人権泥棒

1:22
寝る時も関係なく嫌がらせをする。「宗教団体の事をバカにすると許さないぞ」と男の声で送信される。私は相手が誰なのか知らない。今まで聞かされて来た脳内音声によってそう判断しているだけである。

頭で考えた事はすべて盗まれる

口の中で少しでも言うと盗まれる

耳で聞いた音は盗まれる

目で見た物は盗まれる

嗅いだ匂いは盗まれる

感触、感覚は盗まれる

精神状態、心臓の鼓動も盗まれる

体の状態、姿勢などを盗まれる

そして

それら盗んだものと加害者が作ったものを

こちらに送信する事が出来る

それらは強制的に受けさせられる

どこにいても、なにをしていても逃れられない

任意の位置への痒みの発生

任意の位置への痛みの発生

任意の位置への筋肉の痙攣

お腹に空気を溜める

思考を変えてしまう

精神状態を変えてしまう

すべて遠隔地から出来る

不思議な事があったら、照らし合わせてみてください。きっとつじつまが合います。

3:11
殺人鬼、自称創価学会の嫌がらせである。
先ほどからずっと脳内に侵入して嫌がらせを続けている。夢を見させているが忘れてしまった。かつて、これほどまでに人権を無視した薄汚い卑怯なやり方のテロがあっただろうか。外国などではテロリストは犯行声明を出す。しかし、集団ストーカー、思考盗聴の加害組織にはそれがない。しかも、内容もなければ、心もなければ、セオリーもなければ、ポリシーもイデオロギーもない。陳腐でワイセツで愚かな言葉を聞かせるだけだ。

そこで、睡眠妨害をされている中、眠い中で思った。私に嫌がらせをして脳内音声を聞かせれば、私が犯行声明のような物を書いてくれる。

宗教団体をバカにすると酷い目に遭わせるぞ

これは同じような事を書いているブログ、掲示板が他にあることから伺える。それじゃあ宗教ではない。そんなことをする宗教があるのか。そこまで書かれている。

私の加害者が脳内に放送した内容は事実である。その方々に表に出て責任を取ってもらいたい。組織全体が笑い者、嫌われ者、殺し屋、テロリストと呼ばれる事になっている。「ぜひともそうさせてもらいてえ」と口だけはいつも強気である。しかし、100%口だけの集団である。出来ることは

集団で計画的に陰に隠れて武器を使って嫌がらせ

これだけである。
それから、精神的に追い込む手口として自分の知り合いなどの名前を出して、そいつも宗教団体の一員だと脳内に教え込む。同級性の名前、近所の人の名前など実名が沢山出て来る。

もうひとつ、半信半疑の物事に関して付け込んで来る。

絶対の自信のない物事。

これは誰にでもある心理である。嫌がらせをされてみるとわかるが、自分の生活の中で絶対の自信を持って行っている事、知識、思想などがどれほどあるだろうか。人間はほとんど迷いながら、悩みながら生きている。そこに付け込んでターゲットの心を破壊し、混乱させる。集団ストーカーも全く同じ手口である。絶対の確証をもてない偶然の一致のような雰囲気をただよわせ、精神的に嫌がらせをする。

人殺し、テロリストであることは確実である。

そして、加害者を増やしてやると言って脅迫をする。

4:51
栃木県佐野市を名実ともに人権のない町にしたのである。
自称創価学会というテロリストが殺人まがいの嫌がらせを繰り返している。
命にかけても事実であると宣言させてもらう。

全く寝させてもらえない。「NPOテクノロジー犯罪ネットワーク」の定例会が本日あることを加害者は知っている「いかせてあげようか」、「絶対にねかせるなよ」、「かわいそうに」男と女の声で脳内音声を送信し続けている。耳鳴りも何種類もあり、右の耳、左の耳に送信する。足の筋肉を痙攣させたり、体中を順番に痒くさせたり、瞑っている目に光を見せたり、「高校の同級性にあわせてやれ」と送信したりする。その高校の同級性だが、本人もパニック生涯のようになり怖くて半年間家から出られなくなったそうだ。仕事に復帰するために医者を7件も駆け回り自分に合った薬を出してくれる医者を探して薬を飲みながら仕事をしているらしい。

何度か電話をしたり会って話しをしたことがあるが、私の話を聞いて驚いていた。なぜなら、付き添いがいないと自殺してしまうくらいの被害者がいるらしい。何の関係の仕事をしているのか知らないが、そういった被害者らしき人が1人や2人ではないらしい。彼は自分のことや、その他の人のことに関して私に話してはくれないが、大変なようである。私に「病気だと言って医者に行け、悪い事は言わない、嫌がらせだと言うなよ、嫌がらせだと言うと精神病院にいれられてしまうぞ」と言った。その彼は、最近は何度電話をしても繋がらなくなってしまった。まだ、被害に関係していると思われる地元の話はある。

あまりに痒み攻撃が酷いので毛布の中に顔をいれたら、毛布と接触している部分には痒み攻撃が出来ないようである。タオルの枕カバーでは枕と接触している顔が痒くなる。頭の髪の毛を動かすような感じの攻撃もある。これ以上悪どい嫌がらせは世の中に存在しない。

「こっちから名誉毀損で訴えてやらあ」と声の送信をする。やりたいなら勝手やれ、自称創価学会の嫌がらせ集団。逮捕されても何をされても、どんなに損をしても。絶対にゆずらない。

「子供にも親にも被害をうけさせてやる」と脅迫をする。

このブログに書いてある事は全部事実である。

それを犯罪の歴史に残せればよいと思っているだけだ。
「なるべく長く恥をかかせてやってくれな」と男の声で送信する。

10:34
「11時に起こしてやったぞ」という男の声で目が覚めた。眠さとだるさ、今まで体験したことのない最悪の気持ちである。いつもと同じように目覚めると声の送信では嫌み、脅迫をされ続けている。歌のリピート送信も始まる。そして日記を書き出すと耳鳴り攻撃が始まる。「引っ越せ、引っ越せ」、「親子で引っ越せ」と連発されている。私はもうすでに一度、強制的に引越しをさせられているのだが。

ピンポンダッシュという言葉を良く聞くが、私はコンコンダッシュをやられた事がある。しかも人的被害ではないと思っている。夜中に玄関のドアをコンコンと叩くのである。しかし、人はいない。逃げていくにも音がしない。音の送信と思われる。

24:10
今、帰宅した所だ。相変わらず一日中、声の送信、歌のリピート送信、臭いの送信、痒みの送信、耳鳴り攻撃、リアルタイムでの思考に対する干渉、盗み取った情報での嫌がらせを受け続けていた。疲れているし、同じ内容なので細かい事は書かない。それと日記を書き出すと耳鳴りのボリュームが上がったり、顔が痒くなったり、お腹に空気がたまったり、性器、肛門に違和感が生じる。

こんな被害を受け続けている人達は少なくない。

寝る。

脳内音声の苦しみ

1:12
風呂に入って寝ようと思ったが脳内音声による嫌みが酷いのでエントリーする。悪意と殺意に満ちたストーカー集団の果てし無い嫌がらせの上乗せ。また、耳鳴り攻撃をして来る。奴らのやり方はいつも同じ。これでもかと言うくらい嫌みを送信する。そして、その事を日記に書こうとすると攻撃をする。

「脳内リンクが繋がったまま裁判所に連れて行ってやらあ、法廷で吼えさせてやる」と男の声を送信された。私は、どうやって裁判所に連れて行くのかと聞くと「そんな事、どうやったってできらあ」と答えた。どうやって裁判所に連れていくのか答えになっていない。

更に別の男の声で「アキレカエルがお前の事を笑っていたぞ」と送信した。さっきの裁判所の男が「後で恥じかかせてやらあ」と送信する。今も耳鳴り攻撃をされ、臭いの送信をされ、お腹に空気を溜められ、腕をチクリ針で刺し、耳を痒くされ、「瀬戸の花嫁、私に歌わせて」と女が言う。

なぜか歌は伴奏が聞こえず、声だけである。

実際声は同じ人間でも男であったり女であったりするのかも知れない。とにかくずうずうしい。顔、頭に発熱感があるのでマイクロ波による発熱とも想像できる。

はっきりさせる

思考盗聴は考えた瞬間に盗まれる

それも頭の中だけで一瞬でも盗まれる

1:44
今、右肩と首に針を刺されている。寝ようと思って電気を消したが酷い耳鳴りと声による脅迫があったので忘れないうちに書いしまおうと思い、ログインする。また「余計嫌がらせをされるぞ」と脅迫をされる。先ほど知人に知らせた仄めかし要因と思われる人物の名前を取り消せと脅迫をされた。万一の時の為に知らせて置くのである。しかもその情報はオープンな形で知らせているのでハッキングなどをすればすぐに盗めるようになっている。我々にとっては決してオープンではない。知っていたとすればスパイ行為によって得たという何よりの証拠となる。

去年は父が喘息になったりして入退院を繰り返していた。退院してからも暫く具合が悪く、忘れっぽく、怒りっぽくなり、ボケてしまったのかと思うほどであった。ほとんど寝たきりであった。なぜか最近また復活した。「会社を潰してやる」と送信された事も数度あり、今も送信された。もし、父の身に万一のことがあり、私が脳内音声で精神異常者になってしまったら、一家崩壊である。

先ほど「お前を喘息で殺してやる」と男の声で送信された。今、耳鳴りのボリュームが上がり、肝臓が痛くなった。この前は内臓が腹の中で動いている感じがした。あらゆる病気にしてしまう事ができるのではないかと思う。電磁波で病気にされる。癌で死んでしまう。などの噂を聞いたり、ネット上書いてあったりする。私の妻は突然の癌による全身転移で死亡した。

これを書いていると更に耳鳴りのボリュームがあがり、右耳は聞こえが悪い状態だ。痛い。「瀬戸の花嫁」のリピート送信も続いている。「精神病院へ行け、そうすれば許してやる」と男の声で送信する。

しかし、これで日本の将来はあるのだろうか。

潜在的な被害者は数が多いと思う。

人殺しである。

「うさぎ」と言うのが加害者が私を呼ぶ時のあだ名である。今、女の声で「うさぎにへそをかかせてあげようか、いつも頭ばっかしじゃあつまらないから、あんな下手くそな文書を書いて」と送信する。別の女が「やめなさい」と送信する。

11:49
先ほどまで寝ていた。しかし、朝4時に「どうだ、一番眠い時間に起こしてやったぞ」と男の声で目が覚めた。その時に日記にアップして置けば忘れないでよいのだが後になると忘れてしまう。覚えているのは「運命」というクラッシックの曲を放送され、「おめでとう、君は一生嫌がらせされることが決まった」、「自分の運命を知らずにして死ぬことになる」などと嫌みを送信されていたことくらいだ。それと、放送される「運命」という曲はそれほど音質は良くなく、演奏も楽器の数が少ないように感じた。

先ほど目が覚めると何か喋っている。「気をつけろよ、あいつ起きているかもしれないぞ」と1人の男がもう1人の男に向かって言っていた。何も考えない状態でいると、或いは、考えが薄い状態だと、加害者には盗み取ることが出来ないのかも知れない。考えなければ盗めるわけがない。

とにかく嫌みの連続である。しつこいようだが書く。なぜなら加害者がそうだからだ。たとえば目で見て、あの建物まで何メートルあるか大体の見当で10メートルだと思ったとする。しかし、実際には15メートルあるらしい。こちらは正確性を必要としてるわけではないので概算で10と思うわけである。しかし、加害者は間違えた、見当違い、と毎日、何回でもそのことに関して嫌みを送信する。景色の送信までする。すると最後は、そこを見るのも嫌になる。

初めて手にした電気製品。使い方が判らないので説明書を読んでいたりする。「ばかでえー、使い方もわからないのかよ」、「お願い、あの人にマニュアルを読ませて」、「英語のマニュアルじゃあ読めないよ」、「あれで電気の会社の責任者だってよ」、という具合にありとあらゆる方法で貶すのである。

自分達はその場でデタラメを言っているので間違える事は多い。しかし、そのことに関してはなかった事にしてしまう。或いは、腹いせに電気的な嫌がらせをする。

妄想オママゴトに関しては加害者集団の中に悪者を1人作り、それと私を仮想的に対比するのである。たとえば、その人物を「W」とする。私が美味しい物を食べていると「Wにも食べさせてあげて」。私に読めない文字があると「Wにも読ませてみろ」。仮想的な女もいる「M」だ。「Mと結婚させてあげたいね」そんな感じにやっている。勿論、名前のついた人物は沢山出てくる。

加害者の目的は私を精神病に仕立て上げる事だ。

17:53
最低限の仕事をしてからネットブログを読む。ボリュームは小さいが声も歌も送信される。たまに臭いを送信されたり、背中、指などがチクチク痛くなる。お腹に空気が溜まる。などの状態が13時頃から続いている。声の内容は貶し。歌はアリス。日記の更新を始めたとたんに耳鳴り攻撃をされる。

22:27
音声の送信、耳鳴り攻撃、臭いの送信である。また電磁波、集団ストーカー関連のサイトを発見した。まだ全部は読んでいないが新しいサイトのようだ。かなり研究しているようである。何か被害者のコミュニティーでもありそうな感じがする。今日は夕方には心身ともに被害に浸かってしまっていた。サイトの中に被害者は自分の生活を乱されないように、みたいに書いてあったので思い出した。楽器の練習である。2時間ほど練習をしたが、練習中に妙な言葉を聴いた「足を疲れさせてあげれば」である。そういえば、急に荷物が重くなる、などの被害報告を聞いている。実は昨日も練習をしているが体がだるくて動かなかった。キーボードを打つ時に肩が異常疲れたこともある。

終わって車に乗ると、これでもかと言うくらい嫌み、悪口を数人の男女の声で浴びせて来る。「さあて、嫌がらせモードに戻るか」。ついでに電気屋に寄って買い物をしたが閉店間際の為に「蛍の光」が鳴っていた。そして、車に乗り家路に向かう途中に「蛍の光」をリピート送信され、「かわいそうに」の連発をされ、「反対側に止まっている車にぶつけてくれ」と声の送信をされた。腹が減ったのでコンビニに寄ると「そこの店員も俺達の仲間だぞ」、「お前の近所の奴もみんなそうだ」と送信される。

先ほどの蛍の光は電気楽器の音だったが、今度は男が歌っている。臭い匂いを送信すると同時に鼻、眉間あたりに圧迫感を送信すると効果があるようだ。電気屋のレジで妙な言葉を聞いた「咳をさせてあげて」。確かに咳をした。咳、くしゃみの誘発という被害報告もある。何かむせるような咳だったような感じがした。お腹に空気が溜まるのと関係がないだろうか。

今、耳鳴りをさせて「それをアップしたらもう許さないぞ」と声の送信をされた。頭痛もして来た。でもアップさせていただきます。

24:18
「また歌ったぞ、ザまあ見ろ」と、これが加害者の正体である。今、両方の鼻の穴を痒くされ、両方の耳に耳鳴り攻撃をされている。盗み取った音楽のリピート送信もされている。

こういうことである。先ほど音楽を聞いていた。いつも私が聞いている音楽を盗み取り、リピート放送をするので、たまには違うのを聞いてみた。すると男の声で「お前達、これを覚えておけよ」と送信する。その後すぐにリピート送信が始まる。嫌なので違う曲を自分の中で歌おうとすると考えた瞬間に、その曲のメロディーを送信されてしまう。最近は曲を思い出すことが出来なくなってしまうくらい加害者からの違う思考の送信が強い。すなわち、自分が思いついた曲は加害者が送信した物なのである。聞きたくもない音楽のリピート送信をされ、お腹が空気でパンパンになる、腹が立つので風呂で加害者の悪口を心の中で言ってやった。その間もリピート送信は続いている。風呂から出ると女の声で「ありがとうございます、よく、わかりました、彼と言う人がどいうい人間なのか」と送信される。

自分達が人権を無視した虐待をしているのである

なのに被害者である私のことを悪く言う。それを理由に更なる嫌がらせをする。毎日24時間、聞きたくもない声、音楽を強制的に聞かされる。各種身体攻撃も含め、全く人間として生活させてもらえない。この苦痛は人類始まって以来である。前代見聞の人権侵害である。

しかも被害を受けていない人にはどれほどの苦痛かわからない。

全く人間としての感覚を失っている人達だ。

心はどこにもない。あるのは変質化した殺意だけである。

寝る。

夢宗教体験

8:29
素敵な夢を見せてもらった。昨夜も就寝時に息を吐く時に「かわいそうに」、息を吸う時のに「かわいそうに」と女の声で脳内音声を送信して来る。臭いも送信されていた。朝8時までは目が覚めることはなかったが、緑の草の色の綺麗な夢を見せていただいた。夢を見せてターゲットの深層心理をさぐったり洗脳したりするようだ。

ゴルフの練習をしに行く夢である。かつて見たこともない段差のある練習場である。自分が立つ位置に対してボールを置く位置が50センチくらい低くなっている。そこで私は何の疑問も持たずに練習をするのである。上手に打てた。しかし、お金を払う段になってトラブルが発生する。なぜか誰かから貰った金券を持っていたのである。それは本物のお札を一回り小さくしたような物で何処に行っても本物のお金と同じように使えるらしい。ただ、商品券のような性質を持っているらしく、その金券を受け取った所が発行元に請求する仕組みになっている。私は何のためらいもなく、その金券を提出する。練習場の人はそれを見ると、「こんな物は見たこともない」と顔を曇らせる。その金券の発行元は宗教団体であるらしい。私は現金で払うからいいと言った。

そして、そのあと休憩所で数人の男とコーヒーを飲みながら話をしている。自称宗教団体の男がいて「こうやって拝む、一日3回でいい」と言い、両手を握るようにして指を組み人差し指だけを立てて合わせるやり方をしていた。なぜかその男も楽器をやっているらしく楽器の演奏方法について師匠からアドバイスを受けていた。しかし、その男はそのアドバイスの意味が理解出来ないようなので私が意味を教えてあげた。誰も教えてはくれないような貴重なアドバイスである。

その瞬間に「ありがとう」と、よく聞く男の声で脳内音声が聞こえ目が覚めた。

意味としては宗教に関わっている人間と知っていても大切な事を教えてあげられる。という事である。その夢を見ている間はずっとピアノでジャズ風のBGMが聞こえていた。そして目が覚めるとすぐに耳鳴りが始まり、女の声で嫌みの送信をして来る。「かわいそうに、一生1人で暮らしな」、「せっかく女性を紹介してあげようと思ったのに」。そして歌のリピート送信が始まる。「むーちゅっ、むーちゅっ、ああったとたん、ひとめーぼれ、、、、、」と言う歌だ。

言いたい事は宗教団体に入れば

幸せにしてあげます

と言うことだ。

そのことは私の想像ではなく確実に映像と言葉によりメッセージを伝えている。もう少し的確に表現をすると「女がほしければ宗教団体に入れ」、こんな感じである。目が覚めたときに送信元とのやり取りがあったが私は断った。理由は思考盗聴、脳内音声は犯罪であり、やってはいけない事をしている人達だからである。説明するまでもなく、犯罪者と宗教団体との関連についての明確な証拠はなく、送信される内容が自称宗教団体と言っているのであり、証拠という言葉を出すのなら、思考盗聴、脳内音声による嫌がらせをされています、という証拠もないのである。

更に、自分の感じた物を追加させてもらうと、それらはすべて嘘でからかっているのである。そしてパソコンのスイッチを入れると「ブログに書かせてあげな」などと声の送信をする。そして書いていると顔を痒くしたり、電磁波を浴びせて頭を締め付けたり、お腹に空気を溜めたり、臭いを送信されたり、嫌がらせをされた。今もされている。

10:39
「声にしなくても会話が出来る装置」が開発されたらしい。そのキーワードで検索をすると出て来るようである。

11:25
他の被害者を見ていると被害の事を調べたり、犯人探しをしたり、推定加害者の事を憎んだり、一日中、頭の中は被害の事でいっぱいになってしまい他のことは何一つ出来なくなってしまう。そこまでこの被害にのめり込むこ危険である。そんな風に見える。

しかし、私も例外ではなく、加害者の遠隔操作による嫌がらせの為に、そうさせられてしまうのである。今、会社で仕事をしているが、8.4-6.4はいくつですか、の引き算ですら出来ないくらいの状態にされていしまう。電気部品の設計である。図面を見ながら寸法が正しいかどうかのチェックをする。しかし、電磁波攻撃によりまともに思考することを出来なくされ、思考盗聴プラス脳内音声によるリアルタイムの嫌がらせをされるために

自分が今何をしようとしているのかさえ一瞬で忘れてしまう。

従って計算などをしたり、イメージをする思考領域と同じ領域に侵入されるのだと思う。仕事をさせないのである。思考盗聴プラス脳内音声のリアルタイム攻撃は嫌がらせだとわかっていても防ぐことができなく、操られてしまう。

自殺者が出るのは理解できる。

加害者には殺意がある。人殺しである。本当に私も発狂寸前なのである。腹が立って、腹が立って、殺してやりたいくらいである。絶対に許せない。別の被害者の方との話では「あなたは失職していない、自営業であるから救われているのです」と言われたが、その通りである。精神病院に入院した被害者は珍しくないし、失職させられてしまった被害者も当たり前である。

人殺しであり、テロリストである。

しかも、この嫌がらせに毎日耐えてなんとか生きているのである。夢も希望も未来に関しては何も無い。全部、加害者に強制的に奪い取られてしまった。小学生の子供もいる。暴れないように我慢しているのが現状だ。

日本の現状である。

14:54
午後の嫌がらせ。「ありゃりゃん、こりゃりゃん、おつむのねーじが、こりゃまたばっちりゆるんでる」と言う歌をリピート送信される。痒みを送信される。針で刺される。臭みを送信される。下腹部を痛くされる。口からでまかせを送信する。やりたい放題やられている。

筋肉が疲れた状態にすることも出来るようだ。

先ほどあるサイトにコメントを書き込んで確認画面で確認して送信ボタンを押した瞬間に消防車と救急車がけたたましいサイレンをならして騒ぎ始めた。これを偶然の一致ということで片付けてしまって良いのだろうか。ヘリコプターはいつも飛んでいるので気にはしないが。

追記、ログアウト後に、お尻の穴と性器の先に痛みを感じる。男「お前のせいでみんなが迷惑している」、女「バッチリ切らせ」と声の送信をされる。今、これを書いていると両方の乳首がくすぐったくなってくる。

21:44
書くまでもなく被害は継続している。今、楽器の練習から帰った所だ。練習スタジオでも声の送信、臭いの送信で嫌がらせをされる。パソコンのスイッチを入れると吐き気、耳鳴り、お腹に空気を溜められる。最悪である。何もさせない生活破壊。

追記、ログアウトした後に更に耳鳴りのボリュームが上がり、心臓が苦しくなった。視野盗撮は14インチの液晶モニターから1メートル離れていても目の焦点が画面の何処にあるかを知ることが出来る。なぜなら、気になる部分をわざと見ないで文字を読んでいると加害者は一言も喋らずに、気になる部分を私が見るのを待っていて声の送信をするからだ。文字を読んでいる時にフェイントをかけて突然その部分を見たら加害者が嫌みを送信した。モニターから1メートル離れている。

22:42
度重なる嫌がらせに完全に切れた。
私は栃木県佐野市に住んでいる。
宗教団体の名とは創価学会と名乗っている。
加害者は何としても私を精神異常者にしようとしている。
珍しい苗字で栃木県にも一件くらいしかない。

悪意と殺意に満ちたテロリストである。
殺してやりたい。
ローンで建てた家も嫌がらせで追い出された。

追記、死ぬまで嫌がらせをやめないと言っている。今も音楽のリピート送信をしている。
私はいつでも名乗って出る。私の今後を見ていて欲しい。
すべて事実である。

0:24
あまりに嫌がらせが酷いのでテーブルをひっくり返してしまった。「あいつめ、ざまあ見ろ、近所でレッテルはられるぜ」、「家の中を盗み撮りしたみっともないビデオ、見世物にしてやるぜ、その格好で学校に行ってみろ」男の声である。あまりに腹が立つので少し情報として動いて見た。

余計嫌がらせをして来る。

「瀬戸の花嫁」の歌のリピート送信をする。臭いを送信する。頬をチクチクと刺す。頭痛を起こさせる。耳鳴りをさせる。お尻の穴の回りと性器に触手感を送信する。鼻の頭を痒くする。

これでは自殺する人が出るのもわかる。

悪魔である。テロリストである。日本国はこの犯罪を野放しにしている。

寝る。

追記、確かに一度もネットワーク接続していないコンピューターも遠隔操作されてしまうようだ。

一夜明けて

7:49
昨日は、臭いの送信の激しい一日であった。法務省の前で白昼堂々と生ゴミの腐った臭いを送信されていた。それと車の中でも加害者の機械の操作ミスが発覚してしまった。私が運転しながらタバコを吸うためにタバコをくわえライターで火をつけようとする0.3秒ほど前に臭いを送信してしまったのである。その微妙なタイミングのズレになんとなく加害者の先走りを感じてしまった。

街頭配布をしていた時なんか女性に声をかけてチラシを手渡したりすると「女に渡した時は臭くして」と声の送信をされ、臭いを送信されたしまった。勿論、わざわざ女の人を見つけて「ストーカー被害に関係しています」と声をかけてチラシを配布した。

配布活動が終わると食事をして活動に参加していた被害者の方と色々話をした。帰りには、その方が私の家に行って見たいと言うので来てもらい、被害のことについて話をした。遠いので泊まりということになったので隣の部屋で寝てもらい今起きてきた所だ。

昨夜は睡眠妨害には遭わなかったが寝る時に耳鳴り攻撃、声の送信で「かわいそうに」を連発された。朝は7時に目覚ましをセットしたが30分くらい前に、なぜか心臓が苦しくて目が覚めた。その後、声の送信が始まり、「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信してきた。昨夜は、その被害者の方と話をしていたが「ウインドウズ」という曲のメロディーをずっとリピート送信されたていた。

これから家を出て観光する。

15:34
午後の休憩である。観光を終え知人を駅まで送り会社に入った。アナザーワールドと言った所である。昼過ぎまで歌のリピート送信をされていたので、車の助手席に座っている知人との会話もままならなかった。ボリュームは小さいが、どうしてもそちらに気を取られてしまう。天気は良く、観光も最高の気分で出来、被害についての話も嫌というほど出来たので満足した。そして、帰り道に少しづつ、日常生活に戻って来る。平日であるので仕事をしている人がほとんどだ。そういった周囲の雰囲気を感じながら帰宅。

先日、とんでもない現象に出くわした。

トイレから立ち上がり、パンツとズボンを上げた時にお尻がびしょ濡れでびっくりしたが、もう一度確かめると、極めてドライであった。こんな経験をお持ちの方はいらっしゃらないだろうか。

先日、とんでもない現象に出くわした。

会社で何気なく椅子に座っていると、確か左手の人差し指に鼻クソをほじる時の感覚(映像つきの記憶)がよみがえって来た。手は机の上であり、決して鼻の穴には入れていない。なのに確かに、確実に、爪と指の腹との間で乾燥して硬くなった鼻クソを捕らえ、ほじり出している感覚を得た。これは他人の感覚では無いと思う。私の感覚を生体情報通信か何かで盗み取り、送信してきたのである。

これを書いていると、まず顔、耳が痒くなる。次に頭が締め付けられるようになる。さらに乳首が硬くなった。頭痛がして来る。

17:23
攻撃が始まった。歌のリピート送信、声の送信に寄る集中的な嫌み、脅迫。心臓の鼓動が早まり、耳鳴りが聞えてくる。頭が締め付けられるような、頭痛のような感じになり、目の焦点は遠くを見ているような放心状態の時のようになる。首の付け根が固くなるような、腰がだるくなるような感覚だ。顔、体が痒いようなチクチクするような感じでイライラして来る。

19:15
今、パソコンの前で酷い攻撃を受けている。耳鳴り、歌の送信、頭痛、首痛、肩こり、首筋通、めまい、胃痛、指痛、お腹空気溜め攻撃、頭ボケ攻撃。

まず有名政治ブログを見ると嫌がらせが始まる。読んでいると耳鳴りが始まる。「首を痛くしてやりな」と声の送信をされ、その通りに痛くなる。そのうちに頭痛がして来る。そして思考盗聴をしながら読んでいる内容をすべて盗み取る。読めない字があったり、間違って読んだりすると、それこそ一斉に嫌みを送信して来る。電磁波を浴びせられているので思考能力が著しく低下する。動画を見ていても声の送信で嫌がらせをする。「あいつは字が読めない」から「あいつは知恵遅れ」という言葉に変わってきている。

思考盗聴は間違いなくある。

電磁波犯罪も間違いなくある。

生体情報通信も間違いなくある。

追記、これをアップすると「上記があるならやってあげな」と老婆のような声で送信された。

21:59
「ふりがなをふってやんな」、「カタカナだけ読ませてあげな」、「ローマ字を読ませてあげな」、「ダメ、あの人には何も読ませてはダメ、私が変わりに読んであげる」。ネット閲覧をしていると最後はこうなる。思考盗聴、脳内音声による洗脳の恐怖だ。テレビを見ていても女性が画面に映ると「いやらしい、すけべ」、「また、見たよ」などと送信される。更に電磁波などによる苦しみが和らぐと、少し自由な思考が発生して来る。すると今度は、その自由な思考を盗んで嫌がらせをする。

最後は普通に物を考えるのが嫌になる。

これは完全に人格を変えてしまう洗脳行為である。

酷い攻撃の中で思考盗聴被害のブログを発見したのでリンクさせていただきます。

「心の声の悩み」

そのサイトからはかなりのエネルギーを感じる。新鮮な雰囲気がした。まだ少ししか読んでいないがすごく興味をそそる内容となっている。もう一つエネルギーを感じるサイトを発見したが書くことは出来ない。やはり電磁波系である。

数日前に、ガス漏れを起こしているような臭いを送信された。

23:49
今日も延々と各種攻撃をされている。今日は低い声の男がほとんどメインに喋っている。「狂え、吼えろ、発狂しろ」電磁波攻撃、思考盗聴による嫌がらせを執拗に繰り返して、何とかしてターゲットに犯罪を起こさせたい、精神異常者に仕立て上げたいのである。

被害者の方と、なぜこんな嫌がらせを続けるのか不思議でならないと言う話をした。私はカルトだから頭がおかしい、洗脳されている、と言ったが、彼はもっと深く考えていた。程度の低い人間に自分達よりも、もっと惨めで悲惨な思いをしているターゲットの姿を見せて満足させている。なるほど、それも一理ある。

それと、いじめの構造として、結構他人が苦しんでいる姿を見るのは楽しい物である。結構ストレス解消になったり、ゲーム感覚で嫌がらせをする。と言う話も出た。金が絡んでいる。加害者も同じように監視されている。などの憶測も出た。




最近、マイクロ波による聴覚効果とか言う言葉が出ているようですが、俗に言われているマイクロ波と言うのは800MHz~6.5GHzらしいようですが、私は1MHz~10GHzまでを1重で27dB、2重で35dB減衰、95%カットするという銀メッシュのシールドを使用しましたが、全く効果がありません。

下の周波数は覚えていませんが上が80GHzまでのシールドルームに入っても防御出来なかったという報告もあります。もっと高い周波数ではないかと言う意見もあります。或いは低周波。

やけどをしたと言う報告もあります。

今も攻撃を続けられています。
「書けば、書くほど、嫌がらせをしてやる」と脅迫をされます。
しかし、書かなくても嫌がらせをされます。
「殺してやる」と脅迫をされます。

これらはすべて事実です。

0:42
風呂から出て寝るところだ。先ほどから、耳鳴り攻撃のボリュームがアップして集団で寄って集ってデタラメの喋りを送信している。

「この嫌がらせを子供にも受け継がせてやるよ」、「その頭が使い物にならなくなるまでやってやるよ」と声の送信をされる。

私は加害者に「宗教団体に入れ」と何度も送信されている。「入れば許してやる」と送信されたりする。まず、「許す」この言葉の意味が不明である。そして、先ほども死んでも入らない、と心の中で思ったら「だったら殺してやれ」と送信された。事実である。

臭いの送信は、どんな臭いでも送信する事が出来る。

声も誰の声でも真似て送信するのと同じに。

寝る。

駐車場にて

ウィークデイ、この時間に都心に車で向かうのが始めてなので早めに家を出た。高速道路を走っている間中ずっと声の送信と顔の痒み攻撃をされていた。途中のパーキングで買った弁当を首都高速ないのパーキングで食べた。その時に留守電が入っている事に気づいた。今日、会う事になっている被害者の方からだった。聞くところによると騒音を出していたと思われる隣の住民がいなくなってしまったらしい。その後車を発進させると排気ガスの臭いを中華料理の臭いにされてしまった。送信されただけで食べ物を連想させるのは大した物である。その後、被害者の一人が死ぬと予言のような言葉を送信して脅迫をされた。メールを書き始めると耳鳴り攻撃をされ体中が痒くなったり、チクチクシし出した。音声のリピート送信もされている。

28日1:13
道路は思ったより空いていて時間より大分早く目的地に到着した。テクノロジー犯罪のチラシ配布を2箇所で配布した。最初の場所では到着すると、すぐに生ゴミの腐ったような臭いを送信された。今回は人通りの少ない場所であったが受け取ってくれる方がいたので助かった。

テクノロジー犯罪。今日も沢山、書ききれない内容の一日であった。
あまりにも凄すぎて書けない。
風呂に入って寝る。

かわいそうに

1:39
悪魔のテロリストの睡眠妨害だ。こんなのがまかり通ってしまったのでは何の為に税金を払っているのかも判らなくなってしまう。なんの為の国なのか。国家を破壊するテロリストである。脳内ストーカー。脳内拉致。電磁波による嫌がらせ。いつものパターンである。脳内音声で「かわいそうに」を連発する。女の声である。しかも、覗き、盗撮、盗聴、ストーカー行為がなければ知りえない情報を使って嫌がらせをする。いやらしいと言ったらこれ以上いやらしいやり方はない。

あまりにも嫌がらせが酷いので、加害者の悪口を心の中で言う。すると、それが気に入らないと言い、耳鳴り攻撃をする。それでもなんとか寝ると、眠りに付いた瞬間を狙って、痒み攻撃を仕掛けて来るいやらしさ。体の痛みも送信される。右目が痛い。

人間が嫌がる方法を研究し尽くしている。

プロの嫌がらせ工作員でなければ絶対に出来ない。

病気を作るプロである。精神病は勿論のこと、湿疹、アトピー、アレルギー、喘息、なんか怪しいものである。悪魔でなければ誰に出来る。「神様からのプレゼントをあげよう」こんな台詞がでるのだからカルトである。こんなやり方で組織の名前を被害者に聞かせている。だから被害者に浴びせた悪口はすべて自分達を表していると言われるのだ。自分で自分の顔に泥を塗っている。組織が丸ごと笑い者である。そんな人しかいないのか。そういう組織だったのか。これが被害者の正直な感想である。私はその証拠を持っている。被害者の方から頂いたメールだ。

「あいつを逮捕してやれ」と声の送信をされる。

「盗撮したビデオで恥じをかかせてやれ」と送信する。

精神的な苦痛、肉体的な苦痛を強制的に受けさせる。

日本という国はいつからそんな国になったのだ。人が安心して生活することが出来ない、どころか生活を破壊されてしまい、自殺に追いやられる。テロリストが野放し。

さっきもクソの臭いを嗅がされながら我慢してやっと眠りについたところだ。しかも、殺人と同じ犯罪が認知されないでいる。ターゲットにされない人々はのほほんと暮らしている。何も知らないのである。

2:29
耳鳴り攻撃、体への痒み攻撃、肛門への痛み攻撃、そのた痛み攻撃、声の送信による嫌がらせを続けている。チラシ配布のため朝7時に起きなければならない。ここ、栃木県から東京まで行くには時間が掛かる。仕事も休んで交通費も全部自己負担。

絶対に許してはいけない犯罪だ。

それとも国家を乗っ取ったから出来る犯罪なのか。

殺人異常の犯罪だ。

そして加害者は一方的に脳内音声を送信して来る。嫌だといっているのに、送信する。殺してやりたい。拒否することの出来ない攻撃。これがその集団のやっていることなのだ。

メールを書く為に起きてくると「キレた、あばれるぞ」、「狂ったぞ」これが同じ人間の言葉かと思う。洗脳、マインドコントロールとは恐ろしい物である。加害者も全員マインドコントロールをされているらしい。生まれた時から洗脳ほされているとまで言われている。

人殺しとして育てられたわけだ。

7:20
「起きられるじゃない」女の声を送信された。「かわいそうに」決まり文句である。耳鳴りがしている。歌のリピート送信もされている。「苦しめ、うんと苦しめ」。人殺し工作員の言葉だ。寝ている間はやりたい放題。足の指も痒くされていた。ほとんど寝られなかった。社会に迷惑を掛けまくっている工作集団。罪は思い。絶対に許してはいけない。

テロリストなのである。

スパイなのである。

工作員なのである。

人殺しなのである。

罪の意識は全くなく、自殺するまで、ターゲットが自ら事件を起こすまで、陰に隠れ集団で計画的に殺人に匹敵する犯罪を繰り返すのである。事実、そうなってしまった被害者は多い。

これが日本の現実の姿なのだ。

追加、パソコンのマウスは毎日、数回、勝手に動かされてしまう。

脳内リンク

8:50
右足の指、薬指が異常に痒くて目が覚めた。妙な夢も見させられていたが、どっちが先かわからない。ただ、「ざまあみろ、足が痒くて寝られねえ」この言葉で、殺してやりたいくらい腹が立った。妙な夢は覚えていないが「アルバイトにはアレフはいらない」そんな言葉を聞かされた。

すぐに起床しタバコに火をつけると「寝起きにタバコを吸うのをやめさせてくれ」などと声の送信をしてきたり、知人の名前を出して「・・・をアレフにしてやってくれ」と声の送信をし、更に鼻の穴を痒くされる。今日はコーヒーが落ちる時間が早かった。これが本来の時間である。普段は著しく遅く20分くらい掛かってしまったりする。こんな経験をお持ちの方はいらっしゃらないだろうか。

更に、連日の睡眠妨害の為に朝食を摂らない事が多く、朝のパンを用意していない。コーヒーのみである。昼まで時間があるから何か食べないと腹が減ってしまうな、と一瞬考えただけで「ざまあみろ、パンがねえぞ」と声の送信をする。

なんと愚かな人物だろう。

「かわいそうに」この言葉も18番となってしまった。そういえば、寝る時なのでほとんど覚えていないが、かなり、年単位で、前からだと思うが、女が男を叱っているのを聞かされる。「なんて事をするんだ。おめえ達のせいで、、、」などである。昨夜は「ここを、こうやってボリュームを下げて使えば声が聞こえることはないのに、なんで声を聞かせた」などの芝居をしているのである。

「・・・に会わせてやってくれ」、「会いに行こう」というのも得意のフレーズだ。加害集団の中では人の階層が出来ているようである。そんなのは私には全く関係ない。犯罪者は犯罪者である。

こちら拍手ページにも多少のコメントがあります。
http://blogvote.fc2.com/pickup/nozokizono

10:02
何と愚かな者達であろうか。今度は携帯電話の着信メロディーをリピート送信している。洗濯物を干している時にジーパンを干し忘れた。悪意に満ちた加害者が嫌がらせをするから忘れてしまったのである。それなのに「ジーパンを干し忘れた」。これを繰り返し数十回も言い続ける。

この加害者達は人間をやめてしまっている。

人間である事の理由、楽しみ、生きる事の楽しさ、すべてを捨ててマインドコントロール装置と心中するつもりなのである。あまりにも愚かで情け無い。何もないのである。からっぽの心。

加害者に殺意があることは明確である。
この行為が殺人と同じだと判断できないのは時代遅れである。
そして、口から出てくる言葉は幼稚な妄想ママゴトであり、変態性欲者そのものである。いくら特定個人にしか聞えない脳内音声であっても、あれだけワイセツな言葉をターゲットに向かって送信することが出来る、というのは異常なのである。

視野盗撮により、私が小便をする所を見たらしいのである。中年の女の声で「だったら私もオシッコする所見せてあげますよ、その代わり上からですよ」。視野盗撮により私の性行動を見たらしいのである。中年の女の声で「じゃあ、タンポンの紐、引かせてあげるよ」などである。

まだある。「パンツ一枚8000円で買い取らせてあげる」、「チミジルなすりつけてあげる」。まだまだあるが遠慮させてもらう。覗き、盗聴、盗撮、変態集団の成れの果て。

潜在的な被害者の数は多いと思う。調べたらぞっとするかも知れない。ターゲットに音声などを聞かせなければ、ターゲットがしらない間に思考盗聴、生体情報などを盗み取ることが出来るのである。

12:30
会社で仕事をしていても声の送信によるリアルタイムでの嫌がらせは止まらない。「キレろ、キレさせろ」と言いながら早口でまくし立ててくる。しかし、お昼休みになると音楽の送信を始めて、声が少なくなる。休憩でもしているのだろうか。「テープに録音した奴を早回しできかせてやれ」と声を送信すると、実際にとんでもなく早口で送信したりする。鼻の穴を痒くしたり、顔を痒くしたりされる。

昨日は都内の音楽スタジオの中に20人ほどいたので他人との距離がほとんどなかった。肩と肩が接触するような距離にいた。それでも音声の送信は勿論のこと、臭いの送信、顔の痒み、お腹に空気の溜まる攻撃を受けた。

今、これを書いたとたんに耳鳴り攻撃と頭痛攻撃をされた。

15:22
午後からはそれほど酷い被害は受けていない。(強烈な耳鳴り、吐き気、頭痛など普通の精神状態でいられなくなるような攻撃)しかし、思考盗聴、脳内音声、チクチク攻撃、性器の違和感などがある。やはり、自分の思考(文字を読んだ時などに僅かに舌が動くような)をリアルタイムで音声に変換して、脳内音声で送信しているようだ。毎日、目を通すブログでは、送信されてくる声が決まっていて、そのブログ専用の声というのがある。昨日だったか「このブログ、私に読ませて」と女の声でわざとらしく送信してきた。しかし、勝手に読み上げるという事は、ほとんど全く無く、こちらが読むと一緒に読んで声を送信して来る。

19:53
図々しいと言うか、何と言うか、先ほど20分ほど横になって寝ていた。と言うよりテレビを見ていたら眠くなったので居眠りをした。その時も顔を痒くしたり声の送信をして睡眠妨害をされるのである。「あの人だけは追い出して、他所に行かせて、子供の養育費は払うから何処かに行かせて日本には似合わない」こんな感じに聞かせて来る。俗に言うおばさんの声である。かと思えばすごく小さな囁くような声で「ばーかー」、「ばーかー」と聞かせたりする。そして臭いの送信もされる。

腹が立つので、脳内音声で聞かされた加害者集団の悪口を心の中で言うと「それだけはやめろ、それを口にするな」と男の声で言われる。そして耳鳴り攻撃をされる。加害集団の名称は自分達が送信したのである。これを書くだけでチクリ針刺し攻撃、肩の筋肉の痙攣攻撃をされる。本当に任意の場所の筋肉を痙攣させられるようだ。

足などの筋肉がピクピクと痙攣することは良くあるが、実際にトレーニングなどで使っている筋肉なので自然現象だと思ってしまう。確か、体を支配されてしまい勝手に動かされてしまう、と報告をしている被害者もいたはずだ。

人間をおもちゃにしている。

思考盗聴、脳内音声と言うよりは「生体情報通信」とすべてをひっくるめて表現した方が良いのかも知れない。それが実際に出来るか、出来ないか、有り得るか、有り得ないか、の論議は随分と以前から繰り返されているようだ。私は被害者として「生体情報通信」そのものが存在するか、最低でもそれがあるように見せる(かなり実現していると思う)トリックが行われているのは事実だ、と言わせていただく。しかも毎日24時間、執拗に嫌がらせ、精神への介入を続けている。

被害者は苦しんでいます。

そして、このような日記を書くと余計に攻撃をされ、脳内音声で脅迫をされます。「かわいそうに」と言う声とともに。

被害者が仕事などをするのは、ほぼ無理。時間の約束など出来ない。毎日睡眠妨害、何処にいても攻撃をされていたら、普通の社会生活は出来なくなってしまう。これも事実である。

そしてブログの「記事を保存」ボタンを押すと「あーあ上げちゃった」、「いい気にさしてやれ」と声で嫌みを送信する。その事を書くと「少し耳鳴りを上げてやれ」と声の送信をして、耳鳴りのボリュームが上がる。この手口である。

20:47
先ほどから50分間耳鳴り攻撃を続けている。きつい臭いの送信もされている。今日は酷い被害がなかったと書いたが、とうとう来た。めまいがして、首の後ろの筋肉が硬直して、お腹に空気が溜まり、普通の精神状態ではいられなくなる。「ヒステリーだけは起こさせるなよ」といつもの男の声で送信する。これが何人もの命を奪った犯罪の手口である。日本ではテロが行われている。

20:57
攻撃は激しくなる一方だ。右目に異常を感じた。「・・・と同じ目にあわせてやるよ」と同じ被害者の名前を言う。これを書こうとすると左の眉間に痛みが走り、右胸が痛くなる。

殺人と同じ事をやっている犯罪者が被害者にお説教をしたりするのである。表に出る事の出来ない嫌がらせ工作員である。それなのに死んだ女房の話を持ち出してお説教をしたりする。政治ブログを読んでいても嫌がらせが酷くて大変である。名実ともにテロリストと言わせてもらう。

耳鳴り攻撃が酷くなっている。

22:10
先ほどからずっと攻撃を加えられていて、思考能力が著しく低下している。昨日、一昨日に演奏した音楽を録音してあったので出来栄えを確認した。相手はスパイ、泥棒の類なのでパソコンのスピーカーから出ている音も盗み取る。これは私の耳から盗んでいるのだろうか。目で見た物は完全に盗まれる。そして演奏内容にリアルタイムでケチを付ける。それは聞いていなければ絶対に判らない細かい内容である。パソコンだから音を盗まれるのではない。何処ででも少なくとも携帯電話が圏外になるところでも。そして盗み聞きした曲のメロディーをリピート送信する。

一口に考えを盗み取ると言うが、考えには映像(イメージ)が付随していることが多いと思う。その映像(イメージ)を瞬時に盗み取られているようである。それらは声の送信によって加害者がわざわざ知らせてくれるのである。

彼らが一年ほど前に言っていた事を思い出した。「あんな奴がいると風紀が乱れる、追い出してやれ」。風紀を乱しているのはどなたですか、と全国の被害者が言うかも知れない。

結局、あらゆる生活に干渉して生活妨害をするので被害日記に行き着いてしまう。

同じ事でも、何度でも書く。

23:22
今、風呂から出た所だ。風呂の中ではお尻を洗っている時に肛門にシャワーが当たると「今の感覚、記憶させて置いてくれ、後で送信してやろうぜ」と声を聞かせる。

なぜ、オナラをしたことが加害者に判るのか

なぜ、シャワーが肛門に当たると加害者に判るのか

それと嫌み脅迫の送信が酷い。女「お願いだから子供達だけでも助けてあげてよ」、男「ダメ、彼は親子で一生笑い者にしてやる」。男「お前の名前を俺達の組織のブラックリストに載せてやるぜ」、などであるが、とにかく嫌な気分にさせる為に一生懸命、引っ切り無しに声を送信して来る。

まさか、明日のチラシ配布を妨害する為の嫌がらせではなかろうか。良く、そういった予定があると妨害をされるらしい。

何故か少し前から幼少の頃過ごした、東京のはずれにあった家の近所に住んでいた人の名前が出たり、小学生の時の同級性の名前が出る。しかも、嫌がらせのネタに使う為に実名を送信して来る。

今も、耳鳴り、臭い、針刺し攻撃をされている。

そして小学生の時の同級性は加害者の仲間だと言う。加害集団とは何か。これは加害者が何度も団体名を脳内音声で私に送信している。なのに、それが書けないところが、スパイ、テロリストの巧妙な手口なのである。

命を奪われる可能性がある

苦しみが酷い

脅迫が酷い

だから、日記がまともに書けないのである。

加害者の手口は終始一貫として

スパイ行為により得た情報での嫌がらせである。

寝る。

心を捨てた人々

22:11
心があれば、こんな嫌がらせは出来ないだろう。加害者は、被害者のことを「世捨て人」などと呼んだりする。都内友人宅一泊、寝袋ツアーより帰宅したところだ。嫌がらせの手段は、たとえようのない、いやらしさである。とにかく上乗せをしてくる。ほとんどの被害者が、なぜターゲットになったのか、その目的は何なのか、全く理解できないと思う。私もそうだ。

はっきりと言える事は、思考盗聴、脳内音声、感覚の送信などで、一方的に、防ぐことの出来ない被害を受けさせられ続けている、という事だけだ。

出先では携帯より投稿をしたが、文字を打つには不自由で、時間の限られた中にいたので大変であった。ライブハウスでは他の方のライブに飛び入り出演をさせていただいたので、自分の出演が近づくにつれて、嫌がらせの度合いが増して来る。隣の席の人のタバコの臭いも変な匂いに変えられてしまう。お腹に空気が溜まると店の端の方にオナラをしにいく。「オナラをさせに行かせて」と声の送信をされる。オナラで無ければゲップが出る。そして、回りにいるお客さんに対して架空の話を聞かせる。「そこにいる男は俺達の仲間だぞ」、「お前は公安に見張られているぞ」など架空と決め付ける理由はないが精神的に圧力をかけるための声の送信である。顔を痒くさせるのは頻繁で、肛門、性器を狙った嫌がらせもされる。私の演奏の時に「嫌がらせをしてやれ、みんなの前で恥じをかかせてやれ」と執拗に声を聞かせてくる。とりあえず一曲のみの演奏でそれなりに終わった。演奏中の嫌がらせは確認していない。終わってからは言いたい放題。

その後ファミレスに仲間で食事に行く。途中、車を運転していると「早く気が付いてくれ、お前の後ろにいるのは警察だぞ」なんて声の送信をされる。ファミレスについて食事をしていると、その場での私の思考を盗み解説を聞かせてくる。ノートパソコンをテーブルの上に出している客が左右に一名ずついた。すると「お前を見張っている奴だぞ」と送信される。

食事が終わり友人宅に到着した後はモブログの内容になる。そしてスタジオに行き演奏を始めるが、顔の痒みによる嫌がらせが酷い。「鼻をかかせろ」、「頭をかかせろ」など我慢をしているとずっと痒みわ送信したりする。自分の演奏が近づくとお腹に空気が溜まる攻撃を始める。あまり頻繁にスタジオの外に出ると他の人の迷惑になるので出れない。しようがないので音を出さないようにオナラをすると「オナラをすかさして」と声の送信をする。ゲップも大量に出た。

匂いの送信なんかも頻繁にやられる。口臭を装ったやり方では臭覚だけでなく味覚も同時に送信されているのではないかと思った。変だと思う理由は息を吐いている時も匂う事。息を止めていても感じる事がある事。方鼻つまりで息の通らない左の鼻ので匂いを感じた事である。そのことを心の中で思っていたら、今度は右の鼻に匂いを送信されてしまった。

とにかく嫌み、悪口、脅迫が酷くて大変であった。
帰りの高速道路でも先ほど演奏した曲をリピート送信され続けた。

これは、ほんの一例で実際は常時、付き纏いをされている。

0:34
野良犬さんにコメントを頂ました。
私も基本的には揚げ足取り、貶し、脅迫ばかりです。後、ワイセツな事が大好きです。あらゆる角度からターゲットを陥れて喜んでいるのです。思い切って被害ブログを書いたらどうでしょうか。それも、なるべく細かく。しかし、その結果については責任を負えません。私は嫌がらせに耐え切れないのでブログを出したのです。ある日、突然被害が消えました、という方がいるでしょうか。本当に言葉がありません。がんばりましょう。

それこそ、思考盗聴、脳内音声、生体情報通信が当たり前の時代にならないと犯罪として成り立たないと思います。私は近所の人などの実名付きで嘘ストーリーを聞かされました。今でも、私と関係のある人間の名前を使ってデタラメな情報を聞かせたりされます。有名人の名前を使って「・・・がお前の事を知っているぞ」などと送信されます。何年も前に総理大臣の名前を出して「・・・がお前の事をテロリストだと言っているぞ」と送信された事もあります。

何処で、誰が、どうやって送信しているか判らないから出来るのです。

寝る。

十時十五分

今、目覚ましにより目が覚めた所だ。するとすぐに音声の送信が始まる。嫌み、悪口、脅迫である。歌は〔アンドアイラブハー〕を送信されている。これからスタジオに行く。寝不足で疲労している。耳鳴りだけはさせといてやる、と送信された。シャーっと言う音が右耳にしている。かわいそうに、の決まり文句も連発。

5時58分

夢を見させられ強制的に目を覚めさせられる。何時だか見てみろ、ざまあみろ、と脳内音声で送信される。心を捨てて、人間として生きる事を捨てた、人間として生きる楽しみを捨てた人達。思考盗聴悪魔。悪魔からのプレゼントがこれである。熟睡させるなと脳内音声で嫌がらせをされる。また、耳鳴りのボリュームを上げ、顔、体に痒みを送信してくる。そこにいるおばあちゃんは私達の仲間なんだよ。逮捕させてやれ、と声の送信をする。寝させるな、今日は帰らせろ、と送信する。

三時45分

耳鳴り攻撃、お腹に空気を貯める攻撃、痒み攻撃、歌のリピート送信、声の送信による脅迫などで睡眠妨害をされている。お尻を痒くさせて、お尻をかこう、と声を送信。すぐに顔を痒くさせて、顔をかこう、と声の送信をする。人権侵害テロリストが人殺しと言われる理由はこのやり方にある。手段を選ばない攻撃。思考盗聴スパイはやはりストーカーとも言える。変態カルトとも言えるやり方だ。

モブログにて

今日は楽器演奏のため新宿のライブハウスに来ていた。携帯が圏外になる地下だが被害を受け続けた。途中、首都高を走行中にも携帯を操作していたら吐き気をさせられた。明日も演奏があるため都内の友人宅にいる。寝させるな、殺してやる、などの脅迫を声の送信によりされる。耳鳴りをプレゼントしてあげよう、と声の送信をされ、そのようにされている。臭いの送信、お腹に空気の貯まる攻撃、顔の痒みの送信など自動車を運転中にもされた。とにかくやりたい放題である。それらの嫌がらせの前になすすべはない。あくまで嫌がらせの上乗せで被害者をねじ伏せるやり方である。お腹パンパンだ。

人殺しストーカー

1:49
悪魔の電磁波集団ストーカー。極悪犯罪者である。寝る時になると本性を見せる。電磁波による脳内拉致。そのカルト的な発想は差別、虐待、人権侵害の源であり、社会を混乱させるテロリストである。寝ている人間に嫌がらせをする。「神の怒りを見せてやれ」、「俺達の本当の怖さを教えてやる」と脳内音声で脅迫をする。洗脳、マインドコントロールは殺人と同じである。しかも、集団で計画的に証拠の残らないやり方で犯罪を実行し続ける。日本という国はそういう国なのである。脳内拉致。

人殺しが野放し、スパイが野放し、テロリストが野放し。

これは紛れもない事実であり全国に被害者がいるのである。

笑い事ではない。絶対に許される問題ではないのだ。引越しを繰り返している被害者もいれば精神異常者扱いの被害者もいる。自らの命を絶ってしまった被害者もいる。全世界に被害者がいるとも言われている。テクノロジーによる人権侵害は、全く今までに無い方法によって犯罪が行われ、被害者は頭の中までプライバシーを強制的に奪い取られてしまい、人権が無くなってしまうのである。人間として普通に生活をする権利を悪意と殺意に満ちた犯罪者に強制的に奪い取られてしまう。

しかも常人には全く理解出来ない嫌がらせ工作が24時間繰り返される。重要でもなんでもない人間を見張り続けて陰湿な嫌がらせを続ける。

電気を消して寝ようとすると、非常に臭いにおいを送信される、糞尿の中で寝ているような物だ。次に耳鳴り音を送信される、モールス信号のような音、低いうなり音、キーンという高い音、寝る時でなくても嫌である。そして、顔に痒みを送信される。枕の側だ。右を向いて寝ていれば右の頬が痒くなる。体にチクリと痛みを送信する。更に、くだらない映像を見せる。映像でない場合は光を見せたりして睡眠に付けないようにする。その上、声の送信をして来る。男女の声で言いたい放題。イライラ電磁波のような物も浴びせたりする。毎日、このような嫌がらせを繰り返している。

脳内音声で脅迫をするのである。あれをしいはいけない、これをしてはいけない、もし、言う事を聞かないと一生嫌がらせをしてやるぞ、殺すぞ。最初に加害者の側から嫌みを送信する。私の場合は加害組織の名前を加害者に寄って送信されている。だから酷い嫌がらせをされると、その組織の悪口を心の中で言い返す。そういう精神状態にさせられるのである。寝る時にわざわざ人の悪口を心の中で言いながら寝たりする人はいないと思う。加害者は、私に加害者の悪口を言わせるような工作までするのである。

そして、加害者の悪口を心の中で言った、という理由で更に酷い虐待をされるのである。

ここで、一番問題になるのは心の中で考えただけで虐待を受けるということである。

精神のプライバシー、精神の自由を奪っている。

これは明らかに洗脳である。

結果、肉体の自由、生活の自由など目に見える自由も奪い取る。私生活は丸裸にされ、プライバシーは全くない。そういう状態に強制的かつ一方的にされてしまうのである。

このまま放って置いて良いのか。

今も、パソコンのスイッチを入れると「あんまり興奮させんでくれな」と声の送信をされ、急に耳鳴り攻撃のボリュームが上がる。これは被害者に対する口封じである。被害を受けていると言うことを表に出すと、もっと酷い目に遭わせるぞ。逆らうと酷い目に遭わすぞ。この手口である。

加害者に罪の意識は全く、何処にもない。

被害者を撹乱させる事が目的であるので、被害者によって加害者像は変わる。しかし、犯行の手口は全員ほとんど同じでマニュアルがあるのではないかとまで言われている。加害者も洗脳、マインドコントロールをされているのではないかと言われている。

陰湿かつ執拗な嫌がらせだ。

11:29
その後は何とか眠れ10時頃に目が覚めた。最初は静かであったので好きな事を考えていた。しかし、起きてきて着替えたりしていると次第に音声が送信されてくる。臭いの送信もされる。攻撃のパワーは弱めだが同じ事をしている。

オナラをすると臭いの送信をされる。「自分のオナラの臭さでむせ返らせて」と声を送信する。音楽のリピート送信もされているし、耳鳴り攻撃もされている。耳鳴りにも種類があり、シーっと言う高い音である。それが被害者にとっては加害である事は確実で、その理由は加害者が声の送信によって知らせるからである。

声の聞こえ方であるが、南側の窓を開けると、周囲の雑音が良く聞こえる。雑音とは遠くに走っている自動車の走行音である。なぜか、窓を開けると、そこから声が聞こえて来るように感じるのである。それこそ自動車の走行音に乗っかって。

では、窓を閉めるとどうなるか。どちらかと言うと頭の中から聞こえて来る感じである。部屋を移動すると、その部屋特有の声の聞こえ方になったり、別の部屋に入った瞬間に臭いを送信するなどのきめ細かい、手の込んだ、演出をするのである。

15:56
その後、部屋の掃除などをしていると、その雑音に紛れて脳内音声で嫌み、悪口を浴びせまくっていたが、最後の方では褒め言葉も出てきたりする。その後、買い物に行き、ついでに食事をしようと思ったが想像以上に時間が掛かってしまい、食事をしないで帰宅する。

車に乗って出掛けると声の送信で文句を言ってくる。ガソリンを入れている時に側にある家の方を見ると「人の家をみないで下さい」などである。そのうちに「室町時代に戻してやる。その時にお前の先祖は何処にいたか判るか」という声の送信を受ける。初めてではない。「流れ者、よそ者」、「引っ越させろ」、「何処かに行かせろ」という声の送信は良く聞かされる。

ホームセンターで買い物をしている時に側にいる人のことを見ても嫌みを送信される。それが女性であれば「すけべ、痴漢」などと言いたい放題である。そのうちに肛門が痒くなる。無視していると痒みが移動してくる。顔の痒み、臭いの送信は頻繁にされる。帰りにはお尻を痛くされた。

これから出掛ける。

私という女がいるのに

10:22
昨夜も就寝時にやられ、朝4時にもやられた。目覚めたのは10時だ。4時からは久々に熟睡したようである。気持ちは良いが世間的には良くない。誰も理解はしてくれないが無理だけはしないようにしようと思う。4時に目覚めた時のことは覚えていない、ただ、その場で日記を書く事をしないで、すぐに寝た。

昨夜は女性の被害者の方に電話連絡をした。ついつい長話になってしまった。「お貸しする物が見つかりました」というメッセージを伝えたかったのだが、パソコン、携帯が無いらしいので直接電話をした。

電話を切った後にタバコを吸いながら目を閉じていると映像を見させられた。「げげげのきたろう」が右の方に出て来て、段々近づいてくる。恐らく動きはなく、そのままの姿で近づく。私が空手チョップで首を叩くと頭が取れて下の方に落下していく。

そのようにイメージ空間の共有みたいな現象が起こることがある。その後は、きたろうが向こうの意思で勝手に回転しているだけで、こちらの意志は反映されない。それと、女の子とおかあさんが後ろを向いて立っている映像もみせられたので、少し改造してあげた。どちらとも映像はアニメというか実写ではない物だと思う。立体感のない平面的な映像だった。

その後、床に就いて寝ようとすると声の送信をされる。「私という女がいるのに」。目の前に女の人が一緒に寝ている。それと恐怖とか怒りをイメージさせるような幾何学的な映像を2枚くらい見させられた。後は覚えていない。「かわいそうに」というフレーズは常に聞かされる。

10時に目が覚める寸前に何か夢を見ていて「パイアール二乗」という言葉を自分で口にしていたのを覚えている。何かの計算式の一部で、それを全部覚えようとしたら目が覚めた。目覚めると声の送信で「パイアール二乗」と言っていた。顔を洗っていると「げげげのきたろう」の歌を送信される。

「私という女がいるのに」というタイトルを書くと、女の声で「すけべ、すけべ」と送信される。声の種類は今日は女3人ほどで明らかに区別の付く種類である。男は2人ほどか。

今、思い出させていただいた、恐らく加害者に。「運命」である。4時に目が覚めた時には「運命」というクラッシックの曲を脳内に放送され、「君の運命は」と暗示にかけるような言葉をいただいた。蛇足というか何と言うか、放送された音楽は細部まで鮮明に聞こえ、各楽器が分散して演奏しているのが良く感じとれた。この曲は過去に個人的に聞いた事があり一部を覚えているからかもしれない。


メッセージを頂きました。ありがとうございます。防御品に関しては多くの被害者の方がやっておられるようですが、私も少しはやります。恐らく最初は効果が出たように見せかけて加害を行わないだけだと思います。正直、お手上げです。これからも宜しくお願いします。

17:13
今日は被害の程度が軽いと思っていた。歌のリピート送信が無かったように思う。先ほど急に歌い出したので思い出した。まず、午後トイレに大便をしに行くと、良くある薬臭い消臭ボールの臭いをさせられた。顔の痒み、臭いの送信は一日中頻繁に行われる。声はボリュームが小さいが聞えている。

今も、顔を痒くされ、右腕にチクリ、お腹の中でボコッと空気が溜まるような感じ。肛門にヒリヒリ感。外出時に備えモブログの設定をした。

22:17
何か集中力が出ないような変な感じだ。程度の酷くない被害を受け続けているので困ってしまう。たとえば送信される音声のボリュームが小さいから我慢できるのか、それとも、想像以上に人間の精神をコントロールすることの出来る、自白作用のある電磁波とか、イライラさせる電磁波などを送信しているのか。

先ほど出かけたついでにラーメンを食べたが、そこでも臭いの送信をされる。私の目で見ている物が加害者に盗み取られているのは確実である。顔に痒みの送信をされる。窓を開けて車に乗っていると「風にたなびかせてくれな、少ないけど、眉毛を」と送信され、風が吹き込んでこない左の眉毛が痒いというか、くすぐったい感じになる。鼻の穴の中が、まるで鼻毛が伸びていて、くすぐったいような感じにされて「鼻をほじらせてね」なんて声の送信をされたり、スーパーに買い物に行くと「お尻をかかせてちょうだい」などと送信されると、お尻が痒くなる。当然、ジーパンの中に手を入れてかく。勿論、深い位置であれば間違ってもしないが。脚のふくらはぎにチクリ、首の後ろにチクリ、筋肉が部分的に痙攣する。

それらを総合すると、任意の位置に、任意の感覚を送信できるのか。

という事に考えが行ってしまう。それは、被害者の感覚、脳の動きを調べた結果できることなのか、人間の神経回路は全部同じだから出来るのか、専門的な知識が必要になってしまう。脳と脳を繋ぐ。脳と機械を繋ぐ。送信元には人間が介在しているという説もある。コンピューターであれば3次元の位置情報が必要となる。先ほども首の右後ろの筋肉をピクピクと痙攣させられて脅迫めいた声を送信された。

もう、そのときの事は忘れてしまったが、「胃薬を飲ませてやれ」と送信され、口の中に胃薬の味と匂いがして、確か食堂を通過して胃に届くような感覚にさせられた事がある。

どなたか、お腹に空気を溜める方法をご存知の方いませんか。
その方法を知ることにより加害に使われている媒体を特定できるかもしれません。
オナラ、ゲップ、咳などの被害は他の被害者によっても報告されています。

24日0:16
携帯電話の着信メロディーをリピート送信されている。風呂の中で湯船の中で目を瞑るのを知っているらしく毎回映像を見させられる。アニメの動画である。軍隊のような集団が歩いている映像で「右へ習えの人だからな」と声の送信をされた。その見させられている映像を私の意志で書き換える事も出来たりする。それは、見させられている映像と、私が書き換えた映像が、必ずしも同じ時間、空間、記憶領域とは限らない。あくまで、そんな感じだという表現である。

ただ、脳内音声の被害が激しい時は、脳の一部を占領されているような感覚になる。

脳内拉致と言ったところか。

今、臭いの送信でクサくてたまらない。耳鳴りもして来た。「ニラ玉」を食べさせてと送信される。喉がいがらっぽくなる所なんか絶妙である。むせてしまうほどの臭い。自分のしたオナラがそれほど臭いのだと言わせたいのだろう。本当に絶妙、ハイテク、バカテクの嫌がらせである。想像するに、使い道のない超ハイテク装置、使ってみたくてしようがない。そんな感じだ。頭痛もしてきた。

寝る。

電磁波ストーカー

2:36
集団ストーカーというか、電磁波ストーカーというか、変態ストーカーというか、特定個人への執拗な付きまといであるのでストーカーであるには違いない。しかし、そのやり方は説明するまでもなく、かつてない人権を無視した、行き着くところまで行ってしまった覗き願望の成れの果て、人間の頭の中に直接侵入してレイプする生体情報強姦魔である。寝させない。音楽のリピート送信は「アリス」と言う曲だ。臭いを送信したり、痒みを送信したりして寝させない。殺人罪を適用して欲しいと思う。

被害者は無抵抗なのである。

被害を強制的かつ一方的に受けさせられているだけなのである。

しかも24時間365日、精神を侵され続けている。

加害者に罪の意識は全くない。

今も「殺してやれ」と男の声で送信された。
昨夜は「拉致被害者の会に訴えさせろ」と声の送信をされた。24時間、脳を拉致し続けている。洗脳、マインドコントロール、しかも遠隔地から正体を見せずに証拠も残さずに確実に行っている。歴史上人間が受けたことのない苦痛である。その苦痛から逃れたいと思ったら、命を絶つしか方法がない。加害者はそれを承知して嫌がらせを実行している。

4:48
今日は全く眠らせてもらえない。ホラ話を聞かせながら、耳鳴り攻撃、臭いの攻撃する。顔を痒くしたと思ったら性器を痒くする、と思うとお尻を痒くし、また顔を痒くする。歌のリピート送信も「アリス」。「ずんどこ節」歌わせてもらいてえなあ、と男が送信する。人権侵害テロリスト、悪魔そのものだ。集団ストーカーのカルトだ。殺意がないとは絶対に言わせない。

お国柄訴えることは出来ない、と自信を持っての嫌がらせだ。
絶対に許してはいけない犯罪である。
何人もの命を奪っている。

聞かされるホラ話だと暴力団が出て来る。思考盗聴装置を持って法廷に出よう、とまで言っている。とにかくすべての生活を破壊して証拠が残らないように嫌がらせをする。

初めて脳内音声を聞いたのは記憶によると10年前。ローンで建てた家に引っ越してすぐだ。室内で独り言を言ったのを、そのままそっくり盗聴されて脳内音声で聞かされた。恐らく、その時から思考盗聴をしていたのだと思う。その家は酷い耳鳴り攻撃で住めないようにされてしまった。耳鳴り攻撃をされると、そこにいられなくなるので実家に逃げる。後日、行くとまた、耳鳴り攻撃をされる。そして実家で暫く生活をしていた。その後次第に脳内音声が頻繁に聞こえるようになって来た。

そしてある時を境に24時間の送信となってしまった。

今も、これを書いていると耳鳴り攻撃をされる。

スパイ行為は10年、20年前から行われていて、下手をすると生まれた時からされている可能性もある。この話はもっと詳しく書くつもりだ。

加害者は強制的に人権を奪い取り、暴力によって口封じ、服従を強制し、あげくには命の脅迫をする。スパイであり、暴力団であり、テロリストである。

その正体はなんだ。

ここまて書くと「殺してやれ」、「命あっての人生だぞ」と男の声で送信をする。

10:27
先ほど目が覚めた。何か息苦しく最悪の気分である。目覚めるとすぐに男の声で「何が拉致被害者の会だ」と文句を送信された。何が言いたいのか、すぐに想像がついた。この犯罪は人殺しでもなく、拉致でもない、そう言いたいのだと思う。要するに昨夜の「拉致被害者の会に訴えさせろ」の説明が必要なのだ。加害者達は私に向かって、拉致ではないのに拉致と言う言葉を使ったので拉致被害者の会にインチキ拉致で偽被害者で訴えさせろ、と言ったわけなのである。

そして、コーヒーを入れていると「呪い殺してやる」とか悪くちを脳内音声で浴びせられた。顔を洗っていると「世間に迷惑をかけたのは我々の方だ」と先ほどの男が声の送信をした。そして、このことを書いていたら、「もう、許してやんない」と言い出す始末。あまり声は聞かない事である。

そして、「朝から晩までしゅ、しゅ、しゅ、夢の中でしゅ、しゅ、しゅ」という曲を歌っている。「許してあげよう」、「もう終わりにしよう」と今も脳内に聞こえた。デタラメである。昨夜も最後のログインの後、顔を痒くされたり、臭いの送信をされたり、声の送信をされたりで、やっと寝た。目が覚めるとこれである。

「右を見ろ」と送信される。右には怪しげな家がある。違う、加害者は20m右にある実家のことを指す。そこで親子で暮らせ、と命令するのである。そうすれば許してやる。そういった言葉を良く聞かされる。しかし、犯罪は犯罪であり「あなたの為を思ってやっているのです」は通用しない。それも生涯忘れ去ることの出来ない深い傷を心に負わせ続けている。

15:27
インターネットで被害に関して検索をしていると、肛門、性器に異常を感じ、お腹に空気が溜まる。顔の痒みもある。送信される音声のボリュームは小さい。これを書き出すと耳鳴りがしてきて、肝臓がチクチク痛くなった。「バッカだねえ」と中年の女の声で送信される。

17:04
先ほどまで外で作業をしていた。監視カメラセットの掃除である。以前、自分の家に設置して録画していた事がある。画面を四分割する装置とカメラ4個。それとタイムスライスで録画出来るビデオデッキだ。自宅のセキュリィティーにもお金を掛けた時期があった。それと侵入センサーもあり、異常があるとプリセットされている電話番号に自動的に電話を掛けたりする装置である。

今、「それ以上書くな」と脅迫の声を送信され、右胸がピンポイントで痛くなる。

この日記を書いていると大勢の人間に覗かれ監視されているように感じ、書いている内容に干渉される。声の送信をされるので、そう感じさせられてしまう。

文書の内容、書き方に関しても一々口を出して来て「ことと次第によっては訴えさせてあげよう、地域の名を汚したのだから」と男の声で送信する。「地権者、権力者に嫌われると、その地域には住めなくなるぞ」そんな言葉を何度も送信されている。

外作業が終わってからシールド風呂敷の請求書が届いたので封を開けるとアンケートが入っていた。机に座ると急にキーンと言う音がしてきた。アンケートを書いていると字が下手だとか漢字が書けないとか、18番の嫌がらせが始まった。書けないではなく、漢字で書く必要がないから、書かなかっただけである。ちなみに私は漢字は苦手であり、パソコンを使うようになってから益々字が書けなくなったのは事実である。

今、ケチを付けられたのは「わからない」という5文字をアンケート用紙に書いただけである。それだけでも女の声で「字が書けない」、「字がわからない」と執拗に声の送信で嫌がらせをするのである。

問題は視野盗撮をしていること。

今のアンケートは3ミリ角の文字で私が書いたのは5ミリ角くらいの文字である。さて、思考盗聴だけで、そこまで自信を持って嫌がらせが出来るだろうか。視野盗撮をされているという事は私の体験で間違いないし、他の被害者も報告している。そんな小さい字まで盗み取れるのだろうか。

音楽のリピート送信もずっとされている。

それにしても嫌な世の中、時代だ。犠牲者は一方的に犠牲者であり続けなければならない。

21:38
楽器の練習を終えて今、帰宅した所だ。帰りには夜の河川敷に犬を連れて歩いている人を見て、いいなあ普通の生活、と思った瞬間に「人を見て羨ましむ」、「哀れだねえ」と声の送信をされた。車の中では先ほど練習していた「ウインドウズ」と言う曲を加害者にリピート送信をされていたので「夜は千の目を持つ」という曲を歌っていた。メロディーのアドリブのような物を歌うと「あいつはメロディーもコードも何も解っていない」と嫌みを送信される。

顔に痒みを送信され続けている。

会社では封筒に書類を入れようとすると入らないので、そのまま半分に折ると「紙の折り方を教えてやってくれ」と送信される。視野盗撮ではないのか。

珍しく今日は帽子を被らないで家を出て車に乗ろうとすると、声を送信されるのが早いか、自分で気が付くのが早いか、わからないが帽子を被っていなかった。が、そのまま出発する。

練習中も脳内音声で言いたい放題。「もっとちゃんとやってくれない」と言うのから始まり、こちらが練習している曲のメロディーを歌いたい放題、褒めたり貶したりで最後には顔に痒みを送信された。

今も臭いの送信を受けている。軽い耳鳴りがして来た。

22:53
先ほどから集団ストーカーのブログを読んでいた。以前からブックマークをしていた物だが読んでみると内容が濃いので驚いた。その間も、前、後ろから声が聞こえて来る。それよりも何よりも、帰宅したとたんに

ファンヒーターが勝手にスイッチオンして熱風が吹き出した

事を書きたかった。
「あいつ逮捕されるぞ」と声の送信を受ける。

23日1:55
電話をしていたので風呂に入るのが遅くなってしまった。鼻の頭が痒くなる、鼻の穴の中も痒くなる。「鼻をかかせてあげな」と声の送信をされる。感じとしては息を殺している人間が数人、前と後ろにいて監視しているようだ。その中でこらえ切れなくなった者が声を出してしまう、そんな感じだ。

寝る。

集団ストーカー

11:40
今朝は6:30分に目覚めた、というより電磁波かなにかで強制的に目覚めさせられたようだ。その時も脳内音声で何やら言っていたが忘れた。その後は意地で寝たが30分おきに目が覚めるような感じで最悪の気分であった。昨夜は寝ようとして電気を消すと、高いのと低いのと2種類のモールス信号のような音をさせ、声の送信で嫌みを浴びせられたので、心の中で加害者の悪口を言うと、キーン耳鳴り攻撃をされた。

暴力により思考の自由を奪っている。

起きて着替えたのが11時過ぎ。寝ている間には数人の女と思われる声で「ちょうへんじん」、「ちょうへんじん」と声を揃えてデモ行進でもしているような送信を何度もしつこく繰り返された。パソコンの前に座ると「呪われろ」、「寝すぎだ」、「親不孝者」、「子供の面倒をみろ」、「恥をかかせてやる」、「笑い者にしてやる」など集中的に声の送信を浴びせる。

印象的だったのが「・・・・を逮捕してあげるから日記を書くのをやめなさい」という声の送信である。・・・の部分は加害組織のトップと思われる人間の名前である。デタラメである。説明するまでもなく証拠を録音される心配がないので何でも言えるのである。昨夜寝る前なんか、私が心の中で言った加害者の悪口を「ここに、こんなに沢山録音してある」と脅迫のようなことを送信していた。

変態、変質、異常なやり方はカルトを連想させる。

今、ここまで書いてくると耳鳴り攻撃が始まる。顔の痒み攻撃もされている。更にテロリストと呼ぶにふさわしいやり方は、場所、時を選ばない攻撃の仕方にある。脅迫をしただけでも犯罪なのである。私は音楽、楽器が好きで30年やっている。下手の横好きという奴で途中やめていた時期もあるが、それが生きがいであり最高の楽しみでもある。楽器は嘘をつかない、音は正直であり、練習をするれば、その分だけ音に表れて帰ってくる。大変時間の掛かる地道な世界である。

5/25には、その楽器の教室の発表会というのがあり、全員の前で演奏をする。加害者はそこで恥をかかせてやると言って脅す。私は上手に演奏をしたい、みんなの前で良い所を見せたいとかは思わない。被害者である以前に普通に演奏できればよいと思っている。しかし、イライラ攻撃、演奏中の声の送信などは酷いストレスとなる。現実に毎週嫌がらせをされているし、ライブハウスでお客さんの前で演奏中に「僕は医者に診せた方がいいと思うな」なんてやられたりしているのである。

そして、今も耳鳴り攻撃、頭に違和感が生じて、普通の状態ではなく、されている。下手をすると体を不自由にすることさえも可能なのである。これでは身体障害者であり精神異常者であることになってしまう。人の幸せを強制的に武器により奪い取るテロリストである。

集団ストーカー

という言葉はそれが文化であるとまで言われている。田舎に住んでいると人が沢山いる所に行く機会が少ないので、あまり実感はないが、それでも不審なことがあった。

まず、仄めかし。盗聴、盗撮がなければ知りえないであろう私生活に関する内容の話を、「誰が」という部分無しに目の前にいる人が実際に口にする。嫌な感じがするが、最初は聞き流してしまう。しかし、聞かされた本人には嫌な印象が残る。それをあちこちで何度もやられる。その仄めかしの人物は知人であったり、全く知らない人間であったりする。

自動車を運転していると前から来る車の運転手がみんなこっちを見ているのである。すれ違う時に、いちいち対向車の運転手の顔を確認する人はそれほどいないと思う。しかし、そういった現象に何度も出くわしたことがある。同じ日に、同じ車、同じ運転手に2度、3度とすれ違ったら変だと思うのが普通である。運送会社のトラックでも同じような事があったのを覚えている。

携帯電話。これも何度も経験があり、私の場合は集団ではないが、電車に乗ること自体ほとんどないが、電車に乗ると目の前にいる人間がカメラの部分をこちらに向けてメールか何かを読んでいるのである。食堂に行きカウンターに座ると、やはり目の前にいる人間がカメラのレンズをこちらに向けて何かをしているのである。携帯を高々とかざしてメールを読む人も少ないと思う。しかもカメラのレンズを人に向けて。

後は、色々な人間の出入りする出入り口などで、数人が携帯電話を片手にニヤニヤ笑いながらこっちを見ている。こんなのも何度か経験がある。

それと音声送信を利用した仄めかしである。たとえば、知人が数人いて、何かの理由でその場から1人離れたり、背を向けた時に声を送信される。あたかもその場にいる知人が喋ったように聞かせるのである。職場などでドアを開けて中に入る瞬間に、中にいる人間の声で私の噂話を送信する。この手の声の送信は沢山ある。

ゴールデンウィークの時にもやられた。楽器の仲間とファミレスで食事をしていた時の事である。耳鳴り攻撃をされ、周囲の雑音(物音、仲間以外の人間の声)が異常にうるさく聞こえて来る。イライラ電磁波のような物を浴びせられ、精神状態が変になる。お客は休日という事もあってか、ひっきり無しに来て満員になる。みんながこっちを見ているような感じになり、耳鳴りと異常に大きな周囲の雑音により、仲間の話声も聞こえなくなり、自分も喋りたくなくなってしまい、疎外感に襲われて一人孤立したようになる。そこで周囲の人が異常に盛り上がって、何の話をしているのか不明だが、笑い声だけが聞こえて来る。手を叩いて笑っている。

このような状態になると、みじめな感じになり、早くその場から立ち去りたくなる。しかし、仲間がいるのでそういうわけにはいかない。ずっとそこにいなければならない。このような状態を作り出すには電磁波のような物は不可欠であると思う。

その後、その店を出て車で移動中に「笑い声だけを送信してあげよう」と声の送信をされ、そのように先ほど店内で聞かされた笑い声を送信された。

恐ろしい世の中である。

13:27
悪質デタラメ加害者は「もう、終わりにしよう」などと声の送信したと思ったら「ずんずんずんずんずんずんどっこ、ずんずんずんずんずんずんどっこ」と歌の送信を始めたり、顔に痒みを送信して来た。

この犯罪の行方が知りたい。どうなるのか。

被害者は人類の歴史上かつてない損害(被害)を強制的に受けさせられ続けているのである。人間として生活させてもらえないのである。更に社会的に、これらの犯罪が行われていることに対して認知されていないという事実。

被害者としては、出来るだけ我慢をして生活を乱されないようするしか方法はない。乱されないようにするには身も心も犠牲にしなければならない。罪の重い犯罪である。

17:58
「ずんどこ節」という曲があっただろうか、歌の一部は覚えている程度である。それを数時間、リピート送信されている。今日は音声のボリュームが小さいので助かっている。酷い耳鳴り攻撃、めまい、頭痛も薄れている。顔の痒み攻撃をされている。ついでに「あいつ、うんこ漏らしたぞ、パンツの検査をしろ」と声の送信をされた。漏らしたかどうかの証拠はないし本人でも確認は出来ない。ただ、そんな感じがして下痢の為にトイレに急いで行ったのは事実である。恐らく思考盗聴により盗んだのだろう。トイレで紙を使用していると「お尻を良く拭いてくださいね」と女の声で送信を受ける。

そのような人を丸裸にしてしまう嫌がらせは、毎日のことである。被害者なら皆知っている。笑い事ではないのである。慣れてはいけない。絶対にあってはいけない事なのである。ただ、どうする事も出来ない被害者は、生きて行く為に、笑ってごまかしたり、気が付かないフリをしたり、しているだけである。今も、腕や足などをチクリと刺されている。それほどの痛みではないが、明らかに攻撃である。

加害者は喜んで、遊んでいるような感じである。

19:56
仕事を終え帰宅すると急に耳鳴りがする。食事を終えるとお腹に空気の溜まる攻撃を受ける。パソコンに向かうと頭が締め付けられるような感じになり、首の後ろ、肩が異常に凝るような感じになる。脳内音声で歌を歌いまくられてしまう。日記を書くとまた始まる、チクチク攻撃、ずんどこリピート送信。

性器へのチクリ攻撃もされる。こんなこともあった。熱いのでコンビニでアイスを買い食べていると店の前を女性が通る。見ていると「スケベ、訴えてやれ、痴漢だ」と女の声で送信される。今度は男性が通るので見たいたら「あいつはホモだ」と男の声で送信される。テレビを見ていても同じような声の送信をされる。

お腹に空気が溜まる攻撃をされると必ずゲップ、オナラが出る。

23:55
また被害報告である。毎日のことであるが。夜になって週に一度、リラックスの為にサウナに行っている。車に乗って家を出ると運転中に肛門に異常を感じる。圧迫感というか何かで押されているような感じがしていた。まずショッピングセンターによりコーヒー豆を3袋まとめて買い、ついでに牛乳、ヨーグルトなどを買ってサウナへと向かうが「ヨーグルトを腐らせて」と声の送信をされるので家に寄り、買った物を冷蔵庫にしまってからサウナに行く。サウナ室に入る前に体を簡単に洗う。その時に下を向くと「見えた!」と女の声で送信される。最近はあまり気にしないが慣れないと大変である。性器の形にまで嫌みを言われるからだ。サウナから出て水風呂に入り椅子に座って休んでいるとワイセツな映像が次から次へと浮かんで来る。何かおかしいと思うが、どうしてもワイセツな映像が頭に浮かんでしまう。「すけべ、すけべ」と声の送信を繰り返して来る。映像とは実際に目に見える物ではなく、頭の中に浮かべるイメージのような物で、それを送信して被害者の頭の中に浮かべる事が出来るのである。これは下手をすると自分の物か送信された物か区別が付かなくなる恐れもある。

その後、露天風呂に入る。硫黄の臭いのする温泉の水である。とにかくサウナにいる間中ずっと脳内に直接声と映像を送信されまくっていた。最後に、もう相手にするのはやめようと思い、自分で小説でも書くつもりになって、この犯罪被害のストーリーを思い浮かべながら風呂を出た。着替えている時にスパイによる監視という言葉を自分の思考の中で使ったら肛門に数秒間、ひりひり痛いような異常が発生した。そして帰り道は満月を見ていると「うーさぎ、うさぎ、何見て跳ねる、、、」と歌を送信された。急いで家に帰り被害報告の日記を書くぞ、と心の中で思うと「被害妄想日記でも書かせろ」、「嘘被害者を訴えろ」と男の声で送信された。

基本は脅迫なのである。自宅内での性行動を盗撮したビデオがある。だから、、、、、そして、テクノロジー被害を受けているという事を表に出すと、、、、、と言ったやり方をする。そんな脅迫をしなくても、今現在はテクノロジー被害は証拠が取れないし、社会的にも認知されていない。

忘れたので追記をする。帰りの車の中では露天風呂の臭いを送信された。それは、私から盗み取った臭いなのだと思う。

寝る。

生命保険

2:30
やはり睡眠妨害の為、全く眠れずに日記を書くことになってしまった。正直、こんな被害報告は書きたくない。多少のアクセスがあるので読んでくださっている方がいるのだと思う。寝ようとして電気を消すと耳鳴り攻撃をされる。頭痛というか頭の締め付け感(後頭部)が多い。臭いの送信(糞尿の臭い)。音声の送信(歌のリピート送信)。痒み攻撃、チクチク攻撃、性器、肛門への攻撃。心拍数の変化。なぜか覚醒してしまうような感じになる。そしてパソコンのスイッチを入れると声の送信により悪口、脅迫の連続である。集団ストーカーと言うのが多いようだが、電磁波犯罪とかテクノロジー犯罪というのもあると思う。それらを含めて集団ストーカーと呼んでいるのだろう。しかし、これは実に恐ろしい犯罪で、やたら騒いだり、逆らったりすると酷い目に遭わされる。これらの電磁波か何かのせいで病気になる人が多いかも知れない。入院するほどの病気にさせられてしまうようだ。そんな被害者が増えていると生命保険、損害保険の掛け金が上がってしまうかも知れない。

思考盗聴、脳内音声、生体情報通信などを利用した犯罪は世の中の常識を完全に覆してしまっている。あらゆる関係の企業は調査する必要が出るかも知れない。私だってパスワードなどは全部知られているのだから。本当に恐ろしい。

12:54
昨夜から新しい歌のレパートリーの登場だ。「瀬戸の花嫁」はロングランであったが、今度は「ずんどこ節」とかいう歌である。私がかろうじて知っているので、加害者はそれ以上の年代の人間と思われる。「ひょっこりひょうたん島」の歌も出る。アニメなどは再放送されていれば知っているだろうが「ずんどこ節」、「ヤメテケレ、ヤメテケレ、ゲバゲハ」と来たら加害者の年代を表していると思って差し支えないだろう。それを、普段、嫌みを送信している汚い声の男たちが2、3人で歌い、リピート送信してくるのである。

以前にも書いているが、放送局並の音源ソースを持っているのである。クラッシックから演歌、童謡まで。その喋りはアナウンサーではないかと思うくらいハッキリとした発音の人もいる。なぜなら、普通に会話をしていると地方の人は私が聞いても何を喋っているのか判らない事がしばしばあるからだ。そして送信される音声は方言を使用している事は明らかだが、地方の人独特の発音を感じないし、語尾までハッキリとしている。

放送局に関しては、知り合いと話をしている中で突然、ロックバンドの名前が出ると5分もしない内に、そのバンドの曲らしき物を脳内に放送してくる。それと音楽の音程を変えないでテンポを変える装置を使う。加害者は「そんなの今時当たり前」と自慢している。更に声の種類も様々で好きなように変えられる。私なんか、両親の声、子供の声、知人の声を使われている。

各種、加害に使われる媒体は電波のような物であることは明らかで、私は遠くに出掛けた事がないが、半径150Km圏内では被害を受けている。他の被害者の方の報告によると国内外、どこにいても、飛行機の中でも、などとされている。

19:46
仕事を終え夕食を済ませた所だ。今日も脳内音声による歌のリピート送信が途切れない。午後3時頃に被害に関する資料を読んでいると耳鳴り攻撃が始まる。後頭部にも圧迫感があり、思考がにぶくなっているようだ。しかし、耳鳴り攻撃は知らない間に聞こえなくなっていたりする。そして、また被害者の方にメールを書いたりしだすと耳鳴り攻撃をされる。「悪いことは言わない、そのメールを送信するのをやめろ」すかさず送信する。「あーあ、出しちゃった」、「一生嫌がらせされるよ」こんな感じの声の送信は日常的である。それと耳鳴り攻撃、イライラ電磁波攻撃を受けると加害者の悪口わ言いたくなり、心の中で言う。すると私の名を呼んで「・・・さん、それだけはやめた方がいいよ、・・・悪口だけは言わない方がいいよ」と声の送信をされるのである。今、右手が疲れているような、筋肉が硬くなっているような感覚になり、非常にキーボードを打ちずらい。肝臓が痛いような感じだ。

酷い苦痛を受けさせ脅迫をする。

「電磁波シールド風呂敷」というのがあって1MHz~10GHzのほとんどを95%遮断するらしい。1m×1mの物を1枚購入してみた。まだ、何日も使っていないので効果のほどは良くわからないが、声を遮断することは出来なかった。臭い、痒みは薄れるようである。27dBの減衰と書いてある。2重にすれば35dB減衰するらしい。元々は心臓ペースメーカーを使用している方が携帯電話などの影響を受けないようにする為の物らしい。メッシュのやわらかい繊維に銀メッキをほどこしたような風呂敷で室内であれば頭に被ることも出来る。

問題はそれを被った時に加害行為をやめていたら効果の確認が出来ないと言うことだ。今も右手に攻撃を受けていたので頭に被っていたのを右腕に巻いたら右腕の痛みは取れたが、臭いを送信されたり、アゴを痒くされる。頭に被ると、右手が痛くなる。という具合だ。

携帯電話で試してみるとメッシュ風呂敷を被せると圏外と表示されメールは送信できない。試しに手で携帯電話を持ってメッシュを被せても圏外表示である。

音声送信、耳鳴り攻撃などは1GHz~10GHzの範囲では無いと言えるかも知れない。

0:00
今、風呂から出て寝るところである。ボリュームは小さいが声の送信、歌のリピート送信が続いている。映画をDVDで見ていると、その内容に干渉したり字幕を私と一緒に読んだりする。「面倒くさいから私が読んであげるよ」と加害者の声が聞こえるので被害者である私が読むのをやめて加害者に読んでもらおうとしたら読んでくれなかった。今、続きを書こうとしたら耳鳴り攻撃が始まったのでやめる。

寝る。さて、何時に起こされるでしょうか。

オルガスムス

10:05
今朝は6:50分くらいに合成夢を見させら目覚める。その後、もう一度寝て9時頃に起床する。夢というのがとんでもない夢で、スパイ行為により得た情報による嫌がらせの延長線をたどるものだった。登場人物は何故か友人2人、場所は工事現場で彼らはそこで働いてる。私もそこでアルバイトをすることになるが、何故か私にはろくなことが起こらない。強調されたテーマは「かっこ悪い」、「みじめ」、「仲間はずれ」、そんな感じである。そして目が覚めると、男女が待っていたとばかりに、私の思考に合わせて、それらの言葉を浴びせてくる。見た夢を思い出していると、思い出し切らないうちに「かわいそうに」と声を送信する。意地の悪い女である。マイナスになる言葉ばかりを脳内音声で強制的に聞かせる。屈辱を受けさせる為に夢を作り見させる。

今も、歌リピート送信と声による嫌みを送信されている。顔、体にも痒みを送信され、耳鳴りもしている。「出る釘は打たれる、君は必ず打たれる」と声の送信をされる。

マインドコントロールというのは気が付かないで誘導されてしまうことらしい。脳内音声などにより強制的にさせられるのは何と言うのだろうか。また、ターゲットの人格を根本から否定してしまい、毎日24時間強制的にマイナスイメージを送信し続けるのは何というのだろうか。

私は、もう、人間が変わってしまっている。

とにかく、私の言動、思考すべてを貶し、罪な人間である、というような内容の言葉を送信され続けているのである。当然、見るもの、聞くもの、貶したくなる。更に、性的な嫌がらせが、その半分を占めているので、性的にも考え方が変わってしまう。とにかく、とことん貶すのである。

「オルガスムスまで見世物」これが、24時間の音声送信開始時のテーマであった。ホームページの「脳内音声演劇団のストーリー」にも書いてあるが「発売禁止のポルノビデオ」。盗撮により私が出演してしまったらしいのだ。24時間の嫌がらせになる2年くらい前から聞いていた。その頃は耳が良くて近所の話声が聞こえてしまっていると思っていた。加害者達は芝居を打つ。ちゃんと家庭生活の雰囲気を演出しその家での夕食事の生活音まで作り出し聞かせる。小学生くらいの女の子のいる家などは、その子が食卓の上でコップか何かをひっくり返してしまった時の音まで聞かせてくる。「きゃあー」、ガチャン。「あーあ」、「ごめんなさい」などだ。沢山聞かされている。

ところで、演劇団のストーリーには書かなかったが本当は「町内一律500万円、オルガスムスまで見た方は1000万円、お支払いは、、、、」なのである。「なに、オルガスムスまで見世物にされた、、、、それじゃあ、もう、男としては、もう」などと声を送信するのである。しかも女の声で「いやだわあ、オルガスムスまで見た人は名乗って出なきゃいけないの、私も見ちゃったの」、「あの顔が目に焼きついて離れない」、「もう、あれ見たら、あの人の顔みれないよ」、「何見てんの、お願いファイナルだけでもいいから見せて」こんな言葉をずっと聞かされていた。

そして、そのビデオにナレーションを付けて町内にばら撒いた。その証拠にあちこちからナレーションが聞こえて来る。そのナレーションはワイセツ極まりない、とんでも無い言葉の連続である。それが名前付きで売られているとか、レンタルビデオ屋で借りられるとか聞かされる。

「おくさん、大変だよ学校中に言いふらされているよ、授業参観なんかいかれないよ」とか近所の悪い人が「オルガスムスまで見せてきちゃった、今度は学校の側まで行って見せてきちゃった」などと送信される。そんなことをしたら、学校なんか行かれるわけがない。私には小学生の子供が2人いる。

こんなのもある。男「6連射のムービーというのはどういう意味かしっているか」、「6本あるビデオの射精シーンだけを一本のビデオにダビングした物なんだ」、女「6連射ならとっくに町内一周していますよ」。速射ムービーと言うのがあるらしい。女「私もノッケから射精を見させられましたよ、そっくりと言うよりは瓜二つ、まるで生き写しじゃないですか。

これらは語録で実際にはストーリーがあり、それぞれ役柄が決まっている。ただし、この時点では、まだ、私は脳内音声であることに気が付いていないので、大変に混乱をしてしまった。要するに「オルガスムスを見世物にされたせいで霊能力者になってしまった。それで離れた所にいても、オルガスムスを見た人の声が聞こえてしまうようになった」。こう、騙されていたのである。

しかも芝居は巧妙で、その分野の専門家などが来て本当に声が聞こえるかどうかのテストまでしている。そして、私の留守宅に人が侵入(なぜ声が聞こえるかのテストの為)して来て、私の座っている椅子に1人座らせ、もう1人は近所の家で声を出す。「聞こえるか」、「聞こえません」こんな芝居までする。更に、そういったシーンを映像の送信を使って私に見せるのである。

近所の人が玄関から入って来る時の映像、刑事と思われる人間が家の中を物色する映像などを見させ、モーメントノーティスだと言うのである。帰宅後にその映像を見させられて、霊能力だから過去の出来事を悟る事ができるのだ。などと騙していたわけである。

現在はそのストーリーにだまされていないが、まだ、しつこくそのビデオを誰それに見せてやれ、笑い者にしてやれ、と声の送信をされるのである。ただし、思考盗聴、脳内音声などは事実であるので、実際に盗聴、盗撮をされているのと同じである事には間違いない。恐らく視野盗撮というのを使っているのだろう。音は私が聞いた音であれば録音出来るようなので、映像も目に映った映像なら録画できるだろう。

他人の心の中のつぶやきが聞こえてしまうような人がいたら要注意である。自分の事を何処かから見ていて、その言動に関する噂がなんとなく聞こえるような人も危険である。

私は自分にしか聞こえない音を20年前に体験している。それは音であり、耳鳴りである。家族には全く聞こえない。それが聞こえだすと周囲の音はあまり聞こえなくなり、鼓膜が裏返ったようになり、異常な緊張状態になり、その場にはとてもいられなくなる。

16:03
先ほどまでは少し静かだった。声も歌もボリュームが小さいし耳鳴りも少なかった。何か気が抜けたような感じで考え事をしていた。その思考にも干渉されるが送信される口数が少なくボリュームも小さい。少しほっとしたような感じで無理やり行動を起こしたいとは思わなかった。しかし、ずっと何もしないのも良くないかと思い被害関係の文書に目を通しだしたら「そんなものを読むなかれ」と声を送信され、やや耳鳴りと、頭の締め付けをされた。それでも読んでいたら思考能力がなくなり、途中で読むのをやめてしまった。顔の痒み攻撃もされる。それなので一応日記にログインすると、またしてもブラウザのエラーになり繋がらない。何度かやると接続できた。臭いの送信もされる。

それにしても、どうしていいのか、言葉はない。今日は少し休んでみようと思う。

0:20
今日は早寝をしようと思い早く風呂に入ったが、風呂から出ると急に耳鳴り攻撃を受ける。なんとなく被害ブログなどを閲覧していると時間が経ってしまう。やはり、それらを見たり、パソコンの側にいると被害を受けるようだ。頭が締め付けられるような感じだ。お腹に空気の溜まる攻撃。これは想像だが、下からは空気は入れられないと思うので、上からになると思う。だとすれば息を吸う時に肺ではなく、胃の方にも空気が行ってしまうようにされるのだろうか。

そのほか集団ストーカーというブログ、ホームページが多いのに驚く。人工衛星説が出ていた。ネット上で活動している方々にはがんばって頂きたいと思います。私はあまり得意ではないので。

寝る。

ノアの箱舟

7:20
まず、テストだ。ちゃんとネットに反映されているか。
反映されていたようなので6:55に目が覚めてから20分間の出来事を書く。昨夜は3時に就寝している。まず、なんらかの原因により目が覚める。静かである。眠いし、疲れているので、まだ寝たいと思うが眠れそうにないので時計を見る。やられた、と言った所である。私は睡眠妨害の為に睡眠導入剤というのを飲んでいる。普通一錠飲むところを半分だけ飲んで寝る。そして途中で目が覚めると残りの半分を飲んで、もう一度寝る。その睡眠時間は今までの経験から3時間ほどである。加害者が睡眠時間のコントロールをしている可能性もある。まるでSF映画のようである。

時計を見てから考えた。今から薬を飲んで寝ると約束の時間に間に合わなくなる可能性が出てしまう。その瞬間に「さあ、どうする」と挑戦的な言葉が聞こえてきた。脳内音声である。午後1時から開始される被害に関する会議。遠方の為に2時間は見ておきたい。午後3時過ぎにはスタジオで音楽の練習もある。体は疲れているし眠い、なぜか肝臓も痛い。

私の取った結論は、薬を飲まずにそのまま寝る。しかし、音楽の送信をされてしまう「音楽やりたいだろう、どっちを取る」と言った感じである。送信されたのは「on green dolphin street」だ。フェイドイン・フェイドアウトでちらつかせて来る。それは市販されているCDで最近私が車の中で良く聞いているのと同じ、まったく同じ物である。別に新しい物でも、珍しい物でもないが。更に寝れないように耳鳴り攻撃をして来る。その上、1秒きざみで「かわいそうに、かわいそうに」と女の声を送信してくる。

もう、薬を飲まなければ絶対に眠れない状態にさせられてしまった。そんな中で頭に浮かんできたのが「ノアの箱舟」である。何年も前に、「君はノアの箱舟に乗りたいと思った事はないか、乗せてあげるよ」、「あなたは選ばれた人なのです」というのを聞いた記憶がある。今思えば脳内音声であろう。そして、それを今日の日記のタイトルにする事にしよう、と考えたら急に耳鳴り攻撃のボリュームが上がった。そして、決断をした。

今日、これからの時間によって自分が自分の為に得る事の出来る物はすべて手に入れる。「なんて奴だ」と送信をして来る。体力と精神の消耗と引き換えに。

脳内音声を連続して送信することによる現象として、物事を考えさせない、物事を思い出させない、物事を記憶させない、などの現象を自覚している。加害者は何か意図があり、何かを知っていて24時間の音声送信を行っていると判断するのが妥当だとろう。1974年にはマイクロ波による脳内音声の技術が確立されていたのだから。

そして、また耳鳴りが強くなったように感じる。

ここからは、昨夜の出来事だ。「プロフェシー」という映画を買って来て見ていた。なかなか面白い映画だった。なにか1人の人間の目線から見た報告のように感じた。映画を見ていると声を送信してきたり、内容がこの被害と似ていたりすると加害者が優位に立って脳内音声を聞かせてくる。腹が立つので途中で映画を止め、それ以前に送信された言葉を日記に記そうと試みた。

なんと日記更新画面が表示されない。パスワードを打ってログイン。管理パネルは表示されている。そこから他の部分には行く事が出来る。たとえばホームページ管理画面、アクセス画面。しかし日記を書くための管理画面にはいかれない。確かブラウザのサーバーが見つかりませんと表示されるようなエラーである。何度か試したが同じ現象になる。ログアウトしてやり直してもダメ。

日記妨害工作までするのかと思った。

ようするに「長い物には巻かれろ、お前達では到底無理、俺達に立ち向かうのは、長い物には巻かれろ」と脳内音声を送信された事を記したかっただけなのである。そして最後には「長い物に巻かれるまで耳鳴りをさせてやれ」と送信された。

昨夜はそんな事もあり被害者の方に電話をして話をした。色々と参考になった。しかし、その電話を切った後の嫌みといったら、大変なものであった。数人に男女の声で寄って集って脳内音声で悪口、脅迫を送信したい放題。その後、風呂に入ってもずっと送信されていた。

今日は、非常に疲れているが、会議に出る事、そこで人に会うこと、音楽の練習をすること、そこで人に会うこと、早起きすること、すべて自分の為にさせて頂く。思考盗聴、脳内音声などのテクノロジーによる被害を受けながら。これは本当に大変なのである。逃れることの出来ない酷い苦痛なのである。今も頭に押さえつけられるような違和感、めまい、臭いの送信、お腹に空気の溜まる攻撃を受けている。

23:18
先ほど帰宅した所だ。今も耳鳴り攻撃、臭いの送信、声の送信、顔の痒み攻撃、音楽のリピート送信をされている。声は嫌みと脅迫である。音楽は車の中で聞いているCDと同じもの。

会議には時間に遅れずに到着した。時間が余っていたので駐車場で走行中に着信のあった友人に電話をする。「あまり大きな声で電話をしないでください」と音声の送信をされる。その後、目的の場所に行き会議に参加させてもらう。そこでも声の送信、音楽の送信は続いているので話を聞くのが大変である。よって、その会議の様子はすべて加害者に盗み聞き、盗み見をされている。時間が来たので途中で失礼させていただき、音楽スタジオへと向かう。音楽スタジオに到着しても被害は継続していて、これでもかと言うくらい悪口を浴びせられ続ける。とにかく酷い。耳鳴り、顔の痒み、臭いの送信、イライラ電磁波。何か頭をボケさせられているという感じで、演奏に支障をきたしてしまう。演奏中にも声の送信をするのは当たり前である。お寺でお坊さんにお経を上げてもらっている最中でも関係なく送信をするのだから。

途中から、何か不安な気持ちになってくる。頭がボケているのと(鬱に近いような、麻痺のような、喋れなくなるような)不安な気持ちとが重なって来る。その状態でスタジオの外に食事に出掛ける。食堂に入り注文をすると何を注文したか、脳内音声で言い当てられる。この前なんか、私の目の前に座っている女性の顔を私の目を通して盗撮し「肌の汚さで訴えてください」と女の声で送信されている。とにかく私の周囲にいる人は全員名前付きで加害者の送信する嫌がらせの声のネタにされてしまう。

食事の後、演奏に入るが、とにかく悪口をひっきり無しに浴びせられ、その都度、盗聴した音楽を脳内に送信される。他の人が演奏をすると「こっちの人の方が全然いい」とかイライラさせる事ばかりを送信する。そして時間が来たので帰る。高速に乗ると音楽のリピート送信が始まる。嫌なので違う曲を頭に思い浮かべると、今度はその曲を送信される。

今、この日記を書いていても攻撃は続いていて「それ以上書くな、そうすれば許してやる」と男の声で送信される。「かわいそに、、、」と女の声で送信され、クソの臭いを送信されたり、チクチクさせられたりで大変だ。

今日はスタジオでは「苦しめ、苦しめ」というのを何度も繰り返し送信された。きりがないので終わりにする。毎度同じ事を書くが、そういう同じ事を延々くり返す嫌がらせなのである。

0:05
メールが届いていないか確認した時に着ていないと「ざまあみろ、誰からもメールなんかこねえよ」と声の送信をされるのは当たり前、先ほどは「お前に来たメールは全部削除させてもらったよ」と送信された。顔の痒み攻撃をされて思い出した。音楽スタジオではそういった人権侵害テロリストの嫌がらせは理解されていないし、話題にもならない。そこで、顔の痒み攻撃をするのである。鼻の頭を痒くする。痒いのでかくと、あごを痒くする、そこをかくと、今度は頭を痒くされる。「あの人に頭かかせてちょうだい」、「あいつに鼻をかかせてやれ」と声を送信しながらである。性器への攻撃、肛門への攻撃も人目ほはばからない。

19日1:15
このやり方で何人もの命を奪い、何人も病院送りにしたのだろう。被害者のほとんどは、まともな社会生活をさせて貰えない。精神異常者にされてしまうのである。病気を作り出す悪魔である。一日中、歌いたくも無い歌を強制的に歌わされてしまうマインドコントロール波、今も風呂に入っていたら「瀬戸の花嫁」をリピート送信される。

加害者が嫌がらせ攻撃をするから日記に書くのである。ところが加害者は「そう、書いたのだから、そうしてやれ」と声の送信をして追い討ちを掛けてくる。被害者は想像以上の人数だと思う。水面下で表に出ないだけ、被害を受けていることにすら気が付かない被害者だっている。「頭ボケさせて」、「その脚が動かないようにしてやろうか」、「楽器が出来ないようにしてやろうか」。

歴史的な人権侵害事件である。

お国柄訴えられない、と自信を持って犯罪を犯している。

寝る。

拉致虐待拷問

6:30
有り得ない感覚により無理やり目を覚めさせられる。電磁波により送信された感覚である。この世の中でこれ以上苛酷な拷問は無い言えるだろう。電気的にその人間を拉致、虐待し、24時間の拷問にかける。見えない敵。見えない被害。犯人はカルトではないかという推測くらいしかない。しかし、自殺に追いやるような陰湿な嫌がらせを繰り返しているは事実である。思考盗聴、脳内音声、身体攻撃。卑怯、卑劣極まりない悪意と殺意な満ちた歴史的な人権侵害である。すべてにおいて歴史的な罪の重さである。カルトというよりはテロリストではないかと思ってしまう。いずれにしても犯人は極めて倒錯した人格破綻者であることは間違いない。それらすべてを認識した上で犯罪を実行しているのである。

「死ね」という言葉を「シメ」と発音したり、「ゆるしてあげる」を「ゆうしてあげる」と発音する変質ぶりである。絶対に有り得ない感覚。眠っている人間が自然に、そう判断した。人間としてどうしても理解できない感覚、有り得ない。それが、

目が覚めて初めて理解できたのだ。

なんだ、いつもの嫌がらせか、睡眠妨害か、声を使わずに偽感覚を送信して深く眠りに付いている人間を目覚めさせる。痒みを全身に発生させ、順番に移動させる。咳の誘発。痒い筈なのにどうしても受け入れられない痒み。そして口から出て来る言葉は冷たい冷酷な狂気の世界を感じる。この犯罪をほとんどの人が信じようとしない理由がそこにある。犯人の精神状態は誰にも理解出来ないのである。嬉しそうに「プレゼントしてあげようか」を連発する女性。

最後に「一生嫌がらせをすることをプレゼントしよう」

洗脳された洗脳工作員である。少なくとも日本を恐怖のどん底に落とすつもりなのだろう。陰に隠れて集団で計画的に武器を使って証拠が残らないように犯罪を実行し続ける。電気的に洗脳。電気的なマインドコントロール。毎日繰り返される著しく人権を無視した苛酷な攻撃。

その心の醜さはかつてないほど。

どうすればそんな人間になれるのか、想像が出来ない。心を捨ててしまったのだろう。毎日、人間を苦しめ続け、その姿を監視して楽しんで、自分達の思い通りに動かそうとする、逆らうと酷い目に遭わせる。更に性的にも常識を遥かに超えた異常者である。性的な嫌がらせを好む。

自殺、発狂するまで少しづつ苦しめる。

特定個人をターゲットにした生体情報通信、思考盗聴、脳内音声の装置。これを手にすれば、誰でもそんな人間になってしまうのだろうか。いや、その集団が命に代えてでも欲しいと思っていた物なのだろう。

15:13
その後10時すぎまで寝た。会社が休みなので部屋の掃除をしたり音楽を聞いたりしている。ボリュームは小さいが音声の送信、痒み攻撃は続いている。ピンポイントで痛みの攻撃があるようだ。どなたか、この手の被害者で、突然、異常に疲れてしまうとか、筋肉痛のような肩こりのような、痛みのような攻撃を受けたことのある方はいないだろうか。

16:17
少し調べたい物があったのでパソコンで検索していると頭が痛くなり、その後吐き気がして来た。今日は、私が何かをすると加害者が動きを見せる、そんな感じである。先ほどトイレに用足しをしに行くと、いつものように嫌みを送信され、物置きで探し物をしていると「訴えて、人のうちの物置で、、」などと送信される。自分の家の物置である。

しかし、いつになったらこの犯罪が、、、、

その為に無駄にした時間、金、人生、心、、、

18日1:43
一度目は、日記ブログの更新が出来ない状態になってしまった。二度目は、画面上は更新されているがネットに反映されない。さて、三度目は。

「オカマの被害妄想」と送信された。陰に隠れて、、、

更新できたので寝る。

拉致虐待

4:06
今日は蚊の音で睡眠妨害をされた。というより目が覚めてから偽蚊を飛ばし「血を吸わせて」と声の送信をされた。とりあえず香取のスイッチは入れたが。蚊であれば狭い部屋であるので、その部屋に入ったらすぐに来る筈である。次に、朝明るくなる頃には退散する筈である。音の遠近感が不自然であり、手抜きをしているように感じる。以前にも何度かやられた事がある。

それらの理由により偽蚊であると判断する。

更に、「バカでえ」と加害者に嫌みを送信された時、同時に私が加害者を罵る言葉として「バカでえ」と言ってしまった事により、加害者を罵る言葉でさえ、送信され操られている事が明らかになる。24時間の音声送信の為に本も読めずにいる。考える事さえ出来なくされている。このままでは完全に

洗脳されてしまう。

逃れる事が出来ない、防御する事が出来ない、何処にいても、電子牢獄。これは拉致と同じ意味を持つ。そして、拒否することの出来ない音声、身体攻撃、精神への攻撃をされ続ける。虐待。

だから拉致虐待である。

「憎たらしいね」、「焼かれろ」、「焦がしてやれ」、「殺されろ」と脳内音声を送信される。「ああ9時まで寝てえ、9時まで寝てえ」、「9時まで寝てるのに睡眠妨害だとよ」と嫌みを送信される。

睡眠妨害をされるまでは7時過ぎには起床していた。

証拠が残らないように隠れて、電磁波を使い、人権侵害を犯す、テロリストだ。

加害者は声の送信に少し前から実名を使うようになった。私の知人、友人の名前(特に被害のことを言った人)。交流のある被害者の名前。「あいつのせいで・・・が迷惑している」、「・・・・がお前のことを嫌っている」、「・・・・がお前をバカにしているぞ」などである。

もっと酷いのもある。「・・・は俺達の仲間だ」

そして、その人の声を使って嫌みを送信した事もある。「知人、友人、などにも同じ被害を受けさせてやる」という脅迫や、室内を盗撮したビデオをその人に見せてやる、と脅迫をしたりする。

9:17
少し前に起床しコーヒーを入れている。加害者はコーヒーを「癌の元」などと送信とているが、やり場の無いストレス、人類に取って始めてのストレス、24時間のストレス、恐怖、それのほうが「癌の元」である。電磁波のような物、これも「癌の元」である。

「癌で死ね」と言われた事もある。

今日も歌のリピート送信、声の送信は目覚めとともに行われている。勿論、思考盗聴も。耳鳴りも。昨夜は、寝る前に本を読んでいると「あのバカでも本を読むんだぞ」と声の送信をされ、臭いの送信をされっぱなし。臭くて大変だった。しかも一秒に一回、心臓の鼓動のような音を聞かせて、それと同時に女の声で「かわいそうに」をずっと連発していた。

追記。ログアウトした後に政治ブログを見てアクセスランキングにクリックしようとしたら、マウスポインタを飛ばされた。そして「元祖天才バカボン」の歌を送信された。この、日記の書き方にクレームを付けているのである。「だ」という決め付けが多い。「・・・なのだ」と書く。と以前から声を送信されていた。更に、笑うべき時が来た「お前の書いている事は全部デタラメだと言う人があらわれたぞ」と送信された。

当たり前である。普通に生活している人がテクノロジー犯罪なんか信じられるわけがない。

でも、事実なのである。しかも、それらが存在する理由、特許などはすでに公開されている。しかも、加害者は普通に生活している人には全く理解できない著しく常識から外れた性格破綻者なのである。だから、犯罪に関しては理解できる人に相談をすると、「そんな装置があるなら、もっと他に使うだろう、そんな下らない事に使って何の意味があるのだ」と答えが帰って来る。

それでも事実である。被害パターンがマニュアル化されているのではないかと言われるくらい被害状況は全国的に、ほとんど同じである。だから余計に犯罪被害であることに気がつくのだ。

13:10
やや被害はパワーを落としているが、歌のリピート送信、声の送信、顔に対する痒みの送信、臭いの送信などが続いている。ただ、どうしても臭いの送信はピンポイントであるように感じてならない。加害者のあつかましさを示すかのようにオナラをすると必ず臭いの送信をされる。まず、オナラをしたことを加害者が知ることが出来る、という大前提がある。そして臭いを送信されるが、少し顔を動かすと臭わなくなる。送信元に対して直進的に動くと臭いは継続するようで、一番変だったのは高速道路を時速100Kmで窓を全開で走行中にも臭いの送信をされ、ずっと臭いが離れなかった事がある。

加害者は、私に関して言うと「恥じ」という言葉に異常に執着している。私に対して恥をかかせてやれ、という攻撃をしてくるわけだが、逆にこちらが攻めると「私たちに恥をかかせた」などと声の送信をしてくる。よく判らない。変態、変質、偏屈といった感じである。

14:09
嫌がらせ午後の部が開始された。耳鳴りがして、頭がぼやけて、思考能力がなくなり、イライラしてくる。歌は「end of the world」だとか送信していた。メロディーには聞き覚えがあるが曲名が思い浮かばなかったが、声の送信で知らせてくれた。

臭いの送信と電磁波攻撃をミックスすると「毒ガス」攻撃に見せかけることも出来るだろう。飲食物に毒を混ぜたように感じさせることも可能だ。私はそれらの経験があり、以前、竹を焼いたようなツーンと来る臭いがした後に息苦しくなったので毒ガスかと思ったことがある。冷蔵庫の中の作り置きアイスコーヒーを飲んだ時に吐き気がして、毒を盛られたのかと思ったこともあった。

人間の感覚を狂わす装置である。使い方次第ではウンコの臭いを異常に臭くさせるだけではなく、口臭が酷いように見せかけるだけでなく、色々ある。

当面の目的は精神異常者に仕立て上げる事だろう。

17:13
先ほどまでは、今日は被害程度が軽いと思っていたが、また脅迫が始まった。被害者の方との情報交換のメールを書いている時である。「・・・さん、余計な事はしない方がいいよ」と私の名を声の送信で呼ぶのである。歳を取った女の声である。それらの脅迫に逆らってメールに情報を書くと「遠慮はいらない、もっと嫌がらせしてやれ」などとなるのである。そしてまた音楽のリピート送信をされる。

本当に脳の構造が変わってしまうかも知れない

実際に耳に聞える声ではない脳内音声を24時間送信されている。くどいので、やめにする。

と、思ったがログアウト後に重要な事を思い出したので記して置く。先ほど会社の取引でファクタリングとかいうWEB上の入金システムに新規登録をした。その時に出て来たのがワンタイムパスワードというやつで、画期的なものである。ネット回線の中を流れるパスワードは盗まれると言う噂がある。暗号通信でもたいして変わらないらしい。そこで一度しか使わないパスワード、その場限りのパスワードの方法がある。それとて、思考盗聴、視野盗撮を使えば簡単に盗まれてしまう。実際に私は加害者達と一緒に新規登録をしていたのである。「パスワード、良くもじったなあ」などとリアルタイムで脳内音声を聞きながら。

今、この事を書いていたら「許してあげよう」と送信して耳鳴りが強くなった。これを書いたら、また一段ボリュームが上がった。思考盗聴などを含めた生体情報通信。一体どのくらいの人間に有効なのだろうか。「スケベな変態、変質嫌がらせ」なんて言っていると、大変な手遅れになってしまうかも知れない。

人類始まって依頼の人権侵害に苦しめられ続けている被害者。被害を受けていることを他人に知らせようとしただけで、酷い虐待を受ける。しかも、その人権侵害、虐待から逃れることが出来ない。

拉致虐待、そのものである。

21:59
夕方は仕事で不手際があり、少し遅くなってしまった。歌のリピート送信をされながら買い物に行き食料を仕入れてきた。テレビを見ていると、嫌みを浴びせられたのでパソコンに切り替える。パソコンの前にいると耳鳴り攻撃が激しくなる。知人にメールを書いていると嫌みを浴びせられる。思考能力が低下して最悪の状態である。被害が酷いので日記に記そうとログインすると口の回りをメチャクチャに痒くされ、「ふざけんじゃねえよ、人の迷惑省みずに」と男の声で送信された。

これが、拉致虐待の現状である。

殺人とも言えるような残虐な嫌がらせを続けている加害者が被害者に向かって「人の迷惑を省みず」と言ってくるのだ。しかも、攻撃を加えながら。先ほどからお腹に空気が溜まって、パンパン。もう、これ以上書いても無駄である。

18日1:06
風呂から出て寝るところだ。本当は本を読んだりしようと思ったのだが結局、被害に振り回されて何も出来なかった。途中、パソコンがネットに繋がらなくなったのでブロードバンドルーターの設定をした。セキュリティも最低限は必要と思われる。パソコンをネットに直付けではなく間にルーターを入れて、パケットフィルター、アタック防止機能などを使用したほうが安全性は高くなる。調子が悪くなるとケーブルモデムの電源を一旦切って再スタートをしなければならない。

結果、テクノロジーによる攻撃は防ぐ事が出来ない。

人間に対してこれだけのテクノロジーを使った攻撃が出来るのであるからパソコンに対する攻撃は楽な方だと思う。しかもインターネットにケーブルで繋がっているのだから。

風呂で歯を磨いていると電動歯ブラシの電池が切れて動かなくなった。「ざまあみろ、いいきみだ」と声の送信をされ、シャワーで体を洗っていると、電動歯ブラシのブーンという音をずっと聞かせられた。更にシャワーの音などが異常にうるさく感じた。これはリアルタイムで聞いた音を送信されているのではないかと思った。フィードバックといかハウリングというか。

ここまで書くと耳鳴り攻撃をされる。

長い日記だ。

寝る。

悪魔の攻撃

3:25
寝ていると、耳が痒くてたまらなくなり目が覚める。歌のリピート送信は「ウインドウス」と言う曲を加害者(女の声)が伴奏なしで歌っている。痒いのは左の耳で異常に痒く、耳全体が赤くなってしまったので写真を撮った。痒くされた場所は三箇所あり、眠っているのに痒くさせられる場所を操り人形のように順番にかかされていた。右の下腹部、右のわき腹の下(背中側)これを順番に痒くさせていた。眠っているのである。悪魔でなければ出来ないやり方だ。被害者がどんな状態でいても攻撃を仕掛けるテロリストである。そして、加害者は、今、この日記をリアルタイムで盗み取り、自分達の犯罪に関しては一切関知せずに「伴奏させて」などと声の送信をして来る。

攻撃を受ける場所は湿疹のようになる。

昨夜、サウナでは人殺しをしろと声の送信により命令をされた。

これは重大な問題である。見えないテクノロジーによりターゲットを洗脳し犯罪を起こさせる。これが悪魔の手法なのだ。理解不能の殺人事件、自殺から痴漢に至るまで、この装置を使えば可能かもしれない。言葉巧みに執拗に声の送信を繰り返す。しかも生き地獄を体験させる。これが悪意に満ちた犯罪である事を知らなければ、何かを信じてしまい犯行に至ってしまう人もいるかも知れない。

事実、実際に声の送信に従って自動車を運転して目的地に行った被害者の話がある。私も実は去年の3月頃だったか「そろそろ、旅に出させてやれ」の言葉に騙されて旅に出てしまった。その時も大変な騒ぎであった。追跡しているかのような声の送信。脅迫もされた。実際に追跡していたのではと思う。

加害者は「あんなの旅行じゃなくて逃避行だ」と言っていたが、当たり前である。あれだけの声の送信をされて嫌がらせをされたのだ。その時に自動車に警察無線の盗聴器が仕掛けてあり、車の中で喋った独り言を他人に聞かれてしまい大騒ぎになっている。警察無線を盗聴していた人間達の間ですごい噂のなってしまい自殺した人がいる。だからお前は人殺しなんだ、罪を償え。と、それこそ酷い脅迫の声を毎日送信されて精神的にボロボロにされてしまった。

この時は脳内音声ではなく超能力者であると加害者の送信する声により騙されていた。「超能力と言ってはいかんぞ、霊能力と呼べ」、「彼は盗撮によりプライバシーを剥がされてしまったので霊能力になってしまった」、「なぜ、どこにいても人の声が聞こえるんだ、不思議でならん」などと送信されていた。この当時は「お前が相手にしているのは国家権力なんだぞ、お前は警察を相手にしているんだぞ」と声の送信をされた。そして、内偵捜査員とか言う連中が登場してきたのである。しかし、その後ネットを調べると犯罪被害であることに気が付く。

人権侵害テロリストなのである。

悪魔は寝ている人間に対しても攻撃をする。

被害者続出のこの事件。国家はどう対応するのだろうか。

それから最近不思議なのはアクセスカウンターがその日の零時を過ぎると翌日分が表示される筈なのに、3時現在15日分のアクセスが表示されていない。なぜだろうか。今日だけではなく、たまにそうなるのである。

12:04
その後9時に目が覚めたが、声の送信が酷く寝させないようにしているみたいなので意地で11時まで寝た。その間にもずっと嫌みを送信しているようだった。目がさめると歌のリピート送信をされている。「アリスインワンダーランド」という曲でやはりメロディーを伴奏なしで女の声で歌っている。そして、タバコに火をつけ、なんて酷い嫌がらせだ、こんなんじゃあ仕事なんか出来ない、と思っていると「体が疲れているのを俺達のせいにしないでくれ」、「キーボードの叩きすぎで左手が疲れいてるのを俺達のせいにしないでくれ」と送信される。

すべて24時間365日の嫌がらせのせいである。
すべてスパイ行為により得た情報による嫌がらせのせいだ。
すべてテクノロジーによる嫌がらせのせいだ。

13:30
全くもって無意味のように思える被害報告であるが続けさせてもらう。まず会社に行くと声の送信で脅迫を受ける。この脅迫とは、スパイ行為によって得た情報と書いているが、他人の家を、覗き、盗撮、盗聴などにして、それにより得た情報なのである。私個人で言えば性的な内容である。その事に関して「訴えてやる」、「世間に言いふらして笑い者にしてやる」と声の送信をするのである。終始一貫してそれなのである。そして思考盗聴をしているので、その都度盗み取った情報で嫌がらせをするのである。

単純に思考盗聴と言うが、思考そのもの、目で見た物、耳に聞えた物(自分の言葉も含む)を主体に盗んでは嫌がらせをするのである。嫌がらせとは、何かの間違えとか、揚げ足取り、などが主で、忘れ物をしただけでも「世界一の忘れ物王」などと声を送信する。更に、付け入る場面が無いときは、会社に行こうとしていると「会社に行かせてあげよう」、靴を履こうとすると「靴を履かせてあげよう」、玄関のドアを開けると「ドアをあけさせてあげよう」、外に出ると「よく表に出られるね、近所中の噂だよ」、階段を降りようとすると「階段を歩かせてあげるよ」、といった具合にすべての事柄に対し声を送信して来る。

さっきもトイレで大便をしていると臭いの送信をされた。便をだして2秒くらい経ってからだ。変だと思い右を向いてもキツイ臭いがする、左を向いてもキツイ臭いがする、では前方に頭を50センチくらいお辞儀をするように移動させると、全く臭いがしないのである。トイレ中に充満していると思えるような強烈な臭いであれば頭をどこに移動しても同じはずである。

それから、紙に印刷してある文字に関しては5ミリ角くらいの大きさであれば、私の目を通して盗み取れると思われる。

歌は「アリス」をリピート送信されている。

15:30
顔を痒くする攻撃、頭痛攻撃、耳鳴り攻撃、臭い攻撃、声の送信による脅迫を受け続けている。今、楽器の練習の為に電話でスタジオの予約を取った。「じゃあ、その時間に嫌がらせしてあげましょう」と女の声で送信される。体に痛みと痒みの中間くらいを送信される。歌のリピート送信も続いている。

17:27
思考盗聴、脳内音声による嫌がらせを続けている。今度は汚い男の声で「windows」と言う曲をリピート送信している。女の声と書かれたので男に変更して嫌がらせを実行しているのである。メールが到着し、それを読んでいると読めない字が出てきた。数人の男女で寄って集って、これでもかと言うくらい嫌みを浴びせて来る。以前、加害者は「暴虐」という字を「ぼうりょ」と読んでいた。それも数人の中年女性の声で、声を揃えて、何度も、知ったかぶって。他にも間違った事を自信たっぷりに送信してきた事はなんどもあるが忘れてしまった。

こんな事を書くと加害集団は悔しがり、「お返ししてあげよう」と声を送信して攻撃をして来るのである。よくも恥をかかせたな、みたいな感じに。何か変である。

もともと、スパイ行為による嫌がらせは犯罪である。

しかも、自分達が間違った読みを強制的に送信したのである。

一人の人間を攻撃する為に何人もの人間が張り付いて一日中、一生懸命、嫌がらせをする為の材料を探しているのである。そして一日中嫌がらせをするのである。

完全に人格が破綻している。異常者である。
人間やめますか、思考盗聴やめますか。みたいな感じである。

22:56
仕事が終わり帰宅してから自分のブログを開こうとしたら「アクセスが集中しています、暫くお待ちください」と表示された。そんな筈はない。集中することは有り得ない。それで一旦、ブラウザをホームに直す。ホームとは自分のパソコンの中にhtmlのファイルを作り、そこにおもなサイトのアドレスを書き込んである。それをブラウザのトップページに設定する。自分のブログアドレスもそこに書き込んである。もう一度スタートページからリンクをクリックすると普通に表示された。

8時から一時間レンタルスタジオで楽器の練習をした。練習中はおだてたりする。練習が終わり車に乗り込むと早速始まる。思考を盗み取り、脳内音声で聞かせる。腹が立って、腹が立って、もう、自動車事故でも起こしたくなるような心境である。車の中で焼き魚の臭いを送信したり、先ほど練習していたフレーズを口で言って送信したりされる。

犯罪を起こさせる為の犯罪だ。

帰宅してからは、なんとなくネットで検索をし、たまたま出くわした掲示板を読んでいた。思考盗聴、脳内音声は当たり前。臭いの送信、頭痛攻撃、お腹に空気を溜める攻撃、性器への攻撃、耳鳴り攻撃をされながら読んでいた。今も臭くてたまらない。

声の送信をする人間は喋りが上手で発音がしっかりしている。

0:35
今、風呂から出たところだ。

いやらしい、しつこい、ずうずうしい、あつかましい

人殺し、とだけ言ってやりたい。

寝る。

あまい言葉にご用心

10:10
昨夜も睡眠妨害をされ、朝6時半に目が覚める。その後、すぐに寝て9時頃に目覚めるが、「瀬戸の花嫁」のリピート送信が続いている。声の送信による嫌みは目が覚めた後、少しづつ量が増えてくる。「俺達の事をバカにしやがって、・・・の怖さを教えてやる」などと送信される。

あまい言葉。これが得意なのである。他の被害者の方の報告にもあるように「天使と悪魔」の手法というのを使う。或いは、神の声(脳内音声)を聞かせ、人間を夢遊病者のように操ってしまうのである。

あまい言葉とは、「宝くじで1等があたり、あなたにあげると言っている人がいますので、すぐに・・・さんの家に取りに来てください」などと送信するのである。・・・さんの家とは近所の人の実名が入る。その他、ターゲットの心を読んだりして、望みを叶えてあげます、みたいな言葉を聞かせ続けたりする。それで実際に行動に出てしまった被害者の方の話も聞いた事がある。

脳内音声の送信は非常に危険である。

宝くじ、、、は私の場合であるが、どう考えてもあり得る話ではないので無視したが、「結婚させてあげる」、「一生幸せに暮らせるようにしてあげる」、「あんた好みの女を紹介してあげる」、「天から降ってきた財宝、あなたの物です」。など沢山きかされている。ただし、あくまでも声の送信だけで現実との接点がないので信用は出来ない。

ただし、声の送信は執拗かつ巧みなので、加害者の組織が金と権力をもてあましていて、本当に何でも出来るような言い方をしてくる。更に、「本当にあなたの為を思っているのです」、「私たちの言う通りにすれば幸せになれます」みたいに送信されると信じてしまったりする。

更に、悪魔が登場してスパイ行為により得た情報で徹底的に嫌がらせ音声を送信し、精神崩壊状態になっている時に、甘い言葉を聞かせてくれる天使がいたら、どうなるだろうか。

騙されるに決まっている。

そして、私も騙され、天使が現れるのを待っていた。しかし、いつになっても現れずに、騙されていた事をあざ笑うようになった。

これらの話は実際に私が聞かされた脳内音声ストーリーでホームページに概略が書いてあるが、実際にはもっと細かく、具体的な言葉が出てくる。加害者は自ら「演劇団」と名乗るようになった。

遠隔地からの思考盗聴、特定個人への音声送信。これらが現実にあり、被害を受けている人が沢山いるという事を全く知らないと、精神の混乱は大変なものとなる。私も最初は知らなかったので酷く混乱した。しかも、悪魔のマインドコントロール装置は軍用の兵器などの特許があることくらいしか知られておらず、その実態はいまだに不明である。

神の声とは天空から声が聞えて来るような感じのものであったり、頭の中に直接聞えてきたりする。その他の声は、あたかも近所の人が喋っているのが聞えてしまっているように、方向性、音量とも自由自在である。天空から聞える感覚には驚かされるとともに恐怖を感じる。自動車を運転している時などに、本当に空から聞えて来るような感じなのだ。

2:30
午後からは眠くなる攻撃を受けている。これは決して昼食後だからではなく、頭をボカされているのである。その攻撃を受けるときは、後頭部に違和感がある事が多い。頭痛も任意の位置に起こさせる事が出来ると思う。先ほどまでは眉間に圧迫感のような痛みがあったが、今度は脳天が痛くなる。

臭いの送信、顔の痒み攻撃もある。歌のリピート送信は曲を変えながらずっと続けられている。たとえば携帯電話のメール受信時の音。仕事で電話をした時の保留メロディーなどをリピート送信して来る。音声送信、耳鳴り攻撃のボリュームが小さいようだ。日記を書き出すとお腹にボコッと空気が溜まるような違和感がある。胃の痛み攻撃もされている。

最近、感じているのだが、ボコッという衝撃を内臓(腸、肛門付近)に受ける攻撃とお腹に空気が溜まる攻撃は別なのではないか、そんな気がしてきた。

それにしても思考盗聴と脳内音声による嫌がらせ、うるさく、しつこい。

「かわいそうに」の連発送信が始まる。女の声だ。

病人に仕立て上げる為の攻撃である。

17:16
極悪人権侵害テロリストの嫌がらせは続く。歌のリピート送信はボリュームが小さくても目の前で話しをしている人よりも強制力があり、話を聞き逃してしまう。記憶力も著しく低下する。攻撃は一日中途切れることはない。今日は頭部に熱が発生しているような感じである。従って、記して置きたい事を忘れてしまう。

取り合えず

先ほどトイレに大便をしに言った時、「生体情報通信の恐ろしさを教えてやる」と声の送信をして私が実際に行っていた事を言い当てた。私の目には映っていない、見ないでやっていたことである。洋式のトイレにズボンを下ろして座り、上着の横から両手を中に入れ腹を触っていた。「両手で腹を押しながら出させてやれ」と男の声で送信される。リアルタイムでずばり言い当てられた。

これが本当なら安心して暮らせる世の中ではない。

私の目に映っている範囲はすべて加害者に見えることはすでに知っている。だから、その視野の端に映っている映像を見て加害者が想像で物を言ったのかもし知れないが。ただ、何処にいても体の状態を知られているのではないかと言うような声の送信を何度も聞かされている。

大衆マインドコントロールの世界に突入したら大変だ。

19:02
仕事が終わった所だがテクノロジーによる攻撃が酷い。得意先に電話をすると急に耳鳴りをさせられたりする。頭痛と耳鳴り攻撃。頭をボケさせて思考能力を無くす攻撃。なぜか、頭の後ろ側とか首の後ろが凝り、腰くだけまでは行かないが、腰にも違和感が生じる。

実際に使われている武器と関係があるかどうかは別としてマイクロ波による脳内音声の記事があるようだ。
http://wiredvision.jp/news/200805/2008051321.html

今日はなぜか顔というか首から上に熱っぽさを感じる。現実には脳内音声だけではなく、思考盗聴、生体情報、五感情報、などを何処に移動しても通信可能にしているわけなのだから。

20:10
貴重な時間を費やして被害日記を書かせてくれる加害者達。また、総攻撃を開始する。帰宅後、夕食を食べながら私の演奏した音楽を聞いていると、ひっきりなしに悪口を送信して来る。その中には実在する人物の名前が沢山出てくる。

影に隠れて武器を使って集団で嫌がらせ。

完全に人格の破綻した精神異常者である。

毎日、24時間、一秒も途切れることなく、嫌みを送信し続ける。

リアルタイムである。自動機械ではなく、人間がつきっきりで嫌がらせを続けているのである。口から出て来る言葉は、

この世の物とは思えない、人間の言葉とは思えない。

きっと心を何かと引きかえに失ってしまったのだろう。

そして、一歩も引き下がる事なく、嫌がらせを続けるのである。その理由は、悪魔の人権侵害装置を使っていることに対する罪の意識が全くないのである。いつだったか言っていた。

たいした罪にはならない。いつでも法で争ってやる。

卑怯、卑劣、卑猥

23:21
今、サウナから帰宅した所だ。何が悔しいのか、何が気に入らないのか知らないが、今日は夕方から酷い攻撃をされている。すべての行動、思考に対して嫌みを送信して来る。一秒に1回の頻度で6時間、嫌みを言い続けていると思って欲しい。サウナ室に入ると側ににいる客に対し「そこにいる男は俺達の仲間だぞ」と送信する。体を洗っていると「見えたぞちんちん」と女の声で送信して、その形にまで話題を発展させる。少しリラックスして回りの景色を見るとライオンの口からお湯が出ていたりする。裸の女の彫刻みたいな置物があり、それを眺めていると「石で出来た女を見て欲情している」と送信。出る時に下駄箱の鍵をもらうのに財布を用意したら「意味のない努力をしている」と送信。今、書いていると「意味の無い努力ではなく、無駄な努力と書き直して欲しい」と送信。ついでに顔、鼻に痒みを送信。何か考え事をしていると、その考えの中に侵入して、揚げ足を取る。帰りの車の中でもひっきりなしに嫌みを送信する。こちらも誰もいない車内なので声を出して相手の悪口を言うと最後は耳鳴り攻撃「耳鳴りを差し上げよう」となる。コンビニに行き買い物をすると買った物に対してケチを付け、レジの女も俺達の仲間なんだと送信する。

加害者は、学歴とか知識、世間体、名誉、金銭、性的な事に対して異常なまでに執着している。なるほどと思った。知ったかぶりが大好き。新しい物事が好き。横文字、カタカナ語に興味を示す。有名な人の名前をすぐに出す。すけべである。私は思った。脳内音声で聞かされている言葉はすべて自分達を表していると。

自分で自分の顔に泥を塗っているような人達である。

長い日記である。「カマチョチョ」という言葉を作った。加害者のことだ。

寝る。

いじめの仕組み

3:08
出ました。18番睡眠妨害、「かわいそうに」と若い女の声で連発。先ほどまでは、メチャクチャ不自然な夢を見させて夢の中で「かっこ悪い」を連発。夢の途中までは騙されてしまうが、「かっこ悪い」などの脳内音声を聞かされるとすぐにテクノロジーによる嫌がらせと気付く。今はすでに夢の内容は忘れてしまっているが、ある女性に会うというストーリーで、その女性が現れて私の手を引いて行くシーンを見せられた。残念ながら、その女性の顔は黒く塗られていてどんな顔だか判らない。上手くごまかしているが、いくら夢でも顔が黒く網掛けになっていれば変だと思う。アニメに近いような作りで一画面の中に4枚の画面が出てきたりしたと思う。とにかく夢の中に登場する私自身も、不自然なストーリーに納得がいかなく変だと思っていると、いきなり脳内音声の送信である。

眠くてたまらない。そのまま眠ってしまおうと思うと、そうはさせないのが悪魔だ。顔を痒くさせて、かくと「ほら、かいたよ」などとしつこく嫌がらせをして最後は「お前を寝させない事だって出来るんだぞ」と脅迫をする。出張に行くなと言う脅迫である。それは、昨日の晩に知人宅でも送信された。「俺達を信じてくれ、そうすれば、助け出してやる」。

あなたなら、どちらにしますか

殺人とも思えるような悪意のあるテクノロジーによる拉致、虐待を繰り返す悪魔、しかも何度もだまされている。「信じれば助けてやる」と送信されたら

信じますか

しかし、その虐待行為は苛酷で、いつでも発狂させる事が出来る、そのことが確実にわかっている。

あなたなら、どうしますか。

被害者が水面下でもうれないように、孤立しないように、苦しまないように、なってほしい。

8:05
目覚ましが鳴る前に目が覚めたので、鳴るまで寝ていた。その間もずっと嫌みったらしい声を送信されていた。耳鳴りがしている。コーヒーを飲んでから出掛けたいと思う。寒い。「逮捕してやれ」、「サイレンを鳴らしてやれ」などと送信された。意味不明の言葉を男女の声で送信している。顔を洗っていると顔を痒くされる。着ている物に対してもカッコ悪いなどと嫌みを送信されたり、「儲かったら必ず払う、腕っ節の良いのと会わせてやってくれ」と送信される。

18:26
出張から帰ったところだ。いまも、あたかも数人の男女が私の事をすぐ側で監視しているように感じる。そして、その行動、思考に干渉しながら声を送信してくる。

朝9時前に自動車で出発する。駅から新幹線に乗る。退屈なので本を読んでいたがクソの臭いを何度も送信される。右を向いて窓から外の景色を見ると「人の家を覗かないでくれ」と送信されるので、左を見ると「女性のことを見るな」と送信される。東京駅に着くと「地下鉄に乗り遅れさせて」と送信されるが間に合う。目的地に到着したのは1時間近く前であったのでコーヒーを飲みながら時間を潰していると臭いの送信をされる。携帯電話の時計と、目の前に座っている人の腕時計に7分のズレがある事に気づき117で確認し修正をする。

とにかくずっと音声の送信は途切れない。用事を済ませ帰りの新幹線の発車まで時間があったのでトイレに寄って大便をするが、出した瞬間に、いつものクソの臭いを送信されてしまう。水を流しながら便をして、更に洋服で鼻を覆っていたし、いつもの記憶に残る臭いなので、すぐに臭いの送信であるとわかる。そして、列車がホームに到着し乗り込む時に寄って集って嫌みを送信される。「列からはみ出て乗り遅れさせろ」などである。始発だし前の方に並んでいたので問題なく乗車し窓際に座る。発車してからは、ずっと臭いの送信をされていた。窓から景色を見ると臭う。嫌な感じである。少し、30度ほど顔を前に向けると臭わない。しかし、景色を見たいので、また右を向くと臭う。こんな感じで新幹線を降りた。その後、車を運転して帰宅したわけである。

よく判らないが、臭いの送信はピンポイントなのではないかと思う。少し顔を移動させると消える。それと、ある種の臭いを違う匂いに変えてしまうことも出来るようだ。

「かわいそうに」と女の声で連発されている。

20時30分
加害者が「いじめの仕組み」というタイトルに関心を持っていて、なにやら送信して来るので書くことにする。先ほど自宅に戻り、毎日の日課となっているブログ廻りをしていた。政治ブログの二本目を読み出すと突然、激しい耳鳴り攻撃に遭う。もう、全く言葉を失ってしまった。

「いじめの仕組み」とは、これのことなのである。まず、被害を受けていることを他人に理解、知ってもらう事が出来ない。その中で自由を奪い取って脅迫、屈辱、虐待を行っているのである。このテクノロジーによる虐待の恐ろしさを知っていると完全に立ち向かう事は不可能である。

従って

何のブログを見ていたのですか、を書くことが出来ない。

耳鳴り攻撃とは事実なのですか、を証明出来ない。

だから

脳内に直接送信された言葉をすべて日記に書くことが出来ない。

そして

毎日、途切れることなく人権侵害を受け続ける事になる。

まず、普通の生活をしている方がこの日記を読んでも神経症くらいにしか思わない。間違いなく信じられない。それは私自身が、思考盗聴をされていることを加害者に知らされるまでは、思考盗聴なんてあるわけが無い。こう思っていたからだ。

もう一つのいじめの仕組みは、加害者は、人間の弱みに付け込んで来るのである。半信半疑のような状態に付け込む。たとえば最近毎日数十回も繰り返される漢字の読みである。日常的に使わない漢字などは、意味がわからなかったり、読めなかったりすることがある。全く読めないのは別として、半信半疑の読み方などをしていると、そこに付け込んで来る。逆に加害者の間違った読みで読んでしまったりする。漢字に関しては個人的な問題である。

たとえば、服装。「なんて古臭い格好なんだ、今時、みっともないねえ」なんて声を送信されたとする。本人がその服装に絶対の自信を持っていれば笑い飛ばせば良い。学歴、知識、技術、顔の形、体型、生活スタイル、その人間の過去、未来。すべての事柄に関して、絶対の自信を持って生きている人が何人くらいいるだろうか。少しでも心が揺らぐと、そこに付け込んで来る。

何か物を買うか、欲しいがお金がもったいない、どうしよう。よくある話だ。人間には常に迷いが生じている。当たり前である。その迷いに付け込んで来る。

それと、不安。これも誰にでもある心理である。少しでも不安な精神を見つけるとそこに漬け込む。それらを論点に持ち出すときりがないのである。

目の前に石がある。手にとって見る。これは石だ。ならばそれが石である事を証明してみろ。石とはなんだ。石の定義は。あなたは何を根拠にそれを石といっているのですか。こんな感じである。そして、それを説明できなかったり、知らなかったりすると、これでもかと言うくらい貶す。これは極端な例であるが。

結局、電磁波による嫌がらせがあることを証明できるのですか、みたいな物である。

そして、最後が思考盗聴である。その人特有の考え方。人には話さないが心の中で思っている事。誰にでも沢山ある。悩み事。沢山ある。しかし、それらは個人の心の中だけの世界であったりする。現実とは関係ない事を心の中で思ったりすることはある。それを盗み取り、脳内音声で聞かせる。

わかりやすく言えば、弱いものいじめである。

23:05
嫌がらせが酷いので、先ほど酷い耳鳴り攻撃をされて読むのをやめてしまった某政治ブログを読んだ。動画も全部見た。ずっと張り付きで脳内音声による嫌がらせを受け続けながら最後まで読んだ。その浴びせられる言葉はもう、大変な物である。もう、脳内音声だから言いたい放題。「いいから、黙って読ませてあげな、どうせ字が読めないんだから」、「・・・さんに会わせてあげな、あの見てくれじゃあ、会った瞬間に嫌われるよ」、「あいつのブログを訴えてやれ」、「もっと嫌がらせしてやれ」、「あいつずるいぜ」、「もっとちゃんと読んでもらいてえなあ」、「バカだねえ、もっと嫌がらせされるよ」など、ずっと嫌み、脅迫を送信され続けていた。勿論、今も耳鳴りはしているし、声も送信されている。

そして、最後はスパイ行為により得た情報での嫌がらせ、脅迫である。

最後というより、嫌がらせの始まりが、それ、なのである。

これは、思考盗聴(視野盗撮)が無ければ有り得ない、嫌がらせだ。

前代未聞、歴史的な人権侵害だ。

23:50
長い日記、作ってくださるのは加害者です。
「バカだねえ、やれば、やるほど、嫌がらせされるのに」年配の女性の声。お風呂上りに歌わせてあげるよ、と送信していたのが、風呂に入る前に歌いだしてしまった。「瀬戸の花嫁」の歌のリピート送信。「・・・・にも歌わせてあげるよ」。・・・・とは妄想芝居に出て来る、加害者連中が作り上げた、加害者の中の加害者である。連中は・・・・という仮想的な犯人を作り上げ、自分達は中立の立場のように声を送信をして来る。証拠のない音声送信に関して詳しく書く必要はない。

生きていれば、生きているだけ、苦しまされる。

それだけである。

24:30
風呂から出たところだ。風呂場は危険である。シャワーをジャージャー出していても加害者との会話が出来るのである。良く口論になる。脳内音声と思考盗聴による口論である。とにかく、嫌み、悪口を徹底的に浴びせて来る。

まず、脳内音声、思考盗聴をしている事に対する罪の意識は全くない。

「あの人の顔かきグセをなおさせて」と声の送信。
顔を痒くさせている加害者のセリフである。矛盾している。

「瀬戸の花嫁」のメロディーの一部を少しオリジナルと変えているのだろう。「これは瀬戸の花嫁ではないぞ」と勝手な言い訳を自分達で作り、その言い訳を私にわざわざ聞かせるのである。そしてリピート送信をする。「ほえーるず」で訴えさせろ「吼えろ、狂え、吼えろ」と私に向かって声の送信をする。

私は加害者に向かって思考盗聴返しをした「負け犬下っ端工作員」。すると加害者は私にその言葉をそのままそっくり返して来た。それこそ、小さい声なのに、すぐ側にいるように聞こえる。私は「お前ら悔しかったら名乗って出ろ」と言う。すると「出られない」と答えて、私に言う「お前こそ悔しかったら自分の名前、実名でブログを書いてみろ」。これである。卑怯というか、論外。

今も、臭いの送信、痒み攻撃、耳鳴り攻撃、などを同時に行っている。

最近、胃が痛くなる攻撃をうけている。表面が痛いのか本当に胃が痛いのか不明だ。臭いの送信で、口臭と同じのを送信される時があるが、実に凝っていて、本当に自分の口臭のように臭いだけでなく、胃のあたりにも刺激があり、胃から食堂、食堂から口に、と言った感覚がリアルに再現される。しかし、臭いの送信もタイミングを間違えると最悪である。息を吐いている時に送信しされると、全く感覚が違うのである。

今も、書いている最中に、口の中を苦くされ、胃を痛くされ、チクチク針刺し攻撃を受け、歯も痛くされる。性器も痛い。耳鳴りもしている。すべて同時である。

これが人権侵害テロリストの本性である。

甘い言葉には注意。

加害者はそんな言葉も巧みに使う。洗脳のプロである。

寝る。

歴史的人権侵害

1時27分
寝ずに翌日の日記に突入する。寝る前に有名政治ブログを読んでいると「ざまあみろ」と声の送信をされ、ブログランキングのボタンを押すと脳内音声で脅迫をされる。「もっと恥をかかせてやれ」、「もっと悔しがらせてやれ」と次から次へと嫌みを送信される。思考盗聴、脳内音声による嫌がらせ。人類始まって以来の事件である。事実であることの証明を被害者が来ないのを承知してやりたい放題。日記を書いたり、メールを書いたりしていると「字を知らない、言葉をしらない」と言ってやじる。ブログを読んだり、本を読んだりすると、一つでも読めない字があると、これでもかと言うくらいバカにする。

文字に関しては理由があり、知人の家で話ていた時の話題があり、それが悔しくてたまらないらしく、その時から文字の事に関して嫌がらせをするようになった。

加害者はデタラメなので自分達が間違っていても、そのことには感知しない。

そもそもスパイ行為によって得た情報での嫌がらせである。

9時30分
目覚めると「良く寝たで訴えないでくれな」と良く聞く男の声で送信され、歌のリピート送信もされている「ウインドウズ」という曲だ。コーヒーを飲まずにそのまま会社に行こうとすると「偉い」と言われ、トイレで小用をする時に衣服で性器が自分の目から見えない状態でしていると「そんなことをしても無駄だ、全部見えている」と送信される。事実、送信される言葉をすべて確実に聞いたわけではないが(最近はボリュームが小さくなっている事、なるべく聞かないようにしている為)なんとなく当たっている。これに関しては、加害者が想像で物を言っている可能性もある。しかし、夜中に目が覚めた時に自分の目に見えないような暗さの中で手探りで行っていた事を知っていたりする。

昨夜も就寝時に悪口を言いたい放題浴びせられ、寝てから1時間後に目が覚めた。

寝起きからこのような状態なので腹が立つのでコーヒーを飲んでから会社に行く事にした。「会社クビになるぞ」などと送信される。加害者が送信して来る言葉はほとんどデタラメで同じ言葉を何度でも繰り返している。他の被害者の報告と同じだ。内容というより脳内音声を送信すること自体が犯罪なのである。

17:00
今日は仕事が忙しく、今、一段落したところだ。午前中は耳鳴り攻撃などもあったが、午後はパソコンの前にいなかったせいか、音声、臭い、痒みなどの各種攻撃はレベルが低かった。しかし、それでも歌のリピート送信をされると一緒に歌い出してしまい、「また歌ったぞ」などと声の送信をされて嫌がらせが途切れることはない。

今、パソコンの前で日記を書き出すと、クソの臭いを送信して、お腹に空気を貯め、肝臓が痛くなる。「右手を疲れさせてあげよう」と声による説明付で、実際に右手に異常が起きる。両方の肩の筋肉が硬くなるような動きが悪くなるような感じである。これぞ、人類の歴史に残る嫌がらせだ。被害者にしか聞えない声で脅迫、見えない攻撃をして虐待、口封じをする。

歴史的な人権侵害は事実である。

「会ってあげる」、「すけべ」、「出て行け」、「一生嫌がらせしてやる」、「他所さ行かせろ」数人の男女の声で言いたい放題である。口の中も苦くされる。急に体全体がだるくなり、眠くなってしまう。「子供達も一生迫害してやると言いてえところだけどな」と語尾のハッキリしない聞かせ方も得意だ。

思考盗聴、脳内音声。今、日本はこんな状態なのである。

ずうずうしいと言ったら、これ以上、ずうずうしい奴はいない。ターゲットを人間だと思っていないのである。いくらでも攻撃をしてくる。今も股の間、肛門の少し手前辺りに違和感を生じている。思考盗聴、音声の送信は当たり前の大前提の下に加害者の考えが成り立っている。

極めて性的に異常なスパイ、テロリスト、工作員と言ったイメージだ。

こんな言葉を送信されたことがある「ああ、年甲斐もなく、恋をしてしまったの、あの人のことを考えると胸がしめつけられるよう、いっそ思い切って打ち明けてしまおうかしら」。「出来ることなら連れて帰りたい」、「さらってでも連れて帰りたい」。これは2年位前に聞いたと記憶している。まだ24時間の攻撃になる前である。聞いた当時は、全く意味不明で、何か直接自分に関係があるとは思わなかった。当然、声を聞かせている加害者も意味なくからかっていたのだろう。

24:18
明日は出張が入っているので目覚まし時計を買いに行った。睡眠妨害に遭い目覚まし時計を3個、破壊してしまったからだ。最後に破壊したのが石油ファンヒーターだと思う。これだけは見ると悲しくなる。もう物は破壊しないと決めたはずなのにやってしまったからだ。しかし、最近の寒さでスイッチを入れて見たら動いたので何とか助かっている。

買い物のついでに夕食はラーメンと餃子を食べた。その時も「大食漢に戻らせてやれ」と声の送信を受けている。その後、目覚まし時計の売り場に行くとすぐに送信された「さあ、目覚まし時計を探してもらおう」。自分が思っていた場所には無いので一瞬びっくりしたが、少し離れた所にあったので探すまでには至らなかった。

ついでに近くの知人の家に電話をして強引に寄らせてもらった。今、耳鳴り攻撃が始まった。これが現実である。そして、知人宅では楽しく話しをして帰ってきた。勿論、知人宅でも攻撃は受ける。

寝る。

動画の送信

11時0分
昨夜も就寝前に脳内音声で散々嫌がらせをされた。「考える事ができないように送信し続けろ」と男の声できかされた。寝る時はクソの臭いを嗅ぎながらである。途中、4時に不自然な夢を見て目が覚める。つまらない映像であった。しかし、目が覚めると、その夢の内容について若い女の声で嫌みをしつこく送信された。もう一度寝て9時過ぎに目覚める。と、すぐに声の送信による、嫌みと脅迫が始まる。「瀬戸の花嫁」の歌のリピート送信もされ。「かわいそうに」を女の声で連発されていた。耳鳴りもしている。今は「終わりにしてやれ」、「許してやれ」と声を送信しながら「瀬戸の花嫁」をリピート送信している。

23時20分
なんて嫌な人生だ。なんて嫌な世の中だ。

いつものように都内の音楽スタジオに練習に行き、先ほど帰宅したところだ。11時15分くらいに家を出て身分証明書の写真を取る為に寄り道をした。すると「写真を取れるのはそこだけでは無いぞ、なぜ、そこに寄った」と男の声で送信され、「メダカの学校」の歌をリピート送信される。駐車場に車を止めると「雨の中を歩け」などと悪たれを送信し続ける。なぜ、この場所に立ち寄ったかと言うと、雨が降っていたので自動車の中に置いて使う傘を買うためだ。傘売り場は女性の下着売り場の隣で、そこを通過して折りたたみの傘を一本買う。すると「女の下着を見て欲情した」と嫌みを送信される。その後写真を撮ると「首が曲がっている、顎が上がっている」などと嫌みを送信される。こんな感じに思考盗聴、視野盗撮をされる。

その後会合に出席し3時頃までそこにいた。勿論、声の送信は続いている。しかし、3時近くなると急に攻撃が始まる。お腹に空気の溜まる攻撃だ。「そんな所にいないで早くスタジオに行け」のような事を送信されたと思う。とりあえず時間なので途中で失礼させてもらうことにして、スタジオへと向かった。途中、「これからは名指しで嫌がらせさせてもらおうぜ」と声の送信を受ける。

スタジオ内でも声の送信は続いていたが、目だった攻撃は臭いの送信で色々な臭いを何度も送信されたことと、顔の痒み、股間に対する攻撃である。まず、肛門を直接刺激される。それと、肛門より少し手前の部分に妙な感触があった。性器に対する攻撃もあった。

思考盗聴と一口に言うが、盗めるのは思考そのものだけではなく、目で見た物、耳で聞いた音(自分の声)、なども盗め、臭い、味も盗めるようである。

夕食の時にアメリカのロックバンドの話が出たが、そのバンドの音楽を送信して来るまでには、さすがに5分くらい掛かったと思う。なにしろ突然出た話題なので。それにしても5分でそのバンドの音楽を送信するのは早いと思う。幅広い音楽ソースを持っているのである。

それから、スタジオ内でも悪口の送信をされるので思考盗聴返しをしていると「いいかげんにしなさい」と女の声で起こられてしまう。

その他色々あったが、帰りの車の中でも大変な思いをしながら帰ってきた。疲れたので、もう、思い出すのも嫌だ。しかし、視野盗撮というのは色まではっきりと見えるようである。しかも、本人の目の焦点の合っている部分だけではなく全体的に見えているのだと思う。

24時10分
この嫌がらせの加害者の特徴は日記などに書くと余計その攻撃をされる所である。肛門の刺激は以前からあったが、今度は痛みを送信するのである。以前は痒みだった。勿論、性器にも何処にでもそれらを送信する事は可能である。「痴漢、すけべー」などと私に向かって声を送信するが、どこか変だと思う。今、口の中を苦くされた。肛門の少し手前に違和感が生じる攻撃も以前からであるが、「あの人に膣をつけさせて」と女の声で送信されたのを覚えている。「乳首をつけさせて」と送信され実際に乳首がくすぐったくなった事もしばしばある。自分達で生きている人間をおもちゃのように扱い攻撃をしているのに、その事を書くと嫌がらせの上乗せをするのである。

24時50分
ずっと「めだかの学校」の歌をリピート送信されながら風呂に入っていた。今もリピートされている。それにしても極悪犯罪である。声を聞かす犯罪者の中には、甘い言葉を聞かせて騙しに来るタイプと最初から悪意と殺意に満ちているタイプがいる。これもすでに他の被害者の方によって報告されている。

それとなぜか、最近湿疹が増えている。

寝る。

夢を潰してやる

10時10分
加害者の送りつけて来た夢を見て目が覚めた。男の性器の拡大映像である。指でしわ伸ばしをしているような映像である。カラーであり、色に関して細かい配慮がなされていた。ただ、私自身の性器に見せようとしていたらしいのだが、どうしても自分のには見えない理由があった。向きが違うのである。自分で見たら反対になる。まあ、そんなことはどうでもいい。とにかく夢に見せかけてワイセツな映像を見させられた、カラーの動画である、これだけだ。そして、このことを書き出したら耳鳴りのボリュームがアップされた、という事である。

目覚めたのが9時30分。就寝時には酷い攻撃を受けたが、その後は目覚めることなく、眠っていたようである。しかし、目が覚めると頭痛と耳鳴りがしている。そして声の送信が始まる。耳鳴りにも種類があるようで、なぜかほとんどが右耳である。今日の耳鳴りはシャーリングと呼ばれている物より少し周波数が高いように感じる。シャーリングとは地下鉄の車輪とレールが擦れるような金属音である(適切な表現が出来ない)。そして、水道の蛇口をひねると水が出る時にシャーっと高い音が出ることがあると思うが、その音が増幅されると言うのか、凄くうるさく聞こえる。しかも耳鳴りがしている右の耳だけである。

一年ほど前に「あいつの夢をつぶしてやる」と何度も聞かされたことがある。夢というのは解釈の仕方があり、寝ている時に見る夢、頭の中で思考する夢、生活の中で実現する夢、などがあると思う。

今、ここまで書くと、ぐっ、ぐっ、ぐっ、と一秒間に4回程度のめまいを感じて、くらくらして、思考能力が落ちて来る。そして吐き気などもして来る。攻撃のパワーとしては弱い方である。「バーカー、気のせいだよ」と男の声で送信して来るが、ぐっと来た瞬間に女の声で「頭ボケさせて、めまいをさせて」のような言葉を送信されている。10秒以内の出来事である。

話を戻す。寝ている時に不自然な夢を見させられたり、尋問されたりするのはすでに知られている。実際の生活の中で実現させる夢を破壊してしまう事も知られている。頭の中で思考する夢に関してが問題で、これが思考盗聴により破壊されていまうのである。

普段、思考の自由を妨げる物は何もない。遥か昔から人間はそうやって生きてきた。それどころか事実上、その領域だけが人間に許されている最大、最後の自由なのである。社会生活において本音と建前という言葉があるように、人は皆、心の中に自分だけの誰にも侵されない領域を持っている。これは生まれた時から持っている。それを奪い取ってしまうのが思考盗聴である。

精神の自由。人間は本当に(私は思考盗聴をしていないので自分の事しか知らないが)沢山の事を頭の中で考えている。ここでは頭と心と言う表現の区別はしないで、あえて頭という表現をさせてもらう。その考えの基本になるのは記憶である。記憶がなければ何を見ても聞いても反応しない。

そして、人は夢を見る。宝くじ、一等が当たったらどうする。色々と考えると思う。夢は広がる。現実とは別に、そんな事を考えていても楽しいものである。恥ずかしくて人には言えないような事も考えたりするだろう。それを盗み取るのが思考盗聴である。そして悪魔は、その盗み取った思考を脳内音声でわざわざ、「あいつはこんな奴だ、こんな事を考えていたぞ」と送信するのである。

それをやられると、酷い精神的ショックを受けさせられる。そして、考えるのをやめてしまう。これがすなわち夢を潰した、というのである。

それともう一つ。考えることが出来なくなる方法がある。電磁波か何かを浴びせたり、苦痛を与え続けると思考できなくなってしまうのである。イライラして苦痛の中で加害者に対する恨みだけが廻ってしまう。

それともう一つ。脳内音声を聞かせ続けると自由な思考は出来なくなる。拒否することの出来ない特定個人にしか聞こえない音声。これも夢を潰しているのである。

それらは人間をロボット化してしまい、ある一定の超現実的な事しか考えることの出来ない人間にしてしまうか、聞こえる音声に振り回されてうわ言を口走る病気の人にしてしまう。

いずれにしても、マインドコントロール、洗脳の世界である。

「それ以上書くな」と脅迫を受け、攻撃を受けながらここまで書いた。これからトイレに行って洗濯物を干したいと思う。

被害者が孤立しないようになりたいと願っている。

11時45分
聞こえて来る音声はノイズレスである。たとえばAMラジオとFMラジオの音、どちらに近いかと聞かれればFMである。

給料も入ったことだし、子供を連れて食事に行こうと思う。

14時10分
子供を連れて銀行に寄ってから食事に行った。銀行では何円引き出して、何円何処に入金し、手元に何円あるかまで知られてしまう。暗証番号も知られているので「なな、はち、きゅう、じゅう」と言いながら別の番号を押すと「なな、はち、きゅう、じゅう、と押させて」と女の声で送信される。

いま、これを書いたていると耳鳴りが強くなり、吐き気がした。

その後、食事をするがリアルタイムで干渉され、味の送信も受けた。ずっと頭が締め付けられるような感じがして、頭がボケていた。「嫌な感じだ、なんて嫌な奴らだ」と脳内に考えが廻る。もしかすると、それも加害者に送信されているのかも知れない。以前それを経験している。加害者の悪口を心の中で思っていると、同じ言葉が繰り返し廻ってしまう。ふと、我に帰ると、私が心の中で繰り返していた加害者の悪口を送信されていた。

車の中ではカーステレオで聞いている音楽をリピート送信されたりする。頭痛がする、頭が締め付けられるような感じがする。これはさて、どんな現象なのだろうか。電磁波などによる被害でそうなるのか、感覚として頭部の表面に押さえつけられているような物を送信し、更に、不快感を送信するのだろうか。「そうやって書くと、書いた分だけ嫌がらせをしてやる」と声の送信で脅迫を受ける。

食道では店内の雑音と耳鳴りの音が上手く共鳴して実に不快感があったが、帰りの車の中では信号待ちの時にとなりのディーゼル車のエンジンの音と耳鳴りの音がマッチしなかったので変だと思った。

とにかく加害者はターゲットの動きを信じられないくらい細かく観察し、その動きに合わせて被害を受けさせている。たとえば冷蔵庫の前を通過する時には必ず顔が痒くなるとか、そんな感じである。

20時12分
楽器の練習をしてから、外食をしジーパンとベルトを買って帰って来た所だ。なんとも信じられなく拉致、虐待の世界である(その言葉を使うな、と声の送信を受け、耳鳴りのボリュームが上がる)。「はなしてよし」、「許してやれ」などと聞こえるが、「放してよし」なのか「話てよし」なのか意味不明である。いずれにしても被害は継続している。

楽器の練習中には、やはり歌を歌われたり、なにやらひっきり無しに声を聞かせている。曲を想定しながら練習をすると、どうもその曲のメロディーを一緒に歌ってくるようである。それと、テンポが少しでも早くなったりすると「テンポを忘れさせんでくれな」と言ったりする。練習には色々な方法がある。それをここで説明する必要はない。盗聴をされていなければ、声の送信を受けていなければ問題はない。以前にも自宅で声被害を受け楽器の音を出すのをやめてしまったという経緯がある。

その後、自分の好きな事をやったので気分が良く、すぐに帰りたくなかったので外食をすることにした。野菜を食べたいと思ったのでサラダを食べた。その店内での被害である。どんな姿勢で座っているか、脚を組んで片手を付いて寄りかかっていたら、その状態をそのまま言い当てられた。昼に子供の姿勢が悪いと注意したことも知っている。

食事の時もそれほど被害は酷くなかったし、給料が入ったのでジーパンを買いに言った。加害者にベルトが短いと貶されていたのでベルトも買った。長年愛用したお気に入りのベルトだが、事実ぎりぎりの長さだし、過去の思い出も捨てるという感じであったのでそうした。試着室で鏡を見ると女の声で「ださい」と送信される。その声に振り回される事はない。自分でも似合っているとは思えなかったので。気に入ったのが見つかるまで試着した。次にベルトを選んでいると次第に痺れを切らせて来た加害者が鼻を痒くしたり始める。それでも最後まで粘りなんとかそれなりのベルトを見つけた。

今、書いていると耳鳴りのボリュームをアップして「いいかげんにしなさい」と女の人に怒られた。この理解不能の状態はなんとかならない物か。

23時25分
先ほど日記を書いた後はネット閲覧をしていた。それほど酷い攻撃を受けなかった為、沢山の被害者のブログを読ませていただいた。いろんな被害があり、いろんな考え方があるようだ。困ったものである。ブログ閲覧の間ずっと「瀬戸の花嫁」をリピート送信された。最後は「かわいそうに」を連発された。連発というのは本当に連発なのである。そして、日記を書き出したら、急に耳鳴り攻撃をされ、嫌な感じがして来た。これから風呂に入る。夜何が起こるか判らない、そんな毎日である。

24時25分
あれから風呂に入っている間もずっと「瀬戸の花嫁」をリピート送信されている。それをBGMにして言いたい放題悪口を送信して来る。「法で裁いてあげるよ」と男の声で送信される。スパイ行為により得た情報を「みんなに言いふらして、笑い者にしてやる」これも決まり文句である。

いつも夜寝る頃になると聞こえる低い音は、61鍵のシンセサイザーで左から2番目のシ(B)の音でウイーンウイーンと揺れている。その3オクターブ上の音でモールス信号みたいのが聞こえる。いつもの音というよりは今聞こえていたので実際に調べてみた。耳鳴りはそれよりも更にオクターブ上の音に聞こえる。

寝る。

仮想敵

8時15分
昨夜は中途半端な時間に目が覚めずに7時まで寝た。しかし、その時間が自然なのかわからない。これは個人的には不本意である。テクノロジー犯罪の特徴は、自然現象だと思っていた事が実は加害行為であると思わせる事、或いは、完全なる加害行為を自然現象に見せかける事である。証拠が取れないばかりか、そういったやり方をするのである。だから本当の被害と、被害だと思い込んでいる事の境界が明確にならないのである。だから、被害妄想扱いをされてしまうのである。

痒みを発生させる攻撃なんかまさにそれである。

目が覚めると、頭の中に色々な事が浮かんで来る。過去の事、未来の事、遭った人や連絡を取った人達の事、自然に浮かんで来る。本当はそれらを頭の中で整理して、物事を解決しているのである。ところが、その領域に侵入してくる工作員達がいる。他人の思考を盗み取り、干渉して来るのである。だから、考えるのをやめてしまったり、違う事を考えたりするようになる。

考えが盗まれている。

普通はこれだけで神経症になってしまうだろう。加害者は盗んだ思考に対して干渉して脳内音声を送信して来るのである。歌のリピート送信にしたってそうである。脳内に直接、四六時中、歌を送信されていたら、考える事すら出来なくなってしまう。

あらゆる生活環境の破壊、自然破壊とも言うべきだ。

それだけでは気が済まないので身体攻撃を加えて来る。

昨夜は酷い攻撃をされ、被害者の方との連絡をメチャクチャにされてしまった。「時間の無駄」と言う言葉を送信された。当たり前である。嫌がらせ専門の工作員が交代で行っているのである。そいつらを相手にしていたら、一日中、うわ言を喋りながら、誰が見ても精神異常者にされてしまう。

しかし、送信されてくる加害行為は拒否する事が出来ない。

今、9時丁度、すでに頭がぼやけて、めまいのする攻撃をされている。

仮想敵である。集団の結束力を強めるために仮想敵を作る、というやり方があるらしい。それは誰にでも適応することが出来る。ごく普通の人間であれば誰にでもあてはまる。私にも。

一旦ログアウトするが、書こうと思っていた事を思い出したので、またログインした。耳鳴り攻撃、痒み攻撃、音声の送信、お腹に空気の溜まる攻撃、めまい攻撃をされながらである。

検電器がなってしまう現象を確かめていると、パソコンデスクの周辺が変である。パソコンなどの電源コードをすべて抜いてやってみるが、やはりその机の上でなってしまう。空中で40センチで鳴る。キーボードが怪しいと思い調べてみると、キーボードも確かに検電器が鳴る。それどころか、電源コードを抜いてしまったパソコンの本体が鳴ってしまう。試しにキーボードのコードを本体から抜いてしまうと、キーボードでは検電器は鳴らない。不思議である。

スチールの机とパソコン。

ある被害者の方が言っていた「パソコンから電磁波が出ているような気がする」、確かに何かあるようだ。しかし、加害行為自体は手ぶらでどこにいても受けることが知られている。

13時25分
音声の送信、臭いの送信、耳鳴り攻撃、顔の痒み攻撃が続いている。今、書いていたら頬に針刺し攻撃をされた。こんな事を書くのが無意味に思える。しかし、被害は継続し酷い迷惑を受け続けているので記す。仕事で話をしていても「やめろといわれても」と歌のような声を送信される。そこで「やめろとは言っていない」と心の中で思うと、「それじゃあ、やってやるよ、まずは臭いだ」と送信され、臭いの送信を受ける。

この状態とは、目の前にいる人と話をしながら、見えない敵とテレパシー通信をさせられているのである。だから脳内音声を送信された時は、目の前にいる人の話に神経が行かなくなり、脳内音声の方に神経が行ってしまうのである。だから下手をすると目の前にいる人の話をもう一度聞き直さなければならなくなったりする。

今、「早く除夜の鐘を鳴らせ」と声の送信をされた。

15時10分
何か事件が無ければ書く気にはなれない。先ほど、電磁シールド風呂敷の見積もりを依頼していると耳鳴りをさせながら「そんな物を頼むな」と声の送信をされた。その後「思考がパスワードに」という遠隔脳波センサーの記事を読んでいると非侵襲という言葉が出てくるが、嫌がらせの場合は悪意による侵入、襲撃となる。その間、性器に違和感を生じていた。

加害者は性的にも異常者なのである。

聞える声、やっている内容からすると、それらのあり得ないと思われている装置を持っているのが嬉しくて、使って人の生活を覗き、人を支配するのが楽しくてやめられないと言った感じだ。たとえば、被害者の数が急に増えたりしなければ、明るみに出ることは無いかもしれない。

18時30分
今日は、酷い虐待、耐えられないような攻撃がないと思っていたが、先ほどからパトカーか何かのサイレンの音がしていたが、被害に関係ない人に聞くのを忘れてしまったので音声の送信かどうかの区別がつかなくなってしまった。6時で会社が終わり、思考盗聴に使われている電波などに関して調べようとしすると、始まる。耳鳴り攻撃。声による嫌がらせ。

加害者曰く「教えてあげよう、・・・・は物理学の天才」。・・・・ここには声の送信で聞かされた加害者仲間の名前がはいる。「電波と通信」という本を読んでいた。被害が少なく落ち着いていたので、意味の無い計算をやってみようと思った。周波数などの波長とか言うが実際に長さにするとどのくらいになるのか実感がないので。すると声の送信により得意の知ったかぶりが始まる。しかも、耳鳴り攻撃が始まったので、もう、やめることにする。

鼻を痒くさせられるのは、ほぼ一日中だ。自然現象に見せかけた嫌がらせである。

電磁波シールドの風呂敷。見積もりを依頼したら、サンプルを貸してくれるそうだ。2枚借りて試してみようと思う。さて、効果があるだろうか。1MHz~10GHzまで25~35dBと書いてある。それにしても、気長な世界である。被害は毎日24時間、発狂寸前まで追い込まれている。来週にでも電磁波シールドの会社に連絡を取ってみようと思う。

いや、そもそも、何で電波の本を見たのかと言うと、人工衛星からの電波の周波数を調べたかったからだ。とりあえずテレビのBS,CSあたりでも12GHzだそうだ。周波数帳によるとEHFミリ波で30GHz~1000GHzまであるらしい。

そんな本を見たり、鼻をかかされたり、性器に違和感を与えられたりだ。

21時0分
また、始まった。恐怖の電磁波攻撃、耳鳴り攻撃。パソコンのスイッチを入れると始まる。めまいがして、吐き気がして、頭が痛くなる。最悪である。夕食の後、横になって寝ていた。すると急にボリュームを上げて女の声で送信する。「眠らせなければいいんだ」嫌な感じである。目が覚めても、鼻を痒くされたり、頬を痒くされたり、性器に違和感を生じさせられたりだ。

バカバカしい限りである。工作員、テロリスト、カルト、そんなイメージだ。

23時37分
今、パソコンの前で耳鳴り攻撃、痒み攻撃、頭痛攻撃、チクチク攻撃、臭い攻撃を受けている。久しく目蓋の痙攣攻撃を少し受けた。風呂に入ろうと思ったら、またもや「瀬戸の花嫁」を歌いまくられた。「風呂の中でオナラしたぞ」とか送信をされた。明日の日記のタイトルも、ある程度の内容も決まってしまった。

目蓋の痙攣に関して思い出した事がある。寝ようとしている時に眉毛が吊り上って怒っているような顔にさせられた記憶がある。筋肉の痙攣などの被害を訴える被害者もいる。顔の筋肉を引きつらせ、顔つきまで変えてしまう事も出来るかもしれない。イライラ電磁波と組み合わせれば、対人関係を破壊する効果は絶大である。

寝る。

フラッシュ

9時53分
「フラッシュ焚いてあげてちょうだい」。これが加害者の好きな言葉だ。スパイ行為により得た情報での脅迫、嫌がらせ。スパイ行為とは思考盗聴のことで、覗き、盗聴、盗撮、ストーカー行為をターゲットの体を通して行うものである。ある被害者が脳内音声で言われたらしい「お前は人間携帯電話だ」。まさしく、そんな感じなのである。それとともに実際に現場で覗き、盗聴、盗撮、ストーカー行為を行う人的被害もある。そして、スパイ行為により得た情報をターゲットの脳内に直接声として聞かせるのが「フラッシュを焚く」と言うのだ。絶対に他人が知っている筈のない情報、これを嫌がらせ、脅迫目的にターゲットに脳内音声で聞かせる。するとターゲットは驚いてフラッシュを焚かれたようになるらしい。このやり方は電波などの媒体を捉えない限り、証拠を残す事、犯人特定は出来ない。人工衛星が交通渋滞を起こすような時代であるのに完全犯罪なのである。或いは無理やり完全犯罪にしているだけかも知れない。

思考盗聴とは、思った事、考えた事などを一瞬のひらめきでも逃さずに盗み取る事が出来るようである。私の被害経験ではそんな感じである。更に、思考盗聴では、ターゲットが見た物、聞いた事、喋った言葉、実際に感じた、匂い、味、感覚などを遠隔地より盗み取る事が出来る。

更に、その逆が出来るのである。逆とは、映像、音声、匂い、味、感覚などをターゲットに強制的に送信する事である。こうなると、いわゆる五感情報通信と言うことになってしまう。「五感情報通信」このキーワードで検索すれば多くの機関が盛んに研究発表をしている事がわかる。政府機関のそれに関する文書も発表されているし、特許を調べてもわかる。勿論、日本だけではない。

しかし、この装置がすでに開発され、実用化(悪用)されているのである。

更に、「生体情報通信」というのがあり、それも使用されている可能性がかなり高い。私は被害を受けているだけなので、そういった技術、用語には詳しくないが、真っ暗闇の中で布団の中でねていても、指一本の動きまで観察することが出来るのである。

これは昨夜の出来事だが、寝ようとして床に入ると、お尻が痒くなった。従って手でかいた。すると脳内音声で「あっはっはっ、あいつかいたぞ、親指でほじったぞ」と送信された。当たっている、実際に親指も使っている。しかし、ほじってはいない。似たような事は以前からされているので別に驚かないが、どっちを向いて寝ているか、なんてのは当たり前で、下手をすると室内を移動しながら、自分の後ろで、手の指で形を作るとそれを知られてしまう。知られている事がなぜわかるかと言うと、脳内音声によって聞かされるからである。

このような装置を悪用し、個人のプライバシーを盗み取り、人間としての生活を強制的に破壊する行為を全国規模で行っているようである。プライバシーは全く無い。精神のプライバシーも全く無い。それどころか、言動、思考の内容に関して、その都度、嫌がらせをしたり、脅迫をしたりして、マインドコントロール、洗脳へと持っていくのである。逆らえば、発狂、死への道を辿ることになるかも知れない。逆らわなくても同じである。

特に、攻撃用の電磁波のような物があるようで、精神状態を異常にされてしまったりする。これは感情のコントロールとでも言うべきで、イライラさせたり、無気力にさせたり出来る。

単純に脳内音声というが、あたかも自分の回りにいる人が喋っているように聞こえる音声と、脳内に直接聞こえるような音声とがある。それに関しても詳しい事は知らないが、自分の内部から出た思考と間違えてしまうほどである。

精神、肉体を乗っ取られてしまうのである。

自分の意志に反して勝手に体が動いてしまうと報告する被害者もいる。

さて、この悪魔の兵器、個人の精神への攻撃以外に、どんな事に使えるか考えて欲しい。キャッシュカードの暗証番号、コンピューターのログインパスワード、印鑑、通帳などを置いてある場所などすべて知っている。本人が忘れてしまっていても加害者が覚えているのである。忘れた時に教えてはくれないが。

これらが、不特定多数の人物に対して行われたらどうなるか、そんな装置があり、実際に使っているという事が、事実として広く報道されたら世の中はどうなるだろうか。

だから私は人権侵害テロリストだと言うのである。



今日は朝6時半に不自然な夢を見て目が覚める。「恋の季節よー」と歌を送信された。夢の内容はセックスをしているかのような夢であり(覚えていない、恐らく夢というよりは、出来の悪い映像を送信されたのだと思う)。

丁度今、頭がボケて思考能力が落ちる電波か何かを送信されている。耳鳴りがして来た。

そして、トイレに行くと、その送りつけたセックスの相手の話を脳内音声でして来る。被害には全く関係ない知り合いの女性である。その女性の数年前の個人情報まで知っていて(私より詳しいかと思う)その女性に関して、私を何かのマインドコントロールにかけようとしているのだ。

要するに、私がその女性の事が好きでセックスをしたがっているから、そんな夢を見たんだよ、と言いたいのだと思う。出来れば、私を騙そうと思っての行為なのだろう。

その後、もう一度寝た。9時頃に目が覚めたが、「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信されていて、女の声で「もっとフラッシュたいてあげて」、男の声で「僕も徹底的に交戦させてもらうよ」と声を送信され、その後も、悪口、嫌み、脅迫を立て続けに送信して来るので、仕事も出来ないで、こんな文書を書いているのである。

思考能力が落ちるとか、嫌がらせの為に思考範囲に制限が掛けられる。こういうのは何と言う罪に当たるのであろうか。加害者の悪口などを考えただけで武器により、攻撃、虐待をされるのである。

しかも、毎日24時間体制で監視して、あらゆる面で人間としての自由を奪いながら攻撃、虐待を続けるのである。下手をすると考える事すら出来なくされてしまうのである。

だから拉致、虐待と言っているのだ。

更に、加害者には罪の意識は全くなく、平然と脳内音声を送信したり、身体攻撃をして来る。そのような常人には理解不能の嫌がらせを受けると頭に浮かぶのはカルト的思想である。

13時25分
「瀬戸の花嫁」のリピート送信は続いている。「お前殺されたくなかったら、、、するな」と声の送信を受けたり「お国柄、絶対に訴えられない、一生嫌がらせしてやる」と送信されるのはいつものことであるが、他の被害者のブログを読んでいたら耳鳴り攻撃をされたので報告することにした。

それまでは理解力もあり普通に読めたのに、耳鳴りが始まると、わけが判らなくなり、記憶力も低下し、最後は一日の感覚が無くなってきて、夜になると、朝起きた事まで忘れてしまうのである。そのような攻撃を毎日されていると時間の感覚、曜日の感覚などもなくなってしまう。顔、体に痒み攻撃をされている。

18時0分
今日は数曲の歌のリピート送信を繰り返している。声の送信はひっきりなしに早口でまくし立てて来る。仕事が忙しいので慌ててやっていたが、最後に一通り片付いて落ち着きを取り戻すと「あの人を慌てさせて」などと送信して来た。本当にひっきり無しである。数人でリアルタイムに反応して嫌み、悪口、脅迫をこれでもかという位浴びせられた。そして、これを書いているとお腹に空気を貯める攻撃をされた。ほぼ一日中、顔の痒み攻撃をされていた。更に思考盗聴によるスパイ行為をして会社の内部事情を盗み取り嫌みを浴びせられた。

さて、検電器が電線の無いところでも鳴ってしまう、という事実に関してメーカーに問い合わせた所、静電気で反応してしまうので校正の必要があるので現品を送って欲しいとの事だった。詳しい事はわからないので校正をして貰うことにする。

それから雑誌の広告に電磁シールド袋・テント・風呂敷という商品があり、メッシュのようにシースルーになっていて、1MHz~10GHzまでのシールドが出来るそうで、一重布で25dB、二重で35dBと書いてあった。用途は無線干渉の防止、外来電波の簡易的な遮断、違法電波発射の抑止らしい。サイズも各種あるようだ。

いま、「それ以上書くな」と声を送信され、耳鳴り攻撃を受けた。

22時25分
仕事の後は楽器屋に練習をしに行った。車の運転中に声の送信でボロクソに貶されたので楽器屋の店員に脳内音声の事を話そうと思ったら「喋ったら笑いものにするぞ」と脅迫を受けたので言えなくなってしまった。練習中もデタラメ言いたい放題で大変だった。帰宅してメールチェックをしていると、やはり声の送信が酷くうるさい。更に電磁波か何かを浴びせられているのか、頭痛がして、やや吐き気がして、心臓が苦しい。顔に痒み攻撃もされている。キチガイ集団。

しかし、恐ろしい事件である。

これだけ酷い被害を受けているにも関わらず、犯罪者が野放し、それどころか精神病扱いである。

それから歌のリピート送信をされている事を書き忘れたのを指摘されたので再ログインして書くことにした。「ドレミの歌」である。なぜか子供の声で伴奏は聞こえない。

全く人間扱いをされていない。殺意がないとは言わせない。

22時50分
ログアウト後、音声の送信はボリュームが小さくなったが、耳鳴り攻撃と電磁波攻撃のパワーが上がっている。頭痛が酷く、息苦しく、お腹に空気が溜まる。イライラさせる攻撃と思われる。

これが日本の現実の姿である。外交どころではなく、国内がこれなのである。

23時25分
先ほどからずっと攻撃をし続けているテロリスト。歌のリピート送信は「ひっぱれー、引っ張れーおーやじの、、、」これを強制的に脳内直接聞かせる。嫌でも聞こえる。声の送信では「かわいそうに」である。発狂させる為に執拗に攻撃をして置いて「かわいそうに」である。「許してやる」このセリフは名言として歴史に残したいと思う。クソの臭いを送信し続けられる。

悪魔の人権侵害装置を使って病気に見せかけてターゲットを葬る。「かわいそうに」、「許してやろうか」。拉致、虐待を続けながら犯罪者は、こう言ったセリフを送信している。

これはテロである。人殺しである。

24時58分
考えなくても判る。悪魔の人権侵害装置を持っているから出来るだけ。先ほど風呂に入る時にパンツを忘れた。知っていたが自分の家なので風呂の前にパンツを持ってこなければいけなくはない。しかし、風呂から出て体を拭いていると「パンツを忘れさせて」と女の声で送信される。

こう言った感じの嫌がらせを24時間、毎日続けるのである。どんな事でもいい。何でも良いのである。「昨日から負け犬いじめ」と盛んに言っている。脳内音声、虐待。

スパイ行為で得た情報で嫌がらせ、テロリストである。人殺しである。よほど悔しいのだろう。よほど人に恨みをもっているのであろう。よほど抑圧されて生活しているのであろう。

このおびただしい量の日記はすべて加害者が書かせているのである。嫌がらせの上乗せをして執拗に攻めてくる。

カルト、工作員を想像するやり方である。頭痛、耳鳴りが酷い。

世の中で一番罪の重い犯罪だ。

寝る。

オカルト

2時5分
就寝後30分もしないで、このありさまである。まず、耳鳴り攻撃。今回初めての胃が熱くなる攻撃。頭の半分が別になったような感覚。仕方ないので上を向くと、とたんに眉毛を触られているような痒み、もみ上げの部分の痒みなど。最近体が熱くて目が覚める事がよくある。そして、息を吸うタイミングに合わせて自分達のことを表す言葉を繰り返し送信する。こちらが息を吸う時に、それとは別の言葉を思いながら息を吸うと、今度は息を吐くタイミングに合わせて別の自分達を表す言葉を繰り返し送信する。最後に私は息を吸う時も吐く時も別の言葉を思いながら眠りに就こうとしたが、喉に針刺し攻撃をされたので、耐え切れず、日記にて被害報告をすることになった。被害の状況を日記に報告すると「やったあ、実験成功」と言う。今日は全部女の声だ。

自分で自分達の顔に泥を塗っている人達。

知人にこの被害の説明をしたら「なんだかオカルトみたいだな」と言った。細かい説明をする前にその言葉がでたので「なぜだ」と聞くと思考盗聴、脳内音声と聞いただけでそんな感じがすると言った。

昨夜、被害者の方の苦情を聞いていたら「殺人未遂」と言っていたが、私は「殺人」だと思う。

10時40分
8時に目が覚めると「ウインドウズ」という曲がリピート送信されている。ボリュームはかなり小さいので「聞える」というよりは「感じる」というレベルだ。しかし、無意識にしていると一緒に心の中で歌ってしまう。大変危険だと思う。

何が危険か、この程度で操られてしまうのだから、犯罪被害であることに気がつかないで歌っている人がいるかも知れない、もしくは、そのようにマインドコントロールが出来ると言うことの証明となるからだ。もし、声の送信などをして、嫌がらせであることを被害者に知らせなければ、、、、、。

今、クソの臭いをプレゼントしていただいた。ついでにお腹に空気の溜まるような感覚が弱くあると言う事と、チクリ針刺し攻撃を受けた事、報告させていただく。

連休明けなので定刻に出社したいと思い起きると「彼は偉い」と声の送信をされたので、「お前らは偉くない」と思考盗聴返しをした。その後コーヒーを入れていると豆の銘柄を言い当てられたが、いつものことなので驚くこともなく、タパコに火をつけ一服した。顔に痒み攻撃などをされている。社内にいても同じであることは説明するまでもない。

「可愛そうに」という言葉が好きな人である。

12時45分
仕事の用でネット閲覧をしていても攻撃を受ける。昼休みにブログなどを読んでいると大変である。臭いの送信は勿論、電磁波のような物を照射され、めまい、吐き気、頭痛などを起こす。「パソコンの前から離れさせろ」と声の送信を受ける。不毛だか、そり落としだか知らないが、もう、あきれて。

19時0分
午後から秋葉原まで仕事で使う物を探しに行って来た。20年も前の部品なので探せなかった。ついでに低圧用検電器というのを買って来た。被覆の上から検電という物だ。電池を入れて早速試してみると、コンセント、差し込んであるコードなどに、プラスチックで出来た検電器の先を当てるとブザーが鳴る。しかし、以前オシロスコープで測定した時に50Hzで推定75V?を検出したスチール製の棚に検電器を接触させると鳴るではないか。その棚に置いてあるパソコンなどは、1センチまで近寄ると鳴ってしまう。ちなみにパソコンはサーバーとして使っている物で電源は繋がっているが起動していない状態である。ブラウン管のモニターも5センチ近づけると鳴ってしまう。

問題はスチールの棚である。なぜ鳴るのか。

鳴るのは棚だけでは無かった。1m西に離れたところにあるスチールの机も鳴ってしまった。その机の2m北にあるスチールの棚は鳴らない。後で詳しく調べてみる。

自動車で秋葉原まで行って来たわけであるが、今日はいつもとは違う道で行って見た。高速を降りて見ると予想に反して左折しか出来ない。当然、脳内音声による嫌みを浴びせられ、最後は「絶対に行かれない、道に迷う、もし行かれたら1千万払う」などと送信する始末である。しかし、ちゃんと予定通りに行くことが出来た。目的の部品は無かったが、以前から社内で必要としていた物を買い帰る。

駐車場から車を出し走り始めると歌のリピート送信が始まる。「朝から晩までシユッシュッシュッ、夢の中でも、、、」と言う歌だ。嫌なのでカーステレオを聞くことにした。視野盗撮もされているようで走行中の社内から見た物に対してケチを付けられた。高速道路に乗ると妙に耳がうるさい。気がつくと耳鳴りをされている。最悪の気分である。後頭部も痛いし、お腹に空気を貯められるし、頭痛はするし。やっとの思いで帰宅した。

20時45分
先ほどの検電器を自宅で試した所、パソコンデスクの上では空中で鳴ってしまい、ディスプレイなどのコンセントのスイッチをオフにして試してみたが、やはり空中で鳴る。その机は以前から気になっていて、トリフィールドメーターを電界のところにすると8~15の辺りを針示す。壁、柱などでも同じような数値を示すのである。壁、天井、柱などもトリフィールドメーターで調べると針の動く場所とそうでない場所があることがわかっている。

同じように検電器で壁、柱をチェックすると鳴ってしまうのである。柱は木製である。そして、パソコンデスクであるが、脚はスチール製で天板は塗装した合板である。そのデスクの脚になっている丸いパイプの周辺では方位磁石が狂ってしまう。トリフィールドメーターは電気の流れているコンセントのすぐ側なら電界レンジで20くらいまで針は上がる。

それらの現象に関しては専門でないのでよく判らない。

それにしても、各種攻撃、もう、あきれ果てた。

21時35分
疲れたので横になっていると声の送信による脅迫をされる。この日記の事が気に入らないと言い、酷い耳鳴り攻撃をするのである。耳鳴りは20時45分の段階で「そんな事を書くな」と脅迫ついでにされている。今も、耳鳴り被害が酷いので日記に記そうとすると「もっとやってやる」という声の送信とともに耳鳴り攻撃のボリュームが上がる。高い金属音のような耳鳴り、右の耳に攻撃をされる。見えないテクノロジーによる攻撃。

攻撃の上乗せで黙らせようとする。

これは暴力である。拉致、虐待だ。

23時45分
先ほどまで耳鳴りが酷いのでICレコーダーで録音したり、音声ファイルのテストをして遊んでいた。すると加害者は興味があるらしく、画面上に書いてある文字を読み知ったかぶって喋りまくっている。その間も耳鳴りを強くしたり、弱くしたり、やりたい放題である。

結局、行き着く所はスパイ行為により得た情報での嫌がらせである。それも何十年も前の情報などを持ち出して来て脳内音声で聞かせるのである。更に、その情報源の個人名も実名で出してくるというやり方である。どんな事でもいいから、何でもいいから、ターゲットに対して屈辱を与える事が出来れば、それを実行するのである。まるで破壊工作員と言ったところだ。

しかも、加害者は一方的に脳内音声を送りつけてきたり、武器による攻撃までするのである。自分達のホラ話がバレても、絶対を付けて聞かせた声による賭けに完敗しても、全く関係がないのである。自分達の都合で恥じも外聞も論点も根拠も奇跡も、最初から何も無いのである。

どんなやり方でもかまわないからターゲットを叩きまくれば、それで良いのである。

キーワードは詐欺師、ペテン師、人殺し、或いは、スパイ、工作員、テロリスト、こんなイメージである。

24時0分
ここまで書くとそれが気に入らないらしく、更に耳鳴り攻撃のボリュームを上げる。これは紛れもない事実であり、いつか必ず表に出る事件である。

それから、視野盗撮と言うのは、40センチ位の距離で5ミリ角くらいの文字が読めてしまうようである。なぜなら、開いているページの中には確かに書いてある言葉だが、少なくとも私は読んでいない部分の文字を脳内音声により読んで聞かせたからだ。加害者は私よりも先を読んでいたのかも知れない。

24時50分
風呂から出たところだ。「これだけの嫌がらせが出来るのは、悪魔の思考盗聴、脳内音声装置があるからだ、と書かせてやるよ」と声の送信をされた。寝る前にそれを書こうと思ったら、そう送信された。思考盗聴の被害者であれば、いつもの事である。

加害者の異常な完全に狂っている精神状態を推測すると、何かの理由で脅迫されている、くらいしか思い当たらない。

マインドコントロールとか洗脳されているのだろうか。

寝る。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる