罪の重さを考えてみたい

3:59
今夜は就寝時から睡眠妨害をされている。
就寝が2時前だったと思うがほとんど眠らせてもらえない。声の送信、歌のリピート送信など嫌みと脅迫は当然のこと、脳を覚醒させたり、眠らせてすぐに目覚めさせたりの繰り返しをしている。体のあちこちを順番に痒くさせるたり、痛くさせたり、ひっきりなしに行っている。この装置で出来ることの中からどのように攻撃をすれば人間が一番苦しむかを試しながらの攻撃をしているようだ。

そんな事を繰り返し本当の病気になるのを待つ

そんな事を各地で行い続けているのだと思う。

やっている事は詐欺行為が中心である。勿論、遠隔からの脳の操作や精神への介入は間違いなく重大な犯罪であり破壊活動そのものだ。

得意の台詞

「笑ってあげよう」は

何をしても送信される。


その言葉を脳内に送信したいから犯罪をやっているのだと思う。

詐欺行為というのは例えば映像の送信を利用して体が揺すられているように感じさせたり(平衡感覚を誤魔化して揺れているように感じさせるのもある)、心臓の鼓動が早くなったような振動と音を送信したりして人に錯覚を起させることだ(実際に心臓が苦しくなることもある)。手を変え品を変え睡眠妨害に勤しんでいる。

「広報したら殺すぞ」と何度も声の送信で脅迫をされている。

実際に殺してしまうのと

殺さないで苦しませ続けるのと

どちらが罪が思いだろうか。


しかも、犯罪の種類は脳の操作・精神への介入を中心とした姿なき手口で通常人間が知っている苦しみの種類ではない。殺人とも言える洗脳行為・人格改造などの重大な犯罪もそれ自体が行われている事は当人以外には全くわからない。加害者はそられをすべて承知の上で24時間365日休む事無く続けている。罪の種類は考えられないほど沢山ある。

6:25
どうしても眠らせてもらえないので薬を半分ほど飲んだが脳を覚醒させることができるので眠れない。やっとの思いで眠ったと思ったら下らない夢を見させられて目が覚める。その間も眠ったと言うほどのものではなく、陰部を引っ切り無しに痒くさせるという下劣ぶりである。

そんなに広報されるのが嫌なのなら犯罪をやめるべきだ。

電磁波による無差別テロをやめればよい。


また

「殺してやりてえ」

「出て行け」

「子供も被害に逢わせてやる」


と脳内音声で罵声を浴びせられた。

10:34
目覚ましにより10時に起きる。
声の送信と歌のリピートとキーンという音がしている。
窓を開けるとこの季節にしてはジーッという虫の音が聞こえていてキーンという音に増幅されて妙に煩いのが気になった。目が覚めてすぐに右足のふくらはぎの内側に太い針を刺されたかの様な痛みがあり、その場所を刺激すると足がつってしまうように思った。

昨夜は照射感というのが良くわかった。額に丸い直径5センチくらいの圧迫感の弱いやつみたいのがあり、そこだけ暖かいようにも感じた。感覚としてはとても弱い感覚でそれが何かを照射されているように思った。

それにしても昨夜のニュースゼロ

「統合失調症の特集で100~120人に1人」というのが何に対してなのかを聞き逃してしまった。気になる。

21:28
今日は政治関係の方に広報というか陳情をしてきた。
そのために昨夜の睡眠妨害があったのではないかと思う。

被害の方は

歌のリピート送信
声の送信
軽い目眩と記憶障害
痒み、痛み

などはセットになっていて途切れることなく続けられている。
その強弱やタイミングなどを見計らっているだけだ。

昨日の被害から比べると今日は軽い方だが8時を過ぎた頃からお腹がパンパンになり糞の臭いを送信されていた。音声のボリュームは小さく口数も少ないが「ぞうさん、ぞうさん、お鼻がながいのね」という歌をずっと右の耳にリピート送信され、なぜか右の耳に不快感のようなものが発生していた。

陰部を痒くした後に鼻の下を痒くして、眉毛を痒くするなどの痒い所を掻くことによるリモートコントロールをしたりして遊ばれていたが、無視をしてテレビを見ていると次第にイライラする感情が湧き上げってきて暴れだしたい衝動にかられる。

静かに過激な攻撃をされている感じだ。

何が静かなのかと言うとキーンというノイズが送信されていなかったようだ。それにしても24時間365日全く休む事無く続ける加害者であるが常識では理解できない。などと日記を書いていると頭痛や記憶障害、目眩などが強くなってくる。

5/1 1:27
少し遅くなってしまったがあれから4時間ずっと後頭部に頭痛と強い記憶障害と音楽のリピート送信をされている。最後は1人でいても実際に声を出したくなってしまう。なぜだかわからない。

音楽は先ほどアップした自分の演奏と同じ曲をリピートされている。何だか良くわからないが音楽をアップする事に関しても妨害が激しい。

脳の操作によって緊張状態・興奮状態にされている為か、夕方には感じていた疲労感や眠気を感じなくなってしまう。今この文章を書いていると背中に刃物で切られるような痛みを瞬間的に感じた。

「日記を全部削除すれば許してやるよ」と入浴中に言われた。

寝る。

電磁波ストーカー

10:11
約8時間ねぐっすり寝ていた。
しかし、目覚めた瞬間に音楽のリピート送信が聞えている「falling in love with love」という曲で聞くことは良くあるが極たまに演奏したりする程度の曲だ。声の送信は目覚めた直後の私の考えに介入してくるが「少し放って置こう、邪魔をしないでいよう」なんて言っていたが、起床して着がえていると頭部に軽い圧迫感とともに軽い目眩と記憶障害が始まる。

毎晩のことではあるが昨夜も寝入るまでは背中などの下側になっている部分、わざわざ体を持ち上げないと掻けない場所を執拗に痒くされた。知らない間に眠ってしまうのが通常だ。

現在はかなりの目眩と記憶障害を起されている。

この犯罪には電磁波ストーカーという呼び方もあり、その名の通り激しいストーキングである。その理由を説明する必要はない。

見たことが無い加害装置

昨夜、寝る前に何となく思った。果たして国家や警察がこの犯罪に対して隠蔽や無視を貫いているだろうか。被害者を中心に加害者や加害方法などに対して様々な仮説・想像が為されていることは良く知られている。私はそのどれも否定はしない。しかし、自分の考えとして、他の被害者と同じように加害者像、加害方法などについて可能性として強く思うことがある。

なぜすべてが有り得ると考えるかについては加害装置を見たことがないからだ。誰をも納得させて犯罪が行われていると言う事を明白にするには何かが足りない。だから可能性として自分が思っていること以外を否定する訳には行かない。

ならば国家や警察がこの犯罪を無視してはいない。

という考え方があっても良いと思った。

14:56
寝起きから酷い攻撃が続いている

このまま精神異常にさせられてしまうような感じである。歌のリピート送信と声による徹底的な攻撃はいつもと同じレベルだが

目眩と意識障害が強烈なレベルで行われている

まず、首から上が急に熱を帯び血圧が上昇しているような、のぼせているような感じになり耳がほてる。何をやっているのかも分からなくなるほどの攻撃だ。細かい事を書いてもキリがないので書かないが殺意が無ければ出来ないことは確実だ。

「お願いだから、もう逆らわないで」と女の声で送信される。

「これ以上広報をするな」と男の声で送信される。

いつも書いているが、この装置で脳を攻撃すれば数時間で発狂させられてしまうだろう。脳への攻撃を毎日続けていれば確実に精神異常に追い込む事が出来る。現在でも目眩と記憶障害などを中心として攻撃は毎日続けられているので

笑いがなくなる
うつ病のように見える
顔つきが病的になる

など他人からも見て分かるような二次的な被害が発生しているだろう。

とにかく酷い。仕事をしているので逃げるわけには行かないし、それをこなさなくては相手に迷惑が掛かってしまうので何とかやっている。今日は長時間の仕事ではないが、とてもではないが、その場にいられないほどの攻撃なので仕事の質を落とし最低限のものとした。

17:11
今日は特に攻撃が酷く様々な攻撃を連続でされているが、歌のリピート送信のボリュームが大きく、激しい目眩と記憶障害の他に吐き気と頭痛と呼吸困難をされている。

呼吸困難は実際に呼吸が出来ないと言うよりは神経を攻撃していて、いくら息を吸っても吸い足り無いような感じにされているように思う。あるいは筋肉の操作で息を吸う時に使う筋肉の動きを悪くしているのかも知れない。

今日は休日であるので家族との会話を楽しもうと思ったが徹底的に攻撃をされるので非常にイライラして家族の傍にいない方が良いという結論になり日記に被害報告をすることにした。お茶を飲みながら家族の話を聞いていると歌のリピート送信のボリュームが大きくなったり、お茶菓子を食べると口の中を噛んでしまったりする。口の中を噛んでしまうという被害も他の被害者によって報告されている。

ここまでやられると家庭崩壊という被害や家族も犠牲になっているとの考え方が出てくる。これは当然であり、私以外に家族がテクノロジー犯罪の被害に遭っていなくても、家族の中に私のように被害者がいれば家族に負担が掛かるのは間違いの無いところだ。

しかも家族が直接被害を受けていないと言う証拠はない。

24:47
先ほどは「マスコミに袋叩きにされるぞ」と脅迫された。

今は風呂上りで立眩みに見せかけた脳の操作をされている。

基本は目眩と記憶障害だ。これは意識を失うような信号をパルス状にして送信し、そのパルス幅を変化させる事により感じ方を変えている。それに貧血などの時に目を瞑ると見える黄色の輪を映像として送信し、空腹感のようなものを送信すれば出来上がりだ。すべてがインチキ臭く私にはそう感じる。風呂の中でも巧みな攻撃により騙されて風呂の栓を抜いてしまった。「ざまあみやがれ」と声の送信を受けた。

人間は脳の遠隔操作には逆らえない

本題に入る

本日、ニュースゼロという番組で「統合失調症」について特集をやっていた。聞き逃してしまったのだが「100~120人に1人の割合で発生している」という言葉というか字幕が印象に残った。

どなたか良く聞いていた方がいらしたら知らせて欲しい。

私は統合失調症と電磁波の関係については考えていないが、電磁波による脳の操作が統合失調症のように思われる事について考えている。それについてはブログの右にリンクされている「精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について」というのが参考になる。

どうも今日はいつもより攻撃が激しいように思う。

寝る。

人の人生を弄ぶ犯罪

2:16
予定通りの睡眠妨害。
合成夢をみさせられ息苦しいと思いながら目が覚める。
目覚めると脳内音声による脅迫を立て続けにに聞かせてくる。
キーンという音も普段より強い。

脳内音声でこう聞かされた

「大きな罪を犯させてあげよう」

これが歴史的な犯罪者の台詞だ。

終始一貫、被害者に対して口封じをする為の激しい攻撃と罪悪感を植えつける洗脳をやめない。徹底した異常犯罪であることも有名過ぎる。しかも、病気ではなく悪意を持った集団が武器を使って攻撃している事を強制的に知らせながらの犯罪で全国に被害者が急増している。

被害者が急増しているのは事実だ。

ここまで来れば加害者の目的を想像するのは容易だと思う。


社会の倫理を踏みにじり
人類の歴史を根底から覆し
立場の弱い人間を徹底的に苛めるのも特徴だ

これでは殺されてしまうと考えるのが普通だ。

瞬間的に記憶を消したり、呆然と何をする為にコンピューターの前にいるのか分からなくなったり、パスワードを打つのにいつもの倍以上の時間が掛かったりするのもすべて事実だ。

4:25
世の中で一番罪の重い犯罪者の殺人行為は続く
証拠無き犯罪の話をしに大学教授に会いに行くだけでここまで酷い攻撃をするのだから、よほど気が小さいか、広報される事を恐れているとしか思えない。どうせこれだけの武器を使っているのだから国の主要人物でも脅迫した方が効果があると思うのだが、なぜか被害者は一般の人だけである。

最低の人間による

最悪の犯罪

必ず罪を告償う日が来るだろう。

「どんなに強い薬を飲んでも無駄だと書け」と命令された。

何度も書くが社会への挑戦でもありテロである。

さしずめキチガイに刃物と言ったところか

6:27
結局、あれから一睡もさせてもらえなかった。
脳への攻撃で覚醒させられているのかと思う。
声の送信は陰気な感じの男の声で1人で延々と喋り続けていた。それは本当に途切れることなく、引っ切り無しだ。内容は脅迫と貶しだけ。

身体攻撃は鼻や頭、背中や足の裏などを立て続けに痒くし続けていた。それと筋肉の痛みは横を向いて寝ていると下になっている部分の筋肉を痛くされるので反対を向かないと寝られなくなる。反対を向くと今度はそっち側の筋肉を痛くされる。肩と骨盤の外側の筋肉だ。自然に痛くなっているようには絶対に感じない。何しろ始めての経験であるから。

結果、2時間と1時間で合計3時間しか寝られなかった。

「うんと疲れさせてやれ」
「現地で喋れないようにさせてやれ」
「夕方まで寝させてやりてえなあ」
「大学で笑い者にされるぞ」
「集団ストーカーに遭わせてやるよ」

などが印象に残った。

広報されるのがそんなに嫌なのだろうか。

起床と同時に「巨人の星」の歌をリピート送信し始める。私にはその歌詞は加害者のテーマソングというか加害者そのものに感じてしまう。通常貶しに使われる言葉も加害者自身を表しているとしか思えない。人間とはそんなものである。

早起きしたついでにコーヒーを飲んでから出かける。

23:39
車中8時間、現地で5時間の旅を終えて帰宅した。
帰りの車内でも歌のリピート送信をされたままだった。
帰宅すると攻撃が激しくなり被害日誌「バッカス&ミューズ」を読み出すと更に声による嫌みを徹底的に浴びせられ「ザマア見ろ電波暗室でもダメか」と言い出し、テレビのニュースで殺人事件を起し時効の後に表れた犯人事を報道していると「悔しければ法律を変えて見ろ」なんて言い出す始末だ。

今は呼吸困難、頭部圧迫感、目眩、記憶障害、肩の痛み、ゴムが焼けるような臭いの送信、歌のリピート送信、声による嫌み脅迫をされている。

旅先でも声によるリアルタイム監視は続いていた。

その他の攻撃は控えめであったが、大学では先方の都合もあり2度に分けて面会して頂く事となった。忙しい中、非常に親切な対応をして頂きありがたいと思った。しかし、2度目の面会の時に「バカボン」の歌のリピート送信とともに後頭部に違和感が生じて頭の回転が悪くなってしまった。従って送信される声と混ざってしまい非常に集中力を欠いた状態になり積極的な発言は出来なかった。その分同行していた方が対応してくれたので助かった。

持っていった資料50ページほどは封筒に入れ手渡したのでそれを読んで頂ければ何もお話することはない。現時点では被害の細かい内容に関しての積極的な理解は感じられなかったが、遠隔操作により人が何かの影響を受けるという事に関しては理解して下さっていた。

問題は世論として人間の遠隔操作に関しての話が明確にされないと言うことだと思った。技術的な可能性や噂は沢山あるしそれらの存在を信じてくださる方もいる。しかし、明確にする為には重要な点が表に出ていないと言った所だろう。

29日1:07
音声送信を中心にした被害は相変わらず継続

疲れたので寝る。

また始まった睡眠妨害

4:08
また、悪魔の睡眠妨害が始まる。

広報されては困るのなら

被害者に活動をされては困るのなら

こんな犯罪をやめるべきだと思う。

社会の常識を根底から覆す犯罪。

死人まで出てしまっているテクノロジー犯罪。


まず、3時に就寝してから1時間で起されたが無視して寝る。その時も徹底した脅迫を脳内音声でされた。

今も夢のような物を見させられて目が覚める。そのとたんに予め考えていたかのように脳内音声で脅迫を立て続けに頂いた。仕事の面での脅迫だ。あまりにもその連続攻撃が普段の加害者からは想像できないからだ。仕事がなくなるぞ、困るぞ、と言った感じの脅迫だ。

今日も被害関係で出かける

明日もその積もりでいる

金と時間を犠牲にしても行動をしなければならない。

それは自由と人権とプライバシーを返してもらう為でもあり、それを後世に残さない為でもあり、恐怖の脳の操作という犯罪がある事を立証する為でもあり、他の被害者の為でもある。

動ける人が、動く。これが原則だと思う。

「ならば動けなくしてやるぞ」と脅迫を頂いた。

4:58
痛い、痒いの攻撃がひっきりなしに続けられている。
脳を覚醒させられ、次々に意味の無い言葉を送信してくるので全く寝ることが出来ない。本当に悪魔そのものだと思う。こうやって被害者の活動を妨害しテクノロジーの奴隷にしてしまう。

精神科に強制入院させられた人も多い。

8:34
「おーい、進んで謝れよ」
とドブゴミがほざいていたのでまた目が覚めた。

進んで謝らなければならないのは、勿論、社会に迷惑を掛けている加害者であり、自分の立場も日本語の意味も理解不能の犯罪者である。

そのくらい常識が無く、自分達の罪は無かったことにして、被害者を犯罪者に仕立て上げる事しか考えていない異常者であることは明白だ。

いつものパターンだが

今度は暴力団の名前を出して脅迫している。

創価学会の次は暴力団

これもお決まりの手口だ。


10:30
その後は8時半にテクノロジーで目覚めさせられる。
一度目覚めると30分から1時間は寝られないので睡眠時間は減る、しかも寝たのだか起きているのかわからない時間もある。

10時に目覚ましでやっと起きる。
またも、脳内音声による脅迫と嫌みの連続だ。
音楽のリピート送信も行われ、日記を書き出すと軽いが目眩と記憶障害が始まった。憎まれ口を言わせたら右に出る者はいないと思う。しかも、実在する人間の名前を次々に利用するというデタラメさだ。

23:12
お知らせ

本日、電波無響室に行って来ました。

説明を聞くと測定用の部屋なので外来電波はほとんど遮蔽してしまうようです。シールド性能は80~100デシベルで10の10乗分の1になるそうです。極低周波に関しては基準外なので遮蔽率は不明らしいのです。

その中に被害者数人で1時間入りしましたが、私も含めて全員、効果はありませんでした。私に関しては声の送信は最初からボリュームが小さかったですが全くそのまま聞えていました。初めて目にする印刷物も見ただけで加害者が読んで聞かせてくれました。頭痛はされていなかったので部屋の中でも頭痛は起きませんでしたがお腹にポンと音がする攻撃と肩を痛くされる攻撃も多少やってくれました。そり代わり部屋から出て帰りの電車の中では頭痛などもしてくれました。

帰宅後はまたもやお祭り騒ぎで脳を締め付けられるような感覚や記憶障害などを一時的に激しくされたり、肛門をボコボコと刺激されたりして大変イライラさせらたが何とか今は沈静している。結局、声によるリアルタイムの干渉と歌のリピート送信、思考の鈍くなる攻撃などを一日中されていた。

明日は被害に関係している本の著者(学者)の方にお会いする機会が出来たので少し遠くまで足を運ぶ予定になっている。

睡眠妨害が心配だ。

寝る。

電磁波犯罪は無差別テロだと思う

1:55
毎度の睡眠妨害で寝られない。
歌のリピート送信は途切れない。
「かわいそうに」の連発。
やたらと人の名前を出して脅迫をする。

「逆らえば、逆らうほど、苦しめてあげるよ」
「冥土に行かせてあげるよ」
「これで創価学会の怖さが判っただろう」

「後で創価学会からうたせてあげるよ」

この言葉の意味が全くわからない。
「うたせてあげる」これは良く聞かされるが意味不明だ。
「鉄砲で撃たせてあげる」と今言われた。

これでは殺人予告ではないのか。
いくら脳内音声でもこれは特定個人への脅迫である。


実は最近は創価学会という言葉を使うのを控えていたが今日はもう我慢出来ない。なぜなら「怖さがわかっただろう」とか「逆らうな」の連発だ。

電磁波犯罪は強制的に人権を奪い取り常識では考えられない事をするのは良くしられている。証拠が取れない、精神病だと言われてしまう、などの絶対有利な条件を使い人間として最低の心があれば絶対に出来ないような残虐な事を24時間続けている。それも何年も、しかも被害者にはこれと言った理由が思い当たらない。なぜ自分がこんな目に遭わなければいけないのかもわからない。

私は加害者に心当たりがなく

創価学会が犯人だと思ってもいない。

加害者が勝手に言っているだけだ。


もしこの犯罪が明るみにでるような事があったら加害者こそ抹殺されてしまうのではないだろうか。

9:34
目覚ましが鳴ってやっとの思いで起きた。
今日は被害者の会に出かける。
明日も出掛ける。
だから数日前から睡眠妨害をして疲れさせる。

目覚めと共に声の送信で不快にさせる。

「頑張って起きてくださいね」
「薬の飲み過ぎ」

この「薬の飲み過ぎ」で起きられないかのような言い方には問題があり、加害者も私が薬嫌いである事を知っている。昨夜はあまりにも睡眠妨害が酷いので睡眠導入剤を半分だけ飲んでいる

「あの方は恥ずかしい日記をお書きになられた」
「加害者をボロクソに書いている日記の作者の気持ちが判っただろう」

これらはすべて被害者に罪悪感を植えつける洗脳工作か、加害者とは意図しなくてもそういう言葉しか出ない発想の持ち主かのどちらかだと思う。

ボリュームが小さいながらも歌のリピート送信が行われている。
脳に対する攻撃(目眩・記憶障害)もされている。

やはりこれらは被害者を精神病又は犯罪者に仕立て上げるのが目的であり、長期に渡って継続することにより被害者の人生を破壊するという目的を達成できる。だから何年でも続けるのだろう。

電磁波による脳の操作と

猟奇殺人事件などは大いに関係しているのではないか。


27日1:28
少し遅くなってしまった。
被害者の会は用意した椅子に座りきれないくらい人が来ていた。初参加の被害者の方も多い方だと思う。皆、被害形態は同じようなものだと思った。しかし、人生をメチャクチャにされてしまった女性被害者が泣きながら話す姿などは何とも例えがたい。

今日も一日中、脳への攻撃をされていた。

色々あったが時間も無いので細かくは書かない。
ただ、帰宅途中に大学の先生にお会いして話をする機会が出来たので少し遠いが言ってみようと思った。帰宅後に路線などを調べていると、もう、お祭り騒ぎのような音声送信を始めて思考能力は低下するし、呟きをオウム返しに送信されるし、思考まで読まれるし頭痛はするしで大変だった。

声に出さない呟きは

呟きを盗聴しているのではなく

呟こうとしている思考神経を盗み取って

あたかも呟きを盗聴して同時送信をしているように

上重ねして声の送信をしているようだ。


それを思考盗聴と言うのではないかと思う。

呟くよりも神経の方が早いのかも知れない。

とにかく酷い攻撃で困る。

寝る。

連日の快眠妨害

6:08
また、夢を見させられて目が覚める。
集団で海底に潜って何かを拾い上げている夢だ。周囲にはそれをありがたいと思って見ている人がいる。久々に長編のストーリーであった。出て来た場所も、夢の中での話しで始めて訪れた場所とは思えない、訪れたことのある場所に感じる。これは目覚めている時の記憶として、何度か夢に使われていたのではないかと思う。

合成夢はどうでも良い

目覚めるとその夢の内容に関して脳内音声で話しかけてきて、私を疑心暗鬼にさせるところが毎度おなじみのやり方だ。

グーッと低い音と共に顔が振動するような感じで目が覚めた。就寝時には目が沁みるように痛くされ、私達の悪口を言うな、言うともっと痛くするぞ、と脅迫された。

この時期に睡眠妨害を意味があるのだろうか。

トイレに行ったが「逆らうのか」と脅迫している。

やはり広報したことが加害者に対してプレッシャーとなっているのか、或いはそのことに対する報復なのか、今後の事に関する脅迫みたいな言葉を声の送信で聞かされた。

11:26
その後は10時に目が覚める。
声の送信と歌のリピート送信がされている。

「こんなに疲れさせてゴメン」なんて送信されたが、それは電磁波による疲労感ではなく自然な疲労感であることは明白に分かる。「そう思わせといてやれ」とすかさず声の送信をして何が自然で何が作為かの区別がつかない様にして来る。

目覚めた直後は、いつものようにすぐに自然な思考を壊してしまうのではなく少し自分の自由に物を考える事が出来た。しかし、それは頭の中にイメージ映像を思い浮かべ加害者のような悪者を想定してそれを処刑するような設定の空想である。中身はなぜか時代劇になってる。とにかく絶対に負けない。一撃で悪者を倒してしまう。しかし、それも加害者が脳内に送り込んできたきっかけにより発生したのかも知れない。

私は神経質ではないのであまり気にしない。

実は加害者にはそのようにイメージ映像を盗み取る事が出来、更にリアルタイムで私の考えたイメージ映像を書き換えてしまうことまで出来る。それなのに書き換えなどを行わないで自由に空想させていた。「もし、こんな敵が出てきたらどうする」などの質問もリアルタイムで行われた。

そんなのも毎日のことで高速道路を運転中にもそれが行われる。

起きて来てタバコを吸っていると「元にもどしてあげよう」と声の送信をされ目眩と記憶障害が起きてきた。パソコンの前に座るとそれが少し強くなる。

「おめでたい」の連発をしている。

今は文章を読む事が出来ないくらい酷い脳攻撃をされている。

神経質でなくとも記憶障害や目眩などで思考能力低下させられるのは困る。しかも、毎日やられている。現状は証拠が取れない為に中々信じてもらえない、普通の生活をしている人に取っては全く関係がなく興味すらない。だから加害者はやりたい放題である。人間を玩具のようにするというよりは著しい虐待であり血も凍るような精神への介入だ。

この恐ろしい武器の存在に多くの人が気づいてくれることを願う。

12:47
今日は休みなので被害者の方のブログを読んでいた。

集団ストーカー・電磁波被害を訴えている方のブログ
http://30029884.at.webry.info/200904/article_1.html

それから、先ほど思い出したが

夜寝る時に心臓に不整脈を感じさせるような被害があった

特に苦しい感じは無かったが実に不快な攻撃だと思った。心臓の鼓動を1回だけ強く打たせる事が出来るのか、心臓の鼓動が1回だけ強く打ったように感じさせているのかは不明だが、不定期なタイミングでそれを感じると共に、脳内音声で心臓の鼓動と同じような音をドクッと1回だけ強く聞かせてくる。

ほとんど眠っているような時にやられていたのでよくはわからないが、腕で脈を調べると不整脈は起きていなかった。忘れてしまうが寝ている時も各種、攻撃をうけているのだろう。

上記ご紹介したブログもそうだが、24時間ガラス張りの生活であり、安らぎ、安堵などというものをすべて奪い取られ毎日が苦痛との戦いのような状態にされてしまうのがこの被害だ。

18:37
今日もやってくれたと言う感じだ。
執拗なまでの醜く卑怯なやり方の攻撃。

この世の常識があるとは思えない言葉の連続

精神への介入という罪を犯している人間の言葉とは思えない


何でも良いから貶せと言われても普通の環境で育った人間には無理だと思う。まず楽器の練習の時に練習するフレーズに合わせて目眩をさせて来たり、首の筋肉を硬直させたりされるので、下手になったのかと思ってしまう。そのフレーズになると必ず意識が遠のきちゃんと出来ているかの確認が出来なくなる。しかし、それは加害者がわざわざ、練習するフレーズに合わせて脳に対する攻撃をしていた。

帰宅後眠くなったので少し居眠りをする。すると乳首を敏感にさせられるので乳首を手で覆っていないとならなくなる。不自然な体勢で眠りに入った瞬間に音楽のリピート送信をして一緒に歌わせられてしまい目が覚める。歌わせられた時間はほんの1秒くらいでその後は音楽は聞えているが一緒に舌が動くことはない。

また寝ようと試みたが得意の口汚い中傷の連続の為に寝ることが出来なくなる。勿論、瞑っている目にも映像の送信をされるので不快である。

とにかく聞かされる言葉は常識を遥かに超えたデタラメ中傷の連続で理屈は全くない。しかも脳の操作を巧みに使うので、その中傷に自分の脳が反応したように思えるが、脳を覚醒させたり、頭部へのピンポイント刺激により、あたかも脳が反応しているように感じてしまう。

日常的に人と会話をしていて自分の脳が部分的に反応したり、脳のどの部分で物を考えているか感じたことのある人がいるだろうか。あるはずがない。テクノロジー攻撃というのはそのように声の送信などと身体に対する刺激、痒み痛みなどを混ぜながら被害者に様々な錯覚をさせている。

とにかく送信された言葉を全部書くことは出来ないのでこのように書いている。

相変わらずブログの管理画面の表示が変だ。

社会への挑戦、精神への介入、広報しましょう。

目眩、意識障害、思考盗聴、脳内音声の強制送信などは決して許される犯罪ではない。しかも24時間執拗に行われ続ける。その何年かの間に失ったものは多く、それが加害の目的とも考えられる。

19:30
上記アップするとその報復として脳を締め付けるような感覚になり後頭部に違和感が生じて目眩がする。この耐え難い苦痛は言葉では説明出来ない。更に、腰や肩を痛くされる。音楽のリピート送信も全く途切れない。

本は読めない、音楽も聞けない

ただ苦痛に耐えて加害者の悪口を呟いている毎日だ。

本当に毎日この繰り返しである。

19:38
上記アップするともっと脳に対する攻撃が激しくなり「ゆっくりいたぶってやろう」と脅迫をされる。記憶異常も起きて来てイライラもして来た。これでは殺意がないとは言えないだろう。

24:57
音声送信と目眩・記憶障害は一日中続けられている。

先ほど被害者の方と電話で話しをしていると「巨人の星」の歌のリピートをされた。曲を変えたりしながら延々と続けている。何も出来なくされるので念仏でも唱えるかの如く加害者の悪口を何時間でも声に出さないで呟くことになる。時と場合によっては、その悪口さえも加害者から送信され呟かされてしまっている。

「延々と嫌がらせしてあげよう」
「一生呪ってやれ」

「日記を書くのをやめれば攻撃をやめてやる」

と何度も送信される。

風呂に入ると加害者が数人で笑っている顔をイメージ映像として送信された。とことん屈辱を与え続ける卑劣極まりない手口だが、何故か風呂に入ると音声送信が酷くなったり、イライラして慌しくなるような精神状態にされている。毎日のことである。

そこでイライラすると
「狂ったぞ、狂ったぞ、あいつとうとう狂ったぞ」
「精神科の医者に連れて行ってやれ」
と何度も送信して来た。

そんな感じに酷い攻撃をしながら暗示に掛けるような事を毎日繰り返している。

風呂に入る前に「マインドコントロール」というDVDを見た。三回目だったが全く内容を覚えていない。記憶を消されているのだろう。記憶障害の状態が毎日続いているので本当に忘れっぽく、攻撃が酷いと数分前のことも忘れてしまう。過去の出来事を思い出せないようにする事も可能だ。
creepzone.jpg
被害者の立場から見るとすべてが現実とオーバーラップするような感じで非常に意味深い作品だ。

寝る。

やはり加害者は追い込まれている

5:17
また、合成夢を見させられて目が覚める。
その内容は実にくだらなく、思考盗聴で盗み取った事、普通でない方法の盗聴・盗撮により盗み取ったプライバシーをばら撒くという内容だ。

やれる物ならやって欲しいと思う。

それと、身の回りで起きていることすべてを疑うような内容の脳内音声による語りかけだ。すべて否定した。それも現実に出来るならやって欲しいと思う。

折角、睡眠妨害で起されたので日記にして置く。

ここまで攻撃をして来るのには理由があると思う。

「生かして置いてね」
「死にたければ死に急げ」
と脅迫を頂いた。

12:27
その後は7時に起され次は9時だ。
「さあ起きろ、起きて働け、仕事をなえがしろにするな」と声の送信をされたので寝ることに決定した。そしてもう一度寝て12時に目が覚めた。

満足に仕事ができないようにしたのは加害者だ

昨日も自分の仕事はあったが攻撃が酷いので後回しにして、広報文書を書いたりしていた。被害が酷くなってからは仕事は満足に出来ない。脳への攻撃をされると暗算が満足に出来なくなるし、文章を読んでも前後の関係がわからなくなる。しかも何かを考えたりするとそれを盗んではケチをつけてくる。声の送信や歌のリピート送信でもまともに物を考える事なんか出来ない。

いまはキーンという音とかなり小さなボリュームで音楽のリピートをされている。声の方も小さいが単発で脅迫、命令のようなことを喋っている。脳への攻撃は日記を書き出すまでは無かったが日記を書き出すとかなり弱い目眩と記憶障害が始まった。

音声送信がないと本当に静かで落ち着くだろう

今日はいつもより音声のボリュームが小さく、聞える口数が少ないので、目覚めてからイライラや追い立てられるような感じが少なく、被害に遭っていなければどれほど自然で落ち着いた生活が出来るかを何となく感じた。しかし、今は後頭部に違和感と目眩、糞の臭いがしてきた。

つくずく精神への介入が無ければ何をするにも楽だと思う

今日は少しだけそんなのを感じた瞬間があった。

自由

精神への介入は、感じること、思うことの自由を完全になくしてしまう。

14:02
その後も小さなボリュームの音声送信は全く途切れずに続けられ、先ほどから脳への攻撃が酷くなってきた。ネットでブログ閲覧をしていると文字を読むことが出来ないくらいの目眩と記憶障害を受けさせられている。

こういう悪魔的な犯罪である。

イライラして落ち着きが無くなり、その場にいるのが嫌になる感じだ。会社の事務所、自宅でそんな状態になり「何処でも好きな所に行け、引っ越せ、出て行け」なんて毎日言われている。この状態では考える事は無理だ、仕事なんか出来るわけがない。

社会の最悪、この世の最悪の犯罪だ。

25日1:32
今日はジャズのライブを聞きに夕方から出かけていた。
家を出るまでは、まるで自分が病人にでもなったかのようなイメージを感じていたが、たまには外出も良いもので気分が良かった。しかし、ものの30分も立たないうちに最悪の気分にされてしまった。頭痛、記憶障害、執拗な音声送信により運転中に大変な思いをさせられ目的地に到着するまでの2時間ほどは延々と加害者の悪口を声に出さずに呟き続けていた。それをやると加害者は嫌がり攻撃の上乗せで仕返しをして来るのでそれに耐えながら呟き続けた。

折角楽しむ為に来たのにこんな思いをするなんてと思うと「ざまあみろ」と送信をされた。音楽が始まると声の送信でメロディーに合わせて嫌みを送信されたり、頭痛・吐き気をさせられたり、音の聞こえ方が変だと思うとキーンという音をさせハウリングしているように聞かせたりされた。

声によるリアルタイムの干渉は酷く見るもの聞くものすべてに干渉された。勿論、テレパシー通信のようになっているので、こちらも声には出さない呟きで応戦した。それらの攻撃を後で忘れない為に携帯電話にメモッているとそれが気に入らないらしく目眩などを強められた。

そんな妨害をされながらも楽しむ事はできた。

帰りの車の中ではそれほど酷い脳への攻撃をされなかったので脳内に送信される声を極めて客観的に聞く事ができた。勿論、攻撃のパワーを弱めているからだ。しかし、一緒に舌が動いてしまうような声や歌の送信を無視して客観的に聞いていると次から次へとデタラメな芝居を打っているのが良くわかり何とも変な感じであった。

ほとんどが精神状態を変える脳の操作だと思った。

聞かされる言葉に心が動いたりすることも少しはあるかも知れないが、一言喋りながら精神状態を変化させるような操作をしていると思う。落ち込ませるような言葉を聞かせた時はそのように、喜ばせるような言葉を聞かせた時もそのように精神状態を変化させていると思う。

だから、自分の本当の心とは別に、考えてもいない言葉を聞かせ、その言葉に自分が反応して心が動いたかのように錯覚させたりする事が出来ると思う。それらの組み合わせは沢山あり、腹が立つような言葉を聞かせても嬉しくなったように感じさせることもあるかも知れない。

3:02
寝る。

マインドコントロール

8:40
ブログの管理画面の調子が悪く、携帯用のページでも表示されてしまっているかのようだ。
昨夜の就寝時は筋肉の痙攣などを少しやられただけでそれほど酷くはなかった。声の送信はとぎれないが。

朝は6時過ぎに目が覚めて声の送信でぶつぶつ言っていたが忘れた。その後も眠れたので寝たがぐっすりという感じではなかった。8時過ぎに起床したが、記憶障害のような感じ(自由な発想が出来ない)とインチキ肩痛やインチキ頭痛を起こされている。コーヒーを入れていると歌のリピート送信が始まる。

声の送信は全く途切れることがない。

それは必ず自分に関係のある言葉を聞かせてくる。以前は近所の井戸端会議が聞えてしまっているような感じに聞かせている時期もあっが、最近は決まりきったパターンで思考・言動に干渉しすべてを否定するような感じだ。加害者の発想の基は「笑われろ」、「みっともない」、「恥をかけ」、「みじめ」、「あわれ」などの言葉から成り立っていて何をしていてもその言葉と結び付けてくる。

自分が考えていない事に関しても人の名前を聞かせる事により何かそれに関連したことを考えさせようとしたり悪いイメージを持たせようと試みる。声真似も得意でイメージの送信とともに意識を誘導するのに利用している。使用される名前は数十年会っていない同級生や以前の知り合い、名前だけは知っているが関わったことの無い人、最近関わっている人、近所の人など様々で私が知らない人の名前は加害者仲間と思われる人物の名前しか出て来ない。

使い方は「・・・がお前の事を笑っているぞ」、「・・・がお前の事を嫌っているぞ」なんて感じだ。

それ以外では実況解説みたいにタバコを吸おうとすれば「タバコを吸わせてあげてください」、「また、タバコを吸っている」などや「まずいコーヒーを飲め」、「冷めたコーヒーを飲め」などで、更に目に映っている物に関して喋ったりする。文字を見ればそれを読み上げたりする。

それらは脳の操作や痛い・痒いなどの身体攻撃と共に行われるが、声だけでも十分にマインドコントロールが行えるだろう。脳内に聞える声でなくても、現実に聞える声でも聞いている時間が長いほど、その人間の精神に与える影響が強いのは良く知られている。しかも脳内音声は何処にいても絶対に聞こえてしまう。

水深1メートルのプールで潜水をした。

底に張り付くほどの潜水で無かったので水面からせいぜい深くても70センチくらいだと思うが、声の送信は全く同じように聞えていた。

声の送信や脳の操作などは相手を人間だと思っていたら出来ないと思う。それらにより被害者がどれほど苦しんでいるか、人生を狂わせられ、実際に損害を被っていること、すべてを承知した上でおこなっているのだから。

12:38
あれから延々と「巨人の星」の歌のリピート送信をされている。

仕事で人と話していても歌が聞こえてしまうので話の半分くらいしか耳に入らない。更に記憶障害など脳への攻撃はパワーが弱くても四六時中続けられているようだ。身体の痛み(筋肉や関節)も延々と続けられ、パワーを弱めると自然現象ではないかと思えたりするのが恐ろしい。

四六時中だから病気にされてしまったのと同じような感じである。声の方は意味はなくても良いから、とにかくリアルタイムで干渉することに専念しているようだ。昼休みのブログ閲覧は文字が読めなくなるほどの攻撃をされなかった。

12:50
それと忘れてしまったので書き足す。
HTMLの表示が上手くいかない現象は同じ回線に接続している別のパソコンでも確認されたので(ブログの管理画面ではなくブラウザを開いた時に表示されるgoogleの画面が数回変になった。)回線の途中に何かがあり、そのためにデーターが乱れている可能性が高い。

21:09
「バラが咲いた」の歌をリピート送信されている。
三時間以上延々と行っている。

頭痛と肩の痛みと記憶障害も酷い。

最近はあまりにも執拗に歌や音楽のリピート送信をされるので、仕方なくその歌を聞くことになってしまう。それが嫌なら加害者の悪口でも延々と呟いていなければならない。そうやって強制的にテクノロジーの奴隷にしてしまうわけだ。どんな手段を使っても被害者を自分達の思い通りに支配しようとする思想が読み取れる。手段を選ばない攻撃というのをつくずく感じる。当然。殺意がなければ出来ない。

夕方から攻撃が酷くなった。
自動車を運転していると前から来る車が全員こっちを見ているように感じてしまい落ち着かない。そういう気持ちになってしまう脳の操作もあるのだろうか。

「自殺させよう」
「人を見て羨ましがれ、そうすれば許してやる」
「悔しくてたまらなくしてやる」
などと声の送信をされた。

「あんなになってかわいそう」

なんて声の送信をするが、それは全く正反対の意味で攻撃は全く弱まらない。鼓膜が裏返ったような感じでテレビの音はいつもと同じはずなのに、聞えているが頭に入らない。だから音声送信の世界に引き込まれてしまう。音声送信は巧みにボリュームコントロールを使い騙しに掛ける。

自分の意識のせいではなくすべて加害者が仕掛けている

何か突然思い出すような事もすべて送信されている
決して偶然ではなく、加害者がやっていることだ。

最近は音楽を聞くことが出来なくされた。

それは、音楽を聞くとそれに合わせて嫌みの声の送信をされるからだ。毎回必ず、曲を変えても必ず送信して来る。音楽を聞くのが苦痛であれば聞きたくなくなる。当然、楽器の練習をしていても様々な手口で引っ切り無しに攻撃をして来る。

加害者は大嘘つきなので注意が必要だ。自分達に都合の良い言葉を聞かせ続け洗脳と言うよりは被害者の精神を崩壊させたり自己嫌悪に追い込み結果

精神病に仕立て上げるのが目的だ。

だから広報だけは続けて行きたいと思う。

加害者は究極の暴力を使い「逆らうな」と言う。

22:25
酷い意識障害が続いている。

「広報をするのをヤメロ」
「日記を書かせてやるよ、その代わり、誰にも相手にされなくなるぞ」と脅迫を繰り返している。ただ、椅子に座っているだけで耐え難い、味わった事のない苦痛を受けさせられている。

徹底的に攻撃をし続ける犯罪者集団

これを人殺しと言わなければ何と言うのだろうか

24時間延々と続けられる精神と肉体への苦痛、しかも他の誰にもその殺人行為は見えない、それを承知の上で行っているわけだから罪は思い。

「後で笑ってあげよう」

こんな言葉が大好き

「ミジメー」

なんて意味無く聞かせる

しかも、脳の操作だ。

この犯罪が国会で質問された時に、果たしてテレビ・ラジオで放送されるだろうか。

「後で笑ってあげるよ、殺人ではないぞ」と自信に満ちて加害者は言う、しかし、表に出て決着を付けるほどの勇気(本当の自信)はない。

加害者は全身くまなく腐っていると思う。

24:08
酷い記憶障害と歌のリピート送信、声による徹底した嫌がらせはまだ続いている。結局、毎日、何も出来ない。考える事の自由を奪い取られ、記憶を消されていたら、殺人と同じだろう。それを承知の上で毎日、何年も脳への攻撃を続けているのだから殺意は明らか。

筋肉の痛み攻撃も肩や腰を狙っている。

24日2:18
その後、風呂に入ったが歌のリピート送信などは全く途切れずイライラさせられ慌てて風呂から出てしまった。追い立てられるような状態にされる事が多い。

ブログにログインしようと思ったら全く接続出来なくなってしまった。ではブログが表示されるかと思い自分のブログのアドレスをクリックすると表示もされない。全く接続不能になってしまった。パソコンのトラブルかと思い携帯から行ってみても表示されないので仕方なく、夜分に被害者の方に電話をして聞いてみると、やはり表示されなかったそうだ。1時間は話していただろうか、やっと接続出来た。

腹が立つ。

寝る。

殺されるのではないかと思う

2:15
本当に殺されてしまうのではないか
と思うような攻撃をされている。


電気を消し床に就いたと思ったら声の送信で徹底的に攻撃され、それだけでも寝られない。しかし、脳を操作する武器を使っているので、脳内音声攻撃に対抗する為に加害者の悪口を呟いているが、それでも脳内音声の影響力が強いのでイライラしてとても寝られない。

ところが突然の眠ってしまった。

その瞬間に心臓と呼吸が止まってしまい目が覚めた。

目覚めると呼吸は元に戻ったが心臓の苦しさは今も続いている。これでは誰でも殺されてしまうかも知れないと思うだろう。左肩の激痛もやられている。

加害者は人を殺すことを何とも思わないプロだと思う。

事実、被害者は精神病院に入れられたり、自殺したり、自殺未遂をしている。この犯罪は何としても世間広報しなければならない。世の中の最悪の犯罪が何十年も前から延々と隠蔽され行われ続けている。

声の送信では相変わらず脅迫を続けている。

これでは被害者はどうする事も出来ない。

現在でも殺されているのと同じ状態だ。目眩と記憶障害が酷く大変だ。思考盗聴などの精神への介入、記憶の改竄・消去、身体の乗っ取り、洗脳、拷問、これだけのことを24時間365日何年も悪意のある集団が武器により続けていたら、殺人だろう。全国に被害者がいればテロだ。

10:20
その後、音声送信は静かになったが左肩の痛みはそのままだった。何とか寝られたが6時半に夢をさせられて目が覚める。やはり音声送信が聞えている。もう一度寝て今度は10時に目が覚めた。

嫌みタップリの音楽のリピート送信により目が覚める。

目覚めとともに声の送信で疑心暗鬼にさせてくる。呟きと思考を盗まれ、脳内音声で話掛けられるので強制的なテレパシー通信状態になっている。タバコを吸っていると左肩が痛くなったり首が痛くなるが不自然な痛みである。歯を磨いていても腰に不自然な痛みが発生する。

思ったのだが

左肩の痛み、肩甲骨の内側が刺すように痛い。これは通常は心筋梗塞か何かの症状ではないのか。しかも心臓が苦しくなったりする。こんな感じに電磁波で人を殺してしまう事が出来る武器を使用しているのではないか。

一日も早く政府の対応を望んでいる。

今はキーンという音とインチキ頭痛が起きている。
加害者は日記を書くなと異常なまでに日記を気にしているようだ。

13:05
脳から『Twitter』に直接送信(動画)
http://wiredvision.jp/news/200904/2009042123.html
キーボードを打つ代わりに頭で考えて入力するインターフェイスのようです。また、以前にも紹介しましたが考えただけで動くロボットも開発されています。
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/31/1692.html
私たちの被害はどちらかと言うと、その逆で遠隔操作をされてしまうという被害です。

13:54
次の広報に対して考えていると「広報してはイカン」と声の送信をし、「天才バカボン」の歌をリピート送信している。久々に脳を締め付けるような感覚にされたりしている。攻撃としては軽い方だがブログにログインしようと思いログイン画面を開くのだが次に何をするのか忘れてしまう。普通なら考えるまでもなく瞬時にユーザーIDとパスワードを入力するはずだ。

それと何故かイライラしている。なんとなく怒りっぽい感じになっているのは歌のリピート送信のせいだろうか。

24:15
やはりブログ管理画面の調子が悪く、HTMLの表示が上手くいかない。ネット回線の途中に何かがあって、そこを通過してくる時にデーターが変わってしまうのだろうか、それともパソコンの中に何かウイルスのような物があるのだろうか、ウイルス対策ソフトは使っているが。

被害の方は音声送信は途切れないし、脳への攻撃(記憶障害のようなもの)も途切れていないと思う。各種被害はあまり長時間継続されないで、やったり、やめたり、している。

各種被害とは本当に各種である。

なんとか今日も一日凌いだ。

寝る。

武力による人の制圧

7:57
何となく目が覚めると歌のリピート送信が行われている。
「smile」というチャップリンの曲だ。
何時なのかと時計を見ようとすると「ざまあ見ろ、俺達に逆らって生きて行けないんだ」と脳内音声で言われた。更に悔しがらせるような言葉を盛んに聞かせて来る。それらは一度も意識したことのない事柄だ。キーンという音が強く送信されている。

7時過ぎだったので起きることにした。しかし、起きて来てタバコを吸っていても音楽のリピート送信と声による嫌みと脅迫を浴びせられ続ける。目覚めとともに思索活動に対する著しい妨害を受け、それが一日中、毎日繰り返される。

「日記を書くな」
「本物の人権侵害に遭うぞ」
などと言われる。

更に「武器による人の制圧」というタイトルを思っただけで左の肩に痛みが走り肘まで痛くなる。コーヒーを入れる為に歩くと両足の骨盤の外側の筋肉を痛くされまともに歩けない。

今は目眩と記憶障害を起こされている。

これは立派な武器による攻撃であり人権を無視した絶対に許されない犯罪だ。しかし、世間では知らない人が多いらしい。最悪なのは被害者でないとどのような被害なのか分からない所だ。

こうやって日記を書いている所も視野盗撮(目に映っているものを盗み取る)、外部からの監視、ハッキングなどにより監視・干渉しながら、人を馬鹿にしてあざ笑うかのような雰囲気をイメージ映像の送信や声の送信によって伝えてくるという陰険さである。

脳を攻撃する武器

自由と人権とプライバシーを奪い取る武器


8:50
見えない武器による拷問の恐怖を訴えるブログ
http://blog.auone.jp/20060303a365harf/
インターネットにブログを出している被害者は少ないと思う。

17:40
先ほどから酷い攻撃が始まっている。
文字を満足に読むことが出来ないほどの攻撃と左肩の激痛。

被害は一日中なので我慢をして仕事をしていたが、レーダーについて調べていた。「レーダー技術者は第二次世界大戦において、聴覚障害者でも正常な人でも、耳栓があっても、パルスマイクロ波を少なくとも送信機から何千フィート離れていても聞くことができる」という文章があり、レーダーについてネットで調べることにした瞬間にキーンという激しい音とともに「それ以上調べるな」と声の送信をされてから延々と攻撃をされている。

「悔しがれ」
「泣きわめけば許してやる」
「かわいそうに」

といつものように声の送信をしている。
正直、ここまで脳に対する攻撃をされると外出する気力もなくなり、空腹になっても食事、もしくは食料を買いに行くことすら出来なくされてしまう。実は昨日はそれで外出できなかった。

とにかく徹底的に攻撃を続け被害を受けている状態を日常化させてしまい、人間としてまともな生活を絶対にさせない、そして被害を受けていると言えなくさせる。

これが被害の実態だ。

22:53
少しインターネットの接続が悪いようだ。
あれから肩の激痛はなくなったが、歯痛や頭痛、腹痛などをやられている。歯の痛みはあちこちで沁みるような痛みがある。疲労感、眠さ、目眩、キーンという音、なんでもありで、やりたい放題と言った感じだ。声の送信も嫌みの連発をする。

北方領土のニュースが出れば「弱い日本」なんて連発する。

「暴走する脳科学」という書籍に「マインドリーディングはプライバシーの侵害になるのでは」という記述があると、加害者は「プライバシーの侵害なら安い、払ってやるよ」なんて言ったりする。しかし、思考盗聴の犯人ですと証拠付きで名乗って出なければ払うことも出来ない。

目の痛みもゴミが入ったような痛みから頭痛と連動して目の奥が痛くなったりもする。パソコンのモニターの見すぎで目の調子が悪くなったのかと思ったりするが、どうも違うようだ。目の焦点が合わないような時もたまにある。

今も日記を書き出すとキーンと音を強くして

「それ以上書くな」と脅迫される。

それにしても極悪だ。

23:24
先ほどのアップの後に肩の痛みを復活された。内臓も激痛に襲われ入院した時の痛みを思わせるなど、とにかく攻撃の上乗せをして来る。

パソコンの調子も良くなく、ブログ管理画面でHTMLの表示が乱れている。

「とにかくブログをやめろ」と声で脅迫される。

お断りする。

被害がなければ何も書くことがない事は何度も記している。


しかし、ここまでやられると通常被害者は参ってしまうだろう。

脳への攻撃も延々と一日中続けられている
それに身体攻撃をプラス
そんなのが何年も続いたら大変だ

これでも殺意がないと言えるだろうか。

23:45
先ほどのアップの後には「お前は被害者の笑い者にされるぞ、思考盗聴なんかあるわけがないだろう」と声の送信をしたが、その直後に考えた瞬間にそれを言い当てられた。

今度はパソコンで日曜日に録音してきた音楽を聞いていると徹底的に声の送信で貶してくる。音楽の演奏中にも妨害をされ、それを聞くときにも妨害をされる。無視をして音楽を聞いているとそれに腹を立てしきりに話掛けてくる。

それを無視すると「一日中話掛けてやろうか」と脅迫をされる。

そして今度は私が腹が立ったのでブログにログインすると強烈な目眩と左の肩の激痛が始まった。この現実は広報をするべきだと思う。今日は広報を休んだが明日は早速させて頂く。

本当にこれ以上の悪はないと思う。

22日1:34
結局、武器による攻撃でひっかきまわされ、夜は何も出来なかった。
しかし、音楽をアップすると加害者が嫌がるのでアップさせてもらった。スタジオでの練習を録音しただけであり、特に出来が良いからアップしている分けではない。

加害者のやる事はどれを取っても正気の沙汰とは思えない。

寝る。

怒りっぽい人間を作る事が出来る

8:33
拷問と洗脳には深い関係がないだろうか。
今日も朝から睡眠妨害と声の脅迫の連続だ。
朝7時前に合成夢を見て目が覚める。目覚めはスッキリ、何の眠さも疲労感も無い。しかし、音楽のリピート送信をバックに声の送信やイメージの送信で間違った考え方を刷り込んで来る。それらは私に罪悪感と猜疑心を持たせる事に一貫している。

しかし、この時間に起床する予定はないのでもう一度寝ようとすると「世間での評判を立て直してくれ」、「朝から働いてくれ」などと声の送信をして来る。無視して寝ようとすると頭痛が始まり、キーンという音と低いグーっという音と共に顔がやや振動してくる。更に耳の中を痒くしたりするが、その間も声は延々と嫌みを喋り続けている。

最後はイライラして来て寝るどころではなくなる。

これは明らかに脳の操作であり、起きて来てタバコを吸っていても怒りは修まるらずに物に当たりたい衝動が起きる。イライラ攻撃としてはレベルは低い方だった。しかし、コーヒーを入れていても「ちゃんと誤ってくれ」などと意味不明の言葉を執拗に送信して来る。

悪いのはすべて加害者である。

最後は「あんたは偉い、偉すぎる」なんておちょくって来る始末だ。

今は全身疲労感と眠さが出ている。目眩と記憶障害と頭痛とキーン攻撃をされている。昨夜も就寝時には左肩の後ろの筋肉を非常に痛くされていた。最近は便意というか下痢しそうな感じに何度もされている。本当に下痢だと感じているが、気が付くとその感覚はスッキリとなくなっている。

この24時間の精神への介入と身体攻撃による拷問行為と声の送信による攻撃は、どの角度から見ても洗脳そのものであろう。

イライラ攻撃を続けられていると怒りっぽい性格になるのは明らかで私は身の回りにいる人に当たってしまったりする事もたまにある。もし、脳の操作という被害の存在を知らない人がイライラ攻撃や猜疑心を持たせる攻撃だけを受けていたら恐ろしい結果を生むであろう事が想像出来る。

人間は電磁波などによる遠隔操作には逆らう事は出来ない。

これは人としての自然な反応だと思う。

9:50
落書きを発見しました。
オートバイのサイドバッグです。
rakugaki.jpg
私は脳内音声や思考盗聴の加害集団が行っていると思います。昨日の午後から今日の朝までの間にやられたのでしょう。

「バッカス&ミューズ」の内山さんの所では家宅侵入をされたそうです。
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-c4b0.html
最近は加害集団の動きが活発になってきているような気がします

17:56
軽い目眩と記憶障害と頭痛は続いているが、それよりも左肩(肩甲骨の内側)が痛くて大変な状況だ。音声送信も全く途切れないがボリュームは小さい。これだけの攻撃された上に声による脅迫を受けるとかなり堪える。

攻撃の上乗せで被害者の口封じをする典型だ。

24:46
声の送信によるリアルタイム監視は途切れないが、音楽のリピート送信は聞えなくなる時が少しある。キーンという音はかなり大きく、声は小さい。頭痛は継続し肩の痛みは断続的だ。

目眩と記憶障害も強くなったり弱くなったりで一日中。

今日は珍しい現象を見た。

足の筋肉をピクリと動かされた時にズボンが一緒に動いていた。

感覚ではなく実際に動かされているようだ。

8の字コイルで外部から筋肉を動かすことが出来るそうだが、よく覚えていないが、かなりの電圧だか電流が必要らしい。声の送信も一般的には距離が遠いとかなりの出力が必要になるとも聞いた。

一体、どうやっているのだろうか。

寝る。

人間をやめなければ出来ない犯罪

1:39
「書いたら殺されるよ」
「地域で総スカンを食らうぞ」
「明日交通事故を起こすよ」

「また始まったぞ、夜中に起きて日記を付ける」

「徹底的に嫌ってあげるよ」

就寝したのが1:00であるから40分。延々と巨人の星の歌のリピート送信をしながらノイズの送信をしたり、爆発音を二度ほど右の耳辺りに送信された。それも脳の操作で眠らせて、眠った瞬間にバーンと爆発音を聞かせる。心臓がドキッとするのは自然現象か、心臓の操作か区別は付かない。

心臓をドキッとさせる事も可能だし、昨日は書き忘れたが、心拍数を変えて不整脈のようにしたり、心臓が苦しくて目が覚める事が数度あった。痒い、痛いなんてのも何度もやられている。更に変態行為が大好きなので乳首を敏感にさせ寝られないようにもする。肛門刺激も得意だ。

「君は必ずさされるよ」と脅迫をする。

この犯罪はこのように勝手に被害者にして自殺または発狂に追い込むまで徹底的に攻撃を続け被害者が被害を受けていることを公にすると脅迫をともなう被害の上乗せによって口封じをする。

ただでさえこの被害を口にすると精神病扱いであるのに、これほどの攻撃を途切れる事無く徹底的に行う。

広報資料にはその辺りにも多少触れていると思う。後に電話で資料を読んで頂けたか確認を取りたいと思う。更なる広報も考えているが結構大変なので疲れる。

それにしてもよくここまでやれると関心してしまう。

すべてを脅迫の材料にするのも

すべてを苦痛に変えてしまうのも

この犯罪の特徴だ。


明日は外出予定があり「明日、恥をかかせてやるよ」と脅迫をされている。ご存知音楽スタジオである。脳の操作による記憶障害や身体を不自由にされたり、声の送信で演奏の邪魔をする。しかし、証拠はないし周囲にいる人には何が起きているのか全く分からない。これも被害記録として記す。

11:34
その後もすぐには寝られなかったが何とか眠りに就いたが、朝7時前に目が覚めた。その時の事は忘れてしまっている。

もう一度寝て10時過ぎにパンパンとトタンを叩くような音と映像の送信で目が覚める。すぐに音楽のリピート送信と声による嫌みが送信されている。

目覚めて1時間、すでに自室にいるのが嫌になっている。

単発ではあるが声の送信で嫌み、脅迫が酷く、起床してタバコを吸っていると肩や腰の筋肉を痛くさせられる。それらは自然現象と区別が付き難いが、明らかに被害と分かる不自然な痛みである。そしてパソコンのスイッチを入れると、それほど酷くはないが目眩がしたり意識が遠のいたりする。

目眩と意識が遠のく感覚は別物で別の種類の攻撃があるのかと思う。

日記を書き出すとキーンという音をさせ「日記を書くな」と命令する。とにかく呟きの盗聴と思考盗聴をされ、脳内音声でそれに干渉してくるので完全なテレパシー通信状態になっている。だから加害者が送信して来る嫌みに関しては言い返したり、加害者の間違いを指摘するが、最後は肉体的な苦痛を受けさせて来る。

どれを取っても暴力そのものだと思う。

「俺達は絶対に捕まらないぞ」と豪語していた。

24:50
被害に関しては何処で誰と、何をしていても途切れる事がない。
予定通り、あらゆる場面でやってくれた。

ただ、強烈に腹が立ってしまうような状態は一度だけ5分程度だった。しかし、それ以外は我慢しているだけの話で、身も心も自由な状態ではない。しかし、ふと思ったりするが音声の送信というのはやはり、かなりの洗脳効果があるのではないか。

当然、今も歌のリピート送信などをされている。

寝る。

睡眠妨害アラカルト

12:31
朝5時45分。
定時とでも言うか、しっかりと合成夢を見て起こされた。その後はいつもの通りトイレに行ってからすぐに寝たが、1時間ごとに起こされていたようだ。この所色々と忙しく体も疲れていたので覚えていないがそれこそ執拗に痒み、痛み、声や音楽の送信をしていたと思う。それでも11時まで寝ていた。

送信される声と一緒に歌を口ずさんで目が覚めたり、痒くて目が覚めたり、何かが爆発するような音がしたり、色々とやられていたように思う。

最後は左目にゴミでも入ったような痛みで大変だったが、それでも眠くてたまらないので寝てしまった。だから目が覚めた時に完全に覚醒していたり、イライラする時は脳の操作をされているのだと思う。

最近はイライラ感、興奮状態にならないので日記を書く気が起きない。が、被害報告日記であるので、キーンという音、声による嫌み脅迫、音楽のリピート送信、目眩と記憶障害をやられている事を記して置く。

目覚めてすぐに

「約束を守って頂こう」

と声の送信を何度も受けたが意味不明だ。

14:21
今日記にログインすると急に脳に対する攻撃が激しくなり、全身の力が抜けて意識が遠のくような感じになる。後頭部と首の付け根、腰辺りがへなへなになる現象がよくあるが、それも電磁波攻撃だと思う。

折角の休みなので音楽を聞いているが脳へのパルス波による攻撃は続けられたまま、小さいながらも声の送信で引っ切り無しに貶してくる。音楽をまともに聞けないような状態に武器で追い込んで置きながら「君には音楽は無理」、「ざまあ見ろ、音楽が覚えられない」などの罵声を浴びせている。それは今始まった事ではないが被害報告だ。

それと無意識にメールのパスワードを入力したらブログのパスワードを打たされてしまった「ざまあみろ」と声の送信をする。文章を読んでいると加害者は同時読みをしてくるが、普通の漢字を普通に読んでこない。それほど心が捻じ曲がっているかと思った。物事を正面から見られない、受け止められない加害者の心境が表れていると思う。

人の印象操作について思った。

自分が他人に対して持つ感情を操られる事がよくあるのは知られているが、先日、他人が自分に対してどんな感情を持っているかの感じ方に対する操作も出来ると思った。会った瞬間に、或いは話をしている最中に相手が自分に対しどのような感情を持っているか、などの間違った感じ方を送り付けてくる精神操作の存在である。それには相手は一切関わっていなくても可能であり被害者の脳の操作のみですべてが可能である。

しかし、加害者は一体この責任を取る覚悟があるのだろうか。

永久に無かったことにするつもりなのだろうか。


24:05
「悔しいか、舌を噛め」と今、声の送信をされた。
こんな感じに一日中思考と言動に干渉して憎まれ口途切れる事無く送信し続けている。口から出まかせなので間違えた言葉を喋ってしまうこともあるが全く関係ない。たまに間違いを訂正したり謝ったりする。しかも脳への攻撃や身体攻撃を混ぜての嫌がらせだ。

先ほどまではテレビを見ていたが、歌のリピート送信がなく楽だったが1回だけやられた。私に対する悪口を声の送信で浴びせた時(スパイ行為により盗み取った情報)に、それを送信した直後に私がいつも加害者に対して言う決まり文句を送信していた。

当然、私は気が付かないので加害者に対して声に出さない呟きで言い返す。しかし、途中で変だと思いやめてみると悪口を送信しているのと別の種類の声が私の言うべきセリフを送信していた。良くある事だが気が付かないで呟かされてしまっているのだと思う。

今は左の脇腹にかなりの熱感がある。

それともう一つはテレビが終わり風呂に水を入れに行くと突然「巨人の星」の歌のリピート(数人の合唱)が始まりややパニックになった。その後、風呂の栓をし忘れてそのままドアを閉めて戻りかけてしまった。被害を受けて何年も経つが始めての事だ。

今は頭痛もさせられている。

とにかく脳の操作であるから恐ろしい。

寝る。

日記に反応する加害者

9:23
最近は合成夢を見ないと書いた。
3時に目が覚めた時には合成夢を見させられた。
その時は挑発的に「早く日記を書け」と脳内音声を聞かされた。しかし、イライラさせられなかったのでわざわざ睡眠時間を割いてまで書く必要はないと思いトイレに行ってすぐに寝た。
その後は時間を見ていないが、2度ばかり夢を見て目が覚めた。目覚めると歌のリピート送信と声の送信で脅迫するのは毎日のことだ。

「日記を書かないでくれ、そうすれば許してやる」
「地域中の笑い者にしてやる」
「この地域に住めないようにしてやる」

毎度の事であるが不快な音声送信と合間って嫌な気分にさせられる。パソコンの前に座ると早速、後頭部に違和感があり軽い目眩と記憶障害が始まる。キーンという音もしている。

加害者は異常に負けず嫌いで卑怯なやり方でかまわないので相手を貶し優越感得ていたいのだろう。その心境がわからない。

22:44
今日も新聞社に50ページほどの資料を遅らせて頂いた。予め電話をして郵送させて頂きたいと確認を取ってからの発送だ。この所毎日郵送による広報をしている。目眩と記憶障害は音声送信同様に途切れる事無く続けられている。被害が続く限り広報も続けなくてはならない。なぜなら大変な人権侵害であり、重大かつ最悪な犯罪だからだ。

音声はかなり小さくなっているが、わざとらしいくらいすべてを否定し、貶し、脅迫をしている。脅迫の酷さは大変なものがある。現実にこれだけの被害を受けてながら「一生付き纏って嫌がらせをしてやろう」なんて言われれば酷い脅迫になる。

夕方からは何故か異常に疲れてしまい、先ほどから横になり目を瞑っていたが「絶対に寝させるなよ」と声の送信をしながら体をひっきり無しに痒くされている。足首、背中、脇の下、手の指、頬、鼻、頭を順番に次から次へと痒くさせる。歯が痛くなったりもする。

こうやって日記を書きだしても攻撃が酷くなる。

これも毎日の事だ。

18日1:28
一時歌のリピート送信が無かったが印刷物を読んでいても声は干渉してくる。頭痛、腹部に対する針刺しのような痛みなども時たまやられる。風呂に入る時に少し鼻歌を口ずさんだら歌のリピート送信が始まってしまった。匂いもやられる。タバコを吸うと味が苦くなったりする。

全体的に被害は緩い一日だったと思う。

寝る。

生体実験のように思う

9:05
最近の傾向として音声のボリュームは小さく、その変わりに頭痛などの痛み被害が増えたように感じる。しかし、不快な音声送信は途切れない。それと、目覚めた時に鮮明な夢や意識への働きかけに対しての確実な記憶が薄く記憶を消されているのか、鮮明な意識操作をしなくなったのか不明だ。

この被害は洗脳が可能であり、それを実行しているのは間違いの無いところで、私も差別意識のようなものを徹底的に刷り込まれている。まず基本はその本人の人格や言動のすべてを貶し否定する所から始まる。トラウマやコンプレックスを植えつける行為も執拗に行われる。

生きるという事に対して失望をさせる。精神や肉体という持って生まれた個人の資産、憲法などで保障された権利などをすべて侵害し奪い取る行為は将来への希望を絶望に換えるだけでなく、その瞬間の幸福をも苦しみに換えられ続ける。

精神的苦痛と肉体的苦痛の両方を受けさせられる。

新しいものを導入するには古いものを捨てるのが原則であり、人間の考え方にもそれが当てはまる。すなわち洗脳である。しかし、私には加害者の洗脳の目的が見えない。それは全周囲の道を塞いでしまうからだ。結果、洗脳も出来るがメチャクチャな破壊活動ということになる。

それらの行為の基になっているのは広い範囲の意味での盗聴・盗撮により得た情報であることは明白だ。


被害日記

今日も目覚めと共に歌のリピート送信(smileという曲)と声による嫌みと脅迫をされている。声の内容は「日記を書かなければ許してやれるんだけどなあ」などと、「笑われろ」という言葉をすべてに結び付けている。想像するに、この被害の話をすると(日記も含めて)笑われる、と言いたいのだろう。

目眩と記憶障害、肩の痛みもされている。

23:47
今日も終日、声の送信と歌のリピート送信をされ続けた。
目眩と記憶障害、キーンと言う音も延々と続けられている。
勿論、痛みの攻撃や痒みも頻繁に行われる。

いつも思うのだが

記憶障害というのは、気を失ってしまうような刺激、或いは、脳とセンサーとなる感覚神経を切り離してしまうような刺激を、パルス状にして送り付けているように感じる。

例えば目に映る景色が連続ではなくコマ送りのように見えたりする事があった。それらをパソコンのCPUに例えると、メインの仕事よりもバックグランドの仕事に割り込まれて速度低下を起こしているのと同じだ。パルスの幅を調整することにより受ける感覚も違うのだと思う。勿論、加害波が一種類とは限らないが。

単純かつ素直に受け止めれば音声送信はパルス発信のマイクロ波であると言われている。

いずれにしても常時そのような被害を受けているのだが、常時何かを照射されている事になるし、記憶を辿れないような状態にされたままであれば、それも問題である。

今日も広報をさせて頂いた。
全体的には激しい攻撃が無かったのだと思う。

寝る。

被害者は間違っていない

9:51
朝6時45分に目覚める。
いつものことなので書くのが面倒だが、疑心暗鬼にさせたり、落ち込ませるように罪悪感を植えつけるようなものを送り込んでくる。それには実在する人の名前を使ったり、連絡をよく取る人を登場させたりする。夢を利用してみたり、脳内音声を利用したりするのは分かるが、意識の中に何かを挿入さけた感覚がないのに、そういった事が想起され、しかも嫌な気分になったりする。

これらはパソコンのパスワードを間違えさせられてしまうのと同じように本人に気が付かないような形で何かを脳内に挿入していると思う。もしかすると音声を聞かせなくても人間を誘導できるのかも知れない。

恐怖のマインドコントロールと言ったところだ。

しかし、私の場合は不自然なものはすべて拒否・無視するという姿勢を貫いているので、どんな心境にさせられても、どんな音声脅迫をされても関係ないが、その精神状態のコントロールを何日間も継続されていたらと考える恐ろしくなる。分かっていても逆らえないのが電磁波による脳操作だからだ。

6時の後はトイレに行きもう一度寝た。9時に目が覚めると音楽のリピート送信(sometime ago)をされ、単発の脅迫「日記を書くな」、「発狂させられるぞ」などをされた。パソコンのスイッチを入れると、やや目眩がして「昨日と同じようにしてやるぞ」と脅迫をされる。右の耳にはキーンという音もしている。昨夜寝る時には左の耳に心臓の鼓動にあわせた音がしていた。

しかし、被害者をあらゆる角度から徹底的に痛めつけて黙らせたとして、その後は何をしようというのだろうか。いつまで人権侵害を続けるつもりなのだろうか。

10:12
日記をアップした後に目眩と意識障害が酷くなった。

18:13
先ほどまで歌のリピート送信が続けられていた。
来客があり「今が一番いい季節ですね」なんて談笑をしていた。確かに昼間は太陽光が強く暑いくらいだったが夕方の気持ちの良い空気は最高で被害さえなければ楽しくてしようがないと思った。客が帰った後は頭痛と記憶障害、肩の痛みなどの被害に遭っている。音声送信のボリュームは小さいが途切れる事はない。

http://brainprogram.mext.go.jp/
こちら文部科学省のホームページだが下の方のボックスの「研究者関連情報」という所が興味深い。BMI技術の進歩は目覚しい。我々の被害とは少し違うと思うが公開されている技術が同レベルに達すれば恐ろしい犯罪が行われていることを理解してもらえるかも知れない。

20:32
夕食後7時半頃から激しいノイズ攻撃と激しい意識障害と激しい頭痛をされ最後は苦しいまま眠らされてしまった。

「もっと酷い人権侵害に逢わせてやろう」
「起き上がれないようにしてやろう」


と脳内音声で脅迫をされている。

タバコを吸っている時に「ひゃっくりをさせてやろう」と言われタバコの煙を吸おうとするとひゃっくりをさせられた。実は30年くらい前に受けたひゃっくり被害の事を日記に書いてから同じ事をされ、更に今日もやられた。

しかし、誹謗中傷コメント、被害を否定して被害者を徹底的に貶すコメントが来ていたので精神的にやられていたが、やはりひゃっくり被害は事実だ。もう、否定的なコメントはすべて削除している。それらのコメントと脳内音声の攻撃のダブルパンチで日記の内容に圧力が掛かっている事だけは記して置く。

脳内音声で聞かされた事を全部書いたら大変な事になる

これは被害者なら誰でも知っている


人の考えている事を盗んで

その事に対して攻撃をするのが

思考盗聴・脳内音声の犯罪である。


24:27
脳内音声と歌のリピート送信は全く途切れない。
頭痛と目眩、記憶障害も延々と続けられている。
筋肉痛、関節痛、針で刺すような痛みもされ、徹底的に貶す言葉の連続でイライラ興奮する脳操作もされている。「それ以上書くな」と声で脅迫され、キーンという音を左耳に送信されている。これはすべて事実を書いている。「栃木県に住ませるな、国籍をかえさせろ」など言いたい放題言っている。

極悪と言ったらこれ以上は世の中に無い。

卑怯と言ったら最右翼である。

最低と表現してもそれ以下は存在しない。


本日も郵送による資料50ページを広報させて頂いた。文部科学省にも資料が届いたかの確認の電話を入れさせてもらった。明日も広報しようと思う。生命倫理、人権侵害の最先端である。しかし、犯罪の歴史は古い。

パソコンを壊されてしまったようで、ブラウザなどのプログラムの起動に大変な時間が掛かる。更にネット回線も不調で特にFC2のブログの管理画面が全く異常だ。「過去記事の管理」をクリックしてもブラウザには何も表示されない。なんどやっても表示されない。再起動してやっとここまでたどり着けた。しかし、アップ出来るかが問題だ。

とりあえず破壊工作活動被害の報告だ。

それらの被害と声の送信が連動しているのが気になる。

寝る。

被害者は動き出している

8:35
朝6時前に目が覚める。
「ざまあみろ」と脳内音声を聞かされる。
「もう一度寝れば良い、全然ざまあ見ない」と呟く。
知らないうちにまた寝てしまった。
今度は右目にゴミでも入ったかのように痛くなり目が覚める。
8時少し前だろうか、夢と言うよりは映像の送信という奴でスライドショーのような連続したアニメのようなカラーの映像を見せられた。ボリュームは小さいがキーンという金属音と声の送信と寂しげな歌のリピートをしている。声は私の名前を連呼してみたり、日記を書くなと言ってみたり、行動に干渉してきたりする。日記を書き出すと、やや目眩がして頭痛がして来た。気管支を刺激され咳が出そうになる。


最近、被害者は警察に相談に行ったり

ブログを書いたり、NPOに入会したり

少しづつ表だった行動をしてきているようだ。


上記アップすると

「いけませんなあ、被害者の仲間割れでもさせてあげたくなりますなあ」と声の送信を聞かされた。まるで悪い奴を監視しているというか、加害装置を使用している事で人間性まで変わってしまっているかのような発言だ。やはり装置の虜になってしまうくらいの技術が使われているのだろう。

9:08
今日は本当は「世の中の最悪」というタイトルにしようと思った。しかし、朝はそれほど酷い脳に対する攻撃をされていなかったので、そういうタイトルにする事を躊躇してしまった。

しかし、日記に自分たちの心の中を見抜かれて低俗な人間である事を書かれてしまったので、その仕返しに酷い脳に対する攻撃をやられている。目眩と吐き気と記憶障害など。加害者とはそういう醜く卑怯な心の持ち主である。

自動車に乗れば「運転が示すあなたのお人柄」なんて言うが、人権侵害装置を使えば顔は見せず声まで変えて、その人間の心の中まで盗み取り、苦痛まで与える事が出来る。被害者が死ぬほど毎日苦しんでいる姿を見ながら平然と拷問を何年も続ける。昨日はある被害者の方が「死にたくなった、そういう気持ちになっている」とこぼしていた。

やっぱり、加害者は人殺しだと思う。

16:52
今日も郵送による広報をさせて頂いた。研究所だ。

しかし、徹底的に攻撃をして来る犯罪者である。

歌のリピート送信は全く止まらないし目眩と記憶障害も継続されている。何の操作をするとそうなるのか分からないが恐らく脳内音声のボリュームとは関係なく別の信号を送られているのだと思う。目の前に居る人との会話もままならなくされてしまう。しかも耳は鼓膜が詰まったようにされ現実感が遠のいてしまう。

こんな事をする人間が世の中に存在すること事態信じられない。

被害者が信じられないのだから被害者でない人はもっと信じられないだろう。

人を苦しめで喜ぶ集団がいるのだと思う。

更なる広報をさせて頂く以外に生きる道はない。

こう、書いていると瞬時に反応をして声の送信や攻撃をして来る加害者だが、「逆らわなければ許してやる」と来るわけで、勝手に被害者にして置きながら「逆らうな」、「許してやる」はないだろう。しかも加害者の脳内音声はその場凌ぎのデタラメであることは有名すぎる。

今日は一日中イライラする攻撃を受け続けている。

17:09
ログアウトした後に「根をあげんでくれな」と脅迫された。

23:48
目眩と記憶障害、脳への徹底した攻撃は全く途切れない。
歌のリピート送信も執拗に行われ、精神の操作によりイライラさせられ暴れだす一歩手前まで追い込まれている。何度も書くが、殺意がなければ決して出来ない犯罪だ。被害者を普通で無い状態に強制的にしてしまい「やっぱり精神異常だったんだね」なんて世間で噂されれば加害者の狙い通りである。どんなに苦しくても耐え続けて、徹底的に学者、研究者に広報し続けようと思う。

何しろ風呂に入って寝るまで日記を書かずにいられないほどの攻撃だ。声による脅迫や嫌みも引っ切り無し。内臓の不具合や呼吸困難、筋肉の痛みも突然やられる。そして「かわいそうに」の連発だ。

そんな中でも音楽は予定通りアップしました。

実際に声を出して加害者と言い争いが出来ないので一日中、そのやり取りを日記にでも書いていたいくらいのストレスである。

人権侵害装置、武器の使用は重大な問題だ。

15日1:44
歴史的な人権侵害行為、殺人行為は延々と続けられている。
本当に人間は装置を使えば簡単に操れる。
このままでは殺されてしまうかも知れない。

日本国政府に責任を取ってもらいたい。

人を殺す事をなんとも思わない悪魔

それが武器をもったら世の中終わりだ。


なぜ被害者の話に耳を傾けないのか不思議でならない。
「神に逆らうな」と連発するキチガイぶりだ。
それと「許してやる」という言葉も挑発の為に連発している。

脳の操作、精神への介入は殺人だ。

明日も広報を続ける。

寝る。

脳内音声の不思議

5:02
またもや睡眠妨害で起こされる。
昨夜は脳を覚醒させられてしまい少しの間寝させてもらえなかった。「教えて、何故あなたは、、、なの」と質問の連発をさせれた。「答えないと寝させてあげないよ」なんて言われたが無視をしてなんとか眠った。

合成夢というよりは映像の送信程度のストーリー性のない物を見させられ目が覚める。音楽のリピート送信のボリュームはある程度ハッキリ聞えるボリュームで脳内に放送されていた。目覚めた瞬間に私の演奏にケチを付けて来た。映像はその為の映像で「お前は下手クソだ」と言われた。その後加害者の間違いを指摘して言い返すと「今の言葉でお前の死刑が確定した」と脅迫される。

昨夜はかなり弱気で「もう終わりにしよう、許してあげるよ」なんて言っていた加害者であるが、そんなのは全くの嘘で悪意のある攻撃を再開した。

最近の脳内音声はほとんどが直接頭の中に聞こえるが、たまに乗り物に乗っていたり、人ごみを歩いていると、周囲から私の名前の前半部分を聞かせたり、すれ違い様にやはり名前の途中までを呼ばれたりする事がある。それは確認は出来ないが他人の話の中に私の名前が出て来ているように感じてしまう。それは本当にその人間から声が出ているのか、脳内音声なのか区別も付かない。感覚的にはその人間が声の発信源に聞える。

不思議に思うのが、誰もいないピアノからピアノの音が聞こえたり、カーステレオのスピーカーから自分が吹いた口笛の音が聞こえたり(運転中に少し前に吹いた口笛の音を録音されているようだ)、聞いている音楽の中に(ピアノのメロディー)完全に脳内音声による嫌みが音程まで溶け込んで聞える現象だ。

ピアノのメロディーとはタイミングがずれたり、嫌みメロディーが途切れたりする事があるので人間がリアルタイムでやっている事は分かるのだが、音の発生場所や周囲の音に完全に溶け込んでしまっているのが不思議でならない。

9:27
9時に目が覚めた。音声のボリュームは小さく、単発で憎まれ口を送信され音楽のリピートもされている。音楽の送信は思考や行動に合わせている曲もある。キーンという音も右耳にしている。

10:35
声によるリアルタイムの干渉と歌のリピート送信は止まらない。歌は東京ガスか何かのコマーシャルの古い歌をリピートしている。仕事を始めると目眩と記憶障害の脳攻撃をされ「諦めさせろ、無駄な抵抗をやめさせろ」と声の送信で脅迫された。

13:13
延々と脳に対する攻撃が続いている。目眩と記憶障害。頭痛、筋肉痛。歌のリピート送信も全く途切れない。どんな状態かと言うと、すごく慌しく追いまくられているような感じで昼休みも全く寛ぐことが出来ない。心拍数もある程度早くなっているかも知れない。ネットブログでも印刷物でも文字を読む能力の低下が著しく、仕事を始めると脳に対する攻撃も強くなる。

広報先には電話で確認をとったが、国会議員の方が対応をして下さっているとの返事を頂く。加害者はそれらのやり取りの状況すべてを盗み聞きし承知しているが全く関係なく攻撃を続けてくる。勿論、脳内音声では脅迫の連続だ。

19:35
まだ激しい攻撃が続いている。
引き金は加害者である。
睡眠妨害に続き仕事の妨害、激しい脳への攻撃だ。これでは広報せずにはいられない。だから新聞社にも電話を掛けて送付した資料を読んで頂いたかを確認。その後、確かに読みました、しかし、活字にするには色々あるし事件も沢山抱えている、との連絡を頂く。

国会議員の方の事務所にも電話をしてみた。すると別の方がそらの専門なのでそちらの議員の方に話ましたとの事。

その後は文部科学省のライフサイエンス課という所に資料を郵送した。広報すべき所は山のようにあるので明日も広報したいと思う。

それら私の行動をすべて究極のスパイ行為により知っている加害者は全く関係なく

声の送信による脅迫と徹底した貶し
右耳を中心にしたキーンと言う音
鼓膜が詰まったような感じ
後頭部に頭痛
目眩、記憶障害
肩の凝り(痛みと言った方が適切)
歌のリピート送信
肛門への痛み

これらを延々と続けている。

「文部科学省に笑われろ」と嫌みの追い討ちを掛けられている。

24:31
恐怖の脳操作である。
風呂に入ると、それ以前に聞いていた音楽を執拗にリピート送信される。
なぜか、強烈に暴れだしたい衝動にかられる。特に右手に持っていた髭剃りを壁に叩き付けたい、シャワーヘッドを叩きつけたい衝動が湧いてくる。どうもイメージ映像の送信とイライラする脳波の送信をやられていたようだ。よほど注意しないと歌のリピート送信に腹が立ってイライラしているのかと思ってしまう。

今は痛い攻撃をされている。右の手の指を動かす筋肉や肩の筋肉を痛くされている。そうやって書くと鼻の穴を痒くされたり、左の肩を痛くしたり、目眩をさせたり、眠くさせたりと連続で行ってくる。

ここまで堂々と攻撃をする自信。

社会への挑戦だと思う。


もし、本当に私に日記を書かれたり広報されると困るのであるならば加害行為は行わないだろう。

寝る。

今世紀最大の犯罪

10:32
6時半に夢を見させられて起こされる。
もう一度寝たら1時間で再度起こされる。
最後は目覚ましで先ほど起きたところだ。

目覚めると猜疑心を煽るような言葉を投げかけて来たりする。「笑われるぞ」という言葉も好んで使っている。音楽のリピート送信やキーンという音も目覚めの直後に始まる。

コーヒーを入れたのは良いが、下部にドリップしたコーヒーが落ちるポットをセットするのを完全に忘れていた。いつもと同じようにすべての思考と言動に干渉され続けて声の送信をされるので「コーヒー豆を無駄にさせてね」などと声を聞かされていたがとにかくすっかり忘れてしまい、下のプレートでコーヒーがぶくぶくと沸騰してしまった。

今まで一度も忘れたことがないので何で忘れたのか不思議だ。

証拠が取れない
目に見えない
第三者には理解出来ない
犯罪そのものが世間に知られていない
犯罪を否定する人もいる

その装置で出来る事は今まで書いてきた通りで、それを利用すれば何が出来るか、それの存在の恐ろしさが知れ渡った時の世間の反応、などを考えると今世紀最大の犯罪だと思う。

24:35
今日は被害は軽い方だと思う。
音声送信によるテレパシー通信は途切れない。
執拗に行われたのが肛門への刺激で感覚的にピンスポットの痛みである。それが延々と数時間継続して行われていた。移動中でも継続していたが場所が肛門からずれる事が一、二度あった。また、それと同じかどうか分からないがピンスポットの冷たいような刺激は性器や下腹部にもあった。頭部にやられることもある。

今日は午後から被害者の集まりがあったので出掛け夕方からは音楽をした。音楽のスタジオでは声による歌い込みはされたが、先週ほどの酷い攻撃は受けなかった。

帰りの車内では非常に小さい声の送信が引っ切り無しに行われていた。自分の呟きをそっくり真似されていた。しかし、加害者が私に呟かせたのかどちらが先かの区別は付かない。とにかく攻撃が少し弱くなっていたので観察が出来た。

顔(鼻の周囲)に対する痒みは髪の毛よりも細い刺激のように感じた。それと椅子に座ると尻に針を刺されたような痛みが発生し不快であった。それはいつも同じ場所を狙われるが、やはり時たまずれる事がある。

今は、やや目眩と記憶障害。左肩の痛み、右の耳にキーンという音がしている。声による干渉、歌のリピート送信もされている。

寝る。

悪魔の兵器

6:35
合成夢と脳内音声による音楽の送信の為に目が覚める。
しかし、目が覚めた直後に音楽の送信を止めたのでそれに気が付いた。もしかすると合成夢を見せられていたと言う記憶があるが、内容を思い出せないのは合成夢ではなく、映像の送信程度のものではないかと思った。

目覚めるといつもと同じように声の送信による嫌みが始まる。折角中途半端な時間に起こして頂いたので日記を書く事にした。それにしても遠隔から人間の脳に直接アクセスするとは悪魔の兵器である。睡眠妨害・生活破壊をされてしまい困るがもう一度寝る。

10:44
10時に目が覚める。
過去の記憶が突然蘇る。それは加害者が挿入したものである事は明白で、すぐに脳内音声によりその過去の出来事から私を貶す為の題材へと話題がすり返られてしまい、最後は音楽のリピート送信が始まり、それを貶しの材料にされてしまう。しかし、加害者のやることはすべてこじつけなので論破すると言うよりは全く相手にはしない。

しかし、キーンという音や連続で浴びせられる嫌みと脅迫、頭痛攻撃、目眩と記憶障害。目覚めた時からこれだけ大変な攻撃を受けている。

折角の休みなのに気分がスッキリとしないのも精神の操作だと思う。筋肉などに対する痛みのせいで体も不自由になっている。うつ病ではないが何もやる気がしないし体もだるい。それを乗り越えて根性で何かをしてもすべて苦痛に変えられてしまう。

被害者はそんな毎日を送っている。

遠隔から人間の脳をコントロールする犯罪。

危険過ぎるし被害者は人権のない生活をさせられている。

11:07
日記をアップすると目眩と記憶障害が激しくなり、ついでにイライラ攻撃も追加され「お言葉に甘えてもっと攻撃をさせて貰いたい」と声の送信をされる。「お前は地獄行き決定だ」と脅迫される。

毎日、この繰り返しで聞かされる言葉も一緒だ。

この犯罪は一番罪の重い社会への挑戦、テロだと思う。

22:39
ずっと一日中我慢をしていたが強烈に攻撃をされたので
耐え切れずに日記を書く事になってしまった。

全く途切れる事無く、悪魔の兵器による攻撃が続いている。

それは人間としてのすべての活動を苦しみに変えてしまう行為で、それが嫌なら人間としての活動をやめるしか無い。それほど強力な武器であり、殺意のある犯罪者の手によって行われている。

「無駄な抵抗をやめろ」
「お前を死刑にしてやる」
「生きている限り苦しめ」
「子供もたたってやる」
「日記を書くな」

などの声による脅迫も聞き飽きた。

しかし、精神への介入、感情の送信や身体攻撃を含む脳の操作は慣れることはなく、加害者はその武器を使ってこの世の終わりのような攻撃を徹底的に行ってくる。何をしても妨害されるので大好きな音楽だけは聞かないでテレビを見ていたが、先ほどから音楽を聞きだすとメロディーに合わせて(声はピアノの音の中に完全に溶け込んでしまっている)嫌みを歌いこまれてしまい、脳への激しい攻撃も始められた。これは毎日終日、目眩と記憶障害をされているが、それの強さを変えているわけで強くされると大変な事になる。本当に気が狂ったかのように暴れだしそうになってしまい、それも根性で頑張って我慢をしていると言う状況だ。

これだけの殺意ある犯罪を無かったことには絶対に出来ない。

加害者には罪の意識は全く無く、あたかもそれを楽しんでいるかのように攻撃(声、その他)の追い討ちを掛け続けて来る。

そして脳への攻撃を受けると、本当にパニックになってしまい何がなんだか分からなくされてしまう。当然、記憶の消去もされるので本当に書きたいと思った事すら書けなくされる。

24:33
あまりに声の送信が醜い言葉を使うので、その言葉をすべて、徹底的に加害者に当てはめて返してあげたら少し静かになった。更に言葉に逃げ道を作る弱気な発言も見られた。しかし、音楽のリピート送信やその他の攻撃は止まないので芝居でも打っているのだと思う。

それにしても迷惑である。

強制的にテレパシー通信状態にされ途切れる事無く加害者の言葉を聞かされ、こちらもそれに応戦させられる。でなければ加害者の悪口を一日中リピート呟きをしなければならない。

寝る。

追伸、また、「かわいそうに」という追い討ちを掛けている。その声の周波数成分というか非常に不快な陰気臭い嫌な感じが含まれている。不協和音とでも言うか。

ここまで書くとキーンという音を強くして、糞の臭いを送信された。

今度こそログアウトして寝る。

償い切れない罪の重さ

1:13
パソコンの電源を落とし、電気を消し、就寝した。
5分も経たない内に
起きてきて、電気を点け、パソコンのスイッチを入れる。

思考盗聴・脳内音声・身体攻撃・脳の操作

これを全く途切れる事なく続けるドブゴミどもだ。

まず、声の送信では貶しと脅迫の連続。
何をしてもすべて否定される。
それと内容はすべてデタラメでこじ付けである。

途切れる事の無い脳内音声による歌のリピート送信。
それが聞えているだけでも大変な苦痛であり精神への介入である。

身体攻撃では歯、頭、手足の関節、肩などを非常に痛くされる。
体中に発生する冷たいような痒み。
内臓の痛みや不具合。

ノイズの送信はキーンという激しい音と鼓膜が詰まったような感じ。

脳の攻撃では目眩と記憶障害と感情の操作が行われる。
苛められているような気分。
暴れだしたくなるような気分。

これらを全部一度に行われる事は珍しくない。
ほぼ毎日このような攻撃をされ続けている。

ここまでやれるのは確実な殺意の表れだ。

「かわいそうに」と女の声を連発しながら苦しめる。
「広報をするな、そうすれば許してやる」と言う

最後は

「自殺に追い込んでやれ」

と何度も送信される。


現在は証拠が取れないからどんな事をしてもかまわないと思っているらしい。しかし、それ以前に人間としての品格を疑ってしまう。精神に異常を来たしているとしか思えない。

被害者を徹底的に痛めつけて口封じをしようとしているのだろう。

加害者は私を攻撃して、私に加害者の悪口を呟かせる。場合によっては加害者の悪口を呟かせる為に自ら私に向けて、呟かせたい言葉を延々と送信する。

結果、毎日、朝起きた時から寝るまで、加害者の悪口を呟き続けている。一週間や二週間とか言うレベルではない。半年、一年というサイクルで行われている。

広報は確実に行う決意がこの酷い攻撃の為に固まっている。

なんて書くと「耳鳴りさせてあげよう」と女の声で送信してキーンという音と激しい頭痛が始まる。

加害者は悪魔そのものだ。

絶対に歴史的な人権侵害をやめようとしない。

騒音おばさんを思い出してしまうのはなぜだろう

8:58
その後は何とか寝られたが8時過ぎに夢を見て目が覚める。最近の特徴は夢を見た記憶はあるのだが目覚めると内容が思い出せない。目覚めと同時に音楽のリピート送信をバックに何かを立て続けに言っていたが、それも忘れてしまった。

二年前に24時間の脳内音声の送信被害を受けるようになった時は記憶力がすこぶる良く(それが普通なのかも知れない)脳内に聞かされた話(嘘のストーリー)などはほとんど記憶していた。一部は今でも覚えている(声色や喋り方まで)。

リアルタイムで送信されてくる話を記録する為に携帯電話で自分のアドレスに宛ててメールを打っていた時期があった。話は同時進行するのでメールで打っている間に進んで行く。それを記憶しながらメールを打っていた。

起床直後に鼻の穴の中を痒くされ指を入れてしまった。その時に猛烈に腹が立って暴れたい衝動が起きた。「あいつに大声をだして暴れさせたいなあ」と送信された。

パソコンを起動してメールチェックをする時にパスワードを途中まで間違えてしまった。十分に気をつけているのに別のパスワードを打ち込んでしまう。メール画面が開くといきなりログアウトのリンクをクリックすべく右手が動きそうになった。

それはログアウトをクリックする時の画面をイメージ映像として脳内に挿入されている事を確かに感じた。だからパスワードを間違える時も聞えるか、聞えないかのような極小さなボリュームで声の送信をされているのだと思う。

21:03
今日は午後から用事で出掛けた。
相変わらず遠隔監視というか思考盗聴と脳内音声の組み合わせ、歌のリピート送信は全く途切れなく、頭痛や筋肉痛などもされ続けた。同行者がいたのでまだ助かったがそれにしても極悪である。

なぜか自宅に近づいてくるにに従って攻撃が激しくなる。夕食を済ませてから帰宅後したために帰宅後に少し居眠りをしようとすると「寝ちゃダメ」と送信され、ほんの少ししか眠らせてもらえなかった。

今も耳にはキーンという激しいノイズを鳴らされ、歌のリピート送信、吐き気を起こされている。

徹底した攻撃。

途切れる事のない耐え難い苦痛。

「泣き狂え」、「かわいそうに」

と声の送信をされる。

ついでに

「お前さんは逆らい過ぎ」

と声の送信をされている。

「ふざけるなバカ野郎、俺はテメエラの奴隷じゃねえ」

と、私は言いたい。

ここまで来れば拷問を通り越して殺人だろう。

当然、脳への攻撃(意識・記憶障害)も全く途切れない。

来週も出来るだけ沢山、広報をしたいと思う。

とにかく徹底的に途切れることなく脳内音声で嫌みと脅迫を続けている。考えられる被害は全部、毎日延々と続けられている。

23:33
延々と電磁波兵器による拷問が続けられている。

途中、頭が発熱してしまったので冷やした。
しかし、歯痛、筋肉痛、内臓の不具合、記憶障害、目眩

全く途切れない脳内音声

これでは

自殺してしまう被害者がいるのが理解できる。

絶対に逃れる事のできない苦痛、最悪だ。
人を殺してでも、この犯罪を隠蔽したいのだと思う。

「かわいそうに」と脳内音声を聞かせながら
脳への攻撃を続けている。

歯の痛み攻撃の種類

沁みるような痛みが全体、若しくは狭くない範囲で突発的に起こったり、冷たい水を飲んだ時に起こる。特定の治療済みの歯が突然痛くなったり、治ったりする。今は、数ヶ月前に痛くなり食事が出来なくなって治療した歯がまた痛み出している。その感じは歯が浮き出てしまっているような感じでかみ合わせの時に痛む。しかも肩までその痛みが関連していたりする。

更に声で「歯を抜いて頂こう」なんて送信される。

私はこのような被害報告を人に信じて貰いたくて書いているのではない。公開日記として記録に残しているだけだ。人間の脳を自在に操る技術、それを悪用した犯罪が簡単に無くなるとは考え難い。もし表沙汰になれば社会は大混乱になるだろう。

思考を遠隔から読み取る。
目に映っている景色を遠隔から盗み取る。
脳内に音声を聞かせて人間の思考を操る。
脳内に映像を送りつけ人間の思考を操る。
記憶の消去、改竄などの操作。
精神状態の細かいコントロール。
五感に対する誤感覚の送信。

擬似的に病気を作り出すテクノロジー。

被害者だと知らずに自殺してしまった人はいないのだろうか。

24:46
日記にログインすると脅迫と攻撃が強くなる。

本日より拍手ボタンの下に「スポンサーサイト」というリンクがあるようですが、何だか判りません。押さないようにした方が良いと思います。

寝る。

なぜ社会の倫理を無視するか

3:20
睡眠妨害をされている。
音楽のリピート送信も絶対にやめない。
人が嫌がることだけを徹底的に行う。
やることはいつも同じで、寝ているのと起きているのとの中間くらいの時を狙い、こちらに取って都合の悪い、自分が悪いことをしていると思い込ませるような言葉を脳内音声で聞かせてくる。

精神への介入は社会の倫理を無視している。

あってはならない重大な犯罪だ。それも1秒も途切れる事がない。

8:17
今起床してタバコを吸ったところだ。
歌のリピート送信(sometime ago)をされている。
右の耳にキーンという音がしている。
ひっきり無しに嫌みの送信をされるのでパソコンのスイッチを入れると「書いたら殺す」とつまらない台詞を聞かされた。後頭部に今までと違う範囲の狭い頭痛がしている。なぜかイライラしてテーブルの上にある物を破壊したり、タバコの火で物を焼いたりしたい衝動が次々に湧き上がってくる。コーヒー豆を入れる時に「いち、に、さん、、、」と数える筈が「ごう、ろく」と数え出してしまった。

徹底的に苛められているような気分になってしまった。

歩けば右足の中指あたりの関節が痛くなったり、ふくらはぎが痛くなったり、足の付け根の骨盤の横の筋肉が痛くなり、まともに歩けない。まるでロボットになったような感覚だ。得意の左肩への攻撃もされた。目覚めと共にこれである。

どこまで根性の捻くれた反社会的なドブゴミなのだろうか。

13:29
現在まで延々と歌のリピート送信が続いている。
頭痛や筋肉痛も続けられている。
音声のボリュームはかなり小さいが、鼓膜に違和感があり周囲の音の聞こえも悪く感じる、相変わらず「広報するな」と言いながら脳に対する攻撃はやめない。昼休みのブログ閲覧でも目眩と記憶障害を起こされ読解力が低下し、そこに間違った読み方で声の送信をされるので、読む気力がなくなり拍手やランキングのボタンだけを押した。ボタンを押すと「やめてくれ」と送信される。

ブログ「バッカス&ミューズ」の内山さんは警察署に対する広報を毎日しているらしい。

本当にご苦労さまです。

目の奥が痛くなる時があり、パソコンのせいかと思っていたらどうやら被害のようだ。今日は4時間以上パソコンの画面を見ていなかったが目の奥が痛くなり、逆にいまは痛くない。

21:31
本日も広報は完了させて頂いた。

広報先は沢山あるのでいくらでも広報できる。
しかし、攻撃は全く止む事無く続けられている。
何とか我慢を重ねここまで来たが、今は呼吸を抑制され心臓も苦しい。

頭痛、歯痛、筋肉痛、倦怠感、目眩、吐き気、記憶障害をやられている。記憶障害は、ほぼ間違いなくパルス発信されていると思う。それもかなり低い周波数だと思う。記憶障害を起こす信号を出したり止めたりを繰り返していると思う。

とにかく極悪のドブゴミどもだ。

全く人間扱いされていない。

こんな事が行われているのを知らない人達が沢山いる。

そして酷い苦痛を受けさせながら「かわいそうに」を繰り返している。

音声のボリュームはかなり小さくなっているが鼓膜が詰まったような感じや頭痛と吐き気が酷い。たまに臭いを送信したりするが、体感(嫌悪感、イライラ、めまい)無しで記憶障害が発生したのも今日が初めてだ。

24:49
相変わらず被害は継続している。

武器を使って人間を奴隷化しているようなものだ。

良くここまでやれると逆に関心してしまうほどだ。

寝る。

電磁波犯罪の時代

10:31
昨夜も就寝時に歌のリピート送信や声による嫌みの送信、痒い、痛いなどの攻撃を受けたが知らない間に眠ってしまった。しかし、肛門への攻撃(触手感とまでは行かないが妙な感じの刺激)をされて居る時に赤いレーザー光線のようなものが真っ直ぐに肛門に向かって照射されているのがイメージとして(目を瞑っていた為)見えていたので鏡をイメージして光線を反射させた。

すると加害者が「また見抜かれた」なんて言いながら鏡の向きを変えてしまい違う方向に反射させた。このように脳のイメージ空間の中でも双方向の通信が出来るようだ。私の想像では相手の力の方が強く、こっちがイメージした物を保持して置く事が出来なくすぐに書き換えられてしまう。

頭の中のイメージ映像は勝手に挿入される時もあるが、私が描いたイメージの書き換えや、それを動かしてしまう事が出来る。そのスピードはとても早く、書き換えも瞬時である。例えば、人間をイメージしたとする。するとその人間が勝手に動き出してしまう。どうやっているのか判らないが声被害と同じように何処にいても、と言った感じだ。

脳内音声と呟きによるテレパシー通信も双方向であるし、イメージ映像も双方向なので他の被害も双方の可能性があると思う。

双方向の五感情報通信と言ったところか。

朝は6時半に突然目覚め、歌のリピート送信がされていた。やはり目覚めた瞬間の意識を狙って何かを意識化に植えつけようとしているのかも知れない。

「子供が苛められるぞ」
「子供に恨まれるぞ」

など声の脅迫が酷くて困る。

もう一度寝て8時半に目覚め、すぐに眠ってしまい9時半にまた目が覚めた。

私は、元々睡眠時間を8時間は取りたいと思っている。しかも、この被害であるから脳神経が疲れると思い十分に睡眠を取るようにしている。今も、音楽のリピート送信と声はボリュームが小さいが聞えていて、キーンという音とやや目眩がして頭がスッキリしない。

11:22
「かわいそうだからやめてあげよう」

なんてのを何度も何度も聞かせながら


イライラして落ち着きのなくなるような精神状態にされている。この状態だとひたすら加害者の悪口を呟き続けなくてはならず、それを一日中、毎日しているのが現状だ。自白作用のある脳への刺激、なんてのもあるかも知れない。

徹底的に被害者を苦しめて犯罪の隠蔽を行う手口

これでも殺意がないと言えるだろうか

12:03
徹底的に攻撃をされている。

昨日は新聞社に広報させて頂いた。

今日も別の新聞社に広報しようと思う

脳科学の研究機関にも広報したい。


「ざまみさらせ」
「行き過ぎた広報に罪を償わせろ」
「よそ者を追い出せ」

などとほざいている。

行き過ぎたスパイ活動
行き過ぎた人権侵害
社会の倫理を無視した精神への介入

それらの犯罪に関しては全く触れない罪の意識のなさ

子供を脅迫の材料に使うという手口も許せない。

24:15
一日中、歌のリピート送信に苦しめられた。
軽い頭痛、歯が全体に沁みるように痛い、筋肉痛で歩くのが大変、軽い目眩と記憶障害なども頻繁に行われていた。

今はかなり静まっている。

広報は明日への保険として取って置くことにした。

正直、印刷物だけでも40枚くらいになるし、それに添える文章も考えるのが大変だ。しかし、被害が酷いので広報せざるを得ない。「こんなのがあるのかね、信じられない」それでも十分だと思う。

夜はリラックスの為にサウナに行って来たが、その途中で精神の操作により激しくイライラさせられ爆発寸前まで追い込まれた。ただひたすら我慢をするだけ。この酷いストレスで病気になってしまうのではないかと不安になるくらいだ。

人間をオモチャのように扱い、被害を受けさせて遊んでいるだけでなく、人生を狂わせて遊んでいるかのような悪魔性を感じる。そして、そういう状態の被害者を見て喜んでいる、優越感に浸っている。しかも、それは著しいプライバシーの侵害や脳の操作などの犯罪の上に成り立っている。

「広報するな」と言って酷い被害を受けさせる

しかし、黙っていては絶対に人権は戻らない。

武器により人間を支配していると言った感じだ。

寝る。

自殺者が増えているらしい

8:41
テレビでやっていた。10年以上の間毎年3万人以上の自殺者がいるらしい。その中には統合失調症やうつ病の方が8千人程度含まれているらしい。

その中に電磁波による脳攻撃の被害者は何人くらいいるのだろうか?

この電磁波による脳への攻撃では被害者に何の疑いも持たせずに精神病へと導く事も可能だと思う。また、不況による失業者が増えていると言うが、この被害に遭わされ失職に追い込まされた被害者、再就職不能にされている被害者も多く存在している。

証拠がなければ何をしてもかまわない。

理解出来ないから精神病では困る。

大衆マインドコントロールというのを現実として捕らえる必要がある。

最近、誹謗中傷のような脅迫のようなコメントが来る事があるが、加害者ではないのかと思ったりする。そう言ったコメントが来ると加害者は脳内音声で嫌みの追い討ちを掛ける。「おい、世間を敵に回さないでくれよな」、「ざまあみろ」なんて感じだ。

朝7時に不自然に目覚めると音楽のリピート送信が聞えている。「song is you」だ。そして声の送信ボリュームはかなり小さいが少しずつ口数が増えてきてパソコンのスイッチを入れると攻撃が始まる。頭痛、異常な肩のコリ、キーンという音、目眩、記憶障害、疲労感、倦怠感などだ。

とにかく加害者のやることは人間として最低であり、変質・変態そのものであり、異常な犯罪をやり続ける為だけに生きていると言った印象を受ける。

「どうして私達の言う事を聞かないの」
「ひねくれ物」

なんて言葉まで出る始末だ。

14:00
昼食後のブログ閲覧を終えたが「天才バカボン」の歌のリピート送信をされている。頭痛や目眩、記憶障害も激しい。歌のリピート送信だけボリュームが大きくなったりする。

「他の被害者は許してやる、お前だけは許さない」
「広報をするな、本当にキチガイにするぞ」

などと脳内音声をされる。

また、新しいコメントを頂ました。

ハンドルネームは トヌー
****************************
お前さんだって・・・
お前さんだって、さんざん他人の誹謗・中傷を言ってきたじゃないか!

俺はお前さんの被害者だ。

恨みは晴らす。
****************************

命令、脅迫、誹謗中傷のコメントが多くなって来ました。
その原因はなんでしょうか。
実は他の被害者のブログにもそう言った傾向が現れたりしています。

23:33
被害は全く途切れない。
特に声によるリアルタイムの干渉はデタラメも含めてすべてが貶しと憎まれ口だであり脅迫も酷い。歌のリピート送信も含めて常に加害者の悪口を声に出さずに呟いている。それも、一日中、毎日だ。

被害が軽かったのかも知れないが久々にテレビを数時間見続けた。他にやることもあったが、この所忙しく疲れてもいたので折角なのでのんびりとテレビを見た。

激しい脳に対する攻撃は減っているが先ほどから強烈にイライラさせられ物を破壊したい衝動にかられる。とにかく信じられないような絶妙なタイミングできめ細かい精神状態のコントロールをしていると思う。

痛い、痒いなどの被害もほとんど引っ切り無しだが慣れてしまうと言うか、そんな感じだ。広報に関しては行わせて頂いた。文章を作成するのにも結構時間が掛かるので大変だ。どの程度の説明をするかなどを考えたり、被害を受けながらなので文章が変になっていないかなどチェックしたりする。

今、酷い目眩と記憶障害が始まった。

仕事もあるが明日も積極的に広報したいと思う。

24:04
酷い脳に対する攻撃と声による脅迫の連続だ。
音楽のリピート送信も執拗に行われている。

今受けている被害

お腹に空気が溜まる
目眩、記憶障害
筋肉、関節の痛み
鼻の中の痒み
精神の操作(イライラしたり、落ち込んだりする)

ついでに身体被害も書いておく。
喘息被害を訴えている人がいたが、これは可能だと思う。咳、くしゃみは当たり前だが気管支に刺激を与える事が出来るようで、胸焼けにも似た症状を気管支に起こさせるようだ。胸焼け被害、ひゃっくり、胃痛(息を吸うと胃が痛くなる)などの被害があるなんて誰が信じると思いますか。

タバコを吸うタイミングでひゃっくりが出た

なんて経験のある方はいらっしゃいませんか?

それも何度でも、どんなに呼吸のタイミングをずらしても、絶対にタバコの煙が口の中にある時だけ、必ずひゃっくりが出る。例えば30年間タバコを吸っていて4回くらいしか経験した事がないのですが、これは何でしょうか?

精神病も含め自然現象との区別がつかなくする被害だ。

社会的にその罪は重過ぎる。

24:51
今風呂の中で右手の親指の関節を痛くされた。二週間くらい前から痛かったが携帯でメールを打ち過ぎたので痛くなったのかも知れないと思っていた。しかし、左手の親指の同じ関節も声の送信とともに痛くされたので被害であると確信した。

ついでに肝臓も痛くされた。

今日は朝から右の尻に針刺し攻撃をされていた事を思い出す。それはチクッと針を刺すような感じで何度も連続で刺される。勿論、風呂の中でもやられた。

とにかく声による脅迫が酷い。

明日も広報させて頂く。

寝る。

破壊活動をやめて欲しい

10:25
昨夜は就寝時に「かわいそう」を呼吸に合わせて送信された。

7時に何故か目が覚める。
もう一度寝る。
その後10時に目が覚める。

いずれも不自然な感じがする。目覚めとともに声の送信が聞えるのは毎日の事だが、今日は目覚めた後に、昨日あった出来事を回想していると、どうもその登場人物に不信感を抱いたり出来事が仕組まれていたかのように感じられる。すると「信じられない」という言葉のリピート送信をされていた。今も歌のリピート送信をされているがキーンという音より小さい。

結局、被害者は日々の被害を日常生活の一部として強制的に受け入れさせられてしまい、それと共に生きている。すべてを日記に書くことは不可能である。逆に加害者は当たり前のように思考盗聴・脳内音声・身体攻撃を延々と続けていて、その圧倒的に違う立場の関係を無視して「早起きして仕事をしなさい」、「許してしんぜよう」などと言葉を投げかけてくる。

15:04
今、広報の為の書類を用意しようと思いパソコンに向かうと「広報するな、お前ら殺されるぞ」なんて脳内音声で脅迫され、頭痛と目眩と記憶障害を起こしている。

19:58
また執拗な脳への攻撃を受けている。
テレビで北朝鮮のミサイル発射についてやっていたので見ていると歌のリピート送信と脳内音声による徹底した攻撃により全く聞くことが出来ない。一緒に舌が動いてしまうタイプの音声送信も使われるし、イライラして大声を出して暴れたくなるような精神の操作も同時に行われている。これも毎日の事ではあるが、「ざまあみろ」、「敗戦を思い出せ」などの言葉を音声送信できかされたので記して置く。

夜は家族で外食に出掛けたが、それまでは気分が良く楽しみにしていたが、自動車に乗って家を出ると急に気分が悪くなり疲労感が著しくなる。家族との会話も当然弾まない。当然、食道でもすべての言動にリアルタイムで干渉され、目で見ているものにも干渉される。帰宅後は頭痛とお腹に空気を溜める攻撃をされた。お腹に空気が溜まるのでオナラが出る、すると「汚ねえ屁ー」と送信されるのも毎日のことだ。

今も、目眩と記憶障害とイライラ攻撃をされている。
頭痛と肩凝りも起こされている。

昨日、スタジオで録音して来た自分の演奏を聞いているが再生した直後からピアノのメロディーの中に紛れ込むように女の声で嫌みを途切れる事無く送信している。

今日も広報はした。

明日も予定している。

23:00
音楽を聞いているが脳内音声による嫌みは全く途切れない。
軽度の目眩と記憶障害も一日中継続している。

「もうやめてあげるから、その日記をすてなさい」

なんて言いながら全く攻撃の手を緩めない。

さて、加害者に犯罪をやめる勇気があるだろうか?

被害がなければ被害日記も書くことは無くなってしまう。

それにしても脳への攻撃に耐えながら音楽の演奏をして、それのプレイバックを聞くだけでも苦痛であるのに更に、プレイバック中にも攻撃が途切れないのだから早く加害者に精神病院に入ってもらいたいものである。

また「おめえさんホンマに殺されるぞ」と言った。

とにかく脳の操作、これを徹底的に広報したい。

24:28
何故か管理画面にログインした直後に「ログアウト」のリンクをクリックしそうになってしまった。その直後に「ログアウトしろ」と声が聞こえた。不思議でならない。

音楽の方はスタジオに入って最初に手慣らしのつもりで演奏した曲がまあまあだったのでアップした。今度はその曲をリピート送信している。

風呂に入るといきなり「一生たたってやる」と送信された。曲をアップされたのがそんなに悔しいのだろうか。

寝る。

罪悪感を植えつけられる

10:24
就寝は1時頃だったと思うが5時に夢を見て目が覚める。すかさず声の送信により思考に介入される。30分ほどうとうとしていたがトイレに行ってすぐに寝た。次は8時頃だったろうか、やはり目覚めるとすぐに声の送信とキーンという音が始まる。

今は歌のリピート送信をされている。

この犯罪の存在を知らせている被害日記、これを書くことが悪い事のような音声送信をされるので、なんとなく後ろめたいような気持ちにされてしまう。また、目眩を伴う記憶障害が始まった。人間が24時間張り付いていて信じられないようなタイミングで嫌がらせをする。

さっきもパソコンにログインする時、正にキーボードを打つタイミング、テンポまで合わせて間違ったパスワードを送信され間違えてしまった。しかし、ENTERキーを押す前に気が付いた。そう言った場面では一日に何度でも必ず送信してくる。

脳の操作というのは非常に危険である。

それから異常なアクセスと言うのがあり、同じタイトルでホームページがある。そちらのアクセスが本日120を示している。夜中の1時に46、2時に36という数で、普段は一日に10アクセスあれば多い方である。その割りにブログアクセスは普段通りだ。

23:27
ホームページのアクセスは現在164IPとなっている。
ブログの方は逆に普段より少ない50IP程度だ。

徹底的に攻撃をした後には必ず「かわいそうに」と女の声を連発する。そして最後には映像の送信で指をさして笑っている所を見せ「いいきみだ」とあざ笑う。

今日も徹底的に攻撃をされた。

脳内音声による脅迫が酷い

「チビたちが狂いだすぞ」
「何処でも好きな所に行け、そうすれば許してやる」
「近所で言いふらされてるぞ」
「あんまり逆らうと殺されるよ」
「逮捕されるよ」

思考盗聴は確実に行われている。

少し頭の中で考えただけで、その出だしの部分を盗み取り、作文というか私の考えの先を勝手に作ってしまう。現象としては常時加害者の声が聞こえていて、自分の呟きも呼吸まで盗み取られている状態だ。呟かなくても考えた瞬間に加害者は反応をする。帰りの車内ではそれを延々と繰り返された。

何しろあらゆる形の被害を受け続けているので何から書いていいのか判らなくなる。とりあえず加害者は、悪意と殺意に満ち、絶対的に優位な立場にある事を最大限に利用している薄汚いテロリストであることだけは明確にして置きたいと思う。

午後からは被害者の会合に出掛けた。そこに行くまでも攻撃は続き、頭痛をさせられたり、眠くさせられたりした。人前で鼻を痒くしてかかせたり、靴を脱がないとかけないような場所を痒くさせられた。会合が終わると音楽のスタジオへと向かう。

スタジオに入ると早速、楽器のメロディーに合わせて声の送信をして来る。全曲だ。私が演奏をしている時も他人が演奏している時もすべて脳内音声で嫌みを無理やり聞かされる。だから音楽を聞くことは出来ない。目眩や記憶障害にされれば全く演奏にならないのは先週にやられているので分かっている。しかし、被害に負けて音楽をやめる訳には行かない。

結果、一曲たりとも満足に演奏をさせないと言う攻撃をされた。

録音をしているのでそれを毎週ネットにアップさせないのが目的だと言っていた。最悪なのは演奏中に突然、記憶というか認識が切れてしまう現象で小節の何処を演奏していたか分からなくなる。それも瞬時に一瞬の出来事である。これも紛れも無く脳への攻撃だ。

勿論、筋肉を痛くされたり、演奏中に目で見たものに対する声の送信や演奏の仕方に関する命令、メロディーに合わせた嫌みの送信、ソロの時には曲の何処をやっているか分からなくさせる為にわざと間違ったメロディーを脳内に歌い込んでくる。例えばサビでもないのにサビのメロディーを歌い込んで来る。それと執拗な個人に対する長期のスパイ活動の為に私の演奏フレーズなども全部、私よりも知っていてどんなタイミングで攻撃を仕掛ければ私が間違えるかを考えた上に行っていると言う計画性もある。

最早、精神(心)のプライバシーは全く無くなっている。

中々これらの人権侵害、精神への介入に対する説明は難しくあまりにも個人の領域に入り込んでいるので理解できないと思う。今も、目眩と記憶障害をおこされ、キーンという音がして、得意の左肩への攻撃をされている。しかも、五感を操作するテクノロジーをフルに使っているのでその他の攻撃も四六時中行われている。

舌が一緒に動いてしまうタイプの脳内音声もバーチャルリアリティーではないが、発音一つ一つしっかりと舌の形が変わっているいる感覚が実際の自分と重なって感じている。とにかく数種類の脳操作を重ねて使用していると思われる。それらを認識力が低下した状態で行ったり、イライラして耐えられないような状態で行ったり、色々やっているのが感じられる。

加害者は我々を全く人間だなんて思っていないだろう

世の中で最悪の犯罪、更に広報をさせていただく。

今も歌のリピート送信は続けられている。

人殺しだろう、これは。

6日1:58
被害は延々と続いている。
歌のリピートは「めだかの学校」だ。
今もブログにログインしたら両方の耳にキーンという音を送信され鼓膜に圧迫感がある。加害者の非常識的な発言があったが遅くなってしまったのでやめにする。

寝る。

被害者は立場が弱い

8:51
「笑ってやれ、

あの壁の穴を見れば

誰が見たって精神異常者にしか見えねえよ」

たった今、加害者が脳内音声で連発した言葉だ。

このように目覚めるとすぐに脳内音声で集中的に誹謗中傷を浴びせられ最悪の気分にされる。

これでは生きているのが嫌になってしまうだろう。

目覚めとともに痛み、痒みなどの身体的な不快感を強要され、声の送信では誹謗中傷と脅迫の連続しかも、目で見た物に対して、行動に対して、途切れる事無く一日中干渉される。CDのジャケットを見ただけで、その音楽を送信される。

この犯罪は被害者が生きている事を否定するような犯罪だ。

一番判りやすい思考盗聴は口の中の呟きを盗み取ると言う方法だ。まず、音声送信や脳の操作により自分の考えを口の中で呟かずにはいられないようにされてしまう。部屋の中に盗聴器がないのに寝息まで確実に盗み取られると報告する被害者は多い。呼吸に合わせて攻撃をするからだ。盗聴装置の技術が向上すればそのくらい簡単だと思う。問題は出先、移動中でもピンポイントで盗聴されると言う事だ。だから私は「衛星サーベテランスの衝撃的な脅威」というのをリンクしている。

折角の休日なのに目覚めた直後に

このような日記を書かなくてはならない

所まで追い込まれている。

「人類稀に見る笑い者」と声の送信で追い討ちを掛けている。左肩が痛い。目眩と記憶障害を起こされ、キーンという音もしている。歌のリピート送信もされている。男女問わず陰部に対する猥褻な攻撃が多いのもこの犯罪の特徴である。

22:10
今日はやや大きめのショッピングモールに出掛けて来た。
リアルタイム監視を示す声の送信が止む事は無い。
色々見たり、買ったりしたが、その間も被害は続き、足腰が痛くて歩くのが大変になったり、目で見ている物に対して干渉された。

その後は桜を見て帰ってきた。
20090404skura.jpg
今はそれほど酷い被害は受けていないがキーンという音や不自然な痒みなどが発生している。精神的にはかなり穏やかである。と、書いた瞬間に目眩と記憶障害のような攻撃を受ける。加害者の喋りはデタラメで一貫性を感じる事はない。

NHKで「平和と戦争の150年」とか言うのをちらりと見た。アフリカの方では人権問題が多いので日本国憲法を真似ている、アメリカでは9.11のテロ以来「NEW CLEAR WEAPON」とか言って核兵器の無い世界などと言っているらしい。それは、それで大変な問題であるが、電磁波兵器というか我々が受けているような被害、これも大変な問題があると思う。

一部兵器を利用していると思われるが、変態を思わせるような加害に使うアイデアは兵器とは考え難く、嫌がらせ専門に研究開発されたのではないかと感じる。普通の人の発想とはとても思えない。

ある人が言った

「私でも統合失調症の診断書をもらう事が出来ます」

被害を受けていない方である。

「被害者は立場が弱い」と言うのは

途切れる事がなく、経験した事のない攻撃を受けながら、何とか生活をし、このような犯罪が行われているのですと主張しているからだ。そう言った攻撃を受けているだけで精神状態は自然ではなくなるし、更に精神状態の操作まで行われているとしたら、正気を保つだけでも大変だと思う。

23:50
先ほどの更新の後も歌のリピート送信を延々と繰り返してくるので大変だ。普通に物を考える事は出来なくなり、何かを呟いていないと一緒に歌いだしてしまう。「かわいそうに」と時たま聞かせてくる。

脳操作、精神状態のコントロールは

喜怒哀楽どころではなく、もっと細かい種類の操作が可能と思う。

それどころか、脳の記憶レベルでの操作も可能であると思う。ある種の記憶だけを固定してしまったり、声の送信、イメージ映像の送信、身体攻撃などの目だった被害の裏でそう言った操作が行われているとも感じられる。それらは記憶を盗み取ってみたり、それを再送信したり、認知・認識能力を薄くしてみたりなど色々あると思う。

意識を失ってしまう、失神してしまう、などの被害を聞いた事があるが、それも可能だと思う。それを短時間にパルス状にして行うと目眩や記憶障害のようになるのだと思う。例えば不自然な意識の失い方として、目が覚めた時に初めて意識を失っていた事に気が付きどのくらいの時間意識が無かったか不明である、というのがあるかも知れない。なぜならば突然電気的に意識を失ったとすれば意識を失うまでの過程が記憶にないからだ。

「逆らわない方がいいよ」
「許してあげるよ」
「笑われろ」

などと送信されている。
糞の臭いを送信されている。

非常に現実離れしているのは仕方ないが脳科学というのは知らないところでSF映画のようになっているのかも知れない。

寝る。

ノイズ攻撃の意味はなんだろう

10:36
今日はしばらく管理画面にログイン出来なくて困った。
パソコンは起動時にいつもと違う画面が出たりする。
音声送信は全く途切れていないし、左肩を痛くされたり、やや頭をボケさせられている。精神的にイライラさせられたり、追われているような感覚にされなければ(脳に対する激しい攻撃)それほど慌てて日記を書く必要もない。何しろ毎度内容は同じであるから。

昨夜は就寝前に左肩の後ろに熱い針を刺されているような感覚にされた。太さは裁縫で使う針よりもずっと細い感じで痛いくて熱いと言った感じだ。ほぼ同じ場所を痒くされたりもする。

就寝時はノイズ攻撃をされる。キーンという音の他にピーとかボーとか色々な音を数種類、重ねて送信してくる。毎日の事と言えばそれまでだ。

5時くらいに目が覚めた時も声の送信の他に、キーンという音とピーという音の二種類が重なっていた。それを指摘すると加害者はもっと酷いノイズを重ねて来た。モールス信号のような音まで高低2種類聞こえる時もある。

どうするかな日記を書くかな、なんて考えながらトイレに行こうとすると「○○○に笑われろ!」なんて近所の人の名前を使い罵声を浴びせられた。日記を書くつもりは無かったのだが。

その後もう一度寝て8時半頃に目が覚める。
声による嫌味なども送信されていた。

今は音声のボリュームは小さく被害も軽い。

15:10
ここまでは歌のリピート送信などもされていたが音声が小さいし、脳に対する攻撃が弱いので助かっていた。しかし「暴走する脳科学」という本を読み出すと、同時読みをされたり、妙な臭いがしたりする。本を読むと良く分かるのだが、記憶障害、読解力の低下などの脳に対する攻撃は、体感的なものが少なくても続けられていると言うことだ。とにかく理解力、記憶力の低下を感じる。

脳はある程度以上の力を加えると連続的に変形し、力を除いても変形したままで元に戻らない性質を持っている、と書かれている。

17:23
湿疹が出来ていて痒いので薬を貰いに病院に行った。そこでも最初はイライラ攻撃をされて大変だったが、すぐに静まった。待ち時間は「暴走する脳科学」という本を読んでいた。帰宅してパソコンでブログ閲覧をするとまた後頭部に圧迫感がして気持ち悪くなる。

「暴走する脳科学」とは脳科学に対する批判的検討をしている本で「脳科学の危険性は、それが個人をコントロールするテクノロジーとして権力によって利用されてしまうことにある」と書いてある。まだ冒頭しか読んでいないが、マインドリーディングの危険性などにも触れているようだ。

22:27
軽い目眩と記憶障害は続いている。
音声送信も全く途切れない。
先ほどから臭いが酷くて困っている。
更に2秒毎に嫌みと脅迫の繰り返しだ。

世の中で最悪の犯罪者達に罪の意識はないのだろうか。
パソコンにログインする度に間違ったパスワードを送信されるので実際に間違えてしまう。説明するまでもないが何年でも被害者に張り付いて同じ事を繰り返す犯罪だ。

4日1:15
相変わらず歌のリピート送信が続いている。
声による干渉も途切れない。

寝る。

追記、パソコンの電源を切った後に、背中に針を刺すような痛みが発生し、右の太ももの筋肉を痛くされた。そして「そのブログを削除してくれ、そうでないと炎上させるぞ」と脳内音声で脅迫される。「この地域に住めなくしてやる」というのは2年前からの決まり文句である。

何しろ歌のリピート送信であるから考える事なんか出来なくされる。

被害に振り回されてしまったので、今日、最後に書こうと思っていた事を思い出したので書く。

脳内音声・思考盗聴の被害を受けていなければ、人生が楽しくてしょうがないだろう。被害がなくなれば、人が変わってしまったかのように笑顔が戻り、活力が出ると思う。

「かわいそうに」を連発する加害者

8:44
夢を見て目が覚める。風が大分強いようだ。
目覚めると「はーるになれば、しがこもとけて、どしょっこだーの、ふなっこだーの、、、」という歌を女の声で歌っている。声は単発で考えに干渉している。夜中に一度目が覚めたがそのまま寝てしまった。久しぶりに8時間近く眠れたようである。ぐっすり寝ていたと言う感じだ。

しかし、タバコを吸うと目眩がして来る。これは明らかに電磁波被害の目眩だ。すぐに頭痛もして来て、声の送信が嫌みを言い始める。コーヒーを入れると「違う豆の味にしてやるぜ」とか行動に一致した嫌みを言われる。キーンという音が右耳にしてくる。

コーヒーメーカーに水を入れたらピタリと目的の位置まで入った。その時に「これでいい」と言う言葉が頭の中に、まるで自分の言葉のように浮かんだ。すぐに「これでいいのだー、これでいいのだー」と天才バカボンの歌のリピートをされる。砂糖を入れるときにスプーンで3杯いれているが、「いち、に、さん」と数えるとそれをなぞるように声の送信をして「いち、に、さん、し、やったぜカトチャン」と言う。このよなう脳内音声による嫌がらせは毎日繰り返される。

被害を負わせながら「かわいそうに」と言う

日記を書くためにパソコンの電源を入れると起動時の画面がいつもと違う。前回に正常終了しなかった時の画面が出る。見ていたら止まってしまった。もう一度電源を入れなおしたら今度は普通に立ち上がった。最近はそのようなトラブルが多い。

記憶を消してしまう操作(思い出せなくさせる)をされているようで、さっき受けた被害をすぐに忘れてしまう。コーヒーを入れた後に歯を磨いていると「巨人の星」の歌のリピート送信をされ異常な怒りが込み上げてきた。コーヒーをカップに注ぎ手に持ってパソコンの前へ向かうと「そのコーヒーを壁に叩き付けてくれ」と命令される。

気持ちはそうしてしまいたい気持ちである。

それをやれば被害から逃れられるのなら迷わずにやるだろう。

現在は、左の肩が痛く、左の指を動かす筋肉が不自然に疲労し、右ひざが痛く、顔などが痒い、そんな状態だ。目覚めてから1時間でこれだけの量になってしまう。しかも全部書いているわけでもない。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの会員の方に
お願いがあります。被害報告書籍の共著に参加してください。


・30名以上の被害者が必要です
・1ページ(912文字)5,000円で4ページから20ページまで
・内容は被害経歴・実態・意見等
・固有名詞は使用しない
・売れると60%が戻る
・NPOテク犯の会員であること

募集は4月末までです。それまでに30人集まらないと廃案になる可能性があります。被害に確信が持てない、文章に自信が無い、など考えていらっしゃる方が多いようですが、それは皆同じです。普通では理解出来ない変な現象で嫌な思いをしている。それを文章にすれば良いだけです。

詳しくは下記まで

ブログ「バッカス&ミューズ」
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-32df.html
管理者のメールアドレス
nra16393@nifty.com

宜しくお願いします。

13:24
お昼のブログ閲覧も終了。
その後は延々と「巨人の星」の歌をリピート送信されている。
音声のボリュームは小さいが声によるリアルタイムの嫌がらせもされ続けていて、右の耳にはキーンという音がしている。

それら脳内音声は思惟活動の著しい妨害妨害となっている。

頭部に違和感があり、記憶障害というか脳の動きを制御されているようだ。その為に落ち着いて物を考える事が出来ない。

今、キーンという音が強くなり「もう、それ以上書くな」と命令されたのでやめる。私もよほどイライラさせられていなければ、すでに日記に書いている内容なので同じ事を何度も書く必要はない。ただ、途切れる事無く毎日続けられている事だけは記したい。

23:59
音声送信は途切れることなく続けられている。
脳の操作に関しては軽度の状態だが時々目眩や記憶障害を起こされたりする。身体攻撃も筋肉に対する痛みや痒みなどを発生させられたりする。

加害者が私のやっている事に対してどんな言葉を使って嫌がらせをするか、考えている時間があったり、考えた末に出てきた言葉であったりするのを感じた。更に、言葉を調べるために辞書を検索すると目眩がしてイライラして来た。これはいつもの記憶障害というか読解力、集中力の低下をともなった攻撃だ。

脳への攻撃は本当に危険だと思う

まるでスイッチが入ったかのように(加害側ではスイッチが入っているのだが)、人間が変わってしまったかのようにイライラと過激な思考回路になる。怒りと苦しみの混ざったような感覚である。それまではテレビを見ながら加害者と遊んでいたわけである。テレパシー通信による常時接続の状態ではあるが被害が軽いのでテレビを見ながらデタラメな批評を心の中で思ったりしていた。思考が盗まれるので、なるべく真面目な事は考えないようにする。

寝る。

電磁波テロの被害報告書籍

1:52
今夜も睡眠妨害で全く眠らせてもらえない。
脳内音声による歌のリピート送信
声の送信による徹底した憎まれ口と脅迫だ。

「血を口から吐かせてあけるよ」
「それ以上日記を書くと近所から総スカンを食らうぞ」
「本当にキチガイにしてあげるよ」
「この地域に住めなくしてあげるよ」

まず、寝ようとすると

頭痛、歯痛がする
体のあちこちが痒くなる
足の筋肉がピクピクと痙攣
首の付け根も痙攣

「鼻水を出させてあげるよ」

と送信して鼻の穴と喉が繋がってしまったような感覚が右の鼻の穴に起こる。実は昨夜も両方の鼻の穴と喉の辺りにそんな感じがしていて朝起きると喉が変であった。喘息を起こさせたり、咳を出させることも可能だ。それらは体感的にやはりパルスのような微振動を感じる。人間が感じるパルスなのでそんなに早いパルスではないと思う。

最後は眠りに入る瞬間を狙われ、送信される歌を一緒に歌わされてしまった。「もっと屈辱的な歌を歌わせてあげるよ」などと声の送信をされたりしている内に完全に覚醒されられてしまった。

今「お前を死刑にすると言われた」
脳内音声だから言いたい放題である。


ブログ「バッカス&ミューズ」の内山さんの提案です。

この前代未聞の人権侵害行為の被害者の方に共著を求めています。講談社出版サービスセンターより書籍を発行する計画です。

・30名以上の被害者が必要です
・1ページ5,000円で4ページよから20ページまで
・内容は被害経歴・実態・意見等
・固有名詞は使用しない
・売れると60%が戻る
・NPOテク犯の会員であること

ハードカバーによる上製本の書籍に記された被害記録は今後の解決に影響のある個人や団体の記憶に残り、大きな実績を築き上げる礎の一つになります。

4月の末までが募集期間らしいですが、30人というのは被害者を集めるのではなく、共著に参加する方を30人集めなくてはならないので大変だと思います。是非、ご協力お願いします。歴史に残る犯罪の証言として歴史に残しましょう。

詳しくは下記アドレス内山さんまで。
nra16393@nifty.com


今も「どっちが得か良く考えて見ろ、お前は逆らいすぎだ」と脅迫された。勝手に被害に遭わせておきながらこの台詞である。悪魔としか言いようのない最悪の犯罪だ。歌のリピート送信は全く途切れない。「殺してやれ」なんて言っている。とにかく脅迫もひっきりなしなのでこの辺でやめにする。

2:37
誤字訂正の為にログインしようとすると目眩と記憶障害にされ、脳内音声で間違ったパスワードを送信される。だから最近は頻繁にパスワードを間違えてしまう。

3:37
どんなに強い薬を飲んで寝ても電磁波殺人鬼の武器の前になすすべは無い。

殺人以外の何物でもない

日本は電磁波テロリストが野放しだ

「何をしても無駄だとこっちから先に言って置くぜ」

と男の声で送信されたが、これも毎日の事だ。

まさに狂気の犯罪であり、恐らく、

この手口で何人も殺してきていると思う


「一行おきに書かせてやるぜ」と送信
「おきに」というのをひらがなで書くと
「あいつ漢字が書けないぜ」と送信
これも毎日の事だ。

栃木県佐野市で起きている電磁波テロ全国に知らせて欲しい。

私は命ある限り広報をする。
親も子供も犠牲なっても構わない。
絶対にこの犯罪だけは許さない。

また「殺してやれ」と送信された。

はっきり書いてしまおう
この犯罪を否定するのは罪である。
遠隔から脳を操作する犯罪は確実に行われている

もう一度新しい被害者のブログを紹介する。
「平塚、東京、ロンドン、横浜」
http://groups.exblog.jp/

とにかく世の中で最悪の犯罪である。
怖くて被害のことを口にも出来ない被害者もいるらしい。
なぜなら、それと同時に酷い攻撃をされるらしい。

「また新しく恥をかかせてやる」と送信された。

加害者の目的は社会に恨みを持った人間の復讐としか思えない。それも悪魔の組織で絶対服従のような世界なのだと思う。洗脳された工作員でなければ出来ない犯罪だ。

この恨みは広報にて返させて頂く。

被害者はなぜこんな事をされるのか理解出来ないでいる。
「今に待っていろ警察が迎えに来るぞ」と言った。
お待ちしています。何があっても殺人行為は殺人行為だ。

7:35
また、下らない意味不明の夢で目が覚める。
低音の振動で揺すられていたようだ。
シャーっと言う音がしている。
頭痛の中で寝ていたようだ。

「君の日記は誰も信用せんぞ、なぜなら過激すぎる」
と送信された。

いずれにしても広報は徹底して行わせてもらう。

11:01
音楽のリピート送信で起こされる。

「ざまあみろ」
「また、笑い者にされたぞ」

と送信された。

会社の人間が風邪を引いて休んでいる為に私が呼び出された。どうしても私でないとダメな用事ではないのにこの時間に電話で呼び出されてしまった。どうも怪しい。今までは私がいなくてもすべて用が足りてしまい私は必要ないのではないかと思うくらいであった。なのに、私にやってくれと頼んでいる。

結果、殺人鬼に睡眠妨害をされ殺される寸前まで追い込まれている事は誰にも理解されていないという事だ。

とにかく徹底的に広報をして恨みを晴らす。

一晩中、ジャスの脳内放送と罵声を浴びせられ続けていたようだ。

どんな目に遭おうとも、私は加害者の奴隷にはなりたくない。

などと書くと
「いい度胸だ、何処まで耐えられるか試してやる」
なんて脳内音声で言ってくる。

日本国は拷問に許可を出しているのですか?

日本国ではこのような犯罪に許可を出しているのですか?

最近は自分の考えていない事を脳内音声で送信して、あたかも自分の考えのように見せかけて、それを揚げ足取りの材料に利用して攻撃をするパターンが多い。目覚めた瞬間の発想もすべて加害者に意図的に挿入されている。

このようなやり方を目に見える形にすれば冤罪である。

痴漢をしていないのに、この人痴漢をしましたと逮捕されるような犯罪手口である。


被害報告書籍の共著の募集についての訂正

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの会員であることが条件のようです。その理由は書籍にNPOの名前が入るからだそうです。

会員の皆さん、どうか宜しくお願いいたします。

18:05
アマゾンで購入した本が届いたので紹介します。
暴走する脳科学
「脳科学」の壁
サブリミナル・インパクト
まだ読んでいませんし、精神への介入で読書妨害をされるので、どうせ満足に読めません。購入した理由ですが、「暴走する脳科学」という本にはマインドリーディングについての記述があります。「脳科学の壁」という本はサブタイトルの通り、脳機能を映像化する事により中身を解明する最新の技術を知ることが出来ると思いました。最後の「サブリミナル・インパクト」という本も文字通り外部からの刺激により考えを変える事が出来るという、電磁波被害とは少し違った意味での思考操作について書かれていると思ったからです。

18:45
先ほどから延々と「めだかの学校」の歌をゆっくりとしたテンポで脳内にリピート送信している。頭痛と目眩と記憶障害も続いている。本の紹介をした後にパソコンの電源を切ったが歌のリピート送信と一緒に歌いだしそうになってしまい腹が立ったので追記することにした。

加害者は「歌ボケ」させてやると良く言う。

しかもイライラする脳の操作もされている。

こんな事を年単位で一日も休まずに続けている事が殺意の表れだと思う。

電磁波テロとはこういうものだと思って欲しい。

22:12
被害は相変わらず継続している。
被害を子供にも継がせてやると送信される。

●念じるだけでロボット操作 ホンダなど技術開発
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009033100665

関連ニュース

人が考えASIMOが動く
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/31/1692.html

ATRとHONDA脳でロボットを操作する基礎技術の開発に成功
http://www.honda.co.jp/news/2006/c060524a.html

脳内イメージでSecond Lifeのアバター操作
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/11/news105.html

色々な技術があるものだ。

24:03
隙あらば嫌みを脳内音声で浴びせてくるので腹が立ったのでメモをして置いたが、なんだか疲れたのでやめにする。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる