尚、2011年テクノロジー犯罪に於いて

ご存知の通りテクノロジー犯罪というのは究極の人権侵害とも言うべき犯罪であり、被害者は脳の遠隔操作という殺人に等しいような武器を使って生き地獄のような攻撃をされているにも関わらず、社会には理解して頂けず二重の苦しみを受けさせられているのが現状です。その反面、世界的に行われている犯罪であり、それを裏付ける文書が沢山あり、書物の発行もされていると言う矛盾した現状です。また、被害者が増え続けている現状なのに、それを取り締まる側では何の対処もしていないようで、そこにも矛盾を感じています。

2011年という年はテクノロジー犯罪の認知に関して大きな進歩があったのではないでしょうか。まず、3月にアメリカオバマ大統領の生命倫理学の諮問委員会に於いて被害者が調査依頼の発言をして、それがネット上で公開されていること、7月には「電子洗脳」という訳本が発売されたこと、また、ホワイトハウスの政策依頼の署名にアメリカのマインドコントロール被害についての調査を依頼する署名が行われたことなどです。さらに、最近の被害者の方々の広報活動は盛んであり、政治家の方との面会なども行われました。

やはり、ここで問題となっているのは脳科学や生体情報の測定、無線通信技術の専門家の方の協力を得るということであり、「通常ありえない」、「私が知っている限りではあり得ない」という回答ではなく、「現実に行われているのだから精密に調査測定をすれば必ず証拠を取れる」という回答であると思っています。一日も早くそこに行き着けるようになればと常々思っている次第です。

私、個人の生活に於いては日記の更新が滞っていてご心配をお掛けしておりますが、とくに異常があったわけではありません。このおぞましい人類史上最悪の犯罪の全廃を望む者として多少なりの活動は続けていますのでご安心ください。

来年はもう一段、認知へと近づくことを確信しています。

良いお年をお迎えください。

自殺・発狂に追いやるマインドコントロール

テクノロジー犯罪が遠隔操作と遠隔監視によって行われているのは良く知られている。この犯罪は拷問テクノロジーを使っているわけで、それは信じられないほどに研究されていて、いかにして人を苦しませるかと言った手法が取られている。その原点となるのが目に見えない隠蔽された遠隔操作テクノロジーであり、そのために被害を訴えると精神病扱いとなってしまう。また、そう言った社会的背景を作り出しているのは犯罪の隠蔽工作と言えるだろう。

そんな中で強い攻撃に晒されている被害者は自殺・発狂へと追いやられてしまう。それは、人間が人間で居られなくなるような過激な攻撃が行われているからであり、とくに肉体的な苦痛を受けさせながら精神への攻撃で強い怒りや屈辱感、暴れ出したくなる衝動、パニックのような感覚などを送りつける攻撃は危険である。

その結果、精神異常と判定されてしまうような言動を取らされてしまう事になる。その言動さえも遠隔操作によって操ることが可能で、恐らく加害者はそのようにするタイミングを待っているのだと思う。それは、第三者から見た時にあたかも周囲の状況などにより自然発生したように思わせるためだ。

このような極悪犯罪について取り締まりがなされていない。

要望書

隠蔽さけているテクノロジーを使った人間の遠隔監視と遠隔操作、これが被害者とされてしまったターゲットに対して途切れる事無く行われています。それは殺意の塊であり、人体実験などというものではありません。破壊活動そのものです。苦痛と屈辱を受けさせる為にあらゆる人間機能の低下を起させ、病気の症状に似せた遠隔攻撃を行い、被害者の一家を滅亡させるべく執拗に老若男女問わない過酷な攻撃が続けられています。これにより自殺・発狂をさせられた被害者が確認されています。その数が少ないからと言って無視をしていて良いのでしょうか。究極の人権と言える犯罪について警察では対処出来ません。本来犯罪の証拠を取るのが警察の役目ですがテクノロジー犯罪についてはそれが出来ないのが現状です。政治主導でなければテクノロジー犯罪の解決はあり得ません。被害実態の調査、法整備、証拠を捕獲するための研究を要望致します。

テクノロジー犯罪被害ネットワークの提出した要望書
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html

オバマ大統領の生命倫理学の諮問委員会での被害者の証言の和訳
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news05.html

同英文
http://bioethics.gov/cms/node/203

このような被害者が国内に於いて増え続けているいる現実を真摯に受け止めてください。五感や身体の遠隔操作だけではなく、脳の遠隔操作では何が可能なのか、それによって何が発生するのか。隠蔽されたテクノロジーによる遠隔監視により見聞きした情報のみならず、脳内のプライバシーまでなくなってしまうという事実を知ってください。「あり得ない」「精神病だ」という認識の時代はすでに終わっています。

ご参考までに「電子洗脳」「ニューロウォーズ」という本が出版されてますが、それを遥かに凌ぐテクノロジーが実際に使われています。それは、無実の市民を苦しませながら少しずつ殺すと言った犯罪です。

自然現象を装うマインドコントロール

テクノロジー犯罪など、隠蔽された人間の遠隔操作技術を使った犯罪の形態は病気の症状など自然現象を装う場合が多い。さらに思考の送信などは、あたかも自分の内部から自然発生しているように感じ取らせることによりマインドコントロールを行っている。

感情の遠隔操作や意思決定などもマインドコントロールとして使われるが、やはりその技術の奥に潜んでいるものは潜在意識の操作、記憶の操作などから思考や感情を自己発生させて人間を操る事だと思う。

自分の思考や感覚だと思っていたものが、実は外部から送信されていたものである場合も少なくはない。

国会議員の方との面談の結果

当日に面談の場に行かれた方からの連絡によると議員の方からの的を得た質問が出るなど1時間以上に渡り話をされたようだす。そして、年明けには何かのご回答が頂けるそうです。


ところで人間の遠隔操作について、脳情報を含む生体情報の盗み取りや加害波の送りつけは基本ベースであればそれほど大規模な装置の必要はなく、またその装置の複製もそれほど大変なものではないのかと思うようになった。なぜならば被害者の数があまりにも多いからだ。

また、常時リアルタイム監視をされていない、ある程度自動化された加害波の送信被害者も多いのではないかと思う。

自然現象を装った形の被害、病気の症状に見せかけた被害。いずれも被害者本人でさえも気がつかない場合があるわけで、早くそれらを禁止させて欲しいと思っている。

国会議員との面談

最近の被害者の活動は積極的で、本日、国会議員の方に話を聞いて頂く場を作ってもらい、そこに行った方がいるようです。どのような話になったのか判りませんが、これからもそのような活動を続けて欲しいものです。何しろ数十年前から行われている犯罪であるにも関わらず、未だに犯罪被害として認知されていないからです。しかも、重大な犯罪なのです。

脅迫

音楽を聞きながら本が読めるだろうか。答えはイエスだ。普通は本を読むことに集中している時は耳から聞こえる音に対して意識が薄れる。しかし、好きなメロディーが聞こえて来ると意識は自然と耳から聞こえてくる音楽の方に傾いてしまい、本を読む集中力が弱くなることがある。

それと同じように、脳神経を遠隔操作されて意識が耳から聞こえてくる音の方に行くように強制されるとやはり本が読めなくなるだろう。そして、聴覚に送信されてくる脳内音声に対しても意識が向くように遠隔操作ができるだろう。

記憶の消去という被害が連続で行われた場合、それの代替となる合成記憶を脳に送信すれば、記憶されていない、若しくは、思い出す事が出来なくなっている記憶に対して、あたかも自分の記憶のように扱えるかも知れない。しかし、脳に送られてくる合成記憶が間違っていたら、そのような認識を持ってしまうだろう。


23:17
このところ日記に対して意欲が湧かない。そのようになるマインドコントロールをされているとも言えるし、日記を書く妨害をされている事もあるし、脅迫をされているとも言える。

これが被害者の口封じの結果ということなのだろうか。

寝る。

睡眠妨害が酷い

23:22
昨夜は酷い睡眠妨害をされた。就寝したのが12時頃だった。眠ったと思ったら脳の遠隔操作テクノロジーにより起されてしまった。そこから2時間ほど眠らせない拷問を受けた。3時頃には再就寝できたのだが、5時半に起されてしまい再就寝できたのが6時を過ぎていた。そして8時に目覚ましで起きた。本当に酷いことをすると思う。

昼間は強い不快感と思考能力の低下、狙い澄ましたような記憶の消去などをやられて大変な思いを強いられた。夜も続いている。マインドコントロール状態と言った方がよいかも知れない。

人間の遠隔操作は人間機能すべてに渡って行える。人工的に発狂をさせるような信号の送信も行っている。心身に発生する不快感と共に送り付けてくる。その恐ろしさを知って欲しいと思う。

こんな犯罪を野放しにしてはいけないはずだ。

寝る。

最近の被害者の活躍

23:33
最近はテクノロジー被害に遭ってすぐにそれと判り、被害者の会に行く人が多いように思う。以前は、被害であると判るまでに時間が掛かっていたのではないだろうか。

それとは別に、最近は被害者の方の広報活動が以前とくらべて活発になっているようで、そのような訴えの積み重ねが何かのきっかけになると良いと思っている。

何しろ自由と人権とプライバシーを奪い取られてしまう拷問洗脳のような被害であるので一日も早くこの犯罪の全廃を願っている。


日常化した被害が継続している。

寝る。

拷問テクノロジー

23:24
テクノロジー犯罪という人間の遠隔操作に使われているのは拷問テクノロジーと言うべきものであり、というよりは人間を苦しめるためには、どのようにしたらよいのかを追求した結果の攻撃メニューとなっている。そのおぞましい遠隔操作による攻撃の種類は様々であり、その一つひとつを文章で説明すると大変な量となってしまうので省くが、何かの攻撃をする時にそれとは別の攻撃信号をわざわざ同時に送りつけてくるほどの陰湿さである。

その攻撃はメニューを変えながら次第に日常化していき、途切れる事無く続けられるようになる。どんなに嫌だと言っても、何処に行っても絶対に逃れることが出来ない。従って、被害者はその耐え難い苦しみに耐えて生きて行くしか道が残されていない。能力や機能の低下したままで損害だけが積み重ねられて行く。

そろそろ、このような犯罪について専門的に調査し対策をしなければならない時期に来ていると思う。


今日は夜から、お腹に空気を溜めてゲップを出させない操作、聴覚に対する著しく不快になる信号の送りつけ、筋肉の痛み、思考や記憶の操作などをされて拷問状態となっている。日常化している各種被害も継続している。

寝る。

ディフィカルト

23:34
脳の遠隔操作のしくみはディフィカルトである。

今日も思考能力の低下や理解力の低下などの被害に大変な迷惑を被った。思い出す事の出来なくなる被害なども狙い澄ましたように行われる。

気管をむずむずと刺激され咳が出そうになる被害、無理やり咳を出させられる被害などもある。夜は、痛みの被害が酷く顔、肩など右半身に強い痛みを発生させられた。肩の痛みなど継続しているが、その他の被害も日常的に継続している。右耳だけが音が異常に煩く感じる被害もあり、煩いと感じる信号を何かと同期させて聴覚に送りつけているようだ。

話をしている時にそれをやられると、相手の声が煩く不快に感じてしまう。また、自分の声と同期されると声を出すのが嫌になる。声が大きくなってしまう被害もあるようだ。

脳への攻撃を受けながらの日記更新であり、気持ち的にも「面倒だ」と思うようにされてしまう。そのような状況の中で、多くの時間を掛けて例えば詳細に被害の説明をしても「果たして何かの役に立つだろうか」と考えてしまう。従って、このくらいの内容にしている。

早く世の中が脳の遠隔操作について理解できるようになることを願うか、明らかにされないまま史上最悪の犯罪の全廃をさせるか、やはり多くの被害者があちこちで声を上げることしかないのだろう。

寝る。


自由に考える事をさせない遠隔操作

23:44
テクノロジー犯罪被害は人間の遠隔操作なので、人間機能全般に及ぶ被害がある。しかし、その中で自由に考える事をさせない被害があり、実はそれが被害の中核をなしているのではないだろうか。それには、記憶操作・意識操作・音声送信などを複合して使い、途切れること無く続けられている。これには苦痛や屈辱を伴う場合が多く、身体的な苦痛も含まれている。

自由にものを考えることを出来なくされていると言うのは大変な問題であり、それが継続しているので被害者は多大な損失を被っていることになる。

しかしながら、この犯罪が行われていることについての社会的認知はそれほど進んでいない。本当に困った問題である。

また、声の送信では「そんな日記を書いていると周囲から精神異常者だと思われて全てを失うことになるぞ」と脅迫をされている。しかも、その脅迫の種類は考えられるあらゆるリスクについて言及されている。「日記を書くのを止めろ」と執拗に迫られるのだが、途切れる事のない遠隔攻撃や耐え難い苦痛により日記の更新をせざるを得ない。

酷い話である。

5日1:12
攻撃を止めるという事をしない犯罪であり、そこに何かの理由があるのだろう。

寝る。

遠隔操作被害

24:24
今日も被害は継続している。脳の遠隔操作のみならず、肩に発生させられる痛み、腰の強い疲労感、お腹に空気を溜められてゲップが出ないように食道付近を締め付けられる被害、強度の乱視のような視力の低下、咳、くしゃみなどの被害も第三者からみると何らかの病気の症状と思われてしまうらしい。

人間の遠隔操作という被害について生体の信号を取得することにより解明できないのだろうか。

被害者の苦しみ、被害によって発生した損害は計り知れないのだが。



多くの日常化している被害が継続している。

寝る。

執拗なマインドコントロール

23:55
日常化している被害は継続さている。このところの被害の特徴は声の送信による執拗な思考誘導であり、その喋りは信じられないほど一つの事柄について延々と聞かせ続ける。その時に脳の遠隔操作が行われるので聞かされた言葉が本当のことのように思えてしまう。しかも、意思決定などの操作も行われるので誘導され易い。さらに、声の送信は「お前を助けてやる」と言って、なるほど自分に取ってリスクとなるような部分を取り払うような内容が多い。しかし、その場の思いつきのような根拠のないものが多い。

そのような声の送信が信じられないほどに継続されているので、脳内音声からは逃れられないので、聞くこと、見る事を妨害されているので、結果的に自分の自由になる時間が極めて少ない。

また、音声送信者は「声被害について書くと統合失調症扱いされるぞ」と言っている。この手口が被害者の口封じに使っているのは確実で、社会的に理解され難いテクノロジー犯罪の被害者の泣き所となっている。しかも、その攻撃は強力であり、被害者を自殺・発狂に追い込むことは簡単に出来るわけで、それをちらつかせながら脅迫し、精神異常者というレッテルを世間から張られ、自滅するように陰湿に行われている。

政府がこの犯罪について無視を続けているどころか本当は世界的な被害であり、このまま放って置いてよいのかと大きな疑問を持っているのは被害者なら皆同じだと思う。しかし、敵は遠隔操作テクノロジーであり武器であるのでどうする事もできない。

さらに最悪なのは通常は到底信じられない被害であることだ。

家族の被害も気になるところである。

3日1:45
さしずめ拷問洗脳と言った状態だ。

寝る。

酷い睡眠妨害

24:04
昨夜は酷い睡眠妨害をされた。遠隔操作による強力な眠気と疲労感により就寝時間が自然と早くなった。その眠さは目を開いて居られないほどで、思考能力の低下が酷く起きたまま眠っているような状態だった。その状態でも床に入った後に携帯電話でブログを読んでいると目を開いたまま、一瞬意識がなくなってしまうほどだった。だから、最後は身動き出来ないような状態になり、そのまま吸い込まれるようにして眠ってしまった。

しかし、そのまま眠らせないのがこの犯罪のおぞましさであり、眠ったと思うとすぐに息を吐いたまま息を吸わなくなってしまい、驚いて目が覚めるのだが、余りの眠さにまたすぐに眠ってしまう。それを何度も繰り返されるわけで、時々心臓が止まってしまったように感じたりもした。息をしなくなるのも、心臓が止まったように感じるのも、びっくりして目が覚めるのも遠隔操作である。それらは眠りを浅くしたりするなど絶妙に行われている。そのような攻撃は以前にはもっと酷いのをやられたことがあった。

就寝後、一時間ほどそれを続けられてかなり嫌な思いをさせられたので、普通なら荒れ狂ってしまうかも知れないが、異常なまでの眠さの為にそのまま眠りに就いた。その後、3時間ほど経った朝の4時に目を覚めさせられたのでトイレに行ってから再度眠ると、次は2時間後の6時に目を覚めさせられる。そして最後は8時に目覚ましにより起床した。

起床後は、記憶操作や思考能力の低下、後頭部の違和感や不快感、音声送信、聴覚の変調、視覚の変調などが継続しているので不快、不自由となっている。

1:36
思考をある一定の方向に向けさせようとするマインドコントロール被害が続いている。

寝る。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる