許してやる

2:08
床について30分もしないでこの有様だ。よく加害者に「許してやる」という言葉を脳内に送信される。全く意味が判らないばかりか、最初の頃は腹が立ったものである。しかし、最近は慣れてしまって何とも思わなくなった。これが長期に渡り同じ言葉を浴びせ続ける効果である。「お前が悪い」この言葉も24時間の音声送信になってから随分と送信され続けた。結果、自分が悪い事をしたから、こんな目に遭わなくてはならない。そんな風に思い込まされてしまう。洗脳である。

しかし

スパイ行為に寄って得た情報での嫌がらせ

集団で計画的に証拠の残らないやり方の嫌がらせ

これについては加害者からは全く出てこない。脅し、脅迫の連続である。しかも、嫌がらせをするのが先で、それに対して心の中で反撃に出ると酷い攻撃を仕掛けて来る。テロリストである。それは、ただ、そういう事が出来る装置を持っている、それだけの事である。

まず、床につくとすぐ、全身に痒みを送信し、耳鳴り攻撃をし、歌のリピート送信をする、体の筋肉をピクピクと痙攣させ、お腹に空気を溜める攻撃をし、内臓を痛くして、瞑っている目の中に映像を送信したり、糞尿のような臭いを送信、喉をいがらっぽくして咳の誘発をする。そして脳内音声で言いたい放題悪口を浴びせる。これで眠ることが出来る人がいたら大した物である。連日の睡眠妨害が何日続いているか忘れてしまった。

「日記に書いてある通りにしてやる」と声を送信する。

攻撃をされたから書いただけである。実は、風呂から出るとすぐに左目の異常に気が付いた。目蓋がはれている。鏡で見ると真っ赤に充血していて痒い。石鹸などが目に入れば痛いのですぐに判るはずだが、そんなことはなかった。怪しい、自然現象に見せかけた攻撃。

「謝れ、寝させて欲しければ、謝れ」、「君のお父さんが謝れば許してやるよ」、「君の苦しみで引きつった顔を見せてやるよ」、「出ていけ、引っ越せ」など一方的に脅迫を浴びせてくる。

思考盗聴、脳内音声、生体情報通信による嫌がらせ。プライバシーは全くない、精神的にも肉体的にも、すべてを一方的かつ強制的に奪い取り、ひたすら嫌がらせを続ける。しかも、その嫌がらせからは絶対に逃れる事が出来ない。生き地獄なのである。

悪魔、死神の類である。

精神状態のコントロールも出来る。思考させないようにする事も出来る。精神異常者に仕立て上げたり、自殺に追い込んだりするのである。犯罪を起こさせる事も出来るだろう。

この犯罪を放って置くと社会を破滅させる事になる。

人事だと思わないでください被害者は増えています。

追記、「なんぼ言っても、わからん奴だな、宗教団体の悪口を言うなと言っているのに」、「ずっと耳鳴りをさせて置け、医者にいけば治るだろう」、「せめて・・・・・・・の悪口だけでも言わなければなあ」と男の声で送信をされた。私は、政治、宗教には全く無関心で関わったことも無い。今もそうだ。

加害者が宗教団体の名前を私に脳内音声で無理やり聞かせたのである。そして、これだけ酷い嫌がらせを受ければ誰でも文句を言いたくなる。私なんかましな方だ、心の中で言っているだけだ。第三者に対して面と向かって「間違いありません、嫌がらせをされています」とハッキリ言っている人は沢山いる。

そんなやり方の嫌がらせなのである。

3:42
さっき日記を書いて眠りについたのが3時頃である。耳を痒くさせて「耳から血が出るまでかかせてやる」と女の声で送信された。さっきの「せめて・・・・・・・の悪口だけでも言わなければなあ」というのは「せめて池田大作の悪口だけでもいわなければなあ」ということになる。心のの中で思っただけで、これだけ酷い嫌がらせをするのである。

自称創価学会の嫌がらせ

あなたなら、本当に創価学会の嫌がらせだと思いますか。

あなたは、こんな嫌がらせに耐えられますか。

人殺しだと思いませんか。

遠隔地から他人の生活を監視、プライバシーを奪い取って、その情報により脅迫をし続ける。毎日24時間1秒も休まずに酷い嫌がらせをする。今も、性器の先に痒み、痛みを送信する。肛門への攻撃も得意だ。栃木県佐野市での出来事。

命の危険すら感じる。

「命ごいをするまで許しませんよ」、「泣き喚いてあやまるまで許さない」などと声で送信される。

「創価学会に入れば許してやる」と送信された事がある。
眠ろうとしていると「創価学会にはいりなさい」を連発された事もある。
「創価学会の怖さを教えてやる」と送信された事がある。

「思い知るがいい、神の怒りを」、「死ぬまで嫌がらせをしていやる」、「この嫌がらせを子供にも受け継がせてやる」

すべて事実である。

証拠が残らなければ何をしてもかまわない。そういう人達である。

4:27
さっきの日記を書き終えて床に入ったのが4時少し過ぎ。その直後、肛門とそれに繋がる腸に激痛が走る。激痛である。その後、胃に激痛。左のわき腹の中に激痛。顔、耳に痒みを送信される。ある被害者と同じにしてやれ、などと声の送信をする。今も胃に激痛だ。「タワーリングインフェルノを見せてやれ」、「日記のタイトルを変えさせてやれ、創価学会の恐怖というのに」と声の送信をされる。お腹に空気を溜められる。

これでも創価学会の犯罪とは言えないのだろうか

被害者を発狂、自殺に追い込む嫌がらせ、これでも加害者は平然と歌のリピート送信をしたり、ワイセツな言葉をあびせたり、殺してやれ、などといっている。

人間に出来る芸当ではない。悪魔である。

すべて紛れもなく事実である事を宣言する。

それどころか怖くて書くことの出来ない内容もある。

4:58
先ほどの日記を書き終えて寝ようとすると今度は酷い耳鳴り攻撃と、極度の頭痛に見舞われる。そして声の送信でこれでもかと嫌み、悪口、脅迫を浴びせる。ひさびさにエロコメント2通を削除した。私は、ある被害者のホームページから「リチャードコシミズさん」のホームページを読んだだけである。親子丼。それも偶然である。「うさぎ殺してやれ」と送信する。博士のブログ、せと弘幸さんのブログなんて酷い攻撃で読ませてもらえない。

これが日本の現状だ。

加害者に殺意がないとは絶対にいわせない。

今日は1:30分に就寝してから一睡もさせて貰えない。
昨日も三回も起こされ、ほとんど寝ていない。

スパイ、テロリスト、工作員、人殺しだ。
実際に自殺した方も少なくはない。

すべて事実である。
今も「瀬戸の花嫁」の歌を女が歌っている。「歌おう、毎日、みんなで」平然として声の送信をしている。

5:09
水を飲むためにキッチンへ行くとキッチン鋏が目に入る。すると「その鋏で胃を突っつけ」と送信する。カッターナイフが目に入ると「それで手首ほ切れば賞金をだすよ」と送信された事もある。

殺意のある悪魔なので絶対に嫌がらせをやめない。
絶対に許してはいけない犯罪である。

14:07
その後は10時に目が覚め、次は13:30に目が覚めた。これから東京に行くが大切な時間を無駄にされている。歌は「when lights are low」をリピートー送信。目が覚めるとすぐに女の声で芝居を打つが騙されないと「ふん、助けてやらないよ」と送信された。

22:51
東京の音楽スタジオから今帰って来たところだ。音楽のリピート送信は続いているし、顔も痒くされている。脳内音声の嫌がらせは勿論。今日はまず、運転中に頭痛を起こされた。事故を起こすほどの被害ではないが、大変気分が悪くなり、腹が立つ。その興奮で事故を起こす可能性はある。スタジオ内では演奏中にベラベラと喋って脳内音声を聞かせたり、臭いの送信をしたり、演奏に対する批評をする。更に演奏中の思考を盗み取り、それを脳内音声で聞かせる。演奏に集中出来なくなり、失敗をすると貶す。そして新しい曲を覚える為に楽譜をコピーすると、「楽譜が読めないくせに」、「私達が曲を覚えさせてあげよう」と送信する。スタジオ内で演奏した曲を盗み取り、脳内にリピート放送をして、その曲を覚えさせてあげようと言うのである。腹を立てていると「歯を食いしばらせてやれ」、「唇を噛ませてやれ」、「君の親父が君の事を精神病院に入れたがっているぞ」と声の送信をされる。

帰りの車の中でも脳内音声による嫌み、脅迫は酷かった。1秒たりとも途切れない。あまりに酷いので無人で自動化されているのではないかと思ってしまうほどであるが、やはり人間が付きっ切りでやっている。ある種の単語はボタン一つで送信されるようだが、リアルタイムでその場所でしかない情報に干渉してくる。更に運転中に後頭部、首の後ろなどに圧迫感があり大変不快であった。

加害者の嫌がらせの手口としてあるのが、無意識下の思考を盗み取り、それを脳内音声で聞かせる事により、恥をかかせるなど精神的な屈辱を与えるというのがある。

今も臭いの送信とお腹に空気の溜まる攻撃、後頭部の締め付け攻撃をされている。また、耳鳴り攻撃が始まった。嫌な感じである。

24:31
風呂から出て寝る所だ。今も、歌のリピート送信をされていて無意識にしていると一緒に歌いだしてしまいそうになる、と言うより強力に我慢をするか、声を出さずに何かを喋り続けていなければ歌い出してしまう。そのくらい強力な支配力を持っている。それを毎日ずっとやられていたら大変なことになる。脳内に放送されているのは「fool on the hill」と言う曲で原曲と同じ構成だが、声以外はほとんど聞こえないし、数人で合唱しているように聞こえる。と、書くと原曲と同じように聞こえる物を送信したりする。今日、音楽教室で新しく覚える為に演奏した物は同じ曲でも3拍子で演奏するようになっている。

ところでコメントを頂きました。
ありがとうございます。

そのコメントによると学会信者であれば絶対に「池田大作」と呼び捨てにはしないそうです。しかし、私に脳内音声を聞かせて来る加害者は間違いなく呼び捨てにします。ここには書けないような事も送信します。加害者は芝居が非常に上手く、ある時は警察の内偵捜査員、ある時は近所の人、ある時は暴力団。喋り方も素人とは思えないくらい上手です。更に幅広い音楽ソースを持っていてすばやく送信します。コマーシャルソングのような物もすぐに送信します。以上です。

今、攻撃を受けている。やや吐き気、頭が締め付けられるような感じ、めまい、動悸など。頭痛がしてイライラする最悪だ。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる