FC2ブログ

新型コロナウイルスの蔓延

20200419b.jpg

こんばんは。
気が付いてみたら世界規模での蔓延となってしまいました。新型というのだから、旧型もあるのでしょうか。それにしても恐ろしくて何処にも行かれなくなってしまいました。それと、感染に関して人を疑うようになってしまい、お互いが疑い合っているようにも感じます。

テクノロジー犯罪の被害に関しては全く変化なく加害者のやりたい放題が続いています。

地球規模という意味で言えばテクノロジー犯罪の被害も地球規模です。テクノロジー犯罪の被害に関する訴えは何年経っても足踏み状態が続いています。10年前に、これでは解決に結び付かない、あともう一歩、と言っていましたが今も同じです。大衆への認知は進んでいるかも知れません。

けれども、マスコミや政府が認めるようにならなければ現実的な解決へは進みません。人間の遠隔操作なんて到底信じられない。生体情報の盗み取りによる遠隔監視が行われているなんて余計に信じられない。このような状態から抜け出すにはマスコミによる報道、有識者による発言が必要です。

けれども、絶対と言って良いほどそれらは却下されます。このような社会の仕組みに問題があります。それと権力にはいかなる大衆の力も及ばないと言うことです。これで、諦めてしまったら多くの方々の努力が無駄になってしまいますので、自分の時代が終わっても絶対に諦めないという強い精神が必要です。

家族も、子供も人質に取られて攻撃をされます。それに対しても無抵抗となっています。目に見える戦争、暴力、テロとは違い、目に見えない武器による無差別攻撃は、攻撃の跡さえ残らないように行われます。病気にされても、怪我をしても、遠隔操作による被害を立証出来なければ、攻撃の跡も目に見えないことになってしまいます。しかも、執拗な攻撃は途切れる事がなく拷問のように苦しめられ続けます。

最後の策は、民政化されたテクノロジーが人間の遠隔操作を実行出来るようになれば世界が変わります。それよりも、媒体とされている電磁波を捕まえればすべてが終わります。そこには常識では考えられないテクノロジーが使われていることでしょう。

20200419a.jpg
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる