これでも殺意がないと言うのですか

2:26
歴史的な人権侵害と言われている電磁波犯罪。思考盗聴や五感情報通信を悪用しているのではないかと思うような被害。精神への介入と体感被害で特定個人を徹底的に叩き。生活破壊を24時間絶え間なく続ける。「嫌がらせをされたく無かったら私たちの言う事を聞きなさい」と脳内音声の送信をしながら睡眠妨害をする。すでに精神への暴虐を通り越して実生活を家庭ごと破壊されている。

就寝してから2時間で目が覚めたが体が熱くて苦しくて大変な思いだ。合成夢を見させられているが支離滅裂・意味不明である。ただ、目が覚めるときから脳内音声で音楽のリピート送信をされているのとキーンという音が酷いだけだ。眠っている時も恐らく自然で快適な状態にはならないように電磁波攻撃を続けているだろう。

就寝時にも当然、瞑った目蓋に映像を見せたり、覚醒させたりしては脳内音声で「それ以上逆らうな殺されるぞ」などと脅迫をされた。しかし、突然眠くなり、眠ってしまった。

出来るだけ苦しむように考えて人権侵害を続けている

しかも、コメントによる嫌がらせの予告もされている。それらは一応、警察に印刷し持って行っている。連日の睡眠妨害は当たり前だが、外出する予定があると睡眠妨害は激しさを増す。著しい人権侵害を絶対にやめないで攻撃を激しくする事のみで被害者を奴隷化させ、被害を受けていると言わせないようにしている。家族にも負担が掛かり、家族も遠隔操作の犠牲になっている可能性まである。

折角、起して頂いたのでリアルタイムで報告する。

こんな時にはパソコンはスイッチを入れっぱなしにしている。さて、次は何時に起されるだろうか。ここまで書いても加害者は絶対の自信を持っているので睡眠妨害はやめないだろう。

3:43
あれから1時間、頭痛、酷いノイズ、脳を締め付けるような攻撃、痒みの連続と映像の送信を行い全く眠らせようとしない。手を痒くさせ「痒いのが嫌なら右を向いて寝るな」と言うが左を向いても痒い。更に脇腹の筋肉を痛くさせて寝返りを打てなくさせる。音楽のリピート送信も続けられ、声で全く根拠のないデタラメを送信し続けている。

私が加害者の悪口を思い浮かべると、それを同時にトレース(実際に呟いていないのに私が呟いているように聞かせている)している女の声がイライラして怒鳴りだす。

これでも殺意がないと言えるだろうか

家族の身に何かあったら真っ先に疑われるのは加害者だ。


5:40
その後も卑屈な物達の睡眠妨害は続き、眠れたのが4時を過ぎていた。目が覚めたのが5時半なので睡眠は1時間と少しだ。途中は喉が渇いて喉が張り付いてしまいそうな感じでこれまた、まともな睡眠は出来ていない。

ゴールデンウィーク辺りから、仕事の無い日とか他人との外出のある日にはこのような徹底した睡眠妨害をされている。頭痛と疲労感が激しい。何故かイライラして暴れだしたくなるような精神の操作もされているが、疲れてふらふらなので暴れる気力もない。

それから、就寝時に睡眠導入剤を半分、3時に半分、4時に少し強いのを半分飲んでいる。電磁波で脳を覚醒させられると、体はふらふらになっても全く眠くならない事もお伝えする。

「また、起してあげるよ」と脅迫をされている。

「広報をするな」と脅迫をされている。

私は被害を受けている限り何処にでも広報をするつもりだ。

これでも殺意が無いと言えますか

これから、また薬を飲んで寝るが、さて、次は何時に起されるだろうか。それから、飲んだ薬は十分に効いていて脳の操作での覚醒や音声送信や痒み・痛みなどをされなければ熟睡が出来るはずである。相変わらず「殺す、殺してやる」、「近所にあいつはキチガイだ、狂ったぞ」と噂を流してやるとか脅迫もある。どんな噂を流されても殺意のあるテロ組織が電磁波を使って全国で破壊活動を毎日24時間続けているのは事実であるので全く困らない。

今も、私に自分が呟いたように見せかける脳内音声で「これでいい」と擬似的に呟かせ、「これでいいのだ」と天才バカボンの歌のリピート送信をしている。これも毎日、何十回もやられている。同じ事を延々と繰り返すことしか出来ない哀れな物達であることも事実だと思う。

6:11
今、薬を飲んで寝ようとしたが、呼吸に合わせて「バーカ、ボンボン」と脳内音声で「天才バカボン」の歌の繰り返している。

この睡眠妨害は殺意と悪意の塊の証明になるだろう。

7:59
また突然目が覚めて音楽のリピート送信をされている。
「いい加減にサラセ、仕事がなくなるぞ」脅迫をされている。
聞かされる話はすべてデタラメのホラ話。

「どんどん薬を飲め」と嫌みを言っている。

政治関係のアプローチが進んでいることも知らせて置く。

勿論、加害者は究極のスパイなのですべてを承知の上で破壊活動を行っている。「出て行け、栃木県佐野市には住めないようにしてやる」も毎日脳内音声で聞かせている。

「殺されに行け」と罵声を浴びせている。

なぜか声はいつも同じ声だ。

キチガイに刃物というが

ドブゴミに脳内音声送信機と言った感じで、現代社会の病理そのものである。社会に恨みを持つ物の犯行であることは間違いないと確信する。「かわいそうに」という女の声も毎日100回以上はきかされているだろう。

これでは、殺されてしまうと思うのが普通だ。

「創価学会」、「暴力団」の名前を出して脅迫するのも毎日のことだ。

最近は集団ストーカー現象が酷いことも報告する。

激しい頭痛もさせられている。「死んでくれ」と追い討ちの脳内音声を送信している。

10:26
また突然目が覚める。歌のリピート送信とキーンという音、頭痛がしている。
声の送信ではデタラメを喋っている。

また、マウスを勝手に動かされた。

11:07
今、コーヒーほ飲んでいる。実際に予定していた時間より1時間遅れていくことにした。

睡眠の状態は

1時~2時半

4時~5時半

6時半~8時

8時半~10時

と言ったところでほとんど悪夢にうなされ寝ていないようなものである。しかも連日の睡眠妨害でもある。酷い疲労感とやり場のないストレス。さて、被害者の皆さん、このままでいいのでしょうか。このような被害の為に職業を失ってしまった方は大勢います。

今日はお土産被害もあると予想されます。

今も、顔をブルブル、目眩と記憶障害をされています。

音声送信は全く途切れません。

6/1 3:18
今日は音楽のイベントがあり参加して来た。
声の送信は途切れる事はなく、軽い頭痛とやや頭がボケて目眩がした感じのまま演奏をした。攻撃がそれほど酷くなかったので演奏は、まあまあだった。しかし、緊張感や体に力が入ってしまう脳の操作があるのではないかと思った。自由な発想が出来なくなってしまう被害ではあるが、体に力が入ってしまい上手く動かなくなったりすることが疑わしい。それは筋肉を痙攣させたり痛くさせたり、あたかも自然現象のような被害を受けているからだ。後はお腹に空気を溜められる被害があった。それと演奏中に「音が煩い」などの注文を付けたり、演奏を貶されたりした。

今も頭痛とキーンという音がしている。
音楽のリピート送信と声の送信はボリュームが小さい。

帰宅が遅くなってしまった。

寝る。

犯罪被害者は立ち上がれ

5:22
これは、夢でも幻でもありません。現実なのです。悪意と殺意の下に行われている電磁波による人間のリモートコントロール。黙っていては絶対に人権は取り戻せません。特定個人だけを徹底的に狙い撃ちにして自殺又は精神病院送りにする悪魔の犯罪。被害者の方は勇気を出して犯罪被害を強く表に主張するべきです。この世の中で最悪と言われる手法の犯罪を野放しにしていては被害者が増えるだけです。


昨夜も就寝時にはビリビリいう感じの弱く細かい振動が全身にあり嫌な感じだったが知らない内に眠ってしまった。しかし、睡眠後4時間くらい経つと必ず起される。今朝は心臓が苦しくて目が覚めた。すぐに脳内音声の送信で「なぜ心臓が苦しいか判るか・・・」と理由のはっきりしない脅迫をされた。「さて、日記でも書かせてやるか」と催促される。

とにかく心臓が苦しい。

トイレにいくと「明日のジョー」の歌を送信しだす。日記にログインするとシーンという音が強くなり脳への攻撃をされ記憶を消されてしまう。たった今遠隔操作の攻撃を受け、嫌な思いをしたのに、何をされたのかを忘れさせられてしまう。お腹がボコっと音を立て空気が溜まる。

確かに殺意を感じる

被害を口にすると攻撃が激しくなる

怖い、苦しい、逃れたい

これは被害者であれば皆同じ心境だと思う。

10:29
先ほどはログイン出来なかったのでコメントの投稿をしたが、一度目は「アクセスが集中しています」と表示されたので、もう一度コメントを入れてみた。今度は投稿できた。しかし、両方とも投稿出来たようだ。

被害者に対する加害者の攻撃が強くなっている傾向、強力な隠蔽工作が働いているのは被害者の方はご存知だと思います。

とにかく被害者の方は積極的に犯罪の存在を広報する必要があると思います。

20:34
最近、マウスポインタのすっ飛びが復活した。

遠隔操作の被害は嫌だと言っても逃れる事が出来ないので、なし崩し的に被害を受けたまま日常生活をする事になる。夕方に自動車を運転していると、なぜか心拍数が高いというか緊張感が出ているというか前方から来る車の視線が異常に気になる。落ち着きも無くなり、そわそわした気持ちになっている事が自覚できる。

連日の被害が継続しているので脳の操作をされている事は確実と思うが、その目眩・記憶障害やイライラした感情とは少し違った感じの精神状態になっていた。人間の目は動いている物に反応して脳に刺激が行くらしい。それにしても普通ではない精神状態であった。大勢の人間に見られているような感じになった。そんな時には周囲の様子を良く観察したり気にならない人の様子を見ると多少落ち着くかも知れないが、自動車は早い速度で走っているので中々そうも行かない。しかも、ずっとそんな精神状態になるのではなく、強弱を感じたりするから不自然さも増す。

その後、道路脇に中学生くらいの集団が歩いていた。そこに差し掛かると激しい目眩がして来た。歩道をはみ出して歩いている人がいるので車は避けるのが無難である。だから当然、私は通行人との距離をあけて通過した。しかし、注意が必要な時に目眩をさせるというのに問題がある。

その後、駐車場でメールを送信すると同時に酷く身体が苦しくなり(息苦しいというのもあるが頭痛、目眩、吐き気、肩や背中の痛みが酷かった)大変だった。しかし、そのまま買い物を済ませ被害を受けたまま運転をして帰宅した。

非常に不自由であり苦しいが、何とか日常生活を送る事が出来るが、その不自由さは大変なものがあり、精神状態を変えられたりすると、きっと気の弱い女性や物事を不真面目に対処する事の苦手な人であればパニックになってしまうだろう。(攻撃のレベルにもよる)

その後、食事をした時にハンバーグを口に入れる瞬間に糞の臭いがして、まるで糞を食っているかのような気分にされた。食後のタバコも苦いだけだ。

最近は被害日記を書こうとする気が薄れてしまったり、何故か酷い攻撃を受けていても強烈なイライラ感がないと書けなかったりする。それは当然だと思う。そもそも、こんな日記を書いていても楽しくはないからだ。

今は21時であるが今も被害は続いている。

24:17
肩、腰の痛み、頭痛、軽い目眩、記憶障害

歌のリピート送信、キーンノイズ、声の嫌み

続いている。

ボコっとか、ポンなどと音を立てないでお腹に空気が溜まるというのもあるようだ。膨らんで行くのを感じた。その後、ゲップがでるのは言うまでもない。

寝る。

電磁波犯罪は社会を混乱させる工作

2:37
予想していた通りの睡眠妨害だ。
今、眉毛を痒くさせられている。
ひゃっくりもさせられた。実は、日記を書こうとするとひゃっくりをさせられるのは毎日の事である。

夢を見させられていたようにも思うが良く判らない。目が覚めた直接の原因は顔や上半身を中心にビリビリと感電したように軽く痺れさせる被害で、これも睡眠妨害の時には頻繁にやられている。ビリビリが1秒、休みが1秒と言った感じに起き上がるまでずっと断続的に繰り返される。

目が覚めると同時に音楽のリピート送信をBGMにして悪魔的な感じの声が笑いながら「ザマア見ろ、お前は逮捕されるぞ」なんて感じに脅迫をする。その内容は全く根拠がなくただ単に私に罪悪感を植えつけ、どんなに広報をしても無駄だと私に被害者であると言わせないように仕向けているだけである。先日も研究所に行った時に何故か自分は病気なんだ、という弱気な考えが何処からとも無く発生してきていた。しかし、その考えは持続しなかったので広報をすることになった。しかもそんな考えを挿入さらた為に余計に強く犯罪被害の主張をしてしまった。加害者のやっている事は逆効果となっている。

犯罪被害を告発することは罪悪ではなく当然の権利だ。

7:53
突然、7時に目が覚める。
「ぞうさん、ぞうさん、お鼻が長いのね」の歌をリピート送信されている。そして、同じ被害者の名前を出しては「あいつは嘘を言っているぞ」などから始まり「お前は被害者仲間に嫌われているぞ」と言い出し最後は「被害者の会を潰してやる」なんて言い出す。

全国に会が確認しただけで500人を超える被害者がいる。

被害者のプロフィールを統計した事はないが性別、年齢、職業、様々だ。

この犯罪の特徴は誰が、どこから、何の為に、が明確で無い所だ。更に、なぜ被害者にされてしまったのか理由がわからない。しかも、ここまで変質かつ執拗に攻撃をしまくる理由も常人には理解出来ない。精神病に仕立て上げようとしている事は良く知られている。

それらの特徴を最大限に生かして悪意の下に行われる犯罪は、まず身近な所からトラブルが発生する。家庭内での不和、隣人や知人とのトラブル、職場トラブルなど様々であり、実際に集団ストーカーのような加害行為に直面している被害者は決して少なくない。

家庭内では家族に目の仇のようにされたり、知人や職場の人間から、なぜそんな事を知っているのかと思ってしまうような自分の私生活に直結するようにキーワードを突然聞かされたりする。日常生活でも時と場合によっては周囲の人間の意地の悪さというか常識外の行動により嫌な気分にされたりする。これはあくまで私個人の体験であり、集団ストーカー現象の酷い人は更に被害が拡大する。

その結果、身の回りの人間が敵に見えてきたり、大規模な破壊工作組織の存在を疑ったりするようになり、常に疎外感にかられ就業中、外出時、自宅内、寝て居る時、すべての時間で幸せを奪い取られる。

破壊工作組織の存在、大規模な集団ストーカーの存在に関してはここでは触れないが、その現象が社会に与える影響が何かを考えたい。何しろ被害を受けているのは確実である。となれば、犯人は居る。何処に潜んでいるのか判らない。証拠の取り難い形で生活し辛い環境を作り上げ不安と不満を蓄積させる。その結果、被害者の心理は色々な所に向いていく。

社会を混乱させる為の犯罪である。

今、生意気な加害者が「集団ストーカーはあり得ない」と音声送信をしてきたが、私は20年も前にそのような現象に遭遇している。最低でも電磁波による脳の操作で周囲の視線が気になったり、いたたまれないような気分されることは現在でも確実に行われていて、偶然の会話が仄めかしに聞えたりすることがある。これは最低限譲っての話だ。それを私は集団ストーカーと呼んでいる。実際には居住地域や被害者別に被害の受け方が違うので他の人の被害を聞いてみるとびっくりすることもある。

それよりも人間の遠隔操作だけは絶対に野放しにしてはいけない。

24:01
最近は音声のボリュームは小さいが、キーンなどのノイズが酷く、歌のリピート送信も、ほぼ途切れることなく続けられている。

頭痛、肩痛が酷い。

思考能力の低下や記憶障害のような被害も軽いレベルでは終日行われ、たまに酷くされたりする。自動車で移動中に道に迷った時などは、ここぞとばかりに頭の回転を悪くさせ方向音痴にしようとする。「目眩をさせて方向音痴にしてやれ」なんて声の送信をされる。

それと「広報をするな」、「殺されろ」、「命を落とすぞ」などの脅迫も酷い。

疲れたので

寝る。

電磁波犯罪を甘く見ないで欲しい

2:12
電磁波による人間の遠隔操作、その実態は殺意がなければ到底出来るものではなく、身の毛もよだつような残虐行為の連続である。テクノロジーにより被害者を四六時中監視・干渉し被害者を奴隷のようにしてしまい、苦痛と屈辱を受けさせ続ける。思考盗聴・精神への介入も含め身体に受ける苦痛は究極の暴力と言っても過言ではなく、すべてが悪意の下に行われ精神病に仕立て上げる為の工作の罪はあまりにも重すぎる。

それは遠隔から姿を見せずに人間を監視制御する装置である。

今夜も就寝時から執拗に脳内音声による語りかけをされ全く眠れない。歌のリピート送信も行われている。しかも、脳を覚醒させられているようなので眠くならない。心拍数を変えてしまう事も出来るようでまるで興奮して眠れないように感じる。目に映像を見せたり、瞑っている目蓋の中が明るくなったりするのも眠れなくするテクニックの一つだ。

足の筋肉を痙攣させ「足を大事にしな」と脅迫をする。
頭痛をさせたり胃もたれをしているようにも感じさせられる。

呼吸困難にされ息苦しい、それでも何とか我慢をし、眠りそうになると一瞬心臓が止まったように感じる。そしてドキッとした瞬間に先ほどまでの自分の意識が完全に消えてしまう。意識の連続性が途切れてしまうと言う現象だ。まるでパソコンで言えばリスタートを掛けたような状態であり、一瞬意識を失ったように感じる。脳内音声は恐らくリスタートはしていなく、同じ調子で喋っているのだと思う。これは脳の操作で意識を失わせているのだと思う。

意識を失わせる信号があったとする。それを強く当てると完全に意識がなくなってしまう。それをパルス状にして送り付けていると感じている。だから意識が遠のくような感じになる時はそのパルス幅を変えているのだと思う。

声の送信は言いたい放題デタラメの連続であらゆる人物の名前を使っては、私が孤独になるように話を作ったり、近所の人を利用して「お前、そこに住めなくなるぞ」とか、友人・知人の名前を出しては「お前の事を知っているぞ、みんなに笑われているぞ」と連続で聞かせてくる。

そこに絶妙な精神と身体に対する操作を加えてくる。

例えば人の名前を聞かせた瞬間にドキッとする時があるが、それはその名前を聞かされたからではなく、そういう操作をされている。実際に現実の会話をしていても都合の悪い事を言われたりすると目線がずれたりする事があると思う、或いはドキッとするような言葉を聞かせればそうなるだろう。微細な緊張感から恐怖感や不安感、猜疑心や安心感など興奮感や殺戮的な気持ち、悲しいような寂しいような気持ち、何かに負けて悔しいような感情や惨めな気持ちなど様々な感情を送りつける事が出来ると思われる。

しかも、それらの感情を送りつけるタイミングをずっと見張りながら待っていたり、筋書きを作りこの場面に来たら、この感情を送信する、なんて計画性も感じる。一日で1回しかない、しかも数秒間の出来事に対して、それだけに狙いを定めて感情のコントロールをする事だってある。

特定の人間に会うと嫌悪感が酷くなる、或いは異性に対する特殊な感情、性的な気持ちなども自由自在に操れると思う。

仕草を作るには人前で鼻を痒くしたり、頭を痒くさせれば、その場面での演出を作り出す事ができ、咳をさせる、くしゃみをさせる、トイレに行きたくなる、なんていつでも何処でも可能だ。頭痛や嫌悪感などを合わせれば印象の悪い人間を作り出すことが出来る。

においの送信や何かを気にさせる思考の挿入もある。

それらが信じられないくらい病的かつ執拗に行われるのが、この犯罪の特徴だ。信じられないタイミングで待ち構えている。それらも病的なまでのストーキングというか監視行為を行っている結果である。

極めつけは脳への攻撃で思考能力を低下させたり、記憶異常にした上で途切れることの無い音声やノイズの送信により周囲からの乖離を狙うことだ。それらは無口な人やうつ的な人を作り出す事もできる。人間の五感に一枚膜をはってしまうというか、日常的に加害者によって作り出された現実にはない環境で生活をさせられてしまう。当然、周囲とのズレが生じ変な人だと見られるようになる。

また、ある種の声の送信や思考の挿入と同時に「嬉しい」という感覚にされられ「そうして欲しい」という考えを次に送り込まれると、自分の意思決定とは別に送り込まれてきた内容に対して自分が「嬉しいからそれを望んでいる」と感じたと錯覚を起してしまう。

更に、思考盗聴が先か意識の挿入が先かと言う問題にも発展してしまう。何かの意識を挿入された事に気が付かなければ、挿入した意識を言い当てれば思考を読まれたと感じてしまう。私の少ない体験からは両方があると感じている。

洗脳の技術とでも言うのだろう。

3:20
アップしたら「君は酷い人権侵害に遭うぞ」と脅迫をされる。

「もうすでに遭っている」と答えると

「もっと酷い人権侵害に遭うぞ」と脅迫の上乗せをされる。

7:00
苦しくて、苦しくて、目が覚める。
ただひたすら、眠気と疲労感が酷い。
しかし、脳の操作であるので覚醒させられてしまう。

「お前、殺されるぞ」
「他の被害者はここまで書かないぞ」

と脅迫をされる。

しかし、それは全部嘘であり、私に罪悪感を持たせようとする為である。「日記を削除しろ」と毎日脅迫をされている。これだけ酷い睡眠妨害を毎日行ってる加害者は「夜は寝よう」、「ちゃんと朝から働こう」、「怠け者、ぐうたら」などと毎日罵っている。

自分達の犯罪を無かった事にする為には、恐らく、目に見える形で人を殺すこともするだろう。この犯罪にやられて多くの被害者が精神病院に強制入院させられている。失職させられてしまう被害者はもっと数が多い。

殺意がなければ出来ない何よりの証明だ。

11:22
結果就寝が4時頃で
7時に起されたが眠さの余りに無視して再び寝る
次は11時に目が覚める
「あーあ、朝から仕事をさせてやりてえなあ」
と声の送信をされる。

キーンという音と脅迫のような作り話、歌のリピート送信をされている。

23:25
声によるリアルタイムの嫌みと脅迫
キーンという音を中心にしたノイズの送信
思考能力低下と記憶障害
肩や足の筋肉を痛くする攻撃
全身疲労のような倦怠感

延々と続けられている。

政治方面からの広報と言うかその方面での話しが少し進んだ。

最近は良く、酷い苦痛を受けさせられている時に目の前にある物を破壊したくなる衝動が起きる。その時には必ず薄っすらと物を破壊している映像が頭に浮かんで来る。そしてその直後に「それを壊せ」と声の送信をされる。

ここまで書くと呼吸困難になり意識が薄れてくる感じになる。キーンという音以外には特別に何かの音は聞こえないが鼓膜が詰まったような感じになり、周囲の音の聞こえが悪くなる。鼓膜を操作しているのだろうか。

「近所の迷惑を顧みず、こんな日記を書くな」と加害者が戯言をほざき、私が悪い事をしているかのように言うが、社会の迷惑を顧みず、破壊活動に勤しんでいるのが加害者である。

寝る。

脳の刺激か、直接刺激か

6:17
昨夜は就寝が2時。
目覚めと同時に人間関係で悩まなければならないような事を想起させられたり、自分の姿がみっともないとか、他人に不快感を与えるようなクセがある、など一旦意識してしまうと常に気にしたくなってしまうような内容を送り込まれた。更に記憶の消去というか瞬間的に忘れさせてしまう事をされるので書いている最中に文章が次へ繋がらなくなってしまう。

連日の睡眠妨害で疲労しているが、しっかり6時に起された。ここまで執拗な脳への攻撃と睡眠妨害を繰り返されると、年間の被害継続カレンダーでも作成しなければならない。例えば24時間の音声被害になってから2年以上経つ、睡眠妨害をされて2年、目眩・記憶障害が終日行われるようになってから一年、などと言うようにだ。

ところで

痒み、痛みなど身体攻撃は

場所を正確に狙っているピンポイントの攻撃だと思うが

それだけ正確ならば脳の内部もミリ単位で攻撃できると思う。

身体攻撃は脳の刺激か、身体のその場所を攻撃しているのかどちらだろうか。ツボを正確に狙ってくる、なんて話もあるし神経のある部分を刺激すると別の部分が痒くなる、などと言う現象も考えられる。

11:49
その後もう一度寝て10時に目が覚める。

「近所で朝寝坊していると有名だぞ」
「あーあ、早起きさせてあげたいな」

などと声の送信をされる。

音楽のリピート送信もされ、声では嫌味、脅迫を続けられた。その後会社に行き仕事をしているが、音声送信はずっと続いている。時間が空いたので日記にログインしようとすると「やめなさい」なんて声の送信をして目眩をさせられ頭がボケた感じになる。音声のボリュームは小さい。

22:30
11時の被害報告の後に被害者のブログや政治関係のブログを見たが攻撃が酷く全く読むことができなかった。今日はかなり長時間右半身を徹底的に痛くされている。右の足の筋肉、肝臓、右の肩、右の歯、右の頭、右の腕などだ。

思考能力の低下や身体への苦痛の他に、著しく集中力の低下する攻撃があるようで、何かをやりだしても深く探求したりすることは不可能になる。その攻撃に耐えて頑張ってもせいぜい1分程度の集中だ。折角3万円出して買ったソニーのノイズキャンセルヘッドフォンも簡単に試した程度である。

型式はMDR-NC500という物でデジタル化されたノイズキャンセル装置を備えている。99%のノイズキャンセル率と言うので高いとは思ったし、店で試聴した時も音声送信には全く変化を感じなかったが、何よりも気分的に楽になり、特に周囲の騒音が増強して聞えるような場合に効果があるのではと思ったので思い切って購入した。

思った通り音楽を流さなくてもノイズキャンセルのスイッチを入れてヘッドフォンをするだけで周囲の雑音が消えてしまうのですごく気分が楽になる。送信されるキーンというノイズなどが小さくなるとは思えないが、とにかく四六時中音声送信で煩くてたまらない方にはお勧めだ。効果の保証はできないが一度試して頂きたいと思う。しかし、耳栓をすると余計に音声送信が気になると言うのと同じ理屈で雑音が無くなると余計に音声送信が気になる可能性もあるかも知れない。

早速、変な現象が起きてしまった。

ヘッドフォンの左側にだけ時々ザーというノイズが発生した。

今も、頭痛と肩や背中の痛み、目眩と思考能力の低下、嫌悪感、臭いなどをやられ続けている。音声のボリュームは小さくなっているがキーンという音と声の送信も続いている。それにしても24時間張り付いて離れない個人に特化した人生破壊工作、精神への介入も行い続けると言う歴史的な人権侵害、新たな広報作戦に出なくてはならないと思う次第だ。

28日1:20
ヘッドフォンのテストの意味も含めて音楽を聞いていたので少し遅くなってしまった。ついでに一曲、アップして置いた。

それにしても脳を締め付けるような感じ、記憶を消される現象、思考能力の低下などの攻撃をずっと毎日受け続けいてるが、そう言った脳内での犯罪に関する損害、罪の重さなどを、そろそろ学問として研究した方がよさそうな時代だと思う。

寝る。

電磁波犯罪は社会の認識を変えるだけでは無くならない

3:29
何か夢を見させられて目が覚める。

「お前、狂うぞ」と脳内音声で脅迫をされる。

音楽のリピート送信とシューっと言う音がしている。猛烈な尿意もあったのでトイレに行く。それこそ申し合わせていたかのように新聞配達のバイクが来た。それはあまりにも唐突に聞えた。なぜなら、走って来る音の連続性がなく、突然、すぐ手前から来たように聞えた。本来であれば近所を配達しながら私の家に到着するのに、そこから配達が始まったように聞えた。まあ、そんな事はどうでも良い。

人間の遠隔操作

音声送信も含め、これが最大の問題である。

トイレに行く時にふらふらして家具にぶつかってしまう。手を洗う時に下を向くと酷い目眩がする。これらは眠さの為ではなく、脳の操作によりそうさせられていると断言できる。完全に記憶を消去しない限り、不自然な事は、不自然な事として、経験から断定できるものである。

人間の判断は過去の経験の記憶の上に成り立つ。

広報も大切であるが、それらを絶対に許さない。人類の危機であるという、力のある人間の行動がなければ絶対に無くならない犯罪である。

遠隔からの人間のコントロールの危険性、恐ろしさを知る人が増えただけではで根絶する事ができないくらいの隠蔽体質の元に行われていると考えている。なぜなら、そんな事が可能であるとテレビで報じられ、あらゆる犯罪に使用できる可能性があるなんて知られたら社会はパニックにならないだろうか。

人類史上最悪の犯罪、なんとかして欲しい。

8:58
予定より1時間早い8時に目が覚める。
音楽のリピート送信とシーンとかシューという類の音がしている。そして、少しずつ声による嫌みが始まり、引っ切り無しになる。

まるで演劇の役者にでもなりきっているような感じだ。

その声の送信による嫌みの発想はこちらには、間違えた、失敗した、などの意識のない日常良くあるうっかり忘れてしまった、程度のこともすべて失敗として貶しの対象にされ執拗に貶される。それも少しでも醜く、いやらしく、聞いた人間に不快感を与えるための喋り方に徹し真剣に役者になりきっている感じが伝わってくる。

しかし、普通では聞えない脳内音声は聞えているだけで思考や生活の妨げになるし、嫌みであるのでイライラして腹が立つ。脳に対する攻撃(意識障害や精神の操作)をされていなければ、その声が如何に馬鹿げているか良く判る。

記憶障害は忘れさせたり、思い出せなくされる

意識障害は意識が薄れ体に力が入らなくなる

精神の操作は様々な精神状態にさせられる

23:13
今、自分のブログを表示して「管理者ページ」というリンクをクリックしたらパスワードも何も入力していないのにいきなりログインしてしまった。こういうのをハッキングというのだろうか。

今も歌のリピート送信をされている。

ノイズキャンセルヘッドフォンというのを試しに買ってみた。加害者は「ビッグカメラ」のコマーシャルソングを執拗にリピートしていたが、私がヨドバシカメラで買うと今度は「ヨドバシカメラ」の歌を執拗にリピート送信する。

朝、出掛けの被害報告

誰もいないと思える駐車場に車を止めて携帯電話からサイトにログインしようとすると極端な体感被害がないのに自分が何をしようとしているのか目的を見失ってしまった。サイトにアクセスしてIDを入力しようとすると英字入力に切り替えるに非常に苦労をしてやっとの思いでIDを入力したのだが、その後にパスワードを入力するのが当然の流れであり、考えなくてもする行動であるのに、ただ呆然としてしまい、自分が何の為にそのサイトにアクセスしようとしているのかも判らなくなり、驚いてしまった。取りあえず目的は達成できたが、本当にびっくりした。

その後もクレジットカードを取り出す為に財布を出したのに小銭入れを開いてしまうなど意味不明の行動を起しそうになった。勿論、小銭入れを開いた瞬間に自分の間違いに気が付いたが、嫌な感じである。財布を出したのは他人が大勢いる場所であり、頭がボケているので他人の視線も気になっていた。すると「他人の視線を感じるのが嫌なら謝れ」と何度か声の送信をされた。

よく、道に迷わされてしまった、電車を乗り間違えさせられた、などの被害報告があるが脳を操作されていれば十分に有り得ると思う。

それにしても自分が何をする為にそこに居るのか判らなくなってしまう、なんて被害があっていいのだろうか。危険すぎる。

24:34
声の送信による干渉と音楽のリピート送信は続いている。

帰りの車内で本を読んでいると加害者はデタラメな根拠のない声の送信をして来る。周囲にいる人を利用して作り話を聞かせてくる。全く無視していると足の親指を執拗に痒くされるが、靴を履いているので痒くでも我慢する。

27日1:39
探すのに1時間ほど掛かってしまった。

「ミリ波とマインド・コントロール」
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Millimeter_Waves_and_Mind_Control.htm
この記事には、加害者が特殊な訓練を受けた者であるとか、なぜ絶対に攻撃をやめないか、などが書かれている。色々な情報がある。

このサイトには膨大な翻訳資料がある。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/mind_control.htm

上記サイト内を目的の記事を探す為に検索している時に1時間以上ずっとマウスを操作する右手、右肩、右の歯が痛く、イライラさせられ大変だった。筋肉を痛くさせられる被害がある。

そう言えば、最近は加害者の声が全く自分で考えていない事を挿入し、まるで自分から出て来た発想のように感じてしまうのに気が付いている。自分の発想と挿入された発想の区別が非常につき難いと言う事は、かなり危険だと言うことである。

寝る。

電磁波による破壊活動を止めて欲しい

5:26
また、睡眠妨害で起される。就寝して4時間。
合成夢を見させられて目が覚めるが、連日の睡眠妨害の為に疲れていてすぐに眠ってしまう。最後は顔(鼻やアゴ)を連続で痒くされ目が覚める。いつもと同じように考えてもいない、気にもしていない事を想起させられる。音楽のリピート送信もされていて、キーンというノイズは声の送信より大きい。

「仕事がなくなるぞ、失職するぞ」という暗示である。

「他に行かせろ、引っ越せ」というのも得意だ。

もう、すでに一度引越しをさせられている。

これでは広報活動をしないわけには行かないだろう。

10:55
その後は9時少し前に目が覚める。いつものように脳内音声によるリアルタイムの嫌味と脅迫をされる。声のボリュームが小さく、所々は何を言っているのか聞こえない。しかし、同じ程度のボリュームでもハッキリと脳内に言葉が伝わってしまう種類(送信と同時に呟かされてしまう)種類の脳内音声があるようだ。

「巨人の星」の歌をリピート送信して「真っ赤に燃える」という所の歌詞に引っ掛けて「お前の家を火事にしてやる」なんて脅迫もされている。脳内音声=証拠にならない、なんていう卑怯なやり方で脅迫の連続である。

目覚めて30分くらいするとなにやら脳がぼんやりとしてきた。

脳の操作に他ならない。

21:05
今日も一日中、頭がボケて無気力になる脳の操作をされている。

特に酷いのが歌のリピート送信だ。

全く途切れないし、先ほどからはキーンという激しいノイズの送信と頭痛と言うか圧迫感のような感じで右の肩から頭の右半分に違和感があり、右の耳が詰まったような感じにされている。夕食後はお腹がパンパンで大量のゲップが出たりオナラが出たりする。声による脅迫も執拗に行われている。

「今夜も寝させないぞ、一晩中苦しめ」と言っている。

脳の操作で何事も無気力にさせる事ができるので、日記もこれ以上書く気にならない。

次なる広報も考えている。
何もしなければ人権を取り戻すことはできない。




被害報告書籍の共著が決定しました。

詳しくは下記「バッカス&ミューズ」をご覧ください。
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/

ついでに新しい被害ブログを発見しました。
「テクノロジー犯罪 ときどき 集団ストーカー」
http://trinri.blog78.fc2.com/

更にもう一つ被害ブログです。
「集団ストーカー電磁波兵器による攻撃」
http://bestfrends534.blog78.fc2.com/

これは新しく被害者が増えている事を意味していると思う。

23:50
管理画面にログインしようと思ったが一度目はパスワードをちゃんと入力したにも関わらずログインに失敗した。

今日は夕方から脳に対する酷い攻撃を受けている。

キーンという音や耳が詰まったような感覚、声による集中的な攻撃も酷い。メールやブログにログインする時のパスワードも何度も間違えさせられてしまう。こうやって被害報告をタイプするのにも普段よりもスピードが出ないしタイプミスが余りにも多い。

脳を攻撃されているからだ。

電磁波によるテロをやめて欲しい。

先ほどから音楽を聞いている。日曜日に自分で演奏したものだ。最近は脳内音声によるメロディーに合わせた嫌みの送信が酷いので音楽を聞くのが嫌いになってしまった。しかし、自分の演奏だけは聞いて修正をしなければ向上しないので嫌がらせに耐えて聞いている。そうすると脳内音声によるメロディーに合わせた嫌み「や下手くそだ」などと言う邪魔がひっきりなしに行われる。

これ以上貶す事は出来ないくらい貶される。

そして、実際に演奏中にも脳内音声で違うメロディーを送信されたり、命令をされたりして曲の何処を演奏しているのか判らなくされていた事を思い出す。この為にライブハウスなど人前での演奏活動ができなくなっている。腹が立つことこの上ない。

明日はテク犯の街頭活動がある。

それに行くなと脅迫をされている。

実は今日は被害が飛び火した為に警察に行ってきた。電磁波被害のことでも何かあったらいつでも来てください。警察でも出来る限りのことはします。と言われた。

加害者が送信する醜い言葉は自分達が言われてきた言葉を誰でもいいから言って見たいから言っている、のように感じるのは私だけだろうか。今もタイプする言葉を全部声の送信でトレースされている。しかも、人を馬鹿にして笑っている顔のイメージを送信している。

本日はある被害者の方から電話があり、「被害が酷いので自殺しようと思った」なんて告白されてしまったのでドブゴミどもの戯言なんか笑い飛ばせと言って置いた。でも、自殺しない限り逃れる事ができないのは事実であり加害者の罪は殺人より重いと思う。何しろ罪の重さを承知しているにも関わらず絶対にやめないのであるから。

それから某大学に先週末に送付した資料が届いたかの電話を入れてみると「これから先生方に読んで頂く所です」という返事を頂いた。何かの回答が来る事は、ほぼ考えていないが事実として電磁波犯罪、脳の操作が行われている事は知って頂く必要があると思っている。

それよりも大切なのは政治的な方面からのアクションだと思う。

今、また脳への攻撃が酷くなり、目眩と記憶障害が酷くなって来た。

これが電磁波犯罪の実態だ。

25日1:15
音声が小さくなったと思うと、脳への攻撃が強くなる。

寝る。

電磁波犯罪は破壊活動だ

1:03
また睡眠妨害をされている。
明日は被害者と約束がある。
それを加害者は知っているので睡眠妨害をする。

1:21
まずノイズの送信が激しい。高いのを数種類、低い音、モールス信号のようなもの。声では集中的に脅迫をして来る。音楽のリピート送信も途切れない。そして、頭痛と顔や足の指、肘などの痒みを引っ切り無しにする。クシャミをさせられる。お腹の空気を溜められる。そして、声の送信に連動した映像の送信をして脳を働かせる。勿論、覚醒もさせられている。

これだけやられたらで眠ることは不可能だ。

乳首を敏感にさせる、という変態行為も行われている。

口から出まかせを言いたい放題。よっぽと困っているのかも知れない。

4:45
合成夢を見させられて目が覚める。
完全に脳が覚醒している。

「びっくりして、慌てふためかせてやる」
「死にたいのか」
「力の無い者が、力のある者に逆らうな」

と脅迫をされる。

ふざけるなと、すべてを拒否する。
被害がなければ、私は何もしない。

9:51
9時半頃に夢を見させられ目が覚める。
音楽(ジャズ)のリピート送信が行われていて、キーンという音がして、頭痛もしている。疲労感のある最悪の目覚めである。実際に睡眠妨害をされなければ長い時間継続して眠れるし不快な目覚めにはならない。加害者は「お前が何時間寝ているか積算をしてみろ」なんて言って私の睡眠妨害の被害が大した被害ではないと主張する。

確か6時半頃にも合成夢を見させられ中学の時の同級生の名前を出して「お前はそいつに打たれるぞ」なんて執拗に脅迫をされイライラさせられた。しかし、幸運にも無視をしてそのまま眠る事ができた。

今は、やや目眩と記憶障害にされ、声の送信で脅迫をしている。
内容は広報をするな、のような内容だ。

24:45
今日はあまり酷い攻撃は無かったと思う。

しかし、見聞きしたものにリアルタイムで干渉する音声送信はまったく途切れることはない。

ただ、目眩や自覚できる記憶障害とは違う、理解力の低下というか、決して内向的ではなく自分の世界に入ってしまい、他人の話を聞き逃すような感じが続いていた。眠くもされていた。

寝る。

電磁波被害に対する最近の広報活動の報告

9:06
就寝時に睡眠妨害
予定していない時間に起こされる
目覚めると音楽のリピート送信と声の送信による貶し、脅迫がひっきりなしに続く。そして、その後に目眩・記憶障害などの脳への攻撃が始まり。痛い・痒いなどの身体攻撃をされる。これは毎日のことであり、程度は加害者の気分でいくらでも調整できる。

今日は顔を洗っている時に突然、強い意識誘導があり水道の蛇口に顔を思いっきり叩きつけたくなる衝動に襲われた。衝動を感じる方が「顔を叩きつけろ」という声や顔を叩きつけるイメージを送信されるよりも先であることに注目したい。何かを脳に送信されている事に気が付かないレベルでも衝動が起きてしまうのではないか。

目覚めた直後に隣の家の生活音が聞えた。その直後にキーンという音を送信され周囲の環境音が聞こえ難くなる。キーンという音に代表されるノイズの送信には色々な意味があると思っている。不快感は勿論のこと周波数によりある程度の精神状態のコントロールが可能なのではないかと思う。可聴音だけならまだ良いが脳に影響を与えると言われている極低周波なんかを送信されていたらその影響を受けるだろう。

更に昨夜は不思議に思った。キーンという音とともに女の声が左の耳に聞えていた。近くの道路を1台のトラックが走ってきたが、そのタイヤの走行ノイズのある周波数帯だけが強調されて大きく聞えてきた。しかも音は空中に浮かんでいるように聞こえる。

音と音が混ざると音量が大きくなるという現象があるのだろうか。

たまに水道の蛇口のシューっと言う音が異常に煩く耳がキンキンすることがあったり、ビニール袋の音などがやけに響いたりする。風呂に入っている時もシャワーの音がしていると声の聞こえが逆によくなったりする。不思議である。

この前、スタジオで誰にでも聞えるキーンという謎の音がしていた。音響機器のハウリングではない。照明装置のスイッチを切ったが音は止まない。音の発生源も判らない。それは録音されているので周波数を調べてみると5000ヘルツ付近だった。べつに不快感がある訳でもなく私は神経質でもないので気にはならなかったが謎ではある。

広報の報告

ここ数ヶ月の間に20以上の箇所に資料の送付をした。
日常の日記も同じだが、すべてを書くかどうかで考えてしまう。たとえば新聞社3社に資料の送付をした。何処の新聞社なのか、内容はどんなものかなどである。結果、これは個人の被害日記であるし妨害工作もあるかも知れないので大まかに報告をする。

大学や研究所、本の著者などを主な対象として国会議員の方にも送付した。内容はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの提出した要望書のコピーと街頭配布用のチラシ、電磁波などによる脳の操作や身体被害がある事を知らせる客観資料と自分で作成した文書である。まず電話でこのような資料を送付したいと伺い許可を頂いてから送付する。その後に電話をして読んで頂いたかの確認を取る。

まだ途中なのでこれと言った形にはなっていないが現在までに研究所では「理論的には不可能ではない」、「今ある技術では無理」、「軍事テクノロジーなら有り得るでしょう」、「研究の範囲外です」と言った感じの返事を頂いている。特に犯罪であれば研究の対象外です、脳を計測して欲しいなら臨床は病院でないと出来ません。などの回答も頂いている。中々そう言ったものを文書で頂くことは難しいので口頭である。常識的に考えると大学や研究所では人間に危害を加える技術の研究はしていないと言うことになるし、私は研究機関を疑ってもいない。なぜ広報をしたかと言えば被害解明の為に何かしてくれないかと思ったからである。最低でも知って頂くだけでプラスになると思う。

省庁への広報や相談でも「今後の研究の参考にさせてもらいます」、「そう言った被害の解明の為の研究をする提案を出して見ます」などの回答を頂いた。

政治関係でも進行中であるが多少の前進はある。

このような事を日記に書くのは危険だと感じてしまうが少しでも被害者の方達の参考にでもなればと思ったので書いてみた。大切なのは加害媒体を特定する事と加害元を発見する事だと思っている。

現在、被害も進行形だ。

それにしてもつくづく嫌な時代だと思う。

23:18
今日は被害はやや緩かった。
しかし、思考盗聴と脳内音声被害は全く途切れない。
痛い、痒い、匂い、なども様々な方法で行ってくる。ひっきり無しではなく変化を付けているし、強烈に興奮させられる事がないので緩いと表現している。頭痛は継続しているようだが、気分が良くなったり、異常な疲労感がなくなったり、現実との乖離感がなくなったりする場面が少しあった。

全体的に見ると

人間が自然の生活の中から受けるあらゆる感覚や情報を違うものとすり替えてしまう被害だと言うことも出来る。実際に見聞きすることの出来る情報に関しては妨害をするなどにより入路を遮断するなり歪曲させて受け止めさせるようにする。

たまに「袋叩き」、「集団リンチ」と言う言葉で表現できるような酷い暴行を受けているように感じる時もある。しかも、恐ろしいのは脳の操作であり、本気でやられたら人間であれば耐えられないと言うことである。勿論、痛い、苦しいも大変だし、不自然な痒みだけでも継続したら想像を絶するような世界へ突入するだろう。

寝る。

テロリストの生意気な説教

6:29
どうも不快な苦しい感じで目覚める。
タイミング良く母親の声が聞こえる。
すかさず「親の苦しみを思い知れ」と私に向かって脳内音声で説教をする。
次に「失職させてやる」と送信。

仕事を奪われるのが嫌なら従えという内容の脅迫である。

そして極めつけは私が加害者に対して言うべき言葉

「袋叩きにしてやる」
「社会にはルールというものがある」

という言葉を加害者の声ではなく別の誘導性のある脳内音声で送信してきた。これは「失職させてやる」という声のような聞こえ方ではなく、自分の発想のように自分の内部に想起され、しかも、送信と同時に呟いてしまう。しかし、実際には声に出してはいない。

思考盗聴と脳内音声のテレパシー通信が接続状態であるので日常的に加害者に対し声に出さずに言い返すことが出来る。

その方法がどうも思考盗聴により私が言いたい事を感知し加害者が私の思考や声に出さない呟きに重ねるように声の送信をしているようだ。

それともう一つが誘導である。

これにはトリックがあり錯覚を起させていると考えられる。自分の発想ではないものを脳内に送り込んで来て呟かせる方法、脳内に送り込んでもいないし、呟いてもいないのにそう感じさせる方法。

脳内に自分の声と認識されている声が聞こえれば脳は自分の声と判定するので、もし脳内音声でその声を送信できれば脳が騙されてしまい自分の発想や呟きだと思ってしまう。なんて説もある。

いずれにしてもそう言った方法で人間の遠隔操作を実現している。

そして極めて程度の低い嫌がらせをする。例えば「世の中にはルールがある」と私が加害者に対して呟く、するとそれと同時に「タイガーマスク」の歌をリピート送信する。このような具合に私が加害者に対して呟いた内容に応じて漫画の歌のリピート送信をする。

更に脳の操作も同時に行われている事も忘れてはならない。

記憶障害、目眩、きめ細かい精神状態の操作だ。しかも体感まで付けている。例えば興奮状態にするには心拍数を変えるのも重要であり、実際に変えている場合と振動感を胸に感じさせる(実際に振動しているか、そう感じているのか不明)場合なと様々なトリックを使っている。

とにかくあらゆるトリックを使って錯覚を起させている。

そんな電磁波テロリストが被害者に説教をするなど言語道断である。しかも、その手法は常に決まっていて、睡眠妨害をされるから朝起きられない、という大前提を無視して「お前が悪い、ぐうたら、怠け者だ」と罪悪感を徹底的に植えつけてくる。

すべての始まりは電磁波テロで

すべて悪いのは電磁波テロリストだ。


これは常識であり、当たり前である。

さて、加害者の脅迫や更なる被害を恐れて水面下に隠れている被害者の被害がなくなっているだろうか。程度は酷くなくても普通の生活を送ることは出来ていないはずである。

職業を奪い取られ、周囲からは精神病と見られ、

毎日被害に苦しんでいる被害者の気持ち。

殺意がなければ出来ない犯罪である。


12:53
今、昼休みのブログ閲覧をやっとの思いで終えた所だ。
目眩、頭痛、声の送信、呼吸困難、お腹は空気でパンパン。
当然、脳の操作をされているので記憶障害や嫌悪感もある。

物を考えさせない攻撃が延々と続いている。

睡眠妨害が酷いので朝7時半に薬を飲んでもう一度寝たが、10時少し前に目が覚めてしまう。夢を見させられていたようだが意味が分からない。すぐに声の送信で「壊れたコンピューターにはまともな情報を送る必要はない」と夢の説明をされた。夢の内容はデーター通信の実験をしている夢であった。

キーンという音が大きく、声は小さい。

顔を洗っている時に下を向くと目眩がするが寝起きだからではない事はすぐに判る。その時点では歌のリピート送信がされていないので何かを考える隙間があり、考え始めると声の送信により邪魔を開始される。結局、目覚めて30分しない内にいつもと同じ攻撃を受けることになる。

体が全体的に熱くてたまらなくなる被害があるようだ。

寒くて夜寝られないという被害もあったと思う。しかし、加害者の音声送信のタイミングは人間が無意識に活動した直後に狙いを定めている。それも毎日ずっとへばり付いて執拗に攻撃を続けてくる。サブリミナル音声などを使用して人を騙すには無意識の時が一番で、そのたびに「また、引っかかったぞ、ざまあみろ」なんて声の送信をする。

21:45
今日もずっと頭の芯をボカされている感じで物事に集中しようとしてもそれをさせないような攻撃を受け続けた。

広報の方も関係省庁に電話で確認を取る所まで行った。

帰宅後は珍しくテレビの音量が大変大きく感じたので半分まで下げた。音声被害を受ける前はボリューム4で聞いていたが最近は8になったりしていた。3でも煩いくらいに感じるほど耳が静かであった。よほど酷い攻撃を毎日受けているのだと思った。

被害者の方に連絡を取るとそれを口実に脳に対する攻撃を強めてくる。イライラして暴れだしたくなるような気分にされ、呼吸困難にもされる。そんな時には必ず私の呼吸にあわせて加害者が声の送信をする。

武器を使って陰に隠れる卑怯物、最低のまだ下があるようだ。

22:14
上記アップ後に耳にキーンとかシューっというノイズを強く送信され、鼓膜が詰まったようにされている。歯が痛いというのも困った被害である。痛くなる場所はあちこちにあり、タバコを吸う時に沁みるように痛くなるのが多い、昨日までは右側だけだったが、今日は左側も痛くされている。

目蓋を痙攣させられる被害があるが

実際に痙攣している事を確認できた。


筋肉の痙攣も右足の痙攣を目撃している。

23日1:52
その後はそれほど酷い攻撃はされていないが声の送信や細かい被害は途切れない。

それにしても電磁波テロ

最低の最悪だ。


寝る。

加害者曰く「キチガイの日記」

1:10
また脳を覚醒させられ全く眠れない。
強制テレパシー通信であるから考えた事は全部加害者に盗み取られるし、歌のリピート送信をされると声を出さなくとも念仏でも唱えるかの如く独り言を呟き続けなくてはならなくなる。

人を殺してでも自分達が正しいと言い張るような連中だ。

こちらの被害日記を読んで欲しい
平塚、東京、ロンドン、横浜
http://groups.exblog.jp/
かなりの被害であるが脳内音声の芝居が実に巧妙で何処までが嘘で何処までが本当だか判らない。しかし、私の加害者は全く論拠がなく、聞いて呆れるような単発の罵りや嫌み、脅迫しかない。「殺されろ」、「また笑ってやるよ」、「笑われろ」、「恥をかけ」、「みじめー」、「あわれー」こんなのを脳の操作をしてまともに何も出来ないようにした上で浴びせているだけだ。しかも、毎日何をしていても言うことは同じ。理由の説明も無ければストーリーもない。そんなものはどうでも良いのだが、加害者も面倒でやるのが嫌なのだと思う。

しかし、最近は各被害者に対する攻撃が酷くなっている。

なんとしても電磁波による人間の遠隔操作を隠蔽したいのだろう。


猟奇殺人事件と脳の遠隔操作

何か関係がないだろうか


日本政府は真剣にこの問題について対応すべきだと思う。勿論、猟奇殺人事件ではなく、人間の遠隔操作についてである。税金も払っている一般の国民の決して少ないとは言えない被害者が24時間365日精神への介入などにより憲法で保障されている人権を奪い取られて拷問のような奴隷のような状態にされている。しかも殺意がなければ出来ない犯罪である。実際に被害者の中で自殺をしてしまった方が確認されている。それも被害の酷さに耐えられなくてだ。

「キチガイの日記」ではなく、キチガイの犯罪の記録である。

2:17
やっと眠れたと思うと合成夢を見させられて起される。
体に発声させられる痒みも睡眠妨害の原因と思われる。

知り合いの名前を出しては「・・・に訴えさせろ」
バカの一つ覚えといった感じの声の送信だ。

「明日、目を腫らして会社に行け」なんて言っている。

記憶を消す事

うつ病のようにする事

これらは確実に出来る。


研究者に直接聞くことが出来た。

「軍事テクノロジーなら有り得るでしょう」

今、国会議員への話も進んでいる。

電波の類の電磁波ではない事も明らかになりつつある。

4:26
睡眠妨害で目が覚める。
鼻のわきの方を執拗に痒くしていたようだ。
音楽のリピート送信をしている。声の送信も当然だ。

今も積極的に脳の操作をしている。

目眩と記憶異常だ。
これは眠さの余りに目眩がしているのではなく脳の操作だ。

パソコンも部屋の電気も付けっ放しにしている。
加害者が「さぞかし近所の人が不審に思うだろう」と言っている。

しかし、私は全く気にしない。

何しろ歴史的な人権侵害の被害者であるから。

栃木県佐野氏の加害者の史上最悪のやり方を実録している。

本日の広報が楽しみでならない。
これが脳の遠隔操作の被害の実態だ。
殺意が無ければ絶対に出来ないことが証明されていると思う。

「わめけば、仲直りしてやる」と声の送信をしている。

これがテロリストの言葉だ。

「ふざけるな人殺し野郎」と返事をさせてもらう。

また、鼻の横を痒くしている。
これほど人権を無視した拷問はないだろう。
「効果てきめん」と加害者が言っているが意味不明だ。

集団で計画的に武器を使って20年以上も特定個人を監視・干渉し人生を破壊し続ける罪は余りにも重く償う事は到底無理である。

普通の神経でこんな事が出来るだろうか。
早く加害者を精神病院に隔離してもらいたいと思う。

「書けば、書くほど嫌がらせをするぞ」と声の送信をして、キーンという音を右の耳に送信している。暴力で相手をねじ伏せ奴隷のように服従させる犯罪である。

殺人でしょう。テロでしょう。

4:45
今度は頭痛と歯痛をさせてきている。しかも記憶の消去や改竄が出来る。洗脳であり人間改造でもある。絶対に元に戻ることの出来ない状態にしてしまうわけであるから殺意は間違いなく。加害を何年も休まずに続けているのであるから、その間毎日殺意があったと言うことも証明される。

5:15
執拗な語りかけが始まった。全身あちこちに発声する痒みはすべて通常のものではなく、スポット照射を思わせる冷たいような感じのものである。これではどんなに眠くても寝る事が出来ない。

8:30
足のくるぶしを痒くされ目が覚める。
それも何度も何度、目が覚めるまで続ける。
一晩中、音楽のリピート送信をされていたようだ。

被害者を犯罪者に仕立て上げる手法

被害者に自らトラブルを起させる手法


となれば猟奇殺人事件も関係があるのでは

早く名を名乗って出て来てもらいたい。
迷惑をかけている世間に謝罪してもらいたい。


11:00
薬を飲んで寝たにも関わらずなぜか10時半に目が覚める。
音声のボリュームはそれほどでもないが脅迫と嫌みを繰り返している。

「こんな生活をさせられたら病気になってしまう」と思ったら
「ノブがお前のことを病気にしたいと言ってるぜ」と送信された。
ノブとは加害者の男のことだと思う。

それにしても疲労感のある最悪の目覚めである。

普通の生活をさせないのであるから

結果、普通ではない人と思われるだろう。


22:24
ずっと歌のリピート送信と単発思いつきだけのダサい貶しの連続だ。
それにしても一日中、いい歳をした大人が数人で被害者にへばりついて下らない干渉を延々と続けている。全く意味のない攻撃で加害者が哀れでならない。誰も喜ばなければ楽しくもならない。

夕方は用事があり車に乗っていたが18時頃に駐車場に止まっていると突然、後頭部に違和感が出て言葉では表現のしようのない異次元の世界に突入した。これはいつもやられている記憶障害や嫌悪感と同じような脳への攻撃であるが、実際には視界も周囲の人の様子も何も変わっていないのは当然だが、目に映る景色が不自然で右目と左目が入れ替わってしまったかのような、表現のしようのない違和感である。しかも精神的にも想像力が突然なくなってしまい、嫌悪感とイライラ感が発生して世間の空気との疎外感・浮遊感のようなものが生じる。

脳の短期記憶を妨害されているような、目眩をされているような感じであるが、突然のギャップの激しさに驚いてしまった。なんとも不自由な思考の狭さを感じた。

いつも書いているが、酷い攻撃があっても知らないうちに弱くなっていたり、別の攻撃にスイッチしたりしている。

とにかく、そのような状態でも何とか極めて不自由であるが苦しみながらでも行動は出来るので生活している。

なんと言うか、悪の中の最悪と言った感じだ。

24:12
先週の日曜日に演奏した曲を今アップした所だ。
相変わらず音楽を聞いているとピアノの音に紛れて嫌みの送信をする。まるでピアノが喋っているようだ。音楽を聞くのをやめると、今まで聞いていた音楽をそっくり真似てリピート送信をされる。曲をアップする際に古いファイルを削除したりしていると、まるで自分の考えのように、あるいは自分の呟きのように声の送信をしてくる。うっかりすると騙されてしまう。キーボードで文字を打っていても全部声の送信で読み上げられる。本を読んでいても同じだ。

ほとんどの場合が私の分と加害者の分と二つの音声が送信されている。

後頭部の締め付け感と想像力の低下というか思考の自由を奪われている感じが強く、身体攻撃も含めて心身両方を乗っ取られている感じだ。

24:40
社会に迷惑をかけ続けているテロリストの言葉

「お前のせいで大勢の人が迷惑をしている」
「お前が死んだら息子が被害者になる」
「ざまあみろ、もっと苦しめ」
「かわいそうだから、許してあけようか」
「日記を全部削除してくれ」

あとは、何でもいいので脅し、脅迫、貶しを単発で思いつくままに何の脈絡もなく送信し続けているだけだ。また、捻くれた歌のリピート送信をしている。歌が上手いとでも言いたいのだろうか、口汚い中傷とは裏腹に自分達は偉いんだ、綺麗なんだ、のような感じである。その捻じ曲がった自己顕示欲には頭があがらない。一度加害者のオリジナルソングのようなものを聞いた事があるが、暗くて陰気臭い感じであった。

とにかく被害者を気分悪くさせ

やり場のないストレスを与え続けること

その一点に終始明け暮れている。


22日1:32
相変わらず偉くダサい歌のリピート送信を続けている。
加害者はいつも自分達に言い聞かせるような歌を送信しているように思う。歌だけでなく、声の送信でも、そのままそっくり加害者に当てはまってしまうようだ。

寝る。

電磁波テロの隠蔽工作は果てし無く続く

1:39
今日も睡眠妨害をされている。
眠りに就くと起される。
それも眠くて、疲れて、体が動かない。
目が覚めると、すぐに眠らされる、それを何度も繰り返す。

徹底的に被害者を攻撃しなければならない理由。

それは

人間の精神・身体の遠隔操作を隠蔽したい。

それだけだと思う。


本日の日記のタイトルは二つ、考えていた。

差別意識を植え付ける犯罪

軍事利用を目的に開発された兵器

集団ストーカー現象の隠蔽工作も行われているらしい。差別意識を植え付けられるという被害は数多く報告されている。これだけの脳の操作を行うのであるから軍事目的に開発された武器ではないかと言われてもいる。

私の個人的な考えだと

軍事目的に開発された武器をレンタル利用しているテロリストがいる。

反社会的な活動をする組織に取っては最高の武器となる。

武器を貸す方は更なる開発資金などが欲しい。


本来、テロリストを監視する装置であるがあまりにも手間が掛かるので自爆テロなどの犯人を見つけ出すのには不向きであり、或いは装置そのものが実験段階なのかも知れない。どの程度人間の思考を操れるか、加害をやめた後にも確実に人間を変える事が出来るか、などの問題もあるのだと思う。

それとは別だが隠れた金儲けにも利用できるかも知れない。

こんな日記をいつまでも書かせないで欲しい

ただ、それだけであり、大変な迷惑である。

更に考えられるのは、軍事とは別の路線で開発されたか、軍事目的に開発されたが、それに使うよりも社会を混乱させたりするのに使った方が面白い、という理由から世界中で人体実験のような事に利用しているのかも知れない。なぜなら大衆マインドコントロールの装置ではなく、特定個人に対する攻撃装置であるからだ。そしていずれは脳の操作には絶対に逆らえないぞ、というメッセージを被害者の報告により広め大衆を服従させようとするのではないか。海外での被害報告などを詳細に調べる事が出来れば傾向が掴めるかもしれない。ただ、猥褻な被害は海外でも同じらしい。

大衆マインドコントロールなどに関しては情報メディアなどで盛んに行われつつあるらしい。人間の発想がそこに行き着くまでの過程を調べ、そうなるきっかけを与えれば人間は自然にそういう発想を持ち、そういう行動に出る傾向があるという研究も行われているようだ。

脳の操作ではもっと強力に本人が気づかないように脳に直接、感情・発想の刺激を与えたり思考の誘導をする事が出来るのだと思う。

6:15
睡眠妨害により起される。
夢を見ていたようだが覚えていない。目覚めと共に頭痛がしている。それと右足の親指の筋肉というか骨というか、痛い。しかし、なぜ痛いのか不明であり、加害者は何かを勘違いしていると思われる。

それにしてもすべてを脅迫に利用してしまう。

警察に行けば
「警察に見張られているぞ」

公安調査庁に連絡すれば
「公安調査庁に見張られているぞ」

街頭活動に行けば
「写真を取られているぞ」

外にでれば
「近所で笑われているぞ」

人に会えば
「笑われているぞ、嫌われているぞ」

ブログにリンクを貼れば
「勝手にリンクしたので訴えられるぞ」
「ブログの作者に恨まれるぞ」

遠くに出かけると
「会いに行こう、分からないように」
「見知らぬ人に笑われるぞ」

本日のブログの内容について
「アメリカ軍に笑われるぞ」
「アメリカ軍に殺されるぞ」

このように何でもすべてを無理やり脅迫のネタにしてしまう。
それが頭の中で考えた事であっても。

ところで、人間の遠隔操作が出来るのだから動物も可能ではないかと思ったりする。犬が理由もなく吼えることなどないだろうか。動物と言っても色々いる。

9:53
合成夢を見させられて9時半に目が覚める。
ボリュームは小さいが音楽のリピート送信と声による脅迫が続いている。最近は目覚めた直後から頭痛を起され、肩や背中の筋肉を痛くされている。

記憶を消す、思い出せなくする事は

本人に無自覚で行うことが出来る。


罪の重さは計り知れない。

10:50
今、会社で仕事をしている。
見積書を作成するためにパソコンの前にいるが、酷い目眩と頭痛、全身に圧迫感というか静電気でも流れているような感覚があり、短期記憶をいじられているような記憶障害を起こされFAXに書いてある住所をパソコンに入力するのに一文字ずつ確認しなければ忘れてしまい正しく入力されているかの判断が出来ない。一文字ずつ確認しても、それが正しいという確信が持てないほどの強力な記憶障害である。音楽のリピート送信をしながら「あいつはバカ」と記憶障害の状態を監視しながらあざ笑うかのように脳内音声の送信をしている。こんなのが毎日何年も一日も休まずに続けられ、葬式の最中でもお寺でお坊さんがお経を上げている最中でもそのような攻撃をやめる事無く続けるテロリストであることも多数報告されている。

これでも殺人ではないと思いますか?

更に、呼吸困難にされ息を吸えない状態にされ、背中の筋肉も痛くされ「かわいそうに」と女の声を送信している。

17:44
頭痛、吐き気、目眩、記憶障害を起こされている。
声は小さいが「バカボン」の歌のリピート送信をしながら「お前は面白い、バカ、マヌケ」などと延々と脳内音声でほざいている。

今日は午後から仕事のために自動車で出かけたが上記にような感じの被害を受けていた。そして何故か自分の周囲にいる車に神経が行ってしまうと「笑ってあげたいよ、何の関係もない人の事を疑っているぞ」と言い、目の前に珍しいナンバーの車が居るのに気が付くと「やっと気が付いてくれたか、それが俺たち工作員の仲間だ」なんてどっちに転んでも周囲を意識したくなるような音声送信をしてきた。更にある種の刺激を脳に送りつけられると挙動不審となり周囲の視線が異常に気になり、すれ違う車が全員こちらを見ているように感じた。

社用でホームセンターに小物を買いに行った時には目眩と記憶障害と挙動不審にさせられ自分が「万引き犯人」として周囲から監視されているような気分になった。嫌な感じであるが脳をそのようにされているのでレジのおばさんに顔を覗き込まれてニヤニヤ笑われても、「何か用がありますか」と言った反撃には出られずにそそくさと店を出た。

そこで終わったと思ったら甘い。今度は記憶障害のために自分の自動車を探してしまった。いつも乗っている車ではないし、普段行く店でもないので余計に判らなくなってしまう。それに追い討ちをかけるような脳内音声の罵声を聞かされイライラさせられた。

ただひたすら我慢である。

広報の結果も少しずつではあるが出てきている。

今日も忙しいので電話くらいしか出来なかったが参考になる話も聞かせて頂いている。これは通常知られた技術ではないようである。

今も加害者は「今日も睡眠妨害をしてやる」、「後でわめかせてやる」、「恥をかかせてやる」、「広報したことの責任を取らせてやる」などと罵っている。

23:07
リラックスの為にサウナに行ってきたが広い館内でも声の送信や歌のリピート送信をされた。腹部に撃たれる感じがしたり肛門を刺激されたりして、お腹に空気を溜められた。勿論、頭痛や肩の痛み、嫌悪感もあった。目眩や記憶障害もされた。

目眩には色々な種類があり、なんとなく安定しないような感覚から大きく揺れるような感覚、縦揺れ、横揺れ、平衡感覚がなくなってしまうような物まで様々だ。

帰宅後にパソコンの電源を入れるとキーンという音がして「日記を書くのをやめなさい、出るとこにでればお前らは全員負けるよ」と声の送信をされた。FC2にログインしようとすると接続不能になっていたのでメモを残す。とにかく最近の被害は悪化していると言うか加害者のなんとしても黙らせたいという考えが伝わってくるようでならない。

23:20に再び接続を試みると繋がったので上記を貼り付けた。

この被害の酷さ

正直、呆れて物が言えない

あいた口が塞がらない

そんな感じだ。

寝る。

五感情報通信とは何ですか

2:41
やっとの思いで眠る事が出来たのだが、合成夢を見させられて目が覚める。旅先で悪い奴に狙われて不安で眠る事が出来ない夢である。不審な車両が近くに止まっていてそれが私の事を殺そうとしているように思え怖くて眠れない夢だ。

私は実際に誰かに狙われているとか、殺されるとは思ったことは一度もない。しかし、遠隔操作で殺されてしまうとか、精神病に仕立て上げられてしまうとは考えている。

今現実にこの世で一番酷い拷問を受けている

人間の遠隔操作なんてあり得ないという隠蔽工作や被害者を精神病と断定する工作だけは盛んに行われているようだが、この犯罪が行われていることは紛れもない事実であり、広報には実名などの個人情報を使用している。

世の中で一番酷いと言う理由は

どんなに酷い目に逢わされいても、その事実を第三者に理解させる事が出来ないような社会体制が敷かれている事だ。実際には医療機関というか研究機関が調べれば簡単に結果は出る。現代の脳計測の技術は信じられないような所まで来ているので、加害者が攻撃をやめない限り被害者の脳計測をすれば通常ではあり得ない信号を検出する事が可能と思われるからだ。

私は不眠症でも何でもなく、しかもここ数日の睡眠妨害は明らかに不自然であり、背中、肩の痛みや頭痛、音楽のリピート送信、脳内音声は幻聴や幻覚などと言うレベルの物ではなく、外部から悪意と殺意に満ちたテロリストが行っている事を強制的に知らせている。

最初の頃は本当に幻聴や幻覚のような被害の受けさせられ方をしていたが最近では加害者はそんな事はせず、徹底的に苦しめ、と声の送信をしながら確実にテクノロジーによる被害である事を知らせている。

せいぜい睡眠妨害でもやって頂きたい。

本日の仕事はキャンセルする事は決定している。

ただし昼間は広報活動をさせて頂く。

今も女の声で「かわいそうに」と半分笑いながら声を聞かせている。しかも日記を書き出すと音楽のリピート送信を開始した。

私の事を心配してメールを下さった方、有難う御座います。

ところで

総務省の五感情報通信とは何の事でしょうか
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_1.pdf
古いものではあるがこのPDFに文書の最初のが気になっている。
五感情報通信とは、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚といった五感に代表される、人間の感覚全体を情報通信の対象するもの。
一体何なのだろうか?

そして加害者は「お前は間違いなくキチガイ扱いされるぞ」と声の送信をした。私は全くそんな事は気にしていない。なぜならそれを気にしたら被害日記など書くことが出来ないからだ。しかし、良く調べるとこれらの被害を理論的・科学的に不可能であると否定する文書は何処にも見当たらない。

8:10
突然、目が覚めると同時に「巨人の星」の歌をリピートされる。
酷い疲労感とやりばの無い怒りが込み上げる。

「ざまあみろ」
「かわいそうに」
「かわいそうだから許してあげる」

もし、目の前に加害者がいたら

殴り殺しているだろう

死んでも殴るのをやめないと思う。


これが被害者の本音である。

この恨みは広報にて変えさせて頂く。

いまの倍以上の量にすることに決めた。

すると「加害者

上の文字には括弧が付いているがそれを間違えたと感じた瞬間かそれ以前に加害者に感知され「括弧を外してくれ」と声の送信をする。

「お前の事を殴り殺してやりたいと思っている人間は沢山いるぞ」、「お前が暴れれば近所の人が喜ぶぞ」と音声で嫌みを飛ばしている。加害者とはそんな存在である。ドブゴミと私が呼べば、それにも値しないとまで言う被害者がいるほどである。

被害者の方へ

どんな少量でもかまわないので被害ブログを書くことをお勧めします。これは証拠にもなるしどんな被害を受けているかを世間に知らせる事が出来ます。

22:50
結局、仕事は私一人で行う訳ではないので12時間の出張を終えて帰宅した。今はキーンという音とボリューム小さい音声送信だけだが、帰宅直後は「天才バカボン」の歌のリピート送信と声による脅迫と貶しの集中攻撃を受けた。被害者のブログなども満足に読めないような状態であった。

日記を書き出すと歌のリピート送信と肩と首の後ろの筋肉が硬直するような感じになり目眩というか記憶障害のような状態になる。

神奈川県の川崎から相模原へと移動して営業をして来た。成果はあり、行って良かったと言う感じだ。ただ、被害は所々でやられていた。例えば駅の階段を上ろうとすると足首が痛くなったり、駅から周囲の看板を見るとそれぞれの会社のコマーシャルソングを送信されたりした。酷かったのは駅からタクシーに乗った時にキーンという音とブーンという低い音をミックスしたような音を送信され目眩と記憶障害のようにされた時である。まるでそのタクシーに何か仕掛けてあるのかと思うくらいであった。しかし、同乗している人には何も影響がないので特定個人を狙い撃ちにする方法が取られているのだと思う。帰りの車内ではあまりの眠さに耐え切れなくなり少しの間眠っていたが鼻を痒くされて目が覚めた。

二日間睡眠妨害をされ続けただけで(声被害を含めた各種攻撃も受けているが)我慢の限界を超えてしまい「殴り殺してやりたい」なんて書かずにはいられないように追い込まれてしまう、それほど恐ろしい武器なのである。

読んで頂きたい被害者のブログを紹介します。

監視社会と電磁波犯罪ー真実を伝えたい
http://30029884.at.webry.info/

現代の不可視の拷問技術
http://blog.auone.jp/20060303a365harf/

24:26
強制テレパシー通信接続状態であり、身体攻撃も受けている。
風呂に入り歯を磨くと何故か突然、腹が減ってくる。

明日の予定を考えるのも加害者と一緒に、というかすべて監視・干渉をされながらの行為である。しかも干渉というのはすべてを貶し・脅迫に変えてしまうようなやり方である。正確に記すなら、ほとんどすべての考えに対し理由も根拠もなく貶し・脅迫に変えて声の送信をして来る。

寝る。

個人に特化した破壊活動

3:03
寝てから2時間で目覚めさせられる。
凄いノイズを耳に送信して起された。
バカボン、バカボンと執拗に音声の送信をしてイライラさせようとしているが全く効果は出ていない。加害者は殺意を見せないようにバカを装ったり、精神の操作をしてなるべく騒がれないように、少しでも長く犯罪を続けようとしているようだ。

絶対に騙されてはいけない

従って


電磁波テロに関する広報活動は今後も続けさせて頂く。

なぜなら、これは破壊活動そのものであり、殺意がなければ出来ない犯罪であり、その手法は史上最悪と言い切れるやり方で、個人に特化し証拠を残さずにターゲットとなった被害者に自ら普通では無いような行動を取らせたり、犯罪を起させるように仕向けているからである。

この犯罪の隠ぺい工作がどの程度のレベルで行われているが問題となる。

日本政府はこの悪魔の犯罪に対しどの程度の認識があるのだろうか

3:45
目覚めてから脳内音声で脅迫を連続で浴びさせられているがログアウト後に「子供達にも被害を受けさせてやる」と言う脅迫を頂いたのでそれだけは報告させてもらう。

テクノロジー犯罪被害ネットワークが文部科学省に提出した要望書にも「子供に対する被害」というものが書かれている。加害者は恐らく子供にも被害を受けさせるくらいの事はするだろう。子供であれば被害を被っていても全くそれとは知らずにいるだろう。実際に子供が被害を受けているという証言を聞いた事もあり、私も怪しいと思っている。そのくらいの事が平気で行えるようなテロリストで無ければ人間の精神への介入や脳の操作などと言う犯罪を24時間休まずに行うはずがない。更にこの犯罪は20年や30年前から行われてきている破壊活動の延長線にあると考えている。

5:00
あれから全く眠ることが出来ない。

脳の操作であるから覚醒させられたら薬を飲んでも絶対に眠れない。

「怖いもの知らずに恐ろしさを見せてやれ」

と脳内音声で脅迫をされている。

先ほどは一時的にFC2にログインできなかったので下記に日記を書いた。
http://ameblo.jp/nounaionsei/

何度も書くが殺されてしまうと思うのが自然である。

酷い頭痛と呼吸困難にされている。

6:01
あれから全く眠れなくされている。
脳を覚醒されているのは確実だ。

それよりも、たまに登場する暗い、陰気な感じの男の声、睡眠妨害の時に一晩中独りで喋り続ける精神異常者がいる。その感じでは何人も殺してきているのではないかと思える。その男の声が、全く休む事無く虚偽を交えてずっと喋り続けている。音楽のリピート送信も途切れない。

今日は新しい仕事の取引先の訪問がある。

それと関係しているのだろう。

ここまでやらなければならない理由はただ一つ。

加害者は追い込まれているのだろう。


「バカボンを死刑にしてあげたい」
「広報をやめさせて、許してあげたい」

なんてアホな言葉も頂いた。

電磁波犯罪、音声送信とはこんな感じである。参考にたの被害者のブログも読んで頂きたい。喋っている事はバカ丸出しだが、やっていることはテロ、殺人である。無差別テロとも言える最悪の犯罪の被害を受けているのだから広報ではなく、殺されそうだ、と社会に助けを求めているわけである。

6:57
全く眠らせない。
どうしても眠れないので薬を飲むと、薬が効いてきて眠りそうになるのが判るらしく、変態カルトを連想させる猥褻刺激をすると同時に脳を覚醒される。音楽のリピート送信も全く途切れない、脇腹を痙攣させられている。顔や足をひっきり無しに痒くされている。

これが一晩中続いている。

言葉も一晩中。

ここまでやられたら病院送りになる被害者もいるだろう。

殺人。日本を破壊するテロ。これは断言できる。

7:47
やっとの思いだ寝たとおもったらすぐに夢を見させられて起される。

目的はなんだろうか

とにかくこの犯罪の広報だけは数を増やしたいと思う。

電磁波で脳を覚醒させられるとどんなに薬を飲んでも無駄である。

10:58
また歌のリピート送信で起される。
耳には酷いノイズが送信されている。

やはり、職業を奪い取る為に睡眠妨害をしているようだ。

12:49
今は会社で仕事をしている。
歌のリピート送信も続いている。
声による脅迫も続いている。
軽い目眩と記憶障害も続いている。

まあ、しかし、睡眠妨害の日記、自分で読んでも凄まじい物がある。

17:32
仕事は無事終了した。
次への繋がりが期待できる。

しかし、接客中も頭が痺れるというか脳への攻撃と歌のリピート送信は続けられ、途中で一回話をしている最中に首を硬直させられた。歌のリピート送信と思考盗聴と脳内音声による攻撃はまだ続いている。加害者は何処までも高圧的というか徹底的に被害者を潰してしまうことに専念している。

明日は朝から用事があるので睡眠妨害が予想される。

18:21
睡眠妨害のために疲れたので休んでいると、突然、非常に虚しい気分と言うか、苛められているような気分になってしまった。攻撃があまりにも酷いので広報用の資料の印刷だけでもして置こうと思い印刷を始めると酷い目眩と記憶障害と頭痛がしてくる。「お前殺されるぞ」、「また睡眠妨害をしてやるよ」と声の送信で脅迫された。

現在無敵の人間を遠隔操作する武器

加害者には絶対に摘発されないという自信があるようだ。
攻撃の上乗せはあくまでも人をおちょくった猥褻攻撃や言葉を浴びせる。

これでは精神病院送りになってしまう被害者が出るのが理解できる。

ついでに昨夜は少しの間FC2ブログにログイン出来なかったが、そのときにアメーバにログインしようとするとパスワードも何も入力しないのにいきなり管理画面に入ってしまった。これではアメーバにも接続不能にされる可能性がある。

テロ、そのものだと思う。

20:36
今は夕食を済ませ横になって少し寝ようとしている。
相変わらずキーンという音と軽い目眩と記憶障害が続いている。
肩や背中も痛い。

声の送信では

「お前に参ったと言わせてやりたい」
「ブログを全部封鎖してやる」

と盛んに脅迫をして来る。

目眩攻撃は頭痛と組み合わせたり、頭部圧迫感と組み合わせたり色々な組み合わせで被害を受けた時の感じ方が違うように考えられているようだ。

と、ここまで書くとお腹は空気でパンパン、酷い目眩と吐き気がして来る。

20:53
寝ようとすると覚醒させられて全く眠くならない。体は疲れて起きていられないほどなのに脳の操作は恐ろしい。頭の中で徹底的に広報しようと考えただけでキーンという音とともにイライラしてくる。

総務省の五感情報通信に関して国会で質問してもらいたいと思った。

正直、ここまで酷い攻撃は始めてであり

明日、朝から出かける用事があるのでプレッシャーとなっている。

大切な仕事であるが睡眠妨害をされたら出かけるのはやめようと思う。

22:08
脳への攻撃(目眩・記憶障害)が恒常化しているが、一歩間違えると、それが普通の状態にされてしまう恐れもある。強制的に脳操作の奴隷にしてしまう訳だ。しかし、あまりにも酷いストレスを受け続けていると人間は耐え切れなくなり、どこかにはけ口を求める。それが発狂のようなもので、爆発してしまえば第三者には精神病に見えるのだろう。

だから

電磁波犯罪、脳への攻撃を隠蔽する為には

加害者は徹底的に攻撃を続け

被害者が精神病だと言われるように仕向けるのだろう。

しかし

入院しても向精神薬を飲み続けても

全く被害はなくならないそうで

やはり殺意のある犯罪なのだろう。



さて、昨夜はあまり寝ていないので

寝る。

ちなみに少しは弱くなっているが攻撃は続いている。

23:22
眠りやすいように薬を飲んで効いてきたのは確認したが、頭がボケて体がだるくなるだけで全く眠くならない。キーンとした音と小さな音量の声の送信は続いている。

脳の操作で覚醒させられていると思う。

今は仕事で忙しいが、徹底的に広報をさせてもらう。

ある被害者の話を聞くと3日間くらい全く眠れなくされるそうだ。最後は突然気絶したように5分くらい眠ってしまうようになるらしい。

日記を書いたら静まっていた音楽のリピート送信が始まった「わめけ、暴れろ、近所で評判になっても知らないぞ」と脅迫をされる。左肩の痛みも復活した。

23:54
脳の操作で覚醒させられている事を日記に書かれたのがよほど悔しいらしく、得意の嘘で塗り固められた語り掛けが始まった。今日の出来事に関して私のやっていた事を徹底的に貶し、しかも比較対照を必ず設定して、「お前より別の人間の方がよっぽとましだ」という手法は毎回使われている。仕事でも、音楽でも全くのデタラメで私が貶される理由や根拠は何処にもない。

それよりも何故、今日の出来事を加害者が知っているのだろうか。

これは大問題であり思考盗聴や視野盗撮と呼ばれるスパイ活動が行われている事の何よりの証明である。

映像の送信を引っ切り無しに先ほどからしている。それはあくまでも自然に回想されて出て来ているように見せかけている。声の送信による説明が無ければ自然に最近の出来事が回想されているように感じる。

明日は私が出かける必要はないので勝手に睡眠妨害でもすればよいと思う。その代わり広報はとことん行うつもりだ。仕事よりも広報の方が大切かも知れない。

これが電磁波犯罪という世の中で一番罪の重い犯罪の実態である。

電磁波による恐怖の脳攻撃

5:50
睡眠妨害だ。
睡眠は人間の生活の基本であるのでその部分から侵略をしていると言うことになる。精神侵略の基本は睡眠妨害だと思う。被害に気が付く前にも一日に5時間程度しか眠れなくなった事があり、歳のせいでそうなったのかと思っていた。ここまで徹底した攻撃を受け続けると「死んでください、自殺してください」という加害者の意思表示のように感じる。昨夜は「自爆テロをやれ」と何度も繰り返し脳内音声で送信された。

脳内音声でビートルズの「へイ・ジュード」と言う曲を大音響でリピート送信されて目が覚めた。勿論、合成夢を見ていたが、その内容は実に陳腐で見るに耐えない。別に気持ち悪い訳でもなければ楽しい訳でもない。何処かに乗っ取られた地域があり、そこは外国人が多く出入りして盗みは日常茶飯事である。場所は何処だか判らないが日本かも知れない。その危険な地域に遊びに行く(観光)人が多いらしい。なぜか多くの人がすでに行っているので私も案内役の女性に連れられて言ってみた。その女性の歩きが非常に早く付いていくのが大変だった。最後は何故か知人と出会い作りの悪い船に乗る。船から落ちてスクリューに巻き込まれて死んだ人がいるという嘘の話を聞かされて終了する。

目が覚めても歌のリピート送信は続いていた。すぐに脳内音声で嘘の情報を聞かせてくる。犯人は何処の誰だ、というような情報である。或いは、これから私がやろうとしている事に対して何かがあるぞ、という感じの予想だ。

今は歌のリピートは止まり、日記に夢の内容を書いているとそれらが仄めかしである事を次々に知らせてくる。「へイ・ジュード」はそれがお好みの曲であった中学の同級生が犯人であるとか「重度の精神障害」だと私の事を罵っている。

船から落ちて死んだという話が嘘と分かった理由はその知人には兄がいないからた。するとそれを私の兄がそうなると脅迫をされる。それらは脳内音声の使用も確認されるが、なぜか脳内にひらめいて来る。不思議な意識の挿入である。

意識操作は日常的に細かく行われているようで、例えば自動車に乗って居る時に看板に目が行った瞬間に心臓がドキッとしたり、後ろの車に意識が行った時だけ嫌な気分になったりする。特定の人間に会った時だけ嫌な気分になったり、変な臭いがしたりする事も良くある。

自然現象に見せかけた自作自演の手法が多いようだ。

11:42
7時になってしまったが3時間しか寝ていなかった為、薬を飲んでもう一度寝るが、10時にまた起される。11時半起床の予定だったが意地でもと思いそのまま眠った。するとまた合成夢を見させられて目が覚める。今回もどちらかと言えば音楽の送信ボリュームが大きくて目が覚めた感じだ。

目が覚めると脅迫の連続である。

嫌みと言うよりは脅し・脅迫だ。

「変な親父だと子供達にも言われているぞ」
「その日記を以前住んでいた所の人達に見せたいな」
「家を売るな、一生恨まれるぞ」

などだが、後は歌のリピート送信をしながら、コーヒーを入れる、顔を洗う、タバコを吸う、トイレに行く、などのすべての動作に干渉される。これらは毎日延々とその状態を維持されていて被害者ならみんな知っている。

キーンという音が煩いということ、思考盗聴と脳内音声で強制的にテレパシー接続されているので現実には無い、関係の無い加害者とのやりとりをさせられながら生活しているので、本当の現実、本当の周囲の雰囲気や音をダイレクトに受け取る事ができないので生活音は当然大きくなるし、気持ちも現実感が薄れてしまう。更に、実際に睡眠妨害で生活破壊をされているので現実に自然な生活ではなくなる。

更に恐ろしい脳への攻撃を受けている

記憶の改竄・消去

精神状態のコントロール

現実にない五感の操作


これらにより人間を精神面、生活面から変えてしまうわけであり、しかも耐え難い苦痛、拷問が伴っている。殺人だと思うのが普通である。

23:12
今、帰宅した所だ。
何故か自宅に近づくと脳内音声の罵声が酷くなる。
キーンという音が強くなって来る。

「近所でお前を何と言っているか知ってるか」
「学校で何と言われているか教えてやろうか」
「広報をやめろ、日記をやめろ」

なんて感じで3、4人いるような感じに聞える。

今日は都内のスタジオに音楽の練習をしに行った。その途中でも途切れることのない被害であるが自宅を離れると少し被害が弱くなったりするのも感じている。しかし、それは届かないのではなく、弱めているだけで時たま強力にやられたりするので遠く離れた所に行けば逃れられるとは考え難い。

まず、被害を受けても忘れてしまうので携帯電話にメモをしている。しかし、感情の操作をされると(良い気分になったり憎しみが薄れたりする)。面倒な被害報告を日記には書かないで簡単に済ませてしまおう、のような気分になったりする。

と書いた瞬間に蛍光灯が一つ突然消灯してしまった。

しかし、頭痛や声による罵声、歌のリピート送信などを帰りに執拗に行われると気持ちが変わってしまうので被害日記を書く。

スタジオに入るとすぐに右の耳にキーンという音を送信され脳を締め付けられるような感覚になり、目眩と吐き気、記憶障害にされる。しかし、少しすると、その強い被害は和らいだ。音楽が始まるとさっそくピアノの音に紛れて女の声で嫌みの音声送信をやられる。自分が演奏する時にも声の送信をされるし、自分がやろうとするフレーズを先に声で指示されたり、ずうずうしくも話しかけて来たりされる。非常に嫌な状況での演奏となる。

声が聞こえるとそれをキャンセルしたくなるので一瞬リズムが狂ったり集中力が途切れるのは当然、突然、曲の何処をやっているのか分からなくされたりする。脳の操作、記憶障害を受けていればそれだけで大変なハンディーになるのは間違いない。イライラさせられる場面もあったが我慢をしてやり過ごす。

毎度のことだが途中で食事に行って戻ってくると攻撃が酷くなる。目眩、頭痛、肩の痛み、疲労感などが強くなりその状態で演奏をする。そして失敗をすると「ざまあみろ」と声で貶される。まるで自分が下手になったのかと思うくらいの状態だ。演奏中であるので自分がどんな攻撃を受けているかも分からないし脳の操作はやられている実感なしに行う事も可能と思われる。

思考盗聴も行われるので演奏中に考えた事や目で見ている事にも声で干渉される。最後はお腹に空気を溜められた。

演奏は何度も行うので中には良い感じの演奏もあった。そんな時には加害者はおだてたりもする。とにかくやりたい放題という感じでスタジオを後にする。

帰りの車内では本を読むことにした。最近は読書が出来るので以前よりは被害が軽くなっているのかも知れない。しかし、じっくりと読むことは出来ないので理解出来ないような場面があってもサラリと読み飛ばす。そこを何としても理解しようとすると攻撃をされるのでそうすることにしている。

本を読んでいると突然、何の脈絡もなく色々な事柄が想起されてくるが、どうも加害者がやっているようにも感じてしまう。全く過去の出来事や最近の出来事、気になる事、などが勝手に想起されてくるからだ。

たとえば素人ながら考えると脳の特定の部位に信号を送りつけるとそこの記憶が想起されてしまうとすれば納得がいく。声の送信やイメージの送信がきっかけで記憶が連想形式で想起されるのは自覚があるが突然の想起となるとそう思うしかない。例えばデタラメに脳を刺激して何を思い出すかを調べたりする事もあるかも知れない。

最後に、以前読書をしていた時の感覚を少し思い出したが、読書というのは文字を読んで理解するだけでなく、自分のイメージに置き換えたりして理解をすると思う。その想像力が低下しているように感じてしまった。思考盗聴や脳内音声の被害を受けていると自由な思考が出来なくなり、そう言った能力が低下するのではと思った。

24:46
本日の新しい被害

一日中、首の後ろが痒くてたまらなかった。

Tシャツのラベルが当たっているので痒いような痛いような感覚になっていると思っていた。過去にも何度か経験した事があるが、風呂に入ると痒かった部分が沁みた。その後、わざわざ首の少し上の部分に同じ感覚を起して頂いたので被害と確信できた。これを書いていると今度は同じ感覚を左足の太ももにやってくれた。

今は

軽い頭痛
後頭部の圧迫感
目眩と記憶障害
意識が薄れて体に力が入らない感じ
キーンという音
声の送信
歌の送信
左肩の痛み
歯の痛み

を全部同時に行われている。

テクノロジー犯罪を戦争とかテロと呼ぶ人がいる。

寝る。

電磁波犯罪は世界的な被害でもある

8:18
昨夜は就寝が2時だった。
今朝は7時半に目覚める。
ここ数日の傾向としては必ず中途半端なもう少し寝たいのだけど、のような時間に起こされる。そのどうしようかなと考えさせる手法から陰湿な加害者の心が伺える。目覚めるとすぐに「鉄腕アトム」の歌のリピート送信を開始して、脳内音声で意識の中に介入してくる。キーンという音と不快な気分にさせる精神の操作が行われていると思う。イライラもしている。これらはいつも言うように音声送信をされているからだけではなく、精神状態のコントロールもされている。

起床直後から後頭部に違和感があり、軽度の目眩と記憶障害にされているので、やりたい事は沢山あるが、まともには出来ないし、何よりも気分が悪いのでもう一度寝ようと思う。今度は右肩を痛くする攻撃に出てきた。

すでにご存知の被害者の方も多いと思うが

この犯罪被害者は世界各国に存在していて

それらはインターネットにより知ることが出来る。

12:33
その後、もう一度寝たが10時過ぎに目が覚め、次は12時だ。
目覚めるとキーンという酷いノイズと「天才バカボン」の歌のリピート送信をされ、声の送信では「殺されろ」などと脅迫の連続。近所の人の名前を出しては「悪い噂が流れているぞ、この地域には住めないぞ」など以前からやっている事は全く同じ。「なら、会って恥をかかせてやる」などとも言うが、電磁波犯罪の犯人です、なんて名乗って面会する勇気があるだろうか、全部口だけだと思う。

それよりも

頭痛、目眩、記憶障害や精神の操作などの実被害の方が困る。

頭痛は事実痛い。
思考の抑制をされると物事が捗らない。
痒いのも事実痒い。
臭いも迷惑である。

これらのバーチャルリアリティーとも言えるような犯罪が実際に行われていることを広く知らせるべきだと思う。しかも、時代はすでにそういう方向に動いている。SFでもなければ、妄想でもなく、事実そのものである。

これら人間の五感を常に自然とは違う状態にされ続けていたら数年後にはどうなるだろうか、五感どころか精神への介入(思考盗聴・テレパシー通信)、精神の操作まで行えるのであるから、これでは科学者・研究者もびっくりだと思う。しかも、悪用の道をひた走っている。

「レーザーで脳ニューロンを正確に刺激」する新しい治療法
http://wiredvision.jp/news/200905/2009051523.html

上記リンクはあくまで参考技術であるが、この犯罪は一部の人間しか利用できない媒体を使っての犯行と考ている。たとえばどんな物も貫通してしまい、焦点を合わせた一点のみで効果を発揮するような媒体と考える。しかも、自動追尾をされていると思っている。

19:56
四六時中へばり付いている電磁波ストーカー。
歌のリピート送信は全く止む事が無く、声によるリアルタイムの貶しは有ること無いこと何でも良いから喋り続けろと言っても中々出来る物でなく、よくそこまで汚く捻くれた言葉を連続で喋り続けられるものだと関心してしまう。ずっと行動にあわせて嫌みを脳内に送信しながら痛み、痒み、目眩、吐き気、精神の操作を続けている。引っ切り無しである。

目立つ被害は

歌のリピート送信
キーンという音
鼓膜に圧迫感
目眩、記憶障害

である。

他にも記して置きたいと思った事があったがパソコンに向かってから酷い目眩と記憶障害を起されているのでこれ以上は書けない。「いい気味だ、お前だけ酷い被害にあわせてやる、他の被害者は許してやる」なんて驕った言葉をほざいている。

これだから広報せざるを得ないわけだ。

23:08
徹底した脳に対する攻撃と精神への介入は途切れる事無く続けられている。「神の存在を思い知れ」、「お前は神に逆らい過ぎだ」など武器を使っているテロリストのくせに生意気な言葉を浴びせてイライラさせる。もう、すでに音楽すらまともに聞くことが出来ない所まで追い込まれている。何の権利もなく武器を使い人の幸せを一つ残らず奪い取る行為、殺人と同じだと思う。

ひっくるめてテクノロジー犯罪は事実行われている。

学者・有識者の知性が問われる時代になっていると思う。

来週も仕事の合間を見つけて広報をしようと思う。

何をしていたかといえば先週に自分で演奏をした音楽のフレイバックを聞いていたわけで、ピアノのメロディーに合わせて嫌みを送信される。それはまるでピアノの音に完全に溶け込んでしまいピアノが喋っているかのように聞える。勿論、自分の演奏でなく市販されているCDなどを聞いても同じで音楽を聞くのが嫌いになってしまう。自分が演奏をする時にも脳内音声で間違ったメロディーを送信されるので曲の何処を演奏しているのか分からなくされる。更に、目眩や記憶障害にされるのでまともに演奏は出来ない。更に、身体を不自由にさせ思ったように体が動かないのでまともに演奏が出来ない。そのプレイバックを聞くと更に音声送信で「聞くに堪えない下手な演奏」とケチを付けられる。

そして

「かわいそうに」

と追い討ちを掛ける。

すべてをひっくるめて世の中で一番罪の重い犯罪だと思う。

電磁波テロを野放しにするのも犯罪だと思う。

24:08
とんでもなく酷い目眩と記憶障害をおこされ、時間感覚の喪失まであり、何をやっているのかも分からないような状態にされた。呼吸困難も起され、そんな時には必ず呼吸に合わせて声の送信(自分のではないが呼吸の音を聞かされる)すべての内面の動作に加害者という存在が上書きをしてくるので大変な苦痛になる。

23:48にFC2に全くアクセスできない状態になった。

あまりにも酷い攻撃をされるので日記に追記をしようと思ったらやられた。そんな時の為に用意しているのがアメーバのブログでFC2を封鎖された時はこちらに書くようにする。
http://ameblo.jp/nounaionsei/

先ほどの23時の更新からの1時間の記憶、繋がり状態がないので言葉も思い出せない状態なので何をされてどんな流れだったのか覚えていない。人間をそんな状態にしてしまう恐ろしい武器である。

この犯罪の特徴は被害者の一貫した証言が得られない事だ。

それはそのように仕組まれているし、人間の感じ方はそれぞれ違うので同じ事をされても受け止め方は違う。被害者の生まれ、育ち、生活環境が違うのと一緒で被害の受けさせ方も全員違う。被害に対して口にする言葉が全員違うのは当たり前だと思う。

狂気の沙汰

被害者の日記を読んで普通ではない物を感じるとすれば、そういう犯罪だと思って欲しい。精神病に仕立て上げる工作が働いていることは説明するまでもない。

17日1:47
先ほどからお腹がボコっと凄い音を立てて空気が溜まっている。
音声送信など、全く緩める気配はない。

声の聞える被害者の方へ

聞えてくる声の種類は加害者が自らの意思で選んだものです。

色々な声が聞こえてくると思いますが

そこから加害者の趣味・嗜好が読み取れませんか。

寝る。

電磁波犯罪について国家ではどう考えているのか

9:43
やはり動かなければならないのが国家だと思う。テクノロジー犯罪被害ネットワークが出した要望書、陳情書などが、どのように解釈され対応されたのか、疑問でありどの機関が所轄になるのかなど考えてしまう。家の中で物がなくなった、住居侵入の疑いがあるなどの場合、歩いていて後ろからハンドバッグをひったくられたが犯人を見ていない目撃者もいない。これらは通常警察に届け出て捜査をしてもらう。

私たち被害者の場合は警察に行っても、相手にされないか、良くても話は分かりますが現時点では捜査をする事が出来ません。なぜなら犯人を特定する為の装置がないからです。被害届けも出せないような状況なので被害の報告で終わってしまう。だから自分達で犯罪が行われている事の証明までしなければならない。24時間365日全く止む事のない被害を受けながら、そういう苦労を背負っている。中には失職してしまいアルバイトをしていたが最近は全く仕事がなくなってしまい身動きが取れないと言う被害者もいる。仕事があるのはましな方である。

だから広報をして少しでも多くの人に知ってもらったり学者・研究者に相談して被害解明や証拠の捕獲へと進まないかと苦労している。これらは国家が本来国民の安全・権利を守る為に行うものだと思う。

昨夜も就寝時に多少の攻撃はあったがすぐに寝られた。朝は5時半に合成夢を見て目が覚め、もう一度寝て9時に目が覚めた。声の送信による言葉の投げ掛け、歌のリピート送信、キーンという音、頭部不快感(軽度の目眩と記憶障害)は目覚めとともに行われている。

それから被害者の方の作成した防御装置だが、忙しくそれを試している時間がなく昨夜少しだけ試してみたが、理由は不明だが一時的に被害が軽減した。防御装置を装着していた時間は30分程度で装着寸前に被害が弱くなり、外した後も30分くらいは被害が弱かった。

電波暗室に入っても音声被害や一部の身体被害は途切れないし、水深60~70センチまで潜っても音声被害はなくならない。しかも本人にはシームレスの被害に感じられる。何かがあっても全く関係なく通信が出来るのではないかと感じてしまう。ただ、人間を錯覚させる被害でもあるので人間の知覚を超えたスピードで装置の出力を変えればシームレスに感じるかも知れない。

24:58
実験をしました。
なぜ、今までやらなかったのか不思議です。

自動車を運転中に自分の呟き(声に出さない)を別の声で再送信されるので、試しに口を閉じたままで実際に声を出してみた。すると全く言葉にはならない。再送信されてくる声は口を閉じていても正確に発音されている。しかし、実際に声を出して居る時には再送信される声は聞えなくなってしまう。それは実際に体を振動させて出す声の方が強いからだと思う。

呟きは送信される声と混同してしまい間違えてしまう事がよくあるが、実際に喋っている時に脳内音声の影響で間違えた言葉を発した記憶はないと思う。無口な人にされる事はあるが。

今日も中程度の各種様々な被害が終日続いている。

酷いやり方と言えば

夜に帰宅すると突然眠くなり、それもかなり強烈な睡魔の為に居眠りをしようとすると「寝るな」という声の送信をされ、痒みやイライラ攻撃で邪魔をされた。眠くさせて置いて眠らせないというやり方が酷いと思う。

そんなところで

被害者はただひたすら我慢をするだけである。

今は嫌悪感、イライラ感がないだけでも救われている。

寝る。

あらゆる病気の症状を再現できる犯罪

10:06
今朝は6時半に目が覚め、時計を見ると「ザマア見ろ」と脳内音声で言われた。目覚めはそれほど不快では無かったが、その「ザマア見ろ」に刺激されもう一度寝て9時半に目が覚めた。「大バカ野郎、近所から怠け者だと思われろ」と追い討ちの脳内音声を浴びせられた。

キーンという音
声によるリアルタイムの嫌み
歌のリピート送信
頭痛
肩、背中の痛み
左足のふくらはぎの痛み
目眩と記憶障害

これが目覚めた時から受けている電磁波兵器による攻撃だ。

病気ではなく武器による攻撃であるので症状ではないが、実際にある病気の症状を正確に再現することが出来る。それは肉体的なものから精神に至るまで様々であり、通常はその両方で攻撃してくる。咳を出させる、クシャミをさせるなどの自然現象の再現もある。勿論、絶対にあり得ない、かつて経験したことの無い感覚(痛み痒み、脳の締め付け、お腹に空気が溜まる)などもある。

11:57
ずっと音楽のリピート送信と声によるリアルタイムの干渉が続き仕事の妨害をされている。見積書などをパソコンで作成しようとすると突然目眩がして脳を締め付けられるような感覚になり、キーボード見ていてもタイプミスを起こしたり、狙った所とは違う所を打ってしまったりする。イライラする精神状態にさせる攻撃もされている。

とにかくいつでもパワーを上げれば発狂させられてしまう、というのが恐怖となっている。更に酷い攻撃をされた時には人間はそれから逃れようとするのが自然の現象であり、目に見えて追いかけてくる犯罪者がいれば逃げるとおもう。では、精神の中に入り込んでくる犯罪者がいたら、どうやって逃げれば良いのだろうか。

あらゆる病気の症状を再現できる装置であるから精神病の症状も再現できるだろう。

21:40
今日も一日中徹底的にへばりつかれて執拗に声の送信で干渉をされまくっている。来週には遠くまで出かける用事があるので地図で調べていると目眩と記憶障害が激しくなり思考停止状態にされる。とにかくその執拗なまでの特定個人への監視・鑑賞はとても常人に出来るものではない。

弱いながらも目眩と記憶障害は延々と毎日続けられている。

思考盗聴・音声送信以外の被害も引っ切り無しに続いている。

歌のリピート送信も全く止まる事無く続けられている。

広報の結果も少し見えてきているが、もう少し範囲を広げてみようと思う。そのくらい被害が酷く大変なのである。家族ぐるみでテクノロジー被害に遭っているという話もたまに聞くが、私もその可能性が出てきている。子供にも遠慮なく攻撃をする可能性もあると思う。

何しろ殺意の塊であり、絶対に攻撃をやめないのであるから。

とにかくあらゆる被害を一日中延々と受けているともう、被害報告を書くどころの騒ぎではなくなってしまう。相変わらず「笑ってあげるよ」、「恥をかけ」、「出て行け、引っ越せ」、「嫌われろ」という言葉に結びつけるというかそれしか頭に無いようだ。

被害報告と言えば

目眩や記憶障害などの攻撃の時に後頭部に違和感があったり、脳を締め付けられるような感覚と表現されるが、後頭部にブルブルと微振動を感じさる攻撃をやって頂いた。これは脳の操作をされているという実感を被害者に持たせる為にやっているのだと思う。恐らく何も体感することなく、記憶を消されたり、意識が遠のいたりさせる事が可能と思われる。目眩は体感のような物なので誰でも気が付く。

それとまつ毛を微振動させたり、目にゴミが入ったかのように痛くなったり、目蓋を痙攣させたりの被害も頻発している。

自殺者が多いと言うニュースを見た。

テクノロジーによる脳の操作というのになぜ触れる人がいないのだろうか。


24:35
全く止む事無く続いているが、キーンという音などがなくなると随分と静かに感じる。しかし、舌が一緒に動くというか声の送信とともに呟かされてしまうタイプの誘導性の強い脳内音声を使って嫌がらせをされたりしている。

自分の呟きが別の声で遠くから聞えて来る現象は判定が難しいが、舌を動かさなくても喋る積もりで声に出さずに呟くとリアルタイムで聞えて来る。例えば手の指を押さえ付けて動かない状態でも、指を動かそうとすればその筋肉には動かそうとする力が働いている。それを感知すればどの指を動かそうとしたのか分かるはずだ。呟きを盗むのもそのような原理と思われる。しかも喉の具合で聞えて来る声を低くしたり高くしたり自在に出来る。

時と場合によっては、思考盗聴をして呟く前に内容を盗み取り、口の中の状態に合わせて加害者が発声しているように感じるし、機械化されていようにも感じる、結果、すべての方法がとられていると思っている。

思考盗聴も的確に盗まれていると感じるが、全く本人が気が付かないように脳内にキーワードを送信し、しかも、そのキーワードが意識されずにはいられない状態になれば、あたかも自分から自然に想起されたキーワードであると思ってしまう。その瞬間に脳内音声でそのキーワードを聞かせればズバリ思考を盗まれたように感じるだろう。

更にイメージ映像は確実に自分の描いたものだと確信しているが、それをリアルタイムで書き換えられてしまうのも不思議ではあるが、たまにコンピューターを使ったような物体の三次元での回転を見せてくれる事がある。それは私の描いたイメージ画像の中の一部を切り取って回転させてしまうものだ。他の部分には影響はない。映像を書き換えたり回転させたりするスピードはかなり高速であるし、回転以外の書き換えはコンピューターとはとても思えない。それとも予め用意されていた空間でイメージ映像を描かされているのだろうか。

そんな体験からたまに思うのは自分の記憶領域が外部にあるのではと言うことだ。パソコンで言えば本体のメモリーやディスクを使用しないで遠隔のメモリー場で動作させているような印象だ。

人間の脳でもそんなことが可能だろうか。

最近は「サブリミナル・インパクト」という本を読み出した。

寝る。

責任をなすり付ける手法

8:20
今朝も合成夢で目が覚め、その直後から歌のリピート送信や、脳内音声による脅迫が始まる。脅迫の考え方が間違っている事は誰にでもすぐに判る。だからこそ気分が悪く嫌悪感が発生する。

昨夜は就寝が2時頃になってしまい夜中に一度、突然目が覚めたがすぐに眠ってしまった。朝合成夢で起されたのが7時だ。

昨夜も就寝時には音声送信や身体攻撃などをされていたが知らないうちに眠ってしまい、どんな攻撃をされたか覚えていない。寝る時には何をされたか日記に書くために加害者とのテレパシー通信が成り立っている中で声には出さずに呟きながら文章の構成を考えていた。途中まで考えると、その続きを加害者が勝手に作ってこちらに送信して来るので、「違う」と言って訂正したりする。それは思惟・思索活動の妨害に当たる。

起床後にICレコーダーを見て一つだけ思い出した。

ICレコーダーで家の外から聞える奇妙な音声を録音したりする事があり、就寝時にはICレコーダーのスイッチを入れっぱなしにして窓際に置いてあるイメージが想起された。もしかして本当に置いてあるかも知れないと思ったが、無視して寝た。起床後に見てみるとテーブルの上に置いてあった。イメージの送信をされたのだと思う。

最近の社会の情勢などを見ていると組織が何か問題を起した時にはそのトップが責任を取ったりする傾向の常識化を感じるが、その一方では面倒なことや手間の掛かる事を末端に擦り付けてきている印象も受け、そのなすり付け手法によると害を被るのは末端であり、発案者であるとか組織のトップには決して責任追及はされないようだ。それらは通常、間違っていると文句も言えないような流れの中で行われる。

インターネットから何かをダウンロードして印刷する方法はそれを欲しがっている個人に特化した場合は大変便利な手法であるが、大衆向けとは考え難い。なぜなら接続する手間や情報を得る為の手続き、印刷の為の手間・費用は対象者が負担しなければならない。

個人が個人の為に利用する手法を大衆向けに利用するのは変だと思う。それに似たようなイメージで責任のなすり付け行為が成り立っているようにも感じる。それらは合理化と呼ばれたりするが、負担や責任を末端に分担しただけと考えることが出来る。

脳内音声による脅迫の手法からそのような事を考えてしまった。そもそも、遠隔から人間を操る、情報を盗み取るなどの行為が大きな間違いであり大きな責任を背負っているのに被害者に「お前が悪い、お前に罪を償わせる」なんて毎日脅迫をしてくる。やもするとそれに潰されてしまい被害を受けていると言えなくされてしまう。

18:00
今日は仕事が忙しく来客もあったが延々脳に対する攻撃を続けられている(記憶障害というか意識障害というか言葉での説明が難しい)。激しいイライラ感や嫌悪感などはそれど無いが歌のリピート送信と声による罵倒も延々続けられ仕事ははかどらないし、まず、じっくり物事を考えることをさせない。何かに集中しようとすると目眩や脳への攻撃のパワーが上がるので適当にこなしていた。来客の対応をしている時はひっきりなしにお腹を打たれ、ポンポンと音を立てて空気を貯められていた。

今は眠くさせられている。

上手く説明出来ないが、起きているけれど眠っているような感覚で、まずキーンという音がしていて鼓膜が詰まったようになっていて、周囲の音は聞こえているが現実感がなく、自分の殻の中に精神が入り込んでしまうような感じで人と喋ると声のボリューム調整などが上手く出来ずに、声が大きいのではないか、などと考えてしまったり、現実と一体化した自然な感覚を奪われているので生活音が大きくなってしまう。そして、人と話をしていても自分の様子が他人から見て変ではないのか、なんて思ったりしてしまう。

脳の操作、電磁波テロ

絶対に野放しにしてはいけないと思う。


こうして被害報告をしていると余計攻撃が酷くなり、左右の目の焦点が合わないような度数の合わないメガネでも掛けているようにさせられる。とにかく思考の範囲が狭く、自由な発想が出来ない。とりあえず広報活動のフォローもして置いた。時間を掛けてじっくりとやらなければならないと思った。それにしても毎日この攻撃に耐えながらの生活は大変である。

被害者は一日も早く開放されたいと願っている。

23:46
声による脅迫や嫌み、歌のリピート送信は全く途切れない。
音声送信のボリュームは小さくなっているようなので逆にキーンという音などをさせられると、そちらの方が音しては大きい。

頭痛、肩痛、歯痛、針刺し痛、目の奥の痛み、自然に近い痒み、冷たいような痒み、においの被害などは時々状況に応じてやられている。

起きているけど寝ているような感じ、記憶障害のような意識障害のような感じは一日中続いている。

その他、忘れさせられてしまったようなのでもう書かない。今、鼓膜をガクガクと言う感じに鳴らされて目眩を起されている。

寝る。

個人に特化したマンツーマン方式の放送局

3:55
長めの合成夢を見て目を覚めさせられた。
内容は自分が現在住んでいる場所を舞台に展開する下品なストーリーでいやらしい女性が私を監視しながら辱めているような流れだ。全体の意味は不明だが、目覚めた直後にBGMとして流されていたジャズの曲のことが突然想起した。まるでどんな感じだったか批評してくれと言わんばかりなので思った通り、感じた通り、普段加害者にボロクソに貶されているのと同じように貶してアゲた。すると気分を害したようで突然キーンという音をさせられ脅迫の脳内音声も頂いた。

目覚めた直後から不自然な頭痛があり肩が痛い。

合成夢の内容に何か意味があるのかと考えてみたが何もなく、寝る前に私が加害者の脳内音声攻撃に対抗する為に描いたイメージ映像の仕返しをされたと思う。よく私は声に出さない呟きの連呼で対抗したり、連続動画(イメージ映像)で対抗したりしている。しかし、イメージ映像の場合は頭の中でつくり上げる為に途中で加害者に書き換えられてしまう。昨夜も寝る前に書き換えによる妨害を受けながらもストーリーのある加害者に対する嫌みの映像を頭の中で作った。

声の送信とともに頭痛が酷くなる。

声の送信は常にリアルタイムであり(録音されている音声をボタンで再生している場合もある)すべてを否定、貶して来る。これは最初から一貫して同じであり、その発想の根底に伺えるものや、言葉使いなどは全く常識外であり、卑屈な印象を受ける。他の被害者の話を聞いても傾向が似ているので不思議である。猥褻であるということも付け加える。

それらはすべて個人に特化していて、他と比較したり事実関係を検証する事が出来ないような内容の連続で受信させられる側もそれらをすべて否定・反論せずにはいられない。

洗脳というか破壊工作を感じる。

従って色々と誤魔化してはいるが個人の抹殺であり殺意なしには行えない犯罪である。当然、精神への介入、精神状態のコントロール、生理現象のコントロールなどを悪意の下行い続ければ殺人と同じであると判断しているが。悪意と言えばそれ自体が悪意であるが、被害者であると言わせないようにしたり、あらゆる個人情報を脅迫の材料にしたりする隠ぺい工作が働いていれば確実に悪意と殺意の下に行われている事が理解できる。勿論、脅迫に使われるのは個人情報だけでなく、あらゆる社会の出来事や自然現象を個人に特化させてくる。偽の演出などが行われていることも考えられる。

9:04
その後、寝ようとしたが脳を覚醒させられ(目蓋の中に光や映像を見せられるので目の焦点がそこに行ってしまい結果、覚醒となる)、脳内音声による女の声の語りかけが始まった。仕方ないので睡眠導入剤をいつもより多く一錠飲んで寝た。

9時前に起されてしまったが、3時間半くらいは寝られた。しかし、歌のリピート送信とキーンという不快な音が聞えている。声の送信では「さあ、起きて働け」などから始まり、嫌みと脅迫の連続だ。

両方の肩が痛い。疲労感も激しい。

23:26
今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークがアメリカ大使館に要望書を提出した。私もその場にいたので大使館の方が受け取ってくださった所を見た。その後、研究所を訪れ脳科学などに関する話を2時間以上も聞かせて頂き、帰りにはテクノロジー犯罪に関する資料を渡し読んでくださいとお願いし研究所を後にした。

外出中も音声送信などのリアルタイム監視は続けられていたが、それほど酷い被害はなく、音声のボリュームも小さいので一緒にいた被害者の方と話をしている時はほとんど気にならなかった。しかし、トイレなどで独りになると声の送信はいつものように個人に特化した内容の放送をして来た。

帰りの車内では居眠りをしようとすると音楽のリピート送信をされ、まるで自分も一緒に歌っているかのように舌が動いている感覚にされ目が覚める。何度も繰り返してやられた。車内では匂いの送信も積極的に行われ、それこそ同じ車両の中に送信している人物がいるのではないかと思った。においはトイレの臭いから水道水の臭い、香水の臭いなどでせいぜい一つのにおいは2秒程度であるが次々に移り変わる臭いに迷惑をした。犯人が何処にいるか、どんな方法でやっているかは考えないようにしている。

自宅に近づくとキーンという音が強くなり、肩や背中の痛みも出て来る。

その他色々と面白い現象に数多く出食わしたが遠慮しておく。

外に出て行動をしていると珍しい情報を耳にすることもあるようだ。

13日1:26
その後、被害者にメールを書いているとキーンという音が強くなり声の送信も嫌みの連続になって来る。よくも毎日そこまで同じ事を繰り返せると関心してしまう。歌のリピート送信も延々と続いているが、その音声送信には恨みや憎しみ、悔しさなどを強烈に感じてしまうのが不思議でならない。そう言った気分の悪いものを送り付けるために工夫されているのだろうか。

また、執拗な脳の操作と音声攻撃の世界に突入した。

本当に何でも脅迫のネタにしてしまう。

寝る。

電磁波犯罪は広報する必要がある

11:23
昨夜も3時頃と6時前に目が覚めたがすぐに眠ってしまった。当然、映像送信や音声送信は目が覚めた時も途切れていない。不自然な形で目が覚めるのも説明するまでもない。

朝は8時に目が覚めたのでそのまま起床するが、「ざまあみろ、起こされて悔しいか」などの声の送信も行われた。

その後は仕事が忙しいので色々とやっていたが歌のリピート送信は目覚めた時からずっと続けられているし、リアルタイム監視により貶しの連続である。書類に目を通していると最近では珍しく激しい目眩と意識障害を起こされる。従って慌てて仕事をこなす必要もないので一時中断して被害日記を書くことにした。

これほどの犯罪が常時行われていると言う事実

これは徹底的に広報しなければならないと思う。

視力の低下や度数の合っていないメガネを掛けているような感じにされる、という被害を聞くことがあるが私もそれを良くやられている。これらの犯罪は自然現象と区別が付き難いように行われたりする事がよくあるが、ハッキリと不自然であると判るようにも行われる。

車を運転中に目の焦点が合わないような右目と左目がずれてしまったようにされた事があった。その時にはどうも右目に白いレースのような幕でも被せているようにも感じた。ただ、現実にはどうやっているのか不明である。

これらは電磁波犯罪と言うが、どのような電磁波なのかも不明であり、人間に対するワイヤレスのリモートコントロール犯罪と言うほうが良いのかも知れない。色々な被害用語も被害者が体感的に表現しているだけである。ちなみに、測定用の電波暗室に入った時も被害は継続していた。電波暗室の出入りの時にも不自然な感じは特になく、そのまま被害が継続していたと言う感じだった。

19:57
現在、ピーという酷い音を左の耳を中心に鳴らされている。
歌のリピート送信は朝から全く途切れずに送信され、記憶障害というか意識障害というか説明のし難い放心状態というか、そのようにされている。勿論、程度はそれほど酷くないが朝からずっとそのような状態にされている。

パソコンの調子が悪い。

まず会社のインターネットに接続されているパソコン。普段は1時間以内で終わっていたと思われるウイルススキャンが8時間経っても終了しなかった。スキャンそのものを終了させようとしたが応答せず強制終了した。

次にインターネットには接続されていない内部ネットワークだけのパソコンがサーバーに接続できなくなった。以前から何かのタイミングで私のパソコンがネットワークに接続出来なくなることがあった。他の人からそういう苦情が来ないので私だけの現象かと思われる。その時はハブの具合が悪いのかと思いハブの電源を一旦切ってから入れ直すと回復していが、今日は全く接続出来なかった。「ざまあみろ、サーバーに接続出来ないで苦しめ」なんて罵声を脳内音声で浴びせられた。

それと5月2日だったと思うがインターネットの接続口に使用しているブロードバンドルーターの日付が狂っていた。これも良くある事なので、たまにチェックしている。でないとハッキングや侵入などのログとの関係が狂ってしまう。想像だがハッキングされた時にルーターの日付を狂わせるのだと思う。ルーターのセキュリティーを強化させる事も対策ではあるが、犯人はネットワーク越しに侵入するとは限らないとの話もあるので最低限のセキュリティーのままにしてある。忙しいし専門の知識もないのでそれらを正確に検証していないがルーターのログを見るとIPスプーフィングというのが記録されていて自分のIPアドレスだったりする。

テクノロジー犯罪では被害は人間だけではなく

家電製品やパソコン、電話などにも起こる。

たとえば自動車のロック。キーに付いているボタンを押す事により無線でドアロックを開けたり、閉めたりするが、これもなぜか勝手に操作されてしまう。ゴールデンウィークの時には何年かぶりに数人の見ている前でやって頂いた。

私の場合は金庫の番号からキャッシュカードの暗証番号まで知られているが金品を盗み取られたという記憶はない。やろうと思えば出来ると思うのだが他の被害者からも、そういう話はほとんど聞かない。しかし、自分から金を使わせるような誘導はあるのかも知れない。

24:37
全く止む事無く歌のリピート送信とサブリミナル音声の送信が続いている。

脳への攻撃(記憶障害、意識障害)もパワーを弱めているが継続されている。

色々と忙しいので広報作戦は進まないが、確実に実行しようと思う。

寝る。

被害者は事実上人間扱いされていない

3:27
夢を見させられて強制的に起される。
睡眠時間は約2時間だ。
疲労はピークに達しているが今日は被害者の集まりがあるので出かけなければならない。連日の睡眠妨害は結果、時間を限られた生活の中で被害者の身も心もズタズタにしてしまう。ここ数日は昼まで寝ていたが、それでも十分な睡眠が取れていない。

寝させない攻撃は拷問そのものであり素人の手口ではない。

歌のリピート送信も延々と続けられ、声では「あんたは偉い」なんて数人でバカにしまくっている。これが加害者の真の姿である。殺人以外の何者でもない。

これが法治国家日本の真の姿だ。

かわいそうにと言いながら人を殺せる集団だ。

この攻撃が長く続けば本当に病気になってしまったり、自殺してしまうだろ。

これだけやっていただければ遠慮なく何処にでも広報できる。被害者はこの新しいスタイルの殺人に屈する事無く、精神病扱いされる事を恐れず、攻撃と同じくらい徹底して表に出る必要がある。加害者は人を殺すのになんの抵抗もない。しかも人を苦しめる事だけの為に生きている。

電磁波の奴隷になっても人権は戻らない。

これで例えば強い薬を飲むようになっても脳を直接攻撃されるので睡眠妨害からは逃れられないだろうし、もっと強い薬を飲めば日常生活は不可能となる。

「お前を許す」この言葉も毎日100回は聞いている。何もしていない被害者に対して「許す」という言葉を連発する加害者はよほど恵まれていないのだろう。昨日も書いたが完全に精神が狂っている。加害者は精神異常者そのものである。

例えば、日記を書き終えて「保存する」ボタンを押す時に私に脳内音声で「これでいい」と言わせ、それに引っかけて「天才バカボン」の歌のリピート送信をするのも毎回やられている。最初は自分の発想のように感じるが、脳の操作により操られている。

本人の気が付かない内に

本人の発想でない物を挿入する事も出来る。

実に危険な脳の操作だ。


さて、一体どんな人に対して遠隔操作が可能なのだろうか、被害を自覚していない遠隔操作の対象が存在していないと言えるだろうか。我々も最初の頃は年に1回か数回しか声が聞こえていなかったと記憶する。

それから、昨夜に政治関係の方や著名人に広報をすると電話で相談したが、その後加害者に「お前ら2人とも殺してやる」と確実に何度も声の送信をされた。脳内音声でも「殺してやる」というのは殺人予告であり、脅迫でもある。犯罪者の手口と装置、取り締まる側の技術と世間の認識にあまりにもギャップがありすぎる。これでは電磁波テロリストが調子に乗り全国で被害者が急増するのは当たり前である。

自由と人権とプライバシーを完全に奪い取る現代の殺人。

頭の中でも1人でいられない地獄である。


3:56
自殺者、自殺未遂者、強制入院させられた被害者が出ているにも関わらず加害者には罪の意識は全くなく「お前は大げさ過ぎる、そんな事を書くと、頭を下げさせられるぞ」と脳内音声で言われた。「頭を下げる」、「恥をかけ」、「笑われろ」というのも得意の台詞だ。加害者の頭の中にはそれしかないのだろう。

9:40
あれから寝たのは5時である。
今、突然目が覚め音楽のリピート送信をされている。
疲労感のある気分の悪い最悪の目覚めであり、何かを考えようと思った瞬間に女の声で「君が逆らい過ぎるから罪を償わせる」と言いやがった。テクノロジージャンキーのこの生意気な言葉に瞬時に激怒してしまった。薄汚く卑怯で腐れ切ったドブゴミ犯罪者のくせに被害者に対して浴びせる台詞だけは一人前である。裁判所でそんな言葉を吐けば「罪の意識のなさ」、「反省の色がない」という事で一番思い刑に服することになるだろう。

武器を使っているから生意気な言葉を吐ける

加害者もいつか表に引きずり出されたら裁判の前に殺されてしまうのではないだろうか、それとも自分で自分の命を断つくらいの覚悟でもあるのだろうか。

精神への介入という装置を使いやっていることは極めて卑劣・悪質でその一連の犯行の内容から殺人であると判決を下したい。なぜここまで卑屈になってしまったのだろうか。

それから、酷い疲労感とともに、背中の筋肉と腰の筋肉が痛く、疲労しているように感じるがこれも被害であると確実に断言できる。頭痛もしているしキーンという音も大きい。声だけは小さめだ。こうやって書いていると両方の肩も痛くなってくる。

社会で一番ダメな種類の人間ドブゴミ加害者だ。

10:12
目が覚めた直後に上記してしまったわけだが、良く考えてみると加害者は精神異常者であり、凶暴で他人に危害を加える恐れが多分にあるので、独房もしくは拘束状態のまま精神病院で一生を終える事になるだろう。

11日1:06
正直疲れた。
帰宅は夜遅かったが自宅に近づくと声の送信が激しくなり、「ワン、ツー、スリー、フォー」と延々と女の声で送信し、それを歌のリピート送信のBGMの代わりにしている。今、肝臓付近に針を刺すような痛みを感じた。

どうも同じ場所でも装置のパワーや何かを変化させることにより痒みから痛みに変化させたり、同じ痛みでも細い針から太い針に変えたり、痛みを感じる深さを変える事が出来るのではないかと思ったりする。

脳神経から痛み痒みを発生させるのか、直接部位に何かを照射するのかは不明だが、色々あるのだと思う。

今日は一日全体として酷い攻撃は受けなかったが、何処にいても音声送信と思考のリアルタイム監視・干渉は途切れない。細かい被害はしばしば受けている。

寝る。

被害者から見た電磁波犯罪

3:36
就寝時も執拗に歌のリピート送信をされた。
就寝が2時過ぎ、3時に痒み攻撃で起される。
顔、アゴ、など連続で痒くされる。
それと執拗な語りかけと脅迫である。
どれほどの時間、痒みと語りかけをされていたかも判らない。
ちゃんと寝ていたのかも分からない。
痒くされると電気が光るかのように瞬間的に覚醒するのが特徴だ。
新聞配達のオートバイの音がする。

こういう徹底した攻撃を続ける悪魔である。

とにかくこの犯罪が世間に認知されていないことを最大限に利用して脅迫と人権剥奪を延々と繰り返し続ける。今も歌のリピート送信を続けている。全く脳内には静寂がなく、身体的にもひたすら苦痛である。殺意の塊である。

この攻撃に耐えられなくなった時は終わりだ。

日記タイトルについての考えを完全に消去されていたが、今思い出させてくれたので少しだけ書く。被害者にとってこの犯罪は勘違いとか、もしかして、なんてレベルではなく、誰が何を言おうと確実に悪意と殺意のある加害者によって遠隔からあらゆる被害を受けさせられている。しかも、加害者の存在を強制的に知らされている。

4:30
正確に言うと全く眠らせてもらえない。
原因は痒みで手の指、鼻、アゴ、耳、脇腹、膝の裏、足の裏、額、肩を次々に延々と繰り返し痒くしている。聞かせる脳内音声はすべてデタラメの芝居であり、イライラさせて精神的に苦しめる為の作り話である。

公安調査庁の公益通報に「電磁波による無差別テロ」という通報をしてから久しい。返事も頂いている。全く正当な納得の行く返事を頂いている。その他文部科学省のライフサイエンス課というところにも二箇所広報し、一箇所は今後の研究の参考にさせていただきます。もう一箇所は我々にはそれだけの権限がないのでどうすることも出来ません。という返事を頂いている。

それらを全部スパイ行為によりしっている加害者は全く攻撃を緩めない。それどころか攻撃は酷くなる一方だ。

これが栃木県佐野市の加害者のやり方だ。

4:40
アップ後に脳内音声による脅迫を頂いた。

「今日は寝かしてやりましょう、明日はもっと酷い攻撃をしよう」
「一生寝かせるな」
「脅迫コメントの嵐にしてやる」

などで最近は脅迫コメントが増えていて音声送信の加害者と思われる。
脅迫された言葉、是非ここに記して置きたい言葉を書く瞬間に忘れさせられてしまい「まだ書くことがあったのではないか」なんておちょくっている。今も「巨人の星」の歌のリピート送信が続いている。頭痛もしている。

徹底的に攻撃して被害者を精神病にすることが目的だろう。

なぜここまで執拗かつ過激な攻撃を続けるか、それはあまりにも重たい罪、誤魔化すことの出来ない重大な犯罪であることを認識しているからだ。

9:38
やっとの思いで寝たと思うと音楽のリピート送信により目が覚める。頭痛をさせている。今度は右肩を痛くしている。

脳内に放送する音楽はすべて他人の曲を盗み取って加工したものだ。

事実、カーペンターズの曲のボーカルの声を加工して男の声にしただけのものであるが、盗んで加工したもの、という表現に敏感に反応して憤慨しているようだ。しかし、こんな毎日であるから、本当に殺されてしまうのではないかと思ってしまう。

無理やり人を病気のように仕立て上げる極悪テロリストだ。

そして加害者のお決まりの言葉

「近所の人が心配して見ているぞ」
「佐野市の暴力団に狙われるぞ」
「もう一度ねさせてやるけど近所の人に笑われるぞ」

と言われた。

とにかく絶対に加害をやめない。
寝させない。

11:00
あれからも睡眠導入剤を一錠の半分飲んで寝ようとしたが、音楽のリピート送信と自作自演の声芝居を続けられて全く眠らせない。友人と私が喋っている過去の会話の再現をしていた。一番弱い薬だが睡眠妨害をされなければ朝までぐっすり眠れていた。それを起される度に半分ずつ飲んでいる。今日は一錠と半分だ。「もっと強い薬を飲め」と加害者に言われる。

何でも友人宅の前に住む普通の独身女性が夜中に騒いで警察を呼ばれたそうだ。これは実際にあった話だ。もう詳細は忘れてしまったが、まるでその友人宅が何かをする犯人のように警察に話していたそうだ。昼間は仕事をしていて全く普通の人だと言っていた。その時の話の内容を次から次へと友人の声を使い、私も返事をしながら聞いているように脳内音声で聞かされた。

全くもって極悪の睡眠妨害

何しろ絶対に音声送信をやめない

これが毎日であるので、話に出て来た女性のように犯罪被害と知らずにトラブルを起している被害者は決して少なくないと思う。まだ他にも県内で二件、知人より怪しげな話を聞いた事がある。

それと国会議員の方にも連絡を取り、

この犯罪に対する話をしている最中である。


11:33
もう一度寝ようとすると得意の創価学会を利用した脅迫を連発する。

「君は創価学会に笑われるぞ」
「悔しかったら日記に創価学会と書いてみろ」

「創価学会に嫌がらせをされるぞ」

この「創価学会に嫌がらせをされるぞ」などの脅迫に対して私はいつも言う。創価学会とはそんなことをする団体なのですかと。「君は創価学会にきっと嫌われるぞ」と今も脅迫をしている。「近所に創価学会の人がいるぞ」などとも言う。

実は毎日「創価学会」を脅迫のネタに使われている。

脳内音声を利用すれば、誰がやっているか分からないし、実際に送信された証拠がないので、自作自演と見られる可能性が強い。しかし、あえて私はこういうやり方をするのだと説明の為に書かせて頂く。

脳の操作・感情の操作も忘れてはならない。

11:42
また、管理画面をログアウトした後に自分のブログを表示してから「管理者ページ」というリンクを押したらパスワードなしにいきなり管理画面にログインできた。

この犯罪の特徴は人に言えないような事をする

もし、公表したもっと酷い別の攻撃を受ける

ように仕組まれている悪魔の手法だ。


創価学会ネタだけでは不十分なので付け加えるが、「公安調査庁に見張られているぞ」、「警察に見張られているぞ」などの言葉も毎日聞かされる。私の受けている被害は他にもあるが、現時点では遠隔からの脳の操作の類に関してのみ報告している。

また、目眩と記憶障害と身体の痛みが始まった。

21:18
一日中被害が途切れないのは毎日同じだが、頭痛、肩や背中の痛みが少し弱くなったていた。キーンという激しい音も弱くなった。目眩や記憶障害も長時間やられる事はなかったが郵便物に宛名を書く時などに強烈に脳を締め付け競れるようになり目眩がしたりする。従って、いつでも攻撃可能であるという脅威にはなる。

夜からは静かであるが時々肩が痛くなったりする。痒みにも種類があり、冷たいような感覚にも似たスポット照射感のある痒みを頭にやられたり、肛門にやられたりする。これは全く経験したことのない感覚である。

ボリュームの小さい音声送信ではあるが、歌のリピート送信をしたり、サブリミナルのような声の送信をされている。いつも夜睡眠妨害をする時の暗い陰湿な男の声で延々とボソボソ語りかけて来る。とにかく自由に物事を考えることは全く出来ない。

昼間は極端な精神状態のコントロールをされていなかったようで、少しの時間だが周囲の雰囲気が平和な自然な感じに受け止められた。普段はそれど頃ではなく、追われるような、慌しいような、疎外感というか嫌悪感のような気持ちで行動しているので、周囲が自然な感じに見えたのは久しぶりだったと思う。コンビニで突然、みじめな気持ちになったり、周囲の視線が異常に気になったりした。

とにかく脳の操作、精神状態の操作

これは信じられないほど細かい操作が可能と思われる

本当に危険だと思う。


日記を書いていると頭がボケて眠くなってくる。痒みも指先によくある痒みを再現したり、例の不自然な痒みを発生させられたりしている。また、キーボードを打つ指の筋肉を痛くされている。

22:13
また、頭痛と記憶障害(意識が薄れるような感じ)をさせられ「無駄な抵抗をするな」、「精神異常者にしてやる」と声の送信で脅迫をして、数人で笑っているイメージ映像を脳内に挿入されている。左の肩の痛みも出ている。呼吸困難も始まった。

攻撃の上乗せをして被害者をねじ伏せる暴力だ。

23:38
右肩と右の太ももを痛くされている。
脳に対する攻撃はそれほど強くない。

被害者の方と1時間ほど携帯電話で話しをした。最初にこちらから電話を掛けたが相手が出る前に切れてしまったので、変だと思いもう一度掛けてみると相手には着信履歴が残っていないらしい。話の途中で一旦電話を切り、相手から掛けてもらうと今度は私が出る前に切れてしまった。会話の途中でも一度切れてしまった。被害者ではよくあることだ。

その被害者の方が政治関係の方、著名人などに広報の計画があると聞き、電話を切ると同時にテレビがハウリングでも起したのかと思うような大きな音のピーというノイズを送信されている。

加害者は完全に頭が狂っていると思った。

「お前達が広報するから多くの人が迷惑をしている」
「黙って聞いてりゃあ、いい気になりやがって」

などと送信された。


社会に迷惑を掛けている電磁波テロの犯人の台詞である。

このように毎日、私に罪悪感を持たせるような声を聞かせている。

3:35
昨夜は1:00頃にはFC2ブログは閲覧不可能になっていたらしく、「寝る」と書く事が出来なかった。

寝たが起された。

耳鳴りと擬似条件反射

1:58
毎日の事であるが、寝てから1時間で目を覚めさせられる。
首の筋肉を勝手に動かして頭を大きくガクンと揺すぶられた。
その時に心臓をドキッとさせたかどうかは不明だ。

これだけ執拗にやるのだから殺意は確実にある。

この日記を書いていても加害者に脳内音声で一文字づつ読み上げられている。相変わらず左肩の痛みは激しい。就寝時は後頭部に頭痛と呼吸困難をさせられた。なぜ眠らせるかと言えば、眠ってから起す方がダメージが大きいからだ。左手は肩も含めて異常な疲労感と痛みに襲われていた。脇の下のリンパ節も痛い。

そのくらい加害者は悪意に満ちている。

目が覚めた瞬間に男の声で「いい、きみだ」と嫌みタップリに送信する。その後は「お前のドテッパラに穴を空けてえ奴がいるぞ」と暴力団まがいの脅迫をする。「バカ野郎、出て行け」というのも毎度の台詞だ。

人間を遠隔から操作する暴力、重大な犯罪だ。

20年前に恐怖の耳鳴り攻撃というのを食らったことがある。耳鳴りと言えば通常は突然キーンという音がして数秒後には自然に治る、大きな音を聞いた後に暫くキーンという音がしている。などが私の経験した耳鳴りだが、耳鳴り攻撃というのは全く異質でどうしても外部からやられていると感じてしまう。20年前もそうだった。突然の耳鳴りと言えば突然だが、夏の虫の音がジーッとやけに煩く、虫が鳴き止むとキーンと耳鳴りしていることもよくあった。秋には寝る時にモールス信号のような音がしたりしていた。

しかし、ある日突然の耳鳴りというのは鼓膜が裏返ってしまったような感じになり、異常な緊張感がしてその場にいられなくなる。錯乱状態と言うと大げさだが、自動車に乗って逃げ出した事も何度かあったと思う。勿論、同居の家族には何も聞えなく、私にだけ聞えていた。

それはもう、精神崩壊のようになってしまい人間不信になると同時に自己崩壊、自信喪失のようになる。恐怖体験とでも言うべきだろう。一度や二度だはなかったと思う。

その後は深夜に突然目が覚めるとキーンという音が聞こえていて、その音が聞こえると何故か殺りく的な気分になったのを覚えている。数ヶ月に一度、半年に一度、割合は覚えていないが不自然な夢で目が覚めたり、キーンという音がして過去の恐怖体験を思い出したりしていた。

現在は常時、周波数の違うキーンという音をさせられているが、その周波数が精神に与える影響もあると思うが、それだけではなく脳の操作も同時に行われているのではと思うのが最近の考え方だ。耳に対する操作も、鼓膜が裏返ったような(耳が詰まったような)感じにさせたり、左右で独立して聞かせたりも出来るようだ。

音がするから精神状態が変わるとは限らない。

脳への攻撃、精神状態を変える技術はかなり研究されていると思う。何かを見た瞬間に心臓を1回だけドキッとさせたりして驚いたように感じさせる、心拍数そのものを上げる、イライラさせる、落ち込ませる、疑心暗鬼にさせる、笑わせる、列挙したらきりがない。

身体攻撃や音声攻撃と脳の操作を組み合わせて行うのが基本形だと思う。

自在に心身をリモートコントロールする犯罪だ。

これほどの悪はないだろう。

しかも被害者に罪の意識を刷り込んでくる

進化はしているが決して新しい技術ではないと思う。

3:15
左肩が痛くて寝られない。
右を向くと右の腰を痛くされて寝られない。
歌のリピート送信も執拗に行われている。

私の親が被害者で
私が被害者で
私の子供も被害者にすると脅迫をする。

脳内音声という武器。

世の中で一番薄汚い物達だから好んで使う。
思考盗聴装置、人が信用出来ないから使う。

ようするに破壊工作、テロ集団である。

負け犬の遠吠えの如く口汚い中傷をずっと送信している。

11:03
3時の後は起されなかったが目覚めたのが10時半だ。女の声で「孤児ハッチ」の歌をリピート送信しながら男の声で「お前は癌で死ぬぞ」などと脅迫を延々と続けている。「早く起きろ」、「生活を立て直そう」、「早く日記を書こう」なんて命令も含まれる。

気分の悪い疲労感のある最悪の目覚めだ。

目覚めさせるのには痒み攻撃を使っているようで頭、脇腹、足などのように順番に引っ切り無しに痒くされる。こうやって日記を書いていると非常に小さな声で「ミジメー」、「ミジメー」と繰り返し送信し、そのような気分にさせようとする。

背中の痛みも激しく、左肩の後ろと前、左肘、脇の下が痛い。

脳内音声はやや舌が一緒に動いていてしまうタイプ(自分が喋っているように感じる)のが使われている。頭痛もしているし目覚めた直後から目眩と記憶障害をやられると寝ぼけているように感じてしまう。脳を締め付けるような感じにもされている。

声はすべてを貶し否定し

考えた瞬間に思考を読み取りその続きを勝手に作って喋っている。


左肩の痛みは何もしていなくても激しく、首が動かないほどだ。

昨日は研究所など3箇所に広報した。今日も広報をする。

11:20
一旦ブラウザを閉じた後だが自分の日記を表示して「管理者画面」というリンクをクリックするとパスワードなしにいきなり管理画面に入れた。

加害者はしきりに「日記を全部削除しろ」と言っている。
また、「これ以上広報するな」とも言う。
それが本音だろう。

21:52
歌のリピート送信が執拗に行われている。
呼吸困難と背中の痛みがセットになっている所がニクイ。息が吸い足り無い感じが常にあり、そのため深く息を吸おうとすると背中や肩が痛くなる。

「肩の痛みを無くして欲しければ日記を削除しろ」

と脳内音声で脅迫されている。

更に、呼吸に合わせて声の送信で嫌がらせをされるので呼吸をする度に不快感が生じる。これも生きるという人間の権利を奪い取っている、殺意の表れだと思う。

基本は被害者を病気に仕立て上げる事に始まり

願わくば犯罪でも犯して欲しいのだろう。

脳の操作、電磁波犯罪の実態を明確しなければならない。

インターネットの普及、広報活動により知っている人、理解している人は大勢いる。問題は権力側が調査・解決に向けて動くかどうかに掛かっている。

加害者は現在の被害者が置かれている状況を最大限に利用し広報をする度に、「笑われろ」、「嫌われろ」、「精神異常者だ」と声の送信で徹底的に貶してくる。隠蔽工作は当然のこと、あらゆる方面から被害者を潰しに掛かっている。

23:55
部屋の温度が20℃あるのに寒くてたまらなくなりストーブを付けた。
呼吸困難と背中の痛みの攻撃も全く途切れる事無く続けられている。帰宅してからの4時間は地獄そのものだ。

ただ苦しいだけ。

歌のリピート送信はテレビのCMなどのBGMをそのまま利用され煩くてテレビも見れない。脳への攻撃も途切れる事無く続けられているので頭がボケたり、目眩がしたり、イライラして暴れだしそうになったりを繰り返している。後頭部に対する違和感や頭痛もある。

悪意と殺意をむき出しにした電磁波テロ

生きている事を苦痛にし続ける犯罪

それから逃れたいと思ったら命を絶つしかない

これこそ現代の殺人だと思う。


とにかく、痛い、苦しい、それだけだ。

24:06
ここまで苦しんでいる人間を見ていても「バカボンと遊んであげよう」とふざけた脳内音声を送信して攻撃を全くやめない。それどころか目眩を激しくされている。広報は各方面にしているが公安調査庁の公益通報に「電磁波による無差別テロ」と題して通報をしていた事まて書かせないで欲しい。

24:54
どこまでも攻撃はやめない加害者だ。
結局、寝る時間が来るのを待っているだけの毎日である。
しかし、その睡眠中も攻撃を受けるわけであり
文字通り24時間、絶対に逃げられないわけだ。
これは嘘偽りのない被害の実態だ。

寝る。

体感付きの合成夢

13:50
昨夜も就寝時には色々テクノロジー攻撃をされたが何をされたかは忘れてしまった。しかし、一時間ほどの間は寝ていた感じがなくずっと夢を見させられていたかのようだ。就寝が12時半であるが、体感付きの夢でたまらず起きてしまったのが1時半である。もう、何と言うかやりたい放題、お祭り騒ぎのようであった。その後は「日記を書け」と脳内音声で催促されたが覚醒させられていなかったので無視して眠る事が出来た。朝は6時頃に起こされたが7時からもう一度寝て目覚めたのが11時であった。

起床後にタバコを吸っていると両肩の後ろが痛く、左の腰も痛い。しかし、それがあまりにも自然現象と同じ痛みであり、痛くなる理由についても心あたりがあるのでテクノロジー攻撃であると確信できない。怪しいと言えば体を使ってから3日ほど経っているのに今更痛くなるなんて、と言った所だったが、立ち上がると太ももに不自然な痛みが生じたので(過去にその部分が痛くなったことがないし、体感的に極めて不自然である)一連の痛みはテクノロジーであると判明した。

その後も音声送信や記憶障害や目眩のような脳への攻撃は続いている。それほど酷くはない。

体感付きの夢とは

最初は自室内でクモがスリッパに纏わり付いていて足で払い除けるなどの夢であり、その夢の中でもしっかり思考盗聴と脳内音声の加害者が私のやる事を見ていてリアルタイムで声の送信をしている。その後、夢の中で床に就き寝た。今度は夢が終わり半分起きているような眠っているような状態になり、下半身にもぞもぞと虫が這うような感覚がする。これは夢ではなく実際のテクノロジー攻撃である。さっきのクモの夢に関連付けて布団の中にクモがいると思わせているなあくだらない、と思った瞬間にパジャマと下着の両方一緒にすごい勢いでずり下ろされる感覚を受け、驚きのあまりに完全に目が覚めてしまった。

例えれば、体が中に浮いていて布団などの接触物がなく、パジャマと下着のどこの部分を持ってずり下ろしたかの感覚はない。ただ本当にずり下ろされた感じであった。するとすぐに「さあ、どうやったと思う」と声の送信をされだが無視をして寝たというわけだ。ちなみに、パジャマなどは全く寝たときと同じ状態で何処にも乱れはなかった。

とにかく女性の悲鳴、「ギャー」なんてのを何度も送信してオカルト的な雰囲気を出したりしていた。テクノロジーで色々と人に迷惑を掛けて遊んでいるような感じでもあった。

22:13
音声送信と脳への攻撃は弱いながらも延々と続けられている。
筋肉の痛みも先ほどから復活して両肩と背中が痛く深呼吸をすると背中が痛い。キーンという音も強く鼓膜が詰まったような感じでテレビの音なども聞こえ難い。その音はビニール袋をクシャクシャする音が異常に煩く聞える感じだ。声による脅迫と歌のリピート送信も行われ考える事の自由を奪われている。

先ほどは「バッカス&ミューズ」の内山さんと電話で話した。その時に同じ被害者のデネブさんのブログに冷蔵庫からの叫び声が録音されyoutubeにアップされていると聞いたので早速聞いてみた。確かに変な音がしている。冷蔵庫の音にしてはモールス信号のような音がするのが気になる所だ。しかし、私は脳内音声を送信されているので、それを聞いている最中にパソコンのスピーカーから同調した音を送信し私の名前を呼んでいた。興味のある方はどうぞ。
DENEBUのブログ(被害報告)
http://denebu.livedoor.biz/archives/829089.html

そういえばテレビを見ていたら生まれつき両腕のない女性が出ていた。他の片腕の無い女性に「あなたのやる事を邪魔する人はいない」と言って励ましていた。両腕がなくても自動車を運転して飛行機も運転する人。その苦労は他人が口を挟む領域ではないと思うが思わず涙が出てしまうような光景であった。

生きる、と言うことを邪魔し続ける犯罪

しかも犯罪被害であると証明できないため

精神異常者扱いにされたりする。

精神への介入、意識の中に常に他人が存在し邪魔を続ける。


と書いてアップすると

「もっと嫌がらせしてやれ」
「精神に介入し続けてやれ」

と脅迫される。

22:38
アップした直後に自分のブログを表示して「管理ページ」というリンクをクリックするとパスワードなしでいきなり管理画面に入れる事が多い。今も試してみたら入れた。

ブログを書き出すと左手の筋肉が不自由になりキーを打ち難くなる。

背中の痛みと呼吸困難と意識障害が続いている。

24:51
背中の痛み、左半身の痛み

見えないテクノロジーでも暴力である。

音楽のリピート送信も絶えず行われている為に

思考の自由を完全に奪われている。

とにかく、痛い

寝る。

思考のリアルタイム監視

1:47
眠ったと思ったら起される、連日の睡眠妨害。
何か映像を見せられ、頭の中は煩くなっていた。
覚えているのはそれだけだ。
睡眠時間は1時間でその後も無視をして寝ようと思ったが電磁波で脳を覚醒させられてしまい全く眠れない。左の目にゴミでも入ったような痛みが発生する。次から次へと脳内音声を送信し聞かせるだけでなく、私に呟かせる為の別の送信もセットで行われる。その後脳内音声で次の言葉を聞かされたので日記を書く事にした。

「血も涙も無いとは言わないでくれ、自分で選んだ道だ」

この犯罪を実に良く表現している言葉だと思った。勝手に被害者にして置きながら罪悪感を植え付け虐待を繰り返し力ずくの洗脳支配を試みる。誰一人自分から被害者になることを希望してはいない。

「かわいそう、かわいそう過ぎる」

という言葉には加害者の破綻した精神が見られる。

これほど酷い暴虐が平然と行われ続けている国である。加害者には絶対的な自信があり、その自信の上に精神侵略という殺人行為を全国で行っている。

就寝前には痒み被害の他に虫を飛ばして頂いた。強制的に起された後はもっと大きい虫を飛ばして頂いた。ついでに新聞配達のオートバイの音も聞かせて頂いた。オートバイの音は本物そっくりだが、この雨の中を普段と同じ速度で走れるわけがなく、水しぶきの音すらしなかった。虫の飛ぶ音は移動速度が速すぎるが本物そっくりである。もっとチープなのになるとドップラー効果のない救急車の音というのもあった。

思考のリアルタイム監視

覚醒している間はずっと音声が聞こえているという被害報告は有名だが、それと同時にその間ずっと思考を監視しているとも言える。実際に一緒に生活しているのと同じで風呂もトイレも心の中もプライバシーと呼べるものは24時間全く存在しない。常に干渉・介入をされ続ける。更に、思考の抑制や誘導なども露骨に行われている。信じられないと言うのなら公表されている技術の中にも信じられないような物は沢山ある。

精神への介入という犯罪

思考の自由を奪うという犯罪

思考を誘導するという犯罪


文明国であれば、新しいウイルスなどの脅威を問題にする世界であるならば、細菌兵器などという言葉の出る時代であるならば、そろそろ真剣に考えなければならないと思う。これらは新しい犯罪ではなく20年や30年も前から犯罪を行い続けながら悪い意味での進歩をして来たテクノロジーである。

歯に衣を着せない被害者の気持ちを伝えられたらと思う。

3:33
顔の左の耳の辺りが痒くて目が覚める。
「時計を見てみろ、また起してやる」と送信された。
背中の筋肉が痛くまともに歩けないほどだ。

「逆らい過ぎだ、神の存在に気づけ」

とほざいている電磁波テロリストだ。

ご存知の通り、何人精神病院送りにしても、何人自殺に追い込んでも、全く関係なくテロ行為を続けているプロの人殺し集団である。精神病院に入れてしまえば社会的な抹殺、自殺に追い込めば殺人と同じ。そうでなくても精神侵略は殺人だ。

今、お腹がポンと音を立てた。この後にオナラやゲップが出るのは良く知られている。ポンという音と衝撃。これは自然現象では絶対にあり得ない。今も脳内音声では脅迫の連続だ。

毎日「日記を削除しなさい」と脅迫されるが、それほど加害者には都合が悪いのだろうか。被害が無ければ何も書くことはないと言っている。

殺人をして証人を脅迫しているようなものだ。

先ほどもブログアップの後「巨人の星」の歌のリピート送信をしていたが、今はまだアップしていないが「巨人の星」の歌のリピート送信をしている。

「連休明けに苦しめ」と加害者に言われているが60枚120ページの広報資料を用意していて3箇所の研究所、大学に郵送しようと思っている。もうすでに10箇所以上同じような内容で広報している。その後も考えている。

本当は被害者全員があらゆる所に広報をすれば早いと思う。

10:21
結果、就寝は4時。
再度起されたのが8時。そのまま眠ってまた9時に目が覚め。最後は10時に小便を我慢している夢を見させられて実際にもそういう感覚にされ目が覚める。とんでもない疲労感と眠さの為に暫く起き上がれなかった。最悪の目覚めである。

加害者はこんなことをする為だけに生きている物達だ。

目が覚めると声の送信とキーンという音が少していてトイレに行くと背中と左肩が不自然に痛く歩くのに支障を来たした。あり得ない痛みだ。日記を書き出すと「巨人の星」の歌のリピート送信をされ、得意の目眩と記憶障害が始まった。

ここまで書くと今度は尻に針を刺すような痛みの連続攻撃をされている。

15:08
脳に対する酷い攻撃が延々続いている。
目眩と記憶障害が激しく、時間感覚の喪失もある。
歌のリピート送信では「仮面ライダー」の歌をリピートされている。声の送信では口汚い中傷と脅迫の連続で、うつ的な気分になる脳の抑制も行われているようだ。

「物を考える」という事を一切させない為の攻撃であり、暇なのでインターネットを見ていると量子コンピューターというのがあったので説明を見ていると急に「仮面ライダー」の歌の音量が上がり「一緒に歌わせてあげたいなあ」と声の送信をされる。

折角音声付の解説を見ていても目眩と記憶障害が始まり、全く意味不明になってしまう。文字を書こうとしても漢字が思い出せなくなる。「あいつ、あんな字が書けないんだってよ」なんて送信してイライラさせる。正確には書けないではなく、パソコンの画面から紙に写し取る時に漢字を一文字づつでないと忘れてしまうような状態にされている。

記憶障害は上記のように何も覚えられない状態で記憶の連続性がなくなり、日常的に毎日行っている事ですら一つ一つ確認しないと不安になる。これを毎日やられているわけなので大変なのは説明するまでもない。

もう一つ意識障害とでもいうような意識が薄れてしまう状態にもされる。とくに体全体の力が抜け貧血のような感じになり腰砕けのようになるのは記憶を操作するのとは別だと思っている。

それらの脳操作と精神状態の操作と身体攻撃と音声攻撃をすべて一度に合わせてやられたら、これはもう大変な状態になる。殺意がなければ出来ないだろう。

遠隔からの脳の操作

放って置く訳にはいかない。


17:18
今は先ほどのような酷い攻撃は止んでいる。
その時に思った。

人は何かを提起された時に

それが真であるか偽であるかを

自己で判断していると思う。


その判断は経験や記憶から成っていると思う。それらはあらゆる種類の判断に使用されている(当たり前)。例えば、読んだ文章、目で見たもの、人から聞いた話、自分の頭の中で組み立てた理論、想像したイメージなど。そのような物を偽であると思いたくなるような脳の操作があったらどうなるだろうか。

なぜそんなことを思ったかと言うと、漢字に対する読み書きの攻撃が激しく行われているが、今までなんの問題もなく読んでいた漢字の読みに対する疑問を抱くことが度々あるからだ。間違っていないのに不安になったりさせられる事がある。

電磁波犯罪では猜疑心を抱かせる、人間不信にさせるなどの被害が多く報告されているし、私も同じような被害を体験しているのでそのような脳の操作があるのかなと、ふと思った。

更に、決断力を鈍らせたり、消極的な考え方にさせられたりするかも知れない。それらがどのように行われているか不明であるが実際に行われていると思う。

24:22
一日中途切れない被害であるが、夜食後に被害者の方と電話で話しをしていた時にはほとんど声が遠のいてしまい不快な気分もなくなっていた。2件で3時間ほど話ていたと思う。その後は少しずつ侵入されて来て歌のリピートも始まり、目眩や記憶障害も復活してきた。激しい気持ちにならないので低レベルの攻撃ということになる。

寝る。

遠隔操作による洗脳・意識誘導

0:30
集中攻撃を受けているために
パソコンの電源を切り電気を消して就寝したが
もう一度電気を点けてパソコンの電源を入れ
被害日記を更新する。

思考盗聴は確実に行われている。

数人の男女の声で集中的に嫌みの音声送信をしている。
中でも笑ってしまったのが「・・・君があなたのことを笑っているよ」と何十回も連発していることだ。そこには知り合いの被害者の名前が入る。そんな事を毎日繰り返して

被害者の連帯を崩そうとする。

仲間割れとか不信感を持たせ被害者を孤立させようとする脳内音声による洗脳工作である。バカバカしいくらい毎日行われている。そこに出て来る名前はその時々によって変わったりする。

まず、左足の裏が凄く痛くなり、左の腰も痛くなる。それだけでも寝られるわけがないのに、酷い、かなりの目眩と思考異常(これは一つの操作で出来るのかも知れない)記憶喪失のようになり何も思い出せなくなる。本当に恐ろしいくらい思い出せなくされてしまう。更に、イライラして暴れだしたくなるイメージが湧いてくる。

被害日記を書くのにも苦労するくらい日常的な言葉すら思い出せなくされる。そこで加害者がそこに当てはまる言葉を送信して来る。もう、脳波がメチャクチャにされているような感じで大変な状態になる。良く聞いていると数人で寄って集って口汚い中傷を送信して来る。

何をしても無駄だ

「あいつ狂うぞ」

などと挑発をしてくる。

このように脳内音声と呼ばれる脳内に送信される声と意識誘導(精神状態の操作)と体感的な苦痛を受け続けられていれば人間が変わってしまうことは間違いの無いところだ。殺人だと思う。

こうやって書いていても次に繋がる文脈を忘れさせられてしまうので全く文章が繋がらなくなる。

そろそろ

遠隔操作の洗脳・意識誘導

思考盗聴・五感操作

などの人権を無視した犯罪

を正面から受け止める時代だと思う


普通の生活をしている人にとっては全く関係はないので知りたくもなければ、信じられないと思うが実際に日本全国で行われている。

1:32
あれから全く眠らせてもらえない。
呼吸が止まったかのような心臓異常のような誤感覚、首を勝手に右左に動かされる、鼻を痒くされる。「狂い鼻さかせてやろうぜ、朝起きて鼻に出来物が出来ていてもしらねえぞ」

「神嫌いをつけてくれ」
「神の存在を思い知らせてやる」
「明日見知らぬ人に笑われるぞ」


この徹底攻撃は有名な被害者の口封じだろう。

こんな酷い暴虐が行われている事を総理大臣はご存知か

1:52
脳への記憶障害と眠さのあまりに書く気力と文章力がなくなっているが被害の記録し残す。電気を消して床に就いた瞬間に頭の天辺を叩かれた感覚になり、頭の中でボコっと叩かれたような音がする。心臓がドキッとして「これが誤感覚か」、「殺してやれ」と脅迫される。目が沁みて痛くでたまらない。

これでは殺されてしまうと思うのが普通だ

9:12
陰に隠れて武器を使って攻撃する。
人間を自殺又は発狂に追いやるまで止めない電磁波テロ。
一晩中攻撃をされていたようでほとんど寝た記憶がない。時計を見ていなかったので時間を覚えていない、覚えているのは朝の5時半。1時間置きに起されていたようだ。その度に人の名前(初めて聞く名前)や被害者の名前を聞かせて嫌悪感を抱かせる。毎日やっている事は同じだが、洗脳であることは間違いない。

音楽のリピート送信と声による脅迫、目眩・記憶障害、キーンという音、筋肉の痛み、不自然な痒みが目覚めた時から行われている。

睡眠妨害中の文字の大きさでどれほど酷い攻撃、精神状態の操作がされていたかが伺える。人間をそのような状態に追い込み続けることに価値があると信じているテロ集団である

絶対に許してはいけない犯罪だと思う。

11:09
たったの二時間寝る為に薬を半分飲む。
こんな感じにされてしまう。

折角の連休もパア

家族もガッカリ

今も頭と左肩が痛く、音楽のリピート送信と声の嫌みの連続だ。脳への攻撃も行われていて目眩と記憶障害が出ている。

24:11
そんなわけで何となく一日を過ごしたが被害は延々と続き、軽い目眩と頭部圧迫感、記憶障害は特に酷かった。歌のリピート送信も曲を換えては続けられていた。とにかく午後5時頃までは大変だった。それ以降は被害は弱まり(嫌悪感、イライラ感が特に弱くなった)夜には喫茶店へ行き知人と話をした。しかし、そこでも最初は会話の内容によっては目眩がしたり記憶障害などを起されたり、新聞を見ただけで勝手に読まれたりした。見たところを勝手に読まれる被害では加害者が読めない漢字が出るとそこで止まってしまい違う話題になる。もし、私が読んでいて読めない漢字が出ると徹底的に貶される。

最近は頭の中で思った言葉を漢字に変換させられてしまい困っている。自分の思った言葉などが「お前それを漢字で書けるか」なんて毎日やられているせいだと思う。自分の意志とは関係なくイメージ空間に漢字として文字を書かされしまうようだ。

その他の被害は擬似胸焼けと胃痛、背中の筋肉の痛みなどだ。

これらは下手をすると騙されてしまい、焼そばを食べたから胸焼けをしたのか、なんて思っていると被害だったりする。それに気が付くと胃痛にされたりする。耳の穴の中を痒くする被害もある。筋肉の痛みは動きに支障が出る為に生活に制限が出てしまう。これらの被害は最初のうちは被害と分かるが、程度を下げて毎日長期に渡って行っていれば持病になってしまうだろう。

何年でも特定個人に対して攻撃を続けている被害だと思う。

今また脳を締め付けられるような感じになり嫌悪感が酷くなって来た。忘れていたが、コーヒーの味やタバコの味を変えられてしまう被害も毎日続いている。

本を読んだり考え事をすることは出来ない毎日だ。

寝る。

こんな犯罪を許して良いのだろうか

20:33
客人の接待で忙しかったので日記が更新出来なかった。
まず、睡眠妨害は8時に目覚ましをセットし1時に就寝。
6時に起され、次が7時半、しかたないので8時半まで寝た。「この程度なら睡眠妨害とは言わない」と加害者が送信したが連日の睡眠妨害、精神への介入などで心身ともに休まることは全くない。

本日も音声送信は途切れる事無く続けられた。思考を読み取り声の送信で介入され、野外の広場にいても視野盗撮により見ているものに干渉された。強烈な被害はなかったが体の痛みや突然頭がボケたり疲れて嫌な気分にされた。咳をさせられたり歯を痛くするのもたまにあった。

とにかく今回は他の人達といる間は酷い攻撃に晒される事がなかったので助かった。顔には笑いが口には言葉が出て社交的で明るい人間でいられた。酷い攻撃を受けていた去年の連休の頃を思い出す。

帰宅後には突然眠くなり、アンモニアの臭いがして目が沁みてきて開けていられないので疲れていたこともあり、寝ることにした。しかし、眠りに入ったと思うと鼻の穴の中を痒くされたり、鼻の頭を痒くされ、寝させてもらえない。仕方ないので起きて日記を書き出すと身体が突然熱くてたまらなくなり上着を脱いだがまだ暑い。

そして酷い目眩と記憶障害が始まり「ざまあみろ」と声の送信をされている。頭痛も始まりかなりの強度になっている。昼間に何故か胸焼けがしていたがそれも被害だろう。タバコの味も突然苦くなったりする。

とにかく極悪である。

昨日は仲間でゴルフをした。音声送信はあったものの快適にプレーが出来、下手どうしが一年ぶりに集まった中でも私がダントツのスコアーを出した。実に落ち着いていられた。

しかし、昼食後のラウンドでは集中力が全くなくなり、音声送信も悪質なものに変わり、呼吸までなぞられ、舌が一緒に動いてしまうような送信や、プレー中にどのように打つかパターのラインなどを考えているとそれに介入され失敗すると「ザマア見ろ」の連続でとことんやられた。どのようにやられたかの説明は難しいが普段自宅に居る時の音声送信と同じ程度の悪質さである。

思わず
「電磁波の影響が酷いんだ」
と一緒にいた知人に口走ってしまった。

こんなのがプロのスポーツの世界で使われていたら大変だ。

大事な場面で選手の集中力をなくしたり疲労感を出すだけで不調になってしまうだろう。この犯罪は誰に対して武器が向けられるか分からない、向けられていても調べられない、という角度から広報したいくらいである。

以前にも書いた事があるが「国家試験フリーパス」。目で見た文字が遠隔の加害者に読み取れ、脳内音声の送信ができれば現地で試験をしている人間は何も考える必要はない。この装置はあらゆる場面で不正に使用することが出来る。

こんな犯罪を野放しにして良いのだろうか

21:12
酷い目眩と意識障害と頭痛とキーンという音と肩や首の後ろのコリが酷くパソコンの前にはとてもいられなくされている。これだから殺人鬼と言いたくなる。

22:48
先ほどから脳に対する酷い攻撃が延々と続けられている。
テレビを見ていてもテレビの音声が出ているというだけで耳には入ってこない。特に聞えないわけでもないし、声の送信のボリュームが大きいわけでもない。脳に対する攻撃である。「そこから出て行け、立ち去れ」なんて言われる。自宅に居る時が一番被害が酷いので(1人でいるし、他人は少なくとも半径10メートル以内にはいない)狙いやすいのかも知れない。

耳は詰まったようになり、キーンという音はかなり大きく右の耳に送信されている。鼻を痒くしたり眉を痒くしたり左肩を痛くしたり大変だ。精神状態は全く集中力がなく、慌しく、イライラするだけ。声の送信では被害者どうしの信頼を無くさせるような発言を繰り返している。

「お前は嫌われている」

などが中心となる。

他の被害者の方も最近被害が酷くなったというメールが来たりしている。自分の被害も大変なものがあると思うが他人の被害を聞くと余計に加害者が悪意と殺意の塊であり、全く人間のやることではなく、それこそグァンタナモ収容所の拷問のようなものを誰にも知られずに、証拠を残さずに、ここ日本で24時間休まずに行われていると言いたくなる。余談だがこの装置を使えば特定個人の徹底監視、周囲の盗撮・盗聴を確実に行えると思うのだが。

そろそろ精神への拷問・苦痛に対して考慮する時代だと思う。

勿論、痛い、痒い、などの遠隔操作も大変な苦痛である。


24:03
被害は続いている。
精神状態を悪くさせられるので例えば明日どこかに出かける予定があったとしても決して楽しみにはならず、何処にも行きたくないという気持ちにされる。もし、このような精神操作をされていれば一緒に行った家族の前で不機嫌になり笑顔は当然なくなる。

毎日の被害であるので家庭崩壊にも繋がる

寝る。

精神への介入思考盗聴の時代

3:17
果てし無く続く殺意ある犯罪。
恐らく世界で一番、罪の重い犯罪だと思う。
その人権を無視した攻撃は寝ている人間に対しても全く遠慮なく徹底的に続けられる。時も場所も選ばない電磁波による人間の遠隔操作は、精神への介入という信じられない武器を使用している為に特定個人に対して攻撃するのに都合が良い。その常識を逸脱した犯行の特徴は誰にも信用が出来ない。それだけの武器を使っていながら目的が明確でないためだ。「なぜ、あなたが攻撃対象になったのですか」、「被害者には何か共通する過去や特徴がありますか」、「そんな事をして誰が得をするのですか」と聞かれると答えられない。

2時間ほど前に寝ようとする時に加害者は数人で集中的に嫌みを脳内に送信していた。それは昨日の日記の終わりの部分を読んで頂ければ分かると思うが意味なく人を貶しあざ笑うような感じだ。

今は、何故か突然目が覚めた。
昨夜とは逆に体が熱い。目覚めると同時に男の声でエコーを掛けて天空から聞えて来るような感じで脅迫をしていた。

「麻生総理大臣が笑っているぞ」

この意味は理解不能だが、その言葉を書かせるのが目的だと思うので加害者の為に書いてあげようと思う。今はキーンという音と頭痛が右側に起こっている。リアルタイムの日記であるのでこのくらいにしてもう一度寝ようと思う。

4:25
あれから1時間。
音楽のリピート送信は久しぶりにクリアーな音質で聞かせて頂いた。絶対に眠れないように覚醒させる信号があるようだ。しかも、その間に加害者が作ったストーリーのような物を延々と語られ、それが自分の夢というか、自分の考えのように過去を回想しているかのように感じてしまう。半分眠っているような状態でもそのナレーションと送信される映像により夢が作られて状態を感じ取れた。合成夢の正体かも知れない。「石段を登る」というナレーションとともに古い遺跡のように石段をみせられた。

本日はお客さんが来る事になっている

10人近くるので接待をしなければならない。約束の時間もあり、電磁波犯罪の事も知らない。それらを脅迫の材料にし、まず睡眠妨害、次にそのお客さんの前で恥をかかせてやる、という脅迫は数日前から受けている。

こんな事をされていたら普通は参ってしまうだろう。

被害者の口封じに勤しむ加害者達である。それも犯罪隠蔽の為の工作である。被害者が変人ないし精神異常者と見なされれば良いわけだから。

8:35
約束があるので目覚ましで起きる。

「逆らい過ぎだ」と脅迫をする。

耳にはキーンという酷いノイズが送信されている。

こんな事をされて人間が変わらない人がいるだろうか。私は徹底的に差別思想を刷り込まれている。洗脳そのものだと思う。お客さんの接待の時に酷い攻撃を受けるだろう。そのことは全部記そうと思う。

日本はいつからこんな国になったんですか

24:49
一日目が終わり帰宅した所だ。
睡眠妨害をされながら急いで書いた文には誤字などがある事を発見した。しかし、そういう精神状態若しくは時間的に余裕のない状態から出たものなのでそのままにする。

今日は軽度の被害だったと思う。

声によるリアルタイムの干渉と歌のリピート送信は途切れないが、それほど行動や思考に影響をきたさない場面もあった。

一日中外に出ていて人と接していると(被害が軽度であれば)この日記の世界が全く異質の世界であると感じてしまう。つくづくこんな日記を書かなければならなくされてしまう毎日に対して何とも言いがたい気持ちである。

明日も約束がある。

寝る。

不幸を作り出して喜ぶ犯罪

6:05
連日の睡眠妨害。
「連休を台無しにしてやる」だそうだ。

グァンタナモ収容所で拷問がされていたということでアメリカが世界から非難を浴びたそうだが、ここ日本でも全国的に電磁波による悪意ある人権侵害行為が24時間365日体制で行われている。拷問とは少し意味が違うが1秒も途切れる事無く身体・精神に対する暴虐は酷い苦痛で発狂して精神病院に入れられたり、自殺・自殺未遂が確認されている。これは全世界から非難されて当然の行為だ。

1時間置きに起されていたようで全く熟睡した感じがしない。しかも寝たのは2時頃だ。何度も目が覚めたが時間の確認はしていない。最後は膝、太ももの内側、陰部、足の裏などを連続で痒くされ目が覚める。その痒みは例の不自然な痒みなのですぐに判る。しかも意地の悪そうな人の顔のイメージを挿入されているので悪意のある人間がやっていることを意識させている。

眠っている人間に対しても積極的に暴虐を行う。

そして

「お前が苦しんでいるのを見て喜んでいる人がいるぞ」

と脳内音声で送信して来る。

24時間であるから人間の生活のすべてを妨害または侵害し続ける破壊行為である。その苦しみはこの程度の日記では表現出来ない。範囲は実生活から精神の中にまで及び精神への介入は洗脳とも言える殺人行為である。しかもその攻撃を列挙すると統合失調症と言われてしまう。

なぜグァンタナモでの拷問という言葉が出てくるかと言うと「実際にテロ活動をしていなくてもあれだけ酷い事をされると、人間が変わってしまう」という言葉をインタビューで聞いたからだ。拷問というのは自白を強要する行為であるので、我々のは拷問とは少し違うかも知れない。しかし、例えば自宅内にて恐怖体験をさせられ「手をついて謝れ」なんて声が聞こえて来たら誰もいない室内で土下座をして謝ってしまう人もいるだろう。そのように脳内に聞える声により操られてしまった人は数多い。

ほとんどの被害者が何かをさせられている。

なぜそこまで脳内音声に操られてしまうのだろうか。それは一定期間の監視により得た誰も知っている筈のない密室内の出来事や心の中まで知っているからだ。更に脳の操作により自分で考える能力を低下させられていたり、潜在意識に働き掛ける事ができるからだろう。

そして最後は苦痛の毎日となってしまう。

最悪なのは電磁波犯罪は見えない所から、見えない武器により攻撃をされる事である。これは実は大変な問題であり、その装置の実力とそれを向けられたらどうなるかを多くの人が認識したら許されない犯罪となるだろう。しかし、そうならない為の隠蔽体制が敷かれているのかも知れない。

8:29
また夢を見させられて目が覚める。
体が冷えてしまいリラックスしていなてのが良く分かる。この時期に体が冷えるなんてのは考えられない。室温は20℃ある。布団は毛布の上に羽毛の分厚いのが掛かっている。キーンという音をさせ声の送信は脅迫の連続だ。

「きっと殺されるぞ」
「発狂させてやる」
「恥をかけ」
などと送信されている。
その他は悔しさと憎しみしかないような言葉である。加害者は何がそんなに悔しくて、何をそんなに憎んでいるのだろうか。6時の時は「あしたのジョー」の歌、今度は「巨人の星」の歌を送信されている。当然、目が覚めると頭痛がしている。

これほど酷い暴虐はないだろう。

また、タバコを吸うタイミングに合わせてひゃっくりを出さされている。しかし、いつもよりはタイミングがずれているので吸う事ができる。だからテクノロジーでやっていることの証明となる。今度は「巨人の星」の歌をリピートしている。ボリュームを上げたり下げたりしながらのやり方だ。

日記を書いていると目にゴミでも入ったようになり目が開けられなくなる。こんな事を24時間徹底的に行い「逆らうな、広報するな」というのも毎日だ。

連休なので広報の資料だけは用意して置こうと思う。

12:33
もう一度寝て12時に目が覚める。
昨日と同じパターンだ。

今日は今のところ激しい攻撃はない。音声のボリュームは小さく歌のリピート送信では「鉄腕アトム」を歌っているのと、キーンという右耳の音、声による単発の嫌みだけだ。

脳に対する攻撃はあったとしてもすごく弱いと思う。

23:59
目眩・記憶障害などの脳に対する攻撃は弱いが続いている。

音声送信も小さいが続いている。

痒い、痛いなども続いている。

精神への介入も続いている。

夕方に用事の為に車に荷物を積み込もうと思ったのだが、全くやる気が出ず、酷い倦怠感に襲われた。しかし今日中にやってしまわないとならないので気力を出して荷物を積んだ。後から分かったが疲労感・倦怠感の精神操作をされていたのだと思う。

メールパスワードを入力する瞬間に極小さな音量の声でブログのパスワードを送信された事に気が付いた。風呂上りにもう一度メールを開く時にはテンポ良く無意識にパスワードを入力したのでブログのパスワードを打ってしまった「やった、ざまあみろ」とその瞬間に声の送信わされた。だから本人が気が付かないで何かを脳内に挿入されて間違えてしまう事は良くあると思う。

豚インフルエンザについて

テレビを見ているとかなりの危険度を知らせているにも関わらず海外へ出かける人がいるようでインタビューを聞くと自分は大丈夫みたいに楽観的に受け止めているようだ。そういう私も何一つ対策は考えていない。

別の番組で豚インフルエンザの事を伝えていると横にいた人が「結核で死んでいる人は沢山いる。自殺している人は毎日100人もいる。インフルエンザで死んだ人はまだそれほどいない」と発言していた。物事には色々な角度からの見方があると思った。

電磁波による人間の遠隔操作

精神への介入、プライバシーの無い生活

途切れる事のない被害


これも大変な問題があると思っているが

寝る。

追記、ブログをアップした瞬間に声による脅迫をされた「医者を呼び出してあいつに診療を受けさせろ、精神病院に入院させろ」だそうだ。


追記の追記

寝る前にメールの確認をする為にログインをしようとすると、またブログのパスワードを打たされてしまった。声の送信をされている記憶がないのでキーボードを打つのと同じタイミングで声を送信されているのかと思う。間違えて打つ前に気が付く時は入力するよりも一瞬早くブログのパスワードが脳内に聞えている。

それにしても一文にもならないことを24時間やり続ける加害者である。しかも被害者が広報をすれば少しずつでもこの犯罪が世間に知られて行く。

追記の追記の追記

加害者はブログからログアウトする時に待ち構えていて、ログアウトボタンを押す瞬間に「これでいい」と呟かされてしまった。それは舌が一緒に動くタイプの声の送信だ。まるで自分の発想で独り言を呟いているように感じるが全く違う。

そして

「これでいいのだー、これでいいのだー、」と天才バカボンの歌のリピート送信を開始する。そのように脳内音声で呟かせておいて、それに関連付けた歌のリピート送信に持ち込むという手口をいくつもやっている。「悔しがらせてあげて」なんて声の送信をするのも毎度のことだ。

ただ、バカがやることがなくてワンパターンの遊びをしているとしか思えない。全く愚かな遊びであるが罪の重さは大変なものがある。

しかし、強烈な脳への攻撃や精神状態のコントロールがないのでこの程度でバカがまたやっていると言える。もし精神状態のコントロールをされていたら暴れだしたくなるような衝動を抑えるのに苦労するくらい大変なのである。

脳の操作は本当に恐ろしい。

それが誰に向けられているか分からないからもっと恐ろしい。

寝る。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる