家を離れても被害に関係なし

14:48
電磁波被害では、どんな自然の豊かな所に行っても被害が継続するのはよく報告されている。

今日も音楽の仲間が来ているので河原に遊びに来たついでに楽器の練習をした。しかし、記憶障害、平衡感覚の変調など脳への攻撃や鼓膜の詰まり、キーンと言う音、不快感などをゲリラ的にやられ迷惑を被っている。話相手がいるし、全体的に昨日より攻撃が弱いので助かっている。しかし、本来の自分ではなく頭もボケた感じで開放感がなく無意識に楽しくはなれない。

取り敢えず合間を見つけて更新まで。

19:35
その後、仲間と夕食をしたが、その時には強い攻撃がなく声による干渉だけだった。会話の妨害や感情操作などを特に感じなかったので、好きなように喋ることが出来た。しかし、仲間が帰ったとたんに歌のリピート送信が開始された。いまは帰宅してパソコンの前にいるが、鼓膜が詰まったようになり思考能力が低下し、不快感が強く無気力にされている。意識障害というかそのような被害を起されていて、日記の文章が思いつかないし、タイプ速度が低下している。

平衡感覚の変調、意識が無くなりそうになる信号を送られてくるのを感じ取れる。それにしても常時そのような状態にされていた時の事を思い出しただけでぞっとする。今も音とは表現し難い何かを耳に送られているし拷問に近い状態だ。首の後ろの筋肉の硬直も行われている。

やはり、皆で政府への要望を続けるべきだと思う。

23:42
拷問状態にされている。
脳への攻撃により思考能力が低下して記憶障害も起されているが、先ほどから急に両方の鼓膜が詰まったようになり、周囲の音(ある一定の周波数の音)が著しく聞こえ難くなっている。頭部圧迫感が酷く耳の中や周囲が痛くなっている。首と肩の筋肉が硬直するような疲労感が発生している。歌のリピート送信が執拗に行われ、心拍数が上がり興奮状態にされている。興奮しても思考能力が低下し、平衡感覚も変になっているので思考範囲は極めて狭くなる。

とにかく声の送信による脅迫が酷く、どんな出来事も無理やり脅迫材料にされてしまい、思考の挿入による強制誘導をされ、そのことばかりを考えさせられてしまう。脅迫材料は実際に検証することが出来ない事柄について加害者が勝手に話しを作り(あり得ない話ではない)脅迫する。それは、家族を被害に遭わせて発狂させるぞ、お前は殺されるぞ、本当に発狂させられるぞ、などだ。

しかし、一番むごいやり方は、家族には目立った被害を受けさせないで少しずつ家庭環境を悪くして、今までと同じように生きている限り苦しめ続けるというやり方だ。これが実際に行われている事は被害者なら誰でも知っている。

24:13
攻撃と脅迫の繰り返しで被害を受けていると言わせない口封じは、いま始まったことではないが、酷く攻撃をされると日記を書いたりするのにかなりの勇気が必要となる。恐ろしい限りだ。

昨夜だったと思うが、携帯電話に残されていた留守番電話のメッセージを聞こうとして発信ボタンを押したのだが、何度やっても「すこしお待ちください」のようなメッセージが表示されてしまい発信をしない。アンテナをみたが良好だった。試しに時報に掛けてみたが同じ。家の固定電話に掛けても同じ。何度かやっているとその内に繋がった。初めての出来事である。

24日2:00
まだ音声送信、脳への攻撃など続いているが、弱くなっている。

どうも就寝時間を遅らせようと企んでいるのかと思った。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる