FC2ブログ

被害者の未来へ

3:12
新年おめでとうございます

昨年はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークを中心に被害者に取っては実りのある一年でした。それまでは被害者だと言う事を表に出せないで苦労なさって来た方が沢山いらっしゃいました。他の被害者の方達も活動を始め、全国的に被害者の方が表面に出掛かってきています。今年もそれを更に進め、多くの被害者の方が一箇所に集結するようになることを願っています。数が多く集まれば説得力も増すと思います。


今日も睡眠妨害をされて起きてきた。
30分くらいしか寝ていないと思う。

音声による誘導尋問

昨日の日記の冒頭に「憎たらしい」という言葉が想起され、自分では「誰が憎たらしいのだろう」と考え、次に小さな声で「憎たらしい」を連呼しているのを聞いた。

その後に「感覚の送信」という言葉でお茶を濁されたが、もう一度日記を読み返すと、そこに隠された罠があったと気が付く。「憎たらしい」という言葉が想起された時点で私が誰か対象になる人間の名前でも思い浮かべれば、それを利用して破壊工作に出るつもりでいたのかと推測された。

加害者は語りかけから連想したものを嫌がらせに利用する

イメージ空間の乗っ取り

さっき寝る時に映像をイメージすると、それをいとも簡単に書き換えてしまい、自分の頭の中に描いたイメージなのに自分の自由にならない。その書き換えは瞬時で加害者が自在に動画で書き換えてしまう。目を瞑っているからかと思い、目を開いてイメージしてみても同じだ。全く自分の自由に映像を頭の中に描く事が出来ない。なんどやっても、全く関係ない映像をイメージしても同じだ。

もしかすると最初から脳を乗っ取られていて、イメージする空間が自分の脳ではなく外部なのではないかと思った。或いは、予め用意されていた映像をみせられていて、それを題材にイメージさせるように思考を誘導している可能性もある。

信じられないレベルで脳の操作をしているのかも知れない。

混乱の酷い被害者の方へ

頑張ってください。
精神への介入は大変な苦痛であり、脳への攻撃や音声送信が激しいと耐えられなくなり絶望的になる事もあります。被害を受け始めた頃のショックは並大抵のものではありません。明らかな殺意を感じるこの犯罪。生命そのものを奪い取られてしまっているかのようなものです。しかし、かなりの人は耐えて生きています。どうすれば良いかという方法はありません。少しでもよいので被害者として声を上げ続ける事が大切だと思います。

最近マニアックな内容が多くなってますが何かの参考になればと思っています。

4:56
「それ以上日記を書くと殺されるぞ」
「君は、また家を壊すぞ」
「君は絶対に眠れんぞ、どんなに強い薬を飲んでも無駄だ、覚醒させられている」
「栃木県佐野市の殺人行為と入れさせてやろう、その代わりに新しく恥をかかせてやろう」

年を取った男の声で平然といっている。

「暴れ狂え、そうすれば許してやる」

デタラメの音声による語りかけと音楽のリピート送信を絶対にやめない。脳を覚醒されているのも事実だと思う。「かわいそうに」と笑いながら送信する。

笑いながら人を殺す事の出来る物達だ。

12:12
その後はなんとか眠れ10時半に目が覚める。
睡眠妨害の日記を読み返すと凄まじい限りである。

23:57
今、風呂から出た所だ。それにしても酷い攻撃だ。なぜか風呂に入っていると音声の集中攻撃を受ける。毎日のことである。「日記を書くのをやめろ」と酷い脅迫とともに送信される。

今日は音声送信の質が変わったような感じで非常にボリュームが小さくなっている。しかし、やっている内容は全く同じで途切れることなく私事に干渉し身体攻撃もやったり、やめたりの繰り返しをしている。知恵遅れ攻撃(記憶障害のような感じ)や不快感(イライラして落ち着きがなくなる)の精神コントロールもされる。とくにパソコンが嫌で画面を見る気にもならなくなってしまい音楽を聞いていた。

しかし、インストルメンタルの音楽を聞いていると楽器のメロディーに合わせて声の送信をされる。声と一緒に舌が動いているように感じる為に、その声がどうしても自分の内部から出ているように思えてしまう。(長期に渡る監視活動の為ね私の聞いている音楽は全部知っている)

非常に不愉快である。

それとこの日記を書いていると、とてつもない迷いが生じてしまい、文章を作るのが大変になる。それらの攻撃に自覚症状がある場合とほとんど無い場合がある。声の内容は理由もなく、或いは無理やり、「惨め」、「哀れ」、「笑われ者」という結論にされてしまう。

明けても暮れても同じパターンの音声攻撃だ。

それらはすべてプライバシーの侵害によって成り立っていて、スパイ行為がなければ出来ないし、脳内音声の送信がなければ出来ない。更に、イライラさせるような煽り方をされるので、テレパシー通信(声に出さない呟き)により加害者に反論せずにはいられなくさせられてしまう。キーンという音もずっとしている。その他の被害は鼻などへの痒み、軽い頭痛とめまい、陰部への刺激、オナラ誘発、心拍数の上昇などが継続ではなく、しばしば行われている。

私が腹を立てると「後で復讐してやる、なんて考えんでくれな」と送信されるので「犯罪が明るみに出るのは時間の問題だと」考えると「テメエが精神病院に入るのと、どっちが早いか競争させてやる」などと挑発してくる。言うまでもなく腐ったドブゴミである。

あくまで私に限ったことだが頭の中で瞬間的に考えた思考も盗まれている。しかし、盗み取っても声の攻撃に使う時と使わない時があるし、思考は口で喋るよりも早いと思われるので、そのすべてを脳内音声でトレースすることは出来ないのだと思う。

これは下書きとしてメモしている物で、書いていると「それをアップしたら今夜も寝させないぞ」と脅迫をされてキーンという音が激しくなり頭部圧迫感も強くなる。

これ以上の悪は世の中に存在しないと言い切れるような犯罪だ。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる