知的財産が盗まれていないか

思考盗聴と呼ばれる装置に掛けられると、見たもの、聞いたものなどがリアルタイムで盗まれてしまい、考えた内容も盗まれてしまう。テクノロジー犯罪の被害者にされると、それらの理由からあらゆるプライバシーがなくなってしまいキャッシュカードの暗証番号から本人しか知らない脳内だけの出来事まで盗み取られてしまう。

アイデアなどを盗み取られてしまう被害を訴える被害者もいるので価値ある知的財産を盗み取られている可能性は否定できない。その装置が如何なる人にでも向ける事が出来るのであれば、それこそ重要な人物の考えている事を盗み取る事が可能となる。知的財産は何も脳内だけではなく私的なメモも含まれる。

しかし、もっとも価値が高いと思われるのは不可視であり、決して表面化されることのない精神世界での出来事であり、例えば音楽を演奏している時に何をイメージしているか、何を考えているか、などは重要なノウハウとなっている。

この犯罪を否定するのは簡単だが万人に対して行われていない事を保証するのは大変なことだ。


被害日記

昨夜は2時頃に就寝したと思う。しかし、朝の6時に目を覚めさせられてしまい、眠くて目が開かないのだが声の送信が続けられるので再就寝出来なくなってしまい、一度トイレに行ってから再度寝ようとしたのだが、軽度に覚醒させられて7時頃まで眠れなかった。起きてしまおうかと思ったのだが知らない内に眠ってしまい8時に目覚ましで起きた。

起床後はすぐに脳内音声による歌のリピート送信が始まり、脅迫のような嫌みのような声による語りかけも執拗に行われ、後頭部に違和感が生じて思考能力が低下する。記憶障害はもうすでに音声送信と同じように日常化した被害となっている。視力が落ちるような視覚の違和感もほぼ日常化しているように思う。

出社して仕事をしていたが、軽い頭部圧迫感と思考能力の低下は続き、強い疲労感と倦怠感のためによほど強い意思を持ってしないと何もしたくなくなってしまう。そんな中で仕事の合間を縫って少し大雑把になったが被害日記を更新した。

18:25
上記、仕事の合間にアップしたものなので、時間の記入がない。その後も脳内音声による歌のリピート送信と声による干渉は途切れる事無く続けられ、脳への攻撃や首の後ろの硬直も続いている。そのような被害の中で何かをやろうとしても、想像力が極めて低下しているので本当に困る。仕事でも、脳の芯が痺れたような、平衡感覚の変調のような、吐き気のような微弱な被害が続いているので記憶障害を含めて落ち着いて深くものを考える事が困難となっている。一応、仕事が終わったので更新をした。

これから、この状態で買い物に行かなければならないが、倦怠感もあり強いプレッシャーとなっている。似たような被害を受けている人たちは皆、この犯罪は人殺しより酷いと言っている。

23:34
食料を買いに行く時も脳への攻撃をされる。挙動不振というか周囲に見られているように感じさせられてしまう。しかも、意識障害のようにされ周囲の自然な雰囲気を感じ取れなくされているので不安になる。そのような不自由な状態で毎日生活をしている。

食後はテレビを見ていたが、やや鼓膜が詰まったようにされ音が聞こえ難い。音声送信はボリュームが小さいが途切れる事無く続いている。しかし、何か集中力が出なく、物足りないような、満足感がない。食べたばかりなのに空腹感があり、もっと食べてしまいたい気持ちがする。腹を空気でパンパンにされる被害がないので食べようと思えば食べられるのだがやめにして置いた。

その後は、記憶障害が強く、漢字を見ても初めて見る漢字のように思えてしまい毎日画面で見ているというか自分で変換しているのに違和感がある。恐らく記憶を参照することが出来なくされているのだろう。

また、脳の芯が痺れたようになっていて考えが脳の深部まで届かないもどかしさがある。考えを深部まで届かせようとすると知覚できるのが平衡感覚の変調というか目眩というか痺れのようなものだ。首の後ろの硬直も延々と続けられ、腰砕けのように姿勢が悪くなる操作も続いている。

お腹に空気を溜める攻撃も行われているが、パンパンになって苦しくてたまらないという感じではなく、内臓を遠隔操作でかき回されているような感じにされている。これは感じではなく実際に筋肉の操作で行われているのだと思う。食道に異物感ががあったりゲップを出したいのに出せなくされる。

また、思考能力の低下というのか「1-16-15-y」という9文字を入力するのに10秒以上も掛かるような状態だ。それも一連のパターンがあり、その規則に従って入力をしているだけだ。時々、声の送信と共にキレた瞬間のような感覚や暴れ出したくなるような怒りが涌いてくる操作をされる。

脳の遠隔操作は直接、人格や言動に作用するので重大な犯罪だ。

5日1:46
音声送信のボリュームは小さいが全く途切れない。脳への攻撃も同じ。今日は特にお腹に空気を溜める攻撃が執拗に行われている。さきほどまでは苦しいところまでは行かなかったが、今は腹がパンパンで苦しい。

やはり、脳を攻撃して健康な人間を精神病院へ行かせたり、自殺をさせるような犯罪組織であるので、やることには殺意を感じる。

寝る。

COMMENTS

No title

24時間半殺し、時々全殺し
僕は今、そんな状態です。

苦しみながらも3時間だけですが、働けますし
ネットもできます。

僕が加害者側に疑問を抱いてるのは、
苦しめるのが目的であるならば、
これを長くやられると絶対に苦しいな。まずいな。
というのがあったりしても加害者は途中でやめる事がよくあります。これを長く続けた方が苦しみをもっと与える事が出来るのに
なぜ止めるのだろうという事が良くあるのです。
また、現在今のところ働けていますが、
働くのを辞めさせて、経済的に苦しめた方がもっと苦しむ
と思われるのですが、それを実行できる力を加害者は持っていますが、なぜかやりません。
僕が、憎い加害者にやるならば、もっとこの苦しみを続けるのだが、というのが多々あるのです。

被害者の皆さんに対しても、今苦しめられてる
苦しみ以上の攻撃を与える事は加害者は可能だと思うのですが
なぜか、それ以上やりませんよね。
なぜなんでしょうか。
生かさず、殺さず、半殺し状態なのがモットーなのでしょうか?

僕の場合ですが、加害者が脳をいじる手法が変わったり、雰囲気から、僕を担当してる加害者が交代されたのがわかるのですが
どうやら、僕の脳をいじる操作したり、拷問を与えたり苦しみを与えたり、嫌がらせする訓練をしてる気がします。


正直、僕は半殺しを24時間続けられるよりは
一気に殺してほしいと願っています。
それほど辛いし苦しい。
死ぬのはとうに覚悟できています。
ただ、自殺はしたくない。

死を直面させられたほどの拷問に遭い
その死の直面の最後に思った事は
非常に強い無念な思いでした。自分が受けてる拷問は
女子高生ドラム缶事件を想像してしまうほどの凄惨さ苦しみ方です。その女子高生はまだいい。
レイプされた後に監禁され拷問と虐待を受けて食事も与えられずに苦しんで亡くなりました。
だけど、苦しみつつもその苦しみや悲惨を世間に知ってもらえたのだし、犯人は捕まったから、僕はそれが羨ましいと思いました。

自分は誰にもこの苦しみや悲惨さを理解されず知られず闇に葬られて死ぬのだと思うと非常に無念でした。死んでも仕方はないですが、せめて、自分の死が、いかに苦しんで悲惨な死に方をしたのか記録して欲しいわかってほしいと最後の局面になってそういう思いが出ました。
死を直面させられても、まだ生きてはいますが、
ハイテク装置を使用すると、そのような事もできるのです。
糞ガキが虫の足や羽を切り取ったりして遊ぶように
生命を弄ばれてるように感じています。
僕は、もとの人生、生活には戻れないと直感していますが、
もし加害者が出てきたならば、一人残らず絶対に許さないでほしいです。加害者が洗脳されてたとしても。
日本の死刑は、快適な環境を与えて、楽な絞首刑です。
仮に死刑になったとしてもそんな楽な死にかたなのかと思うと無念です。
加害者は人間として、超えてはならない線を大幅に越えてしまっています。宅間守、ヒトラーが行ったユダヤ人虐殺のようです
いつまで僕が生きてるかわかりませんが、加害者をけして
許さないでほしいです。

No title

私は許容範囲を超えた事を何度も行われました。ヒトラーでもうけ入れられないと思います。周囲も何人も殺されました。絶対許せません。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる