アメリカからのニュースです

下記のような情報を知人から頂きましたので掲載します。
テクノロジー犯罪の被害者に取って重要です。


緊急 重要 カリフォルニアのリッチモンドカウンティーでspaced basedマインドコントロールを禁止

http://richmond.granicus.com/MediaPlayer.php?view_id=2&clip_id=3811

カリフォルニアのリッチモンドカウンティーで武器被害者の訴えを聞き入れSpace based マインドコントロール武器(宇宙空間に基盤をおいたマインドコントロール武器)による住民に対する攻撃を禁止するための法案を採択した。
このビデオの
03:10:07からです。

この方法ならリッチモンドが合衆国のやっている事に反対している訳ではなくサポートしている という形で 市民に対する攻撃を禁止して住民を助ける事ができるのではと考えたようです。
合衆国の法案として通ったというのは勘違いのようですが 国連では全員一致で採択されているようです。
合衆国では3616というもっと弱いものに書き換えられた法案は採択されたようです。

03:26:10あたりから
被害者の話が始まります。

さらに ドクター スペンサーの一般的な説明(人間の脳の働きが スーパーコンピューターでとらえられ脳に影響を与える事が出来る、まるでサイエンスフィクションもどきのテクノロジーで一般市民が攻撃され しかもそれは完全に倫理にもとる攻撃でアメリカの憲法で保護される人権を侵害するものである事、精神科の医師たちはサイコトロニックウェポンの被害者を精神異常の診断から除外すべきだがそれをしていないという事を話しています。
次にBEN COLODZINという心理学者の説明が入っています。
彼が診断するまで統合失調と診断されていた診断しなおしています。わたしの仕事はこういう診断を診断し直すことです。
私の仲間達が既にナノテクノロジーなどでフリークエンシーエミッシ ョンの或るTIを発見しています。
銃で撃てば警察がケミカルテストで特定できるでしょう?
ここにスミソニアンマガジンの今月号があります。未来はここにある。脳と脳のコミュニケーションが現実となる
とありますがTIはシンセティックテレパシー、V2K(脳への音声攻撃)、V2Kや人が思考をリモートから与える事を報告しています。そういう事を語った人を完全に精神病として閉じ込めて来ていたのです。
でもテクノロジーは存在する。
ナショナルナノテクイニシアティブという雑誌があります。過去15年に1.5ビリオンドルが政府の正規の予算として組まれている。裏予算まで含めばどのくらいに上るかわからない。
人間に実験プログラムとしてナノセンサーを 仕込めばもっと多くの情報がとれる。
技術は良くも使われるけれど 邪悪な 本人の同意無しの人体実験にも使われる。これについてはものすごく沢山の資料がある。ーー

ゴールデンウイークにて

こんにちは。

良いものを見つけました。
何処かで聞いた事のある言葉が石に刻んであるんですね。
誰も居ない山の中をオートバイで走っていると景色の良い場所があり、やはり誰も居ないのです。記念写真を撮ろうとしたら、これでした。
fuji.jpg

続いて箱根神社に確か巨木があるように思ったので、行ってみました。やはり巨木が沢山ありました。
jinja.jpg

実は、内緒で巨木を探し続けています。
だって、日本の歴史そのものですよね、
そのまま1000年近くもそこに居るんですからね。
hakone.jpg

別の日ですが、姫路城を見て来ました。
shiro.jpg

こちらは姫路にある書写山です。
tera

人の手に掛かっていない自然、
人を寄せ付けない自然は貴重ですね。

人並みに生活したい、
人並みに楽しみたい、
自由な人生を送りたい、
被害者の願いですね。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる