やっぱり原点はここにありますね

マインドコントロール

こんばんは。

しかし、テクノロジー犯罪の被害の執拗さ。弱いところを徹底的に狙うと言った感じですね。人が病気になれば、その病気を利用して病気の症状の陰に潜んで遠隔操作の攻撃をします。その攻撃も病気の症状かと思ってしまったりもします。折角、過ごしやすい気候なのに人生を楽しめません。

まだ、病気については病名が付いていませんし、原因も、治療法も見えていません。悪く言えば、医者にほったらかされている状態です。しかし、針治療で少し症状が緩和され、ステロイド剤でも少し緩和されました。そして、自宅では低周波治療器を使っています。普通なら参ってしまうところですが、私の場合は絶望を感じません。マインドコントロールなのですかね。

ところで、世の中にはいろんな事で悩んだり、苦しんだりしている人がいるようです。先日も、何か人生の苦情のような話を聞きましたが、私は言いました。何かを望むから悩むのだと。何も希望しない、何も望まない、願望を強く持たない。諦めの境地ですかね。私にだって夢はあります。でも、それが不可能となったからと言って落ち込んだりしません。なるようにしかならないのです。

強く望むことによって、或は、努力することによって、或は、力で何かをなせるのならそれも良いでしょう。でも、それが出来ない場合はどうしますか。テクノロジー犯罪の被害のように外力によって妨害されていると残念ですよね。でも、暴れても、泣きわめいても、現状を変えることは出来ません。そしたら現状で楽しむしかないかも知れませんね。

被害のせいかも知れませんが、私は今この瞬間しか考えていません。でも、諦めているのでは決してなく、そのようにせざるを得ないからだと思います。

マインドコントロールの拡張という本の内容は、なぜマインドコントロールの装置を開発したのか、なぜ電磁波を武器として研究を始めたのか、などが書かれているようです。良く、作った本ですね。

やっぱり自由と人権とプライバシーですね

こんばんは。
やっぱり音楽は良いですね。
「どんなに遠くても歩いて行くんだそこに希望の歌があるからだ」と日本語で歌われてしまいました。先日、ジャコ・パストーリアスのTHEN&NOWという2枚組のCDを買いました。DISK2の9曲目のCONTINUUMという曲を聞いていたら、そのように日本語で歌っていた。Jaco Pastoriusという人は有名なんだけれど昔から好きだった。そのビッグバンドがカッコイイ。どこかで聞いたことのあるロックンロールのフレーズは、誰が聞いても分かり易くて楽しくなる。

20160517.jpg

20160517b.jpg

本日、病院へ行き検査結果を聞きました。リウマチのような症状だから膠原病なのでしょうが病名が決まりません。様々な検査をしましたが、病名を確定出来ないのです。しかし、まともに歩けないので投薬治療を強く希望しました。針治療もかなり有効ですね。針の先生には山登りなどの疲れが出たのではないかと言われました。

早く治したいですがテクノロジー犯罪の被害の邪魔もあります。

でも、負けません。





5月ですね

20160503.jpg

こんにちは。
一年で一番すごしやすいと言われている季節ですね。
楽しみましょう。


ところで、このところ体調を悪くしています。
テクノロジー犯罪の被害も関係あるでしょう。
しかし、治療をしないと大変なので、治療をします。しかし、検査もしているし、すんなりと病名が付かないようで、3ヶ月間も調子が悪くても、まともな治療が受けられません。今月の半ばから治療が始まります。早く、体調を取り戻したいと思います。

被害により失った物も取り戻したいと思います。
頑張りましょう。

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる