自由と人権とプライバシーを勝ち取ろう

人間の遠隔監視と遠隔操作のテクノロジーを使った犯罪は史上最悪の人権侵害である。テクノロジーの特性上、その監視から逃れられる場所はなく、一時も休む事もなく攻撃が続く。また、目に見えない武器を使っているので公然と誰の前でも、それが行われる。にも関わらずほとんどの他人には犯罪被害であることが理解されない。さらに、その攻撃は常識外であり自殺・発狂を招くほど過酷なもので、5年、10年と続けられ苦痛に耐えたとしても人生を失ってしまう。

ほとんどの被害者は、生きている限り、生きている事が苦痛となるような攻撃を受けながら、「こんな事はあってはいけない、人間として生きる権利を武器の力によって強引に奪われたまま、人生を終わらせたくない」、「持って生まれた自分の能力を低下させられたまま、それを他人に理解してもらえず、自然に生きる事が出来ないなんて、嫌だ」と思っているだろう。

そんな状況の中で、この犯罪を全廃させるべく活動をしているのは被害者だけである。人間を人間と思わないような攻撃により絶望へと追いやられながらの活動である。家族まで被害者にされてしまったり、多くを犠牲にしての活動は、命がけと言っても過言ではない。

決して諦めずに、この犯罪を全廃させる活動を続けて、是非、自由と人権とプライバシーを取り戻しましょう。

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる