武器・兵器は軍隊以外では使わないのだろうか

テクノロジー犯罪で使われているのは武器そのものであり、どういう訳か完全に統合された人間の遠隔操作装置である。そのテクノロジーは隠蔽されているらしく、通常専門家と呼ばれている人に聞いても「判らない」、「今ある技術では無理」、「軍事関係ではないのか」などの返答しか帰って来ない。そう言った答えが帰ってくることに関しては、それなりの理由があるのだと理解している。

しかし、現実に存在しているために共通した被害を受けていると言う人が全国的に、或いは世界的に存在している。軍事目的に開発されたものなのか、民間が何かのついでに開発してしまったのか、定かではないが、堂々と使えるのはそう言った犯罪や工作専門の組織でなければ無理だろうという結論に至る。

ある方が言っていた言葉を思い出した。「武器・兵器というのは民間で製造されているものなので、使っているのは軍隊だけだと考えないでください。作っているのは民間ですからね」

また、古くなった武器・兵器は売りに出されることがないのだろうか。


被害日記

昨夜は「早く寝なさい、久しぶりに2時前に寝させてあげよう」などと声の送信が言っていた。2時には就寝したが、すぐに寝させない攻撃が始まり、意識朦朧としたなかで散々な目に遭った。最後に時計を確認したのが3時頃だったので結局、寝られたのは3時過ぎていたと思う。そして4時間後の朝7時に目が覚めて声の送信が何やら喋っている。起床は8時としているので寝る時間はない。「ざまあみろ、ざまあみろ」と言っているので目覚ましを11時にセットしてもう一度寝た。しかし、目が覚めたのは10時半ころである。

その後は得意のパターンで「朝起きられないのでは誰もお前の言う事なんか信用しないぞ」、「ぐうたらで社会的信用を失え」が始まったので、すべて無視してゆっくりとコーヒーを飲んでから出社した。脳内音声による歌のリピート送信と思考能力が鈍る脳への攻撃と平衡感覚の違和感が起床時より続いている。

18:17
上記、時間を記していないので、昼食後に慌てて書いたような気がしている。その後は仕事が忙しくこの時間まであっという間だった。声の送信は単発で継続していたが、内容は悪質ではなく被害も軽度であったため仕事に対する集中力が出ていた。その後、18時頃から脳内音声による歌のリピート送信が始まり、嫌な感じになっている。脳への攻撃もされているので、ややボケた感じで遠くを見つめるような状態になっている。左半身の筋肉も軽度ではあるが引きつったような痛みが発生している。加害者は「それ以上言うな」と言っている。

24:31
夜は楽器の練習に行っていたが、何をされていたかを思い出せなくなっている。いま自分のサイトに自分で演奏した音楽をアップするのに何曲もある中から少しでもまともなのを探していた。演奏したものを全部聞かなければならないので時間が掛かる。その間に脳への攻撃と声の送信を激しくされていたので今も、意識障害と記憶障害と平衡感覚の変調、頭痛と鼓膜が詰まったような攻撃、キーンという音がしている。

音楽を聞いていても音を汚くされ、しかもトーンコントロールを付けられたかのように高い音が大きく聞こえたり、小さく聞こえたりする。更に、音の距離感がなくなり目の前にあるスピーカーから音が出ているように感じない。音量も大きいのか、小さいのか判らなくされるので気が付くとかなり大きな音で聞いていたりする。

声の送信では口汚い中傷と脅迫を途切れる事無く続けているのでまともに音楽を聞けない。それを無視して音楽を聞こうとすると、音の強さがスイッチになっているかのように不快感を送信されたり、再生している音をそのままそっくり盗み取り脳内音声として再送信されているような感じにされ不快感が酷い。

また、楽器のフレーズに合わせて嫌味を替え歌のように聞かせたり、フレーズそのものを口真似で送信される。しかも、それはただ聞こえるだけではなく、一緒に呟かされてしまう種類の悪質な音声送信なので耐え難い苦痛となり音楽を聞くのが嫌になる。

何とか頑張って3曲ほどアップした。

とにかく脳への攻撃が酷い。

思い出した。楽器の練習中には体の動きに合わせて筋肉の操作をされてしまい、自分が動かそうとした方に勝手に筋肉を動かされてしまうので力が入ってしまって楽器の音量が狂ってしまう。また、記憶を消されてしまう被害も多発して長いフレーズを練習しようとすると途中で続きを忘れさせられてしまい繰り返して練習が出来ない。

それと演奏状態に合わせて瞬間的に意識を失わせられているような被害があり、自分でやっているのに小節の頭がわからなくなってしまい、俗に言う裏表がひっくりかえってしまう。そのような攻撃を実際に他人と人前で演奏する時にやられるのでライブハウスでの演奏を出来なくされている。

10月1日2:23
あまりにも激しい攻撃のために遅くなってしまった。
最近は加害者のしゃべりは全く意味がなくなっている。

寝る。

二段階式の思考挿入

この犯罪被害には実際の言動に対して妨害をされる、失敗をさせる、後悔をさせる、などが良く報告されている。また、音声送信など脳の遠隔操作被害を実感している場合には考えた内容について、不安を持たせる、実行させない、などの行為が行われている。そんな被害を受けていると、浮かんで来た思考や実際に言動を起こす前の段階の思考が、そもそも加害者によって誘導されていたり、挿入されたものである場合が多いと感じた。従って被害者を陥れるための前段階の工作がテクノロジーによって行われていることになる。


被害日記

12:36
朝は忙しかったので後から追記しようと思いタイトルだけをアップして置いた。午前中は人の多い現場でずっと話をしていた。その時には喉を締め付けるような攻撃を受け声が出し難くなったり、喉が痛くなった。更に、自分の声を脳内に再送信されているかのように、やけに大きな声で耳に響いた。よく他人と室内で話している時に自分の声がハウリングしているかのように反響して聞こえる被害があるが、それにも似ていた。そのために声が実際に大きいのか、小さいのか判断がし難くなり、小さめに声を出していた。加害者は「声を段々小さくさせてくださいね」なんて聞かせて来た。被害はそれぼと強くないので著しい不快感と共にその場に居られなくなってしまうような事はなかった。午後も同じ仕事を続ける。

昼食の時には昨夜の夕食時と同じように食べ始めると酷く平衡感覚に違和感が発生して訳が判らなくなる被害を受けたが今はなくなっている。声の送信では不安にさせ被害を受けていると言わせないように仕向けるための憎まれ口と脅迫が多い。

14:59
現場での話しが終わった。喉を締め付けられるような被害を受けていたので痰が絡んだり、声が出し辛くなっていた。終わってやっと一息付く間もなく、脳を攻撃され著しい不快感と思考能力の低下を起こされている。喉も痛い。

18:04
今日は仕事が忙しかったので被害を受けながらも今まで休み無くやっていた。被害は軽度であったが声の送信によるリアルタイムの監視・干渉が続いていた。少し前から急に極度な空腹感が発生して、まるで貧血を起こしたかのような脱力感が起きている。これらは自然に近い形で行われる場合もあるが、わざわざ被害だと判るように内臓に対する操作と強い目眩や意識障害をぶつけて来ている。しかも心拍数が上がり、気持ちが慌てているのに思考能力が低下しているので、ちぐはぐな状態になってしまう。頭痛も起きてきて、下唇を右側だけ吸い込むようにして噛んでしまう被害も起きている。この状態ではとても人と話をすることが出来ない。

18:22
先ほどのパニックになりそうな攻撃は弱まった。
国勢調査の用紙が来たが、これだけ酷く脳を攻撃されると記入が出来ないので困っている。また、夕方に携帯電話が今までに聞いたこともないような音を出していたので、なんだろうと思い見てみると気象庁の地震速報だった。なんだか戦争か何かの緊急避難命令のようなものを連想してしまった。

23:52
最近、このようなコメントが増えています。
spam2

夕食の後に横になっていると急に眠くされてしまい、目が開いて居られなくなり、目の焦点も合わなくなってしまったので無理に起きないでそのまま眠ってしまった。それは普通の何となくの眠気とは全く種類の違うものだ。眠ったのは30分程度だと思うが目が覚めるとすぐに尻を痒くさせるなどの陰湿な嫌がらせをされた。とりあえずサウナに行く予定があったので起きた。その時にどんな攻撃をされていたか覚えていない。

サウナに行くと得意の台詞「お前は見張られているんだ、みんなが待っているぞ」などと声の送信で聞かされた。それらは全部無視して入ったが声によるリアルタイム監視と目で見ているものは、例え他人の裸であろうと全部遠隔から盗み取られ声により実況解説される。

サウナに居るときは普段より攻撃が緩く脳がスッキリしている状態もあった。しかし、声による思考の妨害や思考の誘導は続いていた。自分の意思で考え始めるのではなく声による誘導か、何か送られてきたものによって思考が開始され、思考途中でいきなり考えを切られてしまい、さっきまで何を考えていたのか忘れさせられてしまう。それの連続であるが、基本は声の送信によって呟かされている状態が一日中続いている。

サウナを出ると急に攻撃が酷くなってきて、何処を見ているのか判らなくなるような、見たくない所に意識が行ってしまう視覚操作や口汚い脅迫の連続を聞かされながら帰宅した。苛々する脳波も送りつけられたが暴れ出したくなるほどではなかった。首の後ろや肩の筋肉の強い凝りを起されている。

さて、この犯罪についての広報活動は最近は脳を抑制させられているので止まってしまっているが、激しく興奮させられるような攻撃をされないと逆に報復が怖くなって来て、それこそまともに生活が出来なくなるほど強力な脳への攻撃を受ける(短時間だが実際にやられている)危険を感じてしまう。しかし、「かわいそうに」という声を聞かせながら途切れる事無く攻撃は続いている。

これだから史上最悪の犯罪だと言っている。

30日1:10
陰湿な攻撃が続いている。

寝る。

2:35
追記

また寝させない拷問が行われている。頭部で爆発音をさせたり、寝ようとすると顔を執拗に痒くする。

こんどは防衛省に広報しようかと思っている。

脳の遠隔操作による情動

テクノロジー犯罪の被害者で思考誘導、意識誘導、記憶操作、感情操作などの被害を確認している人がいる。自分の意に反して体が勝手に動いてしまう被害もある。また、思考、意識、記憶、感情などの挿入送信被害もある。それらは脳の中で繋がって動いているので分類し難い。

思考は現状に沿って何かを考えること、意識は何かを思ったり感じたりすると、記憶は過去の蓄積(ワーキングメモリーもあるようだ)、感情は知覚したものに対する反応、などと分類する。これらは被害を受けていなければ考えもしない事柄だ。通常は無意識で行っている事まで意識させられてしまう被害なのでこんなことを考えたりする。

朝のコーヒーを入れる時には何種類かの手順がある。その順序を間違えさせられてしまう被害がある。それらは記憶の中にある手順を実行しているだけなので、やるべき事を忘れて次の手順に行ってしまう事はよくあるのだが、その場で目に映ったものに対して行動する必要がないのに行動をさせられてしまう事もある。また、イメージ映像の挿入や声の送信などによる記憶挿入のような形を取られて脳内で意識をさせられると、それを間違って実行してしまう事もある。

そこで思ったのが、脳内にあるこれから行動すべきリストの中にある事柄について実行サインがでると人間はそれを実行するのだと思う。もし、そうでなければ自分の意に反した事をしてしまったと思うに違いない。その実行サインは意思決定であり、意思決定させるような信号を外部から送りつけることが可能で、更に、行動すべきリストの中に間違ったものを混入させるための手段が使われていると感じた。


被害日記

13:26
久々に朝目覚ましが鳴るまで眠っていたような気がする。しかし、良く考えてみるとそれより少し前に目が覚めていて加害者の語り掛けを無視して寝ようとしている所に目覚ましが鳴ったようだ。それでも6時間近く寝ていたようだ。しかし、起床すると語りかけは煩くなり、疲労感が発生してコーヒーを入れようとすると急に後頭部に違和感が発生して、思考能力が低下し、コーヒーを入れる手順を間違えてしまった。それらは、絶対的な優先順位として確定していなければ普通でも順序が変わったりするだろう。また、外部からの割り込みにやられてしまう現象としては使命感の強さが問題となり、やはり記憶障害というような被害が一番の原因だと思う。

やや軽度の被害をうけながら仕事をして昼になったが急に歌のリピート送信と共に急いで何かをしてしまう遠隔操作をされ折角の昼休みのブログ閲覧を慌しいものとされてしまった。

17:09
脳への電磁的攻撃は思考能力の極度な低下と誤動作を確実に起こさせている。脳の誤動作の範囲は広い。音声送信と脳への攻撃は全く途切れないが、15時を過ぎた辺りから強力に悪質な攻撃を2度ほどされているが、その慌てふためいた感じになったり、呟かされてしまう状態、などから自白を強要するさせるとか嘘発見器のようなものとしても使えると感じた。しかも、苦痛を伴うので拷問と言えるだろう。

とにかく何の遠慮もなく攻撃を続けられている。

29日1:36
夕食をしている時には平衡感覚の強い違和感があり、水中にいるような感じになっていた。恐らく平衡感覚への操作だけではなく、意識や記憶への操作も行われていたと思う。その後は、時間もあったので少し横になって休んでいた。少し眠ってしまったようで目覚めた時から被害は軽くなっていて脳も体も楽だった。耳へのノイズ送信がなかったので周囲の音が良く聞こえ静かな雰囲気がしていたが、通りを走る自動車の音が全く聞こえないので、ある周波数を聞こえないようにしていて、静かに感じさせていたのだろう。

21時からは日曜日に演奏した音楽のプレイバックを聞いていた。ひさしぶりに演奏妨害を受けながらも快適な演奏が出来たので聞くのが楽しみだった。しかし、パソコンのスイッチを入れるとすぐに強い攻撃が始まり、暴れ出したくなる衝動まで起されて苦労した。全部聞き終わるのに2時間ほど掛かり、その間には何度も苛々させられたり、音の聞こえ方を変えられたり、声の送信で音楽を聞くことの妨害を執拗にやられたので表面しか聞くことが出来なかった。それは二つの音楽を同時に聞いているような感じに少しだけ似ているかも知れない。

寝る。

遠隔脳制御思考センサー

テクノロジー犯罪の被害に遭っている人達は思考を読まれていると実感する事が多い。何かを考えると、それに連動するようにして被害を受けさせられるからだ。音声送信により常時加害者の声が聞こえているような場合には、その声が瞬時に反応したり、思いついた瞬間に思考を言語に変換されて聞かされたり、文章を書いているとその続きを声で聞かされたりする。また、イメージ映像の送信をされていると、頭の中に何かを思い浮かべるとそれに沿った映像をこちらに送りつけて来る。それらは、遠隔から脳を制御するための思考センサーと呼ぶことが出来る。

ただし、私のように強い脳への攻撃を常時されていると、ある一定の条件下でそれらが可能となっているとしか言えなくなってしまう。また、脳の遠隔操作は被害者が知覚できるレベルの操作と操作されたことに気が付かないレベルの操作があると思う。


被害日記

13:39
昨夜は就寝が2時頃だったと思う。朝は4時間半後の6時半に起こされてしまい、すぐに眠ろうとしたが、目に光の点のような映像を差し込まれたり、声による憎まれ口を聞かされたりして、最後は脳を覚醒させられてしまい中々寝らなかった。恐らく7時半から8時までの30分くらい寝たのだと思う。

起床後は著しい疲労感と目覚めた時よりも酷い眠気と寝ぼけに襲われていた。声の送信では疑心暗鬼にさせよう執拗に語りかけてくるが、全くデタラメなので相手にしない。しかし、記憶障害や意識操作、身体操作は確実に被害としてダメージを受ける。勿論、声の送信も著しい思考妨害ではあるが。

最近の傾向として本当の疲労感というのがわからなくなっている。

会社に行くと、元気が無く、無愛想な人間味のない人にされてしまう。午前中も身体ごと意識までが振動しているような著しい不快感の中、視力の低下を起こされながら仕事をしていた。周囲には、それとは全く関係ない人が普通に仕事をしているが、こちらは孤立したかのように笑顔すら出ないで話も出来ないでいた。腹が立つ。

ここ数日は激しい怒りが湧きあがるような被害がないが、今もそうなのだが、考える事が出来ないので文章の読み書きに膨大な時間が掛かってしまう。それと聴覚に対する変調が激しく鼓膜が詰まったようになり周囲の音との一体感が全くないので、うつ病とか自閉症のような感じがしている。平衡感覚の違和感も強い。

恐らくあらゆる精神病の症状を再現できるのだと思うが、そもそも、あらゆる精神病を再現するためには、その内面で何が起こっているのかなどを熟知していなければならないと思う。それとも勝手に作り出しているのだろうか。

ここまで日記を書くのにも集中力をなくす為に考えが纏まらないようになる操作をされたり、思い出すことが出来なくされたり、声の送信で不安になるような言葉を聞かされながらなので苦労をしている。テクノロジー犯罪の被害者の言っている事は、最初は精神病のようであり、次第に一般人とはかけ離れたテクノロジーの世界へ行ってしまう。脳への音声送信、映像送信などとは何か、それらを使ってどのようにして人を騙すのか、などの知識は日常生活にはいらない。

現在、地球の周りに何機の人工衛星が飛んでいるのでしょうか。

18:16
脳への強い攻撃を受けながら仕事を終えた。
音声送信はボリュームが小さく、歌のリピート送信は余り無かったように思う。すべての事柄に対するリアルタイムの声による干渉は途切れる事無く続いていた。また、音声送信につられてしまうように同じ言葉を延々と口の中で呟かされていた。

とにかく脳への攻撃が酷く、記憶障害は常時行われているが、その時々に応じてというかこちらのやる事に合わせて強くされたり弱くされたりする。酷いと1秒前に聞いた事を忘れてしまう。それと平衡感覚の違和感と意識障害のような周囲の雰囲気を感じ取ったり、それに反応する能力を極度に低下させられ、人と話しをする時に普通に自然体でいられなくなる操作をされるので、自分がそう言う状態にされている事が判っているので、気持ちに違和感が生じて話をするのに非常に辛くなり、必要最小限の話のみで後は逃げるしかなくなってしまう。

そんな状態の中で、目で物を良く観察する仕事をしたのだが、目のピントが合わなくなったり、目の解像度が落ちたかのように目で見たものに対する解析能力も低下させられてしまいかなり苦労をした。そんな時も声の送信では「かわいそうに、かわいそうだから許してあげる」なんて聞かせてくる。

また、文章を読み出すと急に脳の芯が痺れたように気持ち悪くなり読解力がなくなるので(読解するほどの文章ではないが何だか判らなくなり、読むのが嫌だという気持ちになる)それらの仕事は放棄するか、大体のところで理解したことにするしかない。

今は少し頭痛や筋肉痛が始まり呼吸も苦しくなっている。非常に気分が重く、こんな状態で外出する事に対し、嫌だなあと感じてしまう。いつものことではあるが。

24:30
食料を買いに行くついでに夕飯は外で食べる事にした。被害は継続しているので自由な気分は全く無く、ただ必要な物を買ってすぐに帰って来る。レジに並んでいると急に左半身に痛みが発生し、首の辺りが特に痛い。首の左側と言っても筋肉は沢山あるので少なくとも前、横、後ろくらいに別れて発生しているようで、筋肉というか筋が引きつるような痛みだ。激しい凝りと似ているかも知れない。それらは顎、首、肩と繋がっているように痛む。

それを我慢して帰宅し少し横になって休むことにしたがやはり痛い。それを無視して少し眠った。30分位は寝たと思うが目覚めはいつもと同じように顔を痒くされ「いつまで寝ているんだ」と声でやられる。その痒みもただ痒くなるだけではなく脳に電気信号のような興奮する刺激が一瞬送られているようで、その瞬間に腹が立つ。

後は、テレビを見たりしなが被害を受けながらも休息の日とした。決して被害は軽くないが、強い頭部不快感と共に強烈な怒りや、激しい嫌悪感に襲われたりすることがなかった。

日記の記入時には思考能力が極度に低下するが、妨害をするための声の送信が入る。それは言葉の使い方や文脈が変ではないかなどの指摘のようなものだが、その声によって割り込まれて文章作成妨害をされていると言うよりは、脳機能を低下させた所に声を聞かせているのかと感じた。

寝る。

寒くなりました

9:50
昨夜も、痛い、苦しいの酷い拷問を受けながらの就寝となったが、睡眠妨害は7時半に一度目が覚めたが、すぐに眠れた。その後は、9時にセットした目覚ましで起床したが、目覚めるとすぐに声の送信が始まり、酷い疲労感があり、偽の筋肉痛を起されたり、脳への攻撃をされながら、折角のコーヒーの味を最悪にされたまま飲んでいる。色々な不安を抱えているが今日もオートバイで出掛けたいと思っている。

24:44
結局、雨にやられてしまった。
音声送信は全く途切れる事無く続けられ、口の中で呟かされてしまう。脳への攻撃も続いているので、記憶障害や平衡感覚の変調、考える事が出来なくなるなどの被害を受けている。筋肉の引きつり痛のような物が、ほぼ常時、左半身に発生していたので顎、首、肩を中心に痛い。筋が突っ張るような痛さだ。

午後からは被害者の会があったので参加してきたが、新しい被害者の方の話を聞くとほぼ同じパターンである。声が聞こえる、変な音がする、不快である、家電の誤動作、人に嫌がらせをされる、などで認識の仕方は多少違う。しかし、10年も被害を受け続けていて、最近になり会のことを知ったので入会したというような人が少なくない事が気になる。

被害者の会の後はスタジオへと向かい、音楽の演奏をした。痛みや脳を攻撃されている感じが続いていたし、何か脳に膜が張ったような、人との隔たりを感じるような状態であったので演奏に関しては諦めていたが、全体的に攻撃は過激ではなく、割と快適な演奏が出来た。

帰りは雨が降っていたが、左半身の筋肉の引きつり痛を起されたままひたすら走って帰宅した。声の送信は途切れないので同じ言葉を延々と呟きながら運転をした。運転中にも意識への介入が行われるので運転中には、ほとんど脳を使っていないのかと思った。それは当たり前のことで人と話ながらでも運転は出来るし、何か他の事を想像しながらでも運転はできるはずだ。ただ、それを自由に行えない状態にされたりしている。

また、行きも帰りも短い時間であったが危険な運転妨害をされた。距離感が判らなくなり、判断が出来なくなるような変な感じだ。詳しく説明は出来ないが非常に危険だと思った。時間にして10数秒だと思うが、もし長時間やられたら運転不能となり端に止まることになるだろう。

とにかく困ったものだ。


IPアドレス検索サイト

Lookup IP Address Location

どこかのブログで紹介されていたサイトですが、これを使うと入力したIPを地図で表示できます。IPアドレスを改竄していなければ何処から来たものかが地図上で確認出来るので非常に参考になります。

寝る。

墓参りに行ってきました

16:29
今日は墓参りの予定があることをすっかり忘れていて、電磁波による睡眠妨害で朝の6時前後に起された後、9時半に家族に起されるまで眠っていた。時間が無かったので日記の更新をせずに、すぐに家を出てお寺を二件回って先ほど帰宅した。

音声送信は途切れずに行われ、歌のリピート送信や声による干渉、脳への攻撃なども受けた。自動車を運転中に呼吸困難にされたり、食事をしている時に脳の芯が痺れるような何とも言えない不快感と苛々に襲われ苦労した。思考盗聴では、墓の前で何をお祈りしているのかも盗み取られ、こちらが黙っていると予測的思考盗聴のように声の送信で勝手に喋っていた。その聞かされる声と自分の呟きが同じ声であれば区別が付かなくなることもある。

全体的には被害は軽度であり、帰宅後はパソコンのスイッチを入れる気にもならなく、のんびりと普通の生活に戻れそうな感じがしたが、音声送信は継続しているし脳の芯が痺れているような平衡感覚が狂っているような感じがしているので、とりあえず被害者の生活に戻ることにした。

被害が軽度であれば、無理に日記を更新する必要もないように感じた。それよりも、この忌々しい被害のことを一時でも忘れ楽しく過ごすことの方が大切だと思う。しかし、なぜ日記を毎日更新しているかと言えば被害が酷いからだ。

22:13
のんびりとした、平和な気分になりかけていたのだが、楽器の練習に向かう途中に急に攻撃が始まった。それはまるでテレビのチャンネルが変わったかのように周囲の雰囲気が変わってしまい。外の空気と自分の心との隔たりが強大になり頭蓋内部音声の世界に引き込まれ、心が荒れてすべての物がくだらなく見え、腹立たしくなって来る。

苛々と興奮して来て顔付きまで変わっているように感じる。そして脳神経に異常が起き、認識力などが低下して、まるでパルス波で意識障害を起されているようになる。頭痛に近い頭部圧迫感が発生し、全身の筋肉が硬くなり、あちこちに痛みが発生する。心拍数も上がり周囲の様子を感じ取ることが出来なくなる。激しい嫌悪感が発生し、それから逃れたいと思う気持ちが強くなってくる。

そんな時に加害者は脳内音声で「ざまあみろ、その悔しさを忘れるな」、「お前が助かる方法はただ一つ、そのブログを削除しろ」、「自分は被害は受けていない、全部嘘でしたと言え」などと盛んに脅迫をして来る。楽器の練習はボロクソに妨害をされた。しかも、左の耳が全く聞こえなくされてしまった。

そんなところから脳神経への攻撃は匂いを感じなくさせる事が出来るのと同じように、耳を聞こえなくさせる事が可能なのだと思う。それらは恐らく何の体感もなく実現されるのであろうから、鼓膜が詰まったような感じや、後頭部の違和感を後付しているのだと思う。

耳を聞こえなくさせる度合いも自在に調整できるようなので、例えば、周囲の音を盗み取ってそれを脳内音声として送信することは出来るので、周囲の音が耳から聞こえているように感じさせて置いて、実は加工した音声を聞かせる事もあるかも知れない。

集団ストーカーマインドコントロールの解説ビデオ
Targeted Individuals (TI's) (#32)

帰宅後も執拗に攻撃をされ拷問状態となっている。

26日1:39
その後も執拗に張り付き攻撃が続いている。首の後ろの筋肉の硬直感が酷く、まるで骨が曲がってしまったかのように感じ、首を回すとゴリゴリと音がする。左のこめかみ、顎、首、肩の後ろ、腕などの筋肉が引きつったような疲労痛を起している。

寝る。

起床時に脳を攻撃される

14:18
この所、寝るのが遅くなっているが、そもそも電磁波攻撃によるものだ。早く寝ても攻撃をして寝させない、遅く寝ても途中覚醒され、最後は寝る時間が遅くなるように調整でもしているかのように夜になると拷問のような攻撃をされ何も出来ないまま時間が過ぎていて遅くになってから、その日にやろうと思っていたことを片付け始めたりしている。

昨夜は就寝は2時半頃だったが5時半頃に目を覚めさせられてしまい声の送信で何か言っていたがトイレに行ってからすぐに眠れた。酷い時はそのまま寝させないようにしてくる。

朝、目覚まし時計によって目覚めるとすぐに声の送信で脅迫の連続が始まる。「この犯罪はテロではない、単なるイタズラだ、あんまり騒ぐな、お前が悪い」のような内容を話しの矛先を変えながら延々と執拗に繰り返していた。最後は「家族が犠牲になるぞ」、「お前殺されるぞ」などの世界へ突入する。

パソコンのスイッチを入れ起動時のログインパスワードを入力するとパスワードだけ何処かに消えてしまい画面がそのままになっている。これは何度か経験があるのだが、パスワードが間違っていたらそのようなメッセージが出るのだが、それも出ない。

その後は、間違ったパスワードを無意識に打たされてしまいログインできない。自分としてはそのパスワードは正しいと確信しているので2度ほど打ったが、パスワードが間違っている旨のメッセージが表示される。自分が確信して入力したパスワードが間違っていることに気が付いたその時に「さあ、思い出してみろ」と声の送信で言われたが、思い出そうとするより先に「この脳の状態では無理だ」と瞬時に感じた。

これは、記憶を参照する為の機能が全く働いていないことが感じ取れる状態で、他の事を思い出すことが出来るかどうかは判らないが、恐らくパスワードのことに関してのみ、強く記憶障害を起こされていたと思う。勿論、それ以前にコーヒーを入れたりしている段階で後頭部に違和感が起きたり、次第に頭がボケてくる感じはしていた。

パソコンログインした後もツイッターにログイン出来なくなるなどの攻撃を受けた。確実にIDとパスワードが間違いないことを確認していてもログイン出来なかった。別のパソコンでやってみたが駄目だった。何度も繰り返しやっとログインが出来た。

そんな訳で朝は多少腹が立っていたが、今は逆に抑制ぎみにされている。これらは精神状態の操作が各種攻撃と共に行われている。歌のリピート送信と声による干渉は途切れる事無く行われているが、それほど苛々しないし、嫌な気持ちにならない。しかし、今、「精神状態の操作」と書いた瞬間に左半身の筋肉に硬直痛のようなものが発生し声の送信も反応した。

23:48
執拗に細かい被害を受けながら、監視・干渉をされながら仕事を終えた。仕事中にふと洋服のカタログを見た時に、そろそろ寒くなるので何かを買おうかと考えた。ここ数年はほとんど何も買わずに、ボロボロになるまで着て服を捨てている。その理由は部屋が狭いし、めったに着ないものが多いからだ。以前は結構、何でも買っていた。この被害に遭ってからは「何もいらない、自由と人権とプライバシーが欲しい」ただそれだけである。

すべてを不快に変えられてしまうので、すべてが無駄のように思えてくる。洗脳であるので気持ちはすさんで偏屈になる。しかも、精神の操作でそのようにされるし、購買意欲が出ずにすべてを消極的にされてしまう。

楽器の練習では激しく妨害をされた。とくに記憶障害が酷く3秒前に考えたフレーズを忘れさせられてしまうので繰り返し練習が出来ない。全部忘れるのではなく、およそ3秒以下は覚えている。また、音楽のフレーズ以外の事も記憶出来ないわけではないようだ。しかし、24時間の音声送信になった時は、まるで同時通訳のように途切れる事無く喋っている声の内容をほとんど記憶していて、それを記録していたくらい記憶力があった。

この記憶障害がいつから行われて酷くなってきたかは恐らく日記に記されているだろう。普通はそれだけでもパニックになってしまうほど酷い被害なのだが、それを無理やり毎日行うので死ぬのが嫌なら受け入れるしかないわけだ。楽器の練習の妨害もそれこそ酷いものなので暴れ狂ってしまっても仕方ないくらいやられている。それも音楽を止めたくなければ受け入れなければならない。

今も、お腹に空気を溜められ苦しくされているし、脳内音声による歌のリピート送信も途切れずに行われているし、頭部圧迫感は酷く、首と肩が痛い。キーボードと画面を行き来する目線は回転したり、色がにじんだりしている。耳は鼓膜が詰まったようになり圧迫感がある。キーンという音もしている。好きな音楽を聞こうとしても声の送信で替え歌のように嫌味を送信し、精神状態の操作により著しく不快にされるので音楽を聴くのが嫌になる。テレビを見ていても意識障害のようにされテレビの内容が理解出来なくされる。

毎日このような信じられないような殺意むき出しの攻撃を受けている。

この後に続く被害者としての気持ちはどんなものになるだろうか。

個人の気持ちをここに表現してしまうと大変なことになるので書かない。

加害者には全く罪の意識がなく攻撃をやめない。

25日2:00
アメリカテキサス州のニュース番組での報道

Gang Stalking and Electronic harassment in national TV

日本では考えられないことですが被害者が多いからなのでしょうか。


寝る。

寝させない拷問を受ける

12:50
昨夜は朝の8時頃までまともに寝れなかった。
眠りに入りそうになると、息を吐いてしまう被害を受けた。まず、呼吸そのものがゆっくりになってしまい、息を吸っている途中で強制的に吐かされてしまう。その感覚は非常に不快なものであり生命の危険を感じる。そして、目が覚めると足の指を執拗に痒くされる。それを何度も繰り返された。声の送信は脅迫と憎しみを込めたデタラメの連続だ。

その間に、「止めて欲しいなら、参ったと言え」、「謝れ」、「後で泣きじゃくる事になるぞ」、「嫌われ者」、「笑われ者」、「お前は世界的に有名だ」、「社会に迷惑を掛けているから逮捕されるぞ」、「殺されろ」、「殺してやる」、「許して欲しいなら広報をするな」など言いたい放題で結局は、自分達の殺人に等しい犯罪を無視して被害者に罪悪感を植え付け、無口な被害者にしてしまおうという内容だ。拷問洗脳そのものだ。

8時から12時までは目が覚める事無く眠っていたが起きると直ぐに声の送信で罪悪感を植えつけようとする言葉を聞かされるが、小学生でも騙されないような内容なので相手にする気にもならない。

睡眠妨害の最中は、まるで催眠状態のようで何をしていたか覚えていない。恐らくマインドコントロールに掛けられていても眠いので判らないのだと思う。人間は通常、眠っている時は外界と遮断しているので自分の世界だけとなる。そこに加害者が脳内侵入をすれば、外界とは関係なく完全に2者間の通信が確立される。従って、その世界での発想や行動となってしまう。それは昼間の覚醒時でも五感と意識の操作により実現されているが、目の前に他人がてい声を出していると中々完全な2者間の催眠通信は出来ない。

目が覚めて少しの時間はまだ、そのマインドコントロールの影響下にあったが、眠りたいという気持ちを捨てたら元に戻った。

骨伝導イヤホンの再テスト

その後、骨伝導イヤホンの性能を再度テストしてみようと思ってやってみると急に右耳にキーンという音をさせられ何故か右耳だけ音が小さく聞こえる。左右を入れ替えると聞こえ方が変わるのでもしかすると耳のせいではないかも知れない。通常のイヤホンにくらべて音量が小さいので音を大きくすると低音の振動が脳に響くのであまり気持ちの良いものではない。

それでも暫く聞いてみようと思い、一旦イヤホンを外すと、僅かに、微かに、かなり低い音が耳に送信されて来たのが判った。イヤホンをはめてみると高い音、低い音の両方が聞こえなくなっていて、全くもってテストにはならくなってしまい止めにした。その時に普通のヘッドフォンで聞いてみたら音質はクリアで気持ちの良い音だった。しかし、音楽の合わせて嫌味を送信され、苛々して暴れ出したくなる脳波を送りつけられ「その悔しさを噛みしめてくれ」と声の送信をされた。

音声送信のキーンという音や低い音は耳の中に聞こえ、骨伝導イヤホンの音も耳の中から聞こえる。しかし、声の送信は頭の中、耳ではない部分に聞こえている。しかし、声の送信は耳元から聞こえたり特定の場所のように方向性を持たせて聞かせる事も可能だ。

22:58
午後からの一日となってしまった。雨も降っていたし何よりも肌寒い。室温は21℃以下だ。15時頃に食事をして18時から楽器の練習。その間に日曜日に演奏した音楽のプレイバックを全部聞いて、その中から良さそうなものを例のサイトにアップした。聞いていると妨害をされているのが判る。他人には判らないらしいが、細かい説明をするまでもなく、様々な手口で日常的に音楽妨害をされている。

今日は練習の時にはそれほど酷く妨害をされなかったように思う。音声送信や音の聞こえ方を変えられてしまう被害は継続していて、思考が急に閃かなくなり何もフレーズが浮かんで来なくなる被害を少し受けた。

それと、演奏中に声の送信で私がするべきフレーズを指示するかのように絶妙なタイミングで聞かされてしまい、非常に迷惑を被る被害が多発している。そのタイミングは私が次に何をするかを考えるタイミングと一致していたり、それよりも早かったりする。しかし、その声の送信による口真似フレーズはテンポに一致しているし、殆どが私のフレーズであるので、吊られて演奏してしまう事がある。それは自由意志がなく操られてしまったという実感があるので著しく気分が悪くなる。だからいつも聞こえて来たものとは違うフレーズを瞬時に考えながら演奏をするので不自然な演奏になってしまう。考えることが出来なくなる攻撃をされるとそれどころではなくなる。

そこでなんとなく思ったのだが、もし、声の送信とは関係なく脳への信号だけで送られて来たフレーズを演奏してしまうような事はないだろうか。あくまで想像であるが、声が聞こえなくても信号だけで人間を操れるという発想だ。その理由は声に騙されてしまう時と、聞き流せる時があるからだ。

24:15
イヤホンマイクで録音してみました。

イヤホンマイク レコーダー 骨伝導マイク録音

電話録音用のイヤホンマイクを2個繋げて左右の耳に入れて音楽録音用のレコーダーで録音をして、それをSPwaveというソフトで解析します。レコーダーはWAVファイルとして録音されるので音質も良く解析に向いています。しかし、ファイルサイズが大きくなるので60秒くらいにします。解析は読み込んだ音声を全部選択してスペクトラム解析をします。画像の上段は耳に入れた時、下段はテーブルの上に置いた時です。10Hzのところが111dBと105dBで耳に入れた時の方が強く出ています。今のところ、これが何を意味しているのか判りませんが、今度は片方を耳に、片方をテーブルに置いて同時に録音してみたいと思います。何事もやってみなければと言うことで少しずつやり始めています。

24日2:01
今は攻撃が弱くなっている。
帰宅したのが21時半頃で、その後は強く攻撃をされ全身が微振動をしているような感じになり意識障害を起し強い嫌悪感と怒りが発生していて大変な苦労をした。内蔵(胃や食道など)に対する攻撃も執拗でお腹に空気を溜めてゲップを出させないようにされた。鼓膜が詰まったようにもされた。とにかく執拗に止む事無く攻撃を続けられている。

寝る。

記憶障害と睡眠妨害

11:31
昨夜も睡眠妨害を執拗にやられた。
「仕事をとるか睡眠をとるかどっちかにしろ」と声の送信で言われたが、私は「人権を取る」と言った。加害者は睡眠妨害をして短い睡眠時間で出社させようとしている。それは、朝普通に起きられないのは、ぐうたらであり、生活が乱れているなによりの証拠として世間に認識されるからだ。それが嫌なら短い睡眠時間で仕事をしろと苦しみの上乗せを強要してくる。ならばこちらは「何時まで寝ていようと世間にどう思われようと関係ない」という姿勢を取れば良いわけだ。しかし、人権を取り戻すためにはこの犯罪の広報を行う。昨夜も政治政党に二つ、法務省にも要望をメールで送った。

起床をすると両方の足の筋肉を操作され痛い、腰も痛い、肩や首も異常に凝っている。そして脳内音声で歌のリピート送信をされる。脳への攻撃も途切れることなく行われるので、記憶障害や時間感覚の喪失が強い。身体には平衡感覚の変調や内臓への攻撃、呼吸が乱れたり、心臓が急に苦しくなったり様々な攻撃が続けられる。昨夜はお腹の空気を溜められ苦しくされた。

何か効果的な広報はないだろうか。

15:05
その後は出社し仕事をしている。
歌のリピート送信は途切れる事無く聞こえ続け、あらゆる内面の活動に妨害を加えている。脳内音声であるので頭部内部に聞こえているので、耳から聞こえてくる音のように無視をすることが出来ない。テクノロジーでは更に耳から聞こえてくる自然発生している音についても、特定の音や人の声だけに自分の意思とは無関係に意識を集中させられてしまったり、周囲の音を盗み取ってそれに加工をして脳内に送りつけたり、ある種の音が聞こえなくなる、ある種の音が煩く聞こえるなど逃げることの出来ない攻撃として頻繁に行われる。

今日のここまでの攻撃は、平衡感覚の強い変調により浮遊感がでること、強い頭部圧迫感と首の後ろの硬直による著しい不快感、腰砕けのようになり姿勢が保てなくなる攻撃、記憶障害、任意の筋肉が硬くなったようになる圧迫感、それらを複合した疲労感と倦怠感である。時たま、苛々して来たり、脳の中で思考のようなものが勝手に動き回り決断力が落ちたりしている。

こんな犯罪が野放しにされている事実、これが恐ろしい。

18:39
先ほど、雷により瞬間的に停電してしまったので折角書いた日記が消えてしまった。音声送信や身体攻撃は途切れる事無く続いているが、15時の時よりは弱くなり、本日中にやらなければならない仕事を終わらせた。

やはり、加害者はこの日記を書かせたくないようで、日記の更新を始めると急に攻撃が強くなり、頭痛や思考能力の低下が起こり、吐き気、頭痛も軽度ではあるがしている。そのためかキーボードのタイプ速度が遅くなり、信じられないほどの打ち間違えをする。

左半身の筋肉をやられていて、顔の左の筋肉が引きつるようになり痛い。頭痛もまるで頭部の筋肉が引きつっているように感じる。喉の筋肉や肩の筋肉も引きつるような酷い凝りが左側だけに発生していて、舌も左側が歯に当たってしまい痛い。

明日は休みだが、脳を攻撃されているので、開放感はなく、楽しみだという気持ちも起きてこない。不快なだけだ。

24日1:19
夕食後はテレビを見ながら一休みしていたが、相変わらず記憶障害が酷いので時間の流れと共に自分がどんな状態だったか、テレビの内容がなんだったか、などを思い出すことが出来ない。こんな脳への攻撃が長期に渡り行われている。

酷い疲労感と下半身の筋肉が硬くなったような圧迫痛のような動き難さがあったので外出したくなかったが、根性でサウナに行って来た。それほど強力な根性がいる訳ではないが、テクノロジーによる疲労感なので、疲れたから寝ようという訳にはいかない。とにかく記憶がないので行き帰りの車の中での被害や周囲の様子などを断片的にしか思い出せないし、そこに時間的な流れがない。

サウナの中では過激な攻撃を受けなかったが声の送信により、その都度干渉される。それは考えたことであったり見たものに対してだ。下半身の疲労感が酷かったし長い時間サウナに入れなかった。

サウナから出て自動車に乗ったとたんに強力に脳を攻撃され目眩、思考異常、頭部圧迫感、筋肉の硬直などを起されほとんどパニックのようにされた。首の硬直が酷く、まるで筋肉の束を一本単位で操作できるのではないかと思えるほど、偏った引きつりが首の周囲に発生した。

帰宅後も強い攻撃が続きこんな時間になってしまった。

殺意ある電磁波テロ集団が野放しでは困るのだが。

お腹に空気を溜めてゲップを出させないという攻撃が続いている。

23日1:45
声の送信ではデタラメな脅迫を延々と続けている。しかし、この攻撃はデタラメではなく確実に脳と身体に強いダメージを加えているので大変だ。痛い、苦しいの世界だ。

寝る。

3:05
また、寝させない拷問をされている。呼吸がゆっくりになったり、途中で止まりそうになったり、足を痒くさせたりして寝させない。パソコンのスイッチを入れるとひゃっくりを出させてくる。このひゃっくりの被害も20年以上前から行われている。仕方ないので、イーガブから文部科学省、総務省、国家公安委員会に要望を送った。

このままでは殺されてしまう危険を感じる。

意味不明のコメントについて

実はこのようなコメントが以前からたまに来ています。
意味不明のコメント

何を意味しているのか判りません。

また、大分前にドコモの携帯から陰湿な嫌がらせコメントが来たのでドコモの携帯からはコメントできないようになっていると思います。

被害日記

11:10
昨夜は就寝が2時半となってしまった。8時に目覚ましをセットしていたが、朝6時半頃に目を覚めさせられてしまい声の送信で「ざまあみろ、会社に遅刻しろ、皆に笑われろ」、「みんなお前のことをキチガイだと思っているぞ」などと言われた。従って、目覚ましを止めてこちらは何時まで寝ても構わないという意思を見せた。

その後は10時に目が覚め、いきなり脳内音声で歌のリピート送信を開始され、声の送信では30分ほどの間途切れる事無く、あらゆる人物の名前を出しては「お前は笑われているんだよ、朝起きられないから」、「子供の学校でも有名なんだよ、統合失調症だってことで」、「お前の知らないところでそう言う噂が流されているんだ」などと聞かされた。こちらからすると正直、ただ煩いだけでなんら意味はない。

ゆっくりと洗濯をしてコーヒーを飲んで総理大臣へホームページからこの犯罪について何とかして欲しいと要望のメールを入れてから日記の更新をしている。

ただ、両方の足首あたりが硬くなり歩き難くなっていたり、平衡感覚に違和感があったり、心拍数が上がっていたり、後頭部に違和感があり首の後ろの筋肉が硬くなっていたり、腰がだるくなっていたり、思考能力が極度に低下し対人恐怖症のようにされている。勿論、下唇を右側だけ吸い込むようにして噛んでしまう被害も受けている。

18:27
仕事が終わった所だ。
歌のリピート送信は続けられ、声の送信による干渉も途切れない。頭の中にクモの巣が張ったような、イガイガが脳内に溜まっているような感じで思考がクリアでない。思考能力が落ちているとでもいえば良いのか。職場で人の多いところに行く時には、まともに口が利けなくなるような遠隔操作を散々やられているので、ある程度の覚悟をしてから行く。多少、心拍数を上げられて興奮させられているように思えたので、気持ちを静めて人と接した。

全体的にはそれほど激しい攻撃はなかった。夕方になり、急に腹が減って貧血のようになり全身の力が抜けてしまった程度だ。これも自然現象のように思えるが、やられた事のある人なら被害だと判る。特にそのような状態が延々と続くのではなく、ある瞬間に普通に戻っていたりするので被害と判る。

結局、音声送信と脳に対する攻撃にやられてじっくりと物を考えたりする事が出来なく、声に出さない呟きをさせられている。

何かを細かく目で見ようとすると急に視力が落ちる被害があるが、何かサブリミナル的に、パルス的に目に対する操作をされているので、目が追従できなくなり視力が低下したり、目に映る映像そのものの認識力が低下しているのかと思った。

今のところ激しい怒りや、耐え難い苦痛に晒されてはいないが、記憶障害を起こされているためか、時間の流れとともに一日を振り返ることが出来ない。

22日1:15
夕食後はテレビでニュースを見ていたが、何故かエアコンの音が煩くてテレビの音が良く聞こえない。声の送信による語り掛けや、会話をさせられてしまう被害に遭い、大事なニュースを聞き逃してしまったりした。今思うとうっかり語りかけに応じてしまったのではなく脳の操作により会話をさせられてしまったのだろう。

その後、低周波のスペアナで計測の続きをしていると「止めないか、そんなことを」などと声の送信で言われ、無視をして続けていたら強力に脳を攻撃されて時間感覚がなくなり現実感もなくなってしまった。それでも続けていると測定器の電源が勝手に切れてしまった。ネットに接続されていないノートパソコンがあるのだが、それもマウスで言うクリックボタンは押していないのに、押してしまったのと同じ状態に何度もされた。

それから骨伝導イヤホンというのを両方の耳に付けてWAVファイルに録音したものをSPwaveというソフトで解析すると何故か10Hz辺りからの低周波が強く録音されている。それに関してはマイクの特性というか、録音機のボリュームが最大だったので、そんな時には自然に低周波が大きく入ってしまう物なのか検証が必要だ。

ツイッターでは、ウイルスのようなコードが出回っていて、画面が変になってしまったり、勝手にツイートしてしまったりの騒ぎがあった。何かスクリプトの虚弱性をついたものらしい。

お腹に空気を溜める攻撃が執拗に続いている。

寝る。

2:45
寝させない拷問を受けている。
就寝前から急に内臓が痛くなり、頭痛がして、心臓が苦しくなってきた。そして寝ようとしたのだが顔を連続で痒くされたり、左半身の筋肉を硬直させるようにして痛くされとても眠れない。しかし、催眠状態のようにされているので起きる事も出来ない。余りにも酷い拷問なので政治政党に要望を入れた。

各種攻撃に精神状態の操作を多用していて、「暴力団に殺されるぞ」と声で聞かせた瞬間に記憶を消して、その言葉を強く印象付けようとする手口を使っている。その他、顔を痒くさせた瞬間に心臓をドキッとさせたり、心臓を苦しくさせて不安感を強く出させたりしている。

いずれにしても、この犯罪には広報が一番であり

他の被害者にも協力をしてもらいたいと思う。

連休で一休み

14:27
昨夜は、就寝時に高低様々の激しいノイズを両方の耳に送信されてしまい、やや脳も覚醒させられてしまったので2時には床に就いていたのだが就寝が3時を過ぎてしまった。あまりにも酷いので両方の耳にイヤフォン型のマイクを付けてレコーダーで録音をしたほどだ。録音したものには声などは入っていないが低音の強いノイズが記録されているので後で検証してみようと思っている。例えば、強いノイズを送信されていなくても低音のノイズが記録されたら被害との直接な結びつきは考え難くなってしまうからだ。

とりあえず何とか寝たが、朝の5時半に起され「さあ、この被害はどうやっているのか考えてみてくれ、君なら判るはずだ」などと声の送信をされ、頭の働きも悪くなかったので、考えてみたいという気持ちが発生していたので、少し考えてみようと思ったが、やめてトイレに行ってすぐに寝た。

その後は9時半に目が覚め起床するが、すぐに脳への攻撃で頭がぼやけ、声の送信や歌のリピート送信をされている。首の後ろの硬直や後頭部の違和感、平衡感覚の変調なども酷くはないが行われている。また、筋肉痛や疲労感などもある。

途切れることのない被害で腹立たしいが、例えば5月あたりの連休だったろうか、折角の休日を著しい不快感によりボロボロにされたのを考えると多少楽なので、一休みしたいと思っているが、日記の更新や他の方との連絡、測定した記録の検証、家のこと、などあるのでのんびりは出来ない。そんな中で一番犠牲になっているのが家のことかも知れない。

無理をせず少しは休もうかと思う。

被害がなければ本当に人生を楽しめるのだが。

23:38
何か、激しい怒りや酷い苦痛、全く考える事が出来なくなるような強い攻撃は受けていないが、何をしていたのか時間の流れと共に覚えていない。今、攻撃が多少強くなっているので思い出せないのかも知れない。とりあえず、家のことなどを行い、その後はのんびりと過ごせたが音声送信が執拗で、疲労感もあった。

夜は食後に眠らされてしまい、30分ほどしたら目が覚め、しかし強い眠気があり、起きられない。そんな状態にして置いて、体のあちこちを引っ切り無しに痒くさせ、手が止まっていることが無いようにされ続けた。「早く起きろ」なんて声で言われるが、眠くて目が開かない。陰湿な嫌がらせだ。

その後はネットを見ていたが、腹に空気を溜められたり、首の後ろが締め付けられたりして不快であった。しかし、文章を読むことが出来たので脳への攻撃は弱かったのだと思う。あっという間にこんな時間になってしまったが、早く寝ても睡眠妨害をされるので、いつも寝るのが遅くなってしまっている。弱めだが日常化してしまった攻撃は続いている。

21日1:54
その後も軽度ではあるが被害が継続している。
録音したWAVファイルの解析を少ししていた。

寝る。

起床時に集中攻撃

13:03
昨夜は就寝が2時半くらいだったか。朝7時半頃に突然目が覚め、何か声の送信で言っている。無視をして寝ようとするのだが次第に声の送信が悪質になり、痒みなども発生させ、トイレに行きたくなる。起床してしまっても構わないと思っていたが、その陰湿なやり方が気に食わないのでもう一度寝たいと思った。しかし、どうしも眠らせてくれないので9時頃に起床した。

するとすぐに目眩のような平衡感覚の変調と酷い疲労感と眠気が始まり、声の送信で嵐のように脅迫と罵声を浴びせてくる。頭部圧迫感と共に首の後ろが硬直して記憶障害を起され、苛々してキレる瞬間のような衝動を起されたり、腰が痛くなったり、太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉が硬くなって歩き難くなったり、とにかく立て続けに強力な攻撃を受けパニックになりそうにされた。

その後も、脳への攻撃と節々の痛み攻撃、歌のリピート送信、唇を噛まされる被害が続いているが、パニックのように苛々してやり場のない怒りに襲われることはない。

やはり、心身ともに開放感がなく「うつ病にさせる攻撃」というよりは「洗脳・人格改造」を強く感じる。想像力がなくなり、楽しいとか心地よいと感じることがなく、思考範囲に制限を掛けられている感じになっている。今日もオートバイで出掛けたいと思う。

23:17
色々とあったが無事帰宅した。
音声送信は全く途切れる事無く続けられ歌のリピート送信もたまに途切れる程度であった。オートバイに乗っていると「君は見張られているから変な運転をすると逮捕されるぞ」などのような声の送信が多い。普段から「お前は見張られている」という内容が常にあるので本当にそのような気持ちになってきてしまう。その他は、その場の出来事や、思考内容に干渉している事を示す声を聞かされ続ける。

脳への影響を常に受けているためか、考える内容はすべて言語に変換されて聞かされる。思考が及ぶ範囲を限定されているからとも考えられるが、現状として何を見ても、何をしても、何を考えても全部加害者に知れてしまい「どうだ、参ったか」などのような声を聞かされる。しかし、これは今始まった事ではないので慣れてしまった訳ではないが、慣れているように振舞わなければ気が狂ってしまうだろう。

そんな感じで張り付かれたまま都内のスタジオまで走行したのだが「マインドコントロールには気を付けろよ」などと運転中に聞かされると怖くなるものだ。スタジオに入ると例によって音の聞こえ方を、高い音が煩く聞こえるようにされたりする。

自分の演奏の時には音声送信のほかに、体を痛くされたり、筋肉を動き難くされたり、記憶障害で曲名を忘れたりメロディーを忘れたり、演奏フレーズやソロが全く思いつかなくなったりして実力とは程遠くダメな演奏をさせられたりして酷い迷惑を被った。

そんな時に必ずと言って良いほど「快適な演奏をさせてあげたいなあ」、「許して欲しければ日記を削除しな」など声を聞かせてくる。すべての曲がメチャクチャにされた訳ではないが、どの曲も本来の自分ではなく実力は発揮出来ていない。何曲か、あまりにも酷い演奏妨害をされたが我慢をした。また、激しい怒りを起されることは無かったようだ。

帰りも、声の送信によって延々と声に出さない呟きをさせられながら帰宅した。行きだったと思うが、走行中に急に全身が熱くなったのだが気温の上昇を肌で感じたとは考え難い。匂いを変えられたり、味を変えられる被害も多発している。

いま、後頭部に強い違和感が発生して首の後ろが硬直して、平衡感覚の違和感と怒りが発生してきている。この遠隔操作被害というのは大事件であり、あってはならない事なのに被害者はその事を口にすると社会から変人扱いされるような所があり、しかも、耐え難い苦痛や拷問のような遠隔暴力を受けさせられ苦しめられている。しかも、攻撃が止む気配すらない。

本当に酷い話だ。

ついでに吐き気も追加された。

20日1:36
歌のリピート送信のボリュームが珍しく大きくなった。しかも、一緒に歌い出してしまいそうな感覚がある。少なくとも文字を読んだり、日記などにタイプする時の呟きか、それの再送信に音程が付いてしまっているように感じる。そう言えば加害者は、声を送る側と読み取る側に分かれているのではないかと誰かが書いていたが、そのような時もあるかも知れないと思った。別に気にはしていないが。

思い出したがオートバイで走行中に呼吸困難にされた。それは頻繁にやせれる種類のもので、息が吸い足りないように感じるので吸い込もうとするけれど、いくら吸っても吸えない不快感のある呼吸困難だ。本当に呼吸困難なのか、感覚だけ呼吸困難にされているのか判らない。

とにかく声の送信の脅迫が酷い。

「その内に殺されるぞ」

「そのブログは危険すぎる、消されるぞ」

こんなのがかなり多い。

寝る。

マインドコントロール被害とは

今日も他の方のブログを紹介させて頂きます。

平塚、東京、ロンドン、横浜

この方とは面識もあるのですが被害内容が非常に良く似ています。そして、マインドコントロールと言われる感情操作の被害を強く受けているようです。マインドコントロール被害は喜怒哀楽などの他に意思決定や価値判断、まで変えてしまう事ができるので自分ではなくなってしまう可能性すらあります。それらの送信も24時間監視をしながら、その状況に応じて行ってきます。

こんな酷い人権侵害が野放しであることを多くの人に知って貰いたい。


被害日記

10:31
昨夜は2時には寝ていたと思うが朝の7時半に目が覚めてしまった。それ以前にも一度目が覚めていた記憶があり熟睡をしていたは考え難い。何とか8時頃には再就寝したが10時少し前にまた目が覚めてしまった。起床すると声の送信による醜い言葉の連続、脳への攻撃、身体攻撃をされ、後頭部と首の後ろの違和感が酷く目覚めた時よりも寝ぼけているような感じになり、体も異常な疲労感と筋肉の硬直と痛みが発生している。歌のリピート送信も遠慮なく行われすでに最悪の状態にされている。

秋の連休ではあるが、幸せ、やすらぎ、などという言葉とは程遠い状態にされていて、ここ数年間、自分の呼吸の音を落ち着いて聞いた覚えがないほどに音声送信などの攻撃が酷い。呼吸の音とは自分の内部では無意識に自分のリズムを作っていて大切なものだと思う。

24:06
昼間は一時的に被害が軽い時間があった。夕方は楽器の練習に行ったがやはりテクノロジーによる妨害をされてキレそうになってしまった。平衡感覚の変調は、例えばエレベーターから降りたにも関わらず、まだエレベーターに乗っているような感じのから、目が回るとまでは行かないが不安定な感じがする変調まであるが、どうしても意識を失っている瞬間があるように思えてならない。それは下に落ちるような感覚を細かく何度も繰り返しているようにも思えるが、細かく意識を失ったり、戻ったりを繰り返しているようにも感じられる。

しかし、意識の乗っ取りというのがあるようで、それは乗っ取られた瞬間は意識がなくなっていると表現したくなるような状態で、文字を読んでいる時にスッと瞬間的に文字を読む動作が止まってしまい、声の送信がまるで自分が喋っているように感じてしまい、次の瞬間に元に戻るというのがある。時間にしてせいぜい1秒以下なのだと思う。何か、考えるとぞっとするような恐ろしさを感じる。それは人工夢にも繋がるような気がする。

夜は、極低周波の測定実験をしていた。自分で低周波を作り出し、それをスペアナで測ってみたのだが、やはり30Hz以下の測定は簡単ではなく、それも1Hzくらいの分解能で測ろうとすると装置も極低周波専用のものでないと上手く行かないようだ。これは加害波が極低周波にあると決めているのではなく、そういう流れでやってみただけだ。強い疲労感と筋肉の痛みの中、根性で数時間やっていた。

31.5Hzサイン波

19日1:46
音声送信は止まらない。

寝る。

電磁波犯罪の認識とは

今日は電磁波犯罪の被害をなぜ受けていると言うのかについて他の被害者のブログをお借りして説明したいと思います。まずは下記をご覧ください。

私の被害体験日記--友人Aへの被害

この友人の方はご自身が被害に遭われていると自覚なさっていないようですが、それが明確に被害であるとも言えません。

私の場合は、被害だと確実に判るまでには時間が掛かりました。たまに精神へ介入してくる人の声が聞こえたりしても、変な出来事があっても、まだその時点ではテクノロジーによる被害を受けているとは到底考えられませんでした。自分が病気になってしまったのではないかと思ったほどです。しかし、その時点では確実に誰かが私に対して嫌がらせをしているのだと言う認識はありました。それは、そういう被害を受けていたからです。

24時間の攻撃になって数ヶ月してからようやくインターネットでテクノロジー犯罪の存在を知ったのですが、それから加害者は「俺達に逆らうな」という感じに堂々と攻撃をして来るようになった訳です。ですから、ほとんどの被害者は強制的にテクノロジー犯罪の被害者であることを加害者によって知らされているわけなのです。しかし、恐らくは被害者であると知らされていない被害者の方も存在しているのではないかと思います。


被害日記

13:40
昨日は夜から強烈な電磁波攻撃を受け、激しい怒りに襲われてしまい大変な思いをさせられた。そのために就寝が少し遅くなってしまったが、とりあえず途中覚醒はなく目覚ましが鳴る10分程度前に起こされただけだった。しかし、寝ているときに何度か目が覚めたような妙な記憶があるし、寝しなに嫌がらせをされていのだが、テクノロジーで眠らされている為に起きられないまま寝入ってしまっている記憶もあったりする。

起床後はすぐに声の送信で周囲の人間を疑いたくなるような事ばかり聞かされるが、何しろ記憶障害を起こされているので加害者に挿入された思考も忘れてしまう。後は、異常な疲労感が発生し、頭がボケたような感じにされ出社した。今日は仕事はそれほど立て込んではいないが日記の更新がこの時間になってしまった。様々な攻撃を受けて時たま苛々させられている。

考えようとすれば、するほど苛々する被害について

これは、本来の能力が100だとすると、例えば最大でも70しか発揮出来ないように遠隔操作されていたとすると、頭を使わない時は30なので頭がボケていることは認識出来ても能力が発揮出来ない事に対する不満はあまり出ない。しかし、能力を70まで使おうとした時にはやや天井が見えてくるのでもどかしくなり苛々する。それ以上の能力を使おうとすると、どうしても届かない感じになり著しい不快感になる。実際には、その他の被害もあるので複雑だがこのような感じになっていると思った。

それは自分の以前の普通の状態と明らかに違うことが判るので、しかも不快感を伴うので、誰にでも脳を攻撃されていることが判る。脳が自然に働かないように妨害をされていると言ったところだ。

23:20
記憶障害が強いためにその後は何をしていたのか、はっきりと覚えていない。仕事はしているのだが、脳内音声や電磁波攻撃による妨害により集中できなくなっているのだと思う。或いは激しい攻撃がなかったのかも知れない。

夕方は電磁波計測のための部品を作り、先ほど計測してみたがうまく行かない。これは被害に直接関係のある計測ではなく実験のようなもので本当に測ることが出来るのかを検証しているだけだ。しかし、激しく妨害をされる。

仕事が終わった後は楽器の練習のためにスタジオに向かったが、仕事が終わったとたんに右足の太ももの筋肉が変になり動きがギクシャクしていた。このあたりからは記憶がはっきりとしている。心拍数を上げられてしまい「急がなければ」という気持ちにされてしまいそのまま車を運転してスタジオに向かった。金曜日なので交通量が多かったように感じた。

電話に着信があったので掛けなおしてみると、先月に受けた精神鑑定のようなテストの結果が出ていたとのことで、何か理由があったからではなく任意に非公式に受けたのだが、精神病との関連はなく統合失調症との関連も見受けられなかったそうだ。勿論、以前に医師に頼んでMRIと脳波を取ってもらった事があるが、全く普通であるとの判定が出ている。いずれの検査時にも声の送信は途切れていない。

スタジオでの練習は記憶を消される、筋肉の動きを操作される、音を自然とは違って聞かされるなどの妨害の他にひっきり無しに苛々させるような言葉を投げかけて来られた。多少、苛々して興奮状態にされた。

練習が終わって帰宅する時には声の送信で集中攻撃をされ大変な苦労をしたが、何故か途中で攻撃が緩くなった。帰宅後は夕方作成した部品を使って少しだけ測定をしてみたが何とも言えない結果となっている。その間も声の送信を中心とした執拗な嫌がらせを受けながらすべてを無視して行った。

今は、苛々する精神の操作はされていないが、お腹に空気を溜められたり、強い記憶障害を起されたり、平衡感覚の違和感、意識がコマ切れになるような操作などをやられている。

とにかく声による脅迫が著しい。

18日1:26
鼓膜が詰まったような感じだ。攻撃は続いている。

寝る。

電磁波犯罪の感情操作に気を付けよう

電磁波による人間の遠隔操作には感情の操作というのが良く行われます。海外でマインドコントロール被害などと言われているのはその為ではないかと思われます。

その感情の操作は絶妙なタイミングで行われますのでやられた本人も気がつかない事がよくあります。例えば、腹が立つような状況にある時には怒りの感情を、悲しい状況の時には悲しみの感情を送り付けて来ます。

それらの状況とは自然発生した状況であったり、バーチャル的に加害者が作りだした状況だったりします。また、送られて来る感情は自分の気持ちに沿ったものであったり、そうでないものがあります。

それら送り付けられて来る感情はその場限りの時と継続される時があり、継続される場合にはある特定の事柄に意識が向いてしまいそれに付随した感情が発生します。

いずれの場合でも送り付けられた感情は拒否することが出来ませんので目に見えない武器と言うことも含め、新しい暴力という形になります。


被害日記

10:41
昨夜は、これと言った睡眠妨害がなく目覚ましが鳴るまで寝ていた。目覚めると後頭部に頭痛がしていて疲労感が酷い。偽の腰痛まで発生していた。また、以前は目覚めた直後は頭がボケたような脳への攻撃がなかったので、朝起きた時のまっさらな感覚があったが、最近は目覚めた時から脳が不快である。

今日は用事があり外出している。

15:28
NPOの街頭活動が総務省前で行われたので参加してきた。雨もほとんど降っていなかったので問題はなかったが、テクノロジーによるチラシ配布妨害をされた。
軽い意識障害を起こされ気持ちが舞い上がってしまい、誰かに見られているように感じてしまい不自然になってしまった。更に過呼吸のようにもされた。

そんな状態であるので気後れしてしまいチラシが渡せなかったり、体がだるくて動かなくなった。

16:10
上記バスの中で更新したのだが、急に眠くされてしまい目が開いていられなくなり、やっとの思いで書いた。

22:35
携帯電話からの投稿であり、強烈な眠気と目の焦点が合わなくなる被害のために書きたい事が書けなかったがそれ以上は深追いしても疲れるだけなので止める。

夜は楽器の練習に行ったのだが、行き帰りの車の運転中に暴れ出したくなる衝動やヒステリーを起したような感じにされ著しく興奮させられてしまった。余りにも危険なのでイーガブを利用して警察庁に要望を入れた。

楽器の練習中にもいつもと同じようなテクノロジーを使った妨害行為が行われ続けたので耐え難い苦痛と激しいストレスの中で我慢をして練習を終えた。そんな辛い思いをしてまで練習をする必要はなく、日常的に音楽を聞くことすら出来ない状態にされているので楽器の演奏なんか普通では考えられない。

音の聞こえ方が全く現実とは異なる状態にされ、記憶を消され、声の送信で曲のメロディーを流され、演奏フレーズを口真似で聞かされ、身体操作で体が動かないようにされ、それだけでもまともに演奏は出来ない。更に精神状態の操作で不快な気分にされ、全く楽しくなくなってしまう。普通なら止めてしまうだろう。

しかし、それで自分の生活を縮小してくと最後は家から出る事がなくなり病人と同じになってしまう。それこそ自殺へと導かれてしまうので頑張っている。加害者はそのような状態に追い込むことにすべてを掛けていて、時には人を発狂させようと無我夢中になって声の送信をして来る時がある。しかも、武器を使っているので攻撃を強くされると発狂さられてしまう恐れがある。それでも被害者の方には徹底した広報で対処して欲しいと思っている。

今日はブログのアクセス解析が壊れてしまっていたが、先ほど確認したら読み込むことが出来た。最近は会社のメールソフトに異変があり、起動するともう一つ立ち上がってしまったり、起動後にメールソフトの画面がアクティブでなくなってしまったりしている。さらにアンチウイルスソフトから意味不明のメールが来ていた。マウスを勝手に動かされてしまう被害は日常的にやられている。

こんな時代である事を多くの人に知ってもらう必要がある。

24:55
その後も、お腹に空気を溜める、呼吸困難にされる、声の送信で無理やり敗北者にされると同時に苛々する脳波を送りつけられる、鼓膜が詰まったようになる、記憶障害、などの攻撃が続いている。

寝る。

電磁波による遠隔洗脳が行われている

まずは下記リンクをご覧ください。

ウィキペディア洗脳

電磁波犯罪と言われている各種攻撃は、拷問としか言いようのない強い物理的暴力による外圧が常時行われていて、しかも、脳に電極を差し込んだのと同等と思われるほどの強い脳への影響が伴っている。また、精神的圧迫に関しても、声の送信や、意識の挿入などの精神介入テクノロジーを使い常時行われているので、強い外圧となっている。

更に、現実にこれだけの暴力による著しい人権侵害を常時受けさせられていても、社会的にこの犯罪に関する認知が遅れている為に、被害者がどんなに苦しまされていても誰にも助けてもらえず絶望へと追いやられてしまう。

また、マインドコントロールという言葉を私は使うが、それは外部から送られてきた脳への信号により強制的にそのような精神状態または感情にされてしまうことだ。それも外圧として頻繁に行われている。


被害日記

11:50
昨夜は就寝時に腹いせ的な睡眠妨害をされたが、それほど酷くはなかったので寝ることができ、朝は目覚ましが鳴るまで目が覚めることはなかった。しかし、何故か、早朝にテクノロジーによる嫌がらせにより目が覚めたような記憶がある。目覚めるとすぐに声の送信で「お前は世間の笑われ者だ、夜更かしをして朝起きられない」という声の送信から始まり、すべての行動に干渉をしながら罪の意識の植え付けのような喋りへと展開して行く。そして、歌のリピート送信も行われる。

続いて脳への攻撃も行われるので平衡感覚の変調や記憶障害を中心に考える事に対する妨害となっている。仕事の合間にここまで書いたが、強い記憶障害なのだと思うが文章の組み立てが困難になり冒頭部を書くのにかなり苦労をした。

19:29
被害は音声送信も脳の操作も身体操作も継続しているが、仕事が急発生したので忙しく被害関係のことは何一つ出来なかった。当然、あらゆる物事に対する妨害行為は行われるので、トイレに行けば「昨日の分まで出させてあげたいけれど、肛門が動いたぞ」などから、仕事の計画を頭の中で立てた瞬間に忘れさせられてしまうなどまで広範囲に行われた。それらは当然、珍しいことではなく毎日のことだ。

時たま攻撃が強くなり耐え難い苦痛にも襲われたが、忙しいからだけではなく、何かの抑制が働いているかのように被害記録をしたり日記の更新をしたりする気にならない。今も、あまり気が進まないが更新をしている。とにかく記憶障害が酷いと思う。

帰宅後はテレビでニュースを見ているが声の送信に邪魔をされ、意識を強くそちらに持って行かれてしまうのでテレビの声を聞き逃してしまう。しかし、声の送信を極力排除してテレビの声に意識を集中してみると、やはり理解が出来なくなっている。

その理由は、記憶を参照できなくなっていることで、時間的に遠い記憶を探ったり、今聞いた内容を覚えていられなくなったりしている為だ。想像力が低下していて、脳内にイメージを思い浮かべて想像をしようとすると、その領域に加害者によってイメージを送りつけられてしまう。これは自分のイメージに沿った内容であったり、全く違うものであったりするので、声に出さない口の中の呟きをなぞられたり、自分の考えとは違うものを声の送信で送りつけられて呟かされてしまう現象と同じだと思った。

仕事が終わった後に、ちょっとした電磁波計測の実験をする為にテスターや部品を集めていると急に強い目眩と脳を締め付けられるような感じになり考える事が出来なくなったので、いつでもそのような強烈な攻撃が出来る状態にあるという恐怖感が起きた。被害者はいつもそのような激しい攻撃をされるかも知れないという恐怖というか強い外圧を感じさせられながら生きている。

24:18
夜はサウナに行っていた。珍しく過激な攻撃は無かった。声の送信が延々と続いていて細かい被害もあったので決して開放感があり、自由な思考が出来る状態ではないが、著しい不快感や苛々はなかった。

サウナを出ると気が狂ったかのように声の送信が連続で休む事無く罵声のような貶しを浴びせてきた。帰宅しても同じような状態で左半身の筋肉が上から下まで硬直気味で痛い。歌のリピート送信も始まり、肉体と精神の両方に不快感が酷い。声の送信で貶しては、精神状態の操作で苛々させる攻撃もしている。

寝る。

連日の睡眠妨害

13:04
また、昨夜も睡眠妨害をされた。寝る時に音だけの合成夢を見させられ、まるで自分が一緒に歌っているように感じる。しかし、それはあくまでも自分の内部ではなく外部から送られてきているものが自分に被さっているように感じる為に著しく深いであり、不自然極まりないので、それが原因で目が覚める。

或いは、不快な睡眠妨害ということで加害者が意図的に行っているのかも知れない。その手は、バス、電車の中で居眠りをしている時にも頻繁にやられる。眠っては起こされ、眠っては起こされで何度もやられ、それでも無視をしていると今度は体が熱くてたまらなくなり、いくらか脳も覚醒させられてしまい起きてしまった。仕方ないのでイーガブから政府に要望を入れた。

あまりにも眠いのだが嫌がらせとテクノロジーで覚醒されられてしまうので、まるで夢遊病のようにパソコンのスイッチを入れて要望を送った。その時の様子などはほとんど覚えていない。ただ、すべての行動を忘れている訳でもなければ、自分の意思に完全に反した行動を取らされているのではない。記憶を消されているという事だ。

また、遠隔操作でやらされてしまう行動については、「そういうことをしたくなる気持ち」になるように時間を掛けて潜在意識からコントロールをしているのだと思っている。

この方法で何をさせることが出来るだろうか。

18:46
仕事が終わった所で、午後からは来客もあり、取引先との電話のやりとりもあり、何故か自分ひとりの仕事が出来なかった。また、被害に関連した事も出来なかった。記憶障害は、落ち着いて1人で物を考えることが出来ない被害とセットのようになっていて日常化した被害となっているので来客と話をしていても言葉が思い出せなくなったりする。そんな時には声の送信が、その言葉を聞かせてきて思い出させてくれたりする。

歌のリピート送信は、ほぼ途切れる事無く続いているが来客と話している時に強力にやられてしまい大切な話を聞き逃してしまった。その他、細かい被害はひっきり無しで、何か物をよく観察しようとすると急に視力が落ちてしまったり、電話を掛けようとすると電話番号を勝手に読み上げられてしまうので間違えてダイヤルしてしまったりした。

今は、パルス波で意識障害が起きているような感じがして不快感が強い。軽い頭痛もしている。鼓膜が詰まったような圧迫感も朝から続いているような感じで不快だ。

一番腹が迷惑を被ったのは昼休みに食堂に行った時に人前で意識が変になり、どうして良いのか判らなくなってしまい、挙動不審になり口も利けなくなってしまったことだ。それと社内で話をしている最中にも突然、上手く対応が出来なくなったりした事だ。そのように人と接している時に強く攻撃をされると非常に迷惑である。

元より自然な状態いさせないことが迷惑だ。

15日1:15
他の被害者のブログなどを読んでいたらこんな時間になってしまった。夕食後は、パルス波の意識障害を起されていた。どうも、感覚からすると、このパルス幅というか速度を早くしたり遅くしたりすることにより強い意識障害になったり、脳の芯が痺れているような感じになったりするように思えてならない。そんな被害と記憶障害も日常化しているし、体の痛みやお腹に空気の溜まる被害も日常化している。日常化していると書くと、攻撃頻度が上がり常時行われるようになる可能性もあり、怖い。

夜テレビを見ていたのだが、音が煩くてたまらなくなりボリュームを一番小さくしても煩くてたまらないのでテレビを消してしまった。その後は少しだけ居眠りをした。

現在、歌のリピート送信とお腹に空気の溜まる攻撃、息が吸えないような感じの呼吸困難を起されている。時たま内臓が痛くなったり、首の後ろと肩が硬直する。脳への攻撃も行われていて頭がボケた感じになっているが、キーボードのタイプ速度は遅くなっていないし、文字も読める。

良くある被害で、声の送信で「薬を飲ませてやる」と聞かされ、口の中が苦くなったり訳の判らない薬品の匂いや味がして感覚が麻痺したり考えることが出来なくなったりする。

寝る。

徹底的に攻めてくる電磁波テロリスト

11:39
被害者は酷い攻撃をされていても何もしなければ貴重な時間を被害関係のことに持っていかれる事はないが、基本的にすべての生活に関して妨害をされるので、結果的に無駄な人生とまでは言わないが、かなり無駄な時間を費やされる。被害日記の更新にもかなりの時間が掛かるので就寝が遅くなってしまう。しかも酷い攻撃をされると気持ちを休める時間も必要となるが、途切れることのない攻撃の為に休む時間すらなくなってしまう。

そんな訳で昨夜は就寝が2時半頃になっが、睡眠妨害が酷く5時半くらいまで寝させて貰えなかった。その間は何をしていたかの記憶もなく、寝ようとすると陰湿かつ低俗な、ストレスをこちらに向かって吐き出すような声の送信を続けられたり、人工夢を見させられたり、目を刺激されて眠れなくなってしまったようだ。

仕事なので朝起きるべき時間は決まっているのだが、それを守ろうとすると多大なストレスとなるので目覚ましのスイッチを切り、睡眠妨害がやりたければ勝手にやれと開き直らなければならなくなる。この被害で失職させられた被害者は多い。

やっと眠れたと思うと9時半頃に突然目が覚め、寝たのか、寝ていないのか判らないような不快に起床となる。するとすぐに「お前は笑われ者だ、朝も満足に起きられない」と加害者が声の送信で執拗に攻めてくる。電磁波攻撃をされなければ健康そのもので何ら問題のない楽しい人生を送れる筈なのに、この異常な世界に無理やり引きずり込まれてしまう。

起床時より、舌に刺激があり呟かずにはいられなくなる遠隔操作と歌のリピート送信と声による干渉を受けている。脳への攻撃も続いているので自由に物を考えることが出来ず、読解力も低下させられている。

15:52
午前中も音声送信と脳への攻撃などにより不快な状態であったが仕事が忙しいので無視をしていた。午後は会議があり今終わった所だが、最初は攻撃が強くかなり苦労した。後頭部に違和感があり首の後ろが硬直して脳の芯が痺れたようになり、結果を先に求めてしまうような気持ちが強く起こり深い思考が出来ない。そして、息を吐き切らない内に次の息を吸い込んでしまう被害を受けてしまい、喋っていると息が上がってしまったかのようになり苦しかった。また、気管を刺激され痰が絡む被害も受けている。

この脳の芯が痺れたようになり深い思考が出来なくなる被害、本当に不快だ。今は音声送信のボリュームが小さく口数も少ないように感じている。また、首の後ろ、肩、腰などにも強い違和感があり心身ともにシャキッとしない。

17:52
音声送信はやや控えめだが、脳への攻撃は続いていて、落ち着いて普通に物事を考える事が出来ない状態で、文章などを読もうとすると読解力もなく、読むという事を避けるようになっている。それを振り切って無理に読もうとしても、不快感と嫌悪感が強く嫌でたまらなくなる。筋肉の部分的な痛みや硬直もあり、首の後ろや肩、ふくらはぎなどを攻撃されている。17時を過ぎるとそのような攻撃が強くなり著しい不快感で苦労している。現実からの乖離が強くなるようなマインドコントロールは弱いようだ。

とにかく脳が働かなく無気力と言った状態で、この違和感が邪魔をしていて他人との接触を避けたくなるような気持ちにされている。なぜならば自分本来の自然な姿で会話が出来ないからだ。

14日1:41
帰宅後は異常に腹が減ってしまいお菓子などを沢山食べてしまった。うつ病のようなマインドコントロールが酷く、疲労感の攻撃もあったので外出するのが嫌で横になって寝ていたい気持ちだったが、わざと人の多い所に買い物に行き食料を買って帰って来た。

食べた後は眠くなってしまったので横になっていたら少し眠ってしまった。しかし、すぐに痒み攻撃で起されてしまい体中に痒みを次から次へと発生させられてしまい5秒と同じ姿勢でいられなくされたので腹が立った。仕方なく起きたが、その後はお腹に空気を溜められたり、脳を強く攻撃され考えることが出来なくなり拷問状態だった。

結局、自分のペースで生活が出来ずに被害に撹乱されメチャクチャなままこの時間になってしまった。攻撃は今も続いている。

寝る。

雨がふらないでください

10:51
これからオートバイで音楽をやりに出掛ける。
昨夜は就寝が2時半だったか。5時半頃に合成夢をみさせられて起された。その後もすぐには寝させないように目瞼の中に光を見せられたりした。かなり苦労して7時頃には眠ったと思う。そして10時にセットしてあった目覚ましで起きると異常な疲労感と眠さがあり、音声送信も執拗で毎度のことながら最悪の気分での起床となった。

本当に嫌らしい、本当に迷惑だ。

24:06
上記は、出かける直前に5分ほどで書いたのだが、なんか変わったタイトルとなってしまった。ついでに忘れ物までして家を出てしまった。目的地までは片道100kmある。人と会う約束があったので急いで家を出た。雨は行きの高速のパーキングでぽつぽつと降っていたが東京に向かっていると止んでしまった。帰りは寒かったが雨は家に着く5分ほど前から少し降っただけだ。「運の良い奴だ」と加害者が言っていた。

全体的に夜8時頃までは電磁波攻撃は弱めで随分と楽だった。音楽をしている時や知人と話している時には著しい不快感や脳を強く攻撃されて、「何が何だか判らなくなり、話に付いて行けない」という状態は無かった。しかし、音楽の演奏では極めて不自然な演奏妨害は無かったが、どうしても納得の行かない違和感があった。結局、一曲も満足に演奏が出来なかった。特に顔の操作が酷く、唇を意味無く噛まされたり、虚ろな目にされたりしていた。

演奏妨害に関して詳しく説明するのは大変だが、意識障害や精神状態の操作などの著しく強い脳への攻撃が無かっただけで気が付かないような細かいレベルでコントロールをされていると思った。当然、目が覚めた時点で脳の遠隔操作の影響下にあるので、攻撃が弱いと言っても決して自然な状態ではない。

とりあえず、普段より攻撃が弱かったので仲間との会話にも積極性が出て、多少強気の発言も出来た。その時に過去を振り返ると酷い攻撃を受けて弱気になり、何が何だか判らないような状態にされている私を他人が見てどのように見えたのかと思った。しかし、現在でも自分の能力の半分も出ていないし強く攻撃をされたら大変な事になってしまう。

夜8時を過ぎた頃に急に攻撃が強くなった。それはまるでテレビのチャンネルを変えたかのようにすべてが急変する。不快感が酷く最悪の気分になり、声の送信の内容もそれまでとは全く変わってしまい悪魔のようになる。そんな状態で演奏をした訳なので大変な事になってしまい、やればやるほど気分が悪くなり、途中で演奏を止めてしまいたい気分にされた。しかし、根性で何とか踏ん張って最後までやった。そして強い怒りが湧き上がって来たが我慢をしていた。それは演奏妨害をされたことに対する怒りではなくマインドコントロールによる意味の無い怒りだ。しかし、攻撃により不快感を送りつけられた事に対する怒りと演奏妨害をされた事による怒りも利用している。

かなり悪質な攻撃をされ続けたが我慢に我慢を重ね帰る時間になるまでスタジオに居たが、今度は帰りが大変だった。まず激しい怒りと意識障害のようにされ「あんまり暴れないでくれよな」、「お前、これ以上逆らうとトラックに跳ねられて殺されるぞ」、「途中で居眠りをさせて事故を起させてやる」などと声の送信で脅迫をされた。

脳を締め付けられるような不快感と怒り、平衡感覚の違和感、意識障害などの攻撃を同時にやられるとどんな気持ちになるかは言葉では説明できないがパニックになるかも知れない。判断力がなくなっていて、異常に興奮しているわけだ。その状態でもオートバイに乗り帰らなければならないので多少の勇気は入る。

走り出しても、その攻撃は続きヘルメットの中には風きり音を数倍にした脳内音声によるノイズが送信され普通に音を感じる事が出来ない。距離感も視力を落とされたり、視覚操作をされるので違和感がある。平衡感覚も変調されているし、脳波のリピート送信のような事をされるので反応が鈍いような感じにされる。それはすぐに事故を起すほどのものでは無いかも知れないが危ないと思う。

それよりも、もっと危険だと思ったのは心の操作であり、疲れを感じなくなり、恐怖心も無くなり、逃れることの出来ない激しい嫌悪感のために「どうなっても構わない」のような精神状態になってしまうことだ。その間も、悪魔のような脅迫と罵声を声の送信で途切れる事無く聞かされるので、そう言った感情が倍増されていしまう。

結局、自分の限界を超えるような事は無かったが、極めて危険な精神状態のまま一気にパーキングまで走ってしまった。パーキングでは声の送信による誘導もあって周囲に見張られているような感じが強くなり孤独感も強くなり、普通の人との隔たりを大きく感じさせられた。本当に変な奴がいたら喧嘩でもしてしまいそうな気持ちだったが、そんな時には周囲の人を良く見ると心が落ち着くものだ。

なんでこんな酷い目に遭わなくてならないのか。

政府には国民が安心して暮らせるようにする義務があると思う。

13日2:05
音声送信、その他の攻撃が続いている。

寝る。

うつ病を作り出すことが出来る電磁波

電磁波過敏症という方達がいて、それに関しては社会的に認知されつつある。電磁波に寄って引き起こされる症状は様々であるが、弁護士会館で配られたその症状のリストを見た時には、私達のような遠隔操作の被害とかなりの部分で一致していたので驚いた。私は電磁波過敏症ではないが、電磁波過敏症は「とにかく不快だ」という声を聞いたことがある。

この「とにかく不快だ」という症状は、うつ病のようなものを引き起こしていると考えることが出来る。遠隔操作の被害の場合にも全体的にみれば「とにかく不快だ」という状態が延々と続いていて、被害を受けていない人と行動をする時には大きなハンディーが発生し、著しく不快であっても「電磁波で攻撃を受けている」とは中々口に出来ない。

また、常に不快であり不自由であるので人との交流は自然と減り、それらが精神に大きなストレスとなり、うつ病のようなものを発生させることになる。

更に、脳の遠隔操作被害の場合は、想像力が極めて低下して自由に物を考えることを出来なくされたり、無気力、無関心にされたり、マインドコントロールという精神状態の遠隔操作をされるので、常に憂鬱な不快な気分にされてしまう。そんな被害の状況はうつ病を作り出しているとも言えるのではないか。


被害日記

12:02
昨夜も深夜になると眠くなくなってしまい、止め処のない静かな怒りが何処からともなく湧き上がり続け、就寝が遅くなってしまった。しかし、就寝後4時間半程度で人工夢を見させられて目が覚めた。7時半頃だった。今日は休みなのでトイレに行ってから再度寝たが11時に目が覚め、声の送信による強い意識誘導で他人を信用できなくさせようとしてきた。ボリュームはやや小さいが歌のリピート送信もされている。

それよりも問題となったのが、異常な疲労感と頭がボケで考えることが出来ない状態は通常の寝起きのそれではなく、明らかに遠隔操作被害と判るものであり、全く憂鬱な気分であり起床すると同時に何もしたくなくなってしまった。正直、顔を洗うのも面倒に感じた。

この犯罪は被害者の方に協力をして頂き

広報活動をするしかないと思う。

22:57
今、帰宅した所だが頭部圧迫感があり、それほど激しく攻撃をされていない為か日記の更新をしたいという気持ちが出てこない。例えば、このまま日記を更新しなければ被害が軽くなるのではないかという感じが何処からとも無く涌いて来る。しかし、良く考えてみると今日も一日酷い目に遭わされていて、今は少し被害が弱くなっていると言うだけだ。しかも、日記の更新を始めると歌のリピート送信が開始され、文章が思いつかなくなってしまう。どうしようかと思っていると急に興奮して来て怒りが涌いて来たので、先に今の状態から記入することになってしまった。

14時頃に、昼飯を食べに外出し、ついでに銀行に用足しに行ったら、楽器の練習のためにスタジオを予約していた時間が来てしまったので、急いでスタジオに向かった。食事をした後にお腹が空気でパンパンになりゲップを出せなくされる被害は日常化しているので、昼食後もやられ喉が渇いていても恐ろしくて水も飲めないような状態にされてしまった。それは、食べた物が下に降りない感じで胃が小さくなってしまったかのように感じ、すぐにお腹が一杯で苦しくなってしまう。更に、ゲップが出ないように食道辺りを締め付けられているのだと思う。

銀行へ行っている時にも「うつ病」のようなスッキリしない気持ちと、頭部圧迫感や首の後ろの硬直、全身の疲労感などが続き、何か悩み事でもあるかのような苦しんでいるような表情を作られてしまい、虚ろな半開きの瞼にされていた。そして声による干渉は信じられないくらい途切れる事なく喋り続けて来て、私のしている事が後ろめたい事のように、他人が見たらきっとそのように思うぞ、などと解説を聞かされ続け非常に嫌な気分にされた。

スタジオに向かう時も何か攻撃をされていたと思うが覚えているのは視界が不自然になる操作で利目が入れ替わってしまったように見えていた。何をされているのか判らないが右目の視力が落ちていた。

楽器の練習では毎回同じように音が煩く聞こえたり、体が意思の通りに動かなくなったり、曲を想定した練習をすると勝手に脳内に曲のメロディーを送信されたりした。自分の内部でも歌っているので、フレーズを間違えた時に
、間違えた所からやり直すと加害者が送信してくるメロディーはそのまま先へ進んでしまう。色々と気分の悪い思いをさせられながら2時間練習をした。

夕食はコンビニの冷やし中華を食べたが、たったそれだけでもお腹がパンパンで苦しくなってしまい、精神の操作もされ腹が立ってたまらなかった。その状態で知人と話をする為に喫茶店に出かけたが、途中車を運転している時に強く脳を攻撃され何も考えられなくなり暴れ出したくなるほど苛々させられた。苛々させられる時は何故か体が熱くなることが多い。それは興奮したからではなく熱くなる遠隔操作をしている。

喫茶店でも不快感が強く、腰などの筋肉を操作され椅子に座っているのが苦痛だった。それと強く平衡感覚を狂わさられたりした。

このようにはらわたが煮えたぎるような感情にされたりして酷い攻撃を絶え間なく受けさせられていても、被害が弱くなり、抑制のようなマインドコントロールをされると日記の更新をする気がなくなってしまう。今、23:35だ。ここまで書くのに30分以上掛かっているが文章が作れなくなったのは最初だけで、そのような時にはキーボードのタイプミスも多くなり打つのも遅くなる。

酷い脅迫を脳内音声で受けながら不安を払いのけて更新した。

本当に迷惑、本当に嫌だ。

24:08
電磁界情報センターのフォーラム・セミナー開催予定

フォーラム・セミナー等の開催予定

被害に直接関係なくても、こう言った知識は大切かと思われます。

12日2:07
風呂に入りながら色々と加害方法について考えてみた。
色々と飛躍して考えてみたが、さて超ハイテクなのか、誰もやらないことなのか、少なくとも盗み取る技術はハイテクだと思った。

寝る。

ツイッターで海外の被害者を探そう

最近はツイッターをやっている方が増えてきているようです。ツイッターには色々な特徴がありますが、ちょっとした所から海外の被害者の方と繋がることが出来るようです。私もちょっとしたきっかけで海外のマインドコントロール被害者を見つけました。日本よりも海外の方が情報が進んでいると思えますので積極的にやりたいと思っているのですが日本語以外に出来ないのが残念です。


被害日記

11:13
相変わらず起床時から脳内音声による歌のリピート送信と声による激しい罵声の連続。脳への攻撃も行われ思考能力の低下と平衡感覚の変調、体の痛み、呼吸困難などが行われている。とにかく、武器による攻撃と脅迫を繰り返す狂人達である。

昨夜は、2時頃に就寝したのだが6時頃に目が覚めて「さあ、あと一時間半しかないぞ、それでも寝るか」と声で嫌味を言われたので目覚ましのスイッチを切り、再就寝した。9時少し過ぎに目が覚め、次は10時半だ。「いつまで寝ているんだ、ご近所さんが笑っているぞ」、「会社でも変人扱いだぞ」など集中的に嫌味を言われたが無視した。しかし、攻撃が途切れることがないので著しい不快感に襲われている。

16:16
いま、とりあえず仕事が一段落した。歌のリピート送信と強力なマインドコントロールによって何をやっているか判らないような状態のままこの時間になってしまった。昨日までとは違い、眠さ、だるさは無くてやや心拍数が高くなり非常に慌しい気分にされ、この犯罪の加害者に対して何かお返しをしてやらないと気がすまないような、やり場のない怒りの連続だった。怒りと言っても暴れ出したくなるとかそういうものではなく、上記したような気持ちがまるで感情のリピート送信をされているかのように延々と心の底に発生していた。

それと同時に、脳の遠隔操作だと思うが、思考が雑になってしまい例えば文章を読む時に飛ばし読みのようになってしまっていた。自分が遠隔操作によりそのような状態にされていることに気が付いていても、脳をやられているのでどうする事も出来ない。落ち着いて読もうとしても、脳内音声の送信により妨害されるし、意識が一つ所になくなってしまい、集中力が極度に落ちてしまう。

意識の操作とは、自分が気にしている事や、仕事などの優先順位であり、通常は一つの事に集中するときには他のことは考えないでいるのだが、全く関係ないことが意識の中で気になってしまったりする現象で、それを遠隔操作で思考の挿入のように行ってくる。

恐らく、脳の遠隔操作では、普通ではない擬似的な脳活動というか思考活動を常にさせられている為に、そのように操られてしまうのではと思ったりする。記憶障害も含めて何年という間途切れる事無く脳の操作を受けていると元の自然な状態を思い出せなくなってしまう可能性があるとも思った。

23:58
今度は昼間の逆で、ぼーっとして考えるのが面倒になっている。体に疲労感があり、何もやる気が起きない状態だ。しかし、何かをしようとしなければ強い不快感や苛々は起きない。脳への攻撃は、断続的なパルス(それほど早くない)のように意識がなくなっているような感じを受ける。文章を読んでいると、いま読んだはずの部分を(10文字程度)覚えていなかったりするのでどうしても繋がりがなくなってしまい、よほど気持ちを強く持たないと読めないし、まず、読むのが面倒だと言う気持ちが先に出てしまう。何故か体が熱くて汗ばんでいる。冷房は入れてあり室温は27℃程度だ。

日記に繋がりを持たせる為に昼間に書いた文章を読んでいたら、そのように感じたわけで、それまでは何となく疲れが出ているのかと感じていたし、体が熱いのも気温がそれほど高くないので冷房の効きが悪いのかと思っていた。しかし、やや呼吸困難、ややお腹に空気が溜まるなどの被害はあった。

メールの返事を書こうと思っていると、それまでは気持ちが前に出てきてどのような返事を書くかのイメージが出来上がっていたが、実際に書く段階になると全くイメージが涌かなくなり、返事を書くという行為そのものまで面倒になってしまい、意味無く時間が過ぎてしまった。しかしながら根性で返事を出そうと思ったが、イメージが全く涌かないのなら急用でもないので明日にでもしようと思い日記の更新に入った。

仕事が終わった後は楽器の練習をしに行ったが、その時は逆に早い速度の断続パルスで意識が変になっているように感じた。しかし、それらは脳内で何が起こっているかというよりは、そのように感じているだけなので、平衡感覚の変調や皮膚の表面の刺激などがそのように知覚されているとも考えられる。ただ、記憶と意識に対する操作は確実に行われていると思う。

練習スタジオでは、やはり音が煩く聞こえる被害と唇を吸い込むようにして噛んでしまう被害を受け、精神も興奮させられたりしていた。筋肉の操作で体の一部が動かない被害や、神経が左半分だけに行ってしまい右半分への動きの発想がなくなってしまったりした。無意識下の部分への操作が多いと感じた。

ひとは従来、どの程度神経を分散させて意識をしているか判らないが、少なくとも自分の意思によって意識する場所を選択しているはずだ。それをコントロールされてしまう。くどいようだが意識が行く場所とは、心の中、体の部分、知覚される情報、周囲や他人、と沢山ある。

加害者は人を玩具のように勝手に操作して遊んでいる。

しかも、口封じのための脅迫と攻撃が途切れない。

この犯罪は絶対に許されるものではない。

ここまで文章が書けたのは強い脳への攻撃が弱くなったからだ。

11日2:21
脳への攻撃は続いている。記憶障害が強いように思う。
両方の鼓膜が塞がったような圧迫感がある。

寝る。

テロと言って騒げと言われる

最近、加害者はこの犯罪がテロなのかどうかに付いて執拗に言及してきます。しかし、どう考えてもテロであると答えると「テロだと言って騒げ」と毎日のように脳内音声で言って来ます。

ウィキペディア「テロリズム」

ウィキペディア引用 --
テロの計画者はおおむね独自の主義・主張や世界観、宗教観をもとに物理的介入に及ぶ傾向にあるものの、その大半は未熟で一貫していない倫理観や思想的背景にもとづいていることが多く、対話の否定、相互理解の拒絶、純粋暴力(≒死・破壊)の肯定など非社会的な嗜好に由来するものである。 --引用終わり。

この上記が私に向けられているのです。
しかも、武器による暴力とマインドコントロールは途切れません。

被害日記

8:40
昨夜は就寝が2時頃だったと思うが、朝の4時過ぎに目が覚めた。やはり人工夢をみさせられ歌のリピート送信が聞こえていたと思うが記憶がはっきりしていない。その後トイレに行ってから再就寝して8時前に目覚ましで起きるが、すぐに声の送信による思考の誘導が始まり、それに伴って自分で想起したかのようにイメージ映像による思考の挿入を繰り返された。

平衡感覚の変調と疲労感、頭がスッキリしなくて自由に考えることが出来ない状態、記憶障害、歌のリピート送信が起床時より行われている。

10:13
起床時から同じ攻撃が続き首の後ろと肩の凝りが酷い。鼓膜が詰まったようにされ、やや興奮状態にされている。しかし、興奮状態と言っても脳の一部が眠っているように感じなので変な感じと言える。

14:40
ボリュームは小さいが歌のリピート送信が行われていて、著しい思考の妨害となっている。ここ数日の傾向として午後になると全身に異常な疲労感が出て動けなくなっている。眠くもされているので何もやる気が起きない。そう言った攻撃に対して「嫌だ」と思うとヒステリーを起こしそうな苛々する何かを送りつけてくる。日記の更新を始めると首の後ろが痛くなったり、唇が痛くなったりする。本当は郵送による広報をしたいのだが全くその気が起きないし、頭が働かなくなっている。

23:18
何か、脳が眠っているような、思考範囲を制限されているような感じのまま仕事を続けたが、気持ちに開放感は全くなく、無気力で疲労感があり、うつ病のような感じにされていた。その眠さに便乗して記憶障害や時間感覚の喪失、平衡感覚の違和感も続いていた。そのような状態であるので対人関係はうまく行かずに本来の自分ではない遠隔操作された自分のまま人と接している。

仕事は何とかこなしたが、内容は自分が本当にやりたい事ではなく必要最低限のものであり、速度も10分の1程度の遅さとなり、集中力は全くでない。

仕事が終わった後は楽器の練習のためにスタジオに向かったが、運転中も音声送信やリアルタイム監視、脳への攻撃は途切れない。スタジオに近づくと眠気が無くなり逆に興奮させられていた。スタジオに入るとまず、高い音だけが異常に煩く聞こえる操作をされ、不快感と共に練習をするはめになった。1人で練習をする時だけでなく、仲間と合奏をする時にも遠隔操作により音の聞こえ方を極めて不自然にされている。

精神状態の操作をされ著しく腹が立ったりもしたが、何とか耐えて練習をした。僅か3時間ほど前の事だが連続した時間の流れとしての記憶がないのでどのような攻撃をされたのか、どのような練習をしたか思い出せない。とにかく人とあっても憮然とした表情の楽しくない人という印象を持たれてしまうようにいつも精神状態の操作をされている。

自動車を運転して帰宅途中には、強力なマインドコントロールに掛けられてしまい、ラジオが鳴っているのにその音ではなく脳内に聞こえる声の方に神経が行ってしまいどうしてもラジオの声を理解出来なかった。「それ以上逆らうな」、「それ以上広報するな」、「お前殺されるぞ」、「一家を破滅に追いやってやる」、「家族全員が被害者だと言うことに早く気が付け」など酷い脅迫の連続だった。

マインドコントロール状態は、一種の催眠状態のような感じで、何か現実にはない種類の音に包み込まれ、脳が空想をしているような状態に強制的にされてしまう。丁度、その空想をする脳の部分を利用されているのではないかと思ってしまった。なぜなら、空想をすることができなくされているからだ。それが思考をする範囲が狭くなっていて開放感のない想像力のない世界を作り出しているように思った。

帰宅した直後には暴れ出したくなるほどの酷い怒りが涌いてきて我慢をするのが大変だった。玄関の扉を開ける時には「ざまあみやがれ、悔しかったらここまで来てみろ」などと激しく罵られた。

今も脳に対する強い攻撃をされ、平衡感覚が狂い、目線をずらされたりしている。しかし、この犯罪を野放しにしている政府には困っている。

10日1:20
その後も、途切れる事無く攻撃が続いている。
加害者は、よほど暇な変質者ではないかと思うほど、私の生活に遠隔から付き纏い一日の内で1回、一瞬の出来事の為に準備をして待っている。それは映像送信であったり、思考の挿入であるが、その時、その瞬間でなければ意味のないストーリーを作っているのだから呆れる。

寝る。

マインドコントロールの装置

人間の遠隔操作では、かなりの広範囲に渡って人間の機能に変調を来たしたり、目的を持ってコントロールすることが出来るということは、その手の被害者の方なら嫌と言うほど身を持って知っている。それも、信じられないくらい細かい遠隔操作が可能となっていて、その中には、考え方や気持ちを変えてしまう、いわゆるマインドコントロール被害というのがあり、音声送信や五感の送信に併用されたりしている。

ところで、そのマインドコントロール装置の能力というか目的について、ふと、思ったことがあった。この被害は執拗に同じ事を繰り返すので条件反射のようなものを作り出す実験の可能性もあり、脳への操作や思考に対する操作は洗脳が目的のようにも感じる。現在はかなり手の込んだ複雑な被害形態をしているが、最後には信号一つで目的通りの思考を辿らせたり、予定されていた言動を取らせる、などの悪巧みがあるのではと思ってしまうのだが、本の読みすぎだろうか。


被害日記

13:29
睡眠時間をたっぷり取ろうとして早く寝ると必ず朝早く起こされてしまうが、昨夜は睡眠時間が6時間に満たなかったので睡眠妨害がなかったのかも知れない。朝目覚ましで起きると異常に体がだるいのだが心当たりがない。音声送信はすぐに始まり、一番のお気に入りのコーヒーを飲むと味が変に感じる。そのまま出社して、仕事が忙しかったので日記の更新がこの時間になってしまった。

歌のリピート送信と声による干渉は途切れないが若干弱め。脳への攻撃と首などの筋肉への攻撃もやや弱い。昨日は本当に不快で、不快で、苛々して大変だったので、少しはほっとしている。

知らないうちに9月となり(日常生活+被害関連があるので忙しい)、灼熱地獄から雨となったりしている。つくづく、自然に普通の人間に戻りたいと思っている。

14:07
日記の更新をした後に新聞を読んでいると急に頭部に強い圧迫感のような感じがしてきて、血圧が上昇しているような感じになり、目にも圧力のようなものを感じ涙が滲んできた。目眩のような強い平衡感覚の変調や、目に映っている映像のコントラストや明るさが変わった。頭部にある筋肉が硬直を起こしたように力が入ったり、心臓が苦しくなり呼吸困難になったり、思考能力が低下して、あくびが連発したり、それらの不快感や苦痛のために集中力が低下し、そこから逃げ出したくなったが根性で新聞を読んだ。まるで各種の攻撃を連続で変化させながら行っているようにも感じた。しかし、新聞を読むことが出来たのは読解力のなくなる攻撃をされなかったからだ。どうも、「ぐーっ」という低い低周波のような音を脳内音声として送信する攻撃があるように感じる。

いまは遠くを見つめた放心状態のようにされている。

16:20
被害者の方にメールの返信をしたりしていると急に頭部圧迫感が強くなり、鼓膜が詰まったようにされ、首や肩が強く凝ってくる。非常に嫌な感じであり腹立たしいのだが、マインドコントロールなのか、激しい攻撃を繰り返された恐怖なのか、区別の付かない行動の抑制が起きていて広報などをする気持ちが起きない。正確に言うと心の中には行動をするための具体案があるのだが、それを実行できなくなる何かが働いている。

こう言ったマインドコントロールに負けてしまうと最後は人に会うのも面倒になり、引きこもりのようになってしまうのだと感じる。しかも、被害者は外に出た先でも自分ひとりだけ攻撃をされるので、それを恐れる傾向が出るのは当然だと思う。

18:19
あまり激しくはない被害のまま仕事をなんとなく(本当に自分がやりたい事は出来ないので)終わらせたが、途中で職場での対人関係を悪くさせるような攻撃を受けた。頭がぼやけて周囲の雰囲気を感じ取り、自分の存在を自然に表すことが出来ない状態にされてはいるが、それが強くなり対人恐怖症のようになり、極めて挙動不審になっているように感じ、口が利けなくなってしまい他人に背を向けてしまった。「ざまあみろ」と声の送信をされ強い怒りが湧きあがったが無視をしてそのまま仕事を続けた。

この極悪犯罪にはやはり広報だと思うのだが。

24:46
今は、頭痛と目痛と左半身の筋肉の痛みが、ほぼ頭からつま先まである。顔は左が引きつったりする事もある。歌のリピート送信も行われ、声の送信は酷いものですべての行き先(考える先)を嘘の脅迫で先回りして身動きを取れなくする。しかし、電磁波攻撃は嘘ではなく現実の苦痛として行われている。

夕食後は、数日ぶりにお腹に空気を溜められてパンパンにされた。昼間は逆にウエストが細くなってしまったのかと思うほどでズボンが落ちてきた。それでもサウナに出掛けたのだが攻撃は続き、途中で自分が全然リラックス出来ていない事に気が付いた。それは思考がゆっくりになり、動きがゆっくりになっても精神の何処かがリラックスしていないと言った感じだと思った。

また、思考の抑制が掛かっていると感じる時(頭がボーっとして何も考えられない)は無意識下の行動の抑制が掛かっているようで、体の何処かが痒くても反応することが出来なくなり痒いのに動けないでいる自分を変だと感じた。普通は痒ければ何も考えずに勝手に体が動いているのだが、動こうという意識をしなければ自然に体が動かない。今までもそのような状態が多くあったのだが今日始めてそのような事に気が付いた。

その無意識下の体の動きは痒みに対するものだけではなく、あらゆる日常の言動に対しても強く影響をしていると思われ、それが不自然な、うつ病のような、状態を作り出しその違和感が自分が挙動不振になっているように思え、更に周囲から変に見られていないかなどと思い余計に言動がぎくしゃくしてしまうのだと思った。

後は、臭い攻撃が酷く、自分の衣服の臭いが酷いように感じさせられてしまい、それを確認するには他人に聞かなければならないと言う卑劣な嫌がらせをされた。自分も他人の臭いが酷いと感じさせられた経験があり、それが臭いの送信であったと思っているので尚更嫌な感じを受けた。

悪意と殺意に満ちた極悪犯罪だ。

寝る。

武器の力で他人を服従させようとする犯罪

この犯罪は、武器を使っていること、途切れること無く攻撃すること、攻撃は大変な苦痛と屈辱であること、その間は人間として普通に生活が出来ないこと、いつ終わるとも判らない攻撃のために絶望的になること、などの共通点があると思われる。

被害者は、少なくともその攻撃に逆らうことは出来ず、ただ攻められているだけだ。例えば、毒ガスであれば人間は呼吸をしない訳には行かないので、それを吸ってしまう。電磁波による攻撃もそれと同じで生きていれば必ず強い影響を来たしてしまう。

これは言い換えればリモートコントロールの奴隷のようにされているようなものであり、被害者からみれば一見平和そうな世の中で戦争が行われ、その犠牲者にされているようなものである。しかも、被害者は全国に無差別的に存在している。こんな犯罪が許されるのだろうか。


被害日記

8:40
昨夜もかなり強い攻撃をされ大変な苦労を強いられた。特に首の後ろの硬直と頭痛、嫌悪感や怒りなどの発生だ。就寝は2時頃だったが、朝の6時に起されてしまう。それほど眠くはないが無理やり再就寝した。次は8時にセットした目覚ましで起きたが、今度は異常な眠気と疲労感があり起きるのが大変だった。そのようにして武器の力で服従をさせようとしている。

今は、首と腰に痛みに近い違和感があり、思考がすっきりしないので文章を書くのに時間が掛かる。音声送信も当然のように行われている。

13:16
その後も歌のリピート送信、声による脅迫と思考の誘導が続いている。脳への攻撃も続いているので記憶障害のようになり、頭がスッキリしないので考えが纏まらない。体も異常にだるく無気力になってしまう。頭を使う仕事をしようとすると急に頭部圧迫感と共に脳をかき回されるような目眩が発生し激しい嫌悪感に襲われている。だから雑用程度しか出来ない。この脳が半分麻痺したようなもどかしさは到底言葉では説明できない。

昼食後には昨日と同じように全身疲労になってしまい力が出ないし、気力も出ない。強い眠気も発生している。考える事が出来ない、体を動かす事も出来ない、無気力にされてしまう。これで被害者は何も出来なくされてしまい、ただ時間が過ぎるだけである。

15:30
同じような攻撃が延々と続いている。一度、眠らされてしまい、人工夢を見させられてドキッとして目が覚めたが、そのドキッとして目が覚める所まで人工夢だと思う。そんな中でも少しずつ頭を使って自分の仕事を進めているので10分の1程度の遅さでも構わないと思っている。とにかく脳への攻撃が酷く、放心状態のような夢遊病のような状態にされたりして、時間感覚もなくなってしまうほどだ。

音楽のリピート送信は変質的になり、私の呟きにテンポを合わせて送信したり、キーボードを打つテンポに合わせたりしている。それらに対する声の送信での「なぞり」被害は日常化している。

後頭部の頭痛と首の後ろの不快感が酷い。

18:03
同じ攻撃が延々と続いていて考えることをさせない。いま日記にログインしたら急に攻撃が強くなり、意識が遠のくような感じになり、鼓膜が詰まったようになり、体が急に熱くなった。相変わらず首の後ろの硬直と骨がずれたような違和感と痛み、目眩が続いている。骨盤と背骨の繋ぎ目にも非常に不快な違和感がある。また、喉も微弱に攻撃をされたままになっているので痰が絡んだりする。時たま、苛々して暴れたしたくなる衝動を起こされてもいる。

拷問そのものだ。

8日2:01
とにかく、不快な気分の悪いまま帰宅して食事をした後に、横になっているとやはり急に眠くなってしまい目が開いていられないので少し寝てしまった。目が覚めた後も何とも言えない脱力感があり、すぐには起きられなかった。その後の時間の流れや加害者にされた事などは覚えていないが、極低周波磁界の測定をしながら、自分で演奏した音楽を聞いていた。

被害の方はそれほど強烈ではなかったが途切れることはなく、恐らくこの状態でも頭を使って何かを考えたり、本を読んだりなどは出来ないと思う。とりあえず目的としていたことはすべて終わらせたのでこの時間になってしまった。

自由も人権もプライバシーもない生活だ。

寝る。

広がる脳内音声によるホラの脅迫

11:50
昨日あたりから声の送信による脅迫の範囲が広くなり、今までは「お前の友達が被害者になるぞ、そうすると恨まれるぞ」という脅迫から「その友達のご兄弟が被害に遭っていると言う苦情を頂くことになるぞ」と範囲が拡大した。低俗な脅迫であり「お前の子供が学校で酷いいじめに遭うぞ」などと言うのも、有り得ないことではないのでアホらしてと思いつつも気分が良くない。

昨夜は就寝が2時を過ぎていたと思う。また、やってくれた。眠りに入る瞬間に下に落ちるような感じになり心臓をドキッとさせて目を覚めさせる攻撃。「思わずのけぞる」という声によるナレーション付きだ。その後は知らない内に眠ってしまったが朝は6時半に目が覚め、なにやら夢を見させたり、暗示に掛けるような声の送信をしていたようだ。あまりの眠さに眠ってしまったが7時半頃に再度目が覚め、8時少し前に起床とした。

起床後はそのまま後頭部に違和感があり頭がボケて考えることが出来なくなっていた。それと両足のふくらはぎに硬直しているような疲労感があり、そのうちに腰と下半身にも疲労感が出た。歌のリピート送信もすぐに始まった。

この時間になっても歌のリピート送信と思考能力の低下を起こされたままで、それに対して「嫌だ」と思うと急に強い嫌悪感という不快感が発生してヒステリーを起こしそうになる。こんな事を繰り返しながら無理やり被害を受けさせ続けている。

14:39
歌のリピート送信と思考が出来なくなる攻撃を受けている。その状態を嫌だと思うと精神状態のの操作をして発狂しそうにする。これは、この状態のまま黙って武器の実験台のようになれと言うメッセージのようなものと感じる。先ほどは、異常な疲労感と眠気に襲われて眠ってしまった。その間にも音楽や歌を聞かせて、あたかも自分も一緒に歌っているように感じさせられて目を覚ました。しかし、すぐに眠ってしまう。これが人工夢の正体だと思う。加害者は摘発される恐れがないことを、この犯罪被害を口にすると精神病だと言われることを、これでもかと言うほど利用し醜い言葉を連発している。ここまで卑怯に徹することが出来るのは人生の完全なる敗北者であり、人間をやめた人だと思う。

23:50
その後も攻撃が続いていたが頭痛を起されてしまい顔が歪んでしまった。仕事に関してはやっとやっていると言った感じだったが、珍しくパソコンのプログラム(データーベースの自動実行コマンド)を修正する事が出来た。頭を使うと言うか、メモなしに頭の中だけで組み立てられたので記憶に対する強い攻撃がなかったのだと思う。しかし、脳への攻撃は実感していて他の事を考えたりは出来ないし、スッキリとクリアな思考ではなかった。今までは何か頭を使うことを始めると強烈な不快感と共に何も考えられなくなり暴れ出したくなるようにされていた。

仕事が終わってからは、頭痛がしたまま食料などを買いに行ったが、脳への攻撃もありうつ病のような感じにされ全く購買意欲が涌かなかった。しかし、心拍数が上がり慌てた気持ちにはされずに、どちらかと言うとボーっとした感じで、頭痛と吐き気と目眩がしていた。首の後ろの硬直も酷かった。

そして買い物中には声の送信で「お前のことを皆が見ているぞ」、「皆が笑っているぞ」、「誰が見ているか判らないぞ」などと周囲を執拗に気にさせる声の送信をされ続けたので何となく周囲が気になってしまった。周囲を良く見てみたが誰もこちらを意識している人はいなく、特に変だと思われたり、笑われている感じはなかったが、何か自分のしている事に対し後ろめたさを感じたり、恥ずかしいと感じたりするマインドコントロールをされてしまい行動がギクシャクして不自然になっているように思えた。それと脳を攻撃されているために、普通の人とのエネルギーの違いを感じ、本来の自分ではないと言う無念さを感じた。

やはり声によるマインドコントロールもうっとうしい。

帰宅後は少し眠らされてしまったが、その後は執拗なまでの痒みの拷問を受け続け酷い苦労をした。起きると今度は首の後ろが硬直して後頭部の頭痛と同じように痛い拷問となり今も続いている。首の骨が外れてしまったのかと思うほどの不快感は首を回すとボキボキと音がするので、首を攻撃されたことにより首を回す機会が増えるので首を痛めてしまうのではないかと心配になっている。

とにかくこの首の後ろの硬直と脳の芯が痺れたような目眩と記憶障害、更に暴れ出したくなるような著しい嫌悪感を発生させられるので最悪の気分にされている。これを知っていて加害者は続けるので腹が立つ。これで自殺・発狂に追いやるのだと思う。

こんな酷い人権侵害が野放しの国では恥ずかしいと思う。

7日1:36
テレパシー通信のように加害者と会話をさせられてしまう。どちらかというと自分の声に出さない呟きを脳内音声でトレースされるように聞かされるので、勝手に呟かされてしまい、それに加害者が何かを言ってきたりするのが多いかも知れない。それ以外の時は自由に呟くことすら出来ない。これは自由に考えることが出来ないのと同じだ。

寝る。

何かの腹いせで攻撃をされている可能性

電磁波攻撃は、強い時、弱い時、などの波がありますが、なぜこんな瞬間にこんなに酷いことをするのかと理解に苦しむ時があります。そもそも、加害者とは被害者に対して、何かの「見せしめ」、「腹いせ」に利用しているのではないでしょうか。勿論、これほどの技術ですから根底には他の理由があるのでしょうが。


被害日記

10:48
昨夜も酷い睡眠妨害をされ、大変な思いをした。こうやって起きてしまえば昨夜の出来事は何だったのか、のように人間というのは自分の生活に戻ってしまい、激しく攻撃をされていなければ普通の人に見えたりする。日常的にその繰り返しで、どんなに酷い目に遭わされても時間と共に過去の出来事となってしまう。

12:41
今日は被害者の会と音楽の練習がある。天気も良いのでオートバイで出掛けた。帰って来れなくなるかも、事故を起こさせられたらどうする、などの不安はあるが勇気を出して出かける。
今のところ被害はそれほどでもないが、声の送信に誘導されてヘルメットの中で呟かされている。やや呼吸困難にされているので被害報告をすることを考えると「何もしないで黙っていれば強い攻撃をされないで済むかも知れない」というイメージが何処からともなく湧いてきた。

24:17
被害者の会では今後の活動に対する新たな動きがあった。被害者としては一刻も早く自由と人権とプライバシーを取り戻し普通の生活に戻りたいので、物足りなく感じるかも知れないが、犯罪が犯罪でありそう簡単には行かない事は理解しているので仕方ないと思う。つくづく極悪犯罪だと思う。

その後は音楽の演奏のためにスタジオに向かった。もうすでに記憶障害にされパソコンのログインパスワード、メールのパスワードを強く脳を攻撃されているという実感なしに忘れさせられてしまったのでスタジオでの被害も思い出すことが出来ない。

とりあえず「この状態では音楽の演奏は無理だ」と思うような感覚にされていて、一曲も満足に演奏が出来なかった。演奏妨害の手口はいつもと同じで、他人の演奏を聞いている時は楽器の音に合わせて声の送信で嫌味を聞かせる、自分が演奏をする時には体を微妙に不自由にさせタッチを悪くさせたり、脳を攻撃して発想を貧困にさせたり、心と体が固まってしまい自由になれなくなったりした。基本は夢中になって楽しむ事をさせないと言うやり方だ。

耳に対する攻撃で新たなことがあった。異常に音が煩く聞こえる被害の時に(私は右耳を中心に音声送信がある)右耳を塞いだら、なんとほとんど左の耳には音が聞こえていなかった。実際に鳴っている音の半分以下ではないかと思えるほど小さな音しか聞こえていなかった。

それと、人工的に音を聞かせられるので音の距離感がなくなってしまう。それは実際にスタジオ内で発生している音をリアルタイムで加工して低音を強く聞かせたり、高音を強く聞かせたりなど自在に行う。勿論、演奏中もそのように音が聞こえているので自然な感じでの演奏は出来ない。

これは途切れることのない被害を受けている方には理解出来ると思うのだが、不必要な人工的な苦労をしょわされてしまうという被害だ。いずれにしても不快感が酷く嫌な思いをさせられた。加害者は恐らく音楽が嫌いになるように嫌がらせをしているのだと思う。

帰りはオートバイで高速を走っているとキーンという音が強くして走行音が異常に煩く聞こえたり、右目と左目が入れ替わったように感じたり、平衡感覚が変になったり、瞬間的に意識が違うところに行ってしまったりして必要以上に運転に気を使わされた。また、背中などが痛くなったり全身に疲労感があったりした。それらも不快感を強くして気持ちよいとか楽しいと言った感覚にはさせないという加害者の意思を感じた。

もう一つあったのだが記憶を消されてしまった。

結果、一日中脳内音声のために声に出さない呟きをさせられている。

6日1:52
ボリュームが小さいが歌のリピート送信が続いている。
何かと途切れない攻撃だ。

寝る。

人間の遠隔操作は社会への挑戦だ

目に見えない電磁波を武器として一般人を執拗に攻撃して苦しめる犯罪。これらは国家やその道の専門家に対する挑戦と考えられないだろうか。本気で取り掛かれば証拠の捕獲も出来るだろうし、決してあり得ないでは済まされない大きな問題である。にも関わらず人を憚らず被害者を増やし続け罪の上塗りをしているテロリスト達。政府が無視を続ければ増え続ける被害者により社会不安を引き起こす。強力な隠蔽工作と被害者への口封じのために表面化しないだけで、本当は被害者でない大多数の人間達が果たして対処できるのかと言う挑戦だと思う。


被害日記

11:42
昨夜は陰湿な形の睡眠妨害をされ何度か夜中に目が覚めた。就寝時には下にストンと落ちるような感覚と共に心臓がドキッとして目が覚め「思わずのけぞる」なんて声の送信をされた。この薄汚いやり方にはらわた煮えたぎる思いだが泣き寝入りをした。その後も一時間程度で目が覚め、体中をピンスポットで次から次へと痒くされた。しかし、脳の操作をされているのか起きられない。眠っているのと起きているのの中間くらいのところで痒み拷問をされ続けた。その後は眠ってしまったが、また目が覚めてトイレに行った。最後は9時に目が覚め「それ以上は寝させないぞ」と声の送信をされ起床することになった。

起床後は音声送信が続いていたが、それほど強く脳を攻撃されていなかったので日記の更新を躊躇していた。しかし、さきほどから強く脳を攻撃され、精神を興奮させられ「日記を書かせてあげよう」と声の送信をされので上記タイトルとなった。

マインドコントロールにより人間を強気にさせたり、弱気にさせたり自由自在に操っている。こんな犯罪が許されていたのでは社会の破滅を予期しないだろうか。

22:49
その後は、日差しの強い中、歌のリピート送信をBGMに声の送信による干渉を受けながら外仕事をした。何かと忙しく昼飯は14時過ぎになってしまった。外仕事が一段落すると異常な暑さのために意識朦朧としているように感じた。しかし、心拍数の増加は別にしても呼吸が浅くなっているのは間違いなく被害と認識していた。

息を吐き切らない内に次の息を吸い込んでしまうような息苦しさ、目の前の一点だけに意識が集中してしまい周囲の雰囲気を感じることが出来なくなる状態、平衡感覚の変調と共に起こる脳の芯が痺れたようになる不快感。このような状態で外仕事をしていたので熱中症の前ぶれかと思ったりもした。しかし、家族が遠くから私に声を掛けた時に声が良く聞こえなくて、顔もはっきりと見えず、自分の認識力が低下していることに気が付いた。そのまま話をしだすと自分の声がかなり大きくなっていることに気が付いた。本当に不快であり、迷惑である。

思ったより時間が掛かってしまったので遊びに行くのはやめにして部屋の中で横になっていた。すると眠くなったので眠ってしまったが30分くらいで目が覚めたようだ。「起してあげたよ」という声の送信があり、何をされたのか覚えていないが、少し腹が立ったのだと思う。脳への攻撃が強かったのかも知れない。

夜は楽器の練習のために自動車で出かけたが、まずGパンが破けてしまったので新しいのを買いに行くと、その店の前で急に脳を締め付けられるような不快感が発生して、首の後ろが硬直し強い怒りが発生した。構わずに店に入りGパンを購入した。店の中で多少挙動不審になってしまったが仕方ない。

その後は楽器の練習のためにスタジオへと向かった。スタジオに入ると鼓膜が詰まったような感じにされ高い音が強調されて聞こえて来て異常に煩い。なぜか近くで発生している音が特に煩く聞こえるように思った。そんな時にはわざと大きな音を出してみるとリミッターが掛かったかのように聞こえる音はそれほど大きくないように感じる。脳への攻撃などは昼間と同程度で継続していたが、声の送信による練習妨害が酷く、関係のない曲のメロディーを執拗に送信され大変に迷惑をした。

途中で思考停止のようにされて体が意思の通りに動かなくなり異常に興奮をさせられたので練習を中断した。下唇を吸い込むようにして噛んでしまう被害も受け続けた。「悔しければ唇を噛め」と声の送信をされた。とにかく強烈に嫌がることをして「言うとおりにしろ、逆らうな」と言ってくる。そのように練習妨害をしながらも休む事無く何かを喋り続けている加害者だ。その内容は音楽の事だけではなく、様々な内容でほぼ関係なく話しが飛ぶ。

帰宅後も脳への攻撃と身体への攻撃が続いている。

とにかく酷すぎる。

全く自由がない。

常に不快。

5日1:57
その後は、強い攻撃が無かったのだが音楽を聞き出したら最近では珍しいくらい激しく脳を攻撃されたので身の危険を感じてしまい公安調査庁にメールを出した。

頭部圧迫感と平衡感覚の違和感、記憶喪失、時間感覚の喪失、思考能力の低下、怒り、首の後ろの硬直、これらをかなりの強さで受けさせられた。その時の様子はすぐに忘れてしまい、自分がどうやってログインしたのかも覚えていないような状況だった。音楽への妨害は著しい。今も歌のリピート送信を含めさっきほどではないが攻撃が続いている。

寝る。

2:47
追記

寝させない拷問が始まった。お腹は空気でパンパン、歌のリピート送信はそのまま、声による脅迫、全身が熱くて汗が出る。そして、遠隔操作で眠りそうになると下へ落ちるような感覚になり心臓がドキッとして目を覚めさせられる。これを何度も繰り返し「今夜は寝させないぞ」、「明日は出かけられないようにしてやる」、「家族全員苦しめてやる」、「職を奪ってやる」、「銀行取引が出来ないようにしてやる」、「各方面からみだりに広報をしたので損害の請求をさせてやる」など途切れることなく嫌味と脅迫を続けている。

まだ、足りないのなら毎日政府にメールをいれよう。

生活リズムを破壊するマインドコントロール

人間には自然な生活リズムがあると思う。また、独自の考えに基づいた生活リズムを作り生活している。しかし、電磁波による遠隔マインドコントロール被害に遭うとそれらが破壊され送られてきた信号に従って生活をさせられてしまう。嫌でもそうなってしまうのが、この犯罪の恐ろしいところだ。

基本的な部分では食事、睡眠、排泄、などを操作され不自然なものに変えられてしまう。また、精神世界では出来事の回想、学習、計画、実行のような部分にまで介入されるので心身ともに加害者によって送りつけられて来たものに支配されてしまう。

本来それらは、環境と深く関わっていて季節や天候、周囲の雰囲気や接している社会から影響を受けている。しかし、遠隔操作被害に遭うと五感の変調、対人関係の悪化、マインドコントロール、肉体の変調により自然な生活環境から乖離させられてしまい、加害者により送られてきたものの影響を強く受けてしまう。

これではもう人権以前の問題ではないか。


被害日記

13:25
上記文章は後半部に入る瞬間に記憶を消されてしまい次が思い出せなくなったので具体説明を省略した。また、脳への攻撃が強く想像力が極度に低下しているので深追いはしない。

昨夜は就寝時に声の送信で嫌み脅迫を聞かされながら、下に落ちるような感覚がして心臓がドキッとして目が覚める被害、呼吸が止まってしまうような被害を受けたが何とか眠れた。しかし、夜中に数回ほど目を覚めさせられたので目覚ましをセットしないで寝た。

朝は9時過ぎに起きたが、すでに脳への攻撃が始まっていて記憶障害になっているので目覚めてからするとこの順番を間違えてしまった。最初に入れるはずのコーヒーが一番最後になってしまうなどだ。声の送信では脅迫と自己嫌悪になるような言葉を延々と聞かされながら、歌のリピート送信もされ出社した。昼にブログ閲覧をするまではそれほどの攻撃ではなかったが、さきほどから腹に空気を溜める、考えることが出来ないなどの攻撃を受けている。

また、ブログを読んでいる時に、歌のリピート送信をされ、文章の同時読みをされる「なぞり」被害、思考のトレースをする声、加害者自身の解説、の4つが同時に聞こえているし、脳を攻撃するので声の送信をいくら無視しても文章が読めなくなったり、瞬間的に頭の中が真っ白になってしまい読んでいた内容が消えてしまったりするのでまともに読めない。実は、この4つの音声はほぼ常時送信されている。

更に、対策として歌のリピート送信のテンポに合わせて文字を読めば、うっとうしい歌のリピート送信の上に被せて読むことが出来るのでそうしようと思ったら、歌のテンポに合わせた瞬間に著しい嫌悪感を発生させられ同調をすることが出来なかった。そのように声の送信と共に感情送信など脳の操作を頻繁に行っている。

4日2:23
この時間になってしまったが歌のリピート送信や脳への攻撃が執拗に続いている。その後は仕事が忙しかったが激しく攻撃をされる事はなかった。しかし、自分ひとりの仕事になると(文章を読んだり、考えたりする)急に脳を締め付けられるような感じになり仕事の著しい妨害をされる。思考能力の低下と共に激しい不快感と嫌悪感が発生し、興奮もするので極めて落ち着きがなくなり3分と同じ姿勢で居られなくなる。通常は席を立ったり被害メモを記したりするのだが、今日は加害者の目的がそこにあるのだと思い、頑張って耐えて仕事をした。それとて攻撃のパワーが上がればとてもではないが何も出来なくなり逃げ出すだけだ。

仕事が終わると楽器の練習に行ったが、そこでも執拗に声の送信で「お前の事を見ている奴がいるぞ」、「お前を見張っている奴がいるぞ」を繰り返し集中力をなくさせた。脳や身体への攻撃はそれほど酷くは無かったが自分の意思の通りに体が動かなかったり、声の送信で練習フレーズを聞かされて、思わずそれをやらされてしまったり、意図していない曲のメロディーを執拗に脳内に送信され酷い迷惑を被った。

帰宅後はテレビを見ていたが、途中から執拗に歌のリピート送信が開始され、呼吸困難、首の後ろの硬直、酷い記憶障害、脳の芯が締め付けられる、などを起されたが、そこもなんとか我慢をして凌いだ。

目が痛いような変な刺激があったが、もしかすると眩しいように感じる刺激をされているのかと思った。例えば、直接何か眩しい光がなくても、耳が異常に煩くなるのと同じようになるのだろう。

「お前、目を潰されるぞ」と脅迫をされている。

「殺されても知らねえぞ」とも言われた。

とにかく攻撃と脅迫の繰り返しだ。

寝る。

骨伝導型イヤホンを試しました

脳内音声と呼ばれる、どこに居ても特定の個人にしか聞こえない脳内放送。このたちの悪い決して途切れる事のない、無責任デタラメの音声送信はどのような方法で送られているのか判りません。

たとえばヘッドフォンで大音量で音楽を聴いても脳内音声はそれに合わせて特に送信ボリュームを上げることなく一定に聞こえているように感じます。もっと音の大きい音楽スタジオの中で楽器が音を出していても同じです。それどころか脳の操作を併用すると自然に出ている音を認識できなくして脳内音声ばかり聞こえてしまうようにも出来ます。

そこで試しに骨伝導型のイヤホンを試してみました。

ゴールデンダンス 骨伝導ウーハー振動型イヤホン サウンドボーン IF201という物です。長時間は試しませんでしたが第一印象では「全く関係なし、防ぐことは出来ない」です。音が聞こえる場所が全く違うと感じました。イヤホンは耳から聞こえますが、脳内音声は頭の中の違う部分から聞こえているように認識されます。

更に、聞いていた音楽を加害者に瞬時に盗み取られ、それをリピート送信される始末です。また、鼓膜に直接、音や振動を発生させるような事が出来るようでイヤホンで聞いている時に耳にノイズを送られイヤホンから出ている音とノイズを混ぜられてしまい汚らしい音にされました。

そのような事をして喜んでいる加害者は狂人だと思います。


被害日記

11:24
昨夜は脳内音声が止まないまま2時頃に就寝し、目覚ましが鳴る10分位前に夢か何かを見て目が覚めた。何か思考の挿入や声による語りかけをされていたが内容は覚えていない。起床するともうすでに脳の遠隔操作が行われていた。以前は起床して少しすると始まったのだが最近はすぐに行われるような傾向がある。

疲労感があり、脳に膜が張ったようで生活リズムを完全に崩されていて、時間に対して自分が何をしていけば通常通りになるのか、などの気配りというか並列処理が出来なくされているように思う。肩、腰、足などの筋肉が硬くなっていて疲労感があり機敏に動けない。

出社後も歌のリピート送信と声による干渉、平衡感覚の変調と記憶障害などの脳への攻撃が続いている。朝のミーティングの時には呼吸困難のようにされて喋るのに苦労した。視覚に対する攻撃もされていて視野が薄暗く感じて視力も落ち、認識力もかなり低下している。

本当に酷い人権侵害だ。

18:09
今日は忙しく、この時間まで社用に振り回されていたので自分ひとりで行う仕事は出来なかった。途中で書類を読むことがあったが、目眩をさせられたり、苛々する脳波を送られたりして妨害をされた。基本的には、物を深く考えないで注意力のないぺらぺらと喋るだけの人間にされているようだ。

しかし、電話などをしていると急に痰が絡んで声が出なくなったする遠隔操作被害を何度か受けた。歌のリピート送信と声による干渉、記憶障害など脳を攻撃されている感覚は続いているが、この時間になると急にそれらが強くなり怒りが湧いてきて、社内での人間関係を悪化させるのに利用された。

身体被害の方は、お腹に空気が溜まりパンパンになる被害はここまでは受けていない。しかし、左半身の筋肉がやや硬直して痛みが出ている。

それと、脳科学を利用したリハビリ装置ではないが、途中でやめた考えや、やろうと思った動作をそのまま実行したくなるような脳波の再送信が行われているように思えてならない。それらは一つのことにしか気が行かなくなり並列処理が出来なくなるような現象からもそのように感じる。

23:43
その後は、楽器の練習に行ったが余りやる気が起きない。しかし、こんな犯罪のために人生を捨てる訳には行かないので練習をした。妨害は当然のように行われるが、その声の送信の程度の低さにあきれ返るばかりでうんざりする。しかし、脳や身体への攻撃は常識外に過激なので一歩間違えると発狂させられてしまう。何とか攻撃を受けながら練習を終え帰宅したが、その後が最悪となる。

攻撃による筋肉の疲労と痛みの為に横になっていると急に眠くされる。しかし、絶対に眠らせないように様々な攻撃を仕掛けてくる。余りにも酷いのでイーガブから総務省に要望を入れた。ついこの前文部科学省に入れたばかりだったと思う。

その後はテロリストの報復が始まり時間にして2時間半の間拷問被害を受けている。思考能力が低下して首の後ろが硬直して、苛々とやり場のない怒りに襲われている。この不快感は言葉では説明できない激しい不快感だ。平衡感覚に異常が起き、目線が定まらなくなり文字が読めなくなる。腹にも空気を溜められ、呼吸をする筋肉も動かなくされるので呼吸困難にもなる。

最近はツイッターにも被害者が呟くようになっている。

24:15
まだ、執拗に脳への攻撃を続けている。
「お前の子供に被害を受け継がせるぞ」と脅迫をしているが、もうすでに被害者だと思う。私の親も被害者だと思う。この電磁波テロの早期解決には全被害者が政府に要望を出すことだと思う。

この犯罪に対して広報をすると加害者は「お前逮捕されるぞ」というがそのような気配は全くない。出来るのなら是非、逮捕して貰いたいと願っている。このような攻撃と脅迫は毎日繰り返されているが、今日は特に酷い。恐らくイーガブから政府に要望を出した報復だと思う。それなら明日も同じ省庁に要望を入れようと思う。

3日1:17
執拗な攻撃はまだ続いている。

肩と首の後ろの筋肉の硬直と痛み
思考が麻痺して考えることができない
記憶障害、時間感覚の喪失
異常な興奮、やり場のない怒り
低俗極まりない声の送信
呼吸困難、腹に空気が溜まる
頭部圧迫感、目眩
視覚の異常、温感の異常
キーンという音、歌のリピート送信
平衡感覚の異常

犯罪被害者が被害を受けていると言えない世の中では困る。

今日はとにかく攻撃が酷い。
また広報をしろと加害者が言っている。

寝る。

脳の遠隔操作はどんな罪になるのだろうか

遠隔から電磁波で脳に対して強い攻撃をする犯罪。影響とか言うレベルはなく狙い済まして攻撃をする。それは途切れる事無く何年でも続けられ、止めてくれと言っても絶対に止めない。犯罪の告発をしても証拠がなければ精神病だという不思議な社会認識の下に公然と人を憚ることなく続けられる。

内容は多岐に渡るが、記憶の消去・改竄、思い出せなくする、新たに記憶をさせない、思考の挿入・誘導、精神状態の遠隔操作、自由に物を考えることをさせない、などでそれを実行する為に他の遠隔操作も多様する。

そして、それらは脳の遠隔拉致と言われるくらいでどんな場所にいても絶対に逃れることが出来ず、被害者は苦しみ続ける。その苦しんでいる被害者の状況を把握しながら更に攻撃を続ける。

殺意がなければ出来ないことは判るのだが

殺人と同じなのではないだろうか。



被害日記

13:07
脳の遠隔操作だけを大雑把に書いても人殺しのように思えてくる。これに他の被害を加えて、精神的・肉体的に苦しめ、自然に生活をさせず、生きている限り苦しまなければならない状況に追い込み続けるというのだから史上最悪という言葉がふさわしい犯罪であり、そう言った罪の重さだと思う。

昨夜はそれほど遅くならなかったので2時前には寝ていたと思う。しかし、朝は予定していた起床時間の1時間半前に起こされ声の送信で「さあ、どうする、これから寝るかね」なんて聞かされた。声の送信は最初は控えめだったが次第に嫌みと脅迫が増えてくる。眠いのだがそのまま寝ることが出来ずにいると「仕方が無い眠らせてやるか」と聞かされると自然と眠ってしまった。

しかし、目覚ましが鳴ったときは異常に眠くて、疲労感があり「ざまあみろ」なんて悪質な声の送信が聞こえ、起床するとすぐに脳に膜が張ったように思考がボケてしまい目覚めた時よりも眠くなってしまい、目眩のような平衡感覚の変調も起こされる。

タバコを吸った後はコーヒーを入れたり、パソコンのスイッチを入れたりするのだが、余りにも脳への攻撃が強く自分が次に何をすれば良いのか判らなくなってしまう。もちろん、コーヒーを入れて顔を洗うというのは頭の中にあるのだが、どうすればそれが実行出来るのか、何を一番最初にすれば良いのか判らなくなってしまった。少しの時間だったがやられてしまった。

その後は歌のリピート送信があったか覚えていないが出社をして仕事をしている。一時は考える事が出来なくなっていたが、人と話をしていると頭の回転が良くなりかけきて「これなら自分の仕事が出来そうだ」と考えた瞬間に「それは甘い」と声の送信に水を掛けられた。結局、来客や他の用事があったので頭を使う仕事をしないで昼になってしまい。弁当を食べながらブログ閲覧をしていると、内臓がもぞもぞと動いているような感じになり、気が付くと腹がパンパンになり息が苦しくなっていた。

2日1:03
その後も歌のリピート送信や声による干渉、脳への攻撃や筋肉の硬直痛などが続いていたがそれなりに仕事をした。やはり色々と忙しいので落ち着いて1人で考えるなどの場面がなかった。それと今は思い出せないし、眠い。

一つだけ夜に家族と買い物に行き帰宅途中に強烈な脳への攻撃を受け会話が満足に出来ないようにされ、暴れ出したくなるような衝動を起されてしまい大変な苦労をさせられた。何とも言葉では説明できない異常な不快感と脳の変調、首の後ろの硬直、脳を締め付けられるような不快感だ。我慢をしていると15分程度で軽くなったがとにかくパニックというか大変な苦痛だった。

各種被害は激しくないが続いている。

寝る。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる