脳内音声による徹底した洗脳

3:58
意味不明の夢を見させられて目が覚める。
久しぶりに「巨人の星」の歌を聞かされた。
トイレに行くと、到底理解出来ない意味不明の脅迫を受ける。結果、例の宗教団体を利用した脅迫である。ちなみに私は、その教祖(指導者)の名前を一番最初に脳内音声で聞かされていて、その後その宗教団体の名前を使って脅迫を受け続けている。

頭痛とキーンという音が激しい。

拉致・監禁・拷問の世界だと思う。

これほど酷い攻撃を繰り返してでも広報をやめさせようとする、どんな手段を使ってでも犯罪被害であると言わせない。だから何年経っても全く被害者が救済されないのだと思う。私は、これからもその状態は続くと予想している。そして、加害者は私のこのような率直な意見に対しても、「被害者に嫌われるぞ」と執拗に脳内音声で脅迫をする。

被害状況の違い

被害者の考え方の違いなどを積極的に作り出し

被害者団体の方向性一致をさせないようにするのも

この犯罪の特徴である。

このテクノロジーは本人に気が付かないように間違った考え方などを挿入することができ、それを古くから使用していて、犯罪被害であると気が付かない人の方が多いのかも知れない。

8:20
何故か目が覚める。
歌のリピート送信をされている。「ザマア見ろ」と声の送信をされた。目が覚めた時はスッキリとしていたが、日記を書き出すと眠くなり、既に記憶障害にされている。さて、広報だ。

17:52
仕事はそれほど忙しくなかったが、来客などもあり一日中何かしているようだった。合間に広報用の資料を作っていると被害が酷くなる。これが怖くて被害者は広報活動が出来なくなる。今は歌のリピート送信と鼓膜が詰まったような感覚とキーンという音がしている。記憶障害も起こされているが、イライラ感はない。

とりあえず新聞社に広報の旨を電話で伝えたので明日にでも発送する。

また、新たな被害を確認した。

女性の側に座っていると、何故かその女性が私の性器の辺りを気にしているように感じる。確か、以前にもそのような事があったように思う。勿論、私も性器の部分に意識が行ってしまうわけで「見られてもいないのに、見られているように感じる被害ではないかと思った。果たして、こちらの感覚を操作するだけでそのような現象が起きるのだろうか。

23:30
夜は知り合いの誕生日であったので夕食を兼ねて外出した。
しかし、喫茶店に入ると連続で咳をさせられてしまい話も満足に出来なかった。咳が出なくても気管がムズムズして今にも咳が出そうになる。更に後頭部から首の後ろに掛けて違和感が生じ、腰もだるくなり、椅子に座っているのがつらくなる。話をしていると目眩や記憶障害にされ、知人との会話に脳内音声で割り込んで来る。言論妨害である。

帰宅後には、腹が減ったので軽く食べていると舌を強く噛まされてしまう。これも良くある被害だと思う。その後はテレビで政治番組を見ていると執拗に歌のリピート送信をされ、目眩と意識障害と強度の眠気に襲われる。音声送信のボリュームは小さいがキーンという音が強い。

やはりテクノロジー被害は、それを受けたことのある人でなければ、中々信じられないと思う。咳、クシャミ、記憶障害、目眩、頭痛、何でも出来る。

「もう、やめなさい」
「殺されるぞ」

などと声の送信をしている。
「もう、やめなさい」はこちらの台詞である。

24:15
今日は一日中、咳をさせられていると言った感じで、特に19時からはずっと続いている。ついでに偽胸焼けと、偽胃痛をやられている。それらは突然、理由もなく発生し、理由もなく止まってしまう。

これに対しては広報でお返しさせて頂く

寝る。

脳の操作は人間社会を滅ぼす

1:26
大バカの電磁波テロリストは今日も暴れている。
寝てから丁度1時間で起す。その為に、就寝時には眠らせてしまうようだ。寝ようと思って横を向いた時に目蓋の中に七変化する人の顔を見せられた、と思ったら眠ってしまった。

しかし、突然目が覚めたと思うと、尻に針を刺すような肝臓まで届く断続的な痛み、あたかも胃が痛いかのような体表面に発生する痛み、糞の臭い、咳をさせようとする気管支への刺激を連続で仕掛けてくる。

声の送信は4人くらいの声で集中的に貶しを入れる。その中で面白いのは「本当の事を教えてやろう」なんて加害者が誰かを説明しようとしたりする。しかし、私は全く脳内音声には耳をかさない。

ドブゴミともの戯言に耳を貸すくらいなら、念仏でも唱えていた方がマシである。

この犯罪の広報の方法を誰かに引き継いでもらいたいと思う。

多くの人間が的確に広報するのが一番だと思う。

2:12
まだ、全く眠れない。
尻に針を刺し続ける。陰部を集中的に痒くさせる。
日記を書くために起き上がるタイミングに合わせて腰を痛くされる。

「無駄、何処に広報しても無駄」

と何度も脳内音声を送信する。

新聞社には全部広報する事を決定した。

加害者は「何処に広報したか書け」と挑発しているが、お断りする。ただ、英語の広報文章ですでに、良く知られた方に2人、更に2箇所にメールで広報する予定である。それらはすべてこの犯罪のエキスパート達だ。メールが届けばしめたものである。

「下野新聞に広報させてやる」と脳の進化を果たせなかった加害者が言っているが、当然、下野新聞にも時期がくれば広報をする。当たり前の計画である。勿論、市にも県にも広報する考えはある。

「何処に広報をしても無駄」かどうか試してみたい。

加害者が何故、広報を嫌うのか。

何故、日記を消せと毎日脅迫するのか、説明してもらいたいと思う。また、「殺されろ」と私に向かって罵声を浴びせている。さて、加害者の脅迫が何一つ実際に起こっていないのは何故だろうか。加害者に説明してもらいたい。

9:08
その後、寝られたのは3時頃だろうか、8時過ぎには起されてしまった。時計を見る前に「ザマアミロ」と声の送信をされる。その後は歌のリピート送信とキーンという音をバックに単発の嫌みのこじ付けを引っ切り無しに1時間続けている。

起床しようとすると足腰が不自然に痛く、頭痛もさせられている。日記を書き出すとキーンという音が強くなり、鼓膜が詰まったようになる。

10:15
今日はこれからNPOの定例会があるので出掛けなければならないが、すでに目眩と記憶障害を起されている。非常に嫌悪感があり、不快な気分にされている。

23:06
この所、用事があり出席出来なかったNPOの定例会に出席した。新しい被害者は勿論、数人は来ていた。被害内容は、ほぼ同じで個人情報や悪い噂のバラマキ、全く不自然な耳の具合、突然のあり得ない思考の挿入、脳内音声の送信などで、結果として病院送りか、近所でキチガイ(言葉は悪いが)扱いとなっている。

その他、以前からの被害者の方も大勢いらしたが、結局、不毛の論議へと展開してしまう。的確にポイントの絞れた解決への道、強力なものは、ほぼ感じられない。従って、この世の終わりのような悲惨な目に遭わされている被害者は苦しんだまま、ただ我慢をするしかない。

その強力な解決への道をどうやって作るかが問題となる。それぞれの考え方もあるし、社会的に電磁波被害を口にすれば精神病という下地が出来ているとの意見も出る。

やはり被害者各々が第三者による客観資料を添えて徹底的に広報するしかないと思った。ほとんどの被害者は、そのような行動には出れない。NPOが頼りなのだと思う。被害者はただひたすら、それから逃れたい、それも今すぐに、それだけなのである。

本当に世の中で一番、罪の重い犯罪だと再確認した。

その後は音楽スタジオに行き、いつものように合奏の練習をした。まず、スタジオに入るとピアノの音に合わせて、聞きなれた女の声で嫌みの送信となる。それは本当にピアノの音に溶け込んでメロディーと一体化して聞える。少しすると目眩と意識障害が始まり、嫌な予感がして来る。

次に、嫌悪感の送信という新しい被害を確認した。

これは、ある人が私の前に来た瞬間から起きた現象で、簡単に言えば「気分が悪いので話しかけないでください」という雰囲気をかもし出す精神状態の操作である。無言の嫌悪感とでも言うか、他人と接するのを拒むような自閉的な気持ちになるのを瞬時に感じ取れた。実際に深く落ち込んでいるような時や心が疲れ切っている時などになる状態に似ていると思った。これで対人関係を壊されてしまう人もいるだろう。

その後、夕食のために食堂に行くと、目眩や意識障害の度合いが強くなったり、弱くなったりする。他人の話が耳に入らないような自分の世界に入り込んでしまっているような感覚にされる。そして皆の会話に参加出来ずに無口な人にされる。

この状態は周囲の話に参加出来ないだけでなく、感覚として話をしている人の心や場の雰囲気を感じ取る能力を奪い取られているので、またしても対人関係に問題が生じる。しかも、その間も声の送信ではしきりにデタラメを喋ってくる。内容は傍にいる人の感情についてである。従って、外部の情報をシャットアウトして間違った情報を送りつける究極の洗脳行為に繋がる。

そんな中で食事をしているとイライラし、落ち着きが無くなってくるが、それも精神に対する遠隔操作被害であるので我慢をする。

演奏の方は声のよる執拗な語りかけと、私のソロの時にメロディーの違った部分を歌いこまれ大変な苦労をさせられた。しかし、酷い意識障害を起されなかったのでメチャクチャな演奏にはならなかった。

その後、普段自分が帰る時間になると「「お前の時間は終わった、早く帰れ」と脳内音声で命令をされるので拒否する。すると脳への攻撃が酷くなり、両方の鼓膜が詰まったようになったり、心拍数が上がって興奮してくる。

余りに酷いので携帯電話にメモを取っていると意識障害と時間感覚の喪失などにより文字を入力する時にミスが多発する。それは著しく慌てた感情になる為に、携帯電話が反応する時間を待てなくなるという事と、指を動かす神経に異常を来たすので間違った文字を打ってしまう為だ。それでもメモを続けていると「明日の広報をやめろ、そうすれば許してやる」などと送信される。最後は呼吸困難、頭痛にもされたが、その状態でも逃げないで一曲演奏をした。結果は、全く楽しくならずに、何のアイデアも出ないロボットのようにされた。

帰りの運転中も執拗に歌のリピート送信と声による嫌みを延々と続けられたが無視をした。思考盗聴も的確に行われ、何とかしてイライラさせようと加害者はやっていたようだ。

31日1:17
歌のリピート送信は途切れる事無く続けられている。
声では執拗に貶しを飛ばしている。従って声に出さない呟きを延々と続けるしかない。脳に対する攻撃(意識障害と記憶障害)も全く途切れない。他の被害者も「殺してやる」なんてのは四六時中聞かされているらしい。

寝る。

広報するなと執拗に脅迫される

1:50
寝てから1時間で起されるのは、このところ毎日となっている。それよりも、執拗に「広報するな」、「日記を削除しろ」と脅迫をしてくる。

脅迫の手口は睡眠妨害をしながら脳内音声を聞かせる。脳への攻撃を途切れることなく続け思考の自由を奪い取る。身体に痛い、痒いなどの攻撃を執拗に行い苦痛を受けさせる。

24時間365日全く途切れる事無く、すべての生活に介入して人生そのものを破壊するとても常識では考えられない破壊活動である。それも大胆に全国規模で、わざわざ加害者の存在、装置の実力を見せつけながらの電磁波テロである。

更に加害者の大胆かつ挑戦的なやり方は、このように被害日記を書かせているということである。広報も最近でこそ、無気力にさせられたり、酷い目に遭わされるのではという恐怖から遠慮してしまっているが、一時は積極的に広報をさせるように仕向けるために酷い被害を受けさせ、興奮状態を昼間にも持続させていた。

社会への挑戦をたたき付けているテロリスト

何を目論んでいるか想像が出来そうだ。

広報をしなくても酷い攻撃に晒され自殺に追い込まれている事も報告されている。大体、私に対して「行過ぎた広報の罪は重い」、「お前が一番、罪が重い」なんて毎日刷り込んで来て、犯罪被害を受けていますと主張することが罪だと思わせるように仕向けている。

これ以上悪い、罪の重い犯罪はかつて無いと断言できる。

2:35
新しい睡眠妨害の拷問をされている。

声による語りかけ(脅迫)を続けながら、突然に眠りそうになる。その瞬間に下に落ちるような感覚になるが、すぐ直後に心臓をドキッとさせて、今度は覚醒させる。目を瞑っているが目蓋の中が明るくなる。これらはすべて一連の遠隔操作により行っている。何よりも不自然に感じる理由は自分が感じるよりも早く次の動作に入ってしまうからだ。

眠りそうな感覚になりそうになったと思うと、下に落ちるような感じが少しするような、それを感じ取る前にドキッとさせられている。だから、操作ミスというかプログラムミスという所だろう。いずれにしても睡眠妨害をされている事には違いなく。明日の(本日の)NPO総会に行かせないようにしている。声の送信でも「総会は不成立」と何度も言っている。加害者ドブゴミの希望的推測だろう。実際には私一人が行かなくても全く差し支えないわけである。

加害者は早く死に絶えてもらいたい。

なんとしても強い意思を持って広報をし抜いて行きたいと思う。

9:11
その後、就寝できたのは3時過ぎていたと思う。
7時前に起されている。「ザマア見ろ」と声を聞かされたが、なんとか根性で寝て9時に起床する。目が覚めると頭痛と目眩がしている。そして「これでどんな方(NPOの会員)であるか判ったぞ」、「どんどん個人情報を書け」と言われる。

「総会が不成立という事は、そういう危ない組織なんだな」、「今日、総会があるという事を公表してしまったぞ」などと自作自演の脅迫をするテロリスト達である。これ以上、愚な声の送信には付き合えないので説明はしない。ただ、愚な加害者が自分達で考えて送信して、それを無理やりこちらに押し着せて、つじつまの合わない脅迫をしているという例だ。

22:15
NPO総会は無事終了した。
その後10人ほどで飲食をして、先ほど帰宅した。
現在は頭痛と意識障害と歌のリピート送信をされている。

とにかく精神への介入である。自由に物を考えることが出来ない。常に加害者に覗かれ、干渉され続ける。今日の特徴では、通常は大勢で飲食などをしている時には周囲の雑音と会話の声にかき消され、加害者の声が聞こえなくなったり、加害者は全くデタラメなことを一人で延々と喋っている事が多いが、居酒屋での飲食の最中にも執拗に目で見ているものに干渉されたり、会話に干渉され続けた。

他の被害者の話を聞いていると、音声被害のない方でも、音は聞こえないが耳が煩くてたまらない状態にされる(煩い音そのものは何も聞こえていないにも関わらず)という現象が私と同じであるので、被害者は同じような装置により攻撃をされているのではないかと思った。

同じような被害を受けている人がすぐに10人も20人も集まってしまうことが異常であると思う。

24:35
尻に針を刺されるような、痛い、という被害をうけている。その痛みは肝臓にまで響く。激痛ではないが、続けられれば寝るのに苦労するだろう。以前、それで寝られなかったことがある。

広報には、見えない広報というのがあり、何処にどのように広報しているかは非公開であるが、そちらも情報は1人歩きをするだろう。

寝る。

被害者は思考の挿入に要注意

5:34
合成夢を見させられていた。
心臓が苦しくて目が覚めるが、「その瞬間に加害者に寄って心臓を苦しくさせられている」という考えだけがひらめいていた。自分の感覚は、ただ呼吸と心臓の鼓動が合わない感じと、心臓が強く脈打っているという感じだけである。なぜ目が覚めたか、それが何なのか、などへ考えが動くような状況でもなく、考える隙間もなくひらめいた。

だから、心臓2、3度苦しくさせてから「またやりやがった」のような思考(言語)をサブリミナル的に挿入させられている可能性さえ感じる。

昨日も自動車を運転中に、何の脈絡もなく、35年前の出来事が突然、想起された。しかもイメージ映像まで付属していて、それはあたかも自分の記憶が蘇ったように感じた。しかし、どう考えてもそれは自分の記憶ではなく、言語による説明が付いている。

そして、加害者は自分以外は誰も知らない筈である事実を、そのような手口で次々に「我々はお前の事は何でも知っている」と言ってねじ伏せに掛かる。この手口は被害者に対して共通の被害だと思う。しかも終始一貫として行われている、マインドレイプの手口だろう。

やはり、気を付けたいのは、思考の言語によるトレースや、思い出したかのように見せかける記憶の挿入、無意識のうちに聞かされてしまい自分の考えだと思ってしまう現象である。それらが、すべて自分の考え、自分の記憶であると言う保証は何処にもない。

そういう状態に持ち込むために24時間途切れる事無く、脳内音声を聞かせ、思考のトレースや実況解説のような事を続けている。そうすると、本来の自分の思考の状態を忘れてしまい、どれが本当だかの区別が付かなくなる。

9:57
その後、再び寝た訳だが、9時に目が覚める。
最近は、時計を見るたびに「ザマア見ろ」と声の送信をされる。24時間体制で大変な苦痛と声を聞かせ続ける。これはやはり洗脳であると考えたい。トラウマも作られる。

実際に稼動している恐ろしい装置の存在に気づいて欲しい。

12:37
上記アップ後に強い意識障害と目眩が発生、声の送信ではとんでもなく執拗にすべてに対して否定、貶しを入れてきている。歌のリピート送信もされている。被害程度としては、激しく憤ることがないので楽かも知れないが、自由な思考は出来ない。なんとしても日記を書かせたくないのだろうか。

15:57
また、被害日記の更新中に漢字の「変換」キーを押すと同時にブラウザが閉じてしまった。これはリアルタイムでパソコンにも介入されている証拠だ。会社のパソコンに限って起きる現象だ。

午後は仕事が一段落ついたので広報に関して考えていると「やめろ、他の被害者の迷惑になるぞ」、「広報させてあげよう、その代わり、どんな事になっても知らないぞ」と盛んに脅迫をされる。その様子をどのように日記にするかを考えていると「かわいそうに」と声の送信をされる。

加害者は日常にあるすべての会話の中から脅迫に利用できる内容を拾い出して脅迫をする。何としても被害者の口封じをしたいのだろう。しかも、現実に脳への攻撃などを激しく行われると大変な苦痛となり、いつそうされるか判らないという恐怖が常について回っている。

本日も、痒み痛みなどの身体攻撃は勿論、意識障害の他に著しい疲労感と倦怠感のために何も出来なくなっている。そうやって広報などをさせないようにした上で精神への介入を執拗に行っている。

先ほど、期日前の投票に行ってきたが声の送信により意図していない政党の名前を執拗に聞かされ選挙妨害をされたこともお伝えする。更に、誰に投票したかも加害者に知られている。

22:16
まるで拉致・監禁・暴行の世界だ

と、言うよりは事実としてそのような技術である。

執拗な監視と声による嫌がらせは精神へ介入し続け、監禁と同じ意味を持ち、何処に言っても絶対に逃れられない。脳への攻撃と身体への攻撃は暴行である。それらを合わせれば拉致されているようなものである。

いまもエアコンを付けたと思うと急に上半身が熱くてたまらなくなり、テレビの字幕を声の送信で読み上げたり、何かを連想させようと盛んに語りかけてくる。

その内に、段々とイライラして来る。すると「イライラさせてあげよう」と声の送信をされ、むしょうに腹が立ってくる。パソコンのスイッチを入れると「そんなに慌てないでくれ」と声の送信をされ、目の前にあるコップを叩き割れたい衝動が起きる。

日記を書き出すと、左の膝がとてつもなく痛くなる。

精神への暴虐のみならず、肉体的にも遠隔より暴行を加えることの出来る装置である。

24:05
咳をさせられる。
頭痛を起される。
キーンというノイズと歌のリピート送信をされている。声のよる単発の嫌みは、その場の思いつきで何でも良いから声を聞かせているような感じである。予め録音されている物もあり、毎回それを再生しているようにも感じる。たとえば「かわいそうに」などは毎回、同じ声で同じ調子に聞える。「殺してやる」、「殺されろ」なども多い。

寝る。

目覚めと共に歌のリピート送信

8:55
昨夜はそれほど酷い睡眠妨害は無かった。
3回くらい目が覚めたが時計を確認するには至らずに、そのまま寝てしまった。しかし、目が覚めた時には声や歌が聞えていたと思う。それと「許してあげるから、もう広報するのをやめなさい」という言葉を吹き込まれていたように思う。

起床は8時。その時から歌のリピート送信と声による嫌みを聞かされている。日記を書き出すと頭頂部に頭痛がしてくる。就寝時には低いうなるような音や得意のモールス信号のような音を聞かされていたので「人権侵害ルームで掃除機を掛けるのをやめてください」と加害者に向かって呟いた。

12:32
午前中は忙しく仕事をしていたが、歌のリピート送信は途切れる事無く続いている。しかも、記憶障害というか意識障害のような状態に延々とされている。少し前の出来事をすっかり忘れてしまう被害ではないので意識障害と感じている。上手く説明できないが、脳に対する知覚できるようなパルス攻撃のような現実味の薄れるような感覚である。電話をしていると無理やり咳をさせられたりもした。

昼休みにはブログ閲覧を行っているが、パソコンの前に座ると急にキーンという音がして両方の鼓膜が詰まってしまったようになる。

声の送信では相変わらず、すべての言動と心の中に侵入し貶しや、考えた事を言葉に直して送信されたりしている。

21:10
仕事も忙しく、夜は楽器の練習をしていた。
思考盗聴と音声送信、記憶障害などの被害は途切れる事無く継続している。特に、耳が煩くなったのと同じような刺激を耳に起させる現象をやられた。鼓膜が詰まったような感じは耳が聞え難くなる現象だが、あたかも耳が敏感になったかのように(とくに高い音)煩く感じてしまうのをやられている。シーっという音を耳に送信され、それをやられると周囲の音と混ざって非常に迷惑である。

実は下記のアドレスの翻訳は非常に重要だと思っています。私達が受けている被害そのものを表しているわけではありませんが、「機密指定の解除を受けた非殺傷兵器の生物学的効果に関する米軍の報告書」のようです。

テレパシー的な光線銃で戯れる米軍

24:58
結局、一日中テレパシー通信により加害者の相手わすると言うか、脳内音声にたいする防御のために声に出さない呟きをさせられている。

マインドレイプという言葉の通りだと思う。

寝る。

極悪犯罪には広報でお返しする

1:42
就寝後1時間。
睡眠妨害によって起される。
執拗な脳内音声の送信を全くやめようとしない。それも内容は全くなく、ただ人権侵害装置の奴隷のようにひたすら無意味な言葉を聞かせるだけだ。しかも、身体に常識ではあり得ない、冷たい感じのする痒みを執拗に起させている。鼻の周囲、足の甲など。腰の痛み、咳、すべて遠隔操作による人権侵害である。

昨日は新聞社に広報する旨の電話を入れた。

ユネスコにもメールで問い合わせた。

実は国連にも問い合わせて情報を頂いている。

明日はWHOにも電話をして見たいと思う。

殺意ある人権侵害には広報以外に対抗手段はない。

そういえば、顔を作られる被害というのがあり、イメージや感覚の送信で変な顔になっているような感じにされる場合と、実際に下唇を噛んでいるなどの被害もある。また、目がうつろになる、目蓋が開かない、など様々な顔に対する攻撃がある。そんなことまでしなければならない加害者とは、信じられないような惨めな人生を歩んでいるのだろう。

2:38
全く寝させようとしない。
「今夜は寝させないぞ」
「可愛い子供に被害を受け継がせろ」
「兄弟にも被害を受けさせろ」
「どんな所に広報したか、他の被害者に教えてやれ」
「お前殺されるぞ」
「佐野市に広報しろ」
「県庁所在地を指差せ」
「広報をやめれば許してやる」
「日記を削除しろ」
「心理学者に見せてやれ、精神異常者といわれるぞ」

など、延々と続けている。同じ言葉を何度も繰り返している。しかし、身体を引っ切り無しに痒くさせられるので全く眠れない。脳も覚醒させられていると思う。

加害者の言葉は全部嘘である。

被害が無くなれば広報はしない。

これで、昼間になると、極度の疲労感と意識障害と倦怠感に曝され広報をする気力がでなくなってしまう。悪魔の兵器とはこんなものである。とりあえず、この日記のアドレスは、県警本部にも、佐野警察にも、国家公安委員会にも知らせている。最近は広報する時にこの日記のアドレスを明記している。当然、実名、住所、連絡先もすべて知らせている。

ちなみに母親のいない子供である。死別している。その子供も時々具合が悪くなるのが気になっている。加害者とは殺意の塊なので何でもすると思う。

7:14
またもや下劣極まりない夢を見させられて目が覚める。
「お前はバカ」と一言きかせ、歌のリピート送信をしている。「これで誰がこの日記を書いているか判ったぞ、お前、袋叩きにされるぞ」とアホない身不明の脅迫をされる。頭痛がしている所がニクイ。

もう、いますでに袋叩き状態である。

逃げ隠れしているバカな加害者と一緒にしないで欲しい。

すると、今度は「お前は大バカ」と言い返される。バカはバカかも知れないが、キチガイではない。加害者は本物のキチガイである。

ありもしない嘘をならべて、脳内音声で24時間強制的に聞かせ続け洗脳する。いわゆる思い込ませるという手法である。嘘の脅迫でも毎日100回も年単位で聞かされていると、しかも拷問、苦痛を受けさせながら言葉をきかされれば、少しずつ心の奥に染み込んでくる。そういった手法を得意とするのが加害者である。しかも終始一貫として続けられている。

10:12
9時半に目が覚める。恐らく加害者に覚醒させられたのだろう。
眠さと疲労感は通常のものではない。頭痛もしている。
この時間に起きても私は絶対に自分のペースを譲るつもりはないので、コーヒーを飲みながら洗濯をしている。責任はすべて電磁波テロリストにあるからだ。

11:13
こんな記事を発見しました。

テレパシー的な光線銃で戯れる米軍

これは米軍の情報公開のようです。

18:12
音声送信のボリュームはかなり小さいが内容は伝わる。声の種類も特に変わりは無く数種類だ。とにかく貶しと脅迫が酷い。引っ切り無しという感じだ。

仕事中にネットで路線の検索などをしていたら、記憶障害のようにされた。それほどの体感はないのだが、数分前に自分でメモをした内容が正しいかどうか、再確認をしないと不安になるほどの記憶障害というか意識障害のようになった。酷い迷惑である。

声の送信は音量が非常に小さくても思考に影響を来たすようだ。

こうやって日記に被害報告をしているとキーンという耳鳴りとは違う、細い感じの音を送信され、鼓膜が詰まったようにされる。

仕事も忙しかったが、予想通り、激しい怒りなどの感情がなくなり、広報に対する積極性といか執念のようなものが薄れてしまい、睡眠妨害をされている時のような気持ちは何処かに行ってしまった。

こんなのが脳の操作の恐ろしさだと思う。

20:16
突然、身体が熱くて汗が出てくる。
突然、喘息のようになる。
タバコが吸いたくなる被害もあるかも知れない。

24:22
声は少し静かになっているが嫌み、脅迫はされている。
やはり思考がスッキリしない、文字を読む気が起こらない、集中力が出ない、不快感があり気分がすぐれない、などの脳に対する攻撃は続いている。

あまり細かく書いてもキリがないので

寝る。

歴史的な凶悪犯罪者

3:53
痛くて目が覚める。
下腹部、腸を激しく痛くされる。
腰や肩などの左半身が痛いのは就寝前からだったが、今度は下腹である。腹をこわし下痢でもしそうな感じであるが、何しろ痛みだ。そして、歌のリピート送信とキーンという音をさせている。眠いので、中々起きられずに再度眠ってしまうが、再び激しく腸を痛くされる。それを3度繰り返された所で、何とか起きられた。

恐らく脳の操作による眠り込みと、痛みによる覚醒の繰り返しをさせられたのだと思う。そして、トイレに行くと「疝痛(せんつう)、救急車を呼んだ時のことを思い出せ、もう一度入院させてやろうか」と脳内音声で脅迫された。「トイレの中に座りっきりにしてやろうか」とも言われた。

このようにして睡眠妨害を2年半も毎日繰り返している。

昨日は、仕事の合間に情報の整理をしたり、一部の被害者の方に情報提供をしたりしたので、外部に対する資料送付などは出来なかった。資料を送付した先に電話をするというのもある。しかも、新しい資料も発覚したりする。場合によっては再度、新しい資料を送付することもある。

しかし、日中には脳の操作により、無気力にさせたり眠くさせたりして広報する気にならない場合が多い。しかし、この痛みによる睡眠妨害のため、新たな広報をさせて頂きたいという強い気持ちになった。

実は、他の被害者との連携により海外への広報、新聞への広報も計画中だ。今、加害者の脅迫で思い出したが、この犯罪に使われている装置は「非殺傷兵器」ではなく、殺傷兵器らしい。それは「小出エリーナの本に書いてあっただろう」と声の送信をされて思い出した。

こうやって書いていると突然と「馬鹿馬鹿しい」と思ったりする。

私とほとんど同じ被害を受けている、というメールなどを頂いたりもする。このような被害を被っているのは、何も私だけではない。決して少なくもない。

9:45
朝方に痛みで起されたが、すぐに痛みはなくなっていた。
その後は問題なく寝られたが9時半ころに下世話な夢を見させて、私のことを非難し、広報活動がしにくいように仕向けられた。しかし、その夢は作り話であるので全く無意味である。

それよりも、広報をする時にいつも脳裏にあるのは「もっと酷い攻撃をされるかもしれない」という不安だけである。それは、今までの広報をすると拷問を受ける、などの実体験から生まれている恐怖である。

歌のリピート送信、声による嫌みは引き続き行われているが、音量は小さくなっている。キーンという音がやや大きく、軽い頭痛がしている。

15:12
また、日記の続きを書き始め、漢字の「変換」キーを押すと瞬時にブラウザが閉じてしまった。相変わらず音声送信による干渉と貶しが続いているが、先ほどから仕事で測定器の前で検査をしていると歌のリピート送信が始まり「お前はバカ」と連発され、目眩と意識障害を起こし落ち着きがなくなる。

何故か、舌に対する操作をされているようで口の中で呟かずにはいられなくなってしまった。よく行われる声の送信とともに自分の舌が一緒に動いて喋らされているような感覚になるものとは違い、自発的に喋りたくなるような感覚だ。

字を書いていても細部まで書ききれなく省略したような字になってしまう。精神状態の操作からそうなってしまうのだろう。

21:48
脳への攻撃は全く遠慮なく続けられている。
耐え難い怒りや激しい集中攻撃はないものの、今も身体が暑くてたまらない。咳をさせられたり、食事の時に唇を噛まされたりする。時間感覚の喪失や疲労感、倦怠感、目眩、眠気、呼吸困難、頭部締め付け間、お腹に空気が溜まる、筋肉の痛み、視力の不調など様々なことを遠慮なくされている。

それにも増して、声による脅迫の執拗さ

全く休む事無く、汚い言葉で貶しと脅迫を続けている。この根性は見上げたものである。よくそこまで汚い言葉だけを使い、人を徹底的に貶すことが出来るのだろうか。それと、なんでも脅迫に変えてしまう発想。

テクノロジーよりも、そちらの方が私にとっては信じられない。

24:03
相変わらず咳をさせられている。
日曜日に録音した音楽を聞いていた。極度に酷い演奏妨害を受けなかったので、まあまあの出来だった。しかし、本来の演奏とは程遠いものがある。なぜなら、記憶障害、意識障害を受け続けているし演奏中にも声の送信で邪魔をされるからだ。演奏前には自分がやる曲のメロディーを思い出せなくされてしまう。記憶操作もあるが、脳内音声で全く違う曲のメロディーを次から次へと送信してきたりする。それは、思考盗聴によって私が頭の中で曲のメロディーを思い出そうとしているのを盗み取っている証拠でもある。

とりあえず2曲、アップした。

話は変わるが、加害者の横暴とは関係なく、この犯罪に関する情報はしかるべき筋に少しずつ伝わっているようだ。早く、日本でもそう言った問題を取り上げる学者や研究者などが現れれると良いのだが。さて、どんな形にすれば解決に近づくのだろうか。

また「かわいそうに」という女の声を送信される。

なんて嫌らしい、醜い奴らなのだろうか。

寝る。

エンハンスメントという言葉

9:55

脳科学の本などを読むとエンハンスメントという言葉が出て来る。渋谷のハチ公前の交差点を歩いていた時の事だ。喫煙場所でタバコを一口吸うと激しい目眩がする。「吸えば、吸うほど、目眩をさせるぞ」と脳内音声で言われた。それでも全部吸った。まるで心臓の鼓動に合わせたかのように目眩がする。縦揺れの大きめの目眩で意識障害も同時にあったと思う。

しかし、そう言った被害はすべて無視して歩き出す。おびただしい数の人間があらゆる方向に歩いている。意識が薄れるような感じになり、思考能力も極度に低下する。その時に目に映っていた景色が不自然極まりなかった。とりあえず気になるのは人間の顔である。

すなわち、こちらに向かって歩いてくる人間全員が気になってしまう。どういう現象かと言えば、デジカメ写真のように視界のすべてに(遠くも近くも)ピントが合ってしまう感じだ。動くものに注意が向くというのは人間の自然現象であるが、それらも利用しているように思う。

遠隔からの脳の操作は恐ろしい。

脳神経の部位ごとにエンハンスメントをすれば、色々な精神操作が可能かと思われる。疲労感、痛み、痒み、などの自然現象と区別の付きにくい身体攻撃にも利用可能かと思われる。猜疑心や被害妄想などの人間なら誰でも持っている機能を著しく強調すればまるで精神病のようにも出来ると思う。また、その逆の遠隔操作も行われていると思う。記憶力の極度な低下、思い出せなくされる被害などは、その系列かと推測できる。

当然、テクノロジー犯罪は多岐にわたるし、私のような素人では想像も付かないような方法が取られているので単なる推測ではあるが。


被害日記

昨夜は派手な睡眠妨害は無く、朝7時半に目が覚め「ザマア見ろ」と声を聞かされたが、トイレに行った後にすぐ寝られた。だからその時間の日記は書いていない。しかし、今度は眠くて起きられないような被害に遭わされたような気がする。目覚ましが鳴ってもすぐに眠ってしまう。その時の脳の状態というか眠さは、おそらく今まで経験した事の無い眠さの感覚だと思う。

起床しようとすると足腰が異常にだるく疲れている。それは心当たりのある場所であるが常識では考えられないような疲労感である。声の送信では好き勝手に嫌みを放っている。脅迫もしている。日記を書き出すと目眩と思考異常が始まる。

12:53
今、日記を書き始めて漢字変換の為に「変換キー」を押した瞬間にブラウザがすべて瞬時に閉じてしまった。従っていつもの手順により、自分のブログを表示させ、管理者ページのリンクをクリックして、ID、パスワードなしでログインし最初から書き直している。

今日は病院へ行き、自分からお願いして測ってもらった脳波の結果を聞きに行った。結論は、全く正常で特に変わった所見は無いとのことだ。当然、脳波の計測中にも脳内音声は聞こえていた。この現象はMRIの検査の時と同じである。

内山さんの書籍「早すぎる?おはなし」が新聞で紹介されているようです。
記事
詳しくは下記をご参照ください。
バッカス&ミューズ

それからやっと手に入れた本があります。
「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」
小出エリーナ
この書籍は2003年に発行されていて、アマゾンなどでは一時、一万円以上の値段が付けられていました。今は二千円ちょっとになっていますので、被害者の方は是非購入して欲しいと思います。この本の著者の方も被害者のようで、やはり被害を受けなければ理解できないのかも知れません。

あとがきの抜粋であるが
「もし、知識がなければ、多くの被害者がそうであったように、恐怖とショックにぶちのめされただろう。知識があるというのは、マインドコントロールに打ち勝つ力を生む。」
「実弾は超ハイテクの不可視の照射で、音も無くあたかも空気のように周囲に満ちる。我々はとっくに標的として晒されているのだが、もとより人々は誰もそうは思っていない。のんびりと平穏な生活を満喫し、今日と同じような明日が永遠に続くと信じて疑わない。」
と書いてあった。

現在も音声送信は途切れず、耳が詰まったようになり、思考異常のままだ。

24:45
被害は継続している。
自由な生活の元となる精神の自由を奪われている訳である。
多少、軽度の被害のように感じているのは夜になり、歌のリピート送信が途切れたりするからだと思う。咳をさせられる被害も続いている。

本日、紹介させて頂いた本、「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」。「序章」と「あとがき」を読んだだけで驚いてしまった。まさに私達の訴えている被害である。

寝る。

加害者の脅迫は何一つ実現した事が無い

1:51
なぜ、こんな時間に日記の更新をするか、
連日の睡眠妨害の説明もいらない。

この犯罪は

世の中で最大の暴力

最大の人権侵害である。

その理由はそれらの行為が24時間365日、何年もの間途切れる事無く続けられている事を証明することが困難であり、事実であるにも関わらず、犯罪被害として取り扱われずに、それを必死に訴え始めてから10年以上経っても無視されているところにある。

突然、目が覚めると脅迫の言葉を脳内音声によって二つ、三つ強制的に聞かされる。それに対して理論的に反論しても加害者には全く通用しない。まず、加害者には自分達が精神への強制介入という重大な犯罪を犯しているという事に対する認識が切り捨てられている。その犯罪はプライバシーの侵害をはじめ憲法で保障されている人権をいくつも奪い取り続けているのみならず、世界人権宣言に対しても数多く違反している。

しかも暴力の種類が前代未聞であり、精神的な暴力としては究極の部類に属し、肉体的な暴力としても痕跡を残さずに行い続けるという最悪の状況となっている。

睡眠妨害は強制覚醒であるので再び寝付くことは不可能で、このように目覚めてから1分程度しか経っていないにも関わらず結構な速度で文章作成が出来る。

少なくとも24時間の脳内音声被害(身体攻撃も含む)を受けてから2年半経つが、その間に受けた脳内音声による脅迫は何一つ現実のものとはなっていない。例えば「お前を逮捕してやる」、「この日記で損害を被った人がいるので訴訟を起す」、「お前を殺す(遠隔操作ではない方法で)」などである。

しかし、遠隔操作による果てし無く激しい精神と肉体に対する暴力だけは脅迫よりも先に行われ続けている。逆にその場合はだまし討ち的に行われることの方が多い。

目覚めて起き上がる時には、激しい腰痛と後頭部に対する頭痛が発生し、咳込みの被害も受け、尚且つ風邪でも引いたかのように全身に熱が発生している。歌のリピート送信と目眩も起されている。

3:32
上記をアップした後に薬を飲んで寝ようとしたら、歌のリピート送信のボリュームを上げ、頭痛を激しくして、顔や陰部をひっきりなしに痒くさせ、この世のものとは思えないような罵声(全部根拠のないデタラメ)を早口で浴びせ続ける1時間。しかも、薬が効いて眠りそうになった瞬間を狙って脳を覚醒させるという手の込んだ攻撃をする。

「もっと強い薬を飲め」
「この世を羨め、憎め」
「精神病院へ入院させてやる」
「日記を消せ」
この言葉だけは毎日繰り返され本音だと感じている。

それはとても正気の沙汰ではない。加害者が精神異常者であることが明白になるような言葉である。キチガイそのものであり、殺意は確実である。

被害者の方一人、一人の広報が必要だと思う。
勇気を出して日本に潜伏しているテロリストを表に出そう。

4:24
その後も脳を強烈に覚醒させられ、歌のリピート送信と声による脅迫と全身の痒み攻撃のために全く眠ることが出来ない。睡眠導入剤を飲んでいても全く眠くならない。

下記はFC2にログイン妨害をされたのでアメブロに続きを書いたもののコピーである。アメブロにアップした後にFC2にログインできたので貼り付けておく。
http://ameblo.jp/nounaionsei/

この日記は「見えない敵との戦い(被害日記)」の続きである。
本日は睡眠妨害で全く寝させてもらえない。
脳内音声による「日記を消せ」の脅迫の連続だ。
加害者の脅迫にはすべてノーと答える。これが鉄則だ。

今回は、FC2にログインは出来たものの、ブログという所のボタンを押すと「アクセスが集中しています」と表示され日記の更新が出来ないので、こちらに続きを書いた。

脳内音声による歌のリピート送信と声による早口の語りかけ、身体に発生させられる痒みは全く途切れる事無く、2時間半続いている。睡眠導入剤を飲んでも、全く眠る事が出来ない、恐ろしい武器による遠隔操作による脳の覚醒だ。

殺人鬼とでも言うか、人を殺すのが仕事のようである。

本日はテクノロジー犯罪被害ネットワークの実行委員会がある。その後は趣味である音楽の練習があるので都内に出かけなければならず、3日連続で都内に出かけている。しかも連日の睡眠妨害により、心身ともにくたびれている。そこに漬け込む卑劣な加害者である。こんなバカどもが生きていては社会が迷惑である。被害者の数はテクノロジー犯罪被害ネットワークが確認しているだけで全国に600人。潜在的には数倍はいると思われる。

国家を破壊しかねないテロである。

どのような過程でここに至ったのかは下記を参照して頂きたい。
http://nozokizono.blog96.fc2.com/blog-entry-598.html

「殺してください」、「死にやがれ」と脳内音声で連発している。最近は広報の方面も変わり、この犯罪のことに興味をしめして下さる方を紹介して頂、そこに数件、資料を送付している。かなりの理解度であり、今後が楽しみである。

5:03
先ほどまで書かなかったが、瞑っている目に映像を次々に送信されていた。しかも、自動車が凄い速度で大量に走っている映像で、全く精神が落ち着かない。しかも、閉じた目蓋の中が明るくなっていて、それも覚醒の原因だと思う。歌のリピート送信も5時間以上止まらない。頭痛もはげしく、歯も痛い。

これがテクノロジー犯罪の恐ろしさだ。

「日記をやめれば許してやる」この床場だけでも5時間の間に100回は効かされているだろう。これだけの攻撃を食らうのであるから私の広報がどれほど加害者にとって困っているが良く判る。更に続けるつもりだ。

加害者は間違いなく人殺しだ。

12時に就寝して1時間ほどしか寝ていない。

本来であれば、脳を覚醒させられていなければ、睡眠導入剤を飲んだら、意識がもうろうとして、日記なんか書ける状態ではない。真っ直ぐに歩くことすら出来なくなる。それなのに意識はハッキリしていて、これから運動でも出来そうな感じである。

5:25
「本当は許してあげたいんだけどな、やっばりやめとくか」
「俺達は上の物の指示で動いているから出来ないんだよ」
というのを5時間り間に100回は繰り返している。
音楽のリピート送信は自動車の中で聞いていたフランク・シナトラの歌である。「煩かったら耳をふさげ」なんでアホな事を連発している。とにかく同じ言葉をなんども繰り返している。これは人工知能ではなく、人間がやっていることは確実である。

みんなで加害者が死滅する事を祈りましょう。

8:01
突然目が覚めると、また声で嫌みをいっている。
また、薬を飲んで寝るが、2時間くらいしか時間がない。

便所の落書き以下のバカどもが盛んに脅迫をしている。

10:11
目覚ましが鳴る、寸前に目が覚めた。
いつもそうなのだが、アバウトで設定した目覚ましの時間が何故加害者に判るのだろうか。酷い、疲労感と眠さである。今も、音楽のリピート送信と声による貶しを聞かせ、胃を痛くしている。この胃痛は全く不自然なもので被害であると確実に判る。こうやって書いている最中にも頭痛をさせたり、めまいをさせたりしてくる。これだから加害者を殺してやりい気持ちになる。しかし、被害者のほとんどは過激な精神を持った人間ではないので他人に危害を加えたりはしない。その証拠にそのような事件は起きていない。しかし、加害者が一番苦しむ死に方で死んで欲しいと思う気持ちは皆、同じだと思う。

それよりも、世論として電磁波犯罪、人間の遠隔操作、思考盗聴、脳内音声といった悪魔の兵器に対する認識を浸透させる必要がある。10時間の睡眠時間の間に実際に寝たのは4時間くらいで、薬を半分ずつ6回も飲んでいる。合計3錠だ。まさに病気を作り出す犯罪だ。

誰がターゲットになるか判らない

脳内の知的財産の盗み取り

病気の製造、自殺の誘発

そういう時代であり、それを知らなければ現代人と言わない

24:02
凄まじい日記である。
正直、帰宅後にパソコンのスイッチ入れ、被害日記の世界に入るのが嫌だった。当然、一日中脳内音声は聞こえていた、被害を受けていた。それでも、この凄まじい睡眠妨害の日記は嫌である。こんな生活、こんな日記、すき好んでやっているわけではない。寝たいのに寝させてもらえない。聞きたくもない脳内音声と遠隔操作による脳の覚醒。

3日間の睡眠妨害付き日帰りツアーが終わり明日から仕事だ。しかし、今夜も寝られるという保証はなく、ここ数年の間、まともな睡眠を得たことがないので睡眠妨害をされる可能性の方がかなり高い。

今も、目眩と記憶障害のような被害を受けている。
お腹に空気を溜められている。

音楽演奏に対する妨害行為も行われたが、酷い意識障害などを起されたりしなかったので助かった。

色々あるが長くなるので今日はやめにする。

24:26
などと、しみじみ、おとなしく日記を書いた後に、後頭部から首の付け根に圧迫感が起こり、糞の臭いがして、声の送信でボロクソに貶される。加害者とはそのようなバカどもである。論理、根拠は全くなく、果てし無く攻撃を続けるだけのテロリストだ。明日の広報が楽しみだ。

24日1:53
遅くなってしまったので、寝る。

逃げ隠れするものには常に不安が付き纏う

2:46
人類の歴史を塗り替えてしまう、神を欺く歴史的な犯罪者は必ず裁かれる。これほど大胆な殺人行為がまかり通るほど世の中は甘くない。

電磁波犯罪でどれほどの数の擬似的な病気が作れるだろうか。また、それに騙されてしまっている被害者、気が付いていても病気扱いを恐れて口に出せない被害者が沢山いる。

就寝と同時に酷い頭痛と腰痛、酷いノイズの送信を起され、全く寝られたものではない。連日の執拗な睡眠妨害。「3時になっても寝られなかったら警察を呼べ」、「かわいそうに」、「もう、許してやろう」、「許してもらいたければ日記を書け」、「多くの人がその日記を読んでいるぞ」、などと徹底的に脅迫をして来る。

これだから、徹底的に広報をしたくなる。

昨日会った被害者の方が言った。「貴方はこの被害に遭ってから神様にお願いをしなくなったんですか、僕は逆にどんな神様にでも機会があればお祈りをしますよ」、「人間の出来損ない、バカどもを地獄に落としてくださいと」なんて言っていた。私も見習おうと思う。

思考盗聴により神様への祈りや願いなども盗み取られてしまい、それさえも出来なくされてしまう。そんなバカなことはやめて素直に祈ればよい。「電磁波テロリストを地獄に落とせ、自滅させろ」と。もう、こうなると「祈りではなくて、呪いだね」なんて笑ってしまった。

今、バカ加害者が私を見習って呪ってやろうなんて貶しを入れた。

これでは命で償わなくてはならなくなると思う。

4:45
2時間寝ていないと思う。
突然目が覚めて、歌のリピート送信と、意味不明の言葉「・・・・を羨め」を送信された。とにかく歌のリピート送信とキーンというノイズは止まらない。

殺意があるのは確実。

被害者の話を聞いていると、身内が立て続けに亡くなっているケースが多い。私も身内に癌であっという間に亡くなられている。被害と進行しながらだ。さて、老人だから、認知症になったと確信して良いだろうか、老人だから喘息になったと確信できるだろうか、私の被害状況もアルツハイマーや認知症に似ている。

ここまでやるのだから、広報されるのが非常に困っているのだろう。ならばもっと広報しようと思う。

「もっと強い薬を飲め、そうすれば許してやる」

こんなのも最近は執拗に送信されている。

この凶悪犯罪は社会を撹乱する為のテロに他ならない。しかも、加害組織は何十年も前から、特定個人に対する人生の破壊を執拗に仕掛けてきている。そういった組織が日本に存在していることの証拠になる。来年に発売される「被害報告書籍」が楽しみである。私は「栃木県佐野市」というのを書かないつもりであったが、やはり「栃木県佐野市」において、この犯罪被害に遭っている事は明確にしたい。更に、書籍の原稿には書かなかった被害内容に付いても書籍発売後に、この日記で記そうと思う。

9:08
突然、目が覚めると「ザマア見ろ」と声の送信。
歌のリピート送信と頭痛がしている。

誰かドブゴミ、殺してくれませんか。

11:07
目覚めると共に電話が入ったので起床してしまった。
今日も、これから遠出をする用事があるので家を出る。
頭痛と記憶障害を起こされている。歌のリピート送信も目覚めた時から続いている。声による干渉も続いている。

21:39
長い一日とまでは言わないが帰宅したところだ。
正確に記すと朝は9時に覚醒させられたところ、偶然にも着信音の出ない携帯電話が机の上で光っているのを発見し、1時間ほど話をしてしまった。それから日記を書いたのが11時だった。

その電話の方と都内で待ち合わせをする為に午前中に家を出たが道路は混雑していた。とりあえず約束の時間には間に合った。

その後は子供を親戚の家に向かえに行く為に高速を飛ばす。帰りに高速のパーキングでラーメンを食べた時のことである。食べようとして箸を口に運ぶと咳が出る。それも毎回だ。最初は湯気が喉を刺激して咳が出ているのかと思ったが、麺を食べ終わる頃に「許してあげよう」と加害者が声の送信をすると咳がピタリと止まった。

ラーメンを食べるのに20回、箸を口に運ぶとすれば20回以上、咳をさせられた。だから息を吐きながら、或いは、鼻から息を吸いながら食べた。酷い話である。

その後、自動車の運転中にも「もう一度、咳をさせてやろうか」と声の送信をされ、咳をさせられた。最後には、「一晩中、咳をさせて寝られないようにしてやろうか」、「その時は救急車でも呼べ」と脅迫された。

もし、そんなことをされて救急車を呼んだり、電磁波犯罪による体調不良で病院へ行ったとしたら、

被害者に強制的に病気であることを認めさせていることになる。

頭痛、歯痛、咳、内臓系の不調で病院を訪れる被害者は多く、回数も多いし、市販の薬を服用する率も高いと思う。

では、精神科の医者に行く被害者の率はどうだろうか

よほど強力な被害を受け続けているか、被害と知らずに病院へ行ってしまうか、家族などに強く勧められて診察を受けるなどはあっても、電磁波犯罪の被害を確信している被害者が、自らの意思で精神科を訪れることは少ないと思う。睡眠妨害のために、眠り薬を処方してもらう程度だと思う。

だから

被害者に自ら病気であると認めさせる為の攻撃だと思う。

病院へ行かなければならないような大変な被害を受けさせられた被害者の方には恐縮だが、精神科でなければ医者を訪ねることはあっても、精神科の医者には行かない。しかし、病気であることを被害者に強制的に認めさせようとする傾向が強い。その辺りも含めて考える必要があると思った。

23:44
結局、本日も記憶障害、歌のリピート送信、声によるリアルタイムの干渉は全く途切れず、頭痛や目眩、痛み、ワイセツ被害などを頻繁に行われた。イライラ、ヒステリーなどのパニックのような精神状態にはされなかった。

思考の自由を奪い取る犯罪だ。

咳をさせられる被害が酷い。

寝る。

全部嘘だったと言えと脅迫される

3:15
突然、目が覚めたと思うと音楽のリピート送信を脳内音声で行っている。睡眠妨害を2年以上続けられているので、全く普通の生活が出来ず、薬を飲んで寝ている。それでも電磁波で脳を覚醒させられるので眠っていても目が覚める。薬が効いているので眠いが、それを上回る強烈な覚醒なので再び寝付く事はできない。

やっている事は人体実験とかデーターの採取というような高級な事ではなく、人間をメチャクチャに破壊して自殺・発狂に追い込むための攻撃である。眠らせるのも簡単、覚醒させるのも簡単、その両方の脳波を送りつけたりして繰るような事までする。

加害者は、ただの人格破綻者、テロリストである。

人を殺すことなんか何とも思わない無法者である。

そう言った異常者が武器を手にしてしまった訳だ。

「近所に睡眠妨害をされている証明の為に起きて日記を書け」と命令される。「今放送している曲は何だか判るか」と盛んに挑発してくる。しかし、それらをすべて無視しても脳を遠隔操作されるので強烈にイライラさせられ寝てはいられない。こうやって被害日記を書いていても脳内音声による「なぞり」を女の声で聞かされる。思考の「なぞり」読書の「なぞり」は良く知られた共通の被害だ。

他の被害者の方はこのままで良いと思っているのだろうか?

日本中をこの犯罪を知らせる資料で埋め尽くすくらいの事を被害者全員が行わなければ死人が増えるだけだと思う。最近の広報で知り合った方の話でも過去に被害を受けていた人が既に亡くなられているという話を2件連続で聞いた。テクノロジー犯罪被害ネットワークでも自殺をしている被害者や亡くなられた被害者を何名も確認している。

殺意のある犯罪を野放しにする訳には行かないでしょう。

6:38
その後、5時に目が覚めるが、時計だけ確認してすぐに眠れた。しかし、今度は突然の覚醒のために日記に被害報告をして置く。得意の目覚め際の脅迫も必ず行われている。

こういう拷問行為は国連に通報する必要があると思う。

11:29
その後は根性で寝て、8時に起され、10時に起され、11時に起床した。ボリュームは小さくなったが音声送信は歌のリピート送信も声による嫌みも行われている。

24:59
今日は午後から広報の為の資料を印刷したりしていた。
それ以前にはブログ閲覧を行っていたが、頭がボケて眠くなってしまい、無気力になってしまった。夕方は知り合いの方のボサノバボーカルのライブを聞きに行く予定があったので時間が限られている。もたもたしていると時間がなくなってしまうので気合を入れて資料作りを始めた。

結構、時間が掛かる物で2セット用意するのに2時間掛かってしまった。それを封筒に入れて郵便局まで行き発送した。その足で東京まで向かい約束の時間にピタリ到着。

歌は知っている曲もあり楽しめたが、やはり精神への介入があるので集中力は出なかった。心の中には沢山あるが、本日はこの程度にする。

22日2:03
ネットで他の被害者のブログを読んでいると、目眩と脳を締め付けられるように感じになり、思考能力が極度に低下し、不快感が著しくなる。

寝る。

恥も外聞もない脳内音声送信者

1:13
脳内音声の加害者が恥も外聞もなく、嘘の上塗りをしているのは良く知られている。愚かな物達、程度の低い、これ以上汚い言葉は聞いたこともなく、かつて出会ったこともなく、そのような物がこの世に存在していたことに驚くといった感じである。

嘘は平気で言う

同じ言葉を何度も繰り返す

間違いを指摘しても全く感知しない

私に向かって口汚い中傷を浴びせ続けているが、そのすべてが加害者そのものを表していて、そのままお返しすると丁度良い感じになる。しかも、演技ではなく、本当にそういう物達だと思う。

今、寝たと思ったら起された。

目覚めた直後に脅迫をするのも毎回行われる儀式のようになっている。恐らく、そうすることにより意識の奥深くに浸透すると信じているのだと思う。同じ言葉を何度も繰り返す方法も加害者の中では当たり前の手口となっているのだろう。

「許して欲しければ広報をしないでくれ」
「許して欲しければ日記を消してくれ」

これらの言葉が非常に多いので恐らく加害者は広報をされるのが一番困るのだと思う。もう、すでに私が考えた広報計画の発展した姿まで、加害者は想像してしまい、その事を心配しているようだ。

「あんまり強がらないでくれ」
「命を落としても知らないぞ」
「一度しかない人生を台無しにしてやるぞ」

という脅迫も常に行われる。

被害者の方がたには是非、どんな所でも構わないので、この犯罪の広報をして頂きたい。「キャロル・スミスの論文」、「テクノロジー犯罪被害ネットワークのチラシ」これだけで十分だ。また、そのチラシを新聞の折込に入れて配布した方もいるそうだ。

3:49
突然、目が覚めるが、眠いのに、覚醒している。
そして、同じパターンの脅迫をしている。
そのくらい、私に広報をされるのを嫌っているのだろう。

7:26
合成夢を見させられ、うなされて目が覚める。酷い疲労感と頭痛なのでもう一度寝る。「日記を消せ」と馬鹿のひとつ覚えのように言われるが、お断りする。

11:04
その後も薬を飲んで寝る。
そうでなければ音声送信が煩いので寝られない。
10時半頃に音楽のリピート送信と合成夢を見させられて目が覚める。その間にも恐らく熟睡ではなく何度か目が覚めていると思う。

目が覚めると「世間の目を甘くみるな、近所がお前の悪口を言っていぞ」、「会社でお前を待っている人がいるぞ」、「その内に会社の取引先にも嫌がられるぞ」など私の生活に関係している人の名前を挙げて嫌みを言う。そして、「それが嫌なら服従しろ」と言うのである。

それらに関して、私は考えてはいないし、気にもしていない。そんなことまで(世間体)まで気にする余裕はなく、やっと生活しているからだ。

しかし、世間体を実際きにしようと思えば、どんなに酷い攻撃をされても、そのことを誰にも言わないで、どんなに酷い睡眠妨害をされても朝起きて会社に行かなければならない。そんなことは絶対に出来ないし、無理をしても被害はなくならない。

被害を受けていると誰にでも言える環境を作ることが第一だと思う。

その為には徹底した広報が必要で多くの人がやらなければならないと思う。

17:16
仕事も忙しかったが、人を紹介して頂、郵便一通、メール一通の広報を完了させた。明日も郵送による広報が一件残っている。広報をしている最中にも声による嫌がらせがあったが無視をした。

メールを送信後に意識障害が強くなり、視力が衰え、肩が痛くなったので被害報告をしておく。それまでは頭がボケた感じは継続、音声送信も途切れないが、軽度の被害であった。今もそれほど耐え難い状況(たとえば昨夜)ではないが、恐ろしいものを感じる。

24:29
音声送信のボリュームは、かなり小さくなっているが、歌のリピート送信や声による干渉、キーンという音と右耳への圧迫感などが続いている。

加害者はあらゆる角度から、あらゆる方法で脅迫をしてくる。

頭の右上あたりに尖ったものを押し付けられたような痛みが発生したり、なくなったりしている。顔や目を痒くされるのも頻繁に行われる。

気管を刺激して咳を出させられるが、咳が出る一歩手前の刺激が喘息被害とでも言うのだろうか、不思議と言えば、不思議だ。確かに突然、息が苦しくなり、ひゅーひゅーと気管の音がする。確かに風邪を引いているような痰がからむ状態は自然現象としてあるが、被害と自然現象との違いはハッキリと明確に感じ取る事が出来る。

一日を通して軽度の被害であった。

寝る。

今世紀最大の犯罪者は電磁波テロリスト

5:31
これは、もう、説明する必要の全くないくらい明確に殺人以上の犯罪であり、被害者を生きていれば、生きているだけ、苦しまなければならないように、如何にして苦しめるかだけに焦点を絞った犯罪であり、精神病に仕立て上げるための社会情勢を作り上げた上での犯罪である。

しかも、自殺・発狂へと追い込む為に執拗に加害を続ける、全く休む事無く延々と行うわけであるから、その殺意と人を苦しめるための執念は常識では到底理解できない。にも関わらず、全国に被害者が600名も確認されている。

脳の遠隔操作、精神への介入の恐ろしさは、場合によっては自殺させるためのリモートコントロールをかければ被害者の意思に関係なく、突然自殺させることも可能だ。また、脳のリモートコントロールにより突然、他人を殺してしまったりすることも十分にありえる。

そして、それらを精神病だと断定させる工作までしている。これ以上罪の重い犯罪はないだろう。しかも、計画的に長期に渡って組織的に行わなければ犯罪の性格上不可能である。


被害日記

睡眠妨害で起され脅迫をされている。歌のリピート送信をちらつかせながら「許して欲しければ日記を書くな」、「広報するな」と言いながら、陰湿な語りかけを続け、再度眠りに就けないようにしている。

昨夜は就寝時にも集中的に攻撃をされ、驚いた事が1つある。

寝ようとすると女の声で「かわいそうに」を連呼しながら、私の呼吸に合わせて「無駄だま打たせてやれ」と繰り返しいてる。その内に「なぜか頭をぶつけたくなる」、「頭をぶつけたくなる」と声の送信をされた直後に本当に、頭をベッドの角に叩き付けたくてたまらなくなってしまった。

それは声の送信のせいではなく、そういうイメージというか衝動そのものを脳に送信されているのだと思う。普段でも極度に興奮させられ、物を破壊したい衝動が起きることがたまにあるが、それも同じだと思う。

人間の遠隔操作は非常に危険である。

そして、あまりにも強い自殺衝動が起きたので驚いて携帯電話にメモを残す為に起きてくると「ざまあみろ、睡眠妨害をしたぞ」、「一晩中、被害日記を書かせてやれ」などと、信じられないような醜い発想の声の送信を受ける。元々、声の送信とはそのように何でもかんでも徹底的に貶して、挑発してくるような言葉を根拠なく24時間浴びせ続けている。

とにかく、犯罪でも自殺でも脳の遠隔操作で本人の意思には関係なく行わせる事ができ、しかも、それが外部からの遠隔操作であることに本人が気づかないようにすることが可能だ。

こんな犯罪を野放しにしては絶対にいけない

6:08
上記アップ後に思考能力か低下して目眩がしてきた。

10:38
その後はすぐに寝たが10時に大きな音量で音楽の送信をされて目が覚める。するといつもと同じように声の送信で貶しが始まる。私のこと、すべてを貶してくる。

それを全部きいていたら

「早く、日記を削除して、全部嘘だったと言え」

という所に行くしかなくなってしまう。

だから、執拗に攻撃をしているが、この犯罪を広報されるのを嫌っているのが読み取れる。

11:58
また、漢字変換の時に「変換」キーを押すと同時に開いていたブラウザがすべて閉じてしまった。会社でひと仕事終え、国連に資料を探してもらうためにメールを発信したら「嫌がらせしてあげよう」と声の送信をされ、両方の耳が詰まったようになり、目眩と意識障害が起きてきている。

15:58
軽度の被害であるが、記憶障害のような状態が続き、小さな音量であるが音声送信も行われている。勿論、歌のリピート送信も行われている。そして、仕事で重要な部分になると「お前には無理、他の人に任せろ」なんて声の送信をして集中力と思考能力を極度に落とされる。外からは全く見えない部屋の中で一人で仕事をしていてもこんな感じにやられている。

キャロル・スミスさんの記事を見つけました。
思考盗聴に関しての記事です。
Intrusive Brain Reading Surveillance Technology: Hacking the Mind
機械翻訳でも多少は読めます。

18:41
夕食を済ませてテレビを見ているが、音声送信のボリュームはかなり小さく、場合によっては何を喋っているのか判らない時もある。しかし、執拗に音楽のリピート送信を続け、声の送信の出し入れを行っている。

出し入れとは、影響力を強くしたり弱くしたりのことで、ボリュームの大小もあるが、自分が喋っているような感覚になり一緒に呟かされそうになったり、意識障害を起させテレビの音声が聞こえているのに理解出来ない状態にされてしまう。それらを強めたり弱めたり盛んに行っている。

その間に静かに、かつ強烈にイライラする脳波を送りつけられ、無性に腹が立って暴れだしたくなってくる。これこそがこの装置の最大の武器であり、そのような脳波を送りつけられている実感は全くない。だから何も知らない人がやられれば、暴れだしてしまうのは当たり前だ。

通常は他の攻撃と混ぜ合わせているので、例えば声の送信や睡眠妨害のせいで腹を立て暴れたと勘違いしてしまうが、脳波のように精神状態をコントロールする信号を送り付けているだろう。

社会を見回せば理解不能の事件があると思う。

23:20
リラックスのためにサウナに行って来た。
行く時には車の運転をしていると、なんでこんなに慌しいのかと不思議に思ってしまった。ただ自動車を運転しているだけなのに、ものすごく忙しく、何かに追われているような大変な気持ちになってしまった。まるでパニックになってしまったかのようだった。

サウナに入っていても執拗に歌の部分リピートをしたり、声で嫌みを言われていた。帰りの車の中では広報計画を考えていると、声の送信で酷い脅迫の連続を聞かされた。そして、加害者は全くあり得ない嘘を平気で言う。たとえば目の前の信号が赤なのに青だと言い張るような感じで、見れば誰でも赤であることはすぐに判る。しかし、そのような嘘の連続を喋り続けるので、「なんでそこまでして」と思い加害者が哀れに思えてきた。

普段は酷い攻撃の中で声を聞かされているので不快・迷惑となり腹が立つのだが、時々そのように「何が悔しいのか」、「なぜそんな見え透いた嘘まで言うのか」と思ってしまう。

と、言うわけで毎日やっとやり過ごしている状況だ。

寝る。

追記、今やられたので思い出したが咳をさせられている。それは喉の辺りから気管の方まで、位置的には上から下まで自在に刺激できる。一日に50回以上は咳をさせられているように思う。

電磁波犯罪は愚民を製造できる

7:46
国民総愚民化計画。なんて言葉をどこかで聞いたことがある。余計な情報は与えずに、余計なことを考えさせずに、コントロールしやすくしてしまう。その傾向は実際にあるかと思う。事実が報道されないこと、報道の仕方により受け止め方が変わってしまうこと、テレビなどの番組が低俗であること、などから大衆マインドコントロールが始まり、社会の流行とともに人間の生活から変えてしまう。流行に乗らなければ流行遅れということになり、変人扱いともなる。また、流行以外のものが入手し難い状況もある。

大衆マインドコントロールは科学されていて違法性のある手法を使わなくても潜在意識に入り込むような研究までされている。それらはどうやったらものが売れるか、などの考えから発展している。

それとは全く違う世界では、特定個人を対象に脳に直接、無許可でアクセスして愚民化することが盛んに行われている。脳に直接アクセスするのは重大な犯罪そのものであることは間違いないのだが、その守備範囲は非常に広く簡単には説明出来ない。その理由は脳内で考えている事に直接アクセスできる事と、五感の誤感覚を起させること、脳の動きを制御できる為に幅広く人間の遠隔操作が出来るからだ。

バーチャルリアリティーという言葉があるが、この犯罪はそれそのものであり、加害側が送信を止めない限り延々と現実の感性と乖離させられてしまう。

それによる愚民化とは、情報を感じ取ることの遮断、嘘の情報を脳に入れる、記憶を消す、深く考えると言う事をさせない、などから始まり、程度の低い俗っぽい考えだけしか出来なくさせられてしまう。それも脳の操作により強制的にである。私は自分が程度の高い人間だと言っているのではなく、極度に程度の低いものを感じると言っているだけだ。


被害日記
7時に突然、目が覚めると「ざまあみろ」と憎たらしい声を聞かされる。そして音楽のリピート送信をBGMにして自分が考えてもいない事を次から次へと、あたかも自分の考えのように脳内に声情報として送り込んでくる。それは自分でも区別が付かないほどである。たとえそれが、自分の考えでないことに気が付いたとしても、言語として聞かされているので一旦はその事に神経が行ってしまい連想をしてしまう。それらをすべて否定していれば、当然、自分の時間を奪われ、自分本来の思考をする事はできない。

目が覚めてから30分の間に「かわいそうに」という女の声だけでも10数回も聞かされている。なぜか両方の肩が異常に疲れている。起きてくると両方の足も異常に疲れている。心当たりは全く無く、そう言った五感の操作をされていると思う。実際に筋肉が痙攣したりするので方法に関しては触れない。

とにかくキチガイの相手を強制的にさせられているような感じだ。

もうすでに目眩と記憶障害にさせられている。

目覚めた直後に擬似地震というのをやってくれた。ガタガタという物が揺れている音と横に大きく揺れる感覚を送信して頂いた。実は昨日から大きく上下する目眩感を体験していた。座る時に腰を落とすと必要以上に下に降りる感覚がしていた。

不自然極まりないのは判るが、エレベーターを降りた後、歩いていてもしばらく、そのような感覚が続いている被害者の方はいないだろうか。もし、そうだとすればテクノロジー犯罪である。回転性の目眩や熱中症には気を付けたい時期である。

16:14
軽度の被害が続いている。
はらわた煮えたぎるような被害ではなく、耐え難い苦痛でもないが、リアルタイム監視と声による干渉と記憶障害を起こされている。

TIMEという雑誌の1976年の記事です。
FOREIGN RELATIONS: The Microwave Furor

英語の記事は読めませんが、他にも右のリンクに2件追加しました。

16:33
上記アップと同時に意識障害が酷くなり放心状態のようになり、体が熱くて汗が出て、喘息被害が発生し咳が出る。

22:24
脳への攻撃は延々と続けられている。
「嫌なら、謝れ」
「嫌なら、日記を消せ」
という脅迫を続けている。

先ほどから日本の歴史に関する動画を見ていると歌のリピート送信が始まり、キーンという音が強くなり、喉を締め付けられる。目眩、意識障害も強くなっている。

それにしても、喉の被害、気管の被害、咳被害、これは確実に何かで締め付けのような攻撃をされているとしか思えない。また、お腹に空気を溜めるなども、通常では全く考えられない技術である。

こんな犯罪を野放しにしては困る。

歌のリピート送信をする時には、目眩を強くして、歌を送信されたことにより脳が嫌悪感を発生しているように見せかけている。ほんの瞬間だけ、クラッとするのが何回も繰り返されている。

「書けば、書くほど攻撃を強めるぞ」と脅迫をされている。

22:43
この殺意ある人権侵害の攻撃があまりに酷いので、今日は国連に電話をして「電磁波兵器がテロリストに使われる危険」にたいするセミナーがユネスコで行われたかの確認を取った。資料を送ってもらったが、最新のものはなかった。ユネスコは文部科学省である。結局、日本にはそれらを扱う期間がなく、外国に直接問い合わせなければ、誰も何もしてくれない。

本当に加害者には殺意がある。

いま現在、意識障害のために思考能力は通常の半分以下になっている。

右にリンクした英文の内容がかなり強力だと思うので、明日広報に使わせていただく。攻撃をされたら、広報で返させて頂く。今度は肝臓を痛くしている。右の耳が詰まったようになり音が聞こえ難い。極度に興奮させられ、物を破壊したい衝動に駆られる。この手口で何かの暴力犯罪を起させることは確実に出来る。更に、この装置は非殺傷兵器ではなく、人を殺せると思う。

24:52
延々と攻撃が続いている。
極度にイライラするのはなくなったが、ブログにログインすると急に喘息被害が始まる。本当に殺されてしまうのではないかと思う。

「お前がテレビやネットで政治関係を見る限り攻撃をしてやる」なんて脅迫をされた。それに耐えながら1時間ほどYouTubeを見ていた。

また見つけました。

「ハッキング ザ マインド」(キャロル・スミス)
http://www.worldproutassembly.org/archives/2007/12/hacking_the_min.html

なぜ日本には、このような研究や記事がないのだろうか。

寝る。

電磁波犯罪を何と捉えるか

10:17
この歴史的な精神への介入という犯罪、人間の遠隔操作という犯罪、しかも大胆にも犯罪被害であり加害者という人間の存在を強制的に知らせながら全国で行っている犯罪。24時間365日、全く休む事無く、何年でも延々と特定個人だけに執拗に攻撃を続ける犯罪。しかも、唯一の証人である被害者の口封じをする為に、精神病に仕立て上げたり、激しい攻撃を繰り返したりする。

そして、結果、何も知らない周囲の人達からは「変な人だ」という印象が定着してしまう。仕事も出来なくなるので職業を失ってしまう方がほとんどだ。

戦争被害、拉致被害、テロ被害、生体実験被害の類に入るのだろうか。すべてに当てはまりそうでもあり、当てはまらなそうでもある。


被害日記
就寝時も陰湿な語りかけを繰り返していたので寝られなく困った。しばらく無視していると寝てしまったようである。しかし、8時に起床しようと目覚ましをセットすると、6時半に全く愚かな夢を見させられて目が覚める。しかも、記憶障害を起されているので起きると同時に夢を忘れてしまう。

記憶障害と合成夢。両方とも加害者のやっていることである。だから、起きてトイレに行ったりしている時に夢の内容と現実をオーバーラップさせて不安にさせようと盛んに声の送信で現実に存在する人間の名前を挙げていた。しかし、こちらは夢の内容を忘れてしまっているので意味不明となる。

この中途半端な時間に起こされると、もう一度寝るには非常に問題がある。しかも、加害者はそこに着目してその時間に起している。「ざまあみろ」とは時計を見た瞬間の加害者の一言だ。従って私はそれに腹を立て、睡眠導入剤を飲んで目覚ましを止めて再度寝た。そして次に目が覚めたのが9時半だ。それも加害者が起したのだと思う。

7時から9時半までの間は全くもって寝たというレベルではなく、うなされていたという感じで音楽のリピート送信の為に何度も目が覚めた。最初はさっきの夢の解説を強制的に聞かされ、その一部をもう一度見せたりしていた。本当にイヤラシイと思う。起きると「会社に遅れろ」などとわめいていた。しかも、その根拠のない誹謗中傷と脅迫は目覚めてから30分くらいは集中的に投げかけられる。

それで、ここまで日記に書かれると、それに腹を立て、鼻を痒くしたり、目眩をさせたりする。これが毎日の繰り返しになる。

早く自滅してもらいたいと願っている。

13:43
午後の被害報告
何故か頭の中に膜が張っているような感覚になる。それほど酷く脳に対する攻撃をされているという感覚はないが、二つの大切な物を取りに別の場所に30秒ほど掛けて行くと一つを完全に忘れてしまう。もう一度、忘れた物を取りに行ったときには何も取らないで戻ろうとしてしまった。しかし、突然(加害者が思い出させたのだろう)思い出してそれを取って帰ってきた。

日常的に物忘れをさせられる事が多いので(忘れさせようと思えばいつでも出来るのだと思う)覚えていられるだろう、は通用しない。だからどんな事もメモに残すようにしている。

しかし、今やられた頭が空っぽになるような記憶の消去は恐ろしい。

19:57
相変わらずの被害状況ではあるが、加害者は異常とも思えるくらい負けず嫌いで、他人の思考を読んだり(過去に関係のあった人物など)、思考を盗み取ったフリをして有頂天になったりしている。

先ほどテレビでニュースを見ていると地名が出て来て、偶然にも小学校の時に知っていたらしい人物の名前を思いついた。それも、名前だけで苗字が判らない。思い出したこと事態、加害者が思い出したのかも知れない。そして、その瞬間から執拗に記憶の中をセンシングされているような、以前にも書いた記憶のロックのような状態にされ、違うことを考えても必ずそこに戻されてしまい、そのことを考えさせられてしまう。その間は執拗に過去の同級生などの名前を連呼してくる。

過去を思い出す為のキーワードを次から次へと脳内音声で送信してくる。そうすると、思い出す事の出来る範囲の記憶であれば、自然に想起させられてしまう。しかも、そうならざるを得ないような嘘発見器のような信号を脳に送りつけられているようにも感じる。

結局、残念ながら、その人物の苗字は全く思い出すには至らず、しかも、思い出したとしても何も私に不都合はない。

なのに、なぜ、そこまで執拗に他人の記憶を探りたがるのだろうか。変質者の類としか思えない。しかも、加害者は、ある程度の私に関する個人情報を、過去から現在に至るまで部分的に持っている(知っている)。その範囲内で「お前のことは何でも知ってるぞ」と言って精神への介入を続けている。

そんな所から考えて加害者が被害者と、どの程度の距離で、どのように接してきたか、などの推測も可能かも知れない。

21:00
上記アップ後に声で酷い脅迫をされ、胴体が厚くてたまらなくなり、意識障害を起されている。

そろそろ、新たな広報活動を考えたいと思う。

24:36
22時頃に被害者の方から電話があり話していると被害が弱くなった。国連やユニセフの話をしていた。国連が電磁波兵器がテロリストに渡ると困ると言ってユニセフがセミナーを開いたというような話題であった。下記の記事に関する話。

http://www.wired.com/dangerroom/2008/12/un-investigates

この記事はワイヤードの日本語記事「脳への電磁的攻撃禁止・・・・」からのリンクですが、機械翻訳に掛けても、かなり電磁波犯罪にせまっていることが判ります。そこに出て来る名前にも注意してもらいたいと思います。

風呂に入るとまた歌のリピート送信をしたりされた。

キーンというノイズが煩い、痒い。

寝る。

犯罪を隠蔽すると言う考え方

1:49
犯罪者が犯罪を隠蔽したがるのは通常の考え方だと思う。特にこれだけ重大な電磁波テロであるから、人類の歴史を塗り替えてしまうような犯罪であるから、犯人は出来れば捕まりたくないと思っているだろう。しかも集団で計画的に長期に渡り日本に置いて破壊活動を続けている組織である。

人を殺して「私がやりました」とその場から逃げない犯人の方が珍しいだろう。普通は誰にも判らないように犯罪を犯す。あまりにも大胆不敵に無差別に被害者を増やしているので自信があるのかと思ってしまうが、やはり加害者は逃げながらやっている。卑怯・薄汚いという言葉はそいつらのためにあると思いたい。

日記の内容にもリアルタイムで貶しを入れる。何がそんなに悔しいのかと、問いたい所である。

私も被害報告書籍の共著に参加しているが、テクノロジー被害とは知らずに警察に相談した事、セキュリティーが誤動作をするので110番をしたこと、住居侵入の疑いで警察を呼んだこと、などを書くのを忘れてしまったので追加したいと思っている。

上記を書くと女の声でパトカーのサイレンの声真似をして「佐野市の恥かき男、警察を呼んで」なんてほざいている。便所の落書きよりも程度の低い無責任な奴らである。

被害日記

就寝時から執拗に音声送信をして眠らせない。
そして、喘息被害というのがあり、喉や気管に刺激を起し息苦しくさせる。咳を発生させたりもする。昨夜も大変だった。今日もやられている。身体を痒くさせるのも毎日の事だ。

今夜は脳内音声の送信で私に嫌みを浴びせ、それで私が興奮して眠れなくなったように見せかけている。しかし、それは脳を覚醒させたり、目に映像を送信したりして覚醒させているだけである。そんな手口を見抜いてしまうと加害者は「見抜かれたぞ」なんて平然と言う。

子供や歳を取った親を脅迫の材料に使うのも得意技である。

5:55
突然、目が覚めると音楽のリピート送信をしている。
そして、声の送信で脅迫をする。キーンという音も激しい。

生きたまま、苦しめ続ける電磁波テロリストを誰か息の根を止めてください。全国に被害者がいて、毎日24時間苦しめられています。被害者であると言うことも出来ないで苦しんでいる方も大勢います。

9:30
突然目が覚めると脳が覚醒している。
大変な眠さと疲労感があるが、次から次へと色々な事柄が想起させられてくるので再度寝る雰囲気ではない。すべて声の送信やイメージの送信により挿入されている。しかも、強烈にイライラさせられている。音楽のリピート送信とキーンという音がしている。

最近の音声送信には方向性はなく、音量もちいさく、脳内に直接聞える感じになっている。

また、得意の台詞で脅迫されました。

「創価学会に嫌われるぞ」
「創価学会がお前の命を狙うぞ」

だそうです。

私には意味が判りません。

暴力団、公安、警察、なんてのも登場させてお前を殺す、という脅迫は毎日のように行われています。

21:40
今日は、午後から墓参りに行き、子供を連れ親戚の家まで行ってきた。距離にして片道150キロほどあるので先ほど帰宅した所だ。天気も良く絶好のドライブ日和だった。空を見ると低い雲がなくなったあとには高い位置に秋を思わせるようなうろこ雲が見えた。

体感被害としては軽度の一日であった。

しかし、テレパシー通信状態は常に保たれているので、目で見たものなどにリアルタイムで干渉され続け、歌のリピート送信もされていた。軽度と表現した理由は頭痛や目眩、激しい記憶障害などを感じなかったからだ。道路もそれほど混雑はしていなく快適であった。

帰宅してテレビを付けると偶然、靖国神社にて田母神氏の講演をやっていた。果たして、それが加害者に取ってどんな意味があるのか判らないが、講演の内容や番組の内容を利用し、私に対して貶しや脅迫をしてくる。それも執拗に。

その内に身体が熱くてたまらなくなり、汗が出て来た。冷房を入れ、温度計では28度以下になっている。そしてブログにログインすると、こんどは急に足元から冷えてきてクシャミが出る始末だ。

本当に悪い奴らだと思う。

23:03
上記アップ後に激しい攻撃を食らう。
激しい記憶障害と意識障害
キーンというノイズと歌のリピート送信
息を吐いたまま吸えなくなるような呼吸困難
目眩と吐き気
イライラする精神状態
喘息被害

声の送信はデタラメでただ喋っていれば良いと言った感じで相変わらず便所の落書き以下だ。

しかし

「無駄な抵抗をやめろ」
「また新たな人権侵害に遭わせるぞ」

という脅迫をされた。

攻撃と脅迫を毎日繰り返している。
それに耐え続けても奪い取られたものを取り返すことは不可能であり、被害に遭っている期間が長くなれば、それだけでも攻撃をし続けた意味があるのだと思う。

私と同じような被害を受けています、という方は決して少なくない。

23:48
連休も終わり、明日から仕事である。

被害は継続している。

寝る。

追記。

また無意識でメールにログインしようとしたら、ブログのログインパスワードを打たされてしまった。毎回、よほど注意をしていないと一日に何回でも騙されてしまう。しかも、その時には音声送信をされていると言う意識がないのが恐ろしい。

ついでに

人間の遠隔操作とは、パソコンの詐欺行為に例えて考えると、ウェブスプーフィングというページ単位の成りすまし改竄詐欺よりも、ウェブスプーフィングというネットに接続した時点から詐欺が始まる行為と同じと考えても差し支えないかも知れない。

そのくらい執拗に意識の中に入り込み、正常な判断の出来ないような脳の状態にした上で、偽の情報を送り付けている。

神の存在を否定しかねない精神への介入

11:35
この犯罪被害に遭い続けていると神の存在を信じなくなる傾向は無いだろうか。お墓の前で祈りを捧げている時も、それを盗み取り、茶化す声が聞こえたりする。人間の精神活動の重要な部分は心の中は誰にも覗かれる事がないという大前提の元に成り立っている。しかも、あらゆる病気の症状まで作り出せるとなると大変なことになる。更に、その技術に関しては謎のままなので到底信じられないという人がいる。

私は無宗教なのだが、子供の頃から何かあると神様にお願いをしたりした。しかし、この犯罪被害に遭うとそれさえも出来なくなってしまう。神秘的な世界、誰にも触れることの出来なかった世界に土足で侵入しているようなものである。

そして加害者は言う

「神の存在を思い知れ」、「神に逆らうのか」

これでは少し悪乗りしすぎていないだろうか。


被害日記

朝は7時頃に目が覚め、もう一度寝て10時頃に起床する。音楽のリピート送信はゆっくりとしたテンポで「ミスティー」という曲を流している。声の送信では考えた事に干渉をしたり、単発の嫌みを送信してくる。加害者は愚かであり、思考の結果ではなく、途中を盗み取っては貶してくる。

日記を書き出すと目眩と記憶障害が強くなって来た。

16:52
13時過ぎに昼食を摂った後に、なぜか異常な眠気と疲労感に襲われ起きていられなくなる。仕方ないので椅子に横になり寝ようとすると、心臓が苦しくなる。それは呼吸と心臓の動きが一致していないような異質な感じたった。それを無視して寝ると今度は鼻を痒くされる。そして盛んに話しかけて来る。

用事があったので起きて用を済ませる。その後、被害者の方にメールを出していると記憶障害が激しくなってくる。頭が締め付けられるような感覚無しに記憶異常にされてしまった。

左右の目が入れ違ったような被害について

度数の合っていないメガネを掛けたような変な感じになる被害の話を何人かの被害者に聞いた。私も同じ事をやられることがある。昨日は駅の構内や人が大勢いる所でやられたので大変だった。その時に「うんと挙動不審にしてやれ」なんて声の送信も伴う。

その目の具合だが、どちらかの目の視力を低下させているとも考えられるが、どちらかの目の神経を極度に増幅・強調して知覚させられているような気がしてならない。

21:13
歌のリピート送信と記憶障害が続いている。
目眩などの細かい被害も執拗にその都度行われている。

楽器の練習をしてきたが、やはりいつもと同じように執拗に練習フレーズに合わせた声の送信や、身体を不自由にさせたり、記憶障害で上手く練習できないようにさせて声で貶しを入れるなどをされた。

夕食の後も執拗に攻撃されテレビを見ていても送信される音声の方が影響力が強いので、何を見ているのか分からなくされている。

21:56
脳内音声による執拗な攻撃が続いているが、脳の操作について感じたことがある。やはり、想像力を極度に低下させられているようだ。脳内音声を無視してテレビに集中しているが、その映像を見ても、音声を聞いても、何も感じなくなってしまう。

通常であれば、テレビの画面を見れば、そこから何かを感じ取れるはずである。人の顔を見れば「どんな人なんだろう」、景色をみれば「綺麗だな」、などの印象を受けたり想像の世界がそこから発展していくはずである。それが全くなくなってしまっている。

そして、擬似的に作られた印象や感想を加害者に送りつけられていれば、それを日常的に行われていれば、被害を受けている期間が長ければ、長いほど、現実との乖離、洗脳効果は高くなると思う。

想像力・イマジネーションは多分、過去の記憶との照らし合わせにより発展すると思われるので、やはり脳の記憶部位に対する強力な操作が行われているのだろう。

それは短期記憶だけではなく他の記憶領域にもアクセスできないような脳の操作が行われているようだ。

23:59
テレビで靖国神社の一日を放送していた。
加害者はそれが嫌なのかどうか知らないが執拗に嫌がらせをして来る。音声送信の他に、寒くて喉が痛くなり、咳が出て鼻水が出たかと思うと、暑くて汗がにじみ出てくる。頭痛もさせられている。

体温を変えてしまう手口を寝ている時に使えば本当に風邪を引かせることも出来るだろう。

24:40
風呂から出ると何故か理由もなく鼻血が出ていた。
他の被害ブログを読んでいると加害者が脳内音声で「なぞり」を入れてくるので、わざと漢字を間違って読んであげたりする。しかし、次の瞬間に本当の読みが思い出せなくなっていたりする。すると加害者は「我々よりも漢字が読めないぞ、あいつは、バカ」と毎日決まったような言葉を送り付けてくる。

その担当によって得意なフレーズがあるのだろう。

寝る。

加害者の挑戦に受けて立とう

2:28
この時間であるから寝てから何時間で起されたか説明もしたくない。本日はある方の紹介で、この犯罪に関する資料を一式、持っていく約束になっている。その為に数日前から盛んに脅迫と攻撃を繰り返している。

加害者は私に日記を書かせている

加害者は私に広報をさせている

なぜなら、加害行為を続ける限り広報と日記はやめないと何度も加害者に言っているし、今までもかなり酷い攻撃を受けながらも確実に広報をさせて頂いている。日記も休んだことはない。それを知っていて、ここまでやるのなら、その加害者の希望をかなえて、出来るだけ多くの人に資料を送ってあげよう。必要なら説明もしてあげよう。

さて、加害者はどのような挑戦をしているか

「世間に対する挑戦」

である。

私が、伝える役目をしようと思う。

さて、被害者どうしで集まる場合でもそれを妨害してくる加害者である。本日、その方と約束の時間に会えるかどうか気になるところである。

8:36
その後も3度は起されたが、完全に覚醒させられていなかったので声による嫌みを無視して眠ることが出来た。しかし、最後は8時に覚醒したので睡眠時間7時間という事で起床した。しかし、久しぶりに体感させて頂く不快な睡眠であった。寝た気がしない、何かにうなされていたような、そんな感じの睡眠は自然現象でもあると思う。被害者の方は過去を振り返ってもらいたい、理由も無くそのような不快な睡眠を経験していないだろうか。

とにかく寝ている間はずっと、矛盾した理屈を押し付けてきていた。「広報するな」、「日記を書くな」、「酷い目に遭うぞ」の繰り返しだ。それらには、しばしば人の名前が利用される。私の言動(思考も含む)により、その人との間に問題が生じるという話である。人というのは家族に始まり、被害者仲間、全く関係ない暴力団まで登場する。「仕事が無くなるぞ」なんて言うのは日常的に言われている。

矛盾というのは

被害者である事を強要させた上でそれを口にするな

ということである

そして、その為に酷い攻撃を実際に受けさせたり、人生のあらゆる場面を台無しにし続け、「逆らうな」と言い続けてくる。しかも、本気で攻撃をしたらすぐに発狂してしまうだろう事は、私にも容易に想像がつき、その恐怖との戦い強いられる訳である。黙っていても被害が無くならないのは良く知られている。

起床後はタバコを吸っていると頭痛と腰痛がしてくる。酷い疲労感もあり、椅子から立ち上がってコーヒーを入れに行くのも苦労する。顔を洗っている時も延々と、そういう内容の声を聞かせてくる。そして、「広報するな」という命令に「お断りだ」と返した瞬間に右耳がキーンという音を立て良く聞こえなくなっている。

15日1:07
先ほど帰宅したことろだ。
自分の書いた日記を読み返してみると凄まじいので驚いた。
しかし、そう言う気持ちにさせられているという事になる。

今日は午後から出掛け、待ち合わせ通りに約束した方と会い話しをした。その後は、同行して頂いた被害者の方と飲食をした。他の被害者の方も来ていたので少人数ではあるが、話が盛り上がり結局帰りが遅くなってしまった。

1:42
被害は継続している。

寝る。

非殺傷兵器という言葉の意味

10:53

非殺傷兵器という言葉の意味を詳しく調べたわけではないが、戦闘の時に使うあらゆるものとなり、武器という意味にもなる。武器というのは相手を攻撃する為のものとも言える。たとえばスタンガンを非殺傷兵器と考える。一撃で相手は痺れて動けなくなるらしいが、それを執拗に繰り返して使用していたら、相手は死んでしまうかも知れない。

近年、電磁波兵器という言葉を耳にする事が多くなったが、人間に向けるものであればマイクロ波のようなもので、その範囲にいるすべての人間が対象となるものであるが、浴びせられると熱くて動けなくなってしまうらしい、しかも気が付いた時にはもう遅い。電子機器に対しては、やはり電磁波爆弾のようなものがあり、それが破裂すると周囲の電子機器が誤動作をしてしまうらしい。

我々が被害を受けている装置に関しても非殺傷兵器の部類に入ると思われるが、それを悪意の下に執拗に使っていれば殺傷と同じ意味にならないだろうか。後遺症というのがあるように生涯忘れることの出来ない心の傷を負わせれば殺してはいないでは済まない。

すでに、テクノロジー犯罪と言われる精神への介入の被害者は生涯取り戻すことの出来ない、現実面での損害(時間とお金)と精神面での多大な傷(恐怖心やその間の屈辱)を負わされている。しかも、攻撃は24時間365日休む事無く何年も執拗に続けられている。脳の状態や身体の状態に全く問題がないなどと言えるだろうか。

それと、苦痛に耐えられなくなり自殺してしまった被害者がいることから、我々被害者はそれに耐えて生き続けている、という意味にもなり加害者に殺意があること、非殺傷兵器であっても人を死に至らしめる事が出来るということにならないだろうか。

被害日記

昨夜は就寝は1時頃だったと思うが、何故か朝5時頃に目が覚める。トイレに行くと「笑い者にされるから広報活動をやめな」と声の送信で言われる。それに対してお断りすると急にキーンという音が発生する。

その後もう一度寝て10時頃に目が覚めると音楽のリピート送信とともに声による語りかけが始まる。内容は忘れてしまったが、何かのキーワードを聞かせては、私に何かを連想させようとしていたみたいだ。起きてきてタバコを吸っていると頭痛がしている。何故か全身に疲労感があり、足腰の筋肉が痛い。すべて遠隔操作による擬似的な痛みだと思う。

日記を書き出すと目眩が発生した。「困った親方だ」なんて加害者が言っている。こちらは毎日「困ったテロリストだ」と思っているのだが。

12:35
雑用を片付けて音楽を聞きながら一休みしている。
今日は朝から気管支がいがらっぽくて咳が出る。これも被害であり、咳、クシャミなどは得意技である。音楽に対しては執拗に嫌がらせをされる。

記憶障害にさせながら陰湿な嫌みを単発で聞かせてくる。しかも、何故か強烈に腹が立ち、暴れだしたくなる衝動に駆られ、例えばコップを叩き付けるイメージや足で物を蹴るイメージが頭の中に浮かんで来る。

それに騙されると自分の発想だと思い暴れてしまうのだろう。

頭痛もさせられ、全身が低周波で振動しているように感じる。これだけ執拗に攻撃を続けるのであれば殺意がないとは言えないだろう。

15:36
広報用の資料を揃えたところだ。
替え歌で「君はバカ」とリピートしている。
そして、記憶障害の為に思考能力が極度に低下している。それよりも、なによりも、今にも大きな声を出して暴れ出したくなるような気持ちにさせられている。これが世にも恐ろしい脳の操作である。

24:12
夕方から夜に掛けても用事があったので、被害を無視しながら何とかやり過ごした。どの被害者も同じだと思うが、1秒たりとも被害が途切れることなく続けられるのが特徴でもある。ある被害者の日記にも書いてあったが、加害者は暑いとか寒いとか、お腹が空いたなど、自分達のことに関しては全く言葉にはしない。

気管がいがらっぽくて咳が出やすい感じはずっと続いている。それを不自然に強くされて無理やり咳を出させられるので確実に被害と判る。さっきまでは、ひゃっくりが30分ほど止まらなかった。しかし、無視をして風呂に入り歯を磨いていると「ひゃっくりを止めてあげよう、その代わりに頭痛をさせてあげよう」なんて声の送信をされたらひゃっくりが止まってしまった。

記憶障害を起させ、脳内音声を途切れる事無く聞かせ続け、考えると言う事をさせない。こんな被害が2年続いていたら、その損害の度合い、罪の重さは計り知れない。

とにかく、加害者の砦は「そんなのある訳がない、精神病だ」だけだ。

寝る。

人類の敵を許してはいけない

9:39
核兵器廃絶や人権問題がよくニュースになるこの頃である。
しかし、新しい兵器や、それらによる新たな人権侵害も大変重要なテーマであり実際に被害者がいるので認識する必要があるのではないか。

社会的にはテレビ・新聞でよく取り上げられる問題や大多数の人々の日常生活に直接関わっている問題が重視されるのは当然かと思われるが、電磁波兵器というか人間の遠隔操作をする装置(兵器)が無実の一般人に無差別と思われるようなやり方で向けられている事について知る必要があると思う。それらは生体実験とも考えられるし自殺・発狂へと導くテロ行為とも受け止められる。

思考盗聴は確実に行われていて、外部からの思考の挿入や意識への介入は実にスムーズに本人に気が付かないように実行することが可能だ。

それらの技術を使えば人間が自然現象として無意識に行っている事さえも悪意の下に作り出すことが出来る。例えば、驚いたとき(心を見抜かれた時など)心臓がドキッとするような状態、恥ずかしい時に顔が赤らんでしまうような状態、苛められているような惨めな気持ち、何かを見聞したときにそれを否定、若しくは肯定したくなるような気持ち、瞬間的にキレるという現象など様々な精神状態を肉体的な現象とともに作り出すなどの細かい操作も可能であり実際に行われている。

果たしてそれらの遠隔操作技術で、その人間が持って生まれた性分まで変えてしまう事が出来るだろうか。それについてはまたの機会にしたいと思う。

被害日記

今持って私は、このような日記を好きで書いているのではない。本来の自然な生活を無理やり奪い取られ続けているから日記を書いたり、広報活動をしているたけである。今日は朝8時半に目が覚め、次第に声による介入が始まり、歌のリピート送信も行われている。音声のボリュームは小さく、その他の攻撃も弱いが行われている。途中、電話が二度あったのでアップするのが送れた。

13:01
全体にパワーを落とした被害が継続している。
日記を書こうとすると「やっぱり許してあげるよ」なんて加害者は言う。それまでは嘘の上塗りで八方塞のように思わせる為の声の送信を執拗に行っていたにも関わらずだ。

右耳が詰まったような感覚、キーンという音、目眩、記憶障害、倦怠感などがあり物事に集中できない。この集中が出来ない(深く物を考えることが出来ない)状態は音声送信がなくても脳の操作として行えるはずだ。

「被害が軽くなる方法を教えてやるよ、その日記を削除することだ」なんて脅迫をしてくる。私は被害がなければ日記は書かないと何度言っても分からないらしい。

17:54
先ほどまで家の前で外仕事をしていたが、歌のリピート送信は無く、声により引っ切り無しに語りかけられていた。著しい攻撃は無かったが、匂いを感じる事が出来なくなっていて、他の腐敗臭が時々したりしていた。脳に対する攻撃はパワーが弱くても、頭がスッキリしない、クリアーでない感じ、記憶力が落ちるなどの状態は続いている。

今、日記の続きを書き出すと頭痛と目眩がしてキーンという音が強くなっている。

24:06
夜はテレビを見ながら雑誌を読んだり、考えたりする事をしていた。しかし、目眩と記憶障害を起されるので大変だった。途中で「もっと目眩をさせてやれ」なんて声の送信も伴っていた。すべて無視をしてやり通すわけだが、それが競争相手のいる試験であれば間違いなく落第である。

一時は鼓膜が詰まったようになり、ノイズも激しいのでテレビの音が聞き辛くなっていた。脳への攻撃で放心状態のようにすると音が耳に入っても素通りしてしまうので、それも行われていたと思う。

風呂に入る時には耳が静かで近所に人が住んでいるという雰囲気を感じた。しかし、そう感じるとすぐに「耳を鳴らしてやれ」なんて声の送信をされ、また自然環境から乖離させられる。

そのように加害者は説明をしながら加害を行っている。

変わった人に仕立て上げられてしまうのだろう。

寝る。

統合失調症の診断書

9:34
最近なぜか携帯電話から「バッカス&ミューズ」という被害ブログにアクセス出来なくなってしまった。原因は不明である。そのブログの作者は擬似精神病とも言える犯罪被害に対して断固として広報する姿勢を貫き、自身の被害報告書籍と新聞という媒体を利用している。しかも、それが被害者の使命であるとも言っている。

ところで、この精神や肉体への遠隔操作技術とでも言うのか、被害者ではないが、その事に関して理解してくださる方の名言がある。「統合失調症の診断書なら私でも貰えますよ」ということらしい。私は実際に診断書を書いてもらった方のことを知らないので何とも言えないが、「四六時中、自分を監視している人の声が聞こえます」、「絶対に病気ではありません」などと言い張れば、そのような診断が下され、何かの理由で診断書を書いてくださいと頼めば書いて頂けるのだろう。

それに関しては右側のリンク「精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について」という論文の最初の部分に触れられている。我々のような精神侵略技術の被害者を病気だと決め付けてしまう事に関しても触れられている。この犯罪は精神医療の分野にも酷い迷惑を掛けていると言うことになるのだろうか。

被害日記

昨夜はすぐに眠れたが朝5時過ぎに目が覚め、酷く眠くて起きられないが尿意が強いのでなんとか起き上がりトイレに行きすぐに寝る。しかし、脳内音声では盛んに「その日記を削除しろ」、「日記を書かなければ終わりにしてあげるよ」と言っていた。その後は12時過ぎまで寝ている夢を見させられ、早く起きなければ、なんて思って時計を見ると8時半であった。「ざまあみろ」と声の送信をされた。しかし、用事もあるのでそのまま起床する。

日記を書こうとすると「日記を書くのをやめれば許してやるよ」なんて言っているが、声が聞こえているという事は被害を受けているという事なので、被害報告の日記を書かざるを得ない。

17:27
被害が途切れる事は全くないが、今日は比較的軽い方であったので特に被害報告をする積もりは無かったが、パソコンで音楽を聞く為に電源を入れたがパソコンが起動しないでフリーズしてしまう。確か3回くらい止まってしまったと思う。そこでネットワークケーブルを抜いてから電源を入れると起動した。そこに原因があると特定するのではなく、おまじないのようなものである。

ついでに今日の状態は声は途切れる事はなく、歌のリピートはあまり感じない。しかし、キーンという音と鼓膜の圧迫感のようなものを感じる。それと、軽い記憶障害のような頭の芯がスッキリしない感じだ。その他の身体攻撃も多少は受けている。

しかし、声の送信の内容は、何をイライラしているのか、何に腹を立てているのか、不思議に思うくらい嫌み、悪口、脅迫、しかもワンパターンで加害者もそれを気にしているようである。これを書き出したとたんにキーンという音と鼓膜の圧迫感が強くなった。

24:57
今日はプロパンガスが無くなってしまったのでサウナに行った。
それ以前も左半身が痛かったが車に乗って動き始めると、すぐに歌のリピート送信を始めイライラする脳波か何かを送り付けられる。

呼吸を乱される被害も確認できた。

その後も両方の耳が詰まったようになり、キーンという音を激しく送信された。頭痛もさせられていた。左半身の痛みというのは、左のこめかみの頭痛に始まり、首の筋肉、肩、腰、ふくらはぎ、足首などが筋肉痛というよりは腱鞘炎のように常時痛みが継続する被害である。筋肉の痛み被害は、特定の動きをした時だけ痛むようにも出来る。更に、神経の増幅のように身に覚えのある部位が異常に疲れたり、痛くなったりもする。

今は非常に眠くされているのでこれ以上は書けない。

記憶障害も起されている。

声による脅迫も酷い。

寝る。

非公開の科学技術は精神への介入を可能にした

18:29
今日は朝から忙しく日記の更新が遅れた。
旅行が終わり、新潟県魚沼郡より雨の中オートバイで帰宅し、食事と買い物をして来たところだ。

今日は朝8時半に目覚ましで起床すると同時に頭痛を発生させられ、今も続いている。この歴史的な人権侵害には全く関係のない人達との旅行であったので正直大変だった。周囲にいる人達は何一つ不自由なく、考えたり行動をしたりている。その中に私1人で入り数日間、行動を共にしていると、絶対にあってはならない、という考えが強く働いてくる。普段は、拒否しようとすれば、するほど苦痛になるので精神への介入などに甘んじている。それは、それを、されていても困らない範囲で生活をするしか方法がないからだ。しかし、今回はそういう訳には行かず、被害を受けていない人達と対等にやり合わなければならない条件下での旅行だった。しかし、何とか持ちこたえて帰宅する事ができた。

被害報告であるが、頭痛はされっぱなしで、やや放心状態に近いような目が遠くを見ているような状態になりながらの運転であった。運転中には激しい攻撃には遭わなかったが、音声送信は実況解説のように続けられていた。

キーンという音も送信されていたが、同行者が途中でガソリンスタンドに寄った時に私独りで待っていると、キーンという音が物凄く強くなり、目の前に居る人と話が出来ないくらいにされた。それと加害者は執拗に状況監視を続け知人と話をする瞬間を狙って目眩をさせたりした。

帰宅後に食事に行った時に携帯から政治ブログを読もうとすると強烈な目眩と嫌悪感と記憶障害が発生し、声では口汚い中傷を送信された。その後買い物を済ませ帰宅した。

新たな被害

音声送信では、実際に目の前で発生している音を消したり、別の音色に変えて聞かせたりすることが出来るようです。ライブ演奏を目の前で聴いているときに、ピアノの音がフルートの音に聞こえた。その内容は、ピアノのアタック音を消し、音色をフルートの音にして聞かるという方法でよく聞くとピアノの音も聞こえていたように感じる。目の前で見ているので聞えて来るフレーズはピアノそのものでピアノから出ている音に何かを被せていたと思われる。フルートとピアノが同時に音を出しているのではなく、別々にソロをとるので聞き間違いではない。

思考回路のロックという被害を受けました。オートバイを運転中に加害者が連想に必要なキーワードとAと言う人の名前を送信した。次に、それを聞かされた私が関連したBという人の事を連想してしまった。次の瞬間、その名前を加害者が言い当てようとしたが、加害者は思い出せない。

しかし、その瞬間の思考回路の一部をロックされてしまい、いくら違うことに考えを持って行っても、その状態は固定されたまま、私が連想した人の名前を加害者が言い当てるまで開放されない。

その間2分くらいはあったと思うが、別の脳内音声では私のリアルタイムの思考と絡んでひっきり無しに喋り続けている。そしてとうとう加害者が私が連想した人の名前を言い当てた。しかし、加害者は直ぐにその名前を言い当てられなかったのが悔しかったと見えて、今度はAという名前を私に思い出せなくさせて来た。Aという名前は間違っても忘れることの無い名前である。

思考のロックという被害は、はっきりと明確に言葉で説明できる内容ではなく、脳の一部というか連想した瞬間の状態をロックされている感覚である。何を考えても脳の一部が固定されてしまい必ずそこを強く意識されられてしまう。それは言葉ではなく、状態と言った感覚だ。

以前にも高速道路を走行中に似たような被害を受けたことがあり、嘘発見器のようだと思ったことがある。それと、もう一つはイメージ映像を執拗に送り続けられてしまい、何を考えてもそこに引きずり込まれるという被害にも遭っているので、思考盗聴による思考のロックと断定する事は出来ない。加害者が私を騙す為にわざと連想させ、思考をロックしたのかも知れない。

とにかく

精神への介入、人間の遠隔操作の被害

悪意と殺意の元に行われている犯罪

これは多くの人が知る必要があると思う。

11日9:00
その後はFC2にログインが出来なくなり、この日記も「アクセスが集中しています」と表示されアクセス不能となったのでアメブロに続きを書いた。

不自由人のブログ

皆が君を見て笑うようになるぞ

5:40
なぜか目が覚めると「知人に広報してはいかん、皆が君を見て笑うようになるぞ」、「君だけ仲間はずれ」と嫌みの送信をされる。

8:35
目覚ましにより起きる。早速、歌のリピート送信をしながら、目眩をさせてくる「ざまあみろ」、「いいきみだ」と憎まれ口を浴びせられる。キーンという音が大きい。

誰か加害者を殺してくれませんか。

16:18
昼は仲間とバーベキューをしたが、その時は声は聞こえていたが目眩などの攻撃はなかった。しかし、楽器をやりだすと目眩が始まるし、どうも身体が意図したように動かないのは被害のような気がした。

その後、政治ブログを見ていると加害者は腹を立て、嫌みの音声送信が多くなる。

楽器の演奏が始まると強力な攻撃が始まり、目眩、意識障害が酷くなり、声の送信も悪質になる。人が大勢いる場所なので自分だけその場を離れる訳には行かず我慢をしていたが、嫌悪感、疲労感、筋肉の痛みの攻撃も食らい、椅子に座っているだけでも苦痛は耐え難いものとなる。

脳への攻撃で放心状態にしたうえで、執拗に声の送信で嫌みを聞かせる。

嫌悪感が酷いので楽しい気分にはならない。だから他人から見れば変な人であり、対人関係も悪くなる。

精神、肉体の両面から執拗に攻撃をされている。この被害報告を記している今も、心拍数が上がり記憶障害にもされているので文字を入力するのが大変だ。

昨夜もこのような状態にされながらも人前で演奏をした。加害者はなぜ、そこまで執拗に音楽に対する妨害をするのだろうか。

20:16
食後に1人になる時間があったので携帯で政治ブログを読もうとすると、急に何かが来たという感じがした。すると案の定、酷い嫌悪感に襲われ、思考異常になる。落ち着きが無くなり文字を読めなくなる。

声の音量は非常に小さいが、携帯電話を持っている左手が非常にだるく、筋肉が痛いような感じがし、お腹が空気でパンパンになる。呼吸困難と同時に心臓の鼓動が早くなって妙な緊張感が発生する。

それにしてもよくぞ、ここまで徹底した攻撃をするものだ。

10日1:12
少し軽減したものの、被害は途切れることはなく続いている。

相変わらず声による脅迫と歌のリピート送信と目眩をともなう記憶障害だ。

寝る。

国家は電磁波兵器の使用実態を知っているのか?

8:03
昨夜は起きたのは5時に一度だけ、目が覚めた理由も分からない、脳内音声は聞こえていたし、テレパシー通信も行われていた。

とりあえずトイレに行き、携帯から被害報告をしようと思ったが同室に寝ている人がいるし時間の無駄と感じたのでやめた。すると「偉い!」なんて送信された。

その後は二度くらい音楽の送信をされ、そのメロディーを一緒に歌わされているような感覚になり目が覚めるが目を開けることなく、そのまま眠りにつく。

そして、8時に目が覚めた。普段よりは小さい音で音声送信が続いている。「日記を書かなければ許してやる」などと命令をしているが無視して日記を書き出すと目眩と意識障害が始まる。

左足が筋肉痛になっていること、腰が痛いこと、これは被害と断定する。

15:45
また集中攻撃が始まった。

実は昨日も15時頃に激しい攻撃に遭い被害メモを残している。しかし、逐一日記としてアップしていたのでは1日は長いので日記には追加しなかった。

現在は頭痛と目眩と意識障害とお腹に空気が溜まる攻撃、眠気、イライラ、目が痛くて開いていられない、異常な疲労感、異臭、耳の異常、などを同時にやられている。

周囲にいる人には全く分からない攻撃であり、この状態で人前で音楽の演奏をしなければならない。勿論、言い訳は通用しない。

20:28
相変わらす、目眩と意識障害が続いている。首の後ろから肩にかけての異常な疲労感も続いている。

声による干渉も全く途切れずに行われている。常に周囲に人がいて1人になる時間がないので大変だ。

ライブ演奏中にピアノの音をフルートの音に聞かせるという離れ業をやって頂いた。

頭部発熱感が気になる。

9日2:03
演奏妨害を含め、意識障害や疲労感が激しいので知人に被害の説明をすると更に被害が酷くなり、心拍数が上がり、頭痛と腹痛をおこされている。

「バカな奴だ、それ以上広報すると殺されるぞ」と脅迫された。

寝る。

圧力・脅迫が無ければ言論の自由はある

1:14
怖くて日記が書けないのだが。
それは旅先で被害が酷くなるのを恐れている為に書けないのである。すなわち脅迫に負けていることになる。書かなければ、もしかしたら、なんて期待もある。
しかし、加害者はそんなに甘くはない。現実に寝てから一時間で起こされ、その後も痒みを発生させたり、筋肉を痛くさせたり、頭部圧迫感や意識障害を起こさせられ、一時間経っても寝させない。
音声送信のボリュームは小さくなり、陰湿・悪質な声の送信は昨日と比較してかなり減少している。その他の被害もすべて頻度やパワーが弱いだけで継続している。痒みなどは普段と変わらない強さだ。ただ攻撃を弱くしているだけだと思う。
1:45
結局、昨日と同じようにキーンという激しいノイズの送信と陰湿な語り掛けと途切れる事のない痒みを続けられ全く寝させようとしない。

当然、脳を覚醒させる信号を送り付けている。

4:31
突然、目が覚めると音楽のリピート送信をいつもと同じくらいのボリュームで送信している。冷房が入っているのに体が熱い。非通知設定の番号から三回ほど着信が入っていた。

この状態で四泊、耐えられるだろうか、攻撃は睡眠妨害だけではない。四六時中である。

外は雨が降っている

「ざまあみろ」と何度も憎まれ口を言っている。「脳学博士に聞いてみろ、間違いなく、お前のことを精神異常者と言うぜ」とテロリストが言った。

現実を知らなければ、或いは、言論の自由が無ければ、誰でもそう答えるだろう。

加害者の罪は余りにも重すぎる。

7:30
今、目覚ましにより起きたところだ。群馬県沼田市を後にする。酷い疲労感だ。
12:48
今は新潟に到着して宿にいるが、そこでは音楽の演奏ができる。ボリュームの小さい脳内音声には途切れることなく干渉されている。ここまでは、それほど酷い脳への攻撃を受けていなかったが、他人と話をすると頭がボケてきて、お腹に空気が溜まった。音楽の演奏が始まると「この時をまっていたぜ」と声の送信をされ、目眩と頭部圧迫感をともなう記憶障害が始まった。頭痛と吐き気もさせられ、とても耐えられないので被害報告をすることにした。

8日1:20
その後も、攻撃を強めたり、弱めたりされているが、そのつど報告すると大変なので無視していた。耐え難い攻撃、椅子に座っているのが苦痛になるようなのもあった。。声によるリアルタイムの干渉は全く途切れない。

これから仲間と同じ部屋で寝るところだ。

寝る。

言論の自由も奪い取る電磁波犯罪

1:52
寝てから1時間で覚醒させられる。
執拗な脳内音声による脅迫の連続だ。

「旅行にいくな、バスに引かれるぞ」
「無駄な抵抗をやめろ」
「あんまり強がりを言わない方がいいよ」
「どこに広報しても無駄だ」

陰部を執拗に痒くさせられるのも毎日のことだ。「その手で今度は目をかかせてやる、ばい菌がめに入れ」と声の送信をしている。実際に陰部、尻、目、鼻を順番で痒くされる。

この被害は

日記の内容にも

普段の会話にも

テレビやブログなどの情報入手にも

考えている内容にも

干渉、妨害をされ続ける。

それに身体攻撃や脳への攻撃という苦痛も伴う。

今世紀最大の人権侵害とは電磁波犯罪のことだ。

2:30
社会の迷惑のバカテロリストどもが徹底的に攻撃をして、明日からの旅行を妨害しようとしている。目を執拗に痒くさせ「明日、目が開かないようにしてやる」、「酷い攻撃で途中で帰らせてやる」などと声の脅迫をしている。痒みの頻度は3秒に1回ほどで、本当に引っ切り無しで、しかも、声の送信はあること無いことなんでもいいから語り掛け、絶対に寝させないようにしている。

本当に加害者には死んでもらいたいと思う。

乱筆でも支離滅裂でも構わない、この人間の遠隔操作技術を使い生きると言うことを苦しみ変えてしまう悪魔が日本全国で堂々と殺人行為を行っていることを記録として残すのがこの日記の目的だ。「こんな犯罪ある訳無い」これですべてを無かったことにして精神病に仕立て上げる手口、悪魔以外の何者でもない。笑いながら人を殺せるように物達である。

そんなことまでしなければならない理由が問題になる。

特定個人をここまで執拗に攻撃するのは普通では考えられない、キチガイの集団である。

2:50
脳に対する攻撃も加えられ、後頭部に違和感が生じている。イライラさせられ、「ざまあみろ、時間を無駄にさせてやる」、「明日、途中で帰らせてやる」、「悔しさで、唇を噛め」、「近所に暴力団がうろうろするようにしてやる」、「宗教団体の怖さを教えてやる」、「逆らい続けろ」、もうひっきり無しに声の送信をしている。痒みも全身の至るところに次からつぎへと送信されている。

加害者には絶対に責任をとらなくてはなせないように仕向けたい。

5:27
突然、目が覚めたと思うといつもの歌のリピート送信がしている。放尿をしている夢だ。しかし、眠くて起きられない。すぐに眠るが、またすぐに目が覚める。それを何度も繰り返された。これは歌のリピート送信で目が覚めたのではなく、脳への刺激で目が覚めたり、眠らされたりを繰り返している。

「自信をなくさせてあげよう」
「一生懸命日記を書かせてあげよう」
「かわいそうに」

この女の声の「かわいそうに」というのが一番腹が立つ。これも毎日、聞かされている。必ず女の声で「可愛そうに」と繰り返される。だから、笑いながら人を殺せるような特殊な人間がやっているとしか思えなくなる。

こんな事が普通の人間に出来るだろうか

脳の操作、人間の遠隔操作は世の中で一番罪が重い犯罪だ。

たとえば殺してやりたいとしても犯人が何処にいるか判らない

この遠隔操作で人を殺した被害者もいると思う。声が聞こえたと証言する殺人事件が何件かあると思う。しかし、それに関して人間の遠隔操作として捉えない国家は間違っている。

今、加害者は私に対して「殺してあげよう」と声の送信をした。

8:03
また、夢を見させられて目が覚める。このしくみは恐らく、脳を覚醒させてから映像送信をしていると思われる。それにして極悪だ。

このお礼は広報にて返させていただく。

10:08
突然、目が覚めると歌のリピート送信とキーンという音がしている。
何故か洗濯機を回したくなり、スイッチをいれてしまった。
音声送信のボリュームは小さいが、盛んに私のことをけ貶したり、脅迫している。嘘の話、誰がどう考えてもあり得ない話ばかりなので呆れてしまうが、不快なことは間違いない。

更に後頭部に違和感と疲労感が激しい。

10:53
被害者ブログ「バッカス&ミューズ」を見てみると新聞に記事が載ったらしい。

バッカス&ミューズ

この方とは面識もあり、たまに連絡を取ったりジャーナリストの方との面会に同行して頂いたりしている。日記を毎日更新している点でも共通している。この方の活動には是非がんばってもらいたいと思うと同時に期待もしている。

21:50
旅先なので携帯電話からの投稿となる。現在、群馬県の北部になるのだろうか、仲間と宿泊しているホテルの部屋にいる。オートバイでの移動でもあるし、明日は朝早いので睡眠妨害などが心配である。被害は軽いが、歌のリピート送信や目眩、意識障害などをおこされている。リアルタイムで声により干渉されるのも変わりはない。被害が軽い事と知人と一緒にいるので多少はエンジョイ出来ている。雨がふらなければ良いが。

さて、寝る。

思考盗聴のトリック

5:24
合成夢を見させられ、目が覚めると音楽のリピート送信をしている。曲は昨夜、私が自分の演奏を聞いている時に出て来た「i concentrate on you」という曲だ。そして、「まともな演奏が出来ないようにしてやるぞ」と脅迫をされた。

折角起して頂いたので日記の更新しようと思ったら「5分から10分お待ちください」になってしまったので「思考盗聴のトリック」については下記に掲載した。

不自由人のブログ

これはFC2にログインできない事が良くあり、その為にもう一つ作成したブログである。

11:09
その後は当然のようにもう一度寝て10時半頃に目が覚める。
音声のボリュームは小さいが、キーンという音は煩いくらいだ。
声の送信ではいつもと同じように、低俗な題材で貶してくる。「朝、起きられないで笑われろ」というが犯罪被害を受けているわけであり、私は誰に何を言われても全く、自分のスタイルを変えるつもりは無い。

起床してタバコを吸っていると、やや頭が重くなったり、キョロッという感じに目玉が動いたり、後頭部や首の後ろに痺れるような圧迫感が発生する。軽い目眩も発生するのでタバコによる影響のようにも感じるが、これは間違いなく被害であると断言できる。少なくとも、タバコを吸って不快感(嫌だと思い、それから逃れたいと思う気持ち)を生じた事は一度もない。

いつも書いているように、あらゆる生活の一場面を引き合いに出して、「被害を受けていると言うな」、「日記を書くな」、「広報をするな」と脅迫をするわけだ。

「普通に睡眠が取りたいだろう」
「まともに仕事がしたいだろう」
「音楽を楽しく演奏したいだろう」
「子供がきになるだろう」
「親が気になるだろう」
「世間がきになるだろう」
「被害者仲間が気になるだろう」

と言った感じに「笑われろ」、「嫌われろ」、「憎まれ者」、などと結びつけ、最後は「殺されろ」とか「死にやがれ」になってしまう。「引っ越せ」、「出て行け」という言葉も好んで使う。

14:17
昼休みのブログ閲覧をしていると両方の鼓膜が詰まったようになり、周囲の音から乖離させられてしまう。そこに脳内音声で歌のリピート送信をしながら嫌みを引っ切り無しに送信されると、どうしてもそちらに神経を奪われてしまう。

目眩、記憶障害、頭痛、歯痛などは毎日のメニューとなっている。
歌のリピート送信も途切れることなく続けられている。

先ほども漢字変換の時に「変換」キーを押すとブラウザが閉じてしまう現象を何故か思い出した。すると次の瞬間に「その通りにしてやるぜ」と声の送信をされ、瞬時にブラウザが閉じてしまった。

17:00
会社の机の上で図面を広げてチェックをしていた訳であるが、その詳細にまで干渉され寸法が合っているかの暗算を間違えると「ざまあ見ろ、笑われろ」とひっきり無しに貶される。社内での会話も全部盗み取られ、その専門的な会話まで介入されて貶される。「材料証明で笑われろ」、「取引先に質問なんかすると笑われろぞ」などと言われる。取引先に電話をする事は口には出してなく、頭の中で考えただけなので思考盗聴である。

そして実際に電話を掛けると目眩や不快感などを起こされて喋り難くされるので、相手が敏感な人であれば印象を悪くすることもあるだろう。

黙っているとやりたい放題やってくる。しかし、その被害を日記に書こうとすると急に怒り出し、攻撃を強化するなどの手段に出てくる。全く酷いやり方だと思う。

しかし、一年前は図面のチェックや本を読むなんて全く不可能なくらい音声による攻撃が酷かった。それを思うと少しは被害が軽減しているとも言えるが、記憶障害などの脳に対する攻撃が強化されているので結局、同じことである。

歌のリピート送信は全く途切れない。

23:35
夜は夏休みと言うことで子供とスーパー銭湯に行ってきた。
しかし、脳への攻撃は徹底的に行われるので、頭痛や意識障害、嫌悪感が酷く子供との会話も弾まない。これは今始まった訳ではなく、ずっと以前からで家族とのんびり会話を楽しむなど到底ありえない。だから家族にも被害が及んでいると言っている。

サウナの中でもお腹に空気を溜める攻撃を盛んにしてくる。オナラを出させる攻撃というやつで、お腹に空気が溜まりパンパンになったり、ボコボコと音を立てたりすることも良くあり、最後はオナラかゲップが大量に出る。実はこれも毎日の攻撃メニューにはなっている。

オナラをすると臭いの送信であり得ない臭いを送信されたり、「きったねえ屁」と声の送信をされるのも毎日の事だ。サウナでは他人がいるので「どうだ、屁が出来ねえだろう、出せるものなら出してみろ」と挑発をする。隠れてオナラをすると、すぐに空気を溜められる。それを何度も繰り返した後は、筋肉の痛み攻撃で、まるで何処かの筋を痛めてしまったかのように、横を向くと首が痛くなるなど始末に終えない。

このようにどこに居ても気分を悪くさせる悪党どもである。

帰宅してからも盛んに声で脅迫をしたり、脳の芯が締め付けられるようになったり、頭痛がしたり、ひっきり無しに顔が痒くなったり大変だ。勿論、歌のリピート送信もされている。

「日記をやめろ」
「日記を削除しろ」

という要求をしてくる。

明日から旅行の予定があるが、それに関しても「行くな、行ったら大変な攻撃をするぞ」などと脅迫をしてくる。実際に、集中攻撃をされればパニックになってしまう事は体験済みなので恐怖ではあるが、それに負けるわけにはいかない。

ここ数日、鼻水が出たり、クシャミが出たりする。

新しい被害だろうか。

24:34
加害者は何か悔しいのだろうか、それとも苦しんでいるのだろうか、その引っ切り無しに私の行動と思想に対しリアルタイムで浴びせてくる脳内音声は、あまりに言葉が汚く、無理やり貶しているだけである。各種攻撃をされているので腹が立つが、どこか変だと、加害者を客観的に見てしまう時があり、とても正常な精神ではないと感じる。

寝る。

リアルタイムの思考盗聴

3:23
連日の睡眠妨害が2年以上続いている。
何か夢を見させられていたようだが、今回はまた新たに音が煩く聞えるという技術をわざわざ体験させて頂いた。音楽の演奏中には良くやられていたが、今回は新聞配達のオートバイの音がとてつもなく、大きく聞えた。それは、周波数に同調させているようにも聞えるが、別の方法で耳に刺激を与えているとも受け止められた。鼓膜を刺激したり、震わせたり出来るかも知れない。エンハンスメントという言葉が気にはなっているのだが。

徹底した攻撃の上乗せと脅迫で

被害者の口封じをする手口は変わらない

合成夢を見させられている時に思った事がある。加害者が言葉や映像をこちらの脳に掲示して来て、何かを連想させ、それを盗み取る手法も良く知られているが、夢の中でもそのような事が行われた。「ガスの元栓が勝手に開いてしまい爆発するぞ」という夢を見させられた時のことだ。

私は元栓の形を思い出し、90度ひねって元栓を締める動作を連想した(これは眠りながらやや覚醒させられていたのだと思う)。するとすぐに元栓の形を水道の元栓のような、くるくると捻る形に変更して、私がそれを何回捻ってもガス漏れが防げない夢に途中から変更した。

リアルタイムの思考盗聴と映像の送信というのはそのように行われる。普段も寝る前などに頭の中でイメージ映像を思い浮かべると、それを瞬時に書き換えてしまったり、その映像の一部を動かしたりすることが瞬時に出来る。

昨日は某研究所の某プロジェクトの方と電話で話しをした。かなり否定的であり、そんな技術があったら利用価値があるのに、なぜ特定個人への嫌がらせにしか使わないのでしょうか、お金にならないでしょう、と言っていた。絶対にあり得ないとは言わないけれど、到底信じられないと言う感じである。勿論、最初に電話をした時に研究の趣旨とは少し違うことは承知ですが広報の意味なので読んで頂きたいとお願いしたわけである。

やはりこの問題を解決する為には通信技術を、加害媒体を解明することが近道かも知れないと思う。何しろ病院の中でも関係なく加害を行えるので、すぐそばにある測定器などにも全く影響を与えないわけである。そのことに関しては飛行機に乗り海外へ行った方も同じような事を言っていた。何しろ離陸する時も着陸後も全く途切れる事無く被害が続くらしい。

それとジャーナリストの方も決して否定的ではないようだ。

目が覚めると「自衛隊がお前を殺しに来るぞ」と脅迫を入れられた。それは、軍事評論家の方に広報したのを逆手に取っての脅迫である。

大変な眠さと、疲労の中、頑張って日記を書いた。

10:19
突然目が覚めると歌のリピート送信が、やる気の無い男の声2人くらいで聞えている。キーンという金属音が結構うるさい。テレパシー通信状態の為に、加害者の掲示した事柄に関して応対をさせられている。相変わらず脅迫が酷い。たとえば昨日、不動産屋に渡した三文判を不正利用されたらどうするんだ、と言った感じである。それと加害者を結びつけて全財産奪い取られるぞ、なんて感じに持っていく。ならば、そのままにして置こうと思う。

14:51
先ほど外出した時のことだ。
自動車に乗り、走り出すと急に喋りたくなる。喋るにしても加害者が相手となるので声には出さない。当然、いつもの自白作用のあるような脳波を送りつけられているのかと思っていたら、ヒステリー状態のような、激しい嫌悪感のようなものに襲われ、嫌で、嫌で、我慢できない気持ちになってしまう(この犯罪の被害者であることが)。そして「何か喋れ」なんて加害者に催促されるが無視を続けていると、今度はイライラして耐えられない感じになってきた。

そんな時には、故意にのんびりと、動作をゆっくりにして気持ちを落ち着かせる。慌てさせるという被害もあるので、慌て出すとキリもなく慌ててしまうように仕組まれている。

嫌で、嫌でたまらない気持ちというのは、四六時中、目眩と記憶障害を起こされていることが主であり、脳内音声による精神への介入も耐え難いが最近は脳内音声のボリュームが小さくなっているので脳の操作により普通に物を考える事が出来ないのが一番の苦痛となる。

しかし、身体被害というのもあり、一日中、頭痛をさせられていたらそれも大変な苦痛となる。本当に被害の範囲が広く説明するのも大変である。

21:33
先ほどまで眠らされていた。
どうやって眠らせるのか。横になってテレビを見ようとすると急に起きていられなくなるような眠気に襲われる。しかも、目が痛くて開いていられなくなる。身体もだるくなり「これなら寝てしまおう」という気になっしてまい、眠ってしまう。逆らって起き上がることは出来ると思うが、夜の自由時間であるし、そこまでしなくてはならない理由がないのでやらないだけである。

午後は来客があり、話をしていると目眩と共に首の後ろが痙攣するような被害を受けさせられた。常時、頭が締め付けられるような、脳が痺れているような感じにされ、記憶障害(思考が不自由)のようにされているので会話も弾まない。

更に、来客があり、その時はそれほど脳に対する攻撃は感じなかったが(一対一の話をしなかった為かも知れない)、会話の最中に「タイガーマスク」の歌をリピートされ妨害をされた。

仕事が終わってからは「電動ハブラシ」を買いに行き、ついでに夕食を外で摂った。その時には視野盗撮と声の送信によるリアルタイムの付き纏いが酷く大変な思いをした。「いつまでハブラシを見ている、万引きと思われるぞ」、「これほどまでにハブラシの品定めをする奴も珍しい」、「金額で決める無かれ」など引っ切り無しに干渉された。

夕食は回転寿司に行ったが、そこでもやることなすことすべてに貶しを入れられ、挙動不審になってしまった。注文した物を取って食べると「他の客が注文した物を食べるな、そこの客が睨んでいるぞ」なんて声の送信をされると、記憶障害のようにされているので自分のやっていることに自信がもてなく不安になってしまい、きょろきょろと辺りを見回してしまった。

その後、食料品の買い物もしたが帰宅する頃には頭痛をさせられて最悪の気分になっていた。今日は執拗に肛門に対するワイセツな刺激が続けられている。

23:00
日曜日に録音してきた自分の演奏を聞いている。
後半は脳に対する攻撃をされたので上手く行かなかったが、それ以外は最近では良い方の出来だと思った。そしてプレイバックを聞いていると声の送信でメロディーに合わせて嫌みを送信して来る。

しばらく聞いていると、かなり酷い目眩と意識障害を起されて、「日記を書くのをやめなさい」、「その状態で演奏が出来るかな」と脅迫をして来る。確かに最近は酷い目眩と意識障害を起されまともに演奏が出来なかった。

普段練習をしている時も「偉い、偉すぎる、どこにも出る所がないのに」、「練習するのをやめてくれないか、みんなが迷惑しているんだ」などと声の送信をしながら脳への攻撃をする。

生活のすべてに関わる、生きることを妨害する電磁波テロであるので、特に音楽だから妨害をする訳ではないが、生きがい、楽しみをすべて奪い取られるというのも大変なストレスとなる。

仕事でも頭を使って深く物を考えるような事は出来なくされている。

23:27
上記アップした後に、両方の鼓膜が詰まったようになり、お腹に空気が溜まりパンパンになる。頭痛もさせられ、脳に対する攻撃が激しくなる。精神も興奮させられタイプミスが多くなる。

「日記に書けば、書くほど、攻撃をするぞ」

と執拗に攻撃をして脅迫をしてくる。

声の送信では全く支離滅裂な10秒で話が逆転してしまうような独り芝居をしている。「公安調査庁をなめるなよ」と言った後に「残念でした公安調査庁は相手にしてねえよ」と言ってみたり「公安警察」だか「公安調査庁」だかごっちゃになり、こちらは全くその声の内容は相手にしていないが聞えてしまうので、頭の狂った奴らだなと思うだけである。

ただ、殺意がなければ出来ないことは間違いない。

5日1:21
今は攻撃が弱くなっている。

被害を受けていると余計な?時間を取られてしまうので遅くなってしまった。

寝る。

思考の挿入

10:38

イメージや映像ではなく、直接脳内に言葉を聞かされている実感がないと思うのだが、言語として自分が間違っている、他と比較して自分が劣っている、といった感じになる事がたまにある。それはどう考えても自分の内部から出て来る発想ではない。しかも強く継続する思想であり、文字にすれば20文字程度の内容である。他と比較される対象も名前が明確に言語として想起される。

頭の中で文章を作ろうとしたり、何かの考えを途中まで始めると、その続きが勝手に出てきてしまう事もある。それらは脳内音声を送信されていることが確認できる時もあるが、確認できない時もある。

無意識でいる時には脳内音声の送信をされている事に気が付かない時もあるようだが、脳内音声にはサブリミナルメッセージの効果もあると聞くが、こうやって書いている最中にも早速、「・・・さんに起こられるぞ」という言語によるイメージが想起させられる。その後で、それと同じ言葉を脳内音声で聞かされている。

昨夜はパソコンの電源を落として寝ようと思ったら両方のコメカミから後頭部に掛けて頭痛が発生し、耳にノイズを送信され、声の送信で歌のリピートと脅迫をされた。しかし、知らない内に寝ていた。

5時に目が覚めたが歌のリピート送信が聞えている。トイレに行くと何か夢に関係しているらしい内容で脅迫をしてくるが、残念ながら記憶障害を起されているので、その夢とやらを思い出せない。

つぎは8時すぎに目が覚めだが、そのまま寝て10時に目が覚める。とにかく、どんな事でも脅迫の材料にしてしまう。勿論、私は全く気にしないので勝手に言わせておく。

17:22
また、日記の更新をしようと文字の入力をしていると、「変換」キーを押したと同時にブラウザが閉じてしまった。自宅のパソコンではそう言った事は一度もない。ただし、自宅の場合はマウスが画面の端に瞬時に移動するということは頻繁に起こる。

今日はここまで、強力な被害は受けていない。むしろ今の方が脳に対する攻撃が激しい。脳内音声のボリュームはかなり小さくなっているが、加害者の言う「傍観者モード」という被害を受けていて、記憶障害とは別で、思考の抑制のような、呆然として何も発想が起きず、やる気も起きない、しかも、不快感が著しい。

だから、仕事が終わった後にゆっくりと休む事もできず、日が長い季節でもあるが遊び心も無くなってしまう。であれば被害日記でも書くかという運びになる。頭痛、目眩、意識障害と嫌な感じである。

22:45
酷い攻撃が続いている。
頭痛と腰痛、意識障害と嫌悪感である。耳は両方とも詰まったようになり、特に酷いノイズを送りつけられているような感じはしないが、テレビの音などが聞こえ難い。そして何よりも音が煩く感じてしまい嫌悪感が生じてくる。延々6時間も続いている。

目眩もしているが声の送信は小さい。

冷房を入れているのに身体が熱くて困る。

24:46
テレパシー通信接続状態で延々と声に出さない呟きをさせられている。声の送信は何を喋っているのか完全に聞き取れなくても脳内直接送り込まれるので、著しい思考の妨害となり、マインドコントロールとなる。

歌のリピート送信も盛んに行われている。何かの被害を一つ減らすと、その代わりに別の被害を受けさせてくる。常時複数の被害を受けていることになる。

寝る。

電気的なマインドコントロール

3:16
寝たと思うと起されるのがこの被害だ。
下記の文書を書いていて寝るのは2時頃になった。

電気的なマインドコントロールで出来ること

遠隔から人間に対して、現実に起こっている事とは全く関係のない別の何かを送りつけることによる
マインドコントロールはどこまでが可能だろうか。それらは電気信号であったり、音であるかも知れないが、ここでは特定の個人だけに向けられる物について考える。大衆向けであれば方法は多種多様で深く研究実績をあげているのは知られている。

何かを良く思わせることや、何かを悪く思わせることができると思う。

何かというのはどんなことも対象になり得、例えばテレビを見ていても、本を読んでいても、音楽を聞いていても、その見聞きしたことに対する印象や頭の中だけで思ったことに関しても対象となる。

それは善悪の判断基準を狂わせることにも繋がり、楽しいか、楽しくないか、正しいか、正しくないか
などの印象操作も可能であろう。

人間というものは単純に気分が良い、気分が悪い、これだけで物事に対する判断基準が変わってしまうと思われる。それはテレビであるなら同じ番組を見ている最中に、内容には関係なく外部から不快感や快感を感じさせることが可能であれば番組に対する印象を変えてしまう事が可能となる。原始的に考えれば、不快な状態だけを作り出せれば、そうでない時は快な状態とみなす事もできる。

物事に対する集中力に関しても同じような事が当てはまり、不快であれば必然的に集中力、持続力は出ない。そこに肉体的な疲労感や苦痛を伴えばなお更である。苦痛というのは痛みが主になる。
不自然な痒みというのも集中力の妨げになる。

ここまでが第一段階で第二段階では脳の操作となる。

記憶力を低下させてしまったり、読解能力を低下させてしまうなどの影響を外部からの刺激で行えれば、かなりの思考の妨害となり、意識障害(自己判断能力の低下)にまで発展すると思考速度が極度に低下し自発的な思考も発生しにくくなり、無口な人、無反応な状態のようにもなる。

日常的にこのような状態にしておくことにより外部からの情報遮断状態を作り出せることになる。ここで外部からの情報とは、他者との会話やテレビ、新聞などの情報だけでなく日常的に自然発生する音や肌で感じる雰囲気も含まれる。この状態からそうでない状態にもどした時は情報は記憶の中に積極的かつ正常に取れいれられる。

また、そこに何かを強く印象付けるような、気にしたくなる刺激信号が送り込まれると、その事柄だけが気になったり記憶されたりする。それらは耳に聞えるある周波数であったり、目に映る景色の中の意図的に選択されたものであったりする。それらには人間が誰でも最初から持っている考え方や習性や本能が利用されるかも知れない。

第三段階では意識の挿入が行われる

これはイメージ映像という記憶に付随しているような映像を挿入されたり、夢を見させられたりするものや、直感的なひらめきや第六感のような予見的な意識が外部からの意図的な刺激により挿入されたり、想起したりする現象でよほど極端でないと外部からの挿入であることに気が付かない。

ここまで来るとマインドコントロールであることの説明は要らない。

第四段階では直接人の話声が聞こえてくる。

これが一番直接的なもので母国語により自分に関係している言葉を聞かされるので無視するわけにはいかなくなる。こうなると自分の精神の中に他人が入り込んで来て、まるで一緒に生活しているかのように考えに干渉してくる。それはまるで何処かから自分を監視している人間がいる事を知らせるようにも感じる。

そうなると誰も知らない筈の事を知っていたりするので、恐怖感もあり、声の内容に従ってしまったりする。そうでなくても、その不思議な精神の中に存在するかのような声は神の声として聞こえたりするかも知れない。

最後は四六時中、全く途切れる事無く、その声を聞かされることになる。それらは、人格を否定する言葉であったり何かの間違いをあざ笑ったり、命令や脅迫をされたり、個人のプライバシーが全く無い事を知らせ屈辱を与えたりする。考えを読み取られ、それを声で聞かされるだけでも大変な問題だと思う。

段階というのはマインドコントロールの進行状況ではなく分類であり、実際にはすべてがメチャクチャに混ぜ合わされてとんでもない状態にされてしまう。しかし、遠隔操作に気が付いていない頃には巧みに精神への影響を受けさせていると考えられる。なぜか最後はメチャクチャになってしまうようだ。

酷い苦痛を四六時中受けさせられ、命令に従えば救われる、なんて言われたらどうなるだろうか。

時間の都合もあり、思考が出来なくされるので、これ以上書けない。


被害日記

歌のリピート送信と共に突然目が覚めると足の指と踵が非常に痛い。たまらなく痛いので見てみると小さな傷が出来ているので写真を撮った。かかとには何も跡はなかった。感覚としては小指と薬指の二本と踵が痛い。今はすぐ側を痒くされていて、痛い、痒いの両方を受けさせられている。

「お前、殺されるぞ」と声で脅迫をされている。

足の写真
足の写真

この傷が何かは不明だ。とにかく身体の何処でも痛くも痒くもさせることが出来る。これで今度は下腹部が痛くなり、下痢でもしそうな感じである。

10:15
その後は8時半頃に目を覚めさせられ、声の送信で寄って集って嫌みを浴びせていた。鼻を痒くしたり、陰部を痒くしたり、筋肉を痛くさせられた。最近の出来事に関して不安を抱かせるような言葉や人物の名前を出していた。そして「頭を働かせろ」、「寝られないようにしてやる」、「疲れさせてやる」などと言っていた。しかし、無視をしていたら知らない内に眠ってしまった。9時半に目覚ましでやっと起きた。

被害関連の用事の為にこれから出掛ける。

今も、キーンという音と声が聞こえ、足腰の筋肉や肩が痛いし、後頭部に違和感があり、記憶障害のようになっている。

24:19
先ほど、被害者の会合に出て、音楽の練習をして帰宅した。
被害者の会合ではニューロフォンというのを始めて体験した。私もアメリカに直接インターネットから申し込んだが、輸出禁止なのかクレジットカードから一旦は代金が引き落とされたのだが、また戻っていた。その代物を手に入れた方がいたわけだ。箱には日本語が書かれていたので日本でも購入できるのかもしれない。

ニューロフォンについては、音声送信に関係しているなどの噂もある。時間がなく、付属のホワイトノイズの出力を試しただけであったが、二つの電極のような厚さ5ミリ程度の丸いパッドを額にヘアバンドで密着させると音がまるで耳の中に聞こえているようだった。

しかし、そのパッドを手に持ってみると、そこから音が聞こえていた。説明書にはウルトラソニックと書いてあったが、不思議なものである。但し、両方のバッドに人間の身体が触れていないと音は発生しない。

その後、音楽の練習の為にスタジオに向かう。今日はそれほど酷い脳への攻撃を受けなかったので、演奏は楽しめた。しかし、後半になると次第に攻撃が酷くなり、一曲演奏している間中ずっと嫌みの送信を続けられた。最後の方では記憶障害や思考の抑制も強められたので、全くなにもアイデアが浮かばずに苦労をした。

酷い時は意識障害を起されて自分のやっている事の確認が取れなかったり、音を煩く感じさせられてしまい楽器の音を出すのが嫌にされてしまう。音を出すのが苦痛であれば音楽の演奏は無理である。

帰りはスタジオを出るとかなり目眩と記憶障害が強くなり、頭痛も起された。車内で本を読んでいると目眩が強くさせられるので居眠りをすると何故か突然目が覚め、歌のリピート送信が同じ位置から開始される。それを5回くらい繰り返していたら下車となった。

今も頭痛と歌のリピート送信をされている。

今日は被害は軽いと思った。

3日1:31
思い出せば細かい被害は沢山あるが、主だった物だけを記した。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる