寝起きからマインドコントロールされる

3:37
息を吐いたまま吸う力が出なくて苦しい。
キーンという音と、何か聞こえないけれど煩い音を送信されているようで周囲の音が良く聞こえない。平衡感覚の変調と記憶障害のために浮遊感があり、それらのために現実との感覚に相違が出てしまっている。そのような状態だと声の送信の世界に意識の大部分が行ってしまうので困る。コーヒーを入れる時に手順を間違えてしまったり、数センチの段差の足を引っ掛けてしまったりする。そんな時には瞬間的に感情を高ぶらせる何かを送りつけてくる。マインドコントロールだ。

マインドコントロールの手法は声の送信と実際に受けている被害を組み合わせて感情操作をし、考えを加害者の設定した方向に向けようとする。仮想的という手法も使われるが結局の目的は絶望へと導き、無口で無抵抗な被害者を作り出す事だと感じている。

また、今日も不快な一日が始まった。

12:38
相変わらずの攻撃が続いている。
「懲らしめてやる」なんて私に向かって声の送信をする加害者だ。これについては何の説明もいらないと思う。そう言ったキチガイじみた犯罪だという事は良く知られている。

音声送信のボリュームは小さいが歌のリピート送信と声によ干渉が起床時より続いている。今日は筋肉の異常な疲労感により姿勢が崩れその為に呼吸が苦しくなっていたと感じている。内臓の筋肉も操作することが出来るので筋肉に力が入らずに朝は胃が下に落ちているように感じた。呼吸や内臓など無意識下で動いている筋肉にも遠隔操作をされてしまう。

それとここまでは、頭部圧迫感と考えが纏まらない苛々感とでも言うか、悩みが多くて神経が疲れているような状態を無理やり作り出されていて、自分の内部とは別にそのような状態が重なっているので非常に迷惑をしている。例えば来客があり、その方が喋っていると「煩いからもう喋らないでくれ、早く帰ってくれ」のような気持ちが何処からともなく湧いてきて、実際に脳への攻撃のために相手の話を聞き入れる容量がなくなってしまう。そんな時は黙って相手の話を聞き流して「はい、はい」と返事をする。すると加害者が「はい、はい、とだけ言わせてくださいね」なんて声の送信をしてくる。

多少の頭痛も発生している。

17:50
その後も遠慮なく攻撃をされ、著しい全身の疲労感と眠気(眠ってしまうほどではないがすでに脳の半分が寝ているような感じ)、筋肉の痛み、視力低下、後頭部と首の後ろの違和感などを起こされている。音声送信も途切れることはない。記憶障害も強い。

特に、集中力が出ない、異常なほど落ち着きがなくなる、思考能力が低下するなどの被害は、ぼうっとしていたり、喋っている分には余り気にならないが、仕事など何かをやろうとすると急に露骨に表面化してしまうので待ち構えていて妨害をしているのが判る。それでも何とか無視をして仕事をしていたが、仕事が一段落してちょっとした測定回路の設計を始めると強い目眩と極度な読解力の低下が起こり苛々して落ち着きがなくなってしまった。異常に気分が悪くなるのでそれ以上続ける事が出来ない。

また、職場で人と話しをしていると対人恐怖症ではないが、自分の意思に反して人を寄せ付けたくないような気分になってしまい、それ以上人と話をするのが嫌だと感じたが何とか頑張って話を続けた。歌のリピートや声による干渉も続いている。

24:54
仕事が終わって帰宅した後も強力に攻撃をされていたので外出したくなくなってしまったが、そこは根性で食料を調達に行ってきた。食後はお腹に空気を溜められ苦しくて大変だった。脳への攻撃で考えることが出来なくなり、歌のリピート送信をされたり、数々の脅迫を聞かされたりして、それは大変な苦痛だった。

結局、何も出来ないで時間を潰した。

一時は歌のリピート送信がなくなっていたが先ほどからまた、歌のリピート送信が始まった。とにかくお腹に空気を溜められ続けるとほとんど拷問のようになってしまう。

ほとんど例外なく、一日中脳内音声に煽られて声に出さない呟きをさせられている。加害者と会話を無理やりさせられてしまう事もある。

寝る。

執拗に続けられる陰湿な攻撃

10:00
昨夜は酷い攻撃を受けた。その中心は止めどなく涌き出て来る怒りである。マインドコントロール被害ではよくやられる。その為に就寝は2時半を過ぎてしまった。我慢と言うか泣き寝入りのような感じで寝た訳だが就寝後も頭を叩かれる衝撃と音がする被害、呼吸が途中で止まってしまったり、心臓が止まったようになりドキッとして目が覚める被害を何度か繰り返された。

やっと寝たと思うと朝7時に人工夢を見させられて目が覚めた。目が覚めれば声の送信で嫌みを言っている。目覚ましの時間を8時から9時にずらしてもう一度寝た。

目覚ましで起床した後も、声による脅迫洗脳とでも言うのだろうか、「お前見張られているぞ」、「逮捕されるぞ」などをひっきりなしに聞かせてくる。また、行動に関する干渉も酷い。

また、記憶障害や平衡感覚の変調被害もあり、思考能力の低下と共に現実を感じ取れないようにされている。

19:05
今日も都内で用事があったのでホテルに泊まっていた。用事が午後からだったので午前中は被害者の方と会って食事をしながら話をした。

午後からは手持ちの測定器が正しく表示されるかの確認の為に試験会社を訪れた。表示される値が少し小さめという事が確認出来た。

そのは、折角なので秋葉原により計測器などを見て小物部品を購入し、いま帰宅途中だ。しかし、目の焦点が合わなくなるほど眠くされている。

途中に余りの暑さのために立ち寄ったファミレスでは暗算が出来なくなるほどの脳への攻撃を受けた。ついでにお腹に空気を溜められて苛々させられた。軽い頭痛と吐き気がしてい来たのでこのくらいにする。

21:21
被害関係のみで二泊三日の旅を終えて帰宅した。
宿泊は東京なので音楽もやったがそれ以外は全部この被害の関係だ。多分、過密スケジュールだったと思う。家に近づくとキーンという音がして来て、家に入ると歌のリピート送信が始まり、目痛と頭痛と軽い呼吸困難を起され、著しく不快な気分にされ「子供の被害が発覚するぞ」などと脅迫をされている。首の後ろの硬直も起き、軽い吐き気もしている。

世界一の極悪犯罪だ。

24:52
その後も攻撃が続いているが、何か抑制が働いているように感じるのでこれ以上書く気持ちにならない。首の後ろや右半身の筋肉が痛い。

寝る。

加害者はこんな事をして楽しいのだろうか

8:58
前代未聞の電磁波テロ、人間を心身共に遠隔操作する犯罪。被害を受けていると自由に生きることが全く出来ないのでこの世の終わりみたいに感じるが、声の送信は朝からつまらない事の繰り返しだ。

自分達で勝手に架空のストーリーを作りそれに合わせて私の気持ちを動かそうとしたり、電磁波攻撃により無理矢理そのような状況を作り出す。

例えば、朝食の時に外を歩いている人を眺めていると、「人を見て羨もう」、「人の歩き方を見てバカにしよう」、「さあ、これから笑われる為に出掛けよう」などと言った言葉の連続で、結果は、歌のリピート送信と思考能力が低下する攻撃、その他の身体攻撃などで著しく気分を悪くさせられているだけだ。

被害者の方は諦めないで広報を続ける必要があると思う。

30日1:05
午前中は用事があった。午後からは被害者の集まりがあった。夕方からは楽器の演奏をするためにスタジオへ行った。

徹底的に演奏妨害をされた。楽器の演奏は非常にデリケートなもので、リアルタイムなので一瞬でも判断が狂ったり、筋肉一本ひきつっただけで、まともな演奏が出来なくなる。一度出した音は消すことも出来ない。

そんな中で記憶の消去やマインドコントロールを使い方徹底的に妨害をされた。心拍数を上げる、体を動かなくされる、声で脅迫をされる、鼓膜を詰まったようにして現実とは違った音を聞かせるなど考えられる妨害はすべてやられたと言う感じだ。

中でも酷かったのは下唇を吸い込むようにして噛ませ「あの唇をなんとかして」、「その唇を見て笑ってる奴がいるぞ」、「直して欲しいなら広報をやめろ」などと声の送信をしたことだ。それと演奏を失敗させて「ざまあみろ、どんどん音楽から遠ざからせてやる」などと罵声を浴びせながら暴れ出したくなる衝動を起こさせたことだ。

とにかく徹底的にやられた。他の事は誤魔化せるが音楽は誤魔化しが効かないので変な演奏はその場で変だと判定されてしまう。しかも、自分でイメージしたものとほど遠い演奏を無理やりさせられてしまうのでストレスが大きい。

そして、それらは他人に迷惑が掛かり、その責任はすべて私の所に来る。もともとこの電磁波テロとはそう言った犯罪ではあるが。

明日も用事があるのでホテルに泊まっているが、ホテルまで歩いて行く途中に激しく歌のリピート送信をされ、声の送信では呼吸に合わせて嫌みの声の送信を延々とされた。

歩くテンポまで遠隔操作でコントロール出来るようだ。今は急に眠くされ、意識が瞬間的になくなり、目の焦点が合わなくなっている。

ここまで根性で更新したが、加害者には私の視野が見えているので声の送信で文字を全部なぞられ、更に感じ変換の候補に上がったもじまで「そこに有るぞ」と聞かせ続ける悪質なやり方に徹している。

殺意をむき出しにして被害者の口封じをしてくる。

こんなに酷い無差別攻撃を放置している政府に問題があると思う。

全国にいる被害者が一同に政府に要望を出したらどうだろうか。

寝る。

これから出かけます

5:20
睡眠妨害ではなく出かけるために目覚ましで起きた。しかし、歌のリピート送信をされている。

20:08
今、東京へ向かう新幹線の中にいる。トンネルに便乗して鼓膜を詰まらせる被害を受けている。声による脅迫が酷く、マインドコントロールの影響もあるのか日記の更新をする気持ちになれない。と書いている間に太もも、背中、鼻を痒くされる。事実を事実として日記に書く事に対して恐怖が伴うのは犯罪被害である証拠とも言える。それと何故か周囲に監視されているように感じてしまい、周囲の目線を意識をしてしまうので行動に抑制が掛かってしまう。それはマインドコントロールのせいだと思う。加害者は声の送信で常に私を付け回している者がいると聞かせてくるので嫌でも意識をしてしまう。言葉によるマインドコントロールと電磁波によるマインドコントロールの両方だと思う。

今日は京都で行われた脳科学の公開シンポジウムに行って来た。被害者の方も八名ほど来ていたようだ。驚いたのは東京から来ていた被害者の方と偶然会った事で一年以上会っていなかったと思う。

BMIの悪用についての質問に対してはかなりきちんとした自主規制のようなものが定めてあるようだが、結局のところ、現在開発中の技術やそこから発展した技術では、我々のような犯罪被害は理解出来ないと言うような回答であり、それは予想していた通りで、犯罪にしか使えない非合法の技術に関しては論議の範囲外となるのだろう。

こちらの被害であるが日常化した被害が継続し、今も思考能力の低下と首の後ろの硬直や肩の痛みの為に、苦痛に耐えながら、ここまでやっと書いたので少し休む。

24:19
その後も歌のリピート送信と声による干渉、脳への攻撃などは途切れることなく続いている。

従って、声に出さない呟きをするか、加害者と会話をさせられている。

ところで、学者・研究者などの偉い方は警察などに呼ばれて技術の事を聞かれたりするそうだ。そこでもしテクノロジー犯罪について質問をされた場合、その答えにはかなりの重みがあるのではないかと思った。

本当に被害者は人間として生活が出来ないのだが。

寝る。

脳への電磁的攻撃をやめさせよう

すでにご存知の方も多いと思いますがアメリカでは脳への電磁的攻撃を禁止する判決が出ています。これは裁判所が脳への電磁的攻撃の存在を認めたことになるのではないでしょうか。また、それらの被害に対する対策サービスの会社まで存在しているようです。しかも、このようなニュースを配信する会社やジャーナリストまでいると言う事になります。現実に使用されている武器の押収や犯人の検挙に繋がらなくても、そのような判決が出てそれが報じられている事は重要であり私たちの置かれている環境とはまるで違うわけですが、その環境の改善のためにもアメリカでのことを強くアピールするべきだと思います。

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも


被害日記

9:57
昨夜も自室にて見えない敵との格闘を強いられていた。酷い時は泣き寝入りするまで強い攻撃が止まないが、昨夜は就寝前に少し弱くなった。睡眠時間は6時間に満たないが途中覚醒などの睡眠妨害はなく、目覚ましが鳴る少し前に目が覚めた。最初は声による語りかけを聞かされ、それに対して自分が連想したかのように思考の挿入を繰り返していた。その連想の結果は加害者の作った落とし穴に無理やり落とし込むように最初が出来ている。

なぜかこの手の被害者は陰謀とか策略とか人間不信のような被害に対する見解を示すが、それはそのように設計されている被害を受けさせられているので普通に受け止めればそのような見解になる。

起床すると体が非常に疲れていてだるいが、その疲労感や疲労している場所に心当たりがなく不自然である。すぐに脳に対する攻撃が始まったようで(記憶障害だと思う)頭がぼうっとして脳に膜でも張ったかのような感じになり、自分がこれから何をすれば良いのか判らなくなってしまった。

着替えて、コーヒーを入れて、顔を洗ってコーヒーを飲む、その後出社をする。この一連の行動を忘れてしまった訳ではないのだが、時間感覚の喪失と共に思考が停止したようになり次に自分が何をすれば良いのか思いつかなくなってしまった。その状態は少しの時間だけだったのですぐに行動が出来たがコーヒーを入れる手順を間違えたりしてしまい記憶障害を起こされているのかと思った。

その後は、ボリュームは小さいが歌のリピート送信と声による嫌みが続き、視野が薄暗く、狭くなったような不快感があり、頭部圧迫感と共に思考がボケていて、まともに物を考えることが出来ない。従って、不快な気分である。

24:01
昨日と同様に被害は継続している。
歌のリピート送信は途切れる事無く続けられ著しく不快であり、落ち着いて考えることは出来ない。声によるデタラメの喋りも途切れることはない。記憶障害、平衡感覚の変調や首の付け根の硬直、痒み、痛み、なども執拗に行われている。

午後は来客が多く落ち着かなかったが、基本的に本を読んだり、人の話を聞くなどの落ち着いて何かを自分の中に取り入れる事はさせずに、デタラメをベラベラと喋り続けるタイプの人間にされてしまいそうだ。

夜は楽器の練習をしていたが、いつもと同じように妨害をされた。僅かな筋肉の操作でもかなり大きく影響を来たすことが判った。勿論、脳への攻撃をさていれば全く本来の能力を発揮することは出来ないが。

とにかく執拗に攻撃をされている。

24:36
音声送信などにより一日中、呟かされたり、加害者と会話をさせられている。また、マインドコントロールも盛んに行われている。明日早いので寝ようと思う。

寝る。

考えることの自由を奪う被害

脳の遠隔操作により自由にものを考えることが出来なくされたら人間はどうなるだろうか。しかも、遠隔操作であるので脳内に直接作用して記憶を奪ったり、考えること事態を出来なくしたり、考える方向を強制的に変えられてしまう被害がある。しかも、その被害には拒否する権利は無く、強制的に脳の遠隔操作をされ続ける。こんな事が現実に行われているのだが、それ一つに焦点を合わせたとして犯罪である事は間違いなく、どのような罪の重さになるだろうか。



被害日記

11:53
昨夜は、2時には寝ていたと思うが就寝するまでキチガイ騒ぎのように脳内音声による歌のリピート送信や脳への攻撃、身体攻撃が続けられていた。酷い苦痛であったが就寝しようとすると急に静かになった。朝は、目覚ましが鳴る8時より1時間ほど前に目が覚めて時計を見たという記憶のようなものがあったのだが、それはイメージの挿入のように思っている。そう言ったイメージの挿入で夢を作ることが出来るのは良く知られている。

起床後は、少しずつ声の送信による語りかけが始まったのだが、私を尊敬しているような内容を立て続けに聞かされ「あなたが世界を救う」のようになった。たまに応対をしてしまうのだが、声の送信は極力無視してコーヒーを飲んで出社した。

最近は、腰を痛くする被害があり、場合によっては自然に痛くなったのかと思ってしまうほどだ。私は身体攻撃というのを知っているし被害の受けさせ方としてそれと判るように不自然に行うから被害だと認識できる。その後は次第に脳に膜が張ったように思考能力が低下し、脳の何処かが眠っているような感じにされた。

歌のリピート送信も続いているが、昨日ほど現実乖離は酷くないので仕事に神経が行っている。しかし、来客があり書類に署名・捺印をするときに脳の芯が痺れたような目眩がしたりして手元が狂い非常に迷惑をした。

最近はこう言った被害日記を書くのにも苦労をするようになっている。そこに行くまでには様々な操作が行われている訳だが、最後は「面倒なのでやりたくない」という気持ちにされてしまう。苦手なことはやりたくない、うまく行かないとやりたくなくなる、と言った心理を利用したり作り出したりされているのだと思う。

27日1:15
その後も、文章を読もうとすると急に首の後ろが硬直して脳の芯が痺れたような目眩が発生し読解力が極度に低下して読めなくなる。そして苛々してやり場のない怒りを発生させられる。毎日のことだ。声の送信と歌のリピート送信が続いていた。記憶障害も続いている。

社内で仕事の話をしていると相手の言葉に対してカチンと頭にくるのが連続していた。最初は私が自分の感覚として腹を立てたのかと感じていたが、何度もキレたような衝動というかそんな感覚が連続で起こったので変だと思った。そのくらい巧妙に精神状態を変える信号を細かく状況にあわせて送りつけてくる。

夜は楽器の練習があったので日記の更新をする時間が無かった。帰宅後は自分で演奏した音楽を3時間掛けて10曲近く聞いたが、執拗な妨害を受けて大変なストレスが溜まった。音楽に対する妨害は激しく日常的に音楽を聞くことは出来ない。

スタジオで楽器の練習をしている時も筋肉を痛くされたり、声の送信で楽器の音をなぞられたり、音の聞こえ方を変えられたり様々な妨害を受けた。自分で演奏をするのに一番困るのは、新しく曲を覚えられない事だ。記憶に対する遠隔操作と声の送信は、私に何一つ新しい事を覚えさせないようにし、新しい知識も身に付かないようにしている。

「文字を読ませない」、「音を聞かせない」、「記憶をさせない」攻撃がそれで、声の送信では古い情報を記憶の連想という形を取り同じ言葉を毎日繰り返し何百回となく聞かせてくる。人間の記憶はある程度忘れることにより新しい記憶と入れ替わるようになっているようで、声の送信により忘れたい事を忘れさせないようにして、記憶障害で覚えられないようにされるので、脳内を固定されているようなものだ。

それが夢も希望も奪い取ってしまうことに繋がっているのだと思う。また、そのような方式で思考の誘導というか思考の範囲を限定してしまう事が出来るので洗脳や人格改造が出来る。だからこそ長期間被害を受けさせ続け、その結果どうなるのかを見ているのかも知れない。

酷い人体実験だと思う。

また、他の事を考えさせないようにして意識がその一点から離れないようにしてしまう。脳波のリピート送信のような事も行われていると感じている。

とにかく酷い攻撃だ。

後頭部の違和感、首の後ろの硬直と平衡感覚の変調も続いている。

2:08
執拗な音声送信が続いている。
全く思考の自由がない。

加害者に口汚い脅迫のような中傷を浴びせられながら久しぶりに3曲ばかりアップした。

寝る。

寝起きから集中攻撃をされる

12:43
昨夜も、電磁波攻撃をされ寝るのが遅くなってしまった。就寝時間を遅くさせるのが加害者の狙いであり、毎晩必ず、脳への攻撃で思考能力低下させた上で強く興奮をさせたり、止め処のない怒りを発生させられて時間を浪費させられている。その手口を判ってはいるのだがこちらにも用事があるし、強力な電磁波マインドコントロールに逆らうには大変な苦労が伴い異常なほどのストレスが発生する。それでも結局毎晩泣き寝入りをしている。

そして、加害者は「朝起きられないから皆に笑われるぞ、誰もお前のことを信用しなくなるぞ」と嫌みを聞かせる。しかし、こちらもそれに対抗するために、堂々と目覚ましを掛けずに寝てゆっくりと出社をする時がある。今日がそうだったわけだが、何故か8時に目が覚めて声の送信で会社のことについて聞かされるので「だったら起きてみようか」と思ったらすぐに眠ってしまった。

そして目が覚めたのは9時を少し過ぎた所だった。起床すると何故か心拍数が高くなっていて「急いで会社に行かなければならない」という気持ちになりそうにされ、声の送信では盛んにその事で煽ってくる。だから、わざとゆっくりと行動をしてコーヒーを入れ、洗濯をして、パソコンのスイッチを入れると「ふてえ輩だ」と言って脳への強い攻撃をされた。僅か4時間前のことだが余りにも強い脳への攻撃だったので何をされたか覚えていてない。とりあえずイーガブから法務省に要望を入れた。

その後、出社したが何か人と顔を合わすのが気まずいような感じになり加害者が「ざまあみろ」と言ってきたのですぐに社内を一回りして挨拶をしてきた。

歌のリピート送信と声による醜い中傷、平衡感覚の変調や著しい不快感、現実と乖離してしまうようなマインドコントロール。やりたい放題やられている。いま日記の更新をするのに、思考能力が低下し、酷い倦怠感が発生してキーボードを打つ手の筋肉にも強い疲労感が出て、文章が思いつかなくなり、文章を考えるのも面倒になり、更に身体的疲労感も発生しているのでやっとここまで書いた。

17:56
その後も歌のリピート送信と脳への攻撃が延々と続き、週末の予定を立てていると「やめた方がいいぞ、もっと酷い目に遭うぞ」と脅迫をされるし、脳への攻撃のために決断力がなくなってしまい異常に時間が掛かってしまった。やっと予定が立ち、仕事の大切な話に入ると急に攻撃が強くなり、苛々のピークに来てしまいヒステリーを起こす寸前まで行ってしまった。それらはすべて精神状態の遠隔操作によって引き起こされている。

また、普通では考えられないほどの陰湿な手口は加害者が如何に周囲の目を気にして、如何に世間体を気にして生きているかが伺える。そのような攻撃をされていると仕事が満足に出来ないので人任せになってしまう。そこに加害者は付け込んで来るので私はそのようなやり方は一切気にせず、世間体も気にしない。

とにかく今日は攻撃が酷い。

心拍数が高く、異常に興奮させられている。

24:24
まだ激しい攻撃が続いている。

夕食の後は眠くされてしまったが、サウナに行くことにした。生活パターンを被害で壊されてしまうのが嫌なので非常に面倒に感じても、それはマインドコントロールや身体被害であるので多少無理をしてでも外出をしたいと考えている。

サウナに行く途中には歌のリピート送信と強烈なマインドコントロールに遭い大変な思いをさせられた。時間感覚の喪失、使命感のような現実の生活に合わせてしなければならない気持ちの喪失(万年夏休みのような気分になる)、平衡感覚の変調、記憶障害などが混ざっていて著しい不快感と苛々が伴っていた。考える事の自由を奪われてしまい現実乖離を起す一種の催眠状態のように感じた。

しかし、攻撃なので脳の一部が眠っているようにされつつ、別の部分が興奮しているような、ちぐはぐな状態にされる。それは、痛みであれば体の右半分だけを痛くするのに似ている。

サウナの中でも考える事の自由は奪われたままで声の送信も途切れない。しかし、攻撃は弱くなっていた。サウナを出るとすぐに強く攻撃に戻り帰りの車の中でも大変だった。とにかくやり場のない強い怒り、これが異常なストレスとなり、その怒りもマインドコントロールによって作り出されている。

いまも、首の後ろの硬直、頭部圧迫感、目眩、記憶障害を起され著しく不快にされている。こんな酷い攻撃を受けているのは私だけではなく、さきほど被害者の方からメールが来たが、「被害が酷く考えを決定するのに少し時間が掛かります」とタイプミス付きで書いてあった。

この犯罪は本当に酷すぎる。

寝る。

この犯罪の犯人は屈辱にまみれていないか

世界一薄汚く、卑怯な、陰湿かつ変質な覗き行為の延長から殺意ある人権侵害へと発展し人間の遠隔操作を行いながら拷問洗脳を続ける電磁波犯罪はテロとしての性質を見せながらやることは低俗そのもの。そんな加害者は普通の精神状態ではなく洗脳されているのではと感じる事がよくあるが、武器を使い被害者に苦痛と屈辱を受けさせ続けている犯人は時折、屈辱にまみれていて社会に何らかの恨みを持っていると感じる時もある。

武器を使って特定の個人の前でだけ果てしなく強い自己主張をして決して世間に対する自己主張の出来ない壊れたテロリストであるが、殺意があり被害者を無理やり病気にしてしまう重大な犯罪であることを忘れてはならない。


被害日記

10:30
今日は朝から一転して強い攻撃に晒されている。
攻撃の種類は「強い記憶障害と平衡感覚の変調」が少なくなっているが、鼓膜が詰まったようになり首から上への圧迫感と異次元の世界に入ってしまったかのような聴覚に対する攻撃と激しい嫌悪感、時間感覚の喪失などだ。視覚に対する変調も酷く視野が薄暗く、見えてはいるのだが視野が狭くなっているような感じもする。

昨夜は睡眠妨害はなかったが睡眠時間は5時間半程度。朝起きるとすぐに声の送信と歌のリピート送信が行われている。顔を執拗に痒くもされている。コーヒーはいつものように味を変えられてしまう。会社に行き、伝票の印刷をしていると妨害行為が行われるので間違えないように注意をしていたが結局、同じのを2枚印刷してしまった。そんなのはミスの内に入らないが、とにかく不快であり、気分が悪い。

こんなテロを野放しにしていたら国家が笑われないかと思う。

18:52
その後は、攻撃が多少弱まったが途切れることは全くなく、歌のリピート送信、声による語りかけ、脳への攻撃、身体への攻撃など、強弱をつけながら陰湿かつ卑劣に行われている。しかし、一時期の激しい攻撃の時から比べると随分と楽だと思う。しかし、それはあくまでも耐え難い、とても正常ではいられないような激しい攻撃がなくなったと言うだけで自由も人権もプライバシーも全くない。

今は、脳への攻撃が強くなり鼓膜が詰まったようにされてるので午前中に何をしていたかをすぐに思い出せなかったが加害者がイメージの挿入をしてくれたので思い出した。用事で外出をしていた。その途中で寄る場所があったのだが、ものの見事に忘れて通り過ぎてしまった。しかし、そのお陰で脳の状態を一定に保ち他の事が考えられなくなるような脳波の送信があるのではないかと言うことに気が付いた。帰りには通り過ぎてしまった場所に立ち寄り用事を済ませて帰ってきた。

午後は来客があったが声による干渉が煩く困った。たとえば「もっと良く人の話を聞きなさい」などと自分が「少し相手に喋らせて良く話を聞いてから自分が喋るか」と考えた瞬間に声を聞かされるので大変に鬱陶しい。また、話の最中に筋肉を痛くされ非常に困った。

それと、得意先から電話があり、私が電話に出た瞬間を狙って腹に空気を溜めゲップを出させようとしたり、社内で人と話しを始めると急に心拍数が上がってしまい落ち着いていられなくなったり、そのような陰湿な攻撃は頻繁に受けた。

いまのところはその程度だが本当に困っている。

ところで、脳に関する情報だが、脳の消費電力は休んでいる時で20ワット、活動している時には10000ワットにもなるらしい。そんなに消費電力があるならば、強い電磁界が発生しないのだろうかと思った次第である。そのような話が聞ける脳科学シンポジウムに行ってみたいと思っている。

24:05
その後も強烈な拷問被害はないが今は強く攻撃をされている。
首の後ろの硬直、後頭部の圧迫感、目眩と思考能力の低下。胃に空気を溜める攻撃もやられているが、継続して苦しい状態ではない。とにかく不快だ。

実は、計測器が戻って来て、それで測定をしてみた。
1to61Hz_2 1to61Hz

特に異常はないが、これには経緯があった。最初に30MHzまで測れるオプションが付いていた時には、説明書の不備で1KHzより下が測れないことを知らなかった。異常な電界が表示されたのでメーカーに問い合わせた所、30MHzのオプションを付けると1KHzより下は正確に測定出来ないことが判明。そして、30MHzのオプションを外すためにメーカーに送り返している間に代替品として借りていたもので極低周波を測ると10Hz付近に大きな値が出たのでこれまたメーカーに確認を求めたり、測定方法が間違っているのかなどの確認作業を急ぎ、最後は測定器を校正する会社にまで行ってしまった。

そんなやりとりの中から測定器が示す値が本当に正しいのかを調べる必要があるという事を知った。通常はお金を掛けてそこまで調べる必要はないかも知れないし、ブログに細かく経緯の説明をする必要もないようにも思ったが、万一10Hz近辺の値について興味を示している方がいらっしゃると困ると思いここに説明をすることにした。

実は、その間のやりとりはかなり大変なものがあった。

それはそれで、脳への攻撃は酷すぎる。
体も痛いし酷すぎる。

こんな酷い拷問が野放し。これだけは強く主張する。

25日1:41
風呂に入っている時は強力の喉の筋肉を締め付けられていて、これじゃあ本当に深刻な病気にされてしまうのではと思った。しかも、それ以前に自分の能力を発揮出来なくされていて、場合によっては発狂されられてしまうかも知れないという恐怖が常に付き纏っているし、家族などの事も気にしたら大変な恐怖ストレスとなってしまう。

事実、それを声の送信で脅迫されるし、家族も被害を受けているのではと思える事もあるからだ。この電磁波テロは目に見えて確認が出来ないので本当に危険だ。電磁波によるマインドコントロールだけでもかなり人間の人生を破壊してしまう。危険すぎる。

寝る。

追記、2:36
また寝させない拷問が始まった。肩の後ろの筋肉を痛くさせ腕と顎も痛い。更に脳を覚醒させ、苛々もさせている。鼻の横には異物が付いているような感覚だ。また、政府へ要望を出せと言っている。

やや弱まった被害

13:54
仕事が忙しく、日記の更新が出来ないでいた。
昼休みが終わってから更新をしようと思ったが、今ひとつ気持ちが乗らない。飛び込みの仕事を片付けていると、頭痛をさせ、首の後ろを締め付けて「さあ、早く日記の更新をしろ、わしらが手伝ってやる」と声の送信で言われたが、無視をして飛び込みの仕事を終了させた。

慌しい気持ちにされているが、短絡的な衝動を起こさせる脳の遠隔操作が行われているようで、苛々と気短にさせパルス的に意識を失わせているようだ。物事にしっかりとした確認が取れないまま、慌てて次へと行ってしまう状態だ。

昨夜は、疲れていた事もあり2時頃には就寝していたと思う。しかし、3時か4時に一度目が覚めトイレに行ってから再就寝した。その後は8時に目覚ましで起きたが、やはり疲労感が強く特に両足の太ももと腰が酷い。声の送信では何か脅迫や心配事を作らせようとする内容が聞こえていたが忘れてしまった。

この時間まで被害は途切れないが、強烈な攻撃や悪質な声の送信はなく多少弱まっている。しかし、先ほどから少し強くなって来た。

16:00
過激な攻撃はないが、極度に眠く、強い疲労感の中パソコンのメンテナンスを終了した。Gmailの読み込みが以上に遅いという現象のチェックをしていたが、アンチウイルスソフトのどの項目を外しても結果の改善がなかった。暫定的にはGoogle Chromeをインストールして使うのが一番手っ取り早いと判定。

一時、極度の眠さに騙されて記憶障害にされているのに気が付かなかった。メールで送られて来た手順に従い実行しているだけだったが、途中で自分のやったことを忘れていることに気が付いた。記憶障害が酷いと、印刷物を見ながらその手順を追っていくのだが、目線を画面に移動しただけで自分のやっている事に対する確信が持てなくなる。

とにかくだるい。

首の後ろが不快だ。

23:22
また、腹に空気を溜める拷問を受けている。
こう言った慢性化してしまった被害がいつから行われていたかを明確にしてどのくらいの期間毎日残虐な行為を受けていたかを示すのも大切だと思う。例えば、記憶障害も慢性化しているが、いつからやられているか判らない。音楽を聞くことが出来なくなってからどのくらい年月が経つかも忘れてしまった。一度、腹を立ててヘッドフォンを叩き壊した後に、4万5千円もするヘッドフォンを買ったが埃を被っている。いまも胃に空気を溜められた。

平衡感覚の変調と目眩、頭痛と筋肉痛、脳の半分が眠っているような感じと、やり場のない怒りの連続。首の後ろの硬直。どれ一つ取っても耐え難い一級の拷問だ。「さて、誰がやっているでしょうか、悔しかったらここまで来てみろ」こんな言葉と共に毎日攻撃をされている。

夜は外食ついでに食料品を買いに行った。コーヒー豆も買ったが味も香りもあったものではなく、五感の送信により不味いだけのものにされている。買い物中も途切れる事無く声による干渉を続けられる。とくに「お前は尾行されているぞ」、「お前は見張られているぞ」という内容が多い。

ところで被害者の中には、自分の目に映っている映像をそのままそっくり加害者に盗まれているとか、何処を見ているかまで盗まれ声で干渉される、などの被害を訴える方もいるが私もその被害を受けている。かなり細かい字まで盗み取られるので印刷物は当然、自分で字を書いても盗み取られてしまう。ところで、想像でもいいからどうやっているのだろうかと疑問に思った。

ヘッドギアのような物を付ければ脳内から目に映った映像や頭の中に描いたイメージをコンヒュータースクリーン上に再現することは出来るそうだが、遠隔からの場合はどうなるのだろうか。ヘッドギアと同じような事をしているのだろうか。

脳内画像読み取り成功 「脳内彼女」も再現

ついに頭の中まで隠せなくなったか! 脳内思考を映像でも解析成功

24日2:35
「激しい」とか「過激」という言葉が付かない程度に攻撃をされている。

寝る。

この犯罪の犯人は洗脳されていないか

陰に隠れて目に見えない武器を使い、特定個人を狙って執拗に陰湿かつ卑劣な破壊活動を24時間365日休む事無く、手を抜く事無く、何年でも続けている犯人。しかも生体実験のような生きている人間を勝手にターゲットにして人生をメチャクチャに破壊してしまう。どんなに嫌がっていても、どんなに苦しんでいても、何処まで人生破壊が進んでも絶対に止めない。

最早、ここにはそんな犯罪が有り得るのだろうかなどと言う論議はいらない。これほど残虐な行為が出来るのは人としての心が欠落している何よりの証拠であり、生き地獄の被害者を更に絶望へと追いやるその手口には殺意を感じるだけだ。

脳内音声という声の送信はリアルタイム監視をしながら送信されているので人間が付きっ切りで監視しながら喋っている訳で、たった10秒ほどの喋りを聞いてみても手抜きすることなく、一生懸命、人を苦しめることに専念している姿が伺える。そんなところから加害者は完全に洗脳されているのではないかと思った。


被害日記

9:50
昨夜も酷い攻撃に晒されたので寝るのが遅くなってしまった。朝は目覚ましが鳴る9時まで寝ていたが睡眠時間は6時間に満たない。目覚めるとすぐに声の送信が始まり、信じられないほどの酷い疲労感の中起床する。キーンというノイズや鼓膜が詰まったようになる攻撃や歌のリピート送信がなかったので静かだった。

すると陰気な男の声で「呼吸に対する嫌がらせを止めてあげよう」と聞かされる。しかし、それは呼吸する音に合わせた音声送信を意識させるための罠であり、早速呼吸に合わせて音を送信され、何か苛々とやり場のない怒りが発生してきた。しかも、その異常な疲労感や怒りはすべて遠隔操作によるものと判明し犯人の少しずつ人を殺す手口に許せないものを感じた。

政治政党と警察庁にメールを入れた。

いまは、右半身を攻撃され筋肉の痛み、鼓膜が詰まったような状態、唇を吸い込むようにして噛む被害、頭痛、首の後ろの硬直を起されている。思考能力が低下して異常に興奮もさせられている。

毎日繰り返される手口は

被害者を攻撃して何かを無理やりさせる

それを理由に更なる攻撃をする。

しかも目に見えない武器を使っているとなれば許されないだろう。

23:34
また歌のリピート送信を脳内に送られている。
「お前はバカ」の連発をされ、興奮させられている。

今日は、午後から被害者の会があるので昼前に家を出たが、一日中、腹に空気を溜められ続けた。それは丁度、胃の上辺りと思われる場所を、飲食したものを飲み込む時と同じような感じに食道を異物が通過するような感じに移動していく。そして、恐らく胃に空気が溜まって行くのだと思う。しかし、空気が溜まればゲップが出るのが普通だが、その辺りの筋肉を遠隔操作で締め付けられているので苦しくてもゲップは出せない。

暫くすると加害者がゲップを出させたりするが、一時間ゲップが出なければその間は呼吸も浅くなってしまい苦しい。ゲップが出るとまた空気を溜められる。そのような繰り返しをずっと続けられていた。内臓を遠隔から他人に勝手にいじられると言うのもかなりの不快感であり、例えば疲労感とか心拍数の上昇などは自然でも起こる現象で何度も経験があるが、胃に空気を溜められてしまうとか、ゲップを出したくても外力により出せないと言うのは自然ではあり得ないので未体験の苦しさ、不快感となる。脳の操作も未体験の不快感だ。

そんな時はコップ一杯の水でもお腹がパンパンになる。

被害者の会では色々と貴重な話を聞きかせて頂いたが、眠さと疲労感や筋肉の痛みなどで落ち着いて椅子に座っていられなかった。主に下半身を操作されていた。17時に終了するとすぐに音楽の練習のためにスタジオへ向かった。そのために遠方から来ていた被害者の方と話が出来なかったのが残念だ。

スタジオへと向かう途中などはそれほど被害が酷くなかったが、スタジオに近づくと左右の目が分離してしまったような、或いは、両方の目は見えているのだが片方の目が役に立っていないような、脳の半分しか活動していないような変な感じにされた。また、演奏妨害をされるのかと思い嫌な気分になったが、それほど酷い妨害は無かったと思う。特に平衡感覚の変調や記憶障害などが弱かったと思う。

しかし、椅子に座っていると疲労感が酷く姿勢が保てなくて困った。どうも腰の筋肉に力が入らない感じで背中が丸くなってしまう。また、肩や首の筋肉も引きつり気味で不快だった。なによりも困ったのが顎の筋肉に力が入ったり、顔に力が入ってしまっているようで歯を噛みしめていなくて口を半開きでもその辺りの筋肉に力が入っていた。例えば左側だけとかそんな感じだ。

音声送信は全く途切れる事はないが、激しい被害を受ける事無く帰宅した。帰宅後には歌のリピート送信と共に興奮させられ、何か慌しい気分にされている。

困ったもんだ。

23日1:12
風呂に入ると腹の中で空気が移動する音が聞こえる。体感として溜まった空気が口から出ているような感じもあるが良く判らない。遠隔操作では喉の筋肉を閉めたり、異物感を出したり、気管を細かい振動のように刺激したりして痰を絡ませたり、咳を出させたり、喘息のようにしたり、色々出来る。筋肉の痛みも起せるし、本当に酷いことをする。歌のリピート送信も執拗に行われている。

適当に無責任な喋りを聞かせながら攻撃をする加害者だ。

家族や知人を被害者にするという脅迫もかなり多い。

寝る。

神経を過敏にする遠隔操作

五感の遠隔操作などの被害は現実とは違うものを送りつけられる事がほとんどだが、実際に自分の中で発生している感覚を増幅させるような被害があると思う。それは脳波の増幅再送信ではなく、例えば皮膚の神経を過敏にされたとすると今まで感じなかった痒みを感じてしまうなどのような増幅で、感覚は痒みだけではないので、その他の感覚にも対応した何かを送りつけているのではないかと想像をした。それは脳内の意識や身体の神経などに対し選択的に出来るのではないだろうか。勿論、同じような感覚を生み出す方法は一つとは限らないが。


被害日記

11:52
朝8時に目が覚める。歌のリピート送信が聞こえていて、声による語り掛けもしている。睡眠時間は5時間程度。非常に迷惑であり、人間として自然に暮らすことが出来ない。頭痛もしていて、起床すると疲労感が酷い。勿論、脳への攻撃も行われているので何か思考の自由がなく頭の回転も悪くなっている。それは決して寝起きだからではなく、電磁波攻撃の独特の感覚だ。昨日のことは割りと覚えているので記憶障害が弱くなっているのだと思う。

暫くすると首の後ろの違和感と下唇を右側だけ噛んでしまう被害、鼓膜が詰まったような感じ、頭部圧迫感が起きて不快にされている。

それにしても許されざる人権侵害だ。

23:35
いま、かなり強く攻撃をされている。
考える事が出来なくなるほど脳への攻撃は酷く、お腹は空気でパンパン。筋肉の硬直痛みも左半身全体に及んでいる。それとやり場のない怒りに駆られている。首の後ろの硬直も強い。平衡感覚の強い変調のためにキーボードを打つのにかなり苦労している。さきほど余りにも攻撃が酷いので政治政党にメールを入れた。

歌のリピート送信、声による干渉、脳への攻撃、筋肉の痛み、お腹に空気が溜まる操作、などは一日中途切れる事無く続けられ、大変に不快な思いをさせられている。本当に腹が立つ。

今日は「FRING」というアメリカのテレビドラマのDVDを残りの4枚を一気に見た。あらゆる被害を受けているので場合によってはストーリーが見えなくなることもあるが、無視を貫き全部見た。

この「FRING」というのは被害者ではない方にもお勧めで、そこに出てくるテクノロジーに関して個人的には現実に行われている電磁波犯罪を匂わせると言うよりは「そんなことがあるのか」と疑問に思ってしまうような印象を受けたが人によって感じ方は違うと思う。

それよりも、そう言った似非科学と言われるようなテクノロジーが巨大権力により隠蔽されながら犯罪として使われ、一方では巨額の利益を生んでいる言ったストーリーや、誰も知らない内に科学は進歩していて、それを知らないで平和そうに暮らしている人がいる、と言ったようなメッセージを伝える日本語の台詞が大切だと思った。

fringe.jpg


また、このようなことを題材にした映画やテレビドラマは日本では製作されていないのが残念だと思った。マインドコントロール、生体実験、テレポーテーション、脳波や記憶の読み取りなども出てくる。それを見終わった後にパソコンに向かうと急に攻撃が強くなった。目眩というか船に乗っているような感じでキーボードを操作していた。

執拗かつ陰湿に攻撃が続いている。

加害者の罪は余りにも重すぎる。

24:53
どうしても盗み取った脳波や感覚の再送信をされているように感じる。一つの感情が延々と続くことに関してはマインドコントロール周波数を送り続けることで可能だが、被害ではなく発生した痛みなどが減衰しない一定の痛みとして長い時間続くことがあるので変だと思っている。

22日1:53
風呂に入ると圧力が掛かるので腹に溜まった空気がゲップとして出てくる。もうすでに日常化されてしまった被害でもある。

その後も激しく歌のリピート送信を続け、声による罵声の連続だったので良く聞いてみたら喋り方や発音、声の調子などか全く同じで言葉の後ろの部分を少し変えているだけだったので、それに関しては自動読み上げソフトを使って何種類かの言葉をリピート送信していると思った。

余りにも攻撃が酷いので文部科学省に要望を入れた。

テロリストが「おまわりさーん」なんて言っている。

寝る。

睡眠妨害で生活を壊される

テクノロジー犯罪の特徴として睡眠妨害という被害が、かなり多く報告されている。これは何度も途中覚醒してしまうものから、朝早く目が覚めてしまうもの、明るくなるまで寝させない、など様々であり、その間にも各種攻撃をされ続けて酷いストレスを受けさせられたり、普通に眠るのだがどうしても朝早く目が覚めてしまなどがある。

その結果、周囲には「被害者の生活の乱れ」という見える形として受け止められ普通ではない人としての証拠を得られてしまう。それに耐えて短時間睡眠で頑張っていても昼間にも攻撃が続くので心身ともに疲弊してしまう。

この睡眠妨害という生活破壊だけでも社会の一員として多大な損害を被っていることは間違いない。また、いくら薬を飲んでも効かないという事も良く知られている。この犯罪は拷問洗脳という形で行われているので、眠らせない拷問と社会的信用を失うという恐怖や不安から洗脳されてしまうことになる。

しかし、加害者の目的は何でも言うことを聞く人間の養成ではなく生活破壊であるのでその攻撃をやめることはない。最後は自殺・発狂へと導きその誘導に耐えていても確実に社会的信用と持って生まれた能力を奪われていく。


被害日記

10:33
昨夜もかなり強力に脳を攻撃され、歌のリピート送信と声による執拗なマイナス思考の挿入が行われていたので就寝が遅くなってしまった。3時頃だったと思う。朝は7時前に起されたので、たまには午後から出勤ということにして寝てみた。10時に起されたが、頭痛と疲労感が酷く著しく気分が悪い。加害者の「朝起きられないで笑われろ」という言葉に抵抗する意味もあった訳だ。

この電磁波テロをどうやったら止めさせられるだろうか。

いまも、頭痛と筋肉の疲労感、視力の低下、お腹に空気が溜まる攻撃、呼吸困難を起されている。声の送信ではボリュームが小さいが低俗な自己嫌悪誘導を続けている。勿論、そのような声を聞かせる時には不安感や苛々するなどの精神状態の操作が伴っている。

21日2:29
今日は午後から急遽、電磁界を測定するスペアナの校正をする会社に行くことになった。急いで昼を食べ自動車で出発し途中から電車に乗り換えて東京都下にある試験会社に行った。結果は、測定器の故障ということだった。そう言うこともある訳で、異常な数値が出た場合は変だと思うがやや大きな数値の場合は変だと思わないので、そのまま使ってしまうことがあるだろう。

その後は折角、都内に来たのでそのまま帰るのがもったいなくなり、知り合いの出演しているライブハウスが東京の西部にあるので行ってきた。お客さんの前で激しい演奏妨害をされたら困ると思ったし、声の送信で脅迫をされたが勇気を出し腹を括って一曲だけ出演した。それほど激しい妨害はなかった。

その後は時間の都合もあったのでワンステージだけで帰ることにした。帰りの電車の中ではやや挙動不振というか著しく落ち着きがなくなった。声による干渉は途切れることはなく目線に関しても干渉をされた。攻撃としては軽い方だったと思う。

自動車に乗り換えて高速を走っていると途中から急に攻撃が強くなり、悪魔のような声の送信が始まり、やり場のない怒りに駆られた。帰宅後も苛々と暴れ出したくなる衝動を起されてしまい、軽く物を投げたりした。自分の荷物を急いで片付けるのに投げたりするのは別に珍しいことではないが、その怒りが発生しているので、そこからの延長として物を破壊しそうな雰囲気を感じたので、いつものように気持ちを静めて対処した。

その後、パソコンの電源を入れてログインパスワードを入力したらパソコンは何も反応をしないでパスワードだけが消えてしまったように思った。その件で先日パスワードを変えたと思ったのだが。メールチェックをしていると攻撃が強くなり加害者の声も悪魔のようになり執拗に攻めてきた。しかし、強引に言い返して黙らせた。

思いだしたが、都内にいる時に携帯電話からgmailにログインしようと何回かパスワードを入力したのだが、やはり画面が変わらずに元のパスワード画面に戻ってしまった。何か変だと思う。

上記書いたら鼓膜が詰まったようにされた。

3:23
寝る。

神経認識のずれ被害

手首を蚊に刺された。しかし、夜自動車の中だったので目で見ることが出来ない。だから感覚で何処を刺されたのかを認識するしかない。何故か手首より10センチほど離れた親指が腫れて皮が突っ張っているように感じる。痒みも確かにその辺りが痒いように感じるのだが何処が痒いのか正確に判らない。当然、強い脳への攻撃を受けているので神経の麻痺という訳ではないがそのような状態にはなる。なぜなら匂いを感じなくされたりしているので感覚が麻痺することは有り得るからだ。

そこで気が付いたのが、言葉では到底説明出来ないメチャクチャな感じに脳を遠隔操作される時があるのだが、それは左右の目が逆転してしまったような何がどうなっているのか判らない変な状態だ。痒い位置がずれてしまう被害を脳内の知覚認識に適用するとそのようにずれてしまうのではないかと、何となく想像してみた。

そのようなメチャクチャな脳の操作が有り得るのだろうか。


被害日記

14:32
寝起きから脳への攻撃をされていて思考がスッキリしない。記憶の操作をされてコーヒーを入れる手順を間違えたりして、その事に関して執拗に尋問をされた。「君の、自由意志というのがどれだか判るか、自分の意思で動いている積もりでも実は、、、、」、「では、なぜ今左側に目線が行ったのか説明してもらおう」などのように煩いので、こちらも声に出さない呟きで言い返し、強引に論破し、最後は意味のない単語を延々と呟くことにより回避した。その後は五感の遠隔操作で不味いコーヒーを飲まされてから出社したが、言及はなくなった。

朝から延々と脳内音声による歌のリピート送信が6時間以上に渡り続いている。今日は朝にまず電磁界測定の件があり、それを済ませてから調子の悪くなったパソコンのメンテナンスに取り掛かっている。アンチウイルスソフトの契約が切れるので、最近の3ユーザーのものに乗り換えたら急にgmailの読み込みが遅くなってしまい、メールを開くのに20秒近くも掛かってしまうようになってしまったからだ。

メンテナンス作業をしていると声による干渉もあるし、その歌のリピート送信が時々強く脳内に差し込んで来るので、非常に不快であり作業妨害となっている。

23:47
その後、一度更新をしたはずだが今見てみると消えている。気のせいかどうか記憶が定かでないので何とも言えない。とりあえずgmailの読み込みが遅い現象に関してはブラウザを新たにインストールすることで対応した。しかし、なぜアンチウイルスソフトを変えたら急にgmailの読み込みが遅くなってしまったのだろうか。

パソコンのメンテナンスが終わったので仕事に戻ると、いきなり意識を変にされ体が細かく振動しているような感じで不快感が生じて気分の悪い思いをさせられた。そんな時に必ず気になるのが他人の笑いである。電磁波攻撃と判っていても不快な気分であるし本来の自分ではなくされているのがもどかしく腹が立つ。

夜は楽器の練習をしに行ったが、高い音をやたらと煩く聞こえるようにされ非常にやりずらかった。無視をしてやっていると「分かった、分かった、上手いのは分かったから、もう練習を止めてそこから出て行ってくれ」などと執拗に声の送信で嫌味を浴びせられた。強い記憶障害で練習フレーズを忘れてしまったり、神経の操作で体が意思の通りに動かなくなったり散々妨害をされたが、最後には唾液を飲み込まされてしまい、しかも飲み違えてしまって激しく咳き込まされ、そこで練習中断となった。とにかくやることが酷い。

帰宅後はアメリカのテレビドラマの「FRINGE」というのを見ていた。「巨大な陰謀に挑む、超・科学サスペンス」と言うだけあって見ごたえのある内容だ。ある意味テクノロジー犯罪のドラマなので被害者の方もそうでない方も楽しめると思う。今はネット通販でかなり安く手に入るのでお勧めだ。

それを見ている最中も延々と声の送信とお腹に空気を溜める攻撃、更にテレビの音声が聞こえなくなる被害を受けた。ある特定の役者の声だけが選択的に聞こえなくなり「いま、なんて言ったか覚えているか、聞こえないらしいぞ」などと罵られた。

テレビの声が聞こえなくなる被害は良くやられるのだが、その時には必ず脳内音声で加害者が何かをタイミングよく聞かせてくる。しかし、他の操作をされなければ聞こえなくはならないので、脳の操作で声が聞こえなくなるのか、特定の人物の声の周波数に合わせた逆位相の音を送信されているのではないかと思ったりする。

また、目を開いたままドラマの進行も何となく感じ取れるような状態のまま「意識を失っている」ような被害(頭の中が真っ白で思考停止のような感じ)を僅かな時間だけされるので、それも関係があるのかと思う。

とにかく執拗に攻撃をされているのだが、記憶を消されたり、思考能力を低下されているので、このくらいの文章を作るのにもかなり苦労をしてしまい、結果として頭を使うのが面倒なので書く気が薄れてしまう。しかし、それではまずいのでなんとか文章にして、細かい説明も付け加えてみた。

脳の操作とはそのくらい恐ろしいものである。

自殺・発狂もスイッチ一つと言った具合なのだと思う。

20日2:13
その後も歌のリピート送信と声による洗脳行為が徹底的に行われている。脳への攻撃は記憶障害と思考速度の低下を起されている。ここまでムキになって声の送信をする加害者もある意味滑稽だが、何しろ脳への攻撃が激しく声に出さない呟きをさせられているので考えることは全く出来ずに大変な苦痛となっている。

遠隔拉致・拷問洗脳、これは間違いのない事実だ。

日本政府は何をしているのかと思ってしまう。

寝る。

アメリカでの署名活動

アメリカの人権団体ACLUへ申し入れるためのネット署名が行われています。下記ブログの中ほどのタイトル「2010,July,11 ACLUへの署名受付中」の記事を参照ください。署名方法などの詳細まで説明してあります。

目に見えない危険

以前に赤十字か何かに送る書名があったようで、それには署名しましたので今回も署名しようと思っています。皆さんも是非、ご協力お願いします。


被害日記

12:37
昨夜はそれほど過激な攻撃がなかったので、そのまま就寝をしたのだが、就寝直後から眠らせない攻撃に遭い4時半まで陰湿な睡眠妨害をされてしまった。腹が立つので目覚ましを止めて寝たところ朝の8時半に目が覚めた。丁度良いので起床としたが、いきなり脳への攻撃をされ平衡感覚の変調と思考能力の低下を起こされ疲労感のある不快な常態にされてしまった。その後も歌のリピート送信や声による罵声を浴びせながら身体攻撃や精神状態の操作をしている。

この加害者の理由なく、無理やり被害者を自分たちの空想の世界に囲い込み、遠隔操作通信の世界で徹底的に貶し、貶めて、行動を起こさせないという手口にはいい加減うんざりしている。しかし、攻撃は空想ではなく現実に行われているのでたまったものではない。

午前中は上記ブログの確認などであっと言うまに終わってしまい日記の更新がこの時間になってしまった。被害は最初は強かったが先ほどから軽度になっている。

15:29
被害は多少静まっている。
休み明けは被害関係のこと、仕事のことなどで忙しく大変だったがやっと一段落した。これから自分の仕事に取り掛かろうと思っているが、被害が静まったと言っても攻撃パワーが落ちているだけなので、右半身の違和感(利き目の逆転、内耳への圧迫感、筋肉の痛み)などが軽度に継続し、思考のぼやけ、倦怠感などもある。音声送信はボリュームが小さい。職場に居る時の被害が弱くなっているので笑顔が取り戻せ随分と気持ちの上では楽になっている。それにしても、あの強烈な被害の時を思い出すとよく頑張っていたと自分でも思う。

18:46
その後も仕事を続けていたが新聞などを読もうとするとやはり脳への攻撃が強くなり読解力が低下したり、脳の芯が痺れるような目眩がしたりして集中力がなくなってしまう。その結果、読むのが嫌になり飛ばし読みをしてしまう。また、エアコンから噴出す風の音だけが異常に煩く感じて嫌な思いをした。これは音声送信で出来るのだと思う。

夕方にはアンチウイルスソフトの期限が切れたので別のソフトのインストールをした。その後、gmailを開いてみると極度に読み込み速度が低下してしまいパソコン全体が他の機能を受け入れなくなってしまう。その遅さは異常でとても待っていられない。他のウェブメールを開いてみたがgmailだけが遅い。FC2の読み込みも遅いようだ。

そのようなトラブルを起こした時には加害者はそれこそ強烈な攻撃を仕掛けて寄って集って罵声を浴びせて来る。今は少し弱くなったが、その時は脳への攻撃と平衡感覚の変調、呼吸困難などを起こされて大変だった。今も、鼓膜が詰まったようにされ顔をひっきりなしに痒くされている。歌のリピート送信もされている。

24:35
職場から帰宅して自分のパソコンのスイッチを入れると、まず起動するまでの早さに驚いた(攻撃をされると途中で暫く止まっている時がある)。パソコンは古いがCPUをペンティアムに交換したので全体の動きが、core2duoの会社のパソコンよりも早いようだ。gmailの読み込みも全く問題ないことを複数のブラウザで確認した。

その後は「FRINGE」というアメリカのテレビドラマのDVDを少しだけ見たが、fringeというのはfringe scienceのことで「マインドコントロールなどの非主流科学」と言っていた。平たく言えば「超・科学サスペンス」のドラマだ。第1歯話のDVD1枚と2話から11話までのDVD5枚組の二つが販売されていてその両方を買った。送料込みで5500円程度だ。サイバネティクスという文字が出ていたような気がした。因みに第1話は脳と脳をつなぐシーンが出てくるので中々興味深い。

被害の方であるが夜はサウナに行っていたが、そこで、完全に思考の自由がなく想像力もなくなっていて好きなように考えることが出来なくされているのに気が付いてから攻撃が強くなりだした。お腹に空気を溜められるのはいつものことだが、強い平衡感覚の喪失や意識を失っているような感覚がパルス波で行われているかのように瞬間的かつ断続的に行われていた。

それと、首の付け根と骨盤というか背骨の一番下あたりに疲労感のようなものが発生し続け、そのために元気が出ないとか反応が鈍くなるような、姿勢の悪さを生み出しているような嫌な感じがあった。右足の太ももの筋肉の痛みも復活させられた。

サウナを出ると脳への攻撃が強くなり認識力が低下し周囲の様子を敏感に感知できなくされたのでゆっくりと周囲を見渡して確認をした。別に意味はないが認識力が低下しているのなら時間を掛けて認識するようにした方が良いと思ったからだ。その後、声の送信がかなり力を入れてムキになって何度も同じ言葉を送信していたので不思議になってしまった。武器で無抵抗の人間を遠隔拉致・拷問洗脳をしているのに何故そこまで興奮するのか理解出来ない。

そのような感じで帰宅した訳だが車を駐車場に止める時に強い目眩を起し右足を硬直させ壁にぶつけさせようとした。それから、強い衝動のような遠隔操作があり、手順が決まっているのにそれを無視してしまい、目に映ったものに対して行動を起してしまう被害も起きた。

恐ろしいマインドコントロールはテロであり野放しにする訳には行かず、しかし、被害者は必ず行動を出来なくされるのでなるべく多くの被害者の方に協力をしてもらい非被害者の協力者を探すのが大切だと思う。そんな観点から広報は加害者が一番嫌っている事だという事を知って欲しい。

これ以上の悪は世の中に存在しないと思う。

寝る。

撹乱物質の時代

環境ホルモンと言われ科学物質でありながら人の体内に入るとホルモンと間違えて反応してしまうものがある。電磁波による人間の遠隔操作はもう少しえげつないが間違えて反応してしまうのは同じだ。テクノロジーは信じられないほど進んではいるが、やっている事は如何にして騙すかということだと思う。

レーダーに飛行機が映らないようにするステルスなどはテクノロジーを撹乱する考え方だ。そこで、一般市民もテクノロジーに対抗すべくテクノロジー撹乱物質などを考えたらどうかと思った。

例えば、赤外線で下着が透けてしまうのなら赤外線が当たった時に文字が浮かび上がる下着とか、CCDセンサーの弱点となるような光を反射する素材とか、テクノロジーに対するささやかな抵抗を見せられたらと思った。

本音は、特定個人を狙う悪意ある電磁波に対して嘘の情報を流し続ける装置とか、防御装置があったらと思うのだが。


被害日記

10:10
今日から仕事が始まった。
睡眠妨害はなかったが睡眠時間は6時間以下だ。朝は目覚ましが鳴る前に目が覚めたのだが、頭痛がしていて不快な起床となった。声による集中的に貶しや脅迫は少なかったが脳への攻撃もされているし、歌のリピート送信もされている。それらを無視してコーヒーを飲んだが口に入れる寸前に口の中に苦いような変な味が発生していた。その後、出社したがやはり平衡感覚の違和感や筋肉の部分的な痛み、硬直などがあり、激しい攻撃ではないが不快な思いをしている。

18:41
あっと言う間に一日が終わってしまったと言う感じで、極度に激しい妨害や攻撃には遭わなかった。しかし、歌のリピート送信が遠くから聞こえていたり、考える事に対する妨害や文章を読む妨害は継続している。声による干渉もあるが悪質執拗なところまでは行かないので、被害を強引に無視をしてそれなりのレベルで自分のやるべき事が出来た。

後半は疲労感と筋肉の硬直のような痛みが左半身に発生してきたので集中力を落としてしまった。勿論、首の後ろの硬直や目眩のような脳の芯が痺れたような感じも続いているが、以前のような強烈な攻撃からくらべると随分と楽だった。

まだ、やりのこした事があるのだが、心身共に適度な疲労感があり(筋肉の痛みも含めて)なんとなく、この辺で切り上げようと言う気持ちになっている。絶妙と言えば絶妙と言えるだろう。

24:58
食事をする時に物を噛むタイミングに合わせて単純な単語の繰り返しの声の送信をされているが、いつ何処で食べても必ずやられている。食後は横になりたい気持ちが強くなり、横になっていると目が開いていられなくなる。そして少しの間、眠ってしまったが目が覚めると不快感が強い。

その後は何をするでもなく、何かに集中することもなく、横になってしまいたいという強い欲求が起きるのだが遠隔操作であることは判っているし早い時間に寝る必要もないので、そのままネット閲覧などをしていた。やり場のない怒りとか、耐え難い苦痛などの強い攻撃は無かった。

その後、低周波電磁界を測るスペクトラムアナライザーの操作方法などを検証するためにいじっていると急に脳への攻撃とお腹に空気の溜まる攻撃、声による罵声が始まった。しかし、以前のような強烈な攻撃ではないので何とか我慢した。

首の後ろの硬直や左半身の筋肉の硬直のような痛みも続いている。歌のリピート送信も強弱を付けながら行われている。

何故か、被害日記の更新に意識が行かなくなっている。

絶妙なマインドコントロールを感じている。

寝る。

罪のない人間を不幸にする犯罪

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、何の罪もない極一般の人間に対して無差別的に行われている。この犯罪の被害者にされてしまうと、「無意識」という状態に侵害され続け、普通の人間として生活することが出来なくなり、人生そのものが狂ってしまう。それは作為的に狂わされたものであり到底取り戻すことは出来ない。

被害が酷くなると、改竄された人生について考えるよりも日々の被害に耐える事だけで精一杯となってしまう。そんな中でも人生を狂わされてしまったのは被害者ひとりだけではない事を感じさせられる。親、兄弟、子供、友人、知人など周囲の人も確実に影響を来たし、多かれ少なかれ不幸にされてしまう。

場合に寄っては悪魔の手は被害者の周囲にまで及び、それとなく被害を受けさせられている。例えば、傍にいる人間は直接被害を受けていなくても被害者がその人間に対して敵意を抱くように操作されるとその人間は間接的に被害を被ったことになる。

こんなきちがいじみた犯罪が許されるのだろうか。


被害日記

9:46
昨夜は2時頃に就寝したのだろうか、最近はそのようなことを良く覚えていない。眠らされてしまうという感じがある。就寝後一時間ほどだろうか、眠くて仕方ないのに呼吸が出来なくて目が覚めた。どうも腹筋が動かなくされているようで仰向けになって寝たいのだが呼吸が出来ない。「横を向いて寝ろ」と声の送信で言われたので、そうすると呼吸が出来た。寝る姿勢まで支配しようとする狂人である。

朝は8時に目が覚めたがキーンという音が両方の耳に聞こえていて、声の送信で色々と今日やるべきことの指示をされた。眠いが起床をするとすぐに眩暈と記憶障害を起されて脳への攻撃が行われている事を実感した。コーヒーを飲むとただ苦いだけで不味い。タバコも苦いだけ。

その後は声による脅迫の連続で最後は両方の鼓膜が詰まったようになり周囲の音が良く聞こえなくされ、著しく気分が悪くなっている。本当は、思いつく限りの汚い言葉で加害者を罵りたいのだが止めて置く。なぜなら、そう言った世界に入ると、全く関係のない人間に対して腹いせをしてしまう可能性も無くはないからだ。

24:49
音声送信は全く途切れない。
歌のリピート送信は止まっている時間があったのかも知れない。平衡感覚の変調は少なくなったようで、時間感覚の喪失とか強い記憶障害も長時間続いていた感じはない。細かい被害は至るところで発生している。結果、テレパシー通信のように会話をさせられてしまったり、呟かされてしまったりが継続している被害となる。

昼過ぎまではメール送信や、ネットでの買い物などをしたり、部屋の掃除をしていた。久々にDVDを購入したのが噂の「FRING(フリンジ)」だ。12話まであるセットでアメリカのテレビドラマらしい。今年の2月に発売され、新しいのが秋に出るようだ。テクノロジー犯罪系とでも言うか、そう言った数々のテクノロジーが登場するエックスファイルのような感じのドラマらしい。被害者の方はチェックする必要があると思う。

午後からは食料品を買いに外出して家で朝昼一緒の食事をした。その後もネットで調べ物をしていたが脳への攻撃などの妨害をされ思考能力が低下した。それでも執拗に調べていたが、そこまで意地になる必要はないと思いすぐに横になって休んだ。

眠くなったので眠ってしまったのだが15分ほど眠ったところで痒みと共に脳を覚醒する刺激が送られてきたようで、すぐに目が覚めるが、そんなので起されるのに納得が行かずに目を開けなかったが執拗に全身のあちこちに痒みが発生し、最後は何かの用事を思い出し起きた。

夕方からは親戚と墓参りに行き、そのまま夕食をたべて帰宅した。夕食の時には不快感が酷く喋れないようにされ、何か自分が変な目で見られていないかと心配になったが、無理に口を開きなんとかその場を凌いだ。決して楽しくは無かった。また、食事の味も変えられてしまい「ざまあみろ最後まで本当の味がわからなかったぞ」などと声の送信にやじられながら帰宅した。

その後は電磁波測定などに関して調べていたが、やはり妨害が始まり苛々させられたり、理解力が極度に落ちたりしたがひたすら我慢をして目的を遂げた。これは、ある意味被害がそれほど強くなかったのだと考えることも出来る。

こんな状態では困る。

寝る。

お盆休みなのですが

12:39
昨夜は就寝が3時頃になってしまった。しかし5時頃に一度起され、トイレに行ってからすぐに寝た。次は目覚ましをセットした11時より前に目が覚める。良く覚えていないが、声の送信で思考の挿入をされた記憶がある。4種類くらいの悪い考えを脳内に声として挿入された。11時に起床した後はどうも記憶障害が強かったようで何をやっていたのか良く覚えていないが、声による醜い中傷に煽られてかなりやられてしまった。それは、声だけではなく脳への攻撃も行われているのだと思う。今は比較的静かになっている。

また、今日もこれから家の用事で出かけることになっている。強烈な攻撃をされなければ、被害を受けながらでも別の事に意識を持って行き我慢をすれば、その範囲内で楽しむことは出来る。あくまでも耐えられる範囲の被害であればの話だが。

24:16
帰宅すると声の送信の集中攻撃を受ける。これだから近所に犯人がいると思えてしまう。それについては否定も肯定もしない。特にパソコンに向かっていると酷く攻撃をされるような気もする。まず、声による脅迫が酷い。

今日は横浜の方に家の用事で行って来て帰宅は22時頃になった。自動車で行ったのだが渋滞はなく行きも、帰りもスムーズだった。声の送信による干渉は全く途切れることなく続き、歌のリピート送信も特に帰りが酷かった。脳への攻撃も酷くはないが頭がボケた感じや平衡感覚の違和感が続いていた。

その他、車の椅子に座ると何故かすわり心地が変でしっくりこない。これは五感の操作として良くやられる。また、途中で両足の太ももから下の筋肉が硬直したような、だるくて動かせないような感じにされたり、お腹に空気が溜まったり、遠くを見つめるような目にされたり、左右の目が逆転したような感じに見えたりと細かい被害は頻繁に行われた。しかし、異常に腹が立ったり、耐え切れないような苦痛には襲われなかった。一度だけパーキングでやられたように思う。全体として記憶があるので記憶障害も強くはなかったと思う。

声による脅迫は当然、走行中の車内の会話も盗み取っているので、そこに声の送信で干渉され脅迫をされたりした。そんな感じで帰宅したわけだが、とにかく「お前は見張られているぞ」という声が多かったが、それはいつものことである。しかし、あまりに執拗に聞かされると、つい周囲を気にしてしまう。

帰宅後の脅迫は「お前の記憶障害は一生直らないぞ」、「歌のリピート送信の機械のスイッチを入れっぱなしにして一生送信してやる」、「お前は親類を被害者にするのか」、「お前を殺したがっている奴がいるぞ」などのように連続で聞かせてくる。しかも、脳への攻撃や精神状態を操作しながら聞かせるので攻撃力は強い。

今は強い平衡感覚の狂いと目線の操作、瞬間的な意識障害などを起されていてキーボードを打つ速度が遅くなっている。瞬間的な意識障害と書いたが、意識を失うのではなく意識がまるで別のところに行ってしまうような被害でその間は頭の中が真っ白と言った感じになる。もしかすると瞬間的に意識を失っているのかも知れない。

また、目線の操作では右目でみたり、左目でみたりのように利目を変えてしまうような操作が行われているのだろうか。目線をモニターからキーボードに移すとすぐに対応出来ないで少しの間、キーボードの位置確認をしないと違うキーを打ってしまう。また、視界がコマ送りのようにも感じる。記憶を消しているのか、意識を失っているのか何をされているのか判らない。

「かわいそうに」という女の声が憎たらしい。

16日1:48
風呂に入ったら、それこそ猛攻を受けた。
同じことの繰り返しで便所の落書きよりも程度が低い。しかし、脳への攻撃や身体攻撃と同時にやるので攻撃力が強くなる。何を言っているのか良く聞いていると、目を瞑っていたのだが、目に対して何か攻撃をされると意識がブレてしまい、加害者の声をキッチリと追従出来なくなり、はぐらかされてしまう。

これ以上、被害詳細を書いてもしょうがないので

寝る。

潜在意識を変えてしまう犯罪

潜在意識は無意識下の意識で人の欲求や思考の元になるものと考えられる。それを遠隔から操作して変えられてしまったら人格も変わってしまうだろう。感覚が変わってしまう被害としは視野に映ったものから何を感じるか、耳に聞こえたものから何を感じるか、という感じるものが変わってしまう被害があるが、それも潜在意識を変える被害だと思っている。

その被害としては、知覚する以前に見え方や聞こえ方を変えてしまう方法が多く使われているが、実は潜在意識というような無意識の領域を操作して知覚する時に不自然な受け止め方をするようにしている可能性がある。そられは記憶の操作と考えられるのではないかと思っている。

知覚したものが何であるか、その意味やそれに対して自分はどうするか、また何が自分に関係があり、何に強く意識を持っていくかなどの判断の基となっている部分は経験から作られて来た記憶なのだと思う。その領域を何らかの方法で操作をされると感じ方が変わるのではないかと思った。

また、脳の操作にはサブリミナルの技術も使われていると思うし本能の部分にまで影響をしているとも考えられるので簡単は語れないが、被害を受けていてそのように思ったわけで、物理的に筋肉を動かしてしまう被害も含めてすべてが同時に行われているのだろう。


被害日記

12:28
昨夜もかなりの攻撃を受けていたので就寝が遅くなってしまった。朝は6時頃に目が覚めたがトイレに行ってから、睡眠時間が短いのでもう一度寝た。次に目が覚めたのが10時頃で歌のリピート送信と声による異常に気分の悪い脅迫をされた。そして、頭痛が酷く、起きて来ると眩暈と吐き気までして、気管の奥の方を締め付けられ風邪をひいて炎症をおこしているように感じた。

感じたというよりはそっくり同じ症状である。しかし、絶対に違うと強く断定していると気管の炎症は治ってしまい、頭痛も始めは後頭部だったのが前頭部になったりと痛みが移動している。吐き気も強くなったり弱くなったりする。首の後ろの硬直と平衡感覚の変調も起きている。

とにかく酷い攻撃で苦しめられている。

このテロリストが死滅してくれることを強く願う。

24:02
あまり好ましくはないのだが、自分の考えと全く反対ではなかったので、加害者の提供したアイデアに従う形となりオートバイで出かけた。起床してからの強い頭痛と眩暈と首の後ろの硬直を考えると普通オートバイには乗らないが、出かけた。

とくに運転に支障を来たすような攻撃は無かったが歌のリピート送信と声による干渉、脳の芯が痺れたような脳への攻撃が行われている事を実感できる状態は続いていた。途中から歌のリピート送信が強く気になったので声に出さない呟きを延々と続けていた。頭痛や吐き気はほとんどなくなっていたので被害を受けながらでもその範囲ないでは楽しめた。しかし、全く自由とか自然という状態とはかけ離れている。

問題は夜の楽器の練習だ。練習フレーズに声の送信で上から被せる「なぞり」被害は途切れることがない。それとはべつに練習を監視していて、一々ケチを付けたり、練習の仕方に対し命令をする声、適当なその場で考えたホラ話なども同時に行われる。

脳への攻撃(記憶障害が主)も途切れないが最初はそれほど酷くは無かった。しかし、結局、加害者を相手に練習をしているような状態にされてしまい、更に、声の送信に気をとられたり、脳への攻撃のためか集中力が出ずに半分は無駄な時間となっているように思えた。それは、楽器の練習に限らずにいつもそうなので「脳ジャック」ではないがパソコンで言えば割り込み処理が多すぎてメインの処理が進まないような状態だ。

最後に新しいフレーズの練習を始めると一気に襲い掛かるように貶しの連続となり苛々させられ、それに耐えながら練習を続けた。それは貶す事を目的に集まった聴衆の前で貶されながら歌を歌うようなものである。しかも、精神状態の操作まで行われているので気分は最悪となる。酷いストレスだ。

ストレスと疲労を抱えたままスタジオから出て店員さんに会うと、自分がさっきまでいた世界とは全然違う、全く違う平和な普通の世界がそこにあり、自分がさっきまで苦痛に耐えながら練習を終えた世界は何だったのかと、あまりにも大きなギャップに驚いてしまった。そして、世間話も満足に出来ないで店を後にした。

その時に声の送信は悪魔の囁きだと思った。

加害者は被害者の弱みのようなところがあると、そこにを集中的に攻撃をする傾向があるようだ。楽器の練習でもそうだし、よく言う男女関係もそうだ。このような被害を受けていると中々そんな気持ちになれなかったり妨害をされたりする。そしてそこを弱みのようにして攻めて来る。

また、このような日記に対しても「お前を知っている人が読んで笑っているぞ、嫌われるぞ、キチガイだと言われるぞ」と脅迫をされる。それを恐れていたら無口な被害者となってしまう。

頭痛や首の硬直はオートバイを降りたらすぐにやられている。

15日2:12
攻撃は延々と続いている。

例えば、風呂のタイルがどれを見ても人の顔に見えるだろう、なんて声の送信をされたのでランダムに見たが本当に人の顔に見えてくる。これは予め、その大きさの顔に見えるようなモデルを用意していて見たタイルの模様がそのように見えるようにイメージ映像を送り付けて来ていると感じた。

それ以上に、何かの判断基準に使われる潜在意識を変えられてしまうことの方が怖い。「物をを疑う考え方」というのがあり、「裏を返せば何がある」などの発想も思考を理論的に分析すれば、その発生源を変えることにより可能となる。

問題は通信媒体である。

寝る。

あなたはUFOを信じますか

「自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」このような本があります。
UFO本

私は特にUFOの件に関して論じるつもりはありませんが、ある方からこの本のご紹介を受け購入しました。しかし、テクノロジー攻撃で撹乱される毎日ですので本を読む時間も取れず、読書妨害も激しいので少ししか読んでいません。なにのなぜこの本のことを取り上げたのかと言いますと、テクノロジー犯罪の広報をしている時に「決して信じないわけではないけれど、証拠がないのではUFO問題以下だよ」と言われた事があるからです。

テクノロジー犯罪被害、UFO問題のどちらも「信じる人と信じない人がいる」という点に置いては同じです。しかし、UFOでは証拠写真などがありますが、被害に苦しめられている人がいる訳ではありません。一方テクノロジー犯罪では確固たる証拠はありませんが、酷い被害に苦しめられている人が沢山います。

また、UFOに関しては現場筋では隠蔽というか口にしてはいけないそうです。それは「そんなものがある訳ないだろう」などから来ているのだと思います。私は10年以上前だと思いますが一度だけ皇居の上空付近で見たことがあります。夜でしたが点滅しない光の玉が飛行機のように低空で横に移動していました。すると凄いスピードでジクザグに上昇した後に、さっきと同じような速度で横に移動していました。後日、知人に電話をした時に何故かその話が出て、知人も同じ時間に同じ場所で見たそうです。その知人とは1時間ほど前までは同じスタジオで音楽をしていて帰る途中だったわけです。


被害日記

13:39
朝6時半頃に突然目が覚めた。頭が異常に熱くて発熱でもしたかのような感じだった。身体には少し汗をかいていた。すぐに歌のリピート送信と声の送信で何かを喋っていたが「ざまあみろ」だけは良く覚えている。トイレに行ってから再度寝て、10時頃に目が覚めた。その時は異常な疲労感とすでに脳への攻撃をされているようで平衡感覚の変調と記憶障害が起きていた。

コーヒーを飲んだり、洗濯をしたりしながら日記の更新をしようと思ったが疲労感と共に無気力にされてしまい、何もする気になれない。とくに気持ちがスッキリしない。脳への攻撃のために考えが広がらなくなり、思考の八方塞がりのように何も考えられなくなってしまう。特に楽しい気持ちにならず、何処かに遊びに行くなどの楽しい事が頭に浮かばない。

非常に狭い、一定の範囲内での思考しか出来なくされている感じで、それに逆らって何かを考え出すとすぐに記憶を消されてしまったり、考えが纏まらなくなったりして気が付くと加害者の世界に引きずり込まれている。

文章を書くのにも苦労をするほど脳への攻撃が強い。視野が薄暗くて視力が落ちている。恐らく脳内もそのようにされているのだろう。

23:57
記憶の消去と声の送信や脳の操作などを併用した「考えること」、「意思決定への妨害」が酷く上記を書くのにも苦労している。キーボードを打ちながら次に書くことを思いつくとすぐに忘れさせられてしまう。書いている最中に内容に対して迷わせるような声の送信をされる。意思決定が出来なくなるような脳の操作もされている。

長い一日であったが、まず墓参り。手を合わせて何かを念じているとそれを声の送信でそのままそっくりなぞられてしまう。子供も一緒にいたので、二次被害として子供の学校行事などに参加出来ないので、子供は寂しい思いをしているだろうと思った。そんな所から周囲では確実に私は変人扱いされているだろうと思った。それと子供が被害を受けていないと言う保障はない。

夜は楽器の練習をした。その時も自動車を運転している時に酷い攻撃を受けた。やはり、何かマインドコントロール周波数と言うのがあり、催眠状態のような特殊な感覚にしてしまう何かがあると感じた。それが出力されている時とそうでない時があると思った。

練習中も色々とやられ、聞き捨てならない言葉と共に強く興奮する脳波を送られて強力に興奮させられたりした。肉体の疲労感や筋肉の痛み・硬直がなかったので信じられないくらい楽に身体が動いた。

帰宅後は余りにも攻撃が酷いので総理官邸に要望のメールを入れた。その後は何件かのメールを読んで、返信をしたのだが、強力な記憶の消去と意思決定を惑わす被害を受けさせられ時間が掛かってしまった。

まだ、執拗に攻撃をされている。声による脅迫も酷い。

24:20
上記アップ後に声の送信で「この地区で近年稀に見る笑い者にしてやるよ」と声の送信をされた。例えば、文章が箇条書きのようになっている事に対して加害者が指摘をすると、それが異常に気になってしまう被害というのがあり、それは無視をしてそのままアップした。

「笑い者にしてやる」

この言葉は最初から加害者が使っている言葉だ。

見えない敵、脳内音声を相手にしても無駄な時間を費やすだけだが、それが出来ないように執拗に幅広い攻撃を続けてくる。例えば、キーボードを打っている間だけ歌のリピート送信をする、呼吸に合わせて声の送信をする、などだ。いずれにしても加害者は武器の力を借りて偉そうな事を言っているだけの狂人だ。

その声の送信には、あらゆる感情の送信が伴い、無理やり加害者の意図した精神状態にされてしまう。例えば、悔しがるような言葉を投げた時には体感付きで悔しくてたまらない気持ちになり、腹が立つような言葉を投げてきた時には異常に腹が立ち心拍数が上がる、などの攻撃を途切れる事無く毎日続けている。

人間の遠隔操作犯罪は史上最悪の狂気の犯罪だ。

絶対に許してはならない。

14日1:59
とにかく脳への強い攻撃が続いている。

潜在意識を変えてしまうことも出来るようだ。

電磁波テロに関しては多くの被害者の方の広報が必要です。

寝る。

あなたならどうしますか

酷い人間の遠隔操作というテクノロジー攻撃を受け続け、絶え間なく苦しまされる毎日。人間として生きることは到底不可能で遠隔拉致監視をされたまま、テレパシー通信のようなもので常に加害者と会話をさせられてしまう。耐え難い苦痛であるので身近な人や知り合いに被害のことを話そうと考えると「その相手も被害者にするぞ」、「ご家族のことが心配にならないのか」、「お前は逆らいすぎだ、もっと酷い攻撃をされるぞ」などと声の送信で脅される。

実際に家族や身近なところに被害者を作られると言う話は聞きますし、自分もそれの部類に入っているとも考えられますし、この装置の恐ろしさは身を持って知っています。スイッチ一つで自殺・発狂に追い込める恐ろしい武器です。

さて、あなたがこのような状況に追い込まれたらどうしますか。


被害日記

11:04
朝7時少し前に何となく尿意で目が覚めたように思う。まどろみの中でイメージ映像の送信をされたので、それが夢のように感じた。恐らく一枚の絵とサブリミナル的な声の送信だったと思う。いずれにしてもトイレに行ってからもう一度寝ようと思っていたが、目を開けると声の送信で憎まれ口を聞かされ苛々と興奮させられた。尿意は消えてしまい「ざまあみろ、絶対に寝させるなよ、あいつ怒っているぞ」と聞かされた。

目覚めた時というのは心の中が静かなので加害行為に対して細かく感じ取ることが出来る。例えば、苛々と興奮させる操作の場合、心拍数が上がる、胸に圧迫感があり胃に負担が掛かっているように感じる、顔がこわばって力が入っているように感じる、脳内に加害者に対して腹を立てたという理由のようなものが認識できる、脳内が興奮する、などをすべて重ね合わせて微調整しながら一つの感情を作っているように思えた。

しかも、それらが自分の意思とか感情とは別に発生してるのも確かであり、下手をすると自分の感情とは別のところに送信されていて、それを自分の感情だと認識させるために途切れることなく続けているのではないか、とも思った。

いずれにしても、こんな犯罪がいつまでも野放しでは困ると言うことになる。

22:27
途切れることのない攻撃に苦しまされている。

今日は思考盗聴による楽器の演奏妨害について加害者が脅迫をして来たので腹が立った。そもそも、楽器で曲を演奏するというのは、表に出てくる音とは別に心の中でメロディーなどを歌っていなければならない。そうでなければアドリブは出来ない。その歌い方は個人によって違うわけで、それを教えているというのを聞いたことがない。

楽器の演奏中に心の中でどんな歌い方をして、どんな音が表に出ているのかを盗み取られてしまったら知的財産を盗みとられた事になってしまう。こんな被害に遭うまでは考えた事もないが音楽では脳の並列処理により色々な事をイメージしながら音を出している。加害者は、それを盗み取り真似をしたり、関係のないところで盗んだものを送信してくる。

基本的な演奏妨害は自分の好きに歌えないようにしてしまう事で、声の送信により演奏中にその曲のメロディーを聞かせてくる。メロディーは自分の心の中で歌っているので声の送信されてしまうとかき消されてしまう。それはどんなテンポでもきっちりと合わせて送信されてくる。そして、何処かで間違ったメロディーを送信されるので、つられてしまい何処を演奏しているのか判らなくされてしまう。

勿論、それに逆らって自分で歌い続けることは可能だが、今度は記憶障害などにより何処をやっているのか判らなくされてしまう。記憶障害が酷いと演奏にならない理由はいくつかある。まず、曲のメロディーそのものを思い出せなくされてしまうので、曲の全体像を思い浮かべて次にどんな展開になるのかを先にイメージすることが出来なくなる。次に、今演奏している場所が全体の中の何処なのかを判断する時に繰り返しの回数などを忘れてしまう。そして、リズムの連続性がわからなくなる。それと、たった今、演奏したフレーズなどを忘れてしまうので演奏の流れが不自然になる。などだ。

次の演奏妨害は、文字を読むときの「なぞり」と同じように自分が演奏する楽器の音に対して声の送信で上から被せるようにして「言葉」を聞かせてくる。練習であれば何百回も同じフレーズを繰り返すので、加害者は何百回でも「言葉」被せてくる。その言葉は思いつきであったり、嫌味であったりするが、非常にうっとうしく不快である。日常生活でも良く似たような事をやられる。

そして最後は演奏中に、私から盗み取ったフレーズを口真似で聞かせて来る声の送信で、声なので自分が閃いたアイデアとは到底思えないのだが、間違ってそれを演奏してしまう被害だ。声が良く聞こえる時と、わずかに聞こえている時とがあり、特に脳への攻撃が少なく快適に夢中で演奏している時に、何故か手順が合わなくなる変なフレーズを突如としてやってしまい手詰まりのようになってしまう事があり、変だと思っていたらその正体は声の送信だっと言うわけだ。

そんな中で練習をしていたら「また本番で嫌がらせをしてやれ」と脅迫をされ、その後に「あいつは歌っていない」と言われたのでカチンと来た。加害者が妨害をして歌えなくしているのに「歌っていない」とは何だと腹が立った。

そしてこの犯罪は

「辱めることを目的として集まった聴衆の前であなたは歌を歌うことが出来ますか」と言うことになり、他人に聞かせるためではなく心の中で歌った歌まで盗まれて貶されてしまう精神に対する暴力は、最後は考える内容にまでおよび、歌えなくなってしまうのと同じように、考える事も出来なくされてしまう恐ろしい犯罪なのである。

1:48
その後も被害は途切れない。

最近は脳の遠隔操作被害が多くなっているように感じる。記憶操作や感情操作。時々、メチャクチャな感情を数秒間隔で次々に送り付けられたりする。そして加害者は「どうだ参ったか」などと自慢をする。しかし、畳み掛けるような喋りの場合は加害者が興奮してタイミングを間違えてしまう時もある。

精神病の症状を正確に再現するように行われると聞いたことがあるが、本当にそうなのだと思う。

寝る。

同じことの繰り返し

8:41
記憶障害が激しいためか昨夜何時に就寝したか思い出せない。
朝、7時少し前にふくらはぎの筋肉が硬直してしまい目が覚める。非常に眠いので、そのまま横になっていると声の送信で何かを問いかけてくる。すると次に、それに対する答えも声の送信で聞かされる。まるで自分で考えて、自分で答えを出しているかのように感じる事もあるし、加害者と無理やり会話をさせられて加害者の問いかけに対して、あたかも自分で答えたかのように声の送信をされる事もある。それを一日中繰り返している。場合によっては「私達をバカにするな、もう守ってあげないぞ」なんて怒り出すこともある。

尿意があるのでとりあえず一度起きたが、再就寝するには時間がないのでそのまま起床とした。

11:59
音声送信はボリュームが小さいが歌のリピート送信が行われ、リアルタイム監視を示す声による干渉も途切れない。それよりも、嫌悪感や怒りはないのだが、ぼうっとした感じにされてしまい思考が一定しなくて困っている。自分が何をするべきなのかを探そうとして机に座るのだが落ち着きは出なくて、脳内で意識が探し物をしているような感じにされている。

12:40
そんな状態のまま昼食を食べながらネット閲覧をしていたが、やはり歌のリピート送信が気になり、しかも「なぞり」という文字を読む時に声の送信で同時読みをされる被害もあり、脳への攻撃が強いので読んだはずなのに理解出来ていないという状態にされている。そんな時はもう一度読むのだが、よほど強い意志を持って根気良く読みに行かないと集中力もなく全部読まないで諦めてしまう。しかし、呼吸困難にされたり、苛々させられると、根気良く読むなどという行為は出来ない。

「くるくるパーにしてあげようか」と脅迫をされている。

喘息のようにされ、腹にも空気が溜まって苦しくなってきた。

18:00
その喘息のような状態が長時間続くことは少ない。
それが長時間続くと拷問被害と言うことになる。

被害としては、ほぼ同じことの繰り返しで歌のリピート送信などにより呟かされ続けている。自分が何をすれば良いかが判らなくなってしまう被害が長時間続くと結構困る。例えば仕事で何をするべきか、優先順位はどれが先か、などを考えたいのだが、何も無い部屋の中をいくら探しても何も見つからない、という状態が脳内で起こっているように感じる訳でどうしても目的が思い浮かばない。

その後も被害は途切れないが、それほど強烈な攻撃を受けなかったので最悪の気分にはならずに済んでいる。ところがこの時間になり少し休んでいると急に何か苛々したような感覚になり、被害日記を更新することを想起させられたので更新をした。

23:15
やはり脳への攻撃が強く、記憶障害と放心状態のような意識が現実から少し離れてしまっているような感じの被害が継続している。例えば、傍で話をしている人がいても声は聞こえているのだが、ただ聞こえているだけで反応できないような感じとでも言うか、脳の一部が眠っているような麻痺しているような感じだ。

においを感じない被害、作られたにおいを感じさせられる被害、平衡感覚の変調、音声送信と脳の操作により呟かずにはいられなくなる被害が日常化している。これらは激しい怒りや苦痛を伴わなくても強度の被害と言えるだろう。

夜はサウナへ行っていたが、お腹に空気を溜められる被害を執拗に受けさせられ続けた。ゲップを出したくなるのだが、筋肉の操作で食道か何かを締め付けられているようで出すことが出来ない。「ざまあみろ、悔しかったら出してみろ」と加害者が憎まれ口を言う。おならに対する操作もこれと同じようにされる。

日記の更新を始めたら首の後ろと肩が痛くなった。

24:57
「まあ、せいぜい苦しめ」と加害者が言う。

脳を締め付けられるような攻撃もされている。

暴れ出したくなるパニック信号も送られている。

やはり脳機能を奪い取る犯罪は殺人と同じだと思う。それだけに加害者も罪の重さをしっているので攻撃を止められないのだろう。しかも、重大な犯罪、テロだから。犠牲者はたまったものではない。

寝る。

追記、余りにも攻撃が激しいので下記文章でイーガブから要望を入れた。

【ブレイン・マシーンインターフェイス(BMI)技術の悪用、流用、利用の制限及び禁止行為立法化のお願い】

ブレイン・マシーンインターフェイス(BMI)技術の利用、流用、悪用に関して、
早急に法整備をして頂きたいと思います。

悪用に関しては、「内心の自由」を犯される被害が必ずおこると懸念されており、
東京大学でも新しい学問として、どう対処して行くかが研究されています。

早急に『「内心の自由」を犯す事は犯罪である』と法律で定めて下さい。
そして、犯罪者を逮捕して下さい。
且つ他の被害も起こるであろうBMI技術を悪用した犯罪の、法整備を順々に行って下さい。

是非宜しくお願い致します。

しかし、加害者は攻撃を強くすることは合っても止めることはない。「無駄な抵抗はよせ、素直に従え」といつも言っている。

さて始まった寝させない拷問

3:22
寝る前は歌のリピート送信、声による脅迫、お腹に空気が溜まり苦しくなる攻撃、思考能力の極度に落ちる攻撃、頭痛、吐き気、発熱感、首の硬直、肩の痛みなど激しく攻撃をされていた。テクノロジーで眠らされた後は、一時間で無理やり起される。そして「拝みやに逆らうな」、「拝みやの気持ちを知れ」、「お前を殺したがっている奴はそこら中にいるぞ」、「まだ判らないのなら、もっと痛くしてあげよう」と集中的に声で攻め立てられた。

今は、記憶を瞬時に消される被害と思考能力の低下を起され、頭痛と顔が痛くてたまらない。かなりの痛みだ。パソコンのスイッチを入れるとハングしたので携帯電話から被害報告をしようとするとやっとパソコンが動き出した。日記の更新を始めると「お前だけは絶対に許さない」、「他の被害者はもっと被害が軽いぞ」、「他の被害者は許してやるがお前は許さない」と執拗に嫌味と脅迫を続けている。

余りにも攻撃が酷いので国家公安委員会・警察庁にイーガブから要望を入れた。

このように徹底的に攻撃をして被害者を黙らせてしまう攻撃は良く知られている。たの被害者の方も被害がなくなるまで政府に要望を出すべきです。出来れば、その内容と日時も記録して置くと良いでしょう。

かなり強度の拷問を受けています。

8:30
その後、最就寝したのが4時を過ぎていたかも知れない。何しろ頭痛と顔面痛が酷く、尚且つ鼻の横を執拗に痒くさせるので寝られない。やっと寝たと思うと8時前に目が覚め、迷わず起床する気持ちになってしまったのでそのまま起きた。異常な疲労感があり、顔の右半分と耳の中が痛い。声の送信は言葉では説明できない「陰湿ないやらしい」感じで執拗に行動を抑制するための脅迫を続けた。

また、瞬時に記憶を消された。

呼吸困難、眩暈を起され歌のリピート送信と声による醜い憎まれ口による攻撃が朝から強烈だ。お腹も空気でパンパン、その攻撃の種類の多さだけでパニックになっしまうほどだ。しかも、精神状態の操作もされているので苛々して不快でならない。

電磁波犯罪はテロだ。

13:16
その後は出社をして仕事を先に片付けて被害関係の連絡をメールで行った。その間は歌のリピート送信が延々と行われていて今も続いている。声の送信による醜い発想の嫌みと脅迫も途切れる事はない。昼には終了して弁当を食べながら被害者のブログを急いで読んだ。その他の被害は平衡感覚の違和感と放心状態のような現実感を薄くする操作が起床時から続いている。顔や頭の痛みはかなり弱くなっているがまだ痛い。食後は当然お腹に空気を貯められる。やや疲労感と眠気があり、これが被害との区別が付いていない。

この加害者の異常性というのは、痰が絡む被害を受けさせて咳払いのようなものをすると、それに合わせて声の送信で何かを喋ったりするところだが、呼吸に合わせて声の送信をされることも良くあり、非常にうっとうしい。

それにしても昨夜から今朝にかけては良くやってくれたと思う。

18:51
その後も歌のリピート送信と声による干渉は全く途切れる事無く続いている。苛々させられたり、痛い、苦しいなどの攻撃がそれほどなかったので少しは気が楽だった。しかし、仕事をしようと言う気持ちが起きないので困っていた。

加害者は盛んに「他の人達は仕事なんかしないで遊んでいるぞ」と私に言ってくる。17時を過ぎたところから状況が一転して最悪の状態にされてしまう。たまたま、なんとなく現場を通りかかった時に他の人の怠慢を発見した。その時点では心にゆとりがあったので「何ををやっているんだ」と笑える余裕があり、周囲の人達との間にも違和感がなく自然に和んでいた。それどころか冗談の一つも出そうなくらいの雰囲気だった。

しかし、その職務怠慢の尻拭いと言うわけではないが、ひとつ仕事をしなくてはならなくなってしまったので早速始めた。すると急に精神状態を悪くされ、異常な緊張感と共に思考能力が低下して周囲の人達との隔たりを強く感じ出した。絶対に職場の人とは和ませない操作をされているので「また始まったか」と思ったが、電磁波で精神の操作をされると全く無抵抗となり、されるがままになってしまう。

そんな中で1人で仕事を始めたのだが、平衡感覚を悪くされ全身の筋肉が硬くなり動きが変になる。記憶障害も激しくされたので数字を読み取り、右から左へ書き写すだけなのに間違えてしまう。勿論、声の送信では引っ切り無しに間違いを誘発させるように喋り続けている。心にゆとりは全くなってしまい、周囲の人が普通に話しているので緊張をほぐすために何か喋ろうとしたが全く話の中に入れなかったし、自分から話掛けることも出来なくされた。従って、顔を強ばらせ、無口で無愛想で、動きの遅い運動神経の鈍い、変な人間を無理やり演じさせられながら、ひたすらその苦痛に耐えながら仕事を何とかこなした。その間に周囲で笑いが起きると自分が笑われているのではと感じてしまい、居た堪れなくなってしまうのは説明するまでもない。

人格改造とはこのように行われ、その被害を口にすれば精神病だと言われるしくみになっている。悪いのはテクノロジーを理解できない世間ではなく、テロ組織である。

そして、この被害報告を書いている最中も周囲の音がほとんど聞こえなくなり、世間から乖離してしまったような雰囲気を作られ、加害者は脳内音声で私を包み込んでしまうようにして、憎まれ口や無口な被害者にしようとする洗脳のような行為を続けていた。呼吸困難や鼓膜が詰まったような感じ、重力が強くなったような感じなどの苦痛に襲われていた。

24:49
夕方は職場でとにかく酷い目に遇わされた。首の後ろの硬直とパルス的な眩暈と意識喪失のような状態を作られ、人と目を合わせて話しが出来ないほどだった。そのようにして社内での評判を悪くされ続ける訳だ。

夕食後は腹に空気が溜まり苦しくて大変だった。被害者の方に電話をした時には胸に強い圧迫感が発生して、気管が締め付けられているようで喘息のように呼吸困難にさせられた。脳への攻撃も途切れる事無く続けられ、記憶障害と平衡感覚の違和感が続いている。

最近は、思考の途中でスイッチを切り替えたの如く、別の事を考えている事がしばしばある。それは自分の意思でないことは明確で、文書を読んでいる時に大切な部分になると声の送信と共に思考が「読解する」という所から関係のない所にいってしまっている。すぐに気が付く時が多いが、読んでいる最中に何度もやられる。

これらを精神病の症状として説明するのは簡単かも知れない。

しかし、電磁波による脳の操作として説明するのは容易ではない。

寝る。

朝から人格改造をされる

9:18
昨夜は就寝が2時頃だったが、6時半にうなされていたような、すごく嫌な気持ちで目が覚めた。歌のリピート送信で目が覚めたと記憶している。そしてすぐに声で暗示に掛けるような事を聞かされた。7時過ぎには再就寝できたが、8時半には目覚ましで起きた。すぐに声による「なぞり」と脅迫が始まったが無視をする。

コーヒーを飲んでいると味が苦くなり、タバコの味も苦い。出社しようとすると左右の目が逆転したような感じになり平衡感覚の変調が起き、著しい不快感に襲われる。当然、その顔と気持ちで職場の人と接するわけである。「益々もって職場の嫌われ者になって行く」と加害者が声の送信で追い討ちを掛ける。軽い頭痛と筋肉の痛みも発生している。

これでは確かに朝の清々しい気持ちで挨拶は出来ないし、笑いが出るどころか相手に不快感をぶつけることにもなりかねない。「いつも不機嫌で無口で笑いのない人」に仕立てられてしまう。

10日1:11
この時間まで更新しなかったのは珍しいことだ。
仕事はやや手が空いてきている。電磁界計測やその後の処理などに時間が掛かっている。何故かメールを出すだけでもすごい時間が掛かってしまう。加害者は何をするにも落ち着かないように様々な攻撃を執拗に行い、すぐに終わることでも何倍も時間が掛かってしまう。

被害としては音声送信はボリュームが小さく、歌のリピート送信は途切れている時間があったのかも知れない。それは歌のリピート送信が苦痛でたまらないと言う記憶がないからだ。しかし、声による内面への干渉や言動には執拗に干渉され続けた。

脳への攻撃は記憶障害と平衡感覚の違和感が多く、瞬時に記憶を消されてしまう被害は多い。それと午後のメインは眠くて、だるくて無気力になってしまう。腰くだけのようになり背中が丸くなってしまう被害だ。また、放心状態のようにされてしまい、クリアな思考で目の前に意識が集中するのではなく、脳の半分が眠っているような別の世界に行っているような感じが続いた。首の後ろや背骨の違和感も酷く不快にされている。

夜は食事の後にお腹が空気でパンパンになり苦しくて大変だった。被害者の方に電話をしたりしたが、その時には痰が絡んで、喉を締め付けられ喋るのに苦労した。その後は頭痛が酷く何もやる気がしないので横になってテレビを見ていると急に眠くなり目が開いていられなくなったので眠ろうとすると顔などを執拗に痒くさせるという得意のパターンでやられた。

頭痛は顔の右半分も痛く、今も続いている。

測定写真5020

前回は測定器の仕様書の不備で低周波が計れない事を知らなかったのだが、今回は低周波も測定出来るということが確認できた。しかし、0Hz付近はノイズが大きいという事らしいので、しかもこんなに大きな値が出ること自体普通ではないので、確認を進めている。11.0Hzで2.202mTという値が出ている。これから場所を変えて測定したいと思っているが自分の感覚では、いつ何処でも測定できそうな感じだ。従って誤測定、ノイズの可能性もある。

スペアナ波形

参考までに波形をパソコンで表示してみた。カラーのグラフの上にあるのが波形で、上の写真とは測定パラメータが違うが11Hzあたりのピークの波形の参考にはなる。

2:15
何か、脳への攻撃を受けていると何をしていたのか判らないが時間が経っている、というような事が多い。まるで、妨害をして寝る時間まで操作しているのかと思ってしまうほどだ。とりあえず、顔と頭の右半分が結構な痛さで、耳の中も首から肩も右が痛い。声による脅迫も絶えないが一応すべて無視している。

拷問というかリンチというか。

寝る。

最近の被害傾向

12:20
音声送信は歌のリピート、声による喋り、ともに途切れることがないが音量が小さくなっている。脳への攻撃としては記憶障害、平衡感覚の変調が多い。それと視覚操作として左右の目が逆転したような利目が入れ替わったような感じの違和感や視力が急に落ちたり、視野が薄暗くなって解像度が落ちたような被害、味覚・嗅覚、イメージ映像の挿入、筋肉の痛みや締め付け硬直、お腹に空気が溜まる操作も頻繁に起きている。精神状態の操作は嫌悪感、怒り、などが頻繁に行われている。いま記憶障害を起されているので細かく思い出せない。

ところで視覚操作として視界が薄暗くなっている時の状態は脳の半分しか機能していないように感じたことがあった。もう一つは片方の目に網掛けのような映像を送りつけているようにも感じた。どうやっているのか考えるのも面倒だし知識がないので恐らく脳機能の低下をさせているのだと思っている。

それと脳への攻撃では考える事が出来なくなる思考停止のような状態にされることがあり、通常の判断や認識は出来るのだが記憶の中から何かを思い出そうとしても異常に時間が掛かってしまい、目の前の現実以外に対処することが出来なくなってしまう。加害者が何かのキーワードを聞かせてきて「思い出してみろ」というが全く脳が働かない状態にされてしまう。

それと何か思いついたり、これから日記に書こうと思っていた事を瞬時に忘れさせられてしまう。後は首の後ろの硬直であり、後頭部の違和感と共に著しい不快感となっている。

常に思うのはそう言った脳の操作というのはパルス幅や間隔を制御することにより違った感覚を生み出しているのではと言うことだ。また、自分の思考と加害者が挿入した思考の区別が付かなくなる場合も多い。なぜなら、思考の挿入は声による喋りだけではないからだ。

今日も寝起きから、それこそ口汚い罵りと脅迫を浴びせられ、記憶障害を起され、筋肉を痛くされている。こんな犯罪が「精神病だ」という決め付けの下に調査もせずに野放しにされている現状に対して恥ずかしいと思う人はいないのだろうか。

14:01
いま高速道路のパーキングにいる。雲空で日差しはない。ふと数十メートル離れた所に止まっているアルミパネルのトラックを見ると、凹凸で横縞になっている部分だけがテレビの砂嵐のようにチカチカして見えた。他のトラックをみたが全部同じように見えたので念のため写真を一枚撮った。

24:14
帰宅した。
トラックのアルミパネルの部分だけが変に見える現象は、恐らく過去には無いと思うのだが、なぜそんな事に気が付いたのか、目の錯覚ではないのか、などと考えていた。しかし、次のパーキングに入った時にやはりトラックが止まっていたので見てみると同じようにテレビの砂嵐のように見え、更にその部分が手前に来ているように遠近感まで狂っていた。その時点ではまだ目の錯覚と思っていたが、なんと加害者が声の送信で「その目だけは治してあげよう」と聞かせ、すぐに普通に見えるようになった。

やはり被害と関係があったのだ。アルミは反光沢のようなもので、想像するに10センチ間隔で3センチほどの強度を出すための凸出しがあり、それが横方向に縞になっている。曇り空なので日差しは無い。それとアルミパネルに対して90度の向きに立つと一番良く砂嵐が見えた。距離は30メートルから100メートル以内くらいで遠い方が砂嵐のようにチラチラと動いて見えた。近くても、遠くても砂嵐の大きさは変わらない。

その後は都内のスタジオに音楽をやりに向かった。スタジオに入ると最初は楽器の音に合わせて替え歌のように聞かせる声の送信がほとんど聞こえなかったのでほっとしたが、その音楽の音や見た感じがパラノイアのような、上手く説明出来ないが、現実味のない別世界を感じた。それに関しては想像だが、音楽を言語のように聞かせようとしているのかと思った。もし、脳が音楽を言語として聞いてしまったら理解出来ないので幼児の世界のようなパラノイアに感じると思う。

次第に楽器の音に被さって声の送信が始まり、ついでに苛々させられ不快感が酷くなった。自分の演奏の時にはまともに演奏をさせない各種攻撃をされ酷い目に遭わされた。結局、一曲を通して良い感じの演奏は出来なかった。加害者は執拗に攻め込んで来て「そろそろ降参しろ」、「まともな演奏がしたかったら参ったと言え」などと演奏中に声を聞かせて来た。本当に酷いやり方だと思う。

結局、スタジオにいても他人の演奏を聞くことが出来ないし、記憶障害のために新しく曲を覚える事が出来ないし、参考にするために自宅でCDなどを聞く事も出来なくなり、それでも諦めずに練習を続けているが本番で演奏妨害をされ続けている。そして被害を口にすれば精神病扱いとなればその怒りはただ事ではない。

そんな事を考えていると急に落ち込みそうになるが、加害者がその精神状態を感知すると声の送信で攻めてくるので「全く悔しくはない、事実上達している」と心の中で言い返す。

結局、被害を受けていない人達との接触は浅くなり、阻害感というか脳への攻撃のために心を無理やり加害者の世界へ持って行かれたままスタジオを後にした。しかし、仲間が決して冷たい対応はしないので助かっている。

オートバイに乗り帰る時にも歌のリピート送信や声による干渉は途切れない。風を切るヘルメットの中でも特に送信ボリュームを上げることなく脳内音声は聞こえる。それはヘッドフォンで大きな音で音楽を聞いていても同じだ。以前に決して値段の安くないヘッドフォンを腹を立てて叩き壊したのを思い出した。その後にそれよりも値段の高いヘッドフォンを買ったが今は使っていない。

本当に酷い話だが、それは他の被害者でも同じだと思う。

9日1:54
上記アップ後にかなり攻撃が強くなった。

寝る。

新しい人権侵害について考える時代

テクノロジー犯罪と言われている人間の遠隔操作は決して新しくは無いのだが、ここ数年間に被害者が急増している。にも関わらず社会には認知されていないので新しい人権侵害と言うより他にない。ひと口に人権侵害と言っても範囲は様々であり、テクノロジー犯罪被害を人権侵害だけで捕らえる訳には行かないと思うが、まず、人権侵害という形でプライバシーの侵害や幸福追求権の侵害、電磁波などの武器による目に見えない形での暴力というように一般の非被害者の方には理解して頂ければと思います。

テクノロジーの進化に伴い人々の生活を脅かしている例は探せば身近な所に沢山あると思うが、広報をして騒がなければ当事者以外は誰も知らないと言うことになってしまうだろう。

身近な例で言えば赤外線のビデオカメラを使用した場合衣服が透けてしまう事があるとか、盗聴器を仕掛けなくても窓ガラスにレーザーを当てるとその反射で室内の音が聞こえてしまう、などがテレビて報道されている。その他ではテラヘルツと言われる高周波のカメラを使うとエックス線と同じように色々な物が透けて見え、しかも、人間の健康被害がないらしいので空港のゲートなどで人間を透かして見ているらしい。

隠蔽されたテクノロジーを悪用のみに使っているのがテクノロジー犯罪であり、その被害実態は信じられないくらい悲惨なもだ。これからはそう言った犯罪被害についても一般で考える時代だと思います。


被害日記

15:42
朝は8時半に目が覚めてしまい、いきなり高低様々なノイズを聞かせられ「さあて、どうする寝るかな、起きるかな」と声の送信をされたが、起きることにすると「偉い!」なんて言われた。多少腹が立ったが起床してゆっくりとコーヒーを飲んだ。しかし、味を変な味に変えられてしまい不味かったのだが、美味しい味をイメージして全部飲んだ。

その後は何をしていたのか覚えていないが、一時、かなり強く脳を攻撃されたような記憶がある。昼から楽器の練習があるので11時頃に家を出て食事をしてから練習をしてさっき帰宅をした。そのために日記の更新が遅れてしまった。楽器の練習でも妨害をされヒステリーを起す寸前まで追いやられた。

何が問題となったかと言うと、楽器でリズムの練習をしているとそこに脳内音声でそのテンポに合わせて考えてもいない曲のメロディーを送信されてしまい、いくらテンポをずらしてもそれに追従されてしまうので無理やりその曲を演奏させられてしまっているように感じて、それに反発したのだが、音声送信が止まらないのでそれが嫌なら練習を止めるしかない、という所まで行ってしまい練習を中断する事になってしまった。

これは遠隔操作を逃れたいと思うのなら自殺するしかないというのと同じなので大変なストレスとなり、武器を使って無理やり被害者を服従させようとする加害者の強引なやり方にキレたわけである。実際には、このような行為は途切れるなく続けられているので我慢をしているが、時たまキレる。

因みに、音楽に対する妨害は特に酷くここ一年以上の間、音楽を聞くことはなくなってしまった。その他、本を読んだり、仕事やその他で深く物事を考えたり計算したりすることもなくなっている。それらは加害者により奪い取られている。実際には自由に生きると言うことすべてを奪われている。

本当に酷いやり方であり武器による暴力そのものだ。

24:14
その後は、雑用をしていると夜になってしまった。その間に一度強い攻撃に遭い短時間であったが、かなり苦しまされた。頭部圧迫感、首の硬直、呼吸困難、思考異常、肩などの筋肉の痛み、平衡感覚の変調、強い嫌悪感、異常な興奮、腹に空気が溜まる、などをミックスした激しいもので良くやられている攻撃だ。

夜は外食を兼ねて喫茶店に行き知人と話しをした。「良く考えて書きな、その知人が被害者になるぞ」と今、加害者から脅迫が入った。その手の脅迫はかなり多く、私と接触している非被害者に関しては、被害者にしてやる、とか、加害者の仲間だ、などと言われるのは良くあるので下手をすると誰とも接触できなくなるし被害の話を誰にも出来なくなってしまう。今も被害は継続しているし、日記の更新を始めると被害が強くなった。

喫茶店から帰ると少し時間があったので新潟に行っていた時の自分の音楽の演奏を録音したものを全部聞いた。決して良い出来ではないが二ヶ月ぶりなので3曲ほどサイトにアップした。今日は右手と右肩の筋肉が痛い。昨日だったか左膝の痛みはなくなっている。

途切れる事無く攻撃は続いている。

この人権侵害は酷すぎると思う。

加害者は今も「うんと苦しめ、悔しがれ、悔しければ広報をしろ、その代わりに罪を償わせてやる」と声の送信をしている。罪を償うのは加害者の方であり、いつまでもやりたい放題は続かないと思う。

8日1:45
各種被害は継続している。
それほど激しくはないが、平衡感覚の変調を多用している。

寝る。

マインドコントロールは人格改造を生む

9:47
今は頭痛がしていて、やや平衡感覚と思考に変調を来たしている。それと、左の膝の内側が手のひらくらいの範囲でヒリヒリ痛く、内部の筋肉も痛い。音声送信のボリュームは小さく声の送信と歌のリピート送信は行われているが聞こえたり、聞こえなかったり頻繁に繰り返されている。日記を書き出すと首が硬直して目眩がして、急にパニックのように興奮させられる。パニック信号が送られて来たのだと思う。

昨日は寝るまで激しい攻撃が続いていたので大変だった。就寝は2時だったが朝6時に目が覚め、何か暗示か脅迫の声を聞かされていたようだ。その後は7時から8時までの一時間だけ寝た。起床時も声の送信はされていたが、脳への攻撃が少なかったと思う。なぜなら、考えることが出来たからだ。

自分の自然な脳の状態とはこういうものか、と久しぶりに感じた。コーヒーを入れて飲んでいる時に味を感じることが出来て、自分が今飲んでいる豆はどんな豆なのか、そんな事を考えられた。たったこれだけのことだが、かなり長い期間、例えば今年に入ってから一日もそんな余裕はなかった。起床するとすぐに歌のリピート送信と声による干渉が始まり、筋肉の痛み、記憶障害、味覚障害などにより追い立てられて全く人間らしい生活など出来ていなかった。勿論、今も人間らしさを取り戻してはいないがコーヒーを味わうゆとりすら無かったわけだ。

そして、改めて感じたのがマインドコントロールであり、脳をまともに考えることの出来ない状態にされ、次から次へと声の送信で何かを考えさせられて、それに対する答えまでも聞かされ、自分で考える隙間が全くない状態であった。そして激しい不快感の中で延々と生活をしていた。全く自然な現実を感じ取ることが出来なかったのである。

コーヒーは二杯目からは味が変になってしまったが、そんな事を感じた朝だった。職場に行ってからも普段よりは、まともな状態であり周囲の雰囲気を少し感じ取ることが出来た。

今もマインドコントロールの影響下にあるわけだが、本来の私ではない状態が続いているので、それを見ている人は別の人を見ている事になるのだろう。

12:38
被害が多少弱くなっていたので、視界がクリアーでスッキリして、温度や湿度をはじめとした周囲の雰囲気を肌で感じ取る事が出来た。人を見ても強い嫌悪感はなく自然に振舞えた。まるで今までとは違う世界だ。まだ攻撃が続いているので完全に自然な状態ではないが、逆に今までの状態が如何に酷い状態でよくやっていられたと思った。

その代わりの被害として左膝の痛みは筋肉が痛く、歩くのに支障を来たすし、右の肩の後ろも痛い。頭痛もしている。勿論、弱いが音声送信も続いている。

しかし、昼休みにブログの閲覧をしていると脳に変調を来たし、読解力が低下して視野もやや薄暗くなって、無気力になり何もしたくなくなってしまった。考えることの自由も奪われていて、「また始まったか」と思っている

18:15
午後は電磁界の測定器をいじったりしていたが、急に攻撃が強くなりパニックスイッチでも入ったかのように落ち着きがなくなり、暴れ出したくなる衝動に駆られて大変な思いをした。呼吸困難や目眩、激しい嫌悪感などにも襲われメチャクチャにされてしまった。しかし、最後は我慢して無視をすることにより対処している。我慢すると言うことは激しいストレスを飲むということになる。

いま考えてみると何故かあっというまに時間が経ってしまったような感じだ。歌のリピート送信や声による干渉、頭部圧迫感、首の後ろの硬直、思考能力の低下などが続いていて開放感は全くない。

左膝の痛みは結構なものでまともに歩けない状態が続いている。その痛みも遠隔から増減できる。

とにかく不快で不自由であり腹立たしい。こんな酷い非人間的な拉致拷問がまかり通る世の中では困る。

7日2:14
夜は楽器の練習に行ったが、やはり陰湿極まりない攻撃をされ苛々して暴れたくなる衝動を何度も起された。やはり脳への攻撃で集中力が出なくなっているのだと思った。妨害としては、両方の鼓膜が詰まったようになり高い音が煩く聞こえてやりずらい。よくやられる手口であり、まるでステレオアンプのトーンコントロールで音調整をしているようで、低い音を増強したりも出来るし、響き具合の調整や一歩間違うと部屋の反対側の角の音を聞かされているのではないかと思うくらい音の距離感が変わって聞こえる。

とにかく記憶障害や思考麻痺のようにされて何度も練習を中断させられた。また、唇を吸い込むようにして噛んでしまう被害も続いていた。帰りの車の中でも苛々させられてしまい大変な思いをしてやっとの思いで帰宅した。

声の送信もかなり悪質になり、なんとしてもやっつけてやりたいと言った感じが伝わってきた。その後は低周波の磁界測定をやっていたが、測定を始めると加害者が「やめろ」と言って攻撃を強める傾向がある。

筋肉の痛みなどもかなり追加されている。

この極悪犯罪は被害者が協力をして広報をするべきだと思う。

あまりにも眠くて頭が回らないのでここでまでにする。

寝る。

最近拍手が増えています

個人的な被害日記でありますので、その目的は電磁波犯罪の被害を受けていると言うことを少しでも多くの方に知ってもらうことですが、24時間途切れることのない攻撃を仕掛けてくる極悪テロリストと戦っているいますので、やはり拍手や応援のコメントを頂くと心強いものがあります。そう言った方が多くいらっしゃると言うことは同じ被害者が多く存在しているという証拠にもなります。いつも応援してくださりありがとうございます。


被害日記

8:36
この所、脳に対する攻撃が激しくなっているように思う。昨夜もかなり強力にやられていたために、行動に時間が掛かり就寝が遅くなってしまった。3時を過ぎていたと思う。しかし、朝は7時に起されてしまい「ざまあみろ、さあこれからもう一度寝るのかな」などと陰湿かつ低俗を極める声の送信を執拗にされたので起床とした。その間には喘息を起されるという被害も起きていた。

すでに、歌のリピート送信、鼓膜が詰まったような感じ、キーンという音、後頭部、首の違和感、記憶の消去、筋肉の操作による痛みコリ、平衡感覚の変調、全身への痒み被害が発生している。

13:28
起床時から上記のような被害が継続しているので著しく不自由、不快となっている。朝、職場で人に会っても不快に気分なので挨拶をした後の会話などはない。また、会議などをしていてもリアルタイム監視により細々とした攻撃を受けるので本来の自分の姿ではなく、能力も発揮できないのですべてに置いて不本意となっている。

平衡感覚の変調と記憶障害、後頭部と首の後ろの違和感により「気の力」が落ちているような状態なので弱気と言っては何だが、すべてに置いて不快であり活力が出ない。うつ病のようにも感じるが、加害者は人間機能の変調というのが得意なので、脳の一部が眠っているが、別の部分は興奮しているようなアンバランスな状態を作り出されているのだと思う。例えば痛みなども右半身だけに起こすなどのやり方と似ている。

15:57
相変わらず脳を遠隔拉致された状態であり、歌のリピート送信も含めて途切れる事無く被害が継続されている。その変質的な攻撃は、電話を掛ける時にFAXの番号を声で聞かされて間違えてダイヤルしてしまう。ドアを開けて右へ曲がる瞬間に目眩と筋肉の操作で転びそうになる、電話で話していると舌が上手く動かなくなり変な発音にされたり、大切な事を話そうとすると急に頭に膜が掛かったみたいになり気後れして喋れなくなってしまう、荷物を出す時に宛名を書こうとすると急に目眩がして字が歪んでしまう、気管がいがらっぽくなって咳が出る、など細々と続けられる。

当然、脳機能の低下も継続しているために、記憶力が低下していて仕事に著しく支障を来たしている。それは、継続的な記憶障害の他に、ある瞬間を狙って記憶を消され自分が何をするのかさえ判らなくされてしまう。

加害者は「心底参ったと言うまで攻撃を続けてやる」と脅迫をしている。

18:43
今日は歌のリピート送信が、ほぼ12時間止まらずに記憶障害など脳への攻撃も続けられ、何かをしようとすると全く落ち着きも集中力もなくなってしまい何も出来なかった。最近はまともに喋れなくされている。加害者は武器の力を持っているだけなのに被害者をなめ切った声を聞かせ続けている。「お医者にいかせろ」、「この苦痛に耐え切れ」、「お前、ここに住めなくなるぞ」、「バカ、笑われろ」などだ。

こんなの絶対に許せない。

ここまでやられると自殺してしまう被害者の気持ちがわかる。

見えない敵にやりたい放題やられ、やり場の無い強い怒りに駆られストレスだ溜まる。自殺誘導というのがあるが、耐え難い苦痛を受けさせられながら「顔だけ笑っている」状態にもされている。加害者は1人残らず死刑になって欲しいと強く願っている。

24:31
その後も執拗に攻撃が続いている。
夜は楽器の練習をしに行ったが、やはり妨害をされた。首の後ろの硬直と脳の芯が痺れたような感じが続き、後半は脳への攻撃が強くなり、自分の意思の通りに身体が動かなくなり苦労した。最後はお決まりの「暴れ出したくなる衝動」まで起された。

そのように強弱はあるが苛々してヒステリーを起しそうな嫌な感じがずっと続いている。帰宅後は一時歌のリピート送信が弱くなったが、テレビを見ていると字幕などが読めなくなったり、急に眠くなり眼球が痛くて目を開いていられなくなった。その後は呼吸困難を起され苦しまされた。

加害者が「早く法務省に広報しろ」、「どうした悔しければ広報してみろ」と挑発したのでイーガブから要望を入れた。すると急に加害者が半狂乱のようになり声の送信でメチャクチャに罵られ、強い眩暈と思考異常と筋肉の痛みを起された。

7月の末からこのような状態が続いている。

6日1:46
後頭部と首の後ろの強い違和感が続いている。歌のリピート送信も延々と続けられ呼吸困難にもされている。テクノロジーによる遠隔操作で殺人が出来ることを身を持って感じているので加害者に「窒息死させてやる」なんて言われると怖くなってしまう。

また、暴れ出したくなる衝動ではなく、静かに「かわいそうだから許してやる」、「痛々しい、戦い疲れて、痛々しい」と言いながら攻撃はやめないで、頭を壁などにぶつける所のイメージ映像を執拗に送り付けてくる。そう言った手法の自殺誘導もあるのだと思った。

本当に極悪、殺意の塊だ。

寝る。

脳内音声による執拗な洗脳行為

音声送信の声による語りかけとはどんなものですか、と聞かれてもすぐには答えられない。代表的なのは第三者が遠くから見ていて自分の言動に対しての実況解説を嫌みを交えながら聞かせるもので、例えば室内であれば外部から見聞きされることがないのが常識なので、声が聞こえる事の非常識さよりも、そのプライバシーを奪い取られてしまっている事の非常識さに驚かされ未体験の不快感に晒される。

更には、声には出さない自分の内面にまで介入されてしまい考えた事に対して執拗な言及をされ続けるようになる。その言及は大変に細かく、「それで良いのか」、「もし、こうなったらどうする」、「それでは他人に笑われてしまうよ」、「他の人はこうしているよ」などのように不安にさせたり、意思決定を躊躇させたりする。

また、悩み事を作らせるための問題を執拗に語りかけてくるので、普段自分では意識していない、考えたいと思わない事を無理やり考えさせられてしまう。それが一つの事に対して執拗に行われる場合と、あらゆる方面から根拠のない、しかし、絶対に有り得ないと否定は出来ないような作り話を聞かせて不安にさせ言動の抑制をして来る。

従って途切れる事無く続けられる声による語り掛けは、結果的に思想の変化や人間性の変化として影響を来たし、被害者の日常生活に現れてしまうわけだが、声が導く方向は目立って一つの方向性があると言うよりは、すべてを中に閉じ込めてしまい八方塞がりのように身動きが取れない状態に追い込む傾向が強いように感じる。それには脳の操作と精神状態の操作が併せて行われている事も忘れてはならない。


被害日記

11:07
昨夜は、想像力が低下して考える事が出来なくなる、思考の自由を奪われる攻撃と強い倦怠感が続いていたのでかなり多くの時間を無駄にしていた。就寝は2時を過ぎていたと思う。夜中に一度も目が覚めることなく朝8時にセットしていた目覚まし時計の音が鳴るまで寝ていた。睡眠時間は6時間に満たないが途中覚醒がないのは本当に久しぶりだと思う。起床後は不自然に眠さと疲労感が酷かったのだが、耳元でささやくような声で語りかけが始まり、執拗であったので上記タイトルを思いついた。

その後は、記憶障害とか平衡感覚の変調や首の硬直などが次第に強まり、小さく静かな歌のリピート送信と声による実況解説が行われている。声では細々とした内容にまで言及をされるので、こう言った文章を書くときにも考えさせられてしまう事が多い。しかし、それらは全て加害者により作られたものではなく、被害者の性格に合わせて調整されているのだと思う。

18:53
その後も、ボリュームは小さいが歌のリピート送信と声による干渉、頭部圧迫感と首の後ろの硬直、平衡感覚の違和感と記憶障害を受けながら仕事をした。やや、軽度であったが、16時過ぎくらいから電磁界の測定を始めると、ガイドラインを大きく超えた値が計測された。その為か知らないが急に攻撃が酷くなり、節々の痛みと強く脳を攻撃されていると言う体感などがあり、強い苦痛となっている。思考能力の低下が酷く、開放感と安堵感が全くない。鼓膜が詰まったようにもなっている。なぜか頭部が熱くなっているような感じだ。

11.6Hzで1.674T
10から20ヘルツの磁界

この測定値は前回知らずに周波数範囲を広げるオプションを付けたので正確な値が出ませんでした。そこで今回は周波数範囲を下げている機種を使って測定しました。この値にも疑問があるので検証中です。写真を撮った時だけでなく、今も同じ数値が表示されています。

5日1:34
今、ネットの調子が悪く折角書いた文章が全部パアになってしまった。
夕食後はサウナに行ったが、そこでも強く攻撃をされ不快な思いをさせられた。まず、お腹に空気を溜められ喉を締め付けられるのでゲップが出なくなり苦しい。脳への攻撃の為に放心状態のようになり周囲の音や雰囲気を感じ取ることが出来なくなり注意力が低下した。何故かサウナ室のテレビの音が耳に入らなくなり声の送信の世界に引きずり込まれてしまい無理やり加害者と会話をさせられた。

肩やふくらはぎの筋肉が硬直して痛みに近い凝りを起され、歩く姿勢やテンポなども遠隔操作されてしまった。脳への攻撃は基本的に自由に物を考える事が出来ない状態で、強い記憶障害と時間感覚の喪失が起きていた。

強い記憶障害は昼間からで、仕事をしていても話す側から忘れてしまい、その度に加害者に「あいつはバカ」と執拗に貶された。しかし、サウナに居る時はもっと酷く、ある数字を10倍とか100倍するだけの暗算が出来なくなってしまった。答えはあっているのだが、確信が持てなくなり何度も考え直したりした。

記憶と言うのは目に見えない実態のない物だが、照合・確認などの作業を行い、そこに触れた時には確実だと感じ取れる確かな感覚があり、それを妨害されることは普通ありえない。しかし、脳への攻撃をされると確かな感覚がなくなってしまい非常に苦労する。記憶を消されてしまうとか、思考停止のようになりそこに辿り着けないと言った感じにされ、攻撃をされている限り何度繰り返しても考えが進まずに諦めざるを得ない。

諦めさせる、これが加害者の目的とも言える。

最近は24時間被害の初期のように徹底的に貶し、攻めて自滅させようしているのを感じる。とにかく執拗に攻めて来る。最近の言動に加害者が腹を立てているのなら、それを続けたいと思っている。たとえ発狂させられても構わない。絶対にテロリストには従わない。これは人間であれば当たり前の気持ちだ。

いまどきの日本で武器による人間の支配なんかまかり通るわけがない。

2:27
攻撃が激しいので何をするのにも時間が掛かる。
加害者は私を何としても潰したいようだが、そうも行かないと他の被害者を利用したり、身近な所に被害者を作り工作をすると言って脅す。感情操作というマインドコントロールが恐ろしい。これは自分がやられても、他人がやられても大変危険なものだ。

私が徹底的に戦うと書いたら加害者は何が悔しいのか半狂乱になって脅迫の連続だった。それほど武器の力で人間を支配したいのだろう。

寝る。

朝から歌のリピート送信

9:38
昨夜は被害が強烈だったこともあり、就寝が3時頃になってしまった。朝の6時に一度目が覚めトイレに行った。その時も何か「お前のブログのせいで大問題が起きるぞ、あんまり騒ぐな」と言った内容の声の送信がされていた。次は、8時少し過ぎに目が覚めたが歌のリピート送信が行われていて、毎日同じなのだが声の送信では「人間関係に問題が起きるぞ」という内容を様々な方面から執拗に聞かされた。

最近パソコンの起動に時間が掛かり、途中で止まってしまったのかと思うくらいだ。そのまま見ていたら再度動き出したのでパスワードを入力するとENTERキーを押さないのにログインしてしまった。そして気持ち悪いので再起動をすると途中で止まらないで起動した。

今は会社にいるが、後頭部に違和感があり、平衡感覚の変調、視野も言葉では説明の出来ない左右が逆転したような不自然な感じになっている。それよりも記憶障害が激しく時間感覚を喪失していて、さっきまでの繋がりで今の自分があるという感じが全くない。

時間感覚の喪失被害は最近つくづく感じているのだが、自然の環境で生きている人間には、朝起きた時には、朝起きた時の気持ちがあり、夕方になれば夕方の気持ちになる、時間の流れと共に気持ちが変わったり考えることも変わるのが自然であり、それらには常に連続性があり、一日だけではなく季節の移り変わりなども繋がっているのだが、この被害が酷くなるとそう言った感覚が無くなってしまう。

11:53
歌のリピート送信と脳の操作が続いている。
脳の操作には、文字を文字として認識して読むことが困難になる操作、想像力が極めて低下して考える事が困難になる操作、記憶を消される操作などがそれぞれ独立して行えるのではないかと感じている。左右の利き目の逆転という被害もあるように思う。

13:09
上記アップする時に「もうやめなさい」と声の送信をされたが無視してアップすると急に攻撃が強くなる。そして政治ブログを読んでいると執拗に歌のリピート送信をして妨害をされ、拍手をしたら更に攻撃が酷くなり、今は、視野が全体的に暗くなり、頭の中が(脳が)揺れているような感じで著しい不快感と共に苛々してくる。首の後ろの締め付けと目眩も起こされている。興奮させられパニック状態だ。

呼吸困難も朝から起こされていて、息を吐き切らない内に次の息を吸い込まされてしまう過呼吸のような感じだ。

それでも無視して政治ブログを読んでいると極度に落ち着きが無くなり、同じ姿勢のままじっとしていられなくなる。最後は文章を見ているだけで読む事が出来なくなり、文字を読む行為そのものが嫌でたまらなくなってしまった。

18:10
仕事が終わった。
ボリュームは小さくなったが歌のリピート送信が続いている。声の送信では何の遠慮もなく心の中に介入して干渉する声を発しているので結果的に会話をさせられてしまう。首の後ろの硬直と腰の違和感も継続している。軽い目眩や記憶障害、思考の自由を奪う脳への攻撃も続いているので、かなり不快感が激しい。ひたすら我慢を強要させられている。

22:55
色々と忙しかったので少し休憩をしようと思い今日は何もしないでいた。声の送信はボリュームが小さいが、どうしても後頭部に違和感があり、脳が働かない感じで文章を読む時に熟読できず(普通に読めない)非常に困っている。また、無気力というか簡単なこと以外はやる気が起きない。想像力が低下しているようにも思える。

頻繁に要望を出していらっしゃる方のブログ

BMI技術悪用防止・禁止立法化の要望を出しましょう

なるほどと思いました。

4日1:55
脳への攻撃と音声送信は全く途切れることがないので、テレパシー通信の如く加害者と会話をさせられてしまう状況であり、記憶障害や不快感などにより無駄な時間を過ごしているだけとなっている。激しく耐え難い拷問のような苦痛がないだけマシと言ったところだ。

寝る。

命ある限り戦いたいと思う

今回は攻撃がかなりきつく、全く被害に関係のない人達と過ごした結果、自分が如何に酷い攻撃を受けているかと言う事が良く判り、しかも、他の人達は心底自由で何者にも邪魔されずに自然に人生を楽しいでいる事が良く見え、自分との比較が出来た。

こんな思いをしながら生きている限り苦しまなければならないのなら、命ある限り戦うべきだと強く思った。

8:23
昨夜は2時半頃に就寝して、4時半に起こされる。再就寝したら8時少し過ぎに起こされ、そのまま起床した。声の送信はすぐに始まり仲間内で何か悪い噂が流れているぞと言った内容を聞かされたが無視をした。

16:08
午前中に新潟を後にしたが、携帯電話からの日記の更新などの時間を取らなければならず、被害も途切れないので仲間との合宿をしながら1人だけ普通の人とは全く接点のない時間を過ごしたりした。会話中も半分以上は脳を加害者に奪い取られているような感じだった。とにかく感覚、感情までをも作り出されてしまうのでたまったものではない。

帰り道ではそれこそ酷い攻撃を受け、歌のリピート送信が全く途切れずに、口汚い中傷と脅迫の連続であった。苛々する脳波を送りつけたり、暴れ出したくなる衝動に駆られたり、とにかく我慢を重ねて見えない敵と戦いながら帰宅した。

自動車の走行音もある種の周波数が聞こえなくなっていて現実味がなかった。また、記憶障害が激しく周囲の雰囲気などは全く感じ取れずに無表情、無感覚のまま運転をしていた。昼過ぎには帰宅して、荷物を片付けて会社に行ったが、苛々と興奮させられる状態が続いていたのでちょっとしたことから激怒してしまった。ストレスが溜まっていたのも理由の一つではあるが、怒りたくなる理由もあるわけだ。

こう言ったトラブルは精神状態の遠隔操作が行われていなければ有り得ないわけで、そのために対人関係を悪化させ、次第に時間を掛けて「あの人変だね」などとなってしまうようだ。音楽合宿の時はその場にいる人間とのトラブルを起こさせるべく操作をされ、帰宅すれば家族、会社に行けば社員、すべての人間関係を破壊されてしまう。

まだ、攻撃は執拗に続いている。

16:40
上記アップ後には顔など上半身がブルブルと震えるような感じにされ、鼓膜が詰まったようになり、低い音が耳に聞こえ苛々させられている。そして人間関係について考えさせられるような声を聞かされている。攻撃は緩まない。

そして

「おまえ、社会的信用を失うぞ」と脅迫をされる。

私は

「受けて立つ、やってみろ」と答える。

加害者は

「おっ、いい度胸だ、やってやる」と言った。

もう一度私は言う

「受けて立つ、徹底的に戦ってやる」

これがこの犯罪のすべてであり、死んでも譲るつもりは無い。

テロはテロ、犯罪は犯罪、これはハッキリと主張したい。

たとえどんな目に遭っても絶対にに譲らない。

3日1:33
新潟から激しく攻撃をされて帰り、会社でも激しく興奮をさせられた。
夜は、請願書を出すために議員の方を紹介して貰えないかと人に会いに東京まで行って来た。行き帰りは攻撃はそれほど激しく無かったが、話をしている最中と帰宅後に攻撃が強くなっている。

いまは、遠慮なく歌のリピート送信をされ、後頭部に違和感があり、首の後ろが硬直し、平衡感覚が極度に変になり、吐き気がして、お腹に空気が溜まり、喉が締め付けられ、声であらゆる方面から脅迫をされ、暴れ出したくなる衝動を起されている。

加害者は

「なめるなよ」
「あんまり生意気な口を利くと命を奪うぞ、生きたまま殺すぞ」

などと言っている。

本当にいつ暴れ出してしまうか判らないくらいの攻撃だ。

しかし、もう一度言う。

「命ある限り、武器を持ったキチガイと戦う」
「死んでも譲らない」

3日2:37
上記はかなり強力に脳を攻撃されていたので、強く興奮させられ、しかも苦しいので、そのような気持ちになってしまう。でもそれが本心だと思う。

また激しい攻撃をされている。

声による強烈なマインドコントロールも行われ、電磁波によるマインドコントロールと重なって大変な状態だ。しかも、身体にも苦痛があるので三重苦となっている。

寝る。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる