激しい楽器練習妨害

23:43
陰湿なやり方の睡眠妨害の後、うがい時の吐き気、匂いを感じなくする操作、筋肉の特定の部位の強い痛み、著しい思考能力の低下と強い不快感を発生させられたまま出社して仕事をした。仕事の計画を話している最中に狙い澄ましたような記憶の消去を行われて大変な苦労を強いられた。午後からは酷い疲労感が発生してさらに苦労をした。

やはり、何かの衝動や意思決定が遠隔操作によって行われないと仕事中に強い脳への攻撃を受けても、声の送信で屈辱的な言葉を聞かされても、我慢をして無視することが出来る。歩くと左足の付け根が痛くなりびっこを弾いてしまうような状態にされても強い怒りなどを送信されなければ、不自由ではあるが無視が出来る。

夜は、楽器の練習に行っていたが、珍しいくらい激しく妨害をされた。まず、スタジオに入るといきなり聴覚の変調が起こり鼓膜が詰まったようになって周囲の音が良く聞こえなくなる。それは、ある一定の高い周波数の音だけが聞こえなくなっているように感じる。また、スタジオ内の音の響きがほとんどなく、音の距離感もなくなる。片方の耳が急に聞こえなくなったりすることもある。

練習を始めると、手の形を変えられてしまい不器用になる。その状態で暫く練習を続けていると怒りの感情を送りつけて来る。耐え切れなくなるので一度中断をすると、こんどは手の形が元に戻っている。文字を書くときに鉛筆などの持ち方を変えられてしまう被害と同じであり、よほど意識をしないとそうなってしまう。また、唇を吸い込むようにして噛んでしまう被害、目が開かなくなって細い目になってしまう被害も同じだ。

音が著しく煩く聞こえる操作をして「煩いからもっと静かに練習しろ、お前の練習を聞いている人がいるんだぞ」と声を執拗に聞かせてくる。それらを無視して練習をしていると酷い記憶障害を起されて僅か2秒程度のフレーズを繰り替えすことが出来なくなる。何度やっても必ずどこかで間違えてしまう。

フレーズを忘れてしまうわけではないのだが、やっている最中に意識がなくなってしまうような感じで、すべての部分に対して自分の動きを監視することが出来なくなり、気がつくと間違えている。また、フレーズの中にはチェックポイントがあり、その場所に来たら得に意思の通った音を出したいと思っている。しかし、それを忘れてしまったかのように通り過ぎてしまう。

しかも、聴覚に対して激しく不快になる信号を送りつけられているので気持ちが荒れてしまう。心拍数の増加や強い怒りも送りつけられているので、やれば、やるほど不快な気分になり、丁寧に練習しようと言う気持ちが無くなってしまう。もし、我慢をしなければ自失状態になりメチャクチャな練習になってしまうだろう。酷いとその場で暴れだしてしまう可能性もある。そのくらい強力な怒りの感情が送りつけられている。

更に、筋肉の遠隔操作により体に力が入ってしまうので、どんなに頑張っても意思の通りに体が動かない。本当は快適かつスムーズに動く筈なのに遠隔操作による妨害で動かなくされている。だから、やれば、やるほど腹が立つ状態になってしまう。それでも根性で練習を続ける。

そして、声の送信で「お前の練習を聞いている人間がバカにして止まないぞ、小学生でもお前より上手いぞ」と執拗に攻めてくる。この、「常に見張られている」、「見張っているいる人間が笑っているぞ」というパターンは毎日朝から晩まで繰り返されている。練習妨害はこれだけではないが、とにかく攻撃が酷く何度も中断をさせられた。

それらは、どのような強引なやり方でも構わないので、加害者の意図したように被害者の意志や行動を変えてしまいたくてやっているようだ。

余りにも攻撃が酷いので政党にメールで意見を入れた。

24:34
今も激しい攻撃が続いていて、音の聞こえ方の変調、著しく不快になる信号の送りつけ、激しい怒りと暴れだしたくなる衝動を起されている。肩や足の筋肉が引きつってしまい、かなりの痛みが発生している。お腹に空気を溜める拷問も延々度続けられ、ゲップが出そうで出ないやり方で苦しめる。

無抵抗の人間に対して絶対に逃れることの出来ない攻撃を途切れる事無く続ける極悪犯罪が野放しとなっている。無差別テロと言ったところだが、人間の遠隔操作で何が出来るかを考えて頂ければと思う。

そう言えば、総務省の方には「電子洗脳」という本を渡したそうだ。

10月1日2:18
被害が酷いので遅くなってしまった。

脳の接続状態というのか、それが続いている。

寝る。

脳内にある知的財産は守れるか

人間の頭の中には表に出さない、その人特有の考え方というのがあると思う。経験的に身に付けたもの、何かから学んだもの、それは知識であったり、判断の過程であったりする。また、何かを身に付ける時の学習の仕方や、何かを感じ取ったり、表現したりする方法など複雑になっている。

それらの多くは通常、論じられたり、語られたりすることは少ない。そう言った心の中の出来事を他人に伝えられたらと言う発想が、脳と脳を接続する技術の開発に向かっていたりするようで、考え方によってはすばらしい世界かも知れない。

しかし、人間の遠隔操作という被害を受けていると、そなんものは止めて欲しい、そんなものが世の中に存在すると夢も希望もなくなってしまうと強く思うようになる。人間は便利なものを求めていく傾向があり、ハイテクはすばらしいと思ったりするが、人間がこつこつと苦労して積み上げて来た物が一瞬にしてゴミ屑のようになってしまう可能性もある。

やはり、人間くさい、人間らしさがにじみ出てくるような世界、決して届かないものに対して夢を見るような世界が人間の努力を生むのであり、ハイテクにより居ながらにしてすべてが体験できるような世界は楽しくはないのではないか。

たとえば、楽器の演奏であるが、プレーヤーが演奏中に何を考えているのか、どうしてそのようなフレーズが出てくるのか、どのような練習をしているのか、音楽を聞いている時に何を感じているのか、などはその人特有のものである。

遠隔操作の被害では、それら頭の中に描いたイメージ映像の世界までも盗み取りや送りつけが行われているので、もしかすると技術的には他人の記憶や感覚なども無線で伝達出来るのかも知れない。

被害は技術の悪用であり、生活に対する破壊的なまでの妨害行為と遠隔操作の強制が行われている。従って他人の感覚の伝達などと言うものではなく、常に自然な自分でいることをさせないように心身に対する遠隔操作信号が送りつけられている。しかも、それにはリアルタイム監視というものが行われ、心の中を盗み取られながら他人によって干渉されながら生活をしなくてはならないので、自分ひとりになれる時間は全くないと言ってよい。

23:52
今日も脳や身体に対する著しく不快になり、能力を低下させる攻撃が続き、苦しまされている。知的財産の盗み取りを心配するよりは、苦痛から逃れたいと言う状態が何年も継続している。精神への介入というプライバシーのない生活も非人間的であり苦痛ではあるが、肉体と精神に対する拷問のような苦痛を発生させる攻撃が同時に行われているので、本当に酷い苦しみである。

政府には一日も早くこの犯罪を止めさせて欲しいと言っている。

24:00
例えば声の送信は「苦痛から逃れたい」という文字を書くと「ついに本音が出たぞ、ざまあみろ、悔しがれ、どんなに努力しても無駄だ、マインドコントロールに逆らえるわけがない」と揚げ足を取り、暴れだしたくなる感情を送りつけてくる。殺意がなければ出来ない犯罪であるのは誰にでもわかる。

30日1:12
攻撃用ではなく、脳内情報(知的財産)の盗み取りの装置が稼動したとするとどうなるのかと言った問題が出てくる時代となりつつあるのではないだろうか。

リアルタイム監視による攻撃と脅迫は今も行われている。

あまりにも酷すぎる。

寝る。

潜在的に働きかける記憶の操作

23:30
脳への電磁的攻撃で記憶障害という被害を受けるようになってから何年か経っていると思う。次第に追加されてくる被害について、いつから始まったのかを何処かに明記して置かないと判らなくなってしまう。少しずつ酷くなって行った被害を列挙するときりがないのだが、急に始まった被害がいくつかある。

まず、記憶障害(思い出せない、覚えられない)であり、視力の著しい低下、右肩の痛み、左肩のひきつり、匂いを感じない、お腹に空気を溜められる、首筋の硬直、体が急に熱くなったり寒くなったりする、抑制のような無気力、意思決定に苦労する、記憶の消去、偽の記憶の挿入などだ。

潜在的な機能に対する遠隔操作は、例えば視覚や聴覚などを含めると沢山あるが、意識を変えてしまったり、思い込んでしまったりする被害がある。

そんな中で、曜日を完全に思い違いさせられてしまう被害を受けた。火曜日に今日は水曜日だと朝から思い込んでいたり、土曜日に今日は日曜日だと思っていたりする。恐らく、出掛ける用事があるとそれを潜在的に意識させるような操作が行われているのだと思う。自分の思考の中や声の送信の内容には、出掛ける用事など曜日を間違えてしまうような事柄は出て来ないのに、完全に朝から気分がそのつもりになってしまっていて、後から曜日が違うことに気がつくのだが、少しするとまた、そのような気分になっている。

短時間のうちに終了してしまう一連の動作というか行動の順序などを間違えさせられてしまう被害があるのだが、自分が行動すべきリストが記憶の中にあって、それを書き換えられているかのように感じられる。数分以内に終了するような行動を間違えさせられる場合は記憶だけではなく、目線やちょっとした意識の操作も行われているだろう。

はっきり言ってしまえば、外部記憶のようなことをされているのだと思う。通常は半分操られて、半分自分の意思のような感じで生活しているので、予定や計画を立てることは出来る。それを、リアルタイム監視により盗み取り、実際に行動をしている時に記憶を消してしまい、外部から送り付けていると言うことになる。

何か、少し説明不足のような文章になってしまったが、脳が働かないようにされている事と、時間が遅いので十分に考えながら書くことが出来ないのでこのくらいにする。

今日も日常化している被害に苦しまされている。今は脳への攻撃と左肩の引きつりと痛み、呼吸の苦しさが目立っている。声の送信は徹底した脅迫に出ている。

最近、思ったことがすぐに起きてしまう現象や、テレビのニュースが自分に当てつけられているような感じがするが、全く気にはならない。やはり、脳や身体への攻撃が酷すぎるのだろう。しかし、神経症のようにする被害もあるので不安がなくはない。実際に受けている被害がどれほど広範囲であるか説明するのも大変だ。

寝る。

連夜の睡眠妨害

23:15
昨夜は、就寝直後から眠らせない遠隔攻撃を受けた。まず、足の指から始まり、体のあちこちに連続で発生する痒みだ。顔の皮膚が敏感になり枕などと接触している部分がくすぐったくなる被害は随分と前からあったが、最近は接触してなくなもくすぐったくされたりする。その他、とても眠れないような脳への攻撃や筋肉の操作、声の送信、怒りなどの感情操作も受けていたが、何しろ記憶障害が酷いのでほとんど覚えていない。

2時頃に就寝して3時頃まで寝られなかった。前日の睡眠時間が短いので早く眠りたいと思うのは当然で、そのような精神状態の時を狙って陰湿に攻撃をする。

知らない内に眠っていたが、今度は朝の6時過ぎに目を覚めさせられて、また眠れなくされた。そして7時頃になってやっと眠れたが、目覚ましが鳴らなくて9時半頃に目が覚めた。目覚ましが鳴らないのが不思議だ。

起床すると平衡感覚の変調や脳の芯が痺れるような不快感が発生して、また、苛々する感情も発生させられて不快なまま、激しいストレスを作られたまま出社した。しかし、仕事があるので加害者の相手をしていられなくなる。勿論、見えない敵と戦わせられるよりはマシなので仕事の方に気持ちを持って行った。しかし、声の送信や視力の低下、思考能力の低下などで苦労をさせられた。

首筋の硬直、頭部圧迫感、記憶障害など脳への攻撃、姿勢が悪くなる腰への強い違和感、聴覚に送られてくる著しく不快になる、耳が煩くなる信号の送信、筋肉のひきつり、痛みなどが継続している。

ところで、アメリカでは生命倫理学の大統領諮問委員会の派生プロジェクトとして、マインドコントロールに関する調査への署名が行われているとの情報がありましたが、その署名がどこで行われているのか見つかりません。アメリカに住んでいる人だけが署名できるそうです。どなたか、URLなどご存知でしたら知らせて頂けると助かります。ホワイトハウスのウェブサイトのようです。

署名タイトル: form a presidential commission to investigate the covert use of mind control technologies on American citizens
署名開始日: Sep 26, 2011
責任者: Derrick R

28日1:41

署名のURLが見つかりました。

form a presidential commission to investigate the covert use of mind control technologies on American citizens.

アメリカに在住のお知り合いの方がいましたら、署名のご協力をお願いして頂けたら幸いです。

寝る。

遠隔操作による睡眠妨害

22:49
昨夜は、1時過ぎには寝たと思うが、人工夢を見させられて2時間しない内に目を覚めさせられる。眠くて起きられないのだが、眠る事も出来ない。そのまま朝の6時過ぎまで眠ることが出来なかった。そこからやっと眠れたと思うと8時に目覚ましが鳴って目が覚めた。たまには睡眠不足で仕事をしても良いかと思い起床した。

そこでもし、更に睡眠を取ることにすれば世間体が著しく悪化するに違いない。これまでに数え切れないほどそうして来た。これはある意味、見えない敵との戦いであり、世間に何を言われても構わないので不可抗力的な攻撃のために自分を犠牲にする必要はないと思っているからだ。しかし、電磁波攻撃という被害は一般に理解されないので、それをすると加害者の思う壺になってしまう。そこで、その激しい被害を人に言えずに苦しまされる仕組みとなっている。厳しい言い方をすれば原因が何であれ、健康かつ文化的な生活が営めなくなれば社会から離脱したと言う結果だけが目に見える形として残ってしまう。

こう言った犯罪により失うものは計り知れなく、自分自身に対する社会的な信用ばかりではなく、家族や周囲にも二次的な形で被害が及ぶ。金銭的な損失や人生を破壊され続けているために得ることが出来なかった幸福や捨てざるを得ないもの、犠牲しなければならないものが多い。

被害者でなければ理解することが出来ない新しい種類の暴力である。転んで怪我をしたから痛いというものや、風邪をひいて頭痛がすると言った誰もが体験しているものではないために、他人の理解は得られないし、また、誰にも助けることは出来ない。

だから被害者の方たちは絶対に許せない、根絶させなければならない犯罪だと思っているはずだ。自分の子供が被害者になったとして助けることが出来るだろうか。小さい子供が普通ではあり得ない、被害者でなければ口にはしないであろう体に発生する変化を口にしたらどんな気持ちになるだろうか。

それでも被害者は、その被害に耐えて生きるしか方法がない。いくら警察に言っても無駄である。政府に要望書を送っても無視をされるだけだ。しかし、それでも絶対に人類最悪の犯罪を止めさせようとする動きを続けなくてはならない。苦しまされたら、苦しまされた分だけ、その犯罪を止めさせる方向へとエネルギーを転換するべきだと思う。

被害が酷くなると、広報活動に対して無気力にされたり、脳が働かなくなって何も出来なくされてしまったり、余りにも激しい攻撃をされると恐怖感が発生して恐ろしくて何も出来なくなってしまう。記憶を消すという攻撃は被害者の証言能力をなくすために使われる。

多くの被害者の方に奮起して頂けたらと思う。

夕方の18時頃から急に攻撃が激しくなり拷問状態となっている。

人類最悪の犯罪に対して国家が何もしないのでは余りにも変だ。


27日1:09
攻撃は続いている。

寝る。

脳の遠隔操作は世界最悪の犯罪

テクノロジー犯罪では脳の遠隔操作と言われる範囲のことが行われている。目に見えない媒体を使って遠隔から脳機能を操作することである。それらの被害が著しい苦痛を発生させるように行われ、しかも、途切れる事無く何年でも続けられるという恐ろしい犯罪である。この犯罪が行われていることを信じてもらうには証拠が必要であり、しかも、再現可能な実験結果がなければ公的機関は認めないだろう。仮に、犯罪として行われている被害の一部でも再現可能な装置を作ることが出来たとすれば、それは犯罪を行っているのと同じことであり、再現可能な実験結果とは違法な生体実験ということになる。従って、知識ある科学者であっても出来ないということになる。酷い拷問被害を受けている知識のない被害者に対してそれを要求しているのが現状である。

24:01
今日は被害者の会と音楽の演奏のために都内に出かけていた。先ほど帰宅したのだが、息が吸い切れないという被害が延々と続けられて酷く苦しめられた。まず、普通に息をしていると息が吸い足りない感じがする。そこで息を強く吸い込んでみるのだが、それ以上吸えなくて息苦しい状態が続く。

神経を操作して常に息が吸い足りなく感じる被害があり、お腹に空気を溜めて息が吸い切れなくなる被害があり、呼吸をする筋肉を操作されて息が吸えなくなる被害があり、横隔膜を操作しているのか肺に空気が入らなくなるような被害があり、呼吸のリズムを変えてしまう被害があり、呼吸の深さを変えてしまう被害もある。ようするに息が苦しくなる拷問である。

被害者の会では、視力の著しい低下の被害にも苦しめられた。利き目が逆転してしまうような被害、右目と左目の視力が逆転してしまうような被害などがある。字を書こうとすると手が上手く動かなくなり変な字になってしまう被害も受けた。

音楽の演奏では、まず無表情にされてしまい、笑いが全くでなくされた。その後は、音が自然に聞こえない聴覚の変調や体が意思の通りに動かなくなる被害、記憶の消去、平衡感覚の変調など様々な妨害をされてまともに演奏出が来なかった。

後は、後頭部の違和感、首筋の引きつりと違和感、肩の痛みが目立ち、特に左半身が顎から足首まで腕や手首も含めて筋肉が引きつって痛くなっている。味や匂い、温度感覚などの細かい被害もあるがきりがないのでこのくらいにする。

人間の遠隔操作は世界的な被害なのだと思う。

早く止めさせて欲しい。

26日1:18
日常化している攻撃は途切れる事無く続けられている。

寝る。

精神病に仕立てることで隠蔽されている犯罪

集団ストーカーやテクノロジー犯罪と言われている被害の多くは証拠の捕獲が困難であるために、また、信じられないようなテクノロジーを使い、ターゲットとされた特定の個人にしか気がつかないようなやり方で行われるので、それを聞いた第三者からは内的要因ではないかと疑われる傾向がある。従って、加害者は、被害者がその被害を口にすれば、するほど状況が不利になる事を知っていて計画的に行っている。テクノロジーでは脳の遠隔操作や感情の遠隔操作を使うので、被害者の能力は低下し、被害が酷いと精神に異常を来たしているのと同じような状態にされてしまう。こんな犯罪の被害者が増え続けている。

22:43
睡眠妨害は早朝に一度起されただけだ。しかし、記憶の消去という被害のために約束があったことをすっかりと忘れてしまい10時頃まで寝ていた。そのような被害は他人に対する印象が悪くなるのだが、たまにやられる。本当は眠りに入る直前まで遠隔操作を使った陰湿なやり方で酷い攻撃をされているのだが、忘れさせられてしまうので余り記録されていない。

午前中は墓参りに行っていた。午後からは予定がなく時間がたっぷりあったので何をしようかと考えようとすると、脳の遠隔操作のために考える事が出来なくなってしまった。少しすると加害者が声の送信でゴルフの練習に行って来いと言うので夕方から楽器の練習の予定もあるので、それに合わせて家を出ることにした。「お前を見張っている人間がいるぞ」という声の送信は毎日執拗に行われている。

ゴルフは得意ではなく、年に1~2度仲間とする程度なのだが、実際にコースを回る時の妨害がこのところ酷い。視覚に対する遠隔操作は左右別々に行われるので、視力の低下による距離感の狂いだけではなく、利き目を入れ替えられたり、平衡感覚の変調や意識の操作によりアドレスの時にクラブの向きが変に見えたり、スタンスが変わってしまったり、地面の傾斜が変わって見えたりする。

記憶の遠隔操作により考える事が出来なくなるので、どのように打てばよいのか、今までどのように打っていたのか、などが判らなくなったりする。また、運動能力の低下というか精神的に活力が出なくなりとても運動をするような状態でないように感じたり、首の後ろから背骨に掛けての痺れのような変調というのか、五感が直結していないような感じで体が俊敏に動かない。

筋肉の操作は細かく出来るのでグリップの力加減を変えられてしまったり、様々な方法でミスショットを強制的に起される。そもそも目眩がしただけでまともにゴルフなど出来る訳がない。更に、心拍数を上げられて精神的に慌てた状態を作り出されてしまい雑になってしまう。また、それらの妨害行為により失敗をすると声の送信でこれでもかと言うくらい貶される。そこに強い怒りと暴れ出したくなる衝動を送りつけて来る。ゴルフの妨害についても細かい説明をするときりがないのでこのくらいにするが、他人と一緒にプレーをしている最中にやられるので実力を発揮することが出来なくても言い訳は出来ない。仮に、電磁波で妨害をされたと言ったらどのように思われるだろうか、目に見えない攻撃の恐ろしさである。

今日のゴルフの練習も上記のように陰湿に妨害をされ、暴れ出したくなる衝動を起され続けながら我慢を重ねて最後までボールを打った。クラブを地面に叩きつけてキレてしまうイメージ映像を何度か送りつけられて、本当にそうしてしまいたくなったが、耐えた。ここでやり場のない怒りが激しいストレスとなり心身に溜まる。

その後は、夕食としてハンバーガーを食べたが、その時は強い思考能力の低下や強い怒りなどがなくなっていた。しかし、楽器の練習をするために車に乗りスタジオへと向かうと急に攻撃が激しくなり大変な状況となる。どのような攻撃をされたかについては、いつもと同じ肉体と精神への拷問攻撃なので省くが、とくに声の送信との戦いになってしまい、周囲の状況とは全く関係のない怒りと不快感に襲われていた。

そんな状態で楽器の練習をしたのだが、これも激しく妨害をされ、強い怒りと暴れ出したくなる衝動のために何度も練習を中断させられた。とくに聴覚の変調のために右耳に著しい不快感を発生させられて、その右耳に聞こえる音が煩くてたまらなくなり、ついでに声の送信で練習しているフレーズをなぞられて、音を出せば、音を出すほど不快になるという拷問にされた。それも根性で耐えて練習をした。

帰宅後も止め処のない怒りと不快でならない精神拷問が続き、脳機能の著しい低下と衝動的になる信号を送られて大変な状態であった。日記の更新を始める少し前までそれが続き、何を日記に書くかを考えられなくされていた。

被害者を潰してしまうために徹底した攻撃が行われている。そして、それを精神病だという事にして隠蔽している極悪犯罪だ。早く政府に動いて貰いたいと思っている。

23:45
アップした後に「その日記を全部消せ、そうでないと酷い目に遭うぞ」と声の送信で脅迫をされている。

24:52
お腹に空気を溜める攻撃、筋肉の痛み攻撃が目立つ。

寝る。

楽器の練習妨害が目立つ

22:51
このところ朝晩の気温が大分下がり、布団を掛けないと寒いような感じだ。今日は家族で墓参りに行っていた。電磁波による遠隔操作被害は継続しているので、睡眠妨害や起床してからの苦労はいつもと同じである。やはり脳の遠隔操作による記憶障害が継続しているので時間の流れと共に朝からの事を思い出すことが出来ない。被害は非常に多岐に渡り継続し続けて、途切れることのない声の送信により、その場の出来事に干渉され、その時々によって様々な遠隔攻撃をされ、その程度もその時々によって違うので全部書いていると大変なことになる。

思い出そうとしても思い出せない被害、記憶されない被害、記憶を消される被害、それと思い出そうとするとそれよりも早く、イメージ映像や声の送信、その他の閃きの送信によって思い出さされてしまうので、自分で自然に思い出したという感じにはならない。思考回路そのものが制御されている感じなので、基本的には自由に考えることが出来ない状態であり、しかし、ある場合には加害者の方から私が望んでいる内容に即した思考を送信される感じだ。その状態にも程度があるので説明するには膨大な量の文章になってしまう。しかも、脳や身体への攻撃を受けながらなので困難となる。

とにかく色々と忙しいので暇が無く、そんな中でも夜は楽器の練習をした。毎度の練習妨害が行われていて大変な苦労を強いられた。まず、記憶障害と脳機能の低下。それと筋肉の一部に痛みが発生したり、著しく動き難くなっていたり、脳を攻撃されているために不器用にされたり、心拍数の増加や感情の遠隔操作などをされたり、声の送信による語りかけが行われるので無意識に楽しむ事が出来ない。

聴覚の変調が行われるので、聞こえてくる自分の出した音が現実のものとは違い、左右の耳で聞こえ方が違っていたり、距離感のない部屋の広さを感じない不自然な音であったり、トーンコントロールが掛かったようにある周波数が聞こえ難くなったり、逆に大きく聞こえたりする。最悪なのは耳の中に圧迫感と強い不快感が発生して音が異常に煩く聞こえる操作であり、やれば、やるほど気分が悪くなると言った攻撃だ。

その他、脳が意思の通りに働かなくなったり(音楽をするに於いて、やるべきフレーズを瞬時に忘れさせられてしまったり、次へと展開するためのフレーズが全く思いつかなくなる)、体が意思の通りに動かなくなる被害もあり、また、全く練習にならないようにするための攻撃はいくらでもあるので、その時々に応じて行われる。最後は、各種妨害をされた上に強い怒りを送り続けられて練習を中断させられてしまう。

楽器の練習妨害についても、細かい説明を要すると思うが、日記の更新をしようとすると「面倒だから簡単に済ませよう」という気持ちが発生する。しかし、最低でもこのくらいは記録して置きたいと思う。視力の極度の低下が左右独立して行われる被害、視野がまるで片方の目で見ているかのようになる被害も忘れてはならない。

いま、平衡感覚の変調と極低周波の信号による脳波の混乱(聴覚と頭部表面の違和感と脳内の変調が同時に行われているような感じ)の被害、首筋の硬直と肩の張り、腰の疲労感による姿勢の崩れ、強い不快感などの攻撃を受けている。とにかくすべての被害を記すことは不可能となっている。

被害者は途切れることなく苦しまされている。

政府はいつまで、こんな犯罪を野放しにしておくのだろうか。

24日1:15
先ほど、強く脳を攻撃され、止め処も無く湧き上る怒りの感情に苛まれた。当然、聴覚などに対する耐え難い不快感や思考能力が著しく低下する攻撃も同時に行われる。

寝る。

街頭活動

22:30
台風などの影響もあり、遠路であるために、仕事もあるために躊躇していたが、被害を受けている以上、出来るだけ参加するべきだと思い、霞ヶ関は総務省前で行われたテクノロジー犯罪被害ネットワークの街頭活動に参加してきた。地方で自主的に街頭活動をしている方もいるので、その方々には感謝をしている。

睡眠妨害は朝6時頃に起され、すぐには眠れなくされ、目覚ましの鳴る1時間ほど前に急に眠れるのだが、目覚ましが鳴った時には異常なまでの眠さの為にすぐに起きられない。根性で起きるのだが、その後には異常なまでの疲労感が発生する。記憶障害、思考能力の低下、平衡感覚の変調など日常化された被害は起床と同時に確認できる。また、右肩の筋肉の痛みや捻挫をした左足首の痛み被害も日常化している。

行き帰りの社内では「電子洗脳」という本を読んでいる。以前は平衡感覚の変調などのような被害と同時に行われる記憶の消去により、一行読んで次の行に移動すると、たった今読んだばかりの内容を忘れてしまうなど被害が酷く、その後は本を読み出すと目を開いて居られなくなるほどの眠気が発生する被害を受けていたので本が読めなかったが、最近は何とか読むことが出来る。しかし、記憶力と理解力が恐ろしいほどに低下しているので、大変な苦労をする。また、痒みをあちこちに発生させたり、座っているのが苦痛になるような筋肉の痛みを発生させたりして、集中力をなくすような攻撃をされるので、それも読む妨害となっている。勿論、文字を読む事に対する妨害には程度があり、その時々で違う。仕事で文章を読む時などは強力に脳を攻撃され、とても読むことが出来なくなったりする。

街頭活動の時の被害は軽い方だったと思う。チラシを受け取ってくれる人も多かったように感じた。街頭活動の後は要望書の提出があり、庁舎の中に入れて頂き、別室にて15分ほど話を聞いて頂けた。最近は、中に入れて頂けなかったり、要望書は郵送し欲しいなどがあるので、ありがたいと思った。しかし、この問題の解決は困難を極めると思われるので、この先が問題となるだろう。

帰宅後は、家族と話をしている時に遠隔操作により舌を何度も噛まされたので腹が立った。首筋と肩、腰や背中のひきつりと凝りが酷いので疲れているのか良く判らない。聴覚に対する不快感の発生するノイズの送信と脳の芯が痺れるような不快感が目立つ。

細かい被害は沢山あるが、きりがないのでこのくらいにする。

24:14
被害は継続している。

寝る。

テクノロジーの進化

2005年の後半、日本最大の通信事業会社NTTが、人間を遠隔操作する装置を発明した。新聞記事によると、この技術はあらゆる音響機器に適用可能で、バーチャル・リアリティーや効果音の質を向上できるという。用途として、プロのダンサーの動きをそっくり真似するよう命じると対象者は抵抗できずに踊りだす、といった案も検討された。しかし、こういった技術を使って不本意な動作を誘発するという発想は慎重に考慮しなくてはならない。本書に記した他の技術と併せると、様々なことが可能になるからだ。「酔っているような、あるいは、麻酔で眠っているような気分で、催眠術をかけられた感じがする。しかし、意識ははっきりしてして、まるで見えない手で脳を触られているみたいだ」
この技術では、脳に電気刺激を与えて行動を操作する。NTTは、バーチャル・リアリティーのコンピューター・ゲーム、ダンス教室における正確な動きの実体験、音響機器の追加機能に活かす予定だという。
現在、この技術が米空軍が呼ぶところの「制御効果」へと向かい始めている。(P66)

ソニーが特許を取得したこの装置は、人体にまったく傷をつけない非浸襲性である。超音波パルスを頭部に送り、狙った脳の一部の発火パターンを変更して、画像から味や音にいたるまで知覚体験を作り出す。したがって、目や耳の不自由な人が、見たり聞いたりする体験ができる。(P72)

「電子洗脳」という本からの抜粋ですが、このような技術が私達が受けている被害と直接関係があると思っているわけではなく、人間の遠隔操作という意味で公開されている技術でさえも、その進歩は信じられないようなものがあるという事を知ってもらいたいわけで、もし悪用されたらどうなるのかと言った心配はないのでしょうか。


23:04
昨夜は睡眠妨害が酷く、1時間半置きに3回ほど目を覚めさせられていたように思う。その都度、人工夢のようなものを見せられたり、目覚めた瞬間に何かの暗示に掛けるような他人を疑わせるための言葉を聞かされた。正直、睡眠も部分的には人工的な睡眠ではないかと思っている。

起床後はすぐに脳への攻撃が始まっているが、思考能力の著しい低下と後頭部や首筋への著しい違和感、聴覚への不快感の発生するノイズの送信、平衡感覚の変調がセットになっている。それらの被害により機敏な動作が出来ず、足の筋肉の動きを阻害されるとまっすぐに歩くのにも苦労をする。コーヒーを入れるなどの日常的な動作も間違えてしまいそうになったりする。そして、悔しくて堪らなくなる感情や、強い怒りの感情を何度か短い時間だけ、ちらつかせるように送りつけて来る。

そして、不快感も追加され、そのような状態のまま出社して人と接することになる。午前中は気後れ状態がなかったようで、電話をあちこちに掛けた。午後からは記憶障害が強くなり、理解力の著しい低下と気後れ状態を起されて、社内の打ち合わせで上手く喋れなくされた。視力や聴力の変調も行われたし、脳内音声による歌のリピート送信も執拗に行われたが、激しく仕事の妨害をされたり、耐え難い拷問被害にはならなかったので能率の低下したまま仕事を終えた。

台風の影響で風雨が強かったが夜はサウナに行って来た。夕食後にはお腹に空気を溜められてしまい、極度に眠くされたのだが根性で起き上がって家を出た。

声の送信が途切れることはなく、脳への攻撃が強いので自分から何かを考えることが出来ずに、まるで自分の思考のように聞こえる声の送信に誘導されて何かを考えさせられたり、全く自分で考える事が出来ないように語りかけをされた。

また、筋肉の遠隔操作で太ももやふくらはぎが硬直したり、疲労感が酷くなり著しく不快にされた。筋肉の動きを悪くさせる操作は全身どこにでも発生させられるようで、それをやられるとかなり苦労をする。それとは別に脳神経への攻撃のために全身の感覚がダイレクトにならなく、動きが鈍くなるような、動きたいという気持ちがあまり発生しない。それは思考能力の低下ともおおいに関係があり、自由であり、自然である状態とは程遠く、常に遠隔操作の影響下にあり、監視下に置かれているので、開放感が全くなく、何をしても妨害をされるので、それらが総合的に関係してそのような状態にされている。

常に、痛い、苦しい、不快、気持ち悪い、が付きまとい、感情なども自在に操られてしまう。従って、人間として機能的かつ無意識に生きることが困難にされている。こう言った犯罪は殺意がなければ決して出来るものではなく、それから逃れたいと思うと、自殺・発狂へと誘導する強いマインドコントロールが開始される。

これを精神病と言って隠蔽しているわけだ。

テクノロジーの進歩とは裏腹に情けない限りである。

お腹に空気を溜められて苦しい。

寝る。

飛蚊症のような被害

視覚に対する遠隔操作の被害も種類は多い。ところで飛蚊症のような被害の経験のある方はいないだろうか。直視することの出来ない、例のアメーバのようなものが見えることは、ある条件下ではかなり以前からあったが、新聞を読んでいたり、パソコンの画面を見ている時に突然に大量に現れたり(距離感として普段見えているものよりも手前に現れるような気がする)、目の焦点のすぐ横に、まるで文字を読む妨害をするかのように現れて、目線を移動するとそれについて来る。説明は困難だが、遠隔操作による嫌がらせであると確信できる不自然さがある。

23:03
朝の5時半くらいに目を覚めさせられてしまい、非常に眠かったが思い切ってトイレに行き、再就寝した。次は目覚ましが鳴る少し前に目を覚めさせられたように覚えている。起床後すぐに脳への攻撃が始まり、後頭部に不快感が発生して異常なまでの疲労感がある。その後は思考能力が低下して、不快感も発生させられた中で顔を洗ってコーヒーを飲んで家を出た。すでに記憶障害のようにされているので良く覚えていない。平衡感覚の変調が起きていて人工的な寝ぼけを作られているような感じなのだが、思考や無意識の動作が上手く行かない。声の送信も行われているし、頻繁に苛々させられるが無視を続ける。

仕事は忙しかったのだが、とにかく落ち着かない感じにされていて、深くものを考えたり、文章を理解しながら読むなどの能力が低下したまま仕事をした。また、気後れしてしまうと言うのだろうか、決断力が鈍ってしまうような、思ったことを躊躇してしまったり、遠慮してしまう状態にされている。

夕食後はお腹に空気を溜められたり、呼吸を苦しくされたりして、やはり何も出来ない状態のまま時間が経っている。首の後ろの筋肉の圧迫とか硬直と言った被害が継続していて、それと同時に腰の筋肉に違和感があり姿勢が悪くなってしまっている。そのような身体操作と脳の芯が痺れたような不快感、思考能力の低下が日常的に行われている。

激しい怒りなどが継続することはなかった。

筋肉の痛みも継続している。

苦情を書き出したらきりがないのでこのくらいにする。

24:40
上記アップ後に脳内音声による歌のリピート送信が始まった。

寝る。

音楽を聞くことに対する強い妨害

23:51
今日は敬老の日であるので仕事は休みだったが、早朝に起されたように記憶している。ついでに人工夢を何本か見せられたような気がするが、日常的に行われている記憶障害のために忘れてしまっている。

昼間は普段出来ない雑用などをしたりしていたが、午後になって急に眠くなり眠らされてしまった。その後は脳への攻撃が酷く、記憶障害だけではなく思考能力の低下が不快感と共に発生しているような状態にされた。それでも雑用の続きをした。どのような感じに時間が流れて行ったのか、どのような被害を受けていたのか良く覚えていない。

夕食後は時間があったので、昨日自分が演奏した音楽の録音を聞いていた。やはり、音楽を聞くことに対する妨害が酷い。声の送信で語りかけて来て、その瞬間に意識を音楽の方ではなく声の送信の方に強制的に持って行かれてしまい、気がつくと音楽を聞き逃している。それには記憶の消去も行われていると思う。その時に必ずやられるのが怒りの感情の送りつけで、酷いと暴れだしたくなる衝動まで起される。同時に、心拍数の増加や呼吸を苦しくして呼吸を乱す操作も行われるので余計に落ち着いて音楽を聞くことが出来なくなる。本当は、精神錯乱状態のようにしてしまい、目の前の現実に対処できなくし続ける事も可能なのだと思う。そのような遠隔操作を少しやっては声を聞かせ、弱く送信したりを繰り返しているのだと思う。

また、聴覚に対する操作も酷く、スピーカーから出ている音量が大きいのか、小さいのか、判らなくなってしまったり、トーンコントロールのように特定の楽器の音が著しく大きく聞こえたり、小さく聞こえたりする。音が汚く聞こえる操作もある。最後はすべての音が煩くて堪らなくなり音楽を聞くのが嫌だと感じさせられ、同時に、精神の遠隔操作により「音楽を聞くのが楽しくないから止めよう」と思うようにされてしまう。

楽しくないことから遠ざかってしまうのは人間として正常な反応だと思う。また、「つまらない演奏だ」、「下手な演奏だ」などと感じさせられる操作もあるし、様々な誤認識や感情の操作をされるので演奏の出来を判定するのが困難となる。楽器の演奏妨害にもそのような事が行われる。

そのような遠隔操作は対人関係にも使われている。

とりあえず、数時間掛かったが、自分の演奏を別のサイトに数曲アップした。このところの演奏妨害は酷いものがあるので久々のアップとなる。しかし、日常的に行われている被害と、演奏中あらゆる場面での妨害が発生しているので内容的には不本意なものである。

お腹に空気を溜められている、首筋や肩の凝りが強い、姿勢が悪くなる操作をされている、聴覚に不快感が発生するノイズを送られている。これらが現在目立っている被害だ。また、自分が聞いた音楽をリピート送信として脳内に送りつけられる被害もある。

被害の形態は様々だが、見させない、聞かせない、感じさせない、考えさせない、行動をさせない、をしているわけで、遠隔拉致、遠隔洗脳、遠隔拷問という被害となっている。被害者の方と連絡を取ろうと思っていたが結局なにも出来なかった。

このような犯罪が野放しにされている。

20日1:33
被害が継続している。

寝る。

陰湿な睡眠妨害

19日1:23
今日は被害者の会と音楽の演奏のために都内まで出かけていた。天気が良かったので突然にオートバイで行くことにした。一日全体を通して、何故か、それほど激しい攻撃はなかった。音楽の演奏の時に一度だけ激しく妨害をされて強烈な怒りと興奮を送信された事と、帰りの運転中に左半身に強い痛みを発生させられたくらいで、勿論、日常化している脳や身体への攻撃は継続していたが、激しく耐え難いものは一度だけだった。

ところで、昨日と今日は早朝に目を覚めさせられてしまう睡眠妨害をされている。そして、急に頭部や胸部が熱くなって汗をかいてしまう。したがってすぐには眠れずに再度眠ったと思うと起床時間になっているよう状態にされる。

いまも被害は継続している。

声の送信、左肩を中心とした痛み、右太ももの嫌気感のある疲労感などだ。

たまにあるのだが、ブログの編集画面が一部、文字化けしている。

寝る。

知覚の遅延フィードバック

隠蔽されたテクノロジーを使った遠隔操作による被害では、脳情報を含む生体情報などの盗み取りと送りつけが行われているようだ。そんな中で知った言葉が聴覚の遅延フィードバックというもので、ある一定の時間だけ遅れて自分の声が聞こえると人は喋れなくなってしまうと言うものらしい。

携帯電話で話しをしている時に、稀に自分の声が少し送れて聞こえてくる事がある。その声が強く聞こえて来るわけではないので、煩わしいと感じるのだが喋れなくなる事はない。

実際の五感に対する被害としては、何かの言動や思考に合わせて行われるので生体情報を盗み取ってそれを利用しているのだと思うが、リアルタイムであり、感覚というか知覚の遅延フィードバックが主に行われているようには思えない。しかし、時々聴覚や視覚に対してそのような遠隔操作を感じる時があり、そのような事も可能だと思っている。まさか、思考や記憶などに対して行っているとは思えないが。

17日23:21
今日は陰湿な睡眠妨害をされた。10時に人が来る予定があったのだが、すっかり忘れさせられていた。朝の7時半に睡眠時間約5時間で目を覚めさせられた。別に起きてしまっても構わないのだが、休みなので、もう少し寝たいと思った。しかし、9時頃まで眠らせないようにされた。そして、その頃から急に眠くなったので眠ってしまうと、人が来て起された。すぐに部屋をでたが、遠隔操作で強い寝ぼけを作られたり、目が腫れている感じにされたりして暫くの間不快にされた。

その後は別の知人が訪れたので昼食を外ですることにした。夕方まで一緒に居たのだが、頭痛、首筋の硬直と脳の芯が痺れるような不快感、聴覚の変調などを起されて大変な苦労を強いられた。聴覚の変調は周囲の音が異常に煩く聞こえる操作と自分の声が妙に頭蓋に反響したり、普段と違う声に聞こえたりするなどして不快であった。また、怒りはないのだが心拍数を上げられて何か喋らずには居られなくなる操作をされて、多くの言葉を早口で喋らされてしまった。しかし、活気があればそのくらい喋るのは普通かと思ったので呼吸が乱れない程度に喋っていた。

夜は楽器の練習をしたが、脳機能の低下と筋肉の硬直など動き難さを発生させられて、同時に不快感も送られたので苦労をした。

帰宅後は、脳内音声による歌のリピート送信と呼吸が苦しくなる攻撃をされたので自由に考えることが出来なくなり拷問状態となった。激しい苦痛や強い怒りは余り発生しなかった。お腹に空気を溜められている。

24:45
特に目立つ被害は、声の送信とイメージ映像の送信による思考の誘導であり、自由に考えることを全くさせない。思考を誘導された先には、加害者が最初から用意していた間違った結論があり、それを感じ取るという形で結論に導いている。それは声でもなく、イメージ映像でもなく、日々の洗脳行為によって焼き付けた記憶を想起させるという方法のようだ。

脳の遠隔操作、早く禁止させて欲しい。

寝る。

暴れだしたくなる衝動

電磁波犯罪と言われている遠隔操作被害では、各種感情の遠隔操作が行われていることは知られていると思う。それを私は電磁マインドコントロールと呼んでいる。通常、人間が抱くであろう感情のすべては操作可能であり、普通では発生しないような特殊な感情まで作られてしまう。例えば、強く虐められているような気持ち、屈辱感、耐え切れないと思う気持ち、などがそれに当たると思う。また、逆に感情が発生しないような状態も作れると感じている。

それら感情の遠隔操作は、他の遠隔操作攻撃と組み合わされて使用され、被害者に多大な苦痛と屈辱を受けさせている。そして、何かの衝動を起させる遠隔操作があり、強い怒りや憎しみの感情の送りつけと組み合わせて攻撃をされると、暴れだしたくなる衝動が発生する。

その遠隔攻撃は被害者をキレさせるとか暴れさせるために行われているものなので陰湿なやり方での条件作りが行われる。何かの信号を送ると人間が行動を起してしまうようであり、その時に行動リストという記憶の中にあったものが実行されるという仕組みのようだ。その記憶領域を改変してしまうような操作が行われると間違った動作をしてしまうのかも知れない。

また、暴れさせようとする時には暴れている時のイメージ映像を脳内に送りつけたりする事もある。さらに、キレてしまい暴れている時の感覚(実際の自分の記憶や脳波とは思い難い)を再現されるような送信もある。その時には我慢をするという自制心から開放されたような一種の快感めいたものが加速するように送信されてくる時もある。

ところで、陰湿なやり方の条件作りであるが、自分の意思により何かをしたいと思った時に、それを妨害するために脳や体を遠隔操作して極度に能力を低下させながら、強い不快感が発生する信号を送りつける。そして、遠隔操作により心拍数を上げて興奮をさせる。そこに、強い怒り、憎しみなどの感情を送りつけてくる。

当然、声の送信による執拗な精神への介入という思考することに対する妨害や、その状態をあざ笑うかのような挑発的な言葉の送信が執拗に行われるので、常識では考えられないほどのストレスが発生する。それらは脳内での会話のようなものであり、無視をしていても現状に沿った内容で続けられる。この状態が長時間続くとそれだけでもキレてしまうだろう。

それを防ぐには、自分の意思で何かをやろうとした事を止めるしかない。しかし、実生活の中には絶対に止めるわけには行かない物事があるので、そのような状況が狙われやすい。また、時間には限りがあるのでそのような逃げることの出来ない状況も狙われる。

多いのは、激しいストレスに晒される限界状況に於いて自分からキレてしまうように仕向けられる。酷いやり方だと思うが、軽度のキレ方や攻撃をされていなければ取らなかったであろう言動について音声送信者は罪悪感を抱かせるように後から執拗に攻めてくる。

暴れだしたくなる衝動というのは確かにあると思うが、その信号をまともに送りつけられたらどうなるのか、明言は出来ない。その反対に、笑い出したくなる信号を送られると笑い出してしまうのだが。

一日も早く禁止させて欲しいと思っている。

声の送信では「多分、暴れさせられるぞ」、「保健婦に見させてあげたいな」、「警察に危険人物とみなされるぞ」などの脅迫を聞かされている。怖いとは思うが、なんとしても止めさせたいという気持ちの方が強い。誰だって人間らしく自然に生きて行きたいと思うはずだ。

24:30
今日も様々な攻撃を受けながら一日を過ごしたが、細かい被害の羅列や説明を書くよりも、このような文章の方が良いかと思った。恐らく、被害が酷いのかも知れない。音楽妨害が目立つ。

17日1:47
被害は途切れることがない。

寝る。

電磁マインドコントロールによる撹乱

23:36
激しい怒り、激しい憎しみ、激しい不快感が長時間続くことのない一日ではあったが、日常化している記憶障害や思考能力の低下、筋肉の引きつり、痛み、視覚・聴覚の変調、匂いを感じない被害、などにより苦しまされ続けている。

朝は、歯を磨いた後にうがいを妨害するための吐き気を起された。起床時から後頭部に強い不快感があり想像力が著しく低下する被害を受けていた。そのままの状態で仕事に行くのだが強い不快感と聴覚に送信される特殊なノイズのために撹乱をされてしまい、洗濯機を回したのだが干すのを忘れてしまい、夜帰宅してから気がついた。

被害の基本形は後頭部の違和感、首の後ろの筋肉の圧迫感のような引きつり、微弱で振幅の小さい脳の芯が痺れているような感じの目眩(平衡感覚の変調)、微弱な吐き気のような気持ち悪さ、鼻に送りつけられる臭いなき圧迫感のような臭い(糞便の臭いを嗅がされた時の刺激だけのようなもの)、音の聞こえ方が不自然になる聴覚の変調、視力の低下、腰砕けのように疲労感と共に姿勢が悪くなる操作、などが記憶の遠隔操作が原因と思われる思考能力の低下と想像力の低下と共に行われる。勿論、声の送信は途切れることなく続けられ、あらゆる角度から攻め込んでくる。脳内音声による歌のリピート送信もかなり頻繁に行われている。その時々に応じて行われる感情の遠隔操作も忘れてはならない。

そのような状態で仕事をしていたが強力に妨害をされることはなかった。夜は楽器の練習に行き、被害を受けたまま練習を続けた。時々、強く妨害をされてキレそうになったが我慢をした。頬を吸い込むようにしてしまう遠隔操作や怒ったような顔にされてしまう遠隔操作をされたままだった。

帰宅後はテレビを見ていると聴覚への攻撃が強くなり拷問状態となった。その後、自分で演奏した楽器の演奏の録音を聞いているとやはり強い攻撃で音楽を聞くことに対する妨害をされ大変な苦労を強いられた。

そして、日記の更新を始めるとまた攻撃が強くなり、思考能力が極度に低下して息が出来なくなるような呼吸困難を起され、吐き気と頭痛が起きて酷い不快感に耐えてここまで書いた。

やはり、聴覚に送信される極低周波のノイズが、不快感を発生させたり、平衡感覚の変調を起したり、脳の撹乱を起しているように思える。あるいは、脳機能に変調を起す信号を送られると極低周波のような音が聞こえるような状態になるのかもしれない。

とにかく激しい人権侵害が野放しでは困る。

16日1:15
執拗な攻撃が続けられ、暴れだしたくなる衝動も起されている。

寝る。

遠隔操作による洗脳が行われている

目でものを見ることに対する妨害、耳で音を聞くことに対する妨害、考えることに対する妨害、味や匂いや雰囲気を感じ取ることに対する妨害、判断をしたり意思決定をすることに対する妨害、感情など何かを表現することに対する妨害が日常的に行われ、それらは個別に器官を操作したり、感覚の遮断のように全体的な感じに操作されたりする。

そして、そこに偽の感覚や感情を送りつけたり、思考や閃きのようなものを送りつける考えの誘導、声の送信という言葉による思考の誘導、判断や意思決定を変えてしまう脳の遠隔操作が行われている。

犯罪であり破壊活動であるので、それらは著しく不快になるように行われ、能力の低下を引き起こして屈辱を受けさせられる。顔の表情や姿勢、動き方まで変えられてしまい、二重、三重というやり方で持って生まれた能力を奪い取り遠隔操作による洗脳が行われている。

例えば、聴覚であれば周囲の音が良く聞こえなくなるノイズを送信することにより聞くことの妨害をする。そのノイズの中に不快になる成分を加えれば不快で堪らなくなる。音が鮮明かつ自然に聞こえないために、その中から何かを感じ取ることが出来なくなる。さらに、音を分析したり雰囲気を感じ取る能力を低下させられるので、聞こえて来た音から何かを感じ取ることが出来なくなる。注意深く聞こうとしても著しい不快感が発生しているので、聞くということが嫌になってしまう。更に、現実にはない音を聞かされたり、その音の中から感じ取れるはずのない感情を送りつけられる。それらがあらゆる感覚に対して日常的に行われている。場合によっては犯罪を行う加害者に都合のよい方向へ誘導されてしまう。

記憶の操作も幅広く細かく行われているので自分を維持するのが困難となったりする。そこに目眩や平衡感覚の変調、時間感覚の喪失などが加えられ、筋肉などの遠隔操作は動きを鈍くしたり意思の通りに動かなくなったり、痛みや疲労感を発生させる。

拷問のような苦痛は上記感覚機能を不快感と共に働かないようにするものと、肉体的な苦痛、精神的な苦痛とがあり、それらが同時に行われたりする。とくに精神的な苦痛はパニックのような状態を作り出されたり、強い怒り、激しい屈辱感、何かの衝動、耐え切れないと感じる拷問感などがあり、それらを送りつけられる。

拷問洗脳としか言いようのない攻撃であり、それに耐えていたとしても極めて能力を低くされた状態であり、健康かつ正常な社会生活は困難を極める。時間と共に周囲に不信感が発生したり、人と関わっても楽しくならないようにされるので、人との関わりを避けるようになるし、生活も変わってきてしまい人格のようなものも変えられてしまう。

このような犯罪が行われていて決して少なくない被害者が訴えているにも関わらず、依然として精神病扱いではあまりにも情けなくないだろうか。数十年前から脳へのアクセスとして行われてきている犯罪なのだが、科学技術が進歩しているこの昨今、そう言った問題に関して研究調査をしてもよいのではないか。


「電子洗脳」という本

是非、お読み頂きたい一冊で
多岐に渡って多くの情報が記されています。


24:46
このところ被害が酷くなっているように感じる。しかし、脳への攻撃などが酷くなってからは2年くらい経っているかもしれない。しかも、攻撃は少しずつ追加されている。日常化した被害を記録したり、細かく被害の説明をするのも大変なので今日はこのようにしてみた。

本当に酷い話だと思う。

寝る。

出張より帰宅

21:03
いま帰宅したところだが、呼吸困難と呼吸を声の送信でなぞるという攻撃(やられてみると判るが酷い不快感とストレスになる)、記憶の消去、聴覚への不快なノイズの送信、平衡感覚の変調、執拗な声の送信による脅迫が行われている。

昨夜は酷い攻撃を受けた。眠らせない拷問という奴だ。朝7時半に起床する予定があったので12時に就寝したのだが、朝の4時頃まで延々と眠れないようにされ、途切れることなく声の送信により脅迫をされ続けた。お腹に空気が溜まる攻撃、脳内音声による聴覚の変調で周囲とは関係のないマインドコントロールの世界へ引きずり込まれる被害、心拍数の増加、瞑った瞼の中に光の残像のようなものを見せられてそれを見つめてしまう被害、呼吸困難、筋肉関節の部分的な痛み、体が異常に熱くなる被害、パニックのようになる感情の操作、強い怒りの送りつけ、暴れだしたくなる衝動などを延々と続けられていた。

声の送信では「明日の仕事の時に何も喋れないようにしてやる」、「みんなお前の日記を読んで知っているんだよ」、「警察が下で待っているぞ、早く飛び降りろ」、「お前が騒ぐから自衛隊が困っているぞ」、「公安が隣の部屋で一部始終を監視しているぞ」など4時間にも渡り聞かされ続けていた。しかし、声の送信に関しては常に無視をしているのと、記憶障害を起されているために何を聞かされていたかは大体しか覚えていない。

それよりも、種々の感情の操作による精神拷問はかなりの強度であり、場合によっては、わめき散らしてしまったり、暴れだしてしまったりする。それらは身体的な苦痛と共に行われるので、それこそ酷い苦痛となる。しかも、そこには声の送信による挑発をしてくる加害者が存在しているので、強制テレパシー通信による言い争いが展開されてしまう。また、声の送信は言い争いになるようにあらゆる角度から心を攻めてくる。

その声の送信の責め方は陰湿そのもので「眠らせてあげようか」、「眠らせてあげたいけれどやっぱだめだ」、「お腹が苦しいか、かわいそうに」などと言いながら何かの条件を持ちかけてくる。しかし、それに対して拒否をするように思考を誘導されて勝手に拒否をさせられる。すると「だったら朝まで眠れないようにしてあげるよ」などを繰り返しながら少しずつ感情を高ぶらせて行く。当然、感情の遠隔操作はあらゆる場面で使われるし、加害者には最初から攻撃を止める意思はない。

そのような攻撃を遠方のホテルに泊まっている時に行い、しかも翌日は大切な客先に訪問するという仕事がある。これは当然、睡眠妨害はされたくない、面会中に脳への攻撃をされたくない、そうされると困るという不安があるので攻撃をされた時のストレスは計り知れないものとなる。攻撃をされると現実に困るという精神拷問、感情の遠隔操作による精神拷問、声の送信による精神拷問、の三重苦の精神拷問となる。

遠隔操作により心拍数を上げられて興奮させられているので到底眠ることは出来ない。そのような苦しい状況の中でも朝の4時頃には眠ったと思ったが(攻撃を止めただけ)、次は6時半に突然目を覚めさせられてしまう。また、眠ったと思うと7時半に目覚ましが鳴った。

仕事中の攻撃はそれほど激しくなかったが時々脳を強く攻撃されて怒りが発生した。また、何故か眠気とか疲労感を感じなかった。帰りの電車の中ではそれほど攻撃が強くなかったが、帰宅すると攻撃が酷くなり、加害者は遠慮なく脳内音声による歌のリピート送信をしながら「許して欲しいなら総理大臣に手紙を書きな」と言っている。

このようなテロが野放しでは困るということだ。

23:56
寝る。

出張に出ています

22:20
仕事のために遠方まで来ている。明日朝から用事があるので一泊する事にして、今ホテルにいる。夕食の後は、お腹に空気を溜めて、その空気を外に出させないという遠隔操作をされているので苦しくて仕方ない。また、食べた物が下に降りて行かないような感じもあり余計に苦しい。

脳内音声の送信も途切れないし、記憶障害など脳への攻撃も途切れない。

今日は朝から疲労感と記憶操作が酷く大変な迷惑を被っている。例えば、ハッキリとした記憶がないので明確には出来ないが、記憶の改竄のような被害が発生したような気がしている。確か数日前に同じ伝票を見たような気がしたので別の人に聞くと初めてだと言う。従って何かの勘違いと判定するしかないのだが、どうしても見たような記憶がある。実際、脳の遠隔操作は細かいところまで出来るのでそのような被害があっても不思議ではないと思っている。

遠方まで来る道中も、目眩や吐き気など気持ちが悪くなる被害を受けていたし、脳への攻撃の為に本を読んでも理解力の低下に苦しまされていたが、様々な不安もあるが、何故か被害日記を書く事に対する罪悪感や被害日記を書かない生活があっても良いのではないか、と言った気持ちが発生している。

結果的には書いているのだが、困ったものである。この問題は。

23:48
上記アップ後にパニックになるような脳波の送り付けと激しい拷問感を送り付けられた。

後頭部と首の繋ぎ目辺りに発生する違和感が脳への攻撃と共に行われている。

徹底して攻めて来ると言った感じだ。

寝る。

追記

お腹に空気を溜める拷問、心臓を苦しくする拷問、後頭部の違和感、聴覚への不快なノイズ攻撃を受けながらそれを無視して寝ようとしていると、頭から下に落ちるような感覚になる攻撃を何度も繰り返しで、激しく興奮させられ、暴れ出したくなる衝動を起こされた。

政府はいつまでも、このような破壊活動を野放しにしないで欲しい。「電子洗脳」と言う本には、この犯罪に関する情報が大量にある。

13日1:24
まだ眠らせない拷問が続いている。体が急に熱くなったので冷房を強めると、今度は寒くしてあげようと声の送信で脅迫してくる。

1:48
お腹に空気を溜める拷問と暴れ出したくなる衝動を起こされていて全く眠る事が出来ない。

強力なマインドコントロールに掛けて「そこから飛び降りろ」と自殺誘導までされている。

2:57
眠らせない拷問がまだ続いている。お腹に空気を溜める攻撃のため、筋肉の遠隔操作の遠隔で肺に空気が入らない。喉を締め付けられて偽の喘息を作り出されている。明日の仕事を徹底的に破壊しようとしている。
3:38
まだ一睡も出来ていない。遠隔操作で人間を興奮させる手法として心拍数を上げる事が行われている。

武器の力で人間を支配しようとしているテロリストは「これに懲りて二度と俺たちに逆らうな」と迫ってくるが、どんな目に遭わされてもテロリストの奴隷にはなりたくない。すると「死ぬよ」と脅迫をされるが、死んでみたいと思う。

途切れることのない遠隔攻撃

23:53
今日は被害者の会と音楽の演奏のために午前中から都内に行き、先ほど帰宅した。様々な攻撃を、時と場所を選ばずに、脳や身体に受けながらとなっているので大変な苦労と忍耐が必要となる。

24:38
記憶障害を操作する記憶操作という被害は日常化しているので何をしても酷い迷惑を被る。その時々により記憶障害の程度を変えたりされる。被害者の会では記憶操作のほかに頭がボケた感じて体もしゃきっとせずに苦労をした。

音楽の方では体の一部が意思の通りに動かないと言った状態になる筋肉の操作をされたり、部分的に筋肉が硬くなってしまい、やはり動きに影響の出る妨害をされた。演奏妨害はそれだけではないが前半はそれほど酷く妨害をされなかったと思う。また、途中から聴覚の変調が強くなり相手の音が聞こえなくなる被害を受けた。体の背骨から左半分の筋肉の各部分が引きつって痛くなる被害もあり、それが継続している。

また、体が動かないなどの酷い演奏妨害を受けた後に声の送信で罵声を浴びせられて、激しい怒りを送りつけられたので、それを我慢するのに苦労した。それと、みぞおちあたりに圧迫感のようなものが発生して息が吸い足りなく感じるのだが、どんなに息を吐いてから力いっぱい吸っても、どうしても息が吸い切れなくて苦しくなる呼吸困難の被害が頻発していて大変なストレスとなっている。

やはり激しい拷問被害の核となっているのは、耐え難い様々な感情の送りつけであり、例えば強い怒りを発生させられ続けるような精神拷問なのだと思う。強い不快感というのも精神拷問に入ると思う。それらが、体感的な別の攻撃と同時に行われるのでその破壊力は大きい。

疲労感と同時に姿勢が悪くなる遠隔操作も酷い迷惑をしている。

本当に酷い人権侵害であり、野放しでは困る。

寝る。

人間の遠隔操作が野放しでは困る

「電子洗脳」7ページより引用

ご想像のとおり、電磁エネルギー源は日に日に進化している。その出力において、パルス、波形、焦点の調整ができ、人体に照射すれば、こんなことが可能になっている。自発的な筋肉運動を阻止し、感情と行動を操作し、眠らせ、指示を送り、短期および長期の記憶を阻害し、一連の経験を作ったり消したりする。また、こんな可能性を極度に高めることすらできる。人体内にハイファイ(高忠実度)の言葉を作り出し、密かに指示を送り、心理的に方向づけをする。ギガヘルツ級の高出力マイクロ波パルスを人体に照射すると、体内にわずかな温度変化が起こる。その結果、かすかに過熱された組織が急激に拡張し、音波が発生する。パルス列を用いれば、体内に人が聞きとれる5~15キロヘルツの音場ができる。このように、最も苦痛を与える(自分が自分でなくなる)方法で狙った敵に話かけることが可能になるのだ。

アメリカ空軍科学諮問委員会
『新世界展望:21世紀に向けた航空宇宙戦力
(New World Vistas : Air and Space Power For The 21 Century)』

23:14
まず、上記太文字の部分、「最も苦痛を与える(自分が自分でなくなる)方法」は脳内音声と呼ばれる狙われた本人にしか聞こえない音声を使った拷問が5年間ほど途切れることなく続けられている。内容は歌や音楽のリピート送信、声の送信である。

声の送信は相手がいるので会話をさせられる被害、声の送信に操られてしまい声に出さない呟きをさせられてしまう被害、思考のように聞こえてくるので自分の思考と間違えてしまう被害、私生活や思考に干渉されるのでプライバシーがなくなると同時に自由に考えることが出来なくなる被害などが、途切れることなく続けられている。

また、ノイズを送信された場合には耳の聞こえ方が変わったり聴力が低下したりする被害があり、場合によっては精神状態に強い影響をもたらしたり、著しい不快感に襲われる被害にも関係がある。

脳内に音声を送信され続けるだけでも大変な苦痛であり、攻撃は苦痛を受けさせる事が目的で行われているのだが、実際には筋肉の操作、感情の操作、記憶の操作、などがすべて苦痛となるように常時重なって行われているので、その苦痛は到底言葉では説明しきれない。さらに、遠隔操作被害の範囲はもっと多い。

こんなに酷い人権を無視した武器による暴力が野放しにされている。

そのような目に見えない耐え難い苦痛は生活破壊を起し、洗脳という人格の操作にまで及んでいる。本当に細かく複合化され、システム化されているので、それぞれの場面において苦痛と屈辱を受けさせるよう執拗に行われる。

今日も被害を受けながら、それでも自分のやるべきことの最低限をやっていた。楽器の練習妨害はそれほど酷くはなかった。それと夕方に庭掃除をしていた時に脳への攻撃(とくに物事を正確に把握して自然に感じ取ることが出来なくなる被害と判断力と活力がなくなる被害)が緩くなり、自然な自分本来の感覚が戻り活力が湧いてきた。そんな状態になるともっと何かをやりたいと言う欲求が湧いてくるのだが、疲労感すらなくなってしまう被害があるのでほどほどにして室内に戻ると急に脳への攻撃が強くなり、また、人間ではないような常に不快と苦しみを感じる世界に戻ってしまった。

首筋の硬直、平衡感覚の変調、五感の変調など知覚の切り離し、姿勢が悪くなるような背筋に対する操作、不自然な疲労感(自然な疲労感がない代わりに常に不自然な疲労感がある)、鼓膜が詰まったようになり不快なノイズを送りつけられる、などの被害を受けている。また、感情の遠隔操作では怒りなどを頻繁に発生させられている。

そう言う苦しんでいる状態を加害者は全部知っていて声を聞かせながら攻撃を続けてくる。

11日1:12
攻撃は続いている。

寝る。

無視され続ける要望書

テクノロジー犯罪、集団ストーカーと呼ばれるような証拠の捕獲が著しく困難な犯罪については内面的な要因とみなされてしまう傾向があり要望書などを出しても犯罪被害の軽減などに繋がっていません。被害者が増え続けているのが現状だと思います。途切れることなく苦しまされる、本当に酷い犯罪なのです。個人的に要望書などを出している被害者の方もいらっしゃると思いますが、公開されている提出済みの要望書は下記の通りです。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークが提出した要望書


22:58
今日は痛み攻撃が酷くなったのでそれが目立っている。記憶や意識への攻撃が酷いのも大変だが、痛みの攻撃にも大変なものがある。右肩の痛み攻撃が始まってから一年ほど経っているかも知れない。最初は右手を上に上げると痛みが発生して変だと思っていた。日常生活で腕を上にあげることは余りないし、必ず痛くなるわけでもないし、だからと言って直るわけでもないので放って生活をしている。

遠隔操作被害であると断定できる理由は細かく説明できないが、不自然に痛みが移動したり範囲が広がったりするし、他の部位に発生させられる痛みなどの経験とその部位が痛くなる理由がないからだ。また、声の送信と連動していて「どうだ痛いだろう、悔しかったら手を上げてみろ」なんて聞かされるからだ。

最近は声の送信による洗脳というか意識誘導にかなり力が注がれていて、日常生活に於いて迷いを生じさせるようにしたり、他人を憎んだり信用できなくするように盛んに作り話を聞かせたり、考えや会話を盗み取りつつ執拗に干渉してくる。感情の操作も併用されることが多い。

夜は楽器の練習に行っていたが、ここ半年以上の間はかなり激しく攻撃をされていて練習にならない。それでも練習を続けている。筋肉の遠隔操作と記憶をやられてしまったら何を練習しても身に付かないように思えるし、聴覚を変調されて現実とは違う音を聞かされてしまうので練習にはならない。

脳神経をやられているのだと思うのだが、著しく不器用になってしまう被害があり大変迷惑をしている。また、様々な感情や意識の遠隔操作が行われているので、それも著しい練習妨害となっている。今日は筋肉に力が入らなくなる操作をされた。呼吸の操作や心拍数を上げる操作もされている。

脳内音声による声の送信はスタジオ内でどんなに大きな音を出しても全く関係なく同じ音量で脳内に入り込んでくる。声の送信の基本は「誰かお前の練習を見ている人がいるぞ」、「その部屋には盗聴器が仕掛けてあるぞ」、「隣の部屋の高校生に笑いものにされているぞ」などが多く、後は練習について少しでも間違えると「また、間違えた」、「音が煩いから止めてくれ」などとひっきり無しに聞かせてくる。

まともに練習が出来ないように脳と体を攻撃しながらそう言った台詞を聞かせてくる。そして最後は怒りの感情を送りつけたり、暴れだしたくなる衝動を送りつけてくる。とてもではないが練習にはならい。今日は下唇を右側だけ吸い込むようにして噛んでしまう操作をされて、ついでにそこにも痛みを発生させて来て酷い迷惑を被った。顔付きを変えてしまう遠隔操作があるのはよく報告されている。

練習妨害について細かく説明するときりがないのでこれ以上しない。

帰宅後も右肩の痛みや強い脳への攻撃が続き声の送信による脅迫をされている。日記の更新を始めると急に上半身が熱くて汗が出てくる。脳への攻撃も強くなり思考能力を著しく低下させられている。

とにかく酷い攻撃が続いている。

10日24:58
攻撃が激化しているようだ。

寝る。

街頭活動に行ってきました

23:28
昨日、突然に街頭活動があることに気が付いたので本日霞ヶ関まで行ってきた。行き帰りでは「電子洗脳」という本を読んでいたのだが、移動中の車内でも目で見た活字を声の送信によって読み上げられてしまう。少しのズレはあるが、自分が読むのと同じタイミングになっている。それと同時に自分が黙読ではなく舌をほとんど動かさない声に出さない呟きで読んでいると、それも別の声の送信として聞かされる。読めなくなるほどの脳への攻撃はなかったので読めたが、すぐに忘れてしまう。

街頭活動は霞ヶ関の警察庁前で行われ街頭演説とチラシ配りである。帰りは急に眠くなってしまったので居眠りをすると必ず首が左を向いてしまい、最後はかくんと頭が落ちて目が覚める。その動作は遠隔操作でやられていると判断している。すごく嫌な感じで眠いのに眠らせない拷問のようである。また、眠りに入った時は脳が特殊な状態になるのか、それともそのような遠隔操作をされているのか、脳内音声で音楽などを聞かされるとまるで自分が一緒に歌っているかのように感じてしまう。そのような状態になると「やられた」と感じてすぐに目が覚める。

途切れることのない脳の通信状態であるので声の送信で罵声を浴びせられると思わず声に出さない呟きで言い返す。脳や身体への攻撃も継続しているので、それらに耐えながらの応戦となる。どんなに腹が立っても相手は見えないところにいるわけだ。

早く帰れたので夜は楽器の練習をしに行ったが、やはり聴覚の変調をされて現実とは違う音を聞かされ著しい迷惑を被った。狙われた一部の筋肉が動き難いとか、意思の通りに動かなくなる被害、脳というか意識を攻撃されて著しく不器用になる被害、強い記憶障害などを受けるので練習が進まない。また、暴れだしたくなるほどの怒りを送り付けられたりして大変な苦労をした。

脳内音声による聴覚の変調(トーンコントロールをされて高い音だけが強く聞こえたり、煩くて堪らなくなる)を防ぐために一つのアイデアを試してみた。録音機を持って行き、それの出力にイヤホンを繋いで耳にはめる。そして録音ポーズを掛けて録音機のマイクから拾った音を直接イヤホンで聞く。

結果は成功だった。しかし、録音機のマイクの音は生音からするとなかり周波数帯域の狭いダイナミック性のないチープな音なので実用的ではなかった。しかし、酷い聴覚の変調から逃れることに対する実験としては、ひとまず成功だった。

帰宅後も様々な攻撃を受けて苦しまされている。

23:59
日記のアップをした瞬間に「これ以上、ご不幸をしょいなさるな、両親のどちらかを失うことになるぞ」と声の送信で脅迫された。

24:58
右肩の痛み被害が強くなっている。筋肉の硬直のような操作と痛みを組み合わせているようだ。その他の被害も継続している。

寝る。

無気力を作り出されてしまう

23:00
起床後は不自然かつ強い疲労感が発生して苦労した。筋肉を使っていないのに筋肉疲労を起している感じの被害だ。パソコンのキーボードを打つ手や腕が異常な疲労感のためにタイプするのが嫌になる被害、携帯電話のボタンを押す親指や、それに関連した筋肉が異常に疲労して文字入力が嫌になる被害と似ている。

午前中の仕事は雑用が多かったが、日常化している脳への攻撃のために能力が低下した状態であり、不快感も発生させられていたので他人に気を使うどころではなく、必要最小限の事だけをして人と接するのを避けるようにしていた。もう、一年以上もそのような状態が続いている。要するに対人関係を制限されてしまう状態であり、遠慮する必要など全くないのに能力が低下している事と不快感の発生などにより、そうせざるを得ない状態となっている。本当は、その時々に於いて、対する相手に応じて、リアルタイム監視により、事細かく種々の遠隔操作をされていると感じている。

午後から自分の仕事に入ろうとしたのだが、強い疲労感と眠気を発生させられてしまいやる気が起きない。しかし、遠隔操作や声の送信によって、やろうとしていた仕事に意識が向いてしまう。しかし、記憶操作などにより脳が働かないので仕事が進まない。従って、すべての行動が遅れてしまい、考えも発展しないし、気後れしてしまい、周囲に差し込まれてしまい無口なお人よしにされてしまう。

ここでうつ病にでもなってしまったかのような遠隔操作があるが、それをやられると全ての物事が面倒でやるのが嫌だと言う強い感じが心と体の両方から発生する。以前やられた事があるが、それは大変ものがある。最近の被害は、やる気が出ないとか無気力という抑制であり、考えが発生してもそれを実行しようと言う気持ちにならない遠隔操作である。姿勢が悪くなったり動きが遅くなるので、このような被害も文章にしてみるとうつ病のように思えるかも知れない。そうだとすれば、うつ病を作り出す遠隔操作が存在している事になる。

余りにも激しく脳を攻撃されているので、ここまで書くのに大変な苦労をしている。文脈なども少し変化も知れない。声の送信は強力に脳内に入り込んできて、文章の内容に細かくクレームを付けたり、関係のない架空の対人関係の噂話を聞かせては、強い憎しみが発生する感情を送りつけて来る。最後は思考を働かなくさせて「どうだ、悔しいだろう早く書けよ」なんて言って来て、暴れだしたくなる衝動を送りつけて来る。

24:00
1時間掛かって書いた。
日本中に被害者を作り出し、社会の一部を混乱させているテロ行為。これを加害者は絶対に止めようとしない。日記の更新妨害も激しい。そこまでしてでも史上最悪の犯罪を隠蔽したいのだろうか。基本は精神病だと言うことにして隠蔽をしているのだが、被害者を苦しめて自滅させようとしているのかと思う。それにしても、スイッチ一つで殺すことも出来るだろうし、数時間で発狂させることも可能な装置でありながら、毎日少しずつ苦しめて、洗脳による人格改造を行っている。

やはり実験対象として被害を受けていると言わせない無口な被害者にしたいのだろうか。

この犯罪を政府が無視していることに大きな問題がある。

寝る。

攻撃と脅迫による口封じ

22:49
起床時から脳を攻撃されるようになってから大分経つ。感覚的に思考がクリアーでなく、記憶障害のためか自由な発想が出来ない。声の送信は毎度のことだが、思考能力が低下していることを感じ取れる以外に、脳への攻撃が行われていることが体感として感じ取れるような状態がある。平衡感覚がぴたりと決まらないとか、後頭部に違和感がある、脳の芯が痺れたような不快感、などの体感被害と記憶操作を中心とした脳への攻撃が、恐らく常に同時に行われているのだと思う。

被害のために連続した時間の流れと共に朝からのことを思い出せないのだが、また、思い出そうとすると、その内容に関連したイメージ映像を送りつけられるので、それにより自分で思い出したのと同等の状態を作られてしまう。思考能力が低下している時に思い出すよりも先に送りつけられてしまう訳で、必ずしも自分が思い出そうとしている内容ではないが、大きく外れているわけでもない。

とりあえず、うがいをしようとしたら吐き気を起された。頭がボケた状態で、しかも、不機嫌な状態を作り出されたまま出社する。仕事に関しては雑多なものが多かったが、電話をしたりする時に相手の名前を忘れてしまったり、極度に理解力を低下させられて苦労をした。今日は、そう言った状態が電話の向こう側にいる相手にも伝わるのではないかと言う不安を声の送信によって起されてしまった。

その後は出張の準備のために時刻表などをみていたが、記憶力と思考能力を低下させられた上に迷いを生じさせる遠隔操作をされたので30分もあれば終わってしまうような事を3時間もやっていたような気がした。夕方、17時を過ぎた頃から急に攻撃が強くなり耐え難い状態となった。

帰宅後はいつものように何も満足に出来ないようにされて、ただ時間が過ぎてしまうと言った状態が続いている。今日はそれが酷く、攻撃と脅迫による口封じを強く感じた。実際には脳の遠隔操作による潜在的な興奮と抑制が行われていて、それと声の送信が併用されている。子供の被害も気になるところであり、それも脅迫となっている。

ところで、理解力の低下は記憶領域をやられているのではないだろうか。読解力の低下や想像力の低下も同じようなもので、本来なら人の話を聞いている時に関連した事を思い出したり、読んだ内容や聞いた話に対して自分なりに理解するように記憶領域にイメージを作り出し、翻訳機のように自分の内部に取り入れるのだと思う。そのイメージの中に一つでも不明な点があると理解困難となる。場合によっては理解していないことを加害者に読み取られてしまう。

それらは、理論的に理解するという事と雰囲気などを感じ取るということに対しても著しい妨害となっている。従って知覚の切り離しとも関係があるので目で見たものに対してや、耳で聞いた音に対して被害を受けていない時と同じように細部まで感じ取り、自分なりの感想や結論を持つことが困難となる。そこに、偽の感覚や感想を送信されている。


ところで、オバマ大統領の生命倫理問題に関する諮問委員会の関連だと思うのですが、1940年代にグアテマラで行われた人体実験に関してオバマ大統領が謝罪したというニュースがあります。

40年代、グアテマラでの米国の性病実験で83人が死亡 米調査委

マインドコントロール(洗脳)に関しては、MKウルトラというのが人体実験として有名です。

MKウルトラ計画

私達が受けている犯罪は遠隔洗脳が行われているので、MKウルトラなどの一連のマインドコントロール計画との関連が疑われます。脳の遠隔操作という犯罪は生命倫理と大きく関わっているので取り上げなければならないと思っています。

7日1:09
被害は続いている。

寝る。

夜になって攻撃が強くなる

22:59
昨夜は睡眠妨害一度、起床後はうがいを妨害するために吐き気を少しやられた。仕事中は後頭部と首筋に違和感を発生させられて思考能力を低下されていたが、思い出せる範囲では激しく攻撃をされることはなかった。しかし、夕方の18時近くになると強い攻撃が始まり、鼓膜が詰まったようになり聴覚にノイズを送信されて、著しい不快感に襲われた。全身が細かく振動するような感じになり、平衡感覚の変調が強く行われ、筋力が低下して体が重く感じる。そのうなるような低周波のノイズに包み込まれてしまうような感じで頭部インターナル状態にされた。それだけでも耐え難いのは間違いないが、耐え難い苦痛という気持ちを送りつけられて精神拷問の世界に突入した。記憶力の低下や時間感覚の変調も発生するほどなので脳が誤動作をしてしまい、キーボードのタイプミスが連発した。1時間ほどで多少弱くなり、退社後に食料の買出しに出掛けた。夕食後は目が開いていられないほどの眠気に襲われて少し眠らされてしまった。

その後、テレビの声を良く聞こえなくなるように聴覚を遠隔操作されてしまったので、ノイズキャンセルイヤホンを持っていたので、それでテレビの声を聞いた。ノイズレスなので周囲の雑音は消えてしまいスッキリと聞こえた。聴覚にノイズを送られると多少音質が劣化して聞き取り難くなるし、声の送信を防ぐことは出来ないが、なぜか生音というかスピーカーから出ている音よりも聞くことを妨害するための変調を掛け難いように感じた。

ついでに昨日妨害をされながら演奏した録音を聞いて見ると音がすっきりと聞こえたが、やはり声の送信によって聞くことの妨害をされ、脳への攻撃も強くなり、ついでに怒りの感情まで送りつけられた。

イヤホンで聞くと音に変調(音が聞こえなくなったり、音量の大小が判らなくなったり、イコライザーを掛けたような音で聞こえたりする)を掛け難くなる傾向は確かにあるように思うが、その時だけ攻撃を弱めていたと解釈した方がよさそうだ。

ところで左右の耳に対して数ヘルツだけ差のある音を別々に聞いた時に干渉波が発生して、その数ヘルツだけ脳内に影響が出ると本に書いてあったので試してみた。パソコンの波形発生器で右チャンネルと左チャンネルに数ヘルツ違う周波数を発生させてイヤホンで聞く。60ヘルツから10000ヘルツまで大雑把にやってみたが、短時間であるためか強い影響は感じなかった。しかし、他の方が試す時には注意してください。

そこで不思議なことを発見した。同じ周波数を右耳だけに流して、次に左耳だけに流すと、なんと半音程度のズレが生じて聞こえる。それも60ヘルツ~10000ヘルツまでやってみたが、どの周波数でも右耳の方が音が高く聞こえた。ちなみに、音声送信や音が煩く聞こえたりする攻撃を受けるのは右耳がほとんどである。これは聴覚を攻撃されていることに原因があるように思える。

蛇足かも知れないが、疑問に思ったことがある。自然界では発生しない音というのはあるのだろうか。弦楽器のチューニングで考えるとあらゆる周波数の音を発生させることが出来ると思うのだが、共鳴しない音とか、人間には聞こえ難い周波数があるのだろうか。もし、人を不快にさせたいのなら自然にはない周波数の音を聞かせれば良いのかと思った。

また、数ヘルツという脳や精神に影響を与える音というか周波数を干渉させたいのなら、その人の周囲にある音に対して数ヘルツずらした音を脳内音声として送信すれば良いのかと思った。しかし、それが音ではなく電磁界としてならばシューマン共振というのがあるそうだが、現実の脳の遠隔操作はもっと直接的に脳の信号を変えてしまうのだと思っている。しかしそれならば、なぜ耳に不快なノイズを送信するのだろうか。

6日1:19
急に攻撃が強くなり、脳機能が極めて低下して記憶障害も起されている。お腹に空気を溜められて苦しい。頭だけが熱くて汗が出ている。首の後ろの硬直と肩の凝りが酷い。呼吸も苦しくされている。

この極悪犯罪がいつまで野放しにされるのだろうか。

寝る。

短絡的な思考の発生

23:02
脳への電磁的攻撃をされていると短絡的な思考になってしまったり、そのような言動を取らされてしまうことが良くある。この基になっているのが心拍数の増加や興奮させる遠隔操作であり、その為に慌ててしまい短絡的な思考が発生して失敗をしてしまうと感じているのだが、それに記憶操作というものが付加されると、途中経過が抜け落ちた言動となって現れてることがある。

自分の言動は常に記憶されているのが当然で、例えば数分間の会話でもその一部始終が無意識の内に記憶されていて、相手の話した内容も含めてそれらを比較検討しながら自分が対応している訳で、そうでなければ理論的な会話は不可能となる。

強く興奮している場合と急いでいる場合は別として、その記憶が薄れたらどうなるだろうか。記憶の中には自分が強く主張したいと思った事だけが残り、後は消えてしまわないだろうか。遠隔操作でそのような状態を作り出していると思っている。

人間の行動は無意識の中に記憶されていて考えなくても出来るようになっているものが沢山ある。それを繋ぎ合わせて一連の動作を行っている訳で、思考や会話も似たようなものだと思う。例え短い時間で終了する行動であっても脳の遠隔操作をされると途中が抜け落ちてしまったり、細かい部分まで気持ちが届かなくなってしまったりする。そのような遠隔暴力のために自分らしさを奪われてしまう。

また、別の遠隔操作であるが、他人に対して親切になれなくなる操作もあるようだ。言うまでもないが信じられないほどに酷い事をする犯罪である。


今日も音楽をするために都内スタジオに出かけたが、一曲も満足に演奏が出来ず酷い迷惑を被った。まず聴覚の変調でスタジオ内の音は距離感、音量感共になく、音が異常に煩く聞こえる操作をされた。当然、自分の音も煩く聞こえるので音量に神経質にされてしまう。

記憶操作は常時行われているので、どんな曲を演奏するかを考えることが出来ない。何をやろうかと考えると声の送信で勝手に違う曲のメロディーを聞かされたり、曲のメロディーを思い出そうとするとやはり声の送信でなぞるように聞かされる。

演奏中に話掛けられたり、間違ったメロディーを聞かされるのは毎度のことだが、そこが精神介入型の攻撃の恐ろしいところで、演奏中は自分なりにメロディーが頭の中で流れているのだが、声の送信は強く意識の中に入り込んでくるし、自分の意思による脳活動を妨害しながら声を聞かされると自分の内部がそれに占領されてしまって、今まで継続していた思考、すなわち自分の中に流れていた曲のメロディーが途切れてしまう。

人と会話をしている時に記憶を操作されると前述のように短絡的思考が発生したりするのだが、音楽の演奏中も同じであり、今まで演奏してきた流れがなくなってしまったり、曲構成の先を読んだ演奏が出来なくなる。そのために演奏が雑になるのを恐れると何もしないで黙って人の話を聞いているのと同じ状態となる。

また、酷い攻撃をされると何がなんだか判らなくなってしまうので、それを警戒した最低限の演奏しか出来なくなるし、想像力を奪い取られるので発想が貧困になってしまう。身体が自由に動かなくなる操作もされるので著しく不自由な状態での演奏となり、味わうとか無心になって集中するなど程遠い世界となっている。

遠隔操作攻撃は、何故か無意識度が高いほど強く影響を受けるようで、通常、演奏は無意識で行うものなので顔や姿勢の遠隔操作などはもろに受けてしまう。また、無意識と言うか無我夢中になるからこそ楽しいわけで、それをさせないように行っているのが、この犯罪であり、何をしている時でも常に精神や肉体に割り込んできて、意識をそらせ違うことを考えさせて、その場の雰囲気に溶け込めないようにされてしまう。

人から楽しさを奪い取ってしまう犯罪だ。

脳の遠隔操作犯罪、こんなものが野放しにされている。

5日1:10
声の送信、歌のリピート送信、聴覚へのノイズ、記憶や思考能力の低下、首筋や肩の引きつりと痛み、などが継続している。

寝る。

遠隔操作による知覚の切り離し

22:54
記憶障害という被害については程度があるのだが、その時に急に思い出せなくしたり、恒久的に思い出せなくしたりされ(信号が送られている限りかも知れない)、操作される記憶の範囲も設定できるようだ。酷いと自分がなぜそこに居るのか判らなくなるほどである。今、日記の更新をしようとしたら脳への攻撃が強くなり朝からの出来事を思い出せなくされてしまった。場合によっては思い出そうとすると加害者の方から記憶のようなものを送ってくる。

やっと思い出すことが出来たのだが、いつものことではあるが、一々毎日同じ被害内容を記すのが面倒だと言う気持ちが強く発生してくる。

睡眠妨害は朝方に一度目が覚めて、再度寝たのだが、数時間後に目覚ましで起きる時に不自然に強い眠気が発生して起きるのが大変だった。起きるとすでに眠さの中に隠れて脳への攻撃をされているのが判り、当然不快感を伴った攻撃なので嫌な気分にされた。疲労感も強かった。顔を洗ってうがいをする時に一度吐き気を起された。この、うがい時の吐き気は本当に嫌なものである。

その後、仕事が休みなので家族と話をしたのだが、まず、苛々させられてしまい、気が短くなり短絡的な思考になってしまう遠隔操作をされたので、相手の話をよく聞いたり、楽しい会話にはならなかった。酷いと声を荒げたりしてしまう。よくある家庭を壊す攻撃であり、場合によっては無自覚の被害となる。

夕方からは楽器の練習をした。聴覚の変調と筋肉の動き難さ、記憶障害など脳への攻撃をされたが、かろうじて練習は出来た。最初に、自分の意思とは関係なく著しく不器用になる、脳障害のような、運動機能障害のような酷い攻撃をされて腹が立った。

ところで楽器の練習が終わってからの5分くらいの間は、視野がすっきりと自然な感じに見え、聴覚も店内に流れているBGMがダイレクトに聞き取れると言うか感じ取ることが出来た。体にも自然な疲労感があり、完全ではないが、本来の自分の感覚を取り戻したような気分になった。

しかし、声の送信は聞こえていて、すぐに脳を攻撃されていると実感できる、目眩のような脳の芯が痺れるような不快感が発生して、聴覚も鼓膜が詰まったようになってノイズを送信され、視野もまるで片方の目でしか見ていないような状態になり、いつもと同じように人間としての感覚を奪い取られてしまった。

ここで、知覚の切り離しという被害が日常的に行われているようで、上記のような五感の変調だけではなく、自分という脳内の主に対して、五感というセンサーから送られてくる信号を遮断してしまい、別の感覚を送りつけて来るというやり方をしていると思っている。自分の中で発生した感情や思考を知覚するというのも含めて、それが行われているようだ。

それは、ある部分は完全に遮断してしまうことも可能のようだが、通常は多少断続的に遮断をしたり、偽の感覚を送りつけたりなどを行っているようで、脳の芯が痺れたような感じという被害は、個人的に細かく断続しているのを感じ取っているのだと思っている。

その辺りが人間をロボット化するための技術であり、人間から自己意識を奪い取ってしまい、その代わりに遠隔操作信号を受信させるのだと勝手に想像している。やはり基本は盗み取っては送りつけるの繰り返しをしているのだと思う。

人間をコンピューターに例えれば判り易く、CPUは少し違うが自己意識のようなもので、記憶がメモリーで、外部デバイスが五感だとすると、様々なデバイスから入力された信号の解析はメモリーに蓄えられている情報と比較判断をしているのであり、誤作動や誤判断をさせるには何をすれば良いのかと言うことになるのだろう。

そのような事についても「電子洗脳」という本に書いてあるようだ。

相変わらず、強く脳を攻撃されている。

それから、短絡的な思考の発生についてもよくやられている。

4日1:36
被害は続いている。

寝る。

発狂させる脳への攻撃

24:07
睡眠妨害については覚えていないが、目覚ましが鳴る1時間ほど前に目が覚めた。そして顔を洗ってうがいをする時に吐き気を起された。大まかな被害状況としては昨日と同じであり、背中や首の後ろ、肋骨の周囲の痛み、思考能力の低下などが継続していたが能力が低下した状態で仕事をした。やはり18時頃になると急に鼓膜が詰まったようになり不快感の発生するノイズを送りつけられ、上半身が振動しているような感じにされた。なぜか、その振動とノイズと脳の変調が低周波で同期しているように感じてしまう。

夜は楽器の練習に行ったが、スタジオに入るといきなり聴覚の変調を起されて耳に聞こえている音が実音から脳内音声に切り替わったように聞こえた。左右の耳に対して別々に操作されていた。練習妨害も昨日と同じような程度であったが多少は練習が出来たと思う。それと暴れだしたくなる衝動は送りつけられなかった。

問題は帰宅後であり、練習中に私のやっているフレーズのテンポに合わせて関係のない曲のメロディー(それも間違っていて突然違う所に行ってしまうので非常に鬱陶しく、脳の操作もされているので、それを聞かされると別のメロディーを歌えなくなる、しかも途中で練習を止めてテンポを変えても出だしから合わせられてしまう)を送信されていたのだが、家に帰っても延々と続けられていた。

良くある被害では激しい怒りを発生させられて、強く興奮させられて、暴れだしたくなる衝動を起されるのだが(これは強度の拷問であり、耐え難い苦痛という感覚も発生する)、今日は右耳の内部に圧迫感を発生させられていて、その右耳の圧迫感と関連付けされた、強力に耐え難い感情が発生していた。

歌のリピート送信も右の耳なので、右耳からくる不快感が異常なまでに増幅され、嫌で嫌で堪らなくなってしまった。この嫌で嫌で堪らない気持ちは送りつけられたものであり、発狂しそうな感じになった。その時に、自分の体を傷つけてしまうイメージを脳内に送りつけられた。

激しく興奮しないで発狂するような感じの被害だった。

これを数時間やられたら発狂してしまうかも知れない。また、同時に暴れたくなる衝動などを送りつけられたら暴れてしまうかも知れないと思った。

精神拷問という新しい暴力だ。

「この日記を知人が読んだら二度と会わなくなるだろう」、「逮捕されるだろう」、「強制入院させられるだろう」、「仕事がなくなるだろう」などと声の送信で脅迫をされるのは毎日のことだが、それを恐れていたら被害報告は出来ない。

3日2:01
攻撃が酷いと寝る時間が遅くなる。
多少、攻撃が弱くなっている。

寝る。

痛みの拷問が新たに追加される

22:53
昨夜の睡眠妨害はどのようなものであったか忘れてしまった。朝方に一度起されて、トイレに行ってから最就寝したのを覚えている。それと、左側を向いて寝ようとすると著しい不快感が発生するのでどうしても右側を向いて寝るようにされてしまう。攻撃が日常化している痛い右肩を下にして寝なければならない。その後は目覚ましで起床したのだが、歯を食い縛ってしまうように遠隔操作されていたようで、それに関係した頭の筋肉が痛くなっていた。痛くなっていた理由はただ単に遠隔操作である。

仕事は昨日と同じように能力が低下した状態で行っていたが、脳内音声による歌のリピート送信が考えることに対する妨害となり拷問のようであった。

今日、追加された痛みは肋骨の周囲の痛みと背筋の痛みであり、当然のように痛くなる理由がないので遠隔攻撃ということになる。しかし、体を動かすと痛くなるので、まるで筋肉痛のように感じてしまう。起床直後は体の動きと痛みがズレていたので不自然さを感じたが、その後はどのような動きをしても肋骨の周囲が痛くて自由に動けなかった。呼吸をしたり、腕を上げただけでも痛くなる。右肩の痛みも普段は自然発生している筋肉痛ではないかと思えてしまうくらいなのだが、動かさないのに急に痛みが強くなったりするので遠隔操作と判る。やはり、18時を過ぎると急に脳の変調と聴覚への攻撃が始まり、不快感が酷くて大変な状況になった。

夜は楽器の練習に行ったのだが、最初の僅かな時間だけは聴覚を攻撃されないで音が自然に聞こえた。また、脳の変調や筋肉が動かなくなる操作が弱かったので、普段いかに酷い妨害をされているのかが良くわかった。

妨害をされていなければ快適スムーズそのもので何の苦労もなく練習が出来る。しかし、少しすると各種妨害攻撃が始まり、全く練習にならなくされた。

その辺りから感じたものは、妨害をされていると極めて下手にされるので、その下手なレベルでの練習となってしまい、全く上達することがないと言うことだ。更に、筋肉の一部を硬直させられたり、動かなくされているといくら練習をしても身に付くものが違う訳で、練習の無意味さを強く感じさせられた。

聴覚を攻撃されて現実と違う音質で楽器の音を聞かされて、また、音量を判らなくされて、手の感触を鈍くされていたら、まともな練習にはならない。さらに脳を誤動作させて意思の通りに体が動かなくなったり、記憶を消されて何を練習するのか判らなくなったり、突然体が動かなくなったりした。最後は暴れだしたくなる衝動を起されて大変なことになった。

それでも音楽は続けたいと思う。

余りにも攻撃が激しいのでメールにて政党に意見を入れた。

この野放しにされている無差別テロとも言える犯罪を止めさせる活動も命ある限り続けたいと思う。これほど酷い犯罪は世の中に存在しないと言えるほど酷い。特に激しい拷問を受けていても第三者には何が起きているのか見えないからだ。

目に見えない傷が消えることは生涯ない。

24:41
脳内音声による歌のリピート送信、声の送信、考える事が出来なくなる脳への攻撃、身体の痛み、お腹に空気が溜まる攻撃、呼吸の操作、視力の低下、鼓膜が詰まったようにしてノイズを送信する攻撃、その他五感操作、などの拷問被害が続いている。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる