脳の遠隔操作でよくある手口

思考の挿入、感情操作、記憶の消去などがテクノロジーにより遠隔から行われるが、それらは突然に何の脈絡もなく行われる訳ではなく、何かの理由があって被害者を騙すために行われている。しかし、その絶妙な騙しのテクニックについては知っておいて損はないだろう。例えば、声の送信のある被害者の場合には、声で腹の立つ言葉を聞かされた瞬間に「腹が立つ」という感情操作が行われているなどのように、自分から発生した感情と間違えてしまうように騙しをしてくる。

狙われるのは、こちらの側に動きがあった時であり、心が動いた瞬間や体が動いた瞬間を狙っている。その動きを作るために加害者は声を聞かせたり、意識を別の所に持って行かせたり、痒み、痛みなどを起させるパターンがある。また、無意識でいる時には特にやられやすい。しかし、基本的に遠隔操作は強制力が強いので何をしていても攻撃をされるとなすすべがないし、常に無意識でない状態で生活をするのは無駄であり楽しくはない。

そう言った、感情の遠隔操作が自然発生している第三者の言動などにタイミングを合わせて行われる場合が有ることも付け加えて置く。


被害日記

13:18
少し時間がないので急いでいるが、昨夜は攻撃も酷かったが雑用があったので寝るのが遅くなってしまった。3時頃には寝ていたと思う。しかし、朝は8時頃に目を覚めさせられてしまい、声の送信や思考の挿入を連続でされたので再就寝出来なかった。起床した後も執拗に音声送信が続き、腰に疲労感、首の後ろの硬直、思考能力の低下などが行われている。

先ほど、他の被害者のブログを読んでいると最初は読解力があり、すんなり読めたのだが途中で声の送信をされた瞬間に加害者の方に意識が言ってしまい、書いてある内容が理解出来なくなってしまい、その後は読解力がなくなってしまったので飛ばし読みをした。読んでいても全く頭に入らないという状況だ。

これは、声の送信をされると意識が加害者の方に行ってしまうのではなく、意識を加害者側に向けさせる脳の遠隔操作と声の送信が同時に行われたと判断できる。その理由の一つとして私の場合は「なぞり」被害は常時行われているので、思考を言語に変えてなぞられる、声に出さない呟きをなぞられる、文字を読んだり見た時になぞられる、日記などの更新中にキーボードのタイプ文字をなぞられる、などが行われているが意識が他に行ってしまう脳の操作が行われなければ自分の意思の向いている場所に意識が集中できるからだ。

23:19
都内スタジオに音楽の演奏をする為に出掛け、先ほど帰宅した。予想通り雨が降っている。午前中の空からは想像も出来なかったが、やはり天気とはこのようなものだ。余談だが、LED電球の調光対応のものを7千円出して買ってみた。7千円と知っていたら買わなかったのだが、最初に見た調光対応でないものは2千円程度だったので高いが机の照明として使うので発熱が少なければと思い一つ手に取りレジへ行くと7千円なのでびっくりしてしまった。勿論、脳への攻撃をされているので敏感に反応が出来ない。そのLED電球を電磁波ですばやく点滅させたりする。

被害は音声送信、記憶障害を中心として全く途切れる事無く続いている。やはり音楽の演奏妨害が強力に行われ、満足な演奏が出来なかった。それは酷いもので他人の見ている前で唇を吸い込むように噛まされ、目も片方だけ変な目付きにされ、声の送信で「そんなになってまで音楽をやるとはすばらしい、なりふり構わずに演奏をしている」と言われた。どのような演奏妨害をされたかは昨日の日記に詳細が書いてあるので省くが、やれる妨害は全部やっていると言った感じで実力の「じ」の字も出させない。その加害者のおぞましさは天下一品だ。

休憩の時に蕎麦屋で食事をしていたが最初は周囲の話が理解できたが19時頃から急に脳への攻撃が強くなり話が理解出来なくなり無口にされてしまった。(目の前で喋っている人の話が理解出来なくなる脳への攻撃は同じ被害者でなければ判らないと思う。なぜなら話が理解できるのが当たり前だからだ)

結局、食事の後も執拗に演奏妨害をされ、ひたすら我慢してスタジオを後にする。いま日記の更新をしているが、それも声の送信でなぞりながら、罪の意識の全くない加害者はふざけ切った雰囲気を出し、攻撃と脅迫を続けている。首と腰の筋肉への攻撃が続いていて頭痛も起し始めた。

殺意のある電磁波攻撃が野放しでは困るのだが。

4日1:39
遅くなってしまった。
被害は途切れる事無く続いている。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印さん こんばんは。 今日テレビを見てふと思ったのですが
アメリカで良く 超能力で事件を解決することがあります。
明日やる番組で アメリカの盲目の女性が超能力で事件を解決するのですが、その内容は 自宅に居ながら 色が解ったり 念じると声が聞こえ 今までに10数件の事件を解決しています。
俺は現実思考でとても超能力があると思えません。 これは同じ
ことをやられていると思います。 世の中には色々な形でこの電磁波犯罪が出ていると思う。メッセージも色々な形で出ていると
思う。前にお話ししましたが マンガで寺沢武一さんが書いている
ゴクウというマンガがあります。内容は 人工衛星との通信が出来ありとあらえる事を解決するストーリーなのですが衛星で電気をつけたり内容は被害とそっくりです。その中でも お腹に空気を
溜まる等の表現も出ています。俺はこの漫画家さんも被害を受けたことがあるのではと思う。 

No title

僕の現在の状況は、24時間半殺し時々全殺し状態です。
生かさず、殺さず、24時間半殺し。という感じです。

被害者を苦しませるのが純粋な目的であれば、
もっともっと加害者は出来ると思うのですが、なぜかそれ以上は踏み込んできません。
これを続けた方が、自分は苦しみ続けるのになぜ止めるのだろうか?
仕事を始めたがそれを潰した方が、塗炭の苦しみを味わうのに
潰しにこないのか。不思議に思っています。

全殺しされ、あと半歩進めば自分は間違いなく
突発自殺するか、死亡するか、人格崩壊し発狂するかだな。
と思う前に止めます。
今の拷問も凄まじいですが、それ以上の事がやれる能力を
加害者側は有ながらやってきません。
純粋に苦しめる追い詰めるだけが目的ではないように思います。

僕を担当する加害者が交代されたのが脳をいじるやり方の特徴などからわかるのですが、加害者の練習台にされてるかな?と思います



正直、僕は一気に殺してと加害者側に願っています。
死ぬ覚悟はもうとっくに出来てる状態です
そのような状態なのので精神的にもヤバイな。と思ってます。
死んでももうかまわないと思っていますが、
せめて加害者に一矢報いたい。とそう思っています。
もしも、僕が死んだ後、加害者が出てきたら
加害者を絶対に許さないでほしい。

現在の死刑囚の死刑方法は、穏やかな環境の中
生活させた後、楽な絞首刑です。
加害者に対しそのようなやさしい刑罰ではモノ足りな過ぎます。
僕が受け壮絶な死を超えた苦しみを
加害者側に数十年極限を与えた後、殺害して欲しいと願っています。
僕が死に直面した拷問に遭った時、最後の思いとして
思ったのは強烈な無念さとそのような思いでした。
まだ、生きてはいますが、いつまで持つかわからない状態です。
加害者が登場したら絶対に、許さないでほしい。絶対に。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる