再度ポスター掲示

こんにちは。
ウィルあいち 愛知県女性総合センターという所にNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークポスターの掲示とチラシを置く事の許可が取れたとの事です。ありがたい話です。ご苦労様でした。

20160730g 20160730f 20160730e 20160730d

続いて大阪の地下鉄にも掲示されています。

20160730c 20160730b 20160730a

松原市役所でのポスター掲示許可が取れたそうです。
写真は、近鉄河内天美駅改札口通路と河内松原駅前掲示板の二か所です。こちらもご苦労様でした。ありがとうございます。

このような掲示が全国的に増えると良いですね。

関東も梅雨明けしました。







NPOのポスター掲示

こんにちは。
なんか梅雨らしくなりました。やっと雨が降ったという感じですが、天気予報はハズレまくっていると言う噂があります。なんか、こうジメジメしたうす曇りの日や、低気圧がつづいていると人間も暗くなるのでしょうか。スカッと気持ちよく晴れた空とは、違った気持ち、感情になりませんかね。憂鬱な気持ちとか。

ここ最近、社内での仕事のトラブルや人間関係などに対して非常に嫌な感じを受けています。接している人間の嫌な感じも受けてしまい、嫌だ、嫌だと小言が出てしまうほどでした。これに対して、遠隔操作によるマインドコントロールの被害も疑っていましたが、やはり、この時期特有のスカッとしない天気のせいではないかとも、思いました。

ポスター掲示 (2) ポスター掲示 (1)

ところで被害者として思うことがあります。

願わくば楽しい人生を送りたいのです。

テクノロジー犯罪の被害を受けなが、本当の楽しさではなくても、楽しみたい。本当の幸せではなくても、幸せになりたい。そのように毎日生活しています。しかし、決して楽ではありませんし、自分の状況は一つ考え方を間違えると絶望なのです。

元の自分に戻りたいと願っても叶わないのなら、今の状況で、少しでも楽しく生きて行けるように、少しでも幸せになれる方向で考えたいと思っています。でも、決して楽ではなく被害者にしか無い困難は待ち受けているでしょう。

ところで写真ですが、右側の真ん中の下にNOPテクノロジー犯罪被害ネットワークのポスターが貼られています。このようなポスターが多く見られるようにならないと困りますね。現実に行われている犯罪ですから、それにも正しい認識が必要ですね。

政治家は選挙ばかりやっていないで、少しは現実に目を向けて脳の遠隔操作をする犯罪に対処して欲しいですね。

退院しました

20160701a.jpg

こんばんは。
ご心配をお掛けしていましたが、本日の早朝に退院いたしました。
ついでに出社して社内でご挨拶も致しました。

さらに、テクノロジー犯罪の加害者に酷い被害で祝福して頂きました。

帰宅後すぐに足を遠隔操作されて、まともに歩けなくされています。

膠原病の治療は続けて行きます。

日本国政府の無能さには、ただ、ただ、脱帽です。

なぜ、世界的に殺し合いが行われているのか、判るような気がします。

入院しています

20160701.jpg

こんばんは。
例の、膠原病ですね。足は治りません。まともに歩けないので精密検査の為に入院しています。しかも、テクノロジー犯罪の被害で余計にまともに歩けなくされています。今日は仕事の為に担当医に許可を貰って自宅まで戻りました。なので、ついでにブログの更新をしたわけです。

被害に関しては、満足に食べられない、満足に水が飲めない、満足に呼吸が出来ない、満足に睡眠が取れない、満足に歩けない、などの被害が前面に出て苦しまされています。思考や記憶、五感の変調などの被害も勿論、継続されています。

満足に食べられない被害は、胃に空気を溜められてゲップを出せなくする遠隔操作の被害が酷いのでお腹がパンパンになって食べると苦しまされるので食事量が減りました。その為に、10ヶ月で10キロほど痩せました。この被害は3年ほど前から日常的に行われるようになり、それが原因で政府への要望を連日するようになりました。炭酸飲料は3年ほど前から飲めなくなりました。

満足に水が飲めない被害は、喉と舌を遠隔操作されてしまい液体が飲み込めなくなります。無理に飲みますが胃に空気を溜められてしまうので上記のように水を飲んだだけで苦しまされます。

満足に呼吸が出来なくなる被害も3年ほど前から日常化されているのですが、息が深く吸えなくなるので運動が出来ません。それよりも、何もしなくても呼吸が苦しくなるように遠隔操作されて息を深く吸いたくされます。しかし、息は深く吸えません。それで苦しまされます。例えば、遠隔操作であくびをさせられます。しかし、息は深く吸えないので息の吸えないあくびとなり苦しまされます。いかなる場合にも息が深く吸えないというのは酷く苦しまされます。

それから呼吸の遠隔操作というのがあって呼吸そのものを遠隔操作されてしまいます。吸うタイミング、吸う量。吐くタイミング、吐く量。自由に自然に呼吸をさせません。酷いと、息を吸う時に、肉体を息を吐く状態にされるので息が吸えなくなります。

満足に睡眠が取れない被害はご存知の通りです。

満足に歩けなくなる被害は、足の筋肉を遠隔操作して歩く時の動作を阻害するものです。特に、筋肉に力が入らないようにされるとフラフラとして真っ直ぐに歩けなくなります。ついでに平衡感覚を狂わせると余計にフラフラさせられます。バランスを崩した体は立て直さないと倒れてしまうので踏ん張ります。すると、足が疲労します。筋肉に力が入らないようにされたままで歩くと関節を壊してしまうでしょう。酷い被害ですね。

簡単ですが被害について説明しました。

その膠原病が治って好きなだけ歩けるようになる事を願っています。
ついでに、その他の被害も無くなってしまう事も願っています。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる