FC2ブログ

少しずつ殺す犯罪

20181117.jpg

こんばんは。
気が付いたらブログを更新してから1か月以上経っていました。仕事が異常に忙しくてやっと先週末に一息つけました。一難去って、また一難という繰り返しもありました。元の原因はの納期一年という材料の納期が間に合わなくなったからです。あれも、これもみんな納期遅れになり、いつ納入されるのかも約束してくれません。

そこで互換品の提案をして、その評価試験を信じられない速さで終わらせるべく仕事に追われていると、今度は不具合品が発生したとの連絡が入り、その対処に追われていると、また別から不具合品の発生との連絡が入り、それらを全部処理してやっと肩の荷が下りたと思ったら、また不具合品を返却されて面倒な試験をさせられました。その間に一人退職者が出ていました。さらに顧客からの要望で製品の規格の変更の為に何日かを費やしました。

例えば、仕事が重なる、電話が重なる、電話中に人が来る、などが気のせいか良くあるように思えます。それらの重なった仕事の中には嫌がらせ的なものがあるのかも知れません。

結局、職を失いたくなかったら、上には、お客さんには、逆らえないという事であり、価格の面でも値上げを希望しようものならば直ぐに仕事が無くなるでしょう。立場の強い商売ならば言いたい事が言えるでしょう。力のないものには発言権はありません。奴隷のように働いて税金を払うだけとなります。その際に、夢や希望、楽しみが得られなければ大きな不満となるでしょう。

やはりどの世界にも忖度というのがあり、それが見えない圧力となり、それを悪く言うとパワハラと呼ばれることにもなります。お客の気を悪くさせれば酷い目に遭わされるかも知れません。

いろいろありますが、電子洗脳の被害を受けながら仕事をするは大変です。加害者は失敗をさせようとしますから。遠隔操作で思考や感情を操り、あらゆる場面で良くない印象を人に与えるようにしたり、私自身の能力を低下させて信用を失わせたりします。また。それらは良く知られた被害となっています。

そんなわけで忙しく過ごしていたわけですがテクノロジー犯罪の被害が酷く、まともに歩けなくされて、満足に呼吸を出来なくされ、水が飲み込めなくなる被害が酷く、胃に空気を溜められるので満足に食べられなくなり、生きて行くのが精一杯の状況に追い込まれています。被害を列挙したらきりが無くなるので止めますが、上記は歩けないを除いて直接生命の危険に晒されてしまう被害なので間違えると発狂させられます。

これらの被害は人と一緒に過ごせなくなる被害で、普通、大丈夫ですかと心配されてしまうでしょう。
これは少しずつ殺されて行く被害だと感じています。
日本国政府によるテクノロジー犯罪の被害者の救済を待っています。

スポンサーサイト
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる