海外の動向

テクノロジー犯罪に関連していると思われる海外での報道をいくつかブログで取り上げている方がいます。

マインドコントロールの報道

もう一つはイギリスの被害者の方たちへも、議会で聴講の場がもたらされたそうです。

イギリスTIコミュニティの近況

日本でも、そうなる日がくると良いですね。


被害日記

12:58
昨夜は、目だった睡眠妨害がなく目覚ましが鳴る少し前まで6時間近く寝ていた。しかし、7時頃だったろうか。突然に目が覚めて「やられた」と思ったのだが記録を残す前に眠ってしまった。今日は、水道の水が凍るような寒さなので顔を洗わずに出社した。その後は仕事が忙しく、これからも用事がある。

被害の方はお昼までは軽度であり普通に話が出来るレベルであったが、昼食をしながらブログ閲覧をしていると、急に鼓膜が詰まったようになり周囲の音が良く聞こえなくなり、脳への攻撃は考える事が出来なくなり脳の半分が眠っているようにされた。

いつものことだが、その状態でブログを読もうとしても読解力が低下しているし、慌てさせる遠隔操作により飛ばし読みをさせられてしまう。良く読ませたくないブログに関してはそのようにされてしまう。それは、あたかも自分自身として興味がないから飛ばし読みをしていると感じてしまうかも知れない。

23:26
夕方から被害に関する文章の作成をしていたが、記憶障害を起されているので文章の構成が悪くなったり、言葉が思い付かなくなったりして苦労をする。それでも激しい攻撃ではないので多少は頭が使え、一つの事柄を頭の保存して、もう一つを文章にしたり出来た。

夜は、鼓膜が詰まったようにされテレビの音が聞こえなくなったり、文字が読めなくなったりした。瞬間的な記憶の消去とか意識の喪失のようなものが、平衡感覚の瞬時の変調と共に行われる。その時に耳に低い音のようなもを感じたりする。色々と複合しているのだと思う。その他、首の後ろの違和感というか筋肉のひきつり、頭部圧迫感、などが強い。


このブログの右にリンクしてあるHacking the Mindというのを概要抜粋で翻訳してくださった方がいます。これは「精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要について」を書いたキャロル・スミスという方の文書です。

脳スキャン

2月1日1:07
相変わらず脳や身体に対する強い攻撃が続いている。
考えることが出来なくなる脳への攻撃は脳の領域ごとに活動を強く抑制したりすることによって行われているように感じる。記憶領域をセンスすることが出来ないと言った状態だ。

上にリンクしたHacking the Mindというのを読むとテラヘルツという言葉が出てくる。しかし、ある専門化の話を聞くとテラヘルツは水分に弱いので空気中では遠くまでは行かないと言う。しかし、テラヘルツと言っても範囲が広いのでどうかと聞くとほとんど全部と答えが返ってくる。しかも、テラヘルツは最近になって実用化されて来たものでもあるし、被害事態は数十年前からあるし、その情報の事実というものには中々触れられない。

寝る。

脳内音声の送信拷問

聞きたくもない音声を目が覚めている間は途切れる事無く脳内に聞かされることは苦痛であり拷問である。それは音楽であったり、考え方を変えようとする人の声であったりする。それにより思考という内面に干渉され続け考えることの自由を奪われるのも苦痛であり拷問である。

それは、ただ聞こえているだけではなく、自然発生している音を聞くことに対する妨害にもなっていて、送信者と会話をさせられてしまったり、送られてくる声と一緒に声に出さない呟きを一日中させられてしまう。これは、おぞましい拷問であり、それが一日たりとも休む事無く何年も続いていたら、かなりの強度の虐待というか拷問と言えるだろう。

勿論、テクノロジー犯罪の被害には脳機能障害、身体機能障害、感情の変化を起す遠隔操作も同時に行われている。


被害日記

昨夜は就寝が遅くなってしまい2時を過ぎてしまった。しかし、寝ようとしても脳が興奮していて、何かの憎しみが湧いていた。その憎しみを周囲にいる人物に向けようとする声の送信が延々と続けられ、脳の遠隔操作でも一つの事だけを考え続けてしまうようにされていた。別の事を考えても気が付くと戻ってしまっているような状態だった。

眠りに就いたのは3時半頃だと思うが、朝は7時に目を覚めさせられた。睡眠時間が足りないので10時半に目覚ましをセットしてもう一度寝たが9時半頃に目が覚める。合計で5時間ほどの睡眠だ。外国の調査によると睡眠時間が短いと早死にする傾向があるらしい。

今日は昨日よりは脳への攻撃が弱いが、後頭部の違和感と思考能力の低下が起きている。音声送信も目覚めた時から行われている。

24:26
今日は被害者の会があったので参加してきた。新しい被害者の話を聞いていると、あまりにも酷い遠隔操作を受けているので恐ろしくなってしまった。遠隔操作では人間の体のあらゆる部分を操作出来るので、その気になれば殺してしまう事が出来るわけだと思った。

その後は音楽の演奏のためにスタジオへと向かった。被害は軽度であったがスタジオに近づくと嫌な予感がしたので、「どんな下手な演奏になっても構わない、良い演奏をしようと思わなければいい」と気持ちを変える。記憶障害が中心となり聴覚の変調や体が俊敏に動かないなどの被害は継続していたが、それほど酷い妨害はなかった。

後半は急にお腹に空気を溜められて苦しくなり、筋肉の痛みやひきつりが顕著になり、強い怒りが発生したが、演奏自体は楽しめた。しかし、その楽しいと感じる遠隔操作もあるので演奏の出来に関しては疑い深くなるし、何のストレスもない本来の演奏ではない。帰りは、軽い目眩と吐き気と疲労感を起され嫌な感じであった。

以前は、演奏を酷く妨害されたり、満足に口が利けないようにされ、やり場のない怒りが継続したまま帰宅して興奮状態のまま日記の更新をしていたが、今日などは被害は途切れないが、すぐに風呂に入り後は寝るだけだ。その余計な事に多くの時間を費やされるというか、大切な人生の一部を奪い取られている被害でもある。

いま日記の更新に対して加害者が腹を立てているようで鼓膜が詰まったようになり、キーンという音が強くなってきた。こう言った犯罪なので本当に嫌だし、恐ろしい。

寝る。

徹底した攻撃で被害者を過激にさせる

13:16
電磁波攻撃では、ひたすら被害者を自殺・発狂へと追いやる為に攻撃が続けられている。この強烈な攻撃は脳や身体の機能を奪い取り、耐え難い苦痛を受けさせるだけではなく、電磁マインドコントロールにより感情を高ぶらせて被害者に過激な行動を取らせる方向でじわじわと続けられている。一気に発狂させて自殺に追いやる事も可能だが、出来れば社会に対して過激な行動を取ってもらいたいと思っているのがテロリストである加害者の狙いだ。

昨夜はそれほどの睡眠妨害はなく、「連続で5時間寝させてやったぞ」と声を聞かされて7時に目が覚めた。しかし、休みなのでもう一度寝て10時に目が覚めた。起床したのは11時頃だが、この時間までパソコンの前でメールの返信をしていた。

それは、余りにも強力な脳への攻撃と声による干渉のために考える事ができなくなり、時間が掛かってしまった訳である。起床後にいきなり、目眩と脳機能障害、身体障害を起され普通に歩くことが出来ないほどに攻撃をされた。脳内音声による歌のリピート送信と声による憎まれ口を聞かされ、強い頭部圧迫感と重力が強くなったように感じる体の重さ、異常に悔しさを感じ、暴れ出したくなるほどの怒りを起され、鼓膜が詰まったようにされ、正体不明の煩いと感じる何かを送り付けられ、首や腰の筋肉が硬くなり、呼吸困難にされた。

眼球にも圧力が掛かっているようだ。それこそ、この世の終わりみたいな気分にされ何もする気がしなくなる。それはすべて、電磁マインドコントロールと健全な脳活動をさせない遠隔操作のためだと思っている。

こう言った状況に追いやられると、破壊的な感情がわきあがり、怖いものなんか無くなってしまい過激に何かをしてしまいたくなる。その何者も恐れずに突っ走るような感情の矛先をどこに向けさせるかを遠隔操作する事も可能である。しかも、心拍数が上がり慌てる遠隔操作も行われるので短絡的になってしまう。

そして、最後は記憶を消してしまい、何をしようと考えていたのかまで忘れさせてしまう。残るのは苦しみだけである。この破壊活動を野放しにしている政府。これでは国家犯罪だと言う人が出てくるのが良く判る。

23:52
今日は徹底的に、これまでにないくらい激しく攻撃をされ続けた。特に、頭痛に近い頭部圧迫感と強い後頭部の違和感と共にやり場のない強い怒り、暴れ出したくなる衝動を延々と起され続けた。同時に行われていた思考能力の低下は、何も考える事が出来なくなり声の送信の餌食となってしまう。また、体も筋肉のひきつりや痛みが発生していた。とにかく腹が立って怒りが止まらない。当然、心拍数も上がって興奮したままだ。

そんな状態で昼食を食べに外に出ると店の中でも強く興奮をさせられ周囲の人間と目が合うと腹が立つという状態にされた。自動車を運転していると急に左右の目が逆転したような変な感じになるが、左右の視力を逆転させられていたようだ。

帰宅後に自分が覚えるべき音楽を聞いたのだが、気分が音楽を聞くような状態ではなく全く耳に入らなかった。しかし、ここでもやり場のない怒りと暴れ出したくなる衝動を起されて、暴れ出しそうになってしまった。そんな時には鼓膜が詰まったような不快感や声の送信による罵声が酷い。

夕方には楽器の練習をしに行ったが、そこでも激しく妨害をされた全く練習にならなかった。まず気持ちが音楽をするような気持ちではなく、考えることが出来ない状態も続いていた。その上に、記憶の消去、意志の通りに体が動かない、強い怒りと暴れ出したくなる衝動などを起されて大変な苦労を強いられた。

夜も食料を調達するために外食としたが、食べている時に無理やり舌を噛まされたりした。買い物をしている間はそれほど激しい攻撃は無かったが、帰りの車内では不快な状態にされた。

帰宅後はパソコンが起動しなくなったのでハードディスクを調べてみると読めないセグメントがあったらしい。それが直ったのかどうかは知らないが起動したので日記の更新をしている。

後頭部から背骨に掛けての強い違和感と考える事が出来ない状態は今も続いている。下腹に空気を溜められて苦しくされている。日記の更新を始めると急に加害者が怒り出し、左の肩や首、顎、足の筋肉が引きつって痛い。

これほど激しく攻撃をされたのは数年ぶりだと思う。

家族がどんな目に遭っても、命を掛けてでも徹底的に戦いたいと言う気持ちにさせられている。これが電磁波による遠隔マインドコントロールの恐ろしさだ。

最近、二つほど広報をしたが、まだこれからも予定があるので攻撃が続く限り実行させて貰いたいと思っている。この殺意ある無差別テロ。実は、苦しんでいる被害者は多い。

30日1:38
少し遅くなってしまった。
それにしても酷い攻撃だ。

寝る。

抑制と不安感

17:48
今日は、午前中に少し時間が取れたが、その後は仕事が忙しく来客などもあり日記の更新が出来なかった。脳内音声による歌のリピート送信と声の送信による精神への介入は朝からやりたい放題であったが、心身に対する強い攻撃がなかったので、それらを無視して仕事を続けていた。先ほどから歌のリピート送信がなくなっているようだが、少し心身への攻撃が強くなってきた。

ここまでは脳への攻撃や不快感などが弱いのだが、何か抑制が働いているのか被害に関した事をしない方が良いのではと感じたり、行動を起すこと被害が酷くなるのではないかと言った不安感が発生していた。

しかし、17時を過ぎたあたりから少しずつ被害が強くなり、一通の広報のための封書を出す事を決め、日記の更新を始めると急に鼓膜が詰まったようになり、強い不快感が発生して、筋肉の痛みとひきつりを起している。視覚の変調も行われ、いつもと同じように脳機能の低下と興奮をさせられている。

22:03
仕事が終わった後は楽器の練習に行ったのだが、それこそ強烈に攻撃をされて練習をメチャクチャにされた。まず、耳が高い音に関して異常に煩く感じるようにされた。次に筋肉の一部を動かなくされてしまう。そして、感覚を狂わされて手に持っているものが異常に太く感じたり、重さが判らなくなる。更に、神経の操作をされているかのように異常に不器用になり手が意志の通りに動かなくされた。

そこに、時間感覚がなくなるほど強く脳を攻撃して思考能力を極度に落とし、心拍数を上げられて異常に興奮させられる。暴れ出したくなるほどの怒りを送信されてしまい大変なことになってしまった。こうなると、どんなに気持ちを落ち着けようとしても、送信された通りになってしまう。特に楽器の練習は無意識にならなければ出来ないので余計にそうなってしまう。

もし、加害者に送信されたものに逆らおうとすれば意識はそちらに行ってしまい自分のやる事に集中できなくなる。そう言った状況を利用してやりたい放題攻撃をされた。勿論、このような攻撃は今始まった訳ではなく常にやられてはいるのだが今日のは激しかった。

また、慌ててしまう精神の遠隔操作というのがあり、例えば文章を読もうとすると、どうしても目と気持ちが先へ行ってしまい、しっかりと理解しながら読むことが出来なくなる。勿論、脳機能の低下が日常的に行われているので、じっくりと読んでも理解力は極度に低下している。それと同じような状態を楽器の練習中にもやられるので、まるでやっつけ仕事のように雑になってしまう。加害者は「やれば、やるほど気分が悪くなるようにしてやる」と声を聞かせていた。

ところで、自由に思考が出来ないようにする脳への攻撃も日常的に行われているのだが、今日は少しの時間だけその攻撃が弱まった。その時に人と会話をしていたら、無意識の内に並列的に思考が廻っていて色々な事に気が付いた。いかに普段、そのような脳の活動を妨害されているのかが良く判った。

29日1:15
その後は、脳内音声による歌のリピート送信を遠慮なく続けられ、声の送信により呟きをさせられていた。声に出さない呟きをさせられてしまう状態は日常化している。

考えることが出来なくなる強い脳への攻撃も続いていたが、暴れ出したくなるような怒りではなく、笑いそうになってしまう感情を送信されていた。著しい不快感の中で笑いそうになるというのも程度の低い拷問であるが、怒り狂うよりはマシと言ったところだ。

太ももの筋肉や肩の筋肉を痛くされている。

寝る。

記憶を消されました

13:06
いま日記の更新をする前に題材について加害者の声の送信よりヒントを得たのですが、コメントに返信をしていたら脳への攻撃が強くなり、全部忘れてしまいました。記憶を消されるのか、思い出せなくされるのかと言う問題がありますが、思い出せなくされてしまえば結果として記憶に残らなくなるので、記憶を消した、と表現しても良いと思います。


被害日記

昨夜も眠らせない拷問を受けたので睡眠時間が短くなっている。睡眠時間を5時間以下にされてしまっている。起床後はいつもの通り音声送信(歌のリピート、声による嫌み)と記憶障害などを中心とした脳への攻撃、筋肉や関節などの痛みが発生している。その度合いはその時々により強弱がある。

今の状態は鼓膜が詰まったような感じで周囲の雰囲気を感じ取ることが出来ず、頭部インターナル状態とでも言うか他者の存在をあまり意識しない状態になっている。また、それは頭部に対して内部音声と外部音声の境がなくなってしまうような状態であり、無意識に声を出してしまう傾向がある。私の場合は、「よいしょ」とか「あーあ」などと言うのが多く、気が付くと声を出している。

また、頭部インターナル状態にされると声を出したくなってしまう傾向があり、この耳に対する何かの不快な送信は声を出す事によって和らぐからなのだと思う。

24:51
そんな感じで強弱こそあれ被害が継続した中で仕事を続け、やるべき事はほぼ終了させた。その後は、被害に関係した事を多少した。夜は楽器の練習に行った。やはり脳を攻撃されているので頭がボケていて体もだるい。それでも練習を始めると楽しさが上回るのかも知れない。不自由であってもその範囲の中で我慢をすれば何とかなっている。それは仕事や日常生活でも同じことが言える。ただし、強く攻撃をされていなければと言う条件が付く。

練習の途中で手が意志の通りに動かなくなってしまい中断をしたが、その後は、強い妨害が無かったようで信じられないほど快適に練習が出来た。気分も良かった。

しかし、帰りにはまた音声送信攻撃が始まり呟きをさせられている。今は、お腹に空気を溜められるなどの攻撃もされているが、やり場のない怒りが発生するほどではない。やや抑制が働いているようだ。

寝る。

洗脳音声による脅迫が続く

9:47
昨夜は12時過ぎに就寝したがすぐには寝られなかった。当然、遠隔操作による興奮である。そして、知らない内に眠っている。朝は5時過ぎに目が覚めてしまった。これも遠隔操作による覚醒だ。その後、再就寝したのだが、眠ったのは7時頃だと思う。一応、9時に目覚ましがセットされていたので、それで起きた。

すぐに、脳内音声による歌のリピート送信と声による脅迫が始まる。「テレビに出よう」、「マインドコントロール被害を訴えた為に、気が付いていなかった被害者が続出した、責任を取ってもらいたい」などだ。

それよりも、呼吸困難とお腹に空気が溜まる攻撃と急いで何かをしなければいけないのうに感じる切迫感のうようなセットになっている被害のために、苦しくて困っている。呼吸困難は、息を吐き切らない内につぎの息を吸い込まされてしまうので、吸いたくてもそれ以上吸えないので苦しい。ゆっくり息をするようにしても、もっと早く呼吸をしたいという要求が体から発生しているので、それも苦しい。

また、お腹に空気が溜まるので息を吸う量が減ってしまい、吸いきれたと感じる所まで吸うには肩で息をしなくてはならず、それでも吸いきれない事が多い。そんなことをしているとすぐにお腹に空気が溜まる。

それと、腹筋や内臓の筋肉、呼吸をするための筋肉の一部が緩んでしまったり、動かなくなったりしているようで、それにより内臓が下がっているようにも感じてしまい、苦しい。背かなの筋肉のバランスを変調されて姿勢が崩れても似たようになると思う。

呼吸や筋肉の状態など、無意識に調整されている部分を変調されていることになる。尿意や便意、食欲などの被害もあり、体温調整なども遠隔操作できるのだと思う。しかし、それらには五感の送信によるバーチャル被害も併用されているのでハッキリとした正体がつかめない。私のように脳を強く攻撃されていると尚更そうなのだが、落ち着いて冷静に感じ取ったり、判断したりが出来ないように、慌くなるように攻撃をされる。

24:13
強く脳を攻撃されている。平衡感覚の変調は目眩というよりは意識の喪失を細切れに行っているようにさえ感じる。記憶障害と時間感覚の喪失も酷く、脳の中をかき回されているような感じで視覚や聴覚にも関係しているかのようだ。それに体の痛みと疲労感を起され、強く興奮をさせられている。

今日はテクノロジー犯罪被害ネットワークの街頭活動が日本たばこビルの前で行われたので参加してきた。霞ヶ関などで行われる場合より人通りは少ないのだがチラシを受け取ってくれる人が多いような気がした。また、チラシを受け取ったくれた方が帰りに話し掛けてきてくれて「こんな酷いこをする人がいるのですか」などと言っていた。しかし、問題の解決には別の方向からのアプローチが必要だと思う。

街頭活動が終わってからは、1人で、ある所に被害の説明のための参考資料を届けに行った。その後は、仕事の為に取引先を訪問してから帰宅した。

なぜだか判らないのだが、自宅周辺まで来ると声の送信が激しくなったりして攻撃が強くなることが多い。しかし、自宅から遠くへ行けば被害が軽くなる訳ではない。

かなり強く攻撃をされていたのだが、夜は、サウナに行った。サウナでは余り強い攻撃を受けなかったが、途中で不快感が強くなったと思ったら強い記憶傷害を起され時間感覚が無くなってしまい、サウナを出る頃には目眩を起されて上記のような状態となった。

この犯罪被害を訴える活動としては有志や個人として日記には公表しないで行っている。まだ、これからも予定があり、攻撃により生活を破壊され激しいストレスに耐えながら行って行かなければならない。それらは決して1人では出来ないものなので協力してくれる方や活動をしてくれる方の存在が大きく、それらに支えられて自分でも活動をしている。

このような攻撃を受け続け、生活を破壊されながら戦いを強いられていると言った感じで、時々戦争でもしているのかと思ってしまう。人類最悪の犯罪の手口は完全犯罪のように証拠がないわけではなく、お金と知識と時間があれば外部から人間に影響を与えている物の正体は掴めるはずだ。それを被害者がやらなければならないようにしている隠蔽体質に問題があるのだと思う。

私は個人的に証拠の捕獲を強く考えてなく、公的機関がそれをするべきだと思っている。例えば、個人的に証拠を捕獲したとしても公的機関がそれを認めて犯罪を止めさせるべく動かなければ被害者は救われないからだ。加害者は「公的機関に調べさせてみろ、絶対に証拠は取れないぞ」と豪語している。それは強力な隠蔽が出来る自信があるからだと思う。

それと街頭活動の時に聞いた話だが、警察に被害を訴えに行った時に強く言いすぎてしまい精神病院に強制入院をさせられてしまったと言う話だ。人間の精神を普通ではなくしてしまう犯罪なので気をつけなければならないが、耐え難いやり場のない苦痛というのがあり、被害者はその激しいストレスを押し殺して被害を訴えなければならなくされている。

これらはテクノロジーを用いた人間の遠隔操作による身体的拷問と感情の送信による精神拷問についての専門家による研究調査が必要であると思っている。

寝る。

苦手を作る遠隔操作

テクノロジー犯罪ではトラウマを作り上げるような極めて過激な思考介入というか、精神攻撃が行われる事が多いようだ。それらは、過去の出来事など場合によっては自分以外は誰も知らないはずの事を知っていて、声の送信を使い「言いふらしてしまうぞ」と言葉に寄って直接攻められたり、あたかも記憶が蘇ったかのようにイメージ映像を脳内に送りつけたりする。原理的に声やイメージによる思考の送りつけは拒否が出来ないので、強い暴力となり精神的な苦痛となっている。

それと似たような手法を使い苦手意識を作り出したり、嫌いにさせてしまう事が行われている。それは、何かの事柄を想起させ、嫌だと強く思う感情を送りつける事によって行われる。対象は人物であったり、仕事や趣味などの分野であても構わない。多くは、自然発生した考えではなく、強制的に想起させては嫌悪感を送りつけるようにして、潜在的な拒否反応のように行われているようだ。

その逆に好感を持つというのもあるが、それらの精神攻撃がどれほど人格改造に影響しているのか、私のような一被害者には知る由もない。また、付随した遠隔操作として、嫌だと思う言葉などを聞かされた時に目線を強制的に動かしたり、体に力が入ってしまうなどの細工もしたりする。


被害日記

16:55
やっと、やって置かなければならない最低限の用事をこなした。まだあるのだが今日はこのくらいにして置こうと思う。先ほどから攻撃が強くなり、日記を書き出すと更に強くなった。視力の低下と首の後ろの硬直などだ。

昨夜は執拗に寝させない攻撃を受け、1時間プラス1時間で合計2時間程度しか眠っていない。睡眠に当てた時間は7時間半あるにも関わらずだ。しかし、朝は9時から予定があった為に外出をしていた。その後、仕事と被害の広報資料の作成などをやっていた。

睡眠妨害では、基本的に脳を覚醒させられて眠れない。そこに、体のあちこちを連続で痒くさせたり、体の筋肉を痛くさせたり、疲労感を出したりして、強烈に寝心地を悪くさせられた。また、珍しく寝ている時にも歌のリピート送信が続いてた。

本当に酷い、悪い奴らだと思う。

17:18
プロ棋士“次の一手”、理研などMRIで思考解明

22:51
昼間は酷い疲労感があり大変だった。職場でも人の多い所に行くと口が利けなくなったり、思考停止のようにされたが、踏ん張った。夕食後は、全く眠気や疲れがなくなってしまい、テレビの色が妙に薄くモノクロまでは行かないが変だった。その後は、音楽を聞いたが執拗に妨害をされた。風呂に入ると音声送信攻撃が激しくなり、呟かずにはいられなくなる声の送信と呼吸困難を混ぜた攻撃を受けた。とにかく、現実を感じさせないように攻撃をされ、静かな独りで、と言った状態がない。記憶障害など脳への攻撃も途切れない。

今日は早く寝ようと思うが何をされるか判らない。

寝る。

電磁波テロによる生活破壊

12:08
このところの睡眠妨害は酷いものがあり、朝明るくなるまで寝させないという拷問を連日受けている。そうすると自然に起床時間は遅くなる。それにより社会生活にどのような影響が出るかの説明は必要ないと思う。脳内音声による声の送信では、そう言った問題について執拗に不安を煽るような言葉を聞かせ続け、結果として無口な被害者になることを要求してくる。

それは、遠隔操作されたまま黙って生きて行けと言っているのと同じであり、どんな酷い攻撃に遭っても被害を受けていると言うなという口封じと同じであり、武器の力による支配であり、服従させようとしていることになる。

また、感情の遠隔操作では、被害とは関係なく自分の意思により長期的な考えから発生した行動に対して、攻撃によりヒステリーを起して短絡的に行動に出たかのように錯覚を起させることも行われている。それは、被害を感じる一つの行動や現象に対して複数の攻撃手段が存在していてることになり、例えば、自然現象を被害に感じさせたり、被害を自然現象のように感じさせる手段と同じである。

とにかく酷い迷惑を被っているが、全く気にしないでやって行きたいと思っている。すべての生活に対して強い妨害が発生しているので中々前へ進む事が出来ないが、決して無力化・無能化に負けてはいけないと思っている。

23:49
今日は用事で外出をしていて先ほど帰宅したところだ。脳内音声による歌のリピート送信と声による脅迫が執拗に行われている。また、記憶障害や平衡感覚の変調、視覚、聴覚の変調も強弱があるが延々と続けられている。身体には腰と首に強い違和感を発生させたり、痛みを発生させたりしている。左半身を狙った筋肉の痛みとひきつりが酷く、歩いているだけで顔が歪むほどである。その痛みは帰宅後に和らいだのだが、またすぐに痛くされている。

イメージ的に振幅の小さな細かい振動のような平衡感覚の変調と言うのだろうか、脳の芯が痺れたような感じで、弱い吐き気を伴う攻撃がほぼ日常化しているが、その攻撃も目だった一日だった。それには頭部圧迫感と首の後ろの硬直をともなうことが多い。

明日も明後日も用事があるので日記はこのくらいにするが、子供が今日も学校を休んでいる。理由は頭痛だが医者に行ってもとくに病気ではなく、半年位前からそうなり出し、最近は特に酷い。私は電磁波攻撃だと思っている。

24:58
寝る。


追記

25日2:31
眠らせない拷問が1時間半続いている。後頭部が痛い。吐き気のような内臓の気持ち悪さがある。

3:17
まだ眠らせない拷問が続いている。

4:36
一時間位は眠ったようだが人工夢を見させられて目が覚める。頭痛がしている。子供がこのような被害を受けて、何かの意識操作をされたとして、学校へ行かれなくなった理由を説明出来るだろうか。

6:58
また一時間ほど眠ったかも知れないが目が覚める。昨日から歌のリピート送信が寝ている間も流されている。

7:52
絶対に眠らせないように脳を覚醒させ、醜い言葉を吐き続けているが、「嘘の日記を書け」という言葉には笑ってしまった。

8:14
仕方なく起床する。「寝る」から「起床」までが追記になってしまう。

脳への攻撃や身体への攻撃も当然のように行われている。

マインドコントロール

大衆マインドコントロールという言葉は知る人ぞ知る。それは、どこで、どのように行われているのだろうか。また、それをする側の目的とはなんだろうか。

特定個人として狙われてしまった遠隔操作の被害者はマインドコントロールが直接的に行われる。それは、脳内に対象を設定して、それに対する感情を持たせることだ。よく使われるのが、人物を想起させて、それに対する憎しみなどを抱かせる方法だ。

もし、加害者が犯罪を隠蔽するためにマインドコントロールを使うとしたらどのような方法を取るだろうか。


被害日記

11:11
昨夜はかなり強く攻撃をされていた為に就寝が遅くなってしまった。3時を過ぎていた。すぐに眠らせない拷問が始まった。脳を覚醒させられると眠れないのは当たり前で、顔や体を痒くする攻撃、寒くて体が温まらない攻撃などを受けたので電気毛布を高温にして寝た。どのくらいの時間眠れなかったのかは不明だが一時間くらいかと思う。また、記憶障害を日常的に起されているので良く覚えていないが、人工夢で眠らせない拷問を受けさせられていたり、何度も目が覚めたような夢を見させられる事があるようだ。

その後、6時半に突然目が覚めて上半身だけが汗びっしょりになっていた。起きて着替えてから寝たのだが、また顔などを痒くされてすぐには眠れなかった。声の送信による語り掛けも当然行われていた。結局、8時頃には眠っていたと思うが、10時頃に目が覚め(人工的に)たので起床とした。2時間半と2時間で4時間半の睡眠時間となる。

起床後は、すぐに脳内音声による歌のリピート送信が始まり、脳への攻撃で脳機能の低下を起され、不快にされている。脳機能の低下とは五感・記憶・感情・思考能力などを含めた被害という意味になる。また、身体としては偽の腰痛と肩痛を起されている。

日記の更新を始めると脳と感情への攻撃が激しくなり、声の送信の内容は下世話なので全く相手にしていないので、その代わりにそう言った過激な暴力に出て来る訳で、それが加害者の気質を表している。

感情の遠隔操作の範囲が広いというのは以前から説明しているが、自分の考えや、行った事に対して「間違っている」と感じる操作が行われた。コーヒーを入れるのに毎日、ペーパーフィルターに粉にした豆をいれるが、その瞬間に「間違ったことをした」と強く感じてしまい、本当に変だと思って確認をしたくなってしまった。しかし、ペーパーフィルターに豆を入れる動作は確認不要であり絶対に間違っていないのである。

そう言った感情が脳内に発生させられる瞬間は右側頭部に何かの強い刺激を感じるのだが、それも体感被害として加害者が意図的に行っているのかも知れない。ほぼ、例外なく思考の挿入をするタイミングは何かの刺激と共にそちらに神経を移動させたと同時に行っていると思っている。

こんな技術を野放しにしているのは大問題ではないのか。


21:51
鼓膜が詰まったようにされ周囲の音が良く聞こえない。電磁波による脳機能障害を起されて無気力にされている。集中力がなく不快感が強いので何をするにも不自由であり、何をしても満足感がない。日記の更新をするにも抑制が強く途中で止めてしまったりする。それらの抑制は被害者どうしの連絡をするのにも同じように働く。体に疲労があれば寝てしまえば良いのだが、そうでもないので起きているが、何をするにも妨害をされるし、まず楽しくならない。

今日は、ブログで有名な三橋貴明さんの講演があったので音楽を休み聞きに行った。聞いている最中も体の痛みや声の送信による介入、脳の遠隔操作、視覚の変調などの妨害をされたが、それほど激しいものではなかった。しかし、何もされていない人から比べると大変なものがある。この被害とは関係はないが、色々な意味で参考になる講演であった。

今日は脳機能障害と表現するしかないような説明のしようのない攻撃をされている。また、鼓膜が詰まったような被害が強く、新幹線でトンネルの中に入ったような感じに鼓膜が裏返ったようにされている。夕方食事をした時に腹に空気を溜められて、やり場のない強い怒りを発生させられたが我慢をして帰宅した。

帰宅後に被害報告をしようと思いブログにログインしたのだが急に気持ちが躊躇してしまい、この時間まで日記の更新が出来なかった。いまも、被害を文章にする段階でかなり躊躇してしまったり、どのように書くか考えてしまったり、文脈が変でないか不安になったりしている。

筋肉の痛みも起されていて、まるで持病のように足の筋肉が引きつっていたり、肩の筋肉の一部がある特定の動きをすると痛くなったりしている。

24:37
激しい苦痛の被害や脳機能障害のような被害は弱まっている。しかし、音声送信は途切れる事無く続けられている。やや鼓膜が詰まった感じでキーンという音は常時聞こえている。また、喉を締め付けられて異物感があったり、胃に空気を溜められたりしている。

何もしないでいるのも耐えられないものがあるのでパソコン上で電気回路のシミュレートが出来るソフトを使ってみようとすると急に視力が落ちて本が読めなくなったり、音楽を聞きだすと声の送信で強く妨害をされ強い怒りを送り付けられたりした。

平衡感覚の変調被害を受ける時には、やはり何か独特の音が耳に聞こえてくる。

寝る。


追記

24日2:58
1時に就寝したのだが、寝させない拷問をされていて、この時間になってもまだ寝られない。脳を覚醒されているので眠くならない。顔や体をひっきりなしに痒くされている。声の送信も論拠のない憎まれ口を途切れることなく続けている。
3:20
全く攻撃を止める気配がない。従って目覚ましを二時間遅くすることにした。また、暴れ出したくなる衝動や、悔しくてたまらなくなる感情を送りつけている。頭部圧迫感と腰の痛み、左足の疲労感が強い。

これだけ激しい人権無視をした電磁波による無差別攻撃による被害者の訴えを無視している政府の罪は重い。

テクノロジー犯罪被害フォーラム開催のお知らせ

下記日程にてテクノロジー犯罪被害フォーラムが開催されます。今回は「大量監視社会」の著者である山本節子さんの「マインドコントロールと大量監視」という講演が予定されています。どなたでも入場できますのでご興味のある方はどうぞ。

東京フォーラム
2月11日(金) 午後1~5時
東京千代田区役所区民ホール

大阪フォーラム
2月13日(日) 午後1~5時
大阪旭区民センター集会室1

共に入場料1000円
フォーラム2011


被害日記

12:35
昨夜の就寝は2時頃だったが、朝の6時半に目が覚める。テクノロジーによる睡眠妨害であるが、ここ数年、連続で5時間以上寝たことがないと記憶している。当然、もう一度寝るわけだが、例えば、6時半に目が覚めて7時にトイレに行ってからもう一度寝ようとするとすぐには眠れずに、そんな時には時間が経つのが早く、再度眠りに就くのは8時頃になってしまう。そして、次に目が覚めるのが11時であった。合計して8時間くらいは寝たことになっている。もし、就寝時間を早くして12時にしても、2時頃までは寝させない攻撃を受け眠らせてもらえない。

起床後には、小さいボリュームで脳内に歌のリピート送信と声による語り掛けが聞こえているが、それよりも、すでに脳に対する何かの信号が送られていて、決して自然に状態でないことが確認できる。それが何よりも気分が悪く、毎日の拷問の基になっている。その信号はマインドコントロール信号と思われ、途切れる事の無い継続した脳への刺激となっていて、脳の芯が痺れているような感じで思考の自由がなく、周囲の状態を自然に感じ取ることができなくなっていて、特殊な感覚に包まれているように感じる。

毎日同じことの繰り返しであるが、そういう被害なので仕方なく日記にそれを報告する。その状態を嫌だと思っても逃れることは到底無理で逆にヒステリーを起しそうになる信号を送りつけられる。だから、やられるままにしているしかない。

思考能力の低下、強い疲労感と肩や腰の痛みを起されている。

23日1:43
相変わらず、苦しくて溜まらない攻撃を受けて拷問状態にされている。それは、脳内音声による歌のリピート送信であり、同時に行われる呼吸困難と、音声送信の方に意識を持っていかれ自由にものを考えることの出来なくなる脳の操作と、その状態を強く嫌だと思う嫌悪感と、暴れ出したくなる衝動だ。さらに、脳への攻撃をされている事が判る脳の芯が痺れたような感覚だ。そう言った発狂寸前に追いやる攻撃を遠慮なくしてくる加害者である。

いまその攻撃を受けたきっかけは、自分が演奏をする曲をどのように演奏するかをイメージしたら始まった。曲のメロディーを頭の中に思い浮かべて、それにマッチしたソロを考えたりするのだが、その時に自分で思い浮かべた曲のメロディーをテンポもそのままにリピート送信をされてしまう。するとそれが邪魔でイメージが出来なくなる。更に、ソロのフレーズもデタラメを次から、次へと口真似で脳内に聞かされるので、純粋な自分の発想が出来なくなる。実際に楽器で練習をしている時にもそれをやられるので酷い迷惑をしている。実際の演奏の時には、間違ったメロディーを脳内に聞かされるので曲の何所を演奏しているのか判らなくされてしまう。当然、演奏妨害はそれだけではなく、著しく想像力を低下させられているので自分のイメージとは程遠い演奏となっている。また、記憶障害が酷い時には演奏中に曲のメロディーすら思い出せなくされる。

本当に発狂寸前まで追い込まれた。この攻撃の大部分はパニックになるような精神への拷問だと思っている。それが弱まったと思うと筋肉が引きつって痛みの攻撃に変わる。何をするにも苦痛を送信してくる加害者だ。一秒たりとも自然な快適な状態にはさせない。

昼は牛丼を食べに行ったのだが、そこでは笑いが込み上げてくる操作をされてしまい他の客の前で声を出して笑いそうになってしまい大変な苦労をさせられた。食後は突然に鼓膜が詰まったようにされ酷い不快感に襲われてしまい、思考能力を極度に低下させられたので、仕事が休みで天気も良いのに何をしようかと言った想像すら出来なくなり気分の悪いまま帰宅した。どうしても考えることが出来ない状態である。

それでも夕方からは、楽器の練習をするためにスタジオへと向かった。練習中も思考能力を低下させられたり、考える事が出来ない状態ではあったが激しく妨害はされなかった。しかし、絶妙な筋肉の痛みと疲労感を発生させられて、その痛みとの戦いとなった。絶妙というのは、実際に使っていると思われる筋肉の近くを攻撃されるので、例えば第三者からみれば練習のし過ぎではないかと思われてしまうやり方である。

夜は、知人と喫茶店で話しをする為に待ち合わせたのだが、そこでもコーヒーを飲むとすぐにお腹に空気を溜められてしまい苦しくされた。苦い薬でも飲まされたかのように口の中に変な味と匂いを感じさせられてもいた。更に意識障害と不快感を起されてしまい、何故か、周囲の人間に対して自分が負けているような、虐められているような気持ちになり、周囲の人が笑うと自分の居場所がなくなってしまうような気持ちにされた。

知人が来ると椅子に座っているのが苦痛になるような痛みと疲労感を腰などに発生させられ、音声送信が強くなり話をしていても半分程度しか理解できないような状態にされた。また、喉を攻撃されて声が出し難く、声が大きくなってしまっていたと思う。

帰宅後はパソコンが何度やってもフリーズしてしまい起動できない。ネットワークケーブルを外してもフリーズしてしまう。最初にログインする画面が現れてパスワードを入力後にエンターを押すとその瞬間にフリーズしてしまうのが多く、マウスの操作も利かなくなったりしたが、最後はパスワード入力後にエンターキーを使わずにマウスでログインが出来たので何とかなった。15回くらいは再起動を繰り返したと思う。

相当に激しく攻撃をされているような日記だが、もしかするとかなり激しく攻撃をされている部類に入るのかも知れない。

寝る。


追記
3:57
攻撃が酷く寝るのが遅くなってしまったが、また、眠らせない拷問を受けている。脳を覚醒させられ、首の痛み、ひっきりなしの顔や体のかゆみ、体が冷えて暖まらない攻撃だ。殺意がなければ出来ない攻撃だ。子供にも攻撃をして脅迫をする所なんかプロの手口だ。

更新が遅れました

23:26
今日は、東京ビッグサイトで展示会があったので見学と営業を兼ねて出掛けていた為に、時間の都合が付かなく日記の更新が遅れてしまった。連日の悪質な睡眠妨害に対して、こちらは目覚ましを掛けずに寝ている。それを加害者は「自殺行為」と言ったが、確かにそう言った類の行為かも知れない。そして、目が覚めてから慌てる事無くコーヒーを飲んでから出社するのだが、今日は急ぎの用事が出来てしまい日記の更新が出来なかった。しかも、午後からは出掛ける事にしていたので時間に余裕がなかった。

被害は途切れることがないので、その不快感などでストレスが溜まる時もあったが、仕事を優先してやるべき事を全部やってから被害報告をと思い我慢していた。声の送信は相変わらず「見張られているぞ」というのを連発していた。

東京ビッグサイトの中は凄い混雑で常に人とぶつかり合うような状態だった。そんな中でも音声送信は途切れないし、脳への攻撃も途切れない。やや記憶障害で時々平衡感覚や方向感覚が悪くなったり、首の後ろの違和感が強くなり強い不快感に襲われたりしたが、無視をして見学を続けた。

帰宅後は、久しぶりに被害者の方に電話をして長々と雑談をした。最初は、自分の声が妙に大きくなってしまっているように感じさせられたが気にせずそのまま話を続ける。途中で3回ほど電話が切れてしまったが相手方の電話は普段でも良く切れてしまうらしい。話をしていると途中から喉を絞られてしまい声を出し難くなり、声を出すのが不快になる。また、腰や肩など体が痛くて非常に辛い状態にされた。最後は脳を攻撃され意識が薄れるような感じになり記憶障害も起されて、話したいと思っていたことが話せなくなってしまった。

今も、脳内音声で歌のリピート送信をされているし、何しろ体が痛い。

22日1:42
遠隔操作で喉を締め付けられて苦しい。痰が絡むような感じで若干異物感がある。この究極の人権侵害、どうしてくれるのだろうか。

寝る。

それでもまだ逆らうかと脅迫される

15:52
連日の酷い睡眠妨害である。何年か前のように暴れ出したくなる衝動を起されないので(あっても軽度)家や家具などを破壊しないで済んでいる。起床は12時だったろうか。「会社で笑われろ」、「親子で精神病と言われろ」などの声の送信をすべて無視して11時に目が覚めたが直ぐには起きなかった。子供も3日連続で頭痛のために学校を休んでいる。先週は一日だけしか登校していない。いじめられている訳ではない。病気でもない。だから電磁波攻撃なのだと思う。

起床後も脳内音声による歌のリピート送信が続けられ、酷い疲労感や腰痛があった。子供が学校を休んでいることが判った時に「どうだ、それでもまだ逆らうか」、「参ったと言わせてやるよ」と声の送信で言われた。これは武器の力により人を支配しようとする加害者の考えがそのまま言葉になったと受け止められる。

加害者は無口な被害者になる事を攻撃しながら要求してくる。しかし、たとえどんな人間がこの被害に遭わされても黙って「どうぞやってください」なんて事は有り得ない。それは、痛ければ「痛い」、苦しければ「苦しい」と言うのが正常な人間の反応であるからだ。

ではなぜ犯罪被害を訴えるか、それは加害者が「お前は遠隔操作の被害者なんだよ」と嫌でも判るように攻撃をするからだ。それにより、苦痛と屈辱が倍増するしくみになっている。

現在、苦しんでいるのは被害者だけかも知れないが、犯罪の存在の認知が進んでいく時には社会が混乱することは間違いないだろう。真にプライバシーの無い生活を強要し、自由に物を考える事を出来なくさせる武器が一般市民に向けられていて、自覚なき被害まで存在していることを多くの人が信じるようになったらどうなるのかと思ってしまう。

18:15
激しい睡眠妨害により生活をメチャクチャにされているので、仕事や犯罪の広報など計画していた事ができなくなっている。脳内音声による歌のリピート送信と声による陰湿な語りかけは途切れる事無く続けられ、記憶障害など脳への攻撃は軽度であるが、疲労感と背骨を中心とした倦怠感が続いている。特に首の後ろの違和感は脳の芯が痺れたような不快感を生み出している。

匂いに関してはわけが判らないような状態であり、味覚は口の中に何も入っていないのに苦くなったりする時がある。聴覚も自然に周囲の音が聞こえる状態ではないので、脳への攻撃と混ざって周囲の雰囲気を自然に感じ取る能力を奪われている。

これらの被害は特に変わった訳ではなく日常的に強弱を付けながら延々と行われている。その一方的な人権を無視した攻撃の強弱の中で被害者は地獄の苦しみを受けつせられたり、ほっと一息ついたりして、結果的に武器による支配下に収められている。

こんなことが許される世の中では困る。

24:48
夜は楽器の練習をしていた。脳への攻撃と音声送信は途切れる事無く続いていた。妨害はそれほど激しいものではなかったが、体が意志の通りに動かなくなったり、記憶障害を起され連続性を持った練習が困難になる場面があった。また、そのような妨害に対して嫌だと思うとヒステリーを起してしまいそうな感情を送られたので、無視をして練習を続けた。筋肉や腰の痛みが発生してそれを我慢しいてた。それらはすべて私が爆発しないぎりぎりの線を狙って遠隔操作をしているのだろう。

帰宅後も同じような被害が続いていて、一時的にやり場のない怒りに襲われたりした。腰の疲労感と痛み、首の後ろと肩の疲労感が続いている。これらは自然現象と思われがちだが被害である。すでに、今夜も寝させないぞと声の送信で脅迫されているので恐怖である。

寝る。

個の社会からの抹殺

テクノロジー犯罪は、ターゲットの能力を奪う形で長期に渡って行われ、しかも、耐え難い苦痛を伴い、普通の生活が出来ないように脳や体を遠隔から、途切れることなく攻撃してくる。ターゲットは人間扱いされずに実験台とか奴隷のようなものであり、プライバシーがないのは勿論、自由にものを考えたり、動いたりすることすら出来なくされる。これは、殺意がなければ出来ない犯罪で遠隔拉致・拷問洗脳だと何度も言っているが、結果として自殺などをしないで生きていても、社会から抹殺される形になってしまう。


被害日記

11:32
昨夜は酷い睡眠妨害というか眠らせない拷問を受けて、睡眠のために9時間取っていながら4時間しか寝ていない。しかも連続睡眠時間は2時間程度だ。これにより社会生活に多大な影響を受けるのは説明するまでもない。

起床後はすぐに脳への攻撃が始まり、得意のバーチャル攻撃に出た。声の送信で聞き捨てならない憎まれ口を聞かせながら、震えるほど激怒しているような感覚を送信してきて「お願い、誰かあの人助けてあげて」と別の声で言う。これは、本当に激怒する感情を送りつけられる場合と、なぞの自分と同じ激怒している姿の輪郭を被せられる時と二種類あり、酷いと両方を同時にやられる。

その攻撃の意味は、見えない敵との戦いを強制的にさせるために、憎まれ口を聞かせたり、苛々する脳波を送りつけるのだが、無視をしていると加害者の声に対して腹を立てていると錯覚を起させるために、そう言った芝居をする。この犯罪の手口の多くは、加害者の自作自演の芝居であるのだが、電磁波による脳や体への攻撃はあまりにも影響力が強いので耐え難い苦痛となっている。

15:48
出社後も脳への攻撃や歌のリピート送信などが行われているが、気持ちを落ち着ければ新聞などの文字が読めるのでそれほど強い攻撃ではない。体に対しては、腹部膨満感のような、胃に空気が溜まっているような、食べたものが下に流れて行かないような感じと、右ひざ、腰がヒリヒリと痛い。この痛みが時々強くなると筋肉痛のように感じるが、弱いと皮膚表面の痛みに感じる。

それよりも、子供が二日連続で学校を休んでいる。原因は頭痛であり、先週は一日しか学校へ行っていない。良く覚えていないが、半年くらい前から急に頭痛で学校を休むようになった。私は電磁波攻撃だと思っている。

18:52
上記のような被害を受けながら手書きの文章を書いていたのだが、字を間違えさせられてしまう、字が下手になる、字が書けなくなる、などの被害を受けた。ひらがなを忘れてしまい書けなくなってしまったり、テンポ良く書こうとすると声の送信に騙されて、文章を間違えてしまうなど執拗に妨害をされた。


テクノロジー犯罪被害フォーラムが開催されます

詳細はチラシをご覧になられてください。

フォーラム2011

24:59
夕食の後に、少し横になっていると(テレビの音はキーンというノイズのためか、聴覚神経をやられているのか良く聞こえない。目も視力を落とされてよく見えない。自然な感じに鮮明に見えない、聞こえない状態)急に眠くて目が開いていられなくなり、疲労感も酷くなったので目を瞑って寝ようとすると顔を痒くされ「寝るな」と声の送信をされた。10分くらいは寝たのかも知れないがすぐに目が覚めた。

サウナに行きたかったのだが疲労感が強く、電磁波攻撃をされたりして帰って来れなくなったらどうしようのような不安感があり躊躇していたら、声の送信で「サウナに行くならお腹に空気を溜めてあげよう」と聞かされて、いきなり音を立てて空気を溜められたので、癪にさわり逆にサウナに行ってみようと思い家を出た。

サウナではそれほどお腹に空気を溜められることは無かったし、強い攻撃も無かった。しかし、自由にものを考えることが出来ない状態が続いていて嫌な感じだった。マインドコントロール状態とでも言うのか、声の送信によって思考を操られているような感じもした。とにかく心身ともに開放感がなく嫌な感じだ。

寝る。


追記

20日2:32
床に就いて一時間経つが、寝させない拷問を受けている。最初は痒み攻撃、今度は体が冷えてしまい暖まらない拷問だ。

政府はこのテロを無視し続けている。

3:06
まだ、寝させない拷問が続いている。今度は足を痒くして、吐き気を起こし、頭痛、歯痛を起こしている。足の筋肉も痛く到底寝られない。

加害者は「絶対に参ったと言わせてやる」、「参ったと言うまで毎日寝させない」と言っているが、死んでも言う積もりはない。

6:04
一時間位は眠れたようだが、人工夢を見させられて起こされる。

6:32
子供も攻撃をされ頭痛で学校に行かれなくされている。この寝させない拷問の最中に聞かされる声による脅迫は、この世のものとは思えないほど酷いものである。しかし、テロリストには死んでも従う積もりはない。

7:20
まだ寝させない拷問が続いている。呼吸困難、筋肉の痛み、痒み、脳への不快感の送信、これらが途切れることなく続けられている。

執拗に続けられる脳への電磁的攻撃

12:46
昨夜は早く寝ようと思い1時頃には床に就いた。しかし、そこから眠らせない拷問が続いた。寒くて体が温まらない攻撃などをされてしまい眠ったのは3時頃だと思う。そして、朝の7時に目を覚めさせられてしまった。大体、4時間くらいで目を覚めさせられてしまっている。そこで起きてしまっても構わないのだが癪に障るのでもう一度寝る。

加害者は常に世間との戦いへと導こうと誘導をする。朝起きれないと世間に「ぐうたら」呼ばわれされる。それが嫌なら睡眠時間が短くても朝起きるしかない。脳や身体を強く攻撃され自分の能力を発揮出来ずに、著しい不快感に襲われていても「精神病」呼ばわれされるのが嫌なら犯罪被害について口にしなければ良い。

電磁波テロという犯罪被害を止めさせる為の活動も、世間との戦いをさせるべく誘導してくる。政府、マスコミ、政治団体、宗教団体、それら複雑に関わりあった世間との対決になってしまうように声の送信で虚偽を吹き込み巧みに誘導をしてくるが結局は八方塞にして無口な被害者にするのが目的なのだろう。そんな中でも被害者どうしの争いや仲間割れのような事は避けたいと思っている。

被害者の願いはただ一点、犯罪を止めさせることだ。

昼休みのブログ閲覧では強力な脳への攻撃をされて読むことが出来なかった。脳内音声での歌のリピート送信、デタラメ引っ切り無しの声の送信も併せて行われている。何か慌ててしまい落ち着いて一つのことが出来ないように脳の操作をされている。

こうやって日記を書いていても、気が付くと思考が別の世界へ行ってしまうために、文脈が変でないかを確認するために時々戻って読み直して確認をするが、その時に強い記憶障害を起されたり、根気がなくなってしまい読み直すのが面倒になるので大変な苦労をする。これほど酷く脳を攻撃されるようになったのは、ここ1~2年くらいかと思っている。

思考が別の世界へ行ってしまうと言うのは、恐らく空想をする領域に意識の多くが行ってしまうような状態を擬似的に作り出しているのだと思う。それは、かなりの強制力を持っているので自分の意思を強く持ってもやられてしまう。

脳の遠隔操作は本当に恐ろしい。

16:51
起床後、7時間、延々と同じ曲を脳内に放送をされている。しかも脳の操作も行われていて、何も考える事が出来ず無能者のようにされている。職場での攻撃は昨日と違い意識障害や、強い嫌悪感などがなく普通に感じるが、何しろ歌のリピート送信が悪質で、耳から聞こえる他人の声と混ざってしまうことがあり非常に煩わしい。

そして、その事について嫌だと思うとヒステリーを起こしそうな雰囲気を少しだけ送りつけて来たり「おしっこを漏らさせてやれ」と声を聞かせて尿意を感じさせたり、発狂して脱尿してしまうような予感のようなものを送りつけてくる。

拷問そのものであり、よほど強い意志を持って何かをやろうとしないとボケたまま何もせずに一日が終わってしまう感じた。そのように何もさせないと言った絶妙な脳の遠隔が行われている。拷問そのものだ。

24:40
無能化というか無力化のような被害が続いている。基本は無気力にして何事にも集中をさせない。下腹と腰の筋肉が緩んで姿勢が悪くなっている。それほど激しい攻撃はないが、声の送信とのテレパシー通信のような強制会話が続いている。強制会話というのは、その場で起きている事に対して声の送信で割り込んで来て、勝手に私の意見を代弁して聞かせたり、考えを間違ったマイナスの方向に誘導してくる。

無視をしていても聞き捨てならなくなり、声に出さない呟きで反論をしてしまったり、誘導性の強い声の送信で無理やり自分の考えとは違うことを呟かされてしまったりするので強制的に会話をさせられてしまう。しかし、それでは癪に障るので、突然と考えを違うことにすりかえたり、非常にバカバカしい普通なら考えないような事ばかりを考えている。従ってまともな事を考える時間はほとんどない。それがもっと酷くなると脳が機能しなくなり何も考えられなくなり、声の送信に一方的にやられまくる。

本当に、そこまでやられていない被害者の方には効果的な広報をして頂けたらと思っている。何かとご協力下さっている方達には心から感謝しています。

寝る。


追記

5:47
2時に就寝して、3時に起こされ、そのまま寝させない拷問へと展開している。攻撃は様々だが、休むことなく喋り続けている声の送信から、加害者の異常性はもとより、寝ずに破壊活動をしなくてはならないという強いストレスを感じ取れる。

こんなことをしなければならないのだから、よほど困っているのだろう。

世間体を悪くさせるための犯罪

テクノロジー犯罪では、病気の症状とそっくりの攻撃をしたり、脳や身体の機能を極度に低下させる攻撃が行われるが、それらは、被害が酷ければ社会から脱落させられてしまうのだが、世間体を悪くさせるという狙いもある。

例えば、睡眠妨害という攻撃は報告数も多く、毎日、何年でも繰り返される被害の一つである。これは、電磁波攻撃をされていることは第三者によって確認は出来ないが、夜中に何度か起きている、朝起きられない、などの被害を受けた結果が第三者によって確認がされてしまう。

そこで、世間の評判を落としてしまうわけである。しかも、本人は常に普通の生活をしたいと思い、そのように生活するべく行動を取っているにも関わらず攻撃によりそれを崩されてしまう。そこには常に精神的な葛藤がついて周り、日ごろの攻撃や睡眠不足と戦って朝起きて世間体を悪くしないようにするべきか、無理をしないでゆっくり心身を休めるべきか悩まされてしまう。声の送信がある場合は、周囲の人の名前を使って「みんなが笑っているぞ」などと悩み苦しむように誘導をされる。毎日、同じ内容で悩ませようとしてくる。


被害日記

10:00
昨夜は、ツイッターで他の被害者の呟きを追っていたので少し遅くなってしまい、就寝が2時を過ぎてしまった。朝は6時半に起されてしまい、頭痛がしている。8時に起きる予定だったが、9時に変更をして再度寝た。起床後は平衡感覚の変調と思考能力の低下により、まるで寝ぼけているかのような状態にされた。疲労感も酷かった。その後は、すぐに心拍数が上がり「早く会社に行かなくては」という気持ちが強くなったので、コーヒーを飲みながら被害日記を書くことにした。ここ数日は、コーヒーに入れた砂糖の味を感じるようになっている。

17:59
仕事が忙しく、被害関係の連絡もあり、その他雑用もあるので、やはり必要に応じて時分割方式で1人何役もこなしている。しかし、自分でなければならない用事が優先されてしまう。しかも、脳への攻撃により記憶障害と著しい不快感を受けながらそれらをこなさなければならないので大変だ。

被害の方は、ボリュームの小さい音声送信(歌のリピート送信と声による干渉)、背骨を中心とした首や腰への筋肉の引き攣りや疲労感、意識障害のような著しい不快感、目眩、記憶障害などをやられているが、久しぶりに職場での激しい攻撃をされている。

ギクシャクした人間関係を作り出す工作は私だけではなく、相手もやられているのではないかと思うほど不自然に感じる。始めは、体の動き難さ、緊張感のような会話がスムーズに流れない妙な感覚などにより他人とのやり取りを妨害された。そして、それらが周囲に変だと思われているように感じさせるための声の送信による憎まれ口を聞かされる。その辺りまでは不快であっても何とか乗り切れるのだが、最後は意識障害にされ、著しい不快感と苛々を発生させられてしまい職場にいられなくなってしまった。

人と話をしようとすると急に体に力が入ってしまう攻撃も確認できた。恐らく、精神的にも頭が固くなるとか、心が固くなるとか、リラックスして気さくな会話が出来なくなるような遠隔操作が行われているのだと思う。


マインドコントロールについて興味深い資料の翻訳があります。

原文サイト
http://www.us-government-torture.com/History-of-abuse.html

翻訳サイト
マインドコントロール

22:27
その後は食料を買いに行くためにスーパーへ行ったが脳や身体への電磁波攻撃のために不快であり、周囲を意識してしまう挙動不審になる操作をされ苦労をした。帰宅後は耳にノイズを送信されているようでテレビの音や音楽が良く聞こえなくて困った。脳への攻撃はかなり強く記憶障害や意識障害が起きている。脳の半分が眠っているようで特に音に対して神経が反応しなくなっている。

昨日の自分の演奏を聞いていると、何所の部分でどのような妨害をされて、どのように失敗したかが良く判るので腹立たしい。しかし、1曲だけアップした。すべての演奏が本来の自分ではなく不本意であるが、人に聞いてもらうと何所で妨害をされているのか判らないそうだ。

この文章を書くのに苦労するくらい記憶障害が強い。

24:08
このとても常人とは思えない執拗な攻撃が続いている。普通ならば嫌気が差して攻撃を止めると思うのだが、何かに取り付かれた狂人のように執拗に思考の挿入やマインドコントロールを試みてくる。例えば、風呂に入った瞬間に、強い嫌悪感と共に人の顔をイメージさせてくる。それは、その人間に対する悪いイメージを想起させるためだ。それと声の送信での呟きと思考のトレース。これはほとんどが送信されたものであり自分の思考ではない。記憶障害が酷く、何も考える事が出来ない状態にした上で思考の挿入を行っている。

政府には一日も早くこの犯罪を止めさせてもらいたい。

殺人と同じだと思う。

寝る。

もう一つの目

テクノロジー被害には視野盗撮というのがあり、目に映っている視野を遠隔にいる加害者に盗み取られてしまう。ところで、目玉が勝手に関係の無いところに行ってしまう被害、見たくもないところを見てしまう被害などがあり、それらは色々な方法で行われているのだが、目線を移動させるために使われている方法の一つとして、映像送信の目というのがある事に気が付いた。目は移動するものには視線が行くという自然の原理を使ってサブリミナル的に視野の中に目線を移動させるためのポインターのような映像を送り込んで、それを移動させて目線を動かせようとする時もあるようだ。

今更ではあるが、映像送信とは何所に映像を送っているのだろうか。網膜に映る視野と脳内でイメージする映像は別だと思うのだが。


被害日記

昨夜は、音楽を聞いたために被害が酷くなり寝るのが遅くなり3時を過ぎてしまった。就寝時には鉄砲で撃たれるような音が聞こえ、頭に衝撃が起こった。顔を痒くされたりもしたがそれほど長くはやられなかったので、すぐに眠ってしまったと思うが、朝の7時半に突然目が覚めてしまい、声でなにやら脅迫をしていた。トイレに行った後すぐに寝て9時半に目覚ましで起きた。

脳内音声による歌のリピート送信や声による干渉が早速始まり、酷くはないが脳への攻撃も行われている。また、疲労感があり、耳にはキーンという音を送信されている。これから被害者の会と音楽の演奏のために出掛ける。

17日1:08
遅くなってしまったので簡単に記そうと思う。

行きには、何故か被害が軽くなり、頭のボケた感じの不快感がなくなった。そして、視力の低下をはじめとする視覚に対する変調もなくなり、それこそ生まれ変わったかのように景色を細部まで見届けることが出来、そこから何かを感じ取ったり、嬉しさも感じた。脳の芯が痺れたような状態だと、知覚が心の奥まで届かない感じで不快になるのだが、少なくとも視覚に関してはクリアーであり、雲を眺めたりしていた。

しかし、声の送信で思考には干渉されていたし、記憶障害のような、いまひとつ想像力が働かない状態であったので、自分ひとりの世界で深く物を考えることは出来なかった。それにしても感動的なほどに視野がスッキリしていた。

被害者の会では議題が多く、それぞれの意見もあるので相当な時間を掛けないとならないような感じであったが、手堅くまとめていた。

その後は音楽であるが、スタジオに入って音楽を聞きだすと声の送信で、それぞれの楽器の音に合わせて下らない言葉を送信されるので純粋に音を聞くことが出来なかった。さらに、その場で演奏している楽器の音を盗み取り脳内に再送信されている感じで、それと一緒に舌が動いて呟かされてしまう攻撃を受けた。そして、暴れ出したくなるほど興奮をさせられてしまい、ひたすら我慢をした。

自分が演奏をする時も様々な妨害をされたし、脳への攻撃も受けていたので、余りにも酷い演奏は無かったが、すべて実力は発揮できず、不本意な演奏となっている。演奏中も声の送信は途切れることがないのだが、妨害をする度に「ざまあみろ」のように憎まれ口を聞かせられた。

それから、ご心配なさりコメントを入れて下さった方、ありがとうございます。

寝る。

映像送信によるイメージの拡張

テクノロジー犯罪では脳内にイメージ映像を送信される被害がある。それは、考えてもいない映像を強制的に挿入想起させられる場合と自分の想像に沿った内容で送信される場合がある。被害に遭っていると、それが日常化してしまう訳で、何かを考えるとイメージ映像を送信されてしまう。しかも、それらは音声送信や記憶障害などの被害と同じように途切れる事無く影響下にあるので普通の自然な状態は無くなってしまう。

特徴として、想起される映像が鮮明であったり、逆に人の顔などをどうしても想起できないようにされたりする。それは、忘れてしまっていると言うよりは描けないと言った感じにされる。どういう意味かというと脳内での自由を奪い取られていると言うことで、自分で描こうとしたイメージ映像を加害者が勝手に送信してきて、それを受け入れさせられてしまう現象で決して自分の映像と送られた映像の2枚がある訳ではない。

脳の乗っ取りとはそう言うもので一つしかない意識に侵入されれば、本人の思った通りに脳が機能しなくなってしまうのは当たり前である。

また、そのイメージ映像を想起させられる時には意識は目に映っている景色の世界からイメージ映像の世界へと移動するので、いわゆる空想をしている時のような状態になる。このような脳の状態を無理やり作り出す事が行われているので声の送信と共に現実からの乖離が強くなったりする。

このイメージ映像の送信は、声の送信と同様に人を騙すことに使われるので、本人が気が付かないように自分のひらめきのように送信をされると、それを信じてしまう傾向がある。私は、この犯罪被害を知らない時に自分の父親が自分の部屋を盗聴しているイメージを送信され、それを信じていた。しかし、不思議とそれに対して盗聴器を探すなどの行動に出た事はない。もし、すぐに行動に出る人にそのようなイメージなどを送信したらどのような事になるだろうか。


被害日記

13:00
昨夜は被害が酷く就寝が3時になってしまった。少しの間は顔を痒くされるな(寝具と顔が触れている部分が異常に敏感になりとてもではないが寝られない、頭が痒くなったり、背中が痒くなったりもする)どの不快な嫌がらせを受けたが知らない内に眠ってしまった。しかし、7時過ぎに目が覚めると、かかとが痒い。かきにくい場所を選んだようだが、上手にかけてしまった。トイレに行ってからもう一度寝ようとすると「朝はこのくらいに起きるべき、親が朝寝坊をしているから子供も朝寝坊をするのだと世間に言われているぞ」などと声の送信をされたが、それらを無視して再度寝た。次は10時半に目が覚めた。

起床後はすぐに後頭部の違和感と平衡感覚の変調と疲労感と不快感を起され何もやる気がしなくなってしまい、これではまるでうつ病のようだと思った。とにかく起床後は、加害者が溜まったストレスを全部こちらに吐きつけるような感じに声の送信で集中的に嫌味を浴びせられて、自分で考える隙間が全くなかった。その時にもイメージ映像の送信が使われている。

23:16
今日は夜に知人と会う予定があったので楽器の練習をどうするか考えていると声の送信で「練習よりも曲を覚えるべき」と言って来たので、確かにそうする必要もあるので、曲を聞いて覚える事にした。音楽を聞くと激しく攻撃をされ大変な事になるのは知っているがそうした。

やはり、かなり強烈に攻撃をされて大変な苦痛を受けさせられた。結局、覚えるどころか見えない敵との戦いになってしまったが、ほんの少しだけ、何もやらないよりは前進している。しかし、覚えたとしても実際に演奏をする時に激しく攻撃をされれば終わりだ。

そして、強力に攻撃されたまま車に乗って出掛けたのだが、途中で急にラジオの音が大きくクリアーに聞こえるようになり、視野もすっきり、思考もクリアになり、全く持って快適な世界に変わってしまった。その時に、瞬時にイメージ映像の送信による拡張された感覚についてと、送りつけられた記憶の再生について頭に思い浮かんで来た。

拡張された感覚とは、見えないはずの自分の体の輪郭や映像が、イメージ映像として脳内に送られて来て、それが自分の体の部位と一致してしまう被害だ。例えば、顔であれば苦痛で歪んだ自分の顔は見えない筈だが、送られてくる歪んだ顔のイメージ映像と自分の顔の位置関係が一致してしまい(顔には確かに苦痛で歪んでいる感覚がある)本当にそうなったように錯覚を起してしまう事がある。これらは他の遠隔操作と複合されて行われる。

また、記憶の再生とは、そもそも人の記憶にはどのような情報が含まれているのかが問題となるが、その時の感情を五感などを含んだシーンとして記憶されているならば、バーチャル被害は記憶の再生と考えられないかと思った訳である。しかし、被害者としては送られて来たものは記憶ではなく、作られたものであると感じている。

このように脳への攻撃をされていなければ想像力が働き、すぐに何かのアイデアが思い浮かんでくる。しかし、クリアーな思考の状態は30分程度だったかも知れない。

16日1:39
記憶障害、頭部圧迫感、背中や肩の筋肉の疲労感、音声送信、お腹に空気を溜める攻撃、視覚操作などが行われている。風呂に入る前になんとなく覚えるべき曲を聞いたら、激しく攻撃をされ、暴れているところの映像を送信され、本当にいまにも暴れ出してしまいそうになった。

日記を書いていると声の送信で「読んだ人が泣くぞ」、「お前を知っている人が読むぞ」なんて脅迫も入る。或いは、「笑い者にされているぞ」、「けしからん日記だと言っている人がいるぞ」などとも言われる。

寝る。

嫌悪感という感情の遠隔操作

テクノロジー犯罪では感情の遠隔操作が行われている。その中で、聞こえて来るものに対して嫌悪感が生じて、「聞きたくない」という強い感情を作り出すことが行われている。それは、脳内音声による声や歌のリピートを送りつける時に同時に不快感を起させるために、「嫌だ」と強く思う感情を送りつけたりしている。

また、そう言った不快感は心で思う感情と、耳に対する強い不快感と両方ありどちらも実際に行われている。それらは種類が多いので詳細は省くが、目の前にいる人と話をしていても相手の声が不快に感じ「聞きたくない」という感情を作り出している。また、被害により他人の話を聞くことが出来なくなり自分ひとりで喋り出してしまう状態を作り出すことも行われている。


被害日記

10:31
昨夜は酷い睡眠妨害をされた。6時間の間に6回程度起されているので1時間に一度の割合で起されていた事になり、陰湿な攻撃が続いていたので数時間しか寝ていない。

12:56
起床後は忙しかったので上記は急いでアップした。音声送信は歌のリピート送信を含め途切れる事無く続けられている。脳への攻撃も起床直後から後頭部への違和感と共に行われ、頭がボケた状態にされている。視力の低下と、鼓膜が詰まったような感じになり周囲の音が良く聞こえない不快な状態にもされている。それは、頭部インターナル状態というか、自分に近いところの音が良く聞こえて、特にすべての音が自分の頭蓋内から発生しているような感じであり、逆に言えば、自分の思考や音声送信の音が頭蓋内ではなく周囲に広がってしまい、周囲の音と一体化している状態とも言える。

昼食事には得意のお腹に空気を溜めて呼吸困難にする攻撃をされた。呼吸が苦しいのは今も続いているし、頭部圧迫感が強くなっている。時間の流れがつかめなくなるような状態であり記憶障害も起きている。

子供が今日も頭痛がすると言って学校を休んで寝ていた。これは電磁波攻撃だと思う。加害者は声の送信で「それ以上、広報すると子供が死ぬぞ」と脅迫をした。電磁波テロとはこう言ったやり方で被害者の口封じをする。

17:04
その後も音声送信と脳への攻撃は全く途切れる事無く続けられ、数日間は被害が軽いと思っていたが、また元に戻ってしまったかのようだ。上半身に対する圧迫感が酷く、パソコンで仕事をしていると急に強い記憶障害を起こして思考が停止してしまい、同時に体も固まってしまい身動きが取れなくなった。そんな時に声の送信ではこの世の物とは思えないような醜い言葉を役者になり切って聞かせてくる。しかも、強烈な怒りが湧きあがり暴れ出したくなる衝動を起される。

しかし、そんな時はすぐに仕事をやめて考えを切り替えるとキチガイの戯言にしか聞こえない。しかし、脳や身体への攻撃は極めて強力なので大変な苦労とストレスが発生する。

一日も早く政府には、このテロ行為に対処して貰いたい。

23:45
実際に、どのような時間の流れで、どのような攻撃を受けて、どのように感じていたのかを思い出せない。現在は、脳の半分が眠っているような状態で、鼓膜が詰まったようにされ、首の後ろと腰が痛いのだが痛みよりは不快感というか嫌悪感が激しく精神拷問の世界となっている。音声送信は全く途切れなく、頭部圧迫感が強く、内臓が痛い。

日記の更新の為にログインすると急に攻撃が強くなってきた。夜は楽器の練習に行っていたが激しく妨害をされた。記憶障害の系統で全くフレーズが全く思い浮かばなくなる、筋肉の操作で細かいタッチが出来なくなる、体が意志の通りに動かなくなる、音が不自然に聞こえる(ステレオのトーン調整である周波数だけを増強したように聞こえる)、自分のフレーズが酷く恥ずかしく感じてしまいそのフレーズをやる度に意識してしまい楽しくなれない、意識障害のような知覚ボケを起されてタイミングが合わなくなる、などを延々とやられ全く下手にされてしまった。

それでも我慢をして練習を続けるのだが、暴れ出したくなる衝動を起されているので我慢するのが大変である。勿論、スタジオ内で大きな音を出しても脳内に聞こえる声に変化はなく常に一定の音量で聞こえている。これは、鼓膜を通さないで脳に音声を送信しているからだと思う。

後半には、それらの攻撃が弱くなり、そのとたんに急に体が動くようになりフレーズも途切れる事無く自由自在に展開できた。そして加害者は「マインドコントロールの恐ろしさを思い知れ」、「それでもマインドコントロールに逆らうつもりか」と挑発をして来た。無抵抗の人間に匿名で姿を見せずに武器で攻撃をしていると人間はそのようになってしまうのだろうか。おぞましい限りだ。

帰宅後も攻撃は続いているが、自分で演奏した曲をアップする為に聞いていると、また激しく攻撃をして妨害をされ、暴れ出したくなる衝動を起され続けた。音声送信による音楽を聞くことに対する妨害と、意識障害起により音楽を細部まで聞くことが出来ない妨害だ。その演奏も脳や身体への攻撃のために実力は発揮出来ていなく不本意なのだが、3曲ほどアップした。

ここまで日記を書くのにもかなり苦労をするほどの攻撃を受けていて文章が繋がらなくなり、思いついたこともすぐに消されてしまう。

24:54
とにかく激しく脳を攻撃されている。
今度は加害者が脳内音声で行ってきた「子供の命を捧げれば、許してやるよ」とこれが電磁波テロリストの正体である。こう言った脅迫をして被害者が被害を受けていると言わせなくする。人を殺すことを何とも思わない本物のテロリストだと思う。

15日1:10
その後、加害者は「そんなに被害から逃れたいのなら、自分の子供を自分で殺せば、許してやるよ」と脳内音声で言ってきた。生きているのが苦痛になるほどの攻撃を絶え間なく続けられていて、そのような言葉を聞かされると、本当に人を殺してしまう人がいるかも知れない。

実際にすでに聞こえる声に従ったという殺人事件が起きているようであり、また、近所に住む犯人と思われる人間を殺してしまおうかと思ったと言う話は聞いた事がある。

なぜ、こんな犯罪を野放しにしているのだろうか。

2:00
攻撃が激しく寝るのが遅くなってしまった。
攻撃緩くなると、さっきまでの精神状態が嘘のように穏やかになる。肉体的な苦痛も弱くなる。そして、また攻撃が強くなるのかという恐怖がよぎる。

寝る。

脳内音声によって呟かされる毎日

10:26
昨夜は2時前に就寝としたが、寝させない拷問を受け眠ったのは3時頃ではないかと思う。程度は弱かったものの体が冷える被害、鼻や顎、背中などを次々に痒くされる被害、瞑っている目がどこかを見つめてしまう被害、声による語り掛け、などをやられた。知らない内に眠ってしまうので人工的に眠らされていると思う。朝は6時に目を覚めさせられて、すぐに歌のリピート送信や声による語り掛けをやられた。何とか7時頃には眠ったと思うが8時に目覚ましがセットしてあるので、それを10時にずらして寝た。しかし、9時半に目が覚めてしまった。この手の睡眠妨害は会社に遅刻させるのを目的にして毎日行われている。

脳内音声による声の送信は4年以上途切れる事無く続いているが、それにより声に出さない呟きを途切れる事無くやらされている。この声に出さない呟きも、脳内音声として自分ではない人の声で正確に発音され再送信されている。

これは考える事に対する妨害行為であり、洗脳行為でもある。また、文字を読む時には「なぞり」という同時読みをされてしまう。これは、リアルタイムで人間が行っているので、いきなり読むのを止めると「なぞり」は少し先へ行ってしまったりする。

その「なぞり」は思考のトレースの一部として行われているのでキーボードで文字を入力する時や、目で見たもの(文字であれば読まれる、人や物であれば感想を勝手に聞かされる)に対して常に声を聞かされる。そして、思考にも介入され、あたかも自分の考えのように声を聞かされたり、自分の考えを声としてなぞられたりする。それらも途切れる事無く続けられている。

13:07
今日は昨日より脳への攻撃は軽いが、微妙な心拍数の上昇のような急いでしまう被害や息が吸いきれない呼吸困難を人と話をしている時にやられる。また、舌に何かの刺激があり、喋り出すと止まらなくなるような操作も受けていると感じてる。それから、子供は今日も体調が悪く学校を休んでいる。もともとは元気な子だったのに急に頭痛で学校を休む事が多くなったので、やはり電磁波攻撃ではないかと思う。


アメリカではラジオ番組に「脳への電磁的攻撃」:禁止判決のJames Walbert氏が出演したそうで、その概要が下記アドレスに翻訳されています。

ジョン・ホール医師とジェームズ・ウォルバート氏のラジオ出演


18:21
それほど激しい攻撃はないが、歌のリピート送信を含む脳内音声の送信は途切れない。それと、どうしても知覚が脳の芯まで届かないような感覚になる脳への攻撃も途切れる事がない。それは例えば、何か物を見た時に、その物を注意深く観察したりすることが出来なく、音であればそれを正確に聞き届ける事が出来ない状態で、細かいパルス波のようなもので知覚が断続的に切り離されているとか、断続的に意識を失っているように感じる。その状態は神経を集中させようとすれば、するほどに不快になってしまう訳で、ボケたままでいるしかなく、やはり一種の拷問となっている。

24:14
夜は、楽器の練習に行っていたが、まず、お腹に空気を溜められて呼吸を苦しくされてしまった。スタジオに入ってからも執拗に胃や腸に空気を溜められて著しく不快な思いをさせられた。まず、ボコっと音と衝撃がして空気が溜まる感じがする時があり不快である。それと、ゲップやオナラが出そうになるのだが出せないようにされて不快だ。更に、追い討ちを掛けるようにお腹に空気を溜められる。そして仕上げに苛々して暴れ出したくなる衝動を起される。ほぼ毎日の決まったパターンの拷問であり食事の後にはよくやられる。

食事の時には、声の送信によって呟かされる被害が毎回必ず行われている。それは噛むタイミングに合わせて呟かずにはいられなくなる声の送信をされるからだ。

楽器の練習では鼓膜が詰まったような感じにされ高音が異常に煩く聞こえる被害を受けていたが無視をして続けていた。しかし、途中で練習フレーズのリズムに合わせて関係のない曲のメロディーを脳内音声で執拗に送信され続けたので練習の邪魔となり中断をした。よくやられる被害ではあるのだが、恐らくキレやすくなる脳波でも送られていたのだろう。

帰宅後はテレビを見ていたが鼓膜が詰まったようになりテレビの音が聞こえ難かった。そして、風呂に入る前に少し時間があったので音楽を聞くと音声送信による強力な妨害を受け著しく不快な思いをさせられた。その後、内臓が気持ち悪くなり、丁度、食当りを起す寸前のような不快感が発生している。

くどいのでこのくらいにする。

寝る。


追記

4:34
1時過ぎに就寝したが、寝させない拷問を受けていて、未だにほとんど寝ていない。

ツイッターは被害日記に適している

ご存知のようにツイッターはタイムラインであり、その時に起きたことを呟けるようになっている。更に、ツイログというのを使うと自動的に呟きが日付ごとに纏められてブログ形式になって保存される。写真を貼るサイトもありそこへのリンクも可能だ。携帯電話さえ繋がれば、何所に居ても被害をリアルタイムで報告できる。これこそ被害日記として最適なのではないか。


被害日記

10:52
昨夜は、かなり陰湿な寝させない拷問を受けた。顔や体が次々に痒くなる、寒くて体が温まらない、頭痛、呼吸困難などをしながら洗脳をするための声を聞かせ続けていた。その声の内容は、きっかけと答えが両方用意されていて、無理やり八方塞がりの状態に考えを誘導するためにひたすら行われている。その時に、それが自分の考えだと思い込ませるようなやり方がマニュアル化されているようで、その繰り返しである。しかも、感情の操作は驚くほど多種に渡り用意されていて声を聞かせながら感情を送信している。感情というのは体感付きのものであり、不安にさせるのであれば「胸騒ぎ」の体感を付加させている。

内容的には広報などの活動が出来ないように仕向けるのと、周囲に居る人間関係を悪くさせ孤立化を狙うのがほとんどだ。後は、精神病だと周囲に思わせるように異常興奮させて暴れさせたり、例えば、睡眠妨害などのために朝起きる時間が遅くなれば事実として世間体に問題が出るなどの副産物が生じている。

いずれにしても拷問洗脳そのものであり、そもそも、そう言った目的で開発された人間の遠隔操作装置であることが良く判る。拷問をする為の細かい攻撃も良く考えられていて、かなりの実験の結果から開発されていると思う。

最近は加害者に対して言い返すことが出来なくなるように、声に出さない呟きを利用して加害者に言い返すと不快にされたり、呼吸を苦しくされるなどの攻撃をされ、一方通行の強引な攻撃が強くなってきている。拷問洗脳は武器による暴力であり、目に見えない内面への攻撃も含めて、知られていない犯罪の実態として有識者の理解と専門的な調査が、技術的解明とは別に必要と思われる。

この思考の挿入と感情の操作には十分注意をしたいと思っている。

まともに眠れたのは8時から10時までの2時間だったと思う。

13:53
出社して仕事をしているが、音声送信など被害は継続している。記憶障害と平衡感覚の変調、意識が途切れて思考がリセットされるような感じだ。子供がまた頭痛で学校を休んでいる。最近になってそれが多くなっている。私は電磁波攻撃だと思っているが、どうする事も出来ない。

18:52
執拗に攻撃が続いている。特に歌のリピート送信は会話の妨害となっているにも関わらず「もっと人の話を良く聞こう」なんて嫌みを送信される。この被害の特徴とも言える攻撃方法だ。頭部圧迫感と脳の芯が痺れたような攻撃は、内気で気が弱い、神経質な人間を作り出すために行われている。人と会話をした時などに声の送信による意識誘導と共にそのようにさせられてしまったり、ふとした瞬間に自分がそのような振る舞いをしている事に、なぜか気が付いたりする。

こめかみと首の後ろの筋肉の圧迫のような被害は肩や背骨にも強い不快感を発生させている。自分の取った言動に対して罪悪感を発生させるような感情の想起という被害も多かった。例えば、本人のいない所で悪口を言ったとすると、それが本人に盗聴などで丸聞こえになっていしまっている、そのせいで本人が悩んでいる、などのような感情が想起させられる。

それらは全部嘘であるので払い除けるが、記憶障害などの脳機能の低下だけは払い除けられないので大変に迷惑を被っている。確かに、ここまでやられると精神病の症状を正確に再現している犯罪だと実感できる。

19:06
上記アップ後に「家中で被害に遭うぞ」と脅迫をされた。

23:54
その後は夕食を食べてからサウナに行っていた。夕食時には糞の香りを送信されて大変な迷惑を被った。やはり食後にはお腹に空気を溜められて、ゲップをしたいのだが出せないという状態にされて苦しまされる。ほぼ毎食後にやられるている拷問の一つだ。下腹に空気を溜められるとオナラをしたくなるのだが出せないようにされてしまう被害もある。その時に無性に腹が立つという感情の操作が行われているのも常だ。

車を走らせてサウナに向かうと急にキーンという音が強くなり、鼓膜が裏返ったようになって著しい不快感に襲われる。耳の後ろが痛くなるほどの強い攻撃だった。サウナでは不快感は弱まったが、記憶障害が強いのか思考停止のようになってしまい何も考える事が出来なくなってしまった。音声送信も控え目だった。しかし、喉が渇いたので水を飲むとすぐにお腹に空気を溜められて苦しくさせられた。それはサウナにいる間中続けられていて今もお腹が苦しい。

そろそろ帰ろうかと思ったら急に不快感が酷くなり暴れ出したくなる衝動を起されて、視野の中に映っているものを破壊しているイメージ映像を送信され続けた。やり場のない強い怒りが発生して見るもの、聞くものすべてに腹が立って大変な苦労をした。

平衡感覚の変調は例えば、1秒間に3回だとすれば下に落ちるような感覚を3回送りつけられるわけで、その時に瞬間的に意識を失っているような、記憶が消えてしまっているような、奇妙な不快感に襲われる。その時には耳にも幾分聞こえないくらいの音圧のようなものを感じる。この被害は決して最近始まったわけではなく目眩と表現するよりは平衡感覚の変調と表現したくなる不快感である。大きく揺れるような感じの被害もある。

神経単位で攻撃が出来るのではないかと思われる被害だ。

寝る。

出張2日目

12:08
いま、次の目的地に向かう為に新幹線で移動中だ。それが終われば東京に戻り3日ぶりに帰宅できる。

昨夜は少し早めに寝たのだが、声の送信で嫌みと脅迫の集中攻撃を受けてしまい暫くの間眠れなかった。瞑っている瞼の中の目が何処かを見つめてしまい、とても眠れないと言う被害も受けたが知らない内に眠ってしまった。

朝の5時に、夢のような物を見て不自然に目が覚めたがトイレに行ってすぐに再就寝した。その時も声の送信で何かを聞かされたが覚えていない。その次は目覚ましが鳴る少し前に何かの理由で目が覚めたので起床とした。

顔を洗って朝食を取り、約束の時間に間に合うようにホテルを出た。訪問先ではそれほどの被害は確認されなかったが、頭がボケて記憶障害にされていたので話をするのに少し苦労をした。なぜか、全ての事柄について記憶障害になるのではなく、自分が話しをしようとする内容について思い出せなくなる。また、著しい不快感や居たたまれなくなるような感じにはされなかった。次の訪問先ではどうだろうか不安ではある。思考能力が低下している。

17:37
軽度の被害のまま次の訪問先での挨拶を終え、東京へ向かう新幹線に乗った。例えば、頭がボケていて記憶障害を起こしていると、切符の車両番号と座席番号を見間違えて別の車両に乗りそうになったり、到着時刻を忘れてしまうので、何度も切符を見て確認しなければならない。それには、他にも理由があり、視力を低下させられたり、声の送信が絶え間ないので注意力が落ちるからだ。

新幹線の中では時間があり、日記の更新をしたかったのだが、携帯電話を開くと目の焦点が定まらなくなるほど強く眠くされるので更新が出来なかった。眠くなるので寝てしまおうとすると、人工夢を思わせる音楽が脳内に入り込んで来て脳を乗っ取られてしまいそうになり目が覚める。それと、眠ると大きく口を開けてしまい、寝息をたてると周囲に凄く大きな音で聞こえているように感じて慌て目が覚める。何度もそれを繰り返すので結局気持ちが休まらない。それらは遠隔操作被害なのだが、よくある自然現象を装っている。そのように周囲が気になってしまうような加害方法が取られている。「お前は見張られている」などと執拗に聞かせるのが良い例だと思う。

21:23
ラーメンを食べてから帰宅した。ラーメンを食べていると急にお腹に空気を溜められて苦しくて食べられなくなった。息が吸えなくなるとラーメンを食べる事が出来なくなる。そして、苛々して暴れ出したくなる衝動を起された。我慢して息を吸わないようにしながらラーメンを食べて店から出ると、その暴れ出したくなるような怒りが嘘のように消えていた。しかし、帰宅後もお腹がパンパンで苦しくされている。口から肛門まで、内臓のあらゆる部分の筋肉の操作が出来るようだ。

帰宅後、荷物を片付けながらパソコンのスイッチを入れると起動に失敗してフリーズしてしまった。念のためにインターネットのケーブルを外してから起動し直したがやはりフリーズしてしまう。加害者が「では今度は起動させてやろう」と言ってから三度目の起動をすると立ち上がった。その時もケーブルは外していた。

遠隔からネットに繋がっていないパソコンの誤動作をさせたり、電気製品の誤動作をさせる攻撃は一部の被害者では知られている。自動車の無線ドアロックの開閉も可能なので防犯上非常に有害なテクノロジーの悪用である。パソコン被害は高度1万メートルの飛行機の中でも可能であり、もし犯人が同じ飛行機の中に乗って居なければ電磁波によるピンポイント攻撃と言うことになる。

帰宅後はパソコンの誤作動もあり、声の送信で集中的に罵声と脅迫を浴びせられまくった。今は声は少なくなったが鼓膜が詰まったようになり、キーンという音がして周囲の音が良く聞こえない。また、脳への攻撃も強くなり、記憶障害と平衡感覚の変調(同時に意識を瞬間的に失っているように感じる)などを受け、著しく不快にされている。

12日1:03
その後、キーンという音と鼓膜が詰まったような被害の中、日曜日に演奏した音楽を聞いていると、声の送信による音楽を聞くことに対する激しい妨害を受け、平衡感覚の変調や記憶障害など脳への攻撃も強くされた。それでも頑張って何曲か聞いたが、暴れ出したくなる衝動を起され大変な思いをさせられた。攻撃は今も続いていて拷問状態である。

「電子政府の総合窓口イーガブ」への要望は封鎖されてしまったので、郵送により要望を送ろうと考えている。国民の生活を破壊する電磁波テロ。これに対処して欲しいと言う権利はある筈であり、それを無視している政府に問題があると思っている。

帰宅して攻撃は激しくなっている。

他の被害者の方にも要望などお願いしたいと思う。

寝る。

被害を受けながらの出張

10:43
昨夜は就寝時に呼吸困難を起こされ嫌な思いをした。寝るのに息が苦しいなどと言うのは大変な問題であり、神経質な人ならエアコンの暖房で口が乾く、冷蔵庫の音が気になるなど被害を受けていなくても安眠を求めるのが人間である。その後は朝の5時に目が覚め、声の送信で何かを言っていたがトイレに行ってすぐに寝た。

8時に目覚ましが鳴って起床し、ホテルの朝食を取って出掛け、いま一社目の訪問が終わった所だ。少し時間が早かったのでコーヒーを飲んで時間を潰していると急に記憶障害、目眩、視力の低下、頭部圧迫感、激しい怒り、などに襲われてしまい、それに耐えて得意先の訪問をしなければならないのかと思ったが、訪問先ではそれほど酷く攻撃をされなかった。

早く、こんな日記を書かないで済むようになりたいと思っている。

22:41
今日は全体的に被害が緩く、上記のような言葉が出るような気持ちになっていた。しかし、ボリュームの小さい声の送信による内面や言動に対する執拗な干渉と脳の芯が痺れたような思考がクリアでない状態は途切れること無く続いている。

昼飯を食べている最中に、胃に食べたものが入るので胃が膨らむのが普通であるが、下腹が膨らんで苦しくなると言う被害があった。食事の時に腹に空気を溜められてしまう被害が日常化しているが、それをやられるようになってから満腹感などを味わった事が無いように思う。正直、これも苦しいので拷問のようなものである。また、こう言った被害について日記に書くと「書いた通りにしてあげよう」とすかさず脅迫されるので怖い。

取り敢えず無難に仕事を終えた後に、次の移動まで時間が余っていたので知人に電話をしたところ家に居たので寄らせてもらった。そこには音楽を聞く為の装置が揃っていて、かなり良い音で聞いていたので驚いてしまった。

残念ながら私は、この被害の為に四年ほどまともに音楽を聞いた事がなく、被害を受けていなければ誰にも邪魔をされずに音楽が聞けるのだと、つくづく思った。普通の人は本当に自由に生きている。

明日も仕事なので新幹線に乗り、次の目的地まで来てホテルに居るが、先ほどから少し被害が強くなっている。新幹線の中でも寝させない攻撃などを受けた。尻に針を刺すような攻撃もされた。

全体的には軽度の被害の1日であった。

寝る。

人格改造と記憶の消去

テクノロジー犯罪では記憶の消去が行われる。例えば、話をしている最中に頭に浮かんだ事柄を忘れさせられてしまう被害がある。いま話している内容が終わってから、或いは、相手の話が終わってからその浮かんだ事に関して話をしようとするのだが、いざ話をしようとすると忘れてしまっている。また、日常生活に置いても用事をいくつも記憶して行動をしていると、それらを忘れてしまう被害がある。一つの事なら覚えていられるのだが二つ以上になると、残りを消されてしまったりする。時々、声の送信で思い出させてくれたりもする。

記憶障害が強くなると突然に自分が何をするためにそこに居るのか判らなくなってしまったり、簡単な暗算が出来なくなったりもする。最近はそこまで酷い攻撃は少なくなったが、日常的に記憶障害が続いている。しかし、記憶障害と言ってもすべての記憶が消えてしまうのではなく思い出したい事が思い出せなくなる傾向がある。また、何故か頭部圧迫感や平衡感覚の変調、鼓膜が詰まったような感じや不快感と共に記憶障害が強くなる傾向があり、やり場のない怒りも同時に発生させられたりする。

記憶障害についてどのように話を進めて行くのか分からなくなり、細かく説明すると量が増えるので止めにする。これも被害の影響を受けている。

人格改造についてだが、不快感というか「嫌だなあ」と思う気持ちになる信号を送りつけることが出来るので、何かの特定の思考や行動に対してのみそう言った信号を送りつけていれば、人間は自然に嫌なものから遠ざかるので人格改造に繋がると思った。また、何かを考えたり、行動をさせないような抑制という遠隔操作もあり、それは楽しい事を考えさせないとか夢や希望を持てない方向に使われている。

被害者はこんな事を日常的にされている。


被害日記
12:59
昨夜は知らない内に眠ってしまったが、朝の8時過ぎくらいに目が覚めた。すぐに脳への攻撃が始まり思考がし難い状態にされ、後頭部や首の後ろの強い違和感があり著しく不快にされている。鼓膜もやや詰まった感じで耳にノイズを送信されている。全身に疲労感があり腰に痛みが発生したりするが、人工的な痛みだ。こんな状態であるが都内スタジオに音楽をしに行く。何をされるか判らないという不安があり、なぜこんな苦労をしなければならないのかと思う。

24:39
明日は休日だが得意先は営業をしているとの事なので、年始のご挨拶に行こうと思い、家に帰らずにホテルに泊まっている。

被害の方は音声送信は途切れず、記憶障害の系統で思考能力が低下し想像力が落ちると言う状態が続いている。視力を悪くされる被害も困る。

結局、細かい被害はひっきり無しなのだが、やり場のない怒りや、暴れ出したくなるような衝動は起こされていない。問題はこの状態の中でどのような被害をピックアップするかである。

音楽の演奏妨害も継続した形で行われていて、突然に極端な激しい妨害をされたりはしなかった。しかし、決して快適には演奏出来ない状態だ。それ以外の場面でも同じような感じに被害が続いている。

例えば電車の中でやや挙動不審と言うか自分が不自然な状態に感じさせられて困ってしまったりするが、それ以上には強く攻撃をされなかった。従って、耐え難い苦痛は発生しなかった。
寝る。


追記
10日1:34
早速、寝させない攻撃を受けている。歌のリピート送信は途切れないし、脳の芯が痺れたような感じが続いているが、お腹に空気を溜められて苦しくさせ、肺に空気が入らないような感じの呼吸困難を起こされている。日記に追記をしようと電気を点けると「困った輩だ」と声の送信をする狂人ぶりだ。その言葉がこの犯罪のすべてを物語っている。

後頭部の違和感

10:17
昨夜はそれほどの苦労なく眠れたが、朝の6時前に目が覚めた。すぐに声の送信があったが脳内は静寂であり、思考もすんなりと出来た。人間がものを考えるべき姿として、脳内で自然な意識の位置関係のようなものがあった。位置関係とは脳内で意識がどの部分に行っているかのようなものであり、思考の妨害をされていない状態だ。しかし、低音の断続的な音が聞こえていた。

その後すぐに「それ以上考えるな」と声の送信をされると後頭部に強い違和感が発生して瞑っている目にも不自然な刺激があり考えることが困難になった。これは意識が自然にものを考えるのとは違う所に強制的に行ってしまう状態だと思った。脳の操作は勿論、意識の目というのがあり、それの操作もしている。

再び寝て9時半に目が覚め起床をするが、やはり後頭部に違和感があり思考能力が低下している。

24:48
色々と予定があり、それに対応すべく普段出来ない事をする為に休みではあるが午前中から外に出ていた。用事を全部済ませた後に帰宅して、今度は被害に関係した用事をしていた。脳や身体を攻撃されるので酷く妨害をされると大変な時間を要してしまうので普通以上に時間を取っていた。それほど激しい攻撃はなかったが、集中力の低下や飽きっぽくなるなどの被害が発生していた。また、声の送信による干渉や脅迫も執拗に行われるので、パソコンで言えば割り込み処理の多い状態のようなものである。

一日中、脳内音声による歌のリピート送信が行われ、記憶障害を中心とした脳への攻撃や疲労感などの被害が継続していたので不快な状態であり、やはり自由ではなく開放感は全くない。予定より早く用事が片付いたので楽器の練習をする事にした。時間があるならばテレビを見たり音楽を聞けば良いのだが、そう言う気分にはなれない。

家族などがテレビを見ている所に行くと何故か一緒に見たり、話をしたりするのだが常に脳内に音声送信の割り込みがあるので不快であり、まともに話を聞いたり出来ない。また、本を読んだりしようとしても視力が低下するし、脳への攻撃の為にまともに読めないし、読みたくなくなる。

楽器の練習の時にはスタジオに入ってすぐに息が苦しくなる呼吸困難を起され、音が極めて不自然に聞こえる攻撃をされたが無視をして続けていると、記憶障害を強くされ認識力を低下させられて間違いを連発させられた。「確信を持って間違えようぜ」、「外で、お前の練習を聞いて笑い転げている奴がいるぜ」などと声の送信で嫌味を聞かされた。その時に「悔しがれ」と挑発をされて暴れ出したくなる衝動を起された。

そのように特に目立った被害はなく、脳機能を低下させられ、不快な気分にされ、体もやや不自由にされると言った日常化している被害が続いている。しかし、日常化してしまったので何とか対処しているが、記憶障害などは大変な被害であり、多大な迷惑と損失を受けている。

日記を書いていると首の後ろが硬直して鼓膜が詰まったようにされ苦痛が激しくなり拷問被害へとなる。人間を人間だと思わない徹底した攻撃と脅迫が続いている。

こんな犯罪が野放しでは困ると何度も政府に要望を出している。

寝る。

迷惑コメント

定期的に意味不明のコメントを頂いております。

迷惑コメント

これは迷惑コメントとして処理しています。


被害日記

9:59
昨夜は就寝時に加害者が怒鳴っている声を聞かせられ心臓をドキッとさせられた。加害者は「内輪もめ」と言っていたが、私の頭を叩いた。これはバーチャルなのだが音と衝撃は叩かれているのと同じだ。しかし、物理的ではないので皮膚の表面には何も残らない。

その後は目覚ましが鳴るまで寝ていたので5時間程度寝ていたことになる。しかし、目覚めるとすぐに脳内音声による歌のリピート送信が始まった。普段どんな歌なのかは書いていないが、今日はスタンゲッツとジルベルトの有名ボサノバの曲だ。歌のリピート送信と言っても歌詞のないメロディーだけの時もある。

そして、その歌を聴いてどのように感じるかの感想を挿入してきた。そして加害者の1人芝居が始まり「そうか、君はそのように思うか」、「しかし、世界には全く感情と表現が異なる人種がいるのだぞ」と言い「世界中から嫌われろ」、「笑いながら殺されろ」と罵られた。しかし、どのように思ったかと言う偽の感想は思い出すことは出来ない。

起床をするとすぐに脳の芯が痺れたような嫌な感じにされ、コーヒーを入れる前になぜかコーヒー豆の袋を見てしまった。ペーパーフィルターをセットするのにコーヒー豆を見る必要はない。なぜ見たのか判らない。そして、コーヒー豆をミルに入れて粉にしてペーパーフィルターに入れてからふと思った。自分がいつコーヒー豆をミルに入れたのか覚えていない。記憶を消されたという訳だ。

そして、いま脳内に「では思い出させてやるよ」と声を聞かせ、ミルにコーヒー豆が入っている映像が浮かんできたが、それは記憶ではなく映像送信である。それを利用すれば記憶の改竄が出来ると言う事にになる。しかし、例えばミルの中に砂糖を混ぜている映像を送られたらどうなるだろうか、普通は絶対にしないことだ。

12:37
昼休みに他の方のブログを見ていました。

圏内にいる人物に腹痛を引き起こす、謎の超音波発生装置が格安発売!

この装置にどの程度の能力があるのか知りませんが、私達のように逃れることの出来ない遠隔操作の被害とは少し違うと思いますが、少なくとも目に見えない媒体によって離れた所から他人に危害を加えることが出来るということになります。このような装置が強い影響を与えることが出来るのなら、法規制をするとか、逆探知のように危害を加えられている事が判る装置などが必要になるのではないでしょうか。

18:16
音声送信は途切れる事無く続き、頭はボケた感じで脳への攻撃をされていることが実感出来ている。首の後ろや腰の疲労のような違和感も続いている。著しく迷惑であるが、強く興奮させられたりするなどの過激な攻撃がないので仕事をしていた。息を吐ききれない呼吸困難と突然の便意などがある。これでも被害としては楽なほうだ。

8日1:14
その後は楽器の練習をしたりしていたが、練習を中断しなければならないほど酷い攻撃はなかったと思う。楽器の練習が終わってから酷い攻撃に晒されている。楽器の練習中は息が吸いきれない呼吸困難を起され「頼むから息を吸ってくれ」と声で言われたが、呼吸困難を起されると、それが呼吸困難の被害であることは息をしなくても分るくらい明確に苦しいのであえて深く息を吸い込んだりはしない。それは、息を吸っても、吐いても、止めていても、その呼吸困難被害の苦しさは同じだからだ。

途切れる事無く攻撃をされるので細かい被害は沢山あるが、歌のリピート送信が呼吸困難と共に延々と続けられているし、お腹に空気を溜めて苛々させるのがセットになった攻撃、声の送信による呟きのなぞりと呼吸の操作がセットになった攻撃、平衡感覚の変調、記憶障害、視力の低下、腰や首の違和感、頭部圧迫感、鼓膜が詰まった感じ、強く虐められているいるように感じる感情操作などが声の送信による脅迫と共に続いている。

私の行動に対して(音が発生する行動と音が発生しない内面に対して)音声送信で現実とは違う音や声を被せて来る被害が途切れないし、五感の操作もその時々に合わせて暇さえあれば行っている。加害者もよくそこまでやるものだと、あきれ返ってしまう。

不快だ、苦しい

寝る。


寝る。

海外の活動に寄付してみた

アメリカにFFCHSという団体があり、電子ハラスメント禁止を求める街頭広告出しているようです。

ウィスコンシンで第一号の街頭広告

このプロジェクトに対する寄付を求めています。

FFCHS広告プロジェクト

日本では認知が進まないので海外の活動に協力させて頂きました。
郵便為替


被害日記

14:19
昨夜は就寝直後から眠らせない攻撃をされた。その事に関しては昨日の日記に追記した。眠れたのは朝の5時を過ぎていたと思う。しかし、睡眠妨害の間はいつもと違い苛々したり、暴れ出したくなる衝動を起されなかった。ただ、様々な感情送信を声の送信と共にやられた。声を聞かされると同時に心臓がドキッとしたり、不安感や切迫感などを起された。

朝は8時に目覚ましで起きたが、コーヒーを飲んでいるとお腹に空気を溜められて早速気分を悪くさせられた。タバコの味も変な味にされていた。ボリュームは小さくなっているが歌のリピート送信や声による干渉、新聞などを見ようとすると急に視力が落ちる攻撃もされている。弱いが、頭部締め付け感、吐き気、目眩をミックスした不快感も起きている。

仕事もあり、日記もあり、色々な方との連絡もあり、私生活もあり、暇がない状態だ。しかし、暇でも被害が無くならなければ、落ち着いてものを考えたり、何かを楽しむことが出来ない。

18:17
軽度の被害のまま仕事を終えた。しかし、先ほどから被害を訴えるための文章を作成していると「それを出されると困る」、「人が死ぬよ、もしかするとお前かも知れないよ」と脅迫をされて、それを無視していると次第に攻撃が強くなり、今は鼓膜が詰まったようになり周囲の音から乖離させられている。体にも圧迫痛のようなものが発生して、不快感が酷い。何かが苦しいしいう感じで拷問状態と表現できる。

24:58
その後は楽器の練習に行ったのだか、家を出る前から視覚の変調が行われていたので嫌な感じだった。言葉では説明の出来ない被害なのだが、利目が逆転してしまったような、視野が狭くなったような、いつも見ている景色なのに違和感が出てしまうやつだ。

そんな感じで途切れることのない声の送信を受けながら運転をしてスタジオまで行ったのだが、今度は平衡感覚が無くなってしまったような、視野から来る感覚が麻痺してしまったような強い違和感があり、それは脳の処理能力が極度に低下しているようにも感じた。しかし、距離感は狂わないしスピード感も狂わない。ただ、すれ違いの時に感覚の鈍さがあるので衝突を恐れて左に随分と避けて走っていた。

断続的なパルスのような妨害信号を脳に送られていたのかも知れないが、目的地の駐車場に着くと自然発生する思考の連鎖が全く感じられず、ただ声の送信によって思考を操られているように思えた。思考の連鎖とは何かを見ると、そこから何かを感じて思考が展開していく様であり、五感全体からそのようなものが発生しているのが自然の状態だと思っている。

しかし、それらを擬似的に作り上げるかのように声の送信がすべてを言葉として私の感覚を代理するかのように次から次へと喋り続けている。その時に感じたのが、到底、聞こえているとは思えない声の送信の存在である。それが自分の思考のように感じていたわけで、私は神経質ではないので気にはしないが、その声によって操られてしまうのだろう。しかし、感情の遠隔操作も含めて完全に人間の意志を変えてしまうのは難しいかも知れない。

こんな事を書くと加害者はかなり強烈な脅迫を聞かせてくる。「人が死ぬよ、それはお前かも知れないぞ」、「本当に操ってあげるよ」、「神経質にして悩ませてやるよ」などだ。

楽器の練習では筋肉の遠隔操作と記憶障害のためにかなり苦労をさせられた。心拍数を上げられるとテンポが変わってしまうので、それも酷い迷惑となっている。激しく妨害をされなかったことと、人目を意識しなくなり自分の世界に没頭してしまう被害があり、それを受けていたためか集中はしていた。しかし、最後に強力な耳鳴りを起されて、暴れ出したくなるほど苛々させられたのでストレスが残ってしまった。そのストレスも少し時間が経つと嘘のように消えてしまう。

記憶障害など脳への攻撃や首の後ろの違和感、筋肉の引きつりと痛み、声の送信は今も続いているので不快だ。

寝る。

携帯電話のシールド実験

今日は携帯電話のシールド実験をやってみました。使ったのはドコモの携帯電話と東陽テクニカ製の銀メッシュのシールド風呂敷です。被害者の方の中には良くご存知の方もいらっしゃると思いますが、例えば、これを被って被害が完全に消えたと言う報告はありません。

実験は自宅室内にて行いました。シールド性能は次の通りです。1MHz~20GHzのシールド効果: 40dB以上(布一重)、60dB以上(布二重)

まずシールド風呂敷はこのようなもので隙間が開かないように被せます
風呂敷 携帯シールド

シールドなしの時のアンテナの本数
シールドなし

1重シールドでアンテナ2本(40dB)
1重シールド

2重シールドの時のアンテナは1本(60dB)
2重シールド2

2重シールドでもアンテナ2本の時があります
2重シールド2

4重シールドにすると圏外になります
4重シールド

4重というのが100dBの減衰になるのかどうか判りません。メッシュということで穴が開いていますがシールド対象となる周波数の波長よりも小さければ透過しないと聞いています。場所にもよるかも知れませんが携帯電話の電波は結構強いのではないでしょうか。またテクノロジー犯罪の場合は通信中の形態電話に妨害電波を送りつける事が出来るようです。それとデジタル通信の場合は電波を盗み取っても暗号を解読して盗聴するのは困難だとも聞いています。

電磁シールド風呂敷


被害日記
13:57
かなり脳を攻撃されていて不快な状態だ。昨夜は何故か就寝が2時を過ぎてしまった。その後、顔を痒くする、目が瞼の中で見開いてしまう、などの寝させない拷問を受けて非常に腹立たしかったが知らない内に眠ってしまっていた。その後、2時間ごとに2度目を覚めさせられたが、その度に寝付くまでに1時間くらい掛かっていた。最後は11時過ぎだったか起床したが、いきなり頭がボケてしまい不快にされている。頭痛もしている。寝起きのコーヒーの味も遠隔操作により不味く変えられてしまった。

6日1:15
実験のシールド効果 40dBとは電力比で換算すると1万分の1のようです。電波の減衰を何に換算すれば良いのかという問題がありますが参考までに。

dB換算表

被害の方は音声送信、脳への攻撃は全く途切れる事無く行われていた。例えば、1秒に一回の割合で瞬時に記憶を消去されているような、意識を瞬間的に失っているような被害があるように感じる。その時にわざわざ目眩を混ぜて不快感を起させていると思った。

色々あったが遅くなってしまったので止める。

寝る。


追記
3:35
正月休みが終わり会社が始まるので初日に年頭の挨拶が出来ないようにしようとして、眠らせない攻撃を受けている。朝起きられないだらしない人間だと思わせる攻撃は四年続いている。第三者には私がどれほど酷い攻撃を受けているか判らないが、朝起きないならば、それだけは事実として第三者に判る。薄汚いやり方だ。

歴史に残る犯罪の隠蔽も兼ねているのだろうか。

4:15
まだ寝させない攻撃が続いている。声の送信も途切れることなく語り掛けてくる。顔や陰部を痒くしたり、関節を痛くしたり、体を熱くしたりされている。なぜ拷問と表現しないかと言うと考える事が出来なくなるほど脳への攻撃が行われていない事と暴れ出したくなるような怒りを送信されていないからだ。

ある種のマインドコントロール周波数

11:33
起床後コーヒーを飲んだらお腹に空気が溜まり呼吸が苦しくなっている。呼吸困難にも程度があり酷いと息切れを起こしたり、呼吸の度に力を入れなくてはならないもの、不快だがそのまま呼吸が出来るもの、息が吐ききれないもの、息が吸いきれないもの、神経系をやられていてそのように感じるもの、などがある。本当にこの被害は幅が広いので正確な表現には苦労する。しかも、異常に興奮させられてパニックのようにされたり、途切れる事の無い思考の挿入や記憶障害など脳をやられるので表現も変わってしまう。そう言った所が、この犯罪の特徴でもあり感情の閾値が変わってしまうと言うか、普段取らないであろう言動を、結果として取らされてしまう被害でもあり、しかし、それは嘘ではなく、そのくらい被害者は苦しめられているのである。それは被害者の魂の叫びであり、精神拷問の世界でもある。

昨夜は、睡眠妨害は1度で寝てから2時間後に起された。その後、11時半に起床するまでに一度目が覚めたような気がしている。起床後にタバコを吸っていると何故か周囲の雰囲気を隅々まで聞こえないと言うか感じ取ることが出来ない。やや頭がボケでいるような麻痺しているように感じる。どうも、ある継続した周波数が脳に送りつけられていて、それが包み込むように聴覚と脳に影響しているのだと思った。

23:02
年が明けてからFC2ブログが不調だ。アクセス解析は「現在、まだデータはありません」と表示されたり、日記更新のためのページの読み込みに異常に時間が掛かる。パソコンに侵入されているような形跡があり、妙な動きを取ったIPも残されている。それらはルーターにログとして残されているのだが、侵入後はルーターの時計が狂っているのが特徴だ。こう言った被害の報告を記していても声の送信は、その場で干渉してくる。なぜなら、私という体を通して(特に目を)すべてを同時に盗み取っているので、それ以前に何があり、何をして来たかを全部加害者は知っている。干渉の内容は脅迫であり、それ以上細かく書くと酷い嫌がらせを受けるぞ、工作員が手を叩いて喜んでいるぞ、などである。これらの声の送信は思考段階での言論の弾圧ということになる。

今日も脳への攻撃(記憶障害、平衡感覚、視覚、聴覚の変調)と音声送信は途切れる事無く続いていた。色々あったのだが、激しかったのは楽器の練習の時だ。まず、普通に練習をしていると「分かったよ、上手いのは分かった、だから違うのを練習してくれ」と声の送信を聞かされたのだが無視していると急に、いままで出来ていたフレーズを間違えてしまうようになる。一度や二度なら間違えることがあるが、何度も続くと不自然である。何度やっても間違えてしまうのは状況としてはまともに手が動かないということになる。

楽器の練習妨害は大きく分けて二つあり、筋肉を動かなくさせる方法と、記憶や意識を働かなくさせる方法だ。どちらをやられても自分の意思の通りに体が動かなくなる。特に、記憶や意識を働かなくさせる方法は何故間違えてしまったのか理解出来ない事が多い。

そのような方法で妨害をされていて著しく苛々させられた。最後は手の感覚が楽器をやる時の感覚ではなくなってしまい、そこに神経が行かなくなっているかのように手が動かなくなった。それこそ手袋をはめているようだった。更に暴れ出したくなるほど興奮をさせられてしまい大変な苦労をした。暫くすると攻撃が弱まり、先ほどまでの状態が嘘のように自由自在に手が動くようになった。それでも筋肉の一部を硬くされたりして迷惑であった。

また、一拍目、二拍目を逆転させられてしまう(いわゆる裏返し)被害を受けた。この被害は、私が何を持ってして頭と裏を識別しているかを盗み取り、その意識を、記憶や意識を一瞬働かなくさせてしまい、裏返して送り込むという方法で加害していると思われる。

裏返し攻撃にはもっと酷い方法があり、物理的に足の踏み方で表と裏を表現していれば絶対に間違えないはずだが、足は狂ってなくても記憶と意識の操作でフレーズが裏返ってしまったり、最悪の場合は足の動きを強引に逆にされてしまったり、足が床を踏んでいる感覚が無くなってしまったりする。

そのような演奏妨害は頻繁に行われているが、記憶を消すということによる演奏妨害もある。まず、曲の何所を演奏しているのか判らなくされてしまう被害だ。次に、一拍半や三拍というフレーズを繰り返す時に、いま何小節演奏したか判らなくされてしまう被害だ。

また、演奏妨害には途切れる事のない声の送信も強力に併用されている。

記憶を消される被害だが、記憶とはそもそも何なのかというのを知らないのだが、被害を受けている感じで言うと選択的にある部分だけを消すことが出来るようだ。消去する範囲が広くなると時間感覚がなくなったり、何をするためにそこに居るのか分からなくなるのだと思う。

こんな事を平気で行っている犯罪者がいるわけだ。

24:08
上記アップ後に「子供が狂うぞ」と声で脅迫を受けた。親や子供が被害を受けているように思えるので心配だ。

5日2:02
無抵抗の人間に対して、現在のところ無敵と思われる武器を使って遠隔から姿を見せずに一方的に攻撃を続けるテロリスト。一体どうなるのだろうか。一日も早く止めて欲しいと思っている。

寝る。

新年会に出掛けてきます

13:32
昨夜は強情になってしまう被害の為に寝るのが3時過ぎになってしまった。寝る時も胃に空気を溜められて不快なまま床に就いた。3時間後の6時過ぎに目が覚め全然眠くないので困ってしまった。何とか寝ようとしたが目を覚醒させられてしまい、感情の方は理由なき情動を起され、何かしなければいけない気持ちにされて落ち着かなくなった。不快感はあったが苛々はしなかった。一時間ほどしたら眠れた。次に目が覚めたのは10時だ。被害は軽度であるが腰が痛い。

今日は被害とは関係のない一般の方との新年会があるので出掛けます。

4日2:12
高速道路を飛ばし今、帰宅した。訪問先ではお腹に空気を溜められて、オナラをさせられたり、ゲップをさせられたりした。何かを食べるとすぐにお腹がパンパンになってしまう被害だ。それ以外では酷い攻撃はなかったが、声による干渉は途切れないし、頭がボケた感じも続いていた。また、目と目が離れてしまう被害を受けたように感じている。視力の低下もやられたが、それと関係があるのかも知れない。

行きに高速道路を走っていると東京に近づくと次第に脳への攻撃が強くなり、首都高の王子付近で激しい苛々と不快感に襲われ、周囲の雰囲気がテレビのチャンネルを変えたかのように変わって感じられた。目的地に近づくと攻撃は弱くなった。帰りも途中にいきなり脳内音声による歌のリピート送信が行われ、同時に強い怒りと不快感に襲われたが無視をして走行した。ひたすら運転に専念していたので良く判らないが、考えることが出来ない状態にされていたようだ。ひとまず、新年会は楽しめた。

2:49
脳内音声により声に出さない呟きをさせられている。

寝る。

思考の挿入に注意しよう

テクノロジー犯罪では思考の挿入被害というのが多く報告されていることは、もうすでに良く知られているが、注意しなければならないのは、それが自分の思考と区別がつかないように行われていることである。この犯罪とは元々、嘘と間違った認識を徹底的に叩き込む拷問洗脳であることを知って頂ければと思っている。また、病気の症状を再現する攻撃手口においても本物の病気となんら変わらないくらいのレベルにまで来ている。くどいようだが、そうだと思い込ませる感情の遠隔操作や言動を行わせる為の意思決定までも遠隔操作されてしまう。これは、騙されないで欲しいというよりは知っていて欲しいというだけのことなのです。


被害日記

14:37
昨夜は攻撃が酷く就寝が遅くなってしまい2時を過ぎていた。しかし、そこから寝させない拷問が始まった。まず、仰向けに寝ていると息が吸えない。「悔しければ横を向いて寝ろ」と声の送信で憎まれ口を聞かされる。また、喘息のように息をするとヒューヒュー音がする。気管を閉められているのだと思うが、腹筋がいつもと同じように動かないし空気の入る場所が違うようにも感じた。その内にその攻撃はなくなったが、急に眠り込んでしまったのだが、すぐに目が覚めてしまう。しかし、また少しすると眠り込んでしまう。それを何度も繰り返された。

一時間くらいすると首に強い違和感が生じてどうしてもその体勢では寝られなくなる。後頭部に頭痛も発生する。しかし、根性でその姿勢で寝ることにすると、顎や頬に神経を敏感にしたような操作をされてしまい布団や枕が触っているだけでくすぐったくて寝られなくなる。それも我慢をしていると鼻に異物が付着しているような違和感が出て気持ち悪くて寝られなくなる。その他、肩や腰の筋肉にも痛みが発生して極めて不快な状態で寝ることになる。

そんな状態のまま恐らく4時過ぎまでは寝ていなかったと思うが、6時に目を覚めさせられてしまい「ぐうたら者、早く起きろ、世間に笑われるぞ」と声を聞かされた。その後は、急な尿意を起されると困るのでトイレに行ってから再度寝た。11時頃に目が覚めたが、いきなり声の送信で脅迫か何かを聞かされたのだが覚えていない。頭痛がしていて、今も頭痛を起されている。

起床直後にタバコを吸っていると、肺や気管に炎症が起きているかのようにヒリヒリとした感覚が発生して咳き込みそうになる。喉が痛く頭痛がしているので風邪でも引いたのかと思ってしまったが、遠隔操作である。本当に病気と区別が付かなくなるほどの細かい操作が行われている。

子供は昨日は首が痛いと言っていたが、今日は頭痛がすると言っている。子供でも老人でも遠慮なく攻撃をする事で有名な電磁波テロではあるが、政府はどうお考えになられているのだろうか。

16:50
頭痛拷問が6時間続いている。平衡感覚の変調は時には目眩のようにもなり、首の後ろと腰の痛みのような強い違和感も続いている。吐き気も弱いながらも起されている。脳内音声による歌のリピート送信も行われ、声の送信による憎まれ口と脅迫が酷い。また、それによって呟かされてしまう被害も毎日のことではあるが続いている。

21:39
頭痛拷問が11時間続いている。首と腰の痛みや疲労感もあるが特に首と肩が痛い。声の送信により呟かされてしまう被害も途切れる事無く続いている。家族と会話をしていても声の送信に割り込まれ満足に話が出来ない。特に聞くことが出来ない。本を読んだり、音楽を聞いたりする事が出来ないのと同じように加害者の洗脳を目論む情報以外を被害者には入れさせないのだろう。

3日1:35
その後、新しい曲を覚えるために(大分前に覚えようとしたのだが妨害が酷く断念した曲)音楽を聞きだしたのだがやはり妨害が酷く大変だった。しかし、激しい怒りを発生させられなかったので少し聞くことが出来た。そのおぞましい妨害は「くやしかったら覚えてみろ」、「声に出して歌えば覚えられるぞ」などと声を聞かせながら記憶障害を起させたり、メロディーに合わせて替え歌のように嫌味を聞かせてくる。甚だしい内面への干渉である。更に、音の認識力を低下させられたり、集中力をなくされてしまう。従って実際にスピーカーから出てくる音を良く聞くことが出来ない。しかも、もし覚えたとしても実際に演奏する時には別の方法での演奏妨害もされる。

強い頭痛は音楽を聞いている内になくなった。

寝る。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる