電磁波犯罪を止めさせるには

この悪質極まりない電磁波犯罪、これを止めさせたいのは被害者全員の強い願いである。どうすれば良いか自分なりに考えてみた。ひとつは学者、研究者に理解してもらい「そう言った被害があり得る」と言ってもらい「証拠の捕獲」のために動いてもらう。もうひとつは政治家に理解してもらい「電磁波犯罪を厳しく規制する法律」を作ってもらい、「証拠の捕獲」と「加害者検挙」のために国費を使ってもらう。であるが、何しろこう言った問題は、よほど興味のある人以外は見向きもしないと言う現状である。仮に、そんな技術の悪用があることを理解したとしても犯罪をやめさせるための行動を起こす人はいない。日本では、この問題は無視されているが、海外では取り上げる機会があるようだ。

被害日記

寝てから一時間で完全に覚醒させられてしまう。
これが連日であるので普通の人間であれば、ノイローゼになってしまうだろう。しかも暴れだしたくなる脳波を送り付けられたりすれば、我慢するのに大変である。

今も、眩暈と共に歌のリピート送信をして、音声送信による「囲い込み」をしている。この「囲い込み」はテクノロジーによる拉致により実現されているが、思考に関しても脳の操作により考える力を奪い取り、その上で声の送信を休む事無く続けることにより行い、五感のすべてを奪い現実とは違う感覚を送信して完全に現実の世界からの「囲い込み」を実現している。

マインドコントロールについて取り上げないのは日本の悪いところである。

これは現実に無差別に行われ究極の人権侵害と言われている。

加害者に殺意があるのは何度も説明している。

広報の計画は実行する予定であり、総理大臣が終わったら研究所の方に広報しようと思っている。これは被害者だけの問題ではなく、いつ誰が被害者になるかも知れない「無差別テロ」であることを知ってもらいたい。

くどいようだが、こうやって毎日執拗に攻撃を繰り返し、私が被害日記をかくとそれをネタに脅迫をするのも毎度のことである。

7:14
その後も、多少は顔を痒くされたりしたが眠りに就けた。しかし、先ほど人工夢を見させられて、歌のリピート送信の中、目が覚める。陰部を痒くさせるという愚行も合わせて行われた。

音が煩く、雨だれの音が大工作業のように聞こえ、今は雨が降る音がラジオの雑音のように鳴り響いている。こんなのは初めてである。

「ざまあみろ、眠りを寸断されたくなかったら日記を書くのをやめろ」と声の送信で脅される。

左の手首が痛く、どちらに曲げることも出来ない。ついでに右の腰の筋肉が痛く、頭痛も右の頭部が尖ったもので押されているような感じだ。

「今日も音楽の時に体を勝手に動かしてやる」と脅迫をされた。

音楽の妨害も3年間続いている。記憶障害を起こされているし、音楽を聴くと声の送信で嫌味を言われるので、曲を覚えることが出来ない。

11:36
目覚ましが鳴るよりも早く11時に目が覚めた。
今日は音楽の練習があるので出かける。
現在の所、被害は軽度である。

21:37
本日の被害報告であるが、外出中にも途切れることがないが、音楽の練習が終わるまで我慢をした。勿論、音楽の練習も妨害をされ続けた。

全体としてはそれほど強烈な攻撃は受けていない。

まず、家を出て車を運転している時に新しい被害が始まる。アクセルを踏んでエンジンの音が大きくなると同時に、右の耳に対して聴力検査のような、音叉のような音が響き出す。聞こえると言うよりは響くと言う感じだ。何度アクセルを踏んでも同じだ。

嫌だなあと思いつつそのまま都内に来てお店で人と話をすると自分が喋った声に反応するかのようにピーと言う音がする。鳴りっぱなしではなく、声を出している時間だけ、或いは声の大きさに反応しているかのように感じた。

また、喫茶店でコーヒーを飲んでいる時に椅子を引く時に、椅子の足が床に擦れてガーっと音がすると、それに合わせてピーっと鳴る。加害者の機械が自動で音のレベルに反応しているようにも感じたが、手動でやっているようにも感じた。それは聞こえるすべての音に対して聞こえていたわけではないし、音楽のスタジオに行く頃には無くなってしまった。

スタジオに入ると声の送信や脳への攻撃は弱めであったが、この前から妙な感じがしていて、何となくそれが何であるか気がついた。

自分が喋っているように感じてしまったり、一緒に呟かされてしまう音声送信は、声だけではなく、楽器の音でも可能であり、場合によっては送信される部位(脳神経)が違うのかも知れない。

それは他人が演奏しているドラムの音を聞くと、そのフレーズと言うかリズムを呟きそうになってしまい、その時に声の送信をされていないかを確認したが、どうも声の送信はされていないようだったからだ。

今日は自分のソロの時に、普段は一度しかされない声の送信による間違ったメロディーの送信を執拗に繰り返され、完全に何処を演奏しているのか判らなくされてしまった。

いずれにしても軽度の攻撃であっても、それは本来の自分ではなく、妨害であるので実力は発揮出来ない。

その他、細かい被害も発生しているし、今も思考能力を低下させられているが、取り敢えずこのくらいにする。

24:56
その後も音声送信を中心とした被害が続いている。

電磁波犯罪を止めさせるには

冒頭のように思ったのだが、もし、理解者が現れたとしても、マインドコントロール装置であるので、その理解者の考えが変わってしまうことも、あるかも知れないなんて考えてしまった。

しかし、時間と共に世論が変わるのは確実だと思う。

遅いので寝る。

オリンピックだけれど

周囲はオリンピックの話題で一杯だ。
しかし、人間の遠隔操作の被害者である私としては、何一つ信用は出来ない。なぜなら、スポーツの場に電磁波による遠隔操作が使われていないという証明がないからだ。何しろ加害者は人間を人間として扱わないばかりか、社会を混乱させたり、政治利用したりする傾向がある。

それは、オリンピックだからではなく、あらゆる、すべての社会の場面に適用できる可能性があり、そこに電磁波が使われていないという証拠は全くない。

電磁波による人間の遠隔操作は、脳や精神への悪影響の他に、身体機能を低下させたり、考えていることや目に映った映像を盗み取ることが出来る。しかも、何かの意思や音声をその個人だけに送信することが可能となっている。

応用範囲は広くトイレの中から公正取引の場まで考えられる。


被害日記

6:56
昨夜も就寝時には執拗な音声送信と喘息のような被害に遭い大変な思いをしながら眠りについた。その後、何度も目が覚めたが起きて来て日記を更新するには至らずそのまま眠ってしまった。

そしてこの時間に突然息が苦しい感じで目が覚め、声の送信で寄って集って罵声を浴びせられた。「日記を潰してやる」、「許してやっても良いが、まず先にその日記を全部削除してくれ」、「警察を悩ませてくれ」、「国連に行っても遠隔操作はあり得ないと言われるだけだぞ」、「君は確実に殺されるよ」などである。

記憶を消したり、思い出せなくされるのは日常的な被害となっているが、頭痛や筋肉痛も日常化している。この睡眠妨害の被害も数年間続いている。

喘息被害であるが、気管を狭めて、淡が絡んだり、喘息のように呼吸困難にされている。その狭めたり、刺激をする場所は任意にできるようで位置が上下する。激しく咳き込まされたり、飲み違えをさせられることもよくある。それらも筋肉の操作なのだろうか。

「病気を作り出す犯罪」というタイトルにしようと思ったが、加害者のリクエストがあり、オリンピックのタイトルにした。私は特に興味を持っている訳ではないが、それはテレビすら満足に見させてもらえない被害を受けているからだ。

日記を書き出すとキーンという音と鼓膜が詰まったような感じにされ、体感は少ないが記憶障害を起こされている。そのため不快感が著しい。文章を組み立てるのも大変な状態にされる。歌のリピート送信も微かに聞こえている。

11:54
なぜか11時に目が覚め、軽い音声送信の中、起床すると両方の肩と左のふくらはぎ、腰の筋肉が痛い。自然現象を装っているが、テクノロジーによる痛みは局部的であることが多く、他の筋肉との連動性が無い。(常にそうとは限らない)また、痛みが移動することもある。

タバコを吸ったり着替えたりしていると眩暈(平衡感覚が悪くなる)がして後頭部に違和感があり脳内がすっきりしない。脳の中を電波でかき回されている、と表現をするとオーバーかもしれないが記憶障害も発生し、強烈な攻撃ではないが嫌な気分であり、それら被害のためにやる気が出なくなり、体を動かすのも面倒になったりして、まるでうつ病のようにされてしまう。それが一日中、毎日途切れないわけである。

昨夜からは被害は軽度なのではあるが。

「日記を書くのをやめれば、被害を軽くしてあげてもよい」なんて言われたのだが、軽度の被害であってもこの不快感と耐えがたい苦痛は生活全般の障害となっている。

本当に酷い話である。

24:12
脳への不快な攻撃(眩暈、記憶障害、嫌な気分にさせる)、精神への介入、歌のリピート送信、声による罵り、筋肉の痛み、などが途切れることなく続いている。

ただでさえ、遠隔拉致をされ完全に人権を奪われたままであるので、人間であれば誰でもこんな目に遭っていると嫌なのは当たり前なのに、更に、不快な気分にさせる信号を送りつけられているので大変なストレスとなる。

悪循環というか、この状態を嫌だと無理やり思わせられ、極当たり前に嫌だと思うと際限なく嫌だと思い出してしまう。メールやコメントを読んでいると聞いただけで気分の悪くなる声で「なぞり」を入れられるので文字を読むのも嫌になる。音楽も聞けない、文字も読めない、寝ていても邪魔をされる、何をしていても潰しに掛かる。

結局、「生きる」という事を妨害する犯罪であるので

「自殺をしてもらいたい」

という加害者の意思表示と受け止めるしかなくなる。

電磁波による人間の遠隔操作とはそう言った犯罪であるが、それ以前に集団ストーカーというのを20年以上前から受けていたので、長期に渡り特定個人に付き纏い、ターゲットの人生を破壊するという常識では考えられない異常な犯罪である。

集団ストーカーについては、その言葉を知らない時に受けていたが、最近では余り気にしていない。それよりも電磁波で精神状態を変えられると「挙動不審のようでいたたまれない気持ち」、「周囲から浮いてしまったような気持ち」、「周囲の目線が異常に気になる」などの感覚を強制的に起こされてしまうのでそちらの方が大変だと思っている。

過去には、実際に何処に行っても「貴方を見張っています、絶対に逃げられません」というメッセージと受け止められるような人物に出合ったりしていた。しかし、その頃は強い電磁波攻撃を受けていなかったので、その場だけ無視をすれば四六時中嫌な気分にされることはなかった。

その延長線上に人間の遠隔操作があると思っている。

筋肉の痛みは姿勢を悪くさせるのに十分であるが、筋肉痛というよりは、打撲などの痛みに近いと感じた。それよりも筋肉に力が入らないようにされ続ければ骨や関節にも影響が出るだろう。今日は左の手首が痛くなるという被害が新たに発生した。

これらの被害日記を書いているのも、私の怒りを我慢しているのも、全部リアルタイムで加害者は読み取って知っている。それでも攻撃をやめないのであるから、殺意があるのは確実である。

28日1:28
最近は睡眠妨害が酷いためにすっかり就寝時間が遅くなってしまった。

本日のマインドコントロール被害について

脳内音声で人の名前を聞かせた後に悪いイメージを連想させて来る。それも連続で次から次へと名前を変えて行ったり、一人の名前について執拗に攻めたりされた。

たとえば、人の名前を聞かされると(脳内音声でなくても)その人に対するイメージが付随して連想されると思う。「Aさん」と聞くと、顔や最近会ったかどうか、自分の持っているその人のイメージ、などが連想されると思う。

しかし、その名前を聞かされると同時に、その人に対する悪いイメージだけを連想させる、というのをやられる。自動車を運転している時にひっきりなしに声を聞かされてしまった。

しかも、電磁波で嫌な気分にされた上でそう言った悪いイメージだけを送りつけられるので大変な迷惑であり、余りにも同じ事を繰り返されるので、そう言ったマインドコントロールの存在に気がついてしまったわけである。連想をする部分にも声だけではなく何かのテクノロジーが使われていると思う。

それにしても声の送信は音量が非常に小さくても思考には強く影響をしてしまう。

寝る。

電磁波テロ、何とかして欲しい

2:41
就寝してから1時間で起こされる。
それも右足の親指が痒くたまらないそうだ。実際にそれが原因で目が覚めたのかは不明だが、連日の電磁波による睡眠妨害では、総理大臣に広報を急がなくてはならないし、専門の博士にも知らせなくてはならなくなる。私が広報をしているのは加害者の攻撃が強いのと、マインドコントロールによってそうさせられているからだ。

昨日はホワイトハウスから4回目のメールが来た。

8:36
一晩中、歌のリピート送信、声の送信、映像の送信、痒み、筋肉痛、偽喘息などをやられ、30分に一度くらいの割合で起こされていたようだ。とにかく眠っていたというよりは「うなされていた」という感じだったが、完全に覚醒させられなかったので起きてきて日記を書くには至らなかった。

今も、上記被害が継続している。

「朝起きられないで、笑われろ」と言われたが、健康維持の為にこれからもう一度寝る。それから、上半身は汗びっしょりなのに、足先だけ冷たくなっていたのが不思議である。

最近の加害者の心理作戦は、「職場」、「被害者仲間」での執拗な声の送信による人間関係のトラブルを起こさせようとしているのを強く感じる。「学校でも笑われろ」と加害者は追い討ちを掛けてくるが、すでに学校に行かれなくなって久しい。

極悪犯罪である。

12:23
その後は目が覚めなかったわけではないが12時まで寝ていた。
音声送信のボリュームは小さいが歌のリピート送信も交えて途切れることなく続いている。キーンという音もしている。そして筋肉の痛みは、胃と肝臓の周囲のほかに、左右の背筋にも発生し、ぎっくり腰のようにされたり、四六時中痛いと言うよりは、加害者が私の行動を見ていてその姿勢にあわせて痛くしているようだ。

声の方は、私の取った言動により周囲から白い目で見られている、という周囲に対して自分から攻撃的な感情(敵意)を持つように仕向けたりしている。聞かされる言葉のほとんどは聞くまでもない明らかな嘘であるが、自分の取った言動だけは事実であるので、そんなことろを利用して無理やりトラブルが起きているように思わせてくる。「殺されるぞ」、「その痛みは一生取れないぞ」などの脅迫も多い。

27日2:03
その後は非常に忙しく、来客の応対などをしながら、食事をしながら、仕事をこなした。

音声送信はボリュームが小さく、それほど悪質ではなかったが、時折、歌のリピート送信が強くなったり声による干渉が酷くなったりした。しかし、「それほど悪質ではない」という表現が間違っていて少しでも自然な状態でなければ極悪犯罪と言うべきなのである。

しかも、脳への攻撃(後頭部と首の付け根辺りの頭痛のような違和感、思考の妨害)は遠慮なく続けられているので極めて不快であり、その状態が「嫌だと」思い出すと取りとめもなくイライラしてくるので、その状態に甘んじるしか方法がない。

普段、眩暈と表現しているのは平衡感覚が悪くなったような微弱な眩暈でありるが、それも脳への攻撃の一部となりセットでやっていると思う。

また、時たま、どうしてもテレビやラジオなどの現実の音声から引き離されてしまい、脳内音声の方に意識が行ってしまうことがあるが、それも何かの信号を送られているのだと思う。

気温が暖かくなってきているこの頃に、仕事が終わってからのんびりと談笑している人を見たときにつくづく思った。私たち被害者には「のんびり」とか「リラックス」なんてのは全く無く、常に攻撃に晒されていて、精神の中にまで侵入されたままである。しかも、それは耐え難い苦痛となっている、というよりは強制的に苦痛を受けさせられているだけだある。

しかも、加害者には罪の意識が全くなく、犯罪を止める気配すら感じられない。

武器による人権侵害

早くこの犯罪をやめさせて欲しいものだ。

寝る。

電磁波による殺意ある人権侵害が野放し

1:43
この所の脳への攻撃は激しさを増す一方で、呼吸困難を起こさせる攻撃も日常化している。そのため寝るのに大変な苦労が付き纏っている。しかも、脳の操作による自然ではあり得ない精神状態に無理やりされるので恐怖と苦痛の連続である。

武器の力で徹底的に叩き自殺発狂に追い込む悪魔の犯罪

これが野放しで人権問題なんか語ることはあり得ない

頭痛と筋肉・関節の痛み

記憶障害と思考能力の低下

耳へのノイズの送信と五感の操作

歌のリピート送信と声の送信

精神状態の操作

これが24時間途切れる事無く続いている。

寝ようとしてもお腹に空気が溜まって苦しくて呼吸が出来ない。更に、呼吸に合わせて声の送信をしてくる。その声の送信と一緒に呟かされてしまいそうになる。頭痛・筋肉痛も継続しているので安らかに眠るなんてあり得ない。喘息のようにすることも出来る。腹筋が動かなくなり腹式呼吸が出来なくされる。酷いと心臓が不整脈のようになり苦しくなる。

無意識になれる時間は一秒もない、呼吸は本来無意識にしているものだ。呼吸をする権利までをも奪い取る犯罪であるので殺意があるのは確実である。今も執拗に歌のリピート送信を続け、声の送信ではデタラメを喋りたい放題やっている。

自殺・発狂しか選択肢がないように追い込んでくる。

これが電磁波犯罪の実態であると政治家に広報するしかないだろう。

すると

「死ぬのが嫌なら広報を取り下げろ」

と脅迫をする加害者だ。

日本は戦争をしているのかと思ってしまう。

3:22
バカの一つ覚えのように、脳の操作で眠らせて、脳の操作で覚醒させる。この繰り返しの睡眠妨害。バカの一つ覚えのように「きみの、行く道は、果てしなく遠い、」「君はバカ」と延々と歌のリピート送信をしている。この歌を送信する時は決まって苦痛の脳波を送りつける時であり、何年も同じである。トラウマのようにするつもりなのだろう。

寝つくまでも、その姿勢が辛くなるようにされ、音声送信が止まらないので大変苦しく、寝ている最中もテクノロジーで背中が痛い、肩が痛い、などのようにして安眠だけは絶対にさせない。

「被害者がその日記を読んで笑っているぞ」
「被害者の嫌われ者」
「そんなに嫌いなら被害者の会なんか辞めちまえ」

これもキーワードになっている。
しかも、わざわざ、毎日被害者の名前や顔をイメージさせては「お前を嫌っているぞ」と声を送信している。今もそのような夢(とても夢とは思えないインスタントな愚行)であるが、「高らかな笑い声」を聞かせて目を覚めさせる。この「笑い声」を聞かせる、というのも何かの目的があるのだと思う。そしてテクノロジーで強力なひゃっくりを無理やり何度もさせながら

「バカ野郎、顔を洗ってから書け、警察が読んでいるぞ」
「被害者の面汚し」
「お前絶対に殺されるぞ」
「そのブログを閉鎖させてやる」
「Twitterで炎上させてやる」

と攻撃だけは絶対にやめない。

勿論、歌のリピート送信も止めようとはしない。

このように現実とは全く違う偽の空間に被害者を囲い込んでしまいノイローゼのようにしたり、テクノロジーで徹底的に苦しめて自滅に追い込む。加害者の話は全部、嘘であり、それを四六時中聞かせ続けている。

これを洗脳という。

いま3:43だがまだ強いひゃっくりが止まらない。

7:09
その次は寒さ攻撃をやられ、身体が冷えて全く寝られなくなったので(とくに足)、現在気温は12℃であるが、電気毛布のスイッチを一番弱くして寝た。それでも寒いのでもう少し強くしてやっと眠れたが、今度は汗びっしょりで目が覚める。歌のリピート送信も声による罵声も止まらない。キーンという音が右の耳にしている。

7:21
また、寝ようとすると、呼吸に対して「うんこー」、「うんこー」と声の送信をし、その、「こー」と伸ばす時に声にビブラートを掛けたり、長さを調節してくるので呼吸が乱れてイライラする。呼吸が自然にできなければ寝られない。

「かわいそうだからやめてあげなよ」
「ダメ、あいつが根を上げるまで攻撃する」

こんなやりとりをわざと聞かせるテロリストである。
ここまで卑怯なことが出来れば、なんでも出来ると思う。ならば世の中のために自殺して欲しいと思う。

10:11
その後も呼吸に合わせて声を送信するのを続けられたが、その時にやはり声と同時に一瞬だけ脳へのイライラする攻撃を入れたり、目を動かしたりなどの細工をしている事を確認した。結局、最後は好きなだけやらせたまま眠りについた。

しかし、8時半に起こされる。

また、根性で眠ったが今度は目覚ましで10時に起きた。今日は用事があり出掛けることになっている。本来ならこのままお昼まで寝るのだが。加害者はそのように用事があるとそれを妨害するために寝させないようにしている。だから罪の種類も増えるだろう。

広報は続ける予定だ。

「すぐに警察に出頭しなさい」と加害者が言った。しかし、意味が理解できない。加害者は24時間喋っているが、自分の言葉を現実と照らし合わせて理由や根拠に基づいて喋っているのではなく、その場でなんでも良いので思いついたら口にしているようだ。

それにしても武器による攻撃が野放しでは困る。

21:32
一晩の睡眠妨害は壮絶な戦いであり、暴れたり、喚いたりしたら負けである。ただの睡眠妨害だけではなく、脳の操作であるので当然のようにバニックになるような信号を送り付けていると思う。

今日は六本木で開かれた脳科学の講演会を聞きに行ってきた。

せっかくなので秋葉原で四時間ほど無線機の専門店や計測器の専門店に行き、色々と聞いてみたが、考えていた事を実現する装置はないそうだ。勿論、莫大な金額を掛ければ何でも出来るのだろうが。

被害の方は、寝起きから胃と肝臓が痛いような攻撃を受け続けている為に歩くのも大変だ。それは表面の筋肉が痛いように感じ、実際に背中などは体を曲げると痛い。

脳への攻撃や音声送信も途切れることなく続けられているが、極めて悪質なのは夕食の時に強烈にイライラさせられただけで、後は軽度であり無視をしていた。

長くなってしまったのでこのくらいにする。

26日1:45
少し遅くなってしまった。
歌のリピート送信も声による嫌味も途切れることがなく、声には出さないが呟かされてしまうし、場合によっては加害者と会話をされられてしまう。脳への攻撃、身体への攻撃なども続いている。

それにしても全く遠慮なく人を玩具にしている。

と、書くと「これでも遠慮してるんだぞ、死にたいのか」と文字にしただけですぐに言葉を返される。

広報は続けたいと思う。

寝る。

電磁波犯罪は人を不幸にする

電磁波犯罪や集団ストーカーと言われる犯罪は、被害が酷いと途切れる事無く、休む間もなく延々と続けられ、その激しい被害により撹乱されてしまうが、良く考えてみるとその目的は「自殺・発狂に追いやる」ことであり、その過程や結果として「人を不幸にする」ということになる。ターゲットとなった個人の人生は完全に破壊されてしまい取り返すことは不可能となる。当然、家族や知人にも被害が及んだりする。

また、遠隔からの脳の操作は極めて悪質で攻撃力が強く、それから逃れることは到底不可能であり、被害者を絶望へと導く。従って、生きていたら、生きているだけ苦しむようにされてしまう。当然、殺意がなければ出来ない犯罪である。


被害日記

5:44
昨夜は就寝時には、それほどの攻撃は無かったが、体の下側の部分を痒くする嫌がらせを受けたが無視をしていたら知らないうちに眠ってしまった。その後も、何度か目が覚めた記憶があるが時計は見ずにすぐに眠っている。

そして、5時半に意味不明の覚醒があり、昨日の仕事のことに関して、明らかに自分の物ではない考えが浮かんでくる。それは、私と当事者の間に起きたことを見ていて、その見ていた人間の感想のようなものであり、それは、こうした方が良いなどの命令のようなものでもある。しかし、それは最後には人を馬鹿にしているようなデタラメ考えとなり、私の考えとは明らかに食い違いを見せる。

そんな中から感じ取ったイメージであるが(挿入されたりかも知れない)、私をロボットに見立てて「遠隔操作で操れないか」、「操りたい」という加害者の意思である。

キーンと言う音と小さい音量の音楽、多少の頭痛と腰痛が起きている。思考に対する激しい妨害はない。

10:43
その後は普通に眠れたが、朝8時半に目が覚め、10時までうとうとしていた。これは普通では考えられない眠気であり、10時半に起きる時も苦労した。しかし、日常的に一秒たりとも「心が休まる」時間がないので、眠らされていたとしても寝て置いたほうが身のためだと思っている。

起床すると、腰と肩の筋肉が不自然に痛くなり、軽い眩暈がして脳に膜が張ったように考えることが出来なくなり、キーンという音と頭痛が始まった。

14:27
頭痛と身体(胸から上の部分)が細かく振動するような被害が継続している。胸部に圧迫感というのだろうか、呼吸も苦しくなるし、例の痰が絡む被害も起きている。それに合わせるかのように意識障害のようになり文字が読めなくなったりする。視覚操作として視野が薄暗くなって物が見え難くなる。

ボリュームは小さいが、歌のリピート送信や声の送信も途切れることなく続けられていて、首の後ろが硬直して肩が異常に凝ったり、腰の筋肉に力が入らなくなり姿勢が悪くなったりする。思考の抑制も行われていて、気分が優れなく、無気力にされている。

耳にもキーンという音の他に、低い100~200Hz程度の音(大体の感じ)を送信され周囲の音が良く聞こえないようにされる時もある。とにかく攻撃範囲が広いので大変な被害となっている。

殺意ある武器による攻撃、人権侵害、プライバシーの侵害、どんな犯罪と説明すれば良いのだろうか。しかも、計画的に長期に渡って行っている犯罪だ。

24:25
その後は仕事をして、夕食後にリラックスのためにサウナへ行った。音声送信や脳への攻撃は途切れることなく続いていたが、特にお腹に空気を溜められる攻撃以外はそれほど酷く無かった。しかし、サウナから出ると急に歌のリピート送信が始まり、悪質な声の送信と共に頭痛と眩暈がして不快な気分にされた。

帰宅後はネットで被害に関して少し調べたいことがあったので検索をしていたが、歌のリピート送信と頭痛と眩暈と脳への攻撃が激しく、考えることが出来なくなり大変な苦労をさせられた。しかも、その状態をあざ笑うかのような声の送信を続けられた。しかし、それらをすべて無視して検索を終え、日記の更新の為にログインをすると「それ以上書くな」と声の送信をされ、脳への攻撃が一段と強まり、首の後ろが締め付けられるようになりキーボードをタイプするのにかなりミスが出て苦労している。

激しい怒りの送信もされているが我慢している。

最近は日常的にお腹に空気を溜める攻撃をされている。

肩、腰、足などの筋肉が痛い、口の中も、歯も痛い。

寝る。

殺すと脅迫されているが

1:47
「法務大臣に広報したらぶっ殺す」

と脳内音声で脅迫をされている。

寝ようと思いパソコンのスイッチを切り、ストーブを消すと、急にお腹に空気が溜まる。それは息を吸うたびにお腹が膨らんでくる感じだ。しかし、我慢をして寝ようとするが「ひな祭り」の歌を子供の声か何かで執拗にリピート送信をして、ベッドに入ると呼吸が苦しく喘息のようにされる。そして、頭部圧迫感や強い脳への攻撃をされ、声の送信ではドブ汚い言葉の連続である。

声の送信は全部嘘であり、何一つ実現した事がないのでただ煩いだけだが、身体被害(痛い、痒い、苦しい)と脳への攻撃(異常興奮、記憶操作)と耳への激しいノイズの送信をされると耐え難い苦痛となる。

そして、武器により人間をそこまで追い込んで置きながら「お前、そんな事を書くと警察がくるぞ」、「逮捕させてやる」なんて脳内音声で攻撃をしてくる。絶対に攻撃を止めないのが特徴とも言える。

史上最悪の犯罪である。

2:58
「法務大臣に広報するな」

この言葉を中心に執拗に眠らせない攻撃が続いている。

眠りに入るときは人工的に瞬時に眠らされてしまう。そして、すぐに、高いところから落ちるような感覚にされて心臓がドキッとして(人工的に)目が覚める。しかし、すぐに脳の操作で強い眠気が発生するので起きることが出来ずに、また眠らされてしまう。そして、また落とされて、目が覚める。

この繰り返しを一時間続けられた

最後には、人工的にいびきをかかされ(脳内音声かも知れない)目が覚める。今度は怒りの感情が涌いたので起きて被害報告をすることが出来た。しかし、時計をみると丁度一時間であるので、被害報告をさせ為に加害者が意図的に脳の操作をやめたのだろう。そして、トイレに行くと暴れだしたくてたまらない衝動が次々に起こり、止まらない。

ここで物を破壊してしまったら思う壺である。

これがテクノロジー犯罪の拷問である。

こんな事が野放しで行われている時代である。

「お前を殺したがっている人間が沢山いるぞ」
「お前は殺されるぞ」
「ご町内の皆さん全員がこの日記を読んでいるぞ」
「学校で子供が恥をかくぞ」
「会社ではお前の悪口だらけ」
「きっと警察がお前の家に来るぞ」
「お前を確実に殺す」

など、延々と語りかけが止まらないことも記す。勿論、歌のリピート送信もさりげなく、怒りを発生させる時に聞かせている。左のわき腹が少し痛んだ。日記を書いていると肩と首が硬直するかのように痛くなった。

4:21
「近代稀に見る笑い者にしてあげようか」

この馬鹿げた台詞も1000回では聞かないほど聞かされている。加害者は切り札を最初から使いまくっているといった感じだ。知らない内に眠ったと思ったら「奇妙な夢」を見させられて目が覚めた。心臓を攻撃されている夢だった。

ここまで攻撃をされても広報をしないでいる被害者がいるだろうか。

11:43
その後も、顔や頭に痒みを起こされ(布団や枕と接触している部分がくすぐったくなる)、しかも、理屈の通らないこじ付けの語りかけを延々と続け、ことらが無視すると「なんだ、もう終わりかよ、言い返せないんだってよ」なんてほざいていた。しかし、無視をして眠った。

8時半に目が覚めたが、それ以前にも一度目が覚めたと思う。トイレに行った後にすぐに再就寝し11時半に目が覚める。頭痛と眩暈と歌のリピート送信をされている。

13:55
執拗な脳への攻撃が続いている。
歌のリピート送信は「ひな祭り」が続いている、軽い目眩の他に、脳の芯が痺れたような感じになり、考える事が出来ない(眠っている時の脳波にされているようにも感じる)、従って無理に考えようとするとイライラしてくる。これは例えば、知恵の輪などをやっている時にどうしても出来ないとイライラする現象に似ている。

しかも、お客さんが来たときに今まで普通に他人と会話をして、他人の会話を理解し、自分も発言をして話し合いが成立していた場面があり、それに対して急に脳への攻撃で頭の回転が悪くなり、気持ちも弱気になり無口にさせられたら酷いストレスとならないだろうか。

体もヨレヨレでだるくて力が入らない。頭痛はどちらかと言うと頭皮がひりひりするような感じに近い。その他、足を痛くする攻撃はリンパ線を狙われているようにも感じる。

来客が帰った後には飲みかけのお茶を飲もうとしたが湯飲みを握る手に力が入らないので落としてしまった。

18:57
歌のリピート送信と呟かずにはいられなくなってしまう心身への刺激、目眩と記憶障害、疲労感、倦怠感、呼吸の変調(息苦しい)、などが続けられ拷問状態である。それらの攻撃はかなり強く、遠慮なく行われている。

本日、法務大臣宛に資料を発送しました。

それから、21日にホワイトハウスからメールが来た。今度は保健福祉省長官というのだろうか、Secretary of Health and Human Servicesの方からである。内容はマインドコントロール被害には関係ない。

さて、いつになったら最悪の人権侵害から逃れられるのだろうか。これは被害者が黙っていては絶対に無くならないと思う。この犯罪を無視していたら殺人の共犯くらいの罪になると思う。なぜなら被害者が24時間絶え間なく苦しめられ続け、人間として生活できないのは事実であるからだ。

20:30
現在、思考が出来ない状態であり、右の肩と腰がかなり痛く、お腹に空気が溜まり、心臓を苦しくさせられ、呼吸困難になり、眩暈と強い記憶障害と頭痛を起こされている。頭部への違和感も強い。

思考が出来ない状態というのは「感じられない」、「感じることができない」ような状態にされてしまう攻撃で、テレビを見ていても、実際に目の前に人がいても、そこから何かを感じ取る能力をなくされてしまう。

しかし、脳が働かない状態であっても、加害者が勝手にその場の状況に応じた「言葉」を送信してくるので自分の考えのように思ったりする。それらはすべて言語によるものなので瞬間的に思ったことなどには干渉されない。しかし、脳への攻撃はもっと強くされると瞬間的に何かを感じることさえも出来なくされる。

そして、テレビを見ていると次第に精神状態を変える操作が始まり、「意味なく勝手に笑い出したり」、「強い怒りがこみ上げてきたり」、「暴れだしたくてたまらない衝動」が立て続けに起こる。

とにかく殺意ある攻撃が続いている限り

広報を続けるしかないだろう。

22:01
まだ、拷問が続いている。
お腹を空気でパンパンにされ、ゲップも出せないように遠隔操作をされる。心臓も苦しい。右足と腰も痛い。頭部は右半分が痛く、右の目、右の耳に異常を来たしている。

気分は悪く、疲労感が酷く、身体が痛くてだるいので、思考能力も低下して何も考えられないので、ただ、苦しいままの状態で椅子に横になっている。しかも、横になると電気で感電したかのような微細な振動が首と頭に感じられ非常に不快である。

テレビを見ていても、キーンというノイズが強くテレビの音声が良く聞こえない。更に、呼吸に合わせて「うんこー」と延々と声の送信を延々とされるので呼吸をするのが嫌になってしまう。息を吸うときに「うん」、吐くときに「こー」と一日に何度も長時間続けられている。それを無視してテレビを見ていると今度は「眠くてたまらなく」されてしまう。自然に眠くなるのとは全く違う現象だ。

息をすることが苦痛になったら死ぬしかないだろう。

その後は、日曜日に録音した音楽を聞いているが、加害者は自分達で遠隔から激しく演奏の妨害をしているくせに「下手だねえ」などとひっきり無しにケチをつけてくる。そのうちに「腹が立って暴れだしたくなってくる」。

精神状態の操作は巧みに頻繁に行われている

これに気がつかないと騙されてしまうだろう。

そのタイミング、操作時間などは細かく、声の送信や身体攻撃と共に上手く出し入れしていると言った感じだ。

これでは、救急車を呼んだり、110番してしまう被害者がいるのがよくわかる。

24:38
まだ、各種攻撃が続いている。
この犯罪の加害者は社会に恨みを持つものなのだと思う。

広報活動は続けていこうと思っている。

寝る。

おだてられる夢

3:06
少し歯を食いしばっているような感じで寝ていた。そのせいで頭痛を起こしているように思っても不思議ではない。しかし、頭痛は昨夜からある。

胸が苦しいような感じで目が覚めるが、その時に「おだてられる夢」を見て、そのままナレーションを聞きつつ目が覚め、はっきりとしない取引のような暗示のようなものを聞かされる。

「これだけの被害を受けながら良く頑張っている」と言う人がいると言う夢だ


とりあえずトイレに行ったあと、声による脅迫もなく、吸い込まれるようにブログの記事を更新する。キーンと言う音がして体のあちこちの筋肉が痛い。音声は少し遠のいている。

10:06
その後は、とくに睡眠妨害は無くすぐに眠れたが8時に目が覚める。一時間ほどうとうとした後に起床してホテルを出て、喫茶店で朝食をとっている。

今は歌のリピート送信が止まっているが、目覚めた時はやられたので腹が立った。音声送信のボリュームが小さくなっているようだ。

頭痛と筋肉痛、軽い目眩と思考能力の低下をされている。

10:30
ここまでは、それほど酷い被害では無かったが大阪方面の知り合いの方に電話をすると急に強い目眩と意識障害が起こり、腰に力が入らなくなり、イライラして、携帯から被害報告をするのに文字が満足に打てなくなる。

時間が余っているのだが、リラックスしない攻撃を受けているので椅子に座っているだけで苦痛なので大変だ。しかし、声の送信の汚れた根性、口汚さは天下一だと思う。

21:49
今日は、昼から一時間、総務省前でNPOの街頭活動が行われた。

その後は、総務省の中で担当の課の方と面会し大臣への要望書を提出した。NPOの活動であるので会長ほか参加者七名が中に入ったわけであるが、意見を述べる時間が少しあったので私も喋らせて頂いた。

果たして、そのような要望書や口頭で説明した内容などが、どのように処理されるのだろうか。

今、帰宅途中であるが、それほど強力な被害は無い。しかし、音声送信や軽い目眩と思考能力の低下、頭痛、肩痛などは続いている。

24:56
また、歌のリピート送信が執拗に行われている。

先ほど21時のアップの時には声の送信で脅迫をされていたので総務省の中での話しについては書かなかったが、その後に急に心臓が苦しくなり、お腹に空気が溜まって非常に息苦しくされ、左半身が首、肩、腰、足、喉や口の中まで痛くされたので、何を話したかを書くことにする。

要するに担当の課は電波の割り当てや規制などをするらしいので「双方向の五感情報通信のような被害であり、民生用の周波数ではないと思われる」だから五感情報通信の研究を行っている方々に話を聞いて欲しい伝えた。しかし、実は、そう言った研究をする部署でもこの被害については「知らなかった」、「今ある技術では無理」などの回答を個人的には頂いている。

被害の方は、帰宅直後には音声はボリュームが小さく、脳への攻撃も弱かったので文字を読むのがとても楽で(自然な状態で読めた)文章からイメージを感じ取れるくらいまで行ったのだが、1分程度するとキーンのという音が強くなり、集中力がなくなり頭の回転も悪くなり文章を読むのが嫌になり、最後は自分の心身には関係なく心拍数が高くなってしまい、何か急がなければいけないような気分にさせられてしまった。

「政府高官に嫌われろ」

なんて声の送信で罵られた。

それにしても極悪犯罪である。

寝る。

マインドコントロールの種類

感情の操作というのだろうか、自分の意思とは関係なく、そのような気持ちになってしまう被害がある。それらは感情だけではなく、その精神状態の時に身体に発生する感覚までも作り上げていたりする。それらは本人から盗み取った脳波かも知れないし、全く別にバーチャルとして似たようになるものを送りつけているのか不明だが、本当に様々なところで作用していて声の送信などと共に誘導をされてしまう。

イライラする。
興奮する。
感動する。
悔しい気持ちになる。
笑う。
泣く。
緊張する。
不安になる。
怖くなる。
無口になる。
お喋りになる。
好きになる。
嫌いになる。
正しいと思う。
間違っていると思う。
退屈だと思う。
楽しいと思う。
集中力が出る。
注意散漫になる。

など、その時に発生した自然条件や加害者によって作り出された条件などに対応するようにそれらの感情が発生する。また、自分の思考や感情の延長線上にそれらが追加で行われることもある。


被害日記

昨夜は、それほど苦労することなく眠ってしまった。2時を過ぎていたと思うが、途中で起こされることなく朝8時半に目が覚めるまで眠っていた。もう少し眠りたいと思ったが、歌のリピート送信もなく、悪質な声の送信もないので、そのまま起床した。しかし、陰湿な語りかけは多少あったので、それに対して文句を呟くと「あんな奴、耳を鳴らしてやれ」と声の送信をされてキーンという音がしてきた。着替えていると軽い眩暈と脳に膜が張ったような感じになる。肩や首の筋肉が不自然に痛い。

どうも、眩暈というか思考異常というか感覚異常にされている時は、左右の目が逆転しているように感じる時がある。あくまで想像であり感覚であるのだが、神経の左右バランスを換えてしまう被害があるのではないだろうか。

それは右利きであれば右が中心となって行動をしているのだが、左に神経が行ってしまうとか、手足に関しても、目に関しても、そのようにされている気がしてならない。

朝からコーヒーに入れた砂糖の甘さが感じられず、苦味が強調されていたが、飲み終わる少し前にやっと甘さを感じたり、豆の味がしたりした。腹が立つが毎日のことなので一々気にはしていられない。

そんな訳で、朝から不快・不機嫌にされている。
今日は被害者の会と音楽の練習があるので出かける。

23:11
明日も被害者の会の用事があるので都内のホテルに泊まる事にした。まずホテルではユニットバスの便器の前の鏡をタオルで覆う事にしている。何故なら視野盗撮をされてしまい性器の形にまで言及されるからだ。

今では生活の一部となってしまったが、最初は驚いて換気扇の蓋を外して中を見たり、鏡の中に何かが仕掛けてあるのかと思ったりした。

被害者の会では新しい被害者の方が4~5人来ていて大分苦労なさっているようだった。自分の被害はそれほどでも無かったが、後半になると何故か急にノイズが強くなり、思考能力が低下し、腰と首がギクシャクして椅子に座っているのが辛くなった。

その後は音楽の練習に行ったが、向かう途中で目眩が発生し、そのまま演奏をする事になってしまった。

演奏妨害としては体がギクシャクして上手く動かない、声の送信で罵声を浴びせたり、演奏フレーズを指示されたり、アドリブやソロの時に間違ったメロディーを歌い込まれ曲の何処を演奏しているのか判らなくされた。

異常な疲労感などの妨害もあったが、やはり声の送信をされないと演奏は格段にやり易い。

いまホテルにいるが、先ほどまでは執拗に歌のリピート送信をされていた。今は少し静かになったが、その代わりにキーンと言う音と鼓膜が詰まったような感じにされ、喉が締め付けられているようで苦しい。

しかし、この被害に遭っていると外泊には勇気がいる。


寝る。

武力による人権の弾圧

武器の力によって人権を弾圧する行為。これは絶対に許される問題ではなく、日本でも人権問題はよく取り上げられているようだ。電磁波犯罪と言われている究極の人権侵害はそれそのものであり、武器にあたるものが電磁波という目に見えないものであり、さらに信じられないような高度な技術が使用され、狙った特定個人だけに攻撃することが出来るので表面化しない。しかも、被害者はなぜ自分がこの犯罪のターゲットにされてしまったのか見当がつかない。被害の苦しみは24時間途切れることのない拷問だと言われている。


被害日記

1:48
ひとつ前の日記では思考の抑制が強く働いていたので「不安・恐怖」という言葉で締めくくったが、消灯して寝ようとすると急に歌のリピート送信が強くなり、お腹に空気が溜まり呼吸が苦しくなり、眩暈と脳を締め付ける感じになり、イライラして覚醒させられた。そして鼓膜が詰まったような感じになり、声の送信では憎まれ口を聞かせ挑発してくる。

なんと言う卑怯なやり方だろうか

すぐに起き上がりストーブを点火しパソコンの電源を入れ被害報告をすることにした。これほど酷い武器による人権の弾圧が全国規模で行われている時代である。

3:08
鼻の横に異物が付着したような違和感、頭痛、口の周りの痒みなどにより寝させない。脳内音声では呼吸に合わせてあたかも自分が呟いているかのような声を送信している。

加害者のリクエストに答えてあげよう

先日、マインドコントロールに関してホワイトハウスにメールを出した。その事に関しての直接の回答はないが、まず、大統領夫人から返事のメールがあり、次に副大統領からの返事が来た。

それから、法務大臣への広報も文章は出来上がり、後は少し具体的な資料を足せばいつでも送付できる状態になっている。これほど酷い殺意ある人権侵害であるので総理大臣にも広報をし、今まで広報してきた研究所の所長にもう一度出そうと考えている。

「法務大臣に広報したら殺すぞ」と脅迫をされている。

加害者は政治的にこのマインドコントロールを利用しているのは明らかであり、「民主党に広報すると他の被害者に嫌われるぞ」などのような脅迫も多く聞かされている。

「お前の子供を殺すぞ、もう被害者になっているぞ」という脅迫も頂いている。脳内音声とは言え、これほどまでの攻撃と脅迫をされていたら、果たして耐えられるだろうか。人間を人間扱いしない、武器の力に頼り、社会を混乱させ、対応できない国家をあざ笑うかのように徹底的に特定個人を生贄のように苦しめ続けるテロリストである。

こういう犯罪であることを多くの人に知ってもらいたい。

11:50
その後も痒みなどがあったが無視して根性で眠りについた。
しかし、朝9時に起こされ声の送信で全く理屈の通らないこじ付けの嫌味を聞かされた。起床するには丁度良い時間であったが、「そのまま起床しよう」という気持ちが挿入されて来た感じがあったので、無理やり再度就寝した。そして11時半に目が覚めた。声ではまた、理屈の通らないこじ付けの嫌味を送信している。それも執拗に。

耳に送信される様々なノイズは周囲の自然な音を聞こえないようにするのに十分であり、それらも含めて自然の感覚から乖離させられている。目覚めた直後はそうでもなかったが、今は、眩暈と頭部圧迫感と思考が働かない状態にされている。

加害者は憎しみと恨みの塊のようになっていて、それこそ、そうなってしまう脳への信号を四六時中送信されているのではないかと思ってしまう。

21:32
音声送信のボリュームは小さいが歌のリピート送信は続いている。
今は後頭部と首の付け根辺りに強い違和感があり、眩暈と吐き気がしている。脳の芯が痺れるような、自由に思考が出来ない状態も途切れることなく続けられている。筋肉の操作も行われ自動車を運転する右足の筋肉が異常に疲れてしまったり、楽器の練習の時に身体が動き難くされたりする。

それは、感覚の送信というのだろうか、持っている物の重さが変わったり、太さが変わったり、楽器のタッチというのが変わってしまったりする。

また、身体の動きが変になったように感じさせられたりする。それは実際に見てはいないが、自分が実際に感じ取る体の感覚の他に、体の動きが変になっているイメージ映像を挿入されるので違和感が増強してしまう。それと、筋肉の異常な疲労感も楽器の演奏の大敵となり、一部の筋肉が動かないようにすることも出来るのだと思う。

楽器の練習の後は買い物と食事をしに行ったが、そこでは被害が軽くなったようで、日常の被害に対する苦情が次々に心の中から涌いてきて、それをブログとして別のカテゴリーに細かく記そうと考えたりしたが、買い物の途中から急に脳への攻撃が強くなり、頭痛と記憶障害が始まったのですぐに帰宅した。

その途中で「金縛り」という被害があると思っていたのだが、家に近づくと「金縛り」という言葉だけがどうしても思い出せなくなってしまった。加害者は「早く思い出してくれ」と言ったが、そんな時にはどんなに考えても思い出すことが出来ずに、腹が立つだけなので他の被害者の方に電話をして聞いた。意欲を削がれてしまったので別カテゴリーはやめる。

考える事の自由、行動の自由を強奪されている状態も続く。

日記を書き出すと脳内音声で

「きっと君は大恥をかくよ、大勢の前で証言させてやるよ」
「その日記を書くのをやめれば許してやるよ」

などと言われた。

23:30
先ほどから急に攻撃が強くなってきた。

歌のリピート送信は途切れることがないが、呟かずにはいられなくなるような舌に対する刺激が行われていて、それを説明するための言葉が思い当たらない。

そんな時には必ず、脳や身体への強い攻撃が伴い、思考(感情)が乱れてイライラしたり、居ても立ってもいられないような気持ちになり、お腹に空気が溜まったり、呼吸が乱れて苦しくなったり、頭痛や眩暈がしたりしてパニック状態となる。

とにかく酷い攻撃だ。

24:05
少し攻撃が弱まった。
どうなるかと思うほどのパニックである。
今日は頭部が熱くなっているように感じる。
本当に脳への攻撃をされると人間はどうにもならない。

今日は新しい電磁波テスターが届きました。
electrometer

このテスターは100KHzから3GHzまでの電力密度を測定できる家庭用簡易測定器ということだ。とりあえず手頃な値段と大きさ、スイッチを入れるだけという手軽さなのでひとつは持っていてもと思って購入した。

まず、部屋の中でスイッチを入れると-40.2dBmと表示される。次に携帯電話で時報を聞きながら電話機に密着させると-20dBm(5.8mW/m2)と表示される。更に、Bluetoothという無線で接続されるニューロスカイの脳波センサーを起動させ通信状態のヘッドフォン兼センサーに電磁波センサーを密着させると強い値で-12.1dBm(35.64mW/m2)となり、USBに差し込んであるBluetoothwデバイスから3センチほど離れた所では-14.6dBm(20.04mW/m2)と表示された。

携帯電話の中継基地局からの規制ではスイスが42mW/m2であり、ロシアでは24mW/m2となっているらしい。ひとまず、人間に危害を加える周波数が未知なので身近なところから測定してみたわけで、本当は一般の人にはとても測定できないような周波数ではないかと思っている。

21日1:56
しかし、武器によって勝手に人間を遠隔操作して苦しめ続ける犯罪、どうなるのだろうか。

寝る。

マインドコントロールだから

電磁波による人間の遠隔操作はマインドコントロールを目的としているようであり、それが可能だと思っている。マインドコントロールの程度は色々あり、周囲からの刺激、記憶との照合、思考を開始する動機、思考の過程、思考の結果、意思決定、状況判断、衝動、行動、などのそれぞれに遠隔から影響を与えることが可能と思われ、その結果、電気的に誘導されてしまい、「そのようにしてしまう」、「そのように思ってしまう」ことが被害となる。そこで思った。「自分は病気ではないのか」と思わせられてしまう被害はないのか。


被害日記

6:15
6時少し前に何故か目が覚める。夜は体温操作の影響なのか少し寒かったので電気毛布を強くして寝ていた。その為か、今度は身体か熱く少し汗をかいていた。目覚めた時は、声の送信に操られて単調な言葉の連続を呟かされていることが多い(声は出していないが)。

そして、すぐに声の送信で芝居を打ってきたので無視をするとキーンという音をさせて「お前みたいな奴は眠れないようにしてやる」なんて声の送信をしてキーンという音が強くなり本当に眠れなくなる。そして起きてきてパソコンのスイッチを入れると更にキーンという音が強くなり、鼓膜が詰まったようにされる。

そして歌のリピート送信が始まり、記憶障害にされる。

昨夜も記憶障害が激しく文章の組み立てが大変であった。

11:19
何故か身体が冷えるて眠れなくなり電気毛布の温度を上げている。そんなに気温は下がっていないと思うのだが。なんとか再就寝して目が覚めたのが11時である。

起床時から右側の腰と足の付け根の痛みが発生している。それと頭部圧迫感と軽い眩暈と記憶障害も発生している。後は声の送信による下世話な脅しというか陰湿な語りかけをされている。

しかし、声の送信と同時に「惨めな負け犬のような気持ち」というのを数秒間だけ送信したりされるのもあり、毎度のことながら細かい感情のコントロールが可能なのだと思う。

14:35
今日は仕事場に来てから延々と歌のリピート送信が続けられ、脳への強い攻撃を続けられているのでまともに仕事が出来ない。それを無視して計算などをしようとするのだが、どうしても目眩と記憶障害が強くて考えることが出来ない。それでも、それを無視して考えようとするとイライラとやり場のない怒りが湧いてくる。そして「ざまあみろ、悔しがれ」と声の送信をされる。その他、被害者との仲を悪くさせるための思考操作も発生している。

今日の脳への攻撃は意識が薄らぐような感じにもされていて、下手をするとひっくり返ってしまいそうである。しかも、被害報告のためにキーボードを打つ右手の筋肉に圧迫痛と著しい疲労感が発生している。週末には被害関係の用事があり出かけるので何をされるか判らないという恐怖感から、広報は来週にしようと思っている。

仕事場では腰砕けのように腰に力が入らなくなってしまい、動作が鈍く、頭がボケでしまっているので「まるでボケ老人のようにされている」と被害の説明をした。

殺意のある電磁波テロ、最悪の犯罪である。

本当に濁りドブに殺虫剤を大量に撒いて貰いたい気持ちだ。

24:57
今日は終日、脳を締め付けられるような感じと眩暈と記憶障害が酷く大変だった。思考の抑制のような感じも強く無気力のような状態であり、考えようとすると被害が強くなるので考えることが出来ない。身体も腰に力が入らない感じで動きが鈍くなる。

当然、楽しい気分にはならないので対人関係も上手くは行かない。人と話をすると変な興奮の仕方をしてしまい(心拍数が上がったり、呼吸が乱れて息苦しくなる)その場の雰囲気が悪くなってしまったのではと不安になった。目の下を痙攣させられたが無視をしてそのまま話をした。とにかく仕事は続けた。

記憶障害が強いためか時間感覚もなくなってしまい、特に未来の予定(一週間先とか一ヶ月先)に対して神経が行かなくなり行動の予定が立てられない。過去からの継続性についても自分のブログのタイトルがいつの物か判らなくなったりしている。

全体的に自然環境から得られる感覚を遮断され、加害者によって作り出された偽の感覚の中に包み込まれているようである。しかし、それは穏やかなものではなく、苦痛そのものである。

マインドコントロールであるので、不安感や恐怖感などを作られ、特に「酷い攻撃をされるのではないか」という恐怖がいつも付き纏っていて、日記の内容や言動に対して「目に見えない圧力」となっている。

夜は、お腹に空気を沢山溜められて苦しくて身体が曲がらないほどであった。

こんなに恐ろしい遠隔マインドコントロールが行われている事実

それを放って置くと後が怖いのではないだろうか。

寝る。

電磁波犯罪は証拠を残さずに人を殺せる

2:18
電磁波テロリストの執拗な脳への攻撃が続いている。
睡眠妨害も遠慮なく続けられいる。

呼吸困難、喘息被害、精神を興奮させる、耐え難い怒り、歌のリピート送信、声の送信による執拗な脅迫と意味不明のわめきが途切れることなく続けられ、呼吸のリズム、心臓のリズムを狂わせ自然の呼吸をさせない。さらに、鼻の横に異物が付着したような感覚、顔の筋肉をぴくぴくと痙攣させて「どうだ、これでも寝られるか」と挑発する。

「子供はもう手遅れ」
「お前の家は生贄として選ばれたんだ諦めろ」
「自殺してくれ」

などである。

電磁波による脳への攻撃としらずに自殺した人はいないだろうか。
あまりにも酷い攻撃により再起不能の精神病にされた人はいないだろうか。
事故に見せかけて殺された人はいないだろうか。

マインドマシンには遠隔から人を殺す能力があると言われている。

私も正直、いつ発狂させられるか、殺されてしまうか、不安である。

これが日本で起きている電磁波犯罪の実態だ。
徹底した攻撃の連続で被害を受けていると言わせない。

それでも私は広報を続ける。

3:24
執拗な睡眠妨害をやめない殺人鬼だ。

大学や研究所などに広報をした。
政治政党にも4つメールで広報した。

総務大臣、文部科学大臣、ATRにも広報をした。
今度は法務大臣にしようと思っている。

電磁波テロを野放しにすると死人が増えると思う。

私の書いていることはすべて事実であるが、テロリスト達は「過激なブログ」と呼んでいて「そんなことを警察に逮捕されるぞ」なんて言って被害者を犯罪者に仕立て上げようとしている。集団ストーカーの手口と同じだと思う。

9:53
その後も執拗に寝させない攻撃をされたが、頭が痒くても、鼻の横に異物感があっても、鼻毛をくすぐられるような感触があっても、腰の筋肉を痛くされても、目の下をピクピク痙攣させられても、すべて無視してやっとのことで寝られた。

途中、時計は見なかったが、頭を上から押さえつけられているような感じがして、ぐぐぐーっという低い音と共に首から上だけが感電しているかのように振動していが無視していると、何度も繰り返してやられた。

その後は9時頃になぜか歌のリピート送信と共に目が覚め、声の送信では何か嫌味とか脅迫めいたことを言っていたが忘れた。ただ、加害者は考えが非常に浅いので墓穴を掘ることがしばしばあり、今朝も私を攻めて困らせようとして喋った言葉がきっかけで、広報の時に添付する資料を追加すべきことに気がついてしまった。

現在は、頭痛とキーンという音が強い、同じ頭痛攻撃でも目の奥まで痛くなるので電磁波被害とは思えない方もいるかも知れない。他には皮膚がヒリヒリするような痛み、硬いものを押し付けられたような痛み、部分的、全体的、など様々な頭痛攻撃がある。

電磁波テロリストは社会に甘えていないだろうか。

21:26
今も歌のリピート送信が途切れることなく続いている。
仕事が忙しく時間がなかったので、被害報告はしなかったが、脳への攻撃も途切れる事無く続いている。これは記憶障害が中心で自由に物を考えることが出来なくなる攻撃で、気分も優れずに笑いは少なくなる。仕事で人前で話しをする時に異常に緊張(興奮)させられたり、何かを考えたり、計算をしようとすると急に「脳の芯が痺れる」ような感じになり、イライラしてくる。

攻撃パターンは同じであり、耳へのノイズ送信や鼓膜が詰まったような感じ、意識障害(通常の思考から急に脳内音声の方にスイッチが切り替わったように行ってしまう)などを時折混ぜたりしている。

耳への音声攻撃はよくしられているが、視覚操作というのも実は精神への影響(集中力を削ぐ)があったりするようで、それらも混ぜて行っている。とにかく、人間の遠隔操作装置を利用して異常としか言えないような変質的な組み合わせを考えているようだ。

夜は楽器の練習をしたがやはり執拗な声の送信や筋肉の操作で妨害された。

今日はここまで被害は過激なレベルまでは行かなかったが決して軽くはない。

24:14
鼓膜が詰まったような感覚になりキーンというノイズが送信され、軽い眩暈と記憶障害が続いている。記憶障害だから記憶を消されたり、記憶出来ないようにされているので数時間前に受けた被害のことを忘れてしまったりする。心臓の鼓動が強くなったり、不整脈のようになったりして、眠っているような覚醒しているような感じになったりする。

また、味や匂いなどの感覚が少しうすボケているようにも感じている。それから、突然に呼吸のリズムが狂い息苦しくなったり、お腹に空気が溜まったりする。

最近の傾向としては社交的ではないような、家をでるのが億劫な気持ちになり、引きこもりとか、うつ状態までは行かないが、すっきりしない感じにされている。

抑制モードにされているようだが、歌のリピート送信も途切れることはなく、とにかく執拗に攻撃が続いている。

寝る。

テロリストと交渉はしない

これはアメリカなどの考え方らしい。力強い言葉であるが、私も「ほら吹きテロリスト」とは交渉は一切しない。たとえば「広報をしなければ許してやる」とかよく音声送信で聞かされるが「被害がなくなれば広報はしない」のであり、多少被害が弱くなったからと言っても、それは拷問のような苦しみがなくなっただけで自由と人権とプライバシーは強奪されたままであり、遠隔操作の支配下に置かれている。だから広報を続けている訳だが、とぼけたイタズラのような被害やマヌケな声の送信をするので少し安心していたりすると加害者の殺意が見え隠れするために恐ろしくなったりする。

良く考えてみると「テロリストとは交渉しない」という考えは絶対的な戦闘力を持っているから言える言葉で、私たちのように相手が何処にいるのかも判らずに、攻撃をされたらただ無抵抗のまま一方的にやられてしまう被害者とは立場が違うのである。それでも休むことなく降り注ぐ攻撃に耐え生き延びながら広報を続けているのは勇気のいることである。あるいは脳への信号で被害者を無気力にしてしまうことも出来るので、「広報をさせる」という遠隔操作をしているとも考えられる。

いずれにしても重大な、歴史的な人権侵害であるので被害者の方々とは、犯罪を表面化させるべく、止めさせるべく、活動をしていきたいと思っている。


被害報告

2:11
就寝時から呼吸困難で殺されそうだ。

今回の広報先はATRであるが、明日用事があるので何をされるか判らないので、まだ封筒に入れただけで発送はしていない。それと「お父さんの命を返してあげたいなあ」なんて脅迫もされている。それは「父を殺す」という脅迫と同じ意味を持つ。人類の歴史上これほど卑怯なテロリストは存在しなてだろう。「殺人予告」をしても脳内音声であるので証拠が取れない。

途切れることなく続く被害は

頭部圧迫感(頭痛に近い)
記憶障害(記憶の消去を含む)
筋肉痛(痙攣を含む)
音声送信(声、歌、ノイズ)
意識障害(放心状態になるような)
映像被害(イメージ映像の盗み取り、送りつけ)
思考の抑制(深く考えることができない)
精神状態の操作(不快感、倦怠感、興奮)
3欲の操作
睡眠妨害


毎日行われている被害

お腹に空気が溜まる
心拍数の変化
呼吸困難(呼吸が出来ない、喘息被害)
匂い、味(全くその場にないものを感じる)
痒み
頭痛、腰痛、筋肉痛、神経痛、歯痛
視覚操作(ピントがずれる、明るさが変わる)
肛門刺激、性器刺激(わいせつ刺激を含む)
満腹感、空腹感
身体の冷え(部分的、全身、夏は暑さ)
眩暈(軽度のものから激しい揺れまで)
唇を吸い込むように噛まされる

などで、組み合わせなどではまだ被害は沢山あるが、これだけの被害を毎日やられているわけで、人間として生活なんか出来るわけが無い。場合によっては家族も被害を受けているのではないかと思われる。

電磁波テロ、人間の遠隔操作は殺人と同じだ。


3:14
加害者は広報されるのがよほど困るのだろう。

他の被害者の方にも是非お願いしたいと思う。政治家や研究所への広報である。客観資料と「このような被害があり、野放しにされています」これだけで十分だ。数が多ければ、多いほど効果があると思う。

「お前を殺す」、「親父を殺す」、「子供を殺す」の連続である。歌のリピート送信や声の送信も低音を増強して脅迫としての迫力を出そうとしている。

「行過ぎた広報」、「広報のしすぎ」、「逮捕されるぞ」、「電気を点けたり消したり、近所で笑われているぞ」などとほざいているが、アホらしいので全く無視をしている。ただ、脳内音声であるので嫌でも聞こえてしまうし、睡眠妨害は大変な迷惑となっている。

もっと広報したいと思っている。

3:34
昼間からやられていたが、目の下を痙攣させられている。それと、鼻の横に異物が付着した感触があり、歌のリピート送信も止まらないし、興奮させられているので全く寝られない。

これが科学立国日本の現状だ。

4:18
パソコンがブログに接続出来ないので携帯電話から被害報告をしている。

歌のリピート送信は全く止まらず、声の送信は夜勤のアルバイトの如く投げやりに「苦しめー」を連発しているが決して機械ではなく人間がやっていて、「そろそろ寝させてあげようか」と言い眠りそうになるとびくっと体が痙攣して目が覚める。

それと右の乳首を敏感にさせて、その感覚と共に脳を覚醒させると言うやり方をして絶対に眠れないようにしている。

それからテレパシー通信は口の中の呟きだけではなく、思っただけで加害者と話ができる。しかし、加害者は声の送信を使って語り掛けてくる。

ただ、こうやって被害報告を携帯電話から打っている最中にも考えてもいないことを連続で挿入してくる。
今日はATRの他に法務大臣にも郵送しようと思う。

後は総理大臣が残る。

13:12
結局、就寝できたのは5時頃だったろうか。寒くて身体が冷えてしまい電気毛布の温度を上げて寝たが、9時半にとても寝苦しくで目が覚めて「さあ、今日は出かけるんじゃなかったのか」と声の送信をされたが無視して最就寝して13時に目が覚める。

こんな時間に起きていたのでは仕事にならないのだが、私は「抵抗する」という強い意志の基に寝ている。「たとえ世間から何を言われてもかまわない」と言う意思であり、加害者に尻を叩かれて朝起きて、眠くても居眠りもさせてもらえないのなら昼過ぎまで寝るべきだと。

「睡眠妨害をされても困らない」という意思表示でもある。どちらにしても損害は発生する。自分が寝不足になるか、世間から悪口を言われるか、である。

目覚めと共に歌のリピート送信と声による嫌味、頭痛と眩暈、右の肩と腰と足が痛い。


17:25
ATRに郵便を出しました。

今、集中攻撃を食らっていて、精神状態はほとんどパニックで暴れ出す寸前まで追い込まれている。肉体と精神に対して耐え難い攻撃を受けさせられている時の状態の説明くらい難しいものはない。生まれて一度も体験したことのない苦痛である。もう、本当に物を破壊して暴れ出してしまいそうな気持ちが一時間ほど続いている。そして声の送信では「かわいそうに」を連発して「約束を守れ」と身勝手な意味不明の脅迫をする。

まず、頭痛と目眩と記憶障害と執拗な歌のリピート送信は起床時から続いているが、歩くテンポや動作する速度が急に低下して思考能力も低下して、無表情、無感情のようになり、脳機能に障害を持っている人間にでもなってしまったかのようになる。その状態から脱するために早く歩こうとするが、なぜか出来ない。無意識にそのようにされてしまっている。

次に、精神状態を異常なまでに興奮させて、心拍数も上げて、居ても立ってもいられないような気持ちにさせて置きながら、思考が働かなくなり、強い記憶障害にされてしまう。そして、やり場のない怒りが込み上げてきて、暴れ出したくなる猛烈に強い衝動が起こる。

こんな時に仕事で複数のことを同時に対処しようとしたり、人に話しかけられると耐え切れずに怒鳴りちらしてしまいそうになる。人が見ていてもかまわないので物を破壊してしまおうかと思ったほどである。

もし、気の荒い人間がそのような脳の操作をされた状態で外を歩いていたら喧嘩になるだろう。或いは、さりげなく、そう言った脳の操作を長期に渡って続けていればやがて事件を起こすことにもなるだろう。

電磁波テロとはそのような武器を使っているわけだ。

それら病気や犯罪を起こさせるための遠隔操作については別途解説したいと思っている。

今も遠慮なく攻撃が続いている。

「濁りドブのゴミ」どものテロが続く限り、こちらも遠慮なく広報は続ける。

24:57
その後も脳に対する攻撃(記憶障害が中心)が延々と続いている。
夕食後にはサウナに行ってきたが、なぜか仕事のことばかり考えてしまった。3秒にひとつ作業が出来ると1分間で何個か、一時間では何個出来るか。一つが130円なら1000個でいくらか。などの暗算をしていたが、脳に対する攻撃が強いとその程度の計算をするのが大変で、まず、計算そのものが正しいかどうか不安になってしまう現象があり、次に、最初に計算して置いた答えと、その後に計算した答えを足す場合に、最初に計算した答えを忘れてしまったり、本当にその数値で良かったのか不安になってしまう。

そんなことを何度も繰りかえし計算をしていたが、記憶障害とセットで行われる被害は、頭部圧迫感と軽度の眩暈であり、脳の芯が痺れるような感じでもある。

その後は、再びイライラして暴れだしたくなるような精神状態にされ、例えばガラスがあればそこに頭を突っ込むイメージ映像を送信されたりして大変だった。そんな時も歌のリピート送信をしながら「これで懲りただろう、もう広報するな」と声の送信をされた。

帰宅後は被害者の方と電話で話しをしたが、最初は笑いが全くでないで苦情ばかりを言っていた。酷い被害に遭うと自分のことだけで精一杯になり、他人のことを考えられなくなったり、心がすさんでしまい(精神状態の操作で)人格が変わってしまうこともあるだろう。

途切れる事無く「脳を攻撃する」というのは重罪だと思う。

寝る。

追記、その後も激しい記憶障害が始まり、暴れだしたくなるような怒りが発生してくる。「子供を超能力者にしてあげよう」、「お父さんが何を言ったか当てさせてやろう」と脅迫をされている。下唇を右側だけ吸い込むようにして噛んでしまう被害に遭い、感覚を麻痺させられると怪我をするほど強く噛んでしまいそうで不安になる。

「かわいそうに」という女の声も執拗に聞かされる。

広報は続けるつもりだ。

大衆マインドコントロールの危険

電磁波犯罪という人間の遠隔操作について理解して頂くには下記の2冊が必要だと思っている。

マインドコントロール 小出エリーナ

左の本は「人間を遠隔操作できないか」という研究が行われてきたことについて記され、右の本は私たちと同じような遠隔操作被害について「マインドマシン」という呼び方で記されている。そして最後には大衆マインドコントロールということに関しても触れられている。

たとえば、被害者であるあなたの周囲には被害者ではないかと思われる人がいないだろうか。また、あなたの人生を誘導したりするのにその人間を利用していると思ったことはないだろうか。仄めかしなどをした人間が加害者ではなく操られていたと考えることは出来ないだろうか。

もし、その通りであれば、問題は同時に「より多くの人に被害を受けさせることが出来るのか」、「それほど大変な手続きを得なくても被害者を作り出すことが出来るのか」という所にくる。従って本人の知らない内に、我々と同じようにプライバシーを盗み取られている可能性があるだろう。

それから、愚民にしてしまうような脳への信号送信を経験したことはないだろうか。それは深く物を考えるのが面倒になり手近なところで楽しんでしまう感じである。それに近いものはテレビなどの放送に現れているかも知れないが、そう言った流れを批判したり、その中で楽しんでいる人を批判している訳ではなく、あらゆる社会の流れに対し問題があると言っている人はいるので、それとは別に、私は遠隔操作による愚民化の危険はないのかと言いたいのである。

多くの社会的な問題以前に自由と人権とプライバシーを完全に強奪されてしまっているのだから、そちらの問題がなによりも先にくるわけである。


被害日記

9:46
昨夜は、目だった睡眠妨害はなく寝られたが時計は見なかったが一度目が覚めた記憶がある。次は8時半に目が覚めてそのまま起床した。しかし、ボリュームは小さいが音楽のリピート送信と口数の減った声による嫌味と脅迫が目覚めと同時に行われ、著しく気分の悪い目覚めとなっている。頭部圧迫感、軽い眩暈、キーンという音、腰や肩の痛みなども朝から発生している。

11:43
起床が早かったためか、ようやく時間が取れたので広報のための資料を印刷しようとすると急に視界が薄暗くなり「薄い網掛け」になったような感じになる。気持ち視野が狭くなったようにも感じる。それを無視して印刷を開始すると、今度は脳内が「薄い網掛け」になったようになり、記憶障害と合わせて著しく思考の妨害をされる。思考がすっきりしない感じは、目眩や音声などによるものではなく「網掛け」と表現するしかない感覚だ。

被害を受けさせられ続け、脅迫をされ、被害を受けていると言わせない。これではもう、被害者はどうにもならないだろう。

15:37
本日の被害報告

高齢の父親が階段から落ちて怪我をした。これについては被害であるとの確認は取れないが、私が京都駅の階段から一瞬、意識を失って転落した経験があるだけに嫌な感じがする。しかも、会社でも私ともう一人の人間にしか感じない強烈な臭い被害が発生しているからで、その部屋に行くと殺虫剤のような石油のような揮発性の臭いがしている。確認の為に他の人にも来てもらったが、何の臭いもしないと言う。しかし、その時にも私には強い臭いを感じるばかりか、喉がヒリヒリして気管が苦しくなり、吐き気がして、まるで毒ガスを吸わされたのではないかと思うほどである。

私は、頻繁に「様々な匂い」、「喉がヒリヒリ」、「吐き気」、「呼吸困難」などの被害を受けさせられているので、電磁波テロリストがまたやっている、くらいにしか思わないが、加害者はそれを私に対する脅迫の材料として声の送信をしてくる。

「お前、恨まれるぞ」、「お父さんを殺して」などだ。

23:19
強烈ではないが脳への攻撃は途切れることなく続いている。
日曜日に演奏した音楽を聞いていたが、あれだけ酷く妨害をされている中でよく頑張って演奏を続けていると自分で関心した。なにしろ脳への攻撃で記憶は消されるし、声の送信は途切れないし、筋肉の操作で身体が不自由になるどころか勝手に動いてしまうわけだから。そして、そのプレイバックを聞いているとどんな攻撃をされていたかを思い出す。

声の送信では「よくそこまで醜くなれるなと」関心してしまうほどの汚らしい言葉を連続で聞かされた。音楽に対する妨害はやはり激しいようだ。

今日あたらしく「濁りドブ野郎」というあだ名をつけた。

本日は次の広報先への文章が完成した。

後は宛名を書いてポストに入れるだけだ。

17日1:28
各種攻撃は続いている。
結局、歌のリピート送信と脳の操作により強制的にテレパシー通信の世界に引きずり込まれ、結果、加害者が差し込んでくる貶しに対して反論するか、意味のない加害者に対する嫌味のリピート、のどちらかを続けているわけで、一人で考えたり、音楽を聴いたりなどはあり得ない。

それらは声には出さない呟きとなっている。

こんな事を何年も続けられていたらどうなるだろうか。

寝る。

人間の遠隔操作=マインドコントロール=洗脳

脳内音声の送信には種類があると思う。ただ聞かせるだけではなく脳に何かの影響を与えながら声を送信したり、偽の感情を作り出す何かを送信しながら声を聞かせると、そのタイミングなどにより人間は完全に騙されてしまう。騙されてしまった例は多く、私にもそんな経験がある。それはイメージ映像の脳内挿入やひらめきのような思考の挿入など影響力の強さや方法も様々で具体例を挙げて説明すると多くの文字と時間が必要となるが、それらはその被害者個人の特徴に合わせて行われることが多い。

私の場合は音楽の演奏をしている時に、どのような方法をとれば声の送信で指示(演奏フレーズを声で聞かせる)した通りに演奏するかなどを試しているようにも思える。最初は演奏妨害に専念していたのだが、最近は実験をしているのではないかと思ったりもする。

音楽の演奏に関してはテンポがあり、他者との合奏でもあるし完全にイメージ(精神世界)からの行動であるのでリアルタイム性が強く、声を聞かせるタイミングが重要となっている。無意識でなければ良い演奏にはならないし、強い脳への攻撃をしたらまともに演奏は出来ない。そのように加害者が人間の遠隔操作の技術を磨いているようにも思えてならない。

また、周囲の人間にも何かの思考を挿入したりして被害者の近辺が上手く行かないように操作している可能性も否定は出来ない。

マインドコントロールに逆らうことが出来なくて困っている方のブログ
平塚、東京、ロンドン、横浜


被害日記

5:03
寝てから2時間で起こされるというのは、かなりの強度の拷問であり、そのような被害が数年続いている。先ほども一度目が覚めたが、余りの眠さに眠ってしまったが、何か苦しくて目が覚めた。嫌な気分にさせる時に良く使われる歌のリピート送信と共に声の送信で脅迫を立て続けに浴びせられた。これらはあらかじめ録音した音声でも可能である。

次に、腰が痛くなり、頭痛も発生し、耳にはかなりのノイズが送信されている。キーンという音にも何種類かあるが、そのほかに低周波のパルスを聞かされた。よく掃除機が回っているような低い音を聞かされることもあるが、低い音を耳にすると嫌な気分になることがあるので脳内音声で低いノイズを送信することもあるのだろう。

「どんどん被害が酷くなるぜ」と脅迫をされている。

10:23
その後はそれほどの睡眠妨害もなく眠れて、9時半頃に目が覚める。疲労感があり、頭部には頭痛に近い圧迫感と軽い眩暈がしている。寝起きには会社のことを題材にして脅迫の音声を聞かせた。音声のボリュームは下がっているためにキーンという音が目立つ。歌のリピート送信もされている。

18:17
仕事が忙しいので中々自分の時間が取れない。何故か、以前は仕事どころではなく、心が中に浮いたような状態であったが、最近は妙に仕事の方に神経が行く。しかし、テレパシー通信接続状態であるので、心の自由や身体の自由、プライバシーがないのは勿論、自分が遠隔制御をされている事は常に感じさせられてしまう。それは当たり前で、ボリュームは小さくなっているが音声送信による介入が途切れないし、頭部圧迫感や思考の自由を奪われている感覚が継続しているからだ。感覚と表現しているが実際に来客と話ていると急に音声送信の方に神経が行ってしまい、相手の話を聞き逃してしまったり、トイレに行くと肛門に対する妙な刺激をされたり、考えようとすると急に思考が働かなくなったりするからだ。軽度の被害と報告すればよいのだろう。しかし、軽度とは言っても遠隔拉致されていると言うことは重大である。

意識が向く事柄、考えている事柄、歩くテンポ、精神状態、尿意、便意、空腹感、性欲なども遠隔操作によって支配されていると感じている。しかし、「どれが本当の自分か」などの神経質なことは考えずに、苦しまないで一日が過ごせれば「助かった」という気持ちだ。

24:59
夕食後は少し眠らされてしまったが、その後は「早く広報文を作成してくれ」なんて声の送信で催促されたが、それほど酷い攻撃をされなかったのでパソコンに向かい、最近興味のある測定器などを調べることが出来た。しかし、値段が高いので何かと考えてしまう。超高周波の領域は普通の人には手が出ない値段であり、無理をして購入しても加害との決定的な関連が見つからなければ無駄になってしまう。

被害はそれほど酷くないが、どうしても自分の精神の中心に届かないと言う感じが続いている。それは、脳に対する影響を受けているためで、精神への介入のために「常に独りになれない」という思いがあるのと、実際に知覚や記憶、身体と自分本体(心の中心)との間のやり取りに攻撃による障害が起きている、という二つの問題があるのだと思う。

右足の痛みも鈍いが取れることはない。

寝る。

「日本国を汚してくれ」だとさ

10:42
今日の日記タイトルはさきほど加害者が私に対して脳内音声で罵声の一部として無理やり聞かせた言葉だ。武器を使って計画的に、組織的に、暴力を伴った人権侵害は殺意がなければ絶対に出来ない。その加害者の言葉である。

昨夜は、それほどの睡眠妨害はなく、知らない内に眠ってしまった。夜中に一度目が覚めた記憶がありるが、時計を見たのは9時で、「ざまあみろ」と言われたが無視をして眠った。次は目覚ましが10時にセットしてあるので、その目覚ましで目が覚めた訳である。

12:21
まず目覚ましが鳴っても強烈な眠さの為に起きられない。ゆっくりとしたテンポで音楽のリピート送信がされていて、声は少なめだが「どっちが得か良く考えてみよう」と言うのを寝起きの頭に挿入された。これは広報をするな、と言う脅迫である。

とにかく、その眠さは異常で、まるで痺れ薬でも飲まされたかのようであり、やっとの思いで起きて来てタバコを吸っていると例に寄って腰と右足が痛くなる。
続いて、目眩がして重力が強くなったように感じさせられた。これは背中の筋肉に力が入らないようにさせ、下に降りるような感覚にさせているように思った。
その後パソコンにて日記を書いていると、あらゆる感覚(五感)が普段より鈍くされているように思った。

それと以前にも書いたが、意識が向く方向の操作や意思決定に関する操作が行われていると感じた。人間の遠隔操作はそのくらいまで深く、細かく出来るのだと思う。

だから遠隔操作のことに気が付かないで無意識に生活をしている人の方が、そう言った操作に操られてしまう可能性が強い。私たちは遠隔操作の被害者である事をわざわざ加害者が知らせてくれている訳である。

今日は被害者の会と音楽の練習の為に都内に向かっている。

余談ではあるが、最近はスポーツの世界では遺伝子を調べて、その人間の適性に合わせて種目を変えたり、練習メニューを変えているらしい。脳科学もそのように使われているらしい。考え方に寄っては危険な世界であり、そう言った情報に人間が支配されなければと思う。

21:38
今も盛んに歌のリピート送信をしている。精神への介入や操作も途切れない。

今日も音楽の演奏妨害が遠慮なく行われた。以前のような激しい記憶障害や強い目眩、意識が遠のくようなやり方はしないが、確実にまともな演奏ができなくなるやり方である。

まず、緊張感を無理やり作り出す、興奮をさせる、筋肉を操作して勝手に動かしたり、自分の意思の通りに動かないようにする、声の送信で曲の違う部分のメロディーを聞かせて何処を演奏しているか分からなくさせる、などである。

当然、一緒に演奏している人やスタジオ内にいる人には、私が勝手に間違えたようにしか聞こえない。

どんなに腹を立てても無駄なので、ただひたすら我慢をする。しかも、実力を出せるかどうかは、すべて加害者に握られている。

後は、声や歌の送信の時に「非常にうっとうしく思う」、「嫌だなあと強く思う」などの感情も同時に送り付けられているのを感じとれた。

24:01
今も「お前はバカ」という替え歌をリピート送信している。拍手コメントに「音声送信に脅迫されて飛び降りようとした人が精神病院に入っている」というのがあり、それを読んだら加害者は多少動揺したようだが、急に肩が凝り、頭が強く締め付けられ、眩暈がしてきた。攻撃を止めることを知らない、そのくらい不敵な奴らであり、武器による攻撃なので避けることが出来ず、私たちは正直、命がけにさせられてしまう訳である。

極悪、最悪という言葉がぴったりだ。

15日1:27
「耳印さん、もうおよしなさい、人殺しにあうぞ」
と脳内音声で送信された。

この殺意ある人権侵害、野放しでは困る。

寝る。

電磁波による殺人行為は執拗に続けられる

1:53
脳内音声による歌のリピート送信、耳が詰まってしまったかのような感じとキーンというノイズの送信、接続されたままのテレパシー通信による思考盗聴と思考への干渉。考えることの自由まで奪い取り、肉体にも痛みによる苦痛を与え続けたまま、その苦しんでいる状態をあざ笑うかのように徹底的に攻撃を続けている。

テクノロジーによる殺意ある人権侵害

これが野放しの状態である。

被害者は心の中に他者が侵入したままの状態で寝る事さえ許されない。

科学立国日本と言われているようだが、これではもう、精神病院に強制入院させられたり、自殺してしまう人がでるのが良くわかる。それほど酷い攻撃をなんの罪もない人間に対して止むことなく続けているテロリストである。

6:04
就寝が2時、4時に起こされたが無視して寝る、6時に「殺される」人工夢を見させられ「助けられないんだ」という下手な台詞を聞かされ目が覚める。

心臓が苦しくて目が覚めた。

余りにも眠いので、無視してそのまま寝たいと思ったが、太ももの裏、左右の背中、頭など身体の下側になっている部分を痒くさせられ、どうしても再度眠りに就くことをさせない。加害者は「早く起きて日記を書け」、「広報をするとどうなるか、見せしめにしてやる」と脳内音声の送信をした。それから「不自然な時間に起きて電気を点け、日記を書いていると妙な噂が出て、職業を失うぞ」と脅迫もされた。

ここまで書くと脳が働かなくなった。

しかし、広報は続けさせて頂く。

ところで、腰と足の付け根は日記を書き出したら急に痛くなりだした。

7:05
あれから一時間、一秒たりとも止まることのない痒み攻撃で全く眠れない。

日本で、こう言ったテロが行われているのは事実である。

「もっと被害が酷くなれ」と声の送信で言っている。

もっと広報をしようと思う

13:05
その後は何とか眠れたが11時半に目が覚め、同時に歌のリピート送信と声による嫌味が開始された。12時半に起床したが椅子に座ってタバコを吸っていると腰と右足の付け根が非常に痛くなって来る。靴下を履くのにも痛くて苦労をしている。しかし、それほど痛いのなら、すべての動作に障害が出るはずであるが、その痛みは完全にはなくならないが、行動に明らかな支障を来たさない時もある。

着替えていると急に眩暈がして頭部圧迫感が出る。

広報活動をしたいのではあるが、自分の生活も大切なので(被害のことで外出が多く部屋の掃除もしていない)とりあえず私事を優先させたいと思う。それにしても睡眠妨害がなければ時間はあると思うのだが。

brainwave2 brainwave1 wavehand

昨夜、計測した脳波であるが、左の写真は右上のレベルメーターのところに白い線があって、それがリアルタイムで動いている。しかし、昨夜はその線が激しく上下動をしていたので写真を撮ってみた。写真ではひとつの波しか映っていないが、それ以前にはもっと激しい波が連続で出ていた。(写真には撮れなかった)それはまるでオシロスコープで電力制御をしている波形を見ているかのようであった。(自然発生する波ではなく機械的なものだと思う。写真の波は自然に発生してもおかしくはない)

右の写真は、偶然撮れたもので逆に白い線がまっすぐである。それと右下のメーターがリラックスと集中力を表しているそうだが、両方とも数値が高い。(私は何もせずに座っているだけだ)

後は、ガンマー波が強いように思っている。とくにLow Gammaというのがいつも強く出ている。それから、脳波センサーはBluetoothという2.45GHzの無線なのでもしかすると外部からの妨害があるかも知れない。

一番右にある手書きの波形がその時に観測されたもので、突然のことなのでよく覚えていないが下側にも対象形の波形があったかも知れない。このような波形はオシロスコープで電気の測定をしている時にノイズとして出くわしたような記憶がある。

23:11
その後は用事のために外出をしていたが、歌のリピート送信と声による干渉は途切れることなく続いている。曲はその時々で替わっている。夜は楽器の練習をしたが、意識障害というか強い記憶障害というか、コンスタントなリズムが取れているかの確認が出来なくされた。それはよくやられる被害であるが、短時間の記憶の連続性がなくなってしまうように思う。

たとえば仕事でパソコンの電源を落とす前にファイルのバックアップ作業をするが、毎日やっている作業なのにフォルダーを選択して張り付けた時に「本当に今選択したファイルで良いのか」、「間違って別の場所に貼り付けてしまったのではないか」など考えなくても出来る作業を間違えたり、間違ってしまったように確かな確認が取れなくなるのと同じだと思う。

後は筋肉の操作で身体が動かなくなったり、耳に何かのノイズを送信され音が良く聞こえなくなったり、引っ切り無しに声の送信をされたり、歌を歌いこまれたりの妨害をされた。

今、日記を書き出すとまた腰と足の付け根がとても痛くなった。右足はどうも、足を持ち上げる時に使う筋肉が動かないようにされているようだ。たまに数センチの段差に足をぶつけてしまうことがある。それも自分では無意識に毎日何度も行き来している場所である。

また、妙にニコニコと笑って気さくで陽気な人になってしまう被害もある。腹が立って暴れだしたくなったり、無愛想で無口な人になるよりは楽しい方が良いので見過ごしてしまうが、遠隔操作として行われているのだろう。

それにしても途切れることのない遠隔操作、酷すぎないか。

14日1:48
最近は睡眠妨害のせいで就寝時間が遅くなっている。
歌のリピート送信を中心に細かい被害が続いている。

寝る。

日本はいま戦争をしているのか

今、被害者が急増している電磁波犯罪。その正体は人間の遠隔操作であり、マインドコントロールであり、洗脳であり、遠隔拉致であり、殺人と同等の計画性のある最悪の人権侵害である。こんなテロリストが生きていられては社会が迷惑をすると言うのが事実だ。

戦争捕虜でも普通の兵士に24時間の拷問を1日も休まずに続け、自殺、発狂に追い込まれる事はないだろう。犯罪被害でありながら精神病扱いであり、誰一人として犯罪の実態調査をしない。しかし、その被害実態は悲惨そのものである。

どなん事をしてもかまわないから被害者を精神病に仕立て上げること

加害者の目的はただそれだけである。

就寝してから一時間、全く現実からかけ離れた、バカとしか言い様のない戯言を脳内音声により一秒たりとも途切れずに無理やり聞かせ続け、脳を覚醒させ、絶対に眠らせないようにしている。最後は暴れだしたくなる脳波を絶妙なタイミングで送信してくる。一歩間違えば物を破壊して夜中に暴れてしまいそうである。

聞かされるのは「笑ってあげよう」、「かわいそう過ぎる」それだけで、底に導くまでの語りかけは何の根拠もないデタラメのその場の思いつきである。相手にするのもバカらしいが、脳内音声であるために嫌でも脳内に聞こえてしまう。最後は「無駄な時間を過ごさせてやろう」、「お前の人生を台無しにしてやろう」と言い出した。

今は「神に逆らえ」などとほざいている。

そして、先ほどまでは全く痛くなかった腰と右足が急に痛くなる。

それにしても、加害者のその醜い発想と言い、言葉と言い、極度なストレスと極限を超えた屈辱の中で生活をしているとしか思えないような信じられないような世界である。一時間の間の言葉は黙って聞いているがとにかく覚えているのは「笑ってあげよう」、「かわいそうに」だけである。

私を怒らせて被害日記を書かせ、広報をさせているのは加害者であり、被害がなければ私は何もしない。こんな日記を書くのも正直面倒である。従って、加害者は私に日記を書かせ、政治家などに広報をさせ、何かを企てているのだと思う。しかし、私は被害を受けている限り日記も広報も続ける。

そして何かにつけて偉そうに連発する言葉は「許してあげよう」、「許してあげたかったけどやっばりやめよう」である。しかし、そんな言葉に惑わされることは全くない。

ただし、遠隔操作には人間は逆らえないと言うことである。

そう言った武器を手に神様にでもなった積もりで犯行声明も出さない薄汚いテロリストどもはいずれ社会に葬られることだろう。ここまで書くと加害者は脳内音声で「生意気にもほどがある、明日も広報させてやろう、その代わり命を落とすぞ」と脅迫をしている。脳内音声であれば何を喋っても許されると思っているバカどもである。特定個人の前でだけ偉そうになって思い上がっている。その程度の輩である。

3:28
上記アップ後に、「大勢の前で笑い者にしてやる」と声の送信をされた。加害者とはそれだけしか頭の中にはないのだと思う。哀れと言えば哀れだが、殺人と同等のテロは許されるものではない。

全く途切れない、脳内音声による単発の嫌味は、普段関わっている人間の名前を全部出して「笑われてるぜ」、「嫌われているぜ」、「会社で恥をかけ」、「近所で何と言われている知っているか」などを続け、一回りするとまだ最初に戻り同じ名前を出しては続ける。私は声に出さない呟きで加害者に言う「それがとうかしたか」。そうすると今度は痒みを連発する。

しかも痒みは身体の下になっている部分に発生するので一々身体を持ち上げなければならない。そう言った陰湿なことだけを休まずに続けるのが電磁波テロの特徴である。そのせいで精神病院に強制入院させられた被害者は多い。

「被害日記を書かせてやるぜ、長くなると誰も読まなくなるぞ」なんて事まできにしている加害者である。ハッキリ言って加害者は病気だと思う。

早く全員、死んでもらいたいと思っている。


私の子供ばかりではなく、「兄弟にも被害が及ぶぞ」と脅迫をされた。

4:36
就寝後、3時間半経つが全く眠らせようとしない。
痒み攻撃と醜い声の送信は一秒たりとも止まらない。歌のリピート送信も止まらない。「悪たれを突くのをヤメロ」なんて言い出すが、加害者の脳内音声は悪たれだけである。しかも、武器を使った一方通行の殺人行為だ。先ほどは政治政党にメールを入れた。まだ、別の政党にメールを入れようと思う。

このままでは本当に殺されてしまう危険がある。

これが21世紀、日本の現実の姿である。

5:34
まだ一睡もさせてもらえない。
「大事な仕事を失え」と言っている。加害者は一秒も休まずに早口で延々と単発の嫌味(現実にはあり得ない事)を続けている。全身(変体なので陰部を痒くさせるのが大好き)に多発する痒みも止まらない。歌のリピート送信も続けている。もうひとつ、政治政党にメールを入れた。何しろ殺される可能性があるからだ。

法務大臣と総理大臣とATRに広報する計画は実行する。

被害者のみなさんも電磁波犯罪に関して政治政党にメールを入れることをお勧めする。


何しろ、テロであることは間違いない事実なのだから

寝ようとすると暴れだしたくなる脳波も送りつけられた。加害者は全く理屈の通らない一方的な間違った語りかけを送信し、なんとか「参った」と言わせたいようで「お前だけは被害に遭う理由がある」なんて言ってくる始末だ。囲い込み洗脳と言うか、寝させないで行う強烈なマインドコントロールである。

5:54
今度は心臓を苦しくして寝させないようにしてきた。

勿論、痒み、痛み、歌のリピート送信、声による嫌味、脅迫も全く途切れない。

6:06
今夜の睡眠妨害のため4つの政党にメールを出した。
そうせざるを得ない状況というのが正直なところだ。

6:27
今度は、心臓の苦しさに加えて、呼吸困難と喘息が追加された。
そして、一時間置きに電気を点けて、ストーブのスイッチを入れて日記を書いているので「近所の家にキチガイ扱いされているぞ」と罵声を浴びせている。そもそも、この犯罪被害を世間に訴えるのには、そのくらいの覚悟は必要で冗談抜きに、命掛けである。

何しろ殺意がなければ出来ない犯罪であり

自殺した被害者が確認されているのだから。

上記を盗み取った加害者は「その言葉を聞いて泣いて喜ぶ奴がいるぜ」、「永遠にお休みなさいと言わせてもらうぜ」と言った。これが電磁波犯罪の加害者の正体であり、子供の声や若い女の声とかを使っているが、ただの殺人鬼である。

11:40
その後も睡眠妨害攻撃は止まらず、やっとの思いで寝ると8時半に強制的に起こされるが、日記を書くだけの気力がなくそのまま寝る。

次は11時半に起こされ「民主党に謝れ」と盛んに脅迫をしている。眠くてたまらないのだが、遠隔操作の痛み(腰)のためにどんなに眠くても寝ることは出来ない。

この痛みは以前、救急車で運ばれて入院した時と同じだと思った。

本当に、このままでは殺されてしまうような気がするが、広報をやめる気は全くない。

23:58
今、歌のリピート送信と声による貶し、頭部圧迫感、眩暈、記憶障害、呼吸困難、イライラ興奮する操作、お腹に空気が溜まる攻撃、足と腰の痛みをすべて同時にやられている、かなりの拷問状態である。

昼間は仕事が忙しく、被害に関することは何一つ出来なかった。歌のリピート送信や声による嫌味、脅迫夜は全く途切れることなく続けられ、記憶障害や思考能力の低下があるので仕事でも深く物を考えるのに苦労をした。夜は楽器の練習をしに行ったが、一時ほどの激しい脳への攻撃などがなく楽しく練習が出来た。しかし、声による干渉や喋りは全く途切れずに、足の筋肉を攣らされてしまったりした。

その後はサウナにリラックスのために行ったが音声送信による思考への干渉以外は余り無かったと思う。しかし、サウナを出るととたんに強い攻撃が始まり、パルス波のような振動感が胸や頭部に感じられ上記のような拷問状態のまま帰宅した。

頭の中で物を考えることが出来ないようにされているので複数のことを一時的に記憶して置き、最後に全部を足すなどの計算をするのが大変な苦痛である。それには体感や精神状態としての苦痛が伴っている訳で、記憶障害だけなら同じ事を何度でも考え直せば済むわけだし、音声送信などが煩くても無視をすればよいのだが、脳を締め付けるような感じや眩暈、首や肩の筋肉の硬直のような苦痛が伴っているわけだ。

この極悪犯罪を止めさせるにはどうしたら良いだろうか。

加害者は「広報をするな」と言うが、何もしないで黙っている被害者でも被害がなくなったと言う話は聞いたことがない。しかも、被害がなくなれば私も広報などするつもりもない。

今も、執拗な攻撃が続き「お前はバカ」というのをずっと繰り返し聞かせ、挑発をしている。これでは広報をしない訳には行かない。こんな酷い人権侵害が野放しでは全く話にならない。

痛くて、苦しくて、考えることも何も出来ない。

これでは死ねと言っているようなものである。

寝る。

私たちは貴方の幸せを願って止みません

1:10
「私たちは貴方の幸せを願って止みません」

この言葉は、被害初期に加害者が脳内音声で聞かせた言葉だ。

就寝してから1時間を過ぎるが全く眠らせようとしない。

お腹の空気の溜まる攻撃をされ、後頭部と首の付け根あたりに締め付けられるような圧迫感があり、眩暈がし、顔や足などを痒くされ、とてもではないが寝られない。それよりも脳を覚醒させられているのだろう。それ以前は、眠くて、だるくて起きていられなかったので風呂にも入らずに寝た。

なにが起きても「ざまあみろ」しか言わないバカな加害者の貶しや間違った思考誘導などには慣れてしまった。そして起きてくるとイライラと興奮する脳波を送りつけてくる、パソコンを起動すると必ずフリーズするパターンも決まっている。

そして「殺されろ」、「笑われろ」の連続になる。

愚行ではあるが重大な人権侵害である。

5:48
突然、目が覚めると音楽のリピート送信と下らない声の送信をしている。3時過ぎにも目が覚めた記憶がある。パソコンのスイッチを入れると起動するのに普通の倍くらいの時間が掛かる。そういえばネットワークケーブルを外してスイッチを入れたらあっと言う間に起動した。

睡眠妨害攻撃を受けてから3年くらい経つだろうか

お金でも装置でも同じであり、使っている人間の品格がすべて現れる。マインドマシンの使い方においても全く同じだ。それにしても卑怯で薄汚いテロリストである。今世紀最大のゴミだ。

私は奴らをドブゴミと呼んでいる。

また、腰と足を痛くされている。勿論、脳への攻撃もだ。

9:23
突然、夢でも見たかのようにうなされて目が覚める。
酷い疲労感のある、全く寝た気のしない目覚めである。
キーンという音が右の耳を中心に送信されていて、右の耳だけ音が異常に煩く感じるように操作されている。これも加害者の得意技だ。歌のリピート送信がかすかに聞こえていて、声では脅迫と嫌味の連発をしている。

パソコンの前に座ると急に腰と右足が痛くなり、「書けば、書くほど、嫌がらせをするぞ」と声の送信をされ、重力が強くなったかのように急に身体の重みがまして、腰の痛みが強くなる。これも感覚の操作だと思っている。ついでに久々に左の肩を痛くされた。

2月の末に「テクノロジー犯罪大阪フォーラム」が開催される。

昨日、その案内を関西地方に住む方に2通出した。

今日は研究所と政治家への広報を考えている。

「私は、加害者の死滅を願って止みません」

21:17
日記にはとても詳細は書けないが、テレパシー通信が接続状態であるので、加害者との言語によるやり取りは激しいものがあり、脳や身体に耐え難い苦痛を受けたままの状態で途切れることなく戦いを強いられる。負けてしまえば寝たきり老人や痴呆症のようになってしまうかも知れないし、病院へ行ったとすれば前後不覚になるほどの強い薬を飲まない限り電磁波による被害から逃れることは出来ないと思う。

午後には子供を連れて買い物に行ってきたが、その時に駐車場で子供が気になる言葉を口にした。「あっ、いま耳鳴りがした、あの車が来たら耳鳴りがした」のだそうだ。私も被害であることを確認する以前に「耳鳴り」という現象がたまにあった。それは、片方もしくは両方の耳が一瞬だけキーンとなって何も聞こえなくなりすぐに元に戻る現象で、それを自分では耳鳴りだと思っていた。後は、音楽スタジオで極めて大きな音を出した後に音を出すのを止めると、しばらくの間、耳にキーンとかシーンと聞こえている現象である。

声の送信では「かわいい子供を被害に遭わせてやる」と脅迫されているが、家族にも被害が及ぶと言う話は珍しくはない、しかし、防ぎようがないので自分の被害も含め諦めざるを得ない。だから、この犯罪を止めさせなければならないと強く思っている。

電子辞書の乾電池が入れてすぐに空になってしまうので充電式のものを買ってきた。説明書を読み出すと急に目眩と後頭部に圧迫感が発生し、イライラして気忙しくなり説明書を満足に読めない。自分で理解しながら読むことをさせないのだ。脳内音声がわたしよりも先に読んでしまうために吊られて一緒に読まされてしまうが、記憶障害も起こされているので結果何一つ頭に入らない。仕方ないのでゆっくりと読み直すと今度は強烈に暴れ出したくなる衝動が起きる。椅子に座っているが足と腰の痛みが強く、立ち上がる事が出来ない。その間も声の送信での貶しと脅迫は続いている。

その後は楽器の練習をしに行ったが、自動車を運転している最中もスタジオに入っても強烈に暴れだしたくなる衝動に駆られ、耐え切れない衝動であるために、側にある物を蹴っ飛ばしてしまおうかと思った。しかし、それが加害者の狙いでもあるので、我慢をした。運転中も声の送信で「その右足を踏め、前の車にぶつけろ」と聞かされたが、声の送信とは関係なく、そうしてしまいたい気持ちにされてしまう。

練習中は何度か体が思ったように動かなくなるような神経攻撃を受けたが、強力な脳への攻撃がなく声による干渉程度であった。しかし、激しい怒りの衝動は何度もやられた。

今は、右肩と腰と右足の付け根が痛い。これは、身に覚えのない部位であり、痛さに強弱があり、痛くしたり、止めたりをされるので被害と判る。しかし、寝ている時に人工的な痛みで熟睡できないのは苦痛である。

それから、ネットワークケーブルを外してからパソコンを起動させたら、余りにも早く起動するので驚いた。ブログへの接続やログインに異常に時間が掛かったりもしている。マウスも勝手に動かされてしまう。

24:07
昨日は一日中、喉に痰がからみ声がガラガラしていた。
それが被害だと言うことは判っていたが、23:20頃からまたそれが始まったり「喉の癌で殺してやる」と声の送信で脅迫をされた。

先ほど、日曜日に録音した自分の演奏を聴いていると、脳への攻撃により発想貧困となりフレーズが重苦しく流れない演奏であり、自分のソロでもフラッシュを焚いたかのように瞬時に記憶が飛んでしまい曲のどこを演奏しているのか判らなくなってしまっているのがあった。

そう言ったのを再生する時には必ず演奏中にやられた事を繰り返す加害者であるが、なんど聞いても同じ場所で同じ声の送信をする。たとえば、4小節早くサビのメロディーを声の送信で聞かせる、などである。しかし、それは録音されているのではなく、再生していると脳内音声を送信するのである。

とにかく遠慮なく攻撃を続けている。

12日1:05
マインドコントロールは恐ろしい。
風呂の中では強い怒りの感情操作を受け、はらわた煮えくり返る思いであったが、風呂から出るとその怒りが消えていて、日記を書くのも面倒になってしまった。しかし、キーンというノイズと両方の耳が詰まったような感じ、足腰の痛み、音声送信は止まらない。

寝る。

呼吸困難で殺されそうだ

1:46
就寝直後から激しく歌のリピート送信と脳への攻撃をされ、眠る事が出来ない。
それだけならまだ良いが、お腹に空気を溜められ息が苦しくなる。「次は肺に空気を溜めてやろうか」と脳内音声で脅迫をされる。

そのうちに、少しの時間だけ呼吸を止められてしまう。息がを吐いた後に吸うのを忘れてしまうと言うと変だが、そういう感じで突然に思い出したように呼吸が再開する。それを延々とつづけられる。何か頭には血圧が上昇したような感じがしている。

これは、呼吸を止めるのはいつでも出来る。病死に見せかけて殺すことがいつでも出来ると言う脅迫である。

電磁波犯罪は殺意の塊である何よりの証拠だと思う。
そういう犯罪であることも世の中に明確に伝えておく必要があると思う。

次は法務大臣への広報を予定している。

今も歌のリピート送信は続き、足と腰が痛い。声の送信では、全く攻撃をやめようとする気配がない。

このような犯罪を野放しにしていると結果、どのような社会になるだろうか。

6:50
その後は何とか眠れた(実は眠らされている)ようだ。
しかし、3時半ころに一度目が覚め、次は6時半だ。歌のリピート送信と声による嫌味を少し聞かされ、右足の付け根と腰が痛い。「ざまあみろ、お前の生活をぶち壊してやる、会社で笑われろ」なんて言っている。

10:32
その後も腰などの筋肉を痛くさせられたので寝るのに苦労した。
そして、10時に仰向けになって寝ているところに腰と右足の付け根を断続的に痛くされ目が覚める。その痛みは目が覚める直前まで行われているのだが、「痛くて目が覚めた」のが判るものである。上手くやられると何で目が覚めたのか判らないかも知れないし、記憶を消したり、目覚めからパニックのようにしてしまえば思い出すことも出来ない。

起きてきて椅子に座ってタバコを吸っていると右の肩、腰、右の太ももなどが痛くなる。とりあえず私の場合は痛みの強弱や痛みがない時もあり、しかも声で「痛くしてやる」とか「右足には注意しろよ」と痛みが発生する前から予告をされているので遠隔操作とわかるが、何も知らなければ病気だと思ってしまうだろう。

10:49
コーヒーの味も砂糖の甘さは全く感じないで、ただ苦いだけ、タバコの味も苦いだけにされている。良く「薬を飲ませてやれ」と声の送信をされて、何も口の中に入っていないのに苦い味が鼻から舌にかけて発生するのと同じだと思う。こう言った被害も毎日のことであるが。

18:14
今日は日中はそれほどの攻撃はなかったが、音声送信は全く途切れることなく続いている。夕方からは後頭部に対する圧迫感と目眩と臭いと記憶障害とイライラがセットになった攻撃をされ、仕事での考えが纏まらずに非常に迷惑をしている。肛門への刺激は色々あるが、痺れ感のような攻撃は始めてである。

22:44
音声送信のボリュームがかなり小さくなり、鼓膜が詰まるような攻撃、激しいノイズ、意識障害などがないので凄く楽で、テレビを見ていて「精神への介入をされない時の感覚」を懐かしく思った。しかし、後頭部への違和感や記憶障害などは続いている。足と腰も痛い。

どうも、眠気と倦怠感の操作をされているようで何もする気にならない。先ほどまで居眠りをしていたが、夢を見させられ、夢の中で水を飲んで吐いているのだが、夢と言うよりはバーチャルリアリティーのようで現実の自分の身体と重なっているように感じる。目が覚めた瞬間はさすがにびっくりした。

このように遠隔操作は休むことなく続けられている。

パソコンに向かうと急にお腹に空気が溜まりパンパンになるがゲップを出せないようにされているので苦しくなる。次に得意の攻撃が始まり、頭に強い圧迫感があり、眩暈がして、重力が強くなったように感じ、思考が変になり、イライラするが、すぐに弱くなり、肝臓に針を刺すような痛みが発生する。

そういえば、ホワイトハウスからメールの返事が来た。

大統領夫人からであり、内容的にはこちらの用件とは一致していないが、外国から訳のわからない機械翻訳の英語のメールであり人間の遠隔操作被害についての用件であっても短期間に返事が来るところはさすがである。

毎日、風呂に入っているが、今日は疲れたので寝ようと思っている。

寝る。

被害者がやらなくて誰がやる

3:02
全世界を恐怖のどん底に叩き落す可能性のある、人類の歴史に終止符を打ってしまうことさえも出来る、人間の遠隔操作犯罪。これは決してキチガイ集団の嫌がらせなどではなく、恐ろしいテロであり、確実な殺意がなければ出来ない犯罪である。しかも、数十年も前から生贄とするべくターゲットを執拗に狙い続け、その人生を破壊することに専念している常識では考えられない計画性を持った異常犯罪である。

スパイ行為、破壊工作には最適と思われる、これ以上はないと言われるくらいの装置があるならば、なぜ国家の要人をターゲットにしないのかという疑問があるが、なんの体感もなく知らないうちにすべての情報を盗み取ることも可能であるならばすでに行われているだろう。

それよりも、じわじわと社会に圧力をかけ、遠隔から人間をコントロールするテクノロジーの操作方法の実験を進めたほうが事実上の破壊活動に出るときに有利である。しかも、社会的に発言力のない人間に対してそのようなことを行っていれば精神病だと言うことで隠蔽できる。発言力のある人間や金と権力のある人間に対して行えばすぐに明るみに出てしまう。

この犯罪は精神侵略型なので病気に見せかけることにより隠蔽しているが、実際に電磁波などの媒体を使っていなければ不可能であり、少なくとも20年前には脳内音声を聞かせることは行われ、人工夢を見せることも行われていた。その媒体がひとつとは限らないが、それを専門家が本気で調査すればすぐに証拠が取れるはずである。

被害日記
3:11
就寝から1時間全く眠らせないで、陰湿な脅迫を脳内音声で聞かせている。「これ以上広報を続けると殺されるぞ」、「兄弟が被害者になるぞ」、「子供の被害が拡大するぞ」、「学校で笑われるぞ」、「暴力団がお前の家に行くぞ」、「お前を殺したがっている人間が沢山いるぞ」、「宗教団体に徹底的に嫌われるぞ」など気持ち悪いと言ったら最悪の気分にさせられている。

文部科学大臣に広報(救済願い)を出す予定である。

だから睡眠妨害をしているのだろう。前回は総務大臣に送付した。その次は法務大臣、総理大臣と予定している。「オバマ大統領がお前を笑っているぞ」なんて嫌味の脳内音声を聞かせてきた。それは1/29あたりにホワイトハウスにメールを入れたからだ。

この極悪犯罪をやめさせられるのは被害者しかいない。

このままテロリストの奴隷として生きていくのが嫌なら、被害者の方は政治家に広報して少しでも理解を頂くしか方法はないと思う。これだけの技術と徹底した隠蔽工作の働いている犯罪である。国家が動かなければ解決はあり得ないと考えるのが普通である。

国家が国民を守れないのでは困る。

9:59
今すでに思考が働かない状態と記憶障害にされている。

昨夜は、睡眠妨害として、寒く感じるだけでなく全身が実際に冷えてしまう被害を受けた。それと、身体の疲労感を実に上手く使い、どんな姿勢で寝ようとしても強い筋肉の疲労感が全身に発生して落ち着かない。それは心が落ち着かないのではなく身体が落ち着かないのである。しかし、すべてを無視して寝た。

それと、痒みを発生させる時には、脳を覚醒させる信号を同時に送っていることも確実に体感できた。たとえ痒みのピークが一瞬であってもそれに合わせて脳を覚醒させる信号が送られている。しかも陰湿な手口として、次にどこを痒くさせるかを予め決めていて連続攻撃をして来た。

朝、目が覚めて時計を見ると9時少し過ぎで「ざまあみろ」と声の送信をされ、歌のリピート送信と共に「広報をするな、死ぬぞ」という執拗な脅迫が始まり、椅子に座ってタバコを吸っていると、まるでぎっくり腰のように腰が痛くなりその姿勢を保つことができなくなる。勿論、右足の付け根も痛いままなので着替える時に立ったままズボンに足を通すのに苦労する。更に顔を洗う時も腰が痛いので苦労している。しかも、それは毎日のことである。

「殺されるぞ」、「笑われるぞ」

という脅し文句が通用しなくなると今度は「音楽」と引き換えに被害者であることを強要して口封じを目論んでくる。他の被害者も同じように「仕事が出来ない」、「強い被害が怖い」などで口封じされている。

12:51
歌のリピート送信、右半身に対する痛み攻撃が続いている。

ニューロスカイの脳波センサーで捉えた私の脳波です。
brainwave
このような装置で何が測定出来るのか、これが問題ですが、日本のテクノスジャパンという所から似たような商品が発売されたそうです。

18:46
本日、文部科学大臣宛てに手紙と資料を送付しました。

今日の日記の冒頭部は睡眠妨害により、キレてしまい強烈に腹が立った状態で何も考えずに思い浮かぶままに書いた。その時は思考の抑制や記憶障害、タイプミスを誘発する攻撃などがなく、あっという間にタイプし読み直すこともなくアップした。

政治家への広報としか書いていなかったのを明確に総務大臣、文部科学大臣に宛てたと書かされてしまったような感じもなくはないが、本来であれば内容を公開するくらいでなければ犯罪被害の告発にはならないのかも知れない。

それにしても脳内音声を主にした各種攻撃は止むことなく続いている。強烈な精神への攻撃こそないので仕事中は無視をしているが、深く考えることは不可能である。今も歌のリピート送信と呟かずにはいられなくなる攻撃のために声には出さない呟きを続けている。なぜか、この日記の被害報告のような言葉の場合は加害者が声の送信で如何にも私の内部から発生している呟きのようにトレースしたり、先読みで言葉を作り送信してくる。

それと声による脅迫が酷い。

後は、無気力になる操作をされているため何をするのも面倒になるし、何かをしようと前向きな発想が出ても妨害をされてしまう。そんな中で簡単に出来るのは計算や頭の中での組み立てを必要としない下世話な世間話のみだ。しかし、それすらも喋るのが苦痛になるような攻撃をされれば口を利きたくなくなるので、遠隔拉致の奴隷に「許可された行為」とでも言った方が正しいのかも知れない。

本当に人間の遠隔操作は恐ろしく、他の被害者も日記に書いていたが、嫌なことをされているのに笑ってしまう現象などがあり、最悪の場合は人権の暴虐に対して「嬉しく思う」なんて感情にされてしまう。

24:29
歌のリピート送信と声による攻撃でずっと呟かされている。
実は、毎日そのような状態ではあるが。
腰と足の痛みも強弱があるが続いている。
呼吸困難と不整脈のような心臓に対する攻撃もある。

寝る。

何かと引き換えに人権侵害を受け入れるつもりはない

11:36
歌のリピート送信、キーンという音、声による思考への干渉
右側の腰、足の付け根、太ももの筋肉の痛み
軽い眩暈、頭部圧迫感、記憶障害、キーボードのタイプ速度の低下

テレパシー通信接続状態であり、目覚めからこんな調子だ。

昨夜は就寝が遅くなってしまったが、すべて被害を受けているからで本来ならこのような日記も書かないし、他人の被害ブログも読まないし、余計なことも考えない。

朝は7時半に起こされたが迷わずに最就寝した。そして目が覚めたのが11時にセットした目覚ましである。声の送信では「早起きしよう、会社に行こう」、「社内での信用を失うぞ」、「世間が君を指さしているぞ」などと言うが、そう言ったものと引き換えに、加害者によって無理やり起こされた時間に起床するつもりはないと言う意思表示である。

また、「被害を軽くしてやる」、「音楽を楽しく演奏させてやる」、「君だけは許してやる」、だから「広報をするな」、「日記を削除しろ」と恐らく嘘の取引を持ちかけてくるが、それもお断りしている。

被害がなければ何もしない訳である。

14:53
昼の弁当を食べ終わると急に胃の一部分だけがパンパンになり不自然極まりない満腹感が起きる。よくやられる被害であり、水を飲んだだけでもそうなることがある。

歌のリピート送信は朝から途切れる事無く続けられ、声も思考に干渉してきている。そしてお腹に空気が溜まる攻撃と呼吸のリズムを狂わせる攻撃を組み合わせて呼吸困難を起こさせている。

脳への攻撃は記憶障害、意識障害、思考能力の低下と言った悪質なものが行われ、考えることが出来なくなってしまい、更に、集中力の低下、イライラ、などを起こさせる信号を送信されているようで大変な苦痛に耐えながら仕事をしている。集中して考える事ができないので当然、仕事はその程度のことしか出来ない。

その状態とは記憶障害が酷いので一度に一つのことしか出来ない状態で、一つのことを脳内に保留している時に他人に話しかけられると、その内容を忘れてしまうので話しかけないで欲しいと言った感じであり、「声が聞こえる」というよりは正体不明の雑念で脳内が満たされてしまい自分で使える領域が極端に少なくなっている感じだ。それと著しく慌しく「慌てふためいた」精神状態にされていて周囲との調和が崩れたりしそうである。

筋肉の痛みも途切れる事なく続けられている。今、やっと時間が取れたので被害報告をすることにした。

殺意ある人権侵害、これが毎日であるので生き地獄と表現される。

23:33
食後は少しの間、眠らされてしまった。その眠くなる感じは突然かつ不自然であり、目も開いていられなくなる。起きてからも脳への各種攻撃が続いているが、とにかく倦怠感と疲労感により被害日記を書く気力がでない。結局、何をするでもなく無駄な時間を費やしている毎日だ。

政治家への広報は下準備も整い、住所を書いて投函するだけだ。

沢山の被害サイトをまとめて下さった方がいますのでご紹介させて頂きます。

http://www.geocities.jp/ehm365/index.html

また、最近はTwitterをやっている被害者の方もいるようなので私も登録しました。

9日1:24
その後も右半身を中心に痛い被害が続いている。痛みは軽いが全く途切れることがない。脳への攻撃や音声送信も全く途切れない。

風呂では大量のおならを何度もさせられた。その時には大便(下痢)が出そうな肛門への絶妙な刺激をされた。風呂から出た後も執拗にお腹に空気を溜められている。

様々な感覚を体験させられるが、思うに、かなり苦労して(実験と失敗の繰り返し)そう言った感覚を実現させているのだろう。

寝る。

電磁波犯罪がテロと言われる理由

電磁波犯罪は隠蔽されているせいか余り知られていないが、特定個人を狙った破壊活動であることは間違いない事実であり、人生そのものを破壊してしまう電磁波とテクノロジーを使った恐ろしい犯罪である。今のところ被害者は特定個人であることしか報告されていないが、場合によっては同時に複数人に危害を加えたりすることも可能かもしれないし、潜在的な被害者の数も計り知れない。

そして被害内容は武器を使った暴力行為である上に、政治的な内容を伴ったマインドコントロールや洗脳のような意識操作が行われている。それらの内容については様々であるが、脳内音声により直接声を聞かされたり、考えた内容や言動によって被害を関連付けるなどの誘導が執拗に繰り返される。それらには強力な脳の遠隔操作が伴っていたりする。

そして、その被害に耐えかねた被害者の取る言動が周囲や社会に与える影響までをも配慮された犯罪でもあり、武器によって攻撃をされたら無抵抗の人間に力ずくでねじ伏せに掛かる行為はテロと言えるだろう。そしてその装置の破壊力は想像を絶するものであるが、行っているのは人間であり、その思想に基づいて実行されている。


被害日記

10:03
昨夜は「やり場のない怒り」を起こされ取り留めのない世界へと突入してしまったが、睡眠妨害はされずに寝られた。途中、何時だかわからないが一度目が覚めただけである。

9時に目覚ましで起きると、子供のことを考え出した。そして、そこから何故か右翼と呼ばれる人のことが想起され、娘さんがいると言うことが想起された。その時点で目覚めの中の自然な雰囲気の中でのままどろみに自らストップを掛けた。「そんなことは自分では考えない、不自然だ」これが強く出てきた訳である。

そして、目覚めと共に「子供のことを考えた」というのもサブリミナルの脳内音声であると思わざるを得なくなった。原点に返って考えてみると、目覚めと共に脳内音声の送信により思考誘導を受けるというのを何年も前から受けているが、今ではそれが日常的になってしまった。

止むことのない脳内音声による語りかけは、考えることの自由を奪うと共に「刷り込み洗脳」の役目も果たしている。さらに「思考に干渉」、「実況解説的な声」となれば統合失調症の症状と言わせるのに十分である。まさに一石三鳥の犯罪手口である。

思考に干渉されるやり方としては、人間は(私は)いつも複数の選択肢を用意して比較検討している。何かが想起されるとそれに関連した内容が記憶から複数引き出され、その場に一番適切なものが選択される。この犯罪では、その比較過程に出てきたものに対して干渉されるので、結果、思考妨害となり、場合によっては目的地にたどり着けなくなる。

当然、記憶障害や思考が働かなくなる、などの被害を受けるともっと大変なことになる。その状態でも声の送信は関係なく続けられる。

通常、思考というか意識というか記憶というのは一本の筋のように時間軸に沿って途切れることがないのだが、この被害に遭うとそれが途切れてしまう。記憶はピンポイントでマッピングされ制御されているか、記憶できない状態にして加害者がその都度、記憶想起を促す送信している、などが行われているのではないか。

今は、音楽のリピート送信と声の送信、キーンというノイズ、耳が塞がったような感じ、軽い眩暈と思考の抑制、筋肉の痛み、が行われている。

しかし、本当に迷惑であり、

なぜこんな事を考えなければならないのだろうか。

10:34
上記アップ後に被害が酷くなる。
耳が塞がったような感じが強くなり、周囲からの感覚が乖離し、パニック信号が送られている。どこかに助けを求める電話をするイメージ映像を送られたが、この犯罪の被害者は誰にも助けてもらえないし、誰も助けることが出来ない。逃れたいと思うなら「命を絶つ」しかないわけであり、だから悪魔の人権侵害と言われるのだ。

23:55
上記は、やり場のない激しい怒りのために追記してしまった。

その後は被害者の会と音楽の練習の為に出かけた。この被害の特徴として被害の程度が軽くなったとしても「遠隔拉致」をされている実感は途切れることがない。これは感覚と表現しているが実際にテレパシー通信接続状態にあり、それが途切れることがなく、加害者によって干渉や圧力をかけられるのでプライバシーや自由のない状態が実感として保たれている。

被害者の会では「脳波センサー」を使って数人の脳波をパソコン上に表示したが、それぞれ少しづつ違うようである。集中力メーターやリラックスメーターが勝手に動く人とそうでない人がいたが、それらが外部からの影響を証明するものかどうかを判定するには時間が掛かりそうだ。

それにしても「やり場のない怒り」は被害者にとって悩みの種となっている。どこに苦情を言ってもどうにもならないし、被害から逃れることもできない、しかし、加害行為は止むことなく続けられる。酷すぎやしないだろうか。

その後は音楽の練習に向かったが、荷物を背負っているのを理由に肩の凝りが激しく大変な思いをさせられた。これは間違いなく遠隔操作の被害であり荷物を降ろして椅子に座っても肩が凝ったり、痛くなったりする。

音楽の妨害はそれほど酷くなく、やや集中して演奏することが出来た。酷い時は考えられるあらゆる方法により演奏妨害をされている。しかし、自分のソロなどで突然に連続性のある記憶を消されてしまい曲の何処をやっているのか判らなくされた。これではライブハウスなどに出演は出来ないだろう。

帰りには後頭部に結構な頭痛を長い時間起こされたので携帯電話から被害報告をしようかと思ったが、何故かそのような気持ちにならずに我慢して帰宅した。歌のリピート送信は終日ほとんど途切れることなく続けられていて、声による脅迫もされている。

今は、脳への攻撃もあるが、左肩の痛みと右の足の付け根が痛い。
それから、帰宅後にはゴムが焼けるような臭いや、苦い薬を飲まされたような味、目のホワイトバランスが崩れたような薄暗い部屋であるのに白いものが眩しい被害に遭った。

本当に人間の遠隔操作は恐ろしいと思う。

8日1:54
執拗な歌のリピート送信はワンパターンであり、何でも良いから送信して置けば良いと言った感じである。声による嫌味も陰湿であるがワンパターンである。半分投げやりな印象も受けるが、それが加害者の本音だと思う。

寝る。

国家は人間の遠隔操作をやめさせるべき

人間の遠隔操作は自由と人権とプライバシーを完全に奪い取り、無差別的に被害者を作り出し奴隷のようにしてしまい「生きる」という権利を強制的に奪い取っている。その被害実態は悲惨そのものでこれでは国が国民を守れないことになり、その上に税金まで払い、なぜこんな人生を歩まなければならないのかと疑問を感じる。このまま放って置けば国家の責任になる。

「証拠がなければ精神病」これをで永遠に押し切るつもりなのだろうか、被害者の数がすくなければ国家も動かない。これで良いのだろうか。マインドコントロール・洗脳と行った行為は実際に行われていて、しかも、その装置が持っている情報を盗み取る能力がどれほど社会に脅威を与えるかを知ってもらいたい。

現実はSFを超えている。


被害日記
6:00
睡眠妨害のために突然目が覚める。起きてきた直接の原因は「突然の覚醒」と「右腕と足の筋肉の痛み」である。歌のリピート送信と声による語りかけがすぐに始まり、執拗に仕事のことに関する声を聞かせる。「職を失うぞ」と脅迫をされた。それと日記を書き出すと、右足の付け根と右のアゴの筋肉が痛くなってくる。こう言った、被害と挑発と脅迫により被害者をあらゆる方面から追い込んで「生活不能」にしてしまい自殺・発狂へと導く無差別テロである。

10:06
最就寝して9時過ぎに目が覚める。やはり声の送信で思考に干渉される。その元になる思考と途中の考えは加害者によって挿入された言語である。後は右足の付け根が痛いと言った感じだ。それと軽い眩暈と頭に膜が張ったような不自然な感じ。これも軽度の脳への攻撃だ。

23:39
歌のリピート送信と声による干渉、頭部圧迫感と共に自由な思考が出来ない状態が続いている。強烈な肩こりや足の痛みなどは軽くなり、全体的に楽ではあるが、遠隔拉致と言った感じは抜けないし、自分本来の調子は出ない。

今日はニューロスカイの脳波センサーで他人の脳波を測ってみた。いずれも男性で私と同じくらいの年齢である。一人は私とは違う形の図形が出て、もう一人は私と似ていた。これからもう少し試してみたいと思う。

日記の更新のためにログインすると急に眩暈がして耳が詰まったようになり、肩と腰と足の付け根が痛くなる。そしてひらめきがなくなり、何を書くか思い浮かばない。

ただひたすら極悪犯罪である。

23:54
自分で演奏した音楽を聞いているが、声の送信による替え歌で思い出した。「降参しろ、参ったと言え」という脅迫が執拗に行われてる。この音楽を聴いているといつも思う。練習妨害、演奏妨害、録音のプレイバック妨害、三重の苦しみを受けさせられ続けている。はらわた煮えたぎる思いであるが、怒り狂ったところで「見えない敵」であるので無意味である。しかし、加害行為は絶え間なく続けられる。如何に酷い犯罪であるかの説明をしても究極の人権侵害はなくならい。これが現在、日本で実際に行われている訳である。

24:18
強烈な暴れだしたくなるような攻撃に耐えながら音楽を聞き続けているが

「殺されたいのか」

「どんどん被害が酷くなるぞ」

と脳内音声で脅迫をされている。

誰にも聞こえない脳内音声を使っての薄汚い脅迫である。証拠が残らなければ何をやってもかまわないと言う電磁波テロリストにおいては、全員死刑になってもらいたいと強く願って止まない。

24:36
先週に録音したのを5曲、全部聞いた。
視力を落とされたり、瞼が半開きになってうつろな感じにされたり、片方の耳だけ音が良く聞こえないような違和感を加えられたりしている。頭痛、吐き気、下唇を噛まされる、などすべて人間の遠隔操作で行われている。

「文部科学省に呼び出されるぞ、精神病院へ入れられるぞ」

などと脅迫をされている。

こんな酷い特定個人を狙った人権侵害が許されるのだろうか。

これでは自殺する人が出てもおかしくはないと思う。

7日2:07
その後も曲名を思い出せなくなるほど酷い記憶障害を受けている。それも狙った記憶を消せるのだろう。被害をパソコンにメモしているがキーボードで文字をタイプするのに普段の三倍くらい時間が掛かる。今日はマウスを頻繁に動かされているが、的を得ていない動かし方で、なぜここでマウスを動かすのか意味がわからなかったりする。そして、暴れだしたくなるような感情と共に隙あらば物を破壊するところのイメージ映像を送信されている。

風呂の中で思ったことを、わざわざ加害者が思い出させてくれた。「一日の終わりに安い酒を飲み、ストレス解消に被害者を攻撃しているのではと思った」とにかく、脳への攻撃、身体への苦痛などで徹底的に痛め付けてくる。

寝る。

新しいスタイルの破壊活動

人間に対して病気の症状を正確に再現できる遠隔操作装置がある。それらは無線により遠隔より姿を見せずに行うことが出来るので新しいスタイルの破壊活動として堂々と行われている。特徴は、狙った特定の一人だけに危害を加えることが出来ること、証拠の捕獲が著しく困難なこと、病気の症状を正確に再現できること、などで五感はもとより六感から精神の中にまで入り込んでくることができ、24時間に渡り監視と干渉を続ける。

そして最大の特徴はテロであるにも関わらず犯行声明のないことである。従って被害者以外にはそう言ったテロが行われていることは知られていない。被害者は人間として生きる権利を強制的に奪われているので非常に苦しまされている。

これを社会に認知させるのは大変な事だと思う。


被害日記
9:51
昨夜も就寝時はそれほどの妨害はなく眠れた。しかし、朝6時半に目が覚め、次は8時、次が9時である。もともと9時には起きる予定だったので起床したが、椅子に座っていると肩の筋肉が痛くなり、幻覚・幻聴を装った脳内音声の送信やイメージ映像の送信が行われる。例えばタバコを吸っていると、その火で目の前にあるギターのナイロンの弦を焼き切る映像が薄っすらと短い時間だけ頭に浮かぶ。その火で切った弦の切り口の形まで感じ取れる映像である。

それは今回初めてではないが、それが暴れて物を破壊してくなる衝動と同時に送信されると本当にその通りのことをしたくなってしまう。

脳内音声の送信としては古くからマイクロ波で可能というのが報告されているが、イメージ映像の送信などに関してはあまり記述がないようだ。

いずれにしても証拠がなければ内的要因だと思われやすい被害である。

22:04
今も、歌のリピート送信と声による脅迫、首と後頭部のつなぎ目あたりを締め付けられ、思考に乱れが生じている。そしてお腹に空気が溜まる感じがしていて非常に不快だ。

本日は有楽町のよみうりホールで開かれた文部科学省「脳科学研究戦略推進プログラム」第二回公開シンポジウム「生命科学から総合的人間科学へ向かう脳研究」という長いタイトルの話を聞きに行って来た。内容はBMIから統合失調症までと言った感じであるが実際に話を聞くのは文字を読むのと違い大変参考になった。

BMIに関する質疑では「マインドコントロールされてしまうかも知れないと思われる方がいるようですが、まだそこまで行っていないのでご安心ください」とのことだった。また、統合失調症では「研究者の墓場」と言われるくらい難しく判らないことが多いらしい。そして私たちが受けている被害に似ている症状があることも確認できた。

話の内容はもっと細部に至っていたが、この犯罪被害の特徴としてリアルタイムでの監視が行われ、日記に書こうとすると脅迫が始まるので、この程度にして置く。しかし、3時間半くらいの講演であったが、時たま歌のリピート送信をされるくらいで集中をして話を聞くことが出来た。

また、個人的な見解であるが脳計測や電磁波計測を国家が本気で行えば、犯罪被害者は外部からの影響を受けていることが判ると思う。

シンポジウムが終わるとすぐに帰宅し楽器の練習を行ったが、やはり声の送信による執拗な妨害を受け、耳にも高い音が煩く聞こえる攻撃をされ、最初はスムーズな感覚で動いていた左手が急に自分のものではないような動かしにくい状態にされたが無視をして練習をした。

今は

「おぬし殺されるぞ」
「文部科学省のお偉方がお前を嫌っているぞ」

などと脅迫をされ、耳が詰まったようにされている。

24:58
その後、被害者の方と電話で話してから風呂に入るが、遠慮なく精神への介入が続いている。精神への介入とはテレパシー通信状態と表現するのが適切だと思う。

右足の痛みも起こされている。

寝る。

目覚めと共に痛み攻撃

9:34
余談ではあるが以前「9け34」このようにタイプしただけで声の送信により猛烈に貶されて、耐え切れないような怒りに憤慨したのを覚えている。日本語変換が「ひらがな」だとこのようになってしまう訳だが、イライラする脳波を送りつけられなければそこまで腹が立たないだろう。

昨夜はそれほどの睡眠妨害は無かったと思う。7時、8時、9時に目が覚め、9時に起床した。歌のリピート送信がされていて「そんなに寝る必要があるの、みんなが羨ましがってるよ」なんて聞かされる。その後は、いつもと同じように生活全般に関して不安になるような声による語りかけの連発だ。しかし、起床直後から後頭部を中心に頭痛がしていて、一瞬は自然現象かと思ってしまった。次に、右の肩が痛くなり、右の足の付け根が痛くなった。日記を書き出すと軽い眩暈がして記憶障害のように思考がぼやける。

鳩山総理大臣の「命を守る」という言葉が何かと話題になっているが、被害者は「わらをもすがる」気持ちであるので、そう言った言葉にも正直、何かを期待したくなってしまう。

17:51
今日はニューロスカイ社の脳波センサーが届いた。
早速、インストールしてみるが、上手く動作しない。別のパソコンに接続すると上手く動作した。正直、過剰品質と言われている日本製品に馴染んでいるためか、製品の出来は良くなく、使い勝手もいまひとつと感じてしまう。

ところで、時間の合間を見て少し試した感じでは、自分は何もしないのに勝手に測定値が動いてしまい、ゲームではいくら念じても動かないという状態であり、もう少し使い方の練習が必要だと思った。それらが被害に関係しているのではないかとも思う。

被害の方はボリュームは小さいが音声送信は途切れることなく続けられ、脳波センサーの使い方のマニュアルを読んだりしていると急に目眩がして訳が判らなくなったり、携帯電話で通信をしている時にも、自分が次に何をやるのか一瞬、判らなくなるなど妨害行為が遠慮なく狙い済ましたように行われる。足腰の痛みも嘘のようになくなってしまったり、別の部分が痛くなったりする。

22:57
仕事が忙しいが音楽の練習も忘れずに行う。
常識では考えられないような激しい音楽妨害を受けているので日常的に音楽を聴くことはあり得ない。なぜなら聞く音楽のメロディーに合わせて声の送信で嫌味を替え歌のように送信されるからだ。

楽器の練習では異常な疲労感や筋肉を動かないようにする攻撃は余りなかったが、脳神経を攻撃されているようで手が動かなかったりして何度も失敗をさせられた。また、調子に乗って練習が進むと「あまりテクニックを見せびらかさないでくれ」と声の送信をされ、耳が聞こえなくなったり、キーンという激しいノイズを送信されたりした。「君のことを監視している人がスタジオの外にいるぞ」、「でたらめがないか一部始終を聞いている人がいるぞ」など声による邪魔は途切れることなく続けられた。

帰宅後は「マインドセット」という脳波センサーのテストをしたが、やはり測定値はメチャクチャになってしまい、何も考えずに(考えることが出来なくされているが)、ただ座っているだけで「集中力」と「リラックス」のメーターが勝手に0~100までを往復する有様だ。「ざまあみろ、大枚はたいて使い物にならない」なんて罵声を浴びせられて、強烈にイライラさせられ暴れだしたくされた。

加害者は、この装置を使うのを嫌がっているようにも感じる。とにかくマニュアルも読めないほどに攻撃をされ歌のリピート送信も激しくやられた。

政治家への広報は来週にしようと思った。

明日は用事があるので広報(救済願い)はそれ以降にしようと思う。

つくづく加害者には全員、死んでもらいたいと強く思っている。

人間を人間扱いしないバカどもである。完全犯罪というには余りにもお粗末な種も仕掛けもある極悪犯罪だというのに、これを野放しにしているツケは取り返しのつかないほどに大きいものとなっている。

5日1:10
その後も歌のリピート送信や音楽のリピート送信を執拗に行っている。風呂から出ると急に「ひゃっくり」をさせられた。これはタバコを吸い込んだ時を狙ってやっていて、煙を吸い込む真似や、少し吸い込んだのではひゃっくりは出ない。確実に室内を狙っていてタバコの煙を吸い込んだ時にひゃっくりをさせている。

「わからん奴だな」
「懲りない奴だな」
「人が死ぬぞ」

と声の送信で脅迫をしている。
ならば、犯罪をやめればすべてが終わるはずだ。

そうしないのが前代未聞の電磁波テロリストの手口である。

そして明日、私が行くところを、ここに書かせようとしているが、意識誘導により書いてしまいたい気持ちになるが書かない。ひゃっくりは強力なもので、今はタバコを吸わないが出ている。

早く加害者が一人残らず殺されて欲しいと願うだけだ。

寝る。

見境をなくさせる脳の操作

史上最悪の犯罪である人間の遠隔操作は身体と精神を分離させてしまうようなことが可能である。ある意味、精神の中も自分という核の他に、感じたり、判断をしている部分があり、無意識下で並列処理をしているらしい。

従って、極端に言えば五感をすべて遮断してしまうことの他に、感情や判断なども遮断してしまうことが可能であるので、本来の感覚や感情を遮断して偽の感覚や感情を送りつけられたら、その場に合わない思考や言動を取らせることができ、程度の大小はあっても実際にそのような被害を経験している人は多いはずである。その状態はあたかも無線で動く操り人形のようなものである。

その代表的な被害として現実からの乖離というのがあり、それは極めて深い脳の遠隔操作だけでなく、脳内音声の送信、耳へのノイズ攻撃、視覚への違和感、味覚・嗅覚の操作なども途切れることなく続けられていれば、苦痛を受けさせられているだけでなく現実の感覚を遮断され偽の感覚を送信されていることになる。

そして、意識操作として普段何を基準に生活をしているか、という軸の部分に意識が行かないようにされると「見境をなくさせる」という脳の操作が可能となる。当然のことではあるが、そこには強い衝動と強いストレスも発生させている。

これらは電磁波犯罪の被害者であれば当たり前だと思っている事実であり、被害を受けてから生活スタイルが変わってしまったとか、考え方が変わってしまった、人格が変わってしまった、などの現象があり、それがこの犯罪の目的と思えるのも共通の認識となっている。


10:19
昨夜も就寝時にテクノロジーを使った睡眠妨害や脅しを散々やられたが無視をして寝た。それは、頭を叩かれる感覚と音を聞かせる、眠りに入りそうになるとストンと下に落ちるように感じる、などで延々とやられたらストレスで発狂してしまうだろうと思われるような攻撃である。

朝は7時に起こされたが迷わずに再就寝し、9時に目覚める。起床すると頭痛と肩と背中の筋肉の痛み、足腰の筋肉の痛みがあり、軽い眩暈と記憶障害のような感じにされ、歌のリピート送信と声による罵声を聞かされている。

「参ったと言わせたい」と加害者が言っている。「そうすれば許してあげるよ」と偉そうなことを言っている。武器を手にしたキチガイと言った印象である。その意味は「武器による攻撃ではなく、私は病気です」と言わせたいのである。多くの被害者の方々の奮起に期待したい。

23:31
仕事も私事も一段落して今日は少し時間が取れたが広報に関しては少しだけ考えがまとまった程度だ。全体感として被害は激しくなく(強烈な脳への攻撃が少ない)それなりに一日を過ごせた。しかし、深く物事を考えたり、静かに集中するというのは無理な状態だ。

音声送信による精神への介入は全く途切れないが、歌のリピート送信が少しの時間止まったりした。その代わり、右の腰と太ももの筋肉が痛くて大変だ。それも常に痛いとか、特定の動作をすると痛いのではなく、加害者がスイッチを入れると痛くなる。だから歩いている時でも全く痛くない時もあれば、椅子に座っているだけでも痛くて大変な時がある。

夜はサウナに行ってきたが、その時には被害が軽かった。しかし、サウナから出て車に乗ったとたんに激しい攻撃が始まり、歌のリピート送信、左右の目が逆転したようになる、頭痛と眩暈と意識障害と呼吸困難と不整脈にされ、激しい怒りと共に暴れだしたい衝動に駆られる。これらは運転にはそれほどの支障は来たさないが、事故を起こさせるような攻撃も可能だと思う。

今も足を痛くして「広報をするな、お子さんの命を奪うぞ」と脅迫をされている。

それにしても、この被害に遭っていると何もやる気が起こらなかったり、何か前向きな事がひらめいてそれを実行しようと思っても思考妨害や無気力攻撃などで結局、何も出来なくされてしまう。それと、頭部圧迫感や記憶障害などは日常的に行われていると被害であっても、それを上回る被害を受けだすと日記には書かなくなってしまう。

寝る。

国家を敵に回す男だそうだ

9:03
政治政党への広報というか、電磁波テロに関する救済を求める通知をしていると加害者は「お前は国家を敵に回すことになるぞ」と脳内音声で脅迫をされた。

昨夜は就寝時に一時間ほどかなり酷い攻撃をされた。頭痛と目の痛みなども酷かった。そして朝7時に起こされ「外を歩こう、皆がお前を笑うぞ、みんなお前をキチガイだと言っているぞ」と声の送信で嫌味を聞かされたが、すぐに寝られた。次は8時半に目が覚めたが、睡眠時間が短くてもたまにはと思い起床する。

とにかく、脳内音声という特定個人にしか聞こえない音声を送信できる武器を持っているので加害者は目覚めと共に歌のリピート送信と嫌味、脅迫を垂れ流している。それと、頭痛と右側の腰と足の痛みが酷い。

くどいようだが

電磁波テロは健康な人間を病気にしてしまう犯罪だ。

10:00
仕事場に来たところだが、すでに目眩と強い脳に対する攻撃をされている。(イライラする、落ち着いて物を考えられない、記憶障害、意識障害、思考能力の低下)偽頭痛・偽腰痛も酷い。声の送信も睡眠妨害をされる時の陰湿な感じの声の質であり、語りかけの口調も陰湿そのものであり朝から殺戮的な気分にされている。

この殺戮的な気分というのに実は重大な問題が隠されている。

脳内音声の送信というのは、どうも「聞こえた」という感覚がなくても言語として意識の中に到達するのだと思う。それをサブリミナル音声と言うのかも知れない。

脳に対する攻撃が酷くなると、人と話をしていても声が耳を素通りしてしまい、何の話をしていたのか理解出来なくなったり、文字を見ても読み進む事が出来なくなる。勿論、判断力や決断力も低下する。この状態を記憶障害の延長と捉えることも出来るかもしれないが、非常に短い間隔で断続的に意識を失っているようにも感じるので私は意識障害と呼んでいる。

痛い・苦しいと言う状況だが広報は続ける。

14:57
仕事中であるが強烈な攻撃をされている。
まず、腰と足が耐え切れないほど痛い。そして、客先に提出するための報告書を作成しようとすると急に文章が思いつかなくなり、強い目眩と、暴れ出したくなるような強い衝動が起きる。そして声の送信で「他の人間に書かせろ」、「お前を就業困難にさせてやる」、「もっと足を痛くさせてやる」のほかに罵声をひっきりなしに聞かされる。

それに耐えて文章を作ろうとするが、どうしても考えが先へ進まないので客先に電話をして指示を仰いだが、その時にも著しい不快感に襲われてしまい、話が出来なくなってしまい、相手に不信感を与えてしまった。

「きっと後悔するぞ」と今も加害者が脳内音声で脅迫をし、強烈な怒りが起きる脳の操作をされている。こう言った脳の操作が進めば、最後は「どうなってもかまわないから暴れてしまえ」という心境になると思う。実際に私は「どうなってもかまわないので、政治家に広報をしている」

だから理解困難な殺人事件にも脳の操作が関係していると主張している。

そして、電磁波テロリストの狙いは、被害者のそう言った言動こそがテロであり、危険な人物であると世間に思わせる手口なのである。だから、このことだけはどんなに酷い目に遭わされても確実に社会に対して訴えたいと強く思っている。

人間を狂わせる犯罪、最悪のテロである。

被害者の証言や言動などが普通ではないと感じたとすれば、普通ではないような攻撃を受けているという何よりの証拠であり、どれほど恐ろしい犯罪かが判るはずである。

しかも、こう言った文章を作成する時には邪魔をしない場合が多いことも付け加える。

24:52
帰宅後、6時間ほど経つが被害が軽かったわけではない。
ただ、14時の時のような、それこそ強烈に暴れだしたくなるような強い精神の操作をされなかっただけで、ただひたすら耐えているだけの時間であった。今は、キーンという音と歌のリピート送信、声による様々な語りかけ、呟かされてしまう声の送信、軽い眩暈と記憶障害、筋肉などの痛みを被っている。

精神の操作としては歌のリピート送信と共に、落ち着きがなくなる状態にされている。上手く説明できないが気持ちが落ち着かない、地に足がついた考えが出来ない、舌を刺激され喋りだすと止まらなくなってしまう、のような感じとしか言えないが不快・不自然であることは間違いない。

このところ仕事と私事が忙しく広報のための時間が取れない。

寝る。

電磁波犯罪には口封じが行われている

10:03
昨夜は睡眠妨害がなかったようだ。朝9時少し前に目が覚めて9時半に起床した。目覚めと同時に「被害」のことではなく、「仕事」のことに意識が行くような脳内音声による意識の誘導があった。そして起床後に椅子に座っていると右の腰と太ももの筋肉が痛く、ズボンを脱いだり穿いたりするのに痛くて苦労をした。それと「広報した先に嫌われているぞ」、「お前の言うことなんか誰も信じないぞ」、「殺されるぞ」などと声の送信で脅迫をして、最後は「笑ってあげよう」なんて言葉で貶しに掛かる。

こう行った形で精神と肉体の両面から絶え間なく苦しめて、その恐怖から犯罪が行われていると言わせない口封じが行われている。まず、被害状況を説明すると未体験の人にとっては内的要因ではないかと思われてしまう。また、すべてのプライバシーを奪い取られてしまうのでそれをばら撒かれてしまうのではという恐怖から被害を受けていると言えなくされてしまう。また、思考や言動、紙に文字を書いてもリアルタイムで盗み取られてしまうので広報活動は勿論、被害者どうしのやり取りまで躊躇してしまう。

八方塞がりのような状況を無理やり作り出し、その中でのみ神様にでもなったつもりでやりたい放題、広範囲な破壊活動を行っているのが、この犯罪である。(神様という言葉には全く値しない汚れな加害者ではあるが)

従って被害者は加害者の作り出した嘘の世界から抜け出して戦う必要がある。そうさせないのが、脳と身体に対する遠隔操作であり、世論の誘導である。

しかし、このままでは人間としての権利を取り戻すことが出来ないので、少しでも良いので加害者が犯罪をやりやすくしている状況を打ち破らなければならない。それには多大な犠牲が必要となるかも知れない。「戦争には犠牲がつき物」なんて言葉があったかどうか知らないが、この犯罪は、悪魔と善良な市民との戦争なのかも知れない。

とにかく足腰の筋肉が痛い。

一人でも多くの被害者に奮起してもらいたいと願っている。

19:05
本日も、ボリュームは小さいが歌のリピート送信と声による干渉は途切れない。それよりもぎっくり腰のような痛みが強いので、まともに歩く事が出来なかった。脳への強烈な攻撃が減った分だけ痛みで攻撃されているように思う。

しかし、オシロスコープを使用して実験をしている時に時間の単位を計算していると急に脳への攻撃が激しくなり、正しい計算も間違っているように感じさせられてしまい不安になったのでインターネットで検索していると、その間も執拗に脳への攻撃と声による罵声を浴びせられた。声に関しては脳への攻撃がなければ「ただのバカ」にしか聞こえないのであるが、脳への攻撃をされると強烈に腹が立って、怒りが収まらなくなる。

また、被害者の方に電話をしたら突然に舌が痛くなり喋り辛くなった。これは数日前に噛んでしまった部分に一致していて、治ったはずの傷を痛くしているのだろう。

それから昨夜も蛍光灯に触れたら、少しの間だけ手で触れている部分が薄く光ってしまったのでネットで調べたらすばらしい実験サイトがあった。

電子レンジで蛍光灯は点くのか

これから一本、蛍光灯を買ってきて被害との関連性を検証してみたいと思う。

21:45
また、拷問が始まった。
仕事が遅かったので夕食は外食として9時に帰宅したが、その直後が両方の鼓膜が詰まったようになり、キーンというノイズが強く送信され、後頭部が痛くなり、お腹に空気を溜められ、心臓を苦しくされ、脳への強い攻撃をされ、テレビは点いているものの声は聞こえ難いし、聞こえても理解できなくされている。

やはり、声の送信をしながら極短い時間だけ意識がなくなるような信号を送りつけたりしているようだ。それと、お腹に空気を溜められてゲップがでそうになっても出せない操作をされ「ゲップが出ないで苦しめ」と声の送信で追い討ちを掛けている。舌を痛くする被害も、腰と太ももを痛くする被害も続いている。

政治家、省庁への広報は計画通りに実行するつもりだ。

加害者は「広報をすれば、するほど、苦しむぞ」と脅迫をして、その通りに被害が酷くなっているが、絶対にに広報をやめるつもりはない。何しろ、武器を使った殺意ある人権侵害であり、テロであるのだから。被害を受けていれば、被害を受けていると訴えるのが当たり前である。

22:01
上記アップ後に、子供さんが被害に巻き込まれている方のコメントを読んだら「お前の子供をそれと置き換えて考えろ」と脅迫をされたので「やりたければ勝手にやれ」と言い返すと「その前にお前を心臓麻痺で殺してやる」と脅迫をされた。脳内音声ではこのような殺人予告は日常的に行われている。しかし、子供に被害が及ぶというのは、かなり多い被害であり、無差別に攻撃するのがこの犯罪の特徴になっている。

2日1:55
ここ数日は強い眩暈と脳を締め付けられるような感じ、思考妨害、記憶障害、意識障害などは軽度で、強烈な攻撃がなかったので、その分の被害が痛み来たのだと思っていたら、強烈な脳への攻撃も再開された。

勿論、筋肉などの強い痛みと同時である。

加害者は

「広報で殺してくれ」
「どこにでも遠慮なく広報してくれ」

と催促している。

凶暴なテロ集団である。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる