あくなき広報が必要だと思う

あいかわらず悪魔の犯罪と言われている人を苦しめて喜んでいる電磁波犯罪は、ご存知のように、目に見えないから、信じられないから、などの理由により社会で中々認知されないので、加害集団のやりたい放題となっています。決して摘発を恐れて攻撃を止めるなどと言うことはありません。勿論、強大な力による隠蔽工作が行われているのでしょう。しかし、それに対してはあらゆる方面への広報を継続することしかないと思います。


被害日記

10:11
極低周波の磁界を測定しました。これが何を意味するのかは不明ですが、数値が変わっているのが気になります。少し前は自宅で1Hzで9.8mTを示していましたが、その後、都内某所で測定すると3.8mTであり、同じ日の夜に自宅で計測すると3.9mTに下がってしまいました。

自宅9.8mT
低周波磁界自宅

都内某所
低周波磁界都内某所

その後の自宅
低周波磁界自宅1

昨夜は就寝が2時半くらいだったが途中覚醒のような睡眠妨害は無かった。しかし、朝の8時頃から断続的に目が覚めたりしていた。声の送信は最初は私をおだてるような所から始まったが、起床するとまず後頭部を中心に圧迫感のような脳に膜が張ったような感じになり、平衡感覚がやや鈍り思考能力が低下する。

やはり起床時に疲労感や筋肉の痛みを発生させられるのも日常化していて、今日は背中と腰の筋肉が痛く屈めないほどであった。しかし、それは本人にしか判らないが不自然極まりなく明らかに遠隔操作である。しかも、痛みが出たりなくなったりする。コーヒーを入れようとすると音声送信などの明らかなきっかけがないのに普段と違う間違った手順を取らされてしまったり、記憶を消されてしまった。

現在はその延長にあり不快感も著しい。声による脅迫も絶えない。

22:21
今日は被害者の会があったので早めに家を出た。しかし、何故か面倒で行きたくないと言う気持ちが何処からともなく発生していた。当然、マインドコントロールである。

今回も新しい被害者の方が5人ほど来ていた。話を聞いていると皆さん同じ被害で、受け止め方や感じ方が違うだけだと思った。また、巧みに人を騙しながら精神への介入をしていく手法も共通していると思った。撹乱されない為には、テクノロジーでどんな事が可能であり実際に行われているのかを理解すると言うか知る必要があるような気もするが、そんな事を知ったり自分に当てはめて考える必要もないと最後には思った。

そう言った傾向の被害が多発し被害者が増え続けている。恐ろしいテクノロジーが使われている。これを野放しにしているのが間違っているだけだ。

被害者の会にいる時は、強い記憶障害を起こされ、発言などのタイミングを逃したりした。最後になってようやく集中力を取り戻した。

その後は音楽の演奏の為にスタジオに向かったが、スタジオに近づくと平衡感覚の変調と思考能力の低下が急に起こり、不快感が著しくなる。

演奏を始めると毎度の演奏妨害が行われたが今日はいつもより酷く全く演奏にならなかった。ついでにその事に対して異常に腹が立つ感情操作をされた。

妨害内部は、強い記憶障害、体に力が入って楽器のタッチが悪くなる、音声送信で音を加工して聞かされるので違和感が酷い、急に体が動かなくなる、全く楽しくならない、アイデアが浮かばない、思考停止などだ。とにかく酷い目に遭わされた。

24:14
帰りは、スタジオのあるビルから外に出た瞬間に大勢の動いている人間が一斉に目に入り全員が自分のためにそこに来たように感じる。そして挙動不振のような自意識過剰とまでは行かないが、そのような感覚にされた。とにかく周囲の雰囲気を肌で感じ取ることができなくされ現実からの乖離が強くされた。それらは強い記憶障害と思考能力の低下、平衡感覚の変調、意味なき興奮によって引き起こされている。

また、興奮をさせられているせいか恐怖心がなくなってしまい、下手をするとガラの悪い人間と喧嘩をしてしまいそうな感じになる。とにかく周囲は何も変わらない普通であり、遠隔操作により異次元の世界に引き込まれている私とは全く関係がないのである。1人だけ現実から無理やり乖離させられている。

見張られているような感覚、自分が悪いことをしているような感覚、放心状態のように遠くを見つめるような状態にされたまま、電車に乗ると周囲の人が敵に感じたり、周囲の話がすべて自分に対する仄めかしのように感じてしまう。特に、聞こえて来る声に合わせて心臓をドキッとさせたりする遠隔操作も行われた。しかし、酷い緊張や居た堪れなくなるような挙動不振にはされず、どちらかと言うと周囲に無反応のような感じにされていた。

その後も音声送信は途切れず、後頭部の違和感と首の後ろの硬直などの著しい不快感が続いたまま帰宅した。余りにも被害が酷いので政党に要望のメールを入れた。今も攻撃が強く、軽い頭痛と吐き気を起されている。また、声による脅迫が酷い。

24:31
自分で書いた日記を今読み返したところだが、思い出せなくなる被害があるが、記憶をさせない被害もあると思う。日記のタイトルや何を書いたかなどを忘れていた。ここまで脳を攻撃し続けるのは殺人に等しいと思う。

24:43
何となく測定器のスイッチを入れました。
10mTを超えて表示されています。
10mT

11月1日1:47
まだ、強い攻撃が続いている。
平衡感覚の変調が酷いと船に乗っているような感じにされたりする。例えば、1秒間に3~4回程度の頻度でぐらぐらと揺れているように感じる。当然、手元は狂う。普段は、振幅がかなり小さく、頻度が高い細かい振動のような感じがする。しかし、それが確実に平衡感覚の変調とは言いきれなく意識を失っているのかも知れない。

寝る。

潜在意識と記憶の関係

テクノロジー犯罪では脳の遠隔操作が行われてる。被害として受けている脳の遠隔操作を具体的に説明をすると大変な量になってしまうので簡単には出来ないが、目覚めに何となく思ったことがある。「潜在意識に残して記憶を消す」という加害者から送られてきたものである。潜在意識とは何か、記憶とは何か、そしてそれらがどのように実際の意識に対して働いているのか、などは良く判らないが、この被害に遭っていると自然に何となく脳がどのように動いているのか、自分の意識や無意識がどのように活動しているのかを本当かどうかは知らないが感じ取れてしまうことが多い。それは「無意識にはさせない」という被害が中心だからだ。

話を戻すと、自分が知らないうちに何かが脳内に刷り込まれてしまう、という洗脳を行うための隠蔽されたテクノロジーの系譜ということになるのだろうか。現段階で自覚できているのは自分には無い、差別意識や政治・宗教意識や社会観を基にした声の送信を執拗に受けていると言うことだ。


被害日記

12:50
昨夜は2時頃には就寝できた。朝は8時前に起されたので睡眠6時間は取れていない。しかし、何か活力がありそのまま起きて何かをしたいと言う気持ちが強く出ていた。私は子供の頃からそう言うタイプの人間であり、人が寝ている時でも1人で遊んでいた。しかし、この被害に遭ってからは著しい不快感と苦痛に晒されるし、何をしても妨害をされるので起きるよりは寝ている方が良いと思うようになった。従って二度寝をして12時に目が覚める。

「どうだね、9時間寝た感覚は」と声の送信をされたが、頭痛がしていて体のあちこちが痛くて、頭もかなりぼーっとして不快感が酷い。これらはすべてテクノロジーによって作り出された不快感だ。歌のリピート送信も行われている。日記を書き出すと更に後頭部と首の後ろの不快感が強くなり、平衡感覚の異常と思考能力の低下が起きる。

31日1:17
その後は、楽器の練習をしに行った。脳内音声による干渉や語り掛けは途切れないし、記憶障害など脳への攻撃も途切れないが、昨日よりは遥かに楽に練習ができた。とくに左手が痛くなったり、意志の通りに動かないなどの遠隔操作がなかったので楽だった。また、意識障害のような激しい脳への攻撃もなかったと思う。

今日は雨が降っていたと言う事もあり、夜は自室にてのんびりとしていた。日常化している被害は継続していたが弱かったし、激しく苛々させられたりする感情操作や、激しい不快感などがなかったので、それなりにのんびりできた。しかし、歌のリピート送信は途切れる事無く続けられていて考える事の自由を奪われて、強い記憶障害、思考能力の低下、体の各所に痛みを起され大変な状態ではある。

やはり、歌のリピート送信をされる時には思考停止になるような信号を送られたり、苛々する感情を送りつけたりしている。この感情の遠隔操作というのは本当に不思議なくらいのものがあり、負けて悔しいと思うような感情や嫉妬心などのような単純ではないと思える感覚を作り出している。

それと、視覚の操作であるが、他の被害者の方が左右の目が別々に見ているような感じがすると言っていたが、確かにそのような操作があるように思った。脳のことに関して良く知らないが、そもそも物理的に目というのは二つあり、映像は二つあるはずだ。それを一つにして見ているのが脳であり、脳の遠隔操作をすればその辺りの違和感を作り出す事ができるのだと思う。

利目を入れ替えてしまうような被害や視力の調整、聴覚と同じように視覚もその時の自分に不要なものは意識しないで見ているのだと思う。そう言う部分を遠隔操作することも出来るのだろう。それらは場合に寄っては加害行為を継続しながら少しずつデーターを取得して試しながら行っているのかも知れない。

生体実験と拷問と口封じ

最悪の犯罪を取り締まるのは国民を守る義務のある政府だと思う。

寝る。

脳の遠隔操作による撹乱

脳の遠隔操作は想像以上に恐ろしく、思考能力の低下や記憶力の低下などだけではなく、思考する事柄や思い出す事柄をコントロールされてしまう。思考は記憶と密接な関係にあるので頭の中でものを考えるときには記憶を呼び起こすことになる。その記憶には過去の記憶、たった今の記憶、考える為に使う記憶などがあり、それを選択的に遠隔操作されてしまう。だから自分の意思で考えたいと思った事柄をどうしても考えることが出来ないようにされてしまう。そして、考える内容を加害者に挿入コントロールされてしまったり、意思決定を躊躇されたり、気分を変えられてしまたりして、被害者は撹乱されてしまう。


被害日記

11:45
昨夜は2時頃の就寝となったと思う。歌のリピート送信や声による干渉は眠りに入る瞬間まで続いているので、加害者が私を眠らせてしまうか、眠らせないための攻撃を止めない限り簡単には眠れないだろう。しかし、よほど被害が酷くない限り知らないうちに眠ってしまっている。

朝は目覚ましの鳴る1時間前に目が覚めてしまい、すぐに声の送信で対人関係か何かの暗示のようなものを聞かされたが忘れてしまっている。そのままうとうとしていると目覚ましが鳴った。その間にも何か声の送信をされていたが覚えていない。

起床後は強い疲労感と足や肩の不自然な筋肉の硬直が起きていた。今、強く記憶障害にされているので朝の出来事を思い出せないが、出社する時には頭に膜が張ったようになり、ぼーっとさせられていた。その後は歌のリピート送信が延々と行われているがボリュームは小さい。

多少、被害は弱くなっていると思うが、右の耳が詰まったようになり、物音や自分の出した声の大きさに反応して音叉のようなピーっという音がするので不快である。多少、思考の自由があると思っていると急に考えが纏まらなくなったりして、やはり撹乱をされていると感じた。

被害は細かいのを含めると大量にあるので主なものだけを記す。

23:16
執拗に脳内音声と脳への攻撃が続いている。

仕事は電磁波攻撃で妨害をされるので本来の3分の1程度の速度でしか進まない。また、被害に関連したこともやっているので余計に時間が足りなくなるのかも知れない。とにかく何をするのにも妨害が入る。パターンは決まっていて意思決定を遅らせたり躊躇させることが、声による干渉や脳への攻撃により行われる。

17時を過ぎた辺りから急に攻撃が強くなり拷問状態となる。頭痛と激しい不快感と思考能力の低下と興奮。そんな時には、もしかすると考える能力を完全に奪い取ることが出来るのではないかと思う。また、一つの種類と思える攻撃も実は複数のものを重ねて特殊な不快感を作り出しているのだと思える。単に記憶を奪うだけなら、それだけが出来るのだと思う。

夜は楽器の練習をしに行っていたが、今は思い出すことが出来ない状態にされているの、でどのような練習妨害をされていたかを思い出せないが、そのような時に突然ふっと事柄が頭に浮かんでくるので、加害者が脳の操作を変えていたり、思い出させるための何かを送信して来ているのだろう。実際に、この文章の前後関係すら完全に把握できないくらい脳を攻撃されている。

まず、最初に全く不本意なくらいヘタクソにされてしまい、大変な迷惑を被った。確かな感覚が、手ごたえのような自分のやったことに対する確信が持てなくなる被害だ。しかも、不器用になったかのように神経も体も意志が伝わらなくなる。それでも我慢をして練習をする。そこで苛々して切れてしまったら練習にならないからだ。しかし、もしそこで暴れ出したくなるような衝動を起されたり、攻撃が著しく強くなれば我慢の限界を超えるだろう。実際にそのような経験もある。しかし、それすらも無駄だとは思っていない。

その内に少しずつ集中力や感覚が戻り自分のペースで練習が出来たのだが(攻撃が弱くなったから)今度は筋肉を痛くされ、左手がスムーズに動かなくなる。痛いのは常に痛くされているのだが、痛いから動かないのではなく、別の何かで動き難くされていると感じる。また、神経の変調で右利きと左利きを入れ替えてしまうような感じにされたり、神経が右半身だけに行ってしまったり、左半身だけに行ってしまったりする被害もあるのだと思う。

そんな中で練習を終えたが、下唇を右側だけ吸い込むようにして噛まされているので線のような痕が付いてしまう。それは傷とも言えるわけで、そのような卑劣な攻撃に対して腹が立った。今も、噛まされている。これは遠隔操作で痛み、痒みを受けさせられるのと同じで送信されると自然になってしまうので避けることが出来ない。顔の表情にも同じことが言える。

帰宅後は、少し休みたいと思ったので横になってテレビを見ていたが、腹に空気を溜められたり、呼吸を苦しくさせられていた。暫く休んだので、日記の更新をすることにした。音楽の演奏を自分のサイトにアップしたが一ヶ月ぶりだったようだ。毎回演奏妨害をされるので中々アップできるような演奏がない。

加害者はこのような酷い被害を受けさせ続けていて私が日記を書いているのをリアルタイム監視しながら声で干渉してくる。被害者の苦しみや気持ちは人間であれば理解できる筈であるが、攻撃を止めることはない。常識では到底考えられない恐ろしさだ。こんな事をしていると、ただで済む訳がないので加害者は命がけで破壊活動をしているのかと思った。

30日1:14
テレパシー通信接続状態である。

寝る。

電磁波による遠隔拷問を禁止させて欲しい

電磁波攻撃は、はっきり言って究極の拷問であり、途切れることのない苦痛により、途切れる事無く苦しまされていても目には見えない形で行われているので誰にも判らない。どれほどの苦しみかは同じ被害者でなければ理解出来ないし、脳機能を著しく低下させられてしまったり、精神状態を極度に変にされると、被害の説明すら出来なくなってしまう。目に見えないように攻撃をするだけではなく、被害者の証言能力をなくしてしまう事までも可能となっている。


被害日記

12:50
このところの拷問は、胃に空気を溜められてしまい、ゲップを出したいのだが何処かの筋肉を遠隔操作で閉められてしまい出せない。それは、頻繁に行われているのだが、現実問題として飲食をする度に、またやられるのではないかと言う恐怖が脳裏をよぎる。呼吸に対する遠隔操作も執拗に行われ、心臓が苦しくなる、呼吸が苦しい、など本来無意識に行っている呼吸をする度に苦しみを感じさせられている。お腹に空気が溜まっていると呼吸が苦しくなるので余計に苦しい。

睡眠妨害
筋肉など体の痛み
記憶障害
思考能力の低下
音声送信
視覚の変調
平衡感覚の変調
聴覚の変調
味覚嗅覚の変調
感情や精神状態の変調

これらが日常的に行われていたら人間として生活出来ないことは間違いなく、攻撃には強弱があるものの不快で苦痛になるように行われている。傍からは拷問を受けているように見えなくても、それなりに物事を処理することが出来ても、自分本来の能力を発揮することが出来なくされ、心身共に不自由であり心の中は全く楽しくなく勤めて普通でいようとしていたり、不快なまま無視をして生活をしている。

昨夜は、早めに1時過ぎには就寝していたが、朝の5時頃に起こされた。トイレに行ってから再度寝たが執拗に声の送信やイメージ映像の送信をされていたのですぐには寝られなかったと思う。次は目覚ましが鳴ってから起きた。起床後のことは思い出せないが、歌のリピート送信と陰湿な感じの声の送信から始まったと思う。陰湿な内面への干渉や特定の対人関係を強く意識させるための声の送信は無視をしているが、そのためには関係のないことを呟かなければならない。

そんな感じで午前中は仕事をした。左半身の筋肉の痛みが継続している。書いている最中に記憶を消されてしまい次に書こうと思っていたことを忘れさせられてしまっている。声による脅迫が多い。ここまで書いてくると脳への攻撃が強くなり、鼓膜が詰まったようにされ音が聞こえ難くなった。

18:18
今日は来客が多く他の事が中々出来なかった。16時くらいから、やる気が出ないところ集中力を出して仕事をしたが声による干渉が続いていた。先ほどから急に攻撃が強くなり、首の後ろが引きつって、全身の筋肉が疲労痛のような感じになり、頭痛と意識障害を起こされている。著しい不快感であるが取りあえず仕事を終えた。

最近は、自分が喋ったときにハウリングしているように自分の声がどちらかの耳に変に響いたり、声が変わってしまったかのように聞こえたりする。また、自分の声の強さに反応してピーっという音が耳に送信されたりする。音声送信を利用しているのだろう。

何故か慌しい気持ちにされている。

29日1:56
随分と寒くなっている。部屋ではストーブをつけたりしている。夜は楽器の練習に行った。被害は継続しているが、それほど悪質な練習妨害はなかったと思う。ただし、ある種の音に合わせられてしまい、その音がすると必ずピーっという音が聞こえていた。

帰宅後も被害は継続しているが苛々させられるような精神拷問や激しい攻撃はなかった。自分で演奏した音楽を聞いていたが、どうも耳聞こえ方が不自然な感じがしている。風呂に入った時にあくびをしたら、やはり右の耳だけにピーっという音がするので何度か試してみたが、やはりピーと聞こえた。

寝る。

破壊活動に人生をささげる実行犯

電磁波犯罪では、ひとりの被害者に対して必ず付きっ切りで監視・干渉・攻撃をしている実行犯がいる。それは、普通に考えると1人ではなく複数ということになる。


被害日記

10:57
昨夜も脳への攻撃が強かったが2時頃には就寝した。しかし、朝の6時に元気に目覚めてしまった。これはテクノロジーで覚醒させられているのは明らかで、気持ちとしてはそのまま起きてしまいたい感じだったが、しゃくに障るので目覚ましが鳴るまでは寝よう思ったが寝ることが出来ない。顔を異常に敏感にされ布団や枕が少しでも触れるとくすぐったくなってしまったり、足の筋肉を痛くされたり、声の送信で好き勝手なことを聞かせてくる。そのような攻撃は眠りそになった時を狙って来て不快感を強くしている。そして、目覚ましが鳴る30分くらい前になると急に眠ってしまうが、今度は目覚ましがなっても眠くて起きられない。それも、起きるという意思が湧いて来ない不思議な感じだ。

起床が遅くなってしまったので急いで日記の冒頭だけを記して出社した。歌のリピート送信が激しく、声の送信は本当に汚らしく何かゴミを吐き出しているような感じだ。記憶障害も起こされ、鼓膜が詰まったようにされ、腹に空気を溜められているが、空気が溜まって苦しいというよりは大量にオナラを出させられている。

被害ブログのご紹介

マイメロDay

上記は同じテクノロジー被害を受けている方ですが、この犯罪を止めさせるべく活動をしようとしているようです。頑張って頂きたいと思います。また、初めてコメントを頂きました方がいらっしゃるのでご紹介させて頂きます。

テクノロジー犯罪による人権侵害

一日も早く人間の遠隔操作を禁止させて貰いたいと思います。

21:39
昼過ぎまでは仕事が忙しく、やっと午後に一息ついたと思っていたら急遽、出張の予定が入ってしまったので高速を飛ばして都内へ向かった。運転中も音声送信や、その他の被害が継続していたがそれほどではなかった。しかし、目的地に近づくと急に脳への攻撃が強くなり思考能力が鈍って、視覚操作を行われデジカメのように全体にピントが合ってしまっているような感じにされ、声の送信でも執拗に煽られてしまい違和感が強くなる。

しかし、そのまま相手先の会社に入り極めて自然でない状態のまま、不快感の強いまま、なんとか仕事を終えて帰ることにする。帰りは行きとは違って攻撃が強くなり、挙動不振のようにされてしまった。遅くなってしまったので夕食のためにファミリーレストランに立ち寄る。食べている時に遠隔操作で飲み違えをさせられそうになってしまった。これは昼食の後に自分の唾液を無理やり気管に飲まされて激しく咳き込んだのと同じ攻撃で、やはり飲み込むつもりは全くないのに勝手に飲み込まされてしまう。その次は舌を噛まされた。

何処でなにをされても見えない敵なのでひたすら我慢をするしかない。ついでに左の肩甲骨の横あたりを痛くされてしまい、痛いまま運転をして高速に乗った。地図がなくては走れない道なので道路標識を頼りにするが、それを見ようとすると急に視力が低下して近くまでこないと見えなくされてしまう。分岐点などで道を間違えさせようとする声の送信による罠もあったが運良く間違えなく走れた。当然、強力な脳への攻撃をすれば簡単に道に迷わせることも可能と思っている。

とにかく歌のリピート送信や作り話を中心とした音声送信が激しく運転中は途切れる事無く、声に出さない呟きをさせられていたので、結果として自由にものを考えることは全く出来ない状態であった。帰宅後は、数分間の間、それそこ集中的に声の送信で罵声を浴びせられた。

途中で、自分が悪いことをしているような、危険人物として周囲から監視されているような一種独特の精神状態にされてしまい周囲の様子を知るために景色を見たり、通行人を見たりすることが出来なくなってしまった。身動きが取れないというか目線を監視されているようで目線を動かす事も出来ないような状態だ。人の多い所でよくやられる遠隔操作であるが本当に陰湿な攻撃をするものだ。

24:47
それなりのレベルの攻撃が続いている。

寝る。

殺意ある電磁波攻撃を止めさせるには

先進国における電磁波を武器とした人権侵害。これは現時点では自殺・発狂に追いやられる恐ろしい犯罪で、被害者は生きている限り苦しまなければならないと言う絶望的な状況である。被害者の数は決して少なくはないものの、激しく攻撃をされ続けないと、何としても止めさせるべく行動には出ないし、余りにも激しく攻撃をされると正気を保つのが精一杯となり行動に出る何処の騒ぎではない。しかも、被害者は就業困難な状態にされてしまうので職を失い、二次被害として生活苦に落とされてしまう。精神病院に強制入院させられたり、被害の苦しさに耐え切れずに薬を服用してしまう被害者もいる。

しかも、加害組織は攻撃の手を緩めることなく続け被害者が増え続けている。総合的な人間の遠隔操作と情報の盗み取り、それに人的嫌がらせなどをを加えて人生を破壊され続けたまま、あらゆる不安と苦痛の中で「幸せ」、「やすらぎ」などという言葉とは無縁の生活を強いられている被害者。

この犯罪を止めさせるにはどうしたら良いのだろうか。


被害日記

13:41
昨夜は、連日の睡眠妨害と激しい攻撃、移動の多いスケジュールの為に疲れていたので少し早めに寝る事にした。就寝は1時頃だったろうか。しかし、まず3時頃に起こされてしまい声の送信で何かを聞かされたが覚えていない。昨夜は腹に空気を溜める攻撃が執拗に行われていたので、胃の中のものが消化されないで残っているように感じた。その後、すぐに眠ることが出来たが、今度は朝の6時に起こされ、また声の送信で何かを言っている。それも覚えていないが「広報のしすぎでお前は政府関係で有名だぞ」、「会社でもお前の事は有名だぞ」などが印象に残っている。

その後も、7時頃から断続的に目を覚めさせられていたが8時までは起床しないでいた。起床すると毎日同じように下半身に不自然な強い疲労感が発生する。歌のリピート送信も行われていて、寝ぼけているような雰囲気を装って催眠状態のようなマインドコントロールに掛けられてしまった。

掛けられてしまったと言うよりは送信されたらそのようになってしまうので脳の電磁的攻撃をされたと言うのが正しいと思う。細かいパルス波で脳を刺激されているような感じがして微妙に平衡感覚が変調され、意識が薄くなる。何よりも嫌らしいと思ったのは、役者に成り切っている声の送信担当者の喋りである。ゆっくりとした静かな口調で人の心の中に次から次へと訴えかけてくる。何を言っていたかも忘れてしまったが、私は普段から極力、脳内音声を聞かないようにしている。その為には全く関係ない事を呟くしかなくなる。

そんな事をしながらコーヒーを入れていると手順を間違えさせるような遠隔操作を続けてくる。記憶の消去をされて砂糖をスプーン何杯入れたかを瞬時に消されてしまったが、やはりその手口は記憶を消す瞬間に言葉、ないしは身体攻撃などで気を違う所にそらすというマニュアル通りのことをしている。

正直、バカバカしくて付き合っていられない。

その後も、歌のリピート送信は継続して、記憶障害や平衡感覚の変調、筋肉の痛み、腹に空気を溜める攻撃、視覚操作、著しい不快感などを、その時々に合わせて陰湿かつ執拗に続けている。自由に物を考えることが出来ないし、自分が本当にやらなければならない事を中々させない。

先ほども、やり場のない怒りが突然に発生したり、日記の更新を始めると強い絶望感と悲しみに襲われたり、ただひたすら無駄な時間を費やさせられていると言う感じだ。当然、不快感が酷く、苦痛である。

15:32
音声送信のボリュームが小さくいが途切れない。その他の攻撃として脳への攻撃も弱いながら途切れる事無く続けられ、記憶障害、落ち着きのなさ、集中力のなさなどを起こされ、一つの事を集中してやる事が出来ず、無気力にされている。これらは激しい拷問に遭わせなくても無口な被害者として遠隔拉致をしたまま保持できる事を証明している。

お腹に空気を貯める攻撃も途切れる事無く朝から続けられ著しい不快感となっている。その二次被害としてゲップが出る、オナラが出るなどが続いている。また、弱いのだが左半身の筋肉の痛みも肩、腕、腰、ふくらはぎに発生している。

それらの攻撃に対して不満を抱くとすぐに苛々と興奮をさせられる。

18:15
その後は、寒くてたまらなくなる遠隔操作をされ、脳への攻撃で意識障害を起こされ、頭部圧迫感と首の後ろの硬直を起こされ、最悪の気分であったが仕事であるので社内の会議をして話をした。その後は、歌のリピート送信が激しくなり、平衡感覚の変調も強くなり、悪質な声の送信を受けているが無視をして日記の更新をしている。

著しく不快であり、悔しくてたまらない感情を送りつけられ、暴れ出したくなる衝動を起こされている。それもすべてマニュアル化していて、足で物を蹴るイメージ映像を挿入されたり、全く無意味な人間関係を加害者が仮想的に作っては喋っている。正直、バカじゃないのかと思うが、何しろ電磁波攻撃が酷いので我慢をするのが大変だ。

今日は、無駄な時間が多かったが決してゼロではない。

24:57
夕食の後は用事があったので外出した。
とにかく音声送信は歌のリピート送信、声による喋りが途切れる事無く行われ、記憶障害や感情の操作、視覚の変調など外出するのに障害となるような事をされ酷い迷惑を被った。それでも時間があったのですぐには帰らずに喫茶店に入ったが、そこでも強く脳を攻撃されたり、腹に空気を溜められて苦しい思いをした。

帰宅後はネットで検索をしていたが、それこそやりたい放題の垂れ流しの声の送信を受けながら、脳への攻撃のために記憶力と判断力が低下して異常に時間が掛かってしまった。

この日常化している記憶障害と思考能力の低下は慣れてしまっているが、本当は大事件であり黙っていてはならないと思う。脳への攻撃は重大な犯罪であるが、その他の身体機能にたいする攻撃も重大であるので、この犯罪はどれを取っても大事件だと思っている。

寝る。

脳への電磁的攻撃が続く

17:42
今日は午後から出張があり、休み明けという事もあり、日記の更新が遅れてしまった。まず睡眠妨害は朝の6時に起こされる。昨夜寝たのが2時頃なので4時間程度しか寝ていない。しかし、すぐに眠ってしまったが、その後に何度か目が覚めている。7時に完全に起こされてしまい眠ろうとしたが声の送信が執拗に行われたので眠れなかった。

記憶障害が強いので午前中にどのような攻撃をされていたのか思い出せないが、歌のリピート送信と声による干渉が行われていたと思う。頭部圧迫感が強く、眼球まで痛くなっていたと思う。朝の仕事を済ませてから日記の更新をするつもりが何故か後回しになってしまい、とうとう出発前に出来なかった。

出張先は片道60Kmほどのところだが高速道路を使い1時間ほど掛かる。その運転中にも被害を受けていた。しかし、強い嫌悪感や怒りなどは無く、放心状態のような浮遊感のような、麻痺感のような状態のままテレパシー通信で接続され、会話をさせられたり、思考の誘導をされていた。

高速を降りると急に不快感が発生して、右目と左目が入れ替わってしまったような視覚操作をされ、また、感情の操作のために異常に周囲の視線を感じてしまい、監視されているように感じ居た堪れなくなってしまった。しかし、激しく落ち着きをなくされたり、興奮をさせられなかったので無視をして何もないような顔をしていた。顔と言えば、頭痛や歯痛を起こされていたので、顔の筋肉を操作されていることもあり、顔が歪んでいたと思う。

目的地に着き、セミナーが始まると急に眠くされてしまい非常に困ってしまった。しかも左右の目が逆転したような状態が続き、精神も放心状態のようにされ現実感がなくなってしまい、いわゆる遠くを見つめてボーっとしているような状態にされ、脳内音声で歌のリピート送信や声による干渉を執拗に行われたので話を満足に聞くことが出来ず、更に、著しく不快な気分のまま、ひたすら我慢をして2時間の拷問セミナーを最後まで聞いた。

帰りも運転中に被害は継続し、更に、この世の終わりのような気分にされ声の送信で激しく脅迫をされ続け苛々させられた。しかし、少し以前のように暴れ出したくなる脳波などは送信されないので、随分と助かっている。

また、このような被害を受けていて、なぜ自動車の運転が出来るのかと思うかも知れないが、運転が出来なくなるようには攻撃をされていないと言う状態で、集中力を欠いて自ら事故を起こす可能性は否定できないし、視覚操作をされていれば距離感が狂ったりするので危ないし、平衡感覚を狂わされると当然、運転は慎重になる。

ようするに

著しく不快であり、嫌な気分にされているわけで、自由に物を考えることが出来ずに、自然を五感で感じ取る事が出来ずに、開放感などは微塵もなく、常に遠隔コントロールの支配下にある。

23:36
いま急に上半身だけが熱くなってきた。
外出中もそのような事がよくある。

間違いなく狂人である加害者は陰湿な攻撃が大好きで、私の呼吸に合わせて声の送信を執拗に行う。それも、ただ息を吸うタイミングと吐くタイミングに合わせるだけではなく、私の口の形や口の中の状態を忠実に再現して究極の「なぞり」を行う。それだけならまだマシなのだが、人工的に息を吐き続けさせられてしまい、まるで声の送信につられて息を吐かされてしまったように感じさせられてしまい、更に悔しくて苛々する感情まで送りつけて来る。それを延々と繰り返しながら嫌味と脅迫を別の声で聞かせ続ける。車を運転している時などにも遠慮なくやられる。

また、脳の遠隔操作は、その時の状態を維持しようとする働きがある場合があり、何かの刺激で思考や行動が起きない限り平板化した感情というか思考にされたりする。それは、まるで盗み取った脳波を再送信されているように感じ、しかも、その手段の特徴として増強した形でないと再送信が出来ないとか、増強をしないと強制受信をさせられないのではないかと思う。勿論、そこには加害のために加工した脳波が載っているのだろう。

それと、時たまあるのだが、体を動かそうと思ったのだが、やっぱり止めた時に少しだけ体の一部が勝手に動いてしまい変だと思うことがある。この現象も盗み取った脳波を再送信していると考えることが出来る。脳機能障害などのリハビリ手段としてアシストするタイプがあるが、まるでそのような感じでこちらの考えに沿って思考が展開したり体が動いたりする機能があり、それを起動させ接続したままにされていると感じている。

今も苦しいが、先ほどまで拷問状態にされていた。

脳への攻撃と腹に空気を溜められる攻撃だ。特に腹に空気を溜められて、それを外に出すことが出来ないように内臓の筋肉を締め付けられていると呼吸困難になるし、とにかく苦しい。

昨夜だったと思うがイーガブより各省庁に要望を入れたが、その報復のように酷く攻撃をされ「その日記を全部削除しろ」、「二度と政府に広報するな」と執拗に脅迫をされた。余りにも攻撃が酷いので、昨日の要望を補足する形で再度要望を入れた。

殺意ある、武器による暴力を止めさせて欲しい。

寝る。

時間を掛けて破壊されて行く日常

テクノロジー被害に遭うと自然に人間として生活できなくされます。パニックに陥ったり、興奮させられたり、普通で居られなくなるような激しい攻撃に晒されらがらも、何とか生活を維持していても途切れる事のない陰湿な攻撃により時間を掛けて人生は少しずつ確実に破壊されていきます。

やはりこの状況から逃れるには活動をするしかないでしょう。


被害日記

13:16
客人が帰ったので普段の日曜日に戻った。昨夜も激しく攻撃をされ就寝が遅くなってしまったし、被害者との連絡も目に見えない圧力(声による直接脅迫が絶えない)のために取り難くなっている。くどいようだが、脅迫と攻撃による恐怖の他に、思考能力を奪われたり、無気力にされたり、抑制が働いて行動に出れなくなる。

睡眠妨害は一度だけ朝の6時頃に起された。もう一度寝て9時頃に起きたが、やはり不自然な疲労感があり、すぐに脳への攻撃のために平衡感覚の変調と思考能力の低下が起きる。声による語り掛けは、いつもと同じように人に嫌われるぞ、笑われるぞ、もっと酷い被害に遭うぞ、などの繰り返しだ。しかし、実際に関わっている人の名前を出して、加害者が勝手に作った確認困難な出来事を執拗に聞かせられるので不快であり、自然に行動の抑制に繋がってしまう。

たとえば、四六時中「お前は見張られている、その内、広報のしすぎで逮捕されるぞ」と聞かされていれば外出した時に周囲を見てしまうのは人間として自然な行為だと思う。しかも、脳の操作や感情の操作を併用されるので余計に自然ではない思考を持たされてしまう。

15:17
音楽を演奏するために都内のスタジオに向かっている。車内では脳の遠隔操作で無理やり眠らされてしまい、脳内音声で歌のリピート送信を聞かされ目が覚める。それはあたかも自分が一緒に歌っているように感じる。しかし、これは眠らせないようにするための攻撃であるので、脳内音声を聞かされたから目が覚めた訳ではなく、脳内音声と共に目が覚める信号を送り付けている。しかも、出来るだけみっともなく口を開けて顔を上に向けた状態で目を覚めさせる。その瞬間に声で憎まれ口を聞かせる。それを何度も繰り返す。

そのように加害者は遠隔操作テクノロジーをどのように使って屈辱を受けさせるかを考えて実行し続けている。また、様々な小細工を重ねて被害者を騙すことに関しても想像以上に執着している。

22:52
音楽の演奏が終わり帰宅途中だ。途切れることのない攻撃であるし、演奏妨害やその他の攻撃をされたが、それほど酷くはなかった。また、先ほどまでは何か日記の更新が面倒なので後にしようと強く感じていた。疲れているとは思えないが強く興奮させられたり、悔しくて堪らない気持ちにされなかったからなのだと思う。しかし、先ほどからどうしても首を右に向けて居眠りをさせない。首を痛くされるので右を向くと不快感になる。それでも強引に痛みを無視して右を向いていた。最後に何故か我慢出来なくなり、時間の節約も兼ねて帰宅前に更新を済ませた。

25日1:58
帰宅後も音声送信は継続していたが、過激な攻撃がなかった。しかし、被害者のユーチューブ映像を見ていると急に攻撃が激しくなり、頭の右半分をやられ右耳を中心に痛くなった。また、思考能力が低下して苛々するなどの攻撃を歌のリピート送信と共にやられて大変だったが我慢をした。いまは少し静かになっている。

寝る。

家を離れても被害に関係なし

14:48
電磁波被害では、どんな自然の豊かな所に行っても被害が継続するのはよく報告されている。

今日も音楽の仲間が来ているので河原に遊びに来たついでに楽器の練習をした。しかし、記憶障害、平衡感覚の変調など脳への攻撃や鼓膜の詰まり、キーンと言う音、不快感などをゲリラ的にやられ迷惑を被っている。話相手がいるし、全体的に昨日より攻撃が弱いので助かっている。しかし、本来の自分ではなく頭もボケた感じで開放感がなく無意識に楽しくはなれない。

取り敢えず合間を見つけて更新まで。

19:35
その後、仲間と夕食をしたが、その時には強い攻撃がなく声による干渉だけだった。会話の妨害や感情操作などを特に感じなかったので、好きなように喋ることが出来た。しかし、仲間が帰ったとたんに歌のリピート送信が開始された。いまは帰宅してパソコンの前にいるが、鼓膜が詰まったようになり思考能力が低下し、不快感が強く無気力にされている。意識障害というかそのような被害を起されていて、日記の文章が思いつかないし、タイプ速度が低下している。

平衡感覚の変調、意識が無くなりそうになる信号を送られてくるのを感じ取れる。それにしても常時そのような状態にされていた時の事を思い出しただけでぞっとする。今も音とは表現し難い何かを耳に送られているし拷問に近い状態だ。首の後ろの筋肉の硬直も行われている。

やはり、皆で政府への要望を続けるべきだと思う。

23:42
拷問状態にされている。
脳への攻撃により思考能力が低下して記憶障害も起されているが、先ほどから急に両方の鼓膜が詰まったようになり、周囲の音(ある一定の周波数の音)が著しく聞こえ難くなっている。頭部圧迫感が酷く耳の中や周囲が痛くなっている。首と肩の筋肉が硬直するような疲労感が発生している。歌のリピート送信が執拗に行われ、心拍数が上がり興奮状態にされている。興奮しても思考能力が低下し、平衡感覚も変になっているので思考範囲は極めて狭くなる。

とにかく声の送信による脅迫が酷く、どんな出来事も無理やり脅迫材料にされてしまい、思考の挿入による強制誘導をされ、そのことばかりを考えさせられてしまう。脅迫材料は実際に検証することが出来ない事柄について加害者が勝手に話しを作り(あり得ない話ではない)脅迫する。それは、家族を被害に遭わせて発狂させるぞ、お前は殺されるぞ、本当に発狂させられるぞ、などだ。

しかし、一番むごいやり方は、家族には目立った被害を受けさせないで少しずつ家庭環境を悪くして、今までと同じように生きている限り苦しめ続けるというやり方だ。これが実際に行われている事は被害者なら誰でも知っている。

24:13
攻撃と脅迫の繰り返しで被害を受けていると言わせない口封じは、いま始まったことではないが、酷く攻撃をされると日記を書いたりするのにかなりの勇気が必要となる。恐ろしい限りだ。

昨夜だったと思うが、携帯電話に残されていた留守番電話のメッセージを聞こうとして発信ボタンを押したのだが、何度やっても「すこしお待ちください」のようなメッセージが表示されてしまい発信をしない。アンテナをみたが良好だった。試しに時報に掛けてみたが同じ。家の固定電話に掛けても同じ。何度かやっているとその内に繋がった。初めての出来事である。

24日2:00
まだ音声送信、脳への攻撃など続いているが、弱くなっている。

どうも就寝時間を遅らせようと企んでいるのかと思った。

寝る。

果しなく続く攻撃

10:00
今日は音楽仲間とショートコースにゴルフをやりに来ている。天気はあまり良くなく、風もある。年に一度程度の集まりなので参加させて頂いている。

音楽の集まりなので電磁波被害とは関係ない。いま現地に到着したところだが、被害が強く最悪の気分にされている。全身の疲労感や痛み、ひきつりは元より、両方の鼓膜が詰まったようになりキーンと言う音がして耳が著しく煩い。平衡感覚の変調やパルス的な意識障害、頭痛、視力の低下、腹に空気が溜まる、歌のリピート送信、声による脅迫など様々な攻撃を受けている。当然、気分も優れなくされるし、顔の表情も作られてしまう。

普通の人とは接点のない異次元の世界に引きずり込まれてしまう。よくぞここまで人生を苦しみに変えてくれるものだと思う。

23日1:29
先ほど帰宅したところだ。
その後は被害が弱くなり助かったが、音声送信や脳や身体への攻撃は全く途切れる事無く行われていた。まず歌のリピート送信、声による干渉。半分寝ぼけたような感じ、平衡感覚の変調、視覚操作などをメインに絶妙なタイミングでゴルフ妨害をされた。人前でおならを大量発生させる被害もあった。パターでグリーンの傾斜をみようとすると視覚がやや変になり傾斜が判らなくなったり、ティーグランドに立つと左足の方が下がっているように感じたり、パターでテイクバックをした瞬間に目眩がしたり、アプローチの時に様々な失敗への不安感が次から次へと発生して結局弱気になってしまったり、腕の筋肉を遠隔操作で痛くされてしまったり、顔を変な顔にされたり、ミスショットを誘発させた後に苛々して堪らなくなる感情操作をされたり、執拗に妨害をされたがメチャクチャなスコアーにはならずに済んだ。

夜は仲間と食事をしたのだが、お腹に空気を溜められてしまい苦しくされ、その後サウナに行ったのだが、そこでも執拗にお腹に空気を溜められ続けた。何か目線を変えてしまうと言うか、左右の目の角度をやや開かれたり、狭くされたりすることがあるのかも知れないと思った。

音楽やスポーツが特にデリケートだと言う訳ではないが、心を少しでも変えられてしまったり、筋肉や感覚をほんの僅かに変えるだけでも多大な影響が結果に現れるので、ここにも大きな問題があると思っている。

電磁波による人間に遠隔操作は絶対に止めさせるべきだと思う。

今、加害者に「そんな強気な発言はやめろ」、「お前、本当に狂わされるぞ」と声の送信で脅迫をされている。これでは被害者はたまったものではない。

寝る。

途切れないテレパシー通信

テクノロジー犯罪では、人の声が聞こえその声の主と会話が出来るという被害者がいる。また、どのようなスタイルの会話があったにしても精神病の症状として決め付けられてしまったり、霊現象として考えられたりしてしまう。それは脳内に言語を送信するテクノロジーと言語を喋ろうとした信号を盗み出すテクノロジーが使われている事を証明すれば明確になるわけで、使われている媒体にはかなりの貫通力があり、混線やノイズなど、ラジオや携帯電話のようなトラブルは一切ないという特徴がある。しかも、特定個人に対しての無線通信となる。


被害日記

10:29
寝しなには必ず何かをやられる。例えば顔の皮膚が敏感になってしまい腕などに生えている毛が触っただけでくすぐったくなったり、頭の枕と接触している部分が痒くてたまらなくなったりする。その後は寝てしまうのだが、必ず途中で起こされるので睡眠時間は自ずと短くなってしまう。

目が覚めると声の送信や映像の送信をされ思考することの自由を奪われる。その状態ではすでにテレパシー通信が確立されているので言い返す事も出来る。

起床すると酷い疲労感があり、理由なく筋肉が硬くなっていたり、痛かったりする。思考の自由も奪われているので、未来に対する楽しいことが浮かんでこない。当然、声の送信は否定的な言葉など楽しくならない言葉を途切れる事なく聞かせ続ける。

それがマインドコントロールであり、洗脳であり、絶望へと導き奴隷のように遠隔操作で支配する攻撃の基本となっている。

被害者は遠隔操作の生体実験のようなものなので自由に考えたり、行動することを加害者は望まない。従って広範囲な攻撃を仕掛け犯罪の隠蔽を計りながら遠隔拉致をしている被害者を絶対に放さない。

現在もそのような被害を受けている。

21:29
今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの街頭活動が衆議院会館前で行われた。小雨の中であったが私も参加させて頂いた。しかし、行くまでにも妨害と思われる行為が行われた。まず、自動車を運転している時に普段必ず曲がる所を何の意識もなく直進させられてしまった。それ以前にも曲がり角で意識がまっすぐ前の遠くへ行ってしまっている自分に気が付いたので、加害者が道を間違えさせようとしている事に気が付いて回避できたが、その時は思考の挿入もあり関係ないことを考えさせられ続けていたので道を間違えてしまった。しかし、時間もあるし次を曲がれば同じなのでトラブルには至らなかった。

次は、地下鉄で降りる駅を間違えさせられてしまい。何を何処で勘違いしたのか霞ヶ関で降りると思い込んでしまい、降りてから間違っていることに気が付いた。それも電車を降りた瞬間に何故か霞ヶ関ではないと言うことに気が付いたので不思議である。仕方ないのでタクシーで向かった。

雨はぽつぽつと降っていたが8人ほど街頭活動に集まっていた。90分ほどチラシ配りをしたが人通りが少ないので配布量は少なかった。その後は、総理府まで行き総理大臣宛の要望書を提出したが、中には入れずに要望書を渡しただけだった。以前は別室に通してもらい、話を聞いて頂いたりしたのだが、回数を重ねると何処の省庁も内容が変わってないのなら要望書を受け取るまでもありません、のような対応に変わってきている。

被害に関しては声による干渉は全く途切れなく、歌のリピート送信もほぼ途切れることがない。右目と左目の視力を変えたり、利目が逆になってしまうような被害や、気持ちも体も俊敏ではなくなってしまう感じが続いていた。帰宅するまではそれほど酷い攻撃はなかったが、帰宅後に執拗に攻撃をされている。

右半分を攻撃されていて、先ほどは右の耳にこれまでにないほど強い圧迫感が発生して、キーンという音も異常に強く送信され、間接や筋肉も右半分が痛くなり、普段とは少し違う意識障害を起された。普段の意識障害はテレビの音声を聞き取ることが出来なくなっていたが、今日はテレビの音声が聞き取れた。後は、得意の胃に空気を溜める攻撃を執拗にされている。歌のリピート送信も行われ、あちこちが痛く、不快極まりない。

24:44
多少、攻撃が弱まったが入浴中に胃に空気を溜められた。浴槽の中に入っていると空気は上に行くのでゲップが出たりする。胃の部分を押すとゲップが出やすくなる。空気を溜める方法は一つではないようだが、飲食物を飲み込む時の食道の動作を再現しているように感じた。

遠隔操作犯罪を早く禁止させて欲しいと思う。

寝る。

執拗に続けられる歌のリピート送信

14:45
昨日と今日の被害は、それほど激しくなく、例えば「やり場のない怒りに駆られる」、「暴れ出したくなる衝動を起こされる」、「極限状態のようなパニックにされる」などがない。そのために普段よりは全然楽で、心も落ち着き、やや自然の雰囲気を感じ取ることが出来ている。鼓膜が詰まったようにされ、意識障害を起こされ、激しい嫌悪感に晒されていると本当に大変で周囲の雰囲気どころの騒ぎではない。

しかし、脳内音声による歌のリピート送信が続いている。身体は疲労感があったり、多少筋肉が硬くなったり、痛くなったりしているが全体的に軽度である。先ほど、社内で納得の行かない出来事に出会った時は、自然に腹が立ったが、それを増強する感じで興奮度が高まり、心拍数も増加したので、気持ちを落ち着けるように努力した。

昨夜も途中覚醒という形の睡眠妨害や、寝しなの嫌がらせがあったがそれなりに眠れた。しかし、朝起きると執拗に社内での人間関係などを中心に映像付きの声の送信をされ続けた。きっとこれが人工夢の正体ではと思ったりもした。起床時には異常な疲労感があり足を引きずって歩くような感じである。

それほど強く脳を攻撃されているという感覚がないのにコーヒーを落とす時のポットを完全に入れ忘れてしまい。コーヒーが全部下に落ちてしまってから気がついた。なぜ、そのような事が起こるかと言うと、ペーパーフィルターの中にお湯を少し溜めてから下に落とした方が十分に濃いコーヒーが飲めるので、途中まではポットを下に入れないでフィルターに溜めて置き、その後ガラスで出来たポットを入れると下に濃いコーヒーが落ちてくるからだ。今までも、記憶操作で忘れさせられてしまい、コーヒーが少しあふれてしまった事はあったが、水が全部空になっても気がつかなかったのは初めてだ。

18:09
先ほどから急に、全身に細かいバイブレーションのような感覚が発生して、首の後ろと肩が硬直して、背骨や腰に違和感があり、頭部圧迫感と共に強い嫌悪感に晒されている。また、平衡感覚の変調や意識障害も起きていて記憶の消去など思考出来ない状態にされている。強い興奮と酷い不快感だ。

文章を書いていてもすぐに記憶を消されてしまうので次に繋がらない。一度記憶を消されると思い出すことが出来なくなるので、別の発想から書き直さなければならなくなる。音の聞こえ方も普通ではなく、何か低い音を聞かされているようにも感じる。呼吸のリズムも狂わされているので呼吸困難のようになっている。タバコの味が異常に不味い。

こう言った精神状態の時には悪いことばかり頭に浮かび、加害者の声の送信の影響を強く受けてしまい不安感が強くなり周囲が敵だらけに感じてくる。

23:58
攻撃が強いまま帰宅して夕食を取り、サウナに行って来た。サウナの中では強く攻撃をされなかったが、音声送信は全く途切れずに、思考の挿入を延々とやられ自由に物を考えることが出来なかった。思考の挿入はほとんどが声の送信によるものだと思うが、脳への攻撃で自由に物を考える事を出来なくされていると、声の送信によって誘導されてしまう。酷い時はテレビのチャンネルを変えるかのようにさっきまでの考えが切れてしまい、何を考えていたのか忘れさせられてしまうほどだ。

今日も結果的には記憶障害が強く、時間の流れと共に何をしていたのか思い出せない。とくに夕方から脳を強く攻撃されていたので、そのような感じが強い。帰宅後はもっと強く脳を攻撃され、目眩のような連続的な平衡感覚の変調、気が弱ってしまったような感じになり脳の芯が痺れるような感じ、首から腰に掛けての強い違和感、文章の脈絡が判らなくなるような記憶障害などをやられ強い嫌悪感に襲われている。

歌のリピート送信も遠慮なく続けられいている。特にボリュームが大きい訳ではないのだが何か大騒ぎでもしているような著しく騒々しい感じに聞こえる。ノイズのような信号を一緒に送られているとか、現実の音を聞こえ難くする操作が行われているのだと思う。

やはり脳神経を様々に操作するテクノロジーが使われているとしか思えない。視覚であれば目の焦点を変えてしまうのと同じように、実在する音の中から選択的に音を聞く能力を奪われてしまったり、瞬間的に意識を失わせられたり、毎度同じ説明になるが、そう言った信号のパルス間隔を変えて脳を攻撃していると思われる。

更に、筋肉や内臓の遠隔操作まで行い機能に変調を起したり、五感の操作で痛い、痒い、なども頻繁に行われるのであらゆる方面から玩具のように加害者の好き勝手にやられてしまう。

また、脳の操作では楽しいと感じる脳の働きを全部奪い取られている感じだ。そこに思考が及ばないようにされているのだろう。攻撃を回避するためにいくら楽しい事を考えようとしても思い浮かばないで著しく不快な気持ちになってしまう。だから拷問テクノロジーと言われている。

こんな酷い犯罪が許されるのかと言うことになる。

省庁や政党への要望も行っている。

寝る。

目に映像を認識したら網膜ですか脳ですか

テクノロジー被害では映像送信とか視野盗撮という言葉がよく使われます。映像送信は2種類あり、頭の中に描くイメージ映像の盗み取りと送信があり、視野盗撮は読んで字の如く自分が見ている映像をそのままそっくり盗み取られてしまいます。それらは感覚的にそういう被害を受けていると言うのではなく、加害者によって確実にそれが行われている事を知らされてしまう訳です。

ところで、目を瞑っている時に目蓋の中に映像が見える被害があるのですが、それは脳に送信されているのでしょうか、それとも目に送信されているのでしょうか。

また、実際に見ている視野の中に光の点のようなものを見せられたり、視野の端の部分に錯覚のように虫が動いているように見えたり、携帯電話に着信があったかのように光ったりすることがあります。視覚に対する遠隔操作は他にもありますが、まずその辺りがどのように行われているのかによって加害方法などが少しは解明されないでしょうか。


被害日記

11:42
昨夜はそれほど酷い睡眠妨害はなかった。しかし、時たまやられるのだが目を瞑って寝ようとすると目が目蓋の中のどこかを強く見つめてしまい寝られなくなってしまう被害がある。目蓋の中が明かりが点いたように明るくなってしまう被害もある。とりあえず寝られたが、4時半くらいと、7時半に起こされてしまった。7時半の時は起床時間に近かったのでそのまま起きてしまったが、椅子に座ってタバコを吸っているとすぐに攻撃が始まる。

声の送信ではまくし立てるように連続で脅迫に次ぐ脅迫を仕掛けてくる。自分の身近な所から始まるのだが、それらを無視してやりたければ勝手にやれというと、次第に脅迫の範囲が広くなってくる。たとえば、家族に嫌われるぞ、知人に嫌われるぞ、近所に嫌われるぞ、警察に逮捕されるぞ、国家に睨まれるぞ、精神病院に入れられるぞ、殺されるぞ、などのような感じで最後は「笑われろ」と言うところに行ってしまう。

それらも無視をしていると今度は痛みなどの身体攻撃をして力ずくでねじ伏せに掛かる。顔を洗ってコーヒーを飲むまでの15分程度の間の出来事だ。そんな時には何かマインドコントロールのための特殊な周波数を送信されているように気のせいか感じた。それは音として認識し難い種類のものだと思うのだが音のように感じた。

その後は、歌のリピート送信をされ、脳への攻撃で思考能力が低下して、何をやるのも面倒だと感じてしまい、何事も捗らない状況だ。

22:05
ようやく思い腰を上げ日記の更新に入る。
水から上がったような体の重さと気持ちの重さがある。
左半身の筋肉の疲労痛のようなものが発生している。お腹に空気も溜められている。呼吸のリズムが変というか心臓が苦しいというか微妙な被害だ。昼間は延々と続く歌のリピート送信や意識障害、過呼吸と腹に空気が溜まる攻撃などと戦いながら仕事を続けた。

それはある意味、感情操作というか耐え切れなくなるような攻撃がなかったからかも知れないが、結構、被害を受けながらも我慢をしていたと思う。本当に攻撃が激しいと仕事にはならない。

ただ、日記の更新などや被害者の方との連絡に関しては、何か躊躇してしまう傾向にあるのが不思議でならない。それは強い妨害とか感情操作をされている事が認識できないからだ。従って、強い気持ちで連絡を取ろうと思わない限り後付のようになってしまう。

夕食後には、何もしないで休養の日にしたいと思っていたが横になってテレビを見ていると全身が細かく振動するような感じになり、不快感が発生して、またいつもの拷問かと思ったが少し弱くなっている。そして、興奮させられるのではなく鈍いく重苦しい被害となっている。

そう言った抑制が働いているのだと思う。

20日1:09
風呂から上がり、胃に空気を溜められてゲップを出せなくされたり、喘息のようにされたり、咳をさせられたり、痰が絡んだりする被害を受けている。歌のリピート送信も先ほどまでやられていた。喉を締め付けられるような感じもある。

所で、ブログへの接続妨害をされている。ログインページが表示されなかったり、表示されてパスワードを入力しても、接続がリセットされました、となってしまいどうしても接続出来ないのでコメントを自分で入れたりしたが、携帯電話からならログイン出来るかと思い試してみたらログイン出来たので更新した。

寝る。

笑わせてお茶を濁す

昨日は頭痛と吐き気に苦しめられた一日だった。後頭部の痛みと共に首の後ろが痛くて違和感があり酷い目に合わされた。筋肉を一本単位で突っ張らせる事が出来るようにも思えるし、骨がずれたような違和感はバーチャル的に作られているようにも思える。当然、2種類を混合しているのだと思う。このバーチャルという言葉に騙されないで欲しいと思っている。発狂寸前の極限状態になる感情を送りつけられて苦しまされているのは、現実にはないバーチャル拷問だから楽なのだろうか、むしろそちらの方が性質が悪いかも知れない。神経を刺激して痛くされた痛みは、実際に血を流した痛みより楽なのだろうか。もう、時代はそのような研究をしなければならない所まで来ていると私は思っている。それ以前に、目に見えない電磁波などの武器についての明確にするべき時代であり、お茶を濁さないで欲しいと思っている。

本題であるが、「意味無く笑わせられてしまう被害」というのがあり、先日に仕事で行っていた研修会でも人の顔を見ていたら、笑わせられてしまい、笑いをこらえるのに苦労した。「お茶を濁す」という被害であるが、肉体と精神の両面から強力に苦しめられて激しいストレスに晒されている時に、笑わせられてしまうことがある。そんなのではなく、自由と人権とプライバシーを返して欲しいという次第だ。


被害日記
13:44
昨夜は2時半前に床に就いたのだが睡眠妨害をされ寝付いたのは2時半ころだったのだろう。その後は4時半、6時半という具合に2時間ごとに目を覚めさせられていた。最後は8時少し前に起こされた。起床直後はそれほど被害は酷くなかったが、歌のリピート送信だけは行われていた。

椅子に座っていると窓から入ってくる風が冷たく、すっかり秋になったのだと感じた。「冬の訪れをお知らせしよう」と声の送信をされた。その後、次第に頭に膜が張ったようになり思考能力が低下してきて、足の筋肉が引きつるように硬くなり、いつもの被害ペースになってくる。

仕事をしていると首の後ろが硬直したり、歌のリピート送信は途切れないし、放心状態のように遠くを見つめるような目になってしまったり、鼓膜が詰まったようになり周囲の雰囲気を感じ取ることが出来なくなったりなどやられながらも、忙しいので昼まで仕事をした。

昼のブログ閲覧では拍手をすると加害者に嫌みを言われたりするので政治関係のブログを読むのが嫌になる。こんな感じで、受ける被害の度合いはその日によって違うが、すでに今日も苦しまされている。

18:10
今日は一日中、脳内音声による歌のリピート送信が止まらず著しい思考妨害となっている。しかも、脳に膜が張ったかのようになり、例によって脳の芯が痺れたような感じにされ認識力が落ち何事も落ち着いて出来なくされている。それはまるでパルス波で脳を刺激されているように感じる。また、呼吸のリズムや心拍数を上げられているようなので注意散漫なまま右から左へ物を流すだけのような事なら遠隔操作の手伝いもあり簡単に出来る。

また、意識も現実を認識し難くされているので自然な自分の状態ではなく、加害者によって強く影響を受けた状態の自分として他人と接しなくてはならない。話をする相手が変わると加害者によるナレーション付きの攻撃をされ、急に上手く話が出来なくなったりする。

頭部圧迫感や首の後ろの違和感、目に映るものが不自然に認識し難くなる状態も続いているので不快感も強い。鼓膜が詰まったようになり、これと言った正体のない騒々しさを感じている。

19日1:08
夜は、ショッピングセンターに夕食を兼ねて買い物に行った。途中、脳内音声による激しいノイズを送信されていた。その後、目的や欲求がないのに、自分が抑えられないような激しく強い衝動が起こる。しかも、自分を誰かが見ている、監視されていると強く感じてしまい挙動不審のようにされた。その感覚が延々と続くので、どうして良いのか判らなくなり居た堪れなくなる。

ショッピングセンターに到着して駐車場に車を止めても、その誰かに何処かで監視されているような感じがなくならない。これは、なんとなく人の視線を感じるなどと言うレベルではなく、強く途切れることなく観察されているように感じる。自然ではあり得ない感覚だ。

強い継続した見られている感じの発生元は自分を陥れようとしている敵が、少しでも変な挙動があったら、ここぞとばかりに指摘しようと待ち構えていると言うようなものだ。これは現実とは別に自分の内部から発生させられていると考えられ、電磁波による脳の遠隔操作をされている事になる。

監視されている感じが異常に強くなる脳の遠隔操作では、誰に何を監視されているのかは個別に設定でき、又その個人が気にしている部分が強調して表れたりする。しかも、電磁波で思考能力を低下させたり、強い衝動を起こさせたり、緊張、興奮をさられたりするので、普段と違う自分の状態であることが判るので余計に周囲を意識してしまい挙動不審になってしまう。

また、自分の挙動を一番よく知っているのが自分と言うことになるので、場合に寄っては自分で自分を監視している側面もなくはない。

そんな訳で、歩き方や目線の位置まで気にさせられてかなり苦労をして買い物をした。それは本当に辛い状況であり、どうやってもその電磁波による影響からは逃れられない。とにかく平静を装うのが精一杯だ。

帰宅後も音声送信は止まらずに、その他の攻撃も続いていたが昨日の音楽のプレイバックを聞いていた。歌のリピート送信も執拗に行われている。

寝る。


五感情報通信について考え直す

以前から五感情報通信というのはテクノロジー犯罪と関係があるのではないかと言われてきました。しかし、明確な技術開発の公開などがなく、その後どうなったのか不明ですし、展示物を見ても怪しげな物はなく、話を聞くと今の技術では無理、という回答になってしまいます。

そこで、過去の資料の画像を見てください。
五感情報通信 五感情報通信1

五感情報通信2 五感情報通信3

五感情報通信4

これらは下記より手に入れることが出来ます。
五感情報通信技術に関する調査研究会

被害日記

14:50
昨夜は寝させない拷問を受けた。それに付いては簡単に昨日の日記に追記してある。今日は楽器の演奏があるので都内のスタジオに向かっている。

音声送信のボリュームは小さいが、頭痛を起こされていて、首の後ろや肩の凝りや痛みがある。いまの所、平衡感覚の変調や記憶障害など強く脳を攻撃されている感じはしない。

24:20
先ほど帰宅した。
頭痛は後頭部を中心に側頭部や額に移動したりする。結構な痛さなので薬を飲みたいと思うほどだ。勿論、途切れること無く頭痛を起されている。ついでに胃など内臓の不具合と軽い吐き気も続いている。それと、首の後ろの硬直というか骨がずれたような酷い圧迫感のような不快感も延々と続いている。骨盤と背骨の繋ぎ目、頭と首の骨の繋ぎ目を狙われているように感じる。

また、攻撃が強くなると耳の中まで痛くなり、両耳の下の顎の後ろ辺りも攻撃されているように感じる。後半は喉を痛くされ、まるで風邪で炎症を起しているかの如く、両方の喉が痛い。何もしないのに唾液が出てきたりする。また、体が異常に熱く感じたりもするがテクノロジーだと思う。例えば、腕などが急に冷たく感じたりすることがあり、熱いのか冷たいのか区別が付かないがやはり熱く感じることがあるからだ。

そのためか、脳への攻撃は少なめで、強い記憶障害や平衡感覚の変調などはあまり感じない。音声送信も途切れる事無く続けられていて、声の送信はいつもと同じように脅迫と貶しが多い。歌のリピート送信は途切れている時もあった。

そんな中で都内のスタジオへ行き音楽の演奏をした。妨害のレベルはそれほど酷くはなかったが、スポット的に妨害をされたので一曲も満足には出来なかったが、それ以上を要求すると腹が立つので諦めている。スタジオ内では後半からじわじわと怒りが込み上げてくる感情を送られたが程度が弱い事もあり無視をした。

頭痛、吐き気が続いている。

18日1:29
今度はキーンという音とブーンという音がしている。

寝る。

エンドレスの洗脳手法

この電磁波攻撃と声の送信による脅迫には、というよりは、この手の破壊活動には共通して「終わりがない」という事が言える。その理由は極簡単でテロリストが攻撃をやめないからだ。そんな中で声による喋りを途切れる事無く続けている実行犯が言った。「被害を書いている限り、書いた通りに攻撃してあげよう」そして、実際に攻撃を加えて来る。これに対して私としては、考えられるすべての言葉による攻撃を加害者に浴びせたくなるし、日記にもそれを書いてしまいたい気持ちになる。

攻撃をされているから日記に書いている。

この常識が通用しない世界が破壊活動の基となっているのだろう。

破壊活動の餌食にされたら生きている事が戦うという事になってしまう。


被害日記

11:29
天気も良く、風もなく、穏やかな気持ちの良い日だ。日々、生き地獄のような電磁波攻撃と無理やり戦わされていると、この季節の移り変わりや自然の美しさなどを感じる余裕がなく、その日をどうやって過ごすかという本当にその瞬間、瞬間の継続する苦しみから逃れたいと言う思いよりも、早く時間が過ぎてくれないかと言う思いだけになってしまい、気が付くと月日が経っている。

今日は仕事が休みであり、本来なら生きているだけで楽しいはずなのに起床と同時に各種電磁波攻撃を受け苦しまされている。しかも、声の送信により加害者と無理やり会話をさせられてしまい、攻撃元が人間であると言うことを認識させられている。

と、ここまで書いて来ると瞬時に脳への攻撃により文章の流れが無くなってしまう。当然、文章を書いている時には流れがあり、次に書く内容も頭の中に浮かんでいる。これを記憶の消去という。

起床後は、味を変えられた不味いコーヒーを飲みながら他の被害者の方のブログなどを見ていた。次第に平衡感覚に変調が起き、頭痛がして、首の後ろと肩に異常な疲労感が発生し背筋にもエネルギーが発生しなくなり姿勢が悪くなる。全身に疲労痛のような圧迫痛のようなものが発生し、鼓膜が詰まったようになり周囲の音が良く聞こえなくなって著しい不快感に襲われる。

この独特の閉鎖された感覚の狂った世界に被害者を閉じ込めてしまい苦しめ続ける。ひたすら不快にするために脳を攻撃するのだから、普通の気持ちは何処にもなくなってしまい、まともな事を考えることは不可能となる。声の送信は休むことなく悪いイメージを聞かせ続ける。当然、電磁波による脳の遠隔操作が行われているので声の送信で聞かされた以上に脳内には悪いイメージが湧き上がってくる。

痛い、苦しい、気分が悪い。

これが毎日延々と続けられている。

17:48
昼間は部屋の掃除など普段出来ないことをやろうと思っていたが、加害者の声の送信による誘導があり本当は誘導の通りに行動をするのは嫌だったが子供を連れて川原に運動をしに行った。平衡感覚の変調や脳の芯が痺れるような感じ、鼓膜が詰まったような感じ、筋肉の動き難さ、首の違和感などの被害は軽度であるが継続していて頭痛も起きていた。しかし、激しい嫌悪感や意識障害などがなかったのでそれなりに楽しめた。最初は声の送信による貶しが酷かったが無視をしていると静かになった。

帰宅後は掃除をしてからパソコンのスイッチを入れると急に鼓膜が詰まったようになり、声の送信も悪質になり、不快感が酷くなる。音楽を聞きたいので聞いていると、脳への攻撃が酷くなり思考が働かなくなる。タバコはまずいし呼吸も苦しくなり、体が熱くなる。

音楽では曲を覚える為に、曲を聞きながらその時に自分ならどう演奏するかを考えるのだが、加害者にそのノウハウを盗まれてしまっているので、曲を聞きながら次に演奏する内容を考え始めるタイミングまで知られていて、そのタイミングに合わせて何か別のものを脳内に送られてしまう。これはイメージトレーニングのようなもので実際に演奏するのとは違い、演奏する時にバックに流れているイメージを作りそれを基に展開していくフレーズを考えるものだ。バックに流れているイメージとは景色のようなものであったり、何処かで聞いた誰かの演奏の真似であったりする。

それらに対して、想像力が低下して考えることが出来なくなる脳の操作と脳内音声による思考へのメロディーやフレーズの差込が行われる。メロディーやフレーズは実際に聞いている音楽と一致していて、フレーズは私や私の周囲から盗んだものだ。

日常的に記憶障害と上記のような妨害を受けながら音楽をやっている。現実に演奏をする時には体が動かなくなったり、その他の妨害をされるので、それも恐怖となっている。激しく攻撃をされたら全く演奏にならないし、発狂させられてしまう恐れだってある。しかし、それを怖がっていたら家から出る事が出来なくなるだろう。

今も、鼓膜が詰まったようになり、何故か耳が煩くてたまらない。特に煩く感じる音はどこにもないので何かを送信されているのだろう。

24:40
夜は楽器の練習をした。妨害は陰湿に行われた。脳神経を攻撃されて右手と左手の区別が付かなくなったり、すでにマスターしていて何も考えなくても出来るフレーズが急に出来なくなったり、筋肉の操作で体が動かなくなったりした。声の送信では執拗に貶しを入れられたが無視をしていると苛々する脳波を送られた。

帰宅後は、耳が静かになり周囲の静かさをやけに感じた。その後、被害者のブログを読んだりしていると次第に攻撃が強くなり、最後はいつもと同じような拷問状態にされ、特に腹に空気を溜められ続けて苦しまされた。脳への攻撃も激しかったので、古い文章だが6つの省にメールで要望を入れた。

徹底的に攻撃をするという手口に変化はない。

ところで、声の送信で罵声を浴びせている時に、脳内に衝撃のようなものを感じた。物理的な衝撃というよりは電気信号として何かショックのようなものが声に連動してパルス的に送られているのだろう。隠蔽されたテクノロジーではあるが、拷問として人間を攻撃して苦しめるために研究開発された武器であることは、そのあたりからも明白であり、その辺りに関する法整備やどれほど酷い拷問であるかの研究も必要だと思う。

寝る。

2:40
追記、また眠らせない拷問を受けている。

歌のリピート送信をして絶対に眠らせようとしない。現実には眠くてたまらないのだが、暴れ出したくなる衝動というか、嫌で、嫌で、たまらなくなり異常に興奮させられる感情の操作をされている。しかし、相手は人を何人殺してもこの犯罪を隠蔽するとこだけしか頭にないので、暴れて無駄だ。

「政府にもう二度と広報をするな」と脅迫をされている。

しかし、この電磁波攻撃が続く限り何度でも広報をする意思は加害者のマインドコントロールにより強く固められている。この手口がエンドレスの拷問洗脳の手口となっている。

攻撃が先にある。

次に、広報をさせる。

それを理由に攻撃を強める。

興奮させて、また、広報をさせる。

そして、広報をすると発狂させるぞと脅迫をする。

このようなテロリストを野放しにしてはならない。政府であれば生体を計測すれば間違いなく、遠隔操作の信号を測定出来るはずだ。

人間を遠隔から姿を見せずに苦しめて発狂させる犯罪。

この世で一番罪の重い犯罪だ。


3:57
まだ、寝させない拷問が続いている。呼吸のリズムを狂わせたり、息が吸えなくなったりして殺されそうな感じだ。「政府に広報することの怖さを教えてやろう」と声の送信をしている。これは他の被害者を怖がらせて政府に広報が出来なくなるようにする為の罠であるので、被害者の方は遠慮なく殺意ある破壊活動に関して要望を出し続けて欲しい。

声の脅迫はとにかく酷い。

歌のリピート送信も続けられている。

4:32
寝させない拷問が続いている。
歌のリピート送信は執拗に続けられ、苛々する感情の操作も続けられている。寝ようとしても寝させないので部屋の電気を点けパソコンもそのままにしている。筋肉など痛みも強い。とにかく極悪だ。

毎日飲まされる不味いコーヒー

7:27
今日も社用で外出するので早く起きた。
コーヒーは毎朝飲んでいるが、決して安くはない豆を買って飲んでいるが、味覚・嗅覚操作も行われているので毎日、不味いコーヒーを飲まされている。空気中の臭いに関しては、側に誰かがいたら「変な臭いがしないか」と聞いて確認を取ることにしている。感じなくしてしまう被害もあるからだ。

昨夜は攻撃が激しく就寝が2時を過ぎてしまった。7時に起きなくてはならないのでそれだけでも睡眠時間5時間である。しかも、3年半以上続いている寝させない拷問のために慢性的に睡眠不足となっている。朝の5時に突然目が覚め「ごめん」という声の送信と共に急に脳が覚醒してしまって眠くて目が開かないような状態だったのが、眠れなくなってしまった。それでも何とか30分後には寝られたと思う。

コーヒーを入れていると、コーヒーに関係した歌のリピート送信が始まる。顔を洗っていると吐き気がした。最近は歯痛もよく起されている。全身の疲労感、腰の痛みなどの被害は自然と区別のつかないほどだ。

23:19
今日は研修の二日目であり朝から出張なので上記を急いで書いてから家を出た。激しくはないが歌のリピート送信や声による干渉、脳や身体への電磁波攻撃は続いていた。ちょうど良い時間に目的地に着いたのだが、何か急に下痢のような便意が発生した。これは前の日から「食あたりを起してやる」なんて声で聞かされていたが、瞬時に電気スイッチでそのような事が出来るとは思えなく、例えば前日からそうなるように内臓への変調を起させていたのではないかと思っている。なぜなら昨晩は胃痛や胸焼けを起されていたからだ。

研修は講師の話を聞き、装置の扱い方を覚える。やや記憶障害を起されていて頭がボケていたりしたが、強い攻撃がなかったので無事終了した。午後には一時被害がなくなったとまでは行かないが、かなり軽くなった。しかし、後半に疲労感が発生し眠くさせられた。これはむしろ自然の状態なのかも知れない。

帰りに車を運転している時に一時的に、本当に懐かしい自然の音の響きを感じ、心の底から周囲の自動車のエンジンの音を感じ取ることが出来た。ほんとうに久しぶりであり、常に普通に音を感じることが出来なくされているのだと思った。その後は急に不快感と共に鼓膜が詰まったように感じになり音が変に聞こえるようになった。そして声の送信に操られながら声に出さない呟きをしながら運転して帰社した。

仕事が終わると楽器の練習に行ったのだが、店に到着するとすぐに鼓膜が塞がったようになり著しい不快感に襲われ脳への攻撃も強くなった。苛々する脳波も送られて来たが我慢をした。

練習妨害は当然のように、音が自然の音とはまるで違って聞こえる操作と執拗に貶しまくる声の送信を受け続けた。かなり陰湿で腹の立つ攻撃を受けて途中練習を中断させられたりしたが、ある一定のレベルを超えるような激しい攻撃が無かったので不自由ながら我慢をした。「音楽はもっと楽しくやろうぜ」という加害者の台詞などは常識外である。

そして、後頭部に違和感があり脳の芯が痺れたような状態のまま帰宅した。何かパニック信号ではないが、急いで家に帰らなければならない、のような気持ちにされていた。どんなに急いで帰宅した所でこの被害から逃れられるわけではない。嫌で、嫌で堪らない気持ちになる感情を送りつけてくるのは強度の拷問だと思う。

16日2:11
その後も、遠慮なく脳への攻撃が続いている。
激しい拷問のような攻撃ではないが、脳や身体への攻撃が強く、脳内音声に誘導されて呟かされてしまっている。また、加害者のしゃべりは末期的である。

寝る。

睡眠妨害は無かったけれど

10:20
昨夜は少し早めに就寝した。やはり眠らせない拷問の恐怖が頭から離れない。何かを飲食するときにはお腹に空気を溜められるのではないかと言う恐怖がよぎる。タバコを吸えば不味くされるし、すぐに吸いたくなる。被害者は常に不快と不安の中で生活をさせられていて、強烈な暴行を受けているような拷問感を感じる感情の送りつけを毎日一度はやられるので、それらは恐怖そのものである。また、記憶の操作をされるとそのような地獄のような苦しみをすっかり忘れてしまったりする。余りにも強力で恐ろしい武器だ。

朝は、時間は何時だったか判らないが目覚ましが鳴るまでの間に数回ほど目が覚め、睡眠妨害をされて苛められている夢のようなものを感じた。目が覚めたのは事実である。そして、目覚ましが鳴った時に余りの眠さですぐに起きられないで何度も鳴ったり止めたりを繰り返していると「目覚ましが鳴るまでの間、夢を見させてあげよう」、「早く起きろ」と声の送信をされ、元を切らない限り数分間隔で鳴る目覚ましを止めると、次に鳴るまでの間、夢を見させられていた。どのような夢だったかはもう忘れている。

出社後は、現実感のなくなるような浮遊感とでも言うか、そのような状態にされたまま日記の更新をしているが、やはりこの被害のせいで仕事が満足に出来ず、脳を強力に攻撃され、感情操作をされ続けているので職場内で周囲との調和が取れず人間関係も上手く行かない。簡単に言えばナメられてしまっている。しかし、そのことを深追いすると返って逆効果になるので無視をしている。

22:27
はっきり言ってハードスケジュールなのだと思う。仕事で講習会があるので昼前に出掛けた。高速道路に乗り片道1時間ちょっと掛かる所まで行ってきた。午前中に出発して途中パーキングで昼飯を食べてから目的地に着き、講習が終わってすぐに社に戻り、就業後すぐに車の中で運転をしながら夕食を済ませ、楽器の練習の為にスタジオへ行き、終わってから帰宅して1時間ほどテレビを見ながら休んでいた。

歌のリピート送信や声による干渉は途切れる事無く続いている。

問題は昼飯の時に立ち寄ったパーキングで起きた。

朝からの浮遊感と意識障害のような被害により周囲の雰囲気を感じ取ることが出来ないまま、とげとげしい心にされたまま、パーキングに立ち寄ったのは良かったのだが、何をされたか、どんな状態だったかの説明が出来ないほど酷く攻撃をされた。

まず、運転中からの延長で周囲に見張られたり、追いかけられているような気分があり、それが著しく強くなった。周囲は忙しそうに動き回る営業か何かのスーツを着た人間と観光で遊んでいる人間などが混ざり、それぞれが目的のために大量に動いている。そんな中に脳へ強烈に攻撃をされたまま1人で入っていくと、居た堪れない気持ちになってしまう。しかも、集中力がなく気持ちがあちこちの人間に向いてしまう。人が笑っていれば全部自分を笑っているように感じる。鼓膜が詰まったようになったままで、声の送信は途切れること無く陰湿なナレーションを続ける。

メニューを見て食べるものを決めて席を確保するが、頼んだものが出来上がるまでの間もじっと座っているのが苦痛になるほどの興奮と緊張を起され、身体も首の後ろの硬直と腰砕け、頭部圧迫感により著しく不快にされ、強烈な攻撃により視野が揺れて見えたりする。その時の気持ちはとても言葉では説明できない。やっと食べ終わって立ち上がり食器を返却するために歩いてもフラフラしてしまい返却口を間違えそうになる。そのくらい酷い攻撃だった。

平衡感覚の変調、視覚の変調、時間感覚の喪失、記憶喪失などが強くとにかくその場から逃げ出したい気持ちが強かったが、しっかりと喫煙所でタバコを吸った。歩く速度も遅くされてしまっていた。座ってタバコを吸っている時に人が近づくと、急に体に力が入り暴れ出しそうにされる。それは食堂で何度もやられた。体には強い圧迫感があり、重力が強くなったかのように全身が重くて大変だった。腹は空気でパンパン、心拍数も上がり、顔も強張り怒ったような顔になっているように感じた。

それが傍目から見てどのように見えたかは知らないが、これほど激しい攻撃を大衆の前で受けたのは初めてだ。目の見え方が全然違うわけで、どうなっているのか判らないが、同じものを見ていても攻撃が激しい時とそうでない時にはまるで見え方が違う。

その時に思ったのだが、時間感覚の喪失とか記憶喪失はレーダー波などを浴びると起こると言う情報があるが、どうも違った方法で実現しているような気がした。体内時計のようなものがあるとすればそれを変調させているように感じる時がある。

それで車を運転して高速を走るが時間と共に攻撃が弱まって来た。目的地に着き講習を受けている時にも歌のリピート送信をされていたが、激しく妨害をされることなく終了した。勿論、行きかえりの運転中も声の送信により無理やり呟かされていた。

楽器の練習では高い音が異常に煩く聞こえるなどの妨害や、体が意志の通りに動かない(脳神経をやられる場合と筋肉が動かない場合がある)などの妨害を受けたが、少し苛々させられただけで済んだ。しかし、帰り道は執拗な歌のリピート送信と苛々させられる攻撃を受けた。

帰宅後は、偽の胃痛と肝臓痛を起されていた。日記の更新を始めると「もう、やめなよ」などとほざいて攻撃を強くされている。後頭部の違和感と、首の硬直、脳の何処かが分離するような、いがいがする信号が脳に送られているような独特の不快感だ。

それと、浮遊感はやはりイメージ映像を描く領域に意識が行ってしまい現実の視野などの世界よりもそちらの世界(空想をするような)が強くなっているようだ。それを強制的にされてしまう。

こんなことが許されるのだろうか。

15日1:02
その後も執拗に脳内音声による歌のリピート送信を続け、苛々して、嫌で、嫌で、たまらなくなる感情を送りつけて拷問を続けている。これは究極の拷問であり、聞きたくもない歌を途切れる事無く聞かされる苦痛だけでなく、精神状態をヒステリー状態にしたりパニックのようにしたりするもので、その電気的に引き起こされた苦しみは大変なものである。しかも、脳の変調、身体的な苦しみまで伴っている。本当に究極の拷問だと思う。しかも、その苦しみが証拠として残らない。

あまりにも攻撃が酷いので政党にメールを入れた。

寝る。

1:20
追記。激しく攻撃をされ、激しく興奮させられている。

「お前は確実に発狂させられるぞ」

と脅迫をされた。

このテロを止めさせるには被害者全員が毎日政府に要望を出すしかないと思う。

特定個人をターゲットにした破壊活動

明らかに被害を受けていると確認できるのは被害者本人のみであり、周囲の人間が被害を受けているかも知れないと言う確認は取る事が出来ない犯罪だ。


被害日記

15:03
昨夜は就寝が2時を過ぎていた。就寝時に何かをされたような気がするが忘れてしまっている。それから4時間も経たない朝の6時に目が覚めさせられてしまい、眠くて目が開かないのだが、そのまま眠らせて貰えなかったのでトイレに行ってから寝た。その時に加害者が脳内音声で聞き捨てならないような言葉を聞かせて来たので何かを言い返した覚えがある。6時半頃には眠ったと思うが、それから1時間半後の8時に目覚ましが鳴ったので起床した。

下半身には全く身に覚えのない強い疲労感が発生していていきなり不快感に襲われる。勿論、音声送信は目が覚めた時から行われていて、歌のリピート送信、声の干渉がうっとうしい。コーヒーを入れるときに瞬時に記憶を消されてしまい自分が何をするためにそこにいるのか分からなくされた。しかし、不思議とすぐに思い出した。攻撃が酷い時には考えること(思い出すこと)が出来ないので、記憶を消されてしまった時には思い出そうとしないで無視をする。

今日は来客など仕事が忙しく日記の更新をしている時間がなく、やっとこの時間になって一段落ついた。被害は酷くはないが(日常化してしまった被害になれているので軽度の被害と書くべきではない)各種被害がそれなりに継続している。

18:44
その後も忙しく1人で何かを考えたりする時間が無かった。先ほどからオシロスコープで実験をしていたのだが、電磁波攻撃による強い妨害などはなく、歌のリピート送信は遠くで聞こえている状態で無視が出来、声の送信もやっている事に干渉してきたが無意識にたまに会話をしてしまう程度で嫌悪感が発生しなかった。ただ、弱くなっている攻撃は感じている。決して自由な雰囲気や開放感はない。

オシロスコープの実験とは電源コンセントに流れている50Hzの中にノイズがどの程度含まれているのか、それが人間の体からも同じように検出されるのか、などを調べていた。

これを書いたとたんに目眩と頭痛がしてきた。

19:48
まず下記をご覧ください。

体にオシロスコープのプローブを押し付けた時の画像です。場所は首ですが肌が露出していて片手で出来るので首にしました。波形は変ですが、ほぼ50Hz出ています。コンセントを測定した画像はありませんがコンセントはきれいなサイン波が出ていました。
人体1

次に体に付けたまま周波数を上げていくと、このようなノイズが出てきます。それをFFTでスペクトラム解析すると規則正しくノイズが出ています。
人体2

写真のようなトランスを使ってプローブに接続します。
トランス

その時の写真が下の二つです。
画面の下側にあるのがスペクトラムで横軸が周波数、縦軸が電圧となっています。従って規則正しく立ち上がっている部分がノイズということになり、一見50Hzの電源の中にも、人体にも高周波のノイズが含まれているのではないかと思うわけです。
コンセント1 コンセント2

因みにプローブをショートさせた状態ではノイズは観測されません。

しかし、これが何を意味しているのか判りません。

20:30
帰宅後の攻撃が激しくなり、鼓膜が詰まったようになり、首の後ろの硬直、腰砕け、呼吸困難、味覚・嗅覚の変調、強い頭部圧迫感、強い怒り、激しい嫌悪感に襲われ拷問状態にされている。毎日、この拷問では殺されそうだと表現しても決して大げさではないと思う。

24:20
そのような被害の中でもサウナに行く。横になってそのまま寝てしまいたい気分ではあったが、強烈に不快であり激しい嫌悪感に襲われているが動けなくはないので出掛けた。決して楽ではなくサウナの駐車場に車を止めると鼓膜が詰まったようになり数種類のノイズが送信され、何か血圧が高くなり、のぼせてしまったような感じで目も潤んでいた。

サウナに入っている時は、思考に干渉する声の送信が執拗に行われていたが、それまでの耐え難い苦痛は弱くなっていた。しかし、歩き方や表情までも微妙に遠隔操作されていると感じた。それには種類があり、遠隔操作されている事に気が付いても自分の挙動に関して違和感を感じない時と、挙動不審に見られないかと思ってしまいギクシャクする時とがある。

そんな感じでサウナを出て車に乗ると、また激しい不快感と嫌悪感に襲われ、気分の悪い思いをしながら帰宅した。今夜はどのような睡眠妨害をされるのだろうか、それは不安であり恐怖である。サウナから出た時も喉が渇いたので炭酸飲料を飲もうとしたのだが、また腹に空気を溜められるのではないかと不安になった。あらゆる生活の場面を事ごとく破壊し不安と不快にされてしまう。

寝る。

被害者の方へ

この電磁波犯罪は徹底した隠蔽工作がなされていて、しかも、被害者どうし組織をすることが出来ないような攻撃方法が取られています。その理由は説明するまでもありません。それであるならば、被害者が集まる必要のない方法で広報や要望をすれば良いと思います。しかも、この犯罪は警察では対処出来ません。対処する方法がないのです。ですから政府や政党にそのような要望を被害者各人が行えば良いわけです。この人類史上最悪とも言える犯罪の全廃のために是非ともそう言った方面でのご協力をお願いします。

例えば

電子政府の総合窓口 イーガブ

などはメールアドレスだけで要望が送れます。

その要望の書式は自由です。電磁波などの目に見えないものを武器として攻撃をされているので止めさせて欲しい。と書くだけでも十分だと思います。被害状況や程度は被害者によって違いがありますので、そのことも簡単に付け加えれば判りやすいでしょう。その他、議員の方に広報や要望をしたいのなら議員会館へ手紙を郵送すれば良いのです。

自由と人権とプライバシーを完全に奪い取られ日夜途切れる事のない攻撃に晒されてまともに生活が出来ない方はそのことも付け加える必要があります。

出来るだけ多くの方に協力して頂きたいと思います。

アメリカのテレビ局での報道

被害日記

11:15
昨夜は朝の5時頃まで寝させない拷問が3時間続いた。それから目覚ましを止めて寝たのだが、10時に加害者に寄って起こされた。起床しても良い時間なので起床したが、「世間体を考えろ」と執拗に脳内音声で脅迫をされる。しかし、それを無視してコーヒーを飲んでから日記の更新をしている。

目覚めた時から脳内音声による歌のリピート送信が行われ、声の送信ではあらゆる角度から犯罪被害であることが他人には理解出来ないことを利用した脅迫が行われる。記憶障害を中心とした脳への攻撃と筋肉の痛み、鼓膜が詰まったようになりキーンという音がする不快感などの攻撃も行われている。

姿を見せないテロと呼ぶのにふさわしい犯罪だと思う。

13:48
昼休みのブログ閲覧で下記のような方の存在を知りました。

議会への陳情書

同じような被害を受けていらっしゃる方のようです。これからも頑張って頂きたいと思います。

18:20
取りあえず仕事が終わったが何をやっているのか分からない感じで、自分のペースで前後を見据えて動いているようには感じられなかった。しかし、やるべき事はすべて片付けているので問題はない。

音声送信のボリュームは下がっているが歌のリピート送信が執拗に行われ、声による干渉も途切れないので自由に考える事が出来ない。やはりそれには記憶障害を中心とした脳への攻撃や、舌に刺激があり呟かずにはいられなくなる悪質な脳内音声が使用されているからだろう。

また、慌てさせるために心拍数を上げ過呼吸のような呼吸困難にされるので、意識的に物事に対してのんびりと構えるように心掛けた。そうでないとやるべき事が多いので駆け足になってしまうからだ。首の後ろの硬直、頭部圧迫感などの被害も不快感だけではなく、開放感のない拉致されているような気持ちを発生させている。

息を吐き切らない内に次の息を吸い込みたくてたまらなくなる呼吸の遠隔操作は物理的というか実際に呼吸が足りなくなっている場合もあると思うが、神経を遠隔操作されてしまい次から、次へと息を吸い込まされてしまっているように思った。また、息をいくら吸っても、吸い足りないと感じるのも同じであり、別の場合は内臓に空気を溜められる、姿勢を崩される、などが考えられる。

人間を玩具のように遠隔操作する極悪犯罪だ。

13日1:26
夕食の後は、強い意識障害のような拷問としか言えないような苦痛を受けさせられた。意識はあるのだが、五感に対する認識が薄れてしまい、テレビを見ていても映像を細部まで感じ取れなかったり、テレビの音声が聞こえてはいるのだが理解が出来なくなる。それは、断続的に意識障害のオン・オフをされているような感じだ。とにかく耐え難い苦痛なので政治政党に要望のメールを入れた。

食べる時に必ずやられる嫌がらせとして、物を噛むタイミングに合わせて声の送信をされ続けるので非常に不快であり、かなり以前から日常化している被害だ。

その、意識障害のような拷問の時には強い身体被害も行われている。勿論、拷問を受けているような耐え難い激しい苦痛なので、そのようになる強い感情操作をされている。

暫くするとやや軽くなったのでオシロスコープを使って昨日の続きをやっていた。不思議なものが計測されているので、それが何なのか調査中だ。本当は音楽を聞いたり、テレビを楽しんだりしたいのだが被害が酷くて何も出来ないので、そのような事をしている。

今は、音声送信は穏やかだが、脳への攻撃なども含め途切れてはいない。

寝る。

連休です

13:42
休みとしては最高の天気であり、きっと被害がなければ自然に生きていることを楽しめるだろう。昨夜は就寝が3時頃になってしまい、朝は6時半に目を覚めさせられてしまい再就寝に苦労をして、結局10時頃に起床した。しかし、その間に何か心臓が苦しくて目が覚めていた記憶がある。目覚める時には人工夢を見させられていたと思うが、残念ながら記憶障害のために内容までは覚えていない。

起床後は同じで、異常な疲労感があり、声の送信や歌のリピート送信、首の後ろの締め付け、キーンという音、痛み、痒み、臭い、頭部圧迫感、思考範囲が狭い感じ、平衡感覚の変調などが、やや弱いレベルで行われている。音声送信のボリュームは小さく、激しく不快であったり苛々させられないので今のところ楽である。

22:04
今日は夕方から被害者の方にお会いするために出かけた。
3時間近く話をしただろうか、あっという間だったが10年間も被害を受けていて遠慮なくこの話が他人に出来たのは初めてだと言って喜んで下さったので被害者の会へ入れば普通にそのような話が出来ますと言って入会を勧めて置いた。帰りに車を運転していると鼓膜が詰まったような知覚というか意識が少し変になり、声の送信で集中的に脅迫をされたが無視を貫いてそのまま帰宅した。

音声送信は途切れる事無く続けられ、鼓膜が詰まったような感じや首の後ろの硬直、記憶障害なども継続していて不快ではあったが、強烈に苛々するような攻撃がないので夕食後は横になってテレビを見ながら少し眠ってしまった。何時眠ったのか判らないのだが目が覚めると顔を痒くされ続けたので少し苛々した。

その後も、日常化している被害がそのまま弱くなった感じだが不快であり、気力も出ず、何もすることが無いのでパソコンのUSBオシロスコープで遊んでいたらなんとFFTが付いていたので驚いてしまった。また、遊んでみたいと思う。

この不快で開放感のない状態では想像力も低下しているので楽しい事が思いつかない。

12日1:19
その後は、被害者の方と電話で話しをしたのだが、こちらから電話を掛けて置きながら声の送信による抑制も働いてしまい再度約束の時間に電話をする気がなくなってしまい、一時間ほどしてから相手からの着信に気が付いたのでこちらから掛けた次第である。通話中に一度電話が切れてしまったが何かアンテナマークが無くなっていたので、そのような通信妨害があるのかと思った。

電話を切った後は、オシロスコープで試してみたい事が突然思い浮かんだのでやってみた。また、色々と試してみたいと思う。歌のリピート送信は静かに継続し、声の送信もあり、何か日記の更新をする事にたいして圧力のようなものを感じるのは気のせいだと思うことにする。電話の遮断があったと書いて酷い目に遭わされる人はいないだろう。

寝る。

2:40
追記
また、寝させない拷問を受けている。初めは眠りそうになると急に心臓が苦しくなり、脳内をかき回すような感じで下に落ちるような感覚にされる。しかし、眠気が強いので、また眠りに入りそうになる、するとまた同じことを繰り返す。三度ほど繰り返され、今度は痒み攻撃で、陰部、顔、をひっきりなしに痒くされる。そして、一時間が経過した。

3:20
その後も痒みを連続で体のあちこちに発生させ続け、眠らせない拷問が続いている。

もしかして、テクノロジーで自動車のバッテリーをからにする事が出来るのだろうか。ドアロックの開閉は目の前で何度もやられた事がある。

4:05
執拗な痒み攻撃を途切れる事無く続けられ2時間経つがまだ眠らせない拷問が続いている。ならば、朝起きる時間を遅くすれば良いだけだ。「近所に笑われろ」、「子供に被害を受け継がせろ」、「会社で笑われろ」と得意の台詞を脳内音声で聞かせている。きっと加害者に何かあり、その腹いせをしているのだろう。

広報も絶え間なく、これが被害者のキーワードだ。

精神物理学(精神工学)兵器

まずは下記リンクをお読みになられてください。

ロシアのマインドコントロール兵器:2005年の新情報および要約更新

ここにも精神工学兵器というものが出てきます。私達被害者に実際に使われているものがどのようなものか判りませんが、精神状態を自在にコントロールし、意識までも変えてしまい、五感から入力された知覚も変えてしまいます。

電磁波攻撃に使われている「耐え難い苦痛」の正体は精神状態を変えてしまう事だと思っています。従って受けさせられている拷問は、現実に殺される寸前とか、発狂寸前になるまで目に見える形で攻め続けられたのと同じかそれ以上の苦痛を脳内を刺激することで行っているわけなのです。勿論、遠隔攻撃で痛い、痒いを起され続け、声の送信で途切れる事無く罵声を聞かされていれば精神は崩壊するでしょう。

くどいようですが、脳に信号を送ることにより苦痛を受けさせる拷問の強度は常識では考えられないほど激しいものであり、人間を狂わせるのに十分な攻撃だと言うことです。

こんな恐ろしい犯罪を野放しにして良いのでしょうか。
しかも、ターゲットは全国にいる一般市民です。


被害日記

昨夜も睡眠妨害を執拗にやられた。就寝は3時を過ぎていたが人工的に眠らされてしまい、寝てから30分で無理やり目を覚めさせられ、再度寝たが浅い眠りのために途中何度か目が覚めては寝るを繰り返した。そして、7時頃に眠くて目が開かないが完全に覚醒させられてしまいトイレに行ってから再度就寝した。その間も脳内音声による歌のリピート送信や声による洗脳を目論むような言葉を盛んに聞かされていた。目が覚めたのは目覚ましをセットした12時少し前であり、まともに眠れたのは4時間程度だ。

しかし、起床しようとすると首の後ろが痛く、今も痛い。考えることが出来なくなる記憶障害と平衡感覚の変調が行われていて、音声送信も歌のリピート送信と声の送信が行われている。鼓膜も詰まったようにされ何事もないような外の雰囲気とは関係なく、苦しめられている。

24:12
上記は13時頃だが急いでいたので時間の記入を忘れた。

今日は用事のために横浜まで行っていた。
車を運転して行くのだが、その最中も音声送信が途切れずに行われ声の送信にやられて強制的に声には出さない呟きを延々とさせられていた。また、アクセルを踏む右足の太ももに疲労感と痛みかがあり常に不快な状態で運転をさせられた。声による干渉も途切れずに行われるので少しでもスピードを出すと「お前は見張られているんだぞ、逮捕されるぞ」などと執拗に干渉される。その「見張られている」という言葉を毎日、四六時中聞かされているので自然に周囲を見る目が変わってしまっているかも知れない。

用事を済ませて変えるときも同じように声の送信により呟かされながらの運転となる。しかし、帰りは頭の中が真っ白になったように考える事が出来なくされ、その代わりに加害者がその状況に応じて私が考えるであろう事を推測して実況解説のように喋っている。たまに腹が立つので「違う」と言い返したりするのだが、なるべく加害者と会話はしないようにしているので、念仏でも唱えるかのように同じ単語を延々と呟いているが、その単語の呟きを気が付くと違うものに変えられていたりする。

すると加害者は「ざまあみろ、逆らえると思っているのか」などと挑発をする。帰りは苛々してヒステリーを起しそうなぎりぎりの線で精神の操作をされていたので、途中休憩をすることにした。帰宅後も攻撃は続き、加害者は全く悪びれずに平然と脳への攻撃と脳内音声による歌のリピート送信を続けている。首の後ろの筋肉の引きつりと痛みも継続している。

過激ではないが各種遠隔攻撃は途切れる事無く続いている。

パソコンをハッキングされていると言うか侵入があったようでルーターの日付が38時間くらい遅れている。また、アタックブロックというのを見るとUDP Floodというのが頻繁に行われているようだ。

とにかくこの被害を受けていては人間として生活が出来ないので何とかしなくてはならない。

2:06
最近は就寝が遅くなってしまっている。
歌のリピート送信や声による干渉、脅迫が続いている。

寝る。

衝動を起させる脳の遠隔操作

マインドコントロールと言われるような遠隔操作被害がある。その中には、何かの行動を取ってしまったり、行動を起さずにはいられなくなってしまうような操作があり、そのような苦情を報告している被害者は少なくない。その被害も中身は複雑なので説明には苦労をするが、まず脳内にあるものを行動として表に現すための意思決定信号があり、それを外部から送り付けなければ起こりえない。次に、何を行動するかと言うことであるが、自分でこれから何かを行うための予定があるとすれば、それは記憶であり、突然の思いつきも含まれている。

そこで、ある時点では行動をするつもりがないのに行動してしまった場合には、行動をしてしまう信号を送れらたと考えられる。また、行動をしている最中に間違ったことをしてしまった時には、記憶への操作が行われたと考えられる。記憶への操作は記憶の消去や記憶の挿入によって行われていると思える。

また、行動中に目に映ったものに対して意識の大部分が行ってしまい、それ対して行動をしてしまうという現象もあるので、そこにも何かがあるのだろう。

酷い場合は、スライドショーだか走馬灯のように脳内にランダムと思われる思考がよぎり、短時間の一定間隔で衝動を起させる信号が送られているように感じる時がある。これが慌てふためいて、文章を飛ばし読みしたり、物事を良く理解していないのに次に行ってしまう現象の正体かと、何となく想像しているが、実際にはもう少し複雑にやっていると思う。

いずれにしても被害を認識していない頃から、衝動買い、ど忘れ、間違え、というものは人間にはつき物であり損失を被った事だってあるはずだ。従って、著しく不快であり腹立たしく、明らかな加害行為でない限り深く考える必要はないと思う。


被害日記

16:07
日記の更新が遅くなってしまったが、起床してから4時間半ほどしか経っていない。今日は休みなので少しゆっくり寝たいと思っていた。就寝は3時を過ぎていた。しかし、朝の6時半くらいだったか加害者に起こされてしまいトイレに行ってから再度寝た。次に目が覚めたのが11時半で「全然寝たような気がしないけど時間が経っている」と声の送信をされたが、本当にそんな感じがした。目覚める前には時計の針が8時を指している映像をみせられた。とりあえず、ぐっすり寝たという満足感はないものの時計の針を見て満足感を得ながら起床する。確かに全身に疲労感があり嫌な感じがするが無視してそのままコーヒーを飲んでいた。

その後、雑用をして昼食のために外出し、ついでに用足しをして帰宅。今日は楽器の練習をしないで他のことに時間を使う事にして日記の更新へと入った。

被害は、音声送信、頭痛、右半身の筋肉の痛みがあり、記憶障害と平衡感覚の変調など脳への攻撃には強弱がある。かなり強く脳を攻撃されたが根性でここまで更新をした。

10日2:16
夜は楽器の練習に行かなかった代わりに知人宅へ行き雑談をしていた。そこでも、音声送信によるリアルタイムの監視・干渉をされたり、腹に空気を溜められたりした。右半身の痛みは筋肉痛のほかに頭痛や肝臓痛を起していたが被害としては軽い方だった。

帰宅後はパソコンのスイッチを入れてネット閲覧をしていたが、何を見ても全く興味が湧かず「下らない」と感じてしまい、すぐにパソコンから離れて長袖のシャツを買うために通販のカタログを見ていると急に考える事が出来なくなり、イメージが湧かなくなった。それでも無視をして見ていると首の後ろの硬直が強くなり後頭部に強い違和感が発生して脳の芯が痺れるような感じになり、心拍数が上がり、興奮して来て、暴れ出したくなる衝動を起された。その後も暫くはその攻撃が続き、声の送信も悪質に転換した。

悔しくて、悔しくて堪らなくなり腹が立つ感情を強力に起されてしまい。そんな時にはどんな声を聞かされても耐え切れないほど腹が立ってしまう。例えば、タバコに火を付けた時に灰皿が側に無かった。その時に「ざまあみろ」と声の送信で聞かされただけで激怒してしまう。そしていつもの被害者生活としてパソコンに向かわせられてしまった。

カタログを見ていた時の脳への攻撃で思ったのは、イメージ映像を思い浮かべる脳の領域を加害者に使われてしまっているのではないかと言う事だ。それは今までにも述べているが、やたらとイメージ映像が思い浮かぶことが多く、自分で想像をすると、それに沿った絵を考えた通りに送信される被害があるし、映像ではなくとも何かをイメージしたり、想像をすることが出来なくなったりするので、それに関係する脳の領域を遠隔操作に使われているように思う。

寝る。

電磁波による遠隔拷問洗脳

電磁波犯罪と言われているものは電磁波を武器として人を攻撃するものであるが、その他、隠蔽されたテクノロジーによる監視・干渉も同時に行われている。脳内音声と言われる声の送信が脳内に聞こえる場合は言語による直接的な攻撃も行われる。

また、攻撃というのは人間の遠隔操作であるので、あらゆる人間としての機能に強い変調が行われ、それらは苦痛と屈辱を受けさせる為だけに使われている。その途切れる事の決してない遠隔からの攻撃を受けた被害者がどんなに苦しんでいても加害者はそれを止めようとはせず、徹底的に攻め続ける。その攻撃は実際に人間の機能を極度に低下させ続ける事によるストレスや、痛み、痒みなどを苦痛として受けさせることにより精神を崩壊させ絶望へと追いやることが目的ではないかと思われる。

そこで見逃してはならないのが精神状態というか感情の遠隔操作であり、喜怒哀楽は勿論の事、拷問洗脳に適した感情のようなものが用意されていて苦痛を受けさせると同時にそれを送りつけてくる。例えば、キレる瞬間の感覚、暴れ出したくなる衝動、ヒステリーを起こしているような状態、強い猜疑心、周囲との乖離感、孤独感、落胆した気持ち、激しく苛められているような気持ち、何かを強く信じてしまう気持ち、負け犬のような悔しさ、パニック、激しい嫌悪感、など列挙するとかなりの量になり、精神状態、感情の分類もしなければならなくなるほどで、そこには体感までも付加されていて心拍数が上がる、胃が吊り上った感じ、血圧が上昇した感じ、全身に力がみなぎる感じなどでそれも沢山ある。

電磁波による攻撃は逃れる事が出来ず、送りつけられたら嫌でもそうなってしまうと言うのは良く報告されている通りで、精神状態についても全く同じことになっている。こう言った拷問洗脳用の感覚や感情を送りつけられると極限の精神状態にされてしまうわけで、これは、現実に行われている体感攻撃の何倍という激しい苦痛を受けさせられて発狂寸前に追い込まれたのと同じことを意味している。これは新しい武器による暴力であり幻想ではない。

このことだけは絶対に見逃してはならないと思っている。

電磁波を武器として遠隔から特定の個人だけに攻撃をするという事ですら信じられないと言う現状に置いて、精神攻撃の方法としてこのような手段が取られているわけで、政府などはそれに対する認識があるのか、危険性などが理解されているのか、そうでないなら早急な対策が必要でターゲットとなっているのは一般人であり、いずれも無抵抗である。


被害日記

14:03
昨夜は2時頃に就寝をしたが息が吸えなくなるなどの攻撃をされて眠るのが3時頃になっていたと思う。大体、寝るときは急に目が開いて居られなくなり強制的に眠ってしまう。その間に遠隔攻撃で頭を叩かれたりすることがあるが朝起きた時には忘れてしまっている。だからどんなに酷い事をされても記憶を消されてしまえば何も無かったことになってしまう。

苦しいと思いながらも知らないうちに眠ってしまったのだが、朝は6時に目が覚めて、次は7時、最後が9時だ。睡眠妨害が酷いので目覚ましは掛けないで寝ていた。

目覚めるとすぐに声の送信と歌のリピート送信が始まるので、強制的に声に出さない呟きをさせられてしまう。起床すると疲労感が酷く、すぐに後頭部に違和感が発生して頭がボケたようになり考えることができなくされた。

出社後は仕事をしていたが、視野が薄暗く感じ、視力が落ちる攻撃をされ苦労をした。その後も被害は軽度であるが途切れることなく続いている。

9日1:49
少しやる事があったので遅くなってしまった。加害者は「早く寝ろ」などと言ったり「ざまあみろ、寝るのが遅くなったぞ」などと言っている。歌のリピート送信と声による干渉は全く途切れないし、記憶障害を中心とした脳への攻撃も途切れない。首の後ろの硬直もあるが昨日よりは被害は軽い。

仕事中は17時頃から著しい不快感に襲われ苦労をした。その後は楽器の練習に行ったが、今日も妨害をされまくった。苛々して暴れ出したくなるような衝動は少しだけ起されたが、過激な妨害はなかった。スタジオに入って少しの間は昨日とはまるで別人のように練習が出来たが、段々と陰湿な形での妨害をされた。

まず、ある種のフレーズが突然に出来なくなってしまう被害。それと意図していないフレーズをやらされてしまう被害。どちらもその時に声の送信で「ざまあみろ、逆らえねえだろう」なんて罵声を浴びせる。基本的に声の送信は加害者の考えた世間話や、関わっている人物に関して想像をさせようとしたり、練習にケチをつける形で途切れる事無く続けられている。その話の展開に伴ってイメージ映像を送信したり感情を送信されたりする。

途中から左半身の筋肉が疲労痛のようになり、動きが鈍くなる。痛い部分は動かしたくないのが人間として当たり前の事だ。そして痛くて動きが鈍いので、それが苦痛となり集中力がなくなり楽しくならない。だから練習をやめてしまいたくなる。そんな気持ちにされてしまったが、それは全部加害者が作り出したもので、偽の痛みを発生させる、筋肉を動き難くさせる、不快感を発生させる、練習を止めたくなる、ここまでを遠隔操作で行っている。

その他、強い記憶障害のために練習フレーズが思いつかなくなったり、同じことをしているのに異常に下手に聞こえたり、テンポが変わっているように感じたりさせられた。このところの練習妨害は酷いが、3年以上もそのようなことをされ続けている蓄積は大変な損失となっている。

帰宅後は日曜日に自分で演奏したものを聞いていたが、執拗に声の送信で貶され続け、楽器の音に合わせて嫌味を替え歌のように聞かされたり、声は聞こえなくても楽器の音と一緒に呟かされてしまう現象で苦しめられた。それは恐らく盗み取った楽器の音を自分が言語として喋る神経に送りつけられているのだと思った。日常的に音楽を聞くことが出来なくなって一年以上経つと思うが、それも大きな損失となっている。

寝る。

要望書2

厚生労働省と文部科学省への要望


先日、病院で「国民の5人に1人は精神疾患にかかりうるといわれています」というポスターを見ました。統合失調症という病気の人が100人から120人に1人の割合でいるというテレビの報道をみました。電磁波過敏症に対しては弁護士連合会主催のシンポジウムが開かれ電磁波が人間の脳や精神、身体に悪影響を及ぼす事が知らされました。しかし、その一方では悪意を持って出力された電磁波により脳や身体に強い影響が出て苦しまされていると主張する人達も増えています。

また数年前から下記のような文章が翻訳されてネット上にあります

「精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/JPSS_gothic.htm

統合失調症と電磁波の関係
http://denjihajapan.spaces.live.com/blog/cns!1FFCCD770B9D5101!219.entry

ロシアのマインドコントロール兵器:2005年の新情報および要約更新
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news04.html

そう言った被害者はまるで生体実験のように五感、感情、記憶、身体機能を遠隔操作により弄ばれ、拷問のような苦痛に晒されています。それらは武器による暴力と呼ぶのにふさわしく、何処に行っても逃れることが出来ず何年でも途切れる事無く続けられます。これは犯罪被害ですから警察に行きますが対処出来ず、余りの苦痛に耐えかねて病院へ行けば統合失調症ということになってしまいます。これでは悪意ある攻撃に晒されている被害者が報われることがありません。精神病の診断方法も変わってきてはいますが、急成長してきている脳科学を生かせば、生体に外部から何かの信号が送られているのが判ると思います。そう言った方面からも精神疾患の研究をして頂きたいと思います。

他人から見て判らない被害

昨日の続きではないが、ほとんどの被害は目には見えないし、それが電磁波攻撃によるものだと誰をも納得させるような事が出来ない。例えば、痛い、痒いなどは自然な感覚としてあるものなので、その痒みの種類が違うと言っても本人以外の誰にも理解は出来ないし、送信を止めない限り、それはなくならない。

歩いていて、足が上がらなくなる遠隔操作を受け、わずか3センチほどの段差に足をぶつけ、声の送信で「ざまあみろ」なんて聞かされ、苛々する感情を送られて、怒ったような顔にする操作を行なわれたとしても、第三者から見れば勝手につまずいて転びそうになり慌てて顔を強ばらせたと言うようにしか見えないし、つまずいた事なんか誰も見もしなければ気にもしないかも知れない。

まして、脳内で起こっている様々な攻撃については、それこそ内面で起こっている問題なので口にすれば内面の問題としか思えなくなってしまう。

また、電磁波攻撃は外出中には過激にエスカレートする事が少ない傾向があり、時々加害者が言う「あんなに元気良く歩いているのに被害者だってよ」、「平衡感覚に変調を起こされているのにオートバイに乗れるなんて変だぞ」、「あの野郎、わざと痛がってるぞ」などと。しかしそれらは、すべて加害者以外の人間がお前のことを見ているぞという声の送信の下に行われている。だが、こちらは少しでも被害にやられることなく調子の良い状態で居たいので、可能な限り被害を受けていない時と同じように生活したいと思っている。

この攻撃を可視化できる装置があったらありがたいのだが。


被害日記

13:15
昨夜は2時頃に就寝したが朝の6時に目を覚めさせられてしまい、眠くて目が開かないのでそのまま眠ってしまいたかったのだが、少しずつ声の送信をされたり脳そのものを覚醒されてしまったので仕方なく起きてトイレに行ってから寝た。だがすぐには寝られなく、8時に目覚ましが鳴ったときには起きるのに苦労をした。

声の送信と歌のリピート送信はボリュームが小さいが行われていて、下半身に異常な疲労感があり、コーヒーを入れる時もまともに歩けなかった。部屋の中で曲がる時などに平衡感覚を狂わせ、同時に足の筋肉に変な動作をさせて転ばされそうになることが多い。それも他者がみたとしてもちょっとよろけた程度であり遠隔操作だなんて思えない。

出社をして仕事の合間に被害者の方にメール送信をして昼食後に日記の更新をしている。今日は被害は軽い方だが、日常化してしまっている被害のパワーが全体的に落ちているような感じだ。やはり、目立つのは放心状態のように遠くを見ているような感じになる脳への攻撃とやや頭の中にクモの巣が張ってしまったように思考がクリアでない被害、全身の筋肉の疲労感などだ。日記を書き出すと記憶障害を感じ文章の前後が記憶の中から消えている。本来ならば全体像がハッキリしていて前後の繋がりも覚えているはずだ。これから読み直そうと思っているが、脳が機能しないためか、面倒で読み直そうという気持ちが小さくなっている。

18:10
仕事が終わったところだ。
極めて酷い(落ち着きがなくなる、興奮する、思考能力が低下する、苦痛)などの攻撃がなく自分がやろうと思っていた事を進めることが出来た。ただ、記憶障害や読解力の低下、想像力の低下などは起きている。やや、抑制モードと言った感じだ。首の後ろの硬直のようなギクシャクも続いている。

新聞を読んでいて思ったのだが、ざっと流し読んだ後にどんな記事があったかを覚えていない。また、興味のある記事を読もうとしたが、読解力が低下しているためか読むのが嫌になってしまう。そんな状態の時に外で話をしながら歩いている人がいたので、それに耳を傾けたのだが、話の内容に脳が追従できなかった。それは聞くという行為を継続して出来ない、集中力のない状態にされているわけで、声の送信で邪魔をされているのではなく脳の何処かの機能に攻撃をされていると思った。

その元になっているのは、やはり意識を断続的に失っているようなイメージで脳内の自己意識(自分)が記憶や知覚に届かない感じであり、断続というものにはサブリミナルが関係し、記憶や集中力には視覚も関係していると思った。

23:03
脳への攻撃は延々と続けられている。
夜は楽器の練習のためにスタジオに行っていた。しかし、劣等感の塊のような加害者は今日も激しく練習妨害を行ってきた。昼間は、やや被害が軽いかと思っていたが、とんでもない。

まず、楽器屋に行く時には必ず途中から脳への攻撃が強くなり著しい不快感に襲われる。顔も引きつったり、虚ろな目にされたり、無口な人にさせられたりして普通に世間話などが出来ない。店員からみれば無口で無愛想な人間に見えるだろう。練習を始めると鼓膜が詰まったようになり、音の聞こえ方が高い音が煩く聞こえたり、低い音が聞こえなかったりする。それは加害者が部分的に選択してどの音を煩く聞こえるようにするか、聞こえないようらするかなどを決定できる。

後は、いつもと同じパターンで筋肉の操作で体が動かなくなったり、勝手に動いたり、感触(楽器のタッチ)を変えられたりする。また、脳神経を攻撃されるので手順を間違えさせられたり、ある特定のフレーズそのものが絶対に出来なくされてしまう。それは強力な妨害となっていてまるで素人になってしまったくらい下手になる。

そして、声の送信で考えられるすべての嫌味、悪口、脅迫、ホラ話の連続で苛々させてくる。しかし、それは声によるものではなく、実際に心拍数を上げて興奮する脳波を送りつけている。声が聞こえたことによって集中力が削がれるのではなく声の送信と同時に脳への攻撃をしている。最後は暴れ出したくなる衝動を起され続ける。

この脳の操作からも絶対に逃れることは出来ない。痛み、痒みと同じで送信されたら最後、正常な人間であれば誰でもそうなってしまう。そして、集中力の全くないド素人以下の練習をさせて置いて声の送信で言う「そのスタジオから漏れている音を聞いている人間がお前のことをキチガイだと言って笑っているぞ」と。

そなん中で何度も練習を中断させられながら、激しい拷問に耐えて練習を終わりにした。これでバンドで練習をする時も激しく妨害をされ実力を全く発揮する事無くストレスだけが残るようにされて何年経つことだろうか。日常的に音楽を聞くことさえ出来なくされている。

人を武器の力で不幸にする事だけに勢力を注いでいる狂人達だ。

そして、暴れ出したくなる衝動は自動車を運転して帰宅しても送信され続けていたので厚生労働省にイーガブから要望を出した。加害者の狙いは私を暴れさせたり、発狂させて周囲に「あの人は病気だよ」と言わせたいのだと思う。なぜなら人類最悪の犯罪はどんな手段を使っても隠蔽しなければならないからだ。その為には人殺しでもなんでもするだろう。

徹底的に戦いたいと思う。

24:11
イーガブから厚生労働省に入れた要望は加害者からの脳内音声による強い要望により別の記事としてアップしました。文部科学省にもいれました。

電子政府の総合窓口 イーガブ
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

個人的に街頭活動や署名を集めて下さっている被害者の方もいます。そう言った自ら街頭に出掛ける活動も大切なのですが政府への訴えかけも必要だと私は考えています。何しろ隠蔽されたテクノロジーですから個人のレベルでは到底及びません。どうか他の被害者の方も要望などを入れてください。

8日1:32
その後も強力に暴れ出したくなる衝動は送られて来ないが、苛々して興奮する感情操作をされたままで、呼吸困難、頭部圧迫感、鼓膜が詰まった感じ、ノイズ、首や肩の著しい凝り、目眩、意識障害を延々とやられている。歌のリピート送信も全く止める気配がなく、声の送信ではは嘘を交えた嫌味と脅迫を続けている。

とにかく酷い暴力だ。

寝る。

もし、被害者が我慢をしなくなったら

電磁波攻撃を受けている被害者は、その途切れる事の無い耐え難い苦痛にいつも耐え、ひたすら我慢をしている。もし、被害者が我慢をしなくなったらどのような事になるだろうか。我慢をしなくてはならない理由として見えない敵であり、見えない武器による攻撃だからだ。

犯罪被害による苦痛であり、まともに人間として生活をすることを出来なくされている。遠隔から五感の操作、脳機能の操作、身体機能の操作、感情の操作などを途切れる事無く続けられていて、その四六時中受けさせられる被害をその都度口にしていたら大変なことになってしまうだろう。痛い、痒い、腹が立つ、苦しい、脳が機能しない、歩けない、吐き気がする、変な臭いがする、記憶がない、眠れない、肛門が痒い、オナラを出さされた、などを口にしていれば周囲には誰もいなくなってしまうだろう。

また、暴れ出したくなる脳波を送りつけられたから暴れても良いのなら、暴れてしまうだろう。これでもし他人を傷付けるような事にでもなれば大変なことになってしまう。そこまで行かなくても家庭内でも職場内でも他人に対して怒りをぶつけてしまうが無くは無いわけで、被害実態から行けば家庭崩壊を起こしている被害者は少なくない訳で、この電磁波犯罪のために多くの人が迷惑を被り嫌な思いをする事になる。すべてを自分ひとりで背負い込むと自殺ということになってしまうのかも知れない。

これほど酷い犯罪なのだから、せめて政府や関係機関に対して広報や要望を送っても良いのではないだろうか。


被害日記
9:52
悪魔の電磁波テロリストは完全に心失い凶暴化しているので、今も脳、身体、感情の遠隔攻撃をして脳内音声で憎まれ口を送信している。こんな奴らが生きていること事態、社会の迷惑だと思っている。とにかく良くしられた手口の攻撃を止めることが絶対になく、無抵抗の人間に対して武器による攻撃をひたすら続けるだけの狂人である。

昨夜も雑用があり就寝は3時を少し過ぎたあたりになってしまった。しかし、朝の5時頃に目を覚めさせられすぐには再就寝させず、やっと寝たと思ったら8時半位にまた目が覚めた。最近は5時間程度の睡眠時間となっている。

24:10
記憶障害が続いているので時間の流れと共に被害も含め細かく思い出せない。声のボリュームは昨日よりは小さくなったように思うが、歌のリピート送信が続いていたように思う。声による干渉と貶し・脅迫も続いていたと思う。苛々と興奮をさせられて仕事の妨害をされて集中出来なかったと思う。

複雑に設計された被害だと思うのだが、まず執拗に続けられる脳と身体への攻撃により嫌気が差してくる。それには自由に物を考えることが出来ないストレスや体の筋肉が硬くなり痛む苦痛があるのだが、それだけではなく軽度の平衡感覚の変調と吐き気や強い記憶障害による不快感、感情操作による強い嫌悪感、そして苛々する操作、心拍数が上がり過呼吸のようになる興奮と息苦しさ、不快な臭い、視覚に対する不快感の強い変調、などを細々と混ぜ合わせて究極の不快感を作り出し、それに加え頭部圧迫感は悩み苦しんでいるかのような状態を作り出し、顔も引きつったりする、そんな被害をベースに常時受けさせ(音声送信は途切れない)ながら、その時々に合わせて、人と満足に話しが出来ないようにされたり、喉を締め付けて痰が絡んで声が出し難くなったり、そんな状態が毎日の被害であるが、その強さには強弱があったりする。

凄まじい限りの被害で列挙するときりがない。
今もそのような状態だが、強力な攻撃と暴れ出したくなるようなパニック信号のようなものを送りつけられると大変な事になってしまい、激しい武器による暴力、拷問洗脳としか言いようがなくなってしまう。

そんな中で被害に関係したこと、仕事のこと、雑用などを行うのだが、考えることが出来なくなる攻撃や著しく想像力がなくなる攻撃、記憶を消す攻撃などで妨害されるので時間が掛かってしまう。やはり物事はなるべく溜め込まないで処理したいと思っている。

また、記憶操作で文章が書けなくなったので止める。
「ざまあみろ」と加害者が言っている。

寝る。

要望書

ある方のご協力が得られ下記内容の要望書を送って頂ました。

総務省宛です。



ニューロ科学(脳科学)を用いた兵器が、現在、日本国内にて乱用されている可能性の報告と、早急なその調査を促す要望を御機関にお送りします。


まず、下記の総務省が公表した報告書の内容について触れさせて下さい。


http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_2.pdf


『五感情報通信技術に関する調査研究会報告書』


これは、総務省(旧郵政省)が、2000年(平成12年)11月から「五感情報通信技術に関する調査研究会」を発足させ、五感情報通信技術に関する内外の研究開発動向等を調査・分析するとともに、電気通信技術審議会答申「情報通信研究開発基本計画」(2000年2月)を踏まえ、これまで五感情報通信技術に関する研究開発課題、研究の推進方策等について検討を行ってきた検討結果結果を、この研究会が取りまとめた報告書です。


ここでは「各感覚を感じる仕組みは、異なる大脳皮質感覚野のニューロンが興奮することによるものであり、各大脳皮質を人工的に直接電気刺激すれば感覚を人為的に起こすことが可能である。」ことについて述べられています。

この報告書は10年前のもので、すでにここに書かれている「最近この原理を応用して、視力を失った患者の大脳皮質視覚野を刺激して視覚を回復させる試みがなされている」実験については、2002年9月に、CNNニュースでイェナンス・ナウマンという男性が紹介され、研究が成功し実用されていることがわかります。

彼は盲目ながら、薪を割り、ピアノを弾き、ムスタング・コンバーチブルを乗り回します。

これはすなわち、視覚ニューロンのインパルス情報の符号化が成功した結果です。


また、聴覚については、『特定の対象だけに声を届ける広告板と「神の声」兵器』という2008年1月10日に Wired Vision で発表された記事からも、電磁刺激や超音波により脳へ音を送る事が(しかも指向性を持って)完成していることがわかります。

※ Wired Vision『特定の対象だけに声を届ける広告板と「神の声」兵器』

http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html


聴覚のインパルス信号の符号化は、人工内耳のCIS方式と同様です。現在、脳にインプラントする方法ではデジタル信号発振に12~22チャンネル使用します。脳にインプラントする必要上、機器の軽量化が優先しているためにまだ音質に問題がありますが、機器のサイズや大きさに制限がなければ、120チャンネルの音声符号化装置を作ることも可能です。120チャンネルあれば、音楽さえ綺麗に脳に聞かせる事が可能です。

このように聴覚についても符号化は成功しています。


味覚分野では「人がガムを噛んでいるときに、ガムの味によって脳波はどう変わるのか」という研究で1997年に日本人が生物学賞を受賞しています。この研究も13年の間に進歩したことと思われます。


視覚、聴覚、味覚、分野で進歩が公表されてきた脳内のインパルス信号の符号化を、ヒトが脳で「言語を使用して物を考える」時において検証してみましょう。

「あ」と考えるとき、「い」と考えるときのインパルス信号は違います。

これをすべての発音で符号化が成功すれば、脳内で「言語で物を考える」際のインパルス信号を解読することにより、その被験者の考えが解ることになります。


この脳波インパルスの符号化が何処まで進歩しているかは、公営・民間の研究機関の公表以上であることは間違いがありません。

そして問題は、個人の脳の活動を、インフォームドコンセントなき人体実験により他者が勝手に監視し、傷害を負わせる電磁信号を送ることが可能な段階に来ているという事実です。


現在の技術では困難と言われている、非侵襲性の脳波の解読=つまり、脳表面からある程度離れた所から脳波を解読する技術が、すでに可能であることが公表されて久しくなりつつあります。

ニューロン活動パターンと特定の思考とを関連づける遠隔技術について、2000年1月(今から10年前)『U.S.News & World Report』紙上ではロッキード・マーティン社の所属研究者が「すでに被験者が数字一つ考えてれば認識できる」と公表しています。


また、被験者の首から下げたアンテナから脳波を読み取り、デジタル信号化して、他所にあるスピーカーから、被験者が脳で考えた声を出す機械も既に公表されています。

頭皮に電極などつけなくても、脳から舌へ送られる電磁信号の解読がすでに可能だと言う事です。このマインド・スピーカー『The AUDEO』は脳性麻痺や筋ジストロフィー患者向けに去年発売されています。

※参考商品『The AUDEO』

http://www.theaudeo.com/


米国の機密公文書公開などにより、過去にも公表された技術以上の技術が実際にはすでに稼働していた事象は多数実在します。

現在、パソコン用のテンペストは、通常出回っているものは、100m遠隔から、パソコンの漏洩電磁波をノイズから別けて取り出すことが可能です。

果たして、脳波の読み取りが遠隔から出来ないと言い切れるでしょうか。



そして、電磁波により人間の精神や身体に重大な傷害をもたらす『引き込み現象』についても現在、特別に問題視しなければなりません。

1970年代から、心理的影響を及ぼす脳波の『引き込み現象』について各国で研究が行われて来ました。「脳に、脳波で使用されるELF数帯域に変調したマイクロ波を送ると、その周波数に対応した脳波周波数の増大が観測された」という1970年のロス・アディの記録のその後、この引き込み現象を利用した精神及び身体への人体実験の記録は、機密事項となり公表されたものは激減します。

古い例では、被験者Aに薬物を飲ませ、その脳波を記録し、その脳波と同じ電磁波を作り、もう一人の被験者Bへ照射し、反応をみようと言う人体実験が1974年に提案されていますが、その実験結果の報告書は現存が明らかにされていません。

公表されている中で目覚ましいのは、マリファナ周波数を発見した、米のエリザベス・ラウシャーの研究チームで、ELFの引き込み現象によるいろいろな周波数を研究、発見しました。

その中には、ある周波数によって人間に吐き気を1時間以上も催させる研究もありました。

それらの研究から30年経ちます。

どんな進歩を遂げているのかを公表し、徹底した調査と規制を早急に敢行しなければ、国の競争力を著しく下げる結果に繋がります。

一度民間に流出した機密はすでに機密ではありません。基盤の複製はいくらでも出来ます。

隠蔽よりも公表と規制を。


現在、これらの進歩したニューロ兵器の乱用と思われる被害を訴える人間が海外のみならず日本にも多数存在します。

私は、その一人である栃木県在住の被害者の男性と協力して、脳波に影響があると言われる超低周波帯域の電磁波計測を行っています。

使用した計測器は、他の周波帯域の電磁波をキャリアにし超低周波帯域に変調された電磁波も計測できるタイプです。

(計測器の性能を確かめるため、計測器を校正に出したところ、低い周波数になるとやや低めの数値で測定結果が出ることが解りました。)

その男性の周囲では、精神に作用すると言われる“10Hz”付近で、数mTの、通常の生活空間ではありえない高い磁界を計測し続けています。

念のため、栃木での計測の際、計測機器の設定方法を、使用した計測機器のメーカーに問い合わせたところ、「設定方法には間違いがない」と返答を頂いています。


約10年前に報告された『五感情報通信技術に関する調査研究会報告書』、ここにある『五感情報通信の実現イメージ』のいくつかの図で説明されているような「環境や五感を共有するような通信、データベース化」のシステムが、研究開発中に悪用されている可能性を示唆します。


今まで、ニューロ兵器の乱用とも考えられる被害を公的機関に訴えると、「証拠が無いと動けない」と返答されたと聞いています。

今回、私共が用意できたスペクトラムアナライザーは、30万円程度で新品が買える安価なものです。スペクトラムアナライザーの精巧な物を用意すると400万円以上は必要になります。一般民間人には手が出ません。

また、このテクノロジーを駆使した犯罪者サイドからしたら、民間人がこのような測定をする事は快く思わないでしょう。今回の栃木の計測中は2度程、原因不明でいきなり計測器の電源が切れるトラブルも生じたそうです。

被害に遭った民間人が自力で証拠を押収するのは無理難題であることを理解した上で、どうか、国で調査隊を組んで、流出したニューロ兵器の乱用と思われる案件の徹底調査をお願いしたくご連絡致しました。



『五感情報通信技術に関する調査研究会報告書』の中で下記の文章があります。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - -


第4章 今後の研究課題と目標


(1) 伝送技術

・2010~2030 年頃には、五感情報の統合的な伝送が実現する。

(2) センシング・再生技術

・~2015 年頃には、五感情報のセンシング・再生技術が実現する。

 各感覚情報のセンシング、再生(ディスプレイ)の

 基礎的な技術が確立する。

・2015~2030 年頃には、感覚の相互作用を利用した

 センシング・再生が実現する。

・2020~2040 年頃には、脳への直接アクセスによる

 五感情報のセンシング・再生が実現する。

(3) ヒトの認知機能の解明

・~2030 年頃には、感覚認知の基本的特性の解明の解明

 諸感覚の基本要素が解明され、感覚間の相互作用が解明される。

 また、感覚入力の脳内処理過程が解明される。

(4) システムとしての研究開発ロードマップ

・2010~2015 年頃には、五感情報通信のプロトタイプが実現する。

 個々の感覚についての通信が実現(センサ・ディスプレイが完成)

 するとともに、五感情報の統合的な通信が限定的に実現する。

・2030~2050 年頃には、五感通信ネットワークによる

 五感コミュニケーションが実現する。

・2040~年以降には、脳への直接アクセスによる

 五感コミュニケーションが実現する。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これらの研究は成果が発表公表されたときから技術が存在するのではなく、確実に、研究開発中の段階ですでに技術は存在しているのです。

例えばこの報告書が提出された2000年、つまり10年も前に、「2010年にはすでにある程度の五感情報の統合的な伝送が実現する。」可能性を指摘しているのならば、それに沿った法改正も準備し施行しなければならなかったのです。

2010年になりました。

極めて早急に、この五感監視システムプロジェクトに携わる民間企業、大学、及び公営研究機関スタッフ全員と、このプロジェクトに類似した脳科学研究プロジェクトに携わるスタッフに対し、厳格な調査を実施し、人体実験の恐れのある事例を探し、人権確保のためにどうか動いてください。このニューロ科学を悪用した犯罪で最も恐ろしいのは、科学力ではなく、“悪意の連携”です。悪意の連携をどうか止めてください。

この報告書の中で一番重要だと思われる記述は下記部分です。


「さらに、完全な感覚代行を行おうとする場合などには、究極的には脳への

直接アクセスにより統合的な五感情報のコミュニケーションの実現に向けた

研究開発が必要となってくる。その際、デバイスの形態として侵襲型と非侵

襲型とが考えられるが、特に侵襲型の適用については、自然科学の分野にと

どまらず、倫理的な議論が必要となると考えられる。

これらの他にも将来、五感通信ネットワークによる五感コミュニケーショ

ンが実現するにあたっては、今まででは想像できなかったような社会への影

響、安全性・信頼性の検証、あるいは新たな規制やルール作りなどが適宜必

要になってくる可能性がある。」


アンダーラインを引いた部分のたった4行です。

デバイスの形態としての問題点、侵襲型と非侵襲型とについては、特に侵襲型の適用のみならず、非侵襲型についても、自然科学の分野にとどまらず、“基本的な倫理上の議論が必要”となるはずです。問題点が間違っています。


繰り返し要望致します。

一度民間に流出した機密はすでに機密ではありません。基盤の複製はいくらでも出来ます。

隠蔽よりも公表と規制を。

極めて早急に、この五感監視システムプロジェクトに携わる民間企業、大学、及び公営研究機関スタッフ全員と、このプロジェクトに類似した脳科学研究プロジェクトに携わるスタッフ全員に対し、厳格な調査を実施し、人体実験の恐れのある事例を探し、人権確保のためにどうか動いてください。

自由競争の原理原則が壊れたら

世の中は基本的に自由競争であることの原理原則がある。それらは、勉学やスポーツ、ビジネスなど、その種類や程度に関わらず基本的人権と同じように守られているはずであり、不正があれば問題となる。しかし、電磁波による人間の遠隔操作により精神や肉体に影響を加えられると、自然ではない環境がそこに発生してしまい自由競争ではなくなってしまう。

この犯罪の被害者はあらゆる人間としての機能に対し遠隔操作を加えられてしまうので、持って生まれた感覚や能力を変えられてしまったり発揮出来なくされている。そんな状況は自由競争とは無縁であり生きていくのに大変な苦痛と苦労が付きまとう。

しかし、ここで問題としたいのは電磁波被害を認識していない人に対して何が行われているか判らないという点だ。被害者の多くは電磁波攻撃を認識する以前に不自然な出来事に遭遇している。そして激しい攻撃を受け続け電磁波被害を認識させられる。その後、過去を振り返ってみると、あの時のはもしかすると、などと思うようになる。最近でもここ数ヶ月以内に新たに電磁波攻撃を認識した被害者が発生している。従って、現在も被害を受けていると認識していない被害者が存在していると思われる。

そんな中で社会のあらゆる場面にテクノロジーを使ったスパイ行為や介入・干渉が行われていないという保証があるのだろうかと思った。

この犯罪は自由競争の原理原則を破壊しかねないと思う。


被害日記

11:20
昨夜も雑用があり、攻撃も酷かったので就寝が2時を過ぎてしまった。寝る頃になると、取りとめのない不快感とやり場のない怒りが湧いてきて、加害者が就寝を遅らせようとしている意図を感じたので腹が立つが我慢をしてすぐに就寝とした。

朝は8時少し前に人工夢のようなものを見せられて目が覚めた。時計を見たら朝の6時だったという夢だ。確かに時計を見たように感じていたが、実際に目を開けて時計を見ると8時であり、人工夢であることがわかった。その夢に入って来るところが不自然でありビデオテープの早回しのようにぐしゃぐしゃとしたイメージがあった。このように書くと加害者はきっと改善(改悪)をしてくるかも知れない。

その後はすぐに脳内音声による歌のリピート送信が始まり、声の送信では苛々させようと挑発的な言葉を連続で聞かせ続けた。起床するとすぐに後頭部に違和感が発生して頭がボケて思考能力が低下する。下半身に異常な疲労感があり、足の筋肉を操作されているので歩き難く平衡感覚の変調を起こされ転びそうになる。

今朝はコーヒーを入れて顔を洗っているときに、暴れ出したくなる衝動や激怒している時の感情、ヒステリーを起こすような状態を次から次へと送信され、呼吸に合わせた声の送信も歯を磨いている間ずっとやられていた。そして、加害者の挑発的な言葉に対して声に出さない呟きで言い返すと「やっと反応してくれたぞ」などと言って更に挑発をされた。手に持っているガラス容器を投げつけたくなる衝動やイメージ映像を薄っすらと送信された。

そんな状態のまま出社してある程度の仕事をしていたが歌のリピート送信や声による干渉、脳への攻撃が酷いので、まず日記の更新をすることにした。

18:35
今日は酷い攻撃を受けた。
歌のリピート送信、声の送信による干渉、記憶障害や平衡感覚の変調、首の後ろの硬直、筋肉が引きつり痛み、視覚操作、などが途切れる事無く続くのは毎日のことだが、強い平衡感覚の変調と時間感覚の喪失と首の後ろの硬直共に暗算が出来なくなり、著しい不快感に襲われる攻撃を仕事をしようとすると必ずやられた。また、お腹に空気を貯める攻撃が一日中続いたのは珍しく、今までは食事の後にやられる程度だった。

とにかく自分の机に座ると攻撃が強くなるという状況で必要最低限の仕事だけをなんとかこなした。被害の種類が多すぎてそれだけでくどい文章になってしまうが、歌のリピート送信が悪質に行われ、常時送信をされているのだが、仕事をしようとすると急に考えることが出来なくなる脳の操作と共に歌が強く聞こえて来たり、まるで自分が一緒に歌っているかのようになってしまう舌に刺激のある送信や、苛々して耐え切れなくなる感情の操作をされて酷い目に遭わされた。また、瞬時に記憶を消されるなどの就業妨害もあった。

酷い不快感や嫌悪感を起こさせたり、苛々して耐え切れない気持ちにさせたり、興奮させ慌てさせるなど精神面での攻撃が多く、それをやられたら最後嫌でもそうなってしまう訳で、武器を使って人間を玩具のように弄ぶ加害者の常識外の狂人ぶりが発揮されていた。

いまも日記の更新をしている最中に記憶を瞬時に消されてしまい、次に書こうと思っていた事を忘れさせられてしまっているのでこれ以上は書けない。思考がパニックのようにかき回されている感じもする。

良くある被害で自分の書いた文章の言い回しが変だと強く思えてきて、その部分が頭から離れなくなってしまい、何度も読み直したり、考え直したりするのだが結論が出ない、というのがあり、今日の日記の冒頭の「世の中は基本的に自由競争であることの原理原則がある。」という部分でやられてしまい暫く悩んだのだがそう言う遠隔操作をされているのだと割り切ってすぐに次の文章に取り掛かった。

6日1:57
未だかつてなく激しい攻撃が続いている。
お腹に空気を溜める攻撃も18時間延々と続いている。

夕食後にテレビを見ていると最初は信じられないくらい集中力があり(被害を受けていなければ当たり前)テレビの内容が理解できた。それは聴覚に対する妨害と脳に対する攻撃が弱かったからだ。実にテレビの音が良く聞こえ、思考もスッキリして普通に理解できた。

しかし、次第に加害者が声で何か命令をして来てテレビを見るのを止めろと言い出しては攻撃を強くして来る。タバコを吸うと「タバコを吸うたびに腹に空気を溜めてやる」と言っては攻撃を強くされ、最後は強烈に苛々して暴れ出したくなる衝動を起され続けた。それでも無視をしてテレビを見ていたが、脳を激しく攻撃され理解不能となる。

この暴れ出したくなる衝動が一番危険で、加害者は何としても私を暴れさせたいように思った。余りにも危険なのでイーガブから内閣官房、総務省、文部科学省、法務省、国家公安委員会・警察庁、防衛省に対して、この犯罪を止めさせるようにと要望を入れた。それでも攻撃が止まないので自民党と民主党に要望を入れた。もう、すでに4、5回は要望を入れていると思う。手紙も送った事もあるし電話で話したこともある。

この人類史上最悪の電磁波テロは数十年前から行われていて、犯罪組織も日本にあり破壊活動を続けている。とにかく人を人と思わない。どんなことでも平気でする狂人の集団だ。恐らく人殺しもすると思う。

寝る。

知的財産が盗まれていないか

思考盗聴と呼ばれる装置に掛けられると、見たもの、聞いたものなどがリアルタイムで盗まれてしまい、考えた内容も盗まれてしまう。テクノロジー犯罪の被害者にされると、それらの理由からあらゆるプライバシーがなくなってしまいキャッシュカードの暗証番号から本人しか知らない脳内だけの出来事まで盗み取られてしまう。

アイデアなどを盗み取られてしまう被害を訴える被害者もいるので価値ある知的財産を盗み取られている可能性は否定できない。その装置が如何なる人にでも向ける事が出来るのであれば、それこそ重要な人物の考えている事を盗み取る事が可能となる。知的財産は何も脳内だけではなく私的なメモも含まれる。

しかし、もっとも価値が高いと思われるのは不可視であり、決して表面化されることのない精神世界での出来事であり、例えば音楽を演奏している時に何をイメージしているか、何を考えているか、などは重要なノウハウとなっている。

この犯罪を否定するのは簡単だが万人に対して行われていない事を保証するのは大変なことだ。


被害日記

昨夜は2時頃に就寝したと思う。しかし、朝の6時に目を覚めさせられてしまい、眠くて目が開かないのだが声の送信が続けられるので再就寝出来なくなってしまい、一度トイレに行ってから再度寝ようとしたのだが、軽度に覚醒させられて7時頃まで眠れなかった。起きてしまおうかと思ったのだが知らない内に眠ってしまい8時に目覚ましで起きた。

起床後はすぐに脳内音声による歌のリピート送信が始まり、脅迫のような嫌みのような声による語りかけも執拗に行われ、後頭部に違和感が生じて思考能力が低下する。記憶障害はもうすでに音声送信と同じように日常化した被害となっている。視力が落ちるような視覚の違和感もほぼ日常化しているように思う。

出社して仕事をしていたが、軽い頭部圧迫感と思考能力の低下は続き、強い疲労感と倦怠感のためによほど強い意思を持ってしないと何もしたくなくなってしまう。そんな中で仕事の合間を縫って少し大雑把になったが被害日記を更新した。

18:25
上記、仕事の合間にアップしたものなので、時間の記入がない。その後も脳内音声による歌のリピート送信と声による干渉は途切れる事無く続けられ、脳への攻撃や首の後ろの硬直も続いている。そのような被害の中で何かをやろうとしても、想像力が極めて低下しているので本当に困る。仕事でも、脳の芯が痺れたような、平衡感覚の変調のような、吐き気のような微弱な被害が続いているので記憶障害を含めて落ち着いて深くものを考える事が困難となっている。一応、仕事が終わったので更新をした。

これから、この状態で買い物に行かなければならないが、倦怠感もあり強いプレッシャーとなっている。似たような被害を受けている人たちは皆、この犯罪は人殺しより酷いと言っている。

23:34
食料を買いに行く時も脳への攻撃をされる。挙動不振というか周囲に見られているように感じさせられてしまう。しかも、意識障害のようにされ周囲の自然な雰囲気を感じ取れなくされているので不安になる。そのような不自由な状態で毎日生活をしている。

食後はテレビを見ていたが、やや鼓膜が詰まったようにされ音が聞こえ難い。音声送信はボリュームが小さいが途切れる事無く続いている。しかし、何か集中力が出なく、物足りないような、満足感がない。食べたばかりなのに空腹感があり、もっと食べてしまいたい気持ちがする。腹を空気でパンパンにされる被害がないので食べようと思えば食べられるのだがやめにして置いた。

その後は、記憶障害が強く、漢字を見ても初めて見る漢字のように思えてしまい毎日画面で見ているというか自分で変換しているのに違和感がある。恐らく記憶を参照することが出来なくされているのだろう。

また、脳の芯が痺れたようになっていて考えが脳の深部まで届かないもどかしさがある。考えを深部まで届かせようとすると知覚できるのが平衡感覚の変調というか目眩というか痺れのようなものだ。首の後ろの硬直も延々と続けられ、腰砕けのように姿勢が悪くなる操作も続いている。

お腹に空気を溜める攻撃も行われているが、パンパンになって苦しくてたまらないという感じではなく、内臓を遠隔操作でかき回されているような感じにされている。これは感じではなく実際に筋肉の操作で行われているのだと思う。食道に異物感ががあったりゲップを出したいのに出せなくされる。

また、思考能力の低下というのか「1-16-15-y」という9文字を入力するのに10秒以上も掛かるような状態だ。それも一連のパターンがあり、その規則に従って入力をしているだけだ。時々、声の送信と共にキレた瞬間のような感覚や暴れ出したくなるような怒りが涌いてくる操作をされる。

脳の遠隔操作は直接、人格や言動に作用するので重大な犯罪だ。

5日1:46
音声送信のボリュームは小さいが全く途切れない。脳への攻撃も同じ。今日は特にお腹に空気を溜める攻撃が執拗に行われている。さきほどまでは苦しいところまでは行かなかったが、今は腹がパンパンで苦しい。

やはり、脳を攻撃して健康な人間を精神病院へ行かせたり、自殺をさせるような犯罪組織であるので、やることには殺意を感じる。

寝る。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる