また寝てから1時間

2:36
悪魔集団の殺人行為は容赦なく続けられる。今日で何日目だろうか、眠りに就いてから1時間すると強制的に起こされてしまう。テクノロジー犯罪と言う奴だ。どんなに眠くても絶対に寝る事が出来ない。今も、あまりの眠さに何度も悪魔の嫌がらせを無視しては眠っていたが、最後に右の鼻の穴と右足の親指を痒くさせられ、ギブアップ。

栃木県佐野市では悪魔の殺人行為が行われている。

「小学生の子供にも被害を受けさせてやる」

脳内音声での脅迫だ。

世の中の最悪、社会を破滅に導く悪魔集団の手口である。どんなに汚いやり方でも平気で行う悪質、卑劣極まりない心の汚れを毎日、心と体で覚えさせてもらっている。

この事実を出来るだけ多くの人に知らせて欲しい。

私は、自分と家族と親戚の人生を人質代わりに取られ、毎日24時間、殺人とも言える残虐な行為を受け続けている。

洗脳は人殺し。

これは常識で考えても、そう言う判断が下される。現在の所、脳内音声、思考盗聴、生体情報通信などによる殺人行為に関しては全く証拠が取ることが出来ず、取締りの法律、取り締まり機関もなく、野放しである。現実問題として、末端の一般被害者が簡単に測定出来、証拠を残す事の出来る装置が安価で店頭に並ぶまでは、確実にこういった殺人行為は続けられるであろう。

そのくらい加害者は自信に満ちている。

集団で武器を使い計画的に殺人行為を行い続ける。

これは紛れもない事実である。この事だけは、現時点で信じられる、信じられない、に関わらずインターネットに日記として公表する。しかも、「かわいそうに」という言葉を送信しながらの殺人行為である。加害者の殺意は間違いのないところだ。24時間、途切れる事のない洗脳音声、身体的、精神的苦痛、絶対に取り戻す事の出来ないようにされた人生。

この犯罪は歴史に残す必要がある。

目が覚めた時は「天才バカボン」の歌をリピート送信して、今日記を書き出すと「スーパージェッター」の歌に切り替えて、私にしか聞えない脳内音声で送信をする。これが、加害者の心、そのものなのである。

ここまで書き、読み直そうとすると「うん、我ながら、なかなか上手く出来た文章だ」と中年の男の声で送信をする。すると、右の耳にシャーっという音を送信して、更にキーンという音も送信して、肛門に痒みというか痛みのような感覚を送信する。

この武器を手にすると誰でもこれほど心が醜くなってしまうのか。

攻撃をすれば、必ず日記に書くと言う事を加害者は承知している。テレパシー通信により「やりたければ勝手にやれ、殺したければ殺せ、子供に、親に、被害を受けさせたければ勝手にやれ、但し、やられた事は日記に書く」毎日、私は加害者に言っているし、毎日同じ事を繰り返しているので、加害者が知らないとは言わせない。

それどころか「書く無かれ、日記を書かなければ、許してやる」と加害者に毎日脳内音声を送信されている。だから、日記に被害の事を書かせたいから、毎日殺人行為を行っていると判断してもらっても全くかまわないと思う。

一方的に強制的に人権を奪い取り「許してやる」

この言葉も歴史に残したいと思う。

今、パソコンの前は糞の臭いがしている。

私はこれを宗教による洗脳ではないかと思っている。送信されてくる脳内音声には、ここには書けないような内容が沢山あるからだ。「かわいそうに」、「もう、やめなさい」と声の送信をしながら歌のリピート送信は止まらない。これも毎日のことである。

少し古いがこんな記事があります。合成テレパシーの記事。
http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html
「まだ、開発中の技術を載せないでくれ」と男の声で送信される。この男の声は変化し、1人で三人分くらいの声を出しているようにも思える。頭痛、歯痛攻撃もされている。昨日、被害者の言っていた事などを全部書いてしまいたいくらいだ。

4:45
「かわいそうに」と女の声で送信をする。脳内音声で昨日自動車の中で聞いていたカーペンターズのジャンバラヤという曲のアドリブ部分を送信させて寝させない。

「犯人は創価学会と言わせてね」、「びっくりさせてやろうぜ俺達が創価学会では無いことをしらせてやろうぜ」などと送信して絶対に寝させない。

栃木県佐野市ではこういった行為が平然と行われている。

人殺しが野放しである。

ある、人に会う計画がある。その為に加害者が嫌がらせをしていると思う。二人考えているが、二人とも是非、直接会ってすべてをお話させていただく。

かつてこんな言葉を脳内音声で聞かされた事がある。

「あいつはゲルマン系か、俺達とは人種が違う」
「あいつはイスラム教か」
「ユダヤ人がなぜ嫌われるか知ってるか、性欲が強いからだよ」
それから、去年の暮れにクリスマスの歌を「悪魔の誕生日」と言っていた。

そして、脳内音声は当てにはならない、と今、男の声で送信した。
少し都合が良すぎる。

この殺人行為を全国に知らせて欲しい。

相変わらず攻撃を続けている。スパイ行為で盗み取った情報で脅迫をする。これも事実だ。

12:01
結局、寝たのは6時頃になってしまい、その後9時に目が覚め洗濯機を回して、もう一度寝る。そして、11時半に目覚める。「ざまあかんかんかっぱのへ」と早口でリピート送信をしている。中年の男の声である。「法テラスに訴えろ」と嫌みの送信もしている。同じ言葉を5回は頃合を見計って繰り返すのも特徴だ。

目が覚めた直後に首に空手チョップのような横方向のパンパンと軽く叩くような刺激が何度かあった。ただ、人の感覚というのはアバウトなので横方向の幅などは推測できない。筋肉の痙攣とは少し違うようで、もし、筋肉の痙攣であれば、どこの筋肉を痙攣させるとそのようになるのかと思った。そして、右足のふくらはぎ全体がつってしまったような感じになり、痛かった。普通、ふくらはぎがツル時は部分的な筋肉であるが、全体的に筋肉が硬くなっているようだった。感覚なのか、実際に硬くなったのかは不明。

筋肉の痙攣といえば、この前、胸の筋肉をピクピクさせられた事があるが、それも実際に痙攣していたかの目視はしていない。しかし、その時にピクピクさせられた筋肉は自分では絶対に動かす事の出来ない筋肉であった。もし、その部分を動かそうとすれば、他の部分も一緒に動いてしまう。

日本という国で毎日、こんな生活をしている人達が現実にいる。

12:36
今、たの方のブログを読んでいたら思い出した。国名は忘れてしまったが、ヨーロッパの方に旅行に行った人の話である。飛行機に乗り、離陸中も飛行中も着陸する時も現地にいても、音声は途切れる事無く聞えていた。「何処にいても全く同じですね、加害者は送信に使っている媒体が機器などに影響を与えない事を知っているのでしょう」日本語でちゃんと聞えていたらしい。

24:23
午後から音楽練習の為、都内の某音楽スタジオへ向かった。23:45に帰宅。しかし、サーバーが混雑していて接続出来なかった。途中の自動車によるストーカー現象のような事に関しては触れないで置く。最初は晴れ間が出た為か、音声のボリュームが小さかった為か、カーステレオを聞きながら非常に気分良く、快適に運転が出来た。しかし、目的地に近づくと後頭部に違和感がして来る。やや頭痛、脳の芯が締め付けられるような思考の自由を奪い取られたような、説明しがたい感じになる。

演奏が始まると案の定、気分が落ち込み気味で楽しくならない。「これがあいつの実力だぞ」などの嫌みを沢山浴びせられてしまった。腹が立つがスタジオ内では脳内音声で悪口を言われている、なんて言えないので我慢をした。

脳内音声による嫌がらせでは、被害者の弱みに付け込んだり、被害者が悪いから、このような嫌がらせをされるのだと聞かされたりすることが多い。たとえば親不孝者。或いは、自動車の運転マナーが悪いから、行儀が悪いから、など被害者に責任を擦り付けて来る事が多い。説教をされることもある。そして被害者に次第に罪の意識が出たりする。それらは日常のあらゆる事柄に干渉して来る。何があっても加害者が悪いのである。

今日、思った。こんな事も可能かと。

ある特定の人物に会っている時だけ鬱的な気分にさせる。特定の場所に行くと気分が悪くなる。などの被害を受けさせるが有り得ると思った。或いは恋愛感情なども操作出来るかと思った。現在は人間が手作業で行っていると思われる「人間の総合コントロール」も技術の進歩と合せれば自動化する事も可能だと思う。たとえば、特定の顔や声がターゲットの視界、聴覚に入ると自動的にプログラムされた物が送信される。SF的な話であるが体験者から見ればあり得ない事ではないだろう。

スタジオ内での演奏は録音している。途中で録音ボリュームの設定が違っていることに気が付くと、その瞬間に「ざまあみろ」と声の送信をされた。これが加害者の本音である。たまに煽てたりするが、基本は悪意の塊なのである。偶然、録音ボリュームの設定の違いに気が付いた、その瞬間にそんな言葉が出る。驚いた。

とにかく嫌がらせは徹底的に行われる。帰りには妙にイライラして顔つきまで変わってしまっているように感じていた。そして脳内音声では言いたい放題で、現在の所、脳内音声で脅迫をされても証拠にはならないし、逆に精神異常者扱いであるが書いて置く

「早ければ、この秋に1人死ぬぞ、もしかしたらお前かも知れない」

連日の睡眠妨害の為、疲れた。

風呂に入って寝ると書くが、その心の中は大変な物がある。

これを読んで加害者が女の声で笑い声を送信している事も付け加える。

悪魔の睡眠妨害

2:41
栃木県佐野市で行われている歴史的な人権侵害事件である。
脳内音声、思考盗聴、生体情報通信などによる殺人行為だ。

寝たのが1時半であろうと推測される。なぜなら今2時半だからだ。「ミッドナイトムード」という曲を脳内に放送している。耳鳴りのようにキーンという音をさせて、後頭部に頭痛をさせている。知恵のある人間ならば、この行為が殺人と同じである事は用意にわかる。

どう考えても被害者が不利なのである。

この犯罪の事がいずれ分かる時が必ず来る。私は間違ってはいない。殺人行為が毎日繰り返されているのは事実だ。加害者が集団で武器を使って計画的に殺人行為を行っているのも事実。全国に被害者がいるらしい。東京周辺に住む被害者の方数名には実際にお会いしている。

だから、歴史的な殺人行為の実録としてインターネットに残して置きたいと思う。

私が最初に自分にしか聞えない音を聞いたのは20年前だ。

これは耳鳴り攻撃と言い、モーターが回るようなウィーンという音がしてからキーンという耳鳴りのようになり、鼓膜が裏返ったようになり、極度の緊張感に襲われ、電気で痺れているかのようになる。とてもその場にはいられなくなり、逃げ出す事になる。それと同じのを4年位前に受け、音声送信も受け、引越しをしている。

最近では精神状態の操作も遠隔で行われる事が知られているので、耳鳴り音と極度の緊張感とは別のものと考える事も出来るかもしれない。

「かわいそうに」と言いながら生きたまま人を殺す加害者の存在も事実だ。

精神への介入の恐ろしさに関しては8/29の日記の後半を読んで頂けば少しは理解出来るかと思う。

23:07
今日は会合があり出掛けた。色々な人に会った。しかし、良く降る雨だ。被害は勿論一日中。毎回同じであるが、「死に近づいた」などの脅迫も脳内音声で頂いた。とにかく、醜く汚い卑怯なやり方である。加害者は「博士」という言葉が好きで、私の事を「で、あーる博士」と言っている。文章の書き方がそんな感じだからだろう。以前は「・・・だ。」と貶されていた。あった事すべてを日記に書けないのが残念である。

脳内音声の聞こえている被害者が3人、1メートルの距離にいても、それぞれが混線しないで独立に被害を受けている。身体攻撃も同じ。5人でテーブルを囲んでいても松茸の香りがしたのは私だけだと思う。

今も、車の中で聞いていたカーペンターズの曲をリピート放送している。顔も痒いし耳鳴りもさせている。

風呂に入って寝る。

あの方は悪魔だぞ

1:40
寝てから丁度一時間。顔を痒くさせられて目が覚める。眠いので無視して寝ようとしたが、咳をさせられたので、しょうがなく起きてパソコンのスイッチを入れる。相変わらず外は雨と雷が激しい。加害者は脳内音声で「雷雨」と言って欲しいなどとケチをつけて来る。そして「あの方は悪魔だ」と私の向かって脳内音声を送信する。方向は北側からだ。勿論、どちらの方向からでも聞かせられる。

どうしても加害者は私に日記を書かせたいようだ。

今も、左足の膝、右の太もも、右の頬を針刺し攻撃で痛くしたり、耳たぶを痒くしたりして、この歴史的な人権侵害、殺人行為を名のある方に知らせる事に対して脅迫をする「・・・に会うなかれ、あったら子供達にも被害を受けさせるぞ、学校で恥をかかせるぞ」などである。

「栃木県佐野市」と書かせてあげてと地域名を出す事にも拘っている。

脳内音声、思考盗聴、生体情報通信などを利用した嫌がらせ。

これが特定個人を狙い撃ちにした嫌がらせの実態だ。

2:54
眠れないのであるサイトを発見しました。良く知られているでしょうが。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/08/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E6%94%BB%E6%92%83%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.html#comments
電磁波犯罪に関しての掲示板のようです。
酷い被害者の書き込みもあります。
そけにしても、貶し、悪たれを浴びせ続けている加害者。後頭部も痛い。

17:40
今日は朝8時半に起床した。最初は声は聞えないが少しづつ始まる。何か、「紺色のスーツを着ている人はお断り」みたいな夢か暗示を記憶に挿入されたようだ。

午前中はボリュームの小さな歌のリピート送信と声による貶し、脅迫が続いていた。午後はなんとなく、頭がボケて人と話をしていても、目がしょぼくなって、気持ちが引いてしまい、すっきりしなかった。恐らく、脳に何かされていると思う。歌は「ぞーうさん、ぞーうさん、お鼻が長いのね」を6時間延々女の声で聞かされ、たまに男の声に変わったりした。その後「もし、もし、かめよ、かめさんよ」に変わったが、「バカボン」の歌を時折聞かされたりしたている。ボリュームは小さいが、確実に脳内に入り込んで来るので仕事で電話をしていても、目の前の人と話をしていても、一瞬の隙に脳内音声の世界に意識を引きずり込まれてしまう。鼻、下腹部の痒みや、肛門、性器への刺激もされている。

耳の奥などを痛くされると中耳炎にでもなったのかと思ってしまう。

21:34
今日はとことん嫌な思いをさせられ、煮えたぎるハラワタ、爆発寸前で帰宅。スタジオに楽器の練習に行ってきた。まず、午後からずっと脳内に直接聞える方向性のない音声で歌のリピート送信をされ続けていた。それはボリュームは小さいが目の前で人と話していても神経が送信される歌のほうに行ってしまい話を聞き逃してしまう。

スタジオでは執拗に人の練習に合せて歌を送信して来る。さらに下手くそだとか貶しを入れてくる。我慢して練習をしていると「さっきはごめん、下手といってしまった」と言い出す。いつもそうだが、同じ流れの話は1分と続かない。話題の矛先が変わってしまう。言っている内容は数種類であり、毎日朝から晩までアレンジしては同じ話をしている。それと、こちらの言動や計画に合せて盗んだ内容で送信して来る。もし、こちらが何もしないで、何も考えなければ、送信内容も同じだと思う。

練習中は、結局、加害者にやりたい放題させておくしかないのである。かならず干渉をしてくるので、それを嫌うと練習にならなくなってしまう。だから歌いたければ歌わせて置くしかない。

練習が終わり、通路でタバコを吸っていると若い連中がぞろぞろ現れた。「そろそろ帰るか」と考えただけで「ちょっとごめんよ」なんてこれから私が口にすると思われるような台詞を送信して来る。まだ、体は動かしていない、考えただけだ。更に、歌のリピート送信や声の送信は絶え間なく続いているので、神経はそちらに行ってしまっている。だから、側にいる人の会話に同調したり、気さくに話しかけたりといった気持ちにはならない。黙って帰ろうとすると「あいそのない親父だ」なんて送信される。

だから、人間を変えてしまう事が出来るのである。

そして、自動車に乗り、もう一服タバコに火を付けると、次から次へと、くだらない言葉を送信して来る。加害者に対する悪口だ。つられて私も心の中で一緒に悪口を喋ってしまった。しかし、変だと思い息を潜めると、私が加害者の悪口としてこれまでに心の中で言って来た言葉などを連続で送信している。更に、私の心の声が別の声で送信されている。

この現象を遅延聴覚フィードバックと呼ぶのだろうか。

しかし、確実にフィードバック送信されているような感じと、思考を読み取って、加害者が送信している感じと両方感じられるのである。これは、まだハッキリとはしない。

思考盗聴は、ほぼ確実に行われていると思える。帰りの車の中で試して見た。瞬時に思い出せる範囲で無作為に思い浮かべてみると、加害者がその場で言い当ててしまう。人の名前や、地名などを実際に関係があった物と、ネットなどで知った物とを、なるべく関連性の無いように思い浮かべた。男の声、女の声で瞬間にずばり言い当てる。

ただし、言い当てるまでに時間が掛かった物があった。

しかも、何かを思い浮かべようとしている間にも、加害者は次から次へと、それこそ加害者が思い当たる言葉を連発していた。

そこで思考盗聴について考えてみた。

私は他の人の思考のことは分からない。いま、現時点の被害を受け続けている私の思考に関して考えてみると、日常的に思考回路として枝分かれしている記憶、要素はそれほど多くはないのではないか。だから、その人間について監視、観察しまくっていれば、あくまで私の想像だが、脳の信号が出た部分を知る事により、何を考えているのかが分かるのではないかと。

実際に車の中で思った事柄は10種類くらいで、ピンポイントでイメージしただけなのである。たとえば、ネットで知りえた情報、ある人の名前を想像しただけで、それに関する情報を、加害者が言葉にして長々と喋ってくれるのである。たとえば百人一首ではないが、頭の部分をイメージすると、その先を加害者が喋る。こんな感じに思考を言い当てられてしまう。加害者は早口で喋ることがほとんどだ。

それと、私が、思い浮かべてから独り言などの言葉に変換するよりも先に加害者に喋られてしまうので、非常に不快感が強く、腹が立ってしまうわけである。勿論、運転中には車酔いでもしたかのように軽いめまいと吐き気がしていたくらいなので、感情操作をされていた可能性も高い。

さて、こんな物を誰が信じてくれるだろうか。

24:00
歌も声も身体攻撃も執拗に続けられている。
寝る。

犯罪の目的

13:35
今日は朝から忙しく日記を書くことが出来なく、この時間になってしまった。まず、昨夜の就寝が2時で、その時もいつもと同じような嫌がらせをされた。起きたのが朝の7時半。「さっさと起きろ」のような命令をされたので、もう一度寝る。10時半頃に目が覚める。

夢を見させられていた。

場所は、この地であり実家を中心にした短編ストーリーである。登場人物は小学生の頃に近所に住んでいた女の人達である。私から見れば母親に近いような年齢の人達が、その当時と思える姿で登場。声によるナレーションでどの人が誰かを紹介している。麦か何かを植えてある畑の中に沢山の登場人物が立っていて、私は久しぶりに会うので挨拶をしながら、「本当は畑の中を歩いてはいけないのだけど」と言いながら自宅へ向かって歩いて行く。なぜか、お腹の大きい妊婦が、そのお腹を丸出しで立っていた。

自宅の中に入ると、あたかも母親が私を精神病だからと家の中に匿っているような設定を感じさせる。そして変な色のズボンを穿いている。光のかげんに寄って色が変わったりする。なんとも趣味の悪いズボンである。出掛ける際にその変なオレンジ色のズボンがみっともない事に気が付き、別の物に履き替える。そのあたりで目が覚める。

目が覚めてからは意識操作又は脳内音声によって趣味の悪いズボンをカーテンのような室内に使われている物とすり替えられてきて、その住居に使われている物が「他人の迷惑になっているので廃棄して欲しい」という意識が何処からともなく私の脳裏に入り込んで来た。

絶対に暗示された内容には従いたくない。

上記、夢の解説は本来ならもっと的確に誰にでも分かるように説明が出来るのだが、個人の特定に至る恐れがあるので、少しボカしてある。

その後も脳内音声による脅迫は延々と続き、歌のリピート送信も止まらない。

何をどのように脅迫されるのか。

犯罪被害に対して広報する事に対する、ヤメロという脅迫である。人に会って被害の説明をする予定を立てたりすると「会ってはならんぞ」、「会うべからず」などと身体攻撃を交えながら脅迫をして来る。更に、「家族にも被害を受けさせる」、「会社を潰してやる」などの言葉も出て来る。しつこいようだが、発狂させる事は簡単に出来るのである。だから被害者は、その恐怖を乗り越えなければ行動に変える事は出来ない。

被害者1人の志なんてゴミクズのようにする事も簡単なのである。

それでも、被害を受け続けて生活をするのはお断りだ。

被害者はこれぼとの決断に迫られている。

しかも、どんな行動を起こしても、ほぼ、なんの意味も持たないであろう事も予め予想がついている。

昨日思った犯罪の目的である。

もう、すでにご存知の方も多いと思う。この犯罪の特徴。「加害者の存在を意識させる事」
これだけでも十分に目的を果たしているのである。だから、それとなく犯人説が出るだけで良いのだと思う。犯人説は色々あるようで、何が真実か分からないくらいである。ただし、分かっているのは「加害者に逆らうと、或いは、ターゲットにされると、普通に生きていく事は不可能」、こういう事なのである。

洗脳、意識改革とかいう言葉がある。

人間は基本的に生まれた時から親や社会環境の中から自己の意識を作って育って行く。私は、それらについての詳しい知識があるわけではないので、あくまで個人的な推測であるが。子供に対して脳内音声のような電磁波攻撃のような物が使用されているかどうかの判定はかなり困難である。

集団ストーカーと電磁波攻撃。

これが、ターゲットに与える影響である。脳内に直接攻撃をされていれば、それはもう最終手段とも言える攻撃で拉致、人間改造と同じレベルである。だから、その装置を使って人間を何処まで変える事が出来るかの試験をしているとも受け止められる。被害者が何を嫌っているのか、それは加害者との犯罪被害を通しての関わりだと思う。嫌な思いをしないで普通に自由な生活がしたい。ただ、それだけだと思う。だが、それをさせないと言うのはなぜだろうか。

加害者の存在を知らせているのである。

人間の意識というのは、何処か遠い一点に繋がっていて、そこから下に向かってパソコンで言えば階層ディレクトリーのようになっていると考える。その下に育って行く段階で覚えた事柄が蓄積されていく。例えば、畑の中に入らないでください、他人に迷惑をかけないようにしてください、困っている人がいたら助けてあげましょう。などから始まり、公共の場に置ける最低のマナーやルール、法律などの意識が必要となってくる。

そう言った国家的な標準の意識というのがあり、細かい所は人様々であるが、一応皆、その中で生きている。それとは違った「意識」と言うもの。国家を超えた「何か」の存在を意識させるのが、この犯罪ではないかと思ったのである。それは、絶対に逆らうことが出来ず、天からの繋がりの中に入り込み、嫌でもその支配下で生活をしなければならない、という事を暗示しているのかと。

今、また「かわいそうに」の連発を受けて思い出した。朝、一度目が覚めてから、もう一度寝ようと思った時に、左耳に送信される心臓の鼓動の音に合わせて「かわいそうに」を連発されていた。今、14:52だ。

16:03
日記をアップした後に陰湿な嫌味を浴びせたり、攻撃を受けるのはいつものことだが、今日はこんな言葉を脳内に送信してきた。

「法照らす」、「どっちが正しいか法で解決しよう」

加害者とは、この程度で考え方で殺人行為を行っている。

説明するまでもなく、皆さんご存知の通りです。

24:00
被害状況はいつもと同じ。久しぶりにお腹に空気を溜められた。チクチク体が痛い。外は雨と雷だ。

寝る。

支配者気取り

1:36
栃木県佐野市で行われている人類始まって以来の人権侵害事件である。脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を利用した殺人以上の犯罪である。

上記文章を書くと必ず「スーパージェッター」の歌を脳内に送信する。

加害者は自分達が宗教団体だと名乗っている。

だから私はその宗教団体の悪口を心の中で思う。

すると酷い攻撃を受ける。そういう宗教らしい。

事実を、すべて、ありのままに報告出来ないのが残念でならない。
初めて脳内音声を聞いたのが10年前と記憶している。
24時間になったのが2007年の3月だ。それ以来日増しに被害が酷くなっている。

毎日の事だが、寝ようとすると左の耳に心臓の鼓動と同じタイミングで心臓の音を送信される。そして、口の回りや枕と接触している部分を痒くしたり、お尻を痒くしたり、鼻の穴を痒くしたり、足の裏を痒くしたりする。また、頬や頭部を細かく振動しているかのような感覚にさせる。筋肉痛や関節痛もお手の物。耳の奥を痛くしたり歯を痛くして眠らせないようにする。通常有り得ない音を送信して、耳鳴りのようにさせるのも毎日である。寝る時には得に酷い。

しょうがないので睡眠導入剤というのを医者から貰って通常一錠の所を半分だけ飲む。なぜかと言うと必ず夜中に一度起こされるからだ。その時にまた半分飲む。

そして、「今日もパソコンの前に向かわせてくれ」と声の送信をされ、予告通りにパソコンのスイッチを入れ被害日記に被害状況を書くことになる。しかも、加害者の完全に人権を無視した常識外の脳内音声が引っ切り無しに送信される為に自分が悪い事をしているかのような感覚にされてしまう。判り易く説明すれば、暴力により人権を強制的に奪い取られている被害者が、私は、暴力でねじ伏せられ殺されかかっています、と言ってはいけない、こんな感じなのである。

遠隔地から人間の体を好きなようにコントロールできる。

正直言って加害者はキチガイである。まともな全く思考は持っていない。今も、くしゃみをさせられた。悪魔そのものである。これは紛れも無く事実なのだ。あいにく日本という国ではこの手の犯罪が認識されていない。左耳のみみたぶは湿疹のようになっていて痒くでたまらない。その場所を執拗に攻めてくる。「耳を引きちぎれ、そうすれば、許してやる」こんな台詞を脳内音声で言ってくる。

自殺しろと言われた事も何度もある。

この犯罪は絶対に許してはいけない。

発狂、自殺に追い込むのが目的である。最低でも被害者が精神病であると地域で烙印を押されるまで確実に実行される。なぜならば、ただでさえ証拠が取れなく、この恐ろしい装置の存在を信じられる人が少ないからだ。だから、唯一の証人の証言能力をなくしてしまえば良いのである。現在は脳内に声が聞えたと言っただけで精神病扱いであることは説明するまでもない。この殺人集団を絶対に許してはいけない。

今もこの日記を書いているのを一字一句すべて同時に読み監視している。

スパイなのである。マウスポインタを勝手にいじられるのは毎日の事。携帯電話が途中で切れてしまうのもしょっちゅう。この間は携帯電話の電源が切れてシャットダウンする事三回。勿論、1人の相手との通話中である。被害者の間では、こういった被害も良く知られている。

とにかく悪だ。

女の声で「かわいそうに」と連発送信するところがニクイ。何しろ脳内音声なので加害者は口だけ言いたい放題である。自分の都合の良いことだけを一方的に喋り、歌のリピート送信で攻撃をして、身体攻撃で苦しめる。加害者は絶対的に圧倒的に間違いなく、有利なのである。その立場を利用して、これだけの嫌がらせをするのであるから、殺意があるのだ。しかも、集団で計画的に武器を使っている。

これは、暴力なのである。

人間として生活が出来ない。

事実上、人殺しだと思う。

2:59
私、被害者が何をしようと全く関係なく、人権の暴虐が続けられる事も良く知られている。今、パソコンの電源を切り、トイレに行って寝ようと思った。

「荒れ狂え、暴れて、警察に訴えられろ」と送信された。

これが、加害者の本音であろう。

10:05
9時半に目が覚める。小さいボリュームながらジャズのスタンダードのメロディーが聞えている。最初は声はほとんど聞こえない。自分の中から出て来た発想かどうかの確信はないが、声が聞こえていないので、そう信じるしかない。少しの間、身の回りの色々な事が頭の中を廻る。

しかし、そのうちに脳内音声が少しづつ聞こえてくる。「近隣の人がお前を睨んでいるぞ」、「同級生に会わせてやれ、お前のブログを見て笑ってるぞ」、「おまえ、さらわれるよ」、「さらってあげようか」、「近隣もみんな加害者の仲間なんだ」、「加害者に会わせてあげるよ」などである。

そして、顔を洗っている時に覚えている事は全部日記に書こうと考えたらキーンという耳鳴りそっくりの音がして来た。最初は右の耳だけだったが、今は両方の耳にキーンという音がしている。

ところで「さらって帰りたい」、「連れ去りたい」、「みんなで攫えば怖くない」などの台詞は音声送信が24時間になる前から良く聞かされていた言葉である。最近の記憶力の悪さとは裏腹に数年前に脳内音声で聞かされた言葉は今でも良く覚えている。

17:40
被害日記の途中経過だ。午後から「バカボン」の歌のリピート送信が始まった。延々4時間繰り返されているが、午前中も他の曲をBGM代わりにリピート送信している。用事があり警察署に行ってきたが、当然そこでも歌のリピート送信、思考盗聴(視野盗撮を含む)をしながら実況解説や嫌味を脳内音声で送信される。よほどテクノロジー犯罪について説明をしようと思ったが関係のない用事であったのでやめて置いた。

加害者による脅迫「この日記を書いているのは誰だ」がある為に、事実をありのままに書くことが出来ない。

面白い現象があったのでお知らせする。これは被害者であれば当たり前の事ではあるが。ショッピングセンターなどで外に置いてある椅子とテーブル。時間が余ったので間食をした。ほとんど座った記憶の無い場所である。そこで電話をして紙にボールペンでメモを取っていた。電話の相手から聞いた言葉をメモに書きとめていたので、漢字とひらがなを混ぜて字を書いていると「あいつ、あんな字が書けないのか」と脳内音声により指摘されてしまった。しつこくて申し訳ないが視野盗撮をされているのである。

3ミリ角くらいの印刷した文字なら加害者に読めると思う。

何か用事があり、時間内に的確に物事を処理しなければならないような状況になると加害者は余計に嫌がらせをして精神を混乱させたりイライラさせたりする。とにかく脳内音声が絶え間なく聞えていると精神的には落ち着かないし、記憶力も低下するし、集中力は全く出ない。

いろいろな被害報告があるが、本当に、そんなことがあるのか信じられない、みたいなのがほとんどである。

19:23
夕食を摂ってテレビを見ているが、延々7時間以上、「天才一家だ、バーカ、ボンボン」の部分だけを男の声2人くらいの感じでリピート送信している。これに耐えられれば発狂の道を辿らないで済むだろう。

加害者は歌のリピート送信を絶対にやめない。

そして

「そろそろ、許してやろう」

「負け犬を許してやろう」

「負けず嫌い博士を許してやろう」

などと偉そうに脳内音声を送信てしている。

でも

絶対に歌のリピート送信をやめない。匂いの送信、痒み、痛みの送信も一日中、狙い済ましたようなタイミングで行っている。何処にいても、外出先でも、絶対に逃れることの出来ない攻撃。

これを殺人と言わなければ何と言うのだろうか。

「さらって帰る」という言葉に関しては数年前に聞いた意味不明の音声を良く覚えている。その時点では脳内音声という言葉は知らなかった。

「ああ、年甲斐もなく恋をしてしまったの、あの人の事を思うと胸が張り裂けそう、ああ、どうしたらいいのかしら、思い切って打ち明けてしまおうかしら、この胸の内」、「出来る物なら、さらってでも連れて帰りたい」これは、中年の女性の声で自動車を運転中に聞いた台詞である。

その他、非常にわいせつな台詞を聞かされた事がなんどもある。たとえば映画館で映画を見ていると数種類の香水の匂いが、代わる代わるしたりしながら、映画の最後のシーンに合せて若い女性の声で映画とは関係のない猥褻な言葉を聞かされたりした。その後、駐車場から車で出ると、まるで追いかけて来ているかのように「お願い体貸すから、あの方の精子だけは差し押さえて」と送信された。

しかし、その言葉には裏があり、「体貸すから」ではなく「空、抱かすから」となったりする。

もう、拉致されているのと同じである。

24:30
リラックスの為にサウナに行って来た。家でテレビを見ていると耳鳴りをさせて「早く風呂に行け」と命令をされたりする。サウナでは、いわゆるテレパシー通信により繋がっている感じがしていた。歌のリピート送信など酷い攻撃が無かったので少し考える事が出来た。しかし、自分なりの推測を立てただけで耳鳴りをさせられたり、車に乗って動き出すと後頭部に頭痛がしたりする。運転中にチクリ針刺し攻撃も受けた。

針刺し攻撃について説明が必要だと言うことにも気が付いた。これは瞬間的に針を刺されたようなピンポイントの痛みが体の任意の場所に発生するというもので、針が刺さったままではない。場所は顔、手、肩、背中、太もも、足など全身いたる所で、電気のムチで打たれたようなイメージもなくはない。

自分なりに思った事とは、この犯罪の背景、目的などに関してである。

今日はもう寝る。

そっちを向いて寝させないぞ

1:16
今夜も睡眠妨害をされている。「ハレルヤでも歌わせてやれ」こんな感じである。

ここは、栃木県佐野市である。人殺しが野放しである。

脳内音声、思考盗聴、生体情報通信による殺人以上の犯罪である。

よくも、ここまで嫌がらせが出来ると思う。人間ではない悪魔である。

私は右を向いて寝るのがクセだ。しかし、左肩と首が痛くて右を向いてるのが辛い。嫌な感じの男の声で「そっちを向いては寝させないぞ」と脳内音声を何度も繰り返して聞かせる。後頭部への違和感、頭の中、脳を締め付けられている感じがする。しかも脳内音声で歌のリピート送信と罵声を浴びせる。糞の臭いも送信される。体が振動したり痒くなったりする。

これで眠りに就ければ大した物である。

絶対に加害行為をやめようとしない。

目的は発狂させる事だ。

今も、この日記を書いていると思考盗聴をして、次に書こうとしている内容を言い当てたり、文書の内容に干渉してくる。最後は「全く関係ない場所で、そこで点を打たせなさい」なんて送信して来る。イライラする電磁波か何かを浴びせ精神状態を悪くする。キーンという不快な音を両方の耳に送信して耳の聞こえを悪くし、不快感を増幅させる。これが24時間なのである。1秒たりとも黙っている事のない加害者。それこそ命の脅迫をされて嫌がらせをしているのではないかと思う。

目的は精神異常者に仕立て上げる事だ。

思考の自由を奪う事が出来るようである。言葉では説明の出来ない感覚だ。何かを思い出そうとしても思い出す事が出来ない。そもそも、寝ようとしている人が何かを思い出すなんて事はしないのだが。
加害者が聞きたくもない歌をリピート送信をして来るので、それとは違う歌を自分で心の中で歌おうとすると、なぜか、その歌を加害者に先に送信されてしまう。だから、また違う歌を思い出そうとすると、同じ事をやられてしまう。「なんだ、お前は、たったそれだけしか曲を知らないのか、こっちはもっと知っているぞ」といやらしい男の声で何度も、何度も脳内に聞かせて来る。

私は日常的にあらゆる生活の妨害をされている。当然、音楽活動の妨害もされ、新しい曲を覚えようとすると嫌がらせをされるのである。譜面を見ると「あいつは、譜面がよめるのか、読めないだろう」、「読むのが遅すぎる、音痴だ、コードを知っているのかね、キーが分かるのか」そんな感じでとことん嫌みを脳内音声で浴びせられるので、新しい曲を覚えることも出来ない。覚えようとすると苦痛に変えられてしまう。

音楽をヘッドフォンで聞いていても脳内音声は聞こえる。何のCDを聞いているのかも知られてしまい、その聞いている音楽を「オカマの音楽だ」と貶される。

人生の楽しみをすべて苦痛に変えてしまう悪魔だ。

生きていることが苦痛になるようにされてくる。

人殺しである。

この嫌がらせから逃れたいと思ったら、自分の頭を破壊するしかないのだ。

黙って静かにしていると自分の意志とは関係のない事を次から次へと男女の声で脳内に送信して来る。これが脳内音声による洗脳の正体なのである。自分本来の状態には1秒たりともさせないのである。だから、どれが自分の考えなのか分からなくなってしまう。身体攻撃も洗脳工作の一部であり、加害者の意のままにならないと、肉体的な苦痛を受けさせる。

これが真実の日本の姿なのである。

正直、これでは精神病院に入れられてしまう被害者が出るのも分かる。

自殺してしまう被害者がいるのも分かる。

加害者は名実ともに人殺しである。

2:07
加害者は自分達の犯罪を棚に上げて、私に説教をする。よくも、そんな事が言えると思う。更に、私の事をキチガイと呼ぶのである。世の中の最悪だ。倫理なし。下愚劣。

11:15
昨夜は暴れてしまった。テーブルの上にあったコップで思いっきり何度もパソコンのプリンターを叩いた。大声を出した。いままでに破壊した物は沢山ある。

正直、私は世間に精神異常者だと思われてもかまわない。

なぜなら、それを狙っている犯罪だからだ。

但し、犯罪被害者である事を訴え続ける。

傷を負わないでこれだけの悪魔と戦うことは不可能である。綺麗に、損をしないように、なんてのは無理である。以前から思っていた。それ一本に絞らないと、普通の生活、人生の楽しみ、などを全部捨てて、それ一本に専念しなければ無理である。しかし、現実にはそうもいかないのである。

寝入り鼻の嫌がらせの後は8時半頃まで眠れた。非常に眠いので10時過ぎまで寝た。しかし、目覚めると歌のリピート送信とともに、マイナスイメージを送りつけて来たが、もう忘れてしまった。

雑念というのがあるらしい。

物事に集中できずに色々な事が頭の中に浮かんで来る。

17:29
お昼のブログ閲覧では頭をボカされたり、めまいをさせられ、妨害をさせられた。声のボリュームはかなり小さいが確実に聞えている。歌は午後から延々と「バカボン」の歌をリピート送信している。声のボリュームが小さくなると強制力も下がるようである。嫌でも送信される歌と一緒に舌が動いてしまうような状態が少し弱くなる。

日記を書き出すと目眩がして頭が締め付けられるような感覚になり、思考能力が低下して来る。肛門への刺激も始まりる。

午後には会社に来客があり話をしていたが、その時に突然、肛門に刺激があり下痢をしてトイレに行きたいような感覚になってしまった。後からトイレに行こうと思っていたが、その感覚は何処かに行ってしまった。空腹にしてみたり食欲をなくしてみたり本当に生理現象の操作が出来るようだ。とにかく音声のボリュームが小さいので楽であるが、妙な耳鳴り音や頭痛、針刺し、臭い、痒みなどの攻撃を受けている。

咽返り攻撃は咳の誘発と似ているように思える。刺激をする場所が咳の誘発よりも気管の深い位置なのかと思った。まあ、しかし、何とかならないだろうか。

22:57
やはり脳内音声は危険である。ボリュームが小さくても静かにしていると嫌でも舌が動いて一緒に歌を歌いだしてしまう。パワーが下がっているがすべての被害を受け続けている。「書く無かれ」と声の送信をされている。歯も痛い。この状態であるから何も出来るわけがない。

さて、連日の睡眠妨害である。

風呂に入って寝る。

今夜は寝させるなよ

3:43
相変わらず栃木県佐野市では人権を無視した殺人行為が続いている。こんな時間になっても寝させてもらえない。

脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を利用した特定個人を狙い撃ちにする卑怯、卑劣極まりない、この世を破滅させるやり方である。

激しい頭痛と歯痛、激しい耳鳴り、頭部の細かいバイブレーション、声の送信による徹底的な貶し。それも視野盗撮、思考盗聴で盗み取った情報での嫌がらせである。

匂いは常に加害者に与えたられた臭いの中で生活している。

女「かわいそうに、彼だけオナニーできないんだって、みんなしているのに」こんな言葉は日常茶飯事だ。風呂場にカビが生えていると「あんな汚いカビの生えたお風呂に入っていたら病気になるよ」と送信される。視野盗撮をしている何よりの証拠である。

昨日も一日中歌のリピート送信をされた。

更に、新しい攻撃をされたので報告する。
むせ返らせる攻撃だ。口の中に溜まった唾液を飲んだ時に気管の方に入ってしまう攻撃だ。これですべてが判った。今まで不自然な咳、飲み違えなどがあったが、攻撃であったのである。本当に遠隔地から電波などで、あらゆる病気を作り出す事が出来る。

本当に人間を狂わせることは簡単に出来る装置である。

加害者の意図するところは精神病院送りである。

この犯罪の餌食になった人間が、正気で理論的に犯罪被害を報告すると困るのである。困るならばやらなければ良い。しかし、常識外の集団である。だから受ける被害も常識外だ。

被害を受けていない人間がこれを信じられるはずがない。

絶対に歌のリピート送信をやめないのである。

殺人でなければなんだろう。4時だ。

電磁波のような物を浴びせられると普通の思考は出来なくなる。本が読めない程度の脳機能障害という報告はすでに出されている。私だけではない。更に、感情の操作が出来る。

これは間違いなく洗脳である。

13:25
睡眠妨害の為に生活リズムが狂ってしまう。目が覚めて少しすると「おめでとう、○○さん、とうとう彼を失墜させてくれた」と声が聞える。○○さんとは近所に実在する方の名前である。加害者(宗教団体)の実行犯だと、脳内音声では言っている。(それが真実であるか調べる気にもならない)

目覚めると歌のリピート送信と声による嫌がらせが始まっている。頭の中に数種類の、私が正確な意味を知らない言葉が浮かんでくる。加害者は声の送信で「知らない事だらけ」と送信をする。

私は加害者に「出来ない事だらけ」と言い返した。

人を貶す事しか出来ない加害者。自分達のやっている行為が犯罪でない自信があるなら、表に出て貰いたい。

知識というのは調べれば誰でも判る。

論外の外であるが、加害者には、まず、大前提としてスパイ行為を行っていると言う事実がある。思考盗聴、視野盗撮である。そして、脳内音声で語りかけて来る。常識外の外だ。

思考盗聴、常識外の実例として他の方の報告を参考にして欲しい。
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/
この方は動物霊園の話だが、私の場合人間の墓参りでも同じことを日常的にされている。まったくその通りで、仏様の前で手を合わせた私が心の中で何を祈ったかを知られてしまうのである。罰あたりな声や音楽の放送はお寺の本堂でお経をあげてもらっている最中にも行われる。

そして、「知らない事だらけ」発言である。加害者が、そのような人間の倫理を無視したやり方をしているのは上記した通り。更に確実に私の知識の範囲や日常的に考えている事柄をすべて盗み取っていて、その情報で嫌がらせをするのである。初めて行った場所で人と話しをしても、その会話はすべて盗み取られる、目に映る映像も同じように盗み取られる。今、昨日盗んだ会話を持ち出して私を貶している。

だから、私が何を考えても加害者の包囲網の外に出る事が出来ない。何時、誰と、何処で待ち合わせをしているか、全部知られている。

そして、加害者は私の思考を探り「知らない事」を見つけ出すのである。だから、私は、よほど暇であれば加害者が知らない事を探して、逆をやろうと試みる。パソコンを見ると「ワンチップメモリー」という言葉が返って来た。なんだか良くわからない言葉である。その後、「ペンティアム」と言って来た。しかし、パソコンの中には「セレロン」が入っているのだ。それも、見た瞬間に言葉を返すのである。

ペンティアムにの件は五角形だと言ってCPUの事ではないと誤魔化した

だから、一日に約16時間、言葉を送信しているとして、一つの言葉が5秒として、10000程度の言葉を送信していると仮定する。そのほとんどは実況解説のような物なので意味はない。意味のある言葉が20%あったとすると2000の言葉を送信している。その中で正しい言葉が10%だと言いたい所だか、20%にオマケしても、毎日1600回の間違い、デタラメを放送している事になる。しかし、同じ言葉を10回繰り返しているとすれば、恥の合計は160回という事になる。その恥に関して加害者は感知しない。姿を見せないから出来るのだと思う。

そして、私が知らない言葉、漢字などを、それを知らなかった時点で貶し、辞書で調べると、また貶す。被害により記憶力が著しく低下しているので調べた事を忘れてしまう。するとまた貶される。

テレビを見ていても同じ現象が起きる。テレビから聞えて来る言葉をすべて一つ残らず聞いている人がどれほどいるだろうか、放送された音声の意味がすべて、100%理解している人がどれほどいるだろうか。もう、私には自分が判らなくなってしまった(脳内音声による嫌がらせをされているので)が、なんとなく聞いているだけではないのだろうか、自分の興味のある事なら集中力も出るが。例えばカタカナ語などが出ると「あいつ、あの意味知っているのかね」と始まる。そして、気になるキーワードが出ると(加害者が気になった言葉である)毎日、そのキーワードを脳内音声による喋りに含ませて来る。私が、その言葉の意味を知っていても毎日、何回でも繰り返す。知らない言葉であれば当然、常識外の不快感を受けることになる。

それにしても何故、加害者は知ったかぶりをするのだろうか、英単語の意味を知っているか、漢字が読めるか、外来語の意味を知っているか、ただ、それだけなのである。それの正確な意味、使い方などには感知しないし、自分達が知らない場合はスルーし、後日その言葉を持ち出してきたりする。それも私の生活の中で出て来た言葉がほとんどすべてである。

音楽に関しても全く同じことが言える。自分が目の前で実際にやって見せることはしないが、これでもかと言うくらい貶す。先日は「ジャズっていいねえ、デタラメをやっても判らないんだって」という名言を送信してくれた。昨日は演奏中に唾液の飲み違いによる咳き込み攻撃を頂いた。しかも、やっているフレーズを声には出さずに口ずさんでいると、遅延聴覚フィードバックと言うのだろうか、それが全部自分に聞えてきてしまう。更に、加害者が別のフレーズを送信して来る、それもすべて私から盗んだフレーズである。邪魔で邪魔で大変だった。頭をボカされてもいた。そして失敗すると貶すのである。

昨日会った方は本を出版されている方である。被害の話を聞いてくださった。大変勇気付けてくださった。しかし、極悪加害者に掛かるとその頂いた元気も1時間でクズゴミになってしまう。

その方は「加害者が私の悪口が言えるか、試して見てください」と言い、私の目の前で加害者の事を貶してくれた。さて、加害者がそれに対してどう反応するか、とりあえず私は興味を示さない事にする。何しろ加害者は自分達の都合の悪い事には触れないという特徴を持っているので。

都合の悪い事に触れるのなら順序があると思う。15:20になってしまった。

16:24
女の声による「かわいそうに」攻撃が始まった。さっきお茶を飲んでいたら飲み違えてむせてしまった。「ざまあみろ、私達の事をバカにするからだ」と女の声で送信される。加害者が送信する言葉の中で正しい物が20%と書いたが、5%程度だと思って欲しい。例えば、文書でもタイプミスをしている文字があり、それを読めないと「あいつバカだぜ、あんな字も読めない」と声の送信をして来る事が分かった。

「脳内音声は信じてはいけない」これが鉄則らしい。

だから、全部嘘、デタラメだと解釈しても問題ない。

その程度なのである。

「定款」という漢字があるが、なぜか延々数ヶ月間、その字を見たりすると「やっかん」と送信されているので、不安になり辞書を調べてしまった。実際にその文字を目の前で「ていかん」と読んでいるのを見ていても、脳内音声で毎日100回とか聞かされていると、不安になってしまうのである。

とにかく脳内音声は危険である。パソコンのパスワードを間違えて入力させられてしまう事は毎日なのである。たとえば3種類の使い慣れたパスワードがあるが、入力する直前に脳内に放送されると間違えてしまう。

今も、激しい頭痛攻撃を加えられている。

23:37
今、風呂から出て寝る前だ。風呂に入る前に書くことはあったが先に風呂に入った。「書く無かれ、書かなければ、許してやる」と何度も声の送信をされている。しかし、耳鳴にキーンという音を送信されていて、歌のリピート送信、鼻の穴の痒み、糞の臭い、頭痛、異常な肩こり、刺すような痛み、呼吸困難、動悸などの被害をすべて同時に受けているので書かない訳にはいかない。

いま、精神状態は極めて悪い。頭がボケてイライラする。声のボリュームはさがっいてる。それと、お腹に空気が溜まる攻撃が少なくなったようだ。以前は一日中やられていた。

夕食後は昨日、自分で演奏した音楽を聞いていた。2時間くらいだったろうか、ボロクソにけなされてしまった。演奏中に声の送信や身体攻撃で嫌がらせをされるので、まともに演奏が出来ないのは説明するまでもない。録音したプレイバックを聞いていると、何処でどんな嫌がらせをされたか思い出してしまう。嫌がらせをしたから演奏が上手くいかないのに、そのプレイバックを聞いて更に嫌がらせをするのである。勿論、日ごろの個人練習でも酷い嫌がらせをされている。

そのプレイバックを聞いていると、感情を操作されている事に気が付く。すごく興奮して腹が立ったり、落ち込んでがっかりしたような気持ちになったりする。脳内音声や身体攻撃と組み合わせて感情の操作をしている事は間違いない。人間を変えてしまうことが出来るのである。無口な人にしてしまったり、怒りっぽい人にしたり、出来る。突然、怒り出したり、暴れだしたり、させる事も可能である。

とにかく、この殺人行為、全国に被害者がいるらしい。

日本国はなぜ、この犯罪を放置するのだろうか。

人の精神を破壊してしまう犯罪である。

寝る。

天才一家だ

3:38
就寝したのが1時、3時に目が覚めた。何かの暗示に掛けられていたのか、考えていた事が一つあった。しかし、目が覚めた瞬間に全く別の考えが新たにひらめいてしまった。その為に、それ以前に考えていた事が全く思い出せなくなってしまった。夢を見たが、目が覚めると忘れてしまうのと同じ感じである。新たにひらめいた考えは、すべてを疑いの目で見る考えである。今まで信じていた物をすべて否定する、全く違った物の見方である。そうなると、何一つ信用出来なくなってしまう。そんな考えがひらめいてしまった。

しかし、私は今までと全く同じ考え方で行くつもりである。

目が覚めた時の状態は、心臓が苦しい、右の歯が痛い。そんな状態であった。今、治療をしているのは左の歯だ。そして、もう一度寝ようとすると、顔、頭がブルブルと小刻みに振動しているようで眠る事は出来ない。仕方がないので起きてきて日記の更新をすることにした。

起きてくると「天才バカボン」の歌をリピート送信し始める。右の耳に耳鳴り音を発生させる。勿論、就寝時にも両方の耳に低い音、高い音などの圧迫感のある雑音を送信されていた。

「また新しく恥じをかかせてあげてね」、「また、嫌がらせをしてあげてね」、「お前は死刑だ」などと声の送信をされる。

栃木県佐野市で起こっている前代未聞の人権侵害事件である。

脳内音声、思考盗聴、などを使った特定個人を狙い撃ちにする嫌がらせだ。

「書けば、書くほど、嫌がらせをするぞ」と脳内音声により脅迫をされる。

私は、嫌がらせをされるから被害日記を書いている。

10:40
3時に目が覚めた後は5時頃過ぎまで眠れなかった。顔を細かく振動させたり、体全体を振動させたりで大変だった。しかも、声による脅迫付きである。10時に目が覚めた。

加害者は犯罪の事を世間に公表させるのを嫌う。

一番簡単な方法

テクノロジー犯罪被害ネットワークが各省庁に出した要望書のコピーを用意して知らせたい人に読んでもらえば良い。総理大臣宛の要望書が無難だと思う。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html

できれば、テクノロジー犯罪被害ネットワークのチラシも用意する。事務所にある。それだけで十分だと思う。自分の被害を説明したいなら、それも添えれば良い。

チラシが無い人はホームページを印刷する。被害についての説明をしているページがある。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/01hajimenii.html
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/01hajimenih.html
簡単ではあるが被害の説明にはなる。

25日1:49
午後から約束があり外出した。人と会い話しをした。その後、音楽の練習の為にスタジオへ行く。今日はやられた。よくもやってくれたと言う感じだ。本当は午後からの被害報告だけでもかなりの内容になるが、やめておく。帰りは高速道路が雨のせいか事故が続出し、かなり激しく衝突していた。

「人を貶すべからず」これが帰りの車内で糞の臭いと一緒に届いた加害者からのメッセージだ。このメッセージは被害者の方、全員に知らせたいと思う。

あらゆる被害を被りながら、内容の濃い一日であった。

この徹底した個人攻撃、いまも続いている。

風呂に入って寝る。

最終兵器?

1:14
最近は日記を「風呂に入って寝る」で閉じると攻撃が始まる。昨日もそうだ。今日もまた始まった。最終兵器とでも言うべきかこの装置。これをもっていれば人類への挑戦状を出すことも出来るだろう。それを利用して嫌がらせをする者がいる。

脳内音声、思考盗聴、身体攻撃、ひっくるめて生体情報通信とでも呼ぶのだろうか。その悪意と殺意に満ちた執拗な攻撃は言葉では表現できないものがある。

絶対に避ける事が出来ない。

絶対にやめない。

しかも、ターゲットは社会に影響力も何もない普通の特定個人である。

趣味の悪さ、心の醜さは、世界一だ。

電子牢獄というか、全く人間としての自由がない。こんな犯罪を野放しにしていたら人類が滅びるか、電子奴隷のような人が増えてしまうだろう。本当に信じられないような被害を確実に受けさせる事ができるのである。これは一般大多数に対する挑戦と見るべきだろう。

栃木県佐野市で実際に起きている事件である。

3:02
殺人狂の嫌がらせは、この通りである。さっき寝たばかりで1時間くらいで起こされる。酷い時はそれを朝まで繰り返す。寝る時も酷い罵声を浴びせて来ている。「お化けのキュー太郎」の歌を延々リピート送信しながら、足の裏を執拗に痒くさせて、絶対に寝させない。右の鎖骨の当たりをピンポイントで痛くする。右手の指をピンポイントで痛くする。どんなに眠くても寝させない。

これを放置していたら国家犯罪である。

人殺しが野放し、これが日本の現状である。

ここには書けない加害者が言った言葉をなんとしても人に文書で伝えて置きたいと思う。日曜日が待ち遠しい。とにかく、誰も信じないようなあらゆる事が可能である。生体情報通信で無ければ絶対に出来ない加害である。

そして数人の女の声で「かわいそうに」を連発する。

耳鳴りという嫌がらせがあるが、耳に不快な音を送信して、更に、耳に物理的な詰まったような感覚を送信する。そうすると音により耳が変になったと錯覚する。臭いもそうである。鼻に対する物理的な感覚と糞の臭いの送信。くしゃみに関しては何処かに書いてあった。鼻の入り口から1センチのところを刺激するとくしゃみが出る。私も経験がある。確かに鼻の穴の奥の方を刺激されてくしゃみが出る。

咳をさせる。歯を痛くさせる。目線の移動。あらゆる関節、筋肉を痛くする。筋肉に疲労感を与えることが出来る。内蔵の具合を悪くさせられる。あらゆる病気を作り出す事が出来る。しかも、生まれた時からその人間に被害を受けさせてきたような噂まで出て来る。じゃあ、その装置は何年前からあったのですか、と言うことになる。そう、思わせているのだと思う。現実の病気と全く同じ物を作る事が出来る。記憶にある限りでは10年前に脳内音声を聞いたのが最初だと思っている。

夕方は腰から下の筋肉が疲労感で上手く動かなくて、まともに歩けなかった。私はそれなりの確信が無ければ被害だとは書かない。しかし、今日、まともに歩けなくなったのは、初めてだが、被害だと断定する。

栃木県佐野市で人殺しを野放しにしないで欲しい。

加害者のやり方は世の中で一番汚いやり方である。自分達は姿を見せないで犯罪を行い、他者とのトラブルを起こさせようと企む。その為にあらゆる実在する人間の名前を使っている。声真似も得意である。思考盗聴と脳内音声の組み合わせでどんなことが出来るか。

ターゲットが目の前の印刷物を読む。読めなくても目で見れば加害者に伝わる。加害者は遠隔地でその文字を読む。そして脳内音声でターゲットに指示を出す。スパイ行為にスパイはいらない時代である。スパイ行為をしたい場所にいる人間に思考盗聴をすれば良い。

さて、あなたなら、何に使いますか。

12:57
1度、睡眠妨害をされた後は眠れたが、何度か目が覚めた。やはり夢を見させられたりしているようだ。目覚めるとすでに脳内音声で罵声を浴びせられている。頭頂部と右のコメカミに頭痛を起こされている。今は左のわき腹が刺すように痛い、筋肉が引きつっているとも表現出来るかも知れない。

歌のリピート送信、耳鳴り攻撃、口の中が苦くなる攻撃をされている。また、酷い被害が復活した。頭が締め付けられるような感じ、首の後ろから後頭部に違和感があり、めまいがして、普通の思考が出来ない、最悪の状態である。

しかし、良く、そこまで嫌みと脅しを休み無く言い続ける事が出来ると思う。どんな考え、どんな行動でも、すべてを嫌みと脅迫に変えてしまうのである、天才である。

それと、目覚める寸前に自分の口から、加害者の送信した言葉を実際に喋らされたり、夢の中で心にもない台詞を言っていたりする事が良くある。静かに、気を沈めて、加害者の言葉を良く聞いていると、普段私の脳裏に浮かぶ言葉、自分で考えたと思っている、加害者の悪口なども、実は加害者から脳内に送信されている可能性が高い。

こんなのを許していたら世の中、終わりである。

19:29
今、夕食が終わった所である。午後3時過ぎに用事で家を出た。それまでは被害関係の文書作成をしていた。しかし、嫌がらせが酷く大変である。歌のリピート送信もほとんど途切れる事はない。しかし、最近は音声のボリュームがさがり、ときには歌のリピート送信もほとんど聞えなくなる時間を感じたりする。これは、送信されているかどうかの確認をすると聞えてくるのでボリューム調整をしていると思われる。

何かに集中すると感じ取る事が出来ないようなボリュームで送信したり、嫌でも聞えて来るようなボリュームで送信したりしているのだと思う。今は「天才バカボン」の歌をリピート送信している。声の方も、少し(30秒)程度は黙っている事がある。

そのような状態になると、少し心に落ち着きが戻り、今までのキチガイ騒ぎがどれほど人間の精神を破壊する行為であるかを感じるのである。行っている破壊活動に関しては全く変わりはない。

集団ストーカーのような感じを受けた。自動車を運転中していると車の量が多く、交差点などでは直前の車線変更などの不自然な動きが多かった。合せて精神状態をコントロールされているように感じた。なぜか周囲の視線が気になり、肩身の狭い、苛められているような気持ちになる。声の送信はいつもと同じような感じである。挙動不審というか、落ち着かない精神状態にされているように感じた。

帰りには「閑古鳥をなかせてください」と女の声で送信されたように、渋滞していた道路はガラガラであった。自動車に乗ってからタバコを吸っていると少し車の量が増えてきたが、精神状態は至って落ち着いていて、不自然な雰囲気を感じなかった。

耳鳴り攻撃、顔の痒み、臭いの攻撃などをされている。

用足しをしている間に無理やり声の送信で聞かされた言葉の中から、すでに報告されているように、トラブルを起こさせて生活しづらい方向に仕向ける、と言う加害の手口を感じることが出来た。

「出来た博士」と送信される。日記の中に出来る、という言葉が多いからだ。「である。」、「・・・だ。」というもの多いと散々加害者には貶されている。

24:00
用心の為、風呂から出るまで日記を閉じないようにした。結局、歌のリピート送信は一日中で、19:00から延々5時間、天才バカボンの歌をリピート送信されている。風呂に入ると「お化けのキュータロー」の歌にチェンジした。テレビを見ていても、それらに邪魔をされ、テレビの音声が聞こえてはいるが頭に入らない(記憶に入らない)のである。

後、肛門の入り口から奥を刺激すると大便が今にも出そうな感じになる、などと言う報告はないだろうか、19:00以降ずっとそんな感じなのだ。オナラが出そうな感じなので、そうしようと思ったら「やめな、身が出るよ」と女の声で送信された。確かに言われた通りになりそうに思った。

この歴史的な人権侵害、なんとかならないだろうか。

寝る。

そっとして置いてあげよう

0:39
栃木県佐野市当たりでは人殺しと同じ犯罪が野放しである。思考盗聴、脳内音声、生体情報通信などにより、特定個人を狙い撃ちにして、人類がかつて経験した事のない苦痛を1秒も休まずに強制的に受けさせる悪魔の犯罪である。

絶対に、この犯罪を許してはいけない。

加害者には悪意と殺意がある。何がなんでも、どんなに苦しんでいても、ターゲットをとことん追い込み、自ら暴れだしたり、犯罪を起こすように仕向ける。

加害者には、人間としての心は微塵もない。

たとえば、人が、一日の間に何かを忘れたり、間違いを起こさない、なんてのが有り得るだろうか。毎日同じ事をやっていても、間違えてしまったり、忘れてしまったり、しないだろうか。自分に関係のない事柄に関して知らない事がないだろうか。

加害者は、私が何かを知らないと、貶しまくる。

しかも、思考盗聴がなければ絶対に出来ないのである。

しかも、影に隠れて正体を現さない。

世の中でこれ以上の悪は存在しないと断言する。そして、何か知らない事があると脳内音声で、寄って集って貶してくる。卑怯と言うのを通り越している。加害集団には、そのような分別が全くないのである。腹を立てると、「そっとして置いてくれ、あんまり興奮させないように、黙っていてあげよう」とトボケタ事を言い出す。

そして「かわいそうに」と女の声で嫌みを連続送信する。

今も、執拗に攻めて来ている。

このやり方で攻められたら、どんな人間でも、絶対に助からない。

そして、この犯罪を広報すべく、活動しようと、考えただけで脅迫をされ、攻撃を受けるのである。この攻撃が人間を内部から破壊していまう事は、脅迫をされている被害者が一番知っている。言ってみれば命がけということになる。命、家族、すべてを犠牲にする覚悟が必要なのである。

しかし、世間ではまだ知られていない。

精神病に仕立て上げる工作もされている。

加害者のキチガイ性を悪魔性を、そのままそっくり、これを読んでいる方にリアルにお伝えできないのが残念である。本当に、生まれてから出合った事のない、醜い塊である。

1:04
今も、「天才バカボン」の歌をリピート送信しながら、

「佐野市の名誉を汚したから、お前殺されるぞ」と脅迫をする。

加害は絶対にやめないで、脅迫をする。

送信される歌は、無意識にしていると一緒に歌いだしてしまうのだ。それを避けようと思うと呼吸を止めるしか無い。私が、呼吸を止めると、歌も止まる。再度呼吸をすると、歌が始まる。

どんなに、日記に書こうと絶対に加害をやめないのである。

何度でも書く、これは間違いなく、殺人である。


加害者の醜さ

たとえば、半角のままでタイプしただけで、そのタイプした文字を読んで貶すのである。

昨日の集団ストーカーのような現象は実に面白かった。見たこともないバスを二台。駐車場に車を入れようとすると、自転車が絶妙なタイミングで走って来る。その自転車に乗った方はこちらを睨みつけ、喧嘩にでもなるのではないかと思うような感じであった。しかし、なぜか通り過ぎる時には頭を下げて行ったのである。実は自動車によるストーカー現象と思われる被害も最近受けている。

私は集団ストーカーに関しては鈍感な方なので、後から考えると被害だったのかと思ったりする。ストーカー被害を訴える方の報告を読むと似たような現象がある。集団ストーカーのネットブログなどを読むと、それと同じ現象が起きたりする。

しかし、脳内音声、思考盗聴の1秒も途切れない攻撃、五感を撹乱する身体攻撃のインパクトがあまりにも強いので集団ストーカーに関しては触れないでいる。イメージを挿入してまで嫌がらせを行っているのである。人が笑っている顔のイメージを脳内に挿入したり、こちらに向かって指をさしているイメージを脳内に送りつけてくるのである。

とにかく、腹が立つ、とにかく、悪だ。

よく知られている総務省 五感情報通信です。
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_1.pdf
なんとなく、そんなものがありそうな感じになると思う。

10:06
昨夜も睡眠妨害をされた。いままで聞いた事のない音であった。このように寝ている時にも脳内音声を聞かせる事により脳に何か変化が起きるのではないかと思う。朝6時頃に目が覚めた。やはり暗示にかけようとしているようだ。全く自分の考えていない事を目が覚める直前に脳内に送信して来る。それとも一晩中何かを喋っているのだろうか。話の内容も複数あった。

ここまで来ると洗脳工作だと思う。

もう一度寝て9時半に目が覚める。ボリュームはかなり小さいが確実に聞えている。歌のリピート送信、声による嫌みが、少しづつ始まる。

こんな言い方も変だが被害歴の長い方は沢山の情報をもっている。私もそれらの情報の所在だけは知っているが内容を表面的にしか確認していない。しかし、今、改めて思った。キャロル・スミスさんの論文の意味。

精神科医が使用する統合失調症のマニュアルに沿って行われる犯罪

加害者が私に聞かせた「神の存在を知れ」という言葉

自然現象、偶然と区別の付かない、証拠の取りにくい犯罪の意図するところなどである。大衆マインドコントロールという言葉があるが、さて、どうなるのだろうか。

10:50
ログアウト後に加害者が攻撃を始める「耳鳴りをさせてあげよう」、「笑ってあげよう」、「キャロル・スミスの論文なんてもう古い」、「統合失調症に沿って嫌がらせをしてあげよう」、「もうすぐ、警察がそのブログを取り上げるぞ」、「反論をさせてあげよう」、言いたい放題、タダである。

こういったやり取りがテレパシー通信で一日中なのである。

12:54
お昼の被害報告である。ネット閲覧に対する著しい妨害はなくなっている。しかし、逐一、精神に介入し干渉して来る。実は、朝からゆっくりとしたテンポで「ミッドナイトムード」という曲のメロディーを人の声で歌いリピート送信をしている。それが嫌なので、たまに自分で違う歌を心の中で口ずさむ。すると、その曲に対する私のメロディーの歌い方のクセを見抜いていて、私と同時に被せて歌って来る。そして「当たり、やっぱり」と言い貶す。これは、かなり細かいレベルで毎日24時間精神活動を監視、記録している証拠である。

このような事をあらゆる日常生活でやられている。

自分の出した音、声などを脳内音声ですべて上から被せられたら、どうなるだろうか。その人間が次に何をするかを予測され、或いは、その行動を取るべくように仕向けられ「ほら、やっぱりそうしたでしょ」なんて声で逐一、送信されていたら。何も出来なくなってしまうだろう。

身体攻撃は、頭痛、胃痛、肝臓痛を起こさせられた。今はお腹が苦しく呼吸が変である。匂い、味も普通ではない状態にされている。

24:54
被害は相変わらず続いている。しかし、今日は夜が長く感じた。時間感覚が変わったのだろうか。歌のリピート送信も、声の送信も、悪意もそのままである。少し静けさが戻ったようであるが、先ほどトイレに行ったら集中的に悪口を送信された。

風呂に入って寝る。

毎日飲む野球

10:12
「毎日飲む野球」とは「毎日飲む野菜」のことだ。今、なんとなく室内に置いてあるダンボール箱を見ていたら脳内音声によって言わされてしまったのである。上下が逆さになるように箱が置いてあるので字も逆さま、自分は読む積もりも無く、ただ見ていただけなのに言わされてしまった。

昨夜の睡眠妨害も凄いものがあった。声による脅迫、歌のリピート送信は勿論のこと、耳鳴り攻撃は恐ろしい物があった。ピーっと言う大音量だ。もし、あれを一日中やられていたら発狂するだろう。しかし、それほど長い時間ではなく、すぐにノイズのようなキーンとかシャーというのに変わったから寝られただけである。

そして9時に目が覚めたが、小さい音量で歌のリピート送信と男女の声が聞こえてくる。パソコンのスイッチを入れた瞬間にわき腹の後ろを撃たれる。思わず「うっ」と言ってしまった。筋肉の痙攣、感覚の送信などと思われるが、空気鉄砲で撃たれるようなイメージも無くはない。

髪の毛をぴょん、ぴょん、と触られているようなのが頻繁にあるが、一体どうやっているのだろうか。

12:57
「あの方は惨め、やっぱり惨め、一生干させてあげたい」と男の声で送信された。目覚めてから4時間、「森へ行きましょう、娘さん、あっはーは」の歌を延々リピート送信されている。そして、紙に印刷されている文書を読むと同時読み、漢字の間違えた読みを送信して来る。私が読めない字があったりすると、その場で「あんな字も読めないのか」といつもの手口で嫌がらせをする。トイレに行っても毎日同じだ。「あんまり肛門を動かさないでくれ」と脳内音声を送信される。

脅迫の手段も同じである。スパイ行為で得た情報を世間に公表する、と言った内容である。何よりも問題になるのはスパイ行為と精神への介入である。特に脳内音声、思考盗聴、生体情報通信は殺人に等しい。しかも悪意と殺意をむき出しにしての行為である。人殺しなのである。

加害者のキーワードは「恥をかかせてやる」、「笑い者にしてやる」、「悔しがらせてやる」、「苦しめてやる」だ。これを一年半。毎日何百回と聞かされながら嫌がらせをされている。「かわいそうに」も今日の午前中だけでも100回を越えると思う。

手口であるが、私の生活パターンのすべてを把握し、趣味、嗜好、物の考え方、体の具合、学力、知識など普通考えられる常識を遥かに超えた細かさで個人情報を取得している。だから何をしても「上には上がいる」というような事が可能となる。

実際に加害者と面会した場合は全く違う世界になるが。

そして、テレパシー通信による、この世の終わりのような戦いを毎日強いられている。やる事すべてである。考える事すべてである。全部貶される。全部否定される。全部脅迫にすり替えられる。私の弱い所を攻撃するだけでは無いのである。すべてを弱みに変えてしまうのである。それが一日中で、脳内音声による歌のリピート送信をされているだけでも大変な迷惑だと言うのに、声で貶して来る。知識の有るか無いかの争いも大変なもので、その貶しを入れるレベルも異常と思われるような細かさ、どんな小さな事にまでも突っ込んでくる。

これでは精神異常にされてしまう。

私は尊敬している人間がいる。それは実際に目の前で私には出来ないことをやって見せてくれるからだ。こんなテクノロジーを利用して人を苦しめる為だけに24時間張り付いている人間はドブゴミのようなものである。身体攻撃があると言う事もわすれてはならない。今も、負け惜しみというのか、何だか知らないが、いい気になって嫌味を脳内に放送している。

武器により人間の自由を奪い取る行為を何と言うのだろうか。

監禁されて武器で殺すと脅かされて心にも無い事を言わされているのと同じなのである。

その証拠に加害者は私に言った

宗教団体の悪口を言うな、ある国の悪口を言うな。

しかし、それらはすべてこの被害を受けてから加害者によって植え付けられた思想である。苦しめれば、苦しめるほど、嫌いになるのは当たり前である。さて、家族にも被害を受けさせたり、少しの痛い痒い、発狂には至らない程度の精神的苦痛ではなく、もっとすごい、入院が必要なくらいの被害を受けたら人間の心はどう、変化するだろうか。

たとえば、ピストルで足を打ちぬかれる。命は助かるが片足が無い。そんな被害を受けたら加害者の言いなりになるだろうか。実際、目には見えないが我々被害者は恐らく、二度と精神的に元に戻ることはありえない。目に見えないだけで実害を被っているのである。

23:53
もう、あまりのしつこさに、もう言葉が無いと言う感じである。楽器の練習に行ったのだが、言いたい放題である。「デタラメをやっている」、「あ、また間違えた」など延々と2時間喋り捲っていた。最後は自動販売機から釣銭を取るのを忘れたと言い、ボロクソに貶された。集団ストーカーを思わせるような現象に出会ったが、まあ、なんとなく、そんな感じであるが、声の送信や身体攻撃による援護射撃というか、「人をあんまり観察しないでくれ」なんて言われたり、見えない敵に嫌がらせをされている感じである。歌のリピート送信も激しく、イライラする場面もあったし、脅迫もあるし、なんと言うか、もう、下愚劣とでも表現するしかない。

入浴してから寝させて貰う。

偽筋肉痛

10:37
栃木県佐野市で起きている歴史的な人権侵害事件だ。
脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を利用した特定個人を狙い撃ちにする、集団で武器を使用して計画的に攻撃をする、テロである。

昨夜就寝時にはそれほど酷い攻撃はなかったが、早朝に目が覚めた。もう一度寝て10時に目が覚める。ボリュームは小さいが音声の送信は目覚めとともに聞こえ出し、私を不安にさせるような言葉、人間不信にさせる言葉、自己嫌悪にさせる言葉などを次から次へと脳内音声で送信して来る。結果的に私は声の内容がデタラメである事を知っているので、イライラ腹が立つだけである。

相変わらず「かわいそうに」の言葉を女の声で送信する。その聞えて来る方向は自在である。音楽のリピート送信も歌詞による嫌がらせ効果を狙った陰険、陰湿な物だが、結局、それが聞えていると物事に集中できないのでイライラ腹が立つのである。

筋肉痛というか関節痛は体のどの部分にでも可能である。

ではなぜ偽筋肉痛と判断するかと言うと、本当の関節痛であれば同じ角度で動かせば、いつも同じ痛みが発生するはずだ。しかし、偽関節痛の場合は違うのである。更に、こうやって書いているとわざと、あちこちの筋肉や関節を痛くするのである。

暑いし時間もないので少し雑になってしまった。

15:08
相変わらず下劣な嫌がらせが続いている。ボリュームは確かに小さいが、歌のリピート送信は続いているし、声による嫌がらせが果てしなく下愚なのである。表に出て実際に白黒をつけることの出来ない加害者達は、いつでも決着をつけてやる、みたいな感覚で、私にしか聞えない脳内音声なのにブロードキャストのような発言をして来る。ネットでブログを読んでいても、本を読んでいても、とにかく邪魔をする為に喋り出す言葉が選別されていないと言うか、内容は何でもいいから貶せば良い、そんな感じに愚下なのだ。何時間でもやっている。

無視をしていると左腰の筋肉を痛くしたり、アゴを痒くしたり、針刺しをしたり、鼻の穴を痒くしたり、人の名前(実名)を出しては作り話をしたりで、大変である。咳の誘発、くしゃみの誘発、頭痛、歯痛、なんでもあり。トイレに行けば「早く、うんこを止めてあげて、下痢便が出すぎる」なんて女の声で実況放送をされてしまう。

アクセス解析を見ると、アメリカ、カナダ、スイス、ドイツ、タイなどからのアクセスがあるようだ。勿論、なんのアクセスか不明であるが。

今度は右の乳首が痒くなって来た。

18:06
仕事の関係で本を読んでいた。しかし、脳内音声で勝手に読まれてしまったり、関係ない戯言を聞かされたりするので、数ページ読むのも大変である。完全に理解しながら読むには書いてある内容をイメージに変換して実験をしているような積もりにならなくてはならない。しかも歌のリピート送信も止まらない。肛門への攻撃もされる。そして内容を理解するのに時間が掛かると貶される。

何かいじめられているような気持ちになって来る。

わざとイライラさせているのである。更に感情のコントロールをされているようにも感じてしまう。とにかく社会を混乱させ、不安に陥れる為の破壊工作としか思えない。

今、耳鳴り攻撃が始まった。毎度同じであるが、殺人ともいえるような攻撃をして置いて、それをされていると被害報告をすると、更に攻撃をして来る。

このやり方が極悪、悪魔だと言っているのだ。

18:29
ログアウト後に、声による攻撃をされたのでパソコンのスイッチを入れて再起動する。あまりにも酷い手口であるので許せない。

最初に攻撃を仕掛けたのが加害者である。犯人が宗教団体だと言ったのも加害者である。そして、実際に口には出さないで心の中で思っただけで「お願い宗教団体の悪口を言わないで」である。

更に、被害者とのやり取りなどに関しても干渉して来るのである。何しろ、電話、メールなどの内容を盗むのは当たり前の世界である。心の中まで盗むのであるから。そして、このような活動に対して「親不幸、親殺し」などの言葉を浴びせて来る。「あんな奴殺してやれ」、「そんな事をしていると殺されるぞ」といわれる。

すべて思考盗聴と脳内音声での通信である。

しかも、殺されるぞ、と言う言葉がデタラメでないと思える理由はいくらでもある。心臓の鼓動を変えられる、呼吸をコントロールできる、咳をださせられる、頭痛、吐き気、めまい、など生きているだけで毎日苦痛な状態にされていて「殺されるぞ」と送信されたら脅迫であることに間違いない。

しかも、異常に興奮させたりするのである。さっきはいじめられているような気持ちにされていた。

24:35
リラックスの為にサウナに行って来た。そこでも被害は同じである。外の露天風呂の横の椅子に座っていると、右の太ももの筋肉がピクピクと動いた。少しすると左の太ももの筋肉もピクピクと動いた。動いたのは同じ筋肉である。三回くらいである。動く早さは一秒間に三回くらいである。変だと思い自分で同じ筋肉を動かしてみようと思ったが出来ない。他の部分の筋肉も一緒に動いてしまう。

帰りの車の中では「おめえ、本当に殺されるぞ」と声の送信を受ける。

今も、右の腰あたりを筋肉痛のように痛くされたり、肋骨の間を痛くされたり、歯を痛くされたり、食堂にシコリがあるように感じたりさせられている。

この殺人とも言える犯罪、何とかならないだろうか。

考える事の自由さえも奪われ毎日が地獄である。

「ざまあ見ろ」と追い討ちを掛ける加害者である。

寝る。

さあて

12:46
昨夜も心の歪んだ醜い人々に遠隔テクノロジーを利用した身体攻撃と脳内音声による嫌味と格闘しながら眠りに就いた。痒み、痛み、臭い、映像などの攻撃を受けながら、自分達のやっている事を棚に上げて、よくそこまで言えるなあ、と思うような言葉を立て続けに浴びせてくる。

そのやり方も世間の仄めかしと全く同じパターン。女の高笑いが聞えてきたり、話の重要な部分は何も聞えなく、ただひたすら不安にさせるような雰囲気を漂わせているだけ。しかし、その声は脳内音声の為に拒否は出来ない。私にしか聞えない。

目覚めると、ボリュームは小さいが歌のリピート送信と声による嫌がらせ、右の耳だけにキーンという音の送信が開始され続ける。

とにかく、その心の醜さが生まれて初めてなのである。

そんな事を考えて、実行する人々が世の中に存在している事が信じられないのである。今は上手く説明出来ないが、それこそ、逆に、全くの自然現象を悪意だと思って、そう感じながら生きて来た人達ではないかと思うのである。

何をしても必ずそれを悪い方向に解釈して、脳内音声で送信する。4重悪、5重悪と言った所である。他人の私生活を覗いて仄めかす、脳内音声を聞かせる、被害を表に出させない、身体攻撃や脅迫をする、他人に責任をなすりつける。

今も両手の指を動かす腕の筋肉に疲労感が出ていて、これは間違いなく攻撃である、キーボードを押すのが大変なのである。指は動くし、腕も持ち上がる、疲労感なのである。

何か、被害のせいで余計な事ばかり書いてしまったが、昨夜から新しいタイプの嫌がらせを受けているので報告をする。

私は男だ。以前から別の被害者の男性で「お前の乳首」を連発され身体攻撃を受けている方がいる。「バッカス&ミューズ」というブログだ。ようするに右の乳首が敏感になり着ている服が触るとくすぐったいのである。それはずっと以前からあった。昨夜は乳首が痒い感じがするのである。風呂に入っても感覚は同じである。裸なので自分の乳首を見てしまう。自然に見てしまったのである。すると左右で大きさが違い、右の方が大きい。加害者には私の目に映っている物が見えるようなので、すかさず脳内音声で言われた。「右だけ大きくしてあげてくださいね」女の声である。

当然かどうか知らないが私は自分の性器を最近見たことがない。

なぜなら、変態加害者が私の性器に関して暇さえあれば声の送信をして来るからである。私は男である。小便をする時も毎回必ず嫌味を言われるので出来るだけ自分の性器を見ないようにしているし、自宅で風呂に入るのに手ぬぐいで性器が見えないようにしているなんて事があって良いのか。

そんなわけで今朝は起きてから着替える時に、また、40過ぎの男が右の乳首を意識してしまったと言うわけである。「かわいそうに」と女が声の送信をしている。加害者の女であると想像されるが、間違ってはいないと思う。

常識外の被害報告で申し訳ないと思う。

18:34
今日も、一秒も途切れない歌のリピート送信に苦しめられている。「天才バカボン」の歌がお気に入りらしい。男が他人を気にせずに大きな声で歌ったり、怒鳴ったりしているので、送信場所は第三者を全く気にしないでいられる場所だと言う事が分かる。

先ほども被害文書を作成していると酷い攻撃を受けた。知恵遅れ攻撃という奴で、考える事が出来なくなってしまう。頭痛、歯痛などもやられている。出来上がった文書を印刷して読んでいると知恵遅れ攻撃をされ、たったA4一枚の紙切れの何処を読んでいたかも分からなくされてしまう。しかも自分で書いた文書である。これなら、他人のブログを読んでいる時や書物を読んでいる時の字が読めない攻撃も簡単に出来る。

記憶喪失のようにする事も出来る。

これらの行為が明るみに出たら、装置の存在が明らかになったら、普通の人なら殺人と同じ判定を下すだろう。それだけ重大な社会をひっくり返してしまうような犯罪なのである。「死ね、自殺しろ、殺されるぞ」なんて言葉は毎日聞かされている。とにかく醜い加害者像だ。

被害日記も出せない被害者の方も沢山いると言う事を理解して欲しい。

23:03
タイトルの「さあて」と言うのは私が何かをやる時の掛け声のような物で「さて、・・・をするか」のように日常的に心の中で呟いている。それを、今朝コーヒーを入れようとしている時に加害者が「さて、ブログのタイトルは何にするか」と、私の心を読んだかの如く声の送信をしたので、「さあて」と言うタイトルにした。

仕事が終わり帰宅しても「天才一家だバーカ、ボンボン」、この部分を途切れる事無くリピート送信している。それをBGMにして嫌みを男女の声で送信し、挙句の果てには「許してあげよう」、「もう、終わりにしよう」などと言う。しかし、リピート送信は止まらない。オリンピックの野球を見ていたら加害者は日本では無く、対戦相手の応援をしているようだった。結果は日本のコールド勝ちであった。その後DVDで映画を見ていたが字幕を脳内音声で読まれてしまい非常に不快感があった。

気が付いたのだが、同時読みをされなければ字幕の黙読も出来るようである。私は自分が黙読は出来ないと思っていたが、それは加害者に脳内音声で同時読みをされるので舌が動いてしまうのではないかと感じた。そして、また、字が読めない攻撃をされたが、加害者が間違った読みを送信している事が分かった。今度は「めだかの学校」の歌にチェンジして耳鳴り攻撃も開始した。

それにしても極悪犯罪である。

風呂に入って寝る。

殺されろ!!

3:04
栃木県佐野市で起きている歴史的な人権侵害事件だ。
脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を利用した特定個人を狙い撃ちにする、集団で武器を使用して計画的に攻撃をする、テロである。

「明日から、笑われろ」、「指をさして笑ってやる」、「町内会長が誰だか知っているのか、何宗教だか」、「殺されろ、確実に殺されるぞ」、天才ボカボンの歌をリピート放送しながら、脳内音声で中年の男女の声でわめきちらしている。

これは間違いなく殺人行為である。人殺しだ。

寝ていると声の送信が煩く目が覚める。右手の指先、小指の外側から、腕にかけて広い範囲で蚊にさされたような痒みが発声させられている。異常な痒さである。普通では有り得ない異常な痒さだ。今も痒い。蚊に刺されたような後は何処にもない。足の裏も痒い、胸も痒い、体のあちこちが痒い、鼻の穴まで痒い。

これを生体情報通信で無ければどうやるのだろうか。

実は昨日も自動車を運転中に首都高速の高木町付近で左半身、頭部、背中が広範囲に痒くなった。その時の痒さは大したことは無かったが「何処が痒いのか判らないようにしてやれ」女の声で送信された。そして、被害者と話をしている最中も背中や腰の筋肉が痛くなったり、内臓が痛くなったり、目で見ている物をすべてリアルタイムで言い当てられたり、肛門を刺激したりされた。

帰宅後は、某宗教団体の悪口を言うなと、何度も声の送信をされる。酷い攻撃をしながら、そう言うのである。私は、その宗教団体の悪口を心の中で言い続けた。当たり前である。こんな酷いやり方の嫌がらせで生きている事が苦痛になってしまうような思いを毎日24時間受け続け、しかも自分達はその宗教団体なのだと何度も送信している。

攻撃はやめないが、加害者の悪口を言うなと脅迫する。

そして、寝ようとすると左の耳に心臓の鼓動と同じタイミングでドッドッドッと聞きなれない音がする。寝る時は毎日である。そして「歯をもっと痛くしてあげよう」と声の送信をされると同時に別の歯も痛くなり、喉も痛くなる。もしかすると食事も出来ないような歯の痛みは攻撃で痛くされているのかも知れない。歯がしみるような痛さを送信された事は何度かあるが、一本の奥歯が少しでも触ると痛く、かみ合わせる事は常時出来なくなっている。

加害者は盗み取った個人情報を言いふらして笑い者にしてやる、と毎日脅迫をする。このやり方は素人ではない。完全にスパイ、工作組織の手口である。まるで宗教か共産主義の国の為の洗脳工作のようである。どんなに酷い目に遭わされても、ある特定のキーワードを口にする事は絶対に許さない、そんなやり方である。、「洗脳の科学」リチャード・キャメリン著、という本を読んでいただければ判断できると思う。私は被害が酷いので第4章しか読んでいないが。

歯が何本も取れてしまった、骨が歪んでしまった、と報告する被害者もいる。

昨夜、帰り道の車内では「本当は警察なんだよ」と声の送信をした。

被害者の多くは仕事も満足に出来ないで生活が成り立たないと泣いている。集団ストーカーと呼ばれる行為に毎日脅かされている。精神病扱い、入院、薬を沢山飲んでいる、自殺、自殺未遂、など社会問題なのである。なのにひたすら犯罪が隠されている。

私は多くの被害者と実際に会って話しを聞いている。

実は、昨日も偶然に自殺をすると言って警察沙汰になった被害者の話を聞く機会があった。我々と同じような被害である。ただ、その方はストーカーによる仄めかしが酷いらしい。仄めかしの内容はスパイ行為によって盗み取った個人情報らしい。思考を盗んでいるとも言っていた。

他人の被害の話より自分の被害である。

毎日の睡眠妨害、常識では考えられない攻撃、全くプライバシーの無い生活、思惟思索活動の妨害、強制的に人権を奪い取られたまま、被害を受けている事の証明すら出来ない。

本当に、精神異常、発狂に追い込む事は簡単なのである。

日本と言う国は一体どうなっているのだろうか。

今も、キンカンの匂いをさせたり、タバコの匂いをさせたり、糞の臭いをさせたり、肛門の周囲にヌルヌル感があったりする。加害者はまるで遊んでいるかのようである。

そして、「お前が一番、罪が重い」と言うのである。昨日の日記に沢山書かなかった理由であるが、自分が悪いような気にさせられてしまい、被害が弱くなると日記に書く事が悪いことのように感じてしまうのである。今も、性器を細かく振動させられた。「打ってやりな、これが感覚の送信だと思うのか」と挑戦的な事を言ってくる。

被害者は加害方法の特定、加害者の特定にこだわる必要はない。被害状況から想像すると、何も知識のない一般の人間の想像によると、そうなのだと言えば良い。

更に、昨夜は恐ろしい経験をした。二度ほどなので確定は出来ないが、声の送信を受けているという意識が全くなく、脳内に自分の考えのように台詞が浮かんで来るのである。初めての経験だ。普段は声を送信されている意識があるので、絶対に自分の考えで無いと言い切れるのだが、送信を受けている自覚がないと、その場では騙されてしまう。

後から考えると変だと思うのである。

11:09
昨夜も酷い睡眠妨害をされ何度も目が覚めた。眠いので正確な記憶はないが、体を順番に痒くされているらしい、痒いので目が覚める。かく為に手を動かす度に目が覚める、すぐに眠るが、しばらくするとまた目が覚める。そんな繰り返しだったと思う。

「親を殺せ」、「罰当たりめ」、「呪われろ」、「神の存在を知れ」、「寝ぼすけ」、「怠け者」、「町内の笑われ者」、「みんなに言いふらしてやる」など、マイナスイメージを徹底的に脳内音声で送信されている。夜中に目が覚めても同じだ。作り話を聞かせ「お前のせいで」、「お前が悪いから」と私に罪の意識を植え付けようとしている。その作り話は人間不信にさせようとしたり、私の言動に間違いがあるから他人に迷惑が掛かった、などの話である。

今日も、目覚めとともに音楽のリピート送信と声による洗脳工作、痒みなどの攻撃をしている。

それと「今頃、某宗教団体と書いても遅いぞ」と脳内音声で言われた。これは、誤魔化しているのではなく、よほど酷い攻撃をされない限り、そんなことは日記に書きたいと思っていないのである。そんな事まで書かせるような酷い攻撃を受けていると解釈して欲しい。

いま、また頭がボケてめまいをさせられている。

本当に、この犯罪は悪意に満ちた殺人行為だと思う。

日本はどうかしている。狂っている。

17:30
歯の治療はこの手の被害を受けていると慎重になりたいと思うが気にせず普通の歯医者に行く。そこでも目で見た物は全部声で言い当てられる。レントゲンを取る為の部屋には入っていても声は聞える。治療済みの歯なので被せた物を取ると化膿していたらしい。治療中も声は途切れない。

歯の治療に使っていた金属をすべて非金属に変えても被害があると言っている方がいる。会社に戻ると早速、頭がボケたような状態にされ、本を読むのも大変である。歌のリピート送信もされている。知らない事を知る為に本を読んでいるのに「そんな事も知らないのか」といつものパターンで貶される。この思考能力が著しく低下したような状態、毎日である。

「殺されろ」、「引越させられるぞ」などの脅迫もされている。

23:06
攻撃のパワー、音声のボリュームは多少下がったが、たとえば先ほどの食品の買出しの時に車を運転中に肛門を刺激されたり、携帯電話の着信音をリピート送信されたりしている。加害者の止め処もない悪意は人に被害を話したり、日記に書いたりすると「だったら、その通りにしてあげて」と声を聞かせ被害を受けさせる所である。多少の頭痛攻撃もある。

強烈なイライラ攻撃をされないと、やや、うんざりした感じになり、無気力になって来る。こうやって書いている間も性器を攻撃されたり、耳を痒くされたりしている。

ゴミ、ダニ、ウジムシと言ったところか。

風呂に入って寝る。

23:22
追記
昨夜の睡眠妨害もあるので早めに寝るかと思い日記を閉じると、猛烈に執拗に鼻を痒くしてきた。そして「天才バカボン」の歌のリピート送信を開始した。

これが加害者の本心である。

そして「インターネットから離れろ」と命令をされた。

だから人殺しだと言っているのだ。

人類が今まで受けた事の無い、苦痛、精神への介入。

栃木県佐野市では人殺しが野放しだ。

被害者の分断

10:38
昨夜は日記の最後に「本当に残念だと思う」と書いたら加害者は「あいつがとうとう本音を書いたぞ」とやじっていた。そして、就寝時にも当然、歌のリピート送信、体の痒み、体の振動感、映像の送信などで睡眠妨害をされた。とにかく声の内容は醜悪で、心のねじ曲がった、恨みの塊のような物を感じる。

一時間ほど格闘をしていると、ある被害者の方から電話があり、大変な状況になってしまった被害者の方がいるので力になって欲しいと言うのである。勿論、自分に出来ることは何でも協力すると返事をした。その方はかなりの知識があり、ある程度の証拠が取れていると言う。後は、学者などの専門の方に1人でも多く、その資料を見てもらうことだけだと言う。パソコンの誤動作の為に身動きが取れないらしい。下記アドレスの方である

http://mongar.biroudo.jp/

今朝、目が覚める瞬間に猿芝居をお聞かせ頂いた。別の被害者の声をそっくりに真似て会話をしている。私の悪口である。この日記のせいで酷い迷惑をしている、という話である。最初は騙されてしまたが、すぐに切り替えした。危ないところであった。猿芝居である。

被害者どうしのつながりを破壊しようと巧みに工作をするのだ。

しかし、歌のリピート送信や声による嫌み、脅迫はずっと続いている。パソコンの前では鼻を中心に痒みを延々と送信されている。眉間の部分に圧迫感のような軽い痛みがあり、なんとなく頭がボケているような感じだ。足の指を痒くされたり、性器を痒くされたりしている。

これは栃木県佐野市で起きている歴史的な人権侵害事件である。

やっぱり、この犯罪は殺人だと思う。

23:50
先ほど帰宅した所だ。今日はお盆休みで少し予定が狂ってしまったが、逆に空いた時間で普段出来ない事をしたり出来た。被害者の方と会って食事をしたり話をしたりも出来た。その間にも、目で見た物を言い当てる、痒み、針刺し、などの攻撃もあったが音声のボリュームが小さいので大変楽だった。

治療済みの奥歯が痛いのが気になる。左側では物を噛む事が出来ない。今も自動車の中で聞いていた音楽のリピート送信をされている。キーンという耳鳴り音もしている。

明日から仕事が始まる。しかし、なんと言うか、言葉にならない。

風呂に入って寝る。

殺人とは

1:12
ここは栃木県佐野市である。
特定個人にしか聞えない脳内音声を使い24時間年中無休で1秒も途切れる事無く歌のリピート送信をし、更に頭の中で考えている事を盗み取り、その場で脳内音声により貶すという嫌がらせが行われている。

それらの嫌がらせがあると言う事を他人に知らせたり、このように日記に書いたりすると、生体情報通信を使って身体攻撃を加え、被害者の口封じをする。

ネット上には、それらの装置が存在していると思われる記事はいくらでもある。

被害者も日本だけではない。

精神への介入、精神の操作、これを殺人と言わないのだろうか。

歌、音楽のリピート送信をされているだけで物事に集中することは不可能である。まして、考えている事をその場で盗まれ、声の送信でなぞるように言い当てられてしまったら、人間という生物の存在を根本から否定する事になってしまう。更に、考える内容によっては身体的な苦痛を受けさせられたり、脅迫をされたりする。最後は、考える事すら出来ないように精神の操作をされてしまう。

これは誰が考えても、考えなくても、殺人である。

24時間、1秒も途切れる事無く、毎日、悪意のある音声が送信されている。音楽の送信ができるという事は、耳鳴りだと感じる音を送信することが出来ると言うことの証明である。悪意のある音声とは、ターゲットの人格を破壊するべく、その人間のすべてを否定する。

身体攻撃の苦痛も殺人と言えるかも知れない。心臓の鼓動を変化させるなど、全く正常な内臓に異変が起きたかのように操作されてしまう。関節炎を起こしたような痛み、任意の場所に針で刺されたような痛み。指先の触覚の異変。匂いが日常的に変えられてしまっている。食べ物の味も変えられる。

人間が持って生まれた感覚を違った物に変えてしまう、殺人ではないのか。

今も、声の送信により「殺してやれ、脅しではないぞ本当に殺すぞ」と脅迫されている。しかし、どんなに酷い攻撃を受けても、第三者に証明する事が出来ない。

精神異常者に仕立て上げられてしまう、殺人ではないか。

今日は痛みのレベルが非常に強く、この殺人行為が始まって以来の痛みである。どんなに苦しめられても、どんなに痛い攻撃をされても、たとえ精神異常者になってしまっても、私は日本で栃木県佐野市で人類の歴史上無かった、生きたまま人を殺してしまう犯罪が行われている事を日記として書き続ける。

変態、変質者のイタズラでは済まないのである。

睡眠妨害は当たり前、合成夢を見させられるのも、ほとんど毎日。本は読めない、テレビも見れない、人間として最低の生活すらさせてもらえない。これは私だけではなく、大勢の人間が危険に晒されている事の証明でもある。

加害者は、ただひたすら優越感にひたり、人間を支配している事を楽しんでいる。罪の意識はまるで無い。その聞こえて来る声からはターゲットに屈辱を受けさせストレスにより精神を崩壊させる事が目的であることが伺える。

今、オリンピックが行われているので思った。もし、その装置を選手に対し悪用したら選手の能力を奪い取る事が出来るだろう。以前、チェスの世界大会で精神の操作をされたと言うのが話題になったらしい。噂によると数十年前から被害者がいると言われている。誰も、見向きもしない。

今も悪意と殺意に満ちた加害者達は攻撃の手を緩めない。聞える声から想像すると常時4人はいるようだ。声の発声は放送局のアナウンサーではないかと思うくらい喋るのが上手である。何も訓練されていない人間がいい加減に喋ったら何を言っているのか通じない場合があると思う。

加害者が変態、変質と言われる理由は性的な嫌がらせにある。性器や肛門への猥褻な攻撃、猥褻な言葉の送信。更に、あらゆる人間の私生活を覗き、特に性的な行為に関しては異常なほどの興味を示す。

これを許していては人類が破滅に追い込まれる危険がある。

被害者の方は考えて欲しい。このまま黙っていれば被害が消えるだろうか、奪われた人権は取り戻せるだろうか、失われた人生が元に戻せるだろうか、損害賠償の請求が出来るだろうか、自分の被害の大きさを証明できるだろうか、いつから、どのくらいの期間、どれほどの苦痛を受けさせられてきているか、誰に、どうやって証明すれば良いのか。

犯罪が行われている事を証明するよりも大変かも知れない。

2:28
5時間以上「もし、もし、かめよー、かめさんよー、せかいのうちで、おまえほど、、、、」の歌を女の声でリピート送信されている。声による嫌がらせも途切れる事はない。更に、体にバイブレーションを感じている。このブログのリンクにキャロル・スミスさんの論文があり、この犯罪にぴたり一致している。電気的な人間のコントロールの話だ。

被害者の数が少ないからと言って見捨ててしまって良いのだろうか。

11:38
就寝が3時頃である。6時に目が覚め、もう一度寝て11時に起きる。目覚めると音楽のリピート送信と声による嫌がらせが聞えている。寝ている時に小便をしている感覚になり小便をしている性器の映像を見せられた。同じ感覚、同じ映像、3回目である。

今も昨夜と同じ左肩の後ろに激しい痛みが発生している。

夢を見させて誘導尋問をするのも得意である。眠っている時は人間は意識の世界での抵抗力が弱いのだと思う。得意の手口、問題を投げかけて、それに対する答えを用意して送信する。あたかも本人の考えのように見せかける。シャーっという耳鳴りもしている。音声のボリュームは小さくなっている。

「寂しい」なんて言葉を送信して来る。

意味がよく分からない。私の本心は「邪魔」なだけである。とにかく、1秒も途切れないでリアルタイムで行動、思考に干渉され、脳内音声を送信されるのである。

12:41
また殺人ジャンキーの攻撃が始まった。頭痛攻撃とめまい攻撃と知恵遅れ攻撃である。集団ストーカー系のブログを読んでいたら攻撃が始まった。「もしもしかめよー」の歌のリピート送信もやられている。そして、ブログにログインいると急に右の耳にキーンと言う音がして「書くな」と命令をされる。

「クリープゾーン・マインドコントロール」と言う古いDVDがあるが、ある意味この犯罪と同じである。

21:14
今日も一日加害者におちょくられ、遊ばれている。午後から楽器の練習に行った。スタジオ内ではいつもの様にデタラメを聞かせる「君が練習に来ると他の人の迷惑になる。上手すぎて他の人が練習出来ない、少し休んでくれ」、「良く、あそこまでデタラメの練習が出来るね、少しはフレーズの練習でもしてくれよ」など1秒も途切れずに喋り続ける。

帰宅すると墓参りの話や、仏様に線香を上げて欲しいと、声の送信をする。加害者は以前、私の墓参りのマナーが悪いから墓ごと引っ越して欲しいと言ったのである。七回忌の時も寺でお経を上げて貰っている最中に不謹慎な歌のリピート送信をした。嫌がらせは墓参りの時も行われるという他の被害者からの報告もある。

左の耳には湿疹が出来ている。パソコンの前に座ると異常に耳が痒くなる。「耳を引きちぎれ、そうすれば許してやる」と男の声で送信される。左の耳をかくと右の耳を痒くされる。左の奥歯が痛くて物を食べられないのは理由が不明である。歯痛を起こさせられた時もあったが、それとは全く別の痛みである。しかし、声の送信では「右の歯でしか食べられないようにしてやれ」と言われる。歯が痛いのは声に出して言った事はないし、ほとんど気にした事もない。だけど加害者は知っている。

メールが来たのでそれを読んだり、リンク先の掲示板を読んだりしていると字が読めない攻撃をされる。しかし、加害者は字が読めないのである。何度も試したのでそれは知っている。読めない字の場合は黙ってしまう。さも学歴が高く、私の事を小学校からやり直させろと貶している。

そのうちに右耳に耳鳴り音のような物を送信され周囲の音が良く聞こえなくなる。水道の蛇口をひねるとシューッという音がするが、その音が妙にうるさく感じる。そして、加害者は20年も前からの私生活に関する情報を声の送信で聞かせ、「お前が悪い」と徹底的に攻撃をする。

正確に言うと生まれた時からの情報を持っている。

しかし、私に対して「お前が悪い」という内容はこじ付けで、全く理論的でなくテレパシー通信により言い返すと他の話題に切り替える。しかし、身体攻撃もそうだが、切り替えるだけで被害その物は継続する。正直この犯罪は絶対に逃れる事が出来ないのである。

ストレスを解消することが出来ない。

一つだけ方法がある。それは、推定加害者の悪口を大きな声で一日中言っていることである。腹がたったら思いっきり暴れれば良い。そして肉体的、精神的にクタクタになったら寝れば良い。寝させてもらえなければ眠くなるまで暴れていれば良い。

結果、精神病院に強制入院だと思う。

こんな毎日なので難しい事を考えたり、本を読んだりなんて出来ない。これは殺人だと思う。明日、なんてのは無いのである。今をどうやって乗り切るか、これが現実である。

22:20
息が出来なくなってしまうと報告した被害者がいたが、私も今、呼吸が出来ないようにされている。お腹が苦しく息が出来ないのと、息を吐いたまま吸い込む事が出来ないような感じになる。脳を直接攻撃されている感じもあり、めまいがして、思考能力が極度に低下、イライラする。

日本という国ではこう言った人殺行為が野放しである。

23:46
何人殺せば気が済むのかと言いたい感じだ。テレビを見ていても延々と攻撃をされている。加害者は絶対の自信を持って殺人行為を行っている。「お前の負けだ」と声の送信をされた。もう、ここまで来ると毎日同じ事を書くのが面倒なので被害に関して判り易くまとめようかと思うが、中々強烈な被害を受けながら何かをするのは大変である。

なぜ、生きているだけでこんなに苦しまなければならないのか

本当に残念である。

今も加害者は加害組織の一員と思われる人物の名前を出して私ほからかっている。

寝る。

これでも警察を呼べない

2:11
栃木県佐野市で実際に起こっている脳内音声、思考盗聴、生体情報通信などによる特定個人を狙い撃ちにした歴史上かつて無い人権侵害事件である。

脳内音声とは特定個人にしか聞えない。
思考盗聴は見た物、想像した物、考えた事を盗み取る。
生体情報通信とは人間に感覚を送信することである。

誰にも信じられないようなテクノロジーを使って嫌がらせをする。それは人類が受けた事のない苦痛だ。精神に介入される苦しみ、思考を制御される苦しみ、人体に感覚などを送信される苦しみ。

今、睡眠妨害をされている。女の声で脳内音声を送信している。「今日は寝させない」など、引っ切り無しに喋ったり、歌を歌ったりしている。変な匂いを送信される。足を痒くされる。

耳鳴り攻撃をする、「耳鳴りさせてやれ」と声による説明付きだ。

頭部、顔を細かく振動させている。実際に振動しているか分からない。

寝ても、起きても、嫌がらせをやめない。
これが毎日、24時間である。

この言葉が悪魔の言葉だ。(嘘なのであるが)
「日記を書くのをやめろ、そうすれば嫌がらせをやめてやる」

声による嫌がらせはすべて、スパイ行為により得た個人情報である。簡単に言えば覗き、盗撮、盗聴が無ければ絶対に知りえない情報である。「歌が歌えない」と女の声で嫌みを言っている。意味が判らないのである。逆に言いたい「音楽のアドリブも出来ない、自由な表現が出来ない、不自由な人達」。

人の生活を監視して貶すだけである。

遠隔地から電波か何かによる加害である。

犯罪が目に見えるのであれば警察を呼ぶ所である。

今も、男女の声で嫌み、悪口、脅迫を送信し続けている。耳鳴りもしている。顔に痒みを送信している。「見えない攻撃を、見える攻撃だけにしてやりてえなあ」と男が言った。

8:26
殺人ジャンキーの嫌がらせは徹底している。被害者を全く人間扱いしない。どんな手段を用いても支配したいのである。絶対服従の世界。嫌なら自殺しろ、そんな感じである。実際に何度も自殺しろと言われている。だから殺意のある嫌がらせだと言うのだ。

就寝時の睡眠妨害の後は薬を飲んでなんとか寝た。睡眠導入剤という奴である。そして8時に強引に目覚めさせられる。目が開かないくらい眠いのである。また、薬を飲んで寝ようとは思わない。とにかく悪である。

眠いのでなんとかして寝ようとするが、顔、頭が振動していて、とてもじゃないが眠れない。それでも寝ていると、耳鳴りの音量が大きくなって来る。何故か腹が立ってくる。イライラしてくる。声の送信で煽り立てて来る。

これだけの被害を毎日24時間受け続けていても警察をよべないのだ。

加害者が言った
「君のお陰で佐野市がどれだけ迷惑していると思っているんだ」
これである。自分達の殺意のある嫌がらせに関しては一切触れない。すべてを被害者のせいにしてしまう。恐らく、私に対する集団ストーカー、嫌がらせ部隊がいたとしたら、その集団は、私が電磁波などで酷い攻撃を受けている事を知らないのだろう。

9:00
とにかく眠いので、もう一度寝ようとするが、顔などの振動は筋肉の痙攣のようだ。そして、執拗に嫌みを脳内音声で浴びせて来る。面白い事を発見した。自作自演の洗脳工作である。

女「A子さんに、知らせてあげれ」
男「A子、A子」

この時に私には女の声が聞えている。次の男の声は私自信の台詞として送信されるのである。客観的に、良く聞かないと分からない。自分の考えだと思ってしまうのである。下手をすると舌が一緒に動いてしまう。肛門を刺激したり、筋肉を痙攣させたり、顔を痒くしたり、されている。

「交通事故に見せかけて殺してやってくれ」と送信された。

22:47
今日は神奈川の方に遊びに行っていた子供を向かえに行ってきた。歌のリピート、声の送信が何処にいても途切れないのは言うまでもない。被害者にとっては当たり前の嫌がらせであるが、声の送信を知らない人は、声でどんな事を言われるのですか、と良く聞かれるので大雑把にピックアップしている。

高速道路に乗ると上り方向が混雑していた。あまりの車の多さに私も多少驚いた。「ざまあみろ、交通情報くらい調べてから行け、新幹線で行かせな、6時頃に到着するだってよ」など、ボロクソに男女数人で罵声を浴びせる。少しすると混雑は解消して来た。その間、30分くらいは延々と予定の時間に遅れるぞ、という内容の攻撃をされた。

走行中もベラベラとひっきり無しに喋っている。「お前の回りにいるのは全部、創@@@なんだぞ」、「お尋ねしますが、何でそんなに急ぐのですか」などと送信される。急いではいない証拠に私はスピードメーターをじっと見つめてみる。すると「急いでいる方には右の車線を走らせてくださいね」と送信される。途中で頭痛攻撃をされたりした。

もう、何をされても仕方ないと覚悟するしかない。

音声の送信に気を取られるのが嫌なのでラジオをつけて聞いた。出来るだけ集中して聞くようにする。それでも送信される音声の強制力の方が強いので(加害者はなんとしても私の神経が加害者の声に向くように巧みに言葉を操る)、ラジオの話に対して声をだして「うん、うん、なるほど」などと返事をすると意外にラジオの方に神経が行く事に気が付いた。ラジオで放送された音楽をリピート送信したりして嫌がらせをエスカレートさせる。

予定の時間よりも40分早く目的地に到着した。そのお宅でも音声の送信は全く途切れないのは言うまでもなく、説明付きで臭いの送信も頂いた。少し休んでから子供を乗せて出発。夕暮れ時で空が完全に暗くなる前だったので夜景がとても美しかった。帰りも自動車による集団ストーカーがいるような事を送信して来る。何度も言われると気になってしまう。

地元で高速道路を降りると「バカめ、お前の事を付けている奴なんかいるわけねえだろう」と声の送信をされる。道路の混雑はなく、帰りも実に快適であった。

ただし、走行中に臭いや体の圧迫感のような異常が何度かあり、複雑な合流地点などでやられた時は注意散漫にさせて事故でも起こさせようとしているのかと思った。後、首の後ろにチクリ針刺し攻撃をされた。帰宅後も、まるでナイフで切られているような痛みが線上に首の後ろにあった。

上記、三行の報告を書いたら急に耳鳴り音が強くなった。キーンという音だけではなく、鼓膜に圧迫感がある。

風呂に入って寝る。

危機感を持って欲しい

1:44
昨日の日記を閉じた後、人気政治ブログ「日本よ何処へ」を見ていたら、テクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムの日に、すぐ側で街頭演説をやっている人達がいた。「主権回復の会」と書いてある自動車が止まっていた。

私は、この脳内音声、思考盗聴、生体情報通信による常識外の嫌がらせをされてから、なぜか政治ブログNo1、No2を読むようになってしまった。加害者達は、なぜか、私がそれらを読むと酷い嫌がらせというか攻撃、妨害をして来る。それは毎回、必ずなのである。

どんな演説であったのか動画を見ることにした。

「殴られたら、殴り返せ」、「蹴られたら、蹴り返せ」、「薄汚い卑怯な奴ら」などと聞えて来る。しかし、電磁波などを利用したテクノロジー犯罪に関しては被害者は、どれほど酷い攻撃をされても、されるがままである。どうする事も出来ない。

これこそ世の中の最悪である。

テロ、戦争の犠牲者のような物かも知れない。何処で、誰が、何の為に、が全くわからないのである。しかも、毎日24時間。被害を受けている事さえ認めてもらえずに、ただ、一方的に歴史的な人権侵害を受け続けていかなくてはならない。

加害者は字が読めない事は分かった。

その割には、私に対して毎日、「字が読めない」と声の送信で嫌がらせをする。自分達の読めない字が出ると黙ってしまうのである。私は、漢字の読み書きに自信があると言った事も、他人に対して学力が低いと言った事もない。ここには書けないが、字が読めない攻撃が始まったのには理由がある。

知人宅である話を聞いてからである。

そして、先ほどは生ハムの大きい奴をかじっていたら、「野蛮人」と言って貶して、生ゴミの腐ったような臭いを送信する。しかも顔を肉に近づけるとである。この文章を書いている最中も「もっと慌てないで書かせてあげて」と女の声で送信してやじる。送り仮名を間違えると(変換の時に意図した字がでないのでやり直すと)「日本語も満足にかけない」と、人が笑っているイメージ画像を送信しながら声の送信をするのである。

ここには、包丁、まな板が無い。だから肉の塊をかじるのである。

なぜ、無いのか。

テクノロジー攻撃により自分の家を追い出されたからである。とても住んでいられなかったので、言葉にする事が出来ないような無念の情を誰にも言えずに自分の胸に仕舞って、引っ越したのである。テクノロジーによる犯罪に気が付いたのは、引越しの後、3年ほどしてからだ。家財など、沢山、金を払った捨てた。声による嫌がらせで罵声を浴びせられながらの引越しである。

加害者は今も、鼻を痒くしたり、歌のリピート送信をしている。

だから名実ともに悪魔だといっているのだ。

この犯罪被害者は全国に沢山いる。精神異常者扱い、証拠が取れない、などの圧倒的な理由により野放し状態である。生きている人間を勝手にリモコンのおもちゃのようにし、精神への介入、操作の出来る武器である。武器として使用しているのである。

危機感がなければ被害者は増え続ける。

失われた人権は二度と取り返す事は出来ない。

「許してあげよう」、「終わらせてあげよう」こんな言葉を送信しながら、攻撃を続けている。本日の日記をエントリーしようと考えた時に加害者は言った「書かせてあげよう、その代わり嫌がらせも続けよう」。加害が先なのである。スパイ行為が先なのである。

私は言う「あなた方は人を殺しているのですよ」と。

影に隠れて正体を見せないから、口だけは言いたい放題である。最近も、ある被害者の話によると加害者のイメージは何処まで行っても「下劣、低脳、異常」だと言っていた。私も全く同感だ。

3:07
寝る前にメールの確認をすると知人から来ていた。返事を書くのに加害者に攻撃を受け、脅迫をされたので、何度も書き直してしまった。

「耳鳴りキーン」

これがイライラの原因かも知れないし、周囲の音が良く聞こえなく、現実離れしてしまうのだと思う。世の中の終わりを感じさせる。本当に悪魔そのものだと思う。

「かわいそうに」この台詞。「罪を償わせてやる」この台詞。

これは被害者だけでなく、読んだ方に覚えて頂きたい。
この残酷極まりない執拗な攻撃をしながらの言葉である。

栃木県佐野市には人権はないのだろうか、日本国はどうなっているのか。

「バッカス&ミューズ」を読んで頂きたい。
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/
「ぶっ殺してやりたい」と猛烈に興奮されている。私も同じような事を毎日されている。
私も出来ることなら「ぶっ殺してやりたい」

世間の意味不明な事件は全部電磁波犯罪だと言っても良いのではないか。

3:22
人間の心をすべて捨ててしまった極悪犯罪者の戯言をオマケする。

最初は自分達が「創価学会」であると脳内音声により送信していた。それが、最近は「実は違うんだ、創価学会ではない」と言いだして、昨日の夜は般若心経を聞かせていた。

まだ、日記には書けない事実が沢山ある。

なんとしても加害者に責任を取って頂きたい。

口だけ(脳内音声)で決して表に出ない卑怯者たちである。

12:54
結局、就寝が4時になってしまった。昨夜の日記も眠い中、執拗な嫌がらせの為に書かざるを得なかったわけである。もっと早く寝たいと思っても、あまり酷い嫌がらせで眠りに就くような心境にはなれない。パソコンの画面も見るのも嫌なくらいの気持ちである。

7時に1度目が覚め、もう一度寝て、11時半に目が覚める。当然、合成夢を見させられていた。目覚めると音楽のリピート送信、声の送信による悪口は続いている。

今、日記を書き出すと、まるでエアコンの内部から音が出ているかのように救急車のサイレンの音がかすかに聞えるのである。この陰湿な常識外の嫌がらせの方法。もし、テクノロジーによる策略である事に気が付かなければ、どうなるだろうか。

めまい、頭痛、吐き気が始まった。すべて悪意と殺意に満ちたテロリストの仕業である。ちなみに、歌は「浦島太郎」の歌である。引越しをさせられた家は70歳までローンを支払わなければならない。

16:19
被害日記なので同じ事を何度でも書く。歌のリピート送信は目覚めた時から途切れる事はなく、全く精神的な落ち着きは無くされてしまう。ただ、その苦痛に耐えているだけである。蝉の鳴き声に周波数が一致しているようなキーンという癇に障る音を右の耳だけに送信されている。トイレに大便をしに行くと女の声で「ほらほら、出るよ、出たらお尻の穴をきゅっと締めてあげてくださいね、終わったら吹き残しの無いように、よーく拭いてくださいね、拭き残しがあると私達のせいにされますからね」なんて脳内音声で送信されるのである。

名実ともに人権のない生活とはこんな物である。

23:38
嫌がらせにうなされて何も出来ない無駄な時間がほとんどである。しかし、それでは名実ともに人生が終わってしまうので楽器の練習をする。スタジオに行くとひっきり無しに声の送信をされる。私が心の中で曲のメロディーを歌いながら練習をると一緒に歌って来たりするので非常にやりにくい。だから曲を想定した練習はしないで基本トレーニングをする。脳内音声で貶す。「下手だねえ、日本調だね盆踊りにでも出そう、やっぱり君が日本一だ」など言いたい放題である。とにかく二時間の練習中にべらべらと良くそこまでデタラメを喋れると思うほどである。同じ話題は長続きしなく、散漫な内容である。

練習が終わってから知人宅へ遊びに行った。その帰りである。オートバイに乗り知人宅を出る。大通りに出ると後ろから車が一台来ていた。信号が赤なのでゆっくり走っている。後ろの車も普通に、信号が赤であることを当然確認できるような、ゆっくりとした走り方であった。だから安心して走っていた。

突然、後ろでブレーキを踏んでタイヤを鳴らした。

ミラーを見るとすぐ後ろにいる。そして車間を詰めたまま走っている。普通なら自分の不注意でぶつかりそうになったのなら、車間距離は長くなる筈である。なのに追い上げて来る。スピードはせいぜい40キロ程度。嫌なので端によけたら追い越して行った。運転手の激しい感情を受けたわけではないが、本日3度目のオートバイを邪魔扱いをする運転手に出会った為に、念のため後ろにピッタリとくっついて、少しの間走った。

脳内音声の加害者が興奮して言った「いい度胸だ。明日から創@@@に総攻撃をくらうぞ、煽られるぞ」。これである。ちなみに私のオートバイは小さくはない。

そして、加害者は日記を書こうとすると、「もう、やめさせろ、今日はゆっくり寝かしてやれ」などと口だけで、その場しのぎの嘘を言う。しかし、歌のリピート送信は続くし、耳鳴り攻撃をして来る。

人権のない国、日本をなんとかして欲しい。

「かわいそうに」と女の声を連発送信している。

寝る。

現実とかけ離れた生活

12:38
昨夜就寝が2時。朝7時に1度目が覚め、悩んだが、もう一度寝て10時半に目覚める。何種類かの夢を見させられた。どれも愚作である。

目覚めるとシーンとかキーンという耳鳴り音がしている。

歌のリピート送信も声による口汚い罵りも開始される。日記を書こうとすると「書く無かれ」と声の送信をされる。昨日と同じように攻撃のパワーを落としているようだ。パワーを上げれば鼻を痒くし続けるだけで発狂へと導く事も可能と思われる。コーヒーが入るまでの間、パソコンでメールを書いたり、ブログを読んだりする。

以前は、テレビを見たり音楽を聞いたりしていた。パソコンをやめていた時期もあったのに、この被害に遭ってからパソコンの前にいる時間が長くなってしまった。

パソコンの前に座ると頭が締め付けられる感覚になる。

首と頭のつなぎ目あたりの後ろ側、或いは、首の骨の延長線上で頭の中心部に締め付け感が発生する。すごく嫌な感じである。今も、体をチクチク痛くさせたり、喉をひりひり痛くさせたりしている。とにかく危険な武器である。人間を変えてしまう事が出来るのである。

目覚めた時は、多少しずかで攻撃も少ない。周囲の音も聞こえる。そして誰にも邪魔をされる事無く、昨日の事を考えたり、明日の事を考えたり、これから何をするかを考えたり、人として自由な思考をすることが出来るはずである。

しかし、この被害に遭うと思考の自由を奪い取られる。

そして、脳内音声で次から次へとマイナス思考を植えつける。「近所で笑い者」、「変人、変態」などである。特に1人でいることの多い被害者は誰かと話をしないと現実離れしてしまう。しかし、他人と話をしていても加害者は脳内音声を送り続けるので下手をすると現実の会話も妨げられてしまう。

そして、外見からは分からない身体攻撃を仕掛けて来る。被害の事を知らない他人と話をしている最中に「鼻が痒い、お尻の穴が痒い、体がチクチクする」と話したら何と言われるだろうか。

ところで、ブログのアクセス解析を見るとアクセス数の変動があったりする。どこからアクセスされたか、検索キーワードで調べる事も可能だ。しかし、最近その「検索キーワード」での仄めかしを感じていた。何か変な嘘くさい。今日はそのキーワードで検索してみたら、私のブログは出ない事を確認。いずれにしても、全く気にはしていないので問題はない。

それから某ブログにストリートビューと言うのが紹介されていた。

それの仕組みは良く知らないが、街中の監視カメラの映像であるなら、ストーカー連中の異常行動も撮影されているのだろうと思った。

愚作の夢を一つだけ書く。都心部と思われる横断歩道をカップルがひっきり無しに渡って歩いて来る。どのカップルも楽しそうに、いちゃいちゃ、べたべた、人目も憚らずにと言った感じであった。まるでストリートビューのカメラで撮影されているかのように。(仄めかしではありません、念のため)

とにかく、一歩間違えると部屋の中でもプライバシーは全くなく、脳の中、心の中のプライバシーも全く無くされてしまうと言う事をお伝えします。

休みである。被害を受けながらも現実からかけ離れないように、私生活をエンジョイしたいと思う。

24:29
陰湿な嫌がらせは一日中行われている。なんとなく、耳に静けさが戻り周囲との調和が取れそうに感じたのも束の間。うるさいのは耳鳴り攻撃が主たる原因ではないかと思った。耳鳴り攻撃と言うのは、ピーン、とかキーン、とかシャーというような高い音がしている事である。自然現象では決してない。

それと歌のリピート送信である。1秒も休まずにそれらを脳内に直接送信し、声の送信で常識外の発想による悪口を浴びせてくる。これでは現実とは全く違う世界に引きずり込まれてしまう。

臭いの送信も一日中である。

まず、自宅にいる時、部屋の中を移動すると、その場所によって匂いが変わる。何回でも繰り返す。だからテレパシー通信で加害者に言ってやった「お前の家の便所の臭いを人の家に送信するな」と。

昼飯を食べにオートバイで出掛ける。食堂に到着すると生ゴミの腐ったような臭いを送信される。そして店に入り「肉汁つけ蕎麦」を食べている時に煮込みの半生のねぎを口に入れると、炭火で焦がしたような味がする。もう一度ねぎを食べても同じ味がする。どんなに良く見ても決して焼いたねぎではない。私の行動のタイミングに合せて行っている。しかも、ねぎを噛んだ瞬間を狙うのである。

当然、私の場合は声によるリアルタイムの解説付きの加害である。

食べ終わり食堂の外に出ると生ゴミの腐った臭いを送信される。オートバイに乗り走り出すと某運送会社の前を通ると糞の臭いを送信される。匂いの送信は一時は顔を動かすと逃れられると思っていたが、そうでもないようだ。匂いはあらゆる種類の匂いが予め用意されていてボタン一つで送信できるようである。

とにかくパワーを落としただけでやっている事は全く変わらない。

夜になりサウナに行く。サウナの中でも性器への執拗な攻撃をされる。痛くさせたり、妙な感覚にされたりで大変だった。帰りに買い物に行くと何を買ったかも全部知られている。視野盗撮という奴である。今も糞の臭いをさせ、舌を苦くされている。耳鳴り攻撃もされている。

「フラッシュを焚いてやれ」というのが加害者の脅し文句でもある。長期に渡り覗き見た誰も知らない私生活を脳内音声により聞かせるのである。

今はキーボードを押す指がべたべたして気持ち悪い。実際には極めてドライな状態のはずである。足の裏が水で濡れているように感じる事もある。

この変態、変質、偏屈な嫌がらせ、なんとかならないだろうか。

寝る。

おトイレ

8:49
寝たのは1時だったろうか4時に無理やりこじつけたような夢を見させられ、夢の中で尿意をもよおしトイレを探す。そしてジャーっと小便をするのである。夢の中には少女が数人出てきた。古い木造の家である。夢の中で放尿させたいが為のこじ付け映像である。

もしかすると自分の感覚ではないかも知れない。

他人の感覚を送信しているのかも知れない。現実の体の状態と夢で送信された感覚に明らかなズレを感じてしまった。夢を見せるタイミングも重要かも知れない。完全に眠っている時か、やや覚醒している時か、そのタイミングにより非常にバカげているように思ったりする。

そして、とんでもなく眠いので目が覚めてもトイレに行きたくない、寝たいのである。なのに小便をする映像と感覚を送信されたり、声送信などをされ、目を覚めさせられてしまう。やっと起きてトイレに行くと「おトイレ」という言葉を送信された。

次に目が覚めたのが8時である。

とにかく目が覚めると声の送信でマイナスイメージを徹底的に植えつける。自分に自信がなくなってしまう。その声の内容を、ここに書けないのが残念である。立て続けに喋っているので、すぐに書かないと忘れてしまう。

「・・・に笑い者にされているぞ」
「ブログの中から・・・という文字を消し去れ」

なんて感じである。

22:34
多少疲れたのかも知れない。今日も被害者の方と話をしに出掛けた。被害のレベルは下がっているが、やっている事は同じである。「書くな、書かなければ、許してやる」などと声の送信をされる。

思考盗聴をしてリアルタイムで脳内音声で聞かせる。臭いの送信をする。痒みを送信する。音楽のリピート送信をする。痛みを送信する。吐き気をさせる。頭痛、頭の締め付け感。咳の誘発。舌の苦味を付ける。お腹に空気を溜めるなど、すべてやられている。極悪である。

思考能力の低下というか、説明が難しい。放心状態のように遠くを見つめた感じになっている。何もやる気がしない。だから日記も書くのが面倒になり、メールで人とやり取りするのも億劫になり、結果、何もしないでボーっとして時間が過ぎる。

「君が悪い」と今、男の声で送信する。日記を書き出すと、とたんに出力が上がり、めまいがする。イライラしてくる。これがこの犯罪の特徴である。自由自在に出力を変化させながら、絶対に加害をやめようとしない。

もう、すでに言葉では表せない、最悪の気分にされている。

被害者のブログに「公安に通報したが相手にされなかった」ような事が書いてあった。それを読んだ時に加害者は「ざまあみろ」と罵声を浴びせた。確か「バッカス&ミューズ」に書いてあったと思う。その作者も被害に耐えながらひたすら広報活動をしているようだ。

とにかく頭をボカされて、何もやる気がしなくなってしまうのである。

これ、殺人のようなものでしょう。

23:44
記憶によると2時間くらいの間ずっと、お尻の右側をピンポイントで痛くされている。

明日から会社は休みであるが、この被害を受けている以上、リラックスとか楽しいとか、無縁となってしまう。とりあえず、部屋の掃除などをしてオートバイにでも乗ろうと思う。

風呂に入って寝る。

安心して生活出来ない国

1:13
風呂に入ると「ジェッター、ジェッター、スーパージェッター、われらのスーパージェッター」と延々リピート送信される。ボリュームも上がる。実は帰りの高速道路でリピートされていたのもこの曲である。

「あそこの家は創価学会だ、本気で怒っているぞ」、「実はこの家も」

「安心して生活出来ない国なら出て行け」

こんな感じに、実は帰宅後ずっと脳内音声で脅迫をされている。昨夜は2時間しか寝ていない。この暑さの中で疲れて、風呂に入るのも嫌だ、そのまま寝てしまいたい、そんな状態になっても、絶対に嫌がらせはやめない、脅迫もやめない。歌のリピート送信は、呼吸を乱されてしまい正常な呼吸をさせない。毎日、1秒も安心、安らぎ、などと言うのがない生活である。

今日も睡眠妨害をされるのか

この恐怖の中で眠りに就く

私の口から出る言葉や記憶には自分で作った物はない。特にこの犯罪に関してはインターネットで誰でも閲覧できる情報と脳内音声で無理やり聞かされた言葉だけである。ましてスパイ行為により得た情報なんて無い。

「狂え、狂え」と加害者の男が送信する。

これは栃木県佐野市で実際に起こっている特定個人を狙い撃ちにした嫌がらせである。そして、栃木県、、、と書くと「いいよ書かせて置け、その代わり、こちらも嫌がらせをさせてもらう」こう、送信される。だから安心して生活が出来ない国だと言っている。嫌がらせが先である。

うも、すでに頭痛攻撃をされている。そして女の声で「かわいそうに、また嫌がらせをされるよ」と何度も繰り返し脳内に放送される。体もチクチクと痛みが走る。

殺人ジャンキー、テロリストだ。

11:02
2時頃に就寝して6時に目が覚め、もう一度寝て10時半に目が覚めた。「鉄腕アトム」の歌がリピート放送されている。何か夢を見させられていたのかも知れない。とにかく目覚めると嫌み、悪口を脳内音声で送信される。

全く現実とは関係ない世界というか風評を作り出して聞かされる。その、ほとんどがマイナスイメージだ。たとえば自分に対して都合の良い話を送信されたら、普通は聞き流してしまう。悪い事だと不安になったりイライラしたり、動揺してしまう。

昨日のフォーラムでも「人為と自然」というタイトルがあった。

何が自然で何が人為だか分からなくされてしまう。被害者はそう言った環境の中で生活させられてしまう。こんな感じである。加害者は自分達のやった事ではなくても自分達がやったように送信する事がある。たとえば自然に咳が出たのに、また咳をさせてやろうか。地震が起きると、また地震を起こさせてやる。地震に関しては、色々な説があるので、たとえばの話である。

ただ、個人的に言いたいのは被害者は生活して行く上で必要以上に人為を意識しない事だと思う。音声送信のない人でも偶然を故意だと思ってしまう人がいる。音声送信が無いから余計にそう思ってしまうのかも知れない。ある現象に対して、何を感じても個人の自由である。

楽しくない事は考えない方が、楽しいのである。

ただ、そうさせないようにするのが、この被害の特徴でもあるのだが。

20:05
今日は、眠い、だるい、やる気がしない、決断力がしない、など頭がボケたのか、疲れたのか良くわからないが、ボリュームの小さい声、臭い、肛門刺激、などの攻撃は受けている。夕方に銀行に自動車で行って来た。キャッシュディスペンサーの前で臭いの送信をされた。思わず隣の男の方を見てしまった。もう、日記も面倒なのでこのくらいにする。

24:21
ボリュームは小さいが歌のリピート送信、声によるリアルタイムの干渉は続いている。その他の攻撃も同じ。ただ、酷く腹が立つようなイライラ攻撃が無いようである。

寝る。

パンドラの箱

2:12
栃木県佐野市で実際に行われているテロ行為である。思考盗聴、脳内音声、生体情報通信を利用したこの世で一番罪の思い犯罪である。集団で計画的に武器を使って破壊活動を全国規模で行っている。

今夜も寝させないらしい。

そんなにテクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムが気になるのだろうか。この日記を書かせているのは加害者である。被害を受けるから書いているのである。

自称創価学会と脳内音声により名乗っている組織である。

そのくせに「後で創価学会から袋叩きにされるぞ」なんて送信している。脳内音声で引っ切り無しに話しかけて来るし歌のリピート送信もされるし、恐らく眠れないように脳に電磁波か何かを浴びせているのだろう。

小学校の時に見た「ウイークエンダーの事が忘れられなくて、毎日オナニーしている」なんて男がしきりに話しかけて来る。「誤魔化しても無駄だぞ、わしらわ全部知っているんだからな」などと話かけてくる。だからこちらは「知っているならどんな内容か聞かせてくれと言っている」。ただ、寝るので変態集団の相手をするつもりは全くない。「過去の女を抱かせてやる」など過去の女性関係などを実名を出して話しかけて来るのは毎日の事である。実名である。

床屋で痴漢をした男の話も出て来たりする。とにかく話の内容は下品で猥褻である。私を寝させない為に下らない話をしたり、心の中を盗み取った事を、脳内音声で聞かせて証明して、心に負担をかけ、興奮させて寝させないようにする。更に、心拍数がいつもより高くなっているような気がする。

栃木県佐野市である。全国に知らせて欲しい。

パンドラの箱を開けてしまった加害者には道はない。元に戻す事も出来ない。殺人を犯してしまったのである。権力でねじ伏せるのだろうが、事実は残る。しかも世論はやや傾いている。絶対に有り得ないから、そんな技術があるのか、なんて所まできている。後は告知活動で出来るだけ多くの人に知らせる必要がある。それには、声被害や酷い身体攻撃を受けていない人の力が必要である。

どうかご協力をお願いしたい次第である。

あと、加害者は映像イメージを脳に挿入しながら加害を受けさせる事を良くやるので注意して欲しい。イメージというのは誰でも思い浮かべることの出来る空想の世界である。日の出の景色を想像してくださいと言えば、それぞれが頭の中に映像イメージを浮かべると思う。それと同じように勝手に他人の頭の中に映像イメージを送信する事ができるのである。

それで騙される事が良くある。嫌がらせ効果も倍増する。

実例である。昨日寝る時に故意に女性の顔を想像した。するとそのイメージ空間を紙で書いた画像のようにビリビリと破るのである。なんど描いても破かれてしまう。左下から右上と言った感じに何度でも破いて来る。加害者から送られてきたイメージをこちらで書き換える事も出来る。

イメージ空間の共有が出来るようである。

その他、やけにしつこく同じイメージ画像が離れない場合は強制送信とみなした方が良い。言葉のイメージも執拗に同じ言葉を送信してきて、記憶のロックをされたかのようになる時がある。嘘発見器のように過去の出来事などの画像と言葉などが、脳裏に張り付いて他の事を考えられなくなる時が、正にその状態である。

今、この日記を書いている時に左耳にキーンと強い耳鳴りをさせて「それ以上書くな」と脅迫された。

とにかく極悪な犯罪者である。どんどん口外していただきたい。

ここまで書くと「わしゃ知らんぞ、創価学会に総攻撃を食らうぞ」と男の声で送信される。しかし、私は創価学会が犯人だと言っているのではなく、脳内音声で送信されたと言っているのである。しかも、あまりに酷い、取り返すことの出来ない殺人のような事を毎日されているから被害日記を書いているだけである。

5:07
寝たのは3時だ。しかも、目の覚め方が普通ではなく、すーっと覚醒するのが自分でもわかる。この嫌がらせは酷すぎる。また、くだらない夢を見ながら目を覚めさせられる。会った事はないがやり取りのある人を連想させる。そして曰く「あいつはスパイだ」と。スパイだとしても何か困ることがあるだろうか。何もない。

コメントをいただきました。少し考えたのですが、承認します。

殺人以上の犯罪はこのように行われているのです。

被害者は逆に思った方が良い。口外しまくる。広報しまくる。これほどの嫌がらせをしなければならないほど、加害者はこの犯罪を世間に知られるのを嫌っている。そうでなければ、これほどの妨害活動をしないだろう。私は今日、その場にいても、いなくても、関係ないのである。

6:24
結局、脳内音声で「罵詈雑言」の意味を辞書で調べろと、いつもの馴染みのある暗い感じの男声で連発され、全く眠れずに起きる事にした。「罵詈雑言」これは加害者が読めなかった漢字である。更に、創価学会を訴えたと言う矢野さんのビデオの中でも使われていた言葉である。

ちなみに、オープンになっていないコメントの内容は暴力団関係の話である。加害者は暴力団がやっていると言っていた事がある。私はそうは思っていないが、それをオープンにする事は少し嫌な感じがするのでやめて置いた。その筋にくわしいと言う人がいるので聞いてあげるといわれ、頼んでみた。すると加害者は「やっぱり関わっていないよ、嘘だよ」と送信した。

もう一つのコメントは「自民党の議員の名前を出して関わっていませんか」という話です。これらは問題があると思われるので承認していません。そして、今、加害者は○鷹市のことはどうするんだと執拗に迫っています。問題があるなら訴えてください。加害者とは、どんなに小さな隙間があっても嫌がらせをして来ます。

とにかく脅しには負けないで、できるだけ世間にこの問題を広めましょう。

殺人以上の犯罪。

フォーラムでお会いしましょう。

7:04
これだけの嫌がらせを繰り返していて加害者はまだ、満足できないようである。私にしか聞えない脳内音声で、延々と嫌みと脅迫を続けいてる。集団ストーカーに遭わせてやる、ぞろ目のナンバーに遭わせてやる、など、もう、普通の精神状態とは思えない。テレパシー通信で話をしたが、結局、自分達の悪い噂は全部嘘だと言って終わりである。

テクノロジーを使用した人権侵害装置、「そんなものがあるわけないだろう」と加害者が言う。私は、ならなぜ、アメリカ、ロシア、フランスなどは国が問題にしているのかと尋ねた。

加害者曰く「日本では使用されていない」だそうだ。

この事は全国の被害者の方に覚えておいてもらいたい。
栃木県佐野市で犯罪を犯している男の言葉だ。

とにかく加害者は、この犯罪に関して口外されるのを嫌う。出来るだけ広く世間に知らせるのが大切だと思う。被害を受けている事に気が付いていない被害者も大勢いるはずだ。

それにしても、よくもまあ、一日24時間、監視係が付きっ切りで人を見張り、ひっきり無しに悪口を放てるものである。そんな心をした、そんな顔をした人なのだろう。

0:17
フォーラムが終わった後に会合を開き、食事をして、今帰宅した所だ。私はフォーラムが始めてだったのでなるべく話を聞くようにした。内容は、そのものズバリだと思った。

会場に着くと色々と脳内音声で話しかけて来る。歌のリピート送信もあった。まあ、この被害とはこんな物である。しばらく静かになった時間もあったが、食事をしていると歌のリピート送信が始まり、帰り道もずっと続いていた。

今は「お前のブログで迷惑をしている人がいるらしい、訴えられるぞ」と送信されている。パソコンの前では妙な臭いがしている。針刺し攻撃、顔の痒みもされている。痒みで思い出した。現地に到着して時間があったので散歩をしていたら鼻をひっきり無しに痒くされてしまい大変だった。

今もシャーリング耳鳴りがしている。

風呂に入って寝る。

書いたらもっと嫌がらせをしてあげよう

3:34
タイトルの通りに声の送信をされた。

バカボンの歌を調子に乗って送信している。

これは栃木県佐野市で実際に行われている極めて知られていない、極めて悪質な、脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を利用した犯罪である。

証拠が取れなければ、犯人が誰だか分からなければ、何をしてもかまわない、そう言った殺人集団のテロである。実際に自殺した被害者、命を落とした被害者、自殺未遂の被害者がいる。

夢でも何でもない、全くの現実である。

集団で武器を使って計画的に攻撃をする。

犯罪の中心となるのは盗み取った個人情報である。誰にも言えないような個人の生活、過去の記憶、スパイ活動などにより得た情報である。それを特定個人にしか聞えない脳内音声を使用して本人にすべてを知らせる、そしてそれを脅迫に使う。嫌がらせをして、そのことを公表するとお前の個人情報をばら撒く、と言って脅迫する。

とても耐えられないような苛酷な攻撃を毎日して、被害を受けている事を公表すると、もっと酷い攻撃を受けさせると脅迫し、それを実行する。

反社会的な破壊活動そのものである。

2時過ぎに寝ようとすると耳鳴り攻撃、映像の送信、頭痛攻撃、痒み、筋肉の痙攣などをして寝させない。「今夜は寝させるな」と声の送信をされる。女の声を中心に使用している。そしてやっとの思いで眠りに就くと、この有様だ。人殺しだと言いたい。テロだと言いたい。

風呂から出たあとに言われた「誰も知らないトイレの中のクセを皆の前で発表させろ」。では発表しよう。「へえー、神様でもツバを吐くんだってさ、あの人、朝起きておしっこする時にツバ吐くんだって」。

これである。私生活を覗き見て被害者を笑い者にして、貶して、「神様」と読んでいたのである。「オリンピックのゴールドメダリスト以上だあ、国民栄誉賞を取らせよう」なんて脳内音声で送信してバカにしていたのである。

テクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムが開かれます

8/10(日)12:00 専修大学神田キャンパス1号館3F 301号室
入場無料、予約なし

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/forum/2008forumtokyo.html

私も参加しますが、発表はしません。よほど酷い攻撃をされない限り必ずいきます。実は昨日、人と会った理由は酷い攻撃により当日行かれなくなると困るので、前持って渡す資料を持っていったのです。

現在の日本でこんな思いをしている被害者がいるのです。

「可愛い子供に罪を償わせよう」とまで脳内音声で脅迫されています。
攻撃は絶対にやめない、脅迫と更なる攻撃でねじ伏せに掛かる。
このことは出来るだけ多くの方に知って頂きたいと思う。

4:07
記事をアップしたとたんに「やっぱりなあ、彼は死ぬぞ、殺されるぞ」と男の声で送信されました。何かあったら仲間のみなさん、宜しくお願いします。

5:21
絶対に眠らせない。なぜならば、覚醒させる電波か何かがあるのだ。絶対に眠れない。睡眠導入罪というのを飲んでも、覚醒電波のような物の方が強いのである。ずつずつうしく、女数人の声でずっと嫌みな醜い誹謗中傷を続け、顔などを痒くさせている。

「あいつは創価学会の敵だ」と声の送信をする。

「創価学会に逆らって生きて行けると思っているのか」
こう脳内音声を送信されている。
「創価学会」と言う言葉は毎日のように聞かされている。

名乗って出て貰いたいと思う。

栃木県佐野市で名実ともに歴史的な人権侵害を起こしている方。
思考盗聴は間違いなく、頭の中で次に行おうと考えた事を盗み取れる。
その証拠は脳内音声でずばり、言い当てられるからだ。

加害者は私を精神異常者に仕立て上げようと企んでいる。
全国の被害者の方にお願いがある。
出来るだけ多くの人に、この出来事を知らせて欲しい。

6:04
今度は頭痛攻撃で寝させない。声の送信ではひっきり無しに話しかけてくる。そして近所に創価学会の家があると送信する。世の中でこれ以上汚いやり方の嫌がらせは存在しない。

近所トラブルを発生させ喜んでいるのだろう。

また、脳内音声で歌のリピート送信を始める。

これが日本の現実である。殺人以上の犯罪。
病気でもない人を病気にしてしまう犯罪。その罪は重すぎる。元に戻すことは決して出来ない。

9:17
目が覚めた。とてつもなく眠かったので、トイレに行ってすぐに寝ようと思ったが、バイブレーター攻撃などで眠れない。顔、体がビリビリ、ブルブル微振動をする。声による脅迫、嫌みも、歌のリピート送信もしている。「出て行け」、「他所に引っ越せ」この台詞も得意である。

日本の警察ではこの手の犯罪に対処できないのだろうか。

15:39
なんとか寝る事が出来、14:00に目が覚めた。最悪の疲労感のある、気分の悪い目覚めだ。とにかく、寝ている間中、嫌み、悪口をひっきり無しに浴びせられていたような気がした。「お前が悪い、お前のせいで、、」と言ったものを植えつけているように感じた。目が覚めると「ラブレター」という曲がゆっくりしたテンポでリピート送信されている。声も小さいが聞えている。

加害者はメールが届いている事をすでに知っているかも知れない。

もう、一日終わってしまったような感じだ。頭頂部に頭痛攻撃をしている。足の裏に痒みを送信されている。「もう、おわりにしよう」と声を送信しながら顔を痒くする所が忌々しい。

加害者が「忌々しい」を「きぎしい」と読んだ事もお伝えする。

16:33
まるで集団リンチを食らっているような感覚だ。全く無抵抗でやられる一方である。今も「バカボン」の歌のリピート送信を続け、声によるマイナスイメージを送信し続けている。そして、めまい、吐き気、頭痛攻撃をする。

「耳印さんご出廷願いたいですな」と男が送信する。

自分達の殺人以上の犯罪に関してはふれない。訴えるならいつでもどうぞ。そのかわりそのことを日記に実名入りで書かせていただきます。

自殺又は発狂に追い込む為の嫌がらせを何年も前から計画的に集団で、しかも武器を使用して行ってきている。さて、どんな罪になるのか。証拠がなければ、どんな事をしても無罪である。

ならば、何をやってもかまわない、そういう考えの集団である。

24:29
夕方から銀行での金銭の移動と食事を兼ねて外出する。銀行へ行くと5時過ぎているので閉まっていた。「ザまあ見ろ」と罵声を浴びせられる。別の場所へ行き用足しをし、食事をした。その後、久しぶりに映画を見た。アメリカの映画だと思うが風の中に妙な物質が含まれていて、それに犯されると全員自殺してしまうと言う奴だ。何か電磁波を連想させるような映画であった。

その後、知人に家を訪れて先ほど帰宅した所だが、映画を見ていてもボリュームは小さいが歌のリピート送信、声の送信は当然切れない。字幕の文字を1度だけ読み違えたが、その時も酷く貶された。そして映画が終わる頃には臭いの送信やイライラ攻撃をされた。

知人宅での様子もすべて筒抜けである。寅さんの映画をテレビでやっていたが、スピーカーから出る音声が良く聞き取れないと、それだけでも「日本語も出来ない」と貶された。途中から歌のリピート送信が始まり、現在も聞えている。

知人宅ではメールを携帯電話で受信して読んでいた。「絨毯」という字が出てきたが、画面が小さいので読めなかった。帰宅後、パソコンの電源を入れると加害者は「早くメールを開け、さっき読めなかった字を読んであげよう」と自信に満ちた声を送信して来る。さて、パソコンでメールを開いてみたが、私には見たこともない字に見えた。私には読めなかった。

辞書を開く前に加害者にテレパシー通信で何度も聞いた。「さあ、加害者さん、読んでください」返事はなかった。彼らは極めて知ったかぶりなので知っていればこれ見よがしに読んで来る。しかし、全く返事がない。こういった事は毎日のようにある。

「ああいった奴は寝かせないほうが良い」、「今日も寝させるな」と立て続けに声で脅迫をされる。今も、歌のリピート送信をしている。耳たぶを痒くしたり、糞尿の臭いをさせたり、耳鳴りをさせたりしている。鼻の頭も痒くしている。心臓の鼓動も急に強くしたりする。実際に酷い攻撃を受けている被害者にとって、「今日も寝させるな」なんて送信されるのは恐怖である。

風呂に入って寝る。

追記、食事の後、映画館まで歩いている時に少しだけ自由な感じがした。なんて幸せなんだろう、とつくづく感じた。ものの一分程度の時間である。

人殺しでなければ何だろう

1:33
2008/8/8ここは栃木県佐野市である。誰にも気づかれずに殺人が行われている。殺人と言っても古い人には理解出来ない人殺しである。脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を使った極めて悪質な殺しである。

殺し屋のターゲットになると自由は全く無くなる。精神の自由はゼロである。本も読めない。空想をする事すら許されない。

寝る前に「洗脳の科学」リチャード・キャメリアン著というのを少し読んでいた。このところ嫌がらせもエスカレートし、色々な用事で忙しく本を買ったが読む時間すらなかった。歌のリピート送信も全く人の心をずたずたに引き裂くように一日中続いている。耳鳴り攻撃も、針刺し攻撃も、お腹に空気の溜まる攻撃も、任意の筋肉を痙攣させる攻撃も、臭いの送信も、脳波を狂わせるような攻撃も、頭痛攻撃も、ほぼ一日中くりかえされ、顔を痒くされたり、性器や肛門への猥褻な攻撃も、全く人権を無視、戦争捕虜のように繰り返されている。

眠っていてもそれらを行い寝させない攻撃をする。今も、攻撃を続けている。

これは嘘ではなく現実に行われているのだ。

読んでいる本の文字は4mm角くらいである。どこのページを開いても加害者に見えるようである。そして漢字がある。加害者が読める字なら、これ見よがしに勝手に読んでくる。加害者が読めない漢字は黙っている。私が読み違えたり、読めないので読み飛ばしたりすると「あいつは字が読めない」と脳内音声を送信するのである。「鴨緑江」、この字が読めなくて飛ばしたわけである。

そもそも、読んでいる内容を盗んでは嫌がらせをする事が犯罪である。

今も、焼いてやろうか、と言いながら体をピンスポットで熱くしている。痛くもしている。全国にこの問題を知ってもらいたい。これほどの悪は世の中に無い。

「許してやる」、「罪を償わせろ」この言葉を言われただけで腹が立つ。表に出てもらいたいものである。今も、左のわき腹と左の目を痛くされている。

これで加害者達がどのくらい人間性を失っているか分かると思う。

9:20
2時に就寝したが声による芝居をしていたようだ、臭いの送信、映像の送信、頭部にひりひり感などを受けた。5時半に目が覚めるがすぐに寝た。その次が9時だ。また変な夢を見させられた。そして目覚めると、その夢に対して干渉してくる。場合によっては私の台詞というか、その夢を見た後の感想まで送信して来るように思う。

起床しタバコを吸っていると、シャーっという耳鳴り音がする。音声のボリュームは小さいが歌のリピート送信もされている。ぼーっとしているとゆっくりと自分本来と思われる思考が廻る。それを破壊するかのように声が関係ない事を送信する。

「自由の砦に行ってきな、きっと君みたいな人は相手にされないよ」
「精神異常者だ」
「国連に訴えられるぞ」
その他、何を言われたか、忘れてしまった。歌は今もリピートされている。左足のふくらはぎもピクッピクッと痙攣させている。

24:18
地獄の6時間自動車ツアーであった。何故か朝から酷い頭痛がしていた。後頭部、首の付け根、コメカミだ。しかも会社に行くと連日のエアコンの不調でスイッチを入れても風が出ない。頭痛と声の送信と歌のリピート送信と暑さでイライラはピークに達する。その状態で子供を車に乗せて神奈川の方に行った。子供は神奈川に置いて19:00には都内で待ち合わせの約束がある。高速道路は大変混雑していた。

「ざまあみろ、時間に遅れさせろ」などの罵声を受け続ける。

運転中も酷い頭痛は治らなく頭頂部も痛くなる。歌のリピート送信と声の嫌がらせも続いていた。普通なら2時間くらいの場所だが4時間掛かった。もう、大変なストレスであった。1時間ほど休んでから出発した。帰りも道路は混雑していた。勿論、時間には余裕を見ているので慌てる事はない。しかし、頭痛攻撃である。帰りは眉間というか前頭部も痛み出した。腹が立つので加害者の悪口を言う。するとコメカミにずきん、すきん、と痛みが増す。これが自然現象でない、なによりの証拠である。

予定より早く到着したので駐車場で休んでいた。10分くらい眠ったようだ。その後、約束通りに被害者の方と会い、話をしてから食事をした。その間も頭痛は酷く、まるで病人のようであった。今はそれほどでもない。行きには吐き気までする始末。

本当に人殺しでなければ何なんだと言いたい。

ちなみに帰りの高速では「歯痛を起こさせるぞ」と脅迫をされ、実際に左の方の歯を痛くされた。この被害をなめて掛かると大変な事になる、と言った人がいるらしいが、本当だと思う。

加害者がその気になれば、いつでも発狂、自殺へと導く事が出来る。

被害者は常にその恐怖の中で生活させられている。

風呂に入って寝る。

追記、高速道路を走行中に車内の空気の入れ替えをしたいと思い窓を開けた。窓から風が入ってくるよりも先に糞尿のような臭いがした。この現象で感じた事はいつ開けるか分からない窓を開ける瞬間を待っていて臭いの送信ボタンに手を載せていると言うことである。そうでなければこのタイミングでは出来ない。

それから、先ほど食事をしている時にリピートされている歌がチェンジされ「森へ行きましょう娘さん、あっはーは」という歌になった。その時に思い出した「明るい歌声ストーカー」というタイトルの日記の時に見させられた夢の中で聞かされた歌がそれだ。あなたなら、歌をリピート送信されるなら「天才バカボン」の歌とどちらを選びますか。

プロの脅迫

4:14
これは栃木県佐野市で実際に行われている脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を利用した特定個人を狙い撃ちにする、前代未聞の歴史的な人権侵害事件です。

この犯罪の手口は素人のそれではなくプロの工作員でなければ出来ない。

まず、盗撮、盗聴、ストーカー行為により個人情報を盗み取る。
次に、それらを証拠が残らない方法でターゲットに聞かせる。
最後は脅迫である。

この脅迫の手口が完全にプロなのである。

この犯罪の苦痛は被害者でなければ分からないであろう。殺人かそれ以上の犯罪だと言いたい。集団で計画的に武器を使って毎日24時間、延々と繰り返される攻撃。精神の暴虐は新しい犯罪であり、新しい苦しみである。

その苦しみを家族にも受けさせると言って脅迫をする。

その事を他人に話すと、話した相手にも受けさせると脅迫する。

殺す、自殺しろ、などと言うのは毎日のことである。この犯罪を解決したければ1人でも多くの方に犯罪の実態を知っていただかなければならない。そんな告知活動を個人的に行うと、それこそ酷い地獄の苦しみを受けさせられる。証拠の残らない脅迫と虐待により口封じをするのである。

この犯罪に関しての説明が今度の日曜日に東京で開かれる。
テクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムである。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/forum/2008forumtokyo.html

嫌がらせをさせたら天下一品、罪の意識を感じないのは運が良いだけ。

今も、夢を見させられ声の送信をされ、最後は咳をさせられた。その後は毒ガスのような臭いをさせられる。息苦しくて寝られない。だからどんなに眠くても寝られない。だから今パソコンの電源をわざわざ入れて被害報告をしている。「天才バカボン」の歌のリピート送信はいまだに行われている。変態カルトがやっていると噂されているし、私も脳内音声により直接加害者より自分達はカルト教団だと聞かされている。そして、「死にたくなければカルトの悪口を言うな」と何度も脅迫をされている。

アップする前の日記の内容を全部読んでいる加害者は平然と「天才バカボン」の歌を脳内にリピート送信をする。被害の無い方に告知活動をしていただければ、ありがたいのだか、被害者でなければ世の中の最悪である事が理解出来ないので、なかなか上手くいかない。

10:24
もう一度寝て10時に目覚める。「バカボン」の歌のリピート送信を始める。声の送信では「なめたらあかん、会社を従業員に乗っ取られるぞ、従業員の名前も知らない、名前も読めない」と貶す。

続いて「3人、1度に殺した(逮捕された)」のように送信して来る。「咳をしただけで、人を殺す」と送信する。この意味は変態カルトのママゴトお芝居である。私の日記により「数人逮捕された」と何日か前に送信されている。

それこそ有り得ないことである。

咳の誘発は現実にある。

くしゃみの誘発もある。

加害者は嘘に嘘を重ねて被害者を騙そうとしている。日常的に思考盗聴を利用して嫌がらせをしているくせに、たとえば「思考盗聴はない」などと書いてあるブログなどを読んだりすると、私に「思考盗聴はない」と送信し疑心暗鬼にさせる。

今日もエネルギー全開の逆噴射で歌のリピート送信、声の送信でマイナスイメージをとことん送信している。脳内音声はない、精神病だ。なんて言っているのである。

騒音おばさん

この人は有名だ。この人に関する噂もブログに書かれている。もし、脳内音声の送信をされていたなら、納得出来る話だ。事実、脳内音声で歌のリピート送信や声の送信を1秒も途切れることなく行われると、実際に声を出して文句を言いたくなる。

それが人間の自然な姿なのである。

精神病ではない。自然現象なのである。私も耐えられないと「変態カルト、うるさいよ」と声に出して言う。他の被害者も夜中に睡眠妨害をされると、やはり声に出して文句を言うと言っていた。昨夜電話で話した別の被害者の方も言っていた「電磁波兵器がなければ奴らは何もできない」。声や音を出すと言うのは、煩い物を打ち消す、という効果がある。それを利用した産業機器もある。位相を逆にした音を出せば騒音が消える装置。

いずれにしても、破壊工作員である。

よくぞここまで嫌がらせを持続して行えると関心する次第だ。今も日記を書き出したら、いきなり顔を筆でなぞるような痒みを送信された。変態カルトを連想させる、キチガイの犯行であろう。

11:14
「スーパージェッター」の歌をリピート送信している。そして、「会社の従業員は全員お前の事を嫌っているぞ」、「みんながお前の事を見ているぞ」、こんな感じに、負け犬の遠吠えの如く立て続けに嫌味を送信して来る。脳内音声はうるさいだけでなく、脳神経をコントロールする事が出来る。たとえば目の前にいる人と話をしていても、脳内直接言葉を送信されると、送信された言葉と自分の言葉が混ざってしまい間違えて喋ってしまうのである。だから、脳のどの部分に送信しているかも詳しい人なら想像がつくだろう。

私に向かって「地域の名誉をかき乱しているぞ」と加害者は送信する。冷静に自分達の犯罪、自分達のやっている事を確認して欲しい。判らないなら、他人に聞くとか、世間にすべてを告白して判断を仰いで欲しい。私は言う「あなた方は精神病院へ入院する必要があると」

死刑判決を受けさせたいとまで言っている被害者も少なくはない。

「身の程を思い知れ」これが今加害者より頂いた言葉である。

全国のこれを読んだ方の記憶に留めて欲しい言葉である。なぜ、そこまで加害者が自信を持って犯罪を行う事が出来るか、これも最重要項目である。

そして、頭痛攻撃、知恵遅れ攻撃を仕掛けてくる。これが、この犯罪の特徴だ。犯罪行為は絶対にやめない、その犯罪に関して世間に知らせるような事をすると攻撃を強めて口封じをさせる。そうすると被害者の辿る道は自ずと知れる。

加害者は悪意と殺意の塊、人殺しである。

13:02
さて、昼飯も食べて、ブログ閲覧も終了。悪意と殺意に満ちた攻撃を24時間受けながらの猛暑の中での寝起き、仕事もあるし、もう、大変である。もう、記憶を消す、なんて事までやってのける極悪人である。記憶を消す、これは脳を直接コントロールして思い出せないようにしてしまう方法と、違うイメージや言葉を連続送信する方法とが考えられる。それと頭が締め付けられるような感じになり、思考能力と言うか理解力が極度に低下することがある。

とにかく脳内に静寂がなければ記憶も飛んでしまうだろう。

さて、本題である。
イメージの挿入というのがある。目に映る映像ではいが、それを送信して来ることが良くある。昨夜、寝る時に輪郭だけの人間が私の背後に現れ、私の肛門に何かをしようとしていた。イメージに対してはイメージで対抗する。追い飛ばしてやった。

先ほど昼休みのブログ閲覧をしていると、頭の上でクルクルと何かが回転している。目には見えないが分かるのだ。そして、めまいがしたり、下手をすると目線まで動いてしまう。いつもの頭部締め付け攻撃、知恵遅れ攻撃とミックスしてやられてしまった。

総理大臣の秘書の方、名前を忘れてしまいました。誠実に受け止めて頂きましたでしょうか。言葉も忘れてしまいましたが規則によると「誠意を持って対処する」、「誠実に対処する」となっているとおっしゃいました。

日本国民が毎日24時間破壊工作により苦しんでいます。

19:26
今日も一日中歌のリピート送信をしている。パソコンの前は糞の海である。頭はボケたまま。後頭部に違和感があり、まともな思考は無理である。腹を立てると心臓の鼓動を強める。発狂させ、近所でキチガイだと言う評判が出るのを待っているのである。

すぐ側に住んでいる人が「創価学会から訴える」と言っている。隣の家は「創価学会だぞ」、「お前の事をみんなが笑っているぞ」そんな言葉を相変わらず毎日何回でも繰り返している。

腰が痛くなった瞬間があった。ギックリ腰まで起こす事が出来るようである。

プロの脅迫とは子供でも嫌がらせの対象にしてしまう事である。「小学生の子供が学校で嫌われているぞ」、「子供にも罪を償わせてやる」など完全に人間性を失っている。当然、プロであるから、子供を殺すことも平気なのである。

変態カルトが犯人らしい。音声送信係りが毎日口にしている。

見えない所から武器を使って卑怯なやり方の嫌がらせをして被害者を苦しめて、喜んでいるのである。これがカルトの正体だと音声送信係りに教わった。「創価学会を敵に回して生きていけると思っているのか」。世の中の最悪である。

人殺しそのものである。

子供に攻撃をしている実態報告は今のところ公表はしないで置く。

それから躊躇という字を加害者が読めなかったとだけ報告する。
私に毎日、あいつは字が読めないと送信している方々である。

いずれ変態キチガイであることを証明する猥褻な言葉も書いてしまいたいと思う。

19:56
今、アップした自分の日記を読み返していると自分で書いた字も読めないと声の送信をされた。躊躇という字が出て来た時、一瞬、頭がくらくらして、読めなくなった。脳に何か悪さをしているのは確実である。頭がボケて思考能力のない状態で文字を読んでいる。そこに声の送信をすると間違って呼んでしまう。加害者は「また間違えたよ、あんな字が読めないの」と毎日延々、何時間でも、私が文字を読んでいると行う。恐怖症になってしまう。

それらの嫌がらせは漢字に限ってはいない、私が得意とする分野でも汚いやり方を使って自信を喪失させる。被害者を落とす為には手段を選ばない。そんな人達である。

24:21
被害者は皆同じである。1秒も息抜きをする時間がない。アキレハテタという感じだ。まだ歌を送信している。録音出来るものなら聞かせてあげたいと言った感じだ。しかし、疲れたからと言ってその状態が普通の状態では決してないのである。実は今日も爆発して机を叩いてマウスを破壊してしまった。攻撃はずっと続いている。針刺し、頭痛、臭い、お腹パンパン、お尻の穴の違和感。

風呂に入って寝る。

復讐キット

10:50
朝7時に顔、腕などのバイブレーター攻撃で目が覚めるが、もう一度寝て10時に起きる。すぐに「てんさーい、一家だ、ばーかーぼんぼん」と脳内音声による歌のリピート送信が始まる。そして、日記を書いていると髪の毛をぴょん、ぴょん、と摘まれるような感じが頭部のあちこちで発生する。昨夜風呂に入った時はシャンプーのようなドロドロした液体が頭の後ろから背中にかけて流れ落ちる感じがした。別の表現をするならば虫が這って歩いているような感じだ。

加害者は寝起きを狙って間違った思考で一日をスタートさせる。

目が覚めて意識が戻った最初の思考が加害者に挿入された物なのである。自分の考えのように心の中に浮かんで来る。何度も「復讐キット」という言葉が出てくる。歌の場合も同じである。心の中だけならまだ良い、口ずさんでしまったり、呟いてしまうのだ。

昨夜、被害者の方と電話をしていた。その時に「復讐キット」という言葉が頭に浮かんで来た。あまり他の被害者の事は書きたくない。「復讐キット」というのは随分と前に、あるブログで嫌がらせの為に使う物が外国で売っていると言う記事を読んだから知っている。それで何が出来るのか、忘れてしまったが、薬品を使っているようだ。

話は昨日の方の被害である。スポーツクラブに久しぶりに行ったらしい。足首、膝、股関節が、まるで液体をかけられたかのように見る見る赤く火傷のようになってしまったそうである。写真も取ったし目撃者もいるそうだ。歩けなくなってしまったそうだ。何かの薬品を使った可能性もある。その方は自宅内でも同じような被害を受けると言っているが、赤く火傷のようになるらしい。3~6時間で元に戻ると言っていた。

後はストーカー、仄めかしの報告だ。被害者の目の前で自分の子供に「前代未聞と言いなさい」と言っていたそうだ。そして子供が教えられるままに「ぜんだいみもん」と言ったそうである。職場もやめる事になったらしい。被害者は苦しみの毎日である。

この種の被害は他人から見ると何処までが本当の被害なのか区別が付かない部分がある。自分に理解出来ない物を否定してしまうと被害者の立場は無くなってしまう。私も、犯罪と偶然の区別が付かない場合がある。そこが問題なのである。ある意味、そこを狙った犯罪と言えるのだろう。

13:07
計り知れない悪意と殺意を感じる。「天才バカボン」の歌のリピート送信「天才一家だばーかぼんぼん」、この部分だけを3時間、一秒も休まずにリピート送信している。

これは栃木県佐野市で現実に起こっている前代未聞の嫌がらせだ。

例によって昼休みのブログ閲覧をする。「博士の独り言」、「せと弘幸、日本よ何処へ」を読む。ランキング1位と2位のブログである。読んでいると、段々とお腹に空気が溜まりパンパンになる。苦しい。心臓も変な感じで苦しい。酸素が足りないようで眠くなり、あくびの連発である。

理解力が無くなる。いくら読んでも意味が判らなくなったり、何処を読んでいるのか忘れてしまったりする。読み始めた時は非常にクリーンですっきりとした思考であったから余計に悪魔の嫌がらせを感じてしまうわけだ。パソコンの画面の何処に私の目線があるのか知られているようで、声の送信により、それを知らされる。読んでいる内容すべてに干渉して口出しをして来る。

頭や鼻などを頻繁に痒くされる。筋肉を部分的にピクピクと痙攣させる。そして歌のリピート送信をバックに嫌味を脳内音声で浴びせて来る。胸が痒くなった、まるで虫に刺されたような痒みである。

今も、顔や体を引っ切り無しに痒くされている。この薄汚い卑怯な嫌がらせを延々と繰り返す悪魔である。こんな事を毎日24時間やられていたら気が狂ってしまうだろう。加害者はいつでも、それが出来るのである。逆に被害者はいつも、その恐怖に脅えていなければならない。

15:23
「てんさーい一家だ、バーカぼんぼん」これを今日も5時間以上もリピート送信をしている。肛門に何か異物を押し付けられている感じがした。トイレで大便をしている時に肛門を動かすと「切ったぞ」と声の送信をされる。顔(鼻)の痒みも引っ切り無し。竹島の事に関して韓国の大使館の前で抗議をしている動画を見た。その事に関して加害者は嫌味を送信して来る。

こんな被害に遭っていなければ何でも自由に見る事が出来る。

加害者はすべての事柄を嫌がらせのネタに使う。それは、すべての自由を奪い取っているのと同じ事である。本当は、ここに加害者が送信した脳内音声をすべて書いて差し上げたいのである。この薄汚い、卑怯なやり方がまかり通る不条理、一人でも多くの被害者が声を出す事を希望する。

18:15
その後、攻撃に耐えながら作業をしていると静かになった。ほとんど歌が聞えなくなり、「もう、終わりにしよう」などと聞えて来たのでパソコンの電源を落とす。そして退社にそなえて準備を始めると、また歌のリピート送信が始まる。声の送信による酷い罵声も浴びせられる。だからもう一度パソコンの電源を入れてログインした。30分くらい前からだろうか、肛門に妙な感覚がある。

少し前にメールが来た、声は聞えない被害者の方からだ。体が痺れるような被害を受け夜寝られないそうだ。今も、肛門刺激を強めて来て、場所が少しずれてしまったようだ。

24:13
夏休みに付き、子供と食事をしてスーパー銭湯に行ってきた。「天才バカボン」の歌のリピート送信は延々と続いている。食事中も風呂の中も干渉される。言うまでもなく、私の目に映った物は加害者に見えているようだ。

今も、歌のリピート送信が続いている。

それから、突然、自分の過去記事を無作為に読んだ時に歌のリピート送信の曲名の部分に目をやると、その瞬間に、その曲を脳内に放送して来る。これは以前からで、その対応の早さには驚く。匂いのタイミングなども絶妙なので、恐らくボタン一つで送信できるようになっていると思われる。

寝る。

真剣に考えて欲しい

0:58
私は加害者の事を恨んでいる。当たり前である。自分の時間、プライバシーはまるで無い。しかも1秒も休む事無く被害を受け続けている。だから頭の中はいつもこの犯罪、被害の事で一杯である。自分の考えたい事は、考えさせて貰えない。では毎日何をしているか。あらゆる攻撃に振り回され、うなされているだけだ。ほんの少しだけ苦痛に耐えながら本を読んだり、仕事をしたりしている。

これが21世紀の日本の一国民の実像である。

真剣に考えて欲しい。寝る前に、また、こんな日記を書かなくてはならない現実を。

確信はもてないが経験がある。同じ匂いを同時に2人の人間が感じていた。被害を受けていると思っていない人間が匂いを感じていたとしたら、この一連の犯罪行為がどのような媒体で行われているのか不明であるが、たとえば電磁波であるならば、電磁波による犯罪行為を選択されたどの人間にも受けさせる事が可能であるとすれば大変な事になる。たとえばインプラントとかいう方法を用いないで、誰にでも、生体の機能を狂わせる被害を受けさせる事が出来るのなら、人類の歴史上の価値がひっくり返ってしまう可能性すら有り得るのである。

幅広い意味での思考盗聴と脳内音声、生体機能の不全

その装置を使って得する方法を考えると恐ろしくなる。私は極端な想像をする事が良くある。なにしろ毎日、何をしていても加害者が意識の中に入り込んでいるので、日常生活のあらゆる場面で、その装置の存在を意識させられてしまう。

だとすれば、被害があることは力ずくでも葬られてしまうだろう。

1:42
パソコンの電源を切り寝ようとすると「天才バカボン」の歌を送信される。「お前に親子丼を食わしてやるよ」と送信される。殺意のある嫌がらせだ。

これらの装置をどのように使えるか、可能な限り考えて欲しい。加害者はとことん嫌がらせの上乗せをすると言っている。

「有り得ない装置で考えてくれ」と送信する。

この言葉は歴史に残して欲しい。加害者の弁である。

栃木県佐野市で実際に起こっている事件だ。実際には研究者やそれらしい機関にはかなり広範囲で被害報告を出している方がいる。

2:05
床に就くと加害者の男に脳内音声で言われた。だから、また起きて着てパソコンのスイッチを入れた。
「公安に見張らせてやんな」、「加害者は創価学会だと言わせてやるよ」、「一生懸命考えて出来たのがあの程度の文章」、「加害者に会わせてやるよ、嫌でも会わせる」など。しかも耳鳴り攻撃をされて大変な不快感である。

「殺されろ、創価学会を敵に回させてやんな」

こんな感じだ。しかし、加害者が「創価学会」と送信したのが最初である。

9:37
明け方、愚な夢を見させられて目が覚めるが、すぐに寝る。8時半に目が覚める。目覚めとともに歌のリピート送信、声の送信による精神破壊活動が開始される。こんどは旅先での話しを盗み聞きして嫌がらせのネタにしている。食事の時に流れていた曲、同席していた方が「これ、なんて曲だったっけ」と聞いたので皆で当てずっぽうに曲名を言っていた。私も思いつくままに言った。

加害者は「そんな曲名も知らないで音楽をやっているのか」とバカにして「天才バカボン」の歌をリピート送信する。私はそのことに対して何とも思っていない。しかし、スパイ行為により得た情報を利用して特定個人にしか聞えない脳内音声で一方的に攻撃をするやり方に腹が立つ。

「不毛を見させてやれ」と憎まれ口を送信している。
鼻の頭を痒くしている。
耳鳴り攻撃を開始した。

更に加害者が昨日読めなかった字を調べたらしく朝から騒々しい。

13:31
昼休みのブログ閲覧をしていたら頭痛がして吐き気がした。後頭部が痛く、何か自由な思考が出来ないような嫌な感じである。「てんさーい、いーかっだ、ばーか、ぼんぼん」この部分だけを現在まで4時間、リピート送信をしている。

テクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムに関して
8/10(日)12:00 専修大学神田キャンパス1号館3F
どなたでも、予約なしで、無料で入れるようです。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/forum/2008forumtokyo.html

15:00
同じ歌のリピート送信が延々と続いている。頭痛攻撃もされている。声の送信はリアルタイムで室内の言動すべてに干渉する。時たま猥褻な言葉を聞かせてくる。腹が立つので日記にログインすると顔に痒みを送信して来る。

私は警察署に被害相談に行った。
現時点では捜査は出来ないが、三ヶ月は書類を残すらしい。

公安調査庁にも電話で相談をした。
加害者を特定できる証拠がなければ動けないと言っていた。

今、声の送信で「室内を盗撮したビデオで恥をかかせてやる」と脅迫をしている。

今朝、エアコンが全く動作しなくなってしまった。スイッチが入っても風が出ないのである。リモコンと本体をリセットする事により回復した。今までも風が出なくなる事が何度かあった。さて、故障かイタズラか、問題だ。家電製品の異常というのが良く報告されるが、リモコンと言うのは赤外線なのだろうか、自動車のドアロックも赤外線なのだろうか。

近くに誰もいない川原でドアロックが勝手に動いた事がある。

この酷い嫌がらせに耐え切れなくなって暴れたらどんな事になるだろうか。加害者はそれを意図して嫌がらせを続けているのだと思う。殺人と同じかそれ以上の犯罪だ。

集団で計画的に武器を使って破壊活動を全国規模で行っている組織があれば、大変な問題である。

15:40
「ばかぼん」の歌のリピート送信と頭痛攻撃で何も出来ないので瀬戸弘幸さんのブログの動画を見る事にした。なぜかそれらを見ていると酷い攻撃を受けるのである。今も「無駄な抵抗はやめさせようよ」と声の送信をされた。「博士の独り言」、「日本よ何処へ」などを読んでいると記事の内容によっては「ざまあみろ」と声の送信をされる事がある。

基本的に声の送信についてはデタラメが多いので信用はしないが、特定のブログを閲覧している時などに酷い攻撃を受けるというのに問題がある。

「早く精神病院にいれてやれ」と声の送信をされる。

これらが間違いない事実である事を証明できないのが残念である。

21:46
攻めの一手だ。夕方から少し攻撃が和らいだので仕事を片付けた。遅くなったので外で夕食を取る事にした。その途中、自動車を運転していると肛門に攻撃を受ける。食堂にいてもすべて加害者に知られている。目に映っている物も食べた物の味、食べ方、すべてである。そして食材を買いに行こうと車を動かすと「それだけの物を買うのにわざわざ遠くまで行く必要があるのかな」と声の送信をされたので、騙されてコンビニで食材を買う事にした。

コンビニに向かう途中で突然、攻撃を受けた。頭痛攻撃とイライラ攻撃だ。もう、最悪の気分になってしまった。そして、良く考えて見るとコンビニではダメだったのである。「ざまあ見ろ、騙されたな」と声の送信をされた。リピート送信される歌がチェンジされた。「づんづんづんづん、づんづんどっこ」古い歌だある。年代を感じさせる。

帰宅後も延々リピート送信、最悪の気分だ。

人間として生活出来ない。

日本には人権がないらしい。

22:37
加害者は電磁波兵器で特定個人の人権を強制的に奪い取り、毎日苦しめているのに「諦めきれ、そうすれば許してやる」と言う。

「罪を償わせる」、「許してやる」

この言葉にはかなり問題がある。

今度は「天才バカボン」の歌をリピートしている。体のあちこちの筋肉をピクピクと痙攣させたり、気分の悪い臭いを送信したり、お腹に空気を溜めたり、飽くまで攻めて来る。

仕方ないので瀬戸さんのブログの動画を見ていると、今度は耳鳴り攻撃である。キーンと言う高い音がして来る。全く関係なく、歌のリピート送信を続ける。

これこそ、在日拉致、人殺しである。

証拠が残らなければ何をやってもかまわない。

日本ではこれが許されているのである。

22:59
「あの方の存在は佐野市民の迷惑だ、訴えてやれ」
これが脳内音声を送信している加害者の言葉である。
「あのブログを訴えてやれ」など言いたい放題だ。悪魔そのものである。

それだけの自信があるなら是非、名乗って出て貰いたい。
正々堂々と表に出て、自分達には何も罪が無い事を証明してもらいたい。
脳内音声、思考盗聴、生体情報通信で生きたまま人を殺す悪魔だ。

口だけ言いたい放題。特定個人にしか聞えないから何でも言える。
ただ、卑怯で薄汚い。それだけの存在である。

8/6 2:08
被害者の方と電話をしていてこんな時間になってしまった。深刻な被害のようだ。今度は「飛んでイスタンブール」とか歌っている。

風呂に入って寝る。

行方不明の日記

16:39
土曜日からオートバイで新潟まで2泊の旅行に行ってきた。本当は木曜からの4泊であったが被害が酷く夜寝させて貰えないので2泊にした。どんな被害かと言うと寝させてもらえないのである。脳内音声による嫌がらせ、痒み、痛みなどの送信による嫌がらせで朝、6時とか7時になるまで寝られない。それから寝ていも、せいぜい3時間である。

陰に隠れて電波などで嫌がらせをされるストレスは想像を絶する。

8月2日の日記。この日も一晩中嫌がらせをされていたので、朝7時までの出来事が書いてあったと思う。旅先で携帯で確認をした時も一度は読むことが出来ていた。

原因は不明だが、ほとんどの内容が消滅してしまった。

今も、歌のリピート送信、臭いの送信、針刺し攻撃などを延々と続けている。声の送信による憎まれ口も酷い物でほとんどデタラメ、とにかく徹底的にさげすます、やり方である。心の腐った、醜い者達であることはすでにしられているが。

オートバイで出掛けたわけで、行きはすべて高速、帰りは下の道を走ってきた。

声の送信はオートバイで走行中にも途切れる事は全くない。関越トンネルの中でもしっかり聞えていた。更に、宿泊先でも自宅にいる時と同じような被害を受け続けていた。たとえば後頭部に違和感があり、頭がボケでしまうなどもあったし、陰部を狙ったワイセツ攻撃もされた、とにかくすべての攻撃があった。たとえば、隣の建物に加害者が泊り込みで嫌がらせをしに来ているのではないか、と思うほどである。疑えばきりがなくなってしまう。

自宅周辺にいる時よりは、気持ち声が小さいような感じがしたが、睡眠妨害や携帯電話からの日記の投稿時にも身体攻撃や音声の送信による嫌がらせをされた。匂いの送信も酷いもので、オートバイで走っていても妙な匂いがしたりする。勿論、走行中も陰部を狙った攻撃もされる。

世の中にこれほどの悪が存在してよいのだろうか。

私が被害を受けた事を全部日記に書いてやる、と心の中で思うと、加害者は女の声で「私達も全部かかせてあげましょう」と声を送信して、私が夜寝ている時に体の全部を順番に痒くさせて寝させない。

途中の交差点で右折と左折を間違えたので、オートバイなので、交差点の中で右折ラインに移動すると「僕も逮捕した方が良いと思うな」と声の送信をされる。走行中のギヤチェンジやブレーキの掛け方や、カーブでステップが地面に当たった事などもリアルタイムで放送される。これは、視野盗撮と呼ばれるものだけではない思う。こちらの感覚も盗み取られているようだ。それともレーダーで居場所を突き止めているのか。

帰りは通り雨にあったのでレインウェアーを着たかったが、丁度良い駐車スペースが無く、少し濡れてしまった。雨が激しくなったので急遽、歩道に停車してレインウェアーを着ていると、これでもかと言うくらい声の送信で貶される「ザまあ見ろ」、「なんてカッコ悪いんだ」など集中的にやられた。その時に後ろから来ていた自動車、何台か、不自然に景色から浮いているように感じたのは気のせいか。

気のせいと言えば、チクチク針刺し攻撃や、痒み攻撃などを受ける場所に小さい出来物がある。酷いと湿疹のようになるのだが、なんとも言えない感じである。

とにかく一方的、強制的に人権を奪い取り、酷い攻撃を毎日受けさせて置いて、被害を受けていると日記書いたりすると、もっと酷い攻撃をしたり、脳内音声で脅迫をしたりする。こんなのがあって良いのか。8月10日にはテクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムが開催されるようである。被害の説明、犯罪としての説明などが期待される。

とりあえず、今回の旅行では楽しい瞬間も味わう事が出来た。被害には関係ない人達との旅行だった。こんな被害に遭っていなければ、生きているだけで毎日、楽しくてしょうがない人生なのである。

17:40
誤字訂正の為にログイン。今も歌のリピート送信を続けている。極悪である。

21:10
自室にて食事後にネット閲覧をしていると、またしても字が読めない攻撃に出る。まず、脳の研究などで有名な人の名が検索に出る。「茂木」という字である。私が心の中で「モギ」と読むと、すかさず脳内音声で「あの字をモギと読ませてやってくれ」と送信される。ネット閲覧をしていると、こんなやり方の嫌がらせを毎回される。

その後、別のページを見ていると「はぐくむ」と言う脳内音声を送信される。初めて見たページであるので、何処にそんな言葉があるのか探してしまった。良くみると「脳を育む」という文字があった。加害者は私が読んでいない文字に関しても声の送信をして来る。パソコンの画面を盗み取っているのだろう。

いつだったか「未曾有」という言葉が出て来たので、読むのをやめて見た。「さあ、加害者さん、読んでください」と私は尋ねた。何度聞いても返事はない。私が見てもいない字を勝手に読んだり、私の読みが違うと言って騙したりする加害者は、その時一言も声を出さなかった。

今日は加害者は「学歴で指を指せ」と私に向かって声を送信して来る。そして「ここにいるのはみんな有名大学を出ている」と言って来る。それ以前には「ここにいるのは全員、音楽家なんだ、音楽の教師をしている、みんなプレーヤーなんだ」と声の送信をする。知ったかぶりと言うか声の送信であるから、デタラメを言いたい放題である。しかも、思考盗聴を使うので私には隠し事が一切出来ない。

テレパシー通信なのである。

どんなに加害者の声を無視しようとしてもリアルタイムで思考の中に入り込んで来て、イライラ電磁波などで普通の精神状態ではいられなくさせ、あらゆる角度から挑発して来るのである。

まず、歌のリピート送信をする。それは無意識の状態であれば必ず送信される歌を一緒に歌いだしてしまう。どんなに逆らっても、少しでも気を抜くと歌いだしてしまう。それを避けるには関係のない言葉を念仏でもとなえるかのように延々と、声には出さなくとも実際に舌を動かして喋り続けるしかない。事実、私は今日、旅先からの帰宅途中にずっとそうしながらオートバイを運転してきた。

次に、自分の心の中の声(文字を読んでいる時や考え事をしている時)が自分に聞えるのである。そういった被害を受けていない状態の自分がどうであったか思い出せないので上手く説明出来ないが、やけに心の声が大きく自分に聞える時があったり、他人の声で(女性の声)送信されたりする事がある。その心の声に干渉し続けて来るのである。その干渉に仕方はマイナスイメージの連続送信である。

次に、イライラ電磁波にような攻撃をされる。なんだか知らないがやたらとイライラする。その状態で脳内音声による貶しの集中攻撃を浴びせられる。爆発しそうになる。そんな私の心をすべて読み取っていて、更に追い討ちの声を聞かせる。更に、まともな思考が出来ないような電磁波攻撃があるようで、そのような状態にさせて置いて「知恵遅れ」と罵声を浴びせる。

次に、身体攻撃に出る。心臓を苦しくさせたり、頭痛を起こさせたり、お腹に空気を溜めたり、顔や体を痛くさせたり、痒くさせたりする。臭いの送信も酷い物である。針刺し攻撃もある。今日は夕方にバイブレーター攻撃をされた。全身が細かく振動するような、痺れるような感じだった。ゾクゾクと寒気がするような変な感じ、鳥肌が立つような感じ、というか、そんなのが半身だけにあったりする。

最後は睡眠妨害である。一番眠い時間を襲っているのか、延々と攻撃をしているのかは不明である。痒み攻撃などは、眠っていても体をかいていた記憶があったりする。神経痛、関節炎のような痛みを発生させるのも得意である。

とにかくあらゆる事ができるのである。

これを毎日24時間やられていたら人間どうなるだろうか。

勿論、今、その攻撃をされているから書いているのである。

21:59
追記、更に盗聴をして、それをリピート送信すると言うのもある。音楽を聞いたりするとそれをリピート送信される。盗聴の方法は不明である。私の耳に聞えた物か、それ以上の盗聴能力があると思われる。しかも狙った音だけをノイズレスで再生放送してくる。問題は実際に私が聞いた音を知らなければ、それに似せた音でさえ作る事は出来ないと言うことである。

更に、脳内に放送される音楽ソースの幅広さである。童謡からクラッシックまで色々ある。ついでに、送信される匂いの種類の多さにも驚かされる。

24:13
「追い越させよう」と送信される。この意味は追い出して引っ越させる、と解釈出来る。「かわいそうに」、「消えうせてしんぜよう」、「許してあげよう」などと声の送信をしながら、やっている事は何も変わらない。正直、生き地獄である。人間として生きていて、これ以上の苦痛はないかも知れない。この日記を書かせて、他の被害者や被害者になりかけの人に脅迫をしているのかも知れない。「罪をつぐなわせる」こんな言葉を送信したりするのである。

延々とマーチ(音楽)をリピート送信している。

酷い話である。

殺人と同じかそれ以上の犯罪だ。しかも、事実をすべて書くことが出来ないようなやり方をするのである。「おめえ、殺されろ」なんて毎日言われている。

後は風呂に入って寝るだけだ。

昨日の日記

今、三回目、寝て一時間ほどの間に目が覚めた回数だ。新潟にいる、関越トンネルの中でも音声は途切れない。旅先でも各種攻撃をされ、睡眠妨害をされる。音声のボリュームを上げ怒鳴りつけている。文句があるなら表に出ましょう。陰に隠れて薄汚いやり方で社会を敵に回さないで堂々と表に出ましょう。昨日の日記は長い文章だと思ったが、とても短くなっているようだ。この分だと一泊、更に減らして帰る事になるだろう。
23時20分
昼間に少し寝る事が出来たので今日も泊まる事にした。ほぼ全ての攻撃を受けている。困った物だ。風呂に入ってい寝る

被害者は遠慮するな

2:42
これは栃木県佐野市で実際に起きている著しく人権を無視した殺人に等しい行為である。生体情報通信、脳内音声、思考盗聴などの信じられないような技術を利用して特定個人を狙い撃ち、精神病又は自殺へと追い込む歴史上かつて無い残虐なやり方の犯罪である。

確か、就寝したのが1時頃だと思う。ほとんど寝たような感じがしない、ただ、全身が熱くて寝苦しいだけである。エアコンは設定温度26度。普段は寒くて毛布をかけて寝ている。なぜそんな事をするかと言えば、昼間も寝るからである。度重なる睡眠妨害の為に生活リズムを破壊されている。

続きを読む »

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる