目に映像を認識したら網膜ですか脳ですか

テクノロジー被害では映像送信とか視野盗撮という言葉がよく使われます。映像送信は2種類あり、頭の中に描くイメージ映像の盗み取りと送信があり、視野盗撮は読んで字の如く自分が見ている映像をそのままそっくり盗み取られてしまいます。それらは感覚的にそういう被害を受けていると言うのではなく、加害者によって確実にそれが行われている事を知らされてしまう訳です。

ところで、目を瞑っている時に目蓋の中に映像が見える被害があるのですが、それは脳に送信されているのでしょうか、それとも目に送信されているのでしょうか。

また、実際に見ている視野の中に光の点のようなものを見せられたり、視野の端の部分に錯覚のように虫が動いているように見えたり、携帯電話に着信があったかのように光ったりすることがあります。視覚に対する遠隔操作は他にもありますが、まずその辺りがどのように行われているのかによって加害方法などが少しは解明されないでしょうか。


被害日記

11:42
昨夜はそれほど酷い睡眠妨害はなかった。しかし、時たまやられるのだが目を瞑って寝ようとすると目が目蓋の中のどこかを強く見つめてしまい寝られなくなってしまう被害がある。目蓋の中が明かりが点いたように明るくなってしまう被害もある。とりあえず寝られたが、4時半くらいと、7時半に起こされてしまった。7時半の時は起床時間に近かったのでそのまま起きてしまったが、椅子に座ってタバコを吸っているとすぐに攻撃が始まる。

声の送信ではまくし立てるように連続で脅迫に次ぐ脅迫を仕掛けてくる。自分の身近な所から始まるのだが、それらを無視してやりたければ勝手にやれというと、次第に脅迫の範囲が広くなってくる。たとえば、家族に嫌われるぞ、知人に嫌われるぞ、近所に嫌われるぞ、警察に逮捕されるぞ、国家に睨まれるぞ、精神病院に入れられるぞ、殺されるぞ、などのような感じで最後は「笑われろ」と言うところに行ってしまう。

それらも無視をしていると今度は痛みなどの身体攻撃をして力ずくでねじ伏せに掛かる。顔を洗ってコーヒーを飲むまでの15分程度の間の出来事だ。そんな時には何かマインドコントロールのための特殊な周波数を送信されているように気のせいか感じた。それは音として認識し難い種類のものだと思うのだが音のように感じた。

その後は、歌のリピート送信をされ、脳への攻撃で思考能力が低下して、何をやるのも面倒だと感じてしまい、何事も捗らない状況だ。

22:05
ようやく思い腰を上げ日記の更新に入る。
水から上がったような体の重さと気持ちの重さがある。
左半身の筋肉の疲労痛のようなものが発生している。お腹に空気も溜められている。呼吸のリズムが変というか心臓が苦しいというか微妙な被害だ。昼間は延々と続く歌のリピート送信や意識障害、過呼吸と腹に空気が溜まる攻撃などと戦いながら仕事を続けた。

それはある意味、感情操作というか耐え切れなくなるような攻撃がなかったからかも知れないが、結構、被害を受けながらも我慢をしていたと思う。本当に攻撃が激しいと仕事にはならない。

ただ、日記の更新などや被害者の方との連絡に関しては、何か躊躇してしまう傾向にあるのが不思議でならない。それは強い妨害とか感情操作をされている事が認識できないからだ。従って、強い気持ちで連絡を取ろうと思わない限り後付のようになってしまう。

夕食後には、何もしないで休養の日にしたいと思っていたが横になってテレビを見ていると全身が細かく振動するような感じになり、不快感が発生して、またいつもの拷問かと思ったが少し弱くなっている。そして、興奮させられるのではなく鈍いく重苦しい被害となっている。

そう言った抑制が働いているのだと思う。

20日1:09
風呂から上がり、胃に空気を溜められてゲップを出せなくされたり、喘息のようにされたり、咳をさせられたり、痰が絡んだりする被害を受けている。歌のリピート送信も先ほどまでやられていた。喉を締め付けられるような感じもある。

所で、ブログへの接続妨害をされている。ログインページが表示されなかったり、表示されてパスワードを入力しても、接続がリセットされました、となってしまいどうしても接続出来ないのでコメントを自分で入れたりしたが、携帯電話からならログイン出来るかと思い試してみたらログイン出来たので更新した。

寝る。

COMMENTS

はじめまして

私も同じように寝ていても起きていても思考盗聴・思考送信(思考の捏造と上書き)・幻覚・感覚の変調・感情の操作・運動機能の乗っ取り・排泄誘導などをされています。

昨夜は、全く違う夢を見させられながら隣に寝ている夫に対して殴らされそうになりました(手が届かず無事でしたが)。

私も、彼ら電磁波犯罪加害者の声はほぼ全て無視して(湧きあがってきた自分の思考であると思える声すら9割ほど捏造であると感じられるため)過ごしております。

一度、携帯電話の待ち受け画面で「某月某日(FRI)」とあるべきところを、記憶画像からと思われる視野画像のすり替えで、「某月某日(土)」との表示に差し替えられていたことがあります。
(その差し替えられた日の2週間前に携帯を新調し、その差し替えられた日の5日前に曜日表記を英語に変更したのですが、その時は日本語の曜日表記そのままでしたので気づきました)

1度、全く未知のアニメ的映像が、変化しながら目まぐるしく回転・変形していく思考入力ゲームのような画面を、視野に延々と表示されながら感情送信・感覚送信をされ、様々な刷り込み・情報の収集(主にyes/no/快/不快などを知るためと思われる)をされたことがあります。

その際は、目を閉じると瞼の裏にあったものが、目を開けると継続している映像が天井にあったり(ほんのりとしか見えず、ぼやけて見えるようでした)。

昼間も数秒~数十秒ほど1枚の変化していく絵を見させられたことがありますが、それは床の単一色の絨毯の上に砂鉄と磁石で描かれるように見えたりしました。

携帯の着信を知らせる光の点滅の錯覚工作は、何か用事をしている時に限って、思考で「携帯…」と考えるよう誘導されてから、というのが多い気がします。
(光る面が床に接触していて見えるはずがないこともしばしば(苦笑))

光に関しても、音に対してもですが、昔に体験したり思考したり刷り込まれたものの再送信であったり、「それ」と錯覚できる要素のある物(幾何学的なシンボルでOK)を視覚や聴覚の入力神経に曖昧に提示し、音声の送信やほのめかしで刷り込まれた内容で「それ」と想起・知覚・記憶に定着させているのではないかと思われます。

視界の端に赤い車と白い車が重なって映ると「(自分の思考と勘違いさせるための脳へのささやき声で)緊急車両だ!」直後に「(異性やはっきりと自分でないと分かる声で)おや、今パトカーが見えたと思っただろう。」と言う、ということが何回かありました。
(実際、見えた白い車の面積の量で救急車かも?と思っていても、パトカーに関するほのめかしが続くこともありました)

脳への言語的介入による知覚誘導をメイン、映像や特徴的音声は刷り込み時のサブ要素と私は感じています。

まぁ、映像のほうを気にされる方の場合は全く映像送信による被害のほうが多いのかもしれませんが。

私の場合は疲れている時やあまり眠れていない時などは特に、加害者のやりたい放題になっている気がします。

どうか耳印さんもサプリなどで栄養を補ったり、脳や身体に疲労を極力残さないようになさって、心身ともに大事になさってください。

No title

19日に要望をお願いしましたが届いていましたか?パソコンの調子が悪かったみたいなので念の為確認をお願いいたします。

Re: No title

ペプシ 様

コメントは届いていますが、ご存知のように被害があり、声で脅迫などされると中々動けません。しかし、そのような方面からの広報があっても良いのかと思いますので、他の方にも話してみます。

「視覚野を交流刺激すると光が見える」

http://www.soumu.go.jp/main_content/000068682.pdf
『脳の局在と統合』
にて、「視覚野を交流刺激すると光が見える」のだそうです。
脳の視覚野へ電磁信号を送信している可能性が高いように思えます。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる