秋ですね

2014-9

9月の終わりに、このような色調の写真を撮りたいと思っていました。走行中に探すのは大変なので、このような写真しかありません。その後、季節は変化して台風が多く、山は噴火しました。地球規模で変化が訪れているのでしょうか。温暖化などに警鐘をならしている方々もいらっしゃるようですが、気のせいか、その声は聞こえません。テクノロジー犯罪を止めさせる為の声などは無視されているのでしょうか。

人間の遠隔操作は大問題だと思いませんか?

ところで、私は長年被害者をやっている訳ではありませんが、私が知っている限りでは毎月必ず新しい被害者の方が「私は被害を受けています」と相談にこられています。それは、一年間で50人を超えている事には間違いがありません。従って、10年間で最低でも500人増えているという事になります。

本当は、その何倍も増えているのではないかと思われますが、では、10年前に被害を受けていた人は、その後どうなってしまったのでしょうか。連絡を取り合っている少数の方の場合、被害状況は何も変わらない、酷くなっている、などのようです。その後、どうなったのか、気になったりしますね。

長期に渡る遠隔操作の被害は、病気を誘発させると思います。持病にみせかけた病気になるような遠隔操作は確実に行われていると思います。加害者に至っては被害者の心身がどのようになっても関係ないでしょう。逆に、自然ではない状態の人間を作り出す事を目的にしているとも考えられます。それこそ、半世紀にも渡る人体実験の結果を見ているかも知れません。

さて、どなたか、この問題を取り上げて頂けないでしょうか。

被害者のみなさん、頑張って訴えを続けましょう。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる