脳を操作する犯罪の恐ろしさ

10:57
今朝は6時頃に起こされ、もう一度寝た。
目が覚めると音声送信だ。
次に目が覚めたのが10時頃でその時は母親の出てくる夢を見させられた。もう、忘れてしまったが自分が被害者である事を訴え続けると「母親に迷惑が掛かるぞ」のような事を暗示するような夢であった。目が覚めた直後には「おはらしょうすけさん、なんでしんしょうつぶした、あさね、あさざけ、あさゆがだいすきで、、、、」と女の声で送信された。それは数人の女の声だがいかにも合成音声と言った感じだ。

睡眠妨害をしていて何を戯けた事を言うのかと思った。

とにかく、目覚めるとイメージ映像の挿入を盛んに行ってくる。今日は目覚めた時はそれほど酷い攻撃をされていなかったので思った。被害を受けていなければ通常は頭の中でイメージ映像を、それほど頻繁に思い浮かべる事はしていない、だから何かの映像が頻繁に頭に浮かんでくるのは送りつけられている場合の方が多い。

特定の範囲或いは人物に対する憎悪の念

何かの出来事やそれに関わった人物などに関して徹底的に憎悪の念を抱かせるような手口が使われている可能性もある。たとえば何か自分に取ってあまり好ましくない出来事があったとすると、そのことを想起させるように仕向けると同時に怒りや憎悪の念を常識外に発生させたりする。そんな手口を執拗に繰り返すことにより人間関係を破壊してしまう事もあるだろう。

また、それとは反対に特定の人物に目の敵のようにされてしまうような現象も考えられる。肉親に徹底的に嫌われるという話も一部耳にしている。また、マインドコントロールの被害者と気がついていない人が多いのではないか、という話も耳にする。

一人被害者がいたらその周囲にも被害者がいる可能性もなくはない。だからそれらを加害者サイドの人間と思ってしまうのにも問題があるかも知れない。私の場合は自分が生活しやすいようにあえて周囲の人間を疑わないようにしている。それが進むと飲み食いするものまで心配しなくてはならなくなるからだ。

また、恋愛感情のような特定の相手を意識させ、その相手に好意を抱かせるような事も可能だろう。不快感を送りつける事が出来るのであれば、幸福感を送りつける事だって出来るはずだ。

これらは決して神経質な話ではなく人間をそう言った方向に仕向けてしまうことが可能な犯罪なのである。

17:27
今、続きをアップしたが通信不良ですべてパアになってしまった。

ここまでは音声のボリュームはかなり小さいが途切れる事はない。軽い目眩と記憶障害のような感じも続いている。「はーるーがきーたー、はーるーがきーたー」と女の声でリピートをしている。

先ほどはパソコンの前にいると攻撃が強くなり、血圧が上昇しているような、のぼせてしまったような、頭部が発熱しているような感じにされた。

酒の好きな人の横を通ると酒の匂いがした。

「もしかして酒飲んでませんか」なんて聞くわけにもいかないので黙っていた。その後は新聞を読んでいると、読解力、集中力、落ち着きが無くなり、目眩と呼吸困難のようになり、その場にいるのが嫌で逃げ出したくなったが、我慢をしてすべて目を通した。読んだのではなく、目を通しただけである。

どうもパルス波で加害を行っているように感じる。

時折、頭痛や関節痛、痒みなどをやられる。

17:46
ログアウト後に誤字訂正のためにブログの「管理ページ」という所からログインしようとクリックするとIDもパスワードも入力していないのにいきなり管理ページに飛び込んでしまった。

18:29
早めの夕食を済ませたところだが、延々と脳に対する攻撃が続いている。高級なコーヒー豆と新品のコーヒーメーカーを使用してコーヒーを入れると味も香りも今までと全く違う。苦いだけでなんの味も感じない。

この絶妙なタイミングで被害を負わせる手口。以前のコーヒーメーカーよりもコーヒーを落とすのに時間が掛からない。だから味が違うのだと加害者は脳内音声で主張する。

残念ながらコーヒーは豆を挽いた瞬間には本来の香りがしており、その後すぐに香りを変えてきた。その一瞬のズレを感知してしまった。コーヒーの味が変わっても砂糖の味が変わる事はない。同じ水の量で同じ量の砂糖だ。甘みも全く感じなかった。

今もキーンという音を強く送信しテレビなどの音声が耳に入らないようにしている。これは脳の操作も同時に行われていて、その状態にされると見ても聞いても頭に入らないような感じにされる。

脳内音声はその特性上、周囲の音と混ざってしまう事が良くわかった。不思議でしょうがなかったが、頭の中で混ざってしまうようだ。たとえばコーヒーメーカーからお湯が落ちてくるボコボコと言った音の中に加害者がブツブツほざいているのが聞えるように感じるが、それは現場で混ざっているのではなく、あくまで脳や聴覚神経の中で混ざっていると感じた。

勿論、距離感や方向性を持たせることも可能だ。

また、パソコンのマウスを飛ばしている。

21:08
音楽を聞きながらブラウザのお気に入りを整理していると、毎度おなじみの音声送信だ。それも舌が一緒に動いて一緒に歌わされそうになる。「結婚しようよ、、、」と必ず言う。その「結婚しようよ」の後は何だか良くわからない。

同じ事を何度でも繰り返す。

更に、下記アドレスの記事をなんとなく読んでいると脳への攻撃をされ昼間と全く同じように読解力がなくなってしまう。今までだったらこの拷問行為、やり場のないストレスの為に物を破壊しているだろう。ただ我慢しているだけだ。
http://wiredvision.jp/news/200903/2009033123.html

本当に馬鹿げているし時間の無駄と思えるが被害であるので記録できる時はしようと思う。

24:07
延々と脳内音声による音楽のリピート送信を続けている。

そして、ヒステリー症状にも似たような精神状態にさせられる。

風呂に入る前は左の肩を強力に痛くされ続けていた。家の中を移動しても体の向きを変えても全く痛みには変化はない。

風呂に入ると更に音楽(bossa antigua)のリピート送信の音量を上げ、イライラ感を強くされ、何度シャワーヘッドを叩き付けて暴れ出しそうになった事か。しかし、ひたすら我慢をして耐え続ける。風呂に入ると肩の痛みは無くなり、今度はあちこちが痒くなる。体を洗い出すと肝臓に太い針を刺されたような痛みに襲われる。

毎日24時間そのような事をされている。

「後もう少しだ、もう少しであいつ気が狂うぞ」

なんて声を送信しながらやっている。

「夜寝ている時も攻撃してあげよう」

こんなのも毎日だ。

これでも殺意がないと言えるだろうか。

「許しててあげよう」

「かわいそうに」

こんな言葉も毎日だ。

このような攻撃は珍しいことではなく毎日途切れる事無く続けられている。ただ、精神状態の操作をされ耐えがたい怒りが込み上げてくる時がある。擬似ヒステリー症状のような感じで心だけでなく、体感的にヒステリーを起こした時のようにされる。

だから

妙に怒りっぽい人なんか被害者かも知れないと思う。

そして、これらの被害に耐え続けていても、結果何年という時間を無駄にされ、傍目に「あの人は変だよ」と噂され、家族(子供)にも被害が及び、その家系は苦労を背負わされるのである。私も過去、身内を振り返ると、もしかすると、なんて思うことがある。

この恨みは広報にて返させて頂く。

世の中で一番、罪の重い犯罪だと思う。

武器を使って集団で計画的に行う無差別テロだ。

寝る。

追記、「嫌ってあげるよ」というのも得意のフレーズだ。よくもこれだけ薄汚く卑怯ことをやり続けられるものだと関心する。

もう一つ追記、朝見させられた夢では、私の母に迷惑がかかるぞ、という暗示であったが夕方に珍しく包丁で指を深く切ってしまった。本人もこんなに切るのは珍しいと言っていた。嫌な感じだ。

人殺しだと思いませんか

2:52
全く眠らせてもらえない。
頭に衝撃と爆音を聞かされている。
眠りそうになるとやられる。

「広報するなかれ」
「一生眠れないようにしてやるぞ」

実際にいつでも数時間で発狂させる事の出来る武器だ。

その恐ろしさを体験している被害者なら

どれほどの恐怖かわかると思う。

私は

公安調査庁の公益通報に広報しようと思い

書類をすべて用意してある。

加害者は「公安調査庁に広報するな」と脅迫している。

勿論、音楽のリピート送信とノイズの送信は今もされている。

被害者の方は遠慮なんかしないで警察、人権擁護局、どこにでも行くべきだと思う。精神への途切れない介入だけでも殺意は完全にあるし、この拷問行為は自殺、発狂をさせられた人が存在している。殺人に等しい。

3:33
完全に脳を覚醒させられている。
「公安調査庁に広報したら殺されるよ」
と脅迫された。
筋肉、節々を痛くされ、体をひっきり無しに痒くされている。
頭痛もされている。

13:22
結局、加害者にからかわれていたようだ。

私は睡眠妨害が酷いので睡眠導入剤を処方してもらっている。少しだけ強い薬をたまに飲むが、電磁波で脳を覚醒させられるとそれでも寝られない。一度に一定飲んでしまうと覚醒させられた時に困るので半分だけ飲む。

昨夜も4時に半分追加で飲んだが「もっと強い薬を飲め」と声の送信をされた。しかし、その後はなんとか眠れて朝8時半に覚醒させられる。これでは体力が持たないので、もう一度薬を飲んで12時まで寝た。

こんな事をしていたら社会生活は無理だ。

もし、世間体などをきにするのであれば睡眠不足のまま疲労蓄積のまま朝起きて仕事をしなければならない。睡眠不足、資金不足にされれば、被害者の会に参加したり、広報活動をしたり、人並みな生活は無理で家で独りで苦しんでいなければならなくなる。

そういう窮地に追い込んで被害者を黙らせる手口

自殺するまで嫌がらせをしたとすれば殺人と同じではないかと思う。


今も、歌のリピート送信と声による脅迫と体の痛みは続いている。軽い目眩と記憶障害を起こされている。

MRIで脳に萎縮がみられなければ病気ではない

と言われているらしい。

私は自発的にMRIの検査を受け「健康的な脳ですね」と医師に判定して頂いている。

20:55
徹底した攻撃が途切れることなく続いている。

今、昨日録音してきた自分で演奏した音楽を聞いているが、何度も記しているようにメロディーに合わせて嫌みの音声を歌ってくる。それは替え歌のような物で誹謗中傷の連続と思えば良い。しかし、メロディーに合わせていて、声の音程もそのように聞えて来るので音楽を聞くのは到底無理だ。

更に、私の演奏の一節ごとにケチを付けて来る。この演奏はパスワード付きのサイトに毎週アップロードしている。音楽のプレイヤーに取っては致命的とも思われる酷い脳攻撃をされていても

これだけの演奏が出来るという証明だ。

従ってスタジオ内にいる人の演奏以外のこともすべてスパイ行為により盗まれている。だから被害者の側にいる人達もなんらかの間接被害を被ることになる。

この頃は陽気も良いし、陽が延びてきたので仕事が終わってから外食を兼ねて買い物に出た。しかし、気分を悪くさせる脳への刺激や声の送信の為に購買意欲がなくなってしまう。具体的にはコーヒーメーカーを買いに行ったわけだが、頭の回転を悪くさせられ、決断力もなくなってしまうのでいくら考えても結論が出ないで商品を見ているだけになってしまう。その内に声の送信にやられて周囲の視線が気になり店から逃げるように立ち去る。

大衆マインドコントロールという言葉が気になる。

もし、広く脳の操作などをしていたら経済にも影響を与える事も可能かも知れない。それに関しては「低周波音 心理の種々相」という本に書かれていたと思う。

今度は食道に行き夕食を摂ることにしたが、店員が頼んでもいないカレーライスの大盛を出して来たので「これ、なんですか」と聞くと「いま、カレーライスと言いませんでしたか」と言われた。「いや、言ってません」というと「変だなあ、確かにカレーライスと聞こえたんだけど」と答えていた。何だか色々とあるのだなあと思った。

最後にコーヒーメーカーが故障していて毎日不便なので購入する事に決断し帰りに家電屋に寄り、いままで使っていたのと同じのを買ってきて早速試しに高級な豆でコーヒーを入れてみたが、どうも飲むたびに味も香りも変わるので嫌な気分になってしまった。

今も、目眩と記憶障害のような状態で声の送信も途切れない。

1秒たりとも人間本来の自然な状態にはさせないと言う狂気の世界である。

31日1:36
音楽を聞いていたら遅くなってしまった。
それにしても音楽が聞きづらくて大変だ。
とりあえず自分の演奏した音楽は別サイトにアップした。

寝る。

痒くて寝られない

6:45
就寝は1時頃だった。
その時もかなりの攻撃を受けた。足の付け根のリンパ節の辺りを執拗に痛くされ続けていた。かなりの痛みであった。何とか寝ることは出来たが。

5時過ぎに夢を見させられて目が覚める。
レンドルミンを半分ほど飲んでもう一度寝ようとしたが、歌のリピート送信と声による脅迫、そしてなによりも引っ切り無しに身体を痒くされるので全く眠れない。たまりかねて日記に書く事にした。

「もう、およしなさい」
なんてバカな事をほざいている。

頭を痒くする

頭をかく

肩を痒くする

肩をかく

脇腹を痒くする

脇腹をかく

腕を痒くする

腕をかく

そして頭に戻る

こんな感じで1時間延々と歌のリピート送信とともにやられていた。これで寝られたら大したものだと思う。とにかく攻撃の上乗せで被害者をねじ伏せるやり方に終始一貫している。また目眩と記憶障害が始まった。

12:25
仕方ないので、もう半分薬を飲んで寝た。
今日も東京まで出かける用事があるので睡眠は必要だからだ。
寝たのが7時過ぎ、目覚めたのが10時過ぎだったか。
やはり目覚めとともに声の送信により嫌がらせをされ、歌のリピート送信も途切れない。ただし、今の所、脳への攻撃(目眩、記憶障害)や頭痛、筋肉痛などの酷い攻撃はされていない。

23:54
今帰宅した所だ。
さて、何から書こうかというくらい被害を受けた。

現在は鼓膜に膜が張ってしまったような、鼓膜が裏返ってしまったような感覚でキーンという音や低いボーっと言う音がしている。声は非常に小さいが徹底的に誹謗中傷を送信されている。

まず、午後に家をでて10分で目眩と記憶障害を起こされる。それまでは、清々しく快適で顔には笑顔が戻ったように感じた。本当に生きていることの喜び、幸せを感じられた。しかし、10分である。

最近は酷い攻撃を長時間はされない。被害を気にしていると大変なので違う事を考えたり意識を別の方に持っていったりしている内に弱くなっていたりする。しかし、絶えず声により精神への介入をされ、痒み、痛みなどの身体攻撃を仕掛けて来る。

電車に乗り遅れると「ざまあ見ろ」
急いで歩いていると「何をそんなに急ぐのかね」
なんてのは常時である。

それよりも音楽のスタジオに到着すると毎度の被害になってしまったが、歌のない楽器だけの演奏をしているので、その楽器で演奏するメロディーに合わせて嫌みを延々と脳内音声で送信されてしまう。だから音楽を聞くどころか、それに対抗する為に加害者の悪口を声に出さない呟きで延々と呟き続けなくてはならなくなる。

そして身体を不自由にして満足な動きが出来ないようにされてしまう。今日は左手を肩から腕に掛けて痛くされ、尚且つやや硬直したようにされてしまった。更に被害者の間で良く報告される攻撃で、ある特定の周波数だけが煩く聞えるようにされた。

演奏中の酷い攻撃

やや目眩と記憶障害にされているのは常。
声の送信をされるのも常。

突然、激しい目眩とともに目の前の景色(演奏相手を見ていた)の遠近感が狂ってしまった。簡単に説明すると大きくなっり小さくなったり(ズームアップ、ズームアウトのような感じ)させられて目眩感を増強された。遠近感を狂わされたのは初めての事だ。

「笑い者にしてやれ」、「大笑われろ」
と言う声の送信とともに全くリズム感がなくなり演奏不能となる。更に「ザマア見ろ」などと罵声を浴びせられる。

イライラさせられる感情操作が少ないのか激怒には至らない。

スタジオを後にし電車のホームを歩いていると目眩をさせられる。もし、誤って線路に転落したらどのような事件になるのかと思った。当然、ホームを移動する時は人が大勢並んでいるので線路際、ホームの端を歩く。

その後は少し待ち時間があったので柱にもたれ掛かっていると酷く平衡感覚を狂わされた。タバコを吸った時やエレベーターから降りた直後も良くやられるが、下に降りているような感覚にさせたり、横に揺れているような感覚にさせたり出来るようだ。

とにかく加害者は我々が何処に広報しようが全く関係なく自信に満ち溢れ攻撃をやめない。

徹底的に貶して屈辱を与えたいのだろう。

なんとなく思った

この被害は社会の底辺

最低最悪の犯罪である

これほどの人権侵害は歴史上ないと言えるほどのものでありながら誰も見向きもしない。

30日1:48
遅くなってしまった。

脳内音声で

「命だけは助けてあげよう、その代わり広報をするな」
「日記を削除しなさい」

などと脅迫わされた。
しかし、声の送信を受けている被害者では命の脅迫は珍しい事ではないらしい。とは言っても酷い攻撃をされると、やはり怖い。

寝る。

電磁波犯罪は長い目で捉えよう

10:13
昨夜は就寝時に電磁波により頭を叩かれた。
バンと言う衝撃音とともに頭頂部に叩かれたような感覚があった。
心臓がドキッとした。こういう悪い奴らである。

陰に隠れて陰湿かつ捻くれた行為

通常の精神の持ち主ならば出来る行為ではない。

3時には久々のバイブレーション攻撃で目が覚める。
一秒間に約8回の低い音とともに頭部が振動する。
実際に振動しているかは別問題である。なぜなら揺れているような感覚にさせるのは得意であるし、後ろに誰もいない椅子を背後から蹴られているような事もあるからだ。

そう言った所から考えても脳神経への誤感覚の送信だと考えるのが普通だと思う。勿論、物理的な攻撃を加える事が出来るという記述もあるので両方可能と考えたい。

ただ脳神経への攻撃であろうと、外部からの物理攻撃であろうと、痛い、痒い、苦しいなどは現実に起こっている。

病気でも良くあると思う。

医師に症状を言うが、どんなに検査しても原因の判らない病気。どこも悪い所は発見されないが患者は痛い、苦しいと言う。

我々の場合は音声送信により加害者の存在を強制的に知らされている。攻撃をされる時には解説までされている。声の聞えない被害者の場合でも、思考・言動にリアルタイムで反応して四六時中被害を受けさせられるので嫌でも加害者の存在を知ることになる。

集団ストーカー被害も

被害者に対して加害者の存在を無理やり知らせる所から始まる。
しかも、盗聴・盗撮の方法は普通ではないと言われている。

テクノロジーに関しては、その道の専門家でも「あり得ないとは言わないが、到底信じられない」という状況である。この犯罪に関しては長い目で見て公表されている技術が追いつくのを待つしかない。

重要なのは、なぜ世界規模で被害者と確信している人達が多数存在しているのか、怪しげな特許は何に使われているのか、なぜ「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」などと言う文書が存在しているのかである。

公表されていない科学技術の進歩は驚くべきものだと思う。

24:09
今日は被害者の会合に出掛けてきた。
新しい被害者の方も毎回参加して来る状況だ。
それぞれ被害の内容には違いがあるが何かのテクノロジーを使用しなければ不可能であると言う点では共通している。

中でも完全にプライバシーを奪い取られてしまった時の精神的なショックについて力説している方がいたが、我々は慣れてしまったが、殺人ではないかと言いたくなるくらいの衝撃だと思う。

今日は被害としては低レベルであったが、リアルタイムで干渉される声の送信や歌のリピートは全く途切れる事はない。被害者の会の二次会などの騒がしい場所でも目で見た物に声で干渉されたり、何かを喋っている。二次会のような場所では周囲の音が煩いし話しに夢中になっているので声の送信に神経を奪われる事は少ない。

寝る。

陰湿な捻くれ加害者

3:03
全身を順番に痒くされ全く寝られない。
歌のリピート送信も子供の声で「今日の日はさようなら、また会う日まで」と延々と続けられている。就寝が12時半で合成夢で起こされたのが2時だ。それから1時間何とか寝ようとしていたが、いつもとは違う静かな語りかけにより(問いかけ)により結果、私を貶す。それをすべて論破すると今度はもっと酷い被害に逢わせてやると脅迫する。

就寝時には糞尿の臭いや筋肉の痙攣、部分的な痒みを起こされていたが無視して寝た。痒みはピンポイントと言うか鼻や脇の下、肩、頭、足、脇腹などで冷たいような何かを照射されているかのような感覚だ。脳への刺激なのか照射なのか不明だ。

「毎日、昼間で寝させてあげるよ」と言われた。

「折角、許してあげようと思ったのに」
「日記を書いたら許さない」と言われた。

しかし延々1時間も痒くされっぱなしでは寝られない。

13:57
お昼のブログ閲覧の時には、なんとなく後頭部に違和感があり、思考能力を奪われているような感じがしていた。パソコンの画面に文字が映ってもそれを読みたいという欲求が出てこない。不思議である。よほど気合を入れて読むぞ、とやらなければただ呆然と見ているだけになってしまう。

思考や言動に関しても同じで、すべてが億劫で何事にも意欲が出ない。しかも、やや被害をうけているなあ、という程度である。なぜか眠い(脳の中が眠っているような感じだ)。これであれば被害者である自覚無しにうつ病を作り出す事も可能だと思う。

音声送信のボリュームはかなり小さいが、歌のリピート送信は目覚めた時から止まらないし声によるリアルタイムでの干渉も続いている。それと右足の太ももの大きな筋肉を痛くされている。その場所は良く攻撃をされる場所でもある。

痒みの種類について

照射感のある冷たいような感覚にも似た痒み

それは移動させたり複数の場所に発生させられる。大きさは体感として直径1ミリ程度から10センチ程度までだと思う。非常に不自然な感覚で自然では絶対にあり得ない。

全く自然現象と同じ感覚の痒み

全身どこにでも発生する。肛門の痒みなんてのは最悪である。それらは突然発生したり、突然消えたり、長時間継続するので不自然であり痒い場所が移動したりする。「頭をかかせてやれ、ケツをかかせろ、今度はその手で目をかかせてやれ」なんてを声の送信で説明されるので被害と確信する。

毛糸のセーターを素肌に来たときのような痒み

これはちくちくに似たような痒みで寝るときに良くやられる。通常は体の下側になっていて圧力の掛かる場所なので自然現象かと思うが、どうも怪しい。良く考えると以前はそんな事はなかったと記憶している。

湿疹などが出来ている場所が痒くなる

痒みが先か湿疹が先か不明だが、その湿疹の出来ている場所を非常に痒くされる。場所は腕や足、耳などで、耳は後述の痒みで腕や足などは照射感のある痒みの場合もある。不思議なのは肩にあるBCGか何かの後が黒ずんでしまい痒くなったりする。

髪の毛でくすぐられているような痒み

これはパルス的な雰囲気もするが鼻の周囲や耳などが痒くなる時は数本の髪の毛でくすぐられているように感じるが、それが停止してしまい異物がくっ付いたままになってしまったような感覚にされたりする。パワーが強いとその痒みは耐え難いものとなる。

それらを就寝時を中心に所かまわずやられるわけで、人前で「頭をかかせてやれ」、「鼻かかせてやれ」という言葉とともにやられる。外出先で陰部や肛門が痒くなった時なんかは大変だ。

耳の穴の中、鼻の穴の中が痒くなることもある。

自然現象と区別がつき難いのに問題があり、その他、筋肉や関節の痛みというのも大変である。

15:03

虫が這いずり回るような痒み

これを書き忘れたら早速、思い出させてくれた。痒みの部類に入るかどうかであるがそんなのもある。

特定の部位の神経を敏感にしてしまう事も可能と思われ、それが原因で痒みを発生しているとも考えられる。とくに汗やシャワーの水滴が体を流れ落ちる時に異常にくすぐったくなるのは気のせいだろうか。

15:17
また、脳への攻撃が始まった。

目眩、頭部圧迫感、記憶障害だ

イライラして精神的に慌てて出し落ち着きが無くなる。首と後頭部の付け根あたりに違和感がある。実は先ほどから右足の膝の上の内側の筋肉を痛くされ続けていた。それと両足の骨盤の横の大きな筋肉も痛い、右肩(腕の上の方)も痛い。

これを悪魔と呼ばずに何と言えばよいのだろうか

早く政府の対応を望みたいところである。更なる郵送による広報の準備もしているので是非実行させて頂きたい次第だ。

攻撃が酷ければ、酷いほど広報せざるを得なくなる。

24:46
音声送信を中心にした被害は全く途切れない。

右足の太ももの筋肉を痛くして上で「その足を治して欲しければ日記を全部削除しろ」と脅迫をされている。テレビを見ていると肛門の周囲がヌルヌルしているように感じるので触ってみると極めてドライであった。このヌルヌル攻撃は、ほぼ毎日されいるが、あまりに猥褻だと思ったので書かないでいた。自動車の運転など外出中でもやられる。

細かい被害を書くと量が増えるのでこのくらいにする。

寝る。

新しい被害ブログ

8:12
また、新しい被害者のブログを発見しました。
「平塚、東京、ロンドン、横浜」
http://groups.exblog.jp/

この方は海外に留学中に音声被害を受けたようです。
私と同じような被害ですが気をつけて欲しいものです。


こちらは朝から歌のリピート送信と嫌み、脅迫の連続。
昨夜の睡眠妨害の内容をどのように書こうか考えただけで頭痛がして来る。今はキーンという音が強く出て肩も痛くなっている。頭部圧迫感と軽い目眩・記憶障害も始まった。

昨夜の就寝は24時半で就寝時はいつものように身体のあちこちを順番にを痒くさせられる。何とか眠りにき就いたがすぐに起こされてしまう。すると悪魔のような雰囲気を出し集中的に声の攻撃を浴びせられイライラさせられた。しかし、それも無視して再び寝る。最近は寝ている時も頭や肩を痛くさせられている。

次は3時に目が覚める。その時はそれほど酷い声の送信は無かった。トイレに行きさっさと寝るが新聞配達のオートバイが来ていた。

そして最後が7時半だ。「丁度良い時間に起こしてやったぞ」と送信される。夢を見させられていたと思う。

もうすでに頭がボケて無気力にされている。

日記を書くのが嫌になるように操作されているように感じる。まず何を書くのか思い付かない。書いていると躊躇してしまったり、迷いが出る。

次から次へと忘れさせられてしまう。

20:55
今日は外務省前で2時間ほど街頭活動のお手伝いをした。

外務省では中まで入れて頂き話を聞いてくださり書類を受け取って頂いた。非常に丁寧な応対であった。その書類がどうなるのかが問題だと思うが無駄にはならないと思う。

街頭活動の後は興信所を訪れた。

予め書類を郵送してあり電話での予約もしてあった。約束の時間に訪れると丁寧に対応してくださった。それも無駄にはならないと思う。

それらの行動は私ひとりでは決して出来るものではないので関わっている方がたには感謝している。

今日も弱いながら音声送信というか精神への介入は途切れなかった。脳への攻撃、やや目眩、やや記憶障害、やや肩が痛い、なども途切れない。

最後は自宅に近づくに連れてキーンという音が強くなり、罵声(嫌み、脅迫)を集中的に浴びせられる。気持ちとしては一日も早く自由と人権とプライバシーを取り戻したいところだが、そうも行かないと言ったところだろうか。

結果

テクノロジーによる監視が明るみに出て

それをされている事を知らせる装置が必要となる。

そうでなければ一般大多数も事実上プライバシーを奪われている事を否定できなくなる。被害を認識していない人に取っては関心の無い話だと思うが事実を知ったときには驚くかも知れない。

21:12
上記アップした直後に、頭部に照射感が発生し目眩と記憶障害のようなものが強くなった事を報告する。これだから被害者は何も出来なくされてしまう。本当に恐ろしい犯罪である。「逆らわないでおとなしくすれば許してやる」なんて声の送信をされる。しかし、被害を受けている以上黙っているわけには行かないし、激しい攻撃は恐怖そのものであるし、困ったものだ。

24:07
現在、被害はそれほど酷くない。
おまけ被害のようで、ちょこちょことやられている。

寝る。

脳内音声によるフィードバック

6:06
昨夜は就寝が1:30で就寝時にも顔を痒くするなどの嫌がらせをされたがすぐに寝られた。その後2:30に突然目が覚めたがすぐに寝られた。しかし、今度は6時に夢を見させられて目が覚める。顔を非常にピンポイントで痒くされていた。

夢は私が猥褻な事をしているような夢だったと思う。

目が覚めると音楽のリピート送信が始まり、キーンとかシーンと言うノイズが煩い。パソコンのスイッチを入れると「タバコが吸いたい」なんて声が聞こえるのが早いか、タバコが吸いたくなってしまう。しかし、それは自分の意志ではなく差し込まれていると思う。

脳内音声による呟きのフィードバックについて

声には出さない口の中の呟きを
脳内音声によりフィードバックされる。

文章を読んでいる時に同時読みをされる。

それはまるで自分の声に出さない呟きを盗み取られ合成音声で再送信されているように感じる。再送信に使われる声の種類は様々で声に出さずに呟く時に喉の形を変えると、再送信される声の種類が変わるので、それを利用すると何種類もの声に変換されて来る。

再送信されるまでの時間のずれが全くない時と、少し遅れるとき、先に送信されてしまうとき、様々である。

機械で自動的に行っている可能性もある。
また、そう感じる時もある。

しかし、最近は口を閉じている時に同じことをされ、発音が自分のと違う事に気が付いた。口を閉じた自分の呟きでは絶対に発音できない発音で呟きを再送信された。歯を磨いている時にもやられたので変だと思った。

加害者には、その時の私の状態が判っていて、その時の口の状態に合わせて発音をしている。しかし、たまに間違えたりする。

思考の先読みにより
何を呟こうとしているのか
感知していると思われる。

もう一つは喋らされてしまう可能性だ。

しかし、実際に声を出して喋る時に間違えさせられたと言う記憶はない。電話番号やパスワードを間違えてしまうのは良くある。それは音声送信をされた為だと判っている。

怖いのはハッキリとした自覚がない時だろう。

しかし、毎日朝から晩まで休む事無く、私の思考や声に出さない呟きのすべてに対して声の送信をするというのも並大抵の労力ではないと思う。しかも熟練していなければ出来ない。熟練というのは私のクセを知り尽くしていなければならない。

なぜ私が呟き続けなければならないかと言えば、歌のリピート送信や声による罵詈雑言の嵐に耐えられないからである。脳の操作も関係していると思われるが。酷い時には呟く言葉を送信された脳内音声に惑わされて間違えてしまうこともある。

10:30
朝6時に覚醒させられた時(完全な覚醒で眠気はなく心拍数も高くなっていた)は慌てていたので被害日記の文脈が変になっていた。脳内音声によるフィードバックと言うのは寝る前に忘れないようにと思い予め書いた部分だ。それを書いている時も激しい攻撃をされた。

6時の後はレンドルミンを半分飲んでから寝た。そして10時に目が覚める。目覚めると声の送信やイメージの送信で、この被害を受けているせいで失脚するぞ、と言った内容を執拗に送信された。その後着がえてタバコを吸っていると、得意の脳の操作が始まる。

目眩、頭痛、記憶障害

身体がだるく無気力になる。

音楽のリピート送信もされている。

24:12
その後も被害は強くなったり、弱くなったりしているが途切れる事は全くない。昨日のような酷い攻撃の連続だと大変である。

考え事が出来ない

嘘発見器のようだ

などの被害を感じるのは途切れる事のない歌や声の送信の他に、脳のイメージ空間を占拠されているのではないかと思ってしまう。だから本来は頭の中で考えれば済む思考を一々呟かなくてはならなくなってしまうのだろう。

忙しいので寝る。

五感情報通信発見器を作ってください

12:25
今日も目覚めとともにテレパシー通信状態にされている。
頭痛がしていて、振り向いただけで自分が何をしようとしたのか忘れてしまう。当然、目眩と記憶障害が行われている事は感じ取れる。

どなたかこの加害波の検出器を開発して頂けないでしょうか。

この被害の呼び方が判らないので五感情報通信とします。

被害内容はこのブログのカテゴリー「被害の説明」を参照してください。


●何処にいても通信が途切れることはありません

飛行機で海外に行った方の話だと離陸する時、飛行中、着陸時、フランスなどヨーロッパでも日本語による声が聞こえていたそうです。

ビルの中の人ゴミ、地下深い地下鉄、ちょっとした洞窟の中

音声送信を受けている被害者が数人近距離にいても混線したりしません。

●双方向通信と思われます

五感や思考を盗むだけでなく、送りつけてきます。頭の中に描いたイメージ映像などは盗み取るどころか瞬時に書き換えられてしまいます。映像を送りつけられる場所は自分がイメージ映像を思い浮かべる場所と思われます。酷いと自分がイメージする力よりも送りつけられる信号の方が強くそちらの映像が見えてしまいます。

●盗聴・盗撮技術はかなり高度です

被害者の目や耳から情報を盗んでいるのか、外部からピンポイントで盗んでいるのか不明ですが、どんなに大勢の人がいても少なくともその被害者の言動は筒抜けです。被害者から距離がある場所で喋った人の声をすぐに真似て脳内音声として送信し出来ます。

被害者の口の中の呟き(声に出さない)も確実に盗み取られます。

被害者の目に映ったものもかなり高精度に盗まれると思います。

外部監視をしているようにも思えます。被害者が知らない建物の外部での人の動きを声の送信で言い当てられた事があります。目を瞑って寝ようとしている時の姿勢なども言い当てられる事があります。

●精神状態の制御が出来ます

喜怒哀楽の操作は簡単です。気持ちの増幅も出来るようです。

方法としては広範囲に出る電磁波か極めて指向性の強い電磁波と思われます。レーダー波とかマイクロ波が使われているとも言われていますが、人工衛星からのX線レーザー、中性子ビームレーザーという説もあります。人間の特定には、固有の生体振動数(脳か臓器)、声(声紋)、レーダーによる追跡などが考えられますが、他にもあると思います。また、パルス波を使用するために計測し難いと言われています。更に加害装置は一つの物ですべての加害が行われるとは思えません。加害波や媒体も複数の可能性があります。

加害行為を発見する装置の開発

専門の方にお願いしたい次第です。


17:45
酷い頭痛と目眩と脳への攻撃の中、郵送による広報を完了した。
何か頭部発熱感があるのだが気のせいだろうか。

仕事と趣味と生活と広報をすべてこなしているので大変だ。今も仕事で見積書の作成・送付をしていると突然、酷い目眩がしたり、傍観者モード(放心状態のように何も考えられなくなる)にさせられたりした。

無意識で行動をしていると突然、「殺してやれー」なんて呟いてしまったりする。なんでそんな言葉を呟かなくてはならないのか不思議でならなかった。恐らく音声送信だと思うが、舌が一緒に動いてしまう種類の音声送信だと思う。

本当に殺意のある極悪犯罪者だと思う。

19:10
全く緩む事無く激しい脳への攻撃が続いている。

思考能力がなくなってしまい

激しい怒りが込み上げてきて

それにただたえているだけだ。

これなら自殺・発狂してしまう被害者が出るのが判る。

思考能力・判断力を低下させた上で思考盗聴で盗んだ内容を実況解説のように脳内音声で送信されている。しかもその中には私の思考とは全く関係のないデタラメが多く含まれているので人間をコントロールする事も出来る。今の状態ではこれ以上書くことは出来ない。

それほど酷い攻撃をされている。

更なる広報をさせて頂く。

声の送信では罵詈雑言と脅迫の嵐と言った感じで一日中途切れることはなく、更に音楽のリピート送信も途切れない。

頭痛と目眩と記憶障害と全身に点在する激しい痛みと痒み。

こうやって書いていても瞬間的に次に書こうと思っている事を忘れさせられてしまう。

この犯罪を野放しにしている政府の責任が問題だ。

19:29
狂気の精神侵略の手口

被害者には加害者という人間の存在を確実に明確に知らしめている。
そして声や身体に対する苦痛を与え続ける。
状況判断などの能力が低下するような脳の操作をする。
感情の操作により興奮状態にさせる。

これを延々と続けられると最後はどうなるだろうか

耐え切れない肉体と精神への苦痛
自然な周囲との調和能力の剥奪
イライラして暴れだしたくなるような興奮

加害集団が敵意をむき出しにして襲い掛かる

大声を出して「やめろー」と叫びたくならないだろうか

逃れることのないストレスにより何かを破壊したくならないか

こんな手口もある

うつ病というか無気力にしてしまい、口も利けなくしてしまう。

そして苦痛を受けさせ続ける

抵抗が出来ない状態にして攻撃を続けるやり方だ。

これが毎日だったら通常人間はどうなりますか?

自分がやられていなければ、こんなことは書けない。

21:43
侍ジャパン野球チーム

優勝おめでとうございます。




今度は別の手口の虐待をされている。

テレビを見ていると耐え切れない睡魔に襲われる。

睡眠は十分に取っていたのでこの時間に眠くなる事はあり得ない。先ほどまでの激しい頭痛と記憶障害と脳内音声による集中攻撃が静まり、キーンという強いノイズだけになった。その後は人が変わったかのような音声送信になった。

あまりに眠いので寝ようとすると始まった。

「寝ちゃダメ」
「寝ないで」
なんて音声送信をして、顔を痒くしたり、肛門を痒くしたり、歌のリピート送信をしたりで寝させないようにする。

猛烈に眠くさせて置いて

寝させない


これもかなりの悪辣さだと思う。

24:28
激しい攻撃は収まったが、キーンという音はかなり煩い。

歌のリピート送信も途切れない。

声は嫌みを言い続けている。

加害者はきっと自分達の罪の重さを知りたく無いのだと思う。

寝る。

被害者の行動は無駄にはならない

11:50
今、パソコンの前で目眩をともなう記憶障害を起こされている。
昨夜は就寝が遅くなってしまった。3時頃だったと記憶している。
日記を終了させた後に被害者のブログ閲覧を行っていると、鼓膜が詰まったような感じにさせられ、キーンという音送信され、なぜかいじめられているような心持にされてしまった。

6時に夢を見させられて目が覚め、その後は8時頃にも起こされている。

起床してからコーヒーを飲もうとするとペーパーフィルターが無く「ざまあみろ」と声の送信を受ける。目覚めとともに「soon」というジャズの曲をリピート送信され今も続いている。「もうすぐお前は精神病院へ行く」なんて言葉も曲と一緒に送信される。

声の送信は思考の誘導が出来る。

考えてもいない言葉を送りつけられると人間の自然な反応としてそのキーワードから連想をしてしまう。例えば人の名前などを連呼されるとその人にまつわる記憶が想起されてくる。それを盗み取っては嫌がらせをしたりする。

私は加害者に脳内音声で「無駄な抵抗をやめろ」と頻繁に送信されるが、それぞれの被害者の活動は小さく何の効果も無い様に思えるが、それらの積み重ねは決して無駄にはならない。それは広報であったり、加害方法の推測であったり、インターネット上を検索した情報であったりする。

中には一人で本当に熱心に調べたり人に会ったりしている被害者の方もいらっしゃるし、防御方法の模索や測定などを続けていらっしゃる方もいる。そう言った方々は多くの失敗や間違いを経験していると思う。それでも続けていると何かの成果に結びつく事もある。

インターネットにブログも出さず、被害者の集まりにも顔を出さない、この日記にたまにコメントを下さる方の情報が役に立ったすることもある。

本当にありがたい限りで感謝しています。

そう言った小さな情報交換も大切だと思います。

また、それらの情報をどのように利用するかというのが難しく、自分にとっては大して意味のない情報だと思っていても、他の被害者に取っては重要な情報であったりします。だから被害者の集まりなどは、「話し合い」、「会議」などてはなくても普段会うことの無い人が会うだけで重要な情報交換になる事もあります。

14:33
また始まった、脳への攻撃。

今の感じ

キーンという音は非常にちいさい
声、歌の送信もかなり小さい
電気のブーンという50Hzのような音が耳に付く
目眩がする
記憶障害のような考えが纏まらないような状態
思考を拘束されているようで不自由
イライラ感、苛められているような気持ち
頭部圧迫感
肩と首の凝り(痛みもある)
読解力の低下、集中力の低下
視覚の違和感

そして加害者が言うように「傍観者モード」にさせられている。
これは見える、聞こえる、認識できるのであるが、反応するのが面倒になってしまい結果うつ病のようになり、特に独りで居ると何もしたくなくなってしまう。上手く説明できないのが残念だ。

思考の抑制というのか、考える事も出来ないので結局送信される音声に操られているのと同じ状態で、脳の一部しか使わない非常に浅い狭い考え方しか出来なくされる。

挙動不振感、見られているような感じ。

誰からも見られる事のない室内に独りで居ても、常に誰かに見られているような気がする事が良くある。それは声の送信や思考・言動に連動した身体攻撃とは別に行われていると思われる。例えば、夜カーテンを閉めているパソコンの前で自分のマウスを操作する右手が誰かに監視されているように感じる事がある。

そのような精神状態を作り出せるとすれば外出時に周囲の視線が気になるような現象の説明になるだろう。

特に精神への介入を明らかに知らされている私の場合はネットブログの記事などを読んだ時の心の動きまで読み取られると同時に、体に現れる心の動きなども声で言い当てられたりする。それらは通常、意識する必要はなく、全く無意識に体に力が入ったり心拍数が変化したりしているが、そんな所まで声の送信により介入されてしまう。

それらが悪意により恒常的に行われているのだから罪はかなり重い。

思考盗聴に見せかけた声の送信もある。

これは目に映った映像を盗んでいるか、外部から建物の中を透かして監視しているかの方法によるものだが、例えばお茶を入れたとする。入れた時に熱くてすぐに飲めない事はわかっている。何か作業をしながら湯のみを見て、そちらに体を移動させれば、これからお茶を飲むだろう事は誰にでも容易に推測できる。

最近の出来事に関わった人の名前を送信して、そこから連想するであろう事柄を推測して思考の誘導をするような話を作り、それを送信して、あたかも自分の発送のように思わせ思考を読み取っているように見せかける事もしばしばある。その手口はきっかけを送信してそれに対する答えも送信する。

それらはすべて落ち込ませるような内容である。

22:52
かつて無いような酷い攻撃が延々と続いている。

先日、大手興信所に郵送で広報し、今日電話を入れ面会の予約を入れたからだろう。顔はひっきり無しに痒くされ、お腹は空気でパンパン、音楽のリピート送信と「苦しめ」、「かわいそうに」を繰り返している。猛烈にイライラして暴れだす寸前まで追い込まれている。

タバコを吸おうとすると「タバコで苦しめ」
音楽を聞くと「音楽で苦しめ」
窓を開けようとすると「窓で苦しめ」

と言った具合にすべてを「苦しめ」という言葉に変えて来る。

そして何より酷い目眩と記憶障害

この耐え難い苦痛は更なる広報に変えさせていただく。

興信所に電話を入れた時に「集団ストーカーのような被害です」と言った時に興信所の人が言った言葉をここに書けないのが残念でならない。もちろん被害者の方が喜ぶような言葉である。脳の操作などに関しても広報させて頂く。

それと呼吸困難にされていることも報告する。

息を吸っても吸いきれないような状態だ。

24:56
本当にここまで来ると脳に損傷を来たしてしまうのではないかと思う。そのくらい激しい攻撃を延々12時間近く続けられている。ここ数日は被害が軽減していたなんて書いたと思ったらこれである。

「バッカス&ミューズ」の内山さんは各警察署を一つ一つ広報して歩いているらしい。内山さんの所に連絡が来る新しい被害者の方は後を絶たないようだ。もしかすると信じられないくらいの被害者がいるのかも知れない。被害に気が付いていない人も。

寝る。

果てし無く続く人権侵害

8:19
就寝が3時。

5時に強制覚醒

8時に強制覚醒

いずれも脳内音声による歌のリピート送信で覚醒させられている。目が覚める度に「かわいそうに」を女の声で連発している。

10時に起きなければならず大変だ。

この恨みは広報にて変えさせていただく。

10:30
眠くて、疲れて大変だが予定通り出かける。

寝ている時に目が覚める原因は痒みもあった事を思い出す。

声の送信はすべての言動・思考を否定することが基本で、今度は「近所から睨まれているから住めなくなるぞ」という脅迫も出ている。

それにしても果てし無く続く拷問との戦いである。

24:34
午後から被害者の集まりに参加し、その後音楽の練習をして1時間ほど前に帰宅した。リアルタイム監視を示す脳内音声は全く途切れず、音楽の練習では自分が演奏していない時もメロディーに合わせて嫌みの送信を全曲、隙間無くやられた。自分の演奏は録音しているので帰りに聞いてみたが、その時も全曲、徹底的に嫌みの送信をされた。

脳内音声のボリュームは確実に下がっている。

ここ3日間くらいはキーンという音や鼓膜が詰まったような感じ、目眩、頭痛、記憶障害のような感じの攻撃が弱くなっていて、ときたま何かの時にそれを強くしたりされる。しかし、一日中、頭がスッキリと自然な感じになれないのは、その攻撃をされてからずっとである。

思考盗聴と脳内音声の組み合わせも途切れない。

先ほどは被害者の方にメールを出したりしていると

「お言葉に甘えて嫌がらせをしてやろう」
「もっと酷い攻撃をしてやろう」

のような脅迫を頂き、お腹がボコッと音を立てて空気が溜まったりした。

要するに精神への介入による精神への攻撃は執拗に続けられている。それは目に映ったもの(焦点の合っている場所)、考えた内容(音声送信が酷いので自由な発想は出来ない)、考えたイメージ、などを盗み取られ、それに対する否定的な言葉を聞かされ続ける。

やり方の基本は加害者が勝手に話を作り上げ、勝手に被害者に思い込ませるような手口の繰り返しである。それには映像送信も含めたあらゆる方法を取ってくる。人格破壊のプロ、洗脳のプロだといいたくなってしまう。

ついでに痒い、痛いなどの身体被害も付随する。

とにかく全く途切れることはなく徹底的に痛めつけてしまおうという感じだ。

これは極度な暴力であり回復不能の傷を心に負わせているだろう。

しかも悪意により行われているので暴力の上乗せをして来る。

早くこの犯罪が殺人であると判定される日が来て欲しい。

風呂に入って寝る。

寝起きから猛攻撃

10:00
朝6時に夢を見させられて目が覚める。
夢は下らない意味の無い夢だが一応、声による説明を受けた。
トイレに行ってもう一度寝て9時半に起床する。

目覚めるとメールでたまにやりとりをしている被害者の方に猜疑心を持たせるようなイメージが湧いてくる。しかし、それは本来自分の中にあるものではないので「やっぱり、お前は・・・を信用していないようだな」と声を聞かされた後にその考えはすぐに消えてしまう。

その後、歌のリピート送信が始まり、それが酷くイライラしてきて物を考えることが出来なくなってしまう。ブログにログインすると後頭部に圧迫感がして来て目眩と記憶異常になって来る。

ここ2、3日被害が軽かっただけにそのギャップを感じる。

今日は被害者の有志数名が集まり広報と相談をしに行くことになっているので、それが気に入らないのかも知れない。「かわいそうに」という言葉も執拗に送信されている。

22日2:37
今日は内容の濃い一日であった。
先ほど帰宅したばかりで明日も用事があるので忙しい。

とりあえず様々なタイプの攻撃を受けている被害者の方と会い話しをすると、様々な捕らえ方、主張がある。それらをすべて聞いて総合判断をすると「正体不明」となり結論は出ない。しかし、信じられないような犯罪が行われているのは事実と言う点では全員の意見が一致する。

今日も終日それほど酷くはないが被害が続いている。

音声送信と精神への介入は全く途切れることはなく

それを拒否したい気持ちが強くならないようにするだけだ。

これから風呂に入って寝る。

徹底した睡眠妨害

0:24
就寝時に身体を痒くさせ「あの布団にはノミがいるよ」なんて女の声で送信する始末。やっと眠りに入ったと思うと、私が小学生の時の校歌を結構大きな声で歌って脳内音声で聞かされ目が覚める。

マイクの前で急いで大声で歌っている感じだ。

聞かされる声は大人であるにも関わらず子供のような幼稚さがある。

とにかく数人の男女の声で寄って集って「バーカ」を連発している。早口でベラベラまくし立てたりする。常人の出来ることではない。

8:07
つくづく迷惑だ。
7時半に夢を見て目が覚める。
もう忘れてしまったが不自然な夢である。
しかし、目が覚めた直接の原因は脳内音声による紙切れを叩くような音で、それに合わせて嫌みの言葉を聞かせていた。直後に歌のリピート送信が始まった。日記を書いていると、やや、後頭部に違和感が生じ、目眩と記憶障害を感じる。

記憶障害とは、その瞬間の物事に対応する為の記憶を読み出すことを出来難くされることだと思う。例えばパソコンの画面ごとに違うパスードを入力しなければならない場面でそれを通常瞬時に思い出し対応するが、記憶に対する被害を受ける前は考えるまでもなくパスワードを入力していた。

しかし、そこで一瞬考えてしまったり、迷わず入力したパスワードが間違っていたりするわけで、その時に声の送信が為されているのを感じる時もあれば無い時もある。声の送信はかなり小さいボリュームでも人間に間違いを起こさせる。

こうやって書いていると段々と脳に対する攻撃が強くなってくる。

21:39
今日は天気も良いので自動車で出かける人が多かったようで道路は混雑していた。本来ならこの陽気であるので家族で楽しいドライブになるわけであるが、途切れることの無い音声送信を中心に匂いの被害などを受け楽しみを奪い取られた。

被害全体としては夕方までは軽い方であったが先ほどから頭部圧迫感と共に執拗に音楽(ジャズのメロディー)のリピート送信と目眩と記憶障害(程度は軽い)をされている。

細かい被害を上げればキリがないが目だった被害は匂いである。

墓参りが終わってから突然入ったすし屋で野球中継が行われていた。そのテレビを見ながら寿司を食べたのだが、脳内音声がそこでの会話に割り込んで来るのは当たり前で、話をする為に相手の顔をみた瞬間に野球で打ったりすると「大事な場面を見逃したぞ」と送信される。それも一度や二度ではない。

すし屋を出た後にこれまた突然寄った「王将餃子」では偽の餃子の匂いを送信されたり、トイレから出て来た人の側では便の臭いがするなどやられてしまった。土産の餃子はトランクに仕舞ったが車内で偽餃子の匂いがしていた。帰宅後にトランクから餃子を出して匂いをかいでみると送信されていた匂いと全く違っていた。

しかし、それにしても脳内音声による脅迫が酷い。すべて被害者の口封じが目的と思われる。

24:35
歌や音楽のリピート送信は続いている。
キーンという音もしている。

たとえばこんな脅迫も良くある。

「地域の名誉を汚した罰だ」
「佐野市の名誉を汚した、佐野市から訴えてやる」

これらは日記エントリーする以前から聞かされていた。
とにかく脳内音声ではあらゆるものを脅迫の材料にする。

寝る。

加害者は悪魔そのものだ

0:35
「ザマアみやがれ」
「今度は頭をかかせてやる」
「学校で笑い者にされろ」
「町内中の噂になっているぞ」

就寝して30分だが徹底的に痒み攻撃をされ全く寝ることさえ出来ない。その痒みは異常で自然な痒みではない。しかも左耳は執拗な攻撃の為に湿疹のようになっている。

耳を痒くし上で「耳をかけ」
目のフチを痒くして「目をかけ」
鼻の頭を痒くして「鼻をかけ」

これの連続である。しかも痒みを送信された時は脳に著しい刺激があり覚醒してしまう。20年以上に及ぶストーカー行為とスパイ行為を続け最後には音声送信から脳への攻撃へと転換し一家を滅亡に追いやるまで絶対に攻撃をやめない。

「苦しめ、苦しめ」と声を聞かせる。

今も耳の痒みは継続されている。

普通の人間にこんな事が出来るだろうか

加害者には確実に殺意がある。

この犯罪により精神病院に強制入院させられた人、失職してしまった人、自殺した人、毎日苦しみながら生活をしている人、悪魔でなければこんなことは出来ない。

魂を悪魔に売り渡してしまったのだろう。

次なる広報の計画も実行させて頂く。

ここまで書くと「殺してやれー」と声の送信を受けた。

私と同じような被害を受けて苦しんでいる人が沢山いる事を知ってほしい。被害日記を書いているのは極一部の被害者だけである。

1:52
まだ一睡もさせてもらえない。
脳の操作の奴隷と言ったところだろうか。

明日は母親の居ない子供の卒業式である。

これほど酷い人権侵害に逢わせながら、加害者はまだ物足りないらしい。.30年ローンで建てた家を追い出されてローンだけを払っている。

「この地域に住めなくしてやる」と最初から声の送信をされている。

集団で計画的に武器を使って特定個人を徹底的に、出来れば自殺でもして欲しいくらいに攻撃をする。その理由はただ一つ、犯罪の隠蔽である。私は残念なが脳のMRIを受けて医師に健康的な脳ですとの診断を受けている。だから何としても世間から精神異常者に見えるようにしたいのだろう。

寝させない攻撃、拷問である。

私がこのような精神状態になっていると加害者はわざと笑いを含めて落ち着き払ったようにゆっくりとした口調で「寝させてやろうぜ、明日学校で笑われろ」なんて言う。

ここまで人間を追い込んでもまだ攻撃を続ける。

殺意が確実に存在している。


「おまえさん、そこまで書くと、確実に創価学会から人権侵害を受けるぞ」と送信される。私の加害者は創価学会という言葉が好きなようだ。

6:04
夢を見させられ、それのBGM「スパイ大作戦」の音で目が覚める。
7時に起きる予定なのでもう寝られない。
睡眠時間は3時間。

「あの日記が何処の誰だか判ってしまったぞ」と第一声。
「俺は、いつでも名乗って出られる」と言い返す。
「あんたは偉い」とおちょくる。

「最大のピンチに逢わせてやろう明日も睡眠妨害をしてやる」と脅迫。

なぜなら明日は墓参りで自分の作った墓と本家まで両親を乗せ遠くまで自動車の運転をしなければならない。更に明後日は被害者の集まりがあり、明々後日も被害者の集まりがある。すべて遠距離の移動である。

私は近所ではすでに被害者である事を告げている。
知人などにも話している。
広報はすべて実名で行っている。

だからもうすでに名乗って出ているのだ

そして今加害者が「ざまあみろ、子供を学校で苛めさせろ」と言った。

加害者のように逃げ隠れなんかしていない。加害者はテロリストであり破壊活動により世間に酷い迷惑を掛けているので名乗れる訳がない。

「殺されろ、殺されに学校に行け」
「人類稀に見る笑い者にしてやる」
「歴史的な人権侵害にしてやる」

と脳内音声で言った。

今すでに後頭部に圧迫感があり、目眩と記憶異常にされている。この状態で被害に全く理解のない人達の集合する場所に行って攻撃を受け続けなくてはならない。

だから加害者は人殺しだと言っている。

「お国柄創価学会を批判した奴は逮捕しなければならない」と加害者が言う。私は創価学会の批判はしていない。ただ、加害者が「俺達は創価学会だ、創価学会に逆らって生きていけると思っているのか」などを連発しているのは事実だ。

歌のリピート送信は「あんたのバラード」を放送している。夢の送信では映像の合成までしている。幅広い音楽ソースがある。喋りも発音がしっかりしている。しかも思考盗聴装置や加害を受けさせる装置も相当高度なものと推測される。それが全国に沢山配置されているだろうか。だから放送局が加害に関係していると思いたくなる。

21:06
「日記を書くのをやめろ、そうすれば許してやる」
を何度も繰り返している。

学校行事の最中は被害レベルはかなり下がった。音声送信は途切れないが頭をボカされたり、イライラさせられたり、などが無かったので助かった。

帰宅直後はすこぶる快適で活力が湧いて、生きていることの楽しさを取り戻したかのように思ったが30分程度で嫌な気分にされてしまう。時間と共に被害のレベルが上がり、頭痛、吐き気、肩の痛みなどが復活して、夜8時ころには聞いたこともない三角波だかノコギリ波のような深いでキーンという音をさせられてしまった。

今も頭痛とキーンと言う音がしている。

23:15
音楽を聞いていた。
風呂に入るとそれを執拗にリピート送信された。

相変わらず
「日記を全部削除すれば終わりにしてあげる」
と送信されるが、私は
「被害がなくなれば日記は書かない」
と答えるだけだ。

寝る。

寝ている間の精神侵略

8:56
パソコンのスイッチを入れるとboot from CD ROMとか表示されて起動に失敗した。起動後にメールの確認の為パスワードの入力をしようとすると突然、くらくらと目眩(記憶操作もあるように感じる)がしてパスワードを2回立て続けに間違えて入力してしまった。パスワード入力時にそう言った攻撃を受けるのは毎日、毎回のことである。

もし、人命に関わる機械の操作の時にこんな事をしたらどう言った犯罪の種類になるのだろうか。技術的には十分に可能と思われるので大きな事故に関しても疑いたくなるものである。

その後、コーヒーを入れようとしていると両肩の筋肉が痛い。使いすぎて筋肉痛になったように感じる。足などの筋肉も動く時にその部分だけが痛くなる。椅子に座っていると腰が痛くなることもある。それらは突然始まり、突然消滅するので加害行為と思われる。

今は、キーンという非常に高い音がしていて、目眩と記憶障害を起こされている。後頭部から両方の肩にかけての違和感が酷い。それと耳を痒くされている。

昨夜も就寝時に臭いや筋肉の痙攣などの嫌がらせを受けた。

久しぶりに、それこそ一年ぶりくらいに目を開ける事無く7時間ほど寝ていた。しかし、その間に最低でも4回は目が覚めている。

夢と脳内音声による精神への介入である。

目が覚めると必ず「広報するなかれ」と脳内音声で聞かされる。

私の名を立て続けにリピートする女の声や「それ以上広報すると殺されるぞ」なんてのも聞かされる。いくら脳内音声でも脅迫は脅迫である。たとえば相手の判らない電話があり「お前を殺す」なんて毎日やられたらどうなるだろうか。

脅迫の相手が不明、しかも脅迫された事を第三者に証明できない。電話であれば逆探知や通信記録により加害者の特定や通信があった事の証明は出来る。あるいは実音声であれば会話の録音も可能だ。しかし、脳内音声や身体への攻撃は現在のところ犯罪捜査が出来ないようである。

脳に対する通信を証明する機器の開発をして欲しい

恐らく最後は被害者が持ち歩けるようなタイプの異常検出装置が販売されるようにならなければ、この犯罪はなくならないと思う。コンピューターウイルスや迷惑メールなども似たようなものであるが直接被害を被るのが機械なので助かっている。

目に見えなくても痛い・苦しいは実害であり暴力である。

しかも精神への介入はあくまで強制的に受けさせられている為、その人間の考え方などを根本から変えてしまう事さえ可能で、特に睡眠中には無抵抗の状態なので意識の奥深くに侵入することも可能と思われる。罪の重い犯罪である。

ついでに得たいの知れない恐怖感に駆られた経験はないだろうか。俗に言う胸騒ぎという奴だ。私は経験があり、今思えばテクノロジーによる精神への無音の介入と思われる。

目眩や記憶障害などは感覚的にパルス波を使用しているのかと思ったりする。そのパルスの幅を変えることにより被害の程度を調節しているように感じる。目眩・吐き気・時間感覚の喪失などはレーダー波や低周波の被害とも似ていたりする。

いずれにしても人間携帯電話のようなものだ。

10:18
今また、酷い攻撃が始まり「天才バカボン」の歌のリピート送信とともに、かなり激しい目眩と意識障害を起こされている。それは他人から見ても判るほどのレベルで今「何か頭がボーっとしているように見えますよ」と会社で言われてしまった。意識障害というのは普段慣れているパソコンのキーボードをすべて確認しながらでないとタイプミスをしてしまうほどである。筋肉の操作(動き難くなる)もされている。

自分で物事を考えることが出来なくなってしまい、そこに脳内音声で集中攻撃を掛けてくると言う極悪さである。しかも送信される言葉は武器を使っている利点を最大限に発揮して言いたい放題である。

そしてイライラさせられるので、その気持ちがこう言った日記を書かせているし、あちこちに郵送による広報をしなくてはいられない気持ちにさせられている。今までもすべてその悪魔の連鎖により行動をさせられている。

遠隔から人間を操るというのはこういうことである。

全身の脱力感(疲労感とは違う)の延長は失神ということになるのだろうか。

こんな状態で子供の学校行事などに出られるだろうか。

そして脳内に聞かされる言葉は

「恥をかかせてやる」
「笑いものにしてやる」
「許してやろうか」

に終始一貫している。

16:16
郵送で広報する為の資料は全部揃った。

今日は頭痛と記憶障害のような目眩をされ続けている。
それと息を吐いたまま吸い込むのに苦労する呼吸困難。
更に全身の疲労感と筋肉などの痛み、それらは言葉で表現するのが難しい。いくつもの攻撃を併せていると思う。例えば足の裏がヒリヒリ(びりびり)したりもしている。

音声では

「広報すると一生治らないようにするぞ」
「その日記を全部削除すれば許してやる」
「すべて思い違いだと言え」
「殺してやる」

などの脅迫を聞かされ実際に苦しい被害を受けさせられていると恐ろしくて広報が出来なくなってしまう。本当に世の中で一番罪の重い犯罪だと思う。

23:00
夜は眠くさせられてしまったが思い切って宅急便にて広報資料を興信所関係に発送した。リラックスの為にサウナに行ったが、肩や膝に痛みが出たり、歯が痛くなったり、頭痛がしたり、耳が痒くてたまらなくなったりした。

音声のボリュームは小さいがキーンという音が非常に高い音になった。相変わらず加害者はデタラメをひっきりなしに喋っている。何を考えても、何をしてもすべて貶し、否定し、その加害者の脳構造は普通ではないと感じる。

確かに、ここまで脳に対する攻撃などをされ続けていると健康状態が気になったりするが、それよりもあまりにも酷い攻撃に耐えるだけで精一杯である。

寝る。

追記、アップロードした瞬間に右の乳首を敏感にされ、考えられないような醜い言葉を浴びせられた。

「オカマに怖さを教えてやれ」
「明日覚えていろよ」
「かわいそうに」
「父親を大切にしろよ」
「死を見せてやる」
「鼻っ柱をへし折ってやる」
「指さして笑われるぞ」
「負け犬を追い出してやる」
「早く引っ越せ」


身体の痛みはずっと継続している。

信じられないのは当たり前と思う

10:25
遠隔から脳を操作する犯罪。被害の受けたことのない人には信じられないのは当たり前だと思う。私も24時間の音声送信になり、身体攻撃を受けていても思考盗聴の存在だけは信じられなかった。また、それらを綴っているブログや掲示板の内容も凄まじく「これは完全にイカレているな」と思っていた。しかし、10ヶ月後に脳内音声で自分の思考を言い当てられてからは考えが変わってしまった。

その後も「思考盗聴はあり得ない」などの言葉がネット上にあったりするので慎重に観察していた。しかし、最近では思い浮かべただけの思考を瞬時に音声として私に送り付けて来て「どうだ、参ったか俺達はなんでもお見通しなんだ」なんてやられる事が多い。

最大限に譲ったとしても、その特定個人の考え方や思考パターンなどをデーターとして蓄えた上で可能にしているのかも知れない。それにしても移動中の人間の脳の中を盗み取ってしまうのは事実だろう。それどころか目に映っているものまで盗み取られる。

そして精神状態を変えてしまう事も可能だ。

昨夜は、1時頃に床についたが就寝時に筋肉を痙攣させたり、体を執拗に痒くさせるなどの嫌がらせをされるのは毎日の事だ。昨夜は眠りに付いてからすぐだと思うが寝る前に聞いていた音楽を少し改造して聞かせて来た。それで目が覚めると声で何か言っている。通常だとそこで寝られなくなってしまうのだが、昨夜はそのまま眠ってしまった。

聞かされた音楽は「thats all」という曲をワルツで演奏していてベースとドラムしか聞えてなく、ベースソロが少しずれていた。その嫌がらせの元になった演奏は隠れサイトに昨夜アップした。

その後は4時に突然目が覚め、また声で何かを言っていたがイライラが無かった為に無視して睡眠導入剤を半分だけ飲んですぐに寝た。例によって新聞配達のオートバイの音がした。

その後はぐっすり眠れて9時半に目覚めたが、今度は「約束を守れ」とか訳の判らない言い掛かりを付けて来た。当然、無視しているが音楽のリピート送信は行われている。

そして着がえていると筋肉痛のように肩や胸が痛くなったがすぐに消滅した。しかし、目眩を伴う思考に対する攻撃が始まり、今はそれに頭痛が付属している。

コーヒーの味が飲むたびに変わるという現象も腹が立つ。

折角、値段の高いお気に入りのコーヒーを買って来ても味を変えられてしまう。毎朝、カフェオレとして砂糖も入れて飲んでいるが甘味をなくされたり、苦くされたりする。タバコの味も良くかえられてしまう。飲む度に味が変わるというのはカップに注いだコーヒーを一口飲む度にである。

13:14
お昼のブログ閲覧を終えたところである。
他の有名サイト様のコメントを無断借用するのは大変恐縮ですが、日本テレビ問題に関する記事のコメントを見て共感いたしました。
http://blogvote.fc2.com/pickup/specialnotes/2318/clap
の「社長辞任して、、、、」と始まるコメントです。

私たちのような被害を訴える方達の中にはマスコミに対する被害を訴える方も少なからずいます。

20:19
今、突然、吐き気と頭痛と酷い肩凝り(身体への圧迫感とも言えるかもしれない)とお腹に空気の溜まる攻撃をされている。

昼間は仕事が暇だったので広報用の印刷物を用意していると、やはり頭痛などをさせられたりしていた。音声の送信はボリュームがかなり下がっているがキーンという音を強くしたり弱くしたりしている。歌のリピート送信は途切れる事もあるが為されている。

何よりも声による脅迫が酷い。

これだけの被害を受けていると怖い。

だから正直、この時間まで何も書かなかった。

気温も上がり、陽が延びて来たので本来なら気持ちも弾み遊びたくなる所ではあるが、いつ何をされるか判らないという不安があるし、何しろ毎日書いているように24時間の監視を知らせる声の送信、途切れる事のない精神への介入、脳の操作である。

しかし、弱気にさせられたり

ねじ伏せられてしまっては困る。

24:53
先ほど新しく被害に遭われてしまった方にメールの返信をした。先日お会いしたばかりの方で仕事中の嫌がらせで困っているらしい。被害形態は私と同じで音声と身体被害両方で大変らしい。被害の程度や攻撃の種類も豊富で様々なので何とも言い難い。

しかし、被害日記をインターネットに書かないで毎日苦労している被害者の方は思っているより多いと思う。「苦労の毎日」と書いてあったが、ほとんど耐え難い苦痛とか拷問の部類に入ると思う。

今も、頭痛・軽い目眩、音声送信を受けている。

寝る。

被害とはこういうもの

9:01
目が覚めると昨日演奏した曲をリピート送信されている。頭の中に自分の演奏の欠点のようなものが浮かんで来る。次にそれらの想起された考えは加害者により挿入されたものだと気が付く。その後、昨夜届いた新しい被害者からのメールの内容について考えていた。

まさに被害の初期で普通に仕事をこなしている女性だ。しかし、音声送信などが酷くとても就業できなくなりそうで困っているとのことだ。その事に関してこの日記に少しだけ書こうと思いながら内容を頭の中で整理していると関係のない(自分の考えではない)ものを挿入され淡々と流れていた目覚めた直後の思考をぶち壊されてしまった。

その時点から自然な思考をが出来なくなり(実際には寝ている時も夢という形で精神への介入をされている)いつものように下らない加害者の悪口を思い浮かべる。するとキーンという音がして「よくも私達の悪口を言ったな」なんて送信される。だからもっと加害者の悪口を考える。するともっとキーンという音が強くなる。それの繰り返しを続けさせられた結果、

頭痛と筋肉痛、目眩と記憶障害を起こされている

そしてその苦痛は途切れることなく続く

こういう被害なのである。

加害者が勝手に精神への介入を行い、それに対して反発するともっと酷い攻撃を受ける。一般的に体が不自由で動きにくい、脳が不自由で上手く考えられない、このような状態のことをなんと表現するだろうか。電磁波などの攻撃によりそうなっていると言えば統合失調症であろう。身体攻撃で入院された方、精神への攻撃で入院された方、自殺された方、自殺未遂の方、確認が取れているようだ。

そんなわけで8時に起床する予定がないのに起こされ苦痛を強いられながら一日が始まった。

心の中を常に覗き見られ、強制的にテレパシー通信状態にされ、自然な発想・言動が出来ず、それから逃れることも出来ない。しかも常に加害者の悪意と殺意を強制的に脳内に聞かされている。

昨日の日記にコメントを頂いたので回答しました。

24:46
今日は私用で忙しかったのと、耐え難い攻撃の連続が無かったので、こんな感じの日記の量になった。音楽のリピート送信と声の送信は全く途切れないし、小さい被害はお腹に空気を溜められるなど頻発していた。やはり一番問題になるのは頭部圧迫感というか脳を締め付けられるような感じとともに行われる記憶や感情の操作である。

たとえばスカッと気分の晴れないうつ的な状態(最近はずっとその状態にされていると思う)で買い物などに行くとリアルタイム監視の為に実況解説をされてしまう。「この不快感は何なんだ」と考えるとテレパシー通信で加害者に通じてしまうので「では笑わせてあげよう」なんて送信され、スーパーの中で1人で笑い出してしまいそうになり、顔がほころんでしまう。

しかし、それが許せるわけではない。

寝る。

殺意ある人権侵害

5:52
夢を見させられて目が覚める。
いきなり脳内音声の集中攻撃を受けたので眠くても寝られない。
歌のリピート送信は「スーパージェッター」だ。
起きたついでに日記を書く。

就寝時には必ず体の下になっている部分を痒くさせ何度も体を持ち上げさせられる。例えば頭、背中、太ももなどを順番に何度も繰り返す。毎日のことである。

日記を書き出すとパソコンの前は糞の臭いがして来る。足の指や手の指が痒くなり、わきの下や背中にも痒みに似た感覚が発生する。

昨夜、入浴中に面白い感覚を体験した。脇の下から汗が流れ落ちる感覚だが湯船の中に肩まで浸かっていた。その状態で足などに痒みや冷感を感じる事もある。

徹底的に屈辱を受けさせ

すべてを貶し、すべてを否定し、間違った情報を送り込む

結果、洗脳が目的と思われる。


さて、この拒否することの出来ない人権侵害、証拠の取れない人権侵害、あらゆる暴力の最先端とも言える人権侵害、被害を公表すれば精神病だと決め付けられるように仕組まれてた人権侵害

しかも、あらゆる犯罪に利用できる悪魔の装置

人類の危機だと思うのだが。

7:42
日記をアップした後に
「偉い、君は偉い、神を敵に回したぞ」
と豪語したので
「お前らドブゴミから見れば偉いのは当たり前」
と言ってやった。

レンドルミンを半分飲んで床に就いた。
しかし、先ほど書いた通りに頭と肩を執拗に痒くさせてやっとの思いで眠ると脳内音声による歌のリピート送信と声による嫌みと肩の下側になっている部分を痒くさせて強制的に目覚めさせる。

そして「約束通りに8時に起こしてやったぜ」と声の送信をする。時計を見ると7時半だ。
「ザマア見ろ騙された」
と子供のような笑い声を送信する。

被害者と会う約束があるのでそんなに寝てはいられないので起きる事にすると「偉い、体力の限界に朝鮮しよう」と憎まれ口を叩く。

そして
「春になると頭が変になる奴が増えるんだよな」
と嫌みを送信する。
この手口が古くか使われている事も知って欲しい。

「はーるがきーたー、はーるがきーたー」と女の声で歌のリピートをし東京に行く途中の乗り物の中で「吼えさせてやるぜ」と脅迫をする。

寝させない拷問である。

また、「殺されろ」と暴言を吐いた。

「お前の頭を修理してやる」と追い討ちを掛ける。

これで精神病に仕立て上げる行為は証明されていると思う。

もし、この犯罪が行われている事を否定するのならば

下記リンクが、なぜ存在しているのか考えて欲しい

「精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/JPSS_gothic.htm

「ジョン・フレミング:衛星サーベイランスの衝撃的な脅威 記事の完全版」
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/THE_SHOCKING_MENACE_OF_SATELLITE_SURVEILLANCE.htm

このブログのカテゴリーの「関連技術?」
http://nozokizono.blog96.fc2.com/blog-category-3.html

公開された技術だけでもこれだけ信じられないような物があるのだから、それ専門に数十年研究をして来た機関であれば遠隔から人間を操る技術が完成していても全く不思議ではない。

そう言った技術や装置を売る者たちがいても不思議ではない。

「悔しかったらもっと早く寝ろ」と嘘の塊がほざいている。何時に寝ても寝させない攻撃は行われる。キチガイに刃物というが正にそんな感じである。

人間やめますか

それとも思考盗聴やめますか


と言いたい。

体のどちら側を下にして寝ていても、必ず下側になっている方を痒くさせるので、何らかの方法で寝ている時の姿勢を知っていると思われる。

また「殺してください」と脳内音声で言われた。

そして罵詈雑言を吐いた後に「かわいそうに、かわいそうに」を必ず聞かせるのも毎日のことである。これは殺人行為の極一部でこの状態が24時間365日続いている。

今日は音楽の演奏もしに行くので帰宅後の被害報告もかなりの量になると思う。

9:40
睡眠妨害の為に予定よりも随分と早く起こされてしまった。睡眠時間は3時間ほどである。それも連続ではなく途中で起こされている。

歌のリピート送信も全く途切れない。

声による嫌み脅迫も一秒たりとも途切れる事無く続けられている。

「冷たい水が顔を洗ってくれ」
「バスタオルで顔を拭いてくれ」
など室内での様子をすべて知られている。

「その疲れた体で東京を往復してくれ」
「音楽をやめさせてやる」
「佐野市に住ませるわけには行かない」
「精神病院に紹介状を書いてやる」
「乗り物の中でびっくりするなよ仄めかしてやる」

などだ。

これでは加害者が精神病院へ入院するべきだと思うだろう。

「脳への攻撃をやめて欲しかったら、そこに居ろ、一歩も外に出るな」と脅迫された。
「それ以上書くと殺されるよ」と脅迫された。


23:56
今はとても小さいボリュームで声の送信をされている。
シューっという普段よりやや低い音がしてい。
自宅に近づくと声による脅迫は引っ切り無し。
頭痛がしている。
耳が詰まったような感じだ。

「日記を書くな」と言われているし、気分的にもイライラしたりしないし、何故か日記を書くのを躊躇してしまっていたが思い切って書く事にした。

すると目眩と知恵遅れ攻撃が始まった。

もう、本当にうんざりだ。
あまりのしつこさに嫌気がさしてくる。

とりあえず行きには脅迫されたような仄めかしは無かったと思う。

お昼に新しい被害者の方と話をした後、会合に出て、夕方はスタジオで音楽をした。やや知恵遅れ状態であった。スタジオの中では声の送信や臭いの送信をされたし、いつも同じように曲のメロディーに合わせて声の送信で嫌みわ言われたが、著しい演奏妨害をされなかったので、まあまあの感じだった。

しかし、食事に出た時は脳に対する攻撃を受けたので、うつ的な感じというか無口な人にされてしまい笑いはほとんど出なかった。それよりも、その状態では目の前にいる人と話をするのが苦痛になる感じだった。

それだけは腹が立った。

非被害者の中に居るわけなので話が弾まなくても、無口な人になってしまっても言い訳は出来ない。帰りにスタジオを出るとすぐに頭痛攻撃をされたが、それ以外はそれほど酷い攻撃を受けなかった。

ただし、脳への攻撃と音声送信、リアルタイムでの監視とそれを証明する声の送信は全く途切れる事無く続けられている。それはトイレの中でも地下鉄の中でも関係ない。

本当につくづく人権を人生を返して欲しい。

24:40
先ほどの日記をアップした直後に待っていましたとばかりに音声による徹底的な攻撃をうけている。今日演奏した曲を盗み取りリピート送信しながら「殺してやれ」なんて連発されている。脅迫の嵐とでも表現したくなる感じだ。

もう、全く思考の自由はなく

送信される脳内音声に振り回されるだけ

しかも、イライラ不快感が酷く最悪の状態にされている。


だから加害者はどのような手段を使ってでも被害者を解放することはなく自分達の意のままに操りたいのだと思う。この苦痛に耐えられなくなると行き先は決まっているので短気を起こさずにアホになるしかない。

これが毎日続くわけだから

脳操作の奴隷である。

こんな日記を書かずにはいられないようにされている。

16日1:25
今も執拗にお腹に空気を溜められている。
先ほどのイライラ攻撃は弱まっているのでこれ以上書くのをやめようと思う。
しかし、なぜ攻撃をされ我慢をしなければならないのだろうか。

キチガイを相手にしているとキリがないからか?

寝る。

国家に責任を問いたい

4:39
睡眠妨害により強制的に覚醒させられる。
就寝は3時を過ぎていたので1時間と少ししか寝ていない。当然、脳内音声が煩くて良く寝られないので睡眠導入剤を飲んでいる。眠くてたまらないが、とてもではないが攻撃が酷くこのまま再度寝るのは無理だ。

加害者はその様子を全部見ていて、こういう無抵抗で一番どうすることも出来なく苦しんでいる、被害者の弱った状態になると強く出てきて勝ち誇ったように偉そうに笑い声とともに脅迫をする。
キーンというノイズが酷い。
ジャズで私が良く演奏をする曲をリピート送信している。

「君1人では無理、絶望を見させよう」
「笑い者にしてあげよう」
「さあて、犯人は誰だと思う」
「先に手を打ってあげよう」
「日記をやめさせろ」
「被害者と縁を切れ」
「広報をしろその代わり罰を当ててやろう」
「君はとんでもない人に睨まれているかも知れないぞ」

これらを立て続けに、実際にはもっと多くの言葉を投げてくる。

さて、どのくらい加害者がデタラメを脳内音声で言っているかを検証しよう。

「君1人では無理・・・」というのに対しては全くのデタラメである事を全国の被害者の存在が証明している。孤立しているように思い込ませたくてしようがないのだろう。

「笑い者に・・・」というのはいつもの口癖であり意味はない。卑怯な手段をとれば誰にでも出来るし現実に出来ない時は映像の送信と声の送信でバーチャル的に毎日行っている。

「さあて犯人は・・」というのに関しては私は全く興味がなく、加害方法など判らない事に関しては一切考えていない。それらが知りたいと思うならネットで徹底的に検索をすれば方向性は見えてくるだろう。

「先に手を打って・・・」に関してはそれこそ加害者が慌てて早合点をしている勘違いである。同級生に医者(精神科ではない)がいる。だから私がその同級生にでも相談をしに行くと思ったのだろう。実名を出して「お前が行く前に先に悪い噂を流してやる」なんて言っていた。ちなみに一度もそんなことは考えていない。

「日記をやめさせろ」これも加害者の口癖で自分達の悪事が広まるのを恐れているだけである。もう、時間の問題でインターネットを見る人の数は国策でもあったので増え続けている。

「被害者と縁を切れ」これも口癖で被害者の囲い込み、孤立化を目論んでいる。

「広報をしろその代わり・・・」というのは武器を使用している強みから来る言葉で広報の計画はないし、被害を受けなければ、わざわざ時間を割いて広報などしない。

「君はとんでもない人に・・・・」というのは、昨夜ふと思ったのでパソコンのブロードバンドルーターのログを調べてみた。以前は起動時にトラブルを起こす事が多かったので(重くて動きが鈍ったので)WINDOWSとブラウザのバージョンを削除ダウンしたら起動時のトラブルが無くなった。しかし、今日の朝起動時にトラブルを起こした。だからアタックログを見てみると「UDP FLOOD攻撃」というのが4件、それぞれ別のIPからし掛けられていた。

なぜか、ルーターの時間が狂ってしまっている事が多い。昨夜も何故かルーターの時間が2/20になっていた。狂った時間から推測すると3/12の23:22頃にやられたか、時間が狂った事になる。IPによると4件のうちの2件はキプロス共和国であり、もう1件はフィリピン、もう1つがアメリカでありそれは中身が日本語のスパムメールを送り付けてくる犯罪者しとてネットにIPと会社名が公開されている所だった。

「UDP FLOOD攻撃」とパソコンへの侵入・破壊の繋がりが分かるほど詳しくはないが嫌な感じである。

そしてそれに関して加害者が得意の脅迫をしているだけだ。

それにしても国家は国民の生活保障の義務があると思う。

この日記は24時間365日、寝ていても電磁波テロの攻撃を受け続けている事の証拠として残しているだけだ。

また、「殺してやれ」と言われた。

6:53
顔を痒くしたり、体にチクチク痛みを送信したり、目が沁みて痛くなったり、歌のリピート送信により一緒に歌わせられてしまう。(眠りに入りそうになって居る時は無防備なので送信される脳内音声と一緒に舌が動いて口ずさんでしまう)そして、それで目が覚める

先ほどから全く眠らせてもらえない。

まるで北朝鮮に拉致されて拷問をされているようだ。

声では「かわいそうに、許してやるよ」、「もう、やめてやるよ」というのも毎日のこと。

栃木県佐野市には殺人鬼がいるのだろう。

このままだと本当に殺されてしまいそうだ。

これが日本国の現状である。


送信されていたのはジャスの曲を子供の声で歌っていたのと「スモークオンザウォーター」という古いハードロックの曲で「昨日楽器屋にいたのは創価学会委員だぞ」、「お前の同級生の医者も創価学会かも知れないぞ」と得意の創価学会攻撃に出て来ている。

加害者がなぜ「創価学会」に拘るのか私には理解出来ない。

「音楽は諦めさせろ」
「苦しかったら、医者に行きな」
「慌て為さんな時間に余裕はある」

と送信される。

ここまでやられると「ふざけるなバカ野郎」と大声で怒鳴り散らしたくなる。睡眠妨害をされていて、普通ならぐっすりと健康的な睡眠を取り快適な目覚めをしている人達がいるのに、テロリストの攻撃のせいで眠らせてもらえない。これで慌てない人間がいるだろうか。それをすべて見ながらそう言った台詞を吐く腐れ外道そのものである。

猟奇殺人事件に対しても再考の余地がある。

遠隔から執拗に人間を操り、殺人事件などを起こさせていたら、その電磁波を出している加害者には殺人罪が適用できないだろか。組織犯罪なので破防法の適用もあるし、テロ対策として真っ先に行わなければならない事件である。当然、私達がやられている無差別テロもだ。

だから国家に責任があると言っている。

だから被害者の方がたに立ち上がって欲しいと願っている。

このままでは人類は恐怖のどん底に落とされるだろう。

今、瞬時に記憶を消されてしまった。ついでに日記に書いて置こうと思った事を瞬時に忘れさせられた。

8:32
やっとの思い出眠りについたと思ったら歌のリピート送信で起こされる。
その前には鼻の穴を執拗に痒くして寝させようとしなかった。
「おーちんちん、あのチンポコよ何処行った」と言う歌を送信してに意識の中に入り込んで来て強制的に目覚めさせられる。声を出したくても眠りが深いので声も出せない。身動きも出来ない。

しかし、脳内には歌が聞えている

「近所には創価学会員が沢山いるぞ」
「精神病院へいれてやる」
「子供にも注意しろよ」
「名指しで非難してやる」

「これで俺達の勝ちだ」
「ちんちんの歌が効いたようだな」

「スッキリと追い出してやる」

「佐野市に住ませるわけには行かない」

やっぱり創価学会という言葉を送信している。

「公明党から訴えてやる」と送信していたが、是非、訴えてもらいたいと思っている。「受けて立ってやるぜ」となんども聞かされているが一度も実現した事がない。「今度こそ本当に訴えてやるぜ」と言っている。では、今度こそ本当に私のブログを訴えて頂きたいと思う。

私に対し脳の攻撃をしている加害者に。

加害者は何一つ実際に何かをやったことはない。

是非、名を名乗って不謹慎な日記を訴えて頂きたいと思う。


ここまでやられると次なる広報をする意欲が湧いてくる。

さて、母親が癌で死んでしまった小学生の子供の卒業式にも出られない、中学の入学式にも出られないようにされてしまった。こんな犯罪を佐野市が許すのだろうか。

地域で有名な暴力団の名前を出し「行き着くところまで行かせてやる、一騎打ちさせてやる」だそうだ。その暴力団の名前はかなり以前から加害者が使っていて「その暴力団も創価学会なんだよ」と盛んに煽っていた。怖いので暴力団のことにはあまり触れなかった。勿論、脳内音声ではどんなデタラメを喋っても関係ないので信用なんかしていないが、決して気持ちは良くなく、確実に脅迫となる

12:19
9時に起こされた。
次に12時ら起こされた。

「許して欲しければ日記を書くのをやめろ」

と送信されたがお断りして置いた。
少なくとも日本の未来に関わる問題である。

電磁波による無差別テロは事実であり、私はその被害者である。

もう一度寝る。なんと無価値な人生に変えられてしまった事か。

16:13
今、起床した所だ。

普通なら一錠かその半分で済むはずの睡眠導入剤を合計2錠のんでしまった。私は弱い薬を出してもらっているのでまだ助かっている。

結果、破壊工作により楽しい休日をパアにされた。

電磁波テロとはこんな被害なのである。

それから創価学会攻撃が執拗で創価学会の話題が出ただけで「創価学会をバカにするな」と声の送信をし、キーンという音をさせ、頭痛をさせられている。

これでは犯人が創価学会だと思ってしまうだろう。

私は脳内音声のこの攻撃だけは絶対に言葉を誤魔化したくないと思う。

皆さん国会議員への広報をお願いします。

21:51
その後外出して食事を済ませて帰宅した所だ。
ネットで他の被害者のブログを読みはじめると「おーちんちん、おーちんちん、あのちんぽこは」という歌をリピート送信し始める。

脳に対する攻撃はかなり酷いレベルだ。

画面に映し出されている文字を見ても読む事が全くできなくされている。読んでも理解出来ない状態で、全身の力が抜けて失神してしまいそうな感じである。それと共にそれから逃れたいと言う気持ちと、絶対に逃れる事が出来ないという狭間でイライラのピークに達する。

声による嫌みはひっきり無しに襲い掛かってくる。

精神病に強制入院させられてしまう人がいるのが理解できる。


15日2:07
24時間のへばりつきであるのでその後は省略する。

とにかく普通の人間のやれる事ではない。
内容は何でも良く脳内音声を聞かせ続け、思考盗聴をし続け、気分の悪い思いをさせ続ける。ただそれだけの方端者なのだとおもう。洗脳されているというか。

寝る。

被害者の集いの妨害工作

5:05
就寝前にはかなりの攻撃をされていた。
知恵遅れ攻撃は勿論、「巨人の星」のリピート送信、肩や関節の痛み、全身の痒み、喘息のような感じ、咳、耳が詰まってしまったような感じ、キーンという音、低いうなり音などだ。

しかし、なんとか寝られた。

その後

3時に強制的に覚醒させられる。

それと同時に脳内音声による執拗な語りかけが始まる。それはあたかも私達被害者のやっている事が間違っていると理論により攻められているように感じたので、その誘導尋問のような物に答えながら加害者の提起した質問にすべて答えた。

しかし、加害者の論理的に思えた考え方はすべて私を疑心暗鬼にさせるための工作でしかなく、全く理論になっていないので次から次へと論破してしまった。

一つ論破すると何かの加害を一つ、私に対して行ってくるというやり方で最初は論破された瞬間にキーンという音をさせ、次にはそれをもっと大きな音にした。最後は頭痛までさせて来て、「さあ、早く書け、今言った事を全部書け」と命令をされてしまった。

だから意地でも日記を書く積もりはなかったが二時間も語りかけにより睡眠時間を奪い「ザマア見ろ、寝られなくしてやったぞ、8時に起こしてやらあ」なんて言い出した。だから日記を書くことにした。

結局、

「被害者の集まりを妨害してやる」
「お前は叩かれるぞ」
「お前は被害者に嫌われているぞ」

なんて言葉が印象に残っただけである。

最後に

「被害者の集まりに行かれないようにしてやる」
「それには睡眠妨害が一番」

と言われた。

加害者が脳内音声で言う言葉は何一つ信用してはならない

やはり加害者は言葉を巧みに被害者を洗脳し意のままに操りたいのだと思う。聞かされた言葉に対してどのように心が動くかは別だが、本来聞く必要のない言葉を強制的に聞かされているのである。何かの影響が出ることは間違いない。

12:52
睡眠導入剤を半分ずつ飲み繋いで何とか寝た。

9時に目が覚め、次は12時だ。これでは全く普通の生活は出来ないし他人から見ればだらしない生活をしている人間にしか見えない。勿論、周囲の人には「私は電磁波犯罪の被害者です」とはっきり言っている。たまに「私もそういう人知っている」などの返事を聞く。

目覚めとともに音楽のリピート送信と単発の嫌みと脅迫を聞かされている。頭痛がしている所がなんとも不自然で困る。歯を痛くさせる事が出来るのも忘れてはならない。

最後は
「被害者の集いに行かせてやる、だけど発言をするな」
言われた。

とにかく徹底的にマイナスなイメージの言葉の連続だ。

17:31
とりあえず仕事は終了した。
約6時間ジャズの曲(私が演奏する曲)を盗み取ったピアノの音ではなく、女の声を使ってメロディーを延々リピート送信している。声被害とキーンという音の被害もあるが音声のボリュームは小さい。

知恵遅れ攻撃は継続されているがパワーは弱く後頭部に圧迫感がある。本当に酷い時は文字を読んだりすることも出来なかった。慣れと言うか何と言うか、例えば被害強度を4から1に落とした場合と7から2に落とした場合では結果、強度は1から2に上がっていることになる。実際の所はなんとも言えないが、四六時中、不自由・不快である。

自白作用と記憶のロックについて思った。

あくまで私個人の体験からの推測であるが
例えば過去の出来事を脳内に想起させられてしまう手段として、最初は声の送信により思い出してしまうようなキーワードを聞かされる(実は加害者はすでに知っていたりする)。次に想起した時点で被害者の脳内にはイメージ映像が記憶として浮かんでいる(浮かんだイメージも送信されている場合がある)。

加害者は被害者の脳内に浮かんだイメージ映像を盗み取る事が出来ると思われるので、それを何かの形として保存して置く。

被害者にそれらを想起させたい時には、そのイメージ映像を被害者に送り付ければ良い。その時に声の送信をすれば効果は上がる。

実は、最近思った事とは、もし脳の部位別に精密な操作が出来るとすれば、特定の記憶が想起されている時の脳の状態を記録し、今度は逆に脳のその部位に記憶が想起された時と同じような刺激を与えてやれば、声や映像を使わなくても突然何かを思い出してしまい別の事を考える事が困難にされてしまうのではないかと言うわけだ。

それとは別に自白作用のある脳への刺激が行われる事があるのではないかと感じた。言葉では説明し難い妙な気持ちにさせられる時がある。ただし、私に取ってはそれら(声、映像、何かの脳の操作)が混在した形で被害を受けさせられたと感じたので、あくまで推測である。しかも、それは公共の乗り物で移動中の出来事である。

それを一定時間やられると記憶のロックをされているように感じてしまう。あんまり酷いことをすると本当に人間狂ってしまうと思った。

23:20
今、また酷い攻撃が始まった。
あまり長い被害報告もどうかと思うので今日はこれ以上書かないつもりで、我慢をしていた。テレビが面白くないので音楽(自分の演奏したもの)を聞き出すとそれこそ隙間無くボロクソにケチをつけて来る。そしてイライラさせられるので、それなら日記でも書いた方がマシだと言う事でログインをした。

こうやって人生を破壊し続ける悪魔だ。

目眩、吐き気、知恵遅れ、イライラ、キーンという音
盗み取った音楽のリピート送信
胃の痛み、肩の痛み、全身の疲労感
不自然な臭い

これを全部一度に行われている。

殺意のある電磁波テロをやめさせて欲しい

「君はきっと死を見るぞ」と脅迫をされている。

到底、正常な人間のやれる事ではない。

被害が軽減したように見せかけているだけで、加害者の殺意は少しも減ってはいない、騒がれないように、執拗に徹底した個人攻撃を少しでも長く継続したいだけだ。

人間をいつでも自殺・発狂に追いやる事の出来る装置だ。

14日1:59
すでにお気づきでしょうが、文章が荒れている時は攻撃が酷い時なのです。しかも、そういう精神状態にされてしまう訳です。

寝る。

被害者は立ち上がろう

10:28
コーヒーを入れようとすると牛乳がない。
冷蔵庫を開ける前に「ざまあみろ、牛乳がない」
と脳内音声で言われてしまった。
キャッシュカードの暗証番号や手持ちの現金まで本人より詳しいのが加害者である。だから究極のストーカー、究極のスケベといわれている。トイレの中にまで付いて来るストーカーが何処にいるだろうか。(遠隔監視ではあるが猥褻極まりない)

究極のスパイであることを世間に知ってもらいたい。

「被害者の○○がお前の悪口を言いふらしているぞ」
「そのうちに保健婦が来て強制入院させられるぞ」
「市長がお迎えにくるぞ」

などと言われたが特にに最後の「市長が・・・」と言うのは加害者による執拗なリクエストがあったので書くことにした。

昨夜は背中を執拗に痒くされ何度も目が覚めたが音声による攻撃がなかったのでそのまま眠っていた。朝の6時に目が覚めた時は私の寝息に合わせて歌の一部を歌っていた。だから寝ている時もずっと見張っているのだと思う。

目覚めると陰湿な語りかけが開始されたので忘れないようにメモをして置いた。その喋り方は本当に心の底から醜い感じであったり、愚かそのものであったりする。感じとしては3人くらいの声だろうか。

テーマは「創価学会攻撃」と「親殺し攻撃」だ。

目が覚める時に知人が出てくる夢を見させられ「あいつも創価学会かも知れないぞ」と脳内音声の送信をされた。そして「親戚にもいるかもしれないぞ」、「ご近所から恨まれろ」などと散々吹き込まれた。しかし、誰が創価学会であろうと私には関係ないと思っている。逆に加害者がなぜ創価学会に拘るのかが知りたい。

私がそのことを「日記に書いてやるよ」と言うと今度は

「お前の親父さんがどうなってもいいのか」と脅迫をされたので「かまわない、やられた事はすべて書く」と言うと最後は「親殺し」と罵られた。

少し経験のある被害者なら笑ってしまうような出来事だが、睡眠妨害と精神状態のコントロールなどをされているので酷く腹が立ち大変なストレスとなる。「創価学会」という言葉を脅迫に使うのも私の加害者の特徴だ。ついでにドサクサに紛れて「嫌がらせされるのが嫌なら創価学会に入りなさい」なんて聞き取り難い喋り方で送信する所なんかニクイ演出である。

この役者達の声芝居をリアルに伝えられないのが残念だ。
声芝居というが映像も多用しているし声の方向も工夫している。

少しづつ被害者の立場が良くなって来ています。

被害者の方は立ち上がってください。

何もしなければ人生を取り戻す事は出来ません。


私は国会議員への広報第一弾を済ませました。

11:08
今すでに軽い目眩と知恵遅れ攻撃をされている。音声のボリュームは小さい。

23:47
全般的に被害は弱まっていると言うか、酷い知恵遅れ状態が長時間に渡り維持されることが無くなりつつある。細かい被害は四六時中ふとした時にやられている。

痛い被害が多い。
耳を痒くされたりする。
咳をさせられることもある。

痛いのは実際に歩く時に使う筋肉であったり、足首の関節であったりする。内臓を痛くされることも多々ある。

日記を書き出すと頭部に圧迫感が出て知恵遅れ状態になる。

結果、今日も定型的な脅し文句と取引の言葉を聞かされながら一日が終わる。夜に被害者の方の所に電話をした時は歌のリピート送信が酷く会話の妨げになった。取引の言葉とは「お前が助かる方法が一つだけある。それは広報をやめることだ」なんて脳内音声で言われた。

勿論、脳内音声は全部嘘だと思っている。

被害者のサイトを二つ紹介させていただきます。

●思考盗聴被害者
http://tani.919homepage.com/user/

●ITの進化から人権を守る会
http://www.hr-protection.org/meet.html

寝る。

本人にしか分からない被害

3:32
心臓が苦しくて目が覚める。
すごく眠いのでそのまま寝てしまうが、また心臓が苦しくなり、すぐに目が覚める。眠ろうとするとキーンという音が強くなりとうとう起きてしまった。

明らかに夢を見たという記憶が無い場合、最近は目覚める瞬間に脳の中というか記憶をグチャグチャにされているような印象を受ける。これは一度や二度ではないのでどうも不審に思う。イメージで言うとテレビやパソコンの画面が消える瞬間のような感じである。何か夢を見ていたような気がするけど全然覚えていない、のような感じだ。

目覚めた瞬間の発想には外部から挿入された感じがない。

いつも色々な事柄が頭の中に浮かんで来るが、しばしば他人を疑わずには居られなくなるような発想が出てきたりする。そしてその事について考えたりすると加害者が音声送信で煽り立ててくる。しかし、普段の被害からも分かるように酷い音声送信攻撃に対抗する為に、加害者の悪口を呟いているが、実はその加害者の悪口でさえ、加害者から脳内音声で送信されている時がある。

1人二役とでも言うのか、私に罵声を浴びせた直後に私が呟くべく台詞を送信している。これもほとんど毎日四六時中なので、これを洗脳に使ったりすることがあるのかも知れない。加害者が喋れない言葉(禁句)はほんの少ししかない。私はそれを試した事がある。

そして、加害者が送信してきた他人に対する不信感や不安をすべて論破して今日記を書いている。

犯罪の証人は被害者1人だけである。

被害は本人にしか分からない。

自然現象や病気とそっくりの被害が多い。


これが重大な問題だと思う。
たとえばこの時期に目が痒くなったり、くしゃみが出たりしたらどう思いますか。タバコを吸って居る時に目がしみたらどう思いますか。お尻の穴が痒くなったらどう思いますか。これらの見極めが第三者から見ると被害とは思えないのだが、当人にはそれが被害であると確実に判るように行っているのがほとんどで、いくら被害だと言っても「自然現象ではないですか」と言われる事を知っていて行っている。声の聞える被害者の場合は声で被害の説明をされる事が多い。

目のかゆみ、クシャミ、咳などは不自然に刺激を感じる事もある。

10:13
目が覚めたのが9時過ぎだと思う。
音楽のリピート送信と声による嫌み、脅迫をされている。
暫くすると軽い頭部圧迫感と知恵遅れが始まる。

気分的には日記を書きたいと思わないがとりあえず書いて置く。

このようにだらだらと強引に被害を受けさせられ、年月だけが過ぎて行く、それは取り返すことの出来ない大きな損害であると同時に、この状態を長く維持させるだけで生活破壊という加害者の目的は達成されていると思う。

しかし、被害者の方がたの行動は決して無駄ではなく古くからネット上に存在している被害サイトがあったからこそ、我々は被害者であると気が付いたのである。

13:09
お昼休みのブログ閲覧を終えたところだ。
ノイズの送信も多少あるが、鼓膜が詰まってしまったような状態で不自然な現実味のない環境音の聞こえ方をしている。今は音声のボリュームはかなり小さく口数も減っているが、先ほどまでは延々と音楽のリピート送信をされていた。知恵遅れ、頭部圧迫感も続いている。

19:04
夕方から集中攻撃をされている。

まず昼間の被害報告だ。知恵遅れ攻撃と歌のリピート送信が止まないのは説明するまでもないが、今日は匂いの送信をかなりの頻度で行われた。それも腋臭のような匂いで自分が臭いのかと思い心配になってしまった。仕事中は攻撃の強さはそれほどでも無かったが、時々酷い攻撃をしてくる。これも最近のパターンだ。

左の肩をすごく痛くされている。

両足のふくらはぎも痛くされる。

仕事が終わってから銀行のキャッシュコーナーに行く為に外出し食事も済ませてきた。しかし、まず自動車に乗って家を出る段階で周囲の環境に馴染んでいないような違和感、浮遊感が大きい。当たり前である。精神状態の操作や途切れる事のない声の送信により、見るもの、聞くもの、すべてに干渉され、とくに世間の風評のような確認困難なことや、体で感じ取る感覚の世界、周囲の雰囲気などは強制的に狂わされているのだから。

自動車に乗って銀行に向かう途中に強烈にイライラするような精神状態にされ、呆れ果てるような愚かな声の送信を畳み掛けられた。当然、頭部圧迫感と知恵遅れ攻撃も酷くなる。操られないようにする為に加害者の悪口を声に出さない呟きでを延々と続ける。

実際に声を出す寸前まで追い込まれた。

最近思っていた。実は、自分の呟きを違う声で自分に再送信されるという被害があり、それがこの所少なくなっている。感覚としては加害者に自分の呟き声が届いているのか判らないような感じである。電話に例えると自分の声がフィードバックされていないような感じで気持ちが悪い。しかし、テレパシー通信をされていないのが本来の姿なので、いかに長期に渡ってこの被害を受けていると人間の感覚が慣れてしまうかを物語っている。

それらは自分の呟きが加害者に届いてるかどうかの問題ではなく、自分の脳内でだけ起こっている現象であるが、そのように感じてしまう。だから過激な集中攻撃を受けるとパニック状態に近くなり、間違って声を出して見えない敵に対して文句を言ってしまうかも知れない。

路地から大通りに出る時に、ハンドルを切って周囲の確認を行っていると突然、左足のかかとを痒くさられ注意力が落ちた。ただでさえ頭をボケさせられているのにその絶妙なタイミング。まかり間違って交通事故でも起こして欲しいのだろう。私が自分から他人との意味不明のトラブルでも起こせば大喜びなのだと思う。

その後自動車の中で加害者の悪口を呟き続けると強烈な音でキーンと左の耳を攻撃され「それ以上悪口を言うな」と命令されたが、無視して悪口を言い続けたら両方の耳にキーンをやられている。

今は頭痛と知恵遅れと両肩の痛みとキーンとやられている。

生きるという事を苦痛に変えてしまう悪魔の犯罪だ。

20:08
他の被害者のブログにこんな情報がありました。

脳に超音波信号を照射し、匂い、音、イメージなどの知覚経験を引き起こす技術

http://lavidajoejoe.blogspot.com/2009/02/blog-post_9529.html
我々の被害は何処に居ても移動中でも、ですが何かの参考になると思います。

24:07
本当に酷い攻撃で最近は痛いのが多くなって来た。

精神への執拗な介入の為に人格が変わってしまう。

殺人だと思う。

寝る。

追記、ログアウト後に

「明日も健康的に朝早く起こしてやる」
「明日も朝から嫌がらせをしてやる」
「今夜も睡眠妨害をしてやる」

などとボロクソに脳内音声を使い攻撃をしてくる。

毎日、この連続だ。

正常に人間のやることでないのは明らかだ。

病気にしてしまうのは簡単だと思う

1:30
就寝してから1時間で突然目が覚める。
体中を連続で痒くして再度眠りに就けないようにされる。
音楽のリピート送信も声の脅迫もされている。

「夜中に突然電気をつけていると不審者でと思われるぞ」
「きれいに拭い去ってやるから広報をするのをやめなさい」
「殺してやる」

などの送信をされた。

何度も繰り返すが脳の操作は恐ろしい

加害者は全く持って殺人行為を止めるつもりは無く、むしろ脳を支配して意のままに操れるまで拷問を繰り返すのだと思う。

頭痛、目痛がしている。

被害者の皆さんにお願いがあります。

国会議員の方に広報をしてください。


テクノロジー犯罪被害ネットワークが提出した衆議院宛・参議院宛の陳情書のコピーと衆議院から来た回答書のコピーを渡して「この被害で苦しんでいる人が沢山います、自殺者も出ています」これだけで良いと思います。必要なものは下記アドレスにあります。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html

9:09
その後は何も無く眠れ8時過ぎに目覚める。
もっと寝たいというのが正直なところだ。

目覚めるとすでに音楽のリピート送信(ジャズ)が聞こえ、声の送信で単発の嫌みをしている。単発というのは隙間があるということで引っ切り無しではないと言うことだ。タバコを吸いながら昨日はかなり酷く脳を攻撃されたなあ、と昨日の攻撃について考えていると目眩と知恵遅れが始まった。

迷いを生じさせたり

考えを否定してしまう操作があるようだ


そのような状態になると決断力が著しく低下したり、考えに迷いが生じたり、やっぱりやめた方が良い、などと言う傾向になってしまう。そう言った精神状態にされる(されていると感じる)ことが頻繁にあり、声によるすべてを否定する攻撃だけでなく、精神をそう言った状態にする攻撃があると思った。

と、ここまで書いて来ると
「書きたい事はそれだけか、それならこっちから言わせてもらうぞ」、「町内会でもお前の事を・・・・」、「小学校でも校長先生が・・・・・」、ハッキリとは聞えなかったがいつものパターンで言うならば「噂になっている」、「迷惑している」などである。

それならば、もう一度人権擁護局に相談に行きたいと思った。

私が犯罪被害者であるという事に対する受け止め方は個々にまかせるとし、地域での生活に障害が出てしまった。人権侵害に当たるのではないかと。

9:48
ログアウトの後に腰や足の付け根を痛くされた。
その後は呼吸困難にされ、息を吸おうとすると胸が痛くなる。
これは昨夜もやられた攻撃であるが、激しいまくし立てるような攻撃の為に何をやられたかも忘れてしまう。

加害者には鏡に映った直径1ミリ程度の物まで見えるようだ。

ひげを剃った時に喉にそのくらいの大きさの出血が一箇所だけあった。珍しいことなので「あれっ切れたかな」と思ったより早いくらいのタイミングで「あの方は喉をお切りになられたぞ」と声の送信をされた。

執拗な音楽のリピート送信のために今日も朝から加害者の悪口を声に出さないで呟くき続けるしかなくなってしまう。昨日もずっとそうしていた。電車など他人のいる場所でもそうしている。だから口が動いていないか、なんてたまに自分をチェックしている。

なぜ、そんな事をするかと言うと自分の考えをしていると加害者に復唱されたり、その考えを否定するような精神への介入をされるので、それならバカみたいに延々と加害者の悪口を言い続けようと思っている。そのことも加害者は承知している。

11:11
今、会社で仕事をしている。
頭痛と目眩を伴う知恵遅れ攻撃をされている。
音楽のリピート送信と声による徹底した攻撃をされ得意先に電話も出来ないような状態になってしまった。商談である。

この頭部圧迫感や知恵遅れ攻撃と共に行われるのが「腰砕け」という状態で首や肩が凝るというのは良く知られているが腰や背筋がへなへなになり姿勢が悪くなる、これが行き過ぎると最後は寝込んでしまうのではないかと思われる。

加害者はうつ病を作り出していると思う。

頭がボケて無気力になり寝込んでしまったら何と言われるだろうか。

14:31
一時、攻撃が弱まっていたが仕事で見積書を書く段階になり頭を使って考えていると急に頭痛と目眩と知恵遅れになり、気分も憂鬱になってきて決断力が極度に低下した。「明日のジョー」の歌を送信したり、やめたり、を繰り返している。しばらく我慢していたがお腹がボコッと音を立てたので被害報告をすることにした。

「広報するな」
「おめえ殺されるぞ」

と声で脅迫をされいてる。

23:59
その後も、強くなったり、弱くなったりで被害が続いている。

左の肩がすごく痛くなった。肩こりの延長線というか痛くなる場所がツボというか実際に肩がこった時と同じ場所になるので問題がある。

自然現象と区別が付きにくい攻撃が多いのだと思う。

だから他人の被害の話を聞くと信じられなかったりする。

寝る。

ただより高い物はない

9:04
ここ数日は中途半端な時間に起こされる。
睡眠時間4~5時間と言ったところだ。
しかし、目覚めると脳内音声の語りかけと歌のリピート送信をされる。キーンという音もしている。声の内容は嫌みがほとんどで、皮肉って人を貶すやり方が中心だ。

先ほどコメントの返信を入れると

「被害者で一番の嫌われ者」
「お前を名指しで批判している奴がいるぞ」

なんて送信をされた。

今すでに目眩と知恵遅れ攻撃をされている。

「ただより高い物はない」と良く言われるくらいなので加害者も高く付くと思う。無傷で加害を行っているのなら高い金を払っているのだと思う。

実はこれは昨夜入浴中に思ったことでもっと内容があり、なぜそういう考えに至ったかの道筋もあったのだが忘れてしまった。

この100年に一度といわれる不況についてだが、結果はあらゆる人達の借金によって穴埋めがなされるのだと思っている。私は政治・経済に関しては無知なので表面だけをかいつまんでの判断となる。現在の資本主義というか金融システムはお金を借りる人がいないと成り立たないと言うか、そこから始まっているらしい。そしてサブプライムの破綻なども仕掛けた時限爆弾が予定通りに爆発したのではと解釈している。

被害日記とは少し内容が異なるが、そんなことを考えていたら加害者も楽ではないのではないかと思ったわけである。

一週間ほど前だったか、「飛行機を墜落させることの出来るテクノロジーだから」と言った方がいたので私は「そんな事はしないでしょう」と言うと「いや、しますよ」と言われてしまった。その後、旅客機の事故のニュースが相次いだ。こういうのをテレビによる仄めかしというのだろうか。

10:53
早起きした分だけ苦しみを感じる時間が長くなると言うような感じだ。
「めだかの学校」の歌のリピート送信と知恵遅れ攻撃をされている。

ここまで来ると本当に「人体実験」とか「人間を実験用のモルモット程度にしか思っていない」、などとブログに書いている方がいるが全く同感だ。

耳が詰まってしまったような感じで周囲の環境音との一体感が全くないが、決して激しいノイズを送信されている訳でもない。肩が異常に凝り、首の後ろが硬直するような感じもする。それと弱気になり活力が出ないと言うか加害者の「また恥をかかせてやれ」、「笑いものにしてやれ」、「追い出してやれ」などと言う言葉にやられてしまい外に出るのに周囲の目線が気になってしまう。

脳の操作というのは恐ろしい。

13:05
昼休みのブログ閲覧どころでは無くなってしまった。

今日は朝から強烈な脳への攻撃をされているので日記に書きたいと思う事が頭の中にあっても実際に書いてログアウトした後に内容を確認すると書きたいと思っていた事が抜け落ちているので下書きをしてからにすることにした。

まず「明日のジョー」の主題歌を昨日からリピート送信されている。それと脳内に浮かんできている事柄や過去の記憶のような物は自分から思い出したというよりは、ほとんどが強制挿入されていると思う。

言葉では上手く説明出来ないが以下のような攻撃をされ続けている状態で銀行へ用足しに行って来た。

頭がボケている
記憶異常のような感じ
周囲との一体感の無さ
何かに追われているような慌てた精神状態
時間感覚の喪失
肩が凝り首が硬直する
イライラ感
緊張感
落ち着きのなさ

これらの状態を感じ取れると言うことは

本来の自分に対して何が違っているのか確認が取れている

何よりの証拠である。


しかし、強制力が強いので平静を保つのは大変だ。

だからそんな時に他人から挙動不振と見られないだろうか

などと感じるのは正常な人間の当たり前の感覚である。


車に乗って出かけると視界に入る人間の動きに不自然さを感じる。それが近所の顔見知りであろうと、なかろうと関係なくすべてが不自然で極端な言い方をすれば全員が敵のように見え、私を見張る為に存在しているように感じる。だから運転中も現れる車はすべてが不自然に見えるし銀行の中に私よりも先にいた客が工作員に見えるのである。しかし、こちらを見ているので私も相手のことを良く見てみるとトラブルを起こしているようで向こうから話かけて来た。それもキャッシュディスペンサーの操作中である。お札にビニールテープの切れ端が張り付いていたのでトラブルになったらしい。

そんな被害を受けたままの状態で銀行の人と話をし用事を済ませて帰宅した。今も引っ切り無しに脳内音声で嫌みを浴びせ続けている。

目の焦点が合わなくなるような

右目と左目の焦点がズレるような被害を受けさせられた。

それも他人と面と向かって話しをしている最中に。


目を勝手に動かす事が出来るのだろうか。実は昨日もそれと同じような事をされている。

17:27
何とか仕事を終えたが大変だった。
気のせいか同じ職場の人間も頭がボケでいるように感じる。

「たたけー、たたけー、たたけー、おいらには獣の血が騒ぐ」の部分を全く途切れる事無くリピート送信している。漫画「明日のジョー」の主題歌だ。勿論、声による貶しと脅迫も途切れない。

頭痛と知恵遅れと首が硬直する攻撃で仕事で話し合いなどをするのに大変な苦労をした。相手と目が合うと首が硬直して目眩がしたりするし気分的に弱気になってしまう。外に出るのも怖いと言った精神状態にされてしまっている。これだと引きこもりになってしまいそうだが食べる物などを調達するのには外出しなければならないし困ったものである。

23:55
夜も延々と攻撃が続き9時頃までは大変だった。

遠くに聞えるような脳内音声と直接脳内に聞えるのがあり、その正体は不明だが、目の前で顔を見ながら話をしていても脳内音声に割り込まれてしまい、どうしても会話に神経が行かなくされてしまう事がある。やはりそれも別の信号を送りつけられるとそうなってしまうのかも知れない。声や歌の音量が小さくてもそうなってしまう。どちらかと言うと直接脳内に聞えるタイプの方がそうなりやすいかも知れない。

キーンという音、頭部圧迫感は今も続いている

記憶を選んで消す事も可能と思われる。

10曲ほど良く口ずさむ曲があったとする。曲名をイメージすると通常はメロディーもが出て来るが、どうしても思い出せなくされる事を頻繁にやられている。それは特定の曲に限っての話ではない。

加害者は強欲でありどんなことをしても「脳の操作」という目的を達成したいのだと思う。

脳の操作の対象になってからの記憶領域の変化などを監視している可能性もある。

恐らく信じられないような操作が可能と思われる。

寝る。

加害者が名乗って出た時は終わりだ

2:23
寝たと思ったら突然目が覚める。

「日記を書くなかれ」
「かわいそうに」

を脳内音声で連発される。

「いいよ好きなだけ日記を書かせてあげるよ」
「そのかわり毎日笑い者にしてあげるよ」
「もっと酷い被害に逢わせてやるよ」

バカの一つ覚えのように繰り返している。

ぎゃははは、ぎゃははははー

と喘息の発作を起こす寸前のような下品な笑い声だけを送信している。何がそんなに悔しいのだうか。「欲ボケ」と言う言葉を脳内音声で執拗に聞かされた事がある。しかし、欲ボケは加害者の方だ。これ以上卑怯で悪劣な手口の犯罪は世の中に存在しないのに、それでも満足出来ずに執拗に攻撃の上乗せを繰り返す。

聞かされる声と脳が覚醒する信号は別だと思う

聞かされる声と暴れだしたくなるような衝動は別だと思う

「ふざけるな、ドブゴミ、殺されろ」

と加害者に私が言い返せるのも、日記を書けるのも、相手が見えない敵であるからだ。もし、世間に対しテロ組織が名乗りを上げたとすれば、その時は終わりである。「我々が電磁波テロの組織だ、我々に逆らうと日本国が崩壊するぞ」なんて宣言をされたら終わりである。

そうならない程度に被害を受けさせているのが現状だ。

「創価学会を甘くみるな」と送信された。

この言葉の意味をどう、受け止めますか。

10:26
また、夢を見させられて8時半に目が覚める。
後3時間くらいは寝たいと思うのだが起きてしまった。
それにしても酷い生活妨害である。

夢は右手の人差し指を切り落としてしまい、取れた指先が机の上に置いてある。痛くも何ともなく、遊びで指を切り落としてしまったのである。そして都合が悪いので「やっぱりくっつけよう」なんて思い病院へ行って切った指を貼り付けてもらうのである。しかし、ばい菌が入ってしまい指先が腫れて熱を持っている。そんな所で目が覚めた。

目覚めとともに

「病院へ行け」

と脳内音声の送信を受けた。

すかさずテレパシー通信にて言い返してやった

「お前らこそ病院へ行け」
「統合失調症の特徴は病気であるという自覚のない事だ」

すると加害者は「一本取られた」と送信してきた。

この理論を使うと誰でも統合失調症にする事が出来る。

そんな事よりも、目覚めとともに「巨人の星」の歌のリピート送信と知恵遅れ攻撃をされていることの方が問題で今日も午後からスタジオに音楽をしに行く。酷い攻撃をされると、やり場のないストレスに襲われる。

心身ともに自由であること

すべての基本だと思う。

23:44
今は被害レベルは下がっている。
しかし、声による脅迫の為かイライラ攻撃をされていない為か、自分が悪い事をしているような気分になると言うか、今日一日の被害報告をする気にならないが、こうやって少しずつ、次第に書いて行くうちに、お腹がボコッと音を立てたり、脳に対する攻撃(戦闘態勢になるような感覚)がやや出て来る。

これは後頭部に対する圧迫感のような脳を締め付けられるような感覚とともにやってくる。声による脅迫というのは「地域から追い出す」みたいなのと「医者と話し合いをさせろ、医療機関に波紋を投げかけろ」のような内容だ。

という事で軽度の知恵遅れ状態にされたので本日の被害報告をさせて頂く。

まず、ふとした瞬間に過去の事を思い出させられたりするが、自発的に思い出してしまう場合とすでに盗み取っているらしい過去を、映像の挿入により自発的に思い出したように見せかける場合があると思った。加害者はリアルタイムの思考盗聴のほかに自分しか知らない筈の過去の出来事なども精神攻撃の手段として利用する。

そして、その事に関して触れると「とうとう認めたぞ」という言葉を送信して執拗に精神に対する攻撃を続けたりする。その映像や言葉が脳に送り続けられている限り逃れる事は絶対に出来ない。違う事を強制的に考えても思考に隙間が出来れば差し込まれるし、自分の考えと送りつけられるものとで二重の思考になってしまう事さえありえる。

例えば喫茶店で誰かと話しをしている時に隣に妙に気を引くような会話をしている人がいたとする。それは聞きたくなくても聞こえ続ける。自分達の会話との同時進行であるので自分が喋りながら、それとは別の会話に神経が少しだけ取られて集中力がなくなってしまう。これが脳内で起こっていると思えば判りやすい。

その後スタジオに行き音楽をやっていたが、音楽に合わせた声の送信は全く止む事がなく、非常に不快であった。ただ、酷い記憶障害などを起こされ続けなかったので、まあまあの演奏が出来たが、突然、曲の何処を演奏しているのか解らなくなってしまい何かの攻撃を受けたのではないかと思った。

途中で休憩をして食事に出掛けた時には徹底的にやられてしまい、その場にいられないくらいの気持ちにさせられ、会話の中に入り込めなくなり無口な人になってしまった。一般の方との集まりであるので「いま知恵遅れ攻撃を受けています」なんて言えるわけがない。かなり腹が立った。

エレベーターに乗った後にいつまでも上下感覚が変な時はないだろうか、それも被害ではないかと思った。目眩というのは通常は細かく揺れる感じで、大きい振幅で揺れているようにも感じさせる事が出来ると思った。

それと確実に声の送信プラス精神状態のコントロールが行われている事も感じ取れた。ある特定のキーワードを聞かせる時に、その精神状態になるようにする事により攻撃力を高める事が出来る。更に条件反射のような事に発展する恐れもあると思った。

例えば、あるキーワードを聞くと逆上するような条件反射が作れたとすれば、音声送信でも実際の声でも、それを聞くとそういう精神状態になってしまうだろう。恐ろしい話である。

子供の頃に救急車や消防車のサイレンを聞くと興奮したような経験はないだろうか。例えばキーンという音の送信でも私は過去にその音を夜中に聞かされると違った意味での興奮状態になっていた記憶がある。それは条件反射ではなくその音とともに精神のコントロールをされていたのではないかと思う。

9日1:57
日記をアップした後に酷い攻撃を受けるのはいつもの事だ。

さて、人権は何処にあるのだろうか

寝る。

妬みの主はホラ吹き

6:29
合成夢を見させられ目が覚める。
目が覚めた直接の原因は心臓が苦しい為だ。
しかし、あまりの眠さの為に強い尿意があったにも関わらずそのまま眠ってしまい30分ほど(想像では)で目が覚めた。

トイレに行くと近所の人の足音が聞えた。これは激しいノイズや脳内音声の集中攻撃がないためである。普段は周囲の様子を感知するほどの余裕や耳の状態は全くない。だから余計に近所などから不審に思われるのであり、確実にそれを狙っている犯罪である。

例えば、夢で目が覚めた後すぐに眠ってしまった事に関しても眠さのあまりに、ではなく脳の操作で眠らされた、と考える事も出来る。

夢は陰に隠れて他人に危害を加える悪党を追いかける夢で最後にただ1人、強烈に執念深く絶対に諦めない男が用心棒などを巧みに使い逃げている女を追い込むという内容だ。

しかし、中途半端な時間に起こしてくれるものである。

やることは人間としては最低

この世の最悪を毎日繰り返している。


それが生きがいだと心の底から思っているのだろう。

23:17
「もう、これ以上日記を書くのをやめなさい」
なんて声の送信をされたが被害は継続している。

今日は午後から被害者の集いがあり出かけてきた。
被害は全体的に軽い方であったが帰りに1人になると気になりだす。パターンは毎度のことで約束の場所に近づくと次第に後頭部に違和感が生じて知恵遅れ状態になる。この知恵遅れ状態の説明が非常に難しく、やや、酔っ払った感じにも似ているかも知れない。それと終日、肩が異常に凝っていて大変だった。時折、頭痛や歯痛をされた。

集いでは疑問に思うことや技術的な話、それぞれが確信している被害の話などが出たが、私が匂いの被害が酷いと話をすると、その瞬間に変な匂いを感じたり加害者のふてぶてしさが気になった。

リアルタイムでの監視、ご苦労さまです。

と言ったところか。

24:55
現在、首と後頭部の接合部付近に圧迫感があり脳を締め付けられるような感じで記憶力の低下や思考回路の伝達速度が低下している感じだ。

風呂の中で考えていたが「考える事の自由を奪う行為」は二種類行われていると思われ、声が全く聞こえない被害者でも「ある特定の考え」をすると痛みなどの攻撃をされる為に、そこに考えが行きにくくなったりさせられる。

もう一つは私が個人的に感じている現象で知恵遅れ攻撃の延長線上にあり、物理的に「考える事の自由を奪う行為」とも言えるのかと思う。どうしても精神の拘束感が強く、自然な自由な発想が出来ない。勿論、声や身体攻撃によるリアルタイムの抑制も働いているが、それがなくても思考の幅を狭くさせれているようでならない。

なぜそんな事を考えたかと言うと宇宙人の存在や、この犯罪に関する考え方は自由であり、精神世界というのは無限に広がっている。人には夢というのがあり、想像の世界というのがある。その領域に侵入するのが精神への介入である。結果、それを奪い取られてしまうわけである。

決して誤解をなさらないで欲しい。

寝る。

テロ組織を壊滅して欲しい

3:33
徹底した睡眠妨害だ。
拷問と洗脳と言えば何処かの国が思い浮かぶ。

3時に脳内音声で下らない言葉の連呼で目覚めると脅迫をされる。「子供に恥をかかせてやる」、「暴力団のような組織がお前の事を狙っているぞ、その組織に嫌がらせをされるぞ、殺しはしねえだろうけどな」。そして「鉄腕アトム」の歌のリピート送信をして「放射能を浴びせて癌にするぞ」なんて脅迫をされた。

生きていることを苦しみに変えてしまう犯罪だ。

被害者の方に提案があります。

テクノロジー犯罪被害ネットワークが出した衆議院議長宛、参議院議長宛の陳情書のコピーと衆議院から来た回答書のコピーを、各地で公演などをなさっている国会議員の方に渡し、衆議院法務委員会に送付された陳情書の内容を確認、対処をお願いすると言うのは如何でしょうか。

法務委員会と言うのは法律などを作ったりする所らしいです。

陳情書と回答書のある場所
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html

是非、お願いします。
私はそうしようと思っています。
全国各地で国会議員の方にそのような訴えかけがあれば何か思うかも知れません。

6:40
下らない夢を見させられて目が覚める。
何か悪い奴に付回されている夢だ。当ての無い旅行に出ている夢で、いつ何処に行こうがかまわないと言った夢である。食べ物が出てくる夢だ。そしてマーチか行進曲を脳内にリピート送信され、それで目が覚める。非常に眠いのでそのまま眠りに入りそうになると体のあちこちを痒くさせ絶対に寝させない。そしてその曲を少し口ずさんでしまうと「また、歌ったぞ」とやじられた。

今、突然記憶を消されたので書くこと忘れた。

その瞬間を感じ取ることが出来る。

書きながら三つばかり頭の中にあり、一つ書くとそれが記憶から消え、残り二つになる。そして次を書きながら残りを意識していたが突然、消えて思い出せなくされた。

書き出していた時と今では関連性が薄くなっている。

恐ろしい脳の操作である。

それは記憶回路を操作しているのか、脳内音声の連続送信による副作用か不明だ。とにかく思考を誘導する事ができ、洗脳にも確実に繋がっている。

目覚めるとその夢に関する声の送信を受けたが忘れた。

「もうすぐ君に政府から年金が出るよ」
「障害者年金だ」
「あなたは逆らい過ぎ」
「私たちに逆らうからそういうことになるの」

という脅迫を頂いた。

こんなのを読んだ被害者の方はどう思うだろうか。

徹底的に戦ってくれる方はいるだろうか。私は人任せではなく、各々が自分でやらなければならないと思っている。それは独りではなく他の被害者との繋がりがあるからこそ勇気が出るのである。

こう言ったことは、本来「戦い」ではなく、訴えなのであるがテロリストの隠蔽攻撃が激しいので、戦っている、逆らっている、などのようにされてしまうのである。

被害を訴えることは当然の人権である。

11:40
それから寝て10時半に目覚める。
ボリュームは小さいが声も音楽のリピートもされている。

多少頭がボケたり目眩がしたり、後頭部に圧迫感がしたりしている。パソコン起動時のパスワードを入力する寸前に間違ったパスワードを脳内音声で送信され、間違ってしまったり、入力寸前に「なぜこのパスワードなんだろう」と気が付いたりするのは毎日のことだ。

しかし、良い睡眠は健康の元で、質の悪い睡眠を取らされていると心身ともに不健康にされてしまう。

22:41
日記にログインした瞬間に目眩と吐き気と記憶障害を起こされた。

一日中、精神への介入をされ続けている。
腹立たしい脳内音声の送信、思考を盗み取り精神の中に侵入して考えを潰しに掛ける声、更に音楽や歌のリピート送信、身体に与えられる痒み、痛みなどの不快感。

最近の加害者の口癖は「許してやれ」だ。

その「許してやる」という言葉を聞くと私が腹を立てる事を知っていてわざと連発している。

加害者は何が悔しいのだろうか

何をそんなに苦しんでいるのだろうか


こんな事をしなければならない理由があるはずだ。

全く普通の精神ではなく壊れた精神だ。

夕方に用事があり自動車で出掛けたが、その時にも声による集中的な攻撃と異常にイライラする精神状態にされ爆発寸前まで追い込まれた。胃に穴が空く思い出なんとか我慢をした。そう言った私の精神状態もすべて承知の上で毎日攻撃を繰り返している。

最近は歌を口ずさんだり、音楽を聞くことすら出来なくされている。私が良く聞くCDや棚に入っているCDなどはすべて知られている。私よりも、私の事を良く知っている泥棒である。だからどんなCDを聞いても、その曲のメロディーに合せて(あっていなくてもおかまいなし)嫌みの歌詞を歌ってくる。それは自室でも自動車の中でも他人の家でも全く変わりなく行われる。

やはり加害者は追い込まれているのだろう。

最近の攻撃の酷さがそれを物語っている。

加害者は犯罪を表沙汰にされるのを嫌っている。

7日1:25
テレビが面白くないので「脳内の拉致と洗脳」という文章を書いていたが、どうもマニアックすぎて被害日記向きではなさそうなので別のファイルに保存した。書いている最中は静かだったが文章を保存してパソコンから離れるとキチガイのように「天才バカボン」の歌をリピート送信して数人が寄って集って罵声を浴びせた。

風呂から出て音楽を聞くとそれに合わせて歌を歌いだした。

加害者は本物のキチガイだと思う。

寝る。

電磁波テロを野放しにするな

2:24
就寝してから2時間全く眠らせようとしない。
的確に狙った場所を痒くさせる。
キーンと言う音も激しく、脳の操作が酷い。

「創価学会をバカにするな」

と脳内音声で送信された。

被害者のブログでは「創価学会が犯人だ」と主張するブログもある。それらを読んだりすると酷い攻撃をされる。寝る前にそれを読んでいたらこの有様である。私は加害者が誰だか知らないが、このことについては絶対に言葉を誤魔化したりはしない。私のように脳内音声で「創価学会」という言葉を全く聞かされない被害者もいるらしい。

「地域で恥をかかせてあげたいなあ」
「折角許してあげようとおもったけど」
「これじゃあ当分ゆるしてあげられないなあ」

こんな感じである。
この件に関してはとても日記に書けないような内容が沢山あり、加害者の薄汚いやり方が露骨に出ている。

電磁波テロを野放しにするのは殺人を野放しにするのと同じだ。

被害者は毎日死ぬほど苦しめられている。

加害者はその苦しんでいる様子を全部知っている。

殺意がなければ絶対に出来ない犯罪である。

自殺してしまった被害者がいるのも事実だ。

それと同じ事を24時間365日行っていれば殺人である。

そして日記をアップすると「もっと酷い攻撃をしてあげよう」と脳内音声を送信する。20年前の過去を思い出すと自動車による集団ストーカーを受けていた。その頃は警察関係が犯人だと思っていた。

それにしても殺人が野放し

プロの手口

子供も被害に遭わせられている。

母親のいない子供である。小学校の卒業式にも行かれないような状態にされ、中学の入学式にも行かれないようにされてしまう。それは被害者だと言っているからではない。加害者の執拗な攻撃と脳内音声による脅迫でそうなってしまった。結果、子供も被害者である。

この一家を破滅するまで攻撃をやめない手口

これがテクノロジー犯罪であり集団ストーカー犯罪だ。

人殺しより罪が重いと思う。

このように少しづつ苦しめながら世間の評判を落とし、被害に遭っていると声に出して言うと精神異常者扱いにされる。最後に私が名前を名乗ったらどんな事をされるだろうか。子供が自転車に乗っている時自動車にはねられたのは偶然だろうか、家の玄関のガラスが割れたのは偶然だろうか、私が毎日通る道に動物の糞があり踏んでしまったのは偶然だろうか。

これでもし私が名を名乗ったらどんな事をされるだろうか。

「もう許す」なんて言いながら

激しいノイズと頭痛は全く止まない。

被害者は加害者に対してどんな感情を持っているかも、加害者はすべて承知の上で日本全国で殺人行為を毎日、日本を乗っ取ったかの如く平然と続けている。

世の中にこれ以上の苦しみは無いと断言する。


4:08
また始まった寝させない攻撃。
全く、全然眠らせない。
「憲法9条をよーく読んでみろ創価学会がお前らにとれだけ良いことをしてやったかが判るぞ」と送信された。
だから「電磁波で人をころしているのはお前らだぞ」と言ってやると「ごもっとも」と平然と言ってのけた。
これは加害者が自ら創価学会だと言っているようなものだ。

そしてお得意のフレーズ「笑い者にしてやれ」

栃木県佐野市の殺人鬼の正体は。

精神への介入、思考盗聴は殺人だ。


住めないようにする嫌がらせで30年ローンで建てた家にすめなくされ、その家のローンを払い続けている。相変わらず加害者はデタラメをほざき続けている。

そろそろ実際に表にでませんか

これ以上社会に迷惑をかけては困ります。

人権擁護局に相談に行った被害者の方もいるらしい。

これは正しい選択だと思う。私も行っている。歴史的な人権侵害で警察でも対応できない新しい殺人のスタイルである。

4:30
ログアウトした後も延々と脳内音声で脅迫をしている。
「朝になったら追い出してやる」
「お前ら逮捕してやる」

「耳印さんやめなさい」と言いながら脳の操作と頭痛をやめようとしない。被害者をとことん苦しめて口封じをする手口。政治家などなら即座に殺されているだろう。発言力のない我々だからこんな物で済んでいるだけだ。しかし、被害者は皆、死を覚悟しているので仲間には自分の詳細な情報を預けている。もし、殺された時にはこれを公開してください、と言った感じだ。

罪のない人をそこまで追い込んでしまう悪魔だ。

9:30
咳き込んで目が覚める。
「風邪をひけ」と送信される。

その後は6時と7時半に起こされてたが、あまりの眠さにそのまま寝た。

もう、すでにお気づきのように

加害者は意図的に「創価学会」という言葉を使わせている

もう一度寝ようと思う。

12:57
12時半に目が覚めたがキーンという音と頭痛がしている。
音楽のリピート送信と声による嫌みの連続だ。

創価学会という文字を使用したために

「私の母親を地域で吊るしてやる」

と脅迫された。

更に、ひゃっくりをださせられりして「悔しがれ」、「悔しがれ」と声で挑発している。本当に加害者は人を苦しめて、その姿を見て満足するような物達だと思う。

よくそこまで身を落としたものである。

22:09
その後はなんとかやり過ごしている。

被害者の方に提案があります。

テクノロジー犯罪被害ネットワークが出した衆議院議長宛、参議院議長宛の陳情書のコピーと衆議院から来た回答書のコピーを、各地で公演などをなさっている国会議員の方に渡し、衆議院法務委員会に送付された陳情書の内容を確認、対処をお願いすると言うのは如何でしょうか。

陳情書と回答書のある場所
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html

是非、お願いします。

22:28
上記の提案を書くまでは「早く書けよ」と盛んに挑発していた加害者であるが、アップしたとたんに歌のリピート送信とともにキーンと右耳に攻撃をされた。

もう、うんざりだ、これで根負けして無気力にされてしまうのだろう。

23:54
私は上記の提案を実行することにしている。

なにせ、無意識でいると一緒に呟いたり、歌いだしてしまうくらい強制力のある脳内音声の送信は24時間365日途切れる事はなく、安心して寝ることも出来ない毎日であり、攻撃をしては「かわいそうに」という女の声を聞かせられている。

こんな事を許していたら人類の未来に影響する。

精神への介入の恐ろしさを知って欲しい。

寝る。

なぜ被害者が遠慮をしなければならないのか

10:05
今日は酷い睡眠妨害はなく6時に一度目が覚めただけだ。
しかし、目覚めると音声送信と頭痛がしている。
歌のリピート送信は「巨人の星」でキーンという音はかなり激しい。

そして

「もっと働け」、「ちゃんと仕事をしろ」と命令される

しかし、仕事を満足に出来ない状態にしたのは加害者で、私の心の中まで盗み取っているので、2年前にどんな心構えで仕事をしようとしていたかも知っているはずだ。

脳内音声での語りかけも執拗で、根拠なく貶めては「かわいそうに」と言い不安定な精神状態を作り出すことに余念がない。「皆が笑っているぞ」、「皆が嫌っているぞ」この定型句もひっきりなしに浴びせられる。

昨夜就寝時にも加害者とテレパシー通信で加害者が激しく罵ったので、言い合いになったが加害者は自分達の間違いを絶対に認めない。それ以前にテクノロジー攻撃という世の中で一番卑怯なやり方をしているのにそれを当たり前のように思っている。

そして「君には弱みがある」と言ってきた。

もし、弱みがあると言うのなら陰に隠れて脳への攻撃なんかする必要はない。加害者は堂々と姿を現し、その弱みというのを攻撃すればよい。

実際に弱みがあるのは加害者の方だ

表沙汰にされては困る電磁波テロ、殺人とも言える脳への攻撃

こられ武器を使って集団で計画的に行っている無差別テロには巧妙な隠蔽工作まで行われている。我々被害者は一歩間違えると、戦争犠牲者とか捕虜、人質のようなものである。

この世にも恐ろしい犯罪の広報をするならばいくらでも広報先はあるし積極的に活動したいと思っている。しかし、それを妨害をするというのは加害者に弱みがあるからだろう。

歴史的な人権侵害の被害者は遠慮する必要など全く無い

何処にでも行って相談、広報をするべきだと思う。

ただ、現段階では電磁波テロのことは隠蔽されているし、精神異常者のレッテルを貼られる可能性があり、更なる攻撃の上乗せをされる事も予想されるので、どうしても一歩下がってしまうのである。


●テクノロジー犯罪被害ネットワークの出した衆議院議長宛の陳情書の回答も掲載されました。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/img/IMG_0003.jpg

13:07
お昼のブログ閲覧も攻撃が激しく大変である。
「巨人の星」の歌のリピート送信と声による貶しは全く途切れない。
頭部圧迫感と目眩を伴う知恵遅れ攻撃も酷い。
今日は首から上に血が上っているというか「のぼせ」のような感覚があり、風邪を引いて熱が下がった時のような感じである。記憶を消されるというのもやられている。

とにかく徹底的に隙間無く攻撃をされている。

「書けば、書くほど、嫌がらせをするぞ」と脅迫された。

15:55
また「書けば、書くほど、嫌がらせをするぞ」と脅迫をされた。

今日は脳に対する酷い攻撃というよりは

「何だか頭がすっきりしない」

と言った感じの被害状況であった。

しかし、社内で特定の人間と話しをすると必ず酷い口臭の匂いがする。更に、その方を見ていると頭がボケているように見える。私と同じような脳への攻撃をされているのかも知れない。

仕事でお金の計算をしだすと、それまで静かだった声の主が急に騒ぎ出し「はーるがきーたー、はーるがきーたー」と女の声で歌い出したり、腹立たしい男の声で計算が出来ない事に関して貶しを入れたりされた。それと同時に酷い知恵遅れ攻撃をされた事を体感する。しかし、短い時間だったので目的の計算は実行できた。今は先ほどと同じ程度に戻っている。

病気を作り出せることは間違いない

やはり無音で知恵遅れ攻撃だけをされたら精神病だと思い込んでしまうだろう。知恵遅れ攻撃だけでなく精神状態(うつ病のような感じ)のコントロールや肉体の疲労感も作り出せるので恐ろしい。

24:07
被害状況は同じで強めたり弱めたりである。
今日はリラックスのためにサウナに行ってきたが20年以上前のことなどを回想していた。過去からの関連がどの程度まであるのか、などもじっくり振り返ると何か繋がりがあるかもしれない。人の手間をかけたローテクストーカー時代から手間いらずのハイテクストーカー、精神への介入をする狂気の世界へ。

狂ったものを正常に戻さなければ社会が破壊されてしまう

寝る。

洗脳されないように注意しよう

3:09
何とか寝られたが心臓が苦しくて目が覚める。
「ちっく、たっく、ちっく、たっく」と脳内音声の送信をされた。

「音楽で恥じをかかせてやる、君は下手、君には無理」と送信されたが、残念ながら電磁波による攻撃がなければそれなりに自信があるので加害者の言葉には全く動じない。前回の演奏の時もまともに演奏なんか出来ないように脳を操作され「いいなあ、電磁波攻撃をされていない人は」なんて嫌みの声を脳内に聞かされていた。

とにかく宗教団体の名前を巧みに利用し「近所で迷惑をしている人がいるぞ」、「加害者はお前の同級生だ」などと言ったり、「知人や友人の中にスパイ(工作員)がいるぞ」と言ったり、「地域でお前はキチガイだと言われ笑われているぞ」、「被害者の中で嫌われているぞ」などの言葉を毎日延々と聞かされている。

しかし、通常は確認困難な内容なので不安になってしまうが、脳内音声がデタラメを言っている事が明らかな場合でも一日中聞かされていると気分は悪くなる。

24時間365日の音声送信なので洗脳効果は高い

事実と思われる内容でも確証がなければウソだと思った方が得である


「かわいそうに」という言葉も毎日何百回も聞かされている。

最後は自分が間違っているように思わされてしまうかも知れない

とにかく洗脳には注意してください

それには孤立しないで多くの被害者の方との交流をする事が一番だと思います。加害者説・加害方法も断定や思い込みは禁物です。事実であれば後で分かりますし、音声送信のある被害者は特にそれらを利用して追い込んできます。私はそうされています。


7:05
六時半に目覚ましが鳴ったが眠くて起きられなく、やっとの思いで起床するが、右耳を中心にキーンという音が煩く、頭の右半分に異常でもきたしているのではないかと思うような感じだ。日記を書いていると余計にキーンという音を強くされる。目覚めとともに声の送信では嫌みと脅迫をしていて歌のリピート送信も嫌みったらしくやっている。

また「創価学会がすべったころんだ」と言っている。

「君は創価学会に嫌われたいのか」

と送信されている。

まず、加害者が二年前に

「我々は創価学会だ」
「創価学会に入りなさい、そうすれば許してやる」
「池田大作は紳士な人ですから真摯に受け止めてください」

なんて言ったのが始まりだ。

私は犯人が誰だかしらないが、この執拗な「創価学会」攻撃が酷すぎるので、ハッキリと書かせて頂いている。これは完全な脅迫であり、恐怖であり、トラブルの元でもある。実は24時間の音声送信になる前から宗教的な話や「池田大作」という言葉は聞かされている。その時は「池田大作」というのが誰だか知らなくて傍にいた知人に聞いてしまったくらいだ。

「明日から名指しで批判してあげよう」

とまた脳内音声で送信している。

12:37
お昼のブログ閲覧をしていると脳に対する酷い攻撃が始まる。
読んでいるのは政治ブログと被害者のブログであるが、まず左の肘に針で刺すような痛みを5、6回受けた(かなり痛い)が無視して読んでいると急に頭が締め付けられるようになり、知恵遅れのようになり文字を読む事が出来なくなった。そして「巨人の星」の歌をリピート送信している。

記憶操作に関して
まず、日常的な動作をする上での物事の認知や動作の阻害をする。これは短期記憶領域というのがあるらしく、そこの伝達をさまたげているのかと思ったりする。判断力が鈍るというか瞬間的な認識が出来なくされることが多い。それに伴い疲労感・脱力感などで身体の動きも鈍らせることも出来る。

次に文字の認識や読解力が極めて悪くなり、漢字を見た瞬間に読みを思い出せなくされる。読解力に関しては脳の中のイメージ空間を使用していると思われるので、その領域の動きを鈍くさせていると思われる。なぜなら読んで理解すると言うのは文の前後関係がある程度記憶されていなければできないからだ。読んだ側から忘れてしまったりしたのでは理解は出来ない。これも短期記憶かも知れない。

もうひとつ不思議なのは、音楽の曲名やメロディーをどうしても思い出せなくさせられる現象で、まるで記憶領域が自分の脳の中ではなく、外部に記憶されていてその出し入れを自在に操られているかのように感じてしまう。

実は、買い物に行った時などに何を買うのかを決めてから家を出る(必要だから買い物にいくので当たり前ではあるが)店内に居ると脳に対する攻撃や脳内音声の為に何を買いに来たのか忘れてしまうことがある。そんな時に脳内音声で教えてくれたりする時がある。その思い出し方は脳内音声が聞こえるのが早いか、自分で思い出すのが早いか、分からないくらい同時である。完全に声からヒントをえる場合もある。

パソコンに例えるとCPUキャッシュとメインメモリーとハードディスクのようなものか。

昨日、酷い攻撃を受けたのでもう一度書かせてもらう。

国家考案委員会宛の要望書
この内容だけでも大変なものがあると思う。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/siryou/demand08.pdf

それに対する返答
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/img/IMG_0010.jpg


被害者の方は下の二つを印刷して警察署に行っては如何でしょうか

警察庁長官宛の陳情書
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/siryou/petition05.pdf

それに対する返答
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/img/IMG_0001.jpg

かなり酷い攻撃をうけながらも仕事をしていらっしゃる方のブログ
http://denebu.livedoor.biz/

22:10
しかし、なんと言うか脳内音声を送信している連中の発想というか、もう、この世の終わりみたいな奴らである。「笑い者にしてやる」、「苦しめ」などの連発で一日中だ。はっきり言って加害者が苦しんでいるとしか思えない。

加害者は確実に精神病だと思う。

今日は午後から自動車に乗り外出していたが、その間延々と知恵遅れ攻撃と頭痛と酷い肩こりを起こさせられていた。ついでに「うつろな目」とでも言うのだろうか、眠い目と言うのか、うつ状態の目というのか、半分目蓋が閉じているのではないかと感じるような状態であった。勿論、精神的にも楽しくないのは当たり前だ。

そういう精神状態にされているし、脳内音声による攻撃と身体攻撃が酷ければ楽しいはすがない。

考えている内容
呟いている内容
これからやろうとする内容
自分が実際にやっている行為
道路状況など自然に発生した現象
対人関係などの会話

すべてにリアルタイムで干渉され「笑ってやれ」、「嫌われろ」、「苦しめ」という結論に持ち込まれる。リアルタイムというのは同時進行なのでそれはまるで自分と一緒に付きっ切りで行動しているような感じだ。

カーステレオで音楽を聞けば、そのメロディーに合せて私を貶す歌詞を作り一緒に歌ってくる。

だから私は延々と加害者の悪口を呟き続けなければならない。

先ほども日曜日に自分で演奏した音楽のプレイバックを聞いていたが貶しの連続で聞いていられない。しかし、一曲だけ会員サイトにアップして置いた。

この日記を書き出すとキーンという音が強くなり、糞の臭いを送信されたりする。

これら精神への介入について国家の正式な意見が聞きたい。

24:20
結局、今日も終日、声の送信、歌のリピート送信、キーンという音、脳への攻撃(記憶を消す、精神状態の操作)、倦怠感、痛み、痒み、猥褻な攻撃などを受け続けている。当然、思考盗聴や映像送信も行っている。一体全体、何人くらいの人間を脳内拉致という被害の対象に出来るのだろうか。

脳への攻撃をされ続けると再起不能になるのではないか。

加害者はよほどこの日記が気に入らないのだろう。

それなら余計書いてあげたくなる。

被害者の方は是非、人権擁護局に相談に行ってください。

加害者は

「負け犬」とか「勝ち、負け」という言葉も好んで使う。

寝る。

追記。加害者が女の声で私の名を呼び「あんまり突っ張ってると殺されるよ」と何度も送信された。今日は夜から集中的に攻撃をされている。その徹底した攻撃のやり方は全く隙間無く声の送信で貶しを入れてくる。これだけの集中攻撃をするのだから加害者は追い込まれているのだと思えてくる。

まずは、行動してみよう

10:14
昨夜は寝るのが3時になってしまった。
朝は6時きっかりに突然覚醒させられた。
その後、睡眠導入剤を飲んでもう一度寝るが、9時きっかりに覚醒させられた。「朝から真面目に働こうぜ」と脳内音声を聞かされる。

「ふざけるな、バカ野郎」と言ってやりたい。

二年以上の24時間の音声攻撃、一年以上の睡眠妨害と半年に及ぶ知恵遅れ攻撃をされ続け、全く仕事が出来ないようにされてしまい、生活そのものを破壊されてしまった。

電磁波テロ殺人鬼の言う台詞ではない。


目覚めると声がデタラメを喋っていて「ぴっぴどんどん、ぴっぴどんどん、子供の楽隊」と歌のリピートを延々と繰り返している。キーンという音もしている。起床して着がえるとすぐに目眩を伴う知恵遅れ攻撃が開始された。

テクノロジー犯罪被害ネットワークに来た要望書の回答
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html

警察庁では「・・・お困りのことががございましたら、都道府県警察に相談ください」となっているので、被害者の方はまず最寄の警察所に相談をするべきだと思う。

総理府では「総務省、法務省、警察庁、文部科学省に回付してあります」となっていますので法務省の管轄と思われる人権擁護局に相談に行くべきだと思う。

私も含めて被害者は攻撃が怖いし、精神の操作をされてしまうので、なかなか行動に出られない。しかし、勇気と自信を持って行動をするべきだと思う。泥棒でもなんでも犯人が判明していて確実な証拠があり警察に通報する人はいないと思う。法と根拠に乗っ取って捜査を願うべきだ。私は不勉強なので良くしらないが痴漢などでも証拠がなくても「この人にやられました」という証言で犯人逮捕に至ることがあるのかも知れない。電磁波による犯罪も重要なのは被害者の証言である。それゆえ証言は的確に行う必要もある。撹乱されて訳が分からなくなってしまう場合は「そういう被害だ」と証言すれば良いと思う。

更に、法律などに詳しい方は関係省庁に対して回覧された文書に対してどう対処するのかを聞いてもいいと思う。

加害者が特定できている被害者の方は公安調査庁の公益情報窓口に連絡を取ってはどうだろうか。インターネットからも連絡が出来るようになっている。全国で武器を使って集団で計画的に行っている無差別テロであるから。この電磁波テロにより自殺に追い込まれた人もいるのであるから。

それと、この時期になると「芽吹き病」といって気が緩んで少し変になる人が昔からいたらしい。加害者はそう言ったタイミングで攻撃を強めたりすることもあると考えて欲しい。

17:08
毎度お馴染みの被害報告である。
午前中から酷い記憶障害を起こされ毎日やっているような作業もわからなくされてしまった。たとえば携帯電話で何かのサイトにログインする時の文字を漢字から英語小文字に変えるなどの作業やパスワードの入力などが瞬間的に訳が分からなくなり大変だった。

後はボリュームは小さいが歌のリピート送信と声によるリアルタイム監視による攻撃だ。今日のリアルタイム監視は、まず音声送信や脳の操作により自分の考えや次にとるべき行動のすべてを声に出さないで呟かなくてはならないようにされた上で、その呟きを機械的な合成音声で自分の脳内に送信して来るというやり方だ。

思考盗聴をするので考えた内容を呟く前に加害者に言われてしまったり、私が何を呟くかを予測して私の呟きと同時に脳内音声で上から被せてきたりする。だから被せて来たと感じた時には途中で呟くのをやめると加害者の送信する声が聞こえたりする。

思考が読めるのは確かなようだが、常に当たっているのではなく間違っている時もよくある。試しに遊んでみた。加害者の悪口を三種類用意して、その言葉を右から立てに並べる。そして呟こうとする瞬間に三種類のどれかをイメージする。一番右の言葉をイメージしながら実際には一番左の言葉を呟いたりしてみた。加害者は外す事が多いし、極度に気が短いので嫌がっていた。

ただ、最後はそんな遊びも出来ないくらい脳の回転を遅くされてしまい加害者にやりたい放題やられてしまう。

今は異常な全身疲労、眠気、イライラ、目眩、呼吸困難、頭痛、知恵遅れ、うつ的な感じ、キーンという音、ゴムが焼けるような臭い、口の中が苦くなる攻撃を受けている。

20:56
「まずは笑ってあげよう」と送信される。
何でも「笑ってあげよう」という言葉に強制的に結び付ける。

また、居眠りもさせない攻撃に出る

「地域社会から笑い者にさせてあげよう」と送信される。

明日は早朝の地域でのボランティア活動にでなければならない。高齢の母が腰痛の為である。小学生の子供がいるが授業参観にも行かれければ運動会にも行かれないようにされてしまっている。

これはすべて電磁波テロの為だ。

私の家は父子家庭の為、私がこのような殺人行為に遭っていれば子供の面倒を見ることは不可能であり、子供の教育は諦めざるを得ない。

栃木県佐野市での出来事である。

酷い音声送信などでローンで建てた自分の家に住めなくさせられたのも、その子供達の母親が亡くなってからだ。

私の加害者というのは徹底した殺意がある。

どんなに攻撃をしても精神異常者に仕立て上げても無駄だ。証拠がなくても私は電磁波テロの殺人行為を世間に訴え続ける。

こんな酷い目に合わされながらも地域の奉仕活動に参加しなければ精神異常者扱いであり、尚且つ子供達も、一家も地域から白い目で見られてしまう。もうすでに私は精神異常者と思われているだろう。

電磁波テロの存在を信じる人は10人に1人くらいだ。

その脳内音声による攻撃は徹底している。「校長に笑わせよう、教頭も創価学会だ」、「国連人権規約とか日弁連も創価学会だ」、「人権擁護局なんて書くと愛国者に嫌われるぞ」と言った感じに徹底的に創価学会という名を使い脅迫をする。

実は今朝も起床と同時に

「君は創価学会に逆らって生きていけると思っているのか」

と脳内音声で送信されている。

確かに、日記に何を書こうが政府からの回答が来たと書いても全く関係なく脳に対する攻撃をして来る。今日は特に酷い。

21:47
先日紹介したDVD
「クリープゾーン マインドコントロール」

creepzone.jpg

これは脳内音声による命令などや大衆マインドコントロールの出てくる映画で方法は別としてこの被害の恐ろしさを良く表していると思う。「容赦なく脳に送り込まれる恐怖のマイナス感情!この強制マインドコントロールに耐える事が出来るか!?」とパッケージに書かれている。

これは映画であるが私達の被害は現実である。

3月3日3:05
寝ると書き忘れたがすでに11時頃に就寝している。
しかし、就寝時も激しい睡眠妨害に遭い、睡眠導入剤なんか飲んでも本気で攻撃をされると全く眠れないと言うことを知る。目に何かを送り付けられるのだろうか。

3/3へ続く。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる