新年のご挨拶

謹んで初春のお慶びを申し上げます

2011年元旦

被害者の方はご存知なのですが、この被害には盆も正月もありません。新年明けて直ぐの時には声の送信によって「自殺者まで出ている史上最悪の人権侵害の被害者が、おめでとう、などと言っていいのか」などと執拗に語り掛けられたので遠慮してしまいました。しかし、だからと言って新年のご挨拶をしなくなってしまっては寂しいものだと、洗脳をされてしまっているのかと、思いなおした次第です。

被害日記

17:27
昨夜は上記の通り新年になって直ぐの時に声の送信によりは執拗に精神的な圧力をかけられ悩ませられるというか考えを躊躇させられてしまった。脳への攻撃も強かったが無視をして寝た。睡眠妨害は朝の7時頃までなかったのだが、そこから執拗に寝させない攻撃を受けた。気分的には起床しても良いと思っていたのだが自然に目が覚めたのではないので癪に障り、もう一度寝て10時頃に目が覚めた。その後は眠気と疲労感が酷く不快にされてしまった。

どう言ったいきさつでそのような考えになったのか覚えていないが、ひとまず書初めをしてから神社に初詣に行く事になった。それほど酷い被害ではなかったが記憶障害や平衡感覚の変調なども起きていた。また、階段を昇る時には疲労感と息切れを起されたが無視をしてそのまま昇って参拝をしておみくじを引いて帰宅した。勿論、この被害が早くなくなる事を祈った。

書初めをしました。
書初め
言い訳をしたいのですが止めて置きます。

2日1:21
仕事が休みなので夜は時間が取れ子供と接することが出来た。しかし、そんな時も脳への攻撃やお腹に空気を溜める攻撃をされ苛々させられた。脳への攻撃は脳の芯が痺れたような感じになり、思い出せなくなるというよりは数秒前の事を忘れてしまうような記憶障害を起させられた。聴覚への攻撃は鼓膜が詰まった感じになり周囲の音が良く聞こえなくなるのだが、自分の近くの音は聞こえても遠くの音が聞こえないと表現するしかない頭部インナー状態になっている。また、視覚に対する変調も視力の劣化と言った感じで視力が低下するだけでなく解像度が落ちるような脳をやられて認識力が落ちていると感じている。

最近の声の送信の傾向として、執拗に悩ませるような精神攻撃というのだろうか陰湿さが目立っている。例えば、子供と一緒にいると、嘘の実況解説を延々と続ける。それは、その場の状況を自分に取って徹底的に悪く解釈した考え方であり、誰が聞いてもそんな事を考える人はノイローゼとしか思えない現実離れしたものである。しかし、脳や身体を強く攻撃され思考能力や知覚能力を極度に低下させられていると強い苦痛となり苛々するので、結果として楽しもうとしていた事を中断したり、その場から立ち去ることになる。また、状況の範囲を外に広げてお前を見張っている奴が沢山いるぞと言った内容の展開も激しく執拗に行われ様々なストーリーを聞かされる。それらはすべて脳や身体への苦痛と共に行われている。

夜は、下腹に空気を溜められる攻撃(オナラ誘発)を執拗に行われた。3時間ほど経つと苦しくてズボンのベルトを緩めなければいられないほどになった。胃に空気を溜められる攻撃も行われた。しかし、どちらの攻撃も溜まった空気を体外に出させないように筋肉を締め付けられてしまう。

日記の更新を始めると首の後ろと腰の強い疲労感と痛みを起される。また、被害についての説明を始めると考えが纏まらなくなったり、自分の感じたことが間違っているのではないかと思えてきて不安になったりすることがある。それらも遠隔操作により行われているのだと思うが、自分の心の隙間を突かれたように感じてしまったりする。声による脅迫も酷い。

寝る。


追記
6:13
就寝直後から寝させない拷問を受けている。しかし、日記に追記をさせないように寝たり目が覚めたりをずっと繰り返している。就寝は2時頃だが、まだ2時間ていどしか寝ていない。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる