恐怖の強制テレパシー通信被害

2:21
寝ようと思い電気を消すと憎まれ口を送信される。
覚醒させられているので眠くならない。

「自分の置かれた立場が判っていない」
「ゴールデンウィーク中に発狂させてやろう」
「行き着く所は死だ、自殺劇を見させてやろう」

音楽のリピート送信
思考盗聴とそれを示す声の送信
身体の痛み、痒み、内臓の不調
目眩と記憶障害、読解力の低下など

これがら24時間途切れる事なく続けられ
更に脳の操作により精神状態を自在に操られる

これ以上の苦しみはこの世に存在しない。

「かわいそうに、許してあげよう」

これを連発しながら徹底的に攻撃される。

加害者には人間としての心は何処にも無い。


「許す」という言葉が許せない。

武器を使って集団で計画的に破壊活動をする集団の存在。
徹底的に人間を苦しめて発狂もしくは自殺に追いやる犯罪。

「許してあげよう」これを毎日何百回も聞かされる。

こちらも徹底的に広報をさせていただくことにする。

「うんと苦しめ、苦しみながら自殺しろ」と言われた。

これが栃木県佐野市の加害者の姿である事を報告する。

12:28
目覚めると同時に音楽のリピート送信をされている。
声では数人で嫌みの集中攻撃をしている。

その内容は

私に罪悪感を植え付ける事
被害なのか自然現象かの区別がつかなくさせる事


に重点を置いている。

目眩と頭痛と疲労感が著しいのは目覚めた直後からで「寝過ぎたことを人のせいにせんでくれな」と声の送信を何度も繰り返している。起床して着替えようとすると不自然な筋肉の痛み、目眩が酷く真っ直ぐに歩けない感じだ。やっている事のほとんどはボタン一つで行えるようで聞えて来る声もリアルタイムとそうでないものがある。場合によっては私の思考や言動に合わせて自動化されている部分を感じる。

マインドコントロールというかリモートコントロール

脳内音声やイメージ映像の送信でターゲットに意識外の発想を送りつけ、意識外の言動をさせることは確実に出来る。このところ毎回メールパスワードとブログパスワードを間違えさせられている。

無意識でいるとやられてしまうが
人間は通常無意識で生きている。


問題はどのくらいの人数を脳内音声送信などのターゲットに出来るかである。パソコンのキーボードの違う場所を打たされてしまう、という被害が私だけでない事が分かった。方法は別としてそう言った被害もあると言うことだ。随分と前に被害者からの初めてのコメント(連絡を取りたがっていたような)が来ていたのを見た記憶はあるのだが、すぐに無くなっていた。さっきも被害者からのコメントを削除してしまった。表示するつもりでマウスをクリックしたのに削除ボタンを押していた。

加害者は二つの種類の声を送信していて、一つは加害者の言葉、もう一つは私に呟かせるための言葉となっている。呟かせる為の言葉は、加害者が勝手に作っている場合と思考盗聴により得た情報を送信する場合と、長年の脳内ストーカーにより得た経験での予測から送信している場合がある。

その声は小さい音量なので注意しないと気が付かない。目眩や記憶障害、音楽のリピート送信や声による罵声などで撹乱されるので余計それらに気が付かない。

あらゆる方法で撹乱して犯罪の確信に近づけない

そんな犯罪だと思う。


13:42
コーヒーを飲みながら他の被害者のブログを読んでいる。

「平塚、東京、ロンドン、横浜」
http://groups.exblog.jp/
この方も毎日更新しているようで被害内容は私と同じ、しかも文章の作りがとても上手で24時間の被害の中から部分的な加害者とのやりとりが書かれている。私は腹が立った時や攻撃が酷い時を取りあげているが読んでいるとほとんど同じだ。

「バッカス&ミューズ」
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/
こちらの方はご存知かと思われるが話をすると被害内容は同じで日誌には細かい被害を書いていないだけである。

15:41
激しい頭痛と目眩・記憶障害の中やっとの思いでブログ閲覧を終了して被害者の方にメールを送った。目の奥が痛くなったりもする。読解力の低下被害は有名だが、文字を読んだときの理解力などの低下には脳の操作以外に、関連した内容を引っ切り無しに喋り続けている脳内音声もかなり影響していると思った。読んだもの、見たもの、考えたもの、加害者の送信されたもの、が混ざってしまうと思われる。

頭痛と嫌悪感とノイズが酷い。

「殺してやれ」なんて罵声も浴びせられる。

2日1:40
夜の9時くらいまでは頭痛などが激しかった。
その後「サスペクト・ゼロ」という映画のDVDを見た。
最初は音声送信が静かになったが途中から語りかけが始まり応対させられてしまった。その度に「あいつ、また、大事な所を見逃したぞ」なんて送信されるので大事な部分にくるとわざと加害者の語りかけに応じたりしてやった。字幕を勝手に読んで聞かせられるのでこちらもデタラメに読んだりしてしまった。私が字幕を全部読まないうちに次の字幕に切り替わると「あいつは読むのが遅い」などとやじられる。

その後はテレビを見ているとグァンタナモ収容所の事をやっていた。拷問が行われていたらしい。そちらの拷問は本物の拷問であるが、電磁波による24時間の被害も新しい形の拘束であり、拷問というか虐待である。一日も早くその精神への介入というか苦痛を受けさせる為の電磁波攻撃の存在が明るみに出ればと思った。

今も音楽のリピート送信と声の送信は続いている。

寝る。

追記、「サスペクト・ゼロ」という映画は2005年の作品らしいのでご存知の方は多いと思います。パッケージには超能力者と書いてありますが声の送信やイメージの送信、脳波の送信を行っているようです。それらから逃れられない人の苦しみも描かれています。興味のある方は是非ご覧になってください。
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる