憎たらしい

4:42
睡眠妨害により目覚める。
多少、苦しいような夢か何かを見せられていたかも知れない。
就寝時にも頭痛攻撃をされていた。
グーっという低い音が聞こえていたかも知れない。
「かわいそう」という言葉も嫌というほど聞かされる。

目覚めるとすぐに「憎たらしい」と連発される

私は最初はその「憎たらしい」が聞えなかった。もう1人の声が聞こえていた。ただ、「憎たらしい」という考えは頭の中に浮かんでいた。次に、「誰の事を憎たらしいと思っているだろうか」という考えが浮かんだ。少しすると低い、息を殺したような声で「憎たらしい」が数回聞えて来た。

「お前が、憎たらしいと思われているんだ」と言う意味の言葉を送信され、なるほどと思った。

「感覚の送信の意味を説明してくれ」、「せめて感覚の伝達という言葉にしてくれ」と加害者に音声で言われた。感覚の送信の意味が本当に知りたければ総務省の五感情報通信で検索して当該研究者にその意味を聞くべきだと思う。

このように私の加害者は日記の内容や文字の間違い、多く使われている言葉、句読点の位置にまでクレームを付けてくる。

文章を読んでいる時には完全にその内容を理解しているかどうか、漢字が読めているかどうか、読めたとしても漢字の意味を正確に理解しているかどうかにまで言及してくる。

だから感覚の送信という言葉は技術レベルではなく、被害レベルで使っている言葉である。仮にある種の周波数のパルスを局所的に照射され痒みが発生したとしても、パルス波(痒み)を送信されたと表現出来ないだろうか。

お判りの通り、すべて加害者により誘導されて書いている日記である。そして、加害者が何を目論んでいるか読んだ方にご判断願いたいと思う次第です。私の日記は何をされたかを詳しく記す事を目的としています。

11:08
その後は眠れて10時半に起床する。
音声のボリュームは小さい状態だ。
目覚めとともに歌のリピート送信、声による私事への干渉が細かいレベルで始まる。今日、私がこれからやろうと思っている事、テレビを見ていると字幕を利用した仄めかし(偶然を利用)、デタラメ音声での吹き替え、などだ。それと軽い頭痛がしていて、やや気分がすっきりしない。当たり前であるが、被害を受けているだけで気分が良いわけがない。

24:37
「2009年 おめでとうございます」

この被害は盆も正月も関係なく24時間で行われています。

今日も、いつもと全く同じように攻撃をされ続けていたが、色々と忙しいので腹立たしい限りの攻撃を受けてもそのまま生活していた。とくに先ほどまで外出していたので帰宅途中と帰宅後に酷い集中攻撃を受けている。本当に何が悔しくて、何を苦しんで、そこまで殺人と言えるような攻撃を続けるのか理解出来ない。

1/1 1:20
集中攻撃を受けていたので大変だった。
風呂に入って少し自分を取り戻した。

脳に攻撃をして何も考えられない状態にして、そこに脳内音声で歌のリピートや声による罵倒をしてくるのは、体を動けないようにして殴る、蹴るの暴行を加えるのと同じで、更に誰がやっているか判らないように顔を隠しているのと同じ。

脳への遠隔からの攻撃は大変な暴力だ。

ヒステリー症状を作り出す事も出来る

通常、ヒステリー症状というとどんな症状だろうか。それを起こした時に身体はどのようになるだろうか。心拍数や血圧の変化、内臓や筋肉の状態、あるいはその他の身体に特有と思われる状態はないだろうか。それらをすべて複合させてヒステリーを起こしたように被害者に錯覚をおこさせる事があるはずだ。ただでさえイライラする攻撃に加えてそのような細工をしていると思う。

テレビの内容や字幕を利用した仄めかしというのは何ですかという質問を受けました。それは、声の送信で加害者により特定のキーワードによる嫌がらせを受けていたとします。(実際に被害者はそれぞれ固有のキーワードか共通のキーワードで攻撃をされている)テレビを見ていれば、いつかは必ずそのキーワードが出ます。その時に「ほら見ろテレビにまでバカにされているぞ」と言われたりするわけです。大まかに説明するとそんな感じです。

その他、リアルタイムで生番組で、という方もいるようですが、私の場合は偶然の一致以外に、そういう被害に遭った事がないのでとりあえずそこには触れません。理解は出来ます。

寝る。

被害者は歩く広告塔

2:35
悪魔の徹底した攻撃は止む事はない。

この犯罪を無いと決め付けている方は罪かも知れない。

加害者はそのくらい明らかにテクノロジー犯罪である事を、確実に知らせてくる。そして、その一方では被害者を絶対絶命に追い込んで来る。「かわいそうに」という脳内音声を聞かせながらの残虐な行為は殺意がむき出しになっている。

就寝が12時半くらいだったので、2時間後に起こされた事になるが、就寝時も性的な身体攻撃を執拗に行われ、声の送信でとことん貶されていた。しかし、すぐに眠くなり眠ってしまった。その時に聞かされた言葉が「テクノロジー被害者というのは・・・」というのだった。睡眠までコントロールされてしまうのだと思った。睡眠を妨害するだけでなく、眠らされてしまう。

しかし、その前には映像をとことん見させられて遊ばれた。なぜ大量の映像を見させられたかと言うと寝る前に映像被害についてメモに記していたからだ。

そして、また落としいれようとする夢を見させられて目が覚めた。目覚めた理由は痒みかも知れないが、すぐに夢の延長となる脳内音声の送信を受けて精神的に落ち込まされそうになる。

内容は「お前は被害者の間で嫌われている」という言葉が事実であると確信したくなってしまうのに十分な材料を何点も映像や声により立て続けに送りつけられる。このやり方は毎日であるが、私は加害者の掲示した内容に確証がない事を見抜き、テレパシー通信によりその場で覆している。

誰に笑われようと、嫌われようと関係はない。

人間の脳を操作している殺人ともいえる犯罪が行われ続けている事実を記しているだけだ。加害者がここまで徹底的に攻撃をする理由として私はいつも思っている。

被害者は加害者に利用されている可能性がある

逆に、こんなとんでもない犯罪があちこちで行われている事を被害者を利用して世間にそれとなく知らせているのだろう。それぞれの被害者の言い分(訴え内容)も加害者によってコントロールされていると思っても差し支えないくらいだと思う。

ついでに昨夜のメモを掲載しておく。

映像送信について

テクノロジー犯罪では映像の送信を多様していると感じる。映像と言っても誰もが日常的に頭の中に描いているイメージ映像のことで、加害者はこれを盗み取ったり、逆に送りつけてきたりする事が出来る。脳を操作する被害であると気が付かない時は騙されてしまう事がある。何しろイメージ映像は誰もが(私は人の頭の中を覗いた事がないので確実には知らないが)日常的に自然に使用しているものなので、まさかその映像が加害者によって送りつけられた偽物であるなんて思いもしないだろう。ましては、人には知られたくない超私的なイメージや、誰にも知られている筈のない過去の出来事の映像を強制的に思い出さされるように送りつけられると、あまりにショッキングな為に、その映像が偽物であることに気が付かなかったりする。

被害者はイメージ映像の送信による錯覚に注意して欲しい。

私のような被害に遭うと声の送信によって何をイメージしたかを言い当てられてしまうことは勿論、イメージした映像を、リアルタイムで加害者によって書き換えられてしまう。12/28の夜は寝る前に人の顔をイメージしてみた。するとその顔の人が嘔吐してしまう。別の人の顔を描くと、その人も嘔吐する。どちらかと言うと漫画チックな感じであまりリアルではない。

だいぶ前にはオートバイを運転中に自分の体の輪郭が女になってしまった事があった。それはイメージ映像というか現実の自分の体の輪郭にぴったりとマッチしている感覚だった。ただし、その感覚は胸部と性器のみであり、あくまで視覚的イメージであると思った。しかも体の輪郭は裸である。だからイメージ映像と言っても頭の中だけでなく、実際の体に密着したようなイメージの送信も可能と思われる。

1時間、寝る時間を割いてアップさせていただいた。

10:02
その後は眠れたが、一度早い時間に目覚めさせられたようだ。その時は非常にイライラしていたが、すぐに眠ってしまった。そして9時半に突然目が覚める。

その時も同じ感じのマイナスイメージの言葉を浴びせられ顔に水でもぶっ掛けられたかのような気分の悪い思いをさせられた。しかも頭痛がしている。キーンという音もしている。更に音楽は新しく作り直したようで、以前フランクシナトラの曲をリピートしていた時のように、その場で歌っているのではなく、それなりに録音して作ったのだと思う。「it could happen to you」と「on green dolphin street」の2曲が女性の声でメロディーを歌っている。

目線の移動だが、なぜかパソコンの画面から右に30センチほど右に移動させられ、脳内音声の仄めかしである「だいだい色」の場所に行ってしまい多少気持ち悪くなった。

20:18
もう、すでに長い日記となってしまっている。
今日は、軽い目眩と頭痛をともなう知恵遅れ攻撃を受けながら大掃除を済ませた。勿論、音声送信は途切れない。嫌みと脅迫の連続だ。

パソコンの電源を入れただけで加害者は騒ぎ始める。

猛烈に臭いにおいを送信され、お腹に空気が溜り、頭痛が始まった。

声の送信では、あたかも自分が喋っているように感じてしまう声を送信をされる。喋るというよりは呟いていると言った感じにさせられてしまう。それを避けるには瞬時に別の言葉を考えて独り言のように呟く以外にないが、瞬時に考えた事を盗まれてしまうので避けようがない。普段そういった攻撃の時に呟く言葉を加害者に覚えられているし、思考の誘導をさせる為の音声を先に送信されるために別の言葉を考えられなくされてしまう。

従って音声は数種類がほぼ同時に送信されている。

更に攻撃が進むと食事の時などに物を噛むタイミングで呟き脳内音声を送信されたり、居眠りをしようとすると呼吸に合わせて送信される。それが嫌なら呼吸するのをやめなければならない。

それらの攻撃から逃れる為に声に出さない独り言を呟いていると、声の送信で使われている声を使用して、声に出さない自分の呟きを脳内に送信される。場合によっては自分の喉の具合を調整する事により再送信される声の種類を変える事すら出来る。

これは口の中の盗聴なのか思考盗聴なのか不明だが。

盗聴して再送信する嫌がらせとして、テレビのBGMや音楽などを時たま、呟き性のある脳内音声で送信されたりする。コンビニなどで妙に歌が良く聞こえて一緒に歌いだしそうになってしまう事も経験している。

そのような事を一日中されているわけだ。

24:58
音声は随分と静かになっている。キーンと言う音が僅かに聞こえている。しかし、思考はすっきりせず、後頭部に圧迫感と頭痛がしている。キーボードを打つ左手が急に疲労した。

寝る。

人を喜ばせると言うことは

10:00
9時に起床した。
目覚めたのは恐らく30分ほど前だと思う。
まず、不自然極まりない夢を見て目が覚め、同時に不自然な事柄が想起してくる。夢はロック歌手と、その追いかけの女が出てくる感じのストーリーで愚作である。想起されることは、ほぼいつも通り自分の中では解決済みの事や、被害者の方に疑いを持つような内容だ。

それと同時に歌のリピート送信を開始される。

最近は声よりもキーンという音の方が大きく感じるくらい声のボリュームは下がっている。送信された歌は「巨人の星」、「山下達郎の古いクリスマスソング」、「天才バカボン」などで起床してすぐにそれらの攻撃の為に精神を撹乱されてしまう。とりあえずパソコンのスイッチを入れてコーヒーを飲みながら、なんとなくネット閲覧をする。拍手ボタンを押すと「幸せなら手を叩こう」と、これまた古い歌を送信される。

日記を書き出すと、後頭部に違和感が生じて知恵遅れ状態になる。

人を喜ばせると言う事は、それが自分に何倍にもなって帰って来ると思った。自分も嬉しくなる。従って人を苦しめている加害者には、それが何倍にもなって帰って来ていると思う。

11:02
日記をアップした後に「天才バカボン」の歌をリピート送信し、数人の声で集中攻撃をされている。しかし、卑怯な物達なので陰に隠れて武器を使って特定個人を攻撃することしか出来ない。

「佐野市から訴えてやりたい」
「近所から思いっきり悪い噂を流してあげたい」
「被害者から笑い者にしてあげたい」
「家族から笑い者にさせてやりたい」

「また日記に書いたら、もと激しく攻撃してやる」

毎日、同じ事の繰り返しで、ここに記している事にもリアルタイムで反応してケチをつけている。

22:03
昨日はやや弱まっていた攻撃が今日は激しくなった。
「年越し苦労をさせてやろう」
「折角終わりにしようと思ったけど来年も嫌がらせしよう」
「どうせ、お前の言っている事なんか誰も信じないぞ」
「近所ではみんな精神病だと思っているぞ」

左の太ももの筋肉をピクピクと痙攣させて「ねえ、もうやめなよ、日記を書くのをやめなよ」と声の送信をして来る。

「ふざけるな」と言いたい。

散々、一日中、頭痛と知恵遅れ攻撃、キーンという不快なノイズ、歌のリピート送信、全く途切れない声の送信で私生活に干渉しまくって来て、最後に日記を書こうとすると「日記をやめなさい」と来る。

まず、部屋の掃除をしていると頭痛。
銀行に金を振り込みに行くと、「おい、振り込め詐欺が来たと連絡しろ」、「こんなに人が並んでいるのに図々しい奴だな、さっさと帰れ」なんて声の送信をされる。

さっきは親戚の子供も連れてスーパー銭湯に行ってきたが、その道中の車内でも強い音声の送信や変な周波数を送りつけて来るので子供達との会話が満足に出来なかった。銭湯の中でもオナラ誘発攻撃や頭痛、キーンという高い音を送信されたりして非常に不快だった。

今は左手の肩から下の筋肉を痛いような腱鞘炎のようにさせられている。とにかく言いたい放題、やりたい放題だ。

目線の操作とはどんなものなのだろうか

目線の誘導被害を訴える被害者がいるようだが、私は、確実に肉体的に目線を動かされたと感じた事はなく、例えば自動車であれば目線がナンバープレートに行くクセが付くように心を誘導されているのではないかと感じたりもしている。しかし、テクノロジー被害は自分が体験しない限り分からないものなので否定はしない。

そこで自分の体験より思った。

人間の記憶を消したり、外部からの刺激を認知する神経を遮断したりする事ができたらどうなるだろうか。たとえば、その攻撃を受けている間は自分が何をしていたか分からなくなってしまうような神経操作だ。仮に一秒間に5回とか断続的に、そんな事をしたとすると、アナログ的に線上で動く目線に映る景色がコマ送りのようになったり、最後に目線が止まった位置に目に映るものが不自然に見えたりしないだろうか。これは自分で目線を動かした認識が無いのに(人間は自分の目線がどのように動いているかなんて気にしてはいない)、1秒間くらいの間に3箇所、コマ送りのように目線が移動したのを確認したからだ。何だか上手く説明出来ないが、色々なトリックを使っているように思った。

また、知恵遅れ攻撃が酷いと何度読んでも同じ行の先頭に目線が来てしまったり、どの行を読んでいたのか分からなくなったりもする。

少しマニアックな内容になってしまったが私は大雑把な性格なので神経質にはならない。とにかく極悪の嫌な奴らとしか言いようがない。

23:51
先ほどのアップの後も目眩をさせられたり、声で酷い脅迫を受けた。「人前で、お漏らしさせてあげたい」、「一生、精神病院で暮らさせてあげよう」などだ。

寝る。

今日も目覚めとともに

11:09
就寝が2時、目覚めたのは8時過ぎだろうか。
目だった睡眠妨害は無かったが目覚めが早すぎるような気がする。
目覚めると「巨人の星」のリピート送信が聞えている。まどろみの中、昨日の出来事や今日これから行う事などを考えながら、もう少し寝るかどうか決めた。最初は脳内音声にそれほど毒されていないので、やる気があるが起きてくると次第にやる気がなくなってくる。目覚めた時は右半身が痛く頭痛もしていたが今は無い。

「日記を書くと殺させるぞ」
「お前は約束を破った」
「からかってあげよう」

思考の中にずっと入り込まれている。

音声が聞こえているだけではない。精神への介入だ。

今すでに知恵遅れ攻撃(記憶障害とめまい)をされている。

通常、人間は、誰にも見せない部分がある。物理的というか視覚的に自分以外の人には絶対に見せない部分、精神的に心のすべてを他人に知らせることはあり得ない。その壁のような物は人間が持って生まれた物で自然にそうなっていて人間としての生命が維持されている。

むしろ「超人類へ」とか言う本で取り上げられているように、感情・心の共有が出来たら、感動的な景色、感動的な心、それを他人に自分と同じ感覚を知ってもらえたら、どれほどすばらしい事か、なんて思う人がいるくらいである。

しかし、それらすべてが見えない犯罪者によって盗み取られ悪用されている。しかも精神への介入、干渉を拒否する事は出来ない。これでは精神が崩壊してしまうだろう。しかも途切れる事のない声の送信と喜怒哀楽などの精神操作により常に不自然な心持にされてしまう。勿論、映像の送信なども執拗に行われている。

24:43
今日は掃除などをしていた。
日記を書こうとすると声による脅迫が出たり、攻撃のパワーが増えたりするのはいつも同じだ。「命知らずの日記を書こう」なんて声の送信で言われたりする一方、統合失調症のコメントを下さる方がいる、これらすべてが現実ということになる。

一日中、低いパワーの攻撃が続いていたが、要所ではやられた。たとえば買い物など人気の多い所に行くとパワーが上がったりした。たとえば足が痛くなったり、内臓が痛くなったりした。しかし、筋肉が疲労したような感覚などは、実際に動かして使った筋肉と同じ場所の場合は被害なのか疲労なのか判断しにくい場合がある。

最近は左手の甲が温熱攻撃により熱く感じることが多い。

その熱さはせいぜい摂氏45度と言ったところだと思う。お湯に例えるとやけどになったり、熱くて耐えられないような感じではない。

寝る。

あんまり逆らわん方がいいぞ

1:14
悪魔はこうやって嫌がらせをする。
寝てから1時間経っていない。なぜかすぐに眠れたと思うと、意識が戻る。その瞬間に鼻の下が痒くなると同時に覚醒した。これは脳を覚醒させる信号と鼻を痒くせる信号を別々に送られている証拠だ。鼻の下が痒いだけならハッキリ・クッキリと覚醒はしない。

目覚めたとたんに汚い、嫌みったらしい声でバカにして来る。「一生知恵遅れ状態にしてやらあ」。頭痛も少しさせられた。アレルギーでもないのに目を痒くさせるのは簡単だ。食べ物が口の中にある時や水を飲んで居る時に咳をさせたり、噎せ返らせたりするのも良くある。

そして宗教団体の名前をだして逆らうと住めなくなるぞと脅迫をする。

それと喜怒哀楽の感情操作も得意としている。

このように加害者が私に日記を書かせている。

4:55
今、脳内音声で歌を歌われて、寝ているのに一緒にそのメロディーを歌わされて(あたかも一緒に舌が動いていたようだ)目が覚めた。

実は、今日朝それほど早い時間ではないが人と会う予定があり出かける事になっている。数人と約束している。加害者というのはそんな事があると必ず睡眠妨害をする。「その、疲れ切った顔で会わせてあげな」と先ほどと同じ声で送信された。「この地域で笑い者にしてあげるよ」、「君は精神異常者と言われているよ」、「悪い噂を徹底的に流してあげるよ」と送信された。

今はキーン(シーン)という音がしている。

なんと醜い物達だろうか。私は、この悪魔の犯罪を細かく記す事を目的としている。ただ、ひたすら脳内音声、思考盗聴などを使い人権を無視した生活妨害をしているだけだ。しかも、もっと酷い攻撃をすれば、いとも簡単に発狂させる事が出来る。確実に。

これはすべて事実であり、こんなことまでしなければならない加害者の身の上が哀れでならない。

殺人行為が野放しではこの国も危ないと思う。

絶対に許してはいけない犯罪だ。他の被害者による強力な活動を望む。

6:47
「絶対に寝させるなよ」という合言葉のもとにあれから2時間全くねむらせようとしない。

「いい気味、ザマア見ろと言わせてもらうよ」
「とうとう狂ったぞ、絶対に外出させるなよ」
「車の運転で事故を起こさせてやれ」
「同乗者を不安にさせてやれ」

「拝み屋にさからうな」
「食べ物の毒を入れてあげるよ」

「博士の独り言に拍手をさせるなよ」
「瀬戸弘幸のブログを見させるなよ」

「死を見させてあげるよ」
「誰一人信用出来なくなって被害者の集まりから消えた人のようにさせてあげるよ」
「その人に会わせてあげるよ」
「狂ったぞ、あいつ狂ったから、いまから寝させてやるよ、今日は約束をやぶれ」
「計画を台無しにしてあげるよ」

覚えているのはこのくらいで、2時間延々と醜い汚らしい言葉を浴びせ続け絶対に寝られないようにされた。今もひっきりなしに脳内音声による語りかけをやめようとしない。

こんな感じだ。これらはほとんど1人の声で聞えていた。勿論、歌のリピート送信も途切れなく、顔を痒くさせたりしていた。

その中には絶対に実現不可能な言葉も沢山出てくる。
これでは加害者がキチガイだと言うことは誰にでも分かるだろう。

「君には社会のモラルが必要だ、精神病院へ入れてあげるよ」
「一番怖いのは警察だぞ」

次から次へとキリがない。精神病院に入らなければいけないのは加害者だ。

8:25
その後は脳を覚醒させる信号を送りつけるのをやめたのだと思う。なんとか眠れたが、こんどは眠くて何度夢を見させられてもすぐに眠ってしまうし起きられない。確か、三回くらい立て続けに夢を見て目が覚めたところだ、時間に追われて慌てて駆けずり回っている所の夢だ。しかも久しぶりに乳首を敏感にする攻撃をされた。

目が覚めると「かわいそうに、眠くても眠れない」と聞かされる。

そして起床すると左の腰が痛くて歩けない。
こんなのもテクノロジー攻撃では簡単に出来る。それを書くと「ではそうしてやろう」と言い、一旦は治まった痛みが瞬時に復活する。先ほどは後頭部に頭痛をさせられたまま寝ていた。

こんな日記を書いている人間の運転する車には同乗したくないと思うのが普通だ。それを狙っているのが加害者である。そんなようにどんな被害に遭っているか、他人に説明出来ないように攻撃をする特徴がある。たとえば精神異常者扱いされる、恥ずかしい嫌がらせをされる、喋ると自分の立場が悪くなる、などを最大限に利用して攻撃を繰り返す。

究極のスパイであることは間違いない。

28日1:30
「かわいそうだから黙っていてあげよう」、「何を書いたか、書いた内容で嫌がらせをしてあげよう」と今、脳内音声で脅迫を受けた。

今日は用事を兼ねて遠方まで被害者の方と出掛けた。用事の方は急遽キャンセルになってしまったので気晴らしのツアーと言った感じになってしまった。用事というのは被害の広報に関してだった。

天気も良く十分な気晴らしとなった。

しかし、被害はどこに居ても付き纏う。後半は知恵遅れ攻撃をされたりした。それよりも帰宅後の声の送信が酷い。わざわざ書くまでもないが音声送信は途切れる事はない。

ここに書いてある内容は代表的な表現で実際にはマンツーマン方式で極めて個人的な精神への介入を示す言葉により詳細に言葉を聞かされているわけだ。

正直、怖い(睡眠妨害を含めどんな攻撃をされるかわからないからだ)

寝る。

少し軽減した被害

9:42
昨夜は、それほど酷い睡眠妨害はなかったが3時半に起こされた。その後も何度か目覚めた記憶があるが最後に夢を見させられて目が覚める。その途中で「佐野市という言葉を日記から取り去ってくれ」と送信されたのを覚えている。

夢は合成夢であると判断せざるを得なくなっている。合成夢と判断する理由は目覚めた直後に声の送信で夢の内容について語られたり、仄めかしをされるので、そう判断している。今日は「巨人の星」にひっかけて「16」という数字の出てくる夢だ。ビルの16階が出て来る夢。

目覚めるとゆっくりとしたテンポで「巨人の星」の歌をリピート送信している。声の送信による嫌みも開始される。しかし、ボリュームは小さい。右の耳にもキーンという音がしている(耳鳴りではない)。

その後、被害が弱いので日記を書くかどうか考えていると「日記を書け」と送信され、わずかな軽い知恵遅れ攻撃をされたので、なぜかそれほど日記に記したいという気持ちは無いが書くことにした。

それと新しいキーワードが登場した。「アドバルーン」だ。それに関連した言葉を送信させて「アドバルーン」を意識させたいようだ。

今は、かなり楽だが、5段階で言うと1程度の頭痛、知恵遅れ、目眩がしている。

24:00
今日は忙しく日記の更新が遅れてしまった。要所、要所では嫌がらせをされていたが、腹が立って耐えられないほどではなかった。しかし、全く途切れない音声と歌のリピート送信により、すべてに干渉されっぱなしだ。

テクノロジーにより遊ばれていると言った感じである。今も日記を書かなければ「寝させてやる」、「書いても、書かなくても寝させてやる」とか送信されている。そう言った言葉を聞かされると、考えに迷いが生じてしまう。そんな人の心を玩んでいるかのようだ。


寝る。

戦争と侵略とテロ

13:17
「戦争と侵略とテロ」それぞれの言葉には意味が定義されている。

電磁波などによる特定個人への徹底した攻撃や集団ストーカーなどはそれらの言葉の中のどれに属するのだろうか。どのような組織が、どのような装置で、何処から、どのように攻撃するのだろうか。自殺してしまう人、精神病院に入れられてしまう人、そのどちらでもなくとも人間として普通に生活する権利を第三者に見えない形で剥奪され、生きている限り苦しまなければならないように追い込まれた被害者。その被害者の数はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークで把握しているだけで全国500人と言われている。戦争でもあれば侵略にも思え、テロとも受け止められる。「マインド・ウォーズ」という言葉だけでは片付けられない面もある。専門の方に調査をして頂たい次第です。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークでは各省庁に要望書などを提出しています。どのような内容であるかご確認頂ければ幸いです。

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html


日記に入ります。

昨夜も就寝時には酷いノイズ(キーンという音、モーターが回るような音、モールス信号のような音)を脳内に送信され、声の送信による罵声や嫌味を数人に寄って集って浴びせられた。それを防ぐには自分の中で何かを呟くしかないが、そうすると寝る事は出来ない。更に身体のあちこちを痒くさせられるので、これまた寝られない。当然、頭痛もしていた。

就寝は1時頃だと思うが最後に時間を確認したのは3時半だったと思う(枕元に時計が無い為)。就寝できた理由の一つとして加害者が激しい攻撃をやめて、通常の攻撃に戻したからだ。その後も2度、目が覚めたが頭痛がする。加害者は「目が覚めると頭痛がする」と送信しておちょくっている。

結局、10時過ぎに起床したが、日記を書くためにパソコンのスイッチを入れると同時に激しい頭痛と目眩と全身の脱力感に襲われた。用事を思い出したのでパソコンの電源を切り外出した。外出先でも頭痛がしていて「痛みとの戦い、どこまで耐えられるかな」、「日記を削除すれば許してやっていいがな」と送信される。

会社に戻り日記を書こうとすると来客があったのでブラウザを閉じる。しかし、話の最中に「月がでたでた、月がでた」と歌のリピートをされたので話を聞くのが大変だった。話の要点はつかめているし、もし、大切な部分を聞き逃した場合はもう一度聞けば良いのでなんとかなる。

その後お昼の弁当を食べながらブログの閲覧をするが、頭痛と目眩を伴う知恵遅れ攻撃のために飛ばし読みをした。なぜか食べた物が胃の上の方に止まっていて下に降りて行かないように感じた。今も仕事の合間を縫って日記を書いている。

脳に対する攻撃は恐ろしい

それから、もう一つ。私の場合はブログなどを読んでいるときには、そのブログ専用の声色というのがあり、私が読むのと同時に、その声が一緒に読み上げてくるので、ブログを書いた人の印象やイメージが変わってしまう。これはずっと継続している。

今、攻撃が酷くなってきた。

5段階であらわすと3から4の攻撃で5になったら何も出来なくなるだろう。

14:03
日記をアップしたとたんに「お前のブログのせいで迷惑をしている人が沢山いる」、「今から車で迎えに行く、クラクションを鳴りっぱなしにしてやれ」、私の名を呼んで「・・・君、法廷に出てもらいたいんだけど、資料はそろっていますか」などと脳内音声で送信された。

頭痛は後頭部からこめかみ付近で、首や肩が異常に凝る感じだ。

23:28
頭痛攻撃は夜の7時過ぎくらいに自然に消えていた。
帰宅したのが9時半くらいで、それからテレビを見ていたが激しい攻撃はなく、知恵遅れ攻撃も和らいでいた。しかし、キーンという音がわずかに聞えたていて、歌のリピート送信もされていた。声の送信では「本当に許してやる」を何度も言っていたが、ヨーグルトを食べただけで胃が痛くなったりした。

風呂に入っている時に歌のリピート送信や声の送信をされながら思った。

音声送信とは別に、何かを呟いたり(声に出さなくとも)せずにはいられなくなる、何かの信号を脳に送られているのではないか、自白作用と言ったら何だが、それに近い作用があると思った。そして、風呂の中で日記に何を書くかを考えた瞬間に目眩を伴う知恵遅れ攻撃を少しされた。

本当に嫌な感じだと思った。

このように、暫くの間、酷い攻撃から開放されると次に攻撃をされた時に、いかに苦しい攻撃かと言うことをつくづく感じさせられる。そして日記を書くためにパソコンの前に座ると段々と攻撃のパワーが上がってくる。

では、加害者との取引に応じて日記を書くのをやめたらどうなるだろうか。そうしたいと思うが、なにせ音声送信は全く途切れる事がないので、そんな気にはならない。今、腹部が痛い。

寝る。

寝させないのは拷問だ

2:09
これは栃木県佐野市で起きている歴史的な殺人行為だ。

1時間半
執拗なテクノロジー攻撃により全く眠れない。
どこまでも、果てし無く、陰湿かつ残虐な手口で人権侵害を続ける。

疲れて、眠くてしょうがなくても絶対にに寝させない。
眠りそうになると顔や体を痒くして目を覚めさせる。
しかし、体はまるで強力な薬でも飲んだかのような状態になり、だるくて動けない。だから体勢を変えることも出来ずに、そのまま加害行為を一方的に受け続けるだけだ。何も考える事も出来ないで、ただ仰向けになったまま、寝ているのと、起きているのの中間点をさまよわせる。その間に様々な映像を目蓋の内側らしき場所に見させられた。

しかし、テクノロジーによる痒みだけは我慢が出来ない。

それを、延々1時間半、行われていた。その間にはキーンという音以外には声による語りかけが数回あっただけだ。語りかけの内容は全く根拠のないデタラメで、それを信じたとすれば自己嫌悪になり、人間不信になるような内容ばかりだ。

最後には、自分で何かを考えたが、その瞬間に「バカな奴だ」という言葉を同時に上から被せるように送信され、自分で考えた内容を忘れさせられてしまった。そして、そのことを指摘され「バカな奴だ」を数回送信していた。

目が覚めてパソコンのスイッチを入れると、陰険、陰湿な語りかけとは180度違う、明るいパアみたいな喋りに急変する。CIAという言葉を使ったのが気に入らないのなら、もう一度書く、CIA

さて、精神への介入は殺人であると全国に知らせて欲しい。

このままでは殺されてしまうかも知れないというのは大げさではない。

それから被害者が増え続けていると言う事もお伝えしておく。

12:56
睡眠妨害の為、仕事は午後からになってしまう。
目覚めてから30分くらいの間は三秒一節の誹謗中傷のようなものがひっきり無しに送信される。音声のボリュームは小さい。今は送信される声には隙間があり、ひっきり無しではない。しかし、携帯電話が着信すると、その着信メロディーをリピート送信される。

「日記を書くな」の脅迫は必ずされる

現在は、5段階で3程度の頭痛と吐き気、目眩を伴う知恵遅れ攻撃をされている。正直、パソコンの画面を見るのも嫌だという感じだ。だから尚更、パソコンに向かいたいと思い日記を書いている。お腹パンパン攻撃、左半身の筋肉の疲労感攻撃もされている。そういえば昨日も異常に方が凝っていたのを思い出した。

16:39
音声のボリュームはかなり小さくなっているが支配力があり、確実に伝達されている。歌のリピート送信も続けられている。頭痛攻撃も全くとぎれない。知恵遅れ攻撃は、まるでアルツハイマーの老人にでもなってしまったかのようで、朝起きてからの一連の行動・思考などの関連性がなくなってしまい、極端な言い方をすると、なぜ、何のために、自分がそこにいるのか、判らなくなるほどだ。

まるで自分が病人になってしまったような感じだ。

文章を読むのにも時間が掛かり、とくに発想が貧困になってしまい極端に想像力が低下する。文章を読んだりすると、そこから自分の発想でイメージ空間に何かを描いたりして、自分なりに解釈してそれを理解しようとすると思うが、それら脳活動のスピードが遅くなり、もしくは、出来なくなる。加害者は私をイライラさせようと執拗に攻撃をしてきている。

23:14
頭痛(圧迫感や痛み)をともなう知恵遅れ攻撃は終日途切れる事無く続いている。記憶障害では自分の好きな曲のメロディーを思い出す事ができなくなってしまう(毎日何十回口ずさんでいても)。それは、記憶の制御をされている可能性が高いが、他に脳内音声送信による効果も考えられる(思い出そうとすると違う曲のメロディーを送信されるので)。

では、そのような状態の人間に話し掛けるとどうなるか。

よほど強力な脳内音声や脳操作をされていない限り普通に会話が出来るし、見た目も普通だと思う。しかし、会話の途中で脳内音声に神経が行ってしまうと話を聞き逃してしまうし、そうされることもある。

先ほど長い間連絡を取っていなかった知人に電話をしたとたんに、物凄い勢いで罵声を浴びせたり、脅迫をされたりした。その中にかならず「かわいそうに」という女の言葉が入る。

被害者が積極的に広報しない限り、誰も何もしてくれないと思う。

皆さんにお願いしたいと思います。

寝る。

幸せなら態度で示そう

8:23
下らない、何の意味もない夢を毎日見せられている。
夢というのは潜在意識の中に入り込み、その人の生活を変えてしまうかも知れない。睡眠は心身の健康を保つ為に重要なものだ。それらを作為によりコントロールされたとしたら病気になってしまうだろう。加害者の罪は重すぎる。

今日も下らない夢を見て目が覚める。
それと同時に「幸せなら足鳴らそう」、「幸せなら手を叩こう」と有名な歌をリピート送信された。「悔しかったら地団駄踏んで足を鳴らそう」、「夢日記を綴ろう」、などから始まり、私の身の回りにいる人間の名前(疎遠の人間も含めて)を次から次へと出しては「嫌われているぞ」、「笑われているぞ」と30分間くらい畳み掛けるように口汚い中傷を脳内音声で浴びせてきた。

あまりにも量が多いので何を言われたか覚えていられない。大きく分けると2種類で、あっちでも、こっちでも、お前の知らないところでお前の事を知っている人間が沢山居て「嫌われているぞ」、「笑われているぞ」というのと、被害者間の人間関係を破壊しようとするものだ。「昼間は表に出られないようにしてやるぞ」、「一家で永遠に嫌がらせをされるぞ」というのもあった。

あること、ないこと、何でも良いからすべてを無理やり嫌みにこじつけてしまうやり方だ。加害者はよほど悔しく、人を恨んでいるのだろう。しかも、内容的にはいつも同じで全く、なんの進展も見られない。

加害者は確実に洗脳されているのだろう。

そして、それらの集中攻撃の中で着がえて、洗濯機を回し、コーヒーを落としながらパソコンのスイッチを入れる。すぐに書かないと脳内音声で送信された言葉を忘れてしまうと思いながらも慌てないように行動をしていると「悔しかったら落ち着き払おう」と送信される。

今、すでに後頭部に違和感があり、目眩を伴う知恵遅れ状態にされている。最後は「悔しいから耳を鳴らそう」と送信されキーンという音をさせられている。昨日からお尻に針を刺したような痛みを感じていて映画館で座っている間大変だった。

毎度、つまらない被害報告で申し訳ないと思う。

9:03
ようするに

精神への介入は人殺しだ

と書けばよいのだが

少しでもどんな様子だか想像しやすくする為に実例を挙げている。

寝ている間に何10回も目が覚めたような感覚について
たとえば3時間の間に、すくなくとも10回は目が覚めたような気がする事が良くある。その現象が何であるかを確認できた。音声の脳内への送信であった。眠っている時に送信して、目が覚めると同時に送信をやめる。すると一度は目覚めるが、何も聞えていないのでその後すぐに眠りに入る。そんなのを繰り返していたようだ。

記憶のロック・嘘発見器について
以前、高速道路を走行中に、ある過去の事柄のイメージが頭から離れずに記憶のロックをされてしまい嘘発見器のようだと書いた事があるが、それは実は加害者が脳内に送りつけてきたイメージ映像(人の顔など)と声の送信であった事も確認できている。声の送信でも過去の出来事などを想起させるためのキーワード(人の名前など)を延々と連呼されるとそうなる。

それらの犯罪には脳波の送信を利用している可能性があるかも知れない(盗み取った脳波を逆に送りつけてくること)。それと被害者の身辺調査などの情報収集を長期に渡って行ってからの脳操作となれば、より思考盗聴がしやすくなる(脳操作の加害者が情報収集をしたかどうかは別)。加害者は現実にあった出来事を知っていて声の送信をする。その時の脳の状態などをモニターして色々やっているのだと思う。臭いなどは実際にその本人の記憶にある臭いと、無い臭いを送信されるようだ。(それが何のにおいかどうかの推測はできる)

2時間ほど予定より早く起こされてしまったので余計な事を書いてしまった。

22:40
午後より被害者の集まりがあったので出掛けた。
色々な話を聞いたが、どれもハイテクノロジーにより最初は騙されていた、という内容のものだった。自分もそうであったし、今も被害を受け続けているわけだが、他人の話を聞いていると被害の凄まじさと、その混乱の真っ只中にいる被害者をどうする事も出来ないもどかしさを感じる。

こちらは被害を逃れる事が不可能であることなどから被害者どうしで集まって話したり、人との接触を楽しむ方向に考えている。今日は年末お楽しみ会の計画で盛り上がり最高に楽しかった。

一日中、頭部圧迫感を伴う軽度の知恵遅れ攻撃をされていたと認識している。

加害者さま、この程度の日記でよろしいでしょうか。

24:40
帰宅後、「幸せなら態度でしめそうよ、、、」と歌を送信されていることを付け足す。折角、忘れていたのに思い出してしまった。

寝る。

日本国の恥

1:59
栃木県佐野市で起きている歴史的な人権侵害事件だ。

本当は「思考盗聴は確実にある」というタイトルにしようと思ったが、加害者が脳内音声で私に向かって「日本国の恥」と送信したので、そういうタイトルにした。

加害者のやり方は脳に対する攻撃を絶対ににやめないで、被害者に被害を受けていると報告できなくさせてしまう。「諦めな、お国柄訴えることは出来ない」と加害者は自信たっぷりに言い、脳に対する攻撃し続ける。

本当にこのままでは殺されてしまうのではないかと思う

寝ようと思い床に就くと、まず右肩をピンポイントで痛くされる。
次に呼吸困難(喘息のよう)にされる。
耳に不快な音を送信される。
頭痛・歯痛をさせられる。
顔を痒くされる。
自動車の中で聞いていた音楽の一部を延々とリピート送信する。
そして声の送信では、この世のものとは思えないほどの醜い中傷を引っ切り無しに浴びせ続ける。同じ言葉を10回以上平気で繰り返している。
「お望みなら、今夜も睡眠妨害をさせてやるぜ」
「死ぬまで嫌がらせしてやるよ」
「自殺させてやるよ」
「暴力団に睨まれろ」

思考盗聴、精神への介入は殺人だ。

そして、人類が経験したことのない苦痛を与え続けながら「かわいそうに」と女の声で連発する。

日本国に人権はないのだろうか

一体この国はどうなってしまったのか

こう言った犯罪をテロといわないのだろうか

集団で計画的に武器を使って陰に隠れて攻撃をする。

10:50
やっと眠れたかと思うと6時半に起こされる。
もう一度寝て10半に不自然に目覚める。
30秒ほど考え事をしていたが(過去の事)すぐに思考に介入される。
そして、脅迫というか命令をされたので断るとすぐに耳にキーンという音を送信され、更なる脅迫をして来るので、心の中で加害者の悪口を言うと「巨人の星」の歌をリピート放送される。

「それ以上書くとお目玉くらうぞ」
「佐野市から訴えられるぞ」

などと送信された。

22:36
音声送信と思考盗聴を利用したテレパシー通信は一日中で歌、音楽のリピートも途切れない。今なんか、まるで放送局にでもいるかのように加害者は大勢の笑い声を送信したり、指をさしてバカにしている映像を脳裏にちらつかせたりしていた。

いずれにしてもスパイ行為により個人のプライバシーを盗み取り、その個人だけにに向かっての通信だ。人間界の常識を遥かに超えたゲテモノとしか思えない。よほどストレスが溜まっているのだろう。脳攻撃による記憶障害、お腹に空気が溜まる攻撃を加えながら、イライラさせようとして集中的に嫌みを送信している。ついでに「かわいそう」の連発もされている。

午後から少し用事があったが仕事が休みなので家にいると加害者にやりたい放題やられてしまうと思い、映画を見てきた。「ワールド・オブ・ライズ」というCIAの現場工作員の話。衛星からの映像による監視などのシーンもあったが、常にイヤフォンを耳にはめたり携帯電話などを使用した通信を見ていたら、脳内音声と思考盗聴を利用したテレパシー通信を使えば手ぶらでの諜報活動や敵地での潜入活動が出来るのにと思った。

映画の字幕も加害者に読まれてしまったりするのは良く知られているが、恐らく私の目に映っているものはカラーの映像で加害者に盗み取られていると思う。

映画は、現地の女性に工作員が恋をしてしまったような展開で人間愛とでもいうのだろうか、残虐で恐ろしいテロ映画ではなく、少しほっとするような感じも受けられた。以前ほど音声送信のボリュームが大きくないので十分に楽しめた。しかし、自宅に近づくにつれて脳攻撃が始まり上記のようになってしまったわけだ。

24:43
風呂から出た所だが、知恵遅れ攻撃と歌のリピート送信のため、何を書こうとしたか忘れてしまった。

寝る。

棺桶を用意しろ

5:52
全く突然、不意に目が覚め、覚醒してしまった。
当然、眠りやすくする為、睡眠妨害を避けるために薬を飲んでいる。他の被害者は薬を飲めば大丈夫だと言っているが、私は薬は効かないと思っている。事実、こうやって起こされている。

「どうだ予告通りに6時に起こしてやったぞ」
「ソリトン波がどういう物か調べろ」
「お前は必ず精神病院に入れられるぞ」
「お前は痴呆症の初期症状と診断されるぞ」
「棺桶を用意しろ」
「被害の広報活動をやめろ」
「死にたくなければブログを全部削除しろ」
「ソリトン波で脳を焼くぞ」
「お前の人生を破壊してやる」
「音楽もさせないぞ」

と男の声で送信された。
ここまで書くとキーンという音が強く送信される。
「最後通告だ、お前は殺されるぞ」
「お前ら広報のしすぎだ」
「お前が一番罪が重い」

これで加害者が殺人の予告をした事が証明された。
テクノロジー犯罪の恐ろしさとはこんな物である。

どう考えても殺人だと思いませんか。
これは栃木県佐野市で起きている事実なのです。
今の精神状態は、暴れ来るって物を破壊したい気分です。しかし、我慢をしています。どこから誰が、どんな方法でやっているか、全く判らずに、毎日、睡眠妨害と24時間の精神への介入で苦しめられています。絶対に精神病ではありません。

「ソリトン波という言葉を消して置け」と加害者が送信してきた。しかし、この言葉は目が覚めてから1分以内に加害者が1人で連続で言った言葉です。送信された言葉の内容がデタラメでも関係ありません。殺人とも言える被害を受けているのは事実ですから。「お前は罪が重い」この言葉だけは絶対に許せない。納得いかない。理由なく加害行為を受けているだけだからだ。

そして子供にも被害を受けさせると脅迫をする。
昨日の危険運転に関しての日記をアップした後なんか、某宗教団体に袋叩きにされるぞ、と散々脅迫をされていた事もお伝えしておく。この犯罪を理解できる人が少ない、被害者以外には実感として事実上理解出来ないこともすべて承知している。

23:35
その後、もう一度寝て10時過ぎに起床して用事の為に11時過ぎに家を出て先ほど帰宅した所だ。なぜか、その3時間あまりの睡眠中には10回位目が覚めたような良く分からない感じがしていた。

たまたま偶然、新たな被害者の方に会ってしまった。女性の方で音声は聞こえないが脳に対する明らかな攻撃を受けていて、歯を磨いていても、さっき磨いた場所を忘れてしまうそうだ。このままだと脳に損傷をきたして再起不能になってしまうのではないかと不安でしょうがないと言う。

被害者は本当に困っている。

実家から遠く離れてくらしているが、仕事も出来なくされるので失職の危険もあり、海外でも何処でもいいから、この被害から逃れられる場所があったら教えて欲しいと言っていた。だから色々と説明した。海外で被害から逃れられたという人もいれば、全く関係なく被害を受け続けるという人もいます。現状では確実に被害から逃れられる場所はありません。

自分の被害の方だが少しの間、「そういえばこんな感じ、あったなあ」目に映る物がすべて新鮮に見え、思考の妨げを感じないような気がした。しかし、長くは続かなかった。やや頭がボケた感じの知恵遅れ攻撃。

音楽の仲間とのクリスマスパーティーがあった。

大勢がスタジオに集まり演奏をしたり飲食をしたりして楽しんだ。久しぶりに見る顔もあった。その中でも音声の送信によるリアルタイムの監視と嫌がらせは続いていた。私の隣に女性が座ると変な臭いがしたり、耳が痒くなったりした。女性の方を見ると「女をみないでくれ」なんて送信された。やや知恵遅れ状態ではあったが演奏の妨害はされなかったようで助かった。気分の悪い部分を無視すればとりあえず楽しいパーティーであった。

今も音楽のリピート送信や声による嫌み・脅迫は続いている。

何度も書くが、声の送信は、ただ聞こえるだけのものと、あたかも一緒に喋らされてしまうものがあるようだ。

22日1:14
なんと言うか、加害者には呆れて返す言葉もない。
寝る。

二本立ての夢

7:52
「ちびっちゃいのにも被害をうけさせよてあげよう」
これは子供にも被害を受けさせてやると言う脅迫だ。そして、これを書いた瞬間に(アップしていない)「本当にそうしてやるよ」と聞こえ方として男の声で脳内音声を放送される。

ここまで書いただけで記憶が消えてしまい加害者に送信された言葉を忘れてしまう。本当に報告したいと思っていた言葉を忘れたが、いくつか思い出した。「お前ら死を見るぞ」、「徹底的に交戦してあげよう」、「俺達は暴力団だ」、「覚醒夢を見させてあげよう」などである。

何が悔しくてここまで醜く、汚い言葉を浴びせるのだろうか

睡眠時間は6時間近いが強制的に目覚めさせられた。

一度目の夢は忘れてしまった。しかも目覚めてすぐに眠れた。それは何時だったか知らないが、また睡眠妨害か、と思いながらも再び眠れたので覚えている。

二つ目の夢が実に面白い。

なぜか、なぜか子供と2人で座敷で食事をしていと、意地の悪い嫌みばかり(直接私を名指しではなく、遠まわしで如何にも私に対する嫌みに聞えるような喋り)を口にする女性ともう独り見覚えのある顔の女性が、右斜め後方に2人で並んで正座している。どうも見覚えのある女性が私達を食事に誘ってくれたようである。

その口汚い中傷に腹が立ったので、こちらも同じように言い返してやった。食事が終わり外に出ると妙な男が(なぜか私より背が高い)言い掛かりを付けて来る。やや、押すとか突き飛ばすような暴力を使用されたので、こちらも暴力を使用するような素振りをみせると瞬時に暴力団風の男数人に囲まれてしまう。そんな感じの夢だ。

合成夢であるので、その中で私が取った言動はすべて加害者が考えて作成した物である。最初の夢はあまりに出来の悪い夢なので、「愚で下だね、だから下愚ではなく、愚下と言わせてもらうよ」とテレパシー通信により感想を述べさせてもらった。当然二本目の夢も下の下の下である。

やはり極悪犯罪の事が、色々な人により少しずつでも広報されて行っている事を気にしているようだ。そして得意の「巨人の星」の歌のリピート送信をしている。

8:20
アップしたとたんに「今日、葬式にあわせてやるよ」と脳内音声で言われる。これは脅迫であり、もしかすると誰でも有り得ることでもある。そんな感じに、万人に当てはまりそうな感じの脅迫や仄めかしをする事がよくある。

24:26
今日は私用で忙しく、特に夜は知人宅にお伺いして被害の説明などをして帰宅した所だ。その知人宅にいる間はずっと「柔道一直線」という古い漫画の歌を延々とリピートされていた。

送信される声のボリュームはかなり小さくなったようだが、支配力は相変わらずで一緒に歌い出してしまいそうになる。勿論、脅迫や嫌みも含めて、全く途切れる事はない。今は「巨人の星」の歌を執拗にリピートしている。

番外編としてオートバイを運転中に交差点で右折車による飛び込みを受けて衝突しそうになった。それほどのパニックではないが急ブレーキを掛けて避けなければぶつかってしまう状態だった。交差点は右折、直進、直進と左折の三車線ある。私は真ん中の直進の車線を走り、その左側には平行して直進している車が何台かいる。右折車はいなかった。

突然、対向車が右折しようとして私が走っている直進車線を横切るように飛び出て来た。車はワンボックスのような着座位置の高い車だ。多少の余裕が残されていたので、わざとゆっくり走り、その運転手の顔をじっくりと見た。

サングラスの中の目を観察させてもらった。

中年の女性であるが、全く無表情で自分の立場を理解しているとは思えない、危ない事をしたという感じもなければ、こちらを意識している雰囲気も全く無かった。

テクノロジー被害に遭っていると、危険な運転をする車がいると妙な事を考えてしまう。たまには何を考えているのか判らない運転手に遭遇する事もある。今日の出来事の意味は不明であるし深く考える必要もないと思う。

オートバイに乗って家を出る時には知恵遅れ攻撃をされていたので、やや運転には不安があった。単車というのは4輪と違って危険である。加害者はそんな事もする。

脳の操作というかテクノロジー被害、困ったものである。

21日2:12
遅くなってしまったので寝る。

「寝る」で訴えて、寝させない、と言っている。
こんな感じのイタチごっこが続く。

寝る。

加害者を絶対に信用するな

3:45
悪魔の睡眠妨害は連日だ。
今も夢を見させて目覚めさせられた。
目覚めてすぐに新聞配達のオートバイの音がした。

夢の内容は日常生活に置いて私が関わっている人物が出て来ていたように思える。思えるというのは、目覚めた時に忘れてしまったからだ。覚えている夢と、忘れてしまうのがある。

それよりも脳内音声など脳内に送りつけられる内容に問題があり、毎日、内容的には類似していて身近な人物や普段連絡を取り合っている被害者の実名を出して、その人物が信用出来なくなるような内容の事柄を想起させられる。しかも、音声を送信されたかどうかが不明で、とにかく目覚めた直後に頭の中に出て来る発想そのものが、それなのである。その後、声の送信により、その内容に追い討ちを掛けてくる。

更に、たちの悪い事に実際に確認を取る事が困難な内容がほとんどの上、私が実際に何なのだろうかと疑問を抱いているような事を利用して猜疑心を持たせて来る。

睡眠不足や疲労、精神的な苦痛をうけさせた状態にさせ、それらの行為を行うわけであるから、洗脳のプロとでも言うべきだろう。それらの加害行為に騙されてしまう被害者は少なくないのではないか。だから私は少なくとも普段顔を会わせている被害者や身近な人のことは100%信頼する事にしている。声の送信などにより疑いを持たされた場合は特にそうしている。(それらの事に関して詳細に書くと大変なのでこれ以上触れない事にする)

人間関係というのは誰でもすでにご存知の通り肉親でもなんとなく、小さな疑いを持ったりするのは常識である。脳の操作という被害に遭っていなくても人が信用出来ないなど些細な事が原因のトラブルのような物は数多いと思う。

昨日は睡眠妨害と疲労と精神の操作の為に日記を書くのが面倒になり書かなかったが、実は被害者の方と別れ独りになってから脳内音声を中心とした徹底的な嫌がらせをされている。特に帰りの車内では1時間、ずっと囁くような女の声で自動車の走行ノイズの中に紛れるように自分の名前を延々と連呼され続け、サイレンのような音が聞こえていた。

そして、「あなただけは許してあげる」、「思考盗聴はありえない」、「これは科学ではなく心霊現象だ」などの内容の声を聞かされ続けていた。

常識では考えられないような苛酷な状況に置かれている被害者に取って「言う通りにすれば開放してあげるよ」なんて送信されたりすると心が動いてしまう事があったりするかも知れない。しかも、私の場合は「お断りする」と加害者にテレパシー通信により返答をすると、更なる脅迫をされたり実際に攻撃のパワーが増してきたりする。

そもそも、他人を信用できなくさせ、精神の混乱をさせる事が目的の加害行為であったりするわけだし、五感を狂わせられて自分の感覚ですら信用できなくさせられてしまうのである。

大変な状況であるが十分に気をつけたいと思った。

今も、もっと酷い被害を受けさせてやると脅迫をされている。

12:36
その後、不安の中、もう一度寝たが10時過ぎまで寝られたので助かった。
お昼のブログ閲覧を行っているとと次第に、目眩と頭痛をともなう知恵遅れ攻撃(記憶障害と頭部圧迫感)が為される。とくにブログランキング1位の政治ブログを読み出すと攻撃が酷くなる。

脳内への歌のリピートは目覚めた時からずっと続いている。それとタンスの引き出しの中に入っているシャツの色まで加害者に知られているようだ。しかも、寝起きに着替える時にスリッパで靴下を踏んだことまで知られてしまい声の送信で言い当てられた。

被害者の間では視野盗撮という言葉が使われている

パソコンの画面の文字は勿論、開封した封書の中の文字を同時読みされる。それらはほとんど被害者の目線がそこに向かった時に声で読み上げられる。文章のどこを読んでいるかも知っていて、次に読むべき文章の冒頭部分を、こちらの目の焦点が合う前に声で先に読まれてしまうこともある。

だから思った。被害者の視野を静止画でキャプチャーしているのではないかと。脳波を盗むのなら、本人の目によって認識されていない文字を加害者が先に読むことは出来ないと思う。

20日1:35
被害は相変わらずで人が大勢集まる所で目眩を伴う知恵遅れ攻撃をされたりした。音声送信のボリュームは小さめだが、ほとんど確実に意志が伝わってくる。

日記を書き出すと急に知恵遅れ攻撃のパワーが上がる。

先ほど被害者の方から電話があり、広報活動の効果が少し出て来ていると伝えられた。しかし、加害者は、そんな事とは全く関係なく脳の操作と声の送信を続けている。声の送信は本当に途切れる事がなく、よくそこまで憎まれ口を一日中喋っていられると関心してしまうほどだ。喋る事がなくなると思考盗聴によって得た私の考えを言い当てて嫌がらせをする。

世の中の最悪、悪魔の犯罪を広く世間に知らせて欲しい。

今は、目眩、記憶障害、頭部圧迫感、吐き気、疲労感、お腹に空気が溜まる攻撃をされている。

寝る。

全部、嘘だと書け

5:52
また、悪魔の睡眠妨害だ。
鼻、頬を痒くさせて目を覚めさせる。
しかも、連続ではなく、痒くさせては様子を見て、眠りの浅い状態を作り出している。そして目が覚めると脳内音声の送信を始める。それに対して心の中で(声にださない呟きで)文句を言うと歌のリピート送信(巨人の星)を開始する。目覚めとともに、同じ被害者に対して疑いを持つような発想を脳内に挿入してくる。私は脳内音声を全く信用していないので、問題はない。

全部嘘だと書け、そうすれば許してやる

お前の計画、人生を全部狂わしてやる

みんなお前の事をキチガイだと思っているぞ

そして、レンドルミンを半分だけ飲んで寝ようとするが、語りかけと歌のリピート送信、顔の痒み攻撃が酷くて全く眠れなくなる。そして2時間格闘したが、とうとうこの時間に起きてきて日記に記す事にした。相変わらず殺人としか言いようのない精神への介入犯罪の広報をさせないように苦しめている。

結局、3時間しか寝ていない

今日は朝から出かける予定があったがキャンセルになるかも知れない。なぜなら、このまま寝ずに行こうと思ったら、「後で疲れさせてやる」と送信してきた。これは明らかな脅迫で、体のどんな部位にでも疲労感を作り出すことの出来る恐ろしい技術を使えるからだ。

人の幸せを奪い取り、自殺、発狂に導く悪魔をなんとかして欲しい。

そして日記を書くと「こっちも嫌がらせで応戦させてもらうぜ」と更なる脅迫と攻撃の上乗せをして来る。すると「本当は行かせてあげたかったんだけどなあ」なんてホラを吹く。

7:18
結局、その後もう一度寝ようとしたが、全身に痒みの発生を点在させられ、キーンという激しい音を両方の耳に送信され、頭痛攻撃もされ、声による脅迫と歌のリピート送信が延々と続くので起きてしまった。

今日は東京に街頭活動に行く。

脳を覚醒させる電磁波がある事は明白だ。

この犯罪の存在を出来るだけ多くの人に知らせて欲しい

また、3秒一下りの悪たれをひっきり無しに脳内音声で浴びせている。

21:13
今日は、やや脳内音声のボリュームが小さい。
各種被害を受け続けているが、声による脅迫が酷い。日記を書くな、広報をするな、などの脅迫をしながら、痛い攻撃や脳への攻撃(記憶障害、感情の抑制)を強めたり、弱めたりしている。ようするに「テクノロジー被害を受けていると言うと酷い目に遭わせるぞ」と言っているのだ。

こんな酷い犯罪はあってはいけないと思う。

最近、以前に書いた日記を適当にピックアップして読んで見ると書いてある内容はほとんど同じで、わりと最近に頭痛攻撃が追加された程度だ。

これ以上書いても同じなので今日の夕方からの被害に関しては書かない。精神状態のコントロールもあるのでどうする事も出来ない。

ただ、いつも疑問に思うことは

加害者が攻撃をやめれば日記を書くことはないのに、日記を書くなと言いながら毎日、酷い攻撃をし続けている事だ。それと、私の場合は声の送信により、それがテクノロジー被害である事を知らされていると言うことである。

だから、私に言わせれば、加害者が私に日記を書かせているような感じになる。今の気分では、もう何を書いても無駄だから必要最低限の事だけにすれば良いと言う感じだが、睡眠妨害や精神を興奮状態にされると書かずにはいられなくなる。

加害者はそれを知っていて延々と攻撃し続けている。

21:36
今、アップしたとたんに脳内音声で加害者が脅迫をして来た。
現状は精神操作により鬱状態にされ、無気力にされている。
しかし、ここまで脅迫をされると記さなければならない。

今日の脅迫

テクノロジー被害者だと世間に名乗って出たとたんに

すべてを失うぞ

それでもいいのか

君は世間でキチガイと呼ばれているぞ


だそうだ。

そもそも、このような日記をエントリーするという事は、その程度の覚悟があっての事だ。被害者どうしであっても、他人には全く感じる事の出来ない被害だ。まして被害を受けた事のない第三者に理解できるわけがない。これは、いつか必ず、そのテクノロジーの存在が明らかになる時が来ると信じて書いているだけだ。この犯罪に使われているテクノロジーが明らかにならなくても、それに類似したテクノロジーが開発されれば、それまでである。

精神異常者だと言えばそれですべてが解決してしまうという加害者勝手な都合だけで行われている犯罪だ。

ここまで書くと「キチガイにさせてあげて」と脳内音声で脅迫される。これは脅かしでは無く、本当にいとも簡単に発狂させる事が出来る。私も経験している。だから被害者は声を出せないのだ。

このような内容もすでに過去に記していると思う。

23:29
寝る。

支配者気取り

7:14
えらく不快な気分で目が覚める。
一晩中、何か脳に対する攻撃をしているのではないかと思うような直感により目が覚める。意識が戻った直後、全く目覚めると同時に「天才バカボン」の歌(過去に散々リピート送信した物)のリピートを開始される。

眠くてたまらないが、異常に腹が立ったので時間の確認の為とトイレに行くために起きると、「精神病院に入りたくなければ早起きしろ」、「横着者に早起きをさせてやったぜ」と脳内音声を送信される。その後、ベッドに横になろうとすると「薬を飲め」と命令される。

とりあえず7時間近く寝られたので後1時間くらい横になっていようと思ったが、その口汚い中傷を忘れない内に日記に記そうと思いパソコンのスイッチを入れる。加害者は「電源」と言う言葉を私に送信して、私はパソコンの電源と書きそうになったが(電源の方が適切と思えた)意地でもスイッチと書く。

このように日記を書くときに自分の考えとは違う言葉を送りつけられる事は日常的に行われている。ついでに、良く連絡を取る被害者の方の実名をだしては「本当はお前の事が嫌いなんだよ」と送信されるのも毎日だ。

作為と自然を利用して支配者になった積もりでいるようだ。

目が覚めたのは自然現象ではないと思うが、起床したのは自分の意志だ。本当は朝このくらいの時間に起きて、外を散歩でもして余裕で会社に行き、邪魔をされないで仕事をしたいと思っている。

日記を書き出すと頭痛がして来て、キーンという音もしている。

必ず、貶しながら「かわいそうに」という言葉を女の声で送信する。「かわいそうに」はいつも同じ声だ。

10:33
もうすでに知恵遅れ攻撃(目眩と記憶障害のような感じ)をされている。送信される脳内音声は一節3秒くらいで、それをひっきりなしに送信している。嫌味、悪口の他に、私の行動に対する干渉、思考に対する批判などを交えている。3時間ひっきり無しだから3600の嫌味節を連続で脳内に送信されていることになる。これが一日中続くわけだ。

「バックアップを取らせてあげよう」、「マジックの先をエアコンの風で乾燥させてあげよう」、「上手に字を書かせてあげよう」、「CDを一枚無駄にさせてあげよう」、「一文字間違えたで笑わせてあげよう」のような感じだ。

パソコンのバックアップを取っていると、それに干渉される。CDとDVDを間違えて挿入すると「ざまあみろ」と送信される。加害者になぜそれが判るのだろうか。

ついでに、CDの面にマジックで文字を書いていると字の書き間違えをさせようとしたり、目に異常が生じてうまく字が書けなかったりする。こんな具合に被害を逐一報告していると膨大な量になってしまう。

16:52
お知らせ

本日、MRIによる頭部の断層撮影を行ってきました。
これは、現在の頭部の状態を記録に残して置きたいと思い、自分から医者に頼んで撮影してもらったわけです。少しお金はかかりましたが、出来ればもっと早くやっておけばと思いました。ただ、加害の手段がわからないので何年この状態が続いても脳などへの見える形の被害は無いかも知れません。

重要なのは、病院の中でもMRIの撮影中も、全く途切れる事無く、いつもと同じように声が聞こえ、思考も盗まれていました。おまけに陰部への身体攻撃も少しだけやっていただきました。

加害者とは、そのくらい図々しいのです。

23:18
やや頭痛、やや知恵遅れ、音声引っ切り無しの状態は続いている。

今日は特に、内臓(腸)に対する攻撃がずっと続いている。

加害者の言葉を借りると「腹部膨満感」。

簡単に言うと、おなら誘発攻撃だ(お腹に空気が溜まる)。それは腹部に実際にポンとかボコとか音がして、衝撃を感じる。場所は下腹部左側であったり、胃の下の方であったり、肛門であったりする。衝撃無しで、お腹に空気が溜り息苦しくなる事もあれば、衝撃があっても息苦しくならない場合とがある。おならが出る時と、ゲップが出る時とある。おならが出る方を一日中されていた。そして、おならを出すと加害者に感知され、臭いの送信をされたり、「汚いおならだね」なんて声の送信をされる。

このあたりに関してもキャロル・スミスさんの論文にも書いてある。

加害者は今も「それ以上書くな」と脳内音声で脅迫をしている。加害行為そのものは絶対にやめないで、被害報告をするなと脅迫をしている。

最後に、風呂の湯船の中(自宅の風呂ではない)に居ても、肛門に対する妙に感覚刺激を受けたと報告する。

被害を受けながら被害報告をする事の恐怖は被害者にしか分からない。

寝る。

敵は君の後ろにいるぞ

12:06
昨夜も午前4時に目覚めさせられた。
夢を見させられていた。オートバイを分解している夢で非常にリアルな夢で意味は不明。ただ、スタンドが壊れていて、そのまま放置すると倒れてしまう可能性があるという夢だった。

目覚めると歌のリピート送信や口汚い中傷の連発

「笑われろ」、「笑ってあげるよ」などの言葉が特に多く、「悔しがらせてやる」というのも多い。その他はいつもと同じで「さて、犯人は誰でしょう」、「どうやってやっているのでしょう」などと考えても答えの出ないような事を考えさせるような問いかけをされた。

そのような問いかけや、中傷、罵声を脳内音声で浴びせられたり、歌のリピート送信をされて楽しい人はいないと思う。だからいつもテレパシー通信で言い返している。それをやりだすとキリがなくなり、加害者は論拠がなくても、言い負かされていても延々と脳内音声の送信をしてくるので、どこかで無視をしなければならない。

最近は「巨人の星」の歌のリピート送信がお気に入りらしいが、私はその歌を聞くとイメージが加害者とオーバーラップしてしまう。

そして最後には「敵は君の後ろにいるぞ」と送信してきた。

なんと言うかマインドウォーズのような感じだ。

17:45
午前中から用事があり少し忙しかった。
声による精神や行動への干渉は途切れることなく続いている。心持ちボリュームが低いように感じる。歌のリピート送信は聞こえない(意識を向けないからかも知れない)時間が少しあるように思う。相変わらず「巨人の星」の歌を脳内に放送してくる。

やや目眩をともなう知恵遅れ、やや頭痛の状態で時折、その攻撃のパワーを強めたりしているようだ。一時から比べるとずいぶん楽になっている。酷い時は文章が読めなかった。それと、明らかに不自然な匂いを感じる状態も続いている。たとえば窓を閉めた自動車の中で生ゴミの臭いがしたりする。インターネットの接続にも不自然な障害がある。

被害の広報活動も機会がある度に行っている。やはり日記を書き出すと攻撃のパワーが上がってくるようだ。加害者のやり方だと、まるで私が悪いことでもしているかのようにされてしまう。被害者が大変な苦痛を受けていると、人間としてまともに生活をさせてもらえないと、外に向かって言う事は犯罪ではないと思う。当たり前の事である。

20:55
夕食の後、テレビを見ていると眠くなったので寝ようとすると顔を痒くしたり、上半身に痒み(虫が這いずり回っているような感じ)にされた。しかし、無視して根性で少しだけ居眠りをした。

その、虫が這いずり回っているような感じというのが、左の肩から移動し始めて胸元に来るパターンで、全く同じのを2度繰り返されたので予めプログラムでもされているのかと思った。このように被害の受け方により、どのような手段で遠隔操作をしているのか、被害者の受け止め方に違いが出てしまうのが特徴だ。

それと居眠り寸前に聞かされた台詞を忘れないようにメモに記録したので記して置く。「君は広報のし過ぎだ、抵抗勢力には会って恥じをかかせてやるぞ」だそうだ。

ふと、思った。

被害者が口をそろえて言う、キーンという音について。

ある翻訳記事だったと思うが、音声送信について「異なるルートから来た音声を聞くことになる」と書いてあった。異なるルートであるなら、脳が感知する部分も異なるかも知れない。だから脳内音声の方に意識が行くと聞えてしまう、という考え方もあるが、ある種の脳神経回路をスイッチのように利用して、そこに思考が行くと歌のリピート送信をしたりする事もあるかと思う。

だから、キーンという音が聞こえ続けているという事は常時、異なるルートの音を認識させられている、妙な言い方をするとマインドコントロール影響下に置かれている、と解釈出来るのではないか。

翻訳資料としては下記サイトには読みきれないほどの資料がある。

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/mind_control.htm

23:47
今度は、思考をなぞるように声の送信をされている。
記憶の操作(物事を思い出せないようにされる感じ)もされている。

ブログコメントで音楽をプレゼントしてくれる人がいる。
http://jp.youtube.com/watch?v=cubgWvBfs24&feature=channel_page
ナット・キング・コールという人のクリスマスの歌だ。
ありがとうございます。

ナット・キング・コールという名前は知っているし、昼間途中まで聞いたので名前を忘れるなんてことはあり得ない。なのに脳内音声で「サッチモ」なんて言われたりして、どうしても名前が思い出せなくされてしまう。パソコンの画面を見るとNat king Coleと書いてある。

寝る。

マイナスイメージの語りかけ

13:46
昨夜も陰湿な語りかけと身体攻撃で4時半まで眠れなかった。
その後、9時半に目覚めたが薬を飲んで、もう一度寝る。
次に目覚めたのが13時だ。
覚醒させられるたびに薬を飲む。通常一錠の所を半分づつ飲むが結果、一錠半ということになる。昨日は2錠飲んでしまった。これでは薬害を被ってしまいそうである。

目覚めると「ハッピースデー」の歌を女の声でゆっくりとしたテンポでリピート送信されている。そして頭痛がしている。この頭痛は加害者がテクノロジーにより起こしている物だと言う事は今までの経緯から確信できる。実は昨夜も帰りの自動車の中で頭痛と生ゴミの臭いをやられていた。

そして声の方では、「世間に悪い噂が出ているぞ」、「被害の事を信じてくれている人も本当は君の事をキチガイだと思っているぞ」、「会社の人間が皆笑っているぞ、仕事もしないで寝ているから嫌われているぞ」などの不安感を持たせる事を連続で浴びせてくる。それらにはすべて実名が使われている。中でも面白かったのは「あなたを本当のキチガイにしてあげよう」という言葉だ。

日記を書き出すと、歌のリピート送信のボリュームを極端に下げて、キーンと言う音を送信してきた。実は昨日キーンという音にどんな効果があるかを高速道路を走行中に体験した。自動車の走行ノイズが小さくなる。私の車は荷物車のような物なのでタイヤと路面から発生するノイズが煩く、カーステレオなんか満足に聞えない。しかし、キーンとかシャーっという音を送信されていると、その音で走行ノイズが打ち消されてしまう。その逆もあるかも知れない。

本当は起床時間が遅かったので、すぐに会社に行こうと思ったが、加害者が脳内音声で送信して来るマイナスイメージを聞いているうちに、絶対に自分のペースを守るべきだと思い、コーヒーを入れながら日記を書いている。知恵遅れ攻撃も開始された。

24:45
軽度の頭痛(酷い頭痛は脈を打つように痛むがそれほどの物ではない)を伴う、軽度の知恵遅れ攻撃(文章が読める程度、酷いと文章を読むのが困難)が続いているようだ。「ようだ」という表現は強くなったり弱くなったりのコントロールが絶妙であるからだ。

5段階に分けたとすると3と1の間での加害という事になる。1というのは、「なんか変だな」という感じだ。鼻を痒くする、肛門への刺激、キーンという音なども、やられたり消えたりしている。

声の送信は全く途切れず、歌のリピート送信は聞えない時も少しある。

後はお腹に空気の溜まる攻撃と筋肉ピクピクだ。

それと目の奥が痛くなる攻撃もあるようだ。

しかし、この脳への攻撃の被害者は生きたここちがしないと思う。

寝る。

吼えろ、暴れろ!!!!

2:34
史上最悪の悪魔の睡眠妨害だ。
これがやりたい為にずっと軽度の被害のままにしていた。
そして、1時間の間、我慢に、我慢を重ねて、寝たり、起きたりを繰り返した。これがこの犯罪の加害者の本当の姿だ。ついでに私の加害者と全く同じイメージのブログを発見したのでアドレスを知らせる。
http://blogs.yahoo.co.jp/wdnch332/21159654.html
このアドレスの被害日記の12月10日の部分を読んで欲しい。私も家の中で天井裏もしくは家の屋根の上を人が歩いている音を何度も聞かされた。私が歩くと別の方に逃げていく。その時はテクノロジー犯罪の事を知らなかったので警察に連絡したほどである。

しかも、目を瞑って寝ていると屋根の上を見覚えのある顔をした人間が数人で歩いている映像を見させられた。しかし、何処から昇るのか、屋根の上を夜中に歩けるような人間がいるのか、という所で非常に疑問を抱いていた。更に、そんな事をすれば目撃者が出てしまう。しかし、音はミシッ、ミシッというように確実に上から聞える。加害者の悪意自殺に追い込む手法も同じです。

昨日と同じように低周波のブルブルという音とともに顔などが揺れて寝られない。しかし、無視をして眠りに付くと完全に目覚めさせるのではなく、うとうと状態にして痒みをあちこちに発生させたり、脳内音声による語りかけをする陰湿さだ。
最後は完全に覚醒してしまったので起きてきて日記を書こうとすると

「佐野市というのを付け足してね」、「もう、遠慮はいらないわ」と女の声
男の声で「・・・はお前ら被害者を見捨てたぞ」と被害者仲間の名前を言う。
そして「吼えろ、暴れろ」と送信された。

横になり、寝る前にも、昨日の日記に書いたように、左の耳たぶ、右の肩を声による解説付きで執拗に痒くさせる。体のその他の部分も順番に痒くさせた。最初は直径1センチ程度の円形のスポットが2個、胸の上に照射されたようになる(それが乳首へ行けば乳首が敏感になる)しかし、それがわきの下などに移動したりする。それらを無視してやっと眠ったと思うとこんな感じだ。

昨夜も「早すぎる?お話」を一冊配布してきた

加害者はそれが気に食わなくてしょうがないらしい。「後、本を10冊買うか」なんて考えていると「それはやめてけれ」なんて送信される。痒みを出されたので「いや、20冊にしよう」と考えて寝たわけだ。

攻撃の上乗せによる口封じ

これは終始一貫して変わらない。

これ以上の悪は世の中に存在しないと何度も言っている

「殺すぞ」、「殺されるぞ」
という脅迫もが以前から酷いので数人の被害者の方に個人情報などを知らせてある。

4:45
顔を痒くし続けて、脳内音声による語りかけを続け、「チューリップの歌」をリピート送信して絶対に寝させない。睡眠導入剤をいくら飲んでも眠ることは出来ない。

栃木県佐野市の殺人行為をさやさせて欲しい

明日、私が音楽の練習をしに行くのを知っていて妨害をしている。「池袋で集団ストーカーに合わせてくれ」と口からでまかせを言う。なぜなら私は池袋には行かない。

私の生きがいである音楽まで奪い取るのであるから、絶対にに許さない。徹底的に広報をしたいと思う。本の配布はチラシ配布を居住地域で行いたい。

殺されるぜ、絶対に殺されるぜ、と送信される

脳内音声でもこれはりっぱな脅迫である。

こんどは坊や僧の番だぜ、子供に被害を受けさせるぞと脅迫をする

11:36
予定があるので目覚ましで起きた。
結局、1時半から6時半まで5時間延々と睡眠妨害をされた。腹が立ったのでICレコーダーを枕元において聞えて来る脳内音声を自分で葺き替えてみた。よく聞いてみると同じ言葉を5回から10回繰り返している。歌もリピートしたりしている。

録音したのをプレイバックして聞いてみたが、個人名が沢山出てくるのと、あまりに下らないので聞く気にもならない。

「一生君に付き纏ってあげるよ、一生嫌がらせしてあげるよ、これは我々の意志ではどうにもならない事なんだ」、「これだけ言っても分からないからお前はバカだ、バカには死んでもらうよ、バカは死ななきゃ治らない」、「後でお尻を痒くさせてあげるよ、その後に眉を痒くさせてあげるよ、その後は口を痒くさせてあげるよ」などだ。

そしてプレイバックを聞いていると、またそれに対して嫌みを言ってくる。

顔をブルブル振るわせる低周波攻撃は音とブルブルを別々にやっていると思った。

15日1:32
先ほど帰宅した所だ。
音楽ではそれほどの嫌がらせは受けなかった。
夜は被害者の方と、その知人とで演劇を見に行った。演劇の最中も音声の送信は続いていたが無視していた。終わってから飲食をしながら被害の話や世間話をしたが、その時に延々と「巨人の星」の歌をリピート送信され不快な思いをさせられた。勿論、その場でも歌のリピート送信をされている事を説明したが、後半は知恵遅れ状態にされた。今も盛んにリピート送信をされている。

これは病気の説明ではなく、被害の説明である。

本日の日記を読み返してみたが文字のタイプミスが多い。これはイライラした精神状態であること、多少寝ぼけていること、日記を書いている時間がもったいない、などの理由で確認をしないでアップした為だ。

2:58
励まして下さっている方、有難うございます。

寝る。

なぜここまで攻撃するのか

5:07
悪魔に睡眠妨害をされている。
これは栃木県佐野市で実際に起こっている事件だ。

悪魔は攻撃の上乗せで被害者の口封じを目論む。
だから精神病にしたてあげる
だからどんな残虐な行為でも平気で行う。
被害者の中から自殺者が出るのは当たり前である。

音楽のリピート送信をバックに男(老人の声)で盛んに脅迫をする。

「殺すぞ、殺されるぞ」確実に殺されるぞ、と何度も送信している。

しかも加害者は自分達が私を守ってやっていると主張している。

実は寝る前には頭痛攻撃をされていた。左の耳には心臓の脈を打つ音が聞えていた。これは毎日、寝る前になると必ず送信される攻撃だ。昨日会って話しをした人にも「早すぎる?おはなし」を一冊置いてきた。「君のブログのあら捜しをしている連中がいるぞ」と脅迫をされた。

これでバカ高い税金を払っているのかと思うと奴隷にされたような気がしてならない。最後は国家の責任だと思う。

7:32
悪魔集団は人殺しなんてなんとも思わない。
また強制的に目覚めさせられた。
「薬を飲め、君が精神異常者だと言いふらしてあげるよ」と脳内音声で言う。私は脳内音声のせいで眠れないので医者から睡眠導入剤を処方してもらっている。しかも、これが犯罪被害であると知らないときに医者にいっている。

「苦しめ、苦しめ」の連発
「かわいそうに」というのを私が呼吸をするタイミングで聞かせてくる。

この加害を受けさせられると薬は効かない

どんなに眠くても、体が動かないほど疲れていても絶対に眠る事は出来ない。脳の操作であるから絶対に覚醒してしまう。先ほど寝る時も、足、陰部、頬、腹、胸、鼻、眉などを順番に痒くさせ眠らせないようにしていた。しかし、薬を飲んだのでなんとか眠れたが、眠りに付いたと思ったら、顔を痒くさせて起こされた。その痒みは脳を操作している痒みなので不自然な異常な痒さで耐えられない。

耳はすでに湿疹のようになっている。ツベルクリンか何かの摂取をした後のケロイド状の場所も色が黒くなっていて痒くてたまらない。

ある被害者の方から、X線などの放射線を使っているのでは、という話まで出て来る始末だ。そういえば、他の被害者の周りにも癌やポリープに突然なった人がいるらしい。私の妻も突然の癌で発見されてから2年ほどで死んでいる。

私は「早すぎる?おはなし」をすでに8冊人に渡している。チラシは100枚は配ったと思う。近所にも当然チラシを配った。もっと沢山「早すぎる?おはなし」を配りたいと思う。

殺意がなければ出来ない犯罪だ

「君の家は絶対に潰れるぞ」と脅迫をされた

どうぞ、潰してください。父、母、2人の小学生の子供にも被害を受けさせれば良い。

この犯罪を全国に知らせて欲しい

私は益々広報活動をしたいと思う。

13:23
13時過ぎに夢を見て目が覚めた。登場人物の男の声は脳内音声で良く聞く暗い感じの男の声だった。目覚めた瞬間に夢の内容を現実の内容にすり替えて物を連想させる声の送信をされた。

その後、「本を配らないでくれ」と言われたのでお断りした。

「失墜させてやる」、「暴力団がお前に会いたがっているぞ」、「親子共々、この地に住めなくしてやる」などの脅迫を連発された。

今も、キーンという音と軽い頭痛がしている、疲労感のある最悪の目覚めだ。睡眠妨害をされると人との約束が出来なくなってしまう。腰も人工的に痛くされている。

14:59
今日は仕事が休みなので音楽を聞いている。フレーズのコピーで一度しか聞いていないので間違えて覚えている事を発見した。「頭の悪さで訴えてやれ」と送信され。ヨーグルトを食べようとしてスプーンを忘れると「ざまあみろスプーンを忘れたぞ」と嫌みを言う。

とにかくこの状態が24時間続いている。

そしてコピーしたフレーズどうしを、どうやってつなぎ合せるかを考えていると、その事を盗み取られて声の送信で言われる。しかし、記憶力が悪くなったと思う。以前に4種類の一度聞いただけのフレーズを4日後に全部覚えていたら100万円払うと加害者に脳内音声で送信され、全部覚えていたので「100万円くれ」と言ってやったを思い出した。

今、すでに知恵遅れ攻撃をされ眠くなっている。

動くと嫌みを言われる

考えると嫌みを言われる

これでは加害者に殺意がないとは言えないだろう。

24:54
その後は軽度の被害が継続している。声も途切れる事はないがボリュームが小さく、攻撃的な言葉だけではなく普通の会話のように意識の中に割り込んで来ている。しかし、それらに判断を委ねたり、そそのかされてはならないまで、無視をする。それも、また不自然な行動の誘発になっているのかも知れない。

今日の睡眠妨害の日記は自分で読み返しても凄まじいように感じるが、確かに凄まじい被害だと思う。

やや、知恵遅れ、やや、後頭部に圧迫感。

寝る。

テレパシー通信

10:17
昨夜は就寝時の嫌がらせは少なく、すぐに寝られた。途中に咳き込んで目が覚めたか時には、すかさず音声の送信をしてくる。加害者が咳をさせたのなら話は別だが、自然の咳込みなら、ずっと監視している事になる。目覚めた時は睡眠妨害の恐怖が頭をよぎったが何とかそのまま眠れた。従って時間の確認もしていない。

朝は不自然な夢を見ながら目覚める。9時半だ。

これまた不自然な夢で仲間数人でオートバイの旅行に出た夢だ。宿泊先のホテルは禁煙だと言うことで少し揉めた人がいた。目覚めると少しだけ夢の内容について声の送信で干渉された。

たとえば、実験だとすれば見させた夢をどの程度記憶しているかを調べているかもしれない。こちらはそんな事は一切気にしない。

その後、ボリュームは小さいが歌のリピート送信「くれーの元気なご挨拶、・・・さらだーゆセット」というのをやられ、更に声の送信でリアルタイムの干渉をされるので

強制的にテレパシー通信状態にさせられる。

こちらの呟きや思考を盗み取られ、脳内音声をきかせられるとテレパシー通信の状態になる。嫌でも毎日そんな状態だ。

そして日記を書いていると知恵遅れ攻撃が開始される。

16:55
先ほどから知恵遅れ攻撃を開始しされている。
「早すぎる?おはなし」を知り合いの方に配ってきたところだ。
その帰りにはキーンという音もさせて来たし、車を運転していると肛門にわいせつな攻撃もされた。

午後のブログ閲覧の時はそれほど攻撃は酷くなかったが、15時頃に被害者の方に頼まれた電磁波測定器のカタログを部分的にスキャンして一つのファイルに纏める作業をしていると肛門にポン、ポンと激しく突き上げるような刺激を何度も感じさせられた。腸にも一発ポンと刺激があった。その後なぜかオナラが大量に出た。

やること、なすこと、一日中貶している。タバコの灰を落とすと「ざまあみろ」なんて言う。スキャンしたファイルを一つに纏める時にワードを使おうとすると、加害者は先回りして「ワードかエクセルに貼り付けさせてやれ」なんて送信する。私が使うとすれば、どちらかしか無いので両方の名前を出せば外れる事がないので、そう言ったのだと思う。先回りして送信した言葉が、間違えていたりすると極度に恥ずかしいと思うらしい。

23:32
個人的に広報活動を終え帰宅した所だ。
何から書こうか、何を書くか迷ってしまう。
今、肩の筋肉が痛い。やや知恵遅れ状態。

楽器の練習中に思考を読まれた事を書いても、もうすでに報告済みであるが、たとえば楽器の練習というのは自分の出した音を耳で聞いて、その場で判定を下している。次から次へと音を出し続けながら、予定されていたフレーズを全部間違えなく実行するべく、次に何をしたら良いかを瞬間的に考えながら、しかも、間違えないように注意しながら、或いは、その場で瞬間的に思いついた物を音に変えたりしながら、それらが自分の理想としている物に近いかどうかをチェックする。

その時のチェック内容を盗み取られ次の瞬間に声の送信で言い当てられる。その頻度は3秒に1回くらいの割合か、私が要チェック項目として認識した時なのか不明だが当たっている。言い当てによる嫌がらせ以外では普段と同じような誹謗中傷や、おだて言葉などが飛び交っているが少し攻撃レベルは落ちている。

久しぶりに加害者の真面目な語りかけを聞いた。

「まだ分からないのか、もう広報をしないでくれないか」その他、色々言っていたが忘れてしまった。その喋りは今までのデタラメ的な雰囲気ではなく極めて真面目に聞えた。

しかし、その前後には「お前に歴史的な赤恥じをかかせてやる」、「殺し屋を雇うぞ」、「お前の事をキチガイだと言っている人間が沢山いるぞ」なんて言葉も送信されている。

夜は知り合いと言うか大先輩にあたる方に会いに行き広報をした。さわりだけ話すとすぐにCIAという言葉が出て来るような方なのですぐに理解してもらえた。その方と話をしている最中に、この人物について話をしろと送信され、人の名前を言われたが、お断りした。

この装置はスパイ行為に使ったら大変な効果があると思った。

そんな事とは関係なく被害は続いている。しかし、なんと言うか、うんざり呆れて、あらゆる物を奪い取られて、言葉はない。

13日1:53
自動車を運転中の思考盗聴について

まず、対人関係などを中心に個人情報をある程度知っている事が前提だと思っている。なぜなら、こちらは考えてもいないのに過去のことなど関わっていた人間の名前を送信されるからだ。そして、その名前を脳内に聞かせた時にどんな反応をするかを調べていると思う。そして知らず、知らずの内に脳内に送信された言葉に反応して記憶が蘇ってしまう。

そんな事を繰り返していると思う

後は、頭の中に思い浮かべた映像から加害者は私が何を考えていたかを当てたり、推測したりする。
試しにわざと会った事もない、記憶に全くない女性らしき髪形の顔のシルエットを想像してみると加害者はそれを言い当てようとして過去に関係のあった女性の名前を送信した。

全くの大間違えであった。

南の空に流れ星を見た

右斜め上から左下に向かって流れて消えるのをハッキリと見た。はじめは尾を引いて流れていたが、すぐに破裂するように明るく広がり、少しまた尾を引いて消えた。

そういえば何年か前に流れ星がそこいら中に見えていた時を思い出した。

寝る。

被害者の宝物

6:37
悪魔の睡眠妨害により5時に強制的に目覚める。
眠くてたまらないので、うとうとしていたが歌のリピート送信をBGMにして、陰湿な語りかけと暴力団に殺されるぞ、という脅迫を延々とされたので仕方なく起きてきて日記を書いている。

内山さんの発行した書籍は被害者の宝物だ。
book1
手に入れてもすぐに広報のために人に渡してしまうので自分では少ししか読んでいないが、昨夜また新たに数冊送ってもらったので少しだけ読んでみた。五感操作の被害に関して実に詳細に噛み砕いて説明してある。これなら全く知らない人が読んでも陰湿な嫌がらせのイメージが伝わると思う。

それと、何年も前から他の被害者によって紹介されているが、洗脳・マインドコントロールについての書籍紹介のカテゴリーもアップさせて頂く。本当は、それぞれの本について説明文を加えようと思っていたが、時間がなく写真を載せたままになっている。

私の状態を心配して下さっている方よりコメントを頂きました。

酷い被害、知恵遅れ攻撃(脳への攻撃)のために正常でいられなくなってしまうのではないか、と心配して下さっている。最近、日記が短い時があるのは毎日同じ被害の繰り返しである為に、呆れてしまい、イライラさせる攻撃も少ないのと、なぜか書く気がしなくなるという状態なので、そうしているだけです。それと酷い攻撃の為に少し弱気になってはいます。

脳の操作(知恵遅れ攻撃)を毎日続けられるとどうなるか、声を毎日聞かされているとどうなるか、それらは不明だと思いますが、恐らく脳に対する攻撃をされなければ回復すると思います。長期間に渡って行われていると、その期間の記憶は定かではなくなってしまうと思いますが。

それより恐ろしいのは思想などが変えられてしまうと言う事だと思います。それと声による人格否定攻撃を毎日繰り返されるのでトラウマを作られてしまい後遺症となるでしょう。

そられはあくまで、攻撃が終わったとしたらの仮定なのですが。

昨夜は寝る前に喉の辺りが締め付けられるように苦しくなり「甲状腺の癌にしてやる」なんて脅迫されました。

12:56
お昼のブログ閲覧を終えたところだが、音楽のリピート送信は執拗に続けせれている。「up jumped spring」という曲でメロディーの頭の部分「タララッ」という所に「お願い」という言葉を被せて、その後のメロディーに乗せて私の誹謗中傷を歌いこんだりする。私が自分から口ずさんだ時も必ず「お願い」と送信されるので嫌で、嫌で、その曲が嫌いになってしまう。

音声の送信のボリュームは小さめになっている。

軽度の頭痛攻撃と知恵遅れ攻撃(記憶障害)も行われている。

キーンという高い音も送信されている。

16:58
レベルを落とした攻撃は続いている。
本が読める程度のレベルにまで落ちている。声も小さいしキーンという音も確認できない。しかし、頭部に違和感があり、思考は鮮明ではなく制御されている感じだ。先ほど被害者のブログを読んでいたら、目眩や記憶障害などの自覚無しで、文章を読み難くされた。どの行を読んでいたのか判らなくなったりした。目の操作なのかも知れない。色々な攻撃があるものだ。

22:39
信号が赤になると「ざまあみろ」、次の信号も赤になると「全部信号を赤にしてやるよ」なんて送信されるが、こちらは急いではいないので気にならない。「唐変木、私達がせっかく許してあげると言っているのに」と女の声で送信するが、頭痛を伴う知恵遅れ攻撃はそのままだ。「かわいそうに」というのも毎日100回は聞いているかも知れない、今は囁くような声が耳元で聞えた。

楽器の練習をして帰って来たところだ。

練習中も多少の声攻撃とか鼻を痒くするなどがあったが、それよりも耳に違和感があり、自分の音がすごく大きく聞え、音の分離が悪いように聞える。普段はスタジオの外に漏れている音が廊下に反射して響くのまで聞えているのだが、それが聞えない。嫌な感じだと思う。残響の中にサイレンの音を混ぜて幻聴のように聞かせる技術はすでに体験しているので、何かをされていると判断できる。

日記を書くのをやめなさい

広報するのをやめなさい

そうすれば許してあげる

と言われても

今も、被害を受けているので書かない訳には行かないと思う。恐怖との戦いとでも言うか、あらゆる面から大変なのは事実である。今日も広報の意味で「はやすぎる?おはなし」を読んでくださいと渡して来た。わざわざ自分で買って来て読む人は、あまりいないと思う。

ネット上には陰ながら応援してくださる方もいらっしゃるようです。

ありがとうございます。

後、被害者の間ではこんな情報が送られています。

脳から知覚映像を読み出す
~ヒトの脳活動パターンから見ている画像の再構成に成功~
-ニューロン誌12月11日号掲載予定(表紙デザインに採用)-
http://www.atr.co.jp/html/topics/press_081211_j.html

続きを読む »

久しぶりの快眠

10:02
今日は全く目が覚める事無く7時間半寝られた。
しかし、目が覚める時には夢を見させられていた。
どんな夢か思い出そうとすると「思い出してはいかん」と声の送信で言われた。少し長めのストーリー展開で画面はやや暗めで端の方は薄暗くなっていてハッキリしない。色はカラーである。

夢の内容には意味を感じないし気にもならない。

要するに

久しぶりにぐっすり寝られた
不自然な夢を見た
目覚めると脳内音声が聞こえ出した
歌のリピートもされた
キーンという音もしている
やや後頭部に頭痛がしている

ということだ。

13:14
午前中は、仕事でお金の計算をしていた。世界的な不況の為、そう言った方面でも仕事をしないと大変な事になりかねない。しかし、思考能力を低下させる知恵遅れ攻撃で妨害をされた。更に、やろうとしている仕事の内容に「ばかだあ、あんなことすると・・・」などと言う声の送信で不安感を持たせたりする。

お昼には弁当を食べながらネット閲覧をするが、政治ブログのランキング1、2位のブログを読むと、知恵遅れ攻撃が激しくなり、声により嫌味を浴びせ、「巨人の星」の歌のリピートをされる。外部から見える事の無い室内で箸を落としてしまうと「ざまあみろ」と声の送信をされるのはなぜか。

これでは政治的な思想を変える為の洗脳だと思ってしまう

私は、新聞は取っていないが、NHKのニュースは毎日見ているし、ネットの情報も読んでいる。たまには政治・経済・歴史などの社会情勢に詳しい知人と会い話しをしたりもする。それらの社会情勢に疎く、興味がないでは無責任すぎると思うからだ。実際の所、この被害に遭うまでは選挙にも興味はなかった。

脳内音声で「子供が学校で袋叩きにされるぞ」なんて脅迫を受けたらどうしますか。いくら脳内音声を信じてはいけない、デタラメだ、と言っても行動を制限されないだろうか。しかも、連日の脳への攻撃の為に怖くて思ったように動けないし、事実、生活妨害、活動妨害をされている。

23:11
リラックスの為にサウナに行って来た所だ。
被害は相変わらずで、やや音声のボリュームは下がっているが止む事は無い。帰り道でも「被害の広報をするな」、「日記を書くな」と声で脅迫をされる。しかも、軽い頭痛と吐き気などかすると恐怖の体験を思い出してしまい活動を抑制されてしまう。

テレビで見た

催眠術により痛みを感じなくさせる技術?

何か権威のある科学誌(ネイチャー?)に記事が載ったらしい。人を催眠術に掛けると痛みを感じなくなる物質が脳内に発生して麻酔と同じ効果が得られるそうだ。それは仮説という事で議論されているらしい。

それならば

映像技術は思考を読める段階にあるという記事も同じ科学誌(ネイチャー?)に記載されているはずだ。詳しい内容は忘れてしまい、資料が手元にないので詳しくは掛けないが、おびただしい数の被害者がいる、この犯罪をマスコミが取り上げないのも変かなと思った。

疑い出せばきりがなく

催眠術というよりは電磁波による脳の操作で痛みを感じなくしているのでは、なんて思ってしまう。何を持って信用できる情報と言うのかに問題があり、テレビで報道されれば確かなのか、新聞に書かれていれば確かなのか、権威のある人が言ったから事実なのか、など最後は信用するかしないかは個人の判断に委ねられる。

しかし、物事を自分で確認したから事実だと言う点に置いても、この犯罪技術を使えば崩れてしまう。勿論、私は疑い深くはなく、ごく一般的な視点から物を見て判断しているが。

それにしても私ごとき、ごく一般の被害者の日記の内容を気にして音声送信で脅迫したり、実際に肝臓に苦しい痛みを感じさせたりする加害者には困ったものである。

従って日記の内容も必然的にこのような記述になってしまう。私に代わって被害を広報してくれる人がいれば私は何もしないかも知れない。

寝る。

参考書籍

電磁波犯罪と言っても、その被害は様々なようで声の聞こえない被害者もいるようです。また被害の受け止め方、感じ方も様々です。最近被害者の方が被害報告書籍を発行しました。

早すぎる? おはなし
book1

被害者でない方の書籍も沢山あります。その中から私の持っている洗脳・マインドコントロールに関する書籍を紹介します。その多くは古くから発売されています。

マインドコントロールの拡張
マインドコントロール

洗脳の科学
洗脳の科学

低周波音 心理の種々相
低周波音

超人類へ
超人類へ

マインドウォーズ 操作される脳
操作される脳

最近新しく3冊購入しました。

暴走する脳科学
哲学・倫理学からの批判的検討
暴走する脳科学

「脳科学」の壁
脳機能イメージングで何が分かったのか
「脳科学」の壁

サブリミナル・インパクト
情動と潜在認知の現代
サブリミナル・インパクト

アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化
著者の方も被害を受けたことがあるようです。
小出エリーナ

これが俺達の仕事だ

5:59
悪魔の睡眠妨害。

栃木県佐野市で起きている殺人行為だ。

心臓が苦しくて目が覚めた。
いきなりジャズの歌のリピート送信を開始された。
下手な気持ちの悪い歌で、メロディーはそのままでも歌詞は頭の部分の歌詞を繰り返すだけのデタラメだ。クソはらが立つ。
「許してやるよ、でも歌だけは歌わせてもらうよ」
「お前の精神を崩壊させる事、それが俺達の仕事だ」

そして日記を書き出すと、悪口が始まり、キーンという不快な音がして来る。「前代未聞の恥をかかせてやるよ」と言う。今日は、暗い感じの男がメインだ。女も喋ったが、それも聞き覚えのある声だ。「すぐ隣に住んでいる人の名前を出し、「・・・に見張らせてやるよ」と近所を疑わせるやり方も極悪である。

昨日も、早く寝たいので相手にしなかったが、本当は、記憶障害、目眩、吐き気、判断能力の低下(それらを併せて知恵遅れ攻撃という)などを一日中させられ、夜同じ被害者の方と電話をしていたが、歌のリピート送信でとことん嫌がらせをされ満足に話もできなかった。

殺意の塊だ。

「殺してやる」とか「お前を殺してやりたいと思っている人間は沢山いるぞ」と言う。

11:20
執拗な睡眠妨害は行われず、11時に目が覚める。しかし、本当であれば普通に寝て、普通に起きて、普通に仕事をして、普通に笑って、普通に遊ぶ。

それは、依然として出来ない生活である。

やはり、目覚めとともに音声の送信が始まり、歌のリピート送信と、「・・・に笑われているぞ」などの猜疑心を煽る声による攻撃が成される。

それと日記を書き始めるとキーンと言うノイズが送信される。

知恵遅れ攻撃も始まった。

たまに思うのだが

これだけのしつこさで、しかも、20年も前からの被害を確認している人もいるので、それこそ生きている限りなんらかの嫌がらせを続け、まともな人生を歩めないようにされたままの人もいるのではないだろうか。本物そっくりの病気を作り出す事も可能な技術である。これはあくまで推測であるが。

12:35
先ほどの日記を書き終えた後に、今まででも経験した事のないほどの記憶障害を起こされている。10秒前に加害者に脳内音声で送信された言葉を書き残そうと思ったが、全く思い出せなくなってしまった。

吐き気
めまい
嫌悪感
お腹に空気が溜まる
呼吸困難

全身の力が抜けて脳と体が分離してしまうような感じだ。お昼のブログ閲覧だが、激しい脳の操作により、文字を読むことが出来ない。一行読んで次の行を読むと、もうすでにさっき読んだ行の内容を忘れてしまう。しかも、精神的にあわただしく(表現するに適切な言葉を探し出す事も出来ない)、きわめて落ち着きのない、集中力のない状態にされてしまう。

これは、今だけ限定で行われている脳への攻撃ではなく、毎日終日行われている殺人行為で、その攻撃のパワーを強くしたり、弱くしたり、種々の攻撃を複数組み合わせて行っているだけだ。

たとえば、頭痛を組み合わせたり、吐き気を組み合わせたり、実に巧妙な攻撃をする。「マインドウォーズ」という本がすでに発売されているが正にそんな感じである。よほど強力な脳攻撃をされなければ実際に他人を相手に喋っていたり、このように現実に文字を打ち込んでいる限り正常なことが出来る。

外にでない自分の意識の中で異変が起きている

「会社で笑われろ」、「同級生に笑われろ」、「引っ越させてやる」、「君は偉い」など脳内音声による嫌味は一秒も途切れる事無く続けられ、周囲にいる人すべてを疑い、被害者を孤立させようとする手口も毎日繰り返されている。私は脳内音声は一切信用していない。それでも繰り返されている。洗脳と言うのはそのように毎日延々と同じような言葉を繰り返して聞かせることなのだと思う。音楽のリピート送信も同じ。更に嫌な臭いの送信、右足の親指と人差し指の間を執拗に痒くさせたりする。

たまたま、この日記を訪れてくださった方に是非読んで頂たい本です。
book1

脳内音声で歌をリピート送信されると一緒に歌いだしてしまったり(声には出さない呟きで)、これから自分が何をやるかの予定のような呟きをしている時に加害者に脳内音声を送信されると、その呟きまで送信される言葉により間違えてしまう

更に、「日記を書くな」、「被害の広報をするな」、「思考盗聴はあり得ない」などの脳内音声は毎日聞かされている。そこまで執拗に繰り返し同じ言葉を送信すると言う理由は、考えなくても分かるはずだ。

今、加害者は「緊急事態発生」と言ってバカにしている。

24:51
最近は、同じ事の繰り返し被害なので、よほど酷くない限り日記に報告するまでもないと思っている(結果的には我慢をしている)。

歌のリピート送信や声による脅迫、貶しは終日。身体攻撃(臭い被害も含めて)もあらゆるタイミングを狙い澄まして行われている。

ただ、脅迫が怖くて思ったように行動が出来ない

なぜならば、加害者が本気で攻撃をすれば簡単に発狂させる事が出来ることを、私は体験しているからだ。ただし、攻撃をやめればすぐに戻ると思う。(トラウマ、後遺症は消えない)

今も入浴中に歌いこまれたので、替え歌を歌い返してやったら(声には出さないで)加害者が怒り、キーンという音をさせている。

後は、どんな行動に関しても、途惑わせるような声を聞かせてくる。

寝る。

洗脳の怖さ

9:40
今日も、目覚めとともに、「なぜ、こんなことを考えなければいけないのか」と不思議に思う、全く気にしていない事が頭に浮かんできた。声の送信は少なめだった。

「思考盗聴はない」という事を前提にした考えが頭に浮かんできて騙されてしまう所だった。

昨夜は寝る前には「終わりにしてあげよう」、「自由にしてあげよう」と盛んに送信していたが、就寝時に身体攻撃を受ける。両方のわきの下から始まり、肩、腕などの体の外側に電気が流れているようなイメージのくすぐりをされたり、肛門刺激などをされた。声の送信でも得意の高笑いとキーワードだけしか聞えない嫌な感じの会話を聞かされた。しかし、無視して寝た。

その後、1時間で目が覚めるが無視して寝る。

朝は8時半になぜか目が覚め、30分くらい、うとうとしてから起床した。「巨人の星」の歌のリピート送信が開始され、最悪の気分にさせられる。

パソコンのスイッチを入れると「日記を書くな」と脅迫され、一度目は起動したまま初期画面でフリーズしてしまった。ブログにログインすると「あんた殺されるよ」と声の送信を受ける。日記を書いていると声の送信は少なめだが、頭がボケてきた。知恵遅れ攻撃の弱い奴だと思う。

起きたときから目と耳たぶが痒く、軽い頭痛もしている。

洗脳の怖さとは絶対に聞くのが嫌だと思っていても最後はそれを聞くしか生きる道がなくなってしまい、絶対にあってはならない事を強制的に受け入れさせられてしまうとだと思う。

今、加害者が日記のヒントを脳内音声で送信してくれたので続きを書きたいと思う。「無抵抗の市民にそんな物を読ませるな」と送信された。私に罪を着せているようだ。

しかし、通常文章の場合は、その人の意志により読むのである。耳に聞える音は意志に関係なく聞えてしまう事がほとんどである。更に、脳内音声となると外から聞えて来る音よりも遥かに不快で避ける事が出来なく完璧に無抵抗である。

睡眠妨害の手口を連想して思い出してしまった。

通常、目に映る映像は、目を閉じれば拒否することができるが、テクノロジーで見させられる映像は拒否する事が出来ない。これにも大変な問題があり被害者は無抵抗である。

私は寝る時には毎日、映像を見させられている。それは閉じた目蓋に映し出されるような感じで、目を閉じると赤いような背景に意味のない模様というか何かがあると思うが、目線は何処かに行ってしまい、焦点も合っていないと思う。

ところが、その目蓋の内側の模様のような中に実に巧妙に映像が見え隠れしたり、イメージ空間に映像を挿入されたりしている。目蓋の内側の映像とかは、目の焦点が合ってしまっているようような感じで睡眠時の自然な状態では無くなってしまう。これも拒否することは出来ず無抵抗である。これでは眠れないなと昨夜思ったわけで、それを加害者の「無抵抗」という言葉から連想してしまった。

9日1:09
今日は公私ともに忙しく夜はパソコンの起動時のトラブルが気になるので少し調べていた。しかし、パソコンは奥が深いのでルーターとwindowsのファイアーウォールに任せることにした。最低限のセキュリティーは必要なのでやって置かなければならない。

被害はお昼のブログ閲覧から始まり、外出時も知恵遅れ攻撃などを受けた。特に周囲の視線が気になってしまう挙動不審攻撃が気になった。

午後には来客があり、その時も知恵遅れ攻撃の為で平静を装うのに苦労した。夕食後には歌のリピート送信が激しく大変だった。臭いの送信も酷い。

細かく書いていくと大変なので今日は大雑把にした。

寝る。

まだ3時

3:13
栃木県佐野市では殺人行為が続いている。

悪魔の睡眠妨害だ。

延々と脳内音声による音楽のリピート送信と耳にキーンというノイズを送信され、筋肉をピクピクと痙攣させ、鼻を痒くさせ、声でああでもない、こうでもない、ひっきり無しに喋っている。

どうあっても自分達の罪を認めない

必ず、私を悪く言い、そのせいでこんな事になるのだと言う。

起きてきて時計を見ると「まだ3時」と軽く言ってのけた。

実は、パソコンのファンモーターが壊れていて、起動時にウィーン、ウィーンとうなっている。その音と一緒に「あな、あんな、あな」と毎回、一日に5回起動すれば5回、必ず声でそのモーターの音と一緒に送信する。もう一ヶ月以上、毎日である。「壁の穴」である。酷い拷問のような睡眠妨害の為に壁に数箇所穴が空いている。腹が立ったのでパンチやキックで穴を開けてしまったわけだ。

加害者は私に「名を名乗ってくれ」と盛んに言う。

名乗るべきは加害者である。何度でも同じ事を言っているのが加害者だ。

丁度新聞配達のオートバイが来た。

そして日記を書くと攻撃の上乗せをして来る

証拠がないから精神病だ、という時代はとっくに終わっている。被害者の数、証言、特許などを調べればそう言った装置が存在している事は明白である。

3:43
ブログの画面からログアウトすると加害者が捨て台詞を吐いたので被害者の方にその内容をメールした。するとメールを書いている段階でめまい、知恵遅れ状態になり、送信ボタンを押した瞬間に「おめでとう、訴えあげるよ」と言われた。

ただでさえ、薄汚く卑怯なやり方で常識外の攻撃をしているのに、それだけでは満足出来ずに憎まれ口を発している。声質は変えても口の動かし方や発音の仕方で普段から憎まれ口を遠慮なくハッキリと口にしている感じを受け止められる。

5:01
栃木県佐野市の殺人鬼は延々と攻撃をする

「巨人の星」の歌を延々とリピート送信している。絶対に眠らせないようしている。寝返りを打つと、それを正確に言い当てられる。憎まれ口は1秒もとまらない。

「もう少しでこのあたりに住めなくなるぞ」
「あいつ、とうとう狂ったぞ」
「敵に背を向けるな」
「創価学会に逆らい続けるとああなるんだよ」
「創価学会を敵に回した罰だ」

「あああ、書いちゃった」

私はこの犯罪被害に遭うまで創価学会の事は一切聞いたこともなかった。

電磁波攻撃で住めなくされ、引越しを余儀なくされた家で引越しの際にきかされた「池田大作さんがね、、」という脳内音声だ。私はその名前が誰だか知らなくて引越しを手伝いに来ていた人に聞いてしまったくらいである。

今も、暴れてしまった。

殺意が無ければ絶対に出来ない犯罪だ

「巨人の星」の歌の歌詞を知っている人は思い出して欲しい、それこそ加害者にぴったりの歌だと思う。

今も、激しいノイズと口汚い脅迫と巨人の星の歌をリピートしている。頭痛もしている。

佐野市では人殺しが野放しである。

これが電磁波犯罪である

実際に創価学会がどう、この犯罪と関わっているか、私には判らない。しかし、加害者は延々と2年近くも「創価学会にはいりなさい」などから始まり「創価学会の名を汚した」などまで毎日脳内音声で聞かされている。

そして、創価学会が犯人だと思わせ、創価学会とのトラブルを起こさせる。「名誉毀損で訴えさせてやれ」なんて脳内音声で言っている。是非、訴えてもらいたいと何度も言っている。すると「喜んで訴えさせてもらいたい」と脳内音声で返事が返ってくる。

と、言う事は犯人は誰かな、と言うことにならないか。

近所迷惑は追い出せ

これも得意の台詞である。

絶対に加害をやめない

この日記をアップした後に「明日から学会員に袋叩きにされんようにな」と送信された。

「創価学会の名を出した方の負けだ」と今言われた。

5:43
「巨人の星」の歌のリピート送信は全く途切れない。声でも「法廷に出てもらいたい」、「いい気味だ、殺されろ」、「このへんには学会員がうじゃうじゃいるぞ」などと延々と嫌みを送信している。

寝させない攻撃。

この世の最悪だ。

6:53
執拗な歌のリピート送信と声による陰湿な語りかけ、鼻の痒みなどにより全く眠れない。

あいつは見せしめだ、あいつの日記を読めば被害者は逆らえなくなる

ふざけるなである

被害者は絶対にこんな卑劣な犯罪をゆるすわけがない

7:14
今、命の脅迫を頂いたところだ

町中の噂になるぞ、バーカと送信されている。「創価学会を敵に回して生きていけると思っているのか」という得意のフレーズが出た。

私は、創価学会員という人に会った事が一度もない。

「嘘付け」とリアルタイムで脳内音声で送信されるが本当である。政治、宗教には全く興味がなく、関わった事もない。こんな文章を書くのも、この日記で数度目である。

全部加害者に書かされている。

あいつ狂ったぞ、とうとう狂ったぞ、部屋に入れて貰おう。物は試しだ、破壊した物を見せてもらおう、精神異常者でなければオーディオなどを壊すわけが無い。是非、みんなで行ってみよう。

とバカげた事をほざいている。誰にも言っていない事、部屋の中で1人でやっている事をなぜ加害者が知っているのか、そちらに大きな問題がある。

現時点でどうして知っているのか、というのは気にしない方が良い。ただ、記録に残して置く事が大切である。

だから加害者はこの犯罪のことを広報されるのが一番困るのだ

被害者の方は加害者が一番嫌がる事をするべきだ

大体、特定個人にしか聞えない脳内音声で一晩中語りかけて来て寝かせない、なんてのはもう、殺意が無ければ出来ない犯罪だ。しかも精神病だと言いふらすと言っている。と、言う事は加害者は同じ市内に住んでいる事になるのだろうか。

8:51
その後も全く攻撃をやめずに全く寝させようとしない。「君は笑いものだ」、「キチガイだと言われているぞ」、「近所の家が警察を呼ぶと言っているぞ」、「隣の家が訴えると言っているぞ」など1秒たりとも途切れる事のない語りかけである。

ただ喋るよりはこちらに連想させるような語りを考えているようだ。

不安にさせるような事などが得意であるが、こちらは一切気にしていない。すると最後は質問形式になって、「まださっきのには答えていないぞ」としきりに聞いてくる。それでも無視をすると腹が立つような言葉を連発してくる。

それらを無視してやっと眠りについたら今度は夢を見させて強制的に起こされた。

左を向いていたので右の肩に人の手があり、私の体に体重を掛けて押さえ込んでくる。しかし、最後には倒れて来てしまった。その体は私の横に倒れた。その倒れる時の形はお粗末で、壊れたマネキンのようであった。

そして「バカボン、バカボン」と私の事を呼んでいる。

寝たのが8時で起こされたのが9時である。

よほど被害について広範囲に広報したのが気に食わないのだろう

もっと広報しようと思う。

更に、目覚めてすぐに「君は学会から指名されるぞ」と送信された。

現在は音声は小さいが頭痛と咳をさせられている。まるで病気になってしまったかのようだ。「殺されろ」の連発をされている。

当然、殺意がなければ出来ない犯罪である

11:54
睡眠妨害の被害だけでこれだけの長さになった
しかし、被害日記なのですべてを報告しようと思う。

被害者を精神病に仕立て上げ証言させないと言うのは事実だ

今、なぜか突然目が覚めると、いくつかの事柄が想起してくる。しかし、それを思考として認識した瞬間に、加害者が脳内音声で介入してきた。だから本人が気が付かないように思考を挿入させる事が出来るのである。

お前は狂った、狂ったを連発している

しかも、そういう噂を近所の人にばら撒いたという話になってしまった。ただし、ここで重要なのは加害者の意図している事と、私の意図している事に、大きなズレが生じている事である。私は、正直、この犯罪を世間に認めてもらおうと強く望んではいない。キチガイ扱いは覚悟の上である。

なぜなら、自分だって24時間の脳内音声が聞こえていても、自分がやられるまで思考盗聴はあり得ないと思っていたからである。まして、脳の操作、神経の操作なんて全く被害を受けた事のない人に信じられるはずがない。脳内音声だって技術的な興味のある人でなければ絶対にあり得ないと返事が返ってくるだろう。

私は最初から覚悟してやっている。

かなりの時間が経ってから、やっぱりあれは本当だったんだ、となるだろうと思っている。嘘ではないことに関しては絶対の自信があるからだ。でも、一度、なんとなく話ただけでも全部有り得るだろうね、それは武器になるね、と言う人もいる。

だから、「狂った、狂った」、「あなたは精神病です」という言葉には絶対に惑わされることはないし、風評は全く気にしていない。家族にその風評被害が及んだら、それも被害だと言う事になるだけだ。

13:37
結局、12時間の睡眠妨害日記を終わりにする。

1時間づつ、合計2時間の睡眠だった。
メインはキーンと言う種々の雑音、痒み、痛み、乳首を敏感にする攻撃、肛門、性器への攻撃、そして歌のリピート送信、声による陰湿な語りかけだった。

今も、「巨人の星」の歌をリピート送信している。

声による陰湿な語りかけは、テレパシー通信のように会話が成立していて、言い争いになることは、あまりにも有名だ。

しかし、被害はこれで終わるのではなく、居眠りすらもさせない極悪さだ。

それと、加害者は母親がすでに他界している子供の父親にこのような果てし無い攻撃をするのだとお伝えしておく。


22:22
あまりにも長い日記だ。

「巨人の星」の歌のリピート送信、知恵遅れ攻撃は一日中続いている。

午後から家に1人でいても加害に撹乱されてしまうので外に出た方が良いと思い東京まで自動車で行ってきた。いつものように音楽スタジオである。

演奏中に脳の操作をされているのを感じた

突然、目眩のような記憶障害のような違和感に襲われてしまった。

「上手く演奏出来ない理由は、人目が気になるから」

「うんと悔しがってくれ」

なんて脳内音声で送信された。

記憶の操作をされてしまい、昨日練習した内容などを思い出せなくなってしまう。この攻撃は無口な人にしてしまったり、想像力が著しく低下したり、ただ呆然とした無表情の人間にする。

だから、音楽の演奏なんかとても出来ない。そういう脳に対する攻撃を受けることは予定していたが、家で撹乱されるよりは人に会ったほうが良いと思ったわけだ。

帰りに車を運転中に加害者がよく言う言葉、3つを思っていた

「笑われろ」

「指をさしてやる」

もう1つが思い出せないと、「後はなんだっけ」といきなり思考に介入される。

一日中脅迫の連続であった。

特に、日常関わっている人間の名前を出しては「・・・に嫌われているぞ」、「・・・に指さされてるぞ」などとひっきり無しで、最後は「殺してやる」、「殺されろ」になる。

はらわたが煮えくり返る思いで帰宅したわけだが、パソコンの前に座ると怒りが静まり、何を書こうと思っていたのかすら思い出せなくなる

これが恐ろしい脳の操作である。

しかも、今加害者により記憶を想起させられた。

体が冷えてしまう、という被害者の話を聞いた事があるが、私も昨夜、寒くて体が冷えてしまい電気毛布を出してかなり温度を上げて寝ていた。昨夜というよりは午前中の話である。

そして帰り高速道路でヒーターのファンスイッチを入れたが全く足元が暖まらないで不思議に思った。熱く感じる攻撃があるのだから、足元だけを冷たく感じる攻撃もあると思った。

23:59
いま風呂から出て寝るところだが、眠気、疲労感は無い。絶え間なく続けられる攻撃の為に、これで一日が終わった、というような心持には絶対になれない。私は自分の日記を確認のために最後に全部読んでいるが、車のヒーターが効かなかった所を読むと、わざわざ足元を寒くさせる。

また、所々に・・・である。という表現が多いと加害者に冷やかされる。文字の打ち間違えにも敏感で嫌らしいことこの上ない。しかし、それがその時の精神状態を表していると思えば良い。

「栃木県に住ませてやりてえなあ」

「脳の操作ではなく、自然現象だと言うまで攻撃してやる」

などの脅迫を頂く。

パンクした自転車の穴は一箇所ではなくチューブごと交換が必要だ。

以前、洗脳とか人格改造などのサイトを見ると「少しイカレている」なんて思ったが実は公表されていない技術が完成しているのだと思う。

しかも、被害者は「なぜ自分がこんな目に遭わなければならないのか」に疑問を感じている。性別・年齢・職業・その他に関係なく被害者にさせられているような感じもする。実際に被害者の個人情報の統計を取る事も必要かもしれない。

寝る。

会って謝ろう

5:41
栃木県佐野市では今日も殺人行為が続けられている。

悪魔の睡眠妨害、脳の操作だ。

「会って謝ろう」と脳内音声で送信された。

これが実現すれば全世界の被害者に幸せがやってくる

まあ、歴史的な人権侵害の犯人なんてのはこの程度のホラ吹きだと思っていればよい。寝ている人間は完全に無抵抗。それを、何のためらいも無く、全く遠慮も無く、計画的に狙い済まして、武器で攻撃してくる。

目覚めた直後に映像の送信をされた。

昨日、肩下げ鞄が重く肩に食い込んで非常に疲れた時の私の映像だ。だが、騙されてはいけない。実際に、擬似的な疲労感を作り出す事は出来るし、関節痛や筋肉痛なんかもやられるが、昨日は長時間立って居たので当然の疲労である。

すばらしい本が発売された。
book1
「被害者による被害報告日誌」

ちらっと目を通しただけだが、実に判り易く、絵も交えて視覚的な表現がされている。難しい話ではなく日常的に書かれている。しかも、「償わないで済ませてしまおうとする罪」に関しての広報に徹している。

これは、被害の事をしらない方のための書籍だ。

12:27
睡眠妨害の後はすぐに眠れた。11時半に目が覚めると同時に音楽のリピート送信と声の送信が開始される。目覚めた直後は自分の考えか加害者に挿入された考えか区別が付かないが、ある人物のことを考えていると、その人物の名前を言い当てられた。加害者に想起させられた思考であれば言い当てられるのは当然である。

うとうとしながら被害書籍の宣伝について考えると、なぜか思考を呟くようになっている。完全に頭の中だけで思考出来ない状態だ。その後、、すぐに頭痛が始まり今も続いている。キーンという音もしている。いま、目眩が始まった。

23:09
頭痛、めまい、知恵遅れ攻撃の状態がずっと続いている。

被害日記、何から書こうか、どうしようか、と言う感じだ。
あまりに被害が多すぎるので困っている。一日の自分の行動と連動した嫌がらせ、取った行動に付け込んでの脅迫、すべてを説明すると大変である。

信じられない量の嫌みをひっきりに無しに声の送信で浴びせ続けている。歌のリピート送信も激しく、楽器の練習中にも「巨人の星」の歌を脳内に何度も送信された。それを無視して練習をした。更に、自分の音が煩く聞えるような、説明の難しい被害に遭わされている。

運動神経に障害が出るような被害をハッキリと確認できた。

体が自分の意志の通りに動かなくなってしまったり、コントロールが聞かなくなったりした。それに気が付いたので強引に全神経を集中して動かしてやった。今までもそのような事をされていたのだと思う。これは、脳の操作、神経に対する攻撃をしている証拠である。

私は、この犯罪の広報を個人的にしている方だと思う。チラシ配布、書籍の配布なども行った。加害者は音声でしきりに「許してあげるから広報するのをやめなさい」と言うが歌のリピート送信は止まらないし、頭痛、吐き気を伴う知恵遅れ攻撃もされたままだ。

子供と食事などに行こうとすると「子供も笑い者にしてやれ、一家で笑われろ」などと執拗に声の送信をされる。被害の広報をすれば、するほど酷い目にあわせてやると言った感じである。

こういうのを社会の最悪と言うのではないだろうか

最近、2台の自転車がパンクした。家族の自動車も接触事故を起こしている。

声の送信ではあらゆる事柄を題材にしては脅迫をする。

7日1:26
「うぬぼれやに軍配を上げさせてやろうと思ったが、このブログの状態では、とても出来ないな」、「乱れた生活を立て直してあげようと思ったけど、やっぱり・・・」なんて送信する。

声の内容に関しては全く気にしていないが邪魔である。

個人的な意見で無責任かも知れないが

気にしないでいられる事柄は無視して生きている方が得だと思う。勿論、人間の気質として何かを気にしやすい人もいると思うが。私は、この被害を受けながら出来るだけ無視をしている。被害日記であるので一応、報告をしているが、現実には1つ1つ気にしてはいられない。なにしろ途切れる事がないのであるから。

寝る。

社会への挑戦状

2:21
栃木県佐野市で起きている人権を無視した殺人行為
また、睡眠妨害だ。

1時には寝ていたと思う。
加害者に脳内音声で

「早く日記をかかせたいな、また新しい被害を受けさせたい」

と送信された。

寝る前に受けた新しい被害は、右の耳の中から、喉を伝わって舌の右側にまで及ぶ妙な感覚である。しかも、部屋の中で移動しても、体の向きを変えても、その感覚は同じであった。神経を攻撃していると思われる。

バカな男の声で私達が演奏した音楽を盗み取ってメロディーにあわせて黄色い声で「キビシー」といっている。どの部分で言っているかお知らせしたいくらいである。それを何度も事あれば送信する。わずか1秒程度の言葉である。「なんだ、聞えているじゃねえか」なんて言っている。

日記を書くときに、キータイプを全部同時読みして送信する。ミスタイプするとそれを貶して読み上げるのにも慣れた。とくに知恵遅れ攻撃をされるとミスタイプも多くなる。

漢字が読めない攻撃も、加害者も漢字が読めない事が判り何とも思わなくなった。それも知恵遅れ攻撃をされると、送信されたようにそのまま間違って読んでしまったり、酷いと漢字を見た時に普段なら読めるはずの字でも、全く記憶の中から出てこなくなってしまう事もあった。

それよりも思考をさせない、本を読ませない事に問題がある。

今、起きてきて日記を書く事になった直接の原因は尻にチクリと針刺し攻撃をされたからだ。

私に日記を書かせているのは加害者であり、

脳内音声、思考盗聴、五感情報通信の人権を無視した殺人行為の存在を

世の中に知らせる為に、私を利用しているのだと思って欲しい


これは加害者の社会に対する挑戦だ

洗脳とは

耐え切れないような苦しみを加え続け、思考回路を変えさせること

苦しみを緩めた時に、逆らわなくなるまで、痛めつけること

精神に深いトラウマを埋め込み、条件反射になるまで続けること

だと思っている。

精神への介入と脳神経の操作

これは確実に存在している。これは殺人である。

今も加害者は攻撃を続け、有頂天になり、まるで生きている人間を玩具のように扱い、遊んでいるかのように振舞っている。罪の意識の無さ、その罪を罰せられるかも知れないという態度は全く感じられない。

女の声で「おちょくっていい?」なんて言っている。

ただ、現実に姿を現して言いたい事を言えるような物ではない

私は、加害者は完全に頭が狂っていると思っている

3:04
今、思ったが、24時間の徹底した監視とスパイ行為は、何処に居ても途切れない。そんなことをする理由はただひとつ

被害のことを口外されるのが困るのだ

誰に、何を喋ったか、誰から、何を聞いたか、などは確実に知っていなければ困るのだろう。そうでなければ予期しない所で墓穴を掘ってしまうことにもなる。

だから、出来るだけ多くの人に、この犯罪を知らせればよい。

4:03
加害者は絶対に脳内音声の嫌がらせをやめない。一睡も出来ない。
このやり方で精神病院に矯正入院させられた人は多い。

たとえどんな事をになってもやめないだろう

これは、確実に殺意があることの証明である

社会への挑戦、絶対に許してはいけない

10:27
気分の悪い、疲労感のある最悪の目覚めだ。
目が覚めると「嫌われ者に愛の歌でも歌ってやろうぜ」と言い、私が覚えようとしている曲のリピート送信をする。「明日、覚悟してろよ」と脅迫もされた」。

被害者は黙っていてはいけない、犯罪のことを広報するべきだ。

23:52
おめでとうございます。内山治樹殿。そしてありがとうございます。
book1 book2
「テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌」

本日ささやかながら記念パーティーをやらせて頂きました。
何もご馳走しないですみませんでした。

日記更新中に電話がありアップが送れました。

6日2:45
風呂から出て寝る所だ。

先ほど書籍の画像をアップしてから、まず、両方の耳にキーンという音がして来た。声による脅迫もされた。その後、パトカーだか消防車だか、何かのサイレンがけたたましく鳴り出した。数台で走り、こちらに近づいて来る。なぜか精神的に動揺してくる。そのサイレンの音が自分に関係しているかのように感じる。わざわざ窓から本当に来ているのか確認をする気にはならない。

そして最後にはサイレンの音が鳴ったまま止まらなくなってしまった。サイレンには高低があるが、高い方の音が出っぱなしになったままである。石油ファンヒーターの音と重なったりして嫌な感じであった。無視していると数分後には消えてしまった。知らないうちに聞えなくなってしまうというのがよくあるパターンだ。

その後も、音楽のリピート送信や歌のリピート送信が続いていた。

今はキーンという音だけで音楽のリピート送信は、ほぼ無い。

遅くなってしまった。

寝る。

洗脳は人殺しではないか

2:05
栃木県佐野市で起きている殺人行為は今夜も続いている。
寝たのが12時半だ。

脳内音声で加害者は言いたい放題だ。
「私達は創価学会ではない」
「警察を逮捕できると思っているのか」
などと言っていたのが昨日のことだ。

しかし、今夜は
「私達を助け出してくれ、創価学会の会館の中にいる」
「戦いの火蓋を切らせてくれ、近所に学会員がいる」
なんて言っている。

まあ、戯言は勝手にほざけば良い。しかも、特定個人、私1人にしか聞えない脳内音声であるのだから、加害者はその程度の物達である。やるなら大衆マインドコントロールでもやれば良い。政治家の頭の中を覗いて脳操作をすれば良い。株式の盗聴詐欺トレードでもすれば良い。大量虐殺でもすれば良い。それで自分達の仲間だけが生きていけば良い。これだけの装置であるから、使い方次第では世界を征服する事もできるだろう。

今夜は中年の男と、中年の女の声だと感じている。

私が演奏した曲を盗み取り(who can i turn to)聞えるのはピアノのメロディーだけであり、ついでにピアノを演奏している風な派手なアクションの女性のイメージ映像を送信したりする。

その音楽を静かにバックに流しながらの語りかけである。眉間、鼻、陰部などを痒くしたり、体の大きい筋肉を執拗にピクピクと痙攣させていた。しかし、無視をして何とか眠った。

その後、なぜ目が覚めたかは知らない。

しかし、その音楽を執拗にリピート送信しながら色々な切り口から作り話を執拗に語りかけて来る。ある話を語りかけて来て無視をされると、別の話になる。そんなのを延々と続ける。

夢を見て目が覚めたようだ。「今見た夢の説明をしてやろうか、そこを何処だと思う」なんて男が静かな声で語りかけて来る。お断りした。見させられた映像はカラーの動画でオフィスのようなところを上から下を見下ろすような角度で撮影している。いつものように映像はクリアーで明るい画面だ。

そんな事はどうでもいい

毎日の睡眠妨害

脳の操作、神経の操作をやめて欲しい

人権を返して欲しい

「こんなブログ、人が見たらどう思うだろうか」加害者は言う。「かわいそう、医者に見させて」と言う。

だが、私はそんな事は一切気にしない。

なぜなら、洗脳は事実行われているからだ。

2:30
勿論、就寝時にも脳の締め付け感があった。
頭痛攻撃もあった。

「許してやろう」
「終わりにしてやろう」

なんて言葉も毎日数え切れないほど聞かされている。

もう、すでに脳の操作(知恵遅れ攻撃)で何も考える事が出来なくされている。その状態で脳内音声の送信をひっきり無しにされると、一連の思考の流れをコントロールできる。しかも、長い年月をかけて行っている。季節に合わせた加害方法まである。

4:10
執拗な音声の送信と、鼻、頬、陰部を連続で痒くして絶対に寝られないようにする。「創価学会に逆らって生きてはいけないんだよ、段々と分かってくるよ、こうやって苦しめてやれば」と歳を取った女の声で送信する。

真の加害者が誰かに関して私は知らない。

頭部圧迫感、頭痛攻撃もされる

これをやられたら誰で普通の精神状態ではいられない

栃木県佐野市での殺人行為を全国に知らせて欲しい

12:47
「ギフトを忘れさせるなよ、何か届いているぞ」
「お前が近所でどのくらい嫌われているか教えてあげよう」
「学校で苦しめ、先生達も知っているぞ」
「子供が苛められているぞ」
「夜尿症を治してもらおう」
「暴力団に殺されろ」

寝たのが4時半、10時に起こされたが、もう一度ねて12時半に起きたところだ。あまりに酷い誹謗中傷なので忘れないように書いて置くことにした。本当はもっと沢山言われている。

目覚めるとキーンという音がして、歌のリピート送信があり、脳内音声で嫌みを言われるのは毎日のことだ。

目覚めた時から頭痛がしていることも良くある。

歌は「暮れの元気なご挨拶、、、サラダ油セット」というコマーシャルで、これはテレビを見ている時に電話があり、通話の最中にサラダ油のコマーシャルか映像を見たのが原因で始められている。それと「巨人の星」だ。

15:00
先ほどから酷い知恵遅れ攻撃をされている。
記憶障害、嫌悪感、めまい、言葉では説明の出来ない状態だ。

21:14
15時の時は突然の来客の為、すぐにログアウトした。
知恵遅れ攻撃の程度とは、ログインする時にパスワードを打とうとするキーのミスタイプが発生する程度だ。たとえばDを押そうとするとSを押してしまうような感じだ。私はほとんど目で見ながらでないと入力できない。

今は声のボリュームが小さくなっている。

昨夜もキレて暴れてしまった。
声を出して「睡眠妨害をやめろ」と言って物を蹴った。その際に足を痛くしてしまった。過去にも何度もそんな状態に追い込まれている。破壊した物は多いし、手足に怪我をしたりもした。運良く、騒ぎにならないだけだと思う。

加害者はそのような状態をすべて見届けて加害を続けている。

「許してやるから日記を書くな」と先ほどから送信されている。

これほど酷い被害を受けると怖くて日記を書くことが出来なくなるし、書かなければ安心して夜寝させてもらえるかも知れないと思ってしまう。しかし、だまし討ちというのもあるし、結果、日記を書いている。キーンという音が次第に多くなってきている。

昨日のニュースでは、子供達が匿名のネットや携帯メールで嫌がらせをされていると言っていた。大勢の人間に嫌われている、と思わせられて登校拒否になってしまうらしい。メールを中継する所があって複数の人間からメールが送りつけられているように感じるらしい。しかも、相手を特定する事が困難らしい。

今日のニュースでは「派遣切り」の問題を扱っていた。「仕事が無くなり、家を売って出て行かなければならない」なんて人もいるらしい。社会問題として取り上げられるが解決は難しそうだ。

電磁波被害に遭っている人達も職場を追われたり、社会的な信用を失ったりしている。

この犯罪の加害者には正直、言葉が無い、と言った感じだ。

23:00
「さあ、日記を書こうぜ、後で大声でわめかせてやる」
「人を羨め、幸せな家庭というのがどういうのか見せてやる」
と男の声で威勢良く送信して来た。

今、新しい曲を覚えるべく、音楽を聞いていた。
しかし、脳内音声により貶しをひっきり無しに入れてきて邪魔をする。
いつもの事である。
「下手くそな演奏だね、メロディーの同じ部分を探して」
これは思考盗聴による嫌みだ。私がメロディーの前半と後半の似ている部分を探しながら聞いていたからだ。「ここの部分のコードはメジャーだと思わせて」と言われたが、聞きながら大きくメロディーが変化したので、もしかするとそうかなと思ったわけである。

そして、音楽を止めて別の部屋に行くと「まだ覚えられないの、自分でひけば一発じゃない」なんて貶してくる。「覚えられないんじゃ私達が覚えさせてあげよう、意地でも歌ってあげよう」と女の声で送信する。

その後、同じ音楽を聞きだすと今度は知恵遅れ攻撃がはじまった。

音楽を聞く前はテレビを見ていたが顔をひっきり無しに痒くされたり、急に空腹になったりした。

こんな感じに、四六時中へばり付いて離れない被害である。日記を書いていると「かわいそうに」の連発攻撃をしたりする。

24:24
気が付けばとんでもなく、長い日記となってしまった。

寝る。

武器があれば怖い物無し

1:55
栃木県佐野市の殺人行為を何とかして欲しい

連日の睡眠妨害は半年くらい続いていると思える

絶対に睡眠をさせないようだ。
顔、耳、鼻や体のあちこちをひっきりなしに痒くされる。これは自然現象ではあり得ない攻撃である。足や肩の筋肉がピクピク痙攣したり、チクリと針刺しのような痛みがあったりする。声でも嫌みをひっきり無しに送信して来る。しかも、加害者には寝そうになるのが判るようである。

当然、一日前の日記でも、

耳にキーンというノイズを送信され

歌のリピート送信は途切れず

数人の声による嫌みも途切れていないし

お腹に空気の溜まる攻撃

肛門に対する攻撃

などをされていた。

「かわいそうに」という声は一日で300回以上聞いていると思う。

ただ、爆発しそうな怒りが込み上げないので、何とか我慢が出来ているので、日記に何を書いても無駄であるので書かないだけである。声のボリュームは少し小さくなっている。

加害者には脳攻撃をやめるつもりは全くないように思う

徹底的に攻撃して精神異常にしてしまいたいのだろう

法治国家でこんな事が許されるのだろうか

脳内音声、思考盗聴、五感情報通信、これらの武器を使い、絶対の自信を持って攻撃をしている。こんなの野放しにしていたら日本は終わってしまう。被害者は増えている。

国としての犯罪に対する対応を望みたい物だ

こうやって日記を書いていても攻撃は続けられている。24時間、365日全く途切れる事無く攻撃をされるというのは本当の話なのだ。

そして最後には「君は殺されるぞ」と送信される。しかし、各種攻撃は送信される言葉とは全く関係なく続けられている。

手段を選ばない攻撃とはこういうのを言うのだろう、何をしてもかまわない、しかも特定の個人に対しての攻撃である。

2:29
加害者は立場の弱い人間を狙い武器または集団で陰にかくれ、徹底的に攻撃するのが特徴だ。或いは、盗み取った情報や、武器による脳攻撃で無理やり立場を弱くしての攻撃をする。証拠が取れない、精神病扱いである、などの世の中の背景も最大限に利用する完全な悪魔、薄汚い、卑怯な、殺人鬼である。

3:36
まだ、一睡もさせてもらえない。
この、脳内音声の嫌がらせは社会の迷惑だ。
しかも、思考盗聴も確実に行われている。

殺意むき出しのテロ集団をなんとかして欲しい

脳内音声による誹謗中傷は1秒もとぎれない

精神病院で暮らしてくれと脳内音声で言われた。
しかし24時間、大の大人が1秒も離れずに監視して嫌がらせをするというのも常識では考えられない。そして、今脳内に放送されているのはエイトマンの主題歌である。痒みもひっきり無しだ。
「放送大学にでもいかせてやるよ」とリアルタイムで貶してくる。

やはり、全国に知らせて欲しい。キーワードは栃木県佐野市だ。

10:16
眠れたのが4時過ぎ、目が覚めたのが9時半という所だ。
目覚めるとすぐに音楽のリピート送信と声による精神への介入が始まる。

音楽のリピート送信は精神への介入でも、かなりの悪質レベルで、頭の中で物事を考えさせないように仕向けているようだ。何が目的かというと呟きを発生させる事が目的で、嘘発見器のような効果が出てしまう。

ここまで、書いてくると知恵遅れ攻撃が開始され、文章をまとめる事が困難になって来る。

それと思考盗聴はイメージ映像までを盗んでいる。私は脳や記憶に関して全く知識がないが、脳内の記憶はイメージ映像が含まれているらしい。ためしに過去の出来事などを思い出して欲しい。未来のことでも良い。何かを想起すると映像が付随していると思う。

とにかく殺人行為が野放しでは困る

音楽は目覚めてからは「every thing happen to me」という曲で先日演奏したばかりである。その後は「ばばんば、ばんばんばん、、、いい湯だな、ははん」を繰り返している。それと今日は思考や呟きをなぞるように声の送信をしている。

陰湿かつ執拗な脳の操作は続けられている。

17:21
一日中知恵遅れ状態であるのは言うまでもない。「千鳥足で逃げさせてやるよ」と声の送信をされるくらいである。外に出た時などは挙動不審というか変ではないかと意識してしまったりするし、来客があっても頭がボケて不自然であるので話をするのも大変である。

結局、歌のリピート送信は途切れることなく続けられている。

その他の攻撃も勿論だ。

最近は国籍法などに関しての記事を良く見かけるが、子供の人権という考え方を大切にしているらしい。ところで、我々のように電磁波にる精神への介入、精神・身体の操作をされて人間として生活させて貰えない被害者の人権というのはどうなってしまうのだろうか。

被害者の数は決して少なくないと思う。

世界人権宣言というのもあるが我々には関係ないのだろうか。

23:30
先ほどの更新から6時間。
外出していたが攻撃は延々と続いている。

脳内音声で「巨人の星」のテーマを送信されて居る時に、それを聞きながら、別の関係ない歌を口ずさむ事に成功した。

外出先でも頭の中で一瞬思っただけの思考を盗み取られた。それは映像付きの記憶ではなく、何をするか、たとえば誰に連絡を取るか、と言ったようなことだ。

しかし、わざわざ声の送信で被害を知らせてくれている。

その理由が不明だ。

遊び感覚とでも言うのだろうか。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる