思考の挿入とは

3:31
就寝は1時であり、この時間に合成夢を見させられて起こされたので、夢を作るのに時間が掛かったと考えるのは、私の独特の発想だと思っている。こう言った予想もしない発想に加害者は戸惑うようである。

夢の内容は、被害者の集まりを解散して帰る途中に残虐な殺人事件が起こる。という内容であるが、ストーリーは唐突で展開にも良く考えると矛盾がある。ただ、夢はリアルであり、実際にその現場に自分がいる感覚であった。

そして、目覚める時は身体が熱く胸焼けでもしているような感じがしていた。そのまま再度寝ようとしたが、歌のリピート送信をされ覚醒してしまった。

その時に、次々に被害者数名の顔というか実際にお会いした時の様子が連想され、その方達に対する私の抱いているイメージが的確に浮かび上がった。それは、あたかも自分のイメージのように、さっきまで感じていたが、実は挿入された物ではないかと、思い始めている。

そのあたりも、注意しないと区別が付かなくなる可能性がある。露骨に挿入と判る場合と、そうでない場合があり、自分の発想なのに挿入したように見せかける事も可能だからだ。

その理由は、物事の判断、意思決定に迷いを生じさせる事が可能であり、そう言った被害を何度も経験しているからだ。そして、それは声の送信ではなく、脳の操作で可能と思われる。

結果、あまり深く考えない、という所に落ち着く。

ただし、不要なものはすべて切り捨てる。


9:54
9時過ぎに目覚める。
この犯罪はインプラントにより行われているのではないかと、不自然に想起させられる。そして「インプラントを疑え」と声の送信をされた。音楽のリピート送信も行われている。

ようするに、四六時中、脳に対する攻撃を受けているので目覚めた直後に想起されるものが自分のものであるかの区別が付かなくなっている。

声の送信無しに目的の事を想起させられるのか

これが問題となる。

以前は寝起きには暫くは声の送信がなく、色々な事柄が自然に浮かび上がり、数分するとそられに声の送信が絡んできていた。しかし、今では目覚めるとすぐに声の送信をされている。それと、長期に渡り記憶障害などを起され続けているからだ。

起床後、タバコを吸っていると右の足の付け根と腰が痛くなる。それまで痛みは何処にもなかった。顔を洗っていると次第に頭部圧迫感と共に目眩や思考の抑制のような感じになって来る。

12:55
歌のリピート送信と声による脅迫、頭痛と記憶障害が続いている。
昼休みになると被害関係の方から電話があったが、声の送信で執拗に妨害をされた。その後。ネットで政治ブログを読み出すと急に目眩が激しくなり、声の送信で同時読みをされる。あまりにも激しいので、文章を逆から目を通すと、ピタリと同時読みが止まる。

当たり前である。

本日も郵送による広報を致します。

足を痛くされる攻撃などを加えながら「お前、殺されるぞ」と脅されています。

23:00
先ほどまで外出していた。
自宅に近づくと、声の送信で集中的に罵声を浴びせられる。その内容は全部デタラメで嘘である。しかし、頭痛と歯痛、肩と腕の痛み、下半身の異常なまでの疲労感、目眩と記憶障害を起され、尚且つ鼓膜が詰まったようにされ、イライラする脳波を送りつけられたら大変だ。

目眩と記憶障害、肩や腰の痛み

これらは毎日の攻撃メニューとして継続して行われている。

歌のリピート送信とテレパシー通信も途切れない。

その他、臭いや痒みも頻繁に行われている。

本日は、ある会に郵送で広報しました。

明日も広報します。

24:17
最近では珍しいほど酷い攻撃を受けている。
目眩と意識障害と頭痛が激しく、身体が重く、最後は意識を失ってしまうのではないかと言うくらいの激しさだ。嫌悪感とイライラ感も送りつけられている。その上で執拗に声による嫌みと脅迫の連続である。

この世で最悪の犯罪。

出来れば、今まで広報してきた所を全部書き出したいくらいだ。

よくぞここまで、卑怯で醜くなったものだと関心してしまう。

寝る。

被害は極力無視する

10:35
昨夜は、それほどの睡眠妨害はなかったが、7時前に一度目が覚め、トイレに行った後にもすぐに眠れた。しかし、時計を確認していないが、不自然に目覚めたのが2度あったように記憶している。

目覚めると歌のリピート送信を脳内に聞かされて、声は毎度のように脈絡のない単発の嫌み、脅迫を30分間続けた。

「全国で笑い者になっているぞ」
「意に反した行動を取らせてやる」
「職業を奪ってやる」
「親をマインドコントロールに掛けて精神病院に入れてやる」
「お前達のような被害者を天国に送ってやる」

こんな感じのを30分の間休まずに投げかけてくる。

その投げかけられる言葉の中にはドキッとさせられるような内容や、本当にそのようにされてしまうのではないか、という可能性を感じる言葉もあるが、すべて完全に無視している。

「やれるものならやってみろ」といつも言っている。

しかし、膝が急に痛くなったり、腰が痛くて動きに支障が出たりするのは無視出来ない被害であったり、脳への強烈な攻撃も大変なものがあり、嫌でも脳内音声の世界に引きずり込まれてしまう。

更に、考えなくても良いことをを考えさせられたり、気にする必要のない、本来無意識に生活している部分を気にさせたりする被害もあるので、それに気が付いたら無視をするのが良いと思う。

全国の被害者が連絡を取り合い

被害をなくす活動が出来るように

なることを希望しています。

10:57
日記をアップ後に読み直すと誤字があったので「管理者ページ」というリンクをクリックすると、パスワード、ID無しでいきなりログインできた。

ついでに、既に目眩と記憶障害(思考の抑制もあるようでタイプスピードが遅くなっている)を起され、左の肩が痛い。それらの痛みは他の部位にも影響していて、肩から肘、手首、指まで痛くなったりする。

「おーい、それ以上書くと警察に取り調べされるぞ」

と、真面目そうなおじさんの声がした。

14:47
今日はここまで、脳への攻撃と歌のリピート送信が激しい。

先ほどは、インターネットメールで漢字変換が故障したのでメモ帳で書いてメールを送信した。次は、この日記を書いている時に「変換」キーを押したと同時にブラウザが閉じてしまった。いつもの被害である。

通信を遮断する被害は重大である。

次の広報計画があるのだが、被害にかく乱されて躊躇している。

16:35
歌のリピート送信と声による嫌がらせが続いているが、どうも、「自分がなぜそこにいるのか」、「何をすべきなのか」、表現は大げさではあるが、そのような感覚にされている。仕事で数人の中にいても、まるで自分が一週間くらい仕事から離れていて、移り変わる現状についていけないような感覚になってしまっている。

目眩のない記憶障害ではないかと思う。

ただし、後頭部に対する違和感はある。

ある団体に広報の旨を伝える電話をして了解を得た。

23:06
夕食の後、2時間と少しの間、被害が軽くなり信じられないくらい楽になった。正直、目に映る景色にも違和感の出る被害で、視野が暗くなったり、視力が落ちたりする毎日である。

身体の痛み、脳の違和感、などの苦しみから、被害が完全になくならなくても、逃れられると本当に楽になる。

そして「広報をするな」と声の送信をする。

明日、郵送する予定の広報文を印刷して読んでみた。パソコンのディスプレイに表示されているものを読むより、印刷物を読んだ方がダイレクトにイメージが伝わるので、そうする事が多い。

すると、まず頭痛をさせられる。無視して読んでいると肩や内臓が痛くなり、脳を締め付けられるように感じになり、後頭部にも違和感が生じてくる。言葉では説明出来ないが、痛い苦しいが精神と肉体の両方から攻めてくる感じだ。

声による脅迫も酷い。

24:36
被害は継続している。

寝る。

倫理観のない社会

3:30
テクノロジー犯罪という、隠蔽された人間の遠隔操作技術を悪用した犯罪は、それを許している無秩序な社会に原因があると思う。

この複雑な被害の形態は簡単には説明できず、人間であると言う権利を強制的に奪っているような感じである。

いくら訴えても無視され続け被害者の人生は確実に破壊されて行く。

しかも生きている限りその苦しみからは逃れられない。

これは、社会構造に問題があると考えたくなる。

金と権力

それが余裕のない豊かさのない社会を作り出しているのではないだろうか。

それと、被害者も押し込まれないで、絶え間ない被害と同じように、絶え間なく広報するべきだと思う。

疑心暗鬼にさせられたり、テクノロジーに翻弄されたり、隠蔽体質に惑わされることなく、事実が一番強いのだと強く信じる必要がある。これだけ科学技術が進歩しているのだから事実は調べれば判る。

まずは、社会への訴えを執拗に行うべきだ。

電磁波などが武器・兵器として認定、規制されている国があると言うのも事実だ。

本日は都庁前で街頭活動があるので、都内のホテルに泊まっているが、睡眠妨害で起こされた。

被害者がやらなければ誰もやってはくれない。

9:51
その後は、二度ほど目が覚めたが、声を無視してそのまま寝られた。

9時に目覚ましで起床し、現在、地下鉄に乗っているが、日記に追記を始めると目眩と頭の締め付けが始まる。やや吐き気、頭痛がしてきた。

21:34
本日の街頭活動は被害者10人以上が集まり、会長が演説している90分の間チラシ配布をした。その後は都庁の中に行き知事宛ての要望書を提出した。

その間も声による嫌みは途切れず、糞の臭いを送信されたり、足腰の筋肉を痛くされた。

夕方からはスタジオに行き音楽の練習をしたが、やはり目眩、記憶障害、声の送信による執拗な妨害を受けた。

音が煩く感じる攻撃と意識障害を同時に受けると、一緒に演奏している仲間の音が自分に襲いかかってくるように感じパニックになりそうになる。

それらに耐えながら演奏をした。

今、被害報告を書き出すと急に目眩が酷くなり、左の首と肩が痛くなる。

脳への攻撃と体の痛みを受け続けているので、数分の間でも攻撃が弱くなると本当に楽になる。

毎日、途切れる事なく苦しめられているのは、事実である。

23:51
被害者の会プラス街頭活動プラス音楽の練習という東京一拍ツアーより帰宅した所だ。従って昨夜は都内のビジネスホテルに泊まった為、携帯電話からの日記であった。

脳内音声による歌のリピート送信は途切れる事がほとんどなく、最近は被害者の会で話をしたり、二次会でも執拗に、その場の会話や周囲の人達の言動に声の送信で貶しを入れてくる。以前は、こちらが、その場の話に集中している時には、加害者は関係のないデタラメを喋っていて、注意深く脳内音声を聞きに行かなければ聞えないくらいであった。

身体攻撃、脳への攻撃も途切れる事はほとんどない。筋肉を硬くされるというか痛くされる攻撃と、目眩と記憶障害である。放心状態のような無口になり、周囲の会話に付いていけない状態もある。

ここまで書いてくると、頭痛も追加され、鼓膜が詰まったようになる。

これほど酷い人権侵害がかつてあっただろうか。

精神病にする為の社会基盤、どんなに広報しても厚かましく攻撃の上乗せで24時間攻撃をし続ける。しかも、どれほど酷い攻撃か他人には全く知ることが出来ない。しかも、人類に取って重大な問題であり、被害者も少なくはない。

29日1:18
被害は継続している。
声では負け惜しみのような口汚い因縁を付けている。

お腹に空気を溜める攻撃を2時間以上続けられている。

明日も、計画通り時間が取れれば広報をする。

寝る。

テクノロジーによる拉致、監禁、拷問

テクノロジーを使った遠隔犯罪。
重度の被害者であれば、拉致、監禁、拷問という言葉を使いたくなると思う。拷問のような被害であることは説明するまでもない。拉致に関しては24時間、途切れることのなく心の中まで監視されて、何処に行っても逃れることが出来ないので新しい形の拉致と言える。

テクノロジーによる監禁という被害が問題になる。

相手の姿は見えないし、加害を及ぼす媒体も目には見えない。しかし、肉体を遠隔操作により不自由にさせるなどが出来るので、酷い被害に遭っていれば外出の機会は減り、行動範囲も小さくなる。

脳の操作という精神に影響を及ぼす被害は強力で、うつ病のようにしてしまう事が出来、不快な気分にさせ、すべてをマイナス思考にさせるだけでなく、目眩や意識障害などが激しくなると、人前で明らかに自分の感覚や動きが外部からの影響により普段の自分と違っていることを意識してしまう。

そんな時には必ず周囲の視線が気になったりするし、精神状態も普通ではいられなくなる。

肉体的に不自由にされ、精神的に憂鬱になり、異常な倦怠感に襲われれば、たとえ空腹になっても食事の為に外に出られなくなることもある。

通常、拉致・監禁といえば、どこかに連れ去り隔離してしまう事のように思えるが、この犯罪では心を拉致・監禁しているようなもので実際に自由に物を考えることは不可能にされている。

特に、心と感覚を隔離(乖離)されているのは間違いのない所であり、それらについては日記でも触れているが、本来の環境から受ける心情と感覚をシャットアウトして偽のものを送り続ける被害でもある。

被害者に取っては加害者と加害媒体が目に見えなくても、直接攻撃をされているイメージが強い。これは認識の違いであり、目に見えなくても遠隔からであっても直接なのである。


2:37
当然、眠ってから1時間で強制的に起されるので眠くて仕方がないのだが、足の裏などを痒くさせられるので、とても眠ってはいられない。

何故か、その痒みは部位を刺激されると同時に電気が走るかのように瞬間的に脳が覚醒する場合がある。ただ痒いだけではない。おそらく、脳が覚醒する信号を瞬間的に発生させているのだと思う。

加害者は私に日記を書いてもらいたいのだと思う。

3:19
これほど酷い攻撃は珍しい。
歌のリピート送信とキーンというノイズ攻撃にプラスして、後頭部と首の接合部辺りに対する強い違和感、激しい意識障害と頭痛、脳を覚醒させる信号。それと絶え間ない、移動する痒みだ。

声の方も執拗にデタラメを喋りまくっている。

これだけ酷い攻撃をする理由は簡単だ。被害者の集まりがあるからである。そこに行かれないようにしたいのが加害者である。

とにかく被害者は連絡を取り合い

実際に会う機会を多く持つことだと思う。

それと広報活動だ。

加害者の一番、嫌がることだけをすれば良い。

7:21
突然、目が覚めて、覚醒している。
「ざまあみろ」と声の送信をされた。

すぐに音楽のリピート送信と声による脅迫が始まる。キーンと言う音、頭痛もしている。

9:59
目覚ましにより起床する。
こういう時は脳を覚醒されていないので起きるのに苦労する。当然、激しい睡眠妨害と脳の覚醒の為に睡眠導入剤を飲んで寝る。薬を効かなくさせられる被害だと感じている。

また、歌のリピート送信が微かに聞えたりしている。頭痛がしていて、足の付け根、腰などが痛い。それにしても下品で無意味な憎まれ口を聞かせている。

24:26
本日は被害者の会の定例会があり、「大量監視社会」という本の著者の方が来てくださり話を聞かせて頂いた。被害に関する理解もあり、様々な被害者の話も聞いて頂けた。何か心強い感じになった。

被害の方は激しくは無いが、細々と継続している。とくに定例会の後の二次会では思考が働かず無口な人になってしまった。しかし、それにやられること無く、積極的に話をした。

睡眠妨害や移動の疲れがでている。

寝る。

電磁波犯罪の存在を知ってもらうには

4:34
熟睡の真っ只中に合成夢を見させて起す。
そして、その夢を脅迫の材料にして目が覚めてから脳内音声により脅迫する。精神への介入による洗脳・拷問行為である。まさに24時間、365日被害であり、どこに行っても、その監視と暴虐から逃れることが出来ない。眠っていてもだ。

それらの被害の説明にはキャロル・スミスの

「精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について」

これだけで十分だと思う。

現在、被害者の方でもその論文を知らなかったり、読んだことがなかったりする。たとえ自分の被害と一致していなくとも、イメージが多少違っていても、精神侵略技術というものの存在を認め、その被害者を精神病扱いをするのには問題がある、と精神分析医が指摘している文章である。

被害者の方はそれを使って広報や被害の説明をして欲しい。

出来るだけ多くの人に、それを読んでもらうのが、知って頂くのが被害者の立場を確保するためになると思う。

被害者の方は是非、それで広報をしてください。

地球上には監視から逃れられる場所が無いことを説明したいのであればジョン・フレミングの「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」が良いと思う。人工衛星で加害を行っているかどうかは別として脳内音声や思考の読み取り、ピンポイントでの盗聴などに関して逃れられる場所がないと書かれている。

今も、脳内音声で歌のリピート送信と酷い脅迫をされている。

9:20
なんとなく9時頃に目が覚める。
勿論、歌のリピート送信とキーンという音はしている。そして、少しずつ、声の送信が始まる。それらは、自分が考えてもいない、気にもしていない事を声やイメージで挿入し、考えをそちらに誘導する手口で行き先は、自分が惨めだとか、孤立している、などと言う所に結びつけようとしている。

それとは別に、止む事のない貶しがあり、それは非常に神経質であり、日常的にそんなことまで考えている人は病気ではないかと思ってしまう細かさである。

それらが行動を監視されていると言う確信になる。

例えると、靴底に砂粒が付いたまま玄関に入ると「ざまあみろ、玄関が汚れたぞ」とか、道路にゴミが落ちていて、それを承知の上で踏んだのに「ざまあみろ、また間違えた」と言う。それらは現実の行為であり、精神の中でも同じような事を一日中される。

これが人間を通して情報を盗んでいるという確信になる。

たとえば漢字の読み間違え(見間違え)、英語のスペルが分からない、日記や仕事での文章作成の時に言葉が思い当たらない、などに関して何度でも執拗に貶してくる。紙に文字を書いても、印刷物に目を通していてもやられる。「字が下手だ、字を間違えて書いた」などは日常的に行われる。

そして最後には脳への攻撃を加え、間違いを無理やり起こさせ、それをあざ笑うかの如く貶す。身体を不自由にして、その状態を貶すというのも常である。勿論、そこには精神状態のコントロールも含まれているので不快感、嫌悪感、無気力なども同時に受ける。

こうして日記を書いていると目眩と脳を締め付けられるような感じになってくきて、激しく嫌悪感、不快感が発生する。そしてこれが毎日途切れることなく続けられている。

悪魔の犯罪の手口と言われる理由である。

17:07
本日、郵送にて、あるところに広報資料を送付しました。

何処の、誰に、どんな資料を送付したかについては、すべて記録されているので、いつでも知りたい方にはお知らせ出来ます。

明日も広報します。

被害の方は、酷いノイズを両方の耳に送信され、歌のリピート送信は途切れない。目眩と意識障害のような被害も途切れない。更に、うつ病の如き倦怠感と嫌悪感を発生させられ、最悪の気分にされている。

それと右半身、肩と腕と肝臓、太もも、ふくらはぎ、などがだるくなっている。後頭部の違和感も酷い。それと郵送をしてから、脳内音声による口汚い罵りが途切れない。

「出て行かせろ、引っ越させろ」
「キチガイにしてやれ、病院に入れさせろ」
「誰もお前の言うことなんか信用しねえよ」
「オカマを追い払え」
「頭を洗え」

など延々と数時間続いている。

これでは気の弱い人ならノイローゼになってしまうだろう。

電磁波による無差別テロは隠された社会問題である。

20:44
今は、耳を変にされている。ノイズを送信されている感じはないのだが、テレビの音声が良く聞こえない。ボリュームは数字で出るので間違いはなく普段より大きい音になっている。

先ほどまでは、楽器の練習をしていたが、またやられた。

練習中は自分の音に集中する為に、声の送信は無視している。しかし、その場で思った事を利用して精神への介入をして来る。例えば、「力が入った」と思うと、「下手だから力が入る」、「肩の力を抜かせてやれ」、などと絡んでくる。後は昨日と同じである。

「お前だけは絶対に許さない」
「あと半年間耐えたら許してやる」

などとも言っていた。ようするにデタラメだ。

その後、帰宅途中に買い物をしたが、酷い目眩と意識障害、頭痛と吐き気をさせられ大変な思いをした。挙動不審というか、自分が他人から見て変に見えないか、など気になってしまった。普通、そんなことは考えない。

被害は今も続いている。

23:44
音声のボリュームは小さく感じる。

頭痛と後頭部に対する違和感、目眩と意識障害のような被害、鼓膜が詰まったような感じが続いている。嫌悪感やそれから逃れたいという強い気持ちや、ヒステリックな感情が生じないので助かっている。

寝る。

遠隔拉致、洗脳の手口

人間の遠隔操作は、ある意味、拉致だ。
24時間、どこに行っても拷問付きの監視から逃れることが出来ない。しかも、心の中まで盗み取られてしまいプライバシーは全くない。それだけならまだ良いが、洗脳という執拗な人格改造行為が行われている。

その手法は決まっていて、まず被害者の弱みとなるようなものを見つけ出し、被害者であると言えなくさせてしまう。そして、執拗にその結論へと導くような考え方を繰り返しさせる。その結果、被害者は何かあるとすぐにその事を思い出すようになってしまう。

それは、脳内音声と言われる声を使用し、長期に渡り執拗に行われる。しかも、考える能力を極度に低下させる脳の操作や、記憶力を極端に低下させたり、痛い、痒い、苦しい、と言った身体的な苦痛も伴わせて行われる。テクノロジーによる洗脳であるから記憶の消去や改竄も行可能である。

始まりは遠隔監視によりすべての私生活を知られてしまう事である。

すべてであるから、風呂、トイレ、寝室のプライバシーもない。

恋人や夫婦であっても個人のプライバシーが存在しているのは言うまでもなく、トイレの中での排泄行為の一部始終を、その時の状況や気持ちまでをも説明する夫婦はいないだろう。そのようなプライバシーまで、すべてを途切れる事無く連続で干渉される被害であり、それらを脳内音声により無理やり聞かされるのは被害者に取って大変なショックとなる。

しかし、前提として遠隔監視、脳内音声という被害について社会的に認められていないので、誰にも信じて貰えず、それを口にすると精神病扱いになってしまい、被害者はそこでつまずく。

それを乗り越えたとしても、恥ずかしい被害であったり、自然現象や病気の症状と似ているので被害であると説明するのに苦労する。

そう言った事柄を最大限に利用して行っているのがテクノロジー犯罪であり、被害者がそこから抜け出られないように常に監視・脅迫・拷問を繰り返している。

そこから抜け出したとしても、次なる問題が待ち受けていて、それはいつでも発狂させる事が出来る、
事故に見せかけて殺してしまう事も出来る、などと言う恐怖である。


被害日記

4:17
就寝時には意識障害というか文字を見ても読む気になれない被害を受け、更に興奮させられていたので、意地になって被害者のブログを読んでいた。結局、最後は読解力や集中力が出ないので諦めて寝た。

そして、この時間に目が覚め音楽のリピート送信とキーンという音を送信され、声では脅迫をされた。

「すべてを失ってもいいのか」
「近所の変人が起きてきたぞ」
「夜尿症か、病院へ行け」
「みんなお前のことを知っているぞ」

などだ。

5:32
ちょうど1時間で鼻を痒くされ目が覚める。
勿論、その間も眠っているとは思えない状態である。

「拉致被害者の会に広報しろと」命令された。

8:55
その後は寝られたが8時半に起される。
完全に脳が覚醒していて再度寝る事が出来ない。歌のリピートは替え歌で「君はおかしい」と貶し、イライラさせようと盛んに煽っている。キーンという音がしているが、その音にも種類があり、最近は少し周波数が低い。声の送信も毎度御馴染みの「会社の人間に笑われているぞ」の連発だ。

目眩と頭痛と記憶障害を起されている。

今日も二箇所、広報の為に電話をする予定だ。

「もっと酷い被害を受けさせる予定だ」と加害者が脅迫した。

9:16
上記アップ後に腰が痛くなる。今は肩も痛くされている。
ところで子供の頃に自転車に乗っている時に、通りすがりのおじさんに言われた言葉を思い出した。脳内音声で言われる嫌みはそれに似ていると思った。

「おい、にいちゃん、タイヤが回ってるぞ」と言いながら

驚いたような顔をしてタイヤを指さす。

これを書こうと思ってログインした瞬間に「さて、何を書くつもりなんだ」と加害者に送信された。確かに何を書くつもりだったか思い出せない。瞬時に記憶を消されたのだと思う。しかし、偶然に下を見ると自転車の写真があったので思い出せた。

「ざまあみろ」と加害者に言ってやった。

20:33
今日はお昼のブログ閲覧から歌のリピート送信が途切れなかった。午後からは来客があったが、その時もずっと嫌がらせの音声を送信されいた。しかし、被害は軽い方だったと思う。

しかし、その後、楽器の練習をしに行った時のことだ。
最初は笑顔が出る感じだったが、スタジオに入ると急に鼓膜が詰まったようになり、音が煩く聞える被害に遭う。加害者は「煩い、出て行け」、「そんなに大きな音を出さないでくれ」などと送信していた。練習中はそれらをすべて無視しているが、今日は身体を不自由にする被害を受けた。更に意識障害を起されて自分のやっている事が良く判らなくなる。

直接、身体が満足に動かなくなる被害と、脳神経を攻撃して身体が不自由になる被害の両方を徹底的に行われた。しかも、声の送信でも徹底的に貶しと脅迫を入れ「あんまり逆らわない方がいいよ」、「もう広報をするな」、「もっと酷い目に遭わせるよ」などと休む事無く喋り続けていた。

その内にイライラする脳波か何かを送りつけられて、スタジオ内にある機材をぶち壊したくなる衝動に長い時間晒される。「ざまあみろ、悔しがれ」などと罵声を浴びせられるが、こちらも慣れているので全く相手にはしない。

結局、異常なまでの疲労感(椅子に座っているだけで肩や腰が疲れる)とイライラ感、嫌悪感、目眩、意識障害などにより、全く楽しくならないで終わった。顔の表情まで変える事が出来るようだ。

帰りはまるでうつ病のようになり口を利くのも嫌になってしまい、黙って帰ってきた。このように生活に沿った被害を報告すると、どこに住んでいる誰か、と言うことが明確になる為に、「噂」などによる二次害を被ることになる。(だから正確に記せない)

まだある。子供の学校関係の行事に参加出来ないと言う被害だ。正直、被害に会わされてから授業参観にも行かれなくなっている。従って家族にも多大な二次被害が及んでいる。

心を持っている者にこんな事が出来ますか。

21:08
上記アップ後に目眩と意識障害が激しくなり、「やめてほしかったら、その日記を全部消せ」と言っている。

本日も、新たな所に電話で広報する旨を伝えたところ、「実は、年に何回かそのような被害を受けているという訴えがくる」と言っていました。明日にでも送付したいと思います。

23:12
歌のリピート送信と声による貶し、脅迫、目眩と酷い意識障害が続いている。

「広報すれば、するほど、苦しむぞ」
「広報すると、損するぞ」

などと延々やめようとしない。

意識障害とは、テレビなどを見ていても声は聞えているのだが、よほど集中をしないと理解出来ない状態になる被害で(放心状態のような感じ)、脳内音声の方に意識を奪われやすくなる。

時々、ヒステリーを起したような脳波を送りつけられるようで、暴れだしたい衝動が起こる。当然、そのような状態というのは脳が覚醒ないしは興奮状態にされているので、疲れはなく、眠くもならない。だから数時間前までの異常なまでの疲労感と倦怠感はなくなっている。

脳の操作は非常に危険である。

それらを野放しにしている責任は何処に行くのだろうか。

24:25
被害は続いている。

寝る。

テクノロジーによる拷問をやめさせるには

1:47
睡眠妨害をしながら徹底的に脳内音声で脅迫をされている。

「広報をするな、殺されるぞ」
「お前を殺したがっている人間は沢山いるぞ」
「日記を書くのをやめれば許してやる」

精神病に仕立て上げてしまう人間の遠隔操作犯罪

それをやめさせるには知らない人がいなくなるまで広報をすることだと思う。信じるか、信じないかは別であり、やがて公開された技術が追いつけばすべてが判る筈である。

「ホンダとATRなどが開発したロボット」でホンダのコメントでは「両手に荷物を持っている時にトランクを開けたいと思っただけでトランクが開くようになる」とまで言っている。

これこそ、無線による思考盗聴技術と同じである。

実際に日本にそのような特許を取っている人がいて、念じただけで動作する思考動作型の日用品の試作品は安価に出来たとまで書いてある。

それはこの犯罪に関係した技術の極一部であるが、筋肉痛のように体が痛くて動けない、脳内音声をベースにしたテレパシー通信、記憶を消す、意識を失わせる、などの遠隔操作は実際に行われていて被害者が全国にいる。

しかも、拷問のような苦しみを四六時中受けさせ、被害者の口封じを行っている。こんな事ができる人間の存在の方がよっぽと信じられない。

人間としてやってはいけないことの最先端である。

いまも執拗に脳内音声で脅迫をしている。

2:48
きっちり時間を計って脳を覚醒させている。

全く眠ってはいないが、カチンとスイッチが入ったかのように脳が覚醒し、興奮状態にさせられた。それまでは、必死で寝ようとしていた。

1時間、引っ切り無しに全身痒みを発生させたり、映像の送信をしたり、京都駅の階段から転落させられた時の傷を痛くさせたり、心臓を苦しくさせたりしながら、全く途切れる事無く、脅迫を続けていた。勿論、歌のリピート送信も執拗に行っている。

その理由は、明日は休みではなくなるので広報をする事ができるからだ。当然、その計画はあり、実行する予定である。

9:18
その後は眠れた。
しかし、9時少し前に妙なリズムのような不自然な音を聞かされて目が覚める。以前にもたるんだ障子紙を叩くような音を聞かされたことがある。目覚めると音楽(ジャズのメロディーだけ)をリピート送信している。

起きてくると考えてもいない事を、あたかも自分の思考のように、或いは呟きのように見せかけ、次から次へと脳内音声で送信してくる。椅子に座ってタバコを吸っていると右足の付け根や腰が痛くなる。顔を洗って居る時も腰が痛い。頭部圧迫感も激しく頭痛に近い。

そのうちに脳内音声は口汚い罵りと脅迫に変わった。

17:56
被害は途切れないが、それほど酷い攻撃は今のところなく、足腰の痛みもない。仕事と広報活動をほどほどに行った。強烈に興奮させられないと、やや怖いという気持ちなどが出てしまい広報活動が加速しない。それは、それで無理をしない範囲でよいと思う。

21:49
攻撃が激しくなっている。

先ほどの更新の直後から後頭部に違和感が生じて、脳を締め付けられるような感覚になる。意識障害や悪劣な声の送信を執拗に受けている。

被害者を自分達の思い通りに操りたいと言った、洗脳の手口が露骨に表れている。被害が弱くなったり、嫌悪感がなくなると被害者はあまり逆らわなくなる傾向があるので、それを上手く利用しているのだろう。

実は、広報の一部としてファクスをしたが、「相手がファックスではありません」というエラーにより不達となっている。後で確認がとれるだろう。

もう一つは電話を掛けるとすぐに呼び出しが切れてしまう現象もあった。

現在、両方の鼓膜が詰まったようになり、周囲の音とのバランスが取れない。目眩と嫌悪感とイライラ攻撃、頭痛をさせられている。

24:56
少し被害が弱くなっている。

寝る。

被害者は負けるな

5:35
なぜか、自分がぐっすり寝ている、いびきに近い寝息が聞えてから目が覚めた。「ざまあみろ」とは加害者の台詞。しかし、その後に「起きて日記を書こう」という発想が浮かんできた。眠くて仕方ないので、そのまま眠ってしまいたいと考えていたが、そういう気分になった。

私は覚醒させられない限り、わざわざ起きてパソコンのスイッチを入れて日記など書きたいとは思わない。寝ていた方が良いに決まっている。

意識の挿入が先に行われている可能性が強い。それは意識そのものを挿入するよりは、どうすればそう言った考えに誘導できるか、という所から来ている場合もある。

昨夜はパソコンの電源を切る前に自分の日記に目を通してみた。そして「国家が国民を守らない被害とも言えるのではないか。」という所まで読み出すと、加害者に寄って集って文句を言われた。「外国の被害者に会わせてやろうか、テメエなんかマシな方だぞ、同じようにしてやろうか」などとボロクソにやられた。

日記を書き始めると腰が痛くなって来た。何故だろう。

10:15
9時半に目が覚める。
キーンという細い音がしている。感覚的に鼓膜全体を振動させるような太い音ではなく、細いイメージの音だ。それと、足の付け根が痛い。頭痛もしている。

目覚めと共に歌のリピート送信をされていて、考えた事に対し脳内音声で干渉される。その内に自分の考えを声に出さないで呟かされてしまう。その、呟きそのものが誰にでもある物なのか、判らなくなっている。しかし、呟きを脳内音声で別の人の声にして再送信されるのは異常である。

再送信される呟きは加害者とのテレパシー通信の時に武器として利用できる感覚が強い。再送信されてくると言うことは、確実に加害者に伝わっているとの認識が出来るからだ。しかも、加害者から送信される、加害者の声とボリュームが同じであれば、なお更そういう認識が持てる。

しかし、たまに再送信されないことや、再送信のボリュームが小さい時がある。そんな時には誤って声を出しそうになってしまう。それは自分の脳の中で、加害者に対してテレパシー通信により言い返すことが出来なくなっているように感じるからだ。

そうこうしていると、軽い目眩と意識障害のような被害が発生し、極めて強く、思考の抑制をされている感覚になり、実際に自由に物を考えることが出来なくなる。それは考える範囲が狭くなっているとか、大量の記憶を利用した発想に制限が掛けられているような感じである。

18:26
連休最後の日であるので午後から出掛けた。
普段は被害のこともあり、個人の時間はほとんど無く、このくらい休みが続くと一日くらいは時間が余る。

夕方に帰宅したが、歩くのにも障害が出るような足の付け根の痛みなので、そのせいか知らないが非常に疲れてしまい、少し寝ていた。軽い頭痛もさせられていて、今も続いている。

目が覚めると「お前は危険過ぎるから許してやる」、「その代わり日記をやめろ」などと嘘をならべて聞かされた。何しろ歌のリピート送信をしながら脳内音声で聞かせている訳だから嘘に決まっている。

その後、椅子に座ってタバコを吸っていると右足の付け根と右の背筋が痛くなる。それは立ち上がるのに苦労するほどの痛みであり、何もしなくても痛むので、救急車で入院した時のことを思い出してしまった。

しかし、立ち上がると今度は左の背筋を痛くするなど、やりたい放題であり、声による脅迫も連動している。

被害者の皆さん一人一人の訴えが力になります。

23:50
脳内音声による勝手な喋り
筋肉などの痛い被害が続いている。
しかし、ケロッと痛みが無くなってしまう時もあるので被害と確認できるが、本当に自然現象と区別が付かないような遠隔操作のテクノロジーである。

寝る。

追記、寝ると書いたが、パソコンの電源は切らずに、身の回りの片付けをし、タバコを吸いながら考え事をしていると歌のリピート送信が始まり、考える事の邪魔を始める。それまでは「悪い事をした、申し訳ない、私達も大変なんだ、もう離してやろう」なんて言っていたのが手の平を返すように急変して嫌みを浴びせられる。

遅延聴覚フィードバックという言葉があるが、自分の呟きを少し遅れて再送信されると本当に、考えが纏まらなくなり、イライラしてくる。しかも、記憶障害を起され歌のリピート送信をされ、嫌みの送信までされていれば、落ち着いて物事を考えることは不可能である。

これで明日も新たに広報する気持ちにさせて頂いた。

ここまで書くと「ありがとう、得をさせてやるよ、君は一番先に恥をかくよ」、「みんながその日記を見て笑っているんだよ」と憎まれ口を叩いた。

テクノロジー犯罪の現実

6:13
電磁波犯罪、テクノロジー犯罪、人間の遠隔操作犯罪、マインドコントロールなどと呼ばれている様々な被害状況。一貫した被害報告を得られないようにも感じられるが、その被害状況には、ある程度の段階があったり、大まかな種類に分ける事ができる。

音声が聞こえる人
音声が聞こえない人

これが大まかな分類であり

思考内容と連動して被害を受ける人
思考に関係なく被害を受ける人

などにも分かれ

結局、盗聴・盗撮がなければ被害はあり得ない。監視されているような感じ、という所では、ほぼ共通した被害となる。従って、どのような方法で盗聴・盗撮をしているのか、どうやって監視しているのかが問題になる。しかし、現段階ではあまりそのような方法などに関して深く追求をしても結論を導くことは出来そうにない。

そられに関する技術情報はすでに書籍として出版されているし、インターネットの英語圏には多くの情報がある。それらと自分の被害をどうやって結び付けるかが問題となるし、信じられないというのが大きな障害となっている。

ところで、被害の現実であるが、表に出てこない被害の実態として、「失職させられてしまう」、「まともに表に出て人間らしく生活出来ない」などの被害は強調すべきだと思っている。インターネットに日記を書くことも出来ない、仕事もできない、結婚を諦めた、などの被害者が存在している。

これだけ酷い拷問のような途切れることのない被害を被っていながら病気扱いにされていたのでは、国家が国民を守らない被害とも言えるのではないか。


被害日記

就寝時は多少の嫌がらせがあったがすぐに寝てしまう。しかし、一度何かで目が覚めるが無視できるレベルの音声送信であったので時計の確認もなしに、そのまま眠ってしまった。先ほど、合成夢をみさせられたようで目が覚める。音楽のリピート送信と共に声の送信で「もっと得する方法を考えろ」などと唆されたが拒否をする。目が覚めたついでに日記の更新をした。

腰が痛いのが気になる。

9:23
合成夢を見て目が覚める。
ストーリーとしては突然内容が変わってしまうのだが、子供達が政治家を人殺しと間違ってしまう、と言う内容であった。結果として、この日記に対する批判と結び付けてきた。しかし、論破した。何でも脅迫の材料にしてしまう加害者である。

心臓が苦しくて目が覚めた。
腕や腰が痛いのが気になる。

テクノロジー犯罪をやめるのが先だ。

被害者を脅迫して口封じをするのではなく、歴史的な人権侵害・拷問行為をやめるのが筋である。これが重大な犯罪であることは、少しでも理解力のある人なら誰でも判るはずだ。

と、このように書くと「また、世間を敵に回したぞ」と脅迫をされる。

11:57
その後も、起きるのが癪に障るので、11時頃までうとうとしていた。
起きてからコーヒー入れていると目眩と記憶障害のようにされ、脳の中に膜が張ったような感覚がした。右足の付け根と腰が痛い。それは筋肉の痛みであるが、心当たりのない痛みだ。

英語の出来る被害者の方の協力により

海外の被害者団体との連絡がとれました。

今後の展開に期待したいと思います。

18:38
痛い被害が続いている。
その痛さとは、足腰は自動車の乗り降りに苦労する程度、肩の方は助手席に置いてある2~3キロのバッグを持ち上げるのに苦労する程度だ。咳被害も時折やられる。

少しの間は歌のリピート送信が止まっていたが、先ほどから開始されている。それよりも、思考の抑制のような被害が続いているので、倦怠感と同時に、頭を使って深く考えるような事が出来なくなっている。

新しい被害者の方のブログです。

空っぽの生き物

音声送信や映像送信を使って人格をダブらせる被害のようです。

23:57
その後は自分で演奏した音楽を聞いていたが、それはもう貶しの連続を声の送信で浴びせられ続け、イライラさせられながら耐えに耐えて、3時間かけて全部聞いた。

どうも、何も音を送信されていないように感じるのに、非常に耳が煩く感じる被害というのがあるように思う。当然、それとともに生活音も大きくなってしまうと思う。

それと一度も考えた事もない話を、あたかも自分の考えのように語りかけて来て、それを無理やり押し付けて、自分の考えが間違っていると思い込ませようとする被害も受けた。それは自分の考えではないと蹴ってしまえば問題はない。

以上、音楽を聞きながらの被害報告で、その中で一曲だけ、ややまともなのがあったのでサイトにアップした。その曲を聴いた時は加害者も「上手い」と褒めた。

それにしても被害は途切れない。

寝る。

思考盗聴の罪の重さは

2:45
脳内の考えは誰にも知られることがなく、それが人類の歴史上当たり前とされてきた。その為に人間の精神の中に自己というものが形成されている。それを壊してしまうのが思考盗聴であり、究極のプライバシーの侵害となっている。どこに居て、何を考えても、すべて盗み取られる。

しかも、それを四六時中、途切れる事無く、その他の被害と組み合わせて行われる。被害者の精神的なショックは大変なもので、プライバシーが無くなってしまったことによるものと、それが加害者を通して第三者に漏洩しているのではないか、などと言う不安が将来に渡り付き纏う。

四六時中途切れる事が無いので日常生活は現実に不幸にされてしまい、奪い取られたものを取り返すことが不可能である為に、被害がなくなったとしても、元の自分に戻る事は出来ない。しかも、被害はそれだけではない。

日本国に置いて人間の遠隔操作テクノロジーの犠牲となったら最後、生きている限り拷問に苦しめられなければならなのだろうか。これだから国家が犯人だと言われてしまうのである。


悪魔の睡眠妨害は日課となっている。

痒いから、掻いてみると、どこが痒いか、解らなくなる。

それはピンスポットの痒みで、針の先くらいから、直径5ミリ程度の範囲であり、全身のどの場所にでも発生させる事ができる。それを、ヒリヒリとしたような冷たいような感じのする痛みに変化させることも出来る。

そんな被害がある。

それを全身に数箇所、同時に発生させられる。

就寝時にもやられたが眠る事ができた。それは眠いのに寝られない方が苦痛として大きいから悪魔はわざと眠らせる。そして1時間ほどで再度、痒くてたまらなくして目を覚めさせる。

すると脳内音声で脅迫と洗脳の嵐である。


11:00
その後は何とか眠れたが、8時半に目が覚める。
すぐに脳内音声による語り方が始まる。どんな内容であったかは覚えていない。それは極力聞き入れないようにする為に、加害者の喋りと同時に声には出さない呟きをするからである。

ただ、夢を見させながら、その中で私に加害者の台詞を喋らせる、という洗脳の手口があるので人間である以上、それは防ぐ事ができない。しかし、それが自分の意志ではなく、加害者に喋らされていることだけは感じ取れる。

「ざまあみろ、寝られないで苦しめ」

と言われたので、もう一度寝ることにしたが、11時少し前まで、何度起されたか判らない。その度に、作り話を聞かされ洗脳しようとしていた。

内容は

「お前は被害者に嫌われるぞ」
「広報した先に謝りに行け」
「訴えられるぞ、損害賠償を払わせられるぞ」
「逮捕されるぞ」
「お前の回りは敵だらけ、世間を敵に回したぞ」

などであるが

私の関係している人間の名前を全部出してきて脅迫するので、八方塞の精神状態に追い込み身動きが取れないようにして、ひとりで孤独に悩み苦しむように仕向ける手口に感じた。

起床後も歌のリピート送信が続けられているが、体は酷い疲労感と偽筋肉痛の為に動くのが億劫であり、精神的には「あたかも落ち込んでしまったかのような」精神状態にされているのを感じた。

しかし、それ以上に恐ろしいのは、何処かが興奮していて、落ち着いて椅子に座るとか、ゆっくりと無になって自分を見つめる、などの極自然な動作が出来ないような慌てふためいた気持ちになっていたことである。

そのアンバランスな遠隔操作には加害者の意図がにじみ出ている。

そこで、気持ちを落ち着けて、わざとゆっくり行動を取る。しかし、頭部圧迫感や偽筋肉痛やキーンという音、倦怠感、疲労感からは逃れることは出来ない。

とにかく、集中的に潰しに掛かっていると言った感じだ。

12:28
目眩と記憶障害が始まる。

自分で演奏した音楽のフレイバックを聞いていたら最初の二曲だけは音声による妨害や記憶障害を起されなかったので、十分な集中力があり、快適に聞くことができたが、3曲目からはメロディーに合わせて嫌みを送信したり、記憶障害を起させられたので、聞けば、聞くほど気分が悪くなり、最後はイライラする脳波を送りつけられ「ザマアミロ」と声の送信をされ、音楽を聞くのを諦めた。

このような嫌がらせが2年以上も続いており、これでは曲を覚える事も出来ないし、自分の演奏の向上も不可能である。しかし、音楽の演奏は続けている。

頭痛と肩や足の付け根の筋肉が痛みが増している。
右の耳だけが煩く感じる被害が発生している。

13:43
今、都内に向かっているところだが、目眩と記憶障害の他に、右半身への激しい痛み攻撃をされている。こめかみ、耳の奥、アゴ、肩、腕、足の付け根、ひざ、腰をやられていて、体を動かさなくても痛い。

日記に書くともっと酷い攻撃をするぞと脅迫されている。

24:28
一日中、上記の痛い被害を受けたまま、今帰宅した所だ。
音楽の練習中の声被害も執拗に行われたが、激しい目眩や記憶障害が行われなかったので気分的には楽だった。

しかし、痛いままである。

帰りは執拗に歌のリピート送信を行われたので結果、テレパシー通信により加害者と会話というよりは呟かされてしまう被害を受ける。

その被害は、加害者が腹を立てるような言葉を呟かされるように仕向けられているので、結果、被害を受け続けることになっている。最悪の犯罪手口がここにも表れている。更に騒げば、騒ぐほど「損をするぞ」、「もっと酷い被害に遭わせるぞ」という脅迫も定型的な手口である。

日記を書き出すと低い音が耳に送信され、鼓膜が詰まったようになる。

人類最悪の犯罪手法である。

この、恐ろしい武器の実力を知っている被害者は常に恐怖に晒されている。

24:38
上記アップ後に、更に腰の痛みが強くなり、意識障害も発生させられる。これだから殺人以上の犯罪と言われるのである。

22日2:14
寝る。

政権交代が電磁波犯罪に影響するか

4:27
加害者に提供して頂いたタイトルを使用した。
果たして、何か変わる事があるのだろうか。

睡眠妨害の為に、この時間に起こされ、尚且つ脅迫まで頂いた。

「この犯罪を無くすどころか、損害賠償を払わせられるぞ」

「広報した先に誤りに行け、無法者め」

こう言った加害者であり、こう言った犯罪である。
大勢の被害者は日夜、苦しめられ続けている。

4:35
上記アップ後に

「うんと得をさせてやる、命を奪ってやる」

と脳内音声で脅迫された。

9:43
その後は、7時40分頃に陰部に対する強烈な痒みの連続攻撃で目が覚めるが、そのまま眠った。良く覚えていないが、就寝時や夜中にそのような事が度々あるようだ。

用事があるので先ほど目覚ましで起きたが、その時は逆に眠くて起きられないと言った感じになる。目覚めると歌のリピート送信をされており、強制テレパシー通信状態にされている。

後頭部に違和感と軽い目眩を感じている。

恐らく、記憶障害も起されていると思う。

17:23
本日は墓参りなので家族で行って来た。
車で2時間程度の場所だ。
頭痛と意識障害を起されていたが、程度は軽く、途切れない音声送信による干渉と共に不快な気分にさせられながらの運転であった。

墓参りを終え昼食を摂る為に食堂へ向かうと、そこで目眩や頭痛が激しくなり嫌な思いをさせられた。その後は帰路へと向かう。高速道路は帰りも空いていたので助かった。

しかし、何故か腰から下がだるく帰宅後も全身が疲労しているので先ほどまで寝ていた。目が覚めてからも疲労感と実際に筋肉が痛く、何もする気になれない。頭痛、歯痛も時々させられる。

今日は声の送信ボリュームがかなり小さくなっているが、考える事をさせない被害は続いているので、思考の自由を奪い取られている事が実感できる。(音声送信以外の影響がある)

それと、やや吐き気がしたり、下痢をしそうな感じになったり、内臓が痛いような被害も受けている。

18:59
意識障害、歌のリピート送信が続いている。

「こちらから迎えに行くよ、精神病院に入りたければ日記を書き続けろ」

と、ここまで書くと、記憶を消去させられてしまった。

もう一つ、脅迫をされたので記したいと思ったが思い出せなくされる。そして「ざまあみろ」と罵声を浴びせている。

そして、日記を閉じようとすると何故か突然に思い出す。それは聞えるか聞えないかくらいのボリュームでも、部分的に言葉を聞かされるとすぐに思い出す。

「広報をしなければ許してやるよ」という脅迫だ。

全部お断りする。

それから部屋の中にいて熱くてたまらない被害を受けている。頭部が特に熱く感じているが、全身が暑いので汗がにじんでしまう。今日は暑かったので気温が高いのかと思っていたら、風通しの良い室内の温度計は26℃である。

22:13
さっきまで友人宅にいたが、目眩と記憶障害、声による執拗な攻撃をされ続けたので、不快でいられなくなり帰宅することにした。たまたま、そのお宅で字幕の出る映画を見ていたので加害者がその字幕を読み上げてくるし、キーンという音が激しくテレビを見る気分にはなれなかった。

友人宅から帰る時にはパニックにさせようと企んでいたようで、イライラする脳波、「キレる」感じが時折、送られてくるのが判った。脳内に大量の脅迫の声を立て続けに聞かされ、時間感覚の喪失も起されたので短い時間であったが長い時間に感じた。

数種類の攻撃を連続で浴びせられたようで走行中にお腹が空気でパンパンになり、帰宅後にゲッブが出た。

精神状態の操作プラス、脳内音声攻撃プラス、身体攻撃プラス、記憶障害である。こんなことを集中的にやられると人間であれば正常ではいられなくなってしまうだろう。

これは絶対に許されるものではない

広報は続けるべきだと強く思わされた。

歌のリピート送信、肩、腰が痛い攻撃も続いている。

21日1:12
今日は紫外線の強そうな日差しだったと思う。
運転中に腕がヒリヒリしていた。

風呂から上がり、これから寝る所だが、やはり京都駅の階段で転落させられた怪我は軽くないようだ。また、あらたにアザを発見してしまった。実際の怪我の痛みと、人工的な痛みの区別が付き難く、大変迷惑している。

いまは、腰から下の異常な疲労感がなくなっている。

寝る。

自然と人為の区別をなくした罪の重さ

5:56
隠蔽されたテクノロジーによる人間の遠隔操作。

自然と人為の区別が付かないほどに巧妙に行われ、その操作技術は磨かれている。悪意と殺意、計画性と集団性については被害者の証言により明白になる。

今も睡眠妨害の為に仕方なく日記を書く事にした。

目覚めると日課である脳内音声による洗脳行為が行われる。それはまるで自分の全周囲に人がいるかのように感じさせる為に、声は周囲から響いているように聞かせ、人間が見ているように感じさせる為に薄っすらと人の顔のようなイメージ映像を配置している。

「会社の人間に笑われるぞ」

「世間体より、睡眠を取れ」

などから始まり最後は「殺されるぞ」となり

最後は「明日、殺されるぞ」に行き着いてしまった。


12:43
もう一度寝たが、9時に起される。
丁度良い時間なので起床するが、歌のリピート送信と声による嫌み、キーンという音、目眩、記憶障害、頭痛、などを起された。コーヒーを飲んでいると急用が出来たので一度外出し、今帰宅した所だが被害は続いている。

よくある手口だが、「かわいそうに」、「惨めだね」という脳内音声を浴びせる為に、加害者は勝手に話を作り、それを聞かせたり、思考の挿入をしたりして、こちらにそれを想起誘導させ最後に「かわいそうに」で締めくくっている。


21:38
日記にログインすると脅迫が始まる。

午後は眠くさせられたので30分ほど寝てから、広報の為の資料をまとめて封筒に入れ、郵便局へ持っていく。その後は用事があり、帰宅したのが8時頃だろうか。

歌のリピート送信と声による干渉

目眩と記憶障害

頭痛などの身体攻撃

程度は強く感じないが、物事を落ち着いて深く考えることは出来ないし、時たま攻撃が強くなると耐え難い苦痛となる。キーボードを打っていてもタイプミスが急に増えるのは、記憶というよりは意識障害と感じている。

声が聞こえている被害者は思考の挿入や身体被害、或いは精神状態のコントロールなどに対して、それが加害者によるものであると強制的に知らされているが、それでもパワーの低い遠隔操作は自然現象と区別が付き難くいので、声による説明をされていない被害者は被害であると気が付かない可能性もあるだろう。

もっと恐ろしいのは被害者が生きている間、ずっと加害行為を続けられた場合だ。

21:49
上記アップした直後に、右の耳が著しく聞え難くなる(音を送信されていると言うよりは、煩く感じる刺激をされているように思う)。更に、肝臓が痛くなったり、右目の視力が落ちたような感じになる。

そのように偏った攻撃をするのが得意で、精神的にも積極的にトラウマを作るべく、盗み取った情報を利用して執拗に精神にも攻め込んでいる。それが毎日である。

24:49
内容が面白ければテレビを見れる程度の被害が続いている。
酷い時はテレビは見れない。見ていても脳内音声などにやられてしまい、テレビの音声が聞き取り難くなったり、集中出来なかったりする。

「お気の毒に」
「かわいそうに」

などと絶妙なタイミングで送信されている。
咳をさせられる被害も続いている。

寝る。

それでも広報をしよう

2:37
執拗な睡眠妨害。
脳内音声で歌のプレゼントだ。

「いつまでも、耐えることなく、自由に生きる」

だそうだ。

自由を奪い取る犯罪

生きる、ということを奪い取る犯罪

人間の遠隔操作、電磁波テロだ。

この時間であるから恐らく、就寝は1時40分だったのだろう。その間に何度も起されて歌のリピート送信を聞かされていたが無視をして寝ていた。しかし、今回は尻を執拗に痒くされ、最就寝を出来なくされた。

この悪魔の人権侵害、放っておくと人類に未来はありません。

京都駅の階段から意識を失わせて転落させられた後遺症の為に寝るのも大変です。いつ殺されるか判らないという恐怖もあります。しかし、また広報資料の送付を開始します。キーボードが横に回転して見えました。そこまで出来るテクノロジーが無実の一般人に容赦なく襲い掛かっています。

言論の封殺

日記に自由に物事を書けないような操作も執拗に行われます。それは究極のスパイ技術により盗み取った情報、個人に特化した脳内音声のためです。

更に遠隔から姿を見せずに犯罪が行える為に、加害者は何にでも成りすます事が出来るからです。

人類史上最悪の犯罪を絶対に放置してはいけません。


9:31
その後は何もなく眠れた。
9時頃に目が覚めたが歌のリピート送信が聞えている。キーンという金属音が聞えている。

そして、日課となっている、目覚めの洗脳が脳内音声により開始される。「一千万人に広報してもお前の言う事を信用してくれる人は1人もいないぜ」、「お前の日記と広報がどれだけ人に迷惑を掛けたか判っているのか」、「被害者が増えるぞ」、「本当に死人が出るぞ」、「お前の母親を狂わせてやろうか」、「子供と一緒に学校で笑われろ」などである。

広報しても無駄だと思い込ませる

犯罪被害者であることを主張するのが罪だと思い込ませる

広報、日記をかくのが罪だと思い込ませる

脅迫をして口封じを目論む

こんな感じである。

人間としてこんなことが出来るというのが信じられない。


11:20
仕事をしているが、頭の中で考えていると、そこに侵入され思考を読まれ干渉されていることを脳内音声により実感できる。お金の計算をしていると次第に目眩と記憶障害が酷くなってくる。手足の筋肉への痛みや疲労感も受けている。歌のリピート送信も続けられている。

それらの攻撃から逃れたいという気持ちや嫌悪感も強く感じさせられ最悪の気分にされている。加害者は「ざまあみろ」、「いい気味だ」と罵っている


22:32
本日、広報資料を一件送付しました。
明日も送付する予定です。

相変わらず、声のよる執拗な脅迫と記憶障害が続いている。
勿論、身体攻撃も頭痛や肩の異常な凝り、陰部への性的な刺激、顔の痒みが続いている。不快感も酷く、倦怠感と無気力感が酷く、何もする気にならない。被害者の方へメールを出すのも考え込んでしまう。

日記に追記する為にログインすると攻撃が酷くなる。

五感に対する遠隔操作の被害も執拗に行われ、匂い、味、体感温度などの極端な変化などをやられ不快感が増している。ついでに呼吸困難、喘息のような被害も受けている。それらと共に聞かされる、この世のものとは思えない口汚い中傷も不快感がある。

とにかく、酷すぎる。

被害を受けていると言わせないで、被害を受けさせ続ける犯罪。

24:59
先ほどは被害者の方と電話で話しをしていた。
1時間ほどであるが、その間は被害が軽くなっていた。私と同じ被害内容であるが、加害者の種類というのか、声の送信内容にも程度があるようで、その方は実況解説のようなのが主であるらしい。しかし、その、盗み取った情報による個人に特化した語りかけの手口は冷酷で、やはり被害者を絶望に追い込み、生きたまま殺すという「生き殺し」のようなものを感じた。

広報をしているから被害が酷いとは一概に言えないようだ。

寝る。

「ひとりで広報して得して」と聞かされる

2:00
就寝は1時より前だったと思う。
眠り際の嫌がらせは毎日のこと。

1時間で起されるのも毎日の日課となる。

その間にも何度も目が覚め、その都度、暗示に掛けるような言葉を脳内音声で聞かされる。その内容も毎回同じで「近所で笑われろ」、「警察が見張っているぞ」、「公安に殺されるぞ」、「被害者に嫌われろ」などである。

最近、追加されたのは

「お前はもうじき死ぬ」
「家族で殺されろ」

などだ。

それらを本気にするかどうか、階段から意識をなくして転ばせた、という事故。大型トレーラーに挟まれてしまった死亡事故のニュース。

それらを総合して考えると

「殺されても知らないぞ」

という脅迫に感じてくる。

しかし、これまでに書いてきたような被害は全く無くならないので広報せざるを得ない。「被害がなくなれば広報はしない、日記に書くこともない」と何度も言っているので加害者は承知している。

「その前に謝れ」と全く間違った声を聞かされる。

歴史的な人権侵害が先に行われている。
なぜターゲットになったか全く判らない。


8:44
その後は何もなく眠れたが、8時に突然目が覚める。
歌のリピート送信もされている。5時間半という睡眠時間なので眠いが、時間的に起きた方が良いと思い起きる。声の送信と思考の挿入(イメージ映像)を上手に使い、あたかも自分の発想のように見せかけて、考える必要の無い事を考えさせられている。

この手法は、表現は悪いが「口の上手な押し売り」と同じで、最初の印象は嘘としか思えなくても、拒否することの出来ない脳内音声と思考の挿入を続けることにより、それを無理やり真実である。というように思わせる手法に感じる。「第一印象が大切」という言葉があるように、話を聞かされていくうちに騙されないようにしたい。

もう、すでに後頭部に違和感と目眩と記憶障害を起されている。


13:33
また、日記の追記をしている最中に「変換」キーを押したら一瞬にしてブラウザが閉じてしまった。最初から予測はしていたが、わざわざ暫く書かせてから消すやり方がニクイ。

歌のリピート送信と声による干渉は全く途切れない。弱いながらも脳への攻撃は続いている。午前中は広報先に電話をしたりしていた。それ以外では音声送信の為に声に出さない呟きを続けさせられている。私の加害者は考えを逸らす目的で(気にしてもいない事を気にさせる)声の送信をしてくるので、それらを無視して現実とは関係のない単語を呟いている。

しかし、現実の思考に沿った内容の語りかけ、思考の言語によるトレースをされるので、結局、自分の考えを口の中で呟き、加害者に説明するような形になってしまう。それとも呟かされてしまう脳波でも送りつけられているのだろうか。

見聞したものすべて、そのときの感情(感想)などもすべて、虚偽を交えた言語により脳内に送信される被害というのは、一秒たりとも通常の人間として生活させないだけでなく、自然な自分の感覚を忘れさせてしまい声によるマインドコントロール支配をするための手法なのだろうか。

肩や背中の筋肉の一部を痛くする被害も受けている。

勿論、舌が一緒に動いて送信と同時に喋らされてしまいそうになる声の送信も行われている。

17:31
「ミリ波カメラ」と言うのがあるようですが、最近はテラヘルツのようです。
tera
テラヘルツで思考を読む、などについて書かれているのが「キャロル・スミスのHacking the Mind」だと思います。右にリンクがあります。

23:31
13時の時の被害と同じ状態が続いている。
階段から転落した怪我の後遺症というか、打撲の跡が痛いのだが、偽筋肉痛などが得意なので痛みの増強や疲労感などをやられているように思える。

目眩や記憶障害なども起されているが、体感として激しくはない。弱いレベルで続けていると言う感じだ。

とにかく、想像を絶する悪である。

寝る。

人間の遠隔操作に気をつけよう

9:33
就寝は1時頃だったと思う。
昨夜も就寝時に多少の嫌がらせはあったが、なんとか眠れた。5時半に目が覚めたが、すぐに寝た。そして9時に目が覚める。なんとなく、良く寝たという感じだ。

しかし、目覚めとともにボリュームは小さいながら音楽のリピート送信と声による語りかけをされている。

数日前のことですが

他にも、階段から転落した方がいらっしゃるようです。

危ないので気をつけましょう。

それにしても、私はいつも思うのだが、なぜ、一般人がスパイ映画のような毎日を送らなければならないのだろうか、その社会背景に問題があると思う。国家はそれらの調査をするべきだと思うし、研究機関も解明に協力をするべきだと思う。

すでに後頭部に違和感が生じて、思考異常を感じている。

12:46
昼休みのブログ閲覧を終わらせたところだ。午前中も仕事で資料に目を通したり、頭を使って考えようとすると、目眩や意識障害にされる。頭部圧迫感も強く、両方の耳が詰まったようにされている。

昨日の怪我の後遺症の為に、体のあちこちが痛く、階段の上り下りにも苦労している。広報の事を考えると「それ以上、広報するな」と声の送信をされ、肝臓の上の方に太い針を刺されたような痛みが発生し、「嫌だ、広報する」と考えると「もっと痛くするぞ」と言われ本当に痛みが強くなる。

被害を受けていると言わせない脅迫なのだろう。

しかし、このままでは奴隷であり人権はない。

20:16
午後からも意識障害や歌のリピート送信は全く途切れる事無く続けられている。声によるリアルタイムの干渉も同じ。

昨日の転落事故の後遺症で全身が痛いので病院へ行ってレントゲンを取ったが、骨などには異常がなかったようだ。

夕食後に眠くなったので、寝ようと思うと歌のリピート送信と共に、イライラさせられる。凄く嫌な感じであり、右耳を狙って音が煩く感じる攻撃を受けている。

身も心も休ませない徹底した攻撃である。

声の送信では、その時々の状況に応じてデタラメを喋り、結果「お前らの言い分は通らない、どんなに広報しても無駄だ」という結論に持って行かれる。

寝させてもらえないなら、日記でもと言った所だ。

22:50
歌のリピート送信は全く途切れずに続いている。
脳への攻撃は軽度であるが、左肩を痛くされている。

徹底して攻め抜いていると言った印象を受ける。

23:12
上記アップ後に

「また、転ばそう」

と声の送信で脅迫をされた。

執拗に歌のリピート送信を行い、それを嫌だと思えば、思うほど、イライラしてくる。もし、耐え切れなくなって暴れ狂っても、脳内音声を止めることはないだろう。

広報をすると「殺すぞ」と脅迫をする。

しかし、加害行為は止めない。

人類史上最悪の人権侵害である。

24:08
まあ、しかし、全く攻撃を止めないわけだ。

意識を失ってしまい、気が付いたら事故をおこしていた。

このような被害報告も実は少なくないようだ。

このように書けば、書くほど、痛い攻撃をして来る加害者である。

寝る。

夢も希望も奪い取る犯罪

1:00
睡眠妨害で起される。
就寝してから1時間経っていない。

テクノロジー犯罪と言えば良いのだろうか。

人間の遠隔操作(五感の操作など)
思考盗聴
合成テレパシー通信

拷問のような苦しみを受けさせられ続ける被害であるわけだが、人生を破壊してしまう被害でもあり、夢も、希望も奪い取り、未来をなくしてしまう犯罪被害とも言える。考えることの自由を奪い取られる被害であるので、好きに想像をすることが出来ない。

現実ではない事を想像するのが人間の夢であり、それは全くの空想から、実現可能な想像の世界まであるわけで、それが生きる希望へと繋がるわけである。

思考の自由を奪われると、それが出来なくなる。

脳に対する抑制により、実際に考える事が出来なくなる場合と、考えていると、そこに割り込んできて冷やかしたりする場合があり、大変な精神活動への被害となっている。

7:43
その後はなんとか眠れて、先ほど7時に目覚ましで起きた。
目覚めとともにキーンという音がしていて、いきなり、脳内音声で語りかけが始まる。また「日記を消せ」などと始まったので、テレパシー通信による言い争いが始まる。文句を言うと歌のリピート送信をされてしまう。腹が立つ。しかし、従順にしていても同じだと思う。

13:01
出張の為に京都に来ている。駅の階段を降りる時にアクシデントが起きた。

突然、足を踏み外し、何もできずに、物が転がり落ちるように転落し体を止めることが出来なかった。

その、足を踏み外しただけならば、転倒する前に何かあるはずである。何故落ちたかも不明だ。

後から思うに、左足がコントロール不能になったようだ。

打撲などの怪我もした。

さて、原因は。

18:46
いま帰りの新幹線に乗っている。一泊して別の用事を作ろうかと、思ったりしたが、言葉では説明出来ない恐怖感があるので帰宅することにした。

日記に追記を始めると、軽い目眩や吐き気がしてくる。

階段から落ちた時の記憶であるが、足を踏み外したとか、危ない落ちる、などと言う感覚はなく、気がついたら階段を転がっていた。

スキー場で転んだように体が止まらなかった、何故だ、という記憶しかない。

深読みや恐怖症になるのは問題があるかもしれない。
頭部に怪我をしなかったのが不幸中の幸いである。

23:22
頭部圧迫感と目眩と吐き気と思考の抑制、歌のリピート送信をされている。

帰宅後に、外傷を調べると左の膝とスネ(前側)にアザがあり、左の肘に擦り傷がある。痛みのある左の腰と左肩付近には何も傷はない。駅のビデオカメラにでも録画されていたら、どんな落ち方をしたか検証してみろ、と加害者が言っている。

自分で解析すると、左に曲がった所に階段があるのを確認しているが、どんな階段で、どのような景色なのか、どちらの足から降りたか、などの記憶がない。通常は、どちらの足から降りたかなどは記憶してはいない。

しかし、怪我の様子から見ると、左足を着地させた時に膝をカックンとやられた可能性が大きい。意識を失う被害というのがあるようだし、踏み外したのなら、その瞬間の記憶があるはずだ。

気がついたら階段をゴロゴロと転がっていて「なんで体が止められないんだ」と言う状態であり、結局、半分ほど下の踊り場に叩き付けられるというと大げさかも知れないが、そのようなして止まった。

もうその時には人が二、三人来ていて「大丈夫ですか」と声を掛けてくれていたようだ。痛いけれど大丈夫なので「大丈夫だ」と答えた。それよりも自分がなぜ転落したのか納得が行かない気持ちが強くでた。興奮していると痛みを感じない事もあると思い、少し休んでから歩き出した。

嫌な感じであり、脅迫にもなりえる。

23:53
上記アップすると声の送信で

「体中を癌だらけにしてやる」
「お前は逆らいすぎだ」
「本当は殺してやりたいんだけどな」

と挑発というか脅迫をしてイライラさせてくる。

ならばもう少しハッキリ書こう。

殺意の表れである。

人間は本当にやられた時は、「やられた」とは言えなくなる。

24:30
あまり考えたくはないのだが、非殺傷兵器という言葉があるが、情報によると殺傷能力を持っている装置であり、事故や病気に見せかけて要人を暗殺するために使われている、などとなっている。

そんなものを一般人に向けないで欲しいと思う。

それも多くの一般人である。

たとえば最近連絡のあった被害者の近況である。
http://tom-wellmoat.jugem.jp/

寝る。

現実に行われている拷問

4:09
この連日の睡眠妨害。

寝させないという拷問である。

拷問というと言葉の意味が少し違うかも知れないが、暴力による言論の自由の封殺、というよりも犯罪被害により殺されかけているという訴えをさせない。テロ行為が行われているのに精神病にしてしまう社会問題である。武器を使った最大級の人権侵害だ。

「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」という本に書かれていたが、この犯罪を否定したら加害行為をしているのと同じことになってしまう、というのに強く同感した。ある意味、隠蔽されたテクノロジーを信じられない現象だ、という極普通の考え方の存在を犯罪行為に変えてしまうという悪魔性である。

どれほど酷い人権侵害であるかの説明にも多くの時間を必要とする。それはこの犯罪の被害範囲の広さを物語っている。

テクノロジーによる盗聴・盗撮(覗き)による被害に始まり、考えを読むことに連動した身体に対する攻撃、脳内に音声を聞かせ犯罪被害である事を知らせる行為は、盗み取った情報を利用して屈辱を受けさせたり、脅迫をする。しかも、被害者の生活に24時間密着しプライバシーと呼ばれるものは全くない。

それらは集団ストーカー被害にも関係している。

大切なのは、遠隔から信じられないようなテクノロジーにより様々なことを強制体験させられるとか、下劣、猥褻な被害が多いことではなく、精神病にしたて上げてしまう環境を作り出していることだと思う。

被害状況は種々雑多。

しかし、精神病扱いにされるということは、

人権の強制剥奪という結果になる。

本当に数多くの人権を奪い取っているし、心身への耐え難い苦痛を24時間絶え間なく受けさせる拷問でもある。

5:23
音楽のリピート送信と声による脅迫が酷く全く眠れない。脳を覚醒させられているのだと思う。脅迫の程度は著しく低く、「その日記には年齢制限が必要だ」、「佐野市全体から訴えてやる」、「他の被害者がお前の日記のせいで被害が酷くなったから殺されるぞ」などである。

頑張って広報したいと思う。

8:17
理由なく、突然の咳き込みで目を覚めさせられる。

もう、2年以上の間、歌のリピート送信をされている。
睡眠妨害も2年以上だ。

こんなことは殺意がなければできない。

勿論、10年もやられ続けている被害者もいる。

さて、広報計画は4箇所予定している。それと以前広報した所にも電話をしてみたいと思う。他の被害者の方にも大量にお願いしたい。

11:45
歌のリピート送信で目が覚める。

昨日車の中で聞いていたフランク・シナトラの歌だ。今もリピートされている。声では「お前の家を火事にしてやる」と脅迫をされた。後は、無意味なデタラメの脅迫の連続だ。

頭痛とキーンという音がしている。
どうしても3時間以上は寝させないようだ。

本当にこの犯罪で精神病院に入れられた人は多い。

しかも、その後も被害はなくならない。

20:40
今は、腹部膨満感と両方の肩や腕などの筋肉の痛み、意識障害を受けている。内蔵も痛く、苦しいと言った感じだ。

仕事と広報に忙しく、午後からフル稼働した。

歌のリピート送信は全く途切れることなく続けられている。

仕事をしている時に気が付いたのは、脳の芯が痺れているような感じで、若干の目眩がして、集中力がなく、腰砕けのような(そのまま仰向けにひっくり返って寝てしまうのが楽で良いと思う感じ)感じになっていた。

それは睡眠妨害による疲労感よりは、脳の操作だと思った。物事を深く考えることの出来ない状態で、ものぐさ、愚民(自分は高級な人間ではないが)にされてしまいそうな感じだ。下らない言葉をベラベラと喋ることはいくらでも出来る状態だ。

しかし、時折、集中力が必要な時には、歌のリピート送信が異常に気になり、イライラとヒステリーを起しそうになった。そんな時に「血も涙もないと言わせてあげるよ」と声の送信を頂いた。だから、まともな精神活動が出来なくても、すっとぼけるしかないと思い、自分に言い聞かせる。

新聞社と雑誌社に広報資料を送付しました。

とにかく、痛い、苦しい、精神が辛い、そんな中でもなんとかやっています。

23:48
さっきまでの苦しい状態はなくなったが、弱く、鼓膜が詰まったような感じになり、キーンと音がしている。歌のリピート送信は、ボリュームを上げたり、下げたりしているが止まらない。たまに、イライラしたり、強烈にそれから逃れたい気持ちになるが、恐らく歌のリピート送信と同時に不快な周波数か、脳波を送信しているのだと思う。

被害者は私だけではない。

寝る。

睡眠妨害と脅迫と洗脳

1:01
就寝してから30分で寝ていられなくされる。
連日このような睡眠妨害をされている。
テクノロジーによる加害行為はやめない。

「被害者と縁を切れ」
「広報をやめろ」
「死にたいのか」

こんな感じの脳内音声による脅迫だ。

就寝時には、大体意識を失うように眠ってしまう。当然、歌のリピート送信と声による語りかけは途切れないので自然な状態での睡眠は無理だ。加害者が眠らせているのだと思う。

そして、頭の中で爆発音がする攻撃の軽いのを何度かやられ、歯をガチッと鳴らされる音を聞かされる。歯は間違いなくなっていないが、音は本物そっくりである。

頭の中で爆発音がする攻撃の本格的なものは凄く驚く。更に、心臓をドキッとさてもいるようだ。たまに、頭を叩かれる衝撃と音を送信されることもある。

このような睡眠妨害と体感被害、声による脅迫などをして洗脳をしようと思っているのだろうか。最後は普通では考えられないスピードで瞬時に墜落するような感覚にされて目が覚める。しかも、自分から覚醒したのではなく、脳の操作による覚醒だ。寝られる訳がない。

2:49
上記後も、嘘を並べた語りかけを執拗に行われていたが知らないうちに眠ってしまった。しかし、このように突然目が覚め、歌のリピート送信をしながら、脅迫をしてくる。

「広報をやめろ」と

しかし、私はお断りする。

なぜなら、拷問と洗脳をやめようとしないからだ。
それを止めれば、広報はしないと1年も前から言っている。

殺意がなければ出来ない事も証明されている。

今、「命だけは助けてあげよう、その代わりにキチガイにしてあげよう」と言われた。「家族にも被害を受けさせてあげよう」と脅迫をされた。

このような日記を書かせて他の被害者に広報をさせないのだと思う。でも、絶対に脅迫に負けてはいけません。新聞社、大学は全国に沢山あります。そこに広報をし続ければ良いのです。

4:34
その後も、陰湿な語りかけにより寝させなかった。
しかし、知らないうちに眠っている。

放尿をしている夢を2度くらい見させられた。しかし、それでも眠さの余り起きられない。3度目くらいにやっと起きる事が出来た。頭痛をさせられている。歌のリピート送信も小さく聞えてい。

「暴力団に殺されるぞ」という脅迫を頂いた。

1時間寝ると起されている。

酷い睡眠妨害をされる時は必ず「疲れさせて、外出できないようにしてやる」と声の送信を受ける。しかも、被害者の集まりがある時や仕事が休みの日が多かった。しかし、最近は見境なく毎日である。

それほど広報されるのを嫌っている。

どうか他の被害者の方にも広報してもらいたい。

今、「日記を書くのをやめなさい」と命令された。

すべてお断りする。

7:56
4時の時もそうだが、今回も心臓が苦しくて目が覚める。
今回は合成夢もみさせられ、しかも、脳内音声で送られてくる歌を一緒に歌わされているように感じて目が覚める。

またも

「お前だけは、殺されるよ」

と言われた。

「嘘を書くのをやめなさい」と声の送信で言っている。どこが嘘なのか、表に出て証明して欲しいと思う。それと、「お前らこそ、殺されろ」と言ってやりたい。

10:10
目覚ましにより起きる。
酷い疲労感と眠気である。
本当は9時半に起床する予定だった。
しかし、それを知っている加害者は中途半端な時間に目覚めさせる。今日は被害者の会合があるので出掛けなければならない。もっと寝ていたい気分であるが、仮に会合を欠席して寝たとして、あと何時間、加害者が寝させてくれるだろうか。人を殺す事なんか平気な奴らだ。

会合の後は音楽をやる予定なので、そこでも何かやられるだろう。また、歌のリピート送信が始まった。

こんな犯罪を野放しにしてはいけない。

だから月曜日は別の新聞社に広報する。

24:24
今、帰宅した所だ。
部屋に入ると、脳内音声で、それこそ酷い罵りの連続を浴びせられた。脅迫と低俗な言葉の連続である。最後は「笑ってあげよう」、「殺してあげよう」となってしまう。

アクセス解析の調子が悪いようで開く事が出来ない。

本日の被害

歌のリピート送信と、思考盗聴、視野盗撮を基本とした声による干渉は全く途切れることはない。しかし、ボリュームは小さい。極端な目眩や意識障害、嫌悪感などはなく、弱いレベルで続けられていたようだ。

弱いレベルであったので被害者の会合では、それほどの影響はなかったが、問題になったのが音楽の練習の時である。

現状として記憶障害は、普段演奏する曲のメロディーや曲名を思い出せなくされている。帰りに被害者の方の名前を思い出そうとしたが、どうしても思い出せない、そんな状態である。音楽に関しての妨害は特に激しく、曲名やメロディーを思い出そうとすると、別のメロディーや曲名を次から次へと脳内に送信されるので、思い出すのは無理であり深追いはしない。

まず、スタジオに入ると頭の右半分に違和感があり、右の耳の中にも不快感があった。演奏をしていると高音が煩く感じた。いつものような極端な意識障害がないので楽に演奏できると思ったら大間違いで、実は、思考の抑制(無感覚)が行われていたので楽しく感じる事はなく、発想も貧困でアイデアは何も浮かばない。

更に、演奏を始めると声の送信で集中的に語りかけられるので、そっちに気を取られてしまい演奏に身が入らない。演奏するフレーズまで声により、その都度指示されるので、それとは違うフレーズを演奏したくなってしまう。そんな事を考えながら演奏する人はいない。イマジネーションが大切な音楽に取って精神への介入は致命的である。

しかし、耐え難い苦痛や暴れだしたくなるような気持ちにはさせられなかった。最後は「どうだ、悔しいだろう」、「人を見て羨むようになるまで許さないぞ」、「お前が来た時だけ仲間も調子を悪くさせてやるよ」などと言われた。

「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」という本を少し読んだが、それが事実であり、悪い方向に考えれば、人類に未来はなく、ほとんど絶望的とも思えるくらいに大衆に対する電気的マインドコントロールの計画が進められているようだ。ある部分ではそれが実際に行われていると書かれている。是非、読んで欲しい一冊である。

加害者はすぐに低俗、ワイセツな話に持って行くが、その裏には恐ろしいものが隠されているように思える。それにしても特定個人を狙った、この犯罪は絶対に許されるものではない。

14日1:47
執拗に歌のリピート送信をされている。
だから、声に出さない呟きを延々とさせられている。

パソコンにログインすると酷い目眩と意識障害を起されて、パスワードを打つのに苦労した。ついでに呼吸困難と頭痛を起されている。

こういうのを殺人以上の犯罪と言うのでしょう。

寝る。

逃れたいと思ったら命を絶つしかない犯罪被害

5:40
電磁波犯罪と言われる、自殺に追いやる手口、
精神への介入、人間のリモートコントロール被害。

口にすれば精神異常者扱い、しかし現実に行われている犯罪、しかし、誰も取り扱わない犯罪。24時間絶え間なく執拗に続けられ、その被害の範囲は生活全般、しかも多岐に渡るので説明するのに大変な時間が掛かる。

一口に言えば自殺に追い込む為の史上最悪の犯罪。

生きている限り苦しみ続けなければならない。

逃れたいと思ったら命を絶つしかない。

そう思った被害者の方はいませんか。

だったら徹底的に広報をしませんか。

精神病扱いや更なる攻撃を恐れていたら永久に人権は取り返せません。証拠が残らない犯罪ではありません。調べられないだけです。

「精神異常者にしてやりたいけど、少しずつ狂わせてあげる」
「お前の日記を読んで喜んでいる加害者がいるぞ」
「お前の家族を被害者にしてあげよう」
「子供に被害を受け継がせてあげよう」

全く途切れる事のない苦痛をうけさせられ続けた上に、このよう脅迫を毎日されていれば広報をしない訳にはいかなくなる。しかし、広報をすればそのことに対して脅迫をされるし、攻撃も激しくなる。加害者は被害者をそのような、逃げることの出来ない状態に囲い込んでしまい、その苦しんでいる姿を毎日一部始終観察しています。

でも、絶対にやめません。

被害者は日本全国に数百人、しかも世界規模の犯罪です。海外ではそれらの研究の歴史や技術的な解説をしている学者もいます。しかし、現在日本国は被害者を見殺しにしています。判ろうともしないし、その実態を調べようともしません。

次に誰が被害者になるかも判りません。


被害日記

就寝は3時頃だったか。しかし、中々加害者が脳内音声による罵りをやめないのでテレパシー通信による言い争いをさせられた。最後は加害者の方が静かになったので寝られた。しかし、瞑っている目が沁みるように痛くなる被害に遭わされた。

集団暴行をされているような気分になった。

これだけの罵声を連続で浴びせるのだから1人では無理。しかも声の質などの違いにより4人はいるように感じた。それも数時間にも及ぶ身体的、精神的な苦痛だ。(実際には24時間)これは、武器を使って集団で行っている、現実の集団暴行である。媒体が目に見えないだけで痛い、痒い、聞えて来る言葉による苦痛は現実のものだ。これだけ酷い脅迫を浴びせたら通常は、それだけで逮捕である。

しかも精神への介入だ。

記憶を消す、思考を盗む、感情をコントロールする犯罪の罪の重さ、悪意の下に集団で計画的に武器を使って24時間となれば計り知れない極刑になるだろう。

目が覚めても眠いので寝てしまう。すると陰部を執拗に痒くさせてくる。仕方ないので起きてきて日記の更新となる。日記を書き出すと目眩と頭痛がして来る。犯罪はやめない、しかし、犯罪が行われていることを口にさせない。これでは酷すぎるだろう。

6:42
先ほど寝てから1時間経っていない。
「ウルトラマン」らしき音楽のリピート送信をさせ、顔を痒くして目が覚める。

「悔しければ顔をかけ」
「近所で笑われろ」

少し強めに電気のスイッチを入れると

「あいつ暴れたぞ、とうとう狂ったぞ」
「警察を呼べ」

とほざいている、ドブゴミだ。
その前は暴力団がその日記を読んだぞ、「お前、殺されるぞ」と脅迫をした。宗教団体であったり、警察であったり、公安であったり、その時により加害者はデタラメを名乗っている。ただのバカだ。

ここまでやるのだから、広報をされて困っているわけだ。

テクノロジーを使って寝させない暴力、犯罪被害であると言わせない口封じ。この社会に恨みを持つ、ドブゴミ集団には広報しか対抗手段はない。なぜなら、テクノロジー攻撃からはどこに行っても絶対に逃れられないからだ。

住めなくされた家を返して欲しいと思う。いや、奪い取られた人権を返して欲しい。家族の人生も返して欲しい。加害者の罪は重すぎる。

陰に隠れて武器で攻撃する卑怯物

そんなのに生きている資格はない。

このように集中攻撃を掛けて被害者を暴れさせたりする。通り魔殺人などの意味不明の殺人事件もテクノロジーによるマインドコントロールだと思うし、自殺した人間の中にも沢山、そう言った被害者が含まれていると思う。

どんな酷い目に合わされても絶対に広報はやめない。

10:51
10時半頃に音楽のリピート送信で目が覚める。
酷い疲労感と頭痛があり最悪の目覚めだ。
声による脅迫の連続をされていて、歌の野ピーと送信も行われている。

ペニスの先に冷たいような感覚がへばりついたままの状態だ。「ヒリヒリさせてやれ」と声の送信で言われた。この冷たいものが触れているような感覚は痒みでも良くあるし、痛い、に移行させることも出来るのだろう。

また、別の新聞への広報を思いついた。

15:50
9月8日(火)の下野新聞に広告が掲載されました。
新聞

メンバーサイトに先週の演奏を1曲アップしました。

参考までにご報告いたします。

被害の方は、執拗なまでに絡んでくる声の送信と歌のリピート送信が全く途切れない。その喋りは口を出た瞬間に誰でも嘘だと判るような出まかせのオンパレードだが、邪魔なので腹が立つ。

時折、記憶障害や目眩を強めてきて、その状態をあざ笑うかのように「かわいそうに」と声の送信をされる。こうしてキーボードで文字を打っていても間違えてしまうような精神的・肉体的に普通でなくなる攻撃を受ける。

それにプラスして昨日と同じように無性にイライラしてくる脳波か何かを送信されるので、やはり加害者は攻撃を長期間続けて、なんとしても暴れさせたり、耐え切れなくなるのを待っているのだと思う。

しかし、更に恐ろしいのは、恐らく病気でしたと言わされてしまい入院などしても攻撃はなくならないように思えることだ。身の毛もよだつような行為とは、このことなのだろう。

24:02
歌のリピート送信と声による干渉は途切れない。

夜は外出していたが、帰宅後にはキーンとシャーを混ぜたような音を耳に鳴らされている。頭痛、歯痛、肩痛なども時たまやられている。

味の被害をやられた。

初めて入った店でラーメン(付け麺)を食べると、まるで砂糖でも入っているかのように甘い。何度食べても甘い。仕方ないので醤油を入れて食べた。「ザマア見ろ」と声の送信をされるが、私はそれほど神経質ではないので全部食べてしまった。しかし、最後の一口になると「元に戻してあげよう」と言われ、確かに味が戻った。「お前そのスープ、全部飲めよ、そのうちに塩分調整が効かなくなるぞ」と言われた。

そのあと、喫茶店でコーヒーを飲んでいると、味が良く判らない。しかも、強烈にカルキの臭いがする。何度飲んでもカルキの強い臭いがする。臭いの送信を受けたと思っていたが、知人が来たので聞いてみると、何も臭いがしないらしい。

そこで店員に「ここの水道はカルキの臭いが強いか」と聞くと、「さっき漂白剤を使っていました」と答えた。普段から、嗅覚に対する被害が多いので、よく判らないのが残念であった。ようするに、漂白剤を2メートルくらい離れた所のカウンター越しに使うと、それほど強烈にカルキの臭いがする物なのか、という所である。

脳に対する様々な攻撃や歌のリピート送信、精神への介入から比べると酷い被害でもないと思うので必要以上には気にしない。ちなみタバコの味や匂いも頻繁に変えられている。

昨夜のように、取りとめもなく湧き上がってくる怒りのような気持ちがないので、日記を閉じたいと思う。

寝る。

笑いのない加害者たち

1:03
睡眠妨害は日々の攻撃のメニューとなっている。
「広報をやめろ」というのも毎日、100回は聞かされている。

ところで思った。

「笑ってやる」
「笑い者にしてやる」
「笑われ者」

などと言う脳内音声は24時間の送信になってから終始聞かされ続けている。しかし、実際に加害者が楽しそうに攻撃をしている雰囲気は一度も感じた事がない。どちらかと言うと惰性とか苦しみながら加害行為をしているとしか思えない雰囲気だ。アイデアも貧困であり、喋っている内容は最初から意味不明、論理破綻をしている。同じ事を延々と繰り返すだけの行為であり、当然誰も楽しくならない、最悪の事態となっている。

この犯罪により迷惑しているのは

被害者だけではないだろう。

11:41
その後はなんとか寝られたが、朝7時過ぎに目が覚める。そこで自分としては8時より前であれば、もう一度寝る積もりで時計を見た。しかし、そう言った私の思考とは全く関係なく「ざまあみろ」と毎日の定型句を送信された。

その後はトイレに行き、再び寝た。しかし、10時過ぎに歌のリピート送信を聞かされ目が覚める。声の方は口数が少ないが、頭痛と脳の一部が機能していないかのような思考の抑制をされている。

咳被害も続いている。

16:44
思考の抑制は文字を見ても読めないような感じになる。

本日は午後より外出して被害を受けたまま、私用をこなした。銀行へ行った時などは、頭部の締め付けと記憶障害にさせた上で、途切れる事無く精神への介入をされ、お金の計算が出来なくなるほどの被害であった。約1時間掛けて数件の銀行を回った。

その後、別の用事が出来たので、急いで車の運転をしていると、心拍数が上がり興奮状態になるのが判る。歌のリピート送信も全く途切れる事無く続けられていた。そして、イライラしてくるが、自殺させるための思考の挿入をされている事に気が付く。

これは映像の送信で自分が事故を起こすイメージやハンドルに頭を叩きつけるようなイメージを連続で送りつけられた。嫌悪感も著しく顔つきが変わってしまっているように感じた。すると加害者は「その顔で笑われろ」と貶しを入れる。

こちらは、そう言った被害には慣れているので、何食わぬ顔をして心を落ち着けて運転できるが、加害者が本気で脳に対する攻撃をすると非常に危険だと思う。

帰りにもイライラさせられ考えてもいない事を声の送信で聞かせ、あたかも自分の考えのように見せかけている。そして「どうだ、俺たちはお前のことは全部判るんだぞ」と脅迫をして、言いなりにさせようとしている。頭痛や筋肉痛も酷い。

文字を見ると勝手に声の送信で読み上げられたり、思考のトレースをされているように思う被害者の方は試してみてください。

テレビの字幕でもかまわないので、逆から目で見てください。加害者は読み上げる事が出来ません。すごく速度が遅くなったり、読み上げをしなかったりします。これは人間が24時間張り付いて嫌がらせをしている証拠です。私の場合はメールを読むときも男性の声、女性の声でそれぞれ読み上げられます。たまに男女を間違える事があります。

次なる広報の連絡をつけました。

19:50
先ほど新聞社に広報資料を送付するために郵便局に行き、ついでに外食をしている。しかし、酷い攻撃で、思考異常と目眩、呼吸困難と頭痛、歯痛、異常なまでの疲労感と嫌悪感に襲われている。お腹も空気でバンパン。

「何処に広報しても無駄だ」、「広報すれば、するほど恥をかくぞ」と脅迫されている。

でも、広報は続ける。

他の被害者にもお願いしたいと思う。

24:13
「何度言ってもわからない、広報をヤメロ

敵の大きさを思い知らせてやりてえよ」

この加害者の言葉でキレました。

さきほどから3時間、延々とお腹を打たれ、空気を溜められたり、肛門を突き上げるような攻撃を受け続け、帰宅後には頭痛をさせられ、被害報告を携帯にメモしていると激しい目眩と意識障害を起され、文字が満足に打てなくなる。それでも我慢をして寝る前に書こうと思っていた。

お腹に空気を溜める攻撃

腸をボコボコ打つ攻撃(肛門の突き上げ)

息苦しいほどの腹部膨満感

これらが別々に行われているように思った。

頭が痒いので、掻くとヒリヒリ痛い攻撃

こんなのもあるようです。

盗み取った情報で被害者を貶して「笑ってあげたいけど・・・・」なんて一日中やっている性格破綻者の犯罪。感情の操作までして無理やり被害者を辱めたり、貶したりする。人を殺したいほど社会に恨みを持っていなければ出来ません。

そしてこうやって日記を書いている最中にも、人を馬鹿にしたような言葉を脳内に聞かせ続け、笑っている顔のイメージ映像を送り付けてくる。しかし、加害者が本当に楽しいはずは無い。

これをやめさせたかったら、文字通り広報以外にないでしょう。

今も、手元にある携帯電話を叩き付けたくなるような衝動にかられた。

1:45
風呂から出て、これから寝る所だが

テクノロジーによる肉体や精神への苦痛を受けさせ続ける一方で、見逃してはならないのが、脳内音声を利用した言葉による攻撃である。これも24時間、眠っている間以外は全く途切れることなく執拗に喋り続けている。それは思考や行動の実況解説であったり、貶しや脅迫の連続であったりする。

その言葉や歌のリピート送信は、著しく思惟活動の妨害となるが、実際には脳へ様々な刺激を送りつけ、精神状態などのコントロールも同時に行われ被害を拡大している。

更に、言葉はマインドコントロールに使われるだけでなく、被害者であると言わせないように仕向けている。脳内音声という他人には聞えない声を使った最低・最悪の犯罪だ。

ある機関への広報文をシャワーを浴びながら考えた。
忘れなければ良いのだが。

寝る。

「笑ってあげよう」の連発

1:17
電気を消して床に就き5分と経っていない。
強烈な金属音を両方の耳に送信し、鼓膜が詰まったようにされる。頭部圧迫感と嫌悪感記、記憶障害と思考の抑制はずっとされたままだ。

脳内音声で加害者が嫌みの連発をしている。

「かわいそうに」
「笑ってあげよう」
「精神異常者にしてあげよう」
「殺してあげよう」
「からかってあげよう」
「大阪で嫌われろ」
「よくもNHKに広報したことを書いたな」
「そのはやる気持ちを抑えて」

これでは到底寝られない。

数人でひっきり無しに立て続けに言いたい放題デタラメを垂れ流している。しかも、誘導性のある脳内音声を使ってくるので、同時に呟かされてしまう。それに対抗するには、関係のない単純な単語を延々と呟きながら眠りに就くしかなく、実は毎晩そうしている。

この、極悪テロリストに対する広報を明日から開始しなければならないと、また強く感じさせて頂いている。今も、陰湿な脳内音声を浴びさせられているが、すべて無視する。

上記アップすると強烈に後頭部に違和感が生じて、タイプスピードが極度に落ちる。こう言った被害の一部はパルス波により意識をなくしていると感じる事が良くある。細切れに意識がなくなっているような感じだ。特に、目を動かした時に目に映る景色が細切れになる場合はそうだと思う。

ついでに新しい被害

駅で電車を待っている時に携帯電話で他の被害者のブログを読んでいた。すると目の焦点が携帯の画面ではなく、1メートルほど下の地面に合ってしまい(遠くを見ているような感じ)非常に読み辛くされてしまった。

もう一つは新幹線から降りて改札に向かう時に、視界に映る景色全体が鮮明に見えてしまい、往来するおびただしい数の人間の動きが気になってしまい大変だった。視野全部に焦点が合ってしまうような感じだ。

「本当に殺してやりてえよ」とまた言われた。

8:30
夏、真っ盛りの8月。一ヶ月もあっと言う間に過ぎた。
もう、9月も3分の1は過ぎ、朝晩の冷え込みを感じている。

昨夜の被害報告の後は、知らない間に眠っていたようで、何も覚えていない。ただ、4時半に目が覚め、声で陰湿な語りかけを聞かされたが、無視をしてトイレに行きすぐに寝た。

その後は8時少し前に合成夢を見させられて目が覚める。内容は、広報活動がし難くなるような愚劣な物で世間の流れに対して正反対の刷り込みを私に対して行ってきた。しかし、それよりも強力な発想により合成夢の内容をゴミ屑にした。

しかし、目覚めと共に歌のリピート送信と夢の内容について執拗に声を聞かせている。腹が立つので言い返すと目眩や頭部圧迫感、記憶障害が露骨に行われる。

12:41
午前中は仕事と被害者の方へのメール送信や電話の対応で忙しかった。脳への攻撃も止む事は無く、音声送信による脅迫は酷いものがあった。メール送信の時にはパソコンの漢字変換が故障して入力不能になったりした。とにかく酷い。広報されるのが嫌なら攻撃をやめれば良いと思う。

いまも軽い目眩と脳への攻撃が続いている。記憶障害、意識障害、思考の抑制のどれとも感じられるような極度な苦痛を伴わない被害である。

それは、瞑想状態と表現する被害者もいるし、傍観者モードなどと加害者は説明するし、私は放心状態のようにも感じる。その状態は気持ちが自分の中に入ってしまい、自分の世界で物を考えるような感じであり、外界との調和が取り難い。鼓膜が詰まったようにされるのも、そう言った効果を生んでいる。

その状態にされると強制テレパシー通信による被害を直接被ってしまうわけで、声を出して他人と話していればやられ難いのだが、一日中喋っている訳にもいかない。

被害報告をアップしていないが、キーンという音と頭痛をおこされた。

17:07
被害報告を書き込んで来るとパソコンの漢字変換に異常が発生し入力不能になる。「ワードで書こうぜ」と声の送信をされる。これは毎度の事で、ブラウザ上で入力不能になった時にはワードやメモ帳に書いた後に、コピーして貼り付けている。

歌のリピート送信と声の送信による貶し、罵りを延々と続けられ、記憶障害と痛みに近い頭部圧迫感を続けられたまま仕事を終了した。

途中、社員と口論になりそうになったり、電話で得意先と話しをしていると、妙に慌てている自分に気が付く。最後は酷い嫌悪感に襲われ、人の顔を見るのも嫌になってしまった。これでは完全に対人恐怖症とか、うつ病の世界である。

広報資料を送った新聞社やアムネスティーに電話をして資料が届いたかの確認を取ると、加害者は一旦は静かになったが、すぐに騒ぎ出し脅迫を始める。

思考の抑制をして、心拍数を上げて興奮させると言った被害なので、メチャクチャな脳波を送りつけられているような感じだ。

20:17
集中攻撃を食らっている感じで歌のリピート送信と声による貶し、脅迫は全く止まらない。頭痛もさせられていて、夕食後に急に眠くなったので寝ると顔を引っ切り無しに痒くされている。起きれば偽筋肉痛を発生させている。更なる広報計画を実行している。

23:19
リラックスの為にサウナに行ってきた。
やはり脳への攻撃と声による執拗な精神への介入は途切れない。首や肩を動かすと背中に偽筋肉痛が走る。かなり痛い。

サウナから出ると急に頭痛が始まり、脅迫をされる。自宅に近くなるとキーンという音を強くされた。帰宅し、歯を磨いていると吐き気をさせられた。

とにかく酷い。

しかし、広報の結果は少しづつ浸透しているようだ。

寝る。

睡眠妨害のお礼

3:40
朝だ、なんて良く寝たんだろう、気分爽快、さあ、頑張ろう。

という感じで目が覚めて、目をあけてみると、この時間だ。ざまあみろ、と脳内音声を頂く。

その後は昨夜、お会いした人達に対する不信感や、被害者の間で私に対する悪い噂が流れている、などの内容を次々に連想させられた。

あり得ない事ではないし、100%自分の考えではないと断定出来ないような、加害者が得意とする手法である。ただ、それらに対する深刻さや、不安感などは、絶対に自分のものでは無いと確実に判る。

18:29
昨夜は関西地区に泊まり、仕事の為に一日中電車に乗り数ヶ所で営業を行った。
現在、東京へ向かう新幹線の中だ。

声の送信による精神への干渉は全く途切れないし、脳への刺激も行われていた。会った方と話をしていても理解力が低下したり、目眩がしたりした。それらは強くしたり、弱くしたりしている。

歩いていると酷く疲れたり、左手と左肩が痛くなったが、どうも荷物が重いとか、歩きすぎなどではないように思った。

このように日記を書こうとすると、かわいい子供に被害が及ぶぞ、なんて脅迫を頂く。

23:03
ようやく帰宅した。

家に近づくに連れ、声の送信では、口汚い中傷と罵声と脅迫をひっきり無しに浴びせられた。何がそんなに悔しいのか理解出来ない。加害者の予告通りにパソコンの起動時に一度フリーズした。

このところの酷い睡眠妨害の中、決死の覚悟で出張に出た。これは大げさではなく、本当にそのくらいの覚悟が必要である。結果、目眩や記憶障害(思考の抑制)のような脳に対する影響も四六時中途切れることはなかった。

車両での移動時間が長いので「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」という本を読んでいると、妨害を受けた。

色々あったが、被害を背負っての旅行だと思えば良い。
ただ、過激な攻撃を受けなかっただけとも言える。

24:52
このように自室に居てパソコンのスイッチが入っていると被害報告も頻繁に行える。先ほど被害者の方にメールを出そうとすると、目眩と記憶障害や思考の抑制、倦怠感などによりメールの文面が思い付かなくなり、最後にはメールそのものを出すのが面倒になってしまう。

そういう内容の電話をした直後であった。

お腹がパンパンになったり、吐き気がしたり、左の肩が痛くなったり、強い頭部圧迫感など風呂に入る直前まで攻撃されていたが、日記に書こうとすると、その時の事を忘れさせられてしまう。

大阪では、府知事宛と府警宛に要望書を出し、丁寧に話しを聞いてもらえたようだった。帰りにはNHKの建物があったので急遽ノンアポで報道部に被害に関する資料を提出した。

寝る。

究極の口封じ

2:51
今夜は都内のホテルに泊まっている。
何処に居ても遠隔からの攻撃や影響を受けさせられるので、もし追跡者がいるのであれば、航空機に乗れば搭乗者リストが保存されるだろう。

今夜もお馴染みの睡眠妨害と心を悩ませる為の語りかけをされた。二つほど投げ掛けられたが、瞬時に論破した。

これほどまでに執拗な攻撃をするのだから責任を取る覚悟があるのだろう。

22:39
本日は、関西方面へ出張があったので飛行機で出掛けた。音声などは全くとぎれなかった。

ついでと言うわけではないが、街頭活動にも参加させて頂いた。内容は充実していたと思う。

睡眠妨害もあり、旅の疲れもあったが、その後、街頭活動に集まった被害者の方との飲食を兼ねた話をした。

ネットやブログとは関わらない一日だった。被害者は継続しているが、改めて自分の日記を読むと凄まじいと感じた。

何とか被害を抱えながら一日を乗りきった。

寝る。

人間の遠隔操作は実験か

6:41

なぜ、ここまで執拗に脳に影響を及ぼす信号の送信や音声送信を中心とした人間の遠隔操作をするのだろうか。すぐに思い浮かぶのは屈辱を受けさせる為、仮想的を作らせ社会を混乱させる為、社会に恨みがあるのでその復讐をしている、高い金を払ったのでフルに装置を利用している、などである。
しかし、突然思いついた発想であるが、テロに使うための装置の実験をしているのではないかと言う説だ。

あくまで私の個人的な受けている被害からの推測であるが、拷問と洗脳というイメージが強く、また
人間のリモートコントロール装置でもあると考えられる。そして、それらがどのような人間に対しても同じ方法、同じ出力で、同じ結果が生まれるとは考え難い。実際に、加害状況には共通性はあるものの、被害状況は、ばらばらである。

加害者がそんな事をしながら一つの目的があるとするならば、どうやれば完全なリモートコントロール、マインドコントロールが可能かの人体実験をしているのではないかと思った。

たとえば、ターゲットの記憶を消した状態で完全にリモートコントロールをしたいとする。被害者は良く、音声送信に騙されて、本来ならば取らなくても良い行動を取らされてしまった、という話を聞く。

それは、加害者がどこの誰であるかに始まり、音声により指定された場所に行かされてしまったとか、日常的に命令や意識誘導などにより行動させられてしまうと言う被害である。

頭を掻かせたければ、頭に痒みを発生させれば良いわけで、それもリモートコントロールの一種である。人と喧嘩をさせたければ、その相手を憎むように意識操作を続け、最後に極度に興奮する脳の操作を行えば、その場で喧嘩をさせることも可能だと思う。

しかし、ターゲット全員が確実にそうなるかというと、そうではないかも知れないので、それに対する実験を行っているとも考えられる。

意識を失うという被害は稀に報告されている。記憶を消す、思い出せなくするという被害は私も含め報告が多い。究極のリモートコントロールとはターゲットの意識を失わせた状態にして、自在に操る事だと思う。そうすれば本人の意思とは関係なく、しかも本人の記憶に残らないで何かをさせる事が可能だ。

しかし、意識を失った状態で人間が歩けるだろうか。答えは無理だと思う。だから、その中間くらいの状態を作り出す事が出来ないだろうか、などと言う実験をしているのかと思った。


被害日記

夢を見させられて目が覚める。
「どんな夢だったか、思い出してみろ」と声の送信をされる。しかし、忘れてしまっているし、思い出す気にもならないので無視をする。

痒い

左の脇の下と左の太ももの裏だ。これで睡眠妨害をされたのだと思う。その後は、いつもと同じような無意味な嘘であるが、もしかしたらそうかも知れない、という内容の音声送信と歌のリピート送信を頂いた。

8:28
また、強制的に覚醒させられる。

どこまでも醜く、低俗な話題しかない、加害者である。
サブリミナルによる脳内音声、強烈な意識誘導があることを始めて確認した。これでは本当に人間は知らないうちに操られてしまう。恐ろしい脳の操作だ。

精神病に仕立て上げる犯罪

これが行われている事を明言しなくてはならない。

被害者の方は遠慮する必要はない、堂々とその犯罪のことを表に出せば良い。そういう時代であり、そういう加害者がいることを、ありのままに主張すれば良い。できれば、それをインターネットなどに記録として残せれば都合が良いと思う。それに理屈や説明はいらない。

11:15
その後も根性で寝て(起床してしまうのは簡単だが、加害者に支配されるのを嫌う為)11時に起床した。しかし、その間2時間半の間に5回くらいは目が覚めていて、目が覚めると歌のリピート送信をしていた。寝たというよりはうなされていた、という感じだ。

顔を洗っている時に被害者の方に電話をしようと想像しただけで、脳を締め付けられるような感じの目眩と嫌悪感がはじまった。キーンという音もしている。

14:04
お昼のブログ閲覧をしていると、後頭部に強い違和感が発生し、軽い目眩と記憶障害のようにされた。それは今も続いているが、強い体感はないのだが、本当に1秒前に自分で見て、書き写した電話番号が正しいかどうか不安になってしまうほど強力で、書類を作成しながら何度も送付先の名刺を見て確認しながらやっとFAXをした。

こういう状態を何と表現すれば良いのだろうか、今でも文章に間違いがないか、ちゃんとFAXが届いたか、不安になる。キーボートを打つ時のタイプミスも増えているし、速度が落ちている。声の送信のボリュームは更に小さくなっているようだ。

24:15
明日は朝早くから出張があるので、今夜は都内のビジネスホテルに泊まっている。被害は軽度である。

寝る。

人間の遠隔操作を表に出そう

1:57
連日の睡眠妨害だ。
当然、2年間以上、毎日睡眠妨害をされているので、睡眠導入剤を飲んで寝る。しかし、薬が効いて来て眠くなってくると加害者には判るようで「そろそろ薬が効いてきたな」と脳内音声の送信をされ、脳を覚醒させられてしまう。しかし、知らないうちに眠らされてしまう。そして1時間ほど眠ったところで無理やり目を覚めさせる。すると音楽のリピート送信を結構大きな音で脳内に送信している。起きてくるとボリュームが下がる。

電磁波テロリストの最大の武器は脳内音声である。

拒否することの絶対に出来ない音声送信機では音楽のリピート送信や、この世のものとは思えないくらい口汚い中傷を連続で浴びせる。しかも、言葉を選んでいて、ここに書いてしまうと、こちらが圧倒的に不利になってしまうような事に的を絞って攻め込んでくる。

「考えろ。統合失調症でない理由を考えろ」と送信している。

だから私は電磁波テロリストの声の送信は相手にしない。これほどまでに執拗に攻撃を続ける理由はただ一つ、被害者を精神病に仕立て上げる事である。昨日の日記にも書いたが、被害者が生きている限り、このような攻撃を続けていれば、普通の生活は無理で必ず、近所や関わっている人達の間で「あの人は変だよ」という噂が出る。

最後に耐え切れなくなり、普通でない行動を取れば加害者の思惑通りである。このような日記を書いているだけでも、その思惑にはまっているのだと思う。

しかし、私は日記と広報は続ける。

「お前は気を狂わせられるぞ」と脅迫をしている。

実際に体験している被害者なら、その言葉がとれほど怖いか判ると思う。しかし、このキチガイどもを放って置くことは絶対に出来ない。これは私の受けた損害と苦しみだけではなく、自分の子供を含めた家族にも取り戻すことの出来ない損害が及んでいるからだ。勿論、他の被害者の話を聞いただけでも耐え切れない憤りを感じる。

先日も、やっと再就職の出来た女性の方が就業中の身体攻撃が酷くて離職することにしました、といっていた。また、最近メールが来た被害者の方は膠原病のような症状が酷くて入院したそうだ。その方も被害が酷く生活保護を受け、やっと再就職しようとした矢先だという。まだまだ、いる。

毎日新聞には広報資料を送付しました。

加害者はそのことを脅迫にしている。毎日新聞に先回りして電話を掛けてもみ消してやる、なんて言っている。やりたければやればよい。元々、この犯罪に関しては世間では未だ知らない人が多く、聞いたとしても信じられないと言うのが現状だ。だからこそ、執拗に広報をし続ける必要がある。毎日新聞に電話をしたら「取材をするかも知れないので連絡先を書いてください」と言っていた。

こうやって広報について書くと、「毎日新聞で迷惑をしているぞ」と上乗せの嫌みを送信する。別にこのような嫌みの送信は珍しいことではなく24時間365日やられている。

先ほどはFC2にログイン出来なかったのでアメブロに書いたが、そちらも故障させられた。「そろそろFC2にログインさせてやるよ」と声の送信をされたので試しにやってみるとIDもパスワードもなしにいきなり管理画面に入ってしまった。

精神病に仕立て上げる事に関してだが、被害者が生きている限り何十年でも脳に対する攻撃を続けていれば、その人は精神病であるということになる。加害者はそのくらいのことはやると思う。

長くなったのでこの辺りでやめにする。

3:01
電気を消して寝ようとすると、脳内音声の送信を執拗に始める。しかも、声が聞こえている間だけ、脳を覚醒させる信号やイライラする信号を送り付けている。これは明らかで、たとえ声が単発の1秒間であっても、その瞬間に脳を覚醒させている。これでは全く眠ることは出来ない。

ただでさえ、今日は強めの薬を飲んでいるので、意識もうろうとして、歩くのもふらふらしている状態だ。通常であれば、瞬時に眠っている。しかし、脳内音声の送信を受けていなくても、脳の何処かが覚醒していて眠れない。これは被害による神経症とかそんな類ではなく、確実に脳に対する攻撃を続けている証拠である。

脳に対する影響は被害を確実に自覚していなくても24時間途切れる事無く受けている事も明白である。

こうやって書いていると「もう、やめてやるよ」、「今夜は寝かせてやるよ」なんてホラを吹きまくっている加害者である。

「日記を消せば許してやる」というのも毎日聞かされているが、それも嘘である。加害者には殺意があり、そんなに甘いものではない。考えてみて欲しい、人間を遠隔から操り、五感の送信や、思考の抑制、病気と同じ症状を作り出し、盗聴・盗撮は何処にいても可能な技術がすでに稼動していることを明るみになんか出せるわけがないだろう。

ついでに、9月5日付けの日本経済新聞にもATRと本田で開発した考えるだけでロボットが動く装置の記事が載っていた。こう言った技術とは無関係に秘密裏に開発去れてきた兵器である。ここまで蔓延している理由は、もっと凄い装置が開発されていて、古い装置が売りに出されていると考えるのが妥当だと思う。

3:43
パソコンの電源を落とし、部屋の電気を消し、床に就く。すめと今度はひっきりなしに足の裏、陰部を連続で痒くさせる。しかし、今回は痒くされた瞬間に脳が覚醒したり、イライラしたりはしない。その間も執拗に早口で馬鹿馬鹿しい根拠のない嫌みを立て続けに浴びせられる。

しかし、その内に「もう一度脳を覚醒させてやるぜ」と声の送信をさせれると、本当に脳が覚醒して眠気が飛んでしまう。「飛んでしまう」と書いた瞬間に「飛んで、飛んで、、回って、回る」という度不明歌のリピート送信をする。その辺りが非常に不可解で、どんな時にもそのようにその場に応じた歌のリピート送信を瞬時にしてくる。だから、加害元が放送局ではないかと思うのである。

このように、睡眠妨害を続け、生身の人間を玩具のように操り、拷問のような苦痛を受けさせ続ける悪魔である。仕方ないので日記を書く事にした。どんなに長くなっても被害の記録として書き続ける。

眠いのでタイプミスが増えるとバカが「もっとゆっくり書け、慌てるな」と言う、だから「眠いからそうなっているのだ」と言い返す。しかし、実際には脳の操作で意識障害を起され、タイプミスを起していると思う。なぜなら今、急にタイプすピーとが上がってきたからだ。

すると「一生、俺達に反論しろ」と言い返す。そのようなやり取りがテレパシー通信で声に出さなくても可能だ。但し、口の中で呟いている。

「今日はこの程度にしてやるか」と生意気な口を叩いているドブゴミである。武器が無ければ何も出来ないゴミクズ、社会の迷惑そのものだ。

9:24
突然、目が覚める。
酷い疲労感と、眠気。
頭痛がしている。
何よりも歌のリピート送信が聞えているのが無性に腹が立つ。一日4時間くらいしか眠れない酷い睡眠妨害が一週間は続いているだろうか。

腹が立って、物を破壊したい気分だ

「人でも殺したいような・・・・」などと言う小説の出だしがあったように記憶しているが、そんな気分である。このやり場のないストレスは徹底した広報により返したいと思う。加害者は愚かでまぬけで、どこか子供じみた雰囲気を演出しているが、人殺しであり、私に対しても殺意はある。

一番簡単な広報は

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのチラシ

を新聞にでも入れて配ることだと思う。

遠隔からテクノロジーで人間の自由を奪い取る悪魔には命でその罪をつぐなってもらいたい。

私は、生きている限り広報をし続ける

どんなに酷い目に遭わされても絶対にやめない。

24:00
この所の拷問のような睡眠妨害は凄まじい。
しかし、この文章だけで、その苦しみが伝わるだろうか。

本日は、被害者の会合と音楽の練習の為に出掛けた。本当はもっと寝ていたい気分であったが、そうすると加害者の思惑通りになってしまうと思い、思い切ってオートバイに乗った。事故を起こさせられたらどうしよう、疲れて帰れなくなったらどうしよう、それらの恐怖というか不安をすべて追い払い出掛けた。

当然、音声送信や目眩と意識障害を起されたりするので不快であり楽しさは半減する。予定通りの時間に目的地に着き、駐車場にオートバイを止める。被害者の会合では後半にお腹がボコボコと音を立てていた程度の被害であったが、その場所から出たとたんに意識障害を起された。

そのまま電車に乗りスタジオへと向かう。思考の抑制と不快感が酷いので、とても音楽をやれるような精神状態ではないが演奏をする。意識障害が酷いので自分でも何をやっていたか判らない演奏であった。しかし、どんなに腹が立っても我慢するしかない。そういう意味からも加害者により支配されている状況である。

加害者のやっていることはメチャクチャで頭をボケさせて、心拍数を上げるというような相反する操作をする。

最後は少し意識障害が弱くなり楽しく演奏が出来たが、やはり必ず何か妨害をしてくる。ソロの最中に曲の違う部分のメロディーを歌い込んできたり、せっかく調子よく演奏していると急に身体が動かなくなり(脳から来ているのか、直接身体を不自由にしているのかは不明)演奏が詰まってしまう。つまずいて転ぶような感じと思えば判りやすい。

など、様々な被害を受け続けながら帰宅したわけで、これ以上書いてもきりがないのでやめる。

7日1:53
少し、思うことがあったのでメモをしていた。

相変わらずの被害である。

もっと酷い被害に遭わせる事が出来るぞと言うデモンストレーション付きの脅迫を頂いた。非殺傷兵器という言葉があるが、命を奪う機能、手段があるとすれば、何と呼ぶのだろうか。

寝る。

脳の操作で、うつ病は作れる

1:28

この被害は24時間365日全く途切れることが無いと良く言われる。実際にそう言った被害者を多く知っている。音声が聞こえる、身体に様々な感覚や不調が生じるという変な意味でのフルコースの被害者の場合は判りやすい。

しかし、精神状態というか感情だけを操作されていたら24時間途切れること無く、その影響下に置かれているということは感じないと思う。不快感を24時間送りつけられていたら、いつも気分の悪い人という事になる。怒りっぽくなるものを送り続けられていれば、怒りっぽい人ということになる。自分の実体験から、うつ病のようにさせる事が出来ると感じている。

もし、犯罪被害であると確実に認識できないようなやり方で精神に対する影響を受けさせ続けていれば精神病のようなものを作り出すことが可能である。その理由としては24時間365日何年でも加害を続けている輩がいるからだ。


被害日記

電気を消して就寝しようとすると、ブーンという低い音がして、モールス信号のような音が聞こえるのは毎晩のことである。さらに今日は頭痛を含め顔面の右半分が強烈に痛い。こめかみ、首の後ろ、歯、目、鼻、すべて右側である。腰も痛い。これでは寝るどころではない。

それに追い討ちを掛けるかのように「痛いところをさすってください」なんて声の送信をしてくる。「殺す」という脅迫も毎日100回は聞かされている。

毎晩の睡眠妨害と目眩、記憶障害、気分の悪さ、これから逃れたいと思うなら、自殺以外にない。こう言った犯罪であることを多くの人に知らせる必要がある。

明日はもう一件、新聞社に広報したい。

どんなに苛酷な拷問を受けさせられても広報はやめない。

何を犠牲にしても絶対に広報はやめない。

そういえば、息子が最近、朝になると頭痛がすると言って学校を休んでいる。父は夜になると記憶が走馬灯のようになって蘇ってくるので眠れないと言っていた。さて、それが何であるか、私に対してここまで酷いことを平然と楽しみながら行っている輩なので何をするかわからないだろう。

「お前は広報のし過ぎだ」という加害者の台詞。

被害者は泣き寝入りをしなければならない国家なのだろうか、この一見平和のように見える日本で自殺をさせられてしまう人や、「生きる」という権利を強制的に奪い取られている人がいる。

2:36
痛みをこらえてやっと寝られたと思うと突然目が覚める。

「参ったと言わせてやりてえなあ」
「人を見て羨め」

と声の送信をされる。

この日記に嘘はなく、加害者は人を殺すことは何とも思わない。しかも、自殺という形で人を死に至らしめる悪魔である。

朝日新聞にはメールで広報した。
読売新聞にはぶあつい資料を送付した。
アムネスティーには簡単な資料を送付した。

広報の数は60を超えているだろう。

明日は毎日新聞に広報をする。

激しい頭痛と顔面の痛みと耳に送信されるノイズ、全く途切れることなく続いている。被害者の方は絶対にこの犯罪を許してはいけない。勇気を出して広報して欲しい。

「何処に広報しても無駄だ」

と加害者が言っている。

3:11
痛みは増すばかりで、頭と鼻の横、目の下、こめかみ、首の後ろに釘を刺されているような激痛であり、やはり右側の喉にも激しい痛みが襲っている。右の腰も同様だ。先ほどはお腹に太い針を刺されるような痛みがあった。

殺意は確実にある。

「絶対に寝させるな」と加害者が言っている。

もう、とっくの昔に新聞社には5社、分厚い資料を送っている。

リアルタイム被害報告を書くために部屋の電気とパソコンのスイッチは入れっぱなしになっている。

3:41
脳を覚醒させられてしまっているので全く眠くならない。
痛みは激しくとても耐えられるようなものではない。
しかも、どさくさに紛れて尻などを痒くしている。
歯もかなりの痛みだ。

明日は必ず広報を実行する。

誰か加害者を殺してください

メールによるイージーな広報も実行したいと思う。印刷するだけで1時間も掛かるのでコピー、貼り付けでより多くの広報が出来るだろう。

3:58
これは毎回ベッドに横になってからどうしても寝られないので起きてきて書いている。間隔が短いのは痛みが激しいからだ。パソコンの前に来ると記憶を消され、書こうと思っていた事を忘れさせられてしまう。

まず、

心臓の鼓動が強く、早くなっている。
頭頂部、こめかみ、右目の上下、鼻の右横、右側の歯の上下、顎の下、喉、首と頭のつなぎ目の右側、耳の置く、右肩、右の腰が耐え切れない痛さである。本当に釘を刺されているような痛みだ。

尚且つ、身体のあちこちを痒くしている。

声の送信は極めて小さく、何を喋っているのかわからないが、時々頭の中に響くような声でデタラメの脅迫をしている。脳を覚醒させられてしまうと薬を飲んでも寝ることは出来ない。

どんな目に遭わされても広報だけは絶対にやめない。

8:21
やっと寝られたと思うと夢を見させられて目が覚める。

「みんながお前の事をキチガイだと思っているぞ」

と早口で浴びせられる。トイレに行くと「朝晩、一杯、養命酒」とコマーシャルのキャッチコピーを聞かされる。最近はこう言ったのも多い。とにかく酷い迷惑だ。顔の痛みはなくなっていたが、キーンという音がしていて、今度は左の肩が痛い。

ちなみに広報をしなくても大変な目に遭ってる被害者も多い。

11:45
その後も合成夢を見させられ10時に起されるが11時まで寝た。結局4時半まで寝られず、8時過ぎに起され、それから1時間ずつの睡眠である。しかも睡眠導入剤を飲んでいてもこの状態である。通常は半分しか飲まないのに、2錠飲まされてしまった。

はっきり言って加害者には死に絶えてもらいたい。

国家、国連の安全保障・人権なんて全部嘘だと思う。

さて、広報だ。

21:43
広報は予定通りすんなりと行った。
しかし、最後に文章を読み直していると、読解力というか思考能力が極度に低下して、自分で作った文章なのに訳がわからなくなってしまった。前後との繋がりや、全体感などの判断が出来なくなる。記憶障害を起されたのだろうか。良くやられる攻撃である。

その後も色々用事があったので忙しく休む暇はない。少しの間、脳に対する影響が薄れたように感じた。日の光を身体に浴びて、空気感が全然ちがう。身体で感じる周囲の雰囲気が自由と平和に満ち溢れている、このまま何処かに遊びに行ってしまいたい、何でも出来そうな気がする、声は聞えていたが開放的な雰囲気を感じた。しかし、脳の芯というか、思考の最深部には、自由を奪う何かの存在を感じていた。そんな状態も10分程度で元に戻る。

これが本来の感覚であるという保証はないが、普段いかに不自由であり、不快な気持ちにされ続けているかが良く判った。

帰宅したのは8時頃であったが、横になってテレビを見ようとすると目が渋くて開けていられなくなり、疲労感もあったのでそのまま眠ってしまった。しかし、執拗に顔などを痒くされ熟睡はさせてくれない。9時になり目的の番組が始まったので起きようとするが、身体に力が入らずに苦労する。寝起きにタバコを吸ったら味がしなかった。そして何故か上半身が熱くなっている。

加害者は勝手に話を作り、それを私に押し付けてくる。その話を私が受け入れたとすれば逃げ道のないように出来ていて、結果、絶望へと追い込まれる。しかし、この犯罪被害に遭うと自分の意志による行動(考えることも)が出来ないのが現実であり、何かができた時は、著しい妨害をされなかった、と判断する程度である。

24:01
また、歌のリピート送信をしている。裏声の女の声で「きょうのひは、さよおなら、またあうひまで」と言った感じだ。23時頃に突然、両方の鼓膜が詰まったようになる。特にノイズなどの送信はない。それまでは穏やかなキャラクターであった。

加害と声による解説がずれる時はありませんか?

果たして、間違えたのか、知っていて言ったのか、判りません。目を瞑って居る時に目蓋の中に細い流れ星のような線を1秒くらい見させられました。その後、数秒遅れて「線を描いてあげてね」と声が聞こえました。勿論、目蓋の中に各種、映像を見させられるのは毎日です。

昨夜は、本当に痛くて大変でした。

寝る。

みんなで電磁波テロリストと戦いましょう

1:24
徹底した睡眠妨害の毎日である。
殺人以上の犯罪と言われ全国で数十年以上前から破壊活動を続けている組織、それを摘発しない国家。家族も子供も多大な犠牲を被り24時間体制で生きている限り苦しみ続けなければならない犯罪。

絶対に許してはいけません。

精神病だと言われるのを恐れてはいけません。

徹底的に戦いましょう。

明日はアムネスティーに広報します。読売新聞にも広報します。こんなキチガイ組織を放って置いたら日本は壊滅させられます。皆で広報の雨を降らせましょう。

「殺してやれ」と盛んに脅迫をしています。殺せばいいでしょう。

ドブゴミには生きる資格はありません。

アムネスティーでは人権侵害について取り扱っていますが個人の訴えには応じないそうです。しかし、広報なら受け付けるというので資料を送付します。

人を間接的に殺す犯罪です。

自殺に追い込むまで攻撃を続ければ殺人です。実際に被害を苦に自殺している被害者が確認されています。「もう、ゆるしてやれ」なんてふざけた台詞を毎日聞かされています。このような大バカどもは命で償わせる必要があります。これは戦争と同じです。

人間を玩具のように扱い遊んでいるバカどもです。

この犯罪被害で精神病院に入れられた方の人権はどこに行ってしまうのでしょうか。加害者はどんな事をしても償う事が出来ない状態になっています。絶対に許してはいけません。

「殺してしんぜよう」なんて今、高飛車な台詞を聞かせました。

2:58
その後は、全く意味をなさない、被害者の名前を次から次へと出して「・・・が泣くぞ」、「・・・が笑うぞ」、「・・・がお前を嫌っているぞ」などと早口で喋りまくっていたが、意味不明のために無視をして眠った。

しかし、たった今、首をかくんと動かされて目が覚める。

何故か、加害者は

公安に見張らせろ

公安調査庁がお前を見張っているぞ

お前の周りは公安だらけ

こんな言葉を毎日連発している。

何を気にしているのか理解に苦しむ。某宗教団体がお前に総攻撃を掛けるぞ、という脅迫も連日である。バカの一つ覚えの如く「許してやる」などと一日に100回以上聞かされている。

生意気だと思わないか

殺人鬼が無差別テロを起し、何の罪もない被害者に対して「許してやる」なんて言葉を使うなんて、精神異常者が武器を持つと、このようになるのだと思う。

「世間がお前をキチガイだと思うぞ」

このような言葉も今となっては全く無意味である。私は住所、氏名、連絡先まで明記して広報を続けている。ただ、家族ぐるみで多大な被害を被り続けているのは事実である。

7:21
心臓を苦しくさせれ目が覚める。
全く、ネタ気がしない。歌のリピート送信をしている。「広報をやめろ」と言っているが「お断りする」。キーンとシューを混ぜたような音が煩い。薬を飲んでもう一度寝る。

10:42
先ほど心臓が苦しくて目が覚める。
「嘘を書くな」とバカな加害者がほざいている。この日記に嘘があると思うのなら、自らの手で嘘を証明すればよい。不快感と疲労感の酷い目覚めだ。

表に出られない電磁波テロリスト

さて、広報だ。

12:51
日記にログインすると「また消してやる」と言われ、日記を書き出すと同時にブラウザが閉じてしまい、「ざまあみろ」と愚かな音声送信を頂く。この、ブラウザが閉じてしまう現象は会社のパソコンに限った被害なのでパソコンの機種に依存した攻撃をしていると思われる。

それまでは、広報のための資料の印刷をしていた。加害者は途切れる事無く、陰気な声で私の言動や思考に対して嫌みと脅迫を続けている。「笑われろー世界で笑われろー」、「殺されるぞ」、「そこに広報するのをやめれば、許してあげてもいいんだけど」、「これからも毎日、睡眠妨害をしてやるよ」などと言っている。歌のリピート送信もしている。咳を連続で出させられている。

また、なんの体感もなく突然、記憶障害になり、読解力が極度に落ちたりする。広報は予定通りに行わせて頂く。

17:40
仕事と広報と忙しく、午後はフル回転で動き回った。
歌のリピート送信は全く途切れることなく続いている。
広報も仕事も目的を達成した。

しかし、歯痛が左側だったのに対し、今度は右側に移動した。意識障害などの激しい脳への攻撃はあまりなかったと思う。やっと一息ついたところだ。これから個人の時間としてまた用事がある。

24:50
その後もテレパシー通信は接続状態のままで、相変わらず口汚い中傷と嘘の連発である。歌のリピート送信も曲を変えたり、和歌のような節回しをしたり様々に変化する。やはり、思考異常というか記憶障害は何の体感もなく行えるようだ。

用事で出掛けた時には、被害に関係のない人に会って話をする場面もあった。しかし、加害者はそういう時に限り、酷い嫌悪感というか不快な気分にさせ、無口な人にさせてくる。従って挨拶だけで逃げるようにその場から立ち去り世間話も出来なかった。

その後は吐き気と頭痛も含めて顔の右半分が痛い。

その状態が5時間は続いているだろうか。

寝る。

思考盗聴装置で過去の記憶を盗み取ることが出来るか

盗み取られていると実感できる思考には種類がある。

頭の中で考えた言語になっていない、ひらめきや計画などがあるが、それらは未来の予測であり「明日は何をするか」などの予定としての記憶上のメモのようなものである。

過去をふり返り思い出している(言葉であったりイメージ映像であったり、両方であったりする)過去というのは昨日の出来事から数十年前の出来事まである。

たまに加害行為として、突然に数年~数十年前の出来事がイメージ映像を伴って強烈に想起させられることがあるが、自分の意志ではなく無理やり挿入されているのを感じる。私には24時間の音声送信被害があるので、それらには必ず声の送信を伴っている。そして、恥ずかしくて他人に話せないような内容であったり、自分以外は誰も知っている筈のない内容であるので、過去の記憶を盗み取られていると思ってしまう。

しかし、もし過去の記憶を盗み出せる装置があるならば、加害者は私のすべてを知っている筈なのに、知らない事が多く、嫌がらせに利用しているネタは種類が少なく、いつも同じ事を繰り返しているだけだ。加害者が知っている情報は生まれてから現在までの50年近い年月に渡っているが、決して細かくはなく、極めて断片的である。

驚くのは自分が忘れていた事や、ほとんど記憶にない事まで知っている場合があるという事だ。しかし、それらを私の脳の記憶から盗み取っているとは考えにくい現象が良くある。それは、予め得ていた情報以外は私が思い出す事が出来ない記憶に関しては加害者も探し出して言い当てるのに苦労し、かなりの時間が掛かることである。(1時間以上も掛かったり、正解が見つからない事もある)

だから記憶を盗み取ることが出来るように見せかけているだけで、実際には過去からの情報収集(盗聴など)をして来ている結果だと思う。

但し、思考盗聴では声の送信などでキーワードを聞かせ、それについて連想させ、それを盗み取るという事をしていると思う。脳の操作は強力で嘘発見器のような、自白作用のあるような信号を送りつけることもある。

或いは、それらの現象もすべて強力な脳への攻撃(思考の抑制・記憶障害)を起させながら、あたかも自分で連想したように見せかけているのかも知れない。なにしろ24時間体制で脳の操作をされているので普通の状態の脳活動を忘れてしまいそうだからだ。


被害日記
2:00
今夜は就寝時から睡眠妨害を開始され全く眠くならない。
閉じた目蓋の中が明るくなり、目の焦点が何処かに合ってしまっているようだ。声の送信では根拠のないデタラメの脅迫を続けている。よほど何か悔しいことでもあったのだろうか。

8:48
その後は目が覚める事無く眠れたが、睡眠時間5時間であり、私は元々8時間寝ないと調子が良くないタイプである。加害者は酷い睡眠妨害を除いても日常的に時間を4~5時間にさせようとする。

疲労感と不快感の著しい目覚めである。

目覚めと同時に歌のリピート送信とキーンとシーンを混ぜたような音が右の耳に聞えている。起床すると肩に筋肉痛のような軽い痛み、下半身に異常な疲労感があり、頭がスッキリしない。この目眩と思考能力の低下した感じと肉体的な疲労感を自分の中で被害であると確定した。

目覚めた時からテレパシー通信により加害者との会話が行われているので(嫌みと脅迫しかしない)それらをすべて理論的に否定しながら、トイレに行き、コーヒーを入れ、顔を洗う。すると、その目眩が段々と強くなり、脳の芯が圧迫されているような感じにもなり、日記を書き出すと頭痛がしてきた。

「訴えて、社会を混乱させているのは、貴方達よ」

この加害者の言葉にすべての意味があるように感じる。

17:18
たった今、漢字変換の不調の後、ブラウザが閉じてしまい、折角記したものが全部消えてしまった。

本日も就業妨害を受けた。
大切な話のある来客が来ると、すぐに目眩と意識障害を起こされた。しかし、それを無視して話をするが、どうも声が大きくなってしまう。その後、歌のリピート送信を執拗に行われたので、考えていた話をすべてする事が出来なかった。話の終盤に「かわいそうだから、やめてやれ」という声の送信と共に歌のリピート送信がなくなった。

その後は、両方の鼓膜が詰まったようにされたままで意識障害も続いている。広報の為の文章を作成していると「死にやがれ」と脅迫をしてくる。仕事が終わったので日記を書き出すと咳をさせられた。その咳をさせる為の気管への刺激は咳をするまで継続させることも出来る。

24:35
その後も色々と被害は継続しているが、耐え難い苦痛や怒りなどは発生せず、なんとかやり過ごす。テレビを見ていると、作りかけの広報文章を早く書けと言われるので、命令に従った訳ではないが、一応、広報文を完成させた。但し、「明日が楽しみだ」などの脅迫が酷く不安である。

こんな被害はありませんか?

通常の手段では覗かれることのない室内で、新聞を読んでいた。文字を見ると加害者に勝手に読み上げられたり、同時読みをされるのは毎日のことだが、唇を噛んだり、唾液を飲み込んだりすると、その事を加害者に知られてしまい、その場で声の送信で言われてしまう。果たして、どのような方法で、何処から行っているのだろうか。

寝る。

好感を持つと言うこと

人に対しての感情やイメージ、更には読んだ本の内容からテレビのニュース、会議などの議題や他人の行いについて、更には、見聞した物事に対する感情にまで影響を及ぼす、脳神経に対する遠隔操作が可能であれば恐ろしい。

私は、以前からあらゆる物事に対して、そう言った感情や正否の判断などに関わる精神への遠隔操作が行われていると、この日記に書いている。

先日の事であるが、男性の営業の方と差し向かいで話しをしている時に相手の顔を良く見ていた。すると「かわいい顔をしているなあ」と脳内音声が聞こえてくる。確かに言われてみると、そのように思えてくるし、なにか性的な気持ちも浮かび上がってくる。当然、それらをすべて否定し、打ち消すわけである。それは正直、自分にとってはあり得ない気持ちだからだ。

では、自分が実際に好感を持っている人間に対して、そのような感情操作や声の送信をされたら、すべて拒否するだろうか。際立った遠隔操作を感じなければ受け入れてしまうかも知れない。潜在的に本人に気が付かないように、そのような感情を送り続ければ、本当にそう思ってしまうだろう。

好感を持つという心の中の動き、その気持ちの所在は私には判らないが、そういう場所に直接刺激を与えた方法の他に、その人に会うと心地よい気持ちになる、なんて事が繰り返されたらどうだろう。

また、その正反対の嫌悪感もあり、折角親しくなりたいと思っているのに、その人物の前に行くと激しい嫌悪感や意識障害などにより口を利くのが嫌になり逃げてしまう。

細かい事は判明していないが、物事に対して感じた、自分本来の気持ちを違うものに変えてしまう遠隔操作は、あらゆる場面で使用されていると私は感じている。

被害日記
11:13
昨夜は寝るのが少し遅くなってしまった。不本意に朝7時に合成夢を見させられ起される。音楽のリピート送信もされていた。尿意もあり眠いので30分くらい、うとうとしていたが、盛んに語りかけをして「何か考えろ」なんて言われるので、一旦トイレに行ってから薬を飲んで寝た。「8時に起してやれ」、「9時に起してやれ」なんて脅迫をされたが、無視をして寝た。これは寝させてくれたと表現した方が良い。

次に目が覚めたのが10時少し過ぎだ。そして歌のリピート送信をしながら単発の嫌みを執拗に繰り返している。「町内で一番のネボスケ男」、「会社を首になるぞ」なんて言いたい放題だ。

日記を書き出すとキーンという音がして、更に目眩と首の後ろに違和感があり、肩から背中にかけて疲労感が出る。この被害も多く報告されている。後は全身の脱力感である。

18:37
毎日広報をしていると言った感じであり忙しい。
本日もある機関に電話をして資料送付の了解を得た。

仕事中の妨害も遠慮なく行われる。お客さんが来て話しを始めると同時に歌のリピート送信を始めると言った感じだ。今も、日記の更新の為にログインするとすぐに目眩と後頭部に対する違和感、首の後ろから肩に掛けての疲労感が出る。聞かされている声の送信の内容については全く問題外であり、脳への攻撃に問題がある。

とにかく、愚かで、ずうずうしい犯罪者達である。

20:10
執拗な脳への攻撃が続いている。
今日はアムネスティーに広報する旨を伝えた。

夕食後にテレビを見ていると盛んに音声送信をする。しかし、それには種類があり、ただ聞えるだけの声、思考(口の中の呟き)をなぞる声、同時に喋らされてしまうような声、の三種類を確認している。

最近は、思考をなぞる声と同時につぶやかされてしまう声が同じ種類の声になってきたので、区別がつかなくなってしまう事が多い。それらにはすべて脳の操作が使われていると思う。

声の送信と同時に絶妙なタイミングで目眩をさせられると、声の送信によって集中力を削がれ、目眩を起したと感じてしまう。

また、声の送信と同時に舌を刺激(動いているように感じる)されると一緒に喋らされてしまったかのようになり、無意識でいると本当に脳内音声の送信と同時に口の中で呟かされてしまう。

三種類ある脳内音声が全部、自分の体内に響く声と同じにされたら、本当に区別が付かなくなってしまうだろう。しかし、本来は声が聞こえることはないので、聞えたら音声送信である。

だが、加害者もその辺りには注意しているので、聞えるか聞えないかくらいの絶妙なボリュームで送信をしてくる。だから、脳の操作と交えているのだと思う。

20:27
この世で最低という言葉がまさに加害者である。
日記の更新をすると早速、酷い攻撃を開始する。
昨日は朝日新聞にメールで広報した。
明日は読売新聞に電話をしてみようと思う。
国連にも広報する予定だ。

23:55
先ほどはあまりにも強烈に攻撃されたので興奮の余り、どこに広報したか書いてしまったが、まだ他にも沢山あるので気にしない。というより本来はすべて公開できれば良いのだと思う。

さっきまではリラックスのためにサウナに行っていた。

しかし、執拗に攻撃をされるのでリラックスどころではない。「すべてを苦痛に変えられてしまう」なんて思っただけで「すべてを苦痛に変えてあげよう」なんて声の送信をされたり、目眩と意識障害にされたりした。それらがずっと継続しているわけではなく、色々な被害を次々に受けさせられるという感じだ。

帰りに携帯電話にメールが来ていたので返事を出そうとすると急に目眩と意識障害が起きて文字を打つのを間違えたりして大変だった。

帰宅後もパソコンを起動させ、メールのチェックをしようとすると激しく目眩と意識障害を起され、声の送信と同時にブログのパスワードを打たされてしまう。後頭部が締め付けられるようになり、両方の肩が異常に疲れるという被害も受けている。

この犯罪は心の底から社会を恨んでいる物でなければ出来ない。

24:46
たまに紹介させてもらっているブログ

平塚、東京、ロンドン、横浜

こちらは脳内音声で言われた内容を細かく書いているので、加害者が好き勝手に喋っているのが良くわかります。しかも、被害者の生活に密着して離れようとしません。

寝る。

このままでは殺される可能性もある

2:51
連日の睡眠妨害。
目覚めとともに「謝れ」と命令をされる。
謝るのは加害者の方であり、根拠の無い罪の押し着せは加害者の頭の悪さを暴露するだけである。武器を持った精神異常者という表現がピタリと当てはまる。全世界で報告されている犯罪被害である。「microwave harassment」で検索すれば恐らくおびただしい量の証拠が出て来るだろう。電磁波犯罪を否定する人は、それらをすべて否定することになる。

社会には隠蔽されている事実、報道されない事実はいくらでもあり、それは誰でも知っている事でこの犯罪の技術と事実もそれに当てはまる。但し加害者は被害者を通して、犯罪の被害実態などをわざわざ世間に知らせている所に何かの意味があると思う。被害者に犯罪被害であり、加害者が存在している事をわざわざ教えている所に大きな意味があるのだと思う。

脳内音声による

「歴史的な人権侵害に遭わせてやろう」

という脅迫も聞き飽きた

最近では「お前の父親を殺してあげよう」なんて言ってくる。家族全員がターゲットにされるという被害報告も珍しくない。そろそろ、私が広報をして来たリストを誰かに預ける必要があるように思う。60箇所を超える広報文書(被害の説明)付きのもので多い場合は100枚を超えるくらいの紙の量になっていた。

就寝時や寝ている最中に激しい脳への攻撃をされたのは初めてである。脳の締め付け感や、目眩を伴う意識障害などである。

更に新聞社への広報をする決意ができた。

加害者は私にしか聞えない脳内音声で好き勝手に喋り捲っている。そのデタラメさ加減は全く相手にする必要を感じない。ただ、武器による脳への攻撃であるので殺意がなければ不可能であり、それらを24時間365日延々と続ける拷問のような攻撃は思考盗聴と精神への介入を含めて殺人と同じだと思う。

記憶の改竄を遠隔から確実に行う事が出来る。
これはある意味、究極の洗脳と言う意味でもある。

新しく被害に遭われた方の為に脳内音声の送信と思われる動画を紹介する。これはあくまでも装置の原理のようなものであり実際に使われているのはもっと高度だと思う。
【技術悪用】音声の驚くべき真実【苦痛を与える事も可能】

5:36
やっと眠れたと思うと「嘘で塗り固められた夢」をみさせられて、鼻を執拗に痒くして目を覚めさせる。そして歌のリピート送信をする。「愛の花束を被害者から貰え」なんておちょくっている。「殺されて、花束を頂くそうだ」殺人予告は大変な事件であるが脳内音声の場合には問題がある。

キチガイが武器を持つとこうなってしまうと言う具体例だ。

加害者は人殺しでも何でも平気でする精神疾患だと思う。

10:57
1時間くらい前に目が覚め起床した。
通常このような状態では普通の生活は不可能であり、この時点ですべてを犠牲にされている。しかし、起床と同時に加害者は「すべてを犠牲にしてやろう」と声を送信した。何故か腰が痛く、膝から下にかなりの疲労感があり、まともに歩けない。膝から下の疲労感は経験したことのないものなので被害と判る。

更に、目眩と記憶障害、歌のリピート送信と声による脅迫をされている。

17:40
今日は仕事が暇だった。広報資料2通を発送する為に郵便局に行き、ついでに銀行に寄っ時のことである。「その機械はお前一人の為にあるんじゃない、早くどけ」と送信された。その後、自動車の中でお金の計算をしていると突然に思考能力が低下して計算が出来なくなる。「そんなにイライラせんでくれな」と声の送信をされたが、私がイライラしているのではなく、無性にイライラする何かを送りつけられているわけだ。

すべてを無視して会社に戻り次なる広報の準備をしていると黙って見ている。なんとなく「広報をやめれば許してやる」という声が聞こえてくるが、その事を他の被害者に話すと「誤るのは加害者だ」と憤慨する。

次なる広報はメールによる広報で添付ファイルと関連アドレスを記して送信した。その直後に両方の鼓膜が詰まったようになり脳内音声による脅迫をいくつか頂いた。そして仕事を終了するためにファイルのバックアップを取ろうとすると「考える事を出来なくしてやる」と声の送信を受け、本当に考える事が出来なくなった。しかも体感はなく、急にである。

脳の操作は本当に恐ろしい。

21:26
日曜日に録音した自分の演奏のプレイバックを聞いている。
しかし、後頭部に違和感(脳の芯が圧迫されるような感覚)と目眩と意識障害を起されている。声の送信では執拗に音楽を貶したり、日記を書くなと脅迫をしている。それと背中や肩の痛みである。プレイバックを聞くと、やはりピアノのメロディーに合わせて女の声で嫌みを送信される。

口の中が苦くなったり、咳をさせられたりもしている。

脳の操作をされていると記憶の消去は簡単で、いま頭痛をさせられている事を書こうと思ってキーボードに手を置いただけで、何を書くつもりだったのか瞬時に忘れさせられてしまう。これなら、完全にマインドコントロールに掛かってしまった人間を自由自在に操り、犯罪に利用できるだろう。

23:55
音楽を聞いている時の妨害と言ったらただ事ではない。それこそ徹底的に貶し、バカの一つ覚えのようにその曲のメロディーに合わせて何度でも同じ言葉を、同じ場所で繰り返し送信する。しかも、激しい目眩と記憶障害と脳を締め付けるような感覚と暴れだしたくなるような感情、糞の臭い、すべてを同時に行ってくる。

私は、メンバーズサイトに自分で演奏した音楽を載せている。それは、ほとんど誰も知らないし、誰も聞かないと思う。そこにアップさせたくないらしい。毎週、実際に練習の場でも酷い妨害をされ、その環境下で演奏したものである。良い演奏はあり得ない。

それでも加害者はネットにアップさせまいと妨害を執拗にする。私は無理に毎週アップしたいと思っていないし、義務もない。基本的に自分の音楽の向上のために録音しているだけだ。しかし、加害者に強烈に妨害をされるので、今回も一曲アップした。曲が長いので途中でカットした。

それにしても暴れだしたくなる脳波の送信は危険すぎる。

あたかも執拗な音声送信のためにイライラしていると感じてしまうが、そう言った精神状態を変えてしまう信号を送りつけるのが真実だと思う。しかも、各種様々な人間の心の状態を再現(擬似的に作り出す)している。

24:58
その、音楽で強烈に嫌がらせをされている最中に、音声が聞こえるようになってから一ヶ月くらいしか経たないと言う被害者の方から「今、パニックになっています」と電話が入っていた。少し電話で話しをしたが、第一印象は普通の人である。控えめな丁寧な人という印象を受けた。しかし、話していると「今の良く聞こえなかったので、もう一度話してもらえますか」とか「言いたい事を忘れさせられてしまう」など被害を受けている様子が伝わってきた。

私はその間、執拗に咳をさせられていた。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる