電気通信取締法

1:39
寝ると書いて締め切った昨日の日記。これから風呂に入る所だが加害者の一言をお知らせしたいと思い翌日分を今エントリーする。

「おい、殺人者を呼び出せ、電気通信取締法くらいだぞ」

この程度の考えしかない事を被害者の方に知ってもらいたい。

3:16
出ました、得意の睡眠妨害と洗脳工作。酷い耳鳴りと体への痒み攻撃。全身に電気が流れるような最悪の気分にさせて眠らせない。「吼えろ、わめけ、気を狂わせてやる」、「そこから出て行け、そうすれば許してやる」、「何処へでも好きな所に行け、出て行け」。

そして、実際に会って話をした事のある被害者の名前を出して「あいつに嫌われているぞ」、「あいつはスパイだぞ」、「あいつの考えの方が正しい」など執拗に脳内音声で叩き込んで来る。苛酷な生活環境に無理やりさせ、加害者が自分達に取って都合の良い嘘の情報を被害者に脳内音声で叩き込んで来る。苦しめながら洗脳するのである。

こんな事をされたら精神異常になってしまう。

加害者はこんな事を言って私を騙している。数年前に身内が亡くなった。墓は私が作らなければならなかった。同じ宗派のお寺を探して墓を作った。すると、加害者によると有名な檀家がいるらしい。どこのお寺にもいると思う。それらしき人の名前を出して、脳内音声を送信する「あいつはお墓参りのマナーが悪い、あんなのが檀家にいると困る、墓ごと引っ越してもらいたい」と有名な檀家の方が言ったそうである。

それなのに7回忌の時に本堂でお経を上げてもらっている真っ最中に脳内音声で音楽の送信をしたり、声による嫌がらせをしたのである。墓参り荒らし、お寺荒らし、酷い嫌がらせである。勿論、加害集団がマナーも常識も全くない人達である事はすでに知られている。

加害者は「私達が守ってあげているのに」と送信する。

また

「私達で育てよう」なんて言ったりする。

人を支配したような気分になり優越感を味わっているのだろう。私が頭の中で考えた、次に何をするか、を盗み取り、それを行動より先に脳内音声で聞かせるのである。そして「・・・させてあげよう」、「・・・へ行かせてあげよう」といった感じである。実際には嫌がらせをし続けているのだ。

9:24
8時過ぎに目が覚める。もう一度寝たい気持ちではあったが起きる事にした。声と音楽のリピート送信は目覚めるとすぐに聞こえる。「早く会社に行かせて」とクソの臭いを送信し、ゲップ攻撃をして来る。今、コーヒーを飲みながらパンを食べようとしている。

思考盗聴をしているのは事実だが、嘘発見器のような物があり、瞬時にターゲットの精神状態を調べる事が出来るようだ。たとえば絶対の自信を持っての思考、言動かどうかの区別を心拍数、その他の生体情報により判断していると思われる。

嘘発見器

それらのテストを急いでいるのなら、生体実験の噂も納得できる。被害者の中には加害の理由、加害者像に関して、そちらの方向だと主張する方がいる。ただ、加害者像があまりにも下品で愚かな為に実験をしているとは思えないのである。逆に、裏舞台を隠す為に意図的に下劣なイメージを演出していると言う方もいる。わたしとしては

明確な根拠のない事はあまり考えない

ことにしている。たとえば嘘発見器のテストというのは私が思っただけの事である。アメリカでビルに飛行機が突っ込んでからテロという言葉を良く耳にするようになった。その頃、私は声の送信で「君のことを総理大臣がテロリストだと言っているぞ」と聞かされた記憶がある。普通に考えればありない事なのでやめにする。

11:06
会社に入り仕事をしているが声の送信、音楽の送信、臭いの送信が酷くて全く仕事が出来ない。頭の締め付け感、耳鳴り攻撃もされている。口臭の送信というのがあり、胃の中が腐ったような臭いを送信するのは得意だが、実は被害者の胃に痛みを送信して、ストレスで胃がやられたように感じさせた上に胃が腐ったような悪臭を送信するといった手口がある。

思考盗聴の技術というサイトがあるという被害者からのメールをいただいた。私は以前から知っていた。加害者は私がメールを読むと必ずその内容に干渉してくるが、今回は全く干渉してこなかった。メールを読んだ後に、全然関係ない事を思った。自分の生活が近所の人から見て不自然だと思われているのではないか。そう思った瞬間に「その通り!」と、いつもの男の声が聞える。このあたりが怪しいのである。メールを読んですぐの出来事である。

とにかく今日は睡眠不足と自動車の運転などにより疲れている。

腹が立つ。仕事で得意先からの売り上げをネット上から入金してもらうファイナンスのログインが出来ない。パスワードをどうしたのか、メモに書いたのか、思い出せない。確かワンタイムパスワードの入力画面が現れたと記憶しているが、それが出て来ない。更に、本来秘密であるべき、企業コード、ワンタイムパスワード画面の位置情報を脳内音声でずばり送信されてしまう。私が加害者をスパイと呼ぶのにはそういった理由がある。個人の銀行の暗証番号を知られているのも事実だ。

昨日、秋葉原で通り魔殺人事件があったらしい。

それとは関係のない話だと思うが。被害者の女性の方が言っていた。もし私が被害者でなくて、声が聞えると訴える被害者が身近にいたら半径5メートル以内には近づかないと思います、怖いですから。でも彼女は被害者である。「殺せと声が聞えた」と言う事件があったと思う。そのことについて私はこれで脳内音声による嫌がらせが明るみに出るのではと思った。

しかし、逆の発想をする方もいた。

そんな事件があると余計、脳内音声の被害を訴えている人が怪しまれる。

15:18
延々と音楽のリピート送信をされ、リアルタイムで声の送信により隙あらば貶す。この状態に耐えていた。30分ほど前から映像に関する被害報告をまとめようと作業を始めると電磁波のような物を浴びせられ頭が締め付けられるような感覚になり、肩が凝り、お腹に空気が溜まりパンパンになる。実際に腸がボコボコ動いているのを感じる。どんな方法でやっているのか想像もつかない。電磁波のような物を浴びせられる感覚は、どんな状態か説明するのは難しいが時間の感覚が無くなるというか、思考が進まないというか、記憶力が低下するというか、異常な感じで著しく気分が悪くなる。こんな事を毎日されていたら体に悪いのではないかと思ってしまう。

その後、同じ被害者の方のブログを読んでいた。読んでいる間ずっと嫌味を送信したり、脳を狂わせる被害により文字を読み違えたりすると、ここぞとばかりに貶して来る。視野盗撮かハッキングか、両方か。こちらが文字を読むよりも先を読んで声の送信をするので何かあるのは間違いない。更に、乳首を敏感にさせたり、肛門に違和感を送信したり、性器と下腹部に痒み、痛みを送信される。

私がこの日記を書き出すと「殺してやれ、発狂させてやれ、専門の医者に診させろ」などと寄って集って悪口を送信したり、耳鳴り攻撃をしたりする。

そういえばインターネットメールのログインシールと言うのがある。ログイン詐欺を防ぐ為に設定するらしい。私はかなり以前にログインシールを設定していたのでログインの度にシールを見ていたが、最近、そのログインシールが無くなってしまった。従ってログインすることは避けている。

17:55
今日は、なのか、今日も、なのか判らない。ずっと後頭部と首の後ろに締め付け感があり、軽い頭痛がしている。思考盗聴と脳内音声による嫌がらせも続いている。歌のリピート送信も続き、引っ切り無しに顔を痒くされたり、臭いの送信をされたり、体を針刺し攻撃であちこち痛くされたり、性器、肛門に違和感などをやられている。

とにかく酷い。

毎日のことなので細かく説明をする必要もなく、とにかく酷い攻撃を受け続けている。

追記、ログアウト後に更に攻撃を激しくする。足の裏を痛くしたり、左わき腹を痛くしたり、クソの臭いを送信したり、「私たちも負けてはいられない」、「もっと嫌がらせしてやれ、今夜は寝させるな」。

こういった悪党なのである。それも説明の必要もない。

目に見えない被害、精神の攻撃、絶対に許してはいけない。

18:28
声の送信では「もう、終わりにしよう」、「許してあげよう」と言ってみたりするが、絶対にやめない。耳鳴り攻撃も開始された。そして、今、日記にそのことを書くと、更に耳鳴りのボリュームを上げる。鼻の穴の中を痒くされる。Kらさわに歌わせてあげようと送信すると下手な歌が女の声で聞こえて来る「やめてけれ、やめてけれ、やめてけーれ、げばげは」これである。

全く人権を無視した残虐な犯罪だ。

歌を送信されれば、嫌でも一緒に歌ってしまう事を知っている。

時たま「かわいそうに」と声の送信をする。

日本を破壊するテロ行為である。

これでもし、耐えられなくなり発狂すれば精神異常者である。

絶対に許してはいけない。殺人と同じである。人間をおもちゃにして遊んでいる。
栃木県佐野市で実際に行われている犯罪である。

20:43
酷い攻撃が続いている。とうとう実際に外から聞こえる、なぞの生物の鳴き声まで登場した。これは実は20年前にもやられている。今は耳鳴り攻撃と内臓の痛み、偏頭痛(右半分)、思考盗聴と脳内音声によるリアルタイムでの陰湿なやり方の嫌がらせを延々と続けている。考える事が出来ない。脳の動きを制限されているかのようで、ただ、呆然と遠くを見つめているような感じになる。そして言葉では言い表せない不快感。何処に行こうと絶対に逃れることが出来ない。「苦しめ、悔しかったら歯を食いしばれ、いい気味だ、ザまあ見ろ」と声による嫌がらせも延々と続ける。

自称宗教団体である。

「お前の名前を新聞に載せてやる、いいのか」と脅迫をされる。

この苦しみは大変な物である。

加害者は悪魔だ。この日記を書かせているのも加害者である。嫌がらせをされなければ、書くことは何もない。「かわいそうに、やめてあげようよ」なんて女の声で送信して来たりする。たった今「書かせてあげよう、一生書かせてあげよう」と声の送信をされる。

創価学会という団体名を出したのも声の主である。

私は創価学会が加害者だと言っているのではない。脳内音声で送信されたといっているのだ。

「拝みやと公明党には逆らうなよ」
「創価学会に入れば許してやる」
「創価学会に入りなさい」
「創価学会をなめるなよ」
「創価学会の怖さを教えてやる」

そして、最近は「私達はねえ、創価学会じゃないんだよ」と、たまに声の送信をされる。

今、どんな精神状態か率直にいうと、発狂して暴れださないように我慢をしている、そんな状態である。被害を他人に信じて貰いたいとかそういう気持ちではない。この苦しみは大変な物である。

逃れたいと思ったら自分で自分の命を絶つしか方法がないのである。

21:33
影に隠れて集団で武器を使って計画的に嫌がらせ

これは、何か重要な法律を使って処罰しなければならないと思う。しかもスパイ行為に寄って得た情報による脅迫と嫌がらせである。しかも思考盗聴、脳内音声、生体情報通信という常識では考えられないような武器を使い強制的に人権を奪い取りマインドコントロール、思考盗聴をするのである。

加害者は私をパソコンの前から離れさせたいようである。

自由も人権もプライバシーもない国にしてしまう悪魔。

22:02
「みんな君の事をキチガイだと思っているよ」、「パソコンに近づかせてあげるよ」、それでクソの臭いを送信し、お腹に空気の溜まる攻撃をし、耳鳴りのボリュームを上げる。なぜ、今ログインしたかと言うと昨日スタジオで演奏した曲をICレコーダーからパソコンにダビングして聞いていると演奏内容にボロクソにケチを付ける。更に演奏の日付を確認すると一週間前の物である為に、もう一度ICレコーダーからパソコンにダビングし直そうとすると「ざまあみろ、みんな知っていて黙っていたんだ、笑われろ」と声の送信をされた。さて、なぜ知っているのか、ハッキングかテンペストか視野盗撮か、いずれにしてもスパイ行為をしている証拠である。ようするにICレコーダーには2週間分の録音された演奏が入っていて、私が気が付かないで同じ週に演奏した物をパソコンに二重にダビングしてしまったのである。右手が凄く痛い、冷たい感じがする、氷でも触っているような感覚だ。とにかく痛い。

受けた被害はすべて報告するつもりだ。

23:41
今、風呂から出た所だ。さっきまでは自分で演奏した音楽を聞いていた。「ざまあみろ、効果抜群、また嫌がらせしに行こうぜ」と男の声で送信される。スタジオで演奏する時はいつも録音する。その時に声や臭いで嫌がらせをされる。そして、録音した音楽を聞いていると「下手くそだね、センスないね」言いたい放題言われる。しかし、なぜ音楽を聞いている時には歌のリピート送信はない。

声による嫌みは1秒たりとも途切れない

耳鳴りも一日中

「会ってね」、「会って恥をかかそう」と送信される。この意味は何処で加害者と会うか判らないと言う意味だ。卑怯で薄汚いやり方。特定個人にしか聞こえない脳内音声だから何でも言える。しかもスパイ行為をしてあらゆる個人情報を盗み、それをネタに脅迫をする。

こんな感じに24時間休まずに嫌がらせをする

こんな悪魔が野放しでは困る

嫌がらせ同様、長い日記になったので今日はやめる

「勝ったぞ、やった」と声の送信をされる。こんな程度の加害者ではあるが、悪魔の人権侵害装置を使う悪魔に食いつかれると人生終わりになる。

寝ることにする。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる