果てしなく続く破壊活動

10:16
頭痛と平衡感覚の変調と思考能力の低下を起されている。それから筋肉の痛みや内臓に空気を溜められる、喉を絞められる、手首を痛くされる、視力の低下、聴覚の変調なども行われ不快感が著しい。勿論、五感の遠隔操作であるので味や匂いの変調も行われている。

昨夜は2時間ごとに目覚めさせられていた。その度に声の送信では周囲にいる人物との関係が悪くなっているなどの脅しを聞かせられた。最後は朝の7時に「さあ朝だ起きよう」のような意思決定と共に目が覚めた。それを無視していると体のあちこちが痒くなりとても寝られなくなる。また、声の送信をする時や痒みを発生させる時に感情の遠隔操作信号を送りつけていることが確認できる。

声を聞かせる時には感情以外にも呼吸を狂わせたり、目眩をさせたりしている事があり、それにより著しい不快感を作り出している。それらは強度の拷問へと繋がっていて、強く攻撃をすれば自殺・発狂に追い込む事は容易であろう。一言で言えば「脳を攻撃する武器」ということになる。

目覚めた直後など静かな状態では、送りつけた思考を自分の考えだと思わせるための声の送信のやり方が良く判る。語り掛けに対する答えまでも加害者が送ってきたり、突然に思い浮かんだ思考から声の送信が始まったりするのだが、それを自分の考えではないと決め付けてみると加害者の嘘が判る。

本当にくどいのだが、そう言った思考の送信だけではなく意思決定や感情の遠隔操作が行われるので挿入されたものが嘘だと判っていてもどうする事も出来ない状態に追いやられてしまうことがある。それらは、遠隔操作によって起された不具合に対処しようとしても、思考能力の低下、強い身体攻撃、強い不快感などにより妨害をされてしまうからだ。

なぞの赤色波型アンダーライン

下の画像をご覧ください。日記の更新をしているとたまに語句に対して赤いアンダーラインを引かれてしまう事があり、非常に精神的な圧迫感を感じます。それをアップするなと声の送信で脅迫をされることもあります。マウスカーソルが勝手に移動する、漢字変換のトラブルもよくあります。

赤線

22:14
昼過ぎに買い物から帰ってくるまでは頭痛と不快感が酷く大変な迷惑を被っていた。帰宅後は少し遅いのだが年賀状を書いて出した。字を書くときも目眩を起されたり、筋肉の操作で手が上手く動かなかったり、視力を落とされたり、異常な疲労感を作られたりした。その後は楽器の練習をしたが、やはり脳への攻撃で強い記憶障害を起されてしまい数秒前に自分でやったフレーズが思い出せなくなったり、何も考えなくても出来るフレーズが出来なくなるなどの妨害をされた。久しぶりに練習中に怒りを発声させられて暴れ出したくなる衝動を起された。

今日は、脳の芯が痺れるような脳を締め付けられるような攻撃が復活している。頭部圧迫感と細かいパルス波による記憶障害の組み合わせだと思う。それと背骨を中心とした攻撃が強く、首の後ろの違和感、腰の疲労感と痛みが多い。左半身の筋肉のひきつりと痛みも起されている。

先ほどから脳内音声による歌のリピート送信が行われているが、強く脳内に食い込んで来て一緒に舌が動いてしまいそうになる悪質なタイプのものだ。パソコンに向かったら急に被害が酷くなり、お腹に空気を溜める攻撃と呼吸困難をやられている。酸欠のようになりあくびが出ている。平衡感覚の変調と思考能力の低下も起されていてかなり不快にされている。

加害者は殺意むき出しの攻撃を何年も途切れる事無く続けているにも関わらず、私がこのような日記を書くことに対して「大げさな日記で世間を騒がせよう、世間を汚そう」と執拗に私を黙らせようと脅迫をして来る。これはテロそのものであり、強度の拷問であり、見た目にはそれほど酷い被害を受けているように見えないかも知れないが、攻撃は巧妙に行われ、場合に寄っては一人でいる時を狙って強く攻撃したりしている。その数年間に失ったものは多く、その間に実力を発揮できなくされている損害も大きい。更に、20年以上遡って考えると損失の大きさははかり知れない。

攻撃は止めないで、脅迫を続ける手口に関しての説明はいらない。

24:44
新しい年になりました。
今年もよろしくお願い致します。

少しでも前進したいと思っています。

寝る。

目覚めた時から歌のリピート送信

9:06
昨夜も睡眠妨害はあまり無かったが、結果として睡眠時間を短くされている。例えば。目覚ましが鳴る一時間前に起されるなどだ。実際には2度、目が覚めているが、時計を確認したのは7時頃だ。従って睡眠時間は5時間程度。目覚めるとすでに脳内音声による歌のリピート送信をされていて、起床する前から目眩のような思考能力の低下する攻撃をされ、今は、息苦しい感じの呼吸困難とお腹に空気が溜まる攻撃をセットでやられている。

19:45
今日は被害者の方とお会いする為に都内に出掛けていた。被害は軽度であったが遠隔監視と声などによる内面への干渉は途切れずに行われ、脳への攻撃も弱いながら続いていた。被害が軽度であると言う理由は精神状態の遠隔操作による精神拷問がほぼ無かった事と、痛みや鼓膜が詰まったようになる不快感もほとんど無かった。しかし、声の送信では常に周囲に見張っている人間がいるぞと言った内容を聞かされ続けていた。

折角なので子供を連れて行き、被害者の方と会っている時には別の場所で待たせて置いて、その後、科学館に行ったのだが休館であった。良く考えれば30日であるので休みかどうかの確認をするべきだったのだが、前日に予定が決まったのでそこまで考えなかった。

帰宅途中に夕食をしたのだが、それまでは快適に食事が出来ていたのに「食べす過ぎだ」と声を聞かされ、急にお腹に空気を溜められてしまい苦しくされた。

帰宅後は、疲れたので横になって少し休んでいたが眠ったと思ったら顔を痒くされて目が覚め、声の送信による集中攻撃を受けた。目覚めに何かを聞かせるというのはマインドコントロールの基本なのだろうか。その後は、お腹に空気を溜められて呼吸が満足に出来なくなっていた。先ほどから急に鼓膜が詰まったようにされ、パルス波で意識障害を起されているような感じで著しく不快である。頭部圧迫感と首の後ろの違和感も強い。

記憶障害もそうだが、集中力を極度に低下させられてしまう攻撃に遭い日記の更新をするのが大変な状況となっている。文字の打ち間違えをしてしまう事があるので時間がある時はアップする前に読み直しているが、それが面倒で、まともに読むことが出来なくなってしまう。気が短くなり我慢が出来なくなるという遠隔操作をされているのだと思う。

早く政府に動いてもらいたいと思っている。

22:26
その後も頭部圧迫感と思考能力の低下、喉の締め付け、鼓膜が詰まったようになり周囲の音が聞こえなくなる攻撃が続いていて不快感が酷い。何も出来ないで、ただ呆然として声の送信により呟かされているだけで時間が経過している。

声の送信による思考のトレースは、ほとんどが自分の思考のように見せかけた加害者の声であり、考える事の自由を奪っている。こちらの考えや最近起きている周囲の状況に合わせて不自然でないように喋るので、いつも同じ人間でなければ出来ないと思う。

喉の締め付けは痰が絡んだようになり声がガラガラになる。鼓膜が詰まったような状態はそれだけで不快感が酷いが、キーンというノイズを耳に送信されたり、テレビの音声を小さくしか聞こえないようにしたり、ファンヒーターなどの音を煩く聞かせたりする被害と併せているので著しく迷惑である。今日は、右の手首を腱鞘炎のようにされ痛くて手をつくことが出来ない。体の筋肉の多くが硬くなってしまいロボットのような動きにされたりもする。

声の送信による悪たれは「お前は嫌われている」などと言ってみたり「被害者の人気者」などと言ってみたり延々と休む事無く喋っている。この被害を「語りかけ」と呼んだ人がいるが、全くその通りだと思う。無視をしていると聞き捨てならない言葉を聞かせたり、脳の遠隔操作で無理やり語りかけの世界に引きずり込んだりする。

24:25
被害は継続していて、攻撃と脅迫が続いている。例えば、少し被害が軽くなってきて声の送信で言う「それ以上広報をするのをやめろ」、「それ以上騒ぐと責任を取らされるぞ、政府は絶対にこの犯罪を認めないぞ」と、しかし被害は継続しているので被害日記を更新することになる。すると急に被害が強くなる。

攻撃をされなければ誰も苦情を言わないのが常識だ。

寝る。

エレクトロニック兵器に関する法律

ある被害者の方からメールが来て、アメリカには、エレクトロニック兵器に関する法律を持っている州があるそうです。その中からマサチューセッツ州とメイン州のものをリンクします。このエレクトロニック兵器というものには、日本で言うところのテクノロジー犯罪に使われている装置が含まれるのかどうか明確ではないように感じてしまうのは気のせいでしょうか。

マサチューセッツ州

概要
2004 チャプター170 エレクトロニック兵器の所有に関する行為

このアクトの延期された管理は、この目的を覆す傾向があるだろう。ただちに権限を与える確信して所有する、そしてエレクトロニック兵器の使用、よってこれはこの結果として緊急的な法と宣言する、社会の利便性への至急の保護である。

セクション131J. 一時的に無能化する、負傷させるまたは殺すよう設計された電気的電流、インパルス、波またはビームがを直接的に発する携帯ディバイスまたは兵器をいかなる人も所有しない 
除外
(1) 連邦、州または自治権をもつ都市の司法執行、州刑務所のオフィサー
(2) このようなディバイスまたは兵器の供給者が販売と供給において必要な場合。連邦、州、自治権をもつ地方都市の司法執行エージェンシーは除き、いかなる人へも販売してはならない。

このセクションの違反は罰金500ドル以上1000ドル以下の罰金、または6か月以上2年半以下の自宅監禁を課す。司法執行オフィサーは、このセクションを違反していると思われるいかなる人も確証なしに逮捕できる。

社会安全の事務官は、一定の議定書を構築し、このアクトを追求する州警察と自治権をもつデータ収集をする警察官に指揮する。

メイン州

概要
Sec. 1. 17-A MIRSA
エレクトロニック兵器の犯罪的な使用とみなされる行為

1. 意図的に、承知の上、または意に介せず関係なく、他人へのエレクトロニック兵器の使用
2. エレクトロニックウェポンは、持ち運びできるディバイスまたは兵器であり、それは人間に対して手足など動かなくさせるよう設計された電気的な電流、インパルス、波またはビームが直接的に発するもの。
3. エレクトロニック兵器の使用はDクラスの犯罪
4. このセクションはエレクトロニックの使用の適用は該当しない
司法執行オフィサー(警察官など)、懲罰に関するオフィサー、または懲罰に関する責任者と契約している民間業務の司法執行者など…

1004 エレクトロニック兵器の犯罪的使用
1. 意図的に、承知の上で、意に介せず関係なく、エレクトロニック兵器の使用は有罪(細別4を除く)
2. エレクトロニックウェポンは、持ち運びできるディバイスまたは兵器であり、それは人間に対して手足など動かなくさせるよう設計された電気的な電流、インパルス、波またはビームを直接的に発するもの。
3. エレクトロニック兵器の使用はDクラスの犯罪
4. このセクションはエレクトロニックの使用の適用は該当しない
A. 司法執行オフィサー(警察官など)、懲罰に関するオフィサー、または懲罰に関する責任者と契約している民間業務の司法執行者など…
B. 以下の目的で使用した人
(1) 第三者よりセクション108、細分2の自己防衛が承認された、または
(2) セクション104、細分3のその人の住居を防衛が承認された場合


被害日記
14:17
昨夜は夜中に起された記憶がある。朝にも一度起されていて、最後が7時半頃だったと思う。8時に目覚ましが鳴るまで寝ていた。途中、筋肉を痛くされて非常に寝心地を悪くされたり、目が覚めると歯を食い縛っていたりした。最後に目が覚めた時は後頭部に頭痛がしていた。起床時からは声の送信が途切れなく、脳への不快な攻撃もあるが、いまのところ攻撃は激しくない。しかし、声による脅迫が酷い。

24:46
その後は部屋の掃除をしたのだが、何故か声の送信は掃除機を回すと急に嫌味、脅迫、罵声、嘘などを早口で途切れる事無く喋り続ける。掃除機のモーターの音が煩いのだと言っている。大掃除としは半分程度だが薄暗くなってしまったので止めにして夕食とした。その後は、年末と言うことで知り合いの方と一緒にサウナに行っていた。

声の送信は途切れることがなく会話に干渉されていたがボリュームが小さくそれほど悪質ではなかった。お腹に空気を溜められオナラを出させられる攻撃が執拗に行われていた。左の肩が引きつってしまい、左側だけ肩が上がってしまう被害も続いていた。それらは圧迫感のような痛みのような不快感が伴う。脳への攻撃はそれを強く自覚するような被害はかなり少なかった。

しかし、サウナから出ると急に脳内音声による歌のリピート送信が始まり、結果として声に出さない呟きをさせられてしまった。帰宅後も歌のリピート送信が続いているが過激ではない。記憶障害や考える事が出来なくなる脳への攻撃のために文章が続かなくなっている。頭部圧迫感は歯を食い縛るような感じと共に行われている。

平衡感覚の変調と眠気、鼓膜が詰まったような感じで周囲の音が良く聞こえなくなる攻撃が始まったが、興奮や苛々は起きていない。

寝る。

イメージによる思考の挿入

テクノロジー犯罪では脳内音声という声の送信による思考の挿入・誘導が行われているが、頭の中に思い浮かべるイメージ映像を送信する方法でも思考の挿入・誘導が可能であり、実際に行われている。また、イメージ映像の盗み取りも行われているが、被害者の中には頭の中で何かを描こうとすると、それに沿ったものを描いて送信されてしまう被害を受けていると主張する人がいる。それはあたかも自分の意思で描いたようにしか感じないのだが、途中で勝手に動かされてしまったり、書き換えられてしまうので外部から送りつけられていることが判る。また、イメージ映像は脳内の何処かの空間に描かれる場合と視野の中の空間に描かれる場合とがある。これはもう正に脳を乗っ取られている世界で被害者はそのような送信から逃れる事が出来ないので拷問状態となる。実際に思考の挿入・誘導に使われる場合は一瞬だけ脳内にイメージ映像をちらつかせる方法が多い。たとえば暴れ出したくなる感情を起されている時などは、物を破壊している所のイメージ映像を見せられたりする。また、空想のように頭の中に映像を描く場合は長時間の送受信が行われ、普段より鮮明に強くイメージできる為に現実の世界を忘れてしまう場合もある。


被害日記

11:39
起床時から脳への攻撃が強く、記憶障害と思考能力の低下を起こされ、脳内音声による歌のリピート送信と声による干渉が激しく、やり場のない強い怒りに晒されている。ついでに呼吸困難も起され心拍数を上げられて興奮状態にもされている。来客があって話をしていると強く脳内に食い込んでくる悪質なタイプの脳内音声を使われてしまい、目の前にいる来客の話を阻害されてしまい何を話しているのかわからなくされてしまった。それはどんなに強く意識をして相手の話を聞こうとしても脳の遠隔操作のようなものをされてしまうので脳内音声の方に神経が行ってしまう。これは電気に触れば感電するのと同じ理屈であり送りつけられたらそうなってしまうのが当たり前である。

アメリカのミシガン州では電磁波攻撃に関する法律があるようです。
下記サイトの一番下に日本語と一緒に記載されています。

ミシガン州法 256 2003

日本でも法規制される事を望んでいます。

18:29
脳内音声による歌のリピート送信と声による干渉が全く途切れる事無く続いている。たった今、記憶の改竄をやられてブログのパスワードを自信を持って間違えて打たされてしまった。その事をあざ笑うかのように声の送信で「ざまあみろ」と罵声を浴びせ強い怒りの感情を送信される。脳への攻撃が強いので感覚が麻痺している。味や匂いは勿論、温度感や湿度感も変えられてしまう。先ほどまでは強く興奮をさせられることなく、逆に抑制が働いていたので日記の更新を躊躇していたが、遠慮なく攻撃をされたので、遠慮なく日記に記すことが出来る。これらは、すべて遠隔マインドコントロールだ。

ようやく仕事が終わり、本当なら一安心と言った所なのだが、電磁波攻撃のために想像力が極度に低下して全く開放感がなく何かの予定を立てるとか楽しいことを考える事が出来ない。午後は大掃除をしていたのだが、強い攻撃や妨害を感じなかった。しかし、夕方になり自動車に乗って出掛けると急に攻撃が強くなり頭がボケて周囲の様子などを感じ取れなくなり、視覚の変調が行われて右目と左目が逆転したような感じに見える。

会社に戻ると足の筋肉が引き攣っていて痛い。このような日記を書いていると声の送信では、社内でそれを読んで笑っている奴がいるぞと脅して日記を書き難くしてくる。広報や要望に関しても私は幅広く行うのだが、ある政党に広報をすると別の政党にはなぜ広報をしないのかと言われたり、政治的な思想に関係なく広報をすると政党に嫌われるぞと執拗に脅迫をして広報活動が出来ないように追い込まれる。加害組織の洗脳の手法は一定の政治・宗教に傾いた考え方を持たせないような優柔不断なやり方をしてくる。どちらかに考えが傾くとそれを逆手に取って脅迫をする。それは加害者が自分の正体を見せずに済む遠隔からの攻撃だからだ。

そう言った形の精神攻撃は日常のあらゆるすべての内面思考に介入して考えを惑わせてくる。しかも、脳の遠隔操作や感情の遠隔操作をしながら行われている。

22:44
脳内音声による歌のリピート送信拷問が延々続いている。声の送信は加害者側に何か気に入らない事があったのかと思うほど醜い嫌味と脅迫が酷い。食後はお腹に空気を溜められて苦しくされた。また、今日は気温が低いのかも知れないが、足が冷えて全く温まらない攻撃を受けている。任意の部位を熱くすることが出来るのだから、冷たくする事も出来ると思っている。

鼓膜が詰まったような不快感が酷く、キーンという音の他に、ノイズを送信されているようで周囲の音が良く聞こえない。しかし、テレビの音は聞こえ内容も理解できる。強い眠気と異常なまでの疲労感があり動けない。時間感覚の喪失と記憶障害も起きていてさっきまで何をしていたのか、何を考えていたのか思い出せない。正確に言うと思い出せるのだが、時間の流れと共に思い出せない。

とにかく不快であり拷問状態となっている。

23:28
拷問状態が続いている。電磁波で執拗に攻撃をしては声の送信で脅迫をするというパターンだ。

寝る。

テクノロジーによる雰囲気の送信

隠蔽されたテクノロジーによる五感送信被害は範囲が広く意識や雰囲気の遠隔操作まで可能となっている。例えば、人の後姿を見たときにその人の心が伝わってくるような周囲から感じ取るものまで偽造して送りつけてくる。また、声の送信被害がある場合は声に男女の区別があるのは勿論だが、何かの雰囲気を送信され、それが明らかに女性であると感じ取れるものがある。それには匂いやイメージ映像を使っているとは思えなく、どうやっているのか判らないが、そのような目には見えない形のない雰囲気までも作り出して送りつけられる。

また、匂いや味などの五感に対して直接的な送信ではなく、記憶のようなもので感じさせる事も行われている。例えば、匂いは鼻で感じるものだが、その匂いを鼻で感じたときの感覚を記憶として想起させられる時がある。そのようにテクノロジーを使ってあらゆる偽の雰囲気を作り出されてしまう。


被害日記
9:52
昨夜は1時半頃には寝ていたと思うが、朝の6時半に起されてしまい、再度寝ようとすると脳を締め付けるような感じと著しい不快感を伴う振動のようなものを受けさせられて寝られなくなってしまった。しかし、それに対処するために目覚ましを1時間遅らせた。9時に起床したわけだが加害者は「ざまあみろ、また朝起きられないから会社で笑い者にされるぞ、世間体を思い知れ」と盛んに憎まれ口を送信している。起床後は平衡感覚の変調と脳に膜が張ったような感じにされ思考能力が著しく低下して、動きも鈍くなっている。

15:44
先ほどまでは被害が軽く非常に楽だったが、急に脳内音声による歌のリピート送信が始まり、呼吸困難にされて、あちこちの筋肉が痛くなり、思考能力が極度に低下して、激しい不快感に襲われている。疲労感と怒りも発生させられている。

18:22
仕事が終わった所だが、首の後ろの硬直と腰の疲労感が酷い。それは簡単に言えば顎が上がってしまい老人のように腰が曲がっているような状態だ。それに強い不快感と痛みと疲労感を重ねて攻撃をされる。職場で人の多い所に行くとパルス波で意識障害を起こされているような感じにされ著しい嫌悪感に襲われる。今始まった事ではないが、本来の自分ではない状態にされているので、楽しくならないし、他人と対等な立場でのやり取りが出来なくされているので酷い迷惑を被っている。

ブラウザがインターネットエクスプローラーだと漢字変換をした瞬間にブラウザが閉じてしまう被害があったので別のブラウザにしたが、先ほど途中まで日記の更新をしていたら文字入力が出来なくなったのでテキストエディターで文字を書いて貼り付けることにした。そんなことをしてまで犯罪の隠蔽をするテロ組織である。

左半身の筋肉の痛みも起されている。

21:43
夕方から被害が強くなっているが、夕食と買い物に出掛けてきた。「お前、公安に見張られているぞ」という内容の声の送信が最近は異常に多くなっている。常に誰かに見張られていると思わせ意識過剰にさせたいのだろうか。

帰宅後は昨日録音した音楽を聞いているが、鼓膜が詰まったようになり周囲の音が良く聞こえなくなる。だから、かなり大きな音で聞いていたようだ。脳への攻撃もかなり強力に行われ、頭痛と筋肉痛を起され、意識障害のようにされ、呼吸困難とお腹に空気を溜める攻撃をされ、声の送信で執拗に音楽に合わせて声の送信をしながら演奏内容について貶し続けている。

それを我慢しながら聞いていると、何だか判らないが、何が苦しいのか判らないが、苦しくてたまらない耐え切れない感情になってきて、やり場のない怒りが発声する、そこに暴れ出したく衝動を起されるのでパニックのような状態になる。その間にも急にタバコが吸いたくなり、吸い出すと急にタバコが不味くなり、換気の為に窓を開けると「寒いから早くしめた方がいいぞ」と言い、窓を閉めると「煙はそんなに早く外に出ないぞ」と言う。するとまたタバコが吸いたくなったりする。

それらを説明すると大変な量になるので止めにするが、それこそ強度の拷問をうけながら3曲聞いて、それをいつものサイトにアップすることにした。とにかく音楽に対する妨害が激しい。

28日1:25
攻撃が激しかったので遅くなってしまった。呼吸困難とお腹に空気が溜まる攻撃、記憶障害と平衡感覚の変調、読解力が極度に低下して文字を読みたくなくなる攻撃、筋肉が各所引きつって痛くなる攻撃だ。現在は弱くなっているが続いている。この人権を無視した武器による一方的な攻撃に多くの被害者が苦しまされている現状が野放しだ。

寝る。

今日は何をされるだろうか

10:42
捕らわれの身となっている遠隔監視・遠隔攻撃の被害者は出掛ける時もどこで何をされるか判らないという恐怖が常に付き纏っている。昨夜はかなり強烈に心身への攻撃をされたので就寝が遅くなってしまった。朝は6時半に一度起されている。10時に起床したがすぐに脳の芯が痺れたような感じのする攻撃が行われている。これから被害者の会と音楽の演奏の為に出掛ける。

22:23
今日は何をされたと言う目立った攻撃はないが、例えば、いまは首の後ろが硬直をしていて頭部圧迫感があり、腰に強い違和感があり、肩が痛く、不快感が強く、脳の半分が眠っているような感じで、放心状態のようで思考能力が極度に低下しているが、そのような状態が一日中続いている。

音声送信も途切れる事はなく、相変わらず醜いやり方で声を聞かせている。時々強く攻撃をされて腹が立つ場面もあったが何とか我慢をしていた。

今日は音楽の方でクリスマスイベントがあったので、被害者の会は早い時間に失礼させて頂いたが、普段会えないような方にお会い出来た。

音楽の方では、鼓膜が詰まったような感じでインターナル状態を強く起こされていたのだが、自分がどのような状態になる被害を受けているのかすぐには判らなかった。ただ、抑制が強く働いていて楽しくならない、うつのような感じがしていた。

休憩の時に食堂に行ったら、目に映る景色も含めて現実味が薄く極端に言えば夢の中にいるような感じだった。その理由はインターナル状態が強いからだ。すべてが自分の頭の中だけで起こっているような映画を見ているような感じがした。ただ、その状態では思考がスッキリしないし体も痛いし、極めて不自然で不快なのだが我慢をするしかない。今も似たような感じで時間感覚がない。

音楽の演奏はその状態でやったのだが強い妨害を受けなかったのでまずまずの出来だと思う。

24:54
まだ鼓膜が詰まったような状態だ。脳への攻撃は少し弱くなっている。今日は平衡感覚の変調も多かったと思う。

寝る。

朝から視覚の遠隔操作をされる

9:58
昨夜は睡眠妨害はなく目覚ましがなる少し前に起されて、例によって会社のことや周囲の人間関係についての思考挿入をされた。

思考の挿入で問題となるのは、遠隔操作による意思決定が行われることだ。何かを挿入想起させられて、それに対して「そうしよう」と思う意思決定が寝起きの状態の脳内で勝手に行われている。場合に寄っては著しい不快感と共に周囲に実在する人物に対する悪い感情を植えつけられてしまい、それに対抗するという意思決定が為され、そのままの思考が延々と続き、その通りの言動を取らされてしまう事がある。

それは決して現実離れした妄想ではなく誰でも抱く人間関係に置いての感情を増幅拡張したもので、人間関係に置けるストレスは誰にでもある訳で、それらは得てして深く考えないでそのまま忘れているものだ。しかし、それを執拗に怒りを増幅する形で思考挿入をされ、対抗するための意思決定が遠隔操作により行われると実行へと移ってしまう訳で、争いごとを起させるための遠隔操作ということになる。

今日は年末で忙しいので仕事をしているが、起床時より脳内音声による歌のリピート送信が行われ、記憶障害と思考能力の低下を起されている。コーヒーを飲んだ時に甘さを全く感じなくされている事に気が付いたが、その瞬間に強い怒りの感情を送りつけられた。同時に「そのコーヒーの味を羨め」と声の送信をされる。そのようにして遠隔攻撃を受けさせては怒りの感情を送りつけるという事を延々と続けられている。

そんな最悪の気持ちのまま毎日仕事をしているのだが、物を目で見ようとすると急に焦点が合わなくなり視力の低下を起しているような状態にされしまう。左右の視力が逆転してしまっていることは片目ずつ見れば判るのだが、右目に違和感が発生していて非常に気持ちが悪い。神経攻撃というやつで、体の任意の部分に意識が行ってしまうような感じだ。視覚に対する遠隔攻撃は種類が沢山あるのだが説明が大変なので省く。鼓膜が詰まったようにもされていて、声の送信では休む事無く脅迫を飛ばしているが全て無視している。

15:30
取りあえず仕事が終わった。その後は異常な疲労感を発生させられたりした。脳内音声の送信は途切れないし、脳への攻撃、体の痛みも続いている。精神への攻撃としては抑制が働いていて、何か行動を起そうとすると躊躇してしまう感じで消極的にされてしまう。

22:02
その後も音楽を聞きだすと急に脳への攻撃が激しくなったり、楽器の練習の時に高音が強く聞こえると言えば逆に低い音が強く聞こえたりなどの妨害をされた。左半身の筋肉の引きつりと痛みが続いている。声による脅迫はそれこそ酷いものである。

●勇気ある街頭活動のユーチューブ動画

テクノロジー犯罪・集団ストーカー被害者による街宣活動


●マインドコントロールに関するユーチューブ動画

HISTORY CHANNEL COVERS SOME OF THE TI'S CLAIMS2

ヒストリーチャンネルでアメリカ政府のトップシークレットだった「マインドコントロール兵器」に関する文書が公開されユーチューブにアップされています。1分50秒から「マイクロウェーブ波は人体に吸収されると熱エネルギーに変わり組織をわずかに膨張させ、冷えると収縮させる。これが脳に中てられると聴覚細胞がその刺激を言葉として解読する。」そしてこの声などをマインドコントロールに使っているということを記した公文書が公開されています。

24:17
激しく脳を攻撃されている。そのきっかけは自分で演奏した音楽を聞いたからだ。加害者は執拗に音楽に対する妨害をする。強い頭部圧迫感のような鼓膜に対する振動のようなものと同時に時間感覚がなくなり、意識障害のようにされ、全く考えることが出来なくなり、目玉が勝手に動いたりして、判断力が全くなくなってしまう。そこに脳内音声で音楽のメロディーに合わせて嫌味を替え歌のように被せてくるので音楽は全く聞こえないに等しい。

激しい嫌悪感と暴れ出したくなる衝動を延々と送りつけられる。まるで自殺誘導のように頭を目の前にある画面に叩きつけたくなる衝動が起きる。言葉ではとても説明の出来ない強烈な攻撃だ。首の後ろの筋肉が硬直して、腰の筋肉が緩む。その執拗な攻撃に耐え切れなくなって暴れても、全く意味を持たない。何度政府に要望を出しても無視をされている。この被害の説明を記しても無意味であり、攻撃は延々と続けられる。やり場のない怒りと体の痛み、呼吸困難とお腹に空気が溜まる苦しみ、感情操作による耐えがたい拷問だ。

本当に人類最悪の犯罪でありテロそのものだと思う。

そして加害者は事実の報告に対して声の送信で「お前の日記は危険だ公安がお前をテロリストとして登録しているぞ、アメリカに行ってみろ、お前なんか入国出来ないぞ」、「それを読んだ人はキチガイだと言って笑っているぞ、いまもここで腹を抱えて笑っている奴がいるぞ」などと挑発をする。

26日2:14
その後も激しく攻撃をされながら音楽をきいた。CDに焼くという作業があったので聞かない訳には行かなかった。しかも、聞く目的はどのように聞こえるかの判断をする為に正確に聞きたかった。それを絶対にさせないように激しく攻撃をしてきた。

それはたまたま対象が音楽であっただけで、日常生活すべてに置いて自然なものを感じ取らせず、自由な発想をさせない行為が途切れる事無く続いている。

五感の変調の他に、正常な思考をさせない為に声の送信を途切れる事無く続けているわけで、確実に洗脳を行っている。重大な犯罪だ。

寝る。

起床時からマインドコントロールを受ける

8:46
昨夜は睡眠妨害はなく目覚ましがなる少し前に起されただけだ。しかし、目が覚めると声の送信で職場での人間関係や自分の立場について、まるで自分の考えのように思考の挿入を受ける。起床するとすぐに脳への攻撃を受けていることが実感できるような目眩と記憶障害を起し出す。そして、「さあ、どうする。どれが本当の自分の思考だと思うか」と声を聞かせて苛々して暴れ出したくなる衝動を起され、コーヒーを入れていると脳内音声による歌のリピート送信が始まり、呼吸困難にされ、振動のような意識障害を起される。

拷問そのものである。ところで電子政府の総合窓口イーガブでは私の送信を拒否するような設定が行われたのかも知れない。それを国民の苦しみを拒否する政府の姿勢と受け止めるべきなのだろうか。

14:48
仕事をしているが、朝は自分の言いたいことが言えないような状態にされていた。社内と音楽をする場ではいつも脳への攻撃が強くそんな状態である。従って自分の能力を発揮することは出来ないし、実力を出せなければおのずと自信のない口調になってしまうし、脳を攻撃されていることにより正常かつ対等に相手と話が出来ない状態が何年も続いている。

先ほど、歌のリピート送信や異常に興奮させられる攻撃が弱くなり、視覚に対する強い変調も弱くなったので、気持ちが凄く落ち着いて自然な感じにものが見え、自分がいかに酷い攻撃を受けて人間しとての自由を奪われていたかを強く実感できた。そういう意味では自分の能力の一割程度しか発揮出来ていないように思えた。そのくらい激しく途切れる事無く攻撃をされているわけである。

しかし、静かになったので新聞を読もうとすると急に攻撃が強くなり視覚の強い変調と軽い目眩と吐き気が起こり、最後は思考停止のようにされ文字を眺めているだけで読み進むことが出来なくなった。その状態を我慢しているとヒステリーを起こしそうになり、耐え切れないという強い感情がわき上がってきた。

23:18
仕事では来客があり話をしたのだが、2人目の時に強い視覚操作をされ自分の目が変になっているように感じさせられてしまい、変な目をしていると思われると困るので、相手と目を合わせるのが嫌になったが加害者が憎まれ口を聞かせて来たので遠慮なく来客と目を合わせるようにした。

仕事が終わってからは楽器の練習をしに行ったのだが執拗に妨害をされて二度ほど練習を中断してしまった。目だった被害は腕の筋肉を部分的に硬直させて自由に動かなくしたり、リズムに合わせて勝手に曲のメロディーを延々と繰り返して声で送信されたりしたことだが、結局は苛々して暴れ出したくなる衝動を起されたのが原因で練習を中断させられている。また、毎回のことだが筋肉に痛みを起されるので、その痛みに耐えながらの練習となっている。今もやられているが唇を吸い込むようにして噛まされる被害も受けている。

さきほどユーチューブを見ていたら急に笑い出してしまう遠隔操作をされてしまい無理やり笑わせられてしまった。食べ物が口の中に入っていたので苦労をした。脳内音声による歌のリピート送信は遠慮なく続けられている。

最近思うのだが、人工夢を見させられているはずなのだが起きると忘れてしまう。しかし、昼間に何かのタイミングで薄っすらと脳裏に夢で見た映像をちらつかせて来ることがある。すると確か夢で見た気がするなと思い出すのだが、夢の内容は思い出せないし、そもそもどのような夢を見せられたのかも判らない訳で、思い出せるのは断片的な部分だけである。最初から断片的な人工夢を見せられているとも考えられられるし、記憶を消しているとも考えられる。目が覚めると忘れてしまう夢というのも被害を受ける前には経験があるが、それ自体が人工夢だったのかと思ったりもする。

これは潜在意識の中に何かを刷り込むことに使われるかも知れないし、自然と作為の区別が付かなくなる領域へと展開されて行く。病気と遠隔操作の区別が付かなくなる訳で、過去に置いて病気だと思っていたものが人工的なものだとすれば大変な事になるし、それをわざわざ被害者に対してこう言ったテクノロジーがあるのだと知らせながら拷問被害を受けさせている訳で、加害者は大胆不敵であり社会への挑戦状を叩きつけているようなものだと思う。その解決には、各個人が携帯しながら使える遠隔操作探知機の開発だと思う。

とにかく被害者は苦しめられている。

25日1:19
人工夢の続きだが、夢を見させていないのに昼間に夢でみたような感覚と共にイメージ映像を薄っすらと送りつけることも考えられると思った。

寝る。

遠隔操作犯罪が自然に起きたように見える理由

電磁波攻撃と言われる人間を遠隔操作する犯罪では、人の声を脳内に聞かせる技術やイメージ映像を頭の中に想起させる技術が使われている。さらに、きめ細かい感情の遠隔操作は五感が付加された形で行われている。通常はそれらを組み合わせて耐え難い苦痛と屈辱を受けさせられ、加害者と被害者の二者間でのみすべてが成立している。しかし、被害はそれだけでは留まらずに第三者を巻き込む形で進行する。

思考の挿入による遠隔洗脳では考えたいと思わない事を思考の挿入により長時間無理やり考えさせられてしまう。それらは周囲の対人関係を利用し、事実とは違った自分に取って都合の悪い物の見方による考えを執拗に想起させ続ける。しかも、一旦方針が決まると長期に渡って繰り返し行われる。それらには感情の遠隔操作が必ず使われるので、何かの言動を起させる原因となり、結果、自分の意思にない行動を起こさせる事に繋がる。

従って、この電磁波による遠隔洗脳では、単なる口喧嘩から殺人などの重大な犯罪を起こさせる事も可能となる。それは、ない事実をあるように思わせる為に様々なテクノロジーを使い被害者を騙している。また、被害者に取って弱点となる部分を無理やり作り出す事も行われている。常にそれは被害を受けていなければ何も問題はない筈の部分を利用して攻めてくるので屈辱によるストレスは大きい。

テクノロジーにより人を騙してトラブルを起させる事に関しては被害を受けている事を実感していても、していなくても関係なく行う事ができる手法が確立されている。しかし、間違った考え方を植えつけたり、衝動を起させる感情の操作を行ったからと言って人間を確実に遠隔操作してしまうことは簡単ではなく、それらを確実に起こさせる為の強い力となるものが環境であり状況となっている。

例えば、口喧嘩であれば、偶然にそれを誘発するような状況になってしまった場合に遠隔操作による影響と相乗して現実に起きてしまう。だから自然に起きたように見える。そのような被害を発生させられるのは、長期に渡る遠隔監視と飽くなき洗脳工作が行われているからだ。蛇足だが、そう言った環境や状況までも作り出すことが行われているかも知れない。

23:10
今日は休日であり、かつ外出の用事がなかったので子供と食事をしたりした。まず、昼食を食べに行ったのだが、声による干渉が途切れないのはいつものことで、「他人の事を見るな、贅沢だ、何か楽しい事を喋れ」などと言ってきたりするのだが、脳の遠隔操作で何も思い浮かばなくなり喋れなくなってしまい、何かを話そうと考えると、それに対して私が声に出して喋る前に声の送信でその内容を続きも含めて脳内に聞かされてしまうので不愉快になる。

それでも話をしようとするのだが、何か抑制が働いているようで声に出して話をすることを躊躇してしまう。すると声の送信で「ざまあみろ、みんな楽しそうに話をしているのにお前らだけ誰も口を利かないで黙っている」なんて嫌味を聞かされる。しかし私は全く気にしないので少しの時間誰も口を利かなくても平気だ。すると「ふてえ輩だ」なんて加害者は言って来る。そんな状態の時に無理に喋ると声が大きくなってしまうような感じもする。また、喉を締め付けられて声がガラガラになり、喋り難くされる時もある。

夜も夕食に子供を連れて行き、その後はサウナに行った。とにかく歌のリピート送信が執拗に行われ感情を高ぶらせ、苛々させられるので、開放感が全くなくリラックスはしないし楽しくもならない。食事の時には目眩をさせられたり、味を変えられたりした。

サウナに行く時にはお腹に空気を溜められて苦しくされ「その腹でみんなに笑われろ」と声で憎まれ口を聞かされた。サウナに入った時には、やり場のない怒りを発生させられてしまい他の客に対して、何故か腹が立つ、などの現象が起きたりした。怒りの感情はそれほど長く続かなかったが、全くリラックスできないで楽しくならなかった。

帰りには子供の様子が急に変わってしまい、何か変な客に話しかけられたから気分が悪くなったとか言い、そわそわと落ち着きがなくなっていたので、少し強い口調で「うるさいから黙れ」と言ってしまった。加害者は「親子喧嘩で恥をかけ」と罵ったが、それも気にしない。こちらも歌のリピート送信と脳への攻撃で精一杯の状況である。

その後、駐車場でファンベルトがきしんでキューキューと音を立てている車が走り去ると子供が「なんかあの車が変な音を立てていた、気持ち悪いよ」と言ったので精神状態の遠隔操作を受けているのだと思った。まだ小学生であるので詳しい話はしないで毒気に当てられたのだろうと言って置いた。もう1人の子供は小さい頃から珍しい病気に何度もかかっていて頭痛持ちである。

その件に関して加害者は以前から「子供のことを心配しろ」、「子供に被害を受け継がしてやる」、「親子で笑い者にしてやる」などと脅迫をしている。被害者自身に強烈な攻撃をして無口な被害者にしようとするのは毎日のことであるが、小さい子供にも遠慮なく攻撃をするテロリストであり人の命なんかゴミ屑のように思っているようだ。そこにも証拠がなければ病気であると言う最悪の発想が適用されるのだろう。

こんな犯罪が野放しでは困るのは言うまでもなく、私達被害者は戦争犠牲者のように不可抗力的にやられてしまっていて、政府による保護もなければ身を守る事すら出来ない状態であるのでどうする事も出来ない。しかも、私自身確認出来ているだけでも20年以上前から被害を受けている。

お腹に空気を溜められていて苦しい。
筋肉の疲労感と痛みがある。

24:01
上記アップした瞬間に加害者が声の送信で「きみは偉い、子供を被害者として予約したようなものだぞ」と言った。このような脅迫は今始まった訳ではない。他にも子供が被害を受けている例はある。

24日1:10
新しい要望書を作ったのだが、加害者は目に映ったものを盗み取れるので内容を全部知っている。そして「その要望書を出したら子供が発狂するぞ」と脅迫をされた。

寝る。

遠隔監視の被害に遭っていると

思考盗聴の被害に遭っていると被害者は、すべての考えを覗き見している加害者の前で行わなくてはならなくなる。従って、考える事が嫌になったりすることがあり、その場合は、本当の自分の心を閉ざしてしまったり、本当の自分の心で考えることが出来なくなったりする。それは、ある意味では自殺に導く精神破壊と思われる。多くの場合、思考の誘導が行われるので余計に自然にものを考えることが出来なくなる。

例えば、どうだろうか。ガラス張りの部屋の中で生活をさせられて、それを覗いている人がいたら自然に生活が出来るだろうか。この被害の場合はガラス張りではない部屋の中が加害者達によって覗き見され、思考も覗き見され、それに対して常に声の送信やイメージ映像の送信を使い思考に干渉される訳なのだが似たようなものだと思う。

そう言ったテクノロジーによる精神破壊や遠隔拷問などについての被害の実態や罪の重さについて専門的に調べなくてはならない時代に来ている。勿論、目に見えない武器により一般人が無差別に攻撃をされている現実について、それで何が出来るのかの調査は当たり前だ。


被害日記

7:49
昨夜は寝させない拷問を受け、朝は目覚ましがなる1時間前に起こされているので3時間程度しか寝ていない。これは被害者の口封じをする拷問とも広報活動をさせない拷問とも受け止められる。目が覚めると頭痛が酷く、気が付くと歯を食い縛っていたりする。その歯を食い縛った時に使う筋肉を中心に頭痛を起させれば自然現象だと思う人は少ないと思うが、電磁波攻撃はそのように行われる。例えば、湿疹のところが痒くなったり、食事の後にお腹に空気が溜まるなどだ。

起床するとすぐに脳への攻撃が強くなり、目眩と記憶消去が行われる。記憶の消去は日常的に記憶障害にされているが、ある一定の短い間隔で自動的に記憶を消す信号を送られていたり、加害者が何かのタイミングを狙って消去したりしている。日記を書き始めると記憶の消去が始まるので文字を入力していると次に書こうと思っていた内容を全部忘れさせられてしまう。

頭部圧迫感と筋肉の痛みも起されていて、脳内音声では執拗に歌のリピート送信を行っている。口を開いていると声の送信により無理やり呟かされてしまい、口を閉じていると呼吸に合わせて「うーん、こー」と執拗に繰り返す。また、暇さえあれば人間関係を破壊するべく他人に対する悪い印象をイメージ映像と声の送信により繰り返し思考挿入をしてくる。加害者に置いてはよほど暇なのかと思ってしまう。破壊活動専門の工作員にしては随分と程度が低いと常々思っているのだが。

コーヒーを飲むとお腹に空気を溜める攻撃をされて寝起きから集中的に攻撃をされて苦しまされている。加害者は「苦しいならば政党に要望を入れろ」と挑発をしているので遠慮なく入れたいと思っている。現段階ではどこに通報しても何の解決にもならないので加害者はやりたい放題暴れている。しかし、重大な犯罪であるので通報するのは当たり前だと思う。

23日1:24
1日ずれてしまったが、今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの街頭活動が警察庁前で行われたので、朝から出掛けていた。それが終わってからは遠方から来ていた被害者の方と今後の話をしたり、計測器などを取り扱っている会社に行ったりしていたので帰宅が夜になってしまった。その後は「フリンジ」というアメリカのテレビドラマ続編のDVDを見ていたのでこの時間になってしまった。

被害としては、行き帰りも含めて途切れる事無く続けられていて、特に音声送信と頭痛が目立った。細かいことを書くときりがないが、帰りには被害が軽度であったのだが、抑制が働いているかのような気はしていたが日記の更新をする気にならなかった。勿論、苛々と腹が立つ感情操作も時々あった。

寝る。

電磁波犯罪には広報が必要

8:48
昨夜は2時頃に就寝したが目だった睡眠妨害はなかった。しかし、朝目覚ましが鳴る30分前に目が覚め、声の送信やイメージ映像の送信で思考の挿入をされた。起床するとすぐに脳への攻撃が始まり、脳の中がぼやけて麻痺したようになり平衡感覚も悪くされる。そして、瞬時に記憶を消去され歯を磨いている時に、少しの間、次に自分が何をするのか判らなくされた。声による貶しと脅迫は途切れる事無く続けられ、やり場のない強い怒りを発生させられている。このように寝起きから遠慮なく重大な犯罪を行ってくるテロ組織に対しては政府への要望などを多くの被害者から送る必要があると感じた。

昨夜は各省庁に要望を入れました。
今朝は各政党に要望を入れました。

18:39
いま、たちの悪い呟かずにはいられなくなる種類の脳内音声で歌のリピート送信をされている。記憶を消してしまうという最悪の手法による拷問が行われている。

今日は仕事が忙しいので結構な被害を受けながら現場で仕事をしていた。視力の低下、筋肉の痛み、思考能力の低下などを受けていた。そこで嫌がっても、腹を立てても被害が軽くなることはないのでひたすら我慢をした。この最悪の手口を使った犯罪に関しては次なる広報も考えている。

22:18
年末になり急に仕事が忙しくなったので、この時間まで仕事をしていた。しかし、歌のリピート送信と声による憎まれ口、頭痛と記憶障害などの強い脳への攻撃、筋肉の痛みなどを受けさせられながら我慢をしていた。だから加害者は退屈しのぎにやりたい放題だった。当然、被害を受けていない人と一緒に仕事をするので苦労は大きい。

そう言った職場での苦労も人間関係を中心に脅迫の材料にされている。そもそも、被害を受けていなければ何も問題はなく実力を発揮できる。しかし、被害を受けているという事実を弱みとして加害者は声で脅迫をしてくる。音楽と同様にそのあたりも諦めざるを得ない。

脅迫のネタとしては社員がこの日記を読んでは会社で笑い者にしているぞと言った内容だ。そう言った声による語りかけと共に感情の遠隔操作をされている。被害者であれば皆そのような苦労はしているだろう。こうやっている間も加害者は声の送信で憎まれ口を聞かせ続けている。正直、よくそこまで下世話な破壊活動に精をだせると関心してしまう。

24:52
雨が強いようだ。電磁波攻撃は延々と続けられている。下唇を右側だけ吸い込むようにして噛んでしまう遠隔操作をされている。そう言えば、仕事中にも延々と噛まされていた。先ほどから、お腹に空気を溜める攻撃をやられていて、お腹がパンパンに膨らんでいる。この攻撃もやや日常化しているが、胃に空気を溜められてゲップを出せなくされる攻撃も拷問である。その時には必ず苛々する感情の遠隔操作が行われる。

何か切迫感というのだろうか、何をするにも急いでしまうような、しかしながら細かい所の確認が取れていないように感じてしまう感情の遠隔操作を受けている。

加害者はしきりに「広報のしすぎで公安に殺されるぞ」と脅迫をする。

寝る。


追記
22日3:12
寝させない拷問を受けている。鼓膜が詰まったようにされ、キーンと言うノイズの他に低い音も聞かされている。頭痛を起こされ、心臓を苦しくされ、呼吸困難にされ、お腹に空気を溜められているためか内臓が気持ち悪い。歌のリピート送信もされている。

6:55
やっと眠れたと思うと目を覚めさせられた。8時起床なので、もうこれから寝る時間がない。そのような陰湿なやり方は有名だ。人工頭痛を起こされている。三時間位しか寝ていない。

朝から遠隔拷問を受ける

9:36
昨夜は2時頃に就寝して、起きたのが8時少し前だ。しかし、その間に一度、目を覚めさせられている記憶がある。起床時からすぐに音声送信と目眩など脳への攻撃が行われているが、無視をして出社し、仕事をしている。しかし、脳内音声による歌のリピート送信と共に呼吸困難を起され、脳へも記憶障害のほかに考える事が出来なくなるようなメチャクチャな何かを送られているようだ。自分の意思とは関係なく脳内で意味のない邪魔な信号が動いているように感じる。


呼吸困難は息が出来ないというよりは過呼吸のように息を吐き切らない内に次の息を吸い込まされてしまう種類のもので興奮させたり、慌てさせる時によく使われる攻撃だ。また、書類を見ようとすると急に視力が落ちてしまい文字が読めなくなる。視力の低下も自然現象や病気を装った破壊活動の手口だ。頭痛もさせられている。

また、このような激しいパニックになるような攻撃をしながら加害者は私に「何処でも好きな所に広報をさせてやる」と挑発をしている。

日記をアップしようとすると思考停止のように毎日行っているパソコンの操作が出来なくなってしまう。それは一連の操作の中から手順の一つを忘れて飛ばしてしまったり、次に何をするのか判らなくなり呆然としてしまう。このような攻撃もよく行われる。

このような遠隔拷問について政府はどう考えているのだろうか。

15:22
今日は攻撃が強い。記憶障害が激しく仕事に多大な影響が出ている。しかし、暴れ出したくなるようなパニックは朝のうちだけだった。その他の被害も継続しているので不快でならない。


まだアメリカの方で署名があるようです。

ACLUへの署名の近況

上記サイトは非常に判り易く日本語で説明されていますのでご協力をお願いします。

18:16
その後は激しい妨害はないものの、歌のリピート送信や声による干渉、記憶障害、異常な疲労感、筋肉の痛み、鼓膜が詰まったような感じ、頭部圧迫感、呼吸困難、視覚の違和感、などが軽度に延々と続いている。やはり、全身や脳に振動のようなバイブレーションを感じているようで、それと同じような低い音を脳内音声として送信されているように感じてならない。仕事が終わったが、開放感とかそのような気持ちが発生しないで緊張感のようなものが続いている。

22:55
仕事が終わった後は夕食を兼ねて買い物に出掛けた。食事の時にはお腹に空気を溜められてしまい苦しくて不快で腹が立った。スーパーに車で向かっている時には、眠っているのか、起きているのか、昼間なのか、夜なのか、わからなくなるような、時間感覚の喪失のような被害を受けさせられた。夜であることに関しては、太陽が沈んで暗くなっていれば判るのは当たり前だが、それとは違う次元で妙な印象を受けた。

買い物の時には視野が急に狭くなり、まるで片方の目でものを見ているように感じた。そう言った視覚に対する脳の遠隔操作技術も、視野の盗み取りを含めて信じられないほどに進んでいると思う。スーパーの中を歩いていると異常な疲労感と筋肉や関節の痛みを起されて大変な苦労をさせられた。

帰宅後はテレビを見ていたが、少しの間、攻撃が弱くなり視野の解像度が高くなり見え方の不自然さがなくなった。それだけでも清々しい気分になれたが、テレビを消すと急に脳への攻撃(思考異常と目眩と吐き気)が始まり、苛々して来て「徹底的に戦いたい」という気持ちが湧き上がってきた。これが、危険なマインドコントロールであり、対象なき暴れたい衝動である。すでに肉体と精神への拷問状態となっている。

この電磁波テロ、政府は無視をしないで欲しい。

21日1:29
どう考えても途切れる事のない攻撃、拷問状態だ。

最近、励ましのコメントなど頂いております。

どうもありがとうございます。

寝る。

なぜ脳内音声は途切れることが無いのか

電磁波犯罪の被害の中には、脳内音声の送信というのがあり、それを受けているほとんどの被害者は24時間365日途切れる事無く送信されると言っている。なぜ途切れる事無く送信してくるのか不思議でならない。装置の向こう側に人間がいることは間違いなく、多くの被害者は何人かで交代しながら加害しているのだろうと証言している。途切れる事無く、被害者の考えや、言動に沿った内容で喋り続けるのは非常に手間が掛かるので不思議でならない。

その内容のほとんどが屈辱的、否定的な言葉の連続なので最初は、精神病に仕立て上げる、苦しめる、などの理由かと思ったりしたが、最近は、被害者に自分の意思で自由にものを考えさせないようにする為に行っているのだと思うようになった。いわゆる洗脳とかマインドコントロールの世界である。

声による語り掛けの内容は実際に行った事柄に対する貶しよりも、実在する人物を対象としているが事実かどうかの確認が困難な架空の話を作り聞かせ続けて意識を別の世界へ向けさせようとすることが盛んに行われている。また、話を聞かせながら、話の内容に沿った形の微妙な感情の遠隔操作も巧妙に行われている。


被害日記

11:27
昨夜は就寝が3時を過ぎてしまったが目立った睡眠妨害がなく、朝の7時過ぎに目を覚めさせられただけだ。目覚ましを11時にセットしてもう一度寝たら10時に起された。睡眠時間は4時間と2時間となる。目が覚めると疲労感が酷くなかなか起きられなかった。起床すると頭部に独特の違和感が発生して平衡感覚が変になり、記憶障害が強くなり、考えることが出来なくされた。その状態で予め用意されていた語り掛けを何種類か送信をされた。それには、加害者の語り掛けと、それに対する私の答えまで用意されていて、あたかも自分の発想のように聞かせてくる。そして、最後は「ざまあみろ」、「悔しがれ」などと聞かせて卑屈な気持ちにさせようとする。その時に、「悔しい」と思う気持ちや「がっかりした」ような気持ちを送りつけてきた。

現在、脳への攻撃と鼓膜が詰まったような感じにされ周囲の音がよく聞こえない。午後には楽器の演奏をしに行くが、どんな酷い目に遭わされるか不安で仕方ない。演奏妨害だけでなく、その場に居るのが苦痛になるほどの拷問を受けるからだ。しかし、そんことをされながらも数年間続けている。

14:44
車に運転して家を出ると直ぐに強い脳への攻撃と暴れ出したくなる衝動を起こされ大変な思いをした。これは脳に遠隔から電気刺激を加える強度の拷問である。目の焦点が合わないくらい眠くされているのでこれ以上書けない。

23:29
先ほど帰宅した。日記の更新をしようとすると上記、携帯電話からアップした激しい脳への攻撃のことを思い出した。もう忘れてしまったが、車を運転している時に視覚への変調(左右の視力が逆転したような感じ)、筋肉の痛み、頭部圧迫感、記憶障害、時間感覚の喪失、鼓膜が詰まった感じ、などを起され、それ自体は良くある攻撃なのだが、心拍数の上昇と共に強い怒りを発生させられて、そこに暴れ出したくなる衝動を起されたわけである。

精神拷問というべき状態で、まず列挙した攻撃だけでも通常は嫌でたまらなくなる。当然、脳への攻撃が強いので思考能力が極度に低下している。そこに強く嫌だと感じる感情を送りつけ、耐え難い苦痛を増強させ、キレる時の衝動のようなものを心拍数より早いくらいの間隔で断続的に送りつけられる。すると我慢が出来ないと言った短絡的な錯乱のようなパニック状態になってしまう。運転中に対向車にぶつけてしまうイメージ映像を送りつけられたりもした。声の送信も罵声の連続でそれにも腹が立つ。20分くらいの攻撃だったが余りにも激しかったので日記の更新を始めると急に眠くされてしまい途中で止めにした。

攻撃の真っ最中に思ったのが、やり場のない強い怒り、目的のない暴れ出したくなる衝動、これが精神拷問の世界だと思った。本来その怒りや暴れる矛先は電磁波を送信している加害者に向けられるべきものなのだが、見えない敵であるので、どんなに強い衝動を起されても対象物がない訳で、もしキレたとすれば独りで勝手に物を破壊するとか、自分を破壊する世界に突入してしまう。もし、その対象物を思考の挿入などで被害者の中に強く作り上げられてしまったらどうなるのか、恐ろしい攻撃だと思った。

そして、そのことは忘れてしまい途切れる事のない音声送信や軽度の被害と共にスタジオへと向かい音楽をした。今日は強い演奏妨害がなかったので先週より遥かに快適に演奏が出来た。時間になりスタジオを出るまでの間は人と楽しく話しも出来たので非常に楽だった。

スタジオを出ると急に左半身の筋肉や関節が痛くなり、疲労感も強くなり、肉体的に非常に辛い状態にされた。車両に乗ってから寝ようとすると顔や体をひっきりなしに痒くされて寝ることが出来なかった。

今日記の更新を始めると鼓膜が詰まったようになり背中などの筋肉が疲労しているように痛くなった。

こんな感じである。

20日1:10
早くこんな犯罪がなくなるように願っている。

寝る。

アメリカでの署名活動

アメリカの被害者の方が署名を集めているそうです。

署名のお誘いです

日本では認知活動が送れていますので、こう言ったものに協力するのも良いのではないでしょうか。


12:41
昨夜は睡眠妨害は一度、寝てから4時間後の7時過ぎに一度起された。その後、もう一度寝て目覚めたのが11時くらいだ。しかし、起床すると声の送信と脳への攻撃、身体の痛み疲労感などがあり不快・不調にされている。

14:21
平衡感覚の変調と記憶障害を起されている。昨日から胃に空気を溜める攻撃が復活しているために昼食後には、お腹が空気でパンパンにされている。また、強制的に歯を食いしばってしまう遠隔操作が行われていて、歯を噛みしめないのに、そうしているのと同じようにこめかみの筋肉が硬直している。その為に頭痛が起きているように見せかけているのかとも思う。

23:08
夕方から楽器の練習に行った。脳への攻撃は弱くても途切れることはなく、脳を拉致されているかのようであり開放感は全くなく、記憶力、想像力、思考力の低下が続いていて、どちらかと言うと、次から次へと思考に沿うような形で語り掛けてくる声の送信に考えを支配されている状態だ。自由に考えるとこ、心の中は独り、という事はあり得ない。そんな状態で、身体にも筋肉が硬くなる、痛い、などの被害も受けている中での楽器の練習となっている。また、高い音が煩く聞こえる遠隔操作もされている。

前置きが長くなってしまったが、それらの身体被害がとても弱くなっていると本当になんの問題もなく信じられないほどに楽に体が動き快適である事を嫌というほど思い知らされた。それは、練習の始めには身体被害がなく、第に筋肉を部分的に動かなくされたり、痛くされたりして、いつもと同じ状態にされたので違いが判ったわけである。

しかし、脳神経から来る楽器の演奏妨害もあるので身体が楽になっても演奏妨害は続く。そちらは、記憶の消去、思考能力の低下などが主に行われ、声の送信で楽器の演奏フレーズを聞かされると間違ってそれを演奏してしまう。その辺りが思考の挿入と言われ言動の誘導被害を示している。しかし、それは自分の内部から出てきた発想ではないので、自然な流れではないので手順が変になってしまい失敗へと繋がる。自分の発想というのは、その時の体の動から来るものなので手順が狂ってしまう事はない。脳への攻撃被害が酷いとまるで別人が演奏しているくらい酷いものとなってしまう。

夜は、知人と喫茶店で話しをしたがそれほど被害は強くなかった。しかし、帰宅するとすぐにお腹に空気を溜める攻撃をされ、暴れ出したくなる衝動を起された。今も思考能力が極度に低下していて、脳内音声による歌のリピート送信や声による脅迫、筋肉疲労を起されている。

この、少しずつ攻撃が追加され日常化していく中で、終わりの見えない途切れることの無い攻撃を受け続け、すべてを妨害され苦痛に変えられていると絶望的な気持ちになってしまうが、現段階では絶望的であるのは事実なのだが、何も期待しない、諦める、という方向でいれば最悪な状態にはならない。

余りにも酷すぎる現状であり、こんな人生を強制されるなんて許せないが、強度の拷問被害という耐え難い苦痛もあるので、それがなければ助かったと言った感じだ。これを無視している政府が全く理解出来ない。

19日2:40
被害の説明文書を作っていたので遅くなってしまった。声の送信では激しい脅迫が続いている。脳への攻撃は継続していて、お腹に空気が溜まる攻撃と鼓膜が詰まったようになる攻撃も続けられている。

このような遠隔拷問、遠隔洗脳が野放しでは困るのだが。

寝る。

寝起きに捨て台詞を連発される

9:14
昨夜はそれほど酷い睡眠妨害は受けなかった。朝の6時半に一度起されたが、それほど苦労しないで再就寝することが出来た。しかし、その分だけ目覚ましを後ろにずらしたので一時間ほど起床が遅くなっている。起床後はやや脳への攻撃を感じているが、それよりも捨て台詞のようなこじつけの嫌味を声の送信で途切れる事無く30分ほど聞かされ続けた。顔を洗っている時にも「君は強い、けれども吐き気にはかなわないだろう」と声を聞かされ吐き気を起された。通常は、うがいをする時にも吐き気や誤飲を予感させられ、おそる、おそる、うがいをするのだが今日は気が付いたらうがいが終わっていた。歌のリピート送信も行われている。

22:43
午後3時過ぎまで機械的に歌のリピート送信が行われていた。機械的というのは、面倒だから流しっぱなしにしているように感じたからだ。勿論、声による干渉も続いていた。それにより不快ではあったが著しく仕事の妨害にはならなかったし、強い攻撃も無かった。午後3時を過ぎるとぴたりと歌のリピート送信が止まった。脳への攻撃なども軽度ではあるが続いていた。特に目立ったのが頭痛だったと思う。

仕事が終わってからは忘年会があったのだが、食べていると目一杯お腹に空気を溜められてしまい苦しくて大変だった。帰宅後もお腹に空気が溜まっていて、頭痛がしている。少し横になって休んでいると急に歌のリピート送信が開始されたり、背中が痛くなったりしているが、激しい嫌悪感や異常興奮などはない。

全く不自由であり、開放感もなく、嫌な感じではあるが、「耐え難い」という感情が発生していないので助かっている。集中力が出ず、何をするべきか、何がしたいのか、というのが現れてこないのだが、それは裏を返すと何も楽しく感じないようにされているのだと思う。

決して楽ではないが拷問状態ではない。

18日2:21
その後、何もやるべき事が思いつかないのならと、アメリカのテレビドラマ「フリンジ」のbox2というのを見ていた。鼓膜が詰まったようになり耳をやられていたので周囲の音が良く聞こえなくなり、テレビの音も聞こえ難くかった。このドラマにはちょっと怪しげな科学技術が登場する。cyberneticsという文字がクレジットされているのが気になる。

それを一本見た後に風呂の準備をしている時に音楽を聞いた。すると急に声の送信が激しくなり満足に聞かせない。しかも、暴れ出したくなるほどの怒りを脳に送信されてしまった。加害者は私に何としても音楽をやらせたくないようだ。音楽を聞くことすら日常的にさせない。

また、音の盗み取りに関してだが、テクノロジーによる盗聴ではスペクトラムアナライザーのように音の周波数成分を知ることが出来るようで、周囲で発生している各々の音源に対して分離して解析することができ、それに同相で同調させて送信をするようだ。そうすると、まるでその音の発生源から声がしているように聞こえるのだろう。また、逆相で同じ音を送信すれば、その音を聞こえなくすることが出来るのだろう。

早くこの犯罪、禁止をさせて欲しい。

寝る。

地下鉄の中でも被害を受ける

12:31
昨夜は二度ほど起こされたが、直ぐに眠れたので、それほどのことではなかった。しかし、声は常に監視を知らせているのでトイレの中まで干渉される。

目覚ましが鳴る少し前に目が覚めたが頭痛がしている。それが地下鉄に乗っても治らず、目で見ているものに声の送信で干渉される。携帯電話が圏外であることの意味をもう一度確認したいと思う。

さて、仕事だ。

23:49
長い間、家を離れていたような気がするが、一泊二日だ。帰宅すると声の送信は頭でも狂ったのかと思うほど連続で憎まれ口を送信している。最後に導く先は「笑ってあげたい」、「ざまあみろ」の二つだ。今日は攻撃としてはそれほど酷いものは無かったが、音声送信は全く途切れない事と、リアルタイムでの干渉である。それと首の後ろの硬直は軽度であるが途切れない。帰宅して日記の更新のためにパソコンの前に座ると脳への攻撃と目の違和感が強くなり、一瞬自分が何をするためにそこにいるのか判らなくされた。今も続いているが、それが今日の一番強い脳への攻撃だ。左肩も痛くなり、軽い目眩と吐き気も起されている。

ところで、夜に調布から京王線の準特急新宿行きに乗ったのだが、一番後ろの車両に居たのだが、新宿に到着すると左側のドアが開き全員が降りるのだが、その中の数十人がくるりと180度ターンをして綺麗に並んで、もう一度同じ車両の乗ってしまった。反対側のドアも開き、待っていた人達も乗車した。その様子の意味が良く判らなかったので、再度乗り込んだ人数や、乗った後どうしたのかは確認していないが、恐らくそのまま引き返したのではないかと思われる。偶然、改札を間違えてしまったので駅員に頼んで別の改札へ通して貰った。その時についでに聞いてみると、それは不正乗車であると言っていた。たまに乗り越してしまった人がいるんですと言っていたので、凄く大量の人数でしたよ、と言って置いた。いまだに良く判らない。

特に私の場合は脳への攻撃が強い事と、声の送信で執拗に干渉され続けるので、周囲にいる人の事は一切気にしない事にしている。例えば、「お前は着けられているぞ、見張られているぞ」というのを毎日それこそ何百回も聞かされるし、脳の遠隔操作をされると嫌でも周囲の目線が気になりだし、居た堪れない気分にされてしまう。また、何所を見ているかなどにも干渉をされ続けるからだ。その他、内面干渉も続けられている。

早くこの問題を解決して欲しいだけだ。

17日1:26
寝る。

寝起きから味も匂いもなし

8:43
昨夜は酷い睡眠妨害がなく、1時に寝て3時と5時に起されただけだった。しかし、朝目覚ましで起きる時には酷い疲労感と眠さがあり大変だった。起床すると偽の腰痛を起され、足の筋肉も硬くなっていて歩き難くされている。また、脳への攻撃も行われていて寝ぼけが酷い感じと脳の膜が張ったようで思考がすっきりしない。当然、音声送信も行われている。

毎朝、コーヒーを入れて飲んでいるのだが、味もなければ香りもしない。タバコの味もまずい。実はこのような嗅覚と味覚に対する変調も日常化している被害の一つである。

24:11
今日は、ICNIRPの新ガイドラインの説明会が開かれたので聞きに行っていた。直接この被害に関係があるかどうかは別として知っていて損はないと思ったので出向いた。しかし、会場で脳内音声の送信などを受けたので集中力を持って話を聞く事が出来なかった。

昨日は右半身の筋肉を痛められたが、今日は左半身をやられた。腰も姿勢を悪くさせられた。

夜は被害者数名が集まり少し早いが忘年会もどきをした。やはり久しぶりなので色々と話が出た。

明日は都内で仕事があるのでホテルに泊まっている。今日は、異常に肩が凝る被害が目立ったが、それほど酷くはなかった。正直な話、外出先で激しく攻撃をされたら大変なので常にそう行った不安と隣り合わせである。逆にいま日記の更新を始めると急に腰がだるくなり、視力が落ちて、お腹が苦しくなり、喉を締め付けられている。

16日1:05
頭部締め付けと目眩と思考能力の極度の低下被害が起きている。まともに考えると恐ろしい限りであるが、極論を言うならば生きて行くには、外に出ない訳には行かない。

寝る。

広報は十分に行われているだろうか

電磁波という目に見えない媒体を武器として使ったこの犯罪は、高度なテクノロジーを使っているために理解し難く、現象として内的要因と思えてしまうような攻撃方法が取られているなどの理由から中々信じられない人が多い。また、通常の場合日常とは何の関係もないので知る理由もなければ知りたくもないと言うのが本音かも知れない。隠蔽されたテクノロジーであれば知らない人は多いのは当然であるし、まさかそんなことをする犯罪組織があるのかとも考えるだろう。しかし、例えば宇宙開発の技術も公開はされていないだろうし、たとえ公開されたとしても普通の人には関係なく理解も出来ないだろう。聞いた話だが、人工衛星は自分の高度を知るために地上にレーザーを放つそうである。見たことのある人はいないと思うが、極まれに写真に撮れてしまう人もいるようだ。それが本当に人工衛星からのレーザーかどうかの検証はしていないが、そのような話を聞いたことがある。

さて、電磁波犯罪を止めさせるためには、どのような広報が効果的だろうか。もしかすると日本はそのような事に関して認知・広報が遅れているのかも知れない。まず、どのような形にしてもテレビで報道されることがない。なぜだろうかと不思議に思ってしまう。ある電磁波に関する専門家の話では、以前は電磁波と人間の関係についての話をしただけで変人扱いを受けるような傾向があったそうだ。


被害日記

10:29
昨夜も3時までは寝させてもらえなかった。そして4時間後の朝7時に起されて「さあ、早起きして働こう」なんて声の送信で言われる。私は8時間睡眠を取りたいと思っているので、以前は12時を目安に就寝していた。しかし、早く寝てもそのように遅くまで睡眠妨害をされるので、また、夜に激しく攻撃をされて寝るのが遅くなってしまっている。

ここで起きると後が辛くなるように思ったので、目覚ましを一時間遅らせて、もう一度寝た。今度は目覚ましが鳴っても眠くて起きられない。やっと起床すると後頭部の強い違和感と目眩と記憶障害を起される。毎日がこんな状態だ。

また、気が付かない程度に慌てさせられていて、通常何も考えなくても行っている手順の中の一つを忘れて飛ばしてしまうなどが起きている。それは、日記の更新の手順であったり、コーヒーを入れる手順である。短絡的というか衝動的になってしまう先を急ぐ気持ちになる脳の遠隔操作がある。

18:16
その後、出社したが仕事が忙しいので、そのまま仕事を続けた。脳内音声による歌のリピート送信と声の送信は途切れる事無く続き、脳への攻撃各種、筋肉が硬くなり動き難いなども途切れる事無く続いている。しかし、全体的に被害は軽度であり、無視をして仕事が出来る程度であった。

20:18
夕食後にテレビを見ているが、どうも音の聞こえが悪い。普段と変わらないボリュームなのだが良く聞こえない。脳への攻撃も決して弱くないので記憶障害など理解力の低下もあるし、音声送信に妨害もされている。キーンという音が右の耳に聞こえていて、「煩い」という感じが、自然発生している音には関係なくしている。

テレビもあまり面白くないので、日曜日に激しく妨害された自分の演奏をとりあえず聞いてみる事にした。すると右の耳を塞いで左の耳で聞くと理解力があるのだが、左の耳を塞いで右の耳で聞くと理解力がない。知覚が届かないという表現を使いたくなる状態だ。

ここで、音楽の理解力という言葉の意味は、耳に聞こえた音が脳というか想像力に繋がっているかどうかと言う意味であり、聞くのは音楽でなくともかまわず、聞こえた音から何を感じるか、何を想像するか、など、どのような状況から生まれた音なのかを想像することが出来るかどうかと言うことなので、やはり記憶と関係があるのだと思う。

これは聴覚の問題だが、視覚に対しても同じような被害があり、見たものから状況や雰囲気を感じ取ることが出来なくなったりする。それらが聴覚や視覚の神経に対して信号伝達を阻害するものが送りつけられているのか、脳に対してなのかわ判らない。耳や目にも利き手と同じようなものが存在しているので、その辺りも加害に利用しているのかも知れない。

右と左に違うものを送りつけられると、それを合成するのは脳であるのでパラノイアになってしまうかも知れないし、それを遠隔操作で上手く調整していることも考えられる。

いずれにしても酷い迷惑である。

何か、楽しいと感じるものが突然なくなってしまい、自分がいま何を欲しているのか消されている感じだ。

24:11
その後も右の耳への刺激が強い。脳への攻撃などはそれほど強くなくなり、テレビの音や声などが聞きにくい状態も軽くなった。しかし、お腹に空気を溜められ、胃が痛むような内臓の強い違和感があり、筋肉も腰から下がシクシクと痛む感じだ。痒みもそうだが、より自然に近い形で行われている。声の送信にやられて声に出さない呟きをさせられている状態も続いている。

それにしても、いつまでこんなのを野放しにして置くのだろうか。

寝る。

電磁波による睡眠妨害

テクノロジー犯罪、集団ストーカー犯罪と言われる組織的かつ計画的に行われている破壊活動では、睡眠妨害という被害が非常に多い。このテロ組織の陰湿・卑劣なやり方の代表的な被害でもある。個人の生活を破壊し家庭崩壊をさせ、社会的にも変な人間というレッテルを貼るために好都合であるが、被害者に取っては世間体よりも精神的・肉体的な強度の拷問として不健康になることの方が問題となる。寝ている人間にまで攻撃を加えなければならない理由はテロであるからで被害者は無差別に選ばれている。勿論、老若男女問わず遠慮なく攻撃をしてくる。

その睡眠妨害は、外部監視が同時に行われている事もあり、周囲の人間の動きに合わせていて、目が覚めると新聞配達が来る、外で誰かが喋っている、などがある。また、目覚ましを掛けるとその時間の少し前に目が覚めてしまう事が多い。酷いと1時間ごとに起されたり、その後急に覚醒してしまって眠れなくなってしまう。そのような不眠になる理由は何一つなく、元々一度寝たら朝まで目が覚めたことがない人でもこの被害に遭うと睡眠妨害のために、あたかも不眠症のようにされてしまう。

そして、声の送信では「笑われろ」、「世間では電磁波犯罪なんか信用しないぞ」と繰り返している。電磁波犯罪と聞くと良く知られた無線電波を人に浴びせるようなイメージがあるかも知れないが、基本的に違っていて精度の高い脳へのアクセスと考えて欲しい。しかも通信に使われている周波数は一般で計測できるようなものではないと思う。この、電磁波による人間の遠隔操作は病気であると強く思わせる洗脳も行われていて、この犯罪被害をダイレクトに伝えることが出来ないようにしている。それも、唯一の証人である被害者の口封じと繋がっている。


被害日記

11:08
昨夜も寝させない拷問と睡眠妨害を執拗に繰り返された。就寝は2時前であったが寝たと思ったら15分ほどで起されてしまい3時半まで眠らせない。やっと寝たと思うと5時に起される。もう一度寝ると8時半である。その時に「ぐうたらもの、起きろ、そうでないと子供が真似をするぞ」、「あの家は親子そろって統合失調症だと言われるぞ」、「会社で笑われるぞ」などと執拗に罵られた。しかし、その脅迫に負けて加害者の言いなりになるのが嫌なので無理に寝た。今度は10時半に目が覚める。その間には、筋肉を痛くして寝心地を悪くする、心臓を苦しくさせて眠れないようにする、顔を執拗に痒くする、などをやられたのですぐには眠れていない。また、無理やり歯を食いしばらせる攻撃も受けた。

起床するとすぐに後頭部と首の後ろに違和感が発生して、目眩と記憶障害が発生する。ついでに著しく不快な気持ちと、やり場のない怒りに襲われている。

政府によって野放しにされている無差別テロ

これから政党に要望を入れる。

12:39
政党に要望を入れました。

寝起きにやや興奮されらせながら上記を書いた。出社したが、頭が半分眠っているようで被害状況は変わらない。後頭部を中心とした強い頭部圧迫感と平衡感覚の変調、記憶障害、腰の違和感、苦痛感、苛々感、歌のリピート送信が続いている。

新しくリンクを張りました。
新しいタイプの人権侵害・暴力

18:19
仕事が終わった。
歌のリピート送信と声による憎まれ口を聞かされながら、頭部圧迫感と首や腰を中心とした身体のだるさ、記憶障害を受けながら仕事をしている訳なので表情ひとつ取っても本来の自分ではないと思う。やはり文章を読もうとすると急に読解力がなくなってしまい、とても読むことが出来なくなる。それには複合的な遠隔操作が行われていると感じている。しかも、その状態を嫌だと思いだすと、余計に嫌悪感が強くなりヒステリーを起こしそうになる。だから無理して読まないでいる。

夕方になり、出張の計画を立てていると急に記憶障害が強くなり、パソコンの画面から文字を書き写すのに苦労をした。極端に言えば、目を移動しただけで忘れてしまう世界で、書いた後もそれが間違っていないという確信がもてなく、よく照らし合わせないとならない。しかも、何度照らし合わせても正しいという強い確信が持てない。

また、強く記憶障害を起こされていると麻痺感が発生して考える事が出来ないというか、思考が止まってしまったように感じる。また、日常的に使っている漢字を見た時に、まるで初めて見た漢字のように感じてしまったりする。それは漢字変換の時にも苦労したりする。

記憶を消すというか記憶を参照出来ないようにされているとそうなるのだと思った。それは、知覚を切り離しているかのようで、例えば目に何か映っても、そこから何か発想が展開することがなくなってしまう。それと、脳内音声の送信はやはり、精神に影響を来たす可能性のある、意味を持った雑音を送信している可能性があり、可聴波すれすれの音だったりするのかと感じたりする。

23:23
夕食後は眠らされてしまった。
その後、音楽CDを聞いていたのだが、やはり声の送信により妨害されてまともに聞くことが出来なかった。夕食後には一時弱くなっていた攻撃であるが、先ほどから急に強くなり、まともに思考が出来ないし、タイプミスが酷く困っている。頭部圧迫感と首の後ろの硬直、呼吸困難、腹に空気がたまる、などをやられ、やり場のない怒りが発生している。

このテクノロジーを悪用した拷問の被害者が全国的にいて途切れる事無く苦しまされている事に対し政府はどのような認識を持っているのだろうか。これだけの技術であるから、正に行われています、なんて答えることは出来ないと思うが、それにしても病気だと言うことにして無視を貫いていると言うのもどうかと思う。

14:1:13
多少、攻撃が弱くなっている。
この脳への電磁波攻撃の程度により文章の内容が少し変わったりすることがあるかも知れない。自覚としては本心は変わらないが、そこまで書けるか、というレベルの違いであり、感情操作をされるとテレビのチャンネルが切り替わったかのごとく考える内容が変わってしまう。この事は被害者であれば判ると思う。

寝る。

人工夢と五感の送信

現在、五感の送信に関係する脳活動のほとんどは解読できると思われる。それも、遠隔からの生体情報の盗み取りと任意の脳活動の信号の抽出が可能で、抽出した信号を加工したりして強制受信させることが行われている。ここまで来ると五感情報通信というよりは脳情報通信とか生体情報通信ということになってしまう。これは被害を受けている中でそのように思っただけである。そのくらい幅広く、細かい遠隔操作をされているので、そう考えざるを得ない。

人間は覚醒時には身の回りからの五感情報を途切れる事無く知覚していて(眠っていても意識を失っていない限り何かを感じ取っている)、そこに別の五感を送りつけてくれば実際に知覚している五感と重なってしまうことになる。だから現実には全く無いものを送り付けないと感じ取れない場合が出てしまう。脳が働いているからである。

それに対して、眠っている時ならば脳は眠っているので五感を送りつければ、その送りつけたものだけを感じ取ることになるかも知れない。そのような脳の状態がどのような状態か知らないが、人工的に作り出す方法が考えられていて、覚醒時に、送りつけた信号だけを知覚させようとする脳の遠隔操作が行われている。


被害日記
11:00
途中覚醒なく、ぐっすりと目覚ましが鳴る少し前まで寝ていたが、よく寝たと言う満足感がない。目覚めると声の送信で何かを言って来るし、人工夢なども見させられている。しかし、実際にはすでに忘れてしまっているし内容は作り物だし何か実生活に影響するとは思えない。何でこのような事をするのかと思ってしまう。

それよりも起床直後から脳への攻撃をされ、脳の一部が麻痺しているようで、目に映っているものや肌で感じているものから思考が働かない状態にされてしまい非常に嫌な思いをさせられた。折角飲んだコーヒーの味も忘れてしまっている。用事があり都内に向かっているが、朝からそんな事があったので上記冒頭部は加害者の誘導で書かされてしまった感がある。しかし、アップするときには怖かった。

21:57
これまでに無いほど激しく脳を攻撃されている。強い記憶障害は短い間隔で記憶の消去を繰り返されている感じであり、時間感覚の喪失を起こしている。平衡感覚の変調は目眩のようになり、肩と首の痛みは顔が歪む。右の目が見えなくなるような攻撃、強い頭部圧迫感、鼓膜が詰まったような耳の不快感、呼吸困難、心拍数が上がり異常に興奮をする、などを全部一度にやられている。

周囲の雰囲気などは到底感じ取る事は出来ない。それは、そう言った能力を奪い取られているのだから当たり前だ。耳を聞こえなくされたら音が聞こえないのと同じように、感じ取る能力を機能しないようにされたら、いくら感じ取ろうとしても無理であり、自然な周囲の雰囲気を感じる事が出来ない。その違和感が余計に周囲との隔たりを作り出してしまう。

そして、やり場のない怒りを抑え、苦痛に耐えるだけとなっている。また、イメージ映像を脳内で現実の自分の姿と重ねることにより、従来なかった新しい感覚を作り出し、変質した方向へと精神的に誘導する手法が使われている。それには偽の五感も使われている。それは、騙されてしまえば変質にエスカレートし、騙されなければ違和感が発生し周囲に変だと思われないかと気になる。いずれにしても最悪である。精神状態も最悪になるように遠隔操作されている。

そのような状態であるので音楽の演奏は滅茶苦茶にされ、会話もまともに出来ないほどにされた。体が意思の通りに動かない攻撃など当たり前のようにやられた。記憶障害が酷く、反復練習により体で覚えた楽器を演奏する感覚すら思い出せなくされてしまい驚いた。

また、被害者の会の打ち合わせでは、意味なく笑いが止まらなくなる遠隔操作を受けて大変な迷惑を被った。

とにかく、激しく攻撃をされて、擬似的にパニック状態を作り出されてしまった。

さて政府はこの問題についてどのように対処するのだろうか。

23:31
激しい脳への攻撃が続き、脳内音声で罵声と脅迫を浴びせられながら帰宅した。「一家で狙われるぞ」、「子供を自殺させてあげよう」などの脅迫も日常的に行われる。しかし、家族の中で電磁波被害に気が付いているのは私1人であり、家族が被害を受けているかどうかまで私には感知できない。これが人類史上最悪の犯罪と言われる理由だ。目に見えない武器による攻撃、たとえ加害者により「あなたはターゲットにされました」と死刑宣告を受けたとしても現在の所、誰にもそれを証明できない。

電磁波による遠隔マインドコントロールの恐ろしさは、本人が気が付かないような深層でのマインドコントロールが行われていて、それは、頑固で譲らない偏屈な部分として表れ、判っているが止められないような世界を作り出している。例えば、被害報告など、やれば、やるほど攻撃が強くなると判っていても止められないような操作だ。それを理由に攻撃を強くするという犯罪手口はよく知られている。

13日1:09
激しい攻撃は少し弱くなったが声の送信だけは究極の負けず嫌いと言った感じに、結局、同じ言葉を繰り返している。例えば、「究極の負けず嫌いの加害者」などと被害報告をすると第三者には「それは自分がそうだから声に対してもそう思うのでは」なんて思われる傾向があるのがこの被害の特徴だが、本当に声の送信とは理屈も何もなく強引に決め付けてねじ伏せてくる。

あまりにも攻撃が酷いので、各省庁と各政党にいつもと同じ文面の要望を入れた。

早く対策をしてもらいたい。

寝る。

悪質な電磁波攻撃が続く

11:14
昨夜も陰湿かつ悪質な睡眠妨害を受けた。
寒くて体が温まらない攻撃は極度に冷えなかったので皮膚の表面に冷たい感じがしているだけだと強く思い無視をしてそのまま寝た。しかし、すぐに目を覚めさせられ暫く声の送信や顔の痒みで寝させてもらえなかった。そのことについては昨日の日記に書いて置いた。

朝は9時半に目が覚めてしまい仕方なく起床したが、すぐに頭部圧迫感と記憶障害と平衡感覚の変調を起され、ついでに両方の鼓膜が詰まったようになり周囲の音が良く聞こえないなり最悪の気分にされている。首の後ろの強い違和感は両方の肩の硬直感へつながり、腰の違和感は姿勢の悪さに繋がっている。

特に肩の後ろの筋肉の張りなどは、イメージ映像を実際の体の感覚にオーバーラップして大きな筋肉が付いているように感じさせられることがある。顔の筋肉が引きつったりして変な顔にされていると認識できる時も実は、イメージ映像を重ねられていて、自分の顔が引きつっている事を強制認識させられている。もっと酷いと、布団の中で足を動かしていると実際の動きとぴったり一致したイメージ映像を送りつけられる。

テクノロジーの見せびらかしとか、プライバシーのないことを示しているのだと思うが、私はとにかく脳への攻撃による記憶障害や思考能力の低下、マインドコントロールなどによる不快感や感情の変化による被害が酷くそちらが目立っている。

まず、プライバシーがないだけでも普通の人はおどおどしてしまうだろう。私達、重度の被害者でも最初は強いショックを受けたものだ。そんな究極の人権侵害の被害に慣れているから偉いというものではなく、こんな犯罪は絶対に許されるものではないと言う共通の認識を持ちたいと思っている。

16:13
その後も歌のリピート送信を中心とした音声送信と声による執拗な思考への干渉が続いている。この声による干渉は、語り掛けなので目の前にいる人が喋れば普通の会話となんら変わりがないのだが、脳内に聞こえてくるという事と、思考を盗み取ったり、トイレの中まで監視する24時間のへばりつきのためにやたら個人情報が多くなり、思考のへの干渉ということになる。勿論、自分の思考と同じように働いたりすることもある。例えば、店に行ったときに「買うのをやめろ」と声を聞かされるとそのように思ってしまう傾向が強い。

後は、記憶障害と頭痛と筋肉各部の痛みから引き起こされる不快感が強く、拉致されているような開放感のなさ、などによるストレスが酷い。何をやっていても不快であり妨害をされている。また、声による脅迫も酷い。

24:38
夜は楽器の練習に行っていた。被害は途切れないが、それほど強く妨害をされなかった。最初に少しだけ思ったように体が動かないので変だと思った。とにかく音声送信と脳に影響を受けているという実感、これは途切れることがない。

帰宅後は、この被害を知らない人に説明するための文章を作っていた。やはり脳を締め付けられるような不快感と共に記憶障害が強くなり文章作成の強い妨げとなった。途中から強く攻撃をされたので、それ以上続けるのを止めにした。どうしても強く攻撃をされていると文章が過激というか、遠まわしな表現が出来なくなってしまう。急いでいる訳ではないのでそれで構わない。

しかし、呼吸が苦しくなり、まるで酸素の薄いところに居るみたいになったのが困った。そういう被害は時たまあり、水の中にでもいるように感じる。分析すると呼吸が弱くなっているような、浅くなっているようで、呼吸をする筋肉の一部が動かなくなっているのかと思った。その被害の場合は意識的に深く力を入れて息を吸えば楽になる。しかし、いくら吸っても吸いきれない被害もある。

歌のリピート送信が激しい。

こう言った人間の遠隔操作、早く禁止させて欲しい。

寝る。

寝させない攻撃が続いている

11:21
今朝も1時頃から6時頃まで寝させない拷問を受けた。声の送信による語り掛けは今も続いているが、どれも愚劣なものなので相手にしない。しかし、声を聞かせた時に全身が不安になるような体感付きの感情捜査が行われたり、心拍数を上げられ異常興奮させられるので不快感が大きくなる。

結局、6時頃にやっと寝たと思ったら7時半に起されてしまった。眠くてそのまま寝ようと思ったのだが、頭部が細かく振動しているような感じにされ、脳を覚醒させる信号を送られたので寝られなくなってしまった。それから暫くして眠れたのだが、11時前に起されてしまった。

眠らせない方法は、声による語りかけ、歌のリピート送信、脳の覚醒、顔などを次から次へと痒くする、寒くてからだが温まらない、緊張感を作り出しリラックスさせない、筋肉を痛くしてどんな姿勢にしても落ち着かない、などを延々と続けている。ピンポイントで発生させられる顔の痒みは耐え難いもので通常の痒みとは違い、脳に何かの信号が送られていて、ただ痒いだけではなく脳神経からも嫌悪感が発生しているように感じた。

こんな酷い拷問を受けているのに止めさせる手段がないのでは困るので、連日となるが各省庁と各政党に要望を入れた。大勢の被害者が全国的に苦しまされている現状は国民の安全保障が守られていないことになるので、毎日でも要望を入れるべきだと思っている。加害者はそれに対して「広報のしすぎで逮捕されるぞ」、「保護入院をさせられるぞ」と脅迫をする。また、「家族や親戚にも酷い被害を加えるぞ」、「お前殺されるぞ」などとも言う。

12:42
昼食を終えた所だが、脳内音声による歌のリピート送信が続いている。脳への攻撃もあるが、激しい嫌悪感などは発生していない。呼吸困難を起されている。

アメリカで電磁ハラスメントに対する広告塔が出たそうです。

ウィスコンシンで第一号の街頭広告

日本での状況と比較すると如何でしょうか。

15:47
仕事が忙しいので被害関連のことをしている時間がない。歌のリピート送信は延々と続いているが、声の送信は口数が少ない。しかし、歌のリピート送信の確実に脳内に侵入してくるので、思考の妨害となり心の安らぎがなく不快である。恐らく不快だと感じる信号も同時に送られていると思う。脳の芯が痺れたような感じも頭部圧迫感と共に途切れる事なく続き、思考の妨害となっているので著しく不快だ。

筋肉の引きつりは体を歪めるのに十分な攻撃で、息を吸っても吸い足りなくなってしまう呼吸困難や睡眠妨害と併せて、不健康な状態にするのに役立っている。本当に病気にされてしまいそうだ。

24:13
仕事が一段落した17時過ぎに被害関係の文書を書き出すと急に攻撃が強くなった。嫌な感じである。夜は楽器の練習をしていたが、やはり高い音が異常に煩く聞こえる被害を受けた。楽器の音がしていても声の送信は全く関係なく聞こえ続ける。その他、急に体が動かなくなる、何も発想が出来なくなる、筋肉が痛くなる、などの細かい被害を受けたが激しく妨害をされることはなかった。しかし、脳の芯が痺れたような、思考範囲が狭くなったような不快感が続いていた。

とにかく記憶障害が酷く、日記の更新をしていても頭の中にイメージされている内容を記憶して置けなくてタイプしている内に忘れさせられてしまう。それは瞬時に起こるので「あれ、やられた」といつも思っている。まず、文章は全体感があり、その流れを記憶しているから繋がって書けるし、書いている最中に何かを思いついて、それも記憶しているはずだ。場合に寄っては複数の事柄を記憶して置き、順次文章化して行く筈だ。日常生活でも人間は並列処理をしているわけで、あれもこれも同時進行で出来るのは記憶があるからだと思う。この、記憶障害という、思い出せなくなる被害、記憶出来なくなる被害、思いついたものを瞬時に消されてしまう被害を日常的にやられてから年単位で経過していると思うが本当に迷惑であり、腹立たしい思いをさせられている。

また、記憶障害と関係もあるが、一つの事だけしか出来なくなってしまい他の事を全部忘れてしまうという被害もある。それは裏を返すと集中力が出ているように思えるが、脳への攻撃をされている自然な状態ではないし声の送信は聞こえ続けているので役に立つ集中力とは意味が違う。

また、読解力も記憶と関係があり、声の送信被害があると目を向けた所の文字を全部読み上げられてしまうという被害がある。それは、著しくうっとうしいのだが、文章を読むときに自分と同じ速さで同時読みをされるので、うっかりすると読解出来ていないのに読んだ気がしてしまう。すらすらと読めるのだが、後から考えると何一つ頭に入っていない。私の場合はメールを読むと相手が女性の場合は女の声で、男性の場合は男の声で同時読みをされる。

しかし、時々間違えるので装置の向こう側にいるのが人間であることが判る。例えば、加害者が読めない漢字が出ると同時読みの声は停止する。更に、メールの相手を私が女だと思っていると女の声を使ってくる。後から男であることが判ると男の声に変更する。その逆もあった。

とにかく、酷い迷惑。早く全廃させて欲しいものである。

寝る。


追記
2:04
また寝させない拷問を受けている。寒くて体が温まらない被害、顔を異常に痒くする被害を受けている。

5:21
その後も寝させない攻撃が続いたが知らない内に眠ったようだ。眠れたのは3時頃だろう。しかし、5時に無理やり起こされる。眠くてたまらないが何か振動のようなものを送られてしまい寝られなくなった。

このところの睡眠妨害は本当酷い。

中国でのテクノロジー犯罪関連

下記のようなサイトがあります。

半サイボーク十種:テレパシーからマインドコントロールまで

テレビ報道された動画


それを日本語に翻訳してもらいました。


半サイボーク十種:テレパシーからマインドコントロールまで

2010年11月
海外メディアの報道によると、アメリカ国防総省は、未来の兵士をより早く、より強く、より戦闘能力を備えさせようと、電子人間など未来科学のテクノロジーをとりいれている。いわゆるe-man部隊とは、よりすばやい目、敏感かつ湾曲できる腕、ものをつかめる義足などを供えた電子人で構成される。e-man部隊は、ロボット技術、ナノテクノロジー、神経科学、その他関連科学の助けを借りて、実際の戦場に登場することになるだろう。以下は、それらのうち、もっとも良く見られるe-man技術だ。

1.神経コントロールできる義足・義手
1
米国防総省先進研究プロジェクト局の「革命的義肢」計画は、DEKA社が政策した義手のように、十年以内でこれまでの世界最先端の義肢技術を変えている。これらの義手は線を通じて手足の指を動かすことができる。次のステップとして、人体の神経信号に答えられるような完全な神経システムを備えた義手ができるだろう。米ホプキンス大学の科学者らは、今年、人体で義肢モデルを実験することにしている。マイクロアレイを大脳に植え込み、ユーザーは思考によって、指をばらばらに動かせるかなど、義肢の動きをコントロールすることができるかどうか見てゆく。

2.マインドコントロール
2
アメリカ国防総省は、何年にもわたって人間―コンピューター知能融合研究(BMIのことです)に資金援助している。これはコンピューターを感応ユニットの中間媒体として、離れた場所にいる部隊が、話をしなくても情報を交わせるというものだ。昨年、米国防総省の高級研究計画署は「無声通話」計画を開始したが、これによると、まず脳波計測器で大脳が発する脳波を読み取り、次にこれを解析して、いわば脳波辞典を作成する。その後、この「辞典」を元に、実際に人が発する脳波を読み取り、翻訳し、翻訳された言葉を相手の大脳に届けるわけで、テレパシーに似た「無声通話」の実現だ。このようなテレパシーで考えを伝える技術は、マインドコントロールにも使用可能だ。

3.警察ネズミ(マウス・ポリス)
3
米・国防総省は、サメを爆発物探知器とするなど、いくつもの動物の「兵力」研究プロジェクトに資金を出している。非常に敏感な嗅覚と、特に小さい体をもったネズミは、警察犬に代わって、爆発物や、生物化学兵器を察知したり、災害被災者を見つけだす仕事をするだろう。もちろん、マウスの大脳にはそれにふさわしい電極を埋め込む必要がある。国防総省の資金を受けたフロリダ大学では、ネズミの大脳の三箇所、嗅覚領域、意欲領域、動作領域に電極を埋め込み、そこに刺激を受けたネズミを、TNT爆薬など対象物を探すように訓練した。科学者らは、この一連の実験の中で、異なる匂いをかぎつけたネズミが特殊な脳波を描くことを発見した。最近、日本の科学者はいわば「ネズミ・カー(車)」を発明したが、科学者らはネズミの大脳に電極をインプラントすることによって考えをコントロールし、小型の車や機械設備をコントロールすることができる。

4.ロボット外骨格
4
ロボットの装備を「着る」ことができれば、戦闘部隊の戦闘力と忍耐力は大いに向上する。アメリカのレイセオン社が新しく開発した、爪付きの「レイセオン・サルコス」モデルは、装着した兵士の力と忍耐力を平常の20倍に高めることができる。ロッキード。マーティンのHULCモデルを装着すれば、200ポンド(約91キロ)の重さの物体を軽がるともちあげることができる。このモデルは、もっと体力がいる任務でも、エネルギー消耗量は少なくてすむ。現在、アメリカ陸軍の兵士システムセンターが、このロボット外骨格の試験を行っている。

5.コンタクトレンズ
5
次世代のコンタクトレンズは、センサー、アンテナ、半導体回路、発光ダイオードなどから成り、火器の照準や文字によるメッセージなど、重要な可視化データを装備することができ、ただちに目の中に表すことができる。ワシントン大学の科学者たちは、すでにウサギを使った実験を始めている。次のステップは、コンタクトレンズの色素数と色彩効果を高めることだ。戦場においては、このレンズは兵士の健康状態―血糖値や心拍数などのモニターとしても応用することができる。

6. テレパシーロボット
6
将来、兵士たちはボタンを押したり、引き金を引いたりではなく、テレパシーを通じて、あるいは一種の大脳―コンピュータの相互コントロール武器によって(Brain-Machine Interfaceのこと)、意思を通わせることができるようになるかもしれない。科学者らはもう何年も、サルを使ったBMIの実験を行っているが、デューク大学の神経科学の専門家は、米国防総省の援助のもとで、サルの大脳の神経細胞に電極を埋め込み、電子化したサルが機械の手を使って自分にバナナを食べさせる訓練をしている。

7. 人工血液
7
将来、実験室で生まれた万能の人工血液が、外傷治療に使われるようになり、血液不足の問題を解決するかもしれない。国防総省先進研究計画署の資金を受けた、アメリカの生物技術企業、Arteriocyte 社は、最近、臍帯の造血細胞を利用して、初めての人工血液を作りだした。

8. 脳インプラント
8
電子テクノロジーを使っているのは現役部隊だけではない。イラクとアフガンの戦場から帰還した兵士のうち、10%から20%が大脳に損傷を受けていた。彼らは将来、大脳機能を修復するためにインプラント手術を受けることになるかもしれない。スタンフォード大学とブラウン大学のチームは、米国防総省先進研究計画局の援助のもと、受傷した脳機能を代替できるような脳インプラントを開発中だ。

9. リモコン昆虫
9
リモート・コントロールのカブトムシ、蜜蜂が軍事目的に利用されようとしている。アメリカ国防総省は、蛾を利用した試験を補助している。これまでも、ジョージア理工大学では、どうしたら蛾をもっと長く活かせるかを研究してきた。幼虫期の蛾の大脳にMEMS(マイクロエレクトロメカニカルシステム)とマイクロフォン、センサーを植え込むと、成長段階でこれらのインプラントは昆虫の成長につれて融合し、一体化してゆく。これらの蛾は、リモートコントロールを通して、人間ができない仕事―秘密スパイや生化学毒物の探知などを行うことができる。

10. 人工皮膚
10
人工皮膚組織はすでに外傷治療に使われている。しかし、今年初めからスタンフォード大学の科学者たちが開発した人工皮膚は本物だ。それは、蝶がそっと触れても感知できるほどの敏感さを備え、柔軟性のある薄いゴム、ナノ繊維、電極などを使用している。電子人間にも仕えるし、特に敏感性が求められる義肢、ロボットの腕や手などにも使える。

************************

動画の要約

放送は、中国国営テレビ(CCTV)の番組を土豆網にアップしたもののようです。内容は、マインドコントロールの武器がアメリカで実戦配備されていること、簡単な分類と紹介、そして中国国内で「脳内音声」に悩まされている人たち三人の取材です(ごく普通の、正常な人々で、周囲の人は彼らが異常だとは考えていない、彼らの言うことを信じる、という内容)、最後に「あなたの脳を守る」という製品なども売り出されている(200元!)と続きますが、その効果については触れていません。

************************

翻訳 山本節子 大量監視社会の著者



なぜ被害者がテロと戦わなければならないのか

全国規模で行われている、いや世界規模で行われている電磁波テロ。多くの被害者がいるにも関わらず、「証拠が無いから」、「信じられない」、「理解できない」、「病気の症状と似ている」などの理由から数十年前から行われている破壊活動に対して何の対策も行われていない。

その為に、この隠蔽されたテクノロジーを使った特定個人に対する破壊活動は被害者を増やし続けている。その攻撃は徹底していて24時間365日途切れる事無く行われ、しかも、拷問のように被害者を肉体と精神の両面から苦しめることに焦点を合わせている。その苛酷な攻撃に耐えられない場合は自殺・発狂しか道はない。それは、時と場所を選ばない攻撃はどこに行っても絶対に逃れる事は出来ず、被害者は絶体絶命のような極限状態に追いやられるからだ。

すでに、あらゆる機関には広報済みであり、政府などへの要望も出されているのだが、この残酷極まりないテロと戦うのは被害者しかいない。被害者は一日も早く自然な生活が出来るようになりたいと絶え間なく続く苦痛と戦いながら願っている。本来被害者は保護されるべき立場にあり、テロの証拠の捕獲など政府がするものである。

自殺者まで出ている被害者のことは無視をして何の対策もしていない政府ではあるが、本来ならば電磁波兵器の研究調査会を作り、非殺傷兵器や、こう言った犯罪に使われている神経工学兵器、マインドコントロール兵器などについての被害実態調査や法整備を行い、電磁波テロを全廃させるべく動く必要がある。次なる被害者が誰になるか判る人がいますか。


被害日記

12:43
昨夜も体が冷えて温まらなくなる攻撃を受けた。その時のことは昨日の日記に追記してある。4時頃にやっと眠れたと思うと7時に起される。しかし、無視をして寝ると9時頃に起され、最後は目覚ましが鳴る11時少し前だった。目が覚めると声の送信で嫌み・脅迫を浴びせられるのは決まっているが、余りにも内容が下らないので無視をしている。

起床するとすぐに脳への攻撃が始まり、記憶障害と目眩、脳を締め付けられるような不快感が後頭部と首の後ろから発生して、心拍数が上がり興奮してくる。声の送信と共に暴れ出したくなる衝動を、自分が暴れているところのイメージ映像を脳内に送信をしながら起してくる。

そして、呼吸を浅くさせて何か慌てて短絡的なことをしてしまいそうな状態になる。遠隔操作による呼吸困難で、息を吐き切らない内に次の息を吸い込んでしまうために、過呼吸のように息が上がってしまう。また、息が吸い足りないように感じるので、強く吸い込んでみるが、それ以上吸えなくて苦しい。くどいようだが、この犯罪には物理的な攻撃と感覚の攻撃が併せて行われている。

そんな訳で現在も拷問状態である。

加害者の切り札は

「統合失調症だ」、「世間に笑われろ」

これだけだ。

15:45
音声送信は歌のリピート送信や嫌みを聞かせているが悪質ではない。脳の芯が痺れたような状態と記憶障害が軽度に続いている。しかし、先ほど仕事の件で話をしていると急にその攻撃が強くなり、話が纏まらなくなってしまい、考えていた事が言えなくなってしまった。しかも、激しい苛々を伴っていた。いまは、また少し弱くなっている。

18:07
とりあえず仕事を終えた。本当に電磁波攻撃を受けていると不自由であり、何をするにも能力を発揮できず人間関係もギクシャクしてしまう。やはり、マインドコントロールが強く、午前中には著しく荒んだ空気感、孤立感があり、目に見える周囲の環境から切り離されて加害者と自分しかいないような雰囲気であり、緊張感と猜疑心を強くされていた。

しかし、その後は荒んだ気持ちがなくなり、極端に言えばさっきまでのは何だったのかと言うくらい自然な感じになった。こう言ったマインドコントロールも存在している。それはまるでテレビのチャンネルを切り替えたかのように突然やってくる。

また、仕事中も時々強い記憶障害や激しい嫌悪感を伴う読解力の低下に襲われた。これらはすべて遠隔リアルタイム監視により、遠隔操作スイッチをいれている事がわかる。

今も瞬時に記憶を消されているのでこれ以上書けない。

24:06
夜は楽器の練習に行っていたが、脳内音声による歌のリピート送信や声の送信は途切れる事無く続けられ、何所に居ても「お前は、見張られている」と聞かされる。加害者によると、それをしているのは警察関係の国家の調査員という事になっている。しかし、私から見ると遠隔監視の加害者以外にそんな事をするのはいない訳で、結果、私に周囲を意識させ普通で居られないようにさせたいのだろう。すごく以前はそんなので騙された事が良くあった。練習をしていると有名な人が私の練習を聞きに来ているというイメージが脳内に浮かんで来る。よく覚えていないが、聞こえて来る声もあったかも知れない。

練習そのものは激しく妨害をされなかったが、細かく陰湿にやられ、最後には強烈に暴れ出したくなる衝動を胃が吊りあがった感覚と共に起されて酷いストレスを発生させられた。やはり、記憶障害が強く、体が急に動かなくなる、リズムを取る足の感覚がなくなってしまう、高い音が異常に煩く聞こえる、などをやられた。

帰宅後も歌のリピート送信と呼吸困難が続いているが、暴れ出したくなる衝動を起されないので助かっている。それは、強い嫌悪感と激しい怒り、脳を締め付けられるような感じと頭痛、上半身の圧迫感、呼吸困難などを同時に発生させられるので強度の拷問となる。酷い時には何も考えられなくなってしまう。

それにしても途切れることのない、このような攻撃は殺意がなければ出来ないと思う。

寝る。

10日2:15
「ざまあみやがれ」と声の送信で貶されている。
連日の寝させない攻撃。パソコンの前に座ると急に脳に膜が張ったようになり、思考能力が鈍る。それには軽い吐き気と目眩と記憶障害が伴っている。

就寝してから一時間、歌のリピート送信を交えながら執拗に語りかけをしてくるのだが、最初は眠らせて置いて直ぐに起す。そして顔を執拗に痒くしたり、尻に針を刺すような痛みを継続されている。また、神経質にする遠隔操作をされ、足に衣服などのしわが気になったり、寝ている姿勢がしっくり来なかったり普通なら全く関係なく自然に眠ってしまうのにやたらあちこちが気になってしまう。すべて遠隔操作で、しかも巧みに考えられている。ここまで細かく出来るのは、モニターになる実験台がいてテストを繰り返した結果だと思う。拷問をする為に開発された遠隔操作装置だ。

また、何かを自白させる機能があり、激しい苦痛の中で心の中にしまっていた事柄を表に出させてしまう何かを備えている。遠隔から被害者の周囲の出来事を監視する機能は被害者が見聞したものを盗み取るだけでなく、他にあるようだ。スパイ活動には最適の装置でありテロ組織ならいくら金を払ってでも欲しがるだろう。

加害者はどうしても私に広報をさせたいようなのでこれから要望を入れる。

4:05
就寝は1時前だから、3時間以上に渡り寝させない拷問を受けている。顔をピンスポットで異常に痒くされたり、脳を覚醒させられたり、尻に針を刺すような痛みを続けられたりしている。連日の睡眠妨害では困るので、各省庁と、各政党に要望を入れた。今夜だけで2度目だ。もう一度入れたら「かわいい子供をキチガイにしてやる」と声の送信で脅迫されたので、キチガイにして頂きたいと思い、同じ政党に3度同入れてみた。

電磁波テロとはこう言ったやり方で被害者を追い込む。

絶対に許してはならない。

命ある限り徹底的に戦いたいと思う。

7:32
その後も寝させない拷問を受け続け、眠れたのは6時頃だと思うが先ほど熟睡中に起こされてしまった。歌のリピート送信をされているが、眠いのですぐに寝ようとすると顔がブルブルと振動するような感じになり絶対に寝させようとしない。また、要望を入れようと思う。

思考の挿入は手が込んでいる

声やイメージの脳内送信を使った思考の挿入は、目覚めた時からエンドレスに行われていて、それは声の送信が途切れないのと同じと考えられる。送信されたものと、自然発生した思考の区別は付き難く、その辺りの偽装も常に行われている。偽装というのは自己から発生した思考を挿入された思考のように思わせたり、わざと挿入された思考と判るように送信したりすることである。

思考の挿入は、愚劣な発想によるその場限りの単発の物もあるが、巧妙に作られていて、何かを想起するきっかけがあり、そこから選択肢を持ち枝分かれが出来るように作ってあり、あたかも自分の発想により想像が展開して行ったように思えてしまう場合がある。時間にして、それなりの長さがあったりもする。被害者としても、まさかそこまで出来るとは思えないのだが、実は脳の遠隔操作は信じられないような領域へ行っていると思える。


被害日記

12:40
昨夜は就寝後1時間くらいの間、寝させない攻撃を受けていたと記憶している。3時頃には眠っていたと思うが、8時少し前に目が覚めた。起床直後から脳内音声による歌のリピート送信や声による脅迫が始まり、記憶障害を中心に偽腰痛を起されたり、呼吸困難を起されたりしてかなり苦しめられている。細かい被害はそれ以外にも受けているが、とりあえず、それらを無視して仕事を進めている。

15:29
脳内音声の送信による思考の妨害と会話の妨害が酷い、仕事で話をしている時に自分が話す時には呼吸困難(興奮して息が上がった感じ)にされて上手く話せなくなり、他人の話を聞く時には舌が一緒に動きそうになる悪質な脳内音声を送信され、意識も脳内音声の方に強制的に持っていかれるので他人の話が理解できなくなってしまう。二人に同時に話しかけられた状態より遥かにきつい。また、記憶障害や、首、腰の違和感も強く起こされているので身体的にも不自由であり不快である。

18:07
記憶障害は昨日ほど酷くないが、悪質な音声送信による被害が続いている。相変わらず遠隔監視によりプライバシーのない状態だ。そのために思考の自由もない。身体的には首、腰の違和感や痛みが続いていて、やや鼓膜が詰まったような感じにもされている。不快でならない。

24:12
舌に刺激があり、一緒に喋り出してしまいそうになる悪質な音声送信が続いている。夕食後は久々にお腹に空気を溜められる攻撃を受けた。勿論、胃や腸に空気を溜められる攻撃も日常化してはいるのだが。お腹が苦しくなるほどの攻撃はこのところ少なかった。少し前は毎食後にやられていた。

夜はサウナに行ったのだが、家を出るとすぐに記憶障害などの脳への攻撃が強くなり暴れ出したくなる衝動を起された。車を運転してサウナの駐車場につくとキーンという音が耳に送信されていたが、それよりも耳が煩くて堪らなかった。これは、何か煩い音が出ているというのではなく聴覚神経を刺激されて煩く感じているように思える。

サウナに入っても暫くは、遠隔操作によるやり場のない怒りが静まらないので周囲にいる人間と喧嘩にでもなってしまったら困ると思った。実際にそうなった時にはどう対応するかわからないが、自分の内部では何も怖いものはなく、いつでも戦ってやると言ったような気持ちを感じていた。その内に怒りは消えたが脳内音声の送信は全く消えなかった。

そして、サウナから出るとすぐに強烈な脳への攻撃され、脳を締め付けられるような感じになり記憶障害を起される。頭痛と首の後ろの硬直、鼓膜が詰まったような著しい不快感と嫌悪感に襲われ、暴れ出したくなるほど興奮をさせられた。視覚に対する遠隔操作もされ左右の目の見え具合が度のあっていないメガネを掛けたかのようにされた。そんな状態で苦しめられながら我慢をして車を運転して帰宅した。途中、対向車にぶつけてしまいたくなる衝動も起された。加害者は声の送信で「自殺させられないようしろよ、マインドコントロールについて日記に書くなよ」と脅迫をして来た。

いまもかなりの攻撃が続いている。

今度は「そんな日記を書いていると運転免許を取り上げられるぞ」、「危険人物ということで強制入院させられるぞ」、「必ず、全部嘘でしたと言わされるぞ」と脅迫をしている。

電磁波テロは地球規模で嫌われている。

寝る。

9日2:48
眠らせない拷問を受けている。
まず、寒くて体が冷えてしまう被害を受けている。これは寝る前から始まっていて、またやられるのかと思い恐怖を感じていた。しかし、最初から厚着をして寝る意志はなく、普通に寝た。30分ほどしてやっと眠りに入ったと思うとすぐに頭を叩かれる感覚で起される(これは、頭に叩かれる感覚と衝撃を感じる攻撃で音までする)。眠りに入る時も人工的に眠らされていると感じている。

その後、片足だけ冷えてしまったり、背中が冷えてしまったり、テクノロジーによる攻撃であると判るようなやり方をして来る。すぐに、声の送信でおぞましい嫌味を聞かせ、暴れ出したくなる衝動を起される。顔を痒くさせたり、暴れる所のイメージ映像を送りつけたり、耐え切れなくなり爆発しそうな感情にされ続けた。暫く我慢したが、寒さ攻撃が酷くなってきたので我慢する必要はないと思いトレーナーと靴下とオーバーパンツを着るために起きて来た。

ついでに各省庁と各政党に要望を入れました。

電磁波テロを無視している国家に責任があると思う。

四年ほど前から24時間の攻撃になったのだが、その頃には暴れ出したくなる衝動などのマインドコントロールの事を知らずに夜中に暴れて家具などを破壊していたのを思い出した。それと、冬にはストーブを点け、室内でコートを着て日記の更新をしていた。最近は攻撃が激しいので今年の冬はそうなるかも知れない。

また、脳を締め付けられるような不快感と記憶障害が強くなってきた。歌のリピート送信も行われている。偽の腰痛も起きている。

電磁波テロは世界の迷惑だ。

遠隔マインドコントロール

テクノロジー犯罪では、何かを閃かせたり、何かが思い浮かんだりするのが思考の挿入だ。仄めかしを行わせたい人間に対して、思考の挿入をすれば、仄めかしを遠隔から他人を介して行う事が出来るかも知れない。また、関係妄想のような自分が仄めかされているような感覚にさせる信号を送りつける事が出来れば、これも仄めかしになる。

実際に、そう言ったことは遠隔操作で行われていて、個人的にはネット関係の記事を読んだときにドキッとして自分の事だと思わされてしまうことがある。しかし、よく読んでみるとすべてが自分と一致している訳ではない。こう言った現象をどのように受け止めるかが個人差ということになる。

また、何かを信じて疑わなくなったり、一つの事だけを考え続けるようなマインドコントロールもある。


被害日記

10:35
昨夜は寝させない拷問に遭い、朝の6時頃まで寝られなかった。それから9時に目が覚めたので10時まで横になっていた。しかし、10時に近くなると急に眠くされるなどの陰湿な攻撃もあった。とにかく、酷い目に遭わされた。興奮させられて暴れ出したくなる衝動にも駆られたし、催眠状態のようにされて声を聞かされたりもした。

寝られない時間があったので、イーガブより防衛省と警察庁に要望を入れた。朝起きてからは政党に意見を入れた。もう、すでに頭部圧迫感と記憶障害と平衡感覚の変調と首の後ろの硬直が行われている。鼓膜も詰まったようにされ脳内音声で歌のリピート送信をされている。

24時間365日の拷問が野放しの国では困る。

18:37
今日は、昼からお客様がお越しになられていたのでトイレに行く時間すらなかった。睡眠妨害をされ、脳への攻撃を受けながらの仕事であった。音声送信は途切れる事無く続いていたが、記憶障害と首の後ろの違和感以外の攻撃は酷くなかった。疲れと眠さが出ていたが遠隔操作と自然現象の区別が付かない。時間感覚の喪失や、生活リズムの喪失も感じているが、それらも記憶障害の影響と思われる。言葉では中々表現し難い麻痺感などもあるが、激しく興奮させられていないので助かっている。

一旦、ログアウト後に誤字を訂正する為にログインして、偶然に思い出した。マインドコントロールである。お客様とお会いして食事をしている時に声の送信で「いまいる人は公安調査庁の職員だ」なんて聞かされたのだが、本当にそのように感じてしまい、少し違和感があった。人をやや疑った目で見てしまうというか、そのようになってしまった。被害に関係のない人に、そんな状況を話したとすれば、大笑いされてしまうかも知れないが、マインドコントロールというのは、被害者の側から見るとそう言った世界に囲い込まれてしまっている。これは、決して声の送信に騙されているのではなく、感情が遠隔操作され、そのようになってしまうと言うことだ。たとえとしては少し下かも知れないが。

22:37
ここまで来ると殺人と言いたくなるような激しい攻撃が続いている。呼吸困難と記憶障害と嫌悪感を延々と続けられている。暴れ出したくなる衝動も頻繁に起されている。何よりも記憶障害を強く起され時間の感覚は無くなってしまうし、タバコを吸ったばかりなのにまた吸いたくなったりする。

頭部には頭痛に近い違和感があり、パルス的な微振動のようなものを感じている。それは今までよりも、もっと細かいパルスに感じる。脳に膜がはったような状態にされ、テレビを見ていても音楽を聞いていても脳が認識できないような状態にされているので麻痺感が出る。まず、耳に遠隔操作の雑音のようなものを送られるので音が著しく聞こえ難い。聞いても、その場で忘れてしまうので理解力が落ち、時間の連続性もなくなってしまう。

疲れていたので食後に横になっても呼吸困難にされるので寝ることすら出来ない。仕方ないので電磁波攻撃による妨害を受けながら演奏した自分の音楽の中から良さそうなものをピックアップしていつものサイトにアップした。やはり音楽を聞いていると声の送信でメロディーに合わせて嫌味を替え歌のように送信されるし、自分が演奏している楽器の音を言語のように、舌に刺激のある脳内音声としてに再送信され著しい不快感に襲われる。

とにかく酷い攻撃が続いている。

加害者は声の送信で「ざまあみろ」、「参ったと言えは許してやる」などの罵声を浴びせ続けている。首の後ろの硬直と目眩も起されている。

24:46
その後も、歌のリピート送信と声による干渉、強い記憶障害が続いている。腹に空気を溜められるなど、その他の被害も受けている。声の送信と同時に体感付きの感情送信をしている事がよく感じ取れる。憎たらしい声を聞かされると胸が締め付けられ、苛々したりする。

暴れ出したくなる衝動はキレた時の感情だけでなく、その場で手に持っている物で暴れているところのイメージ映像を脳内に送信している。

これで何かの犯罪を誘発させる事も可能だろう。

これが野放しではいくらなんでも酷くないか。

寝る。

目が覚めるといきなり「おめでとう」

9:19
朝、電話が鳴っていた。携帯電話ではなく固定の電話だ。その音で目が覚めたとは思えないが、形の上ではそう言うことになっている。昨夜も、3時頃に目が覚め、その後1時間ほど寝られくされたので熟睡の真っ只中だった。とりあえず、寝ぼけたまま起床することを決断し携帯電話を手に取るとメールが来ていた。昨夜出したメールの返事であったが、その文章を読んだ瞬間に「おめでとう」と陰湿かつ不快な声の送信を聞かされた。プライバシーが全くない被害というのはそんな所にも現れる。

そして起床をすると脳内音声による音楽のリピート送信や声の送信で執拗に脅迫をしたり、考えてもいないことを脳内に聞かされるので思考が嫌でもそちらに誘導されてしまう。そのうちに「何か言いなさいよ」と声で言ってくる。ようするに、聞こえた声に対して何かを考えたり、呟いたりしろと言っている訳だ。

声に出さない呟きも脳内音声によって自分の脳内に、ほぼ同時に再送信されてくるので、声に出さない呟きが盗み取られている事が判る。しかも、再送信されてくる声は男女どんな声にでも変えることが出来る。電話で自分の声も相手の声と一緒にスピーカーから聞こえて来ないと通話し難いのと同じ原理だと思う。無線機なしのテレパシー通信の接続をされている事になる。最後は嫌でも呟かずにはいられなくされてしまう。

12:43
日記の更新を始めたら急に思考の異常と視覚の異常を起した。

ここまでは、音声送信の他はそれほど酷い被害はなかったが、この通りである。ついでに呼吸が苦しくなり、遠隔操作で無理やり歯を食いしばらせられている。

ところで、子供が今日も頭痛がすると言って学校を休んでいる。どうも最近になってそのような状態が多いように思う。世間からみると登校拒否のように見えてしまう。活発な性格なので引きこもりや登校拒否になる理由は考えられない。本人を見ると頭蓋インナーボイス状態とまでは言わないが、心と周囲との隔たりが出来ているように見える。もう1人の子供は首の後ろに違和感があると良く言う。加害者は声の送信で私に向かって言う「ざまあみろ、一家を滅ぼしてやる」と。電磁波テロとはこのように無差別攻撃を仕掛けて被害者に対して広報活動などが出来ないように仕向けるようだ。

また、多くの被害者は(自分も含めて)、隠蔽されている正体不明のテクノロジーに撹乱されてしまい、本来やるべき事から逸らされてしまう。この、あらゆる意味で、あらゆる範囲で混乱させられ、撹乱させられている状況は被害者が増え続けている現在でも何ら変わる事がない。

それは即ち、与えられる情報が頭打ちになっているからだ。

この、テクノロジーにより撹乱されている状況は、例えば、人間以外の動物、例えばサルなどに対して行ったらすぐさま仲間同士で殺し合いになってしまうかと思った。そのような、見えない敵=仮想敵、という状態を作り出している加害者は人間の世界にそのような状況を作り出そうとしている事が根底にあるように思う。

こんな犯罪を政府が野放しにしているなんて信じられない。

22:08
仕事が終わった時は酷い攻撃を受けるのではないかと言う不安感から日記の更新が出来なかった。いま、昨日演奏した自分の音楽を聞いているが、聴覚を攻撃されているので音が良く聞こえない。鼓膜が詰まったようにされキーンという音がしている。帰宅後からそうされているのだが、脳内音声は良く聞こえ内容も理解出来るのだが、テレビの音声は聞こえていても内容が理解出来なくなる。耳から伝わる音は阻害して、別のところから来る音は脳に伝わるような遠隔操作をされているのだと思う。同時に、パルス的な不快感があるので断続的に意識を失わされているようにも感じている。

音楽を聞いていると自分の演奏した楽器の音だけが脳内に再送信されて、フレーズに合わせて舌を刺激される。非常に不愉快であり腹立たしい。その、腹立たしさと不快感に上乗せする形で、強い怒りの感情を送信されるので、その苦痛に耐えながら音楽を聞く事になる。いつものことだが演奏妨害をされた録音のプレイバックを聞きながら、本当ならもっと良い演奏が出来るのにと思いながら2重に苦しめられている。

人権を無視した破壊的拷問である。

23:29
まだ、激しい攻撃と戦いながら音楽を聞いている。演奏中にどうしても他の人とリズムが合わなくて困る時があった。なぜか一緒にやっている人のリズムが少し先へ行ってしまうので変だと思っていた。しかし、それが遠隔操作により私が一瞬送れていた事が判明した。恐らく瞬間的に記憶を消して動作を遅らせているのだろう。何かの攻撃を受けたという自覚は全くない。

このようにして気が付かないように失敗をさせたりして、変わった人間だと思わせたり、人間関係を歪めたりする破壊工作は、思考の誘導や意識の誘導も含めて、本人が気が付かない所で日常的に行われていると思う。それは、被害だと気が付く攻撃の陰に隠れて行われているのだと思う。

この破壊活動、早く止めさせて欲しい。

7日1:23
頭部圧迫感や、頬を口の中に吸い込むように噛んでしまう被害、腰の痛みなどが続いている。音声送信も脳への攻撃も続いている。あまりにも攻撃が酷いので政党に意見を入れた。

寝る。

3:35
電磁波テロの寝させない拷問を受けている。

人工的に眠らせてすぐに顔を痒くして目を覚めさせる。その痒みは以上に敏感なものでとても耐えられるものではない。更に、痒みの信号を送りつける時に、脳を電気的に覚醒させ、怒りが湧いてくる。それを何度も繰り返した後に脳を覚醒させられて催眠状態にされる。声による語り掛けを延々と続け、その語りはどれも本当に聞こえてしまう。しかし、されらはすべて嘘で目的は寝させないことだ。

その事をテレパシー通信で加害者に伝えると手のひらを返したように、不快になる信号を送りつけてくる。今は首の後ろが硬直して、脳の芯が痺れるような耐え難い不快感に襲われ、暴れ出したくなるような怒りに駆られている。イメージも追加されていて背中からヒステリーを起して絶叫しているような擬似的な感覚にされている。

これに騙されて暴れさせるのが狙いだろう。

その代わりに政党に要望を入れた。

すると加害者は「お前のことを殺しに来るぞ」と脅迫した。

強度の拷問であり、こんなテロを野放しにしている政府の考えが理解出来ない。

「書けば、書くほど、笑われるよ」と脅迫

13:03
本当は「寝させない拷問を受けました」というタイトルにしようと思ったのだが、更新をしようとした瞬間に声の送信で聞かされたのでタイトルを変えた。

昨夜は2時頃に就寝したのだが、寒くて体が温まらない被害を受けて、更に陰湿な声の送信を受けて5時くらいまで寝られなかった。まず、寝具は毛布の上に羽毛布団が薄いのと、厚いのが2枚掛かっている。普段は、それだと熱く感じる時があるし、目が覚めると汗が出ている。なぜ、そんなに布団を掛けているかと言うと、少し前に寒くて寝られない攻撃を受けたからだ。

それでも、寒くて寝られないので靴下を履き、寝巻きの上にトレーナーを着た。しかし、今度は足が寒いので外用のオーバーパンツを履いてやっと眠れた。その後、すぐに起されたが脳への攻撃が継続していて、トイレに行く時にも苛々させられ、脳の芯が痺れているような感じで平衡感覚も変だった。しかし、室温が10℃あるのにその格好で汗一つかいていなかった。

その後も度々目が覚めたが、全く熱いと感じることはなく、昼間と同じように脳や身体への攻撃が続いていて、全く寝た気がしなかった。それでも12時近くまで寝ていた。

起床すると強力に脳を攻撃され、脳の芯が痺れているというよりは、脳が振動しているように感じている。平衡感覚の変調も酷く、首の後ろの硬直もあり、著しく不快であり、気が表に出ない感じだ。この気が出ない感じは言葉では説明が難しいが、気というエネルギーが弱ってしまっているような感じで元気がない状態を人工的に作り出している状態である。その元は脳への攻撃であることが体感として感じ取れる。

また、腰の痛みは骨の芯から痛むのが感じ取れた。筋肉の痛みも発生させられていて、脳と身体を両方攻撃されていて著しく不快・不調とされている。従って、政党にメールで要望を出した。

テロリストは何としても被害者を黙らせたいのだろう。

14:21
これから都内のスタジオに音楽の演奏をしに行くが、毎回、遠隔操作により激しい演奏妨害をされている。時間と金を使って苦しむために音楽をする結果になるのだが、続けたいと思う。

22:19
今帰宅途中だ。左の肩から腕全体にかけて筋肉がひきつってしまい痛みと疲労が酷い。首の後ろの違和感と頭部圧迫感も強い。また、内臓の痛みのような気持ち悪さも出ている。勿論、音声送信も途切れない。

音楽の方だが、最初スタジオに入った時は音が不自然に煩く聞こえたり、脳への攻撃が強かったので、どんな酷い事をされるか不安だったが、演奏をしている時には各種演奏妨害をされたが、激しい妨害ではなかったので、ある程度の演奏になったと思う。

また、休憩の時に食事に行ったのだが、食べ終わってから激しく脳を攻撃され、話を聞けない、喋れないと言う状態にされ、強い嫌悪感と共に暴れ出したくなるほど興奮させられた。そんな時に声の送信は罵声の連続となる。

また、知覚の遅延フィードバックのような、画像イメージや平衡感覚を一瞬遅らせて再送信するような被害も受けた。

とにかく、テクノロジーを用いた遠隔拷問により、あらゆる方面から著しく不快にされている。映画ではないのだから激しい人権侵害を止めてもらいたいと思っている。

また、日記の更新をしていると執拗に鼻を痒くさせてくる。

24:20
先ほど帰宅したところだが、帰宅直後にすべての被害が弱くなり何のストレスもなく、すぐに風呂に入って寝ようという気持ちが湧いてきた。少しするとその気持ちが薄れて脳の中に思考がスッキリとしない不快感が湧いて来たが、無視をして風呂に入った。多少、攻撃が強くなっているが、日記に書いて置きたい事柄もあるが、止めにする。

寝る。

遅れて更新となりました

とくに攻撃が激しかったわけではありませんが、用事があり、時間に隙間がなかったのでこの時間の更新となりました。

20:07
昨夜は2時過ぎに就寝したと記憶している。朝の5時半くらいに起されてしまい、すぐに声の送信で何かを言っていたが無視をしてトイレに行ってから寝ようとすると、何かとても寝られなくなる攻撃をされたので起きてしまった。ついでにパソコンの電源を入れて政党に、いつもの同じ文章のまま要望を入れた。それから寝たので6時半くらいになってしまった。その後は9時に目が覚めたが10時まで寝た。結果、3時間半と3時間半という睡眠である。私も、6時間以上連続で眠れた記憶がここ数年間無いと思う。

起床後は、すぐに後頭部に違和感が発生して、思考回路を電気的にかき回されているような感じになり、不快感が発生し、如何にも脳を攻撃されていることが感じ取れる。記憶障害の系統は日常化した被害だ。いつも遠隔操作でコーヒーの味を変えられてしまい値段は高く、非常に不味いコーヒーを飲まされているので癪にさわりコーヒーカップを取り替えたら味が戻ったような気がした。

食事に行った時に子供が「首の後ろに違和感がある」、「歩くと足が痛い」などと言っていた。嫌な感じである。その後は、子供に頼まれてパソコンの操作をしていたが、上手く行かない場面があり、それにタイミングを合わせられ強力に脳を締め付けられるようになり、暴れ出したくなる衝動を起されてしまい。大変な苦労をさせられた。この犯罪に関して子供にどう説明するかなど悩んでしまう傾向があるが、途切れることのない脳への攻撃のために悩む暇がない。

ふと思った。私は悩みが無い。加害者によって作られる対人関係などの異常なまでの嫌悪感を伴う思考の挿入と、考えが纏まらなくなる脳の遠隔操作を悩みと呼べば、それをやられると悩みというよりは苦痛となるが。やはり、途切れることのない攻撃により、自由に考えたり、自由な時間がないので、何かを悩むような余裕がないのだと思った。それと、悩むべき事柄はあってもこの被害を受けている以上、諦めざるを得ない。

夜は楽器の練習をしたが、昨日と一昨日のような激しい妨害がなかったので楽だった。ただし、休憩後の後半は脳への攻撃などをされたので酷く苦しめられた。暴れ出したくなる衝動は起されなかった。やはり、手などの筋肉を少しでも硬くされると楽器は満足に演奏できないことが判明した。強い電磁波攻撃は論外である。

その後、夕食を食べてから帰宅した。今は、軽度ではあるが、お腹に空気が溜まるような、下腹の筋肉が緩んでしまっているような感じで苦しく、呼吸困難にもされている。

最近は脳への攻撃が強く日常化しているので、こう言った日記の文章が纏まらなくされ、倦怠感と共に集中力を出なくされているので困っている。

20:53
日記更新後に、お腹に空気を溜める攻撃、呼吸困難攻撃、思考能力を低下させる脳への攻撃が強くなってきた。平衡感覚の変調も行われている。両方の鼓膜が詰まったようになり、脳内音声による歌のリピート送信が行われ、下唇を遠隔操作で無理やり噛まされている。拷問状態となっている。

24:50
加害者の声の送信による誘導で音楽を聞いたのがきっかけで酷い攻撃を続けられている。勿論、今日の夜は「暴れ出したくなる衝動」を延々と起されている。まず、呼吸が上がってしまう。次に意識が上の方に行く。意識の位置は視覚と密接な関係にあり、気持ちが舞い上がってしまったような状態を、呼吸の操作と併せて人工的に作り出している。強い記憶障害は日常化しているが、それが自由にものを考えられなくなる被害の基になっていると思う。

聞いていた音楽のメロディーを何度も繰り返して聞かせて来るが、右耳に送信されている。そして、右耳の中に強い違和感を発生させてくる。それだけでも不快なのだが、メロディーが聞こえると脳に対して不快になる信号を送りつけてくる。そして、苛々させながら暴れ出したくなる衝動を送信する。強度の拷問であり、最後には「我慢するのも面倒だから部屋の中の何かをぶっ壊してしまうか」のような気持ちになる。それでも我慢をする。

しかも、それだけではなく声の送信による追い討ちがあり、メロディーに合わせて下らない単語の羅列を無理やり呟かされてしまう。しかも、それらの攻撃をされている時は意識を薄くされるというか、意識が途切れるような感じがあり、呟かされないように逆らっていても気が付くと呟かされている。

根性でメロディーとは関係のない単語を呟き出すと、今度はメロディーのテンポを私の呟きに合わせてくる。もっと酷いと逆らって関係のない単語を呟く気力がなくなってしまい、されるがままに発狂寸前まで追い込まれる。

この耐え難い苦痛と加害者の極悪さが伝わるだろうか。

勿論、被害はそれだけではなく多岐に渡って続けられている。

この無差別テロに対しては広報で対抗したいと思っている。

寝る。

追記
5日2:44
眠らせない拷問を受けている。寒くて体が温まらない攻撃をされているので、靴下とオーバーパンツとトレーナーを着たが、いくらでも寒くすることができるようだ。歌のリピート送信もされている。記憶を瞬時に消されてしまい、他にどんな攻撃をされてたか忘れさせられてしまった。究極の犯罪隠蔽工作だ。明日も政党に要望を入れたい。

陰湿な攻撃が続く

10:06
昨夜も就寝後1時間で起され、次は2時間後の5時。その時は体が急に熱くなって汗が出てきてしまい寝られなくなったので、一度起きて、イーガブより各省庁に要望を入れた。やはり、他の被害者の方でも国会議員の方にメールを出して電磁波犯罪に肯定的な返事を頂いているそうだ。

その後は寝られたが、無理をして起きる必要はないと思ったので目覚ましを遅らせた。すると9時過ぎに目が覚めた。脳への攻撃はそれほど強くないが、脳内音声による嫌味と脅迫は執拗に行われている。また、歌のリピート送信行われている。

電磁波攻撃は破壊活動そのものだと思う。

日記には書けないが、2つほど実行している広報活動がある。

10:14
脳への攻撃がそれほど酷くないと書いたらログアウト後に急に強くされた。思考能力の極度の低下と平衡感覚の変調と記憶障害だ。ブログに再度ログインする時にログインするためのリンクが探せなくなり、パスワードも思い出せなくされた。著しい不快感も発生している。

22:05
その後、被害は少し弱まり、忙しいので仕事をしていた。しかし、疲労感が酷くやる気が出ない。しかし、この筋肉の違和感は絶対に自然ではなく被害と確信していたので根性で頑張った。するとその内に、酷い疲労感がなくなり、体の動きにもスピードが出てくる。音声送信は途切れないし、脳への攻撃を受けているという違和感も途切れなかったが、激しく妨害をされることなく仕事を終了した。

夜は楽器の練習をしに行ったが、「昨日と同じにしてやる」と声の送信をされ、実際には昨日よりも酷く妨害をされた。昨日から右半身の筋肉が痛く、右を下にして寝ていたから右半身が痛くなったかのように思わせる内容の声の送信があったが、私は電磁波被害だと思っていた。

仕事は自分の能力の半分程度しか発揮出来なくても、激しい不快感がなければ何とかなるが、楽器の練習の場合はそうは行かない。自分の実力をすべて発揮し、尚且つそれ以上を目指すから練習をするわけで、筋肉の遠隔操作で意志の通りに体が動かなくなり、更に、痛くて姿勢を保つ事が出来なくなれば最悪の状態になる。しかも、執拗なまでに声の送信で練習する楽器のフレーズをなぞられたり、先に指示を出されたりすると果てしない不快感が生じる。最後は以上に興奮させられて、暴れ出したくなる衝動を起され続けていた。

そして、「参ったと言うまで攻撃をしてやる」、「もう、懲り懲りだと言うまで攻撃を続ける」、「明日も練習妨害をしてやる」と声の送信をしながら激しく練習妨害をされた。

下記、中国のテクノロジーサイトです。

サイボーグ10種、テレパシーからマインドコントロールまで

アメリカ国防総省の研究らしいが、ここにはATRが行ったサルとロボットを遠隔接続する実験が載っている。

テレビ放送

中国国営テレビのようです。マインドコントロールの武器がアメリカで実戦配備されていること、中国国内で「脳内音声」に悩まされている人たち三人の取材のようです。


22:29
それから、また、自ら命を絶った被害者の方が出たようです。
ご冥福をお祈り致します。

24:57
音声送信、脳への攻撃、身体被害が継続している。
しかし、楽器の練習の時のように異常に興奮をさせられていない。

寝る。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる