テクノロジー犯罪の隠蔽度

DSC_0460.jpg

例えば、バリー・トロワーさんが日本に来たら、マスコミは取材をするでしょうか?

マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器①

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器②

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器③

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器④

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器⑤

人間の遠隔操作、人間の遠隔監視のテクノロジーを使った犯罪は、実際に日本国内で行われていて、多くの被害者を苦しめ続けています。しかも、被害者は増え続けています。

さて、日本の為に役に立って下さる方はいらっしゃいますか?

テクノロジー犯罪に関するリーク

20161007.jpg

こんばんは。
テクノロジー犯罪の被害が酷くて困っています。加害者は、被害者の体がどうなっても構わないわけで、それを証明するかのように常識では考えられない酷い攻撃を途切れる事なく続けます。細かい説明が出来ない訳ではありませんが、遠隔操作により体がまともに動かないようにされます。内臓など体の内部についてもまともに機能しないようにされます。

脳機能についても同じで、五感の変調は著しく不快になるように機能低下を起こされます。従って、記憶、思考、感情、意思決定などについても遠隔操作によるコントロールが不快、不自由、能力低下となるように自在に行われるわけです。これでは今までの被害と変わりませんか。機会があれば細かく説明したいと思います。どのような事をされて、どのように感じて、どのような結果になったのか。この説明も大切だと思います。

ところで、エドワード・スノーデンとかウィキ・リークスとか、何か機密情報をリークしているようですが、テクノロジー犯罪についてのリークが無いのは何故でしょうか。人間の遠隔監視とか人間の遠隔操作について、誰が、どこで、いつ、どのように行っているか、などの情報が機密文書のリークという形にならないでしょうか。

私は、個人的には、一般人の耳に入る情報というのは全てコントロールされていて、意図的にリークされていると思っています。だから脳の遠隔操作が地球規模で行われていると言った情報が出て来ないのです。人間は情報を漏らす、という事が前提に物事が進められるのは当たり前ですね。科学技術だけではなく、その世界も十分に長い年月を掛けて研究されていますね。

さて、最後は人間の善意が勝つか、という事になるのですが、相手が機械だと勝ち目はありませんね。だからSFのような人工知能やロボットに支配された世の中にならないように金経済の開発思考を自粛するべきですね。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる