させてくしゃみを出させると言うのも行動を変えてしまう遠隔操作の部類に入る。

この中で日常的に使われている行動の制御としては、最低何か一つのものを常に気にさせるように声やイメージの送信をして被害者の考えや行動を変えてしまうという手法だ。日常生活に置いて多く出てくる場面に対し、気にさせようとした事柄に何かの条件を付加させた上で執拗に意識させ続けて行動を変えさせてしまう。

例えば、他人が「見ている」、「聞いている」というのを行う場合、そこに悪感情や好感情を付加させる。一番多いのが「この犯罪を口にすると笑われるぞ」という加害者の切り札のような所に結論付ける方法で、声の送信により「お前のことを病気だと思っている人間が見ているぞ、そこで変な行動を取るとやっぱり病気だと言われるぞ」などのように聞かされると、それが脳内音声でなくとも目の前に居る知人との会話であったとしても言動に何か変化が起きると思う。

そんな感情を持たされた上で脳や身体への攻撃を加えられてしまうと嫌でも自然な状態ではなくなってしまうので、精神的拷問の世界へ突入してしまう。また、それは行動の抑制に使われることも多い。良く考えてみると子供を教育する時のやり方に似ているかも知れないが、加害者は、しばしばターゲットとなる人間が大切にしているものを奪い取る形でそれらを行ってくる。


被害日記

11:18
上記文章の結論として実際には人間としての生活すべてを奪い取られていると思う。仕方ないので、その一部だけを切り取って文章にしている。

昨夜は1時過ぎには寝ていたと思う。しかし、朝の6時前に起されてしまった。声の送信では何かを聞かされていたが忘れた。トイレに行ってから再度寝たが9時過ぎに目が覚める。起床後は酷い疲労感と手首と腰の痛みがあったが不自然極まりなく感じた。コーヒーを入れる時には強い記憶障害など現実感がなくなってしまうような脳への攻撃が随分と少なくなっていた。日記の更新に入ると急に平衡感覚の変調と思考能力の低下が起きる。それでも激しい攻撃をされていた時期から比べると軽いと思う。

21:57
今日は音楽の演奏があるので都内スタジオまで向かった。日頃の音楽に対する妨害は激しいものがあり、どんな楽器でも自分が音を出しても、他人の音を聞いても必ず声の送信により上から被せられてしまう。それは楽器の音の口真似であったり、替え歌であったり、出ている音の脳内音声による再送信であったりする。生演奏でも録音したものでも、CDでもラジオでも関係なく妨害をされるので音楽を聞く楽しみを奪われてから久しい。自分が演奏する時に妨害をされるようになってからも数年経っている。それでも音楽を続けている。

今日もスタジオに近づくと急に遠くを見るような目にされ放心状態のようにされ、また、不快感と共に記憶障害が強くなり、演奏中にどんな酷い事をされるかと不安になった。演奏を始めると、やはり陰湿な形での妨害をされた。

筋肉の操作により体が満足に動かない被害、記憶を瞬時に消され曲の何処を演奏しているか判らなくされる被害、声の送信により間違ったメロディーを聞かされたり、自分が演奏するフレーズを指示される被害、などをひっきりなしにやられ一曲も満足に演奏出来なかった。

それらは他の人から見れば電磁波攻撃を受けているようには見えないだろう。録音した物の中からまともな曲をネットにアップして親しい人だけに聞いてもらっているが、とても演奏妨害を受けているようには聞こえないらしい。それでも実際には途切れる事なく妨害をされた中での演奏なので実力を発揮することは出来ていない。酷いと途中で演奏が止まってしまうほどだ。とにかく酷い事をされ続けている。

いま帰宅途中であるが、得意の精神攻撃を受け、側で話をしている人間の声に対して敏感に反応させられ強い嫌悪感が発生している。まるで自分に嫌がらせをする為にそこに居るような感じさえする。また、声や挙動に合わせて心臓がドキッとさせられたりする。絶妙な遠隔操作だと感心してしまう。殆どの場合、そう言った攻撃を受ける時は、気持ちを弱められ無口にされてしまうので、やっつけられている、いじめられている、などの気持ちが強く発生するので精神拷問となる。

これを書いている最中も激しく耳を攻撃され左耳が聞こえなくなっていり。また、それ以上書くと「怪我をするぞ」と声に脅迫をされている。

15日1:15
上記のような状態で帰宅した。
左耳への攻撃は長く続かなかったが、声による常識外の罵声に近い脅迫を連続で浴びせられていた。そのような時には「そうですか」、「勝手にやれば」と言うしかなくなる。それでも本当に激しく攻撃をされなかったので助かっている。音楽の演奏妨害も同じで本当に激しく攻撃をされたら発狂してしまうだろう。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる