FC2ブログ

1ヶ月と半分

こんばんは。
何かと忙しく気が付くと2月の半ばを過ぎていました。それは、年明けから1ヶ月と半分ということです。2019年はどんな年になるでしょうか。テクノロジー犯罪の被害者に取ってよい事が起こるかも知れません。そう期待したいものです。

私は被害でまともに歩けなくされていますが、それが酷いハンディーとなっています。まず、長距離歩けない、膝が痛くなる、疲れる。不自由なのではなく歩けなくされているので、どこにも行きたくなくなってしまう訳です。これに、水が飲み込めない、沢山食べられない、呼吸困難にされる、と被害が重なると生きている事が苦痛になります。

これは、呼吸をすると苦しむ、水を飲むと苦しむ、食べると苦しむ。そのように作られた遠隔操作の拷問なのです。それに耐えて毎日生活をしている訳です。被害は他にもあるのでもっと大変です。

最近、更に、被害が追加されています。

心臓をバクバクにされて不整脈を起こされます。心臓の鼓動を強くされるので心臓の動きと一緒に体が揺れます。鳩尾辺りに呼吸困難を感じる、苦しいと感じる刺激をされているようです。心臓そのものが苦しくなる被害もあります。これを日常化するべく攻撃が続いています。このままだと殺されてしまうのではないかと思います。

呼吸困難の被害は慢性的に息が深く吸えなくされています。深呼吸は出来ません。運動も出来ません。突然、息が吸えなくなる被害は数秒間、息が吸えなくなります。それと、呼吸そのものを遠隔操作されるので呼吸のリズムが狂い苦しくなります。これだけでも体は壊れてしまい何かの病気になってしまうかも知れません。心臓への攻撃が続くと、心筋梗塞とか心不全になるような気がします。また、不整脈は脳梗塞を起こす原因と聞いたこともあります。

ですから直接電磁波攻撃で殺されるのではなく、二次被害として何かの病気にされて早死にさせられてしまうのかと思っています。交通事故など事故死もあり得ると思っています。

それから目を攻撃されて瞬間的な痛みが発生すると翌日には結膜下出血を起こす被害が毎週のように行われています。治ったと思うと出血させられて目が真っ赤。左目やられていましたが今日は右目をやられました。もし、右目も出血させられたらどうすれば良いでしょうか。

先日は総理府に要望書の提出に同行して、自分の被害状況を遠回しに書いてそれを渡しました。30分の予定が1時間ほど話を聞いて頂き、政府が率先してテクノロジー犯罪の被害者救済と犯罪解決をして欲しいとお願いすると、政府は何をするにもそう簡単には動けないのだと言われました。それでも是非と、お願いして来ました。

早く解放されたいと思っています。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる