見えない被害

2時30分
これを人殺しと言わなければ何と言えば良いのだろう。全く倫理感、道徳心の無い、ただ薄汚れた卑怯なやり方で嫌がらせを繰り返す。お国柄訴える事は出来ないと自信たっぷりに犯罪を実行する集団。しかも武器を使って計画的に。日本全国に多数の被害者のいるこの犯罪。悪意と殺意をむき出しにした犯罪。スパイ行為によって得た情報により嫌がらせをするテロリストである。マインドコントロール、洗脳という最大級の犯罪を堂々と行っている。ただ、口から出る言葉だけは幼稚、無知、常識外そして、猥褻である。そういう犯罪者集団なのである。

就寝したのが1時頃である。そして今、見えない被害により、無理やり目を覚めさせられた。どうやって目を覚めさせたのかは判らないが、目覚めると音楽が聞こえている。そのダサさと言ったらもう、それこそ、その集団のすべてを物語っているくらい酷いものである。彼らは知ったかぶりをするのが大好きで、「上には上がいると言うことを思い知らせてやれ」と言う。しかし、そのやり方は陳腐で自分達では全く相手にならないのである。すると、武器を使って見えない被害を与えてきたり、人の名前を出すのである。有名人の名前を出したり、その道のプロフェッショナルの名前を出したりして偉そうな事を言う。

口からでまかせは日常的である。ほら吹きであると言うことはすでに知られている。スパイ行為をするという事も周知の事実である。負けず嫌いであり、卑屈であり、偏屈であり、ルール、約束などは何もない。ただ、歴史的な人権侵害の装置を使って被害者に見えない被害を受けさせているだけなのである。何をすれば一番人間が嫌がるか、屈辱を与えるにはどうすれば良いか、世の中で一番卑怯なやり方を研究し実行しているのである。

その手口は沢山あり、第三者が聞くと、勘違いではないのか、よくある間違いだ、気にしすぎ、精神病、そんな風に思えるような事ばかりである。被害者である私が、他の被害者の方の話を聞いても、下手をするとそんな印象を持ってしまう。しかし、信じられないような被害も自分が次々に受けていくと理解できるのである。正直私も思考盗聴なんてあるわけないと思っていた。去年の12月までは。

目に見える被害を受けている方もいらっしゃる。それだって普通の人から見たら信じられないと思う。人と人とのトラブル。通常は片方が被害者で片方が加害者であるが、両方被害者でトラブルを遠隔地から作らされた。こんな方々もいらっしゃるようだ。


日常よくある出来事、勘違い、精神病に見せかけた嫌がらせ。

そんなことをする人がいるわけない。

一体何の為にそんな事をするのだ。

そんな事をして誰が得をするのか。

有り得ない。

ならば、どうやって実行しているのだ。

このように思える事を専門に行う犯罪者がいるのである。

下劣、下等、下品、低脳、幼稚、無知、変質、変態、猥褻、陰湿。

しかし、その中には恐ろしい憎悪の念がこめられている。

殺人である。

思考盗聴、脳内音声、電磁波攻撃

これらにより被害者は生活を破壊され、人生を破壊され、生涯取り戻すことの出来ない損害を強制的に受けさせられている。職を失った方も、財産を失った方もいるだろう。しかし、お金で計算できる損害と、そうでない損害がある。心と脳に受けた生涯消える事のない損害は計算できない。

これをこのまま野放しにしていたら国家の責任である。

この犯罪に関して理解できる弁護士、裁判官がいないのでは、なんて話までもあるくらいだ。

見えない犯罪者。見えない被害。テロである。

8時15分
また、人権侵害テロリストに睡眠妨害をされた。「瀬戸は、日暮れて、ゆうなーみこなーみ」と、歌のリピート送信。そして、最悪の気分で目が覚める。「どうだ、参ったか」といつもの男の声だ。「栃木県には住ませてやる。だからそこから出て行け」と声の送信をする。

今、これを書いたら、急に耳鳴り攻撃を始めた。

これは、すべて事実である。

ここ、一ヶ月強の間に、「誰でもいいから殺した」、「殺せと声がしたから殺した」みたいのが6、7件あったそうだ。それらがテクノロジーによる嫌がらせに関係があるように思えてならない。意味不明の殺人事件。自殺事件。テロなのである。

そして、加害者の男が声を送信する。「いいから、書かせておけ、その代わり耳鳴りだけは、させ続けて置け」、「俺達は・・・団体だといったが、本当は違うんだ」。

女の声で「出ていけ」と送信。

瀬戸の花嫁もしつこく送信している。

嫌がらせ、脅迫、追い出し工作を繰り返す人権侵害テロリストである。私は一度追い出しを食らっている。

16時50分
今日は会社のバーベーキューがありオートバイで出掛けた。ガソリンを入れスタートしたら道路が混雑していた。すかさず「ざまあみろ、時間に遅れさせろ」と声を送信される。時間には5分遅れで到着。天気にも恵まれて楽しめた。しかし、被害は続いていて、その出掛けた場所でも視野盗撮というのか目で見た物に対して干渉し、声の送信をして来る。そこでの会話などにも一々干渉される。バックミュージックは携帯電話の着信メロディーか延々4時間くらいリピート送信されていた。顔も痒くされたりした。目蓋の痙攣もされた。たとえば、ある人から携帯電話にメールが来て、それを読んでいると痒くなったり、目蓋が痙攣したりする、という現象もある。被害には関係の無い人で女性である。特に個人的に関係のない人である。

帰りにショッピングセンターに寄りトイレを借りたが、その時も声の送信をされた。「紙で拭いてくれ、拭き残さないでくれ」。帰宅してから横になり少し昼ねをしようとすると「寝させるな、耳鳴りをさせてやれ」と声を送信され、耳鳴り攻撃をされた。今、日記を書いていても、歌のリピート送信、声の送信、耳鳴り、カイカイ攻撃をされている。音声のボリュームは小さくなっている。声は男女。

いや、しかし、もう、とんでも、頭が上がらない。

17時30分
ログアウト後に年配の女性の声で「うんと肥やしつけてやってくださいね」と声の送信をされ、クソの臭いを送信される。今、日記を書いていると鼻を痒くされる。同じような被害に遭ってる方のブログを読んでいると「・・・にも一字一句すべて読ませよう、どちらがバカか判るだろう」と送信する。「字が読めない」これが得意のセリフだ。・・・とは加害者の中にいる犯人役の人間のことである。

字が読めるか、読めないか、これはスパイ行為をしているから判るのである。しかも、間違っていなくても、間違っていると指摘される事もある。「そう、読ませてやってくれな」などと送信されると辞書を引きたくなってしまう。あまりに執拗な為、毎日100回では効かないくらい、それをやられているので、電子辞書を破壊してしまった。

異常なまでに自分達は知識のある人間であると主張したがるのである。それも、私がやろうとする、すべての事に関して。漢字、言葉に関しては、ほんの一例であり、オートバイ、パソコン、携帯電話の使い方、音楽、仕事の技術に関する事、すべてにおいて、知ったかぶりというか、それなのである。

字が読めない、字が書けない、音痴、リズム感が悪い、歌が歌えない、酒が飲めない、古臭い、着ている服だダサイ、顔が変、負けず嫌い、パソコンの使い方も知らない、歩き方が変、かっこ悪い、みっともない、音楽の才能がない、ゴルフには向いていない、女にもてない、嫌われ者、方向音痴、全部を貶すのである。どんな時にでも、あらゆる角度からでも、どんなこじ付けでもかまわないから被害者を貶す。この才能だけは右に出る者はいない。しかも、脳内ストーキング行為により得た情報で、脳内音声で。

そのように、貶されると、何もしたくなくなってしまうのである。

どうしても「瀬戸の花嫁」の歌を先ほどからリピート送信をしている事をここに書いて欲しいらしいので、無視していたが、付け加える。

これは、洗脳工作なのである。毎日、朝から晩まで一秒も休まずに、

あなたの事は全部知っています
あなたは監視されています

逃げ隠れすることは出来ません
逆らう事も出来ません

あなたはバカで、何の知識もありません
あなたは何の才能もありません
あなたは恥ずかしい人間なのです
あなたは世間の笑い者なのです
あなたは世間の嫌われ者なのです
あなたはみじめな人なのです
あなたはあわれな人なのです

あなたのやる事は全部間違っています

これを続けられると人間はどうなるだろうか。
しかも、思考盗聴によって得たプライバシー情報を声の送信により言い当てたりして、心の奥に深いキズを作り、絶対に忘れる事の出来ないように、えぐり込んでいく、時間を掛けて継続的に、同じ言葉を何度でも聞かせ、同じやり方を何度でも繰り返し。

23時25分
夜になり脳内音声がうるさいのでサウナに行ってリラックスして来た。家を出る前には「サウナで加害者に会わせてやる」、「警察署内で殺してやる」などと声の送信を受けた。サウナの中でも音声は勿論、目蓋の痙攣、顔の痒み攻撃を受ける。途中から「ふなばしヘルスセンター、歌ってもいい?、歌わせて」と女の声が聞こえリピート送信が始まり帰宅しても続いていた。声では「本当のマインドレイプの恐ろしさを教えてやる」などの脅迫をされる。

サウナ室の中にはテレビがあり音声が出ている。ずっと加害者の送信する音声を脳内で聞かされていると、目の前のテレビの音声が耳に入らなくなる。神経が目の前のテレビの音声ではなく、脳内に送信される音声の方に行ってしまうのである。どちらも大きいと感じる音量ではない。途切れる事のない音声を送信する意味はそのあたりにもあるのかも知れない。癖がついてしまうのだろう。最初はかなり大きい音量で送信されていた。「無線機でいたずらをする奴がいる」と聞かされたりした。次第にボリュームが下がっている。けれど、舌が一緒に動いてしまうような感じになってしまう。思考を挿入されてしまうのである。また耳鳴りが始まった。

マウスポインターを勝手に動かされてしまう事が多い、それも絶妙なタイミングでボタンを押そうとした瞬間などである。声の送信、臭いに送信、どれも絶妙なタイミングで仕掛けてくる。私はコンピューターに詳しいわけではないが、マウスポインタと言うのは、マウスのあるべき位置がX,Yの座標としてメモリーに格納されていて、それを割り込み処理で画面に表示していると思われる。物理的にマウスを動かすと、その分だけメモリーの座標を書き換える。それも割り込み処理で行われる。他の処理もあるが、マウスに関しては座標の移動と画面の書き換えだと思う。

もし、マウスを動かしてしまうなら、メモリーのマウスの座標が格納されている場所のデーターを書き換えるか、パソコンに浸入しリモートコントロールか二重ログインによりこちらと、全く同じ事が出来るのかもしれない。しかし、こちらもマウスを動かしているのに一瞬で、予め決めていたと思われる場所(意味のある角のボタンの上)に移動すると言うのは、別の割り込みを使って座標を書き換えている可能性の方が強いと思われる。

最初はローラーのない赤外線のマウスを使っていたので赤外線でいたずらをされているのかと思ったが、ポインタの飛ぶ位置が意図的な位置に思えるので浸入されているとしか思えない。ハッキングとか言うのだろうか、犯罪ではないのだろうか。

寝る。

マインドレイプ

2時15分
ほとんど殺人ではないかと思われるマインドレイプ。悪魔の思考盗聴装置を使った嫌がらせ。毎日の睡眠妨害。電磁波犯罪というべきか、テクノロジー犯罪と言うべきか。ほとんどテロリストである。顔が痒くて眠れない。体中に痒みを送信している。勿論、音声も送信されている。バカの1つ覚えはアゴを痒くさせて、かくと「うーん、マンダム」。これを知っている年代と言うと45歳以上だろうか。

最後通告をするぞ、殺されるぞ

自分達で組織名を名乗り、その組織の事を考えると、殺すと言って脅す。

こんなことが許されるのだろうか、日本の未来が心配である。

8時50分
加害者がいたら殺してやりたいくらい気分の悪い目覚め方である。目が覚めた瞬間に7時半かなと思い時計を見ると「あいつ、また、間違えたぞ」と声の送信をされる。キレそうになるが我慢をする。眠くて、眠くて、起きるのが嫌だ。大分疲れている。もう一度寝ようと思ったが、目蓋の痙攣、耳鳴りが酷く、寝られない。昨夜、眠りについたのが3時半過ぎ、目が覚めたのが8時15分。睡眠時間が短いとは思えないかも知れないが、眠っている時しか逃れられないし、毎日の睡眠妨害、24時間のマインドレイプにより疲労している。何よりも気分が悪い。シャーリングと呼んでいる耳鳴りが酷い。そして、目覚めとともに音楽の送信である。何か宗教を思わせるような感じである。人間の言動すべてに注文を付け、命令をする。思考内容に関してまで「そんな事を考えるな」と加害者の意にそぐわないと、罰を受ける。生活のコントロールをされる。

予定より早く目が覚めたので友人宅にでも寄ろうと思う。

21時40分
今日は被害者の会に出席して来た。友人宅には寄らずに食事をしながらゆっくりと向かった。首都高速で東京に入ると急に気分が悪くなった。そういう電波か何かを送信されたのだと思う。カーステレオを聞いていると、「その曲のキーは何だ」と声の送信をされる。聞いている曲のキーも、コードも知らないのかとバカにしているのである。走行中に「早く着きすぎるぞ駐車場代がもったいないぞ」などと送信される。高速を降りて駐車場へと向かう途中に鼻歌を歌うと音痴よばわれされる。思考盗聴である。駐車場に入ると一階が開いていないので一周回った「一生同じ所を回ってろ」と嫌みを送信される。空いている場所を見つけて駐車する。そして、忘れないように携帯にメモを書いていると「耳鳴りをさせてやる」と送信され、耳鳴りがする。地下の駐車場から表に出ると「さあ、どっちだか判るかな、田舎者」と送信される。

こんな感じに一日中、すべての事柄に干渉して屈辱的な声を送信する。

会合が始まると、なぜか頭がボケて眠くなった。それでも思考盗聴、脳内音声の嫌がらせは続き、歌のリピート送信、顔に対する痒み攻撃などが継続する。歌のリピート送信は酷くて途中大変だったがなんとかクリアする。「・・・さんは今日は来ないよ」と送信されたが実際には来た。

会合が終了して二次会に入る。居酒屋で飲み食いをするが、そこでも被害は続く。離れた席に若い男女数名が来た。何か写真を撮ったりしている。途中、その中の男1人がこちらを見ている。気にはしていないが、ずっとこっち見ているようだったので自然にその男の方を見ると男は目を伏せる、すると「かわいそうに、関係ない人の事まで睨んでいる」と声の送信を受ける。会食中には、臭いの送信をやられ、他人のタバコの臭いも変な臭いになっていたり、時たま焼き魚の臭いを送信された。その間も、なにやらと送信していたが、ボリュームが小さいせいか、まわりの人の声が大きいせいか、その場の会話に集中すると聞こえなくなっていた。

どういう神経をしているのか、ある種の感情の欠落した人、もしくは異常な感情のみしか持ち合わせていない人なのだろう。

スパイなのである。脳を拉致してを虐待する。

当然帰りも被害状況は継続。途中、左右の耳に、耳鳴り攻撃を2秒くらいされた。それは、私が頭の中で考えた事が気に入らなかったのだろう。喉が渇いたのでパーキングにより自動販売機で飲み物を買う。何か貶している。「音楽のスタジオで恥じをかかせてやろう」と犯行予告を受ける。「いや、その前に・・・で恥をかかせろ」と送信される。「かわいそうに」、「あわれだね」などといつもの事である。

それから、今も同じ被害を受けたので報告する。太ももの内側が冷たく、濡れているような感じがする。あまりにもリアルなので触ってみると全くドライだ。会合の時だったか、トイレで用足しをした後に、やはり同じ感覚になった事を思い出した。

23時40分
風呂に入り寝る所だ。また、「ありゃん、こりゃりゃん、頭のねーじが、、、」という歌をリピート送信している。いつも思うのだが、送信される言葉などは、すべて加害者の事を表しているようでならない。一年前には「スパイ、密偵」などと私の事を呼んでいたが、それは加害者にズバリ当てはまってしまう。「同じ事を何度でも繰り返す」これも私に向かって送信した言葉である。

幼稚で無知、変質で変態、異常で執拗。

マインドレイパー、テクノロジージャンキー

テロリストなのである。

寝る。

芽吹き病

9時25分
昨夜の睡眠妨害も中々の物であった。ゴンゴンゴンゴンゴンゴンと低い振動のような物音が1秒間に2~3回くらいの回数で聞こえて来る。頭は50Hzくらいで痺れるような感じ。耳鳴りも左右の耳にピーっと鳴っていた。歌のリピート送信をバックにいつもの猿芝居を演じている。聞こえて来る中傷は肝心な部分が聞こえない。薄気味の悪い笑い声、仲間を叱るような声、私の名前を何度も口にする。そして、最後には「私達は去って行きます、後は暴力団が残るだけですよ」と女の声で送信する。

彼は「芽吹き病だから」と加害者に声の送信をされた事がある。

こちらに言わせてもらうと加害者の方が「芽吹き病」である。毎年、春先になると嫌がらせの音声が増える。そして、ホームページにもある「脳内音声演劇団のストーリー」を最近また、復活させてきている。「あれは本当だったんだぜ」、「・・・・さんに会わせてあげよう」。しかし、その会わせてあげよう、は100回聞いても実現した事がない。

今日は朝4時30分に眠くてたまらない中、目が覚めた。あまりに眠いのでどうやって起こされたのか覚えていない。ただ、小便をしにトイレに行くと「おしっこを分けさせて、ひとつは・・・の中に、もう1つは自分の足に」と送信された。その言葉は今日だけではないが、・・・の中に、と言うのは便器の中にと推測している。そしてトイレから戻ると足が冷たいような、やや、濡れているような感じがした。気にせず布団に入ると、今度は膝が濡れているような感じがしたので、思わず手で触ってみたところドライであった。

今も、変な声で絡んで来ている。

昨夜は、「私達に恥じをかかせた」などと言って嫌がらせをされた。

「許してあげよう」、「もう、終わりにしよう」

なども数えきれないほど聞かされている。

場合によっては、AMラジオで周波数を操作すると番組外の所にくると、ザッザッザッと言う1秒間に2回くらいのノイズが聞こえるそうである。私はラジオを持っていないので買って来てやってみようと思う。

これらの記事は重複している内容があると思うが、昨日も脅迫された。「クレジットカードを使わせてもらおう」。ネットの通信販売で番号を打ったからだ。銀行のキャッシュカードの番号も知られている。

それから、脅迫ネタとしてもう1つ「彼は思考盗聴をされている事を知っていて、俺達の悪口を言っているんだぞ、これは悪意がある。訴えてやれ」。少し、考えて見てください。

11時0分
天気が良いので10分ほど散歩をして来た。相変わらず朝から歌のリピート送信が続いている。ジャズの曲である。嫌なので昨日散々やられた「瀬戸の花嫁」を替え歌で心の中で歌う。歌詞はその場で考えながら加害者の悪人ぶりを表すような歌詞にする。元々良く知らない歌であり、歌詞もその場で考えるので字余りになったり、メロディーも少し変わったりする。すると、思考盗聴をしているので「音痴、メロディーもコードもない」と言い悪口を脳内音声で浴びせる。そして「おめえたちも彼を見習え」と送信し、私が歩きながら心の中で思った歌のメロディーを「瀬戸の花嫁」の歌詞で歌いリピートする。

ようするに、私のことを「音痴」だと言いたいのだ。そして、オリジナルの曲に対して何処の部分が違っていたかを指摘するために、わざわざオリジナルの「瀬戸の花嫁」のメロディーと違う部分の2小節くらいを何度もリピート送信をする。それは、加害者が自ら歌って送信しているのである。

散歩の帰りには「後もう少しだ、発狂するぞ、このまま狂わせておけ」と男の声で送信する。そして自分の家の前に来ると「花を咲かせてあげて」と女の声で送信する。どういう意味かというと、私が何気なく見た藤の鉢植えに花が咲いていない。別に本人は気にしてもいない事まで、わざわざ気にするように仕向けて嫌みを浴びせるのである。「犯罪の行方は、、、、、永遠に終わらない」と送信された。

これらの脳内音声による嫌がらせは、ほんの一部であり、一日中、数人が張り付いていて、毎日繰り返している。

常人に出来るだろうか、こんなことが。

そして、ログアウトをすると、負け犬の遠吠えの如く、嫌みを送信する。

「彼には、また、新たに恥をかかせてやれ」

これである。「恥をかかせる」、「悔しがらせる」。このあたりに固執しているようだ。

15時15分
午後になると連休の為、親戚が訪れたので、テクノロジー被害に関して説明をした。詳しく説明するのも大変なので簡単に説明した。不思議だったのは親戚の人の前では声がほとんど聞えなかった事である。しかし、一歩その部屋から出るとすぐに嫌み、脅迫を浴びせて来る。その後会社に戻ると、「お正月を写そう、不治カラーで映そう」とCMキャッチフレーズを送信された。これは酷い嫌みなのである。「不治の病」と以前から加害者が嫌みを送信している。「フィッチ クラフト」と言う曲があるが、加害者はそれを「不治 クラフト」と呼び嫌がらせをする。顔が痒くて困る。

16時10分
相変わらず顔の痒み、音声の送信が続いている。なぜかパソコンでgoogleだけが接続不能になってしまった。と、書いていると糞尿の臭いを送信される。YahooとかMSNは繋がる。ブラウザのトップページにしたアドレスも、他の検索で出したアドレスもgoogle関係はすべて繋がらない。なぜだろうか。

16時25分
なんだか原因不明の為、アドレス逆引きなどをやっていたら回復した。嫌な感じである。その間も「バカでえー」などと男の声で嫌みを送信される。音声も執拗に送信されている。「かわいそうに」の女性の声も18番である。

19時30分
先ほどラジオを買いに行ってきた。店内では、その店のコマーシャルソングが流れている。いつもの事なので予め想像が出来てしまったが、今度はその曲のリピート送信である。一口にリピート送信と言うが、何時間でも送信するのである。今は2時間リピート送信をされていて、携帯電話にメールが入ったら、今度はその着信音をリピート送信して来る。そして、盗んだ情報で、また、新たに嫌がらせをする。更に、まだアップロードしていない日記にその事を書かれてしまったと腹を立てて、また家電屋のコマーシャルソングを送信しだす。歴史的な犯罪の加害者である事の自覚は全くなく、下手をすると盗んだ情報で被害者に説教をしたりするのである。

ずうずうしいったら、ありゃしない。

盗んだ物を自分の物だと言い張っているようなもんである。

21時40分
暇と言うか、なんとも表現のしようが無く、ただ、ひたすら、気力を無くしてくれる人達である。今日は少し疲れたので食後に居眠りをしようと思い横になっていた。すると携帯にメールが入る。先ほどの返事である。こちらがメールを読む前に内容、もしくは誰から来た物なのかを知っているかのような歌の送信があった。「エミリー、エミリー」と嫌らしく歌う。送信者は女性であった。しかもデコメール付きでお姫様がスカートの裾を持ってお辞儀をしている絵だった。

その後、目をつぶって寝ようとすると映像の送信である。感覚としては目蓋に映っているような映像なのでカラーのように色は感じとれるのだが、赤っぽい、目を閉じた時の目蓋の色に支配されている。そこにセルロイドのフチのメガネを掛けた中年の女性が現れ、その反対側にもう1人いる。何か、こちらに向かって嫌みを浴びせているとか、ツバを吐いているとか、物を投げているかのような映像であったので、こちらは映像返しで体に殺虫剤とか消臭剤のスプレーを吹きかけてやったら、怒って二人とも立ち去って行った。その時に下着などを脱ぎ捨てて行ったので、ゴミをつまむ鉄製の大型ピンセットで脱ぎ捨てた下着をつまんでビニール袋に入れた。中が見えると気分が悪いので更に黒いビニール袋に入れ「新種のウイルスがいると困るので科学警察に持って行け」と言ってやった。

すると次に、顔を見せない男が現れ、対象の人物を殴っている。対象の人物は恐らく私だと言いたいのだと思う。その後、膝蹴りの連打で顔面をボコボコにしていた。しかし、その映像の中には入り込めなかった。入り込めないと言うのは、こちらの映像返しの効果がなく、一方的に送られてくる映像が勝手に進んで行くだけである。

実は、正月には初夢を見させられていた。感覚付きの映像である。ナレーションの説明のおまけ付きである。私が机の下に落ちていた物を拾う時に机に頭をぶつけてしまう夢である。「彼には頭をぶつける初夢をみさせてやれ」だそうだ。彼らの嫌がらせにはナレーションとか言い訳、説明が入ることが多い。感覚付きの映像とは、痛くはないが、ちゃんと頭に物がぶつかっている感覚になる。それの感覚付きの映像で拳で顔面を殴られるのも経験しているので、先ほど見た殴る、蹴るの暴行の対象が、恐らく私なのだろうと言っているのだ。数日前に寝る時にも変な映像を見させられている。背広を着た男が、バーか何かでシャンペンを飲んでいる場面。私に向かって飲みカスを浴びせてくる。感覚としては寝ている私の顔に浴びせると言う設定。しかし、見させられた映像の中にも浴びせられる対象物がなんとなく映し出されている。お返しにその背広の男をボロボロにしてやった。

双方向の画像書き換えが出来る場合と、一方的な場合がある。

ついでに、昨日か一昨日には寝る時に右を向いて体を横にして寝ていると、目の前に女が寝ているのである。以前にも上に乗っかられた事があるが、今度は横に寝ている。私は寝るので、いちいち目線を移動させたりはしないが、感覚として体は薄べったく立体感がない。そして、その翌日に声の送信で「あいつ昨日誰と寝ていたか教えててやれ」と聞かされる。

大変貴重な報告である。事実である。

29日1時0分
悪魔の加害者集団。

一年365日、朝から晩まで、お祭り騒ぎ。

おめでたいと言ったらこれ以上おめでたい集団はいない。

悪魔のマインドレイプ装置、これがあるから出来るだけ。

歌のリピート送信はやまず。

強制的に音声を聞かせているのである。

そして最後に出るセリフ。「耳を塞がせよう」

キーン

これが歴史に残る人権侵害のやり方だ。

寝る。

被害の行方

10時30分
先ほど起床した所だ。4時半にも一度目が覚めている。昨夜の事に少し付け加えたいと思う。被害者の方と電話で話す前には、こちらに考える隙間を与えずに数人で次から次へと脳内音声で話しかけてくる。「かわいそうにねえ、あれじゃあ一生独身だよ」、「私達の言う通りにすれば良いのに」、「私達を信じてください」などと言いながら、スパイ行為により得た情報で嫌みを言う。黙って言いなりにしていると遊ばれてしまうだけである。

ようするに

盗んだ情報を声の送信で聞かせて屈辱を与える
それを大勢の人に知らせるぞ脅迫をする

テクノロジー被害を受けさせる
それが嫌なら言う通りにしろと脅迫をする

そして

一日中監視して声を送信する
どこにいても逃れられない事を体感させる

わかりやすく言えば

スパイ行為、嫌がらせ、脅迫を繰り返しているのである。

そして、逆らうと酷い攻撃を受ける。

暴力なのである。人を支配下に収める為に武器を使う。

で、こんな事を書いているとリアルタイムで盗まれ攻撃をされる「逮捕してやれ」、「あんまり酷い事を書くな」と声を送信され、耳鳴り攻撃を開始する。

なぜ、こんな事を書くかというと、著しく人権を無視した犯罪であるのは当然だが、洗脳、マインドコントロールの世界へと繋がっているからだ。

ここで話を戻すと昨夜電話で話しをしている時も声の送信による嫌がらせを受けていた。その後すぐに寝たが、右を向くと臭いの送信(糞尿のような臭い)、左を向くと目蓋の痙攣、モールス信号のような音、キーンと高い音などをバックに、私の悪口を聞かせながら、被害者どうしの繋がりを破壊させるような言葉を送信する。とにかくあらゆる人間関係を破壊して孤立させてしまうように仕向けるのだ。

奇妙な夢を見て目が覚める。勿論、寝る時に目をつぶると映像も送信される。目が覚めると歌のリピート送信と、声の送信。アナザーワールドだ。余談だが夢はカラーである。見させられる映像はモノクロ、カラー、動画、静止画、アニメ、実写のような物、平面ではなく距離感のある物、色々ある。

23時5分
午後からオートバイに乗り東京のスタジオに音楽の練習をしに行き、今帰って来た所だ。早速、目蓋の痙攣攻撃と口の回りの痒み攻撃を受けている。得意の耳鳴り攻撃は、すでに高速道路を走行中に受けている。しきりに悪たれを送信している。「暴力団に殺されるぞ」と男の声も聞こえる。帰り道では途中から「瀬戸は日暮れて、ゆうなーみ、こーなーみ」と歌のリピート送信を受け、今も続いている。オートバイで風を切っていても、思考盗聴は可能であるし、脳内音声も聞こえ、自然に送信される歌を心の中で強制的に歌わされてしまう。

洗脳、マインドコントロールその物である。

それから小学生の子供が学校で人権侵害に遭うぞと脅迫の声も聞かされた。

このやり方である。

あらゆる手段を使って被害者を脅迫する。

しかも、見えないテクノロジーである為、証拠が残らない。
目蓋の痙攣なんか「寝不足じゃないのー」で終わりである。

今、二人くらいの年配の女性の声で書いている文字を書くそばから声をそろえて読み上げている。

まず、思考盗聴、脳内音声による嫌がらせは常時である為省略。行きに首都高速の環状線付近でオートバイを運転中に頭痛をさせられた。頭痛と行っても酷い物ではなく不自然な、最近になってよくある軽い頭痛である。精神状態のコントロール、めまい、なども起こさせる事が出来るので非常に危険だと思った。そして、目的地で高速を下りて駐車場に向かう時に四輪車の駐車場の方へ行きそうになると「また恥じをかかせてやろう」と送信され「間違えた、道を間違えた」とこれでもかと言うくらいやじられた。こんな感じの嫌がらせも常時である。常時というのは調べた事はないが、それこそ1分に1回くらいの頻度かと思えるほどである。

スタジオに到着するまでにも視野盗撮というのだろうか、そんな方法で見ている場所に対して嫌みを浴びせる。スタジオ内では「さあ、聞かせてもらおう」などと待ち構えている。歌のリピート送信、臭いの送信も受けている。私が演奏を始めると、ああでも無い、こうでも無いと喋りだす。失敗をするのを待っているかのように嫌がらせをする。実際に失敗すると、悪口を集中的に浴びせて来るので大変である。個人練習もスパイ行為により内容を盗まれているので、練習でやった事が出ないと「出来ない、出来ない」と大声でわめき散らす。実際には練習と同じ事をやっていたが。それよりも加害者は貶す事が目的なので理由は何でも良い。

その後、蕎麦屋に食事に行くと後から男が1人入って来たので、なんとなく気にすると「そこにいる男は、我々の仲間だ」と男が送信し、女が「早く刺青見せちゃいなよ」と送信する。そして食べている時も蕎麦の食べ方に対してクレームを付けたり「自分だけ先に食べ終わらせてくれ」などと送信される。再びスタジオに戻ると小便の臭いなどを送信される。目蓋の痙攣、顔の痒みはずっとである。歌のリピート送信はスタジオ内で演奏していた曲と同じのを送信される。ずっとである。

帰りには寒いので用意していたオーバーパンツを「どうやって穿くのか見せて貰いたい」と送信される。しかし、都内を抜けてから穿く予定の為すぐに発車する。高速に乗り走行中も歌のリピート送信を中心に声が送信される。そして途中のパーキングに立ち寄り、防寒の上下を着て家路へと向かう。すると「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信される。

このリピート送信がクセモノで、自然な状態でいると送信された物を歌わせられてしまうので、違う歌を心の中で歌うと今度はそれを送信して来る。それでまた違うのを歌うと、また、その違うのを送信されてしまう。これを一日中繰り返しているような物である。そして加害者の悪口を心の中で言うと耳鳴り攻撃などをされる。高速道路をオートバイで走行中の出来事である。あまりに酷いので途中でピタリと息を殺してみると、数人の男女がボロクソに悪口を浴びせている。しかし、30秒ほど経つと静かになり、歌のリピート送信だけになる。

途中では、「前のトラックを追い越せ」、「前に飛べ」などと送信された。運転中のオートバイから「前に飛べ」と言う意味がよく判らなかった。帰宅すると防寒用のズボンを「どうやって脱ぐのか見せてもらおう」と男の声で送信される。「家の中に靴で入る男だから」などと声の送信を受ける。

もう、本当に腹が立って、運転に支障を来たしてしまう感じだった。「狂え、狂え、吼えろ、発狂しろ」と送信されながらの運転だ。注意力が極めて落ちる。酷い嫌がらせである。

今も「瀬戸の花嫁」をリピート送信されているし、日記を書いている所を数人で見ながら何やら喋っている。

28日1時40分
風呂に入っていても「瀬戸の花嫁」のリピート送信が止まらないし、声の送信による嫌み、悪口、脅迫がひっきりなし。

犯罪の手口、方法、罪の重さ、どれを取っても歴史的である。

犯罪の行方は不明だ。

寝る。

脳内拉致

1時50分
酷い嫌がらせである。寝ようとすると嫌がらせをする

歌の送信
音楽の送信
臭いの送信
声の送信による悪口、脅迫、ひっきりなし
全身に対する痒みの送信
体の一部を狙い打った痛みの送信
咳の送信
映像の送信

何か、自分達の気に食わないことを、私が考えたと言う理由で、嫌がらせをする。実は極悪加害者が自分で、その言葉を私に送信して、わざと喋らせたのである。大嘘つきなのである。

そして、最後は女の声で「殺されろ」と送信すると同時に耳鳴り攻撃をする。

しょうがないので電気をつけて起きると、「時計が無い」と、すかさず感じの悪い男の声で送信する。私は時計を見たのでは無く、物を取ろうとしたのである。しかし、電気をつけて1秒の間の出来事である。よくも、そこまで考えている。先読みのしすぎ。嫌がらせのプロ。名実ともに工作員である。

マインドコントロール、洗脳、人権を著しく無視した嫌がらせ。
それがまかり通る国だと豪語する犯罪者。

いつだったか、人種差別の好きな加害者が私に対して言っていた。「あいつはゲルマン系かユダヤ系か」、「ユダヤ人がなぜ嫌われるか知っているか、性欲が強いからだよ」。全く持って何を考えているか理解出来ない。脳内音声で特定個人にしか聞こえないと思って言いたい放題。

「嫌われろ」、「笑われろ」、「出て行け」、「立ち去れ」、「かえれ」、「呪ってやる」などと毎日脳内音声で放送される。

恐らく加害者には私の体の状態というか体勢が知られていると思う。目をつぶっているにも関わらず、それらを言い当てたりすることがある。

盗聴に関しては極めて精度の高いノイズキャンセラーのような物が付いている盗聴器を持っていると思われる。なぜなら、私が自分の耳にさえ良く聞こえない、自分で出した音までも正確に再現するからだ。具体的に書くと布団の中で磁石がくっつく音を出してしまった。カチン。布団の中なので自分にもろくに聞こえないのに加害者にはそれが聞こえるわけで、後日その磁石がくっつく時の音をノイズレスで何度か聞かされた。

音声の聞こえ方は常にノイズレスである。極めてクリアーな無の空間に音声だけが飛び出てくる。絵で言えば背景のない所に人の姿があるような物である。しかし、先ほどの女の「殺されろ」の声はだいぶ歪んでいた。

以前にも書いたが、20メートル離れた所の人の声を10秒以内にそっくりに真似て送信してくる。それが擬似的な物なのか、盗聴録音でサンプリングしたのかは判らないが、盗聴録音であれば、外での人の会話なので、周辺のノイズも拾ってしまうはずだ。それがノイズレスで目的の人の声のみを作成しているかのように感じられる。その20メートル離れた人の声とは、いつも聞くことの出来る人の声ではなく、突然たずねて来た人の声であろう。

11時50分
天候のせいか体調もよくない。休みであるのでゆっくり寝たが、眠りが浅いようで疲れが取れない。途中何度か目が覚めた。夢も見させられていたようだ。悪い奴らである。音楽の送信もされている。

まるで神様にでもなったつもりでいるのだろうか。

また、耳鳴りがして来た。

ログアウト後に「本当の耳鳴りをさせてやる」と声を送信され、一段と耳鳴りのボリュームが上がった。歌のリピート送信も目覚めと同時に続いている「エミリー」という曲だ。声も小さいながら目覚めとともに聞こえている。

去年今頃だったろうか「あいつフリーメーソンじゃないだろな」などと話をしているのも聞こえた。

19時40分
最近少し音声のボリュームが低いように感じるが、やっている事は全く同じなので受けるストレスも同じような物である。午後から楽器の練習をしに行ったが、こちらがやっている内容を思考盗聴で盗み取り嫌がらせをする。たとえば、あるフレーズから元のフレーズに戻った時に力が入ってしまうなあ、と練習をしながら考えていると、その思考を盗まれてしまう。私は楽器の練習をしながら喋れるほど器用な人間ではない。だから思考そのものを盗みとられているのだと思う。

そして、帰宅すると酷い嫌がらせが始まる。声の送信による酷い脅迫、頭痛、めまい、吐き気、体の痒み、体の痛み、目蓋の痙攣、首の後ろ、肩のコリ。これは紛れもない事実である。遠隔地からテクノロジーを使って攻撃をするのである。普段も頭痛がしたりするが、体調が悪いのではなく、攻撃されているのである。

貶すと言ったら、もう、あること、ないこと、もう、寄ってたかって集中攻撃である。

「あいつ殺されるぜ」と送信されている。

27日1時5分
先ほどの20時頃からアナザーワールドに引きずり込まれ大変な事になっていたが、被害者の方との電話により、また違う世界に入った。午前中に留守電が入っていて、こちらからかけ直すと外出中なので11時頃にかけてください、とのことだった。11時過ぎに架けるかどうするか、考えていると声の送信でからかわれた。明日にでも架けようと思ったが、腹が立つのですかさず架けた。2時間ほどの通話となってしまったが、その方はかなり詳しく実際に調べているようだった。このような被害に遭い1人で生活をしているとアナザーワールドに引き込まれてしまうが、電話で話したような方がいると非常に助かると思った。色々な情報を得る事が出来た。

ひとまず寝る。

狂気の凶器

2時30分
とことん嫌がらせの上乗せで来る人達だ。寝ずに見張っている。「瀬戸の花嫁」この歌をリピート送信している。なぜ、この歌なのか、意味は送信者に聞きたい。電磁波犯罪。見えないテクノロジーによる嫌がらせ。これは悪魔でなければ出来ない。昨日あたりから「お前は公安に見張られているぞ」と送信をする。この言葉の意味もわからない。とにかく加害者の口から出る言葉はすべて加害者そのものを表しているとしか思えない。スパイ行為によって得た情報により、テクノロジーなどの武器を使い証拠が非常に取り難いやり方で嫌がらせをする。テロである。このやり方なら1つの国を乗っ取ることも出来るだろう。「お前のブログを訴えてやる」と声の送信で脅迫する。今も寝ている時に「鼻をかかせな」と女の声で送信されると鼻が痒くなる。影に隠れて嫌がらせ、それしか出来ない集団である。声の送信では名前が沢山出て来る。「・・・・の名前を出したら殺されるぞ、本当だぞ」こんな脅迫も受ける。もうこれは破壊工作員の世界である。こちらは、いつでも今までやられた事をすべて表に出す準備はある。ただあまりに年月が長いので正確に記憶が無いのと、脳内音声による脅迫が怖くて証拠になる資料を全部捨ててしまった為、最近の被害しか出せない。

結論から言うと日本、もしくは世界の極秘事項なので絶対に表に出る事はないだろう。

いつものパターンだがログアウト後に必ず脅迫される。「あーあ、上げちゃった」女の声。「お前そのブログのせいで殺されるぞ」男の声。一年くらい前だったか「まゆみに合わせてやりたい」なんてのも送信された。「はちやさんに」合わせてやりたい。なんて送信をそれたことがある。とにかく声の送信は一切信用していないし、出来れば聞かないようにしたいが、その為には24時間、心の中で喋り続けていなければならないので不可能だ。差別、迫害、脅し、脅迫、言いたい放題だ。

クリスマスの歌を悪魔の誕生日と歌う

お寺でお坊さんにお経を上げてもらっている最中も声の送信で嫌がらせ

墓参りに行っても墓石に刻んである名前を「滅ぶ」という言葉を含めて読み違えて送信

あいつはマナーが悪いから檀家に嫌われている「墓ごと引っ越せ」などと送信する

証拠がないが送信されたのは事実だ。

9時40分
あれから寝て目覚めたのが少し前だ。目覚めとともに会社の事が頭の中に浮かんだ。自分は父の経営する会社の後継者となるべく存在である。それを阻止しようとするのが加害者の目的である。いや、本当の加害者の目的は精神異常者に仕立て上げてしまう事であるが。そして、次に頭の中にメロディーが浮かんだ。ごく自然に、あたかも自分の中から思い浮かんだように感じる。これを元に何か曲でも作れてしまいそうな気持ちになって来る。そして目が開いた。起き上がり着替えている間も曲の流れが続いている。これは加害者が目覚める少し前から私の脳内に送信していた物である。

だから、朝目覚めた瞬間の発想が危ないと言っているのだ。そのオリジナルとも思える曲の元になるフレーズは実際に古くからあるポップスの歌であることが判明。寝ている時に聞かせたのはイントロの部分であった。曲名は私がその曲を思い出すまでは加害者の口からは出なかった。

昨夜も実はキレてしまい二つ、物を破壊した。まず電子辞書。本を読んでいる時に読めない字があり、それは名詞なので、そのまま読み飛ばしてもかまわないが、なんとなく辞書で調べていた。専門用語の名詞なので辞書には出ていないだろうと思いながら念のために調べていた。「あいつは字が読めない」、「へーえ、本を読むために辞書を見る人がいるの」などと散々やじられていた。「早く寝ろ」、「そんな本は読むな」すべてスルーしたが、本を閉じて寝る前にキレた。電子辞書を破壊して捨てた。その瞬間に「4万円の辞書を壊したよ」と女の声で送信される。

私も覚えていない辞書の値段を知っている。なぜだろうか。

次に2時30分に目が覚めた時に、きっと3時だろうと思って時計を見たら「残念でした」と殺してやりたいくらい憎らしい男の声で送信された。瞬間的にキレた。目覚ましを壁に叩き付けて壊した。目覚ましを破壊したのは、これで3回目。

去年の3月頃に強烈なボリュームで音声送信が始まった、これ以上酷い嫌がらせは出来ないだろう、想像を絶するようなやり方で毎日、スパイ行為により得た情報を強制的に送信され、そのやり場のないストレスで畳、テーブルなどを破壊した。その位、心を破壊されたのだ。このショックは大変な物だった。私生活のすべて、覗き、盗聴、盗撮が無ければ絶対に知り得るはずのない事を(性的な事が主体)次々に声の送信により聞かされるのである。しかも、その言い方、使う言葉は、想像を絶するものである、これ以上人を貶すことの出来ないような言葉を使う。

とにかく、しつこい。絶対に負けを認めない。

悪魔の兵器を使用しているから出来るだけ。

悪意と殺意を持った狂気の集団がそんな凶器を使えば結果は誰でもわかる。

武器を使って一方的に人権を無視した嫌がらせをするだけの集団だ。

たった今「それが、まかり通る国なんだ」と自信たっぷりの送信を男の声で受けた。

10時50分
脳内放送局が素早い対応を見せた。先ほどから送信しているのは、恐らく加害者が自分で作ったのだろう。古いアメリカのポップスをコピーしてシンセサイザーか何かでギターのような音を使ってきかせているのだ。出て来る音は一つ。ギターのような音でメロディーとリズムを一緒にひいている。それをリピート送信している。そんな時私は、加害者が私を貶したのと同じように貶してやる。

そして、あまりにセンスがないので行進曲以下だと思考盗聴返しをした。行進曲でさえ、ベース、ドラム、メロディーなどが独立して演奏されている。その例として有名な行進曲を心の中で歌った。

すぐに反応して、その曲をずはり、脳内に放送してきた。だから、幅広い音楽ソースを持っているスタジオから脳内音声を送信しているのだと言っているのだ。

いつだったか、高速道路を走りながらジャズのメロディーを心の中で歌っていると、途中からメロディーがどうしてもポップスの有名な曲になってしまった事がある。メロディーラインが似ていると違う曲のメロディーを連想することは誰にでもある。そう思っていたが、すぐにそのポップスの曲その物を脳内に放送された事がある。よく、そんな曲を知っているなあ、持っているなあと思った物である。

19時0分
「かわいそうに」、「死ぬまで嫌がらせしてやる」、「狂うぞ、狂うまで嫌がらせしてやる」などの声の送信を受けている。顔に痒みを送信されている。もう、なんだか一日が長いのか、短いのか、さっき何をしていたのか、今日の朝の出来事からどのくらいの時間が経ったのか、判らなくなる。当然である。強烈な音声の被害を受けていた頃は、早く一日が終わる事だけを考えて過ごしていた。

今日は会社に来客があった。話をしていると左の瞼が痙攣する。非常に嫌な感じである。最近はその嫌がらせが多く、社内で人と話をしていても瞼の痙攣を送信される。顔の痒みもほぼ一日中だ。夕方になると歌のリピート送信が始まった。会社のタイムレコーダーのチャイムの音楽をリピートされた。

顔の痒みというのは、ちょうど髪の毛か何かでそっと撫でられたような感じである。くもの巣が顔に引っかかった時の感覚というか、一点のようで直径1センチの円の中に数箇所のような感じである。最初は眉毛とか耳の横、鼻の穴などに、くすぐったいような痒みが頻発したので毛を動かされているのかと思った。しかし、顎、鼻の頭、頬などにも同じような痒みを発生させられたので神経を刺激しているのだと思う。刺激が強くなると痛みになったりする。

全身に似たような感覚を送信することが出来る。性器にも。

22時30分
今、音楽を聞いていたら、それと同じ局を録音しリピート再生し脳内に放送している。帰宅後、日本語の字幕の出る映画を見ていた。眠くなったので少し寝ようとすると「寝させるな」と送信して顔を痒くしたりされた。眠いので口を閉じ、舌を動かさないでいると、加害者と通信できない。加害者の声は聞こえるがこちらの意志は送信できない。

もう、今となっては元々自分が思考盗聴をされていない時にどのように生活していたのか思い出せない。普段から文字を読む時や、文字を書く時に、声は出さないが僅かに舌が動くようなやり方をしていたのか、全く判らなくなってしまった。

加害者に意識を送信出来ないので映像を思い浮かべることにした。文字のある映像だ。映像の中に自分で文字を書き込むのは口に出すのに近いと言うことが判った。それならば誰かの書いた文字を目で見た物を想像したらどうなるか。などをやっていた。映像を思い浮かべても加害者に伝わるようだ。映画の字幕を見ても読まなければどうなるか。これも実験してみようと思ったが、どうも加害者が読んでいるようで、自分で読まなくても加害者が読んでしまうので出来なかった。ネットの他の被害者のブログも加害者が一緒に読んでいる「なるべく可愛い声でよんであげてね」なんて送信する始末。

とにかく、しつこい
こちらが正しくても間違っていると言い切るので、うっかりすると騙されてしまう。

24時30分
音声の送信がうるさい。寝る。

洗脳悪魔

9時15分
昨夜は就寝時の嫌がらせが少なかったようで寝られたが、朝5時に目が覚めた。脳内音声で悪口を浴びせている。「・・・会社は事務員でも大学出がいるんだよ」、「彼に勉強させてあげて」、「みんな君のことをバカにしているよ」、「みんなが君のことを笑っているよ」など。こちらも心の中で「なら、あんた達は学歴と資格だけで人間性のいらない仕事でもしなさい、心のいらない職業に就きなさい」と言い返すが、きりが無いのでやめる。

そして次が8時半。「パンパン、パンパンパン」、「パンパン」、「・・・さん」、「パン」、薄いトタン板か緩んだ障子紙を叩くような音が右の耳に聞こえる「パン」。非常にしつこい。「パン」。嫌でも目が覚める。すかさず「エミリー」という曲のメロディーを送信する。「次はエリナーリグビーだ」と曲をチェンジする。その次は「かみーがないから手で拭いて、もったいないから食べちゃった」と歌い続いて「せとは、日暮れて、夕波小波、、、、、、」を送信する。

人をバカにするにもほどがある。

自分達は表に出られないのである。

しかもスパイ行為をしているのである。

被害者に嘘の情報を聞かせるのである。

多くの被害者によって報告されているように偉そうに、優越感に浸りたいのである。

毎日、同じ事を何十回も聞かせ、あらゆる情報をシャットアウトして、デタラメを脳内に送信する。こういうのを洗脳というのではないか。加害者の言葉を借りると「パー」にしようとしているのかも知れない。目が覚めた時に最初に思い浮かぶ思考が怪しいものである。

この声を聞かせる技術と思考盗聴が対象者を選ばずに誰にでも行えるとしたら大変だ。

10時40分
思考盗聴と脳内音声のセットの嫌がらせは続く。そういえば、また、言葉ではなく、完全に頭の中だけで考えた事を盗まれた。昨日、サウナから出て水風呂の側で休んでいる時の事である。なぜ、思考を盗まれた事が判るかと言うと加害者が盗んだ私の思考を脳内に放送してくるからである。それも、思考そのものを言い当てるだけでなく、その盗んだ思考が気に入らないと言い嫌がらせをする理由にするのである。先ほどから「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信されている。

かく乱の手段として、「俺達の仲間は近所に沢山いる」、「あんたの会社の中にもいる」、「取引先の会社にも沢山いる」そんな言葉を送信して来る。仕事の内容などにも「間違いだらけ」と繰り返し送信をする。

加害者は喋る事がないのである。

脳内に送信される音声のほとんどは録音されていてボタンを押すと、すぐに送信されるようになっている物と思われる。なぜなら、過去に脳内に送信されたテレビのコマーシャルの歌や家電販売店のキャッチフレーズと言うか短い歌のような物が、いつでも何度でも瞬時に送信出来るからである。瞬時というのは、こちらが頭の中で考えた瞬間に送信して来るからである。

それこそ、私の思考がスイッチになっていて、その部分に触れると、それが送信されるしくみになっているかのように感じる。「その部分」と言うのは記憶のことで、直接歌などのメロディーを思い出すか、「あの時こんなのを送信された」などと思い出すと、それと同じのを送信される。

或いは、私が自分で思い出したのではなく、自分で思い出したかのように見せかけて、思考の誘導をしている可能性もある。いつだったか、加害者の悪口を思考盗聴返しで言い続けていた時に、私が声を出さずに喋っているのを同時になぞっている男がいる事に気が付いた。変だと思いピタリと心を静めると、私には関係なく勝手に喋っている男がいた。だから、その男の声の送信と一緒に心の中で私が喋らされていたと言う事になる。すべてがそうだと言うのではないが、そういう事があるのである。

そんなわけで、自分の記憶領域に触れる事が出来なくなってしまう。10ある内の8の記憶領域を汚され、そこに触れると嫌がらせをされる事になると、残りの2の領域だけで生活をさせられてしまう。すごく不自由な支配されているような感じである。

ついでに追記をして置く。ネットブログなどを読んでいても、私と一緒に声の送信をしながら読んでいる人がいるように感じる時が、しばしばある。声はその作者により決まっていたりする。それと、アップした後に自分の日記を読んだりする事がある。その時に歌のリピート送信の部分を読むと、それと同じ歌を必ず送信される。

15時25分
「15時25分発、死への直行便に乗らせてあげな」と声の送信をされた。先ほどから「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信されている。会社にお客さんが来て話しをしている間は静かであり、思考にも全く絡んでこなかったが、最後にやられた。左瞼の痙攣、キーンという短い耳鳴りと同時に声の送信「早く帰らせろ」。良く行われるやり方である。キーーーンと耳鳴りをさせている間にメッセージを送るやり方。「顔面神経痛にしてやれ」などと送信されたりする。

思考盗聴、脳内音声、身体攻撃、脅迫

テクノロジーによる嫌がらせ、脅迫

怖い

怖いが、書く

誰も信じなくても

今、携帯電話を使ったら相手に声が聞えなかった。こちらには相手の声が聞えている。たまに、この症状が出る。新品と交換してもらったが治らない。確か、この機種に変えてから発生しているのかも知れない。思い出してみると、この機種に買い換えた理由は以前使っていた携帯を見えないテクノロジーによる嫌がらせのストレスにより叩き壊してしまったからだ。見えないテクノロジーによる嫌がらせと単純に言うが、嫌がらせの元は思考盗聴などにより得た情報なので被害者が受けるストレスは簡単に説明できない。

17時30分
「超人類へ」と言う本を読んでいる。酷い嫌がらせをされる。お腹に空気が溜まる。「瀬戸の花嫁、歌わせて」と女の声で送信される。「逮捕してやれ」などと盛んに脅迫する。今日は「瀬戸の花嫁」のリピート送信の日だ。本を読んでいて脳とコンピューターを繋げる話などになると割り込んで来る。まだ、数ページしか読んでいないが現実は非接触で何処にいても、高速で移動中でも双方向の通信が可能である。人殺しである。極悪犯罪者である。悪魔そのもの。これは現実の話だ。人間をおもちゃにして遊んでいる。こんな事をする人間を絶対に許してはいけない。

インターネットの通信状態も悪い。

21時35分
仕事が終わってから楽器屋のスタジオで練習をして来た。もう、しつこくて陰湿で、もう。声の送信なのである。練習の内容を盗聴して指図をする。「もっとゆっくり練習をしろ」ああでもない、こうでもない。そして、いつものように私が曲のメロディーを想定して練習すると一緒に歌いだす。私が何の曲のメロディーを想定して練習をしているのか、なぜ判るのだろうか。思考盗聴である。そして練習の内容に関して「間違えた」とかケチをつけるのである。間違えたかどうかの問題に関して見えない敵に説明する必要もないし、相手は本当はすべて知っている。私の練習方法もスパイ行為によりすべて知っていて嫌がらせをしているのだ。そして帰宅後も、大勢で寄ってたかって悪口を浴びせる。なぜか、お腹に空気が溜まる。そして、すぐにオナラがでる。すると「何度でもオナラをさせてね、でも臭いは送信させないでね、自分のオナラの臭いをかがせてね」と女の声が送信される。今、「クリーブゾーン」という音声の聞こえるマインドコントロールの映画を見ている。

慣れるというか、諦めるというか、こんな事件に遭わされて残念である。

23時59分
今、風呂から出て寝るところだ。相変わらず「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信されている。風呂に入っていると左の目蓋が痙攣した。「クリープゾーン」を見た。実に面白かった。声の送信、マインドコントロールなどに関して実に判りやすく作ってある。SF映画である。しかし米兵のタクシー運転手殺害事件を思い出してしまい、現実に人間の監視、マインドコントロールの恐怖を訴えているようにも感じた。

現実と言えば思考盗聴を「クリープゾーン」に付け加え、すべての言動、思考を徹底的に否定し貶すような映画が出来ないかと思う。寝る。

慣れは恐ろしい

2時50分
睡眠妨害で起こされる。ずっと夢を見ながら嫌がらせをされていた。「自殺させてやれ」、「自分から精神病院に行くように仕向けてやれ」、「絶対に寝させるな」、「近所に怪しまれるようにしてやれ」いつもの男の声で送信された。就寝時はいつもと同じように、耳鳴り攻撃、低周波のような低い唸り音、モールス信号のような音を聞かされた。女数人の声で(男はほとんど声を出さない)「かわいそうに、女に飢えているのね」、「かわいそうに、毎日オナニーさせてあげて」の連発。こちらは「消えうせろ」、「縁を切ろう」と言うが、しつこい事では知られている。同じ言葉を何度も繰り返し送信して来るので、こちらもそれに乗り「じゃあそうさせてくれ、あなた方で面倒を見てくれ」と言う。すると「じゃあお会いしましょう」とか「ダメ、絶対に彼には合ってはダメ」などと言う。すると男が出て来て「あんまり洗脳するなよ女好きになっちまうぞ」と送信。眠りそうになると年配の女性が怒鳴る「かえれ、おまえなんか、かえれ、せっかく、、、、、してあげているのに、かえれ」と聞かせて来る。なんとか眠りについたと思ったら、変な屈辱的な夢をみさせ、あちこちに痒みを送信される。「毛布の中にダニがいるんだってさ」と声の送信。確かに、あちこちに痒みを送信されると眠れない。起きている時は痒みにはすぐに反応しないように出来るが、寝ていると自然に反応してしまい、下手をするとドキッとして目が覚め痒い所に手が行ってしまう。見させられた夢の内容は覚えていないが悔しい夢だったのではないかと思う。歯を食いしばっていた。頭痛がしているのもそのせいだと思う。湿疹と電磁波の関係を指摘する被害者もいるようで、私もそんな気がしている。なぜかと言うとチクチク攻撃などの箇所と湿疹の出来ている箇所が一致しているからだ。目が覚めパソコンの電源を入れると近所の犬が一吼えする。「あいつ犬にまでバカにされているよ」と声の送信。「あんな奴は一生干させて置け、他の被害者は許してよし、あいつだけは嫌がらせをさせろ」と男の声で送信。思い出した。最後に見た夢はピストルをコメカミに当てている男の顔が出ていて、こいつは・・・だ、と名前を出す。勿論、面識のある人間で、その人間の声とそっくりの声で以前に良く送信をしていた。「引き金を引かせるか」と私に聞いて来る。私は半分寝ているし、いたずらの夢なので勝手にしろ、心の中で反応した。引き金を引いて爆発したような映像を見させた。連続してもう1人の男も出て来る。同じように爆発した。すかさず「はい、これであいつは人殺しだ」と声を送信した。恐らく、そんなのを理由にまた新たな嫌がらせを開始するのだろう。ところで見させられた男の顔は最初は細部まで出来ていない。名前を送信することに寄って、こちらの記憶からその人物の顔を連想させて顔の細部をこちらに書かせる、というプロセスを辿ったように感じた。想像の領域、映像を思い浮かべる領域でのやりとり。以前にも寝ている時に目が覚め、トイレに行った後に加害者に当て付ける為の画像を思い浮かべたら、その中に浸入され画像の一部を書き換えられてしまった。ただし、私が思い浮かべた映像が、最初から完全に私の思考であったかどうかは保証できない。上記書いていると、後半になると耳鳴り攻撃のボリュームが上がった。「それ以上書くな」と送信された。

10時0分
夜中に目が覚めた後、日記を書きすぐに寝た。多少、痒み攻撃を受けたがすぐに寝られた。朝、目が覚めたのが8時半。すぐに音楽のリピート送信が始まるり、私の行動に対してリアルタイムでの声の送信による嫌がらせが開始される。今、パソコンの前では臭いの送信、チクリ針刺し攻撃をされた。こんな生活に慣れてしまうのが怖い。これが当たり前の世界になってしまったらどうだろうか。

一日中監視され、プライバシーはない
思考、言動に対して干渉、制限を掛けられる
睡眠時間などもコントロールされる
逆らうと電気的な体罰を与えられる
聞きたくもない音声を一日中聞かされる

嫌だと言っても、こんな生活をしている人がいるのである。奴隷というか拉致というか、脳内拉致と言うのだろうか。慣れるのは嫌であるが、嫌だと強く思うと辿るのは発狂の道である。何しろ見えない敵であるわけなので、その怒りを見えない対象にぶつければ、精神異常者とみなされてしまう。足が痛い。昨日、オーディオセットを蹴り壊した時に少しだけ血を流してしまった。自分で自分の物を壊す。自分で自分に損害を与える。慣れなければ発狂への道。慣れてしまって平気でいないと生きて行けない。全く被害の無い時から比べると、私でも少しは慣れてしまっている。恐ろしい。

15時55分
仕事が一段落した。先ほどまでは大変だった。お腹にボコボコ空気が溜まる。やることなすこと貶す。人と話をすると瞼が痙攣する。顔が痒くなる。臭いの送信をする。しばらくするとゲップが出たりオナラが出たりする。これから溜まってしまった仕事を処理しなければならない。「いやらしめる」こんな言葉を使う人達である。

どなたか下記のような被害を受けている方はいませんか

顔、体に不自然な痒み
瞼の不自然な痙攣
お腹に空気が溜まる
頭部の締め付け感

20時0分
その後、もう一仕事かたずけて一段落。今、夕食を済ませて音楽を聞いていた所だ。今、気が付いたが、歌のリピート送信が無いので仕事が出来たのだと思う。考えだだけで、思い出しただけで、身も氷るような恐怖である。恐ろしい。仕事中もずっとリアルタイムで監視されながら声の送信を受けていた。しかし、なんとか仕事をこなす事が出来た。耳鳴り感、後頭部の違和感などがある。先ほど携帯電話に受信があり、知人からであった。その着信メロディーがリピート送信される事が多い。今も聞いていた音楽をリピート送信された。

恐ろしい、本当に恐ろしい。

23時40分
脳内音声での嫌がらせ。スーパーで買い物をしていると「人を見て羨むようにさせろ」と送信された。買い物を済ませ車に戻ると、ドレミの歌を子供のような声でリピート送信され、車を走らせると酷い耳鳴り攻撃を受け脅迫された。事故でも起こしてしまうかと思うくらいの耳鳴りだった。その後サウナにリラックスをする為に行ったが、カウンターで待っていると等身大の鏡が置いてあり何気なく見ると「鏡で自分の姿を見てびっくりしないでくれな」と男の声で送信された。

その前に信号待ちの交差点で女子高生が数人いた。車の中などから通行人の女性を見たりすると嫌みを送信されるので遠くを見ていると「そんなに遠くをみないで目の前にいる女を見ろ」と男の声で送信された。信号が青になり車を発進させると女子高生が道路を渡ろうとしたので左折せずに止まって待っていると「婦女暴行」と女の声で送信された。サウナの更衣室にいても痒み攻撃、チクチク攻撃を受ける。サウナ室の中でも水深1メートル位のプールに潜っても声は聞こえる。

以前、声のボリュームが大きくテクノロジー犯罪と言うのを知らなかった頃、誰もいないサウナ室の中で独り言を喋ると、それを聞かれてしまいサウナ室の中にまで盗聴器が仕掛けてあるのかと思い驚かされた事がある。「タクシー無線に喋った声が聞こえてしまいまずい事になったぞ」と送信され脅迫をされた。今夜も、いつものコースぶあろう。今も耳鳴り攻撃を受けている。

それにしても狂気の凶器である。寝る。

殺意のある嫌がらせ

1時20分
やはり寝ようとすると集中的に嫌がらせをされる。嫌がらせの内容は昨日と同じように電磁波によるマインドコントロール、洗脳の世界だ。脳内音声では男の声で「精神病院に行け」、女の声で「かわいそうに」を連発される。とてもじゃないが寝られない。強烈な耳鳴りと頭部の締め付け感(後頭部に異常を来たしている感じだ)。

とにかくこれは人殺しである。こんな事が許される世の中ではいけない。

脅迫のやり方もプロ、テロリストである。

実際に人が死んだとする、郵便で脅迫状が届く、このことを人に喋ったら殺す、と書いてあったらどうするか。この手の犯罪では郵便のかわりに声が送信される。

しかし、大変な時代になったものである。

誰が、なんの為にやっているか、それが問題なのである。

犯人は低脳である可能性もある。ワイセツなことこの上ない。更に、メールチェックをする為にログインして新着メールがないと「ざまあみろ、誰からも来てねえぞ」。ホームページのアクセス数などを見ると「減る一方だ、ざまあみろ」。政治ブログなどを読んでいると「あの人は字が読めない人だから」など本人が気にしてもいない事をしつこく攻める。毎日何十回でも同じ事を言う、繰り返して聞かせる、これは洗脳の基本らしい。

9時0分
八時半に不自然に目が覚めた、耳鳴り、頭痛がする。目覚めるとすぐに「エミリー」という曲が電気ピアノのような音でメロディーのみが脳内に放送されている。合成音声のような女の声が二人くらいで何か言っている。もう1つ被害の説明をしたブログをアメーバか何かにだすか、なんて考えていたら、その腹立たしい声で「アメーバに引っ越させてあげて」、「貧乏人にはセカセカと働かせて」などと送信して来る。あまりに腹が立ったので、テーブルを足で蹴ろうと思ったら「テーブルを踏みつけさせて」と送信され、ブチ切れた。まずカセットデッキを蹴り壊す、スピーカーを蹴り壊す、MDデッキも、冷蔵庫も、戸棚も、キッチンの戸棚も、アンプを見ると「アンプも蹴らせて」とその憎たらしい女の声で送信されるのでアンプも二度ばかり蹴ってやった。すると殺してやりたいくらい気に入らない男の声で「・・・・が引っ越させてあげるよ」と自分達の組織名を使って送信して来る。「かわいそうに」と女の声で数度、心にもない言葉、嫌みなのである、を送信する。暴れだしたとたんに「ハレルヤ」を送信して来る。さながら放送局である。これだけは言って置く。間違いなく、そういう音楽ソースを沢山もっている放送局なのである。声の合成、映像の作成、録音、再生などのすべての設備が整っていて、なおかつ、子供が聞くような童謡から演歌、ジャズ、歌謡曲までの音楽ソースを持っている、そんな場所で嫌がらせを行っているのだ。しかも、夜中でも大声でわめいたりすることの出来る場所だ。

9時30分
今度は「鉄腕アトム」の歌をリピート再生している。しかも、ピッチを変えないでテンポを変える装置も持っている。「トカゲに合わせてやれ」などの脅迫も得意だ。暴力団関係の名前をずばり口にしたりするのも毎日のこと。昨夜の中年女性の「学校法人の名前を出させて」の送信がきになる。

「引っ越させろ」これも毎日何十回と聞くことばだ。

差別、迫害、人権侵害の源だ。

そして、最後にはワイセツな言葉で人をからかう。

そもそも、スパイ行為により得た情報を元に嫌がらせ、脅迫をしている集団なのである。

しかも、加害者はスパイ行為に関して全く罪の意識がないのである。

声の送信により聞かされた名前(関わったこともない名前)、聞いた事のある名前、中学、高校の同級性の名前、更に、転校生である為にこの地域では知っている筈のない小学校の同級性の名前、その時の担任の先生の名前、小学校時代のエピソードなども全部知っていて、それを嫌がらせのネタに使う、小学校の校歌を新宿に行った時に、あの人ごみの中で脳内放送をされたのには驚いた。それらの名前は数箇所のパソコンの中と取り外しメモリーの中に保存してある。勿論、出て来た名前が事件と関係があるかどうかは別であり、聞かされた団体名も加害者であると言う結論には至らない。

それは、第三者に聞かせることの出来る証拠がないからである。

電波、超音波、赤外線などが噂されているが、すべての周波数を調べなければ証拠はつかめない。更に実際に誰の耳にでも聞こえる音で嫌がらせをする場合もある。では、それを録音したからと言って何かの解決になるだろうか。相手は自信を持って嫌がらせをしているのである。

加害者達は加害行為全般について罪の意識が全くない。

12時40分
脳内への歌のリピート送信が続いている。気候が良いので少し散歩に出た。「偉い、良く表に出られる」と男の声で送信される。お昼の弁当を食べていると「鮭を先に食べさせて」、「鮭をソースに浸してあげて」など、何処かのブログの真似事をする。それとオナラをすると、すかさず臭いの送信をする。ここで問題になるのは、私がオナラをした事をどのようにして加害者が知るのか、という事である。以前に自宅でオナラをした時に、臭いの送信が1.5秒ほどずれてしまい、自分のオナラの臭いでは無く送信された臭いであることに気がついてからは、その嫌がらせをやめていたのに最近また始めた。

15時25分
オナラの臭いとか言うが、最初にこの被害を受けた時は大変な混乱であった。「オナラブー」、「オナラビー」、「オナラスー」と何処に行っても男女の声で送信されたり、口でブーっとオナラの音真似をして送信されたりした。普通はそれだけで神経症になってしまうだろう。今も、臭いの攻撃、お腹に空気が溜まる攻撃を受けていて、やや吐き気がする。歌のリピート送信も大変執拗で、加害者が送信して来た歌と、違う歌を私が心の中で歌うと、それと同じ歌を送信して来る。そこで私が違う歌を心の中で歌うと、また、それと同じ歌を送信して来る。

無意識にしていると自然に送信されている歌を口ずさんでしまう。

先ほど、仕事で公共機関に外出し、そこの人と技術的な話をしていた。すると、なぜか頭がボケて思考能力が低下して来た。次に「彼を対人恐怖症にしてあげて」と女性の声で送信され、左の瞼がピクピクと痙攣し出した。テクノロジーによる嫌がらせが酷いのでログアウトする。

18時25分
その後も攻撃を続けられている。歌のリピート送信も一秒たりとも途切れない。そして、うっかり無意識にしていると自然に心の中で歌い出してしまう。すると「あっはっはっは、また、歌ったぞ」と同じ言葉を送信して来る。それにより屈辱を受けさせているのである。加害者達はマインドコントロールの電磁波を使えば誰でもそうなってしまう事を知っていてやっている。そして「医者に行かせろ」と声の送信をする。「パーカー、パーカー」と男の声で送信している。臭いの送信もしている。声の種類が沢山あり、男だけでも5種類くらいあるが実際の人数はもっと少ないようである。とにかく口だけの人達である。

洗脳、マインドコントロール、これは現実の日本の姿である。

たとえば、極悪人が被害者の足の骨を折ったとする。

歩けない。

ビッコを引いて歩いている姿を見てバーカーと指差して笑っているのと同じだ。

21時55分
夕食後に映画を見た。最近はマインドコントロールとか思考盗聴などに関係した映画を見たりしている。映画は映画、現実は現実である。その現実の話だが、映画を見ていると男女数人が脳内音声により話しかけてくる。従って映画に対する集中力が低下してしまう。字幕に目をやると「また、字幕を見たぞ」、「あいつ英語が判るのか」など、ひっきりなしだ。途中で再生をポーズにして用足しをすると「早く続きを見させて」と言われる。また、映画には全然関係のない話をしてきたりする。「エッチしてー」、「セックスさせてー」なんだかわけが判らない。私はそれらに対して全く関係のない事を思ってみたり、その上を行く発想をしたり、無視したりしている。最後には「彼は映画の内容がわかったのか」、「もう一度見させて」などと来る。その後、音楽の事を考えているとボロクソに貶し始める。とにかく知ったかぶりで、負けず嫌いで、自己顕示欲が強く、もう、頭が上がらない。途中、耳鳴り攻撃なども交えて威嚇して来る。最後は「お前、本当に殺されるぞ」と脅迫をされて、終わりになる。

この異常な世界をアナザーワールドと呼びたい。

季節感、曜日の概念、時間感覚、などが無くなってしまうのは加害者達の聞かせる音声にそれらが全く無いからだ。物忘れが激しいのも音声を強制的に一秒も途切れる事なく聞かされているからだ。たとえば、何かやろうとして動きだすと音声を送信されるので、そちらに気が行ってしまい、その場所に来た時には忘れてしまう。そのくらい意識の中に強制的に入り込んで来るのである。

とにかく影に隠れて他人を観察して言いたい放題である。

24時25分
しつこい事この上ない。寝る。

悪魔はいる

4時15分
昨夜も酷い嫌がらせで眠らせてもらえない。全身に電気が流れるような刺激。50Hzくらいと思ったら加害者が「もう少し高い」と送信した。耳鳴り攻撃、低周波のような音、モールス信号のような音、歌のリピート送信、ひっきり無しに浴びせる口汚い中傷、体をチクチクと刺すような刺激、顔などに痒みを起こさせたり、眉毛、髪の毛が動くような感じ、その他の嫌がらせにより完全に切れた。それはずっと継続されているからだ。一秒たりとも嫌がらせはとまらない。その薄汚いやり方。全く人間として生活させないばかりか、思考の自由まで奪いとってしまう。そして脅迫。

盗み取った情報で脅迫をして、見えないテクノロジーで嫌がらせをする。

この話を知人にしたら悪魔は本当にいるねと言った。

人類の歴史上かつてない最悪の犯罪。

12時35分
今、会社で弁当を食べたところだ。12時20分あたりから耳鳴りがしている。パソコンの前では糞尿の臭いを送信されている。目覚めるとぼそぼそとして口をあまり動かさない喋り方の男がさかんに脅迫している。設定では普段音声を送信している人間が呼んで来たようになっている。「そうか、俺達の名前をだしやがったか、生意気な野郎だな、悪いけど会社ごと引っ越してもらおう、あいつの親はここに残ってもいいが、子供も連れて引っ越してもらおう」などと脅迫をしていた。眠かったので何を言っていたか覚えていないが「人的被害に遭わせてやれ」とか盛んに脅迫をしていたようだ。こちらから「そこまで言うなら、表に出てこい」と言うと「表に出るわけにはいかないが、嫌がらせだけはさせてもらう」と送信された。また「口を焦がしてあげて」などの言葉も良く使われ、その度に口の中が苦くなったり、舌、歯茎などが痛くなることがある。

起きると「夜中に出したメールを読売新聞に掲載してもらいたい」などと声の送信を受けた。歌のリピート送信は「でんでんむしむしかたつむり、、、」子供の女の声で聞える。とにかく自分達のやっている事はすべて無かったことにするのだ。「学術名統合失調症」こんなのも送信された。これが加害者の考えである。気が狂ったと噂されている同級生の名前もきかされた。

精神異常者に仕立て上げ自分達の犯罪を無かったことにしてしまう。

強制的かつ一方的に自由と人権とプライバシーを奪い上げてしまう。

本当は生きているだけで楽しくてしようがない人生を
生きているだけ苦しまなくてはならなくされてしまう。

悪魔でなければ、なんの仕業だ。

15時20分
送信される音声のボリュームがかなり下がったもののまだ聞えている。思考盗聴をしては脳内音声で貶す。歌の送信、耳鳴り攻撃、顔の痒み攻撃、性器へのチクリ痛み攻撃、臭いの送信もある。嫌がらせの上乗せで来る集団である。

長期的に毎日24時間嫌がらせをする効果とは、被害者が恐怖症になってしまい、仮に加害者が監視しなくなっても、加害者が監視しているのではないか、と思うようになってしまう事である。

こういうのを洗脳というのだろうか。

「耳鳴り恐怖症にしてやれ」などと声の送信をされた。

18時30分
音声のボリュームが下がったが被害は同じである。味の被害に関して加害者が送信している。

このところ日が伸びて良い季節である。仕事が終わってから遊びに行きたくなるような、そんな気分にさせられる。しかし何せ前代見聞の人権侵害事件である。思考することの自由、安らぎをすべて奪い取ってしまう加害者達。悪魔に食いつかれると人生終わりである。今日はなんとなく、音声のボリュームが小さいので、そう言えばこんな時もあったなあ、なんて自由であった頃の事を思い出した。その瞬間にオナラの臭いを送信され、性器にピンポイントの痛みを感じ、顔を痒くされた。

何か思考の領域を狭くさせられているような感じである。すごく小さな領域だけで物を考えて生活をさせられている感じだ。悪魔だ。

19時0分
家に帰り夕食を摂っていると、数人の若いと思われる男がド古い歌を歌って送信してきている。得意のマインドコントロール音声なので普通にしていると一緒に歌ってしまう。すると「やった歌ったぞ、聞こえているぞ」とやじる。耳鳴りのボリュームも上がっていてパルス波のような感じもする。女の声で「私達のこと悪魔だってさ」と送信してくる。

こんな嫌がらせを続けるのは悪魔しかいないだろう。本物の悪魔だ。証拠の残らないやり方で毎日24時間嫌がらせをする。しかも電波により精神状態までおかしくされてしまう。人殺しそのものである。

誰が、何処でやっているか判らない

証拠が非常に取り難い

被害者にしか聞こえない

5感すべての相互通信が可能である

あまりにも現実離れしているので誰も信用しない

電気的に苦痛を与えることが出来る

それらを最大限に利用して特定個人を武器により狙い打つ

しかも、人間にとって何が一番苦痛かを知り尽くしている

それらをすべて理解した上に集団で計画的に嫌がらせを実行する。

これが悪魔、悪魔集団でなければ誰に出来る。

それとも殺人鬼か。

世の中で一番汚い、卑怯な、人権を無視した犯罪だ。

ハッキリ言って精神異常者の集まりだ。しかも、自分達の正体を被害者に声の送信により知らせると言う大胆さである。

また、脅迫が始まった。電磁波を浴びせている。

22時10分
夕食後眠くなったのでテレビを見ながら少し寝た。お笑い番組を見ていたが相変わらず加害者はテレビの内容とオーバーラップして嫌みを送信して来る。こちらも応戦するが、加害者の言葉は終始一貫して同じ。スパイ行為により得た情報(プライバシー)に関してのみ。内容は性的な事がほとんどで、漢字が読めない言葉を知らない、などが少々。性的と言えば、随分と前の話だが、朝目が覚めた時に何かを聞かせる、と言うのがお決まりになっている。「人妻だって浮気しているんだってよ、私達もしてみようか」などと、あたかも近所の奥さんが井戸端会議をしているかのように脳内音声で聞かされた事がある。

また、私が盗撮をされて自宅トイレで小便をしている所を見世物にされたと聞かされた後に「じゃあ私達もおしっこする所見せてあげるよ、その代わり上からだよ」と女の声で送信された。これはトイレの天井にカメラが仕掛けてあると言う設定になっていたからである。実際にはカメラはないと思う。

オルガスムスまで見せてもらったお詫びに「タンポンのヒモを抜かせてあげるよ(女)」などと声を送信された。

カセットテープデッキのリモコン受光部にカメラが仕掛けてあると声の送信をされ「湯上りの映像でお尻合いになられた方は」と男の声で送信すると女が「じゃあ私もワレメにガムテープを張ってお尻の写真を取らせてあげますよ」と聞かせたりする。

この事を書こうと頭の中で思った瞬間に「・・・さんに恥をかかせると助けてくれる人がいなくなるぞ」と脅迫をされた。書いていると「ヤメテケレ、ヤメテケレ、、、ゲバゲバ」と歌を送信して来る。更に書き続けると耳鳴りのボリュームが上がり「発狂させてあげるよ」と送信される。臭いの送信もされている。その後、ど古い歌を男が二人くらいで音痴に歌っているのを聞かせる。

ちなみに、私は現在でもトイレで用足しをする時に自分の性器を見ないようにしている。なぜなら加害者の男女は私の性器の形にまで話題を発展させ著しく屈辱を浴びせられたからだ。入浴時も同じだ。タオルで性器を隠して入浴している。「あんな物でかくしても無駄だ赤外線なら全部見えてしまう」これは最初の頃に男の声で送信された言葉だ。風呂にも赤外線カメラが仕掛けてあるとか近所の家から覗いているとか声を送信されていた。また「随分お洒落な人がいるねえ、さらし巻いてお風呂に入るの」と女の声で送信された。

ただ、未だに判らないのが、目を瞑って手の指で形を作っても加害者に知られてしまうような気がするのである。わざわざ、絶対に外からは覗けない場所、角度を選んでいる筈なのに、知られてしまうようなのである。

24時0分
風呂に入ると変な懐メロのような歌をリピート送信している。「もう、許してあげよう」と何度も送信しながらの嫌がらせである。性器にチクンと痛みを送信。「かわいそうに」も連発。「学校法人の名前をださせてあげて」と中年の女性の声である。とにかく、下品、下劣、下等な人達である。

たとえばお腹に空気が溜まる攻撃をして、オナラをするとすぐに、その音の真似をして辱めたり、人前で鼻の頭を痒くさせて、鼻の頭をかかせる。

原因を作っているのが加害者で、その結果を作っているのも加害者である。

精神に異常を来たすような嫌がらせをして、精神病を作り出す。

悪魔である。

この犯罪の恐ろしい所は被害範囲がとてつもなく広がっている可能性である。たとえば病気。成人病などと言われている病気が作られているとしたら。株の取引、国家機密などの情報を盗む為に、その装置を使用していたら、考えられない事ではない。元々こういった技術というのは軍事目的に開発される事が多いし、その為に力を注いでいる国もある。武器を商品として扱う人もいる。それらが末端に下りてきて嫌がらせの道具になっている。と言うことは、すでに、、、。寝る。

スパイ

12時20分
昨夜も電磁波のような嫌がらせをされて何度が目が覚めた。最初に目が覚めた時間は覚えていないが、確か午前5時頃だと思う。全身に電気が流れているようにビリビリと痺れている。全身くまなくで、痺れ方は感覚的に50Hz程度だと思う。アースを取りたいと思うくらいだった。「ふなばしヘルスセンター」の歌もリピート送信されていた。アルミを蒸着したレジャーシートを下に敷いて寝てみたが全く効果がなく仕方ないので薬を飲んですぐに寝た。その時も男女で悪口を浴びせていた。その内容は、いつものように根拠のない、自分達の事を棚に上げた幼稚な発想である。何でもいいから嫌みを浴びせる、そんな感じである。そして次に目が覚めたのは午前9時頃で、またもや「ふなばしヘルスセンター」の歌がリピート送信されていて男の声で「いまから寝ると東京に行かれなくなるぞ」と送信された。起床しても良さそうな時間だったが、あまりにも気分の悪い不自然な目覚めで疲れだけが残っていたのでもう一度寝ることにした。

彼らはスパイである。

非常に長い年月、特定の人間の言動を監視し続け、特定個人のプライバシーに関する情報を沢山持っているのである。それらは覗き、盗聴、盗撮、ストーカー行為などを繰り返していなければ収集する事ができない内容なのだ。それこそ生まれた時からの情報をすべて持っている。しかも過去の出来事に関わった個人名までもが正確に出て来ている。しかしながら、その内容は実にくだらない、幼稚で下劣な物ばかりである。たとえば友人、知人などで顔を見て話をすれば笑い話になってしまったり、話題にもならないような内容である。それを加害者は何かとても重要な個人情報を手に入れたかのようになっているだけである。更にマインドマシン(思考盗聴、脳内音声、身体攻撃などをする装置)があると証拠を残さずにスパイ活動、嫌がらせが出来る。それらの情報収集行為が犯罪だと言いたい。

彼らは工作員である。

そのスパイ行為により得た情報(通常他人には絶対に知られることの無いプライバシーである)で、嫌がらせ、脅迫をするのである。「生き恥をかかせてやる」、「笑いものにしてやる」、「出て行け、立ち去れ、消えうせろ」、「知り合い、親族も同じ目に遭わせてやる」、「殺してやる」、「自殺しろ」、「一生嫌がらせをしてやる」、「子供も迫害してやる」などの声を毎日24時間途切れる事無く聞かせ続けている。24時間になってから1年を経過した。初めて脳内音声を聞いてから10年くらい経つかも知れない。しかも、特定個人にしか聞こえない声を使用して嫌がらせをするのである。それにより、引越しをさせられたり、酷い精神的なショックを受けさせられたり、やり場のない怒りを毎日24時間受させられたり、生活そのものを変えられてしまったり、無駄な金と時間を使わされたりで、まともに人間として生活出来なくなってしまうのである。絶対に取り戻すことの出来ない損害である。しかも、生活だけでなく精神も崩壊させられてしまうだろう。たとえ嫌がらせが無くなったとしても、この恐怖を忘れる事は出来ない。人間と、それを取り巻く環境を破壊してしまう破壊工作員である。

そして加害者は、それらの事をすべて承知した上で犯行に及んでいるのである。
集団で計画的に武器を使って特定個人を攻撃している。

目が覚めたら耳鳴り(シャー)が聞こえていた。日記を書いていると右耳の耳鳴りが少しボリュームアップした。音声送信による嫌がらせも続いている。今、思考が変になるような、普通でいられなくなる電磁波か何かを浴びせてきている。被害は何処にいても受けさせられる。

だから、拉致されて虐待を受けているのだと報告するのである。
13時30分。これから東京に向かう。

23時10分
少し家を出るのが遅れたのでスタジオ到着も30分ほど遅くなってしまった。高速道路を走行していてもボリュームの小さい音声送信が途切れない。15時15分頃に首都高速道路の芝公園あたりで運転中にオナラの臭いを送信された。目的地に到着すると、あたかも待っていたかのような音声を送信される。そして私が演奏をすると「無理しなくていいよ」などと声を聞かせ、演奏中にオナラの臭いを送信された。言うまでもなくスタジオ内外で私が何処を見ているか、私の目に何が映っているかを知られている。それに関しての嫌みを声の送信により行われる。趣味で楽器の練習をしに来ているのである。それを「下手クソだ、才能の無い男、音痴、リズム感が悪い」などの悪口を数人の男女の声でひっきりなしに送信して来る。目蓋の痙攣、顔の痒み攻撃もずっとされていた。

加害者は脳内に音声を送信されると楽器の演奏が出来なくなってしまう事を承知している。しかも、心の中で(頭の中で)何を考えながら演奏しているのか、まで盗み取っているのである。そして、演奏そのものにケチを付けるのは勿論、演奏中に盗み取った思考に対してまで嫌がらせをして来るのである。演奏中に盗み取った思考とは音楽の演奏方法である。

私は、これと同じ事を日常的にされている。

人と会話をしている時を想像して欲しい。相手の話を聞きながら、瞬時に頭の中で何かを考えたりする筈である。それを盗み取って「あいつ、今こんな事を考えたぞ」などと何かを考える度にその思考に対して脳内音声で非難をされたらどうなるか。

そして、スタジオに集まっている仲間に被害の話をしようとすると「・・・さんを同じ被害に遭わせるぞ」と声の送信で脅迫される。私としてはいつでも「こんな被害を受けています、インターネットをご覧下さい」と言う準備はある。しかし、あまりに非日常的で音楽に関係がないので我慢をしている。それにしても脅迫をするというのが凄い。ただでさえ精神、肉体に虐待を受けているのに他人を巻き込むぞと脅迫をされるのである。

24時間、毎日の嫌がらせであるので何をしていても関係はない。「じゃあもっと嫌がらせをしてやろうか」と今、男の声で脅迫をされる。ちなみに、この日記を書いていてもすべて盗み取られ、その都度嫌みを言われたり、身体攻撃を受けたりしている。

毎日、同じ手口の嫌がらせなので日記の内容も同じになり、この長ったらしい文書も執拗な嫌がらせに比例してしまう。

加害者の悪意について

加害者は毎日100回は「惨め、哀れ、笑われ者」という言葉を送信してくる。ただでさえ、脳内音声が24時間聞こえているだけで大問題なのに、盗み取った情報を利用してボロクソに貶すのである。

音楽に関しては、嫌がらせにより、その環境を奪い上げているにも関わらず、音楽の演奏の仕方を盗み取って「あいつは曲を知らない」、「歌ってないぞ」、「歌を間違えた」、「知らないなら曲を覚えさせろ」などと言い、演奏した曲をリピート送信して来る。「演奏中に歌う」と良く言われるが、その内容を説明した演奏マニュアルは世の中に無いと思う。私も教わったことは無い。そして思考を盗聴して個人的な演奏方法を盗み取り、酷い嫌みを浴びせる。

思考盗聴、脳内音声なしでは出来ない嫌がらせである。更に、「二重人格だ」、「精神異常者だ」、「パー狂え、吼えさせろ」などと送信するのである。

21日1時5分
今、風呂から出た所だ。なぜか風呂場とかトイレ、台所のある建物の北側に行くと音声が良く聞こえる。先ほど風呂に入る前に食器を洗っていると「お前が間違えた曲を覚えさせてやっている」と男の声で送信された。

「うんと悔しがらせてやれ」、「歯軋りさせてやれ」と声の送信をされる事が多い。間違えたと言えば加害者は人生そのものを間違えている。加害者の言動はすべて間違いである。なにせ重大な犯罪なのだから。

ようするに手段を選ばない嫌がらせなのである。徹底的に嫌がらせをして精神異常又は自殺に追いやるのが目的である。「あなたの為に、、」と言う台詞を良く聞かされるがすべて嘘である。その証拠に嫌がらせは止まらない。

一番人間が嫌がる事を知っていて実行しているのだ。何かをすれば、すべてを貶す。それしか出来ない犯罪者集団である。証拠さえ残らなければ何をやってもかまわない、らしい。

視野盗撮という言葉があるらしい。全く適切な表現だと思った。行きに高速道路を走っていると「そんなに小さな車でスピードを出すと危ないぞ」と声の送信をされた。帰り道に車を運転していると「その角を曲がらせてやってくれ」、「次の角を曲がらせてやってくれ」と、しつこく送信された。

ちなみにテレパシーで会話が出来てしまうというのは説明するまでもなく強制的にその状態にされている。

今も「ふなばしヘルスセンター」の歌をリピート送信している。寝る。

偽善者

11時50分
先ほどまで寝ていたが、朝7時半頃に夢を見ながら数々のインタビューを受けて、それに答えながら目が覚めた。スパイである。テクノロジーを利用して他人の脳の中に浸入し思考を盗み取る。スパイだ。昨夜もこのスパイという言葉が気に入らないらしく耳鳴りをさせられた。右耳が主である。今度は偽善者というタイトルが気に入らないらしく耳鳴りをさてくる。電気的に拉致されて虐待を受けているようなものである。いや、それ、そのものだと言いたい。

目覚めると「君の行く道は、果てし無く遠い、、、」と歌をリピート送信する。そんなに急ぐことは無い、などと声の送信によるアナウンスまでして来る。更に、顔を洗っていると「君の行くところは、アッチだ」と指をさして(イメージの送信)両親、子供のいる、同じ敷地内の家を示す。これは以前から何度もやっている事だ。「家族と一緒に生活しなさい、それがあなたの為です」、「そうすれば許してやる」こんな言葉を脳内に送信して来るのだ。「私達はあなたの為にしているのです」このようなメッセージは他の被害者にも報告されている。覗き、盗聴、盗撮、ストーカーなどのスパイ行為、一秒も途切れることのない脳内音声、「苦しめ、苦しませてやる、自殺させてやる」こんな言葉を浴びせ続けている人達。被害者の嫌がる事しかやらない。しかも人類の歴史始まって以来の人権侵害。そんな人達が「あなたの為を思ってやっているのです」これでは偽善者、ホラ吹きである。

なにせ前代未聞なので形容する言葉がない。

人権を返して欲しい、それだけである。

『ウィキペディア(Wikipedia)』にも思考盗聴という項目があり、わかりやすく書いてある。反論も書いてある。地球が丸なのか、平らなのか、の論議のような物だと思う。

正直、本当に残念である。

加害者は悪魔だ。

今も日記を書いていると頭部に違和感を生じ、言葉では説明出来ないが、頭がボケてきた。ログアウト後に「訴えてやれ」、「逮捕してやれ」、「ありもしない事を言って他人に迷惑をかけている」と声の送信をされた。今、タイプミスを訂正するためにログインし直したが、そんな感じにさせられてしまうのである。タイプミスを起こさせる、そんな精神状態になってしまう。武器による攻撃だ。

17時5分
先ほどは同じ被害を受けている方にメールを書いていたが、急に吐き気がしたり、顔が痒くなったりした。その後、子供を連れてホームセンターに買い物に行った。その時もずっと音声の送信をされた。悪口ばかりを数人で、まくし立てるように、ひっきりなしに浴びせられた。「地球はお盆のようだ、で訴えてやれ」から始まり、とにかく大変だ。そしてコンビニで弁当を買って帰って来て食べている間もずっと。音楽(自分の演奏した物)を聞いているとリアルタイムで盗聴して脳内に悪口を送信して来る。そしてネットで参考文献などを購入すると「・・・さん、明日から恥をかかされるよ」と女性の声で私の名を口に出して脅迫をして来る。更に「お腹を一杯にしてあげて」と、やはり女性の声で送信後(これは今、起こっている)、お腹に空気が溜まるような感じになり、吐き気がして来る。耳鳴りもしている。体が痒くなったり、チクチクしたり、部分的に電気が流れるような変な感じがしたりする。勿論、臭いの送信、目蓋の痙攣も行われている。と、書いた瞬間に「誰が信じるか!」と男の声で送信された。

誰が信じなくてもいい。

あなたと私は知っている。

22時10分
その後レンタルスタジオで音楽の個人練習をした。結構大きな音量で練習していても送信される声は聞こえる。とにかく数人で寄って集ってひっきりなしに悪口を浴びせて邪魔をする。最後は「明日も東京で名前ほ呼んでやる」と脅迫された。今、これを書いていると「そうさせて」と女の声で送信される。スタジオは車で20分ほどの所だが帰りの車の中でもずっと歌のリピート送信をされ、帰宅後も続いている。その後、録音した音声の周波数の解析を行っていると静かに見守っている。かなり気にしているようだ。最後は「なんだ、録音できてないのか、嫌がらせしてやれ」みたいな感じである。そして臭いの送信をしたり、顔を痒くさせられたり、マウスを持つ手に「悪い手だ」と言い、チクリと刺す。その後「ふなばしヘルスセンター」の歌を数人で歌っている。ボリュームは小さいが途切れることのない音声の送信。耳鳴り攻撃もされている。

目に映った文字もリアルタイムで盗まれる事は間違いない。液晶ディスプレイに表示されている文字も盗み取れるようである。なぜなら、そこに目をやった瞬間に加害者は、その文字を読み上げるからだ。こちらが読まなくても目がそこに行っただけで判るようである。そして、加害者達は全く罪の意識がなく、「あらそれじゃあ、、、してちょうだい」などと遊んでいるのである。

殺意がある。これだけははっきりさせたい。
武器を使って強制的に人権を奪い取り、虐待を繰り返して喜んでいる。
証拠が取れないから好きなように嫌がらせをする。
そして彼らは自分達の犯罪に関しては絶対に触れない。それが無かった所から彼らの話が始まるのである。理屈などは全くない。一方的かつ強制的に、人間を拉致、または奴隷にしているような物である。私は長い間口汚い悪口を聞かされて、逆らうと耳鳴り、めまい、などの虐待を受けている。当然、人間が変わってしまう。間違いなく、洗脳行為である。

24時間、聞きたくもない音声を強制的に聞かされていたら人間どうなるか。
頭の中で考えている事をすべて盗み取られて、それを音声でしらされたら、人間どうなるか。
プライバシーのない生活を強制的にさせられたら、人間どうなるか。
それも長期に渡って。
更に、肉体的な虐待に近いテクノロジーによる嫌がらせをされたら。

殺人より思い罪だと思う。

また、耳鳴り攻撃と頭を締め付けるような攻撃をされている。

22時45分
耳鳴り攻撃、「ふなばしヘルスセンター」歌攻撃、電磁波のような頭痛のする攻撃、めまいのする攻撃を続けている。声では私に引っ越せと命令してくる。すぐ側にも俺達の仲間が住んでいるんだ、引っ越せ、他所に行け、この連発である。歌はいい年をした中年の男女がメインで合唱している。テクノロジーでは被害者の体の任意の場所にピンポイントで痛み、痒みを起こさせる事が出来る。

全く持ってテロリストである。
破壊工作員である。
ほとんど無音でこれだけの攻撃を加える事が出来るのである。

「私達に逆らうと生きていけなくなる、思い知れ」と脅迫をする。

これが日本の現実である。

23時丁度
全く普通の思考が出来ない状態にさせられている。顔が痒いなんてのは序の口で体が痛くなり、手、耳などが痛い。頭が締め付けられるようで左右のコメカミが圧迫される。めまいがして画面を見ることすら出来ない。無音である。内臓にも異常を感じる。肝臓にも異常がある。男の声で「そこを出て行け」と何度も音声を送信される。その声は最初からよく効かされている実に聞き覚えのある男の声だ。肩が異常にコリ、クソの臭いを送信されている。心臓にも異常があり心拍数が高くなる。「かわいそうに」と言う女の声が嫌みに聞こえる。

この手の犯罪を理解している人と先ほど話しをしたが、わけのわからない殺人事件、一家心中、などはすべて音声送信と関係があるだろうと言っていた。有り得る話である。タクシー運転手殺人事件の米兵の証言「殺せと声が聞こえた」これは大問題のはずである。

24時30分
キチガイ騒ぎが続いている。相手が嫌がるようなブログを読んでいると「あいつは字も読めない」と男がいつものように嫌みを送信してくる。そしてざっと目を通していると女が間違って字を読んだ。早とちりをして、知ったかぶって書いてもいない字を間違えてよんでしまった。そして「ふなばしヘルスセンター」の歌をお祭り騒ぎのようにみんなで歌っている。大きな声を出しているように聞こえる。キチガイである。くどいようだがスパイ行為、人権を無視した嫌がらせに関しては全く触れず、なんの悪びれもなく、嫌がらせをして来る。先ほどの信じられないような攻撃を過ぎてやっと思い出した。

なんと哀れな人達だろうか、スパイ行為は無かった事にして、武器を使って特定個人に対してだけ、聞こえる音声を送信して、その間だけしか優越感に浸れない。なんと可愛そうな人達か。犯罪者なのである。下手をすると国家を転覆させてしまうような武器を使って「人間をおもちゃにしちゃえ」と平気で言ってのける人達なのである。

そんなに人に自分達の存在を認めてもらいたいのなら堂々と表に出ればいい。

そんなに歌を聞いてもらいたいなら、外で大勢の前で歌えばいい。

何か世間に訴えたい事があるなら犯罪でなく法に乗っ取って言えばいい。

思考盗聴をされ脳内音声で嫌がらせをされた人はたまったものではない。

嫌がらせの対象は何もすることの出来ない無抵抗の人間である。

すべてを奪い取ってしまう。キチガイだ。そして対象の人間が嫌がっている事を承知でやっている。

自分達のやっている事は何一つ間違っていないと信じている人達だ。

そして、こんな日記の文の書き方にまでクレームをつける。そこには漢字を使って欲しい、そこに点を打って欲しい、一行あけて書いてね、句読点が多すぎる、細切れの箇条書きのような文だね。表現能力がないね、言葉をしらないんだよ。これはほんの一例で、読んでいるときも逆をやったりする。いや、着ている服にも毎日文句を言っている。とにかく、すべて、全部、貶すのである。朝起きてから寝るまでのすべての言動に干渉するのである。これはやられた人でないとわからない。

最後はテクノロジーによる虐待に移る。「眠らせて」と女の声で送信される。耳鳴り攻撃が始まる。顔が痒くなる。

20日1時55分
今日もキチガイ工作員の遊びにつき合わされこんな時間になってしまった。とにかく異常な人達で何かと偉そうな事を言いたいらしい。知ったかぶりと言うか、もう、ありきたりの言葉では表現できない。すかさず「自己顕示欲という言葉をしらせてあげて」などと送信して来る女なのである。いくら完全犯罪だからと言ってここまで恥知らずで猥褻かつ陰湿だと前代未聞、絶句してしまう。普通の言葉は全くあてはまらない。実は私は加害者を罵る為に自分で沢山言葉を作ったがここには書けないので遠慮する。加害者を表現するには全く適切であると思える歴史的な名言がすでに他の被害者に寄っていくつも作られ掲載されている。寝る。

周期

2時45分
また睡眠妨害で目が覚めた。就寝が12時であるが、まず就寝前にヘッドフォンで音楽を聞いていた。勿論、音楽を聞いていても声は送信され、聞こえて来る。聞いている音楽の批評をしたりしている。ヘッドフォンを外すと右耳が詰まったような感じになっていて、耳鳴りがしていた。これは音楽を聞いたからではなく攻撃によるものと判定する。その後すぐに床につくが、それよりもっと高い音の耳鳴りをさせられる。低周波のような音も聞こえていたと思う。顔の痒み攻撃、アンモニア臭なども送信される。しかし、臭いは顔を背けるとなくなるので、20センチくらい頭の位置がずれると無くなるのかも知れない。そして、閉じた目蓋の中に映像を送信された。その映像は実に巧妙に出来ていて、暗い所で目を閉じると光の残像が残ったり、意味のないノイズと言うと変だが、そんなような物が映っているのが普通だと思う。ピンク色というか赤と言うか、白っぽいような黄色っぽいような、ビデオなどの画面の表現で言えばノイズである。それが何かの模様にたとえる事も出来ると思う。わざわざそんな事を考えたり、意識しながら寝る人はいない。私も意識した事はない。しかし、昨夜はその、自然に発生する閉じた目蓋の中の残像に見せかけて映像を送信された。これが実に巧妙に幻覚的にみせているのだ。声による嫌みも送信されていたが無視して寝た。眠れた。

そして先ほどめが覚める時に、ある周期を感じながら目が覚めた。目をぎゅっと硬く閉じたり、あくびをした時に耳がグーっと鳴ると思う。誰でも。その音というか体の振動の音というのだろうか、目が覚める直前のことなので良くわからないが、そんなイメージだ。グーっと言うのが5秒続いたら、何も無いのが5秒、みたいな周期を何度も感じながら目が覚めた。そのグーっという振動がたとえば50Hzの振動かもしれない、などと言うと考えすぎかなと思う。目覚めるとやはり女数人の声がしている。「右に何回、左に何回」金庫の開け方の話である。そして少しすると音楽を送信し始めた。「・・・を呼ぼう」と言っている。良く出てくる男の名前だ。それを呼んで嫌がらせをさせるぞ、と脅迫でもしているかのように聞こえる。オナニーがどうしたオルガスムスがどうした。ごちゃごちゃ喋りだした。デタラメの話をわざと聞かせているので、やっぱり電気的なマインドコントロールとか洗脳の実験をしているのではないかと思ってしまう。

後、目覚めてすぐに気が付いたのは頭の皮を動かす話である。ぎゅっと顔の前に力を入れると頭の皮が前に少し動くと思う。そして後頭部から耳あたりに力を入れるような感じにすると頭の皮が後ろに動くと思う。精神の覚醒状態と頭の皮の位置などの関係があるかも知れない。電磁波か何かを浴びせられて興奮状態というかイライラさせられている時は後頭部に違和感があったり、頭の皮が突っ張った感じになる。頭がボケて思考能力が低下(何もやる気がしないとか眠くなる状態)させられている時も後頭部に違和感がある(後頭部の違和感は表面のような、脳の内部のような、どちらとも表現できない)。良くわからないが額に違和感があったり、脳天に違和感があったり、いろいろ感じるのでなんともいえない。顔つきまで変わっている可能性だってある。当然だが、テクノロジーで精神状態に変化をさせられても、精神状態は顔に表れるのが人間だと思う。寝る。今3時20分だ。

11時
朝は9時に目が覚めると同時に声の送信が始まる。「まいちゃんたら ぎっちょんちょんで ぱーいのぱーいの ぱーい」と歌を送信された。そして、昨夜の睡眠妨害時の日記に対して「あれじゃあ低周波を使っている事がばれちゃうじゃない」などと送信する。実際に低周波を使っていれば、そんな事は言わないと思う。その後女の声なども交えてひっきりなし。10時に会社に入り1時間ほど仕事をした所で嫌になった。うるさい。声の送信がうるさい。今日は耳鳴りは無いみたいだ。

15時20分
今日は耳鳴りはそれほど無いし、隙あらばリアルタイムの嫌がらせも少ないが、臭いの攻撃は受け続けている。それとリピート送信の歌が「ぎっちょんちょん」から「めーだーかーの学校は かーわーのーなかー そーと覗いて見てごらん」にチェンジされ、ゆっくりとしたテンポの子供の女が数人で歌っているようなのをリピート送信している。

17時0分
相変わらず「めだかの学校」の歌のリピート送信が続いている。仕事の進みは極めて遅くなる。考えると聞えるのである。ボリュームは小さいが、わけの判らない言葉を男女の声で送信して来る。先ほども「あいつは字がまったく読めん、あんな奴は会社の責任者には不適切だ」などと送信してきた。勿論、数々の脅迫も聞えるし、臭いの送信、痒み攻撃なども受け続けている。

19時45分
今日は仕事が早く終わったので子供が欲しがっていたダンベルを買いに出かけた。送信される音声がうるさいので口笛を吹きながら運転していると、すぐにそれを録音され送信された。その音はいつも聞かされる音声よりはアナログの雰囲気がしていた。それほど音が鮮明でなく、色鉛筆で書いた絵にくらべてクレヨンで書いた絵のように聞こえた。そして、帰り道では「テクノロジーによる罪を受けさせよう」と中年の女の声で送信された。少しすると右耳がうるさい。生活音の中で周波数の高い音がすると、すごくうるさく感じる。丁度、爆音でも耳にした後のような感じになっている。今日は家で音楽でも聞こうと思っていたら「音楽なんか聞かせるな」と送信された。とにかく音声の送信は続いている。

22時0分
先ほどから2時間、ネット上の記事を読んでいた。被害者のブログなどを読んでいた。酷い時は全く途切れることのない音声だが、今日は少し違い、付きっ切りで監視してはいるが声を出さないでいる。しかし口を開くと嫌みと悪口と脅迫であるが、それを浴びせられると思わず独り言でもいいから言い返してやりたくなる。どのくらいの間音声が聞こえないのか判らないが1分以内だと思う。酷い時は一秒たりとも途切れないわけだから、少しは静かになったように感じる。或いはボリュームが小さいだけなのかも知れない。耳鳴りはしているので気にすると嫌で、嫌で、たまらなくなる。体が痒くなったり、チクチクしたりなどの被害もある。あるホームページを読もうとすると「それ以上読むな、そうすれば許してやる」と送信される。

それにしても少数派である。

被害対策、なるべく気にしないようにする。
出来れば、加害者にお願いをする。

その程度である。

19日1時45分
明日は休みなので寝るのが遅くなってしまった。その間に音声アナライザーソフトとジェネレーターソフトをダウンロードてし録音した音の解析、ジェネレーターにより耳鳴りと同じような周波数を探したりしていた。その間も、スパイ行為をしては嫌がらせの音声を送信された。結局、一日中テクノロジーによる嫌がらせにより振り回されていたことになる。今も、耳鳴りのボリュームが上がった。お腹に空気が溜まって来た。

人間とは思えない、感情の、ある部分が著しく欠落している人達だ。寝る。

酷い脅迫

3時
睡眠妨害も本格的になって来た。脳内音声を使って数人で悪口をひっきりなしに浴びせてくる。数時間経っても眠れない。顔を痒くさせたりする。音は低周波のうなり音、モールス信号の音、シャーっと言う高い音、更にキーンというひときわ高い音。この場にはとても書くことが出来ないような言葉を使い悪口を浴びせ、最後は「彼には一言も喋らせるな」と送信して来る。これは思考盗聴返しをする間もなく強烈に嫌みを浴びせ続けろ、と言うことだ。

そして、暴力団にあわせてやれ、血をみさせてやれ、追い出せ、と送信している。

9時50
その後はなんとか眠れ目が覚めたのが9時。目が覚めるとデタラメ言いたい放題。デタラメでも何でもいいから嫌みを送信したり、脅迫をしたりする感じ。「殺して来い」、「逮捕してやれ」など。耳鳴りがしている。歌の送信も何種類かを数秒づつチェンジしたりして結局リピート送信。口汚い中傷の送信もエンドレスだ。

もう、最近は何も書くことが無くなってしまった。いままでは毎日の被害報告の中に、被害を受けて気づいた事、過去に送信された言葉などを交えて書いていたが、もう、ほぼ出尽くしてしまった。後残った内容はネットブログには書かない方が良さそうな物だけである。ただ、毎日被害を受けていると言う報告だけはしようと思う。

12時20分
思考盗聴、脳内音声を使い一秒も途切れることなく嫌がらせを続けている。内容はすべて同じ。その程度の人間なのである。表に出て来ることはできない、そういうやり方しか出来ない人達なのである。
昨夜から集中的に嫌みを浴びせている、それも憎しみを込めて。今も女が「何て書くか見てろ」と言いながら待っている。音楽のリピート送信も続いている。「許してやれ」、「許すな」この言葉を好んで使う。これは間違いなくテロ行為である。今日は早口でまくし立てるように喋っている。

14時55分
思考盗聴、声の送信、歌のリピート送信、顔に痒みの攻撃。今日は特に集中的に悪たれを浴びせて来ている。なぜか後頭部がボケている感じである。嫌がらせに耐え切れずにイライラしていると女の声で「おしっこ漏らさせてやれ」と上乗せをしてくる。

17時40分
歌のリピート送信が気になる。これは、感覚的に、脳に直接送信されているような、脳の一部を奪われているような、無意識にしていると一緒に歌い出してしまったりする。しかし、自分が絶対に踊らされない(呼吸をとめて、舌を絶対に動かさない)状態にすると聞えない。なぜだろうか、自分の脳の一部を利用しているとしか思えない。だから、脳の使い方によって聞えたり、聞えなかったり、するのだと思う。そう書いている今、「じゃあ、強制的に聞かせてやれ」と声を送信される。送信の強さでコントロールするのか、別の方法で送信してコントロールするのか、いずれにしても耳ではないく脳に直接送信している。瞼の痙攣攻撃も受けている。送信される曲のチェンジの素早さは特筆もので、頭の中で一瞬、違う曲のメロディーを1秒程度考えただけで、相手に伝わり、私が頭の中で考えた曲にチェンジされてしまう。今日リピート送信されている曲は正確に曲名は知らないが「ボサ アンティグア」とか言う曲で女の声でメロディーだけを歌っている。「らーらららー、ららららーらららー」という感じでメロディーを歌っている。女の声でと書くと男の声に変えて、すぐ送信したり出来る。薬の臭いのような口の中が苦くなるような攻撃も受けている。今日は、まともに仕事をさせてもらえなかった。

23時20分
今日も未だに歌のリピート送信が止まらない。テレビを見ていたら金庫を開ける場面が出た。「彼の家と同じじゃない」と声の送信をされたような気がした。そんなことも有り得るだろう。「もう書くのをやめなさい、そうすれば許してあげよう」と送信されたかもしれない。インターネットの読み込みが極めて遅い、なぜだろう。寝る。

もう、うんざりである。一旦、ログアウトした後に催促をされた。会社の金庫の番号(開け方)を加害者が知っていることを書けというのである。確かにテレビを見ながら番号、順番を言い当てられたような気がしている。私はそのときにわざと違う番号、手順を口にしていたので定かではないが。ただ、問題は私の思考盗聴で盗まれたのか、別の方法で知ったのか、それが問題なのだ。今も、右にいくつ、とかしきりに言っている。寝る。歌はリピートされている。

擬似精神病

10時
昨夜も就寝時に嫌がらせをされた。朝4時に目が覚め、思考盗聴と脳内音声で嫌がらせをさせた。女の声で「勃起したまま、おしっこさせて」などと送信された。実際このようにワイセツな言葉は毎日のことである。やはり目覚めた瞬間から思考盗聴は始まるようだ。それと、気になるのが寝ている時の体勢などである。どんな姿勢で寝ているか知られているような声を送信されたりする。次に目が覚めたのが10時少し前だ。

私は声が聞こえると親に話したら、勝手に病院に相談にいかれ、精神科に連れて行かれてしまった。声が聞こえたのは事実であり、脅迫などをされたのも事実であり、耳鳴り攻撃で家に住めなくされたのも事実であるので、すんなりと病院に行った。保健センターにも行った。結果は軽いノイローゼ。医師は声を聞かせる嫌がらせに関しては「私の専門外なので判りません。私に出来ることは薬で少しでも楽にする事です。」と言った。薬を沢山もらったが、どれも飲むと体がだるくなるだけで、これといった効果はなので、すぐに薬を飲むのをやめた。すると脳内音声で言う「あいつは医者からもらった薬を飲んでないぞ、医師の指示に従っていない」、「せっかく出された薬を捨ててしまっているぞ」などだ。しかも、テクノロジーによる嫌がらせだと判ったのが医者に行ってから2年くらい経ってからだ。今は睡眠導入剤というのを半分だけ飲んでいる。寝る前に半分、夜中に目が覚めると半分。

従って、睡眠妨害で朝の5時に起こされると、薬を飲む。必然として起床時間は遅くなる。会社に行くのも遅くなる。親族の経営する会社なので、なんとか誤魔化しているが従業員には、怠けていると思われるに違いないし、近所の人にも当然そう、思われる。しかも、度重なる嫌がらせのストレスで夜中にわめいたり、物を破壊したりするので、その件でも近所では噂をされているだろう。更に、精神科の医者に行っている事は知れてしまうだろうから精神病の扱いにされてしまう。これについては加害者が一番良く知っている事で今でも隣近所の人の名前や、会社の人の名前を出して「お前のことを嫌っているぞ」、「お前を怖がっているぞ」、「笑われ者にされているぞ」と声を送信している。

他人に5感情報通信による嫌がらせの話をすると5人に2人は絶対に信じない。もう1人は信じてくれる。あと2人は話しは聞いてくれるが、恐らく信じていないだろう。勿論、強い説得とか、裏付けになる資料を見せて時間をかけて話をしてはいない。何しろ各種攻撃、報告されている被害に関しては、私自身が最初はすべてを信じていなかったのであるから、経験のない人に無理に説得する意志などは全くない。更に、日常に関係のない話なので興味がないのである。誰それかまわず資料などを見せてテクノロジーによる嫌がらせがあるのだと言うことを喋りまくるのは簡単であるが、なかなか、そうも行かないのが現状である。

思考盗聴は犯罪だと思う。しかし、声を送信されたり、身体攻撃をされたりしなければ被害者は何も気が付かずに、普通に生活が出来る。音声送信、身体攻撃などにより危害を加えるので事件になるのである。音声も24時間でなければ、まだ、嫌がらせだと気が付かないかもしれない。事実、私がそうだったから。これは精神病を作りだしているのである。手間隙をかけて一生懸命、何人もの加害者が毎日24時間付きっ切りで精神病に仕立て上げているのである。

今も、頭がぼやけて来てしまった。頭の右半分が変に感じである。耳鳴りも右耳だ。これは、この日記を書いている途中からなったので、間違いなく攻撃である。

音声などの攻撃だけでなく、直接、精神状態を普通でなくさせることが可能なのである。

恐らく長期に渡って実行することにより何かの効果を期待しているのだと思う。

そして、先ほどこれより上の部分に誤字というかタイプミスを発見したが、頭をボカされていた為に、タイプミスの箇所を発見できずにログアウトしたら「ざまあみろ、どこが間違っているか判らなくさせとけ」と男の声で送信された。とにかく、そんな集団なのである。誰にでもあるミス、誰でも考えるような私的な思考を、その個人特有の物であり下劣であるように思い込ませ嫌がらせをするのである。タイプミスは探さないことにする。

13時
昼休みが終わり事務所に戻ると耳鳴りがして来た。先ほどもテクノロジー被害のサイトを見ていたら「見れば、見るほど、苦しませてやる」と男の声で送信された。リピート送信の歌は「メリーさんの羊」だ。

15時30分
CADにより図面を書いているが相変わらず思考盗聴をしながら脳内音声で干渉してくる。知ったかぶりと言うか何というか、専門用語などを口にしただけで自分が偉いのだと、知識があるのだと、言いたいようだ。たとえば図面を半分に切った状態の図を書いた後にすぐ「ハッチング」という言葉を送信したり。試し書きをしながら物の構造を考えているのに「また、間違えた」、「寸法違い」などと送信をする。しかし、間違えてはいない。社内にいる別の人間の名前を出して「・・・に図面を書かせてあげて」などと嫌みを送信する。送信される言葉はほとんどが後付である。加害者達は何が悔しいのだろうか、なぜそんなに知ったかぶりたいのか、他の被害者の方も推測しているように下劣なのであろう。とにかく、被害者の気分を悪くさせる事が目的なので、物事の基本を知らなくても、なんでも良いから貶すのである。その結果、加害者の無知さが露出してしまう。そして、お気に召さないと耳鳴りなどの攻撃をして来る。その為に普通の3倍も4倍も時間が掛かってしまう。

ログアウト後にパソコンのある部屋から離れると、私に対して「間違いを指摘されたのが悔しいんだ、だから日記に書いているんだ」と送信した。そして、作業場で人と仕事の話をしている時に近くにいた女の人の方をなんとなく見ると「女のことばかり見ている」と送信する。最後は「腹いせに、毎日、間違いを指摘してやれ」と男の声で送信してきた。

18時40分
先ほどからイライラ電磁波か何かを浴びさせられているようだ。全く集中力が出ないで頭の皮が突っ張ったような感じになりイライラする。相変わらず声による嫌がらせと脅迫が続いている。16時頃には歌のリピート送信が一時的に止まっていたが、16時20分頃から再開された。「山寺のおしょさんが、、」という歌をリピート送信している。仕事中に糞尿のような臭いを送信され、お腹に空気が溜まる攻撃をされる。書くのも面倒だが、顔の痒み攻撃、チクチク攻撃、苦い薬の味攻撃、性器の違和感などを継続されている。

この状態では我慢をしなければ、暴れたりしてしまうだろう。やり場のないストレス。人権を真っ向から無視した虐待攻撃。更にイライラ攻撃。

擬似精神病の世界だ。

「本当の精神病にしてやるよ」、「他の人も同じ被害に遭わせてやるよ」などの脅迫もする。
今、ちょうどイライラ攻撃を受けているのでどんな状態か説明する

後頭部に違和感がある
頭の皮が突っ張った感じになる
目の焦点が遠くを見ているようになる
自分のやろうとした事を瞬間的にわすれてしまう
緊張状態になる(しかし、どこか麻痺した感じ)
極めて落ち着かなくなる
人に見られているような気がする
挙動不振になる
せかせかして時間が長く感じる
非常にイライラする
普通の思考が出来なくなる

その他

耳鳴りがする
顔の表情まで変わったりする
頭痛がする
顔、頭などが痒くなる

上手く説明できないがこんな感じになる。これが擬似精神病の世界だ。
そんな状態で他人に接したらどうなるだろうか、顔を見ただけでも怒っている、なんて思われたりするだろう。また、挙動不審の応対をすれば変に思われるし、人と話をしている時に少し強めの音声送信をされると相手の話より、送信される音声に神経がいってしまい会話を聞き逃してしまう。また、人前で強制的に顔、頭などを痒くさせられたりする。変な人だと思われること間違いなし。

20時15分
相変わらず電磁波のような物を浴びせられているようで耳鳴りもしている。音声の送信も止まらないのでふてくされていたら「ざまあみろ」と声を送信されたので、政治ブログを読むことにした。テレビを見れば、その内容とオーバーラップして嫌みを送信する。音楽を聞いても同じ。本を読んでも同じ。被害者のブログを読んでも同じ。何もさせない。政治ブログを読んでいると読めない字があったりする。加害者はここぞとばかりに攻め込んで来る。一日何十回でも同じ事をする。と、言う事は読ませたくないのだろう。だから嫌がらせをするのである。ならば読んだ方がいいに決まっている。

加害者はアホのように前向きなことを何もしないでいるのを喜ぶ。

また、ワイセツな会話を何よりも好んでいる。

今も政治ブログを読んでいたら性器の周辺にいたずらをされた。

23時10分
20時30分よりDVD鑑賞をしていたら酷い耳鳴り攻撃を21時30分頃まで受けた。とにかくDVDを見ていても音声の送信で、その内容にまで干渉してくる。最後は「テープを止めさせて」と女の声で送信されてしまった。とりあえず最後まで見た。ハイテク監視装置の使われている映画だった。今も演歌か何かを送信したり、2~3の曲を淫らに送信している。

24時30分
何かと妨害工作が多いようだ。被害者を孤立させようとしているみたいだ。寝る。

仄めかし要員

9時15分
昨夜はコンデンサマイクとICレコーダーで録音をしながら寝た。就寝が1時頃だと思う。そして朝5時頃に夢を見たような気がして目が覚めた。するとすぐに「悔し、悪口を言う」、「悔し、嫌みを言う」と声を送信された。男と女が何度も送信していた。この言葉は私が目が覚める直前に夢の中で言った言葉である。実際に声には出していないと思う。加害者が「悔し、悪口を言う」を目が覚める直前の私に送信して、それが自分の内部から出てきたと思わせたかったのだと思う。そしてトイレに行きもう一度寝ようとするが、本当にしつこく何度も何度も「悔し、悪口を言う」を送信された。非常に眠くて加害者に向かって言い返すのが嫌だったので無視していたが、あまりのしつこさに言い返した。「自分達で送信した返事なのに被害者の言葉のようにするな、バカ」。私は絶対に「悔し、」と言う古い文語調のような言葉は使わない。加害者達は以前俳句のような事をして遊んでいた。人の悪口を俳句か何かで表してみたり、いろはカルタを使い悪口を送信していた。従って私の内部から出た言葉ではない。送信された言葉をあたかも本人が喋ったようにみせかけたのである。その手口で毎日私に送信を行っている。

「仄めかし」というのも良く聞く。これに問題があり、偶然の一致に見せかけて嫌がらせをしたりするのである。しかも、声の送信ではなく目の前で実際の声により行うのである。手口は直接、「あなたの事を今言っているのですよ」ではなく、日常どこにでも、誰にでもあるような会話の中に被害者の私生活を知っているかのような言葉をさりげなく聞かせる。勿論、世間話のように聞かせたり、唐突になんの脈絡もなく聞かせたい話が強引に出てきたりする。私も何度も体験している。問題はその要員である。仄めかしを頼まれただけなのか、思考盗聴、脳内音声の事を知っているのか。あるいは、全くの偶然の一致なのかである。ただ、何度もやられていると偶然の一致である可能性は低くなる。しかも脳内音声で聞かされたキーワードがそのまま出てきたりする。

要員である。何も知らずに頼まれただけなのか、思考盗聴などのことを知っているのか、或いは加害者そのものなのか、依頼者なのか、などである。これは被害者によっていろいろに説がある。

今日も目覚めとともに歌のリピート送信と声の送信をされている。耳鳴りもする。

11時55分
今、外出先から戻ったところだ。外出先でも音声の送信で嫌がらせをされた。朝起きた時に歌をリピート送信されていたので、自分で違う歌を歌い直したら、それを女の声で歌われてしまいリピート送信されている。無意識にしていると一緒に歌わされてしまう。すると「また、歌ったぞ」と同じ事を何度でも繰り返している。やっている方も最近はバカげていることを承知していて、それでもやっていると言った感じである。

12時30分
先ほどはお昼前だったしトイレに行きたかったので簡単に済ませてしまった。ここでもう一度、歌の説明をして、その後トイレでまくし立てるように送信された内容に関しても報告する。朝起きた時の歌はジャズの「but not for me」という曲のメロディーを子供に近いような女の声ゆっくりしたテンポでリピート送信。私が歌い返したのは「ボサ アンティグア」とか言う曲のメロディーである。それを、思考盗聴で盗まれ女の声でリピート送信された。トイレでは大便をしていると「早く、おしりを拭きに行って上げな、拭き逃げしちゃいな」と中年の女の声で連発送信された。

この「おしりを拭く」という言葉には意味がある。実は何年か前に川原に車で行き休憩をしていると、女数人のストーカーと言うのが追いかけて来ていた。私の行動を観察しながら何やら喋っている。「草むらで押し倒しちゃえ」とか、色々聞える。そして、私が帰ろうとすると、一人の女が仲間の女に「濡れてきちゃった、ちょっと待っててね、おしり拭いてくるからね」などと言っているのである。これは、すべて声の送信であり実際に追いかけて来てはいないと思う。こんな話ならいくらでもある。それよりも問題は被害を受けた人にしか理解されないと言うことである。声被害を受けた方なら加害者のワイセツさを知っておられる筈だ。私がネットのホームページを見て間違いなく、この人達と同じ被害を受けている、テクノロジーによる被害だ、と確信したのは口汚い中傷とワイセツな言葉なのである。

15時15分
「ボサ アンティグア」とか言う曲のメロディーはずっとリピート送信されている。そしてなにやらボリュームは小さいが声の送信、臭いの送信などをされている。あまり気にしすぎると、見えない敵を相手に発狂の道を辿るだけなので、支配されたままでいる。先ほど中年というか、自分よりは歳を取っていると思われる女性の声で「バカだねえ、・・・という女がいるのに」、「どっちが得か良く考えさせな、・・・と一生幸せに暮らすか、一生嫌がらせされるか」などと送信された。顔が痒い、性器に違和感あり。

16時40分
仕事で使う物を探す為にインターネットで検索していると、お腹が空気でパンパン、顔が痒いし、性器に触手感みたいな違和感。頭が締め付けられるような感じがする。歌もリピートされている。

19時05分
今も女の声で執拗に歌のリピート送信をされ続けているし、お腹に空気が溜まる攻撃、瞼ピクピク攻撃を受けている。先ほど子供と一緒にサッカーボールを買いに行ってきた所だ。車に乗り片道30分程度のところだが、その間にも嫌がらせをされた。運転中に音声、臭いの送信、思考盗聴を受けるのは当たり前で、精神状態までもコントロールされてしまう。なんと説明してよいか、頭の皮が突っ張った感じになりイライラしたり、頭がボケて思考能力が低下したり、無口になったりする。とにかく楽しくなくなる。家族も巻き込んで家庭崩壊である。

スポーツ用品店の中でも攻撃を続けられていて思った。これでは他人の前で暴れたり、何も関係の無い人に危害を加えてしまう恐れさえある。私は我慢をしているが、ゴミを走行中の車から、腹いせに投げ捨てたり、タバコの吸殻を投げ捨てたり、或いは、立場の弱い人間に八つ当たりしたくなる衝動にかられる。そのくらいのストレスがあり、マインドコントロールをされてしまうのである。

発狂したくなかったら、加害者の送信されるままに抵抗せず、歌わされ、踊らされるしかないのである。では、加害者が何かの犯罪を起こさせる踊りをさせようとしたらどうする。踊らされて犯罪を起こしてしまう事になるだろう。思考盗聴をしては攻撃を加える。

マインドコントロールは重大な問題である。

更に、長い年月を掛けて毎日音声送信などで人格を変えてしまう事も出来る。

こういうのを洗脳というのだろう。

20時30分
その後帰宅して食事をしていても歌のリピート送信は止まらない。「ずっと鳴らしておけ」と男の声で送信される。女はとぼけてワイセツな言葉を浴びせる。昨夜録音した物を聞いていると耳鳴りをさせて来たので聞くのをやめた。目蓋の痙攣攻撃も続いている。とにかくやりたい放題である。こうやって書いていても耳鳴りのボリュームが次第に大きくなるし、臭いの送信もされる。「覗き、盗撮で訴えさせてやる」、「歩いていても笑われるようにしてやる」、「見ず知らずの人にも後ろ指刺させてやる」、「事件をおこさせてやる」など口だけなのである。勿論、証拠の残らない人類史上最低のやり方での嫌がらせだけは実際に確実に行い続ける。それだけは口だけでなく、確実に行っているのである。「名乗って出てあげよう」、「会ってあげよう」などと言うが、思考盗聴、脳内音声、マインドコントロール、洗脳、電磁波などによる嫌がらせ、身体攻撃、覗き、盗聴、盗撮、ストーカー行為、差別、迫害、追い出し工作、などきりがない犯罪に関して名乗って出る積もりなのだろうか。

前代未聞、歴史上無かった犯罪だ。人殺しだ。

とにかく極悪で絶対に嫌がらせをやめようとしない。

今送信された言葉「あのバカ、暴れさせて、パトカーで向かえに行け」。

こういった集団なのである。やれば、やるほど自分の顔に泥を塗るだけ。

22時10分
ずっと攻撃を受け続けている。パソコンの前で糞の臭い、咳の誘発、チクリ針刺し攻撃、耳鳴り攻撃。口から出た言葉を2秒後には覆してしまう。嘘を嘘で塗りかえてしまう。そんな精神異常者達のストレスのはけ口に選ばれてしまった。「あの方は選ばれた方ですから」、「出来る事なら連れて帰りたい」と声を送信されたのはいつだったか忘れたが意味がわからない。

23時50分
風呂から出て寝るところだ。歌のリピート送信は曲をテレビ番組の主題歌にチェンジして続けている。結局、一日中途切れなく音楽の送信をされている。勿論、BGMである。しかし、毎度同じことを繰り返す嫌がらせのプロだ。脳内音声は「負け犬の遠吠え」のように聞こえてしまう。姿を見せずに犯罪者であるにも関わらず言いたい放題。しかも、すべてが演技なのである。

臭いの送信もボタン1つで瞬時に操作しているようである。被害者の歩く速度に合わせて部屋別に違った臭いを送信したりする。誤差一秒以内みたいに毎日見張って狙っての世界だ。

寝る。

脳内拉致

4時30分
睡眠妨害が始まった。人権侵害テロリストの攻撃だ。若い男の声で送信している。「栃木県にお住まいの方らしいな。・・・さんに訴えさせてやるよ」。・・・さんとはすぐ隣に住んでいる人の名だ。脳内音声ストーリー(嘘演劇ストーリー)によると部屋の中を盗撮する為に場所を提供した人の1人。夜中に「・・・さん、ちょっと場所を借りるよ」という声の送信があり、たったそれだけで場所を提供して盗撮をさせたらしい。そして若い女の声で「また見ているよ、カーテンしてても部屋の中が見えるんだって」と送信された。寝室に面している家だ。その盗撮のために場所を提供した家が私を訴えると言うらしい。何で訴えるのだろうか。「・・・・おめえんちは夫婦そろって犯罪者か」と送信で聞かされた、何日か前の日記に出た家は北側の隣の家で寝室には面していない。まあ、家の中にカメラが仕掛けてあったり、警察でも許可が無ければ使用できない赤外線スコープ(ユーコン)の波長の違う民生品ではない物で寝室を覗いたりしたと言う話であるから嘘に決まっている。今も昨日演奏した曲を聞かせている。

とにかく口汚い言葉で悪口を浴びせている男がいる。耳鳴りも酷い。寝る前には、「そんな物で録音出来るわけ無いだろう」と言っていた。コンデンサマイクとICレコーダー。録音出来ない自信があるからか、耳鳴り攻撃、モールス信号のような音を送信していた。「あいつの耳を潰してやれ」と声を送信された。確かに右の耳には何かが詰まったくらいの圧迫感がある。

二年位前の話である。「町内一律500万円、オルガスムスまで見た者は1000万円」お支払いは年内に現金でお願いします」なんて脳内音声で放送していた。その嘘ストーリーによると最後には町内全員がオルガスムスまで盗撮ビデオを見たらしい。「六連射のムービー、どういう意味かしっているか」と低い声の男の声だ。「なんでも盗撮された6本のビデオのオルガスムスのシーンだけを一本のビデオにダビングした物らしいよ」と放送すると、若い女の声で「6連射ならとっくに町内一周してますよ」と声を聞かせる。だからあなたは生き恥をかかされているから、もう、この地域には住めませんよ、と脳内音声で放送するのである。「名前を変えて、顔を整形しなければ、この町には住めません」と中年の女の声で放送した。

実はこの嫌がらせは数年前に始まったのではなく、20年前に特定個人にしか聞こえない音があったのである。耳鳴り攻撃は20年前に受けている。同じ家の中に住む両親には聞こえない音、それが耳鳴り攻撃であり、最初低い低周波のような音が上がり下がりしていると急にキーンと耳鳴りがして鼓膜がペケッと裏返ったようになり異常な緊張状態になってしまい、周囲の音が聞こえなくなり、その場にはいられなくなる。また、昨日の日記にも書いてある、変な鳴き声とはその当時にもやられていた。加害者達によると「あほう鳥」、「カラスの鳴き真似」とか言っている。少し奇妙な鳴き声だ。

差別、迫害、追い出し工作。人権を無視した嫌がらせである。
更に犯罪を誘発させる事さえ可能だと思う。大変な問題なのに全く表に出ない。

11時20分
その後、10時頃まで寝たが、なんとも嫌な感じの眠りの浅い睡眠のようだった。目覚めるとすぐに、ジャッというそろばんをひっくり返した時の玉の音みたいのが何度も聞えていた。恐らくその音で目が覚めたのであろう。最後は「面倒だから4回ならそう」と歳をとった女の声で送信された。いま、この日記を書いていると加害行為は止まっていて、静かに、何を書くのか見ている感じだ。そう書いた瞬間に左目にチクリと攻撃をされた。そろばんの音で目覚めた後は音楽のリピート送信、悪口の送信、臭いの送信がひっきりなし。しかし、悪口は私に向けて言っているのだが、どうしても加害者そのものを表しているようにしか聞えない。とにかく悪口を言わせたら天下一品、自分の事を表しているのに気がつかないのは運がいいだけ。

今日の新しい攻撃「あいつはヘイ魔だ」。歌などを歌ったりする女の声で送信する。それもしつこく何度も。お腹に空気を溜めるオナラ誘発攻撃をする。オナラをすると「ほら、した」、「また、した」などと言われる。

11時40分
また耳鳴り攻撃が始まった。右耳に聞える事が多い。それから脳内音声では命の脅迫をすることも多い。

15時40分
仕事をしていても音声の送信、臭いの送信で邪魔をされる。CADで図面を書いていると、その寸法、図の書き方などにケチをつけたり、間違っているとこれでもかと言うくらい貶したり、間違っていないのに間違っていると送信したり、身体攻撃をしたりされる。頭がボケたような状態で後頭部に違和感がある。耳鳴りもしている。パソコンの画面、紙に書いた図面などを盗み取って、こちらより先に寸法の計算をしたりしている。これは思考盗聴であり、目で見た物はかなり細かい所まで盗み取れると言うことになる。ちなみにCADに使っているパソコンはインターネットにはつながっていない。ただしファクス、プリンターの複合機にサーバーを介して繋がっている。それにしても酷い迷惑である。

取り合えず仕事など、その日にやらなければならない事を優先しているので加害者達の相手はしていられないが、昨夜録音したのが気になっているらしく、しきりに音の確認の話を送信してくる。後は、お決まりのワイセツな話で「セックスしてあげな」、「抜きに行こう、おしりの穴から一気に」など女の声で送信される。被害者ならご存知だと思うが、思考盗聴なので各種パスワードはすべて知られている。今も、「パスワードは*****だからおめえ達もあのブログに書き込んできな」と男の声で送信された。今のところ、過去記事は調べていないが、勝手に日記を書かれた事はない。

19時10分
夕方には人に会い被害の説明とパンフレットの配布をしてきた。そのお宅に到着するとすぐに女の声でワイセツな言葉を送信されたような気がした。反応はいまいちだ。帰りにも女の声を送信されワイセツな言葉を聞かされたり、命で払ってもらう、などと脅迫をされた。その後、家に戻った。仕事は18時までだったので、もう夕食もすませている。テレビを見ていると政治関係のニュースをやっていたので見ながら心の中で批判をしたりしていると、男の声を送信され「言わせといてやってくれ、どうせ一生嫌がらせをされるんだから」と聞かされた。とにかく一秒も途切れることなく音声を送信される。

脳内拉致

これは罪である。重大な犯罪である。考える事の自由を強制的に奪い取り、逆らうと虐待をする。思考盗聴もあるが、声さえ聞こえなければ被害者は何も知らずに生きているのである。それを故意に音声を送信して「思考を盗んでいます」と被害者に知らせるのである。たとえば精神病であれば被害者が、どんなブログを書こうと、他人に何を言っても、虐待を受ける筈がない。今も耳鳴り攻撃、身体攻撃を受けている。これはテクノロジー犯罪の事を表に出させない為の威圧行為である。

「生き仏にされちまったんだとよ」脳内音声で聞いた台詞だ。盗撮ビデオでオルガスムスまで見世物にされて生き仏にされた。最初はそんな感じに話が展開していたが、実は、脳内拉致により生き仏にされてしまったのである。いや、両方だろう。

今もログアウト後に男の声で「殺してやれ」、「訴えてやれ」などと声を送信された。ふと、見るとトラックバックテーマ「音楽は何で聞きますか」なんてのがあった。「脳内音声で無理やり聞かされる」と言うブログでも書きたいくらいだ。

19時45分
酷い耳鳴り攻撃をされている。心拍数が高くなり、イライラする。後頭部には圧迫感があり、自由に物を考えることは出来ない。完全に精神を支配しているのである。ご丁寧に一秒も途切れることなく悪口を浴びせてくる。この状態の特徴は記憶力が極度に低下する事である。今、何かを書くつもりでログインしたのに忘れてしまった。脳内に強制的に聞こえる声がどれほどの苦痛でどれほどの罪の重い犯罪であるかを加害者は承知している。殺人鬼である。

ログアウト後に思い出した。顔の筋肉のことである。最近は目蓋がピクピクと痙攣したり、顔などに痒みがあったりするが、先ほど額の部分を勝手に動かされた。これは生まれて初めての体験でびっくりした。自分では絶対に動かす事の出来ない、動いたことのない右側の額、これが部分的にピクリと引きつったのである。従って体を勝手に動かされてしまう、という被害を報告している方もいるようで、有り得ると思った。そう書くと必ず、その被害を受けることになるのが今までのパターンだ。リモートコントロールのように操られる、これは正直言って私は信じていなかったが、有り得る。

思考をコントロール
感情をコントロール
肉体をコントロール

ここまで来たら
リモートコントロールで犯罪を起こさせることも出来る。
早くなんとかしてもらいたいと思う。

それと、この手の被害を受けている方の中に遺書のような物をお書きになられている方がいるらっしゃるようだが、私もなんとなく、それが判って来た。いま、呼吸が浅く非常に息苦しい。

21時45分
脳内盗聴の犯罪者には全く罪の意識がなく嫌がらせをやめない。これは、どこかの掲示板で読んだことがある。自殺するか精神病院に入るまで絶対に嫌がらせをやめません。基本的には精神病院に叩き込みます。従ってあきらめているのである。しかし、人間は虐待に耐えられるようには出来ていない。叩かれれば痛いので痛いと言う。これが自然の生き物の宿命である。心を叩かれれば心の叫びがでる。脳内を叩かれれば脳内の叫びが出る。人間を人間として生活させないのは殺人なのである。奴隷制度などと言うのがあった時代もある。脳内拉致の時代なのだ。今、試しに録音した物を聞いてみようと思ったらマイクとイヤフォンのジャックを間違えていた。加害者はそれを知って「ボタンの押し方を教えてやれ」などと送信する。ついでにアルミの帽子を試してみようと思いアルミホイルで帽子を作っていたが「アルミの無駄使い、訴えろ、あんな物が効くわけないだろう、近所の人にあの姿を見せてやれ」と送信する。更にブログを書いていると「ずっと耳鳴りさせておけ」と言い耳鳴り攻撃を続ける。テロなのである。日本では今テロが起きているのである。証拠の残らないやり方で殺人に匹敵する犯罪を犯す集団が野放し。裁判員制度のニュースが流れていたが、なんだか虚しい感じである。「お国柄訴える事は出来ない」と送信している加害者の言葉が忘れられない。

そして次に出て来る言葉はワイセツな言葉である。そういう集団なのである。

人の心から盗み取った歌をリピート送信し続けている。一番思い罪で裁かれなければいけない、そんな事を書いている人がいるのを思い出す、と言うより全くその通りだと思う。

15日1時
風呂から出て寝る所だ。多少あったが寝ることにする。寝るのが遅くなるからだ。

バカの1つ覚え

12時10分
昨夜は寝るのが3時すぎてしまった。朝は7時頃に一度目が覚めたが、もう一度寝て、今起床した所だ。コーヒーを入れ、今日は何時に出かけるかを考えていた。1時に出て3時に着く、なんて考えていたら「高速を渋滞させてやってくれな」といつもの男の声で送信された。この声の主は「嫌がらせし続けてくれな」などと言ったりする人物だ。それと昨夜友人宅でテクノロジー被害の話をして来たのがお気に召さないらしい。いつものことだが昨夜も犯罪予告をした方がいる「・・・にも同じ被害を受けさせてやる」、「・・・は親子で自殺させてやる」などだ。今も歌のリピート送信をしている。「夢洗脳」で訴えろ、俺達は夢は見させていないぞ。と送信されたが、不自然な夢を見ることは、よくある。そして、目が覚めた後に、夢の話を持ち出してきて説明をする。説明をするということは、意図的に夢を見させたと言う事になる。魚の肉のような骨つきの肉を食べる夢、お腹がぺっちゃんこの猫が出てきて話をする夢、猫は茶と白のトラ模様。その夢の内容はしっかり覚えているが、ここには書くことは出来ない。意味のある夢を作って見させたのである。しかも、夢の中で尋問されて、声を出して答え、その声で目が覚めた事が2度ある。恐らく自分の声で目が覚めたのだ。

「バカの1つ覚えみたいに」この言葉は夕べ私がパソコンでお気に入りのブログ、ホームページの周回、メールチェックなどの一連の動作をしていたら加害者に送信された。しかし、その言葉は加害者が自分を表しているとしか思えない。そして、昨夜友人宅で聞いた山下達郎の「ついておいでよ、、、歌を、、、、」と言う曲がよほど気に入ったのかずっとリピート放送をしている。

なかなか、ありのままに表現するのは難しい、聞かされた言葉、見させられた夢、感じたこと、すべてに置いて、被害を受けている立場なので、脅迫、虐待を受けているので、表現に制限が出来てしまう。

それから、昨日の友人宅からの帰り道に、車に同上していた人との推測によるとスタジオを持っていなければ音声などの送信は出来ないだろう、という結論が出た。思考盗聴をする装置は勿論のこと、声を作る機械、音楽、歌のソースも沢山持っている。映像を作成したり、盗み取った音をすぐに聞かせたりする。しかも大きな声で歌を合唱したりもする。更にどこにいても被害を受けさせる事が出来る。どこから、どのように送信しているのだろうか。携帯電話の無線のような物か、衛星か、などと推測していた。

22時45分
予定通りに家を出て東京のスタジオに行き、今帰宅したところだ。こう言った日記を書いていると、段々どこに住む、何をしている誰なのか、次第に表れてしまうようで嫌である。昨日の車内でも友人から脳内拉致という表現が出た。精神病を作り出されているような物だと言う表現も出た。他人から見るとそのように見えるのだろう。なぜなら車内で会話をしていても、隙間があると私が「「今、・・・と送信された」とか突然言うからだ。同乗者には聞こえない。理解してくれているので助かるが。拉致されているようなものなのである。しかも虐待付きの。

スタジオには約6時間ほどいる。色々な楽器の人が集まり合奏の練習をする。ジャズの曲の演奏の練習をするのである。書くのも面倒だが、車を運転していても音声、臭いなどの嫌がらせを受ける。スタジオに入っても同じように嫌がらせを受ける。今日はかなり悪質な声による嫌がらせを受けさせられた。他の人から見ると、まるで自分の演奏が上手く行かなかったので腹を立てているようにしか見えない。私が演奏を始めると失敗したり、間違えたりするのを待っているのである。そして少しでも変になると演奏中に遠慮なく声を送信してくる。それこそボロクソである。臭いも送信される。毎回そんな事をしていると神経過敏になってしまい、本当は目の前にいる人と演奏しているはずなのに、遠隔地から音声を送信して来る加害者を相手に演奏をするような感じになってしまう。神経がそっちに行ってしまうのである。そして、才能がない、リズム感がわるい、音痴など言いたい放題浴びせてくる。今日は演奏中に何度も脳内音声で名前を呼ばれてしまった。「・・・さん、・・・さん、・・・さん、無理しなくてもいいよ、あんまり無理しない方がいいよ、・・・さん」これでは演奏なんか出来るわけがない。曲の最後には手を止めてしまった。そして他の人が演奏すると「あいつをうんと悔しがらせてやれ」と送信して他の人をほめる。他の人と比較して私の事を徹底的に貶す、会社でもやられている手口だ。

演奏中の嫌がらせも一年前からずっとである。これをやられるので外で演奏する事が出来ないのである。去年のライブハウスを思い出す。お客さんのいるステージで「僕は医者に診せた方が良いと思うな」といきなり送信された。

演奏中はその曲のメロディーを各自心の中で歌っている。それを思考盗聴で盗み取り「あんな歌い方ではだめだ」あるいは「間違えたぞ、歌い違いだ、あいつは歌ってないぞ」などと声を送信される。個人練習でも毎回、同じような嫌がらせをされる。こんな状態でまともに演奏が出来るわけがない。そして「先生がどんな歌い方をするか思考盗聴をしよう」などと声を送信したり。その中にいる女性を対象にワイセツな話をしたりする始末。

そして、帰りの車内ではスタジオで演奏した曲を盗聴録音され、脳内にリピート放送される。更に「一生嫌がらせしてあげるから、私たちを潰してみな」と老婆のような声で送信される。とにかく加害者は絶対的な自信を持って嫌がらせをしている。「われわれは永久に不滅だ」などと送信したりする。今も耳鳴りがしている。何かと同調しているような感じがしてきた。脳波を狂わせると言うか、まともな思考が出来ない状態にしたりも出来るようで大変な問題である。

14日1時40分
入浴中にも歌のリピート送信は止まらないし、声の送信で脅迫、実際に耳に聞こえる奇妙な鳴き声などもやられるようになった。それは脳内音声が聞こえてからは、音声送信者が「あれは嫌がらせだよ、やめな」と言い、無くなっていたが最近復活した。風呂から出てから確認したいブログなどを見ていると、始まった。待っていたと言わんばかりに男が二人くらいで悪口を言う。「あいつは字が読めない、間違いなく読めない」ブログ、参考サイトなどを見ると必ずやられる。そのせいでネット閲覧をするのが嫌いになってしまった。音声があまり聞こえなくなっても加害者はいつも決まった人間がいるようだ。いまも「薬を飲ませろ」と声を送信され口の中が苦くなった。お腹に空気が溜まる攻撃も受けている。とにかくまくし立てるように数人で同時に悪口を浴びせようとするので黙読、飛ばし読みなどをすると「息を殺して読んでくれ」などとやじる。何もさせない。なんでもいいから嫌がらせをする。根拠も論点も何もいらない。ただひたすら嫌がらせし続ければよい、そんな感じだ。

また、耳鳴り攻撃を開始した。極悪犯罪者だ。

読んでいる方はもう解っていると思う。武力による攻撃で人権を奪い取っているのだ。

寝る。

操られる人間

9時45分
昨夜は激しい攻撃を受けなかったようである。しかし目が覚めるとすぐに声が聞こえるのと、耳鳴りはしている。それよりも、目蓋の痙攣が酷く、眉毛の部分も一緒に痙攣したりする。左の目蓋だけだったが右も痙攣したりする。それと、寝ている時に低周波のような物で体をマッサージされているようだった。特に横を向いて寝ていると下になっている方が振動する。顔(頬)などは特に感じた。まるで操られているロボットのように感じた。完全に支配され操られているのである。

目覚めると少しの間は声が聞こえないので自由に発想ができ、色々と考えていた。時間にしてどのくらいだろうか、意識はあるが目は開いていない、そんな状態である。少しすると「せっかく静かにしてやっていたのに調子に乗りやがって」と声の送信をして来た。私が考えていた内容がお気に召さなかったのだろう。そして起床してテレビを見ていると「耳鳴りを差し上げよう」と男の声がして耳鳴りがする。その後もテレビの内容とリンクした声による嫌がらせをされる。コーヒーを入れる準備をしていると、ついに出た脅迫。「今から会いに行ってやろう、告訴状を持って」、「わめいた内容について訴えてやろう」、「近所の人に謝れ」という感じである。

説明するまでも無く、よく知られた手口である。脳内音声で加害者の名前を送信して被害者に信じ込ませる。そして被害者がその名前を口にすると訴えるとか言って因縁をつける。しかも、被害者に日夜テクノロジーによる嫌がらせを続け、無理やり騒がせるのである。

今も、目蓋が痙攣している。これは感覚ではなく実際に痙攣している。鏡で確認した。更にキーボードを触る右手に不自由な感じがした。右肩というか肩の後ろの筋肉に違和感があった。女の声で「手を不自由にしてあげて」と送信された。操り人形のような物である。人権はない。

11時15分
今日は仕事が休みだ。朝食の後、部屋の掃除をしていると、良く聞く男の声で送信された「・・・がお前のことが大嫌いなんだってよ、陰気臭くて、スベッタ、コロンダで、嫌がっているぞ」。この、・・・の部分には、すぐ隣に住んでいる人の名前が入る。この名前は脳内音声では最初から使われていて、私の家の中を覗いたり、盗撮したり、悪口を言いふらしたりしたと言う事になっている。更に、最近では本当は加害者の仲間だと送信したりしている。音声送信は近所トラブルを起こさせる犯罪だという報告は沢山ある。実は、私も最初は騙されていて声はその家から聞こえてきていると信じていた。本当に、そう、聞こえるのである。方向性、距離感、音量ともに抜群で、褒め称えるわけには行かないが、普通はだまされて当たり前の技術である。

12時10分
家と会社は同じ敷地にあり20メートルほど離れているだけだ。今、会社にいるが、電磁波のような物を浴びせられていて、吐き気がして、頭が締め付けられるような感じがする。休みなので銀行にお金の移動をしに行こうと思ったら「速見表」がない事に気がついた。「速見表」とは加害者が音声送信で言った言葉で、私が何件かの銀行に入金する際のメモのことである。メモを確認してから家を出ようとすると、それよりも先にメモが無いことを声の送信で知らされた。鞄の中を見るとメモがない。そして会社のパソコンに保存されているメモを印刷する為に会社に来た。部屋の玄関を開け外に出ると脳内音声で、これでもかと言うくらい嫌味を送信してくる。「良く表にでられるな、近所で嫌がられているぞ、嫌われ者」もう、ボロクソである。

なんというキチガイ集団であろうか、毎日付き添いで嫌がらせである。嫌がらせのプロだ。

会社といえば昨日実験をしてみた。私はオシロスコープなどの取り扱いに関しては全くの素人なので測定結果に関しては判らない。ノートパソコンにUSBオシロを接続し、プローブは×1でオシロの画面の設定は×10になっていた。横軸は50Hzのサイン波形がハッキリと確認できる設定、縦軸は電圧がオーバーしない範囲の設定だ。プローブのワニ口を電源コンセントのアースに接続、プローブを180*90*40程度のスチールの棚のメッキのネジの部分に接触させる。すると周波数は50Hzで電圧は75Vを指していた。上下で150Vになる。もう一人いた人間に聞いてみると漏電ではないかと言うのでプローブをビニールの床に接触させてみたがゼロであった。ついでに人間の指でプローブをつまんでみると、私は6V、もう一人の方は4V程度の電圧が出た。いずれも50Hzである。私には、この意味がわからない。

19時20分
午後は銀行を回り食事をした後、オートバイを洗った。その間もずっと声の送信をされて嫌な感じだった。加害者は私と同じような立場の人間を仮想的に作り出し、その対象の名前を出しては「オートバイに乗らせてあげよう」などとやっている。そして洗車が終わりオートバイに乗って楽器屋に向かって走り出したとたんに罵声を浴びせてきた。静かに洗車している時は加害者も静かに嫌みを送信していたが、走り出したら、いきなりである。楽器屋に到着してヘルメットを取ると「かっこ悪い男」などと送信された。練習が始まると一緒に歌ったりしていたようだ。練習中にも臭いの送信などの攻撃を受けたが無視した。とにかく人のやっている事を観察しながらデタラメを喋っては嫌がらせをする。練習が終わって料金を払うと店の中にボサノバのような音楽が流れていた。小さいスピーカーだが良い音がしていた。店の外でタバコを一服しようと思ったら、先に言われてしまった。「タバコを忘れた」バッグの中を見るとタバコは確かに無い。近くのコンビニに寄ってタバコを買い一服した。帰りはオートバイに乗りながら店で聞いたボサノバを歌いながら走った。当然、走行中も音声の送信は続く。帰宅後には女性の声でワイセツな会話が始まる。そしてテレビを見ながら夕食を摂っていると、今度は男の声でボロクソに貶し始める。その、貶しがなれば今日はそのまま終わりになる予定だったが、そうはさせないと言う感じだ。パソコンのスイッチを入れると、いつもの攻撃が始まる。帰りに歌っていたボサノバのギターのリズムパターンを即座に真似てリピート送信を開始されている。しかも男女での合唱のように聞こえる。恐らく実際に合唱しているのだと思う。「すけべ、すけべ」、「本当は許してやろうと思ってたのに」と女の声で連発される。目蓋の痙攣、特殊な臭いの送信。鼻の周囲に圧迫感が出るような攻撃(表現が出来ない)をされたりする。

13日2時35分
夜は友人宅に遊びに行ってきた。とりあえず、貸していたコンデンサーマイクを返してもらいに。久しぶりに会う人達だ。このテクノロジーによる嫌がらせの話もしてきた。反応は自分が攻撃を受けていないので何とも言えない、あまり信じられない、自分は被害者になりたくない、そんな感じである。これは大変な問題だ、と言う反応も一部あった。しかし、友人の集まりである。そんな話よりも楽しい話の方が盛り上がる。誰でも嫌な話は聞きたくない。当然のように加害者には、何処に何をする為に行くのか、最初から知られている。だから行きの車の中でも、友人宅でも、帰りの車の中でも、いつもと同じように嫌がらせをされた。勿論、脅迫もされた。先ほど、風呂に入っていたが加害者は口だけだと思ったら、「手を出してあげよう」と女の声で送信され左右の目蓋を痙攣させられた。今も加害者は黙って、なるべく静かに、何を書くのか見ている。そして、左手を痛くさせたり、薬のように苦く、鼻に圧迫感のある攻撃をして来る。この攻撃は最近の新たな攻撃である。全く理解不能の集団である。いやらしく、しつこく、変質な異常者である。いつも同じ、自分達の犯罪に関しては決して触れることはない。殺意のあるオママゴトだ。

朝から脅迫

11時30分
昨夜も酷い嫌がらせをされて夜中に爆発してわめいてしまった。加害者は私のことを「ウサギ」と呼んでいる。脳内音声の事を知る前には耳が良い「あんな奴が住んでいたら内緒話もできねえ、誰でも人に聞かれたくない話があるだろう」などと言い、地獄耳、霊能力者と言われていた。(それらはすべて脳内音声で、実際に近所の内緒話が聞こえた訳ではない)そして終始一貫として追い出そうとしているのである。「町内全員のハンコを突いた絶縁状を叩き付けてやれ」などと何度も送信された。それと嫌がらせのネタに問題がある。「性的な、性行動に関して盗撮したビデオがあるから、それを見世物にしてやる。」と脳内音声で脅迫をする。それ以前には、そのビデオを町内で回覧したと言うことになっていて「オルガスムスまで見世物にした」などと何度も繰り返して聞かされた。ホームページにある演劇団のストーリーにはワイセツと思われる部分は書いていないが本当はそうなのである。「お射精見せて」などと若い女の声、複数名で送信されたりした。「おしっこする所、見せてもらったお詫びに、私がおしっこする所見せてあげる、その代わり上からよ」などと中年の女の声で聞かせたりした。また、近所の奥さんの名前を出して「・・・さんもウンコしている所見たってさ」などと脳内放送をするのである。

そして「大変だよ、奥さん、学校中に言いふらされてるよ、これじゃあ授業参観なんか行かれないよ」などと聞かされたり、「運動会で恥をかかせたお詫びに、一等賞をとらせてあげよう」などと脳内放送をされると、子供が二人もいるのに学校には行かれなくなってしまう。事実、学校には行っていない、行かれない。脳内音声の芝居だと判っていても行かれなくなってしまうほどの精神的なショックを受けさせられている。私は女房に先立たれているので子供は片親である。私が行かないので子供達は事実上肉親なしで学校生活を送る事になってしまう。去年の運動会も旅行と重なってしまったと言うことで、逃げた。そしてビジネスホテルに飛び込みで泊まった時のことが「風呂の水を一滴残らず差し押さえろ」のキチガイ事件である。独身である。誰でも自慰をすることがあると思う。加害者はそのことだけを、徹底的に攻撃して来るのである。「またぬいた」、「はちぬいた」、「もうぬいた」などと執拗に嫌がらせの脳内音声を送信する。「性欲まで奪い取られてしまった」と言う脳内音声も最初の頃、助けてくれる役を演じていた女性の台詞である。

この「風呂の水を一滴残らず差し押さえろ」という言葉はビジネスホテルの10階の風呂の中でマスターベーションをしてしまうのではないか、だから風呂の水を一滴残らず差し押さえて検査をしろ、と言う意味なのだ。「オルガスムスの脳波を測定したぞ」と言う嫌みの音声も送信される。もっと酷いのは都内のデパートに買い物に行き、ついでにトイレに入ったら「大変だコカレテしまうぞ」などと放送された。あれにはびっくり、どんな人ごみでも特定個人にしか聞こえない声。しかも何処で何をしているのかも知られてしまう。

パンツの検査をしろ、洗濯機のシルの検査をしろ、とか脳内放送をされたこともある。

まだある、脳内音声を使った嫌がらせ。映画館に映画を見に行っても当然、脳内音声は聞える。館内に流れる映画の音声の他にもう一つの音声が聞える。「私から貴方に、愛の、、、」などと若い女性の声でナレーションが聞えて来る。映画はラブストーリーではないのに、そんな音声を送信してくる。そしてラストシーンになると「私の愛液と貴方の精液をかきまぜい欲しいの」などと送信され、映画館を出て車に乗り走り出すと、あたかも追いかけて来ているかのように感じさせ「お願い、からだかすから、あの方の精子だけは差し押さえて」と、そのナレーションを放送した女性の声で送信する。「からだかすから」とは、「空、抱かすから」という意味の言葉である。

とにかく、今日も目覚めから脅迫と嫌みの声を送信されている。歌のリピート再生もされている。今、また耳鳴り攻撃をしてきた。

12時50分
今、会社でお昼の弁当を食べた所だ。会社に来ても仕事の内容などに関して声の送信で嫌がらせをする。机の引き出しに何が入っているのかも知っていて、引き出しを開ける度に声を送信して、一番上にある名刺の名前を読み上げたりして嫌がらせをする。

今、身近にいる人に配ろうと思っている自分の受けている被害をまとめた文書を書こうと思っているが、それに対しても執拗に妨害すべく声を送信してくる。「お耳ノイローゼ」、「おキチガイさん」などの送信される言葉からしても、精神異常者に仕立て上げるのが目的と思われる。音楽のリピート送信も続けられている。

15時15分
今、日記の更新をしていたら、せっかく書いた日記を消されてしまった。突然、マウスの矢印が砂時計になったと思ったら画面がリセットされてしまい書いた物が消えてしまった。

先ほどから、お腹に空気が溜まる攻撃、声の送信、音楽のリピート送信をされている。そして、画面のリセット後には歯医者の臭いを送信し、頭痛がしてきている。

15時以前は近所に配布しようと思い被害者の会で作ったパンフレットをコピーし、自分の受けている被害を簡単にまとめたものを作成していた。出来上がったので会社の人に見てもらったら「子供がいるのでやめた方が良い」との見解をいただいた。私は正直悩んでいる。それが、何かの解決になるとは思えないし、もっと酷い被害を受けさせる事も簡単なのである。昨夜も心臓の動きが変になったりしたので病気に見せかけて殺すことも出来ると思う。ようするに、抵抗すれば、するほど酷い被害に遭わされる、こんな感じである。

これが現在の日本の現状である。

ところで近くに住む知り合いにも怪しげな現象に遭遇した人達がいるらしい。私はその中の一人に合ったが、どうも何人もいるようである。自殺しそうになってしまう人もいるらしい。私の合った人は得体の知れない恐怖に襲われ家から出られなくなってしまい、怖くて電話にも出られなくなり、半年間仕事が出来なかったそうだ。そして自分に合った医者を探すために何件も病院を回ったそうだ。そして、薬によって楽になるならその方が良いと言う。彼曰く「悪いことは言わない、自分は病気だと言って医者から薬をもらえ」、「病気だといわないとだめだぞ」こんな感じである。ノイローゼだと言えば薬で済むが、嫌がらせをされていると言い張ると精神病院に入れられるぞ。親族のサインがあれば本人の同意無しに強制入院させられるのだぞ。テクノロジーの話は一切出ないが、私たちの受けている被害に、なんとなく似た現象が身近にあると言う話である。

16時50分
興奮状態というか心拍数が早くなるような、挙動不振になりそうな、電磁波か何かの攻撃を受けている。とにかく普通の精神状態ではなく、変な感じになってしまう。そして歌のリピート送信、左目の瞼を痙攣させる攻撃、声の送信により悪口を引っ切り無しに浴びせる攻撃、臭い、味の送信、痒み攻撃。これをやられたら、人間だれでも狂ってしまうのは当たり前。

そういう犯罪なのである。
そういう集団なのである。
しかも人が何人も付きっ切りでやっている。

18時30分
監視社会と表現するわけにはいかないが、嫌がらせ監視をされている。あまりにしつこいようだが、加害者は毎日24時間監視し続けているわけで、毎日、何度でも同じ事を繰り返す人達なのである。それどころか、マインドコントロール、洗脳をされているのだ。しかも加害者のお気に召さないと酷い虐待行為を受けることになる。精神状態のコントロール(マインドコントロール)までされているのは現実なのである。顔まで変わってしまうのである。

23時30分
先ほどまで友人宅にいた。そこでは音声はかなり小さいが歌のリピート送信、人の話を盗み聞きしては声を送信するなどの嫌がらせをされた。話をしていると次第に耳鳴り攻撃のボリュームが上がった。お腹に空気が溜まる攻撃もされた。そして帰宅するとすぐに「許してあげるから日記を書くのをやめな」と女の声で送信された。顔を痒くされたり、股の中心部に変な感触があったり、臭いの送信をされたり、体を痛くされたり、性器に違和感があったり、口の中を苦くされたりで大変だ。これから風呂に入る。全く人間として生活させてもらえない、この現実。

24時45分
私は、完全に洗脳されてしまっている。毎日24時間耳鳴り攻撃をされ、一秒たりとも途切れない脳内音声で口汚い嫌み、ワイセツな言葉を聞かされ、何かすれば貶され、屈辱を浴びせられ続けている。歌のリピート送信も途切れない。今、風呂の中で「めだかの学校」の歌をリピート送信されブチ切れた。わめき散らしてしまった。これは加害者の導いた道である。今も涼しい、極めて、涼しく「めだかの学校」送信しつづけている。更に、耳鳴りのボリュームが上がる。イライラすると涼しい声の女が「彼は愛に飢えているのよ」と送信する。脳内音声がどれほどのストレスになるかを十二分に知っている方々である。しかも耳鳴り攻撃でうるさくでたまらない。臭いの送信、味の送信、身体攻撃。この人権を全く無視した虐待は人殺しである。加害者には殺意があるのである。影に隠れて集団で寄ってたかって嫌がらせをする。「人いじめが楽しくてやめられない」とまで言う人達である。全く常識は通じないキチガイの集まりである。犯罪者である事、人権侵害である事、自分達の罪はまるで無いことになっている。被害者の嫌がることしかしない。「新世界秩序をみせてやる」、「俺達の怖さを教えてやる」、「お国柄訴えることはできない」絶対の自信を持っての嫌がらせである。拒否することの出来ない一方的、強制的な嫌がらせ。加害者達は当たり前のつもりでやっている。「かわいそうに」と連発される女性の声がすべてをあらわしている。殺す為に嫌がらせを続けて、苦しんでいる被害者を見て「かわいそうに」と言いながら更に嫌がらせをする人達。そして、涼しい声でワイセツな言葉を口にしてあざける。この虐待行為から逃れたかったら自分の脳を自分で破壊するしかない。集団で計画的に武器を使い特定個人を集中的にいじめ続ける。殺意のある嫌がらせ。証拠の残らないやり方で人を殺す。これが殺人でなければなんと言えばいいのか。また、更に耳鳴りのボリュームが上がる。全く罪の意識のない人殺し専門の集団だ。脳内音声は特定個人にしか聞こえないので言いたい放題、口からでまかせ。武器を持っているから人間を人間として扱わない。武器を持っている。ただそれだけのこと。世の中で、世界で、武器により人権を奪い取る行為、武器により人を死に至らしめる行為のことを何と表現すればよいのだろうか、しかも、影に隠れて計画的に行っている。

今も、加害者はここに書いている文書を盗み読みして、脳内音声で嫌みを言いたい放題言っている。

思考盗聴は相変わらず、信じられないくらい、瞬間的に脳裏に浮かんだ事柄を瞬間的に盗み取っているようだ。ただ、普段はそれを口に出さないから忘れてしまうだけで、本当に瞬間的に、ほんの一瞬、脳裏に浮かんだだけで、瞬間的に盗み取っている。

武器を持った、恐怖の人殺し軍団の前に、武器を持たない人は人間ではなくなってしまうのである。

人類の歴史を変えてしまう武器、犯罪。生きているだけで苦痛である。

一秒も途切れることが無い、と言うことは、苦痛が一秒も途切れることが無いのだ。

夢洗脳

9時30分
昨日から僅か声のボリュームが下がったような気がする。或いは全体的に嫌がらせのレベルが下がったのかも知れない。やっている内容は全く同じで変わってはいない。「かわいそうに」、「あわれ」、「笑われ者」などの得意の台詞は毎日聞かされる。更にトラウマを植えつけるべく、思考盗聴の中から、そのネタを拾い出し、無理やり被害者固有の弱点のように仕立て上げ、ご丁寧に夢を見せて、音楽の送信と声の送信により、目覚めの無の状態の心理に傷を付ける。それも、一日に二度も。昨夜は12時過ぎに就寝し、4時半に目が覚め、次が9時。いずれも不自然な夢を見、音声により貶された。

ふと、気が付いたのだが、送信される音声は二重になっていて、男の声で悪たれを延々と繰り返していて、女の声でワイセツな言葉を投げかけて来ている。それが同時に送信されているのである。その上に音楽の送信なども重なったりする。

それと男の声で仲間と思われる人物の名前を出したり「あんまり腕っ節の強い奴には合わさんでくれな、殴り殺されるといけないから」などの脅し文句も聞かせる。

何度も書くようだか、加害者は、集団で影に隠れて、覗き、盗聴、盗撮、ストーカー行為を行い(思考盗聴)、脳内音声を使って特定個人だけを24時間狙い撃ちをする集団である。

卑怯なのである。「あわれ」、「みじめ」、「笑われ者」など好んで使う台詞も加害者自身を表しているとしか思えない。そしてお気に召さないと身体攻撃で虐待する。人類の歴史を変えた悪魔だ。

11時45分
先ほど同じテクノロジー被害の方から励ましのメールを貰い読んでいた。その方の被害も酷いようで暴れてしまった事もあるそうだ。誰でも影に隠れて陰湿な嫌がらせを執拗にされると、やり場のないストレスで爆発してしまうのは当然。それを十二分に承知している犯罪者は極悪である。24時間の生活すべてを破壊し続けて人間として生活させないわけで、その上、人格すべてを否定されてしまえば、洗脳工作と言う事になってしまう。

昨夜は、発狂電磁波(耳鳴りがして、イライラして、頭痛がして、吐き気がして、めまいがして、体が硬直する)を浴びせられなかったので、被害報告書のような物を作製していた。すると中高年の女性の声で「バカだねえ、あんなもの書かなければいいのに」、「バカだねえ、、、ちゃんを紹介してあげるのに」、「私達でセックスしてあげよか、遠隔地から」などと送信をされた。

耳鳴りには色々な種類がある。モールス信号のようなパルス波と言うのだろうか、音の高さもうんと低い低音から始まり、三種類は確認している。シャーっと言うホワイトノイズのような音。テレビのブラウン管の音よりも高い周波数の音。様々で、なぜか右耳だけに聞える事が多い。

「歌ボケ自殺させてやる」。この言葉は去年の今頃に男の声で聞いた。歌のリピート送信がその事だったのだろうか。

13時30分
先ほどログアウトした直後に「あいつは、わしらをつるし首にするつもりか」と言う男の声を送信された。最近女の声にはエフェクターをかけてわけの判らない声にしているようだ。その後「また、笑われろ」、「おお、笑われろ」などという男の声を繰り返し送信される。その後、仕事で使用する機器をネットで検索しているとキーンと耳鳴り攻撃をされ「金を使うことばかり考えている」とか音声を送信された。

18時20分
定時を過ぎて会社に人がいなくなったせいか、急に電磁波のような物を浴びせられているみたいだ。「お腹に空気をためてあげて」女の声で聞える。オナラ誘発攻撃。頭が痛くなり、吐き気がしてくる。内蔵を痛くする攻撃(痛みを感じさせたい臓器を選べるかも知れない)などをやられている。午後には、被害者のホームページに書いてある記事を読んでいたら急に耳鳴り攻撃をされてしまい、読むのをやめにした。その後、来客があり、来客との話中には左の瞼を痙攣させる攻撃をうけた。その後は仕事で使う物を買いにでかけたが、歌のリピート送信をされてしまう。しょうがないので自分で歌を歌っていたら、必要な物を一つ買い忘れてしまった。とにかく最悪である。今も右上腕部の筋肉がひきつり痛くなった。性器に違和感があったり、チクリと痛みを感じたり、口の中が苦くなったりする。

完全なマインドコントロールである。ここ数日よくあるのが、何か忘れていた事を思い出した瞬間に、その事を指摘する音声が送信される。ほぼ同時だが、聞えて来る音声より、こちらの思考の方が早い。どんな仕掛けなのかわからない。しかも、監視、観察され、感情、思考までコントロールされている。

目の前の現実の世界

思考盗聴、音声送信の世界

二つの世界で生きている。だから物忘れが激しく、曜日、時間の感覚もなくなってしまう。

22時25分
19時に仕事を終え20時より22時までレンタルスタジオで練習をして今帰宅したところだ。今も続いているが、スタジオでの嫌がらせは酷かった。音楽の練習では精神状態が大きく影響する。自分の音を細部まで聞き届けてコントロールしなければならない。それなのに脳内音声で嫌みを集中的に浴びせて来る。「楽器を壊さないでくれ」、「いや、こわさせて逮捕させよう」、「録音して後で聞かせよう、どれだけ間違っているか」、「早くやめさせてくれ、あいつはキチガイだ」、「楽器屋には他の人もいるんだ、迷惑だ」、「自分のやっている事を指折り数えてみろ」、「また、間違えたぞ」、「できねえ」、「この前、教室で・・・君のやっていた事を教えてあげよう」など2時間ぶっ通しでこれでもかと言うくらいボロクソに悪口をあびせられた。首の後ろに触られるような感覚、お腹に空気を溜める、肛門に異常な感触、など身体攻撃を受けまくって酷い目にあった。耐えられない場合は自分の練習の意味、目的を、わざわざ練習の手を止め、心の中で加害者に説明をする。なんてばかげているのか。加害者はすべてを知っていて嫌がらせをしている。「この前教室で・・・」この言葉の意味に問題がある。スパイである。音楽教室の中にどんな人がいて何をやっているか、音楽の中身だけでなく、人間関係も含めて盗み取っている。それらを嫌がらせの材料にする。私に関しては生まれた所まで知っていて、そのすべてを嫌がらせの材料にする。最後は「この楽器屋の店員も本当はお前の事が嫌いなんだよ、早く出て行け」と言う台詞を脳内音声で送信する始末。そして今も性器に違和感を与えたり、顔に痒いような痛いような感覚を与え、お腹に空気を溜めている。得意の「他所に行かせ」などの声を送信する。差別、迫害、追い出し工作の好きな人達。

本当は生きているだけで楽しくてしょうがない筈の人生を、生きているのが苦になるようにしてしまう人達。悪魔である。

そう書くと「なら、死んでくれ」と音声送信をされた。
男の声で「その記事をあげさせてくれ、本当は助けてやろうと思ったけど、明日も嫌がらせをしてやってくれ」と送信された。

24時30分
入浴後就寝前。相変わらず嫌な奴らである。

前代見聞の嫌がらせ

1時
これから寝るところだ。低いうなり音とモールス信号のような音、耳鳴り攻撃をされている。女の声で「ぴゅんぴゅん丸」の歌をリピートしたと思えば、「ハピーバースデイ」誕生日の歌だ。何処の国の歌だか知らないが、数人の女が合唱している。以前、音声送信の技術のことを知らない時に脳内に聞こえた言葉を記録していた事がある。その時に加害者が言った「前代見聞の事件」。今まで聞かされて来た言葉はすべて加害者に当てはまる。

しかし、変態、変質な集団である。たった一人の被害者に対して数人が常時付きっ切りで、そのたった一人の被害者の前でだけ自分達が優越感に浸れる。それだけしかない人達。しかも、影にかくれて被害者のことを徹底的に無理やり貶している。人の嫌がる事しかしない。しかも、この世の物とは思えないような汚れた言葉は、たったの1人にしか聞こえていない。更に「雇われ人の身ではなあ」という言葉も聞いたが、その意味はなんだか。

1時30分
何とか眠りに入った瞬間に体中に痒みを発生させられた。とてもでは無いが寝られない。勿論、性器に触手感、股の間にも違和感。「あの人に膣をつけさせて」と女の声で送信させられたのを思い出す。「毛だには訴させろ」ダニの嫌がらせは電気的な嫌がらせである。顔、額、頬、足、わき腹、あらゆる場所に痒みを発生させている。「ハッピバースデイツーユー」と女が数人でしつこく歌っている。これは人が死んだ時に喜ぶのと似ている。今も体がチクチクしたり、顔が痒いなどの攻撃は続いている。そして、被害者にしか聞こえない声で言いたい放題言っている。「全く嫌な奴だな」、「せっかく賑やかにしてやっていたのに」。

こんな人権を無視した嫌がらせ、殺意のある嫌がらせが野放し。
私は以前に住んでいた家も耳鳴り攻撃、脳内音声で追い出されている。
証拠がなければ何をしてもかまわない。そういう集団なのである。

人殺し、そのものだ。

「拍手させて」と女の声で送信する。

口だけは偉そうな事を言うが「名乗って出てやろうぜ」、「会ってやろうぜ」、「白黒ハッキリさせてやろうぜ」言いたい放題言うが所詮、脳内音声、思考盗聴の事は明るみには出せない。何しろ彼らはそれだけが頼りで、それがすべてなのである。それが無ければ何も出来ない。命の次に大切なもの、それが電気的な嫌がらせ装置。夢にまで見た、完全犯罪の装置。宝物である。

9時15分
昨夜は酷い嫌がらせを受けたまま寝たり起きたりだった。1時の次は3時に無理やり起こされる、それも夢を見させられた。変な家の中で物を探している、画面の上にキーボードが付いている有り得ない形のパソコンを私が持っていた。加害者の考えなので、その程度だと思う。それよりも、「外は寒い冬だ」なんて歌をしつこく歌っていた。「みんな春だけど、君だけは一生寒い冬だ」いつもの汚らしい声の男だ。歌は別の男が歌っていたと思われる。以前にもその男の声で変な自作曲みたいなのを歌っていたが、暗い、陰気臭い感じで性格が良く出ていた。その後、また寝ると、今度は5時。「絶対に寝かすなよ」と音声を送信させて、あらゆる嫌がらせをして来た。それでも寝て、次は9時10分ほど前。「昼間なら寝てもいい」と言っていたが眠くはないので起きたところだ。しかし、眠ったような感じが全くしない、最悪の気分だ。目が覚めると「誕生日の歌」をリピート再生。

これが加害集団の正体である。睡眠だけが逃れられる唯一の時間だと書くと、その睡眠を奪う。

寝ている時も酷い電磁波を浴びせられていた。

何度も書くが、人殺しである。

それから犯罪者集団は長い年月をかけて嫌がらせをする。
必ず春先になると嫌がらせが酷くなる。何年でもやる。
私が知っている限りでは4年目くらいだろうか。

その理由は被害者を精神病なのだと世間に自然に知らせる為である。

10時55分
また、他人のブログを読んでいる時に、たまたま目が行った所に読めない字があったら、それまで黙っていた女性加害者(聞える声が女)数人が一斉にしゃべり出して字が読めないと大騒ぎしだした。そんな時しか出てこれない人達である。以前に知ったかぶりをして、私の読み方が間違っていると言い、加害者の中年の女性数人が声をそろえて何度も、その漢字の読みを送信したことがある。辞書で調べてみたら、私の読みが正しかった。

それと、今までの経験から判断すると被害者の視界にある物は全部見えているようだ。普通人間の目は見えている視界の一部しか認識していない。言うまでも無く、自分で確認できる範囲は焦点の合っている視野の極一部である。しかし、加害者は焦点は合っていないが視野に入っている物に関しても音声を送信してくる。乗り物などで移動中には、すでに下調べが済んでいて、その場所を通過する時には、この看板が目に入る筈だと知っていて、被害者が意識しなくても看板の文字を読んで送信したりする。たとえば「ラーメン」という看板があれば「うラーメン」と読んだり「カゴメ」というのがあれば「あカゴメ」などとデタラメに読み替えたりする。これも日常的にやられている。ただし、右方向を見ているのに、左方向の看板を読むことは、ほぼない。だいたいの方角は一致している。

これらは、事実であり、パソコンの画面の文字を私が読んでいるのを遠隔地でモニターしているのである。当然、私の目からすべての情報を得ているのではなく、同じ画面を見ていると思われる。場合によっては、私が読むのと同時に、加害者が同じ文書を、私が読むスピードにあわせて読んで、それを送信して聞かせることもある。また、ブログの作者によって同時読みをする声の出演者が決まっていたりする。変だと思って、いきなり読むのをやめると、同時読みの声だけが少し先まで読んでしまう事もある。或いは、音声送信の加害者の声がオーバーラップして同時読みに聞えるのかも知れない。

それから、どれほどワイセツ・変体な集団かを示す為にワイセツ語録を作りたいと思う。今までは、あまりハレンチな言葉を使いたくないので避けてきたが、もう、その必要はなさそうだ。「どうせ彼の言うことなんか誰も信用しないさ」などと音声送信で言っている。実際にはすでに他の多くの被害者がそのキチガイぶりを報告しているので、その必要はなさそうだが、それはそれで書かせてもらう。

15時10分
仕事が忙しく、嫌がらせをされながらでは大変である。今日は攻撃はそれほど激しくないが、歌のリピート送信などを繰り返し行われている。顔が痒くなったり、体が痒くなったりする。嫌な耳鳴り攻撃も少しで済んでいる。今、また耳鳴りを頂いている。歌は「おーてえてえー、つーないでー、、、」とか「でんでん虫むし、かたつむり」などをさかんに歌っている。顔の痒い攻撃などは所かまわずである。
こういった被害があると言うパンフレットや、自分の被害などをまとめた物を周囲の人に配布しようと考えていたら、「早くやらせてあげな」などと送信された。

結局、元を正すと、覗き、盗聴、盗撮などが原因で、それにより得た情報での嫌がらせである。個人の私生活の内容で、誰でも他人には話したり、見せたりはしない事である。それを加害者が、言いふらす、見世物にしてやる、と言って脅迫をしたり、嫌がらせをするのである。元は終始一貫してそれなのである。

加害者があまりに変な関係のない過去の内容を持ち出して来たので、こちらも応戦したら、今度は私の兄弟の子供のことをネタに出してきたりする。全くもって常識外の嫌がらせである。それをまともに受け取ると私の兄弟も思考盗聴をされている、という事になってしまう。もしかすると加害者や、その関係の集団は、このやり方であちこちで脅し、脅迫、嫌がらせをしているかもしれない。そんな事を想像させるような音声送信であった。

19時50分
今、音声の録音方法のブログを読んでいたら妨害をされた。「ブログならいくらでも書かせてやる、そのページはそれ以上読ませるな」と音声を送信された。気分が悪いので読むのをやめた。体チクチク、耳鳴り攻撃、性器に違和感、など。今日は、酷い耳鳴りなども無く、音声も少し遠ざかり楽だった。夕方に仕事でホームセンターに買い物に出掛けた時は、全く静かで、なんて幸せなんだろう、と思った。ほんの3分間の幸せだった。すぐに耳鳴りが始まってしまい、この世の終わりのような気分にさせられる。ホームセンターでも目で見ている物を盗み取られてしまう。買い物カゴを持たずに中に入り、目的の品物を発見したので買い物カゴを取りに戻ると「カゴを持たずに買い物」、「また、入り口まで戻らせて」などと女性の声で送信される。そして会社に戻り19時に仕事を終え、ネット閲覧をしていた。

20時55分
会社の帰りに実家に寄り子供と話しをしてから自分の部屋の戻った。すると、そこでの会話の一部を加害者に盗聴されてしまい、数人で同じ言葉を繰り返しきかせていた。部屋にいると右耳にキーンという耳鳴り音がする。メールを書いていると、その内容が気に入らないと見えて更に耳鳴りのボリュームが上がる。

23時45分
今、風呂から出て寝るところだ。耳鳴りはしているし、音声も聞こえている。風呂の中ではいつものように会話していた。「消えてしんぜよう」などと言うが、しつこくつきまっとて来る。イライラ攻撃、虐待攻撃がないせいか多少らくだった。今、針を一本、首にさされた。寝る。

返して欲しい

12時5分
強制的に奪い取った自由と人権とプライバシーを返して欲しい。
昨夜は酷い耳鳴り攻撃、その他の攻撃によるストレスで胃が痛くなってしまった。地獄である。拒否することの出来ない虐待行為。仕事が終わって帰宅してから6時間以上に及ぶ攻撃。しかし、それでも寝る。私はアルコール類はもともと一切飲まないので、睡眠導入剤を飲んで寝ている。そして、朝5時にまた目が覚めたので薬を飲んでもう一度寝る。9時少し前に目が覚め、タバコの煙を両方の鼻から出している映像をみさせられたり、耳鳴り攻撃をされたり、音声送信で何がなんでも起きて会社に行けと言われるが、意地でも起きるわけにはいかないので、11時まで寝る。はっきり言うと、この手の被害を受けている人間にとって睡眠だけが嫌がらせから逃れられる唯一の方法である。そんな事を書くと睡眠妨害をやられる可能性もある。今も、顔に痒み攻撃をされている。目覚めとともに「ラブレター」という曲がゆっくりしたテンポでリピート送信されている。これは、聞く事が出来ない放送で、こちらが黙って静かにしていると聞き取ることは、なかなか出来ない。自分が活動状態になると無意識に歌ってしまうと言う感じだ。それを少し強めるのか、或いは違う送信をすると、歌自体が聞き取る事が出来る。どっちにしても抵抗しないと(自分の中で違う歌を歌い続ける)自然に歌わされてしまう。以前から私は歌や悪口を脳内音声で送信されている時に、加害者の悪口などを心の中で言うか、口の中で言い続けているが、最近は相手の送信される音声につられてしまい、自分の言葉を間違えてしまうことさえある。

従って、一日中、意に反した、考えたくも無いことを考え続け(口の中で言い続け)ているのである。だからテレビも見れない、本も読めない、ネット閲覧も出来ない、何も出来ないで、うわごと、独り言を言いい続けるような状態になってしまうのだ。それは、それこそ、食事をしていても、トイレでも、風呂でも、送信される限り、一日中である。精神異常者に仕立て上げる為の嫌がらせだ。

マインドコントロール、洗脳の世界である。

臭いの送信も危ないものがある。日常的に臭いを変えられ続けていたら、音声の送信と同じくらい、人間を変えてしまうことが出来る。

13時30分
今もボリュームは小さいが歌のリピート送信、声の送信による嫌がらせが続いている。ネットのブログを読んでいても嫌がらせのやり方は同じ。そして罪の意識が微塵もない加害者達はあざけり笑っている。時々、液晶ディスプレイの色の帯などが横にたなびいて見えたりすることがある。たとえば色の帯が画面の中央に1/4だけあったとすると、その両脇にディスプレイの端まで帯の色とは少し違う色で、同じ幅のにじみが出たりする。視覚に異常をきたす攻撃だ。昨夜も就寝時に閉じた瞼の中に沢山の光というか、明るい斑点を出されてしまった。

これは、現在被害を受けている人間だけの問題ではない。
被害を受けていることすら気がついていない人もいるはずだ。

ついでに、数年前にスーパー銭湯に行った時のことだ。いつものように悪口の音声が送信されている。しかし、その日は少し違ったものが聞えた「あんた、良い体してるねえ、売れば金になるよ」中年の女の声だった。その時は音声送信の技術をしらなかったので騙されたが、良く考えてみると音声送信である。女湯から聞えてきているようにみせかけたのである。

14時35分
今日は少し仕事が暇になったので被害文書というのを書こうと思い説明を読んでいると背中にチクチクと軽い痛みが移動しながら走ったり、軽い耳鳴り攻撃などをされた。歌も曲を換えてリピート送信している。音声送信のボリュームが小さくなったので少し思考の自由が生まれ文書などを読むことも出来る。送信するエネルギーが小さいだけでやっていることは同じだ。思考盗聴もされている。

17時45分
送信される音声のボリュームは小さいが、思考盗聴、リアルタイムでの音声による嫌がらせは続いている。さっき、家族のいる家に行ってきたが、家族の室内での様子などもリアルタイムで言い当てられていたようだ。歌のリピート送信も続いている。ワイセツな言葉も聞かされている。「専門の病院に行かせてやれ」などと言う声も送信される。そういう集団なのである。

19時
相変わらず歌の送信を続けられている。無意識にしていると、つい、一緒に歌ってしまう。すると「また、歌ったぞ」とバカにしまくる。もう、キレてしまいテレビを蹴っ飛ばし、大声でわめいてしまった。当然、声による嫌がらせも続けられている。すると、脳内音声で私の名前を中年の低い声の女の人が連呼する「・・・さん、・・・・さん・・・・さん、訴えられるよ」。私は声に出して言う、訴えればいい。すると今度は「・・・さん・・・さん・・・さん、殺されるよ、殺されるよ」送信される。

この犯罪そのものが人殺しと同じである。

どこの誰がやっているか判らないように嫌がらせをする。
これらの嫌がらせで引越しを余儀なくさせられた人がいる。
そして逃げて着た所でも、更なる嫌がらせをして、追い出そうとする。

また、耳鳴り攻撃が始まった。
殺意のある嫌がらせである。

これが2008年の日本の姿である。

20時5分
ものすごい圧力である。電磁波か何か知らないが、ほぼ無音でこの攻撃。めまい、はきけ、頭痛、腹部に空気の溜まる感じ、これだけやられると、とてもこの場所にはいられない。これが得意の追い出し工作だ。後頭部から首の後ろが痛く肩などがカチカチになり、思考能力がなくなり、緊張状態になる。無音である。すこしピーンという音が聞こえる程度。体が引きつる感じ。やはり、電気で感電しているような感じだ。

しかし、かすかに聞こえて来る音声は、全く無表情で、なんとも思っていない感じだ。

覗き、盗聴、盗撮、ストーカー行為によって得た情報で執拗に嫌がらせをする。
見えないところから見えないやり方で攻撃をするテロリスト。

23時50分
あれからサウナに行って気分転換をして来た。サウナの中でも音声は聞こえていた。サウナの帰りには歌のリピート送信が始まった。バカボンの歌だ。何年も前にネットに被害報告を出していた方が今どうなっているのか知りたい。これだけ毎日酷い被害を受けていた人もいるのだろうか。完全に被害がなくなってしまった人とかいるのだろうか。ある時期から更新されていないブログなどがあるのは、なぜなのだろうか。

一年ほど前にこんなのを聞いた「あいつのことを殺すのなら、あいつの子供を殺してやれ、あいつは生きたまま恥をかかせてやれ、一生笑いものにしてやれ」。今日も軍団が言った「・・・・をなめるなよ、・・・・の怖さを教えてやれ」

これが加害者の言う「新世界秩序」のことだろうか。心で加害者の悪口を言っただけで嫌がらせをされる。頭の中で考えている事が加害者のお気に召さないと嫌がらせをされる。この日記とかホームページにも書けない事が沢山ある。それは他人の中傷とかではなく、実際に何があったのか、何を聞かされたのか、それすらも脅迫などにより書けないのである。

「思考盗聴」、「電磁波犯罪」このキーワードで検索してヒットする数がどんどん増えている。その数には実際驚かされる。そして加害者は言う「・・・さんに自殺させてあげな」・・・さんとは私の名である。

脳内侵入犯罪

10時5分
昨夜も就寝時に音声と臭いの攻撃をされた。臭いとは主に糞尿の臭いであり、説明するまでもなく寝る時に糞尿の臭いの中で寝ている事になる。それと、聞きたくもない音声、顔などの痒み。数日前に一度やられたが、目をつぶって寝ようとすると、目を閉じた視野の左上(左目かも知れない)に蛍光灯のような色、明るさの光を送信された。眠る時は自分の目が何処を向いているか判らないが、それをやられると、まっすぐ前に目線が来てしまい、絶対に眠ることが出来なくなる。しかし、その時は一度起き上がって別の部屋に行き、再度寝ようとした時には、その攻撃はされなかったが。

普段の生活の中で目に違和感を生じると報告したのは、きっとそれである。暗い所で目をつぶると光が見える(光の面積は広く決して点のような存在ではない)ような攻撃。映像の送信だと思う。なぜなら、今、目に違和感があり、その攻撃を受けているように感じるからだ。

そのことに気がつくとインターネットを閲覧している時に、異常に目が疲れたりして、画面を見るのが嫌になったりするのも、自然現象ではないと思えて来る。オナラ、セキ、痒みなど、あたかも自然現象に見せかけた嫌がらせのやり方が多いので余計にそう思える。瞼が痙攣する攻撃もあると思う。

今朝は8時30分に目が覚めたが、思考盗聴と音声の送信は続いている。当然、会社の中でも。ワイセツな言葉も当然。パソコンの前に座ると耳鳴り攻撃、顔が痒くなる攻撃をされる。思考盗聴と音声の送信とは、リアルタイムで私の言動、視野に映っている物に対する干渉の音声送信である。それと歌のサブリミナル的な送信もされていて寝起きで顔を洗っているときにも無意識に口ずさんでしまった。

11時45分
相変わらず思考盗聴をしては脳内音声で嫌がらせをすると言う手口で攻撃をされる。今、仕事をしているわけで、そのやり取りすべてに干渉してくる。更に耳鳴り攻撃、歌のリピート送信、イライラ攻撃などで大変に迷惑をしている。歌は「ひょっこりひょうたん島」の主題歌であろう。私の年代ではやっと覚えている程度である。それを早いテンポでまくし立てるように歌い続ける。とにかく口汚い悪口を送信される。そして、その事をここに記そうとすると、その歌のテンポを落として歌い出すという意地の悪さである。

12時55分
思考盗聴被害者のブログを読んでいたら「耳鳴りをうけさせよう」と言う音声送信とともに右耳に耳鳴り(よくある耳鳴りとは全く音が違う)が発生した。先ほどから集中的に音声送信での嫌がらせを受けている。こちらが気にもしていないこと、全く失敗では無いこと、に関しても「ざまあみろ」と音声を浴びせて来る。歌の送信も途切れない。

最近の送信の仕方だが、「絶対に許さない」、「許してあげよう」、「終わりにしてあげよう」、「一生嫌がらせをすることが決定した」などとわけの判らない内容になっている。許す、許さない、この言葉の意味がわからない。それよりも人間の精神に勝手に入り込んで来ての嫌がらせに問題がある。

18時
思考盗聴、音声送信による嫌がらせ、臭いの送信、身体攻撃、それらをひっくるめてテクノロジーによる嫌がらせ。一秒も途切れることなく続けられている。仕事も満足にさせて貰えないどころか、この世の終わりのような最悪の気分ですごしている。更に、今がそんな状態で、この後も私は生きているので、この後の時間も、ずっと、同じ思いをしなければならない。更に、終わりが見えないと言う絶望感の追い討ちもかけてくる。

脅迫、虐待を含むマインドコントロール、洗脳である。

18時50分
今、仕事が終わり帰宅して夕食を摂っているところだ。酷い耳鳴り攻撃を受けている。今日は頭痛がしていると感じていたが、攻撃のせいで頭痛を引き起こしていた事が判明。普段は後頭部が痛くなるが、今日は眉のあたり、眉間などが痛む。相変わらず送信される声は口汚く加害者の人格が浮き彫りになってくる。食事の時に「クソをくわしてやれ」と音声送信をされ、クソの臭いを送信された。加害者達は自分の仲間や、団体の悪口を言われたり、頭の中で考えたりすると攻撃をして来る。女の声で「お腹に空気を溜めてやんな」と送信すると同時にお腹に空気が溜まる。

発狂もしくは自殺させる為の嫌がらせだ。

これ以上書いても同じ内容になるのでやめる。

一年ほど前に女性の声、或いは若い男女の声で「人いじめはやめられない」、「楽しくてやめられない」、「あの人を見ると、いじめたくなるんだよね」と音声を送信されたことがある。今、体(首、左わき腹)にチクチクと針で刺すような痛みを感じた。また、「お前、そこに居ろ、俺達が狂わしてやるから」と送信された。追い出すのが好きで「出ていけ」、「引っ越せ」、「帰れ」などと送信される。被害者の多くは嫌がらせにより引越しをさせられている。「世の中弱肉強食なんだよ」と男の声で送信されたこともある。

これが日本の現実である。事実である。

この苦痛から逃れたいと思ったら自分の脳(頭)を破壊するしかないのである。

この犯罪は間違いなく、殺人と同じである。

21時25分
今、食料の買出しに行ってきた所だ。脳内音声は当然どこに行っても途切れない。歌のリピート送信も同じ。コーヒー屋に豆を買いに行くと、いきなり臭いの送信を受けた。「顔をかかせて」、「頭をかかせて」という女の声とともに顔、頭が痒くなる。そこでの会話も盗聴されているし、目で見た物も盗まれている。そして今、ブログを書いていると耳鳴りのボリュームが上がり、体中が痒くなり、頭痛がして来る。そして声による嫌がらせが酷い。

私が24時間の音声送信を受けるようになってから1年と2ヶ月ほど経つが、それよりも前に歯医者に治療をしに行った時の事だ。治療椅子に座り、リクライニングすると「おナスね」と衛生士さんの心のつぶやきが聞こえた。よくあるパターンだ。ワイセツと言うか何と言うか。

頭痛が酷い、出かける前に顔を洗った時には眉毛の所と額が痛かった。今も歌のリピートと声による嫌がらせが続いている。「こんや中に発狂させてやる」、「ヘビに睨ませてくれ」と男の声で送信する。

23時45分
最近は本当に人格が変わって来てしまった。何を見ても貶したくなる、何を聞いても貶したくなる。それもその筈だ。毎日24時間薄汚いやり方で脳内に直接、嫌みを送信されているのだから。何処で、何をしていても絶対に逃れる事が出来ない嫌がらせ。

考えて見て欲しい。

複数人の相手

影に隠れている相手

一日中、朝から晩まで、集中的に悪口を聞かされる

嫌でも、無理やり聞こえてしまう声

しかし、言い返すことすら出来ない

更に、相手はそれがどのくらい苦痛かを承知してやっている

それどころか、プライバシーの全くない生活

人間は、生き物は、心の中が他とは独立しているから

人間として、生物として成り立っているのである

それを強制的に破壊されてしまっている

環境破壊、環境汚染などの自然界の破壊に関心があっても

人類の破壊には関心がない

そして、今も、歴史的な犯罪者は、屈辱的な言葉を投げてくる

殺人ジャンキー

加害者の主張

10時5分
昨夜も大変だった。まず加害者が自らの団体名を名乗り「・・・・の怖さを教えてやる、恐ろしさを思い知らせてやる」などと脳内音声で聞かせられた。就寝時にはそれほどの嫌がらせは無かったが、朝5時30分頃に夢を見たか何かで目が覚めると、歌を聞かされた。そして「どうだ、上手いだろう」と誇らしげに言って来た。機械で作成したような曲の一部分だけだったと思う。上手いと思っているのなら、脳内音声で特定個人になんか聞かせないで大衆に向かって発表すれば良い。価値があると思っているのなら売れば良い。そして、公の場で自慢すれば良い。そう思った。

すると今度は、私の過去の事について引き合いに出して来る。随分と昔に遡り、「あの時は、こうしただろう」、「小学生の頃友達をいじめたことがあるだろう」、「音楽の練習で他人に聞きたくもない音を無理やり聞かせた事があるだろう」などと言うことを理由に、私に対して、完全に人権を無視した嫌がらせをしているのだと言いたいようだ。かなりの長期に渡って特定個人の私生活を監視、観察(覗き、盗聴、盗撮)、尾行、調査などの情報収集をしていなければ知りえない事である。それらの行為が行われたという事に関して加害者は一切触れない。勿論、思考盗聴、脳内音声、電磁波などによる嫌がらせに関しても一切触れない。

それは、犯罪だと思う。しかも人類の歴史に残る重大な。

そして、「お前が悪い」、「学歴も知識も常識も何もない、みっともない、笑いものなんだ」と繰り返し脳内音声で聞かせて、その人間のすべてを否定してしまうのだ。

23時30分
午前11時頃にオートバイに乗り出かけて、今、帰宅したところだ。早速ブログに追記するべくパソコンの前に座ると、ボッ、ボッと音を立ててお腹に空気が溜まる。すぐにオナラが出る。なぜか原因がわからない。帰宅すると「終わりにするからブログを書くのをやめなさい」と脳内音声で言われる。以前にも同じ事を言われたので一旦すべてをサーバーから削除してみたが、嫌がらせは続けられた。そして、ブログに追記をしていると「にくったらしいね」、「終わりにしてやるか」などと送信する。咳が出た。咳の誘発もある言う被害者もいる。今日はオートバイに乗り片道100Kmほどの距離を往復してきたが、音声の送信は続けられた。内容はいつもと同じ屈辱を与えるための悪口だ。しかもリアルタイムで。新しい事実があり、走行中のオートバイでも臭いの送信を受けて臭いを感じると言う事だ。この被害では事実と言っても第三者に証明することは出来ない。目的地はビルの中のスタジオで、音楽の練習をする。今日もやられた。軽い耳鳴り攻撃。臭いの送信、音声の送信だ。演奏中に急に顔が痒くなったり、臭いを送信されたり、演奏内容に悪口を言われたりする。失敗すると笑いものにする。人数は数えたわけではないが男も女も2~3人くらいだと思う。数時間スタジオの中にいるが、顔を痒くされたり、性器に違和感を感じたりで大変だ。やや、音声のボリュームが小さく、ある場面では嫌な事を忘れて楽しく人と話も出来た。スタジオ内でも思考盗聴はされている。帰り道も走行中に音声の送信、臭いの送信を受けていた。今もお腹が空気で膨らんでいる。顔が痒い、体がチクチクする、性器に違和感などの攻撃を受けている。それと心配なのはいつも「・・・にも被害を受けさせてやれ」などと音声で脅迫される事である。たとえば、私の顔見知りに同じような被害を受けさせて、私の名前や声を使って嫌がらせをしたとする。その音声を信じてしまった新たな被害者が私のことを恨んだりしたら大変な事になる恐れもある。加害者の脅迫やデタラメな話などを聞いていると、思考盗聴だけをされている人がいるように思えて来る。それにしても恐ろしい武器である。恐ろしい人達である。

そして「ログアウトしてから嫌がらせをしよう」などと音声を送信した。「耳鳴りが欲しいなら、耳鳴りをさせてあげよう」と脅迫をする。もうすでに軽い耳鳴りは受けているが。これから風呂に入る。

それから、もう1つ。食べている時に口の中を噛んでしまう攻撃があると書いてあるブログがどこかにあったと思うが、今日スタジオ内で、ある人の誕生祝いがありケーキを食べたが、その時に下唇を噛んでしまった。偶然だろうか。後、行きの高速道路で走行中に耳鳴り攻撃を受けていた。走行中に側を走る車の音が妙に高い音に共鳴してくる。そうでなくても右耳に耳鳴り音を感じていた。それは風を切って走っていても聞こえる。

後、頭部などにピンポイントで痛みを感じさせる事も出来るようだ。昨夜寝ている時に感じた。脳波を狂わせて普通でない状態にする事が出来るので、オートバイとかの運転中にやられると危ないと思う。「狂え、狂え」としきりに音声を送信している。お腹がパンパンになって来た。先ほどは肛門に直接、痛みのような違和感があったが(初めてである)、それとお腹に空気が溜まるのと関係があるのだろうか。お腹に空気が溜まると腹部、胸部が圧迫される、それによって引き起こされる副作用があるかも知れない。

すべては無音で本人に何も知らせないで実行する事が可能だと思う。

今、風呂の水が溜まったところだ。耳鳴り攻撃を受け続けている。拷問というか虐待というのか酷い嫌がらせだ。脳内音声による脅迫。「もっと被害者を増やしてやるぞ」。相手は何が何でも、嫌がらせの上乗せで、被害者を黙らせるつもりでいる。加害者のやり方を見ていると、まるでテロリストだ。どこかで破壊工作をしては脅迫をする。言う事を聞かないと、別の場所でも同じような破壊工作をするぞ。テロリストの本体は何処にいるかわからない。このやり方は一般個人を狙った嫌がらせだけではなく、社会のあらゆる方面で行われているのだと思う。

洗脳、マインドコントロール、著しい人権侵害、虐待。

人殺しと同じ犯罪だ。人殺しが野放し。見えない所から見えない武器で攻撃をして来る。

加害者は被害者が、嫌がる事を集中的に行う。科学されている。生身の人間に対して一番苛酷なやり方が研究されていて、それを続ければ人間がどうなるかを完全に知っていてやっている。病気になり入院した被害者がいる。自殺してしまった被害者がいる。加害者はそれらをすべて承知した上で嫌がらせを行っている。犯罪であることも十分承知して行っている。そういう集団なのである。

そして、「パー、狂え」、「死を見させろ」、「見えないなら見させてやれ」と脳内音声で脅迫をしながら、絶対に加害行為をやめようとしない。「結果、行き着く所まで行かせてやれ」と送信される。

消えうせてしんぜよう

8時20分
昨夜も就寝時に音声による嫌がらせ、顔が痒い、耳鳴り攻撃などを受けた。途中、3時頃だったか目が覚めた。音声で酷い悪口を浴びせられていたようだ。朝7時30頃に目が覚めたが、シャーっという耳鳴りがしていて、歌の送信、声による悪口の送信を目覚めと同時に開始された。そういえば、昨日、出張先で商社の方の車の中で、商社の方が日本の政治の有り方について熱弁をふるった時に私が全くその通りです、と言うとリピート送信されている歌のボリュームが急に大きくなった。それから、加害者は「・・・に合わせてやりたい」、「今日で終わりにしようと思ったのに」、「消えてしんぜよう」などと言うセリフをよく送信する。昨日の夜地震があったが「また、地震をおこさせてやろう」などとも言っている。ICレコーダーに何が録音されているか、気にしているらしい。それと、ワイセツな会話が大好きで今日も朝からやっていた。

10時45分
せっかくの休みも一連の嫌がらせにより台無しにされてしまう。何をしても邪魔、嫌がらせをされるので結局、行き着くところは、この被害日記になる。脳内音声では同じ言葉をなんども繰り返して送信する。毎日の嫌がらせのネタが同じというのではなく、その日その時に聞かせたい言葉を送信するのにも一度ではなく、何度も同じ言葉を送信する。変質、変態との関わり、一方的かつ強制的な関わり、その関わり方が変質である。個人の生活、思考を24時間張り付いて見張り盗み取った情報で、正体を隠して24時間執拗に嫌がらせをする。そして遠隔から誰にも信じられないようなやり方で攻撃をする。頭の中で考えた事に関しても、加害者の気に入らない事だと、その場で攻撃をしてくる。とにかく、何もさせない、考えさせない。ワイセツが大好きなので、ワイセツな事を考えていると喜ぶ。しかも、その変質、変体性については加害者複数名が必ず被害者一人に常時関わっていなければ出来ないのである。監視しては送信をする。これを何年も24時間体制で繰り返す。妄想オママゴトという言葉がそのまま当てはまる感じだ。しかし、その裏には殺意を感じさせる部分もある。

今日も電磁波のような物を浴びせられていて頭がすっきりしない。

顔を中心に電気的な(適切な表現がない)痒み、チクチク感がある。

毎日記しても内容は同じである。「医者にいかせて」などと脳内音声でやじる。

それから、加害集団について、以前は自分からその団体名を脳内音声で送信していたが、最近は、その団体は関わっていないとしきりに送信している。それ以前は国家権力だと言っていた時もあった。

しかし、こんな嫌がらせで人生を台無しにされ、無駄な時間、苦な毎日を過ごさなければならないのが本当に残念である。「在日邦人」と脳内音声で放送された事もあるし「在宅起訴」にしてやれと言われた事もある。私に言わせれば「在日拉致」、「在宅拉致」のようなものである。

そしてこの日記を保存した瞬間に耳鳴り攻撃をされた。昨日だったか、保存したとたんに拍手が一つ、入っていた。悪意と殺意に満ちた嫌がらせ。「引っ越させろ」という言葉も大好きだ。今、口の中に苦い味と臭いを送信している。ゴムを焼いたような感じ。息苦しく、最悪の感じ。

奴隷のような物である。人が人を支配する。生きている人間をおもちゃにしている。

これが人殺しと同じでなければ何なのだろう。

11時50分
女の声で「無駄な日記を書き続けさせてあげて」と送信された。何があったかと言うと、突然の出張で交通費など二人分の経費をすべて自分の財布から出した為に現金が手元から無くなってしまったので銀行から引き出すことを考えていた。そして、そろそろ出かけようと思った瞬間に、「緑色のバッグのありかを教えてあげて」と脳内音声で言い当てられ、しかも、どの銀行から引き出すかも言い当てられた。すべての預金通帳とキャッシュカードの入ったバッグを置いてある場所から取ろうとしたら無いではないか。他の場所に置く筈はないが一応調べてみた。何処にもない。脳裏には一箇所だけ思い当たる場所がある。探している間にも脳内音声で「うんと、慌てさせろ」などと嫌みを言われ、「警察に行ったらその瞬間に逮捕させてやれ」などと送信していた。そして、一箇所だけ心当たりのある場所を見たらあった。

問題は加害者がそんな事まで知っていて、私がそのバックを必要とする瞬間まで待っていると言う事だ。脳内音声などの嫌がらせを受けていると日にちの感覚が無くなってしまうので、いつ、その場所に置いたのか覚えていないが、一ヶ月近く前ではないかと思われる。勿論、思考盗聴の被害者であればキャッシュカードの暗証番号まで知られているという事は言うまでもない。

16時10分
先ほどまで外出していて、今帰宅した所だ。何と言う悪どさか。出先でも音声による嫌がらせは途切れない。送信される歌もエンドレス。帰宅するとすぐに耳鳴り攻撃を開始して、臭いの送信、カイカイ攻撃、チクチク攻撃をする。最近は自分達の嫌がらせを自然現象に仕立て上げようとする。湿疹が出来て痒いだけなのに、乾燥性の皮膚炎を電磁波のせいにしている、などと音声で送信する。普通は何かあれば法律などにより刑務所などに入るが、加害集団によると掟があり、精神病院に入れてしまうらしい。そんな事を車の中で考えていたら「その通り」ときっぱり脳内音声で送信された。追い出し工作、住めないようにする為の嫌がらせ。このことも大分前に音声の送信により聞かされている。「出て行け、立ち去れ」、「住めなすようにしてやる、何処に行っても追いかけて行って、嫌がらせをしてやる」これでは税金を払っている意味もないし、人権も法律もいらない。武器を持って攻撃する人間の勝ち。そんな世の中なのだ。本当にこれは人間社会の歴史に残る犯罪だ。

毎日、耐え難い苦痛に耐えて物理的に生きているだけの被害者。他人から見るとその苦しみは全く理解できず精神異常者。これが少なくとも日本の現実だ。

6日24時15分
夕方から時間があり、1人で家にいると嫌なので友人宅に遊びに行く。そこでも当然のように音声、臭いなどの嫌がらせは受ける。当然、思考盗聴なので見た物、聞いた物は盗み取られている。友人に迷惑が掛かったり、被害が降りかかるのが心配だ。私が被害について話した人間の名前を出して「あいつも同じようにしてやれ」などと脳内音声で聞かされる。友人宅では雑談、趣味の話などで盛り上がるが、私は二重の会話をしている。1つは目の前にいる友人との会話、もう1つは脳内音声の主との会話。友人達は被害を受けていないので自由に会話をする。それを聞いている加害者は友人の名を口にして「・・・の野郎ぶっ殺してやれ」などと送信する。私が喋ると、その内容に関して揚げ足を取るような、いつものパターンでけなしたり、バカにして大笑いしたりする。私は友人と話をする時も自由に言葉を口にする事が出来ない。言いたい事が言えない。最後に友人宅から帰る時に臭いオナラの臭いを送信された。帰りの車の中では友人宅で聞いていた音楽がリピート再生されていた。今もリピート再生されている。帰宅してネット閲覧を始めると、お決まりの嫌がらせをされる。臭いの送信、耳鳴り攻撃、お腹に空気を溜める攻撃、顔が痒くなる攻撃。味の送信、これは舌が口内炎のように痛くなったりする。すると「言った通りにしてやろうぜ、書いた通りにしてやろうぜ」などと脳内音声で言って嫌がらせの追い討ちをかける。今、首の後ろに針で刺すような痛みがあった。

これから風呂に入る。

お腹パンパン、肩、首の後ろが痛い。体チクチクだ。

6日1時30分
風呂から出たところだ。今も友人宅で聞いた音楽のリピート再生を脳内に放送されている。パソコンの前に向かった瞬間に口の中に違和感があり、苦い味がして来る。歯茎、舌などが痛く怪我でもしそうな感じだ。「お前の人生を台無しにしたつもりはない」と男の声で送信された。全く意味がわからない。これだけ酷い被害を受けさせ続けて、このセリフ。しかも、あらゆる角度が脅迫をする。極悪。

顔の痒みと言うのは鼻のまわり、頬、あご、眉、目のフチ、耳の周囲、などで、たとえば、髪の毛などでくすぐったような感じになる。眉毛などは実際に動いているのではないかと思うような感じだ。就寝時に「うじ虫を顔にはいずりまよらせてやれ」と音声を送信してやられた事がある。体中にチクチクさせられる場所と湿疹が出来ている場所が一致している。今日も音楽スタジオで練習をしている時に音声送信で嫌がらせをされたが、その時に中年の女性の声で「お腹に空気を入れてもらって帰りましょ」などと送信された。目が痛くなることもある。

それにしても変質、変態、常識外の執拗な嫌がらせだ。

人権を無視した残酷な虐待行為。

脳内脅迫

1時15分
最近は仕事でトラブルの続出。明日は朝早く新幹線で3時間、出張の予定が入っている。そんな時には必ず睡眠妨害をされるらしい。就寝前にも女の声で「ハリスの風ー」を延々とリピート送信していた。少しでも口というか舌が、送信される歌と一緒に動いてしまうと「また、歌った」とやじる。同じことを何度でも繰り返す。「同じことを何度でも繰り返す」この言葉は随分と前に加害者が私に向かって聞かせた名言だ。しかし、彼らには守るものが何もないので他人に向かって言った言葉でも、自分達はお構いナシにやる。今、やっと眠りに入ったと思った瞬間、狙い撃ちにするかのように「書けば、書くほど、嫌がらせをしてやるぞ」と脳内音声で脅迫をされた。耳鳴り攻撃、覚醒電磁波、身体攻撃など左の乳首に今まで感じたことも無いような刺激をして来た。「明日行かれないようにしてやる」と送信された。とにかく嫌がらせをさせたら天下一品、右に出る者なし。これ以上汚いやり方の嫌がらせは歴史上かつて無い。前代未聞の嫌がらせだ。生命の危険すら感じる。

そして、これを書くと「ようし、明日早速仕事場でも嫌がらせしてやるぞ、会社もつぶしてやれ」などと脳内音声で脅迫をする。しかし、仕事場での嫌がらせもすでにされているし、出張先でも嫌がらせをされている。極悪人。

19時55分
帰宅するとすぐ、「もう遊びは終わりだ」という声とともに耳鳴りが始まった。パソコンの前にいると気分が悪くなるのは気のせいだろうか。お腹に空気が溜まるような感じがするのは気のせいだろうか。首の後ろ側が硬直するのは何故だろうか。出張から戻り、会社にいる時は女の声でワイセツな言葉を聞かされていた。新幹線に乗っている時も音声、臭いの送信をされていた。迎えに来てくれた商社の車が追突されたらしく予定の時間に遅れて得意先に到着する。そこでも音声は聞こえていた。不適合品の選別作業の現場では、これでもかと言うくらい音声による嫌がらせを受け、口の中にも苦い味の送信をされ、顔などに痒みの出る攻撃を受けた。当然、目に映っている映像も盗まれている。そして帰りの新幹線の中では疲労と寝不足の為に居眠りをしてしまったが、顔を右に向けると臭いを送信されるので、左を向いて居眠りをした。すると「隣のおじさんに顔をよりかからせてね」なんて音声を送信する。帰宅するまでは耳鳴り、電磁波による攻撃は、あまり受けていないように感じた。とにかく駅のホームでタバコを吸っていても、灰皿の前の看板の文字を読んだりする。歌を延々とリピート送信された。

そして、今、酷い攻撃うけている。お腹パンパン、耳鳴りキンキン、体チクチク、もうここまで来ると普通の精神状態ではいられなくなる。内臓も痛い大変だ。

頭が痛い、息苦しい。「暴れろ、パー、暴れろ」。男の声で送信される。

21時10分
酷い耳鳴り攻撃、音声送信、臭いの送信、先ほどからずっと続けられている。ヘッドフォンで音楽を聞いても耳鳴り、音声で邪魔をする。何もさせない。ただのアホにさせる。それも集団が特定個人に24時間へばりついての嫌がらせ。「お国柄訴えることは出来ない」と自信をもっての嫌がらせ。証拠がとれない武器での嫌がらせ。キチガイである。「あわれ笑いもの」という言葉が大好き。顔をそこらじゅう痒くさせる攻撃。人殺しである。人を殺すことに何の抵抗も感じない集団。

「また、顔をかかしてあげな」こんな感じである。「耳鳴りだけはさせておいてくれ」こう言う集団である。今日も新幹線の中の電光板のニュースで米兵の「人を殺せ」と声がした。のニュースが流れていた。その陰湿、変態、悪質で陰気臭い、嫌がらせ。「頭が痛いなら、お医者にいきな」これが正体である。悪魔集団。とにかく何もさせない。

犯人の像の一部

9時15分
昨夜も就寝時の電磁波などの嫌がらせはあったが朝まで眠れた。とりあえず枕元にICレコーダーを置いて録音してみた。今この日記を書いているが臭いの送信で嫌がらせをされている。今朝は夢を見て目が覚めた。内容は忘れてしまったが目覚めと同時に「ド古い男」などと音声送信で悪口を言われた。そして「night and day」と言う曲を放送されていた。とにかく目覚めると同時に数人で悪口を浴びせてくるので最悪の気分になる。その後「ありゃりゃん、こりゃりゃん、おつむのねじが、、、」と言う歌(加害者が好きな歌らしい)を送信。続いて「ハリスの風、、、」を送信。「魔法使いサリー」、「ムーミン」などの主題歌も放送されるので年齢がおのずと知れてしまう。

今、また、電磁波を浴びせられ、吐き気がして、めまいがして、体がチクチクして、内蔵が痛くなっている。

それから去年の今頃だったか、パソコン、ゲーム関係のネタが多く使われていたので、加害者は常時インターネットをやっていると推測される。そして掲示板などの内容にも詳しい。音声で「シスエロ」と言う単語をきかされたので検索してみたら、あった。そして「アタックナンバーワン」の主題歌。これも書いてくれとの催促が酷いので追記する。インターネット、パソコンの取り扱いに関しては慣れている。それと子供がやるようなハンディーのゲーム機のソフトの内容、漫画などに関してもかなりの情報を持っている。なんだか聞いたことも無いような話題、単語などはネットで検索するとゲームに関係していた。その年代なのだと思う。

更に、新しい物が好きで流行り物を追いかけている感じも見受けられる。「流行遅れ」、「極めて、流行遅れ」、「古くせえ」などの音声も送信されている。見てくれを最優先させるタイプの人間と思われる。着ている服、歩き方にまで悪口を言う。

結論、幅広い年齢層であること。これも他の被害者によってずっと以前に報告されている。
とにかく、今、酷い攻撃を受けているのでやめにする。
保存したとたんに、「ばかーか、・・・がお前の事を殺しに来るぞ」と脳内音声で脅迫された。
・・・の部分は私の知らない人の苗字が入る。

10時
追記、「下痢をさせてあげて」などと音声を送信された。肉体的にも精神的にも遠隔地から証拠の取れないやり方で攻撃し病気にしてしまう事の出来る武器を使用している。「ハリスの風」がリピート送信されている。

パソコン関係はインターネット越しに浸入したりするかもしれない「windowsが悪いんだ」、「あいつはセキュリティーソフトに何を使っている?」、「インターネットに接続されているパソコンのワープロで文書を書くというのは世間に公表しているのと同じだぞ」などの音声も過去に送信されている。

以前、携帯電話がハングアップしたことが何度もあった。メールの盗み読みも得意で(実際に盗み読んだのか、思考盗聴かは判らない)その内容に関して脳内音声で脅迫された事がある。今使っている携帯電話も相手の声はこちらに聞えるが、自分の声が相手に聞えない、というトラブルがあり、新品と交換したが、また同じトラブルを起こしている。

13時
午前中に来客があり話をしている最中にも音声による嫌がらせを受けた。いつもの事である。まず、相手の話を聞くのに苦労する。次に変なイメージ(言葉)などを送りつけてくる。たとえば話の相手に対して悪い印象を抱かせるイメージ、あるいは話には全く関係のないイメージだ。次に、人と言うのは話をしながら自分の内部で平行して自分の考えをまとめている。その思考を盗聴したりして、考えた事に関して嫌味を送信したりする。それと、話の最中にも耳鳴り攻撃をされた。その後も歌のリピート送信などお馴染みの攻撃は続いている。

それにしても被害者にへばりついて、毎日24時間、送信するのも大変な作業だと思う。

15時10分
30分ほど前にパソコンの側の机で作業をしていたら、お腹に空気が溜まっていくのを感じた。すーっと、お腹が膨らむ感じだ。すぐに別の場所に避難した。その後、椅子に座って作業をしていたら空気が体の上の方に圧迫感を与えているように感じた。その後、20分位してから立って歩いたりしたら大量のオナラとゲップが出た。こんな経験のある方がいたら話を聞きたいと思う。今日は、音声、歌、耳鳴りの被害はやや軽めなのか、或いはイライラ攻撃が少ないせいかわからないが、ログインID、パスワードなどを何度も打ち直すことなく済んでいる。と書いた瞬間に「そうか、被害を受けさせてやってくれ」と音声が聞えた。

17時15分
先ほどからパソコンの側の机で仕事をしているが、お腹に空気を溜める攻撃と臭いの攻撃、イライラ電磁波攻撃をされている。顔が痒くなる攻撃は場所が決まっている。声の送信とともにされる「鼻をかかせてあげて」痒いのでかくと「ほら、かいたよ」などと言いたい放題。嫌がらせの音声を送信して仕事の邪魔をする。「かわいそうに」という音声を連発送信する。何かを間違えた事に関してケチをつけてバカにするが、こちらは全く気にならない。なぜなら物事とはそういう物だからである。「それを間違えた」などと音声を送信しているのが滑稽だ。そして社内の人間関係を壊そうとして他の人と比較したりする。そのやり方も毎回同じ。その加害者の腐った心が気分を悪くさせるだけ。ペニスに違和感を感じた。もう、言うまでもなく、他の被害者にも報告されている通り、そう言った集団なのである。私生活のあらゆる場面に食い込んで来て、武器を使って嫌がらせをする。いくらなんでも武器を使って遠隔地から嫌がらせをされたら。テロ行為だ。

更に「あの方に表現の自由を与えてあげて、その代わり私たちにもすき放題言わせて欲しい」と女性の声で送信された。思考盗聴、脳内音声、電磁波による嫌がらせ。これが問題なのに。そして、耳鳴り攻撃をかけてくる。なんというやり方か人権無視もはなはだしい。

くどいようだが、何かの動作をする時に決まって、必ず、同じイメージが脳内に浮かんで来るとしたら、毎回必ず同じ内容の脳内音声を送信しているのである。一日何回でも、何十回でも、その都度送信しているのだ。

23時50分
今、風呂から出て寝るところだ。先ほどまで酷い嫌がらせは無かったが、パソコンの前に座ると「もう、それ以上書く無かれ」と音声を送信された。自分の書いた日記を読んでいると、耳鳴り攻撃、チクチク攻撃、痒み攻撃などをされたので、また書くことにした。仕事が終わってから用事の為外出して帰宅したのが22時40分頃。各種臭いの送信をされた。「ぱー、ぱーこう、ぱー狂え」なんてのも得意のセリフだ。それと物音に共振というか共鳴というか、物音に隠れて何かを聞かせることもあるようだ。頭が締め付けられるような、首筋が硬くなるような、息苦しいような、攻撃である。

ご期待に添えなくて残念

午前0時40分
睡眠妨害というより24時間の人権を無視した嫌がらせ。
殺意のある嫌がらせの為、全く普通に生活できない。
思考盗聴、脳内音声、集団ストーカー。
極悪犯罪集団。
脳内音声だから、好きなだけ、悪口が言える。

どんなに苦しんでいても、絶対に嫌がらせをやめない。

そんな集団は「電磁波犯罪」で検索すれば出て来る。

私はその集団の名前を何度も脳内音声で聞かされている。

残念ながら録音されていないので他人に聞かせることは出来ない。

表に出て来い、そういったら「ご期待に添えなくて残念」と返事が返ってきた。

こんなやりとりがある。これを信じられる人がどのくらいいるだろうか。

私だって最初は思考盗聴は信じられなかった。

しかし、現実にはある。


犯罪の歴史上でも最悪の罪の重さだと思う。

生きていれば、生きているだけ、苦しまなければならない。

それも、悪意と殺意に満ちた加害者が張り付いて武器を使って攻撃をするからだ。

人殺しである。生きていても殺されたと同じだ。

よく、これだけ酷い事が出来ると思う。

正常な人間のやることではない。

集団で計画的にやっている犯罪だ。

「名乗って欲しい」と犯罪者から催促された。

残念ながら、もう、名乗っている。

あなた方と同じように、ある場所では。

「世間に名乗って欲しい」と催促された。

ならば、思考盗聴、脳内音声の装置を持って出て来て欲しい。

答えは、ご期待に添えなくて残念。

午前9時50分
上記のように昨夜も酷い睡眠妨害をされた。音声による嫌がらせ、臭い、映像、感覚などをやられた。感覚は「電気を浴びさせてやれ」と音声で聞かされた後に下半身がマッサージされているような痺れ感があったようだ。とにかく音声が酷い。何でも良いから相手に屈辱を与える言葉を聞かせ続ける。昨夜は頭の上の方、3メートルくらい上空にお座敷があり、そこに男が三人くらいいて、悪口言いたい放題。しかも、同じ内容を何度も、何度も繰り返して放送する。人を貶す言葉を口にさせたら天下一品である。

今朝は目が覚めたのは8時で歌のリピート送信をされていた。起きて来るとなぜか曲が変わり「マイファニーバレンタイン」になった。そして、声による嫌がらせも続いている。「この地域から出て行け、子供も学校を換えさせろ」、「慌てふためいて、バタ足で追い立てろ」こんな感じだ。

午前10時40分
会社の事務所で書類に目を通していると、焦げ臭いような臭いを送信され、頭が締め付けられるようになって来る。イライラ感が出て来る。イライラと同時に思考能力が低下し、落ち着きが無くなる。パソコンなどのファンの音が妙に気になる。頭のてっぺんから、眉間にかけて、眉間から鼻、目の下あたりに圧迫感がある。体が痒くなったり、チクチクしたりする。仕事どころではない。いや、それ以前に人間として生きる権利を奪われている。歌のリピート送信は続いている。電磁波の照射も続いている。とくにパソコンの側が酷いようだ。被害者に何もさせない、人間として生活をさせない、悪魔そのものだ。

午後1時45分
午前中はICレコーダーを購入しに出掛けた。途中コンビニによると「そこに居ろ、パトカーで向かえに行くからな」、「有り金全部使い果たさせろ、そんな物で録音出来ると思っているのか」と音声送信をされる。店の中で商品を見ている時も頭の締め付け感がある。カタログを見ていると目に違和感があり、表現は出来ないが変な感じだった。あいにく目的の商品の在庫がないとの事で店を後にする。店の中でも音声送信をされていた。私に関係のあった人物の名前を全部知っていて、特に女性に関しては偏執なまでに拘る。「・・・がお前のことを笑っているぞ」などだ。歌のリピート送信も続いている。

頭が痛く体がだるく、お腹が痛い、頭部に発熱感がある。かぜの症状か。急に耳鳴りがした。

それから昨日病院に行った時に不思議な事があった。待合室には人が沢山いて、「これは時間がかかるなあ」と思ったら、すぐに呼ばれた。中に入り2分程度医師と話をして出て来ると、待合室には2人くらいしかいなかった。

午後3時40分
少し発熱しているようなので横なって休んでいた。相変わらず女の声でワイセツな言葉を送信して来たり男の声で悪口を聞かせたりする。こちらが頭の中で何か考えると映像を差し込まれたりして、何が自分の考えかわからなくなる。加害者に対する悪口とかも送信されていて、気がつくと一緒に言っている。相手の悪口を考えただけで耳鳴り攻撃をして来る。とにかく極悪だ。

かなり前からだが、タバコの臭いが日常的に変な匂いになっている。今朝タバコを吸った時からヒャックリが止まらなくなり、とくにタバコを吸うと出る。昼過ぎには治っていたが、また先ほどタバコを吸ったら、2回くらい吸ったらヒャックリが始まった。女の声で「今度はくしゃみを誘発させて」などと送信する。病気で寝ていても嫌がらせはやめない、そんな集団に殺意が無いわけがない。今も苦いような薬くさい感じにさせられている。歌のリピート送信もされている。とにかく最近は集中的に攻撃をしかけている。

午後8時丁度
仕事を終えコンビニで買った弁当を食べた所だ。アルミホイルを6本ばかり買って来た。ICレコーダーも購入した。カゼを引いたのか調子が悪い。とにかく悪夢のような毎日だ。「胃に穴をあけてやれ」などと音声を送信されたり、くだらない歌のリピート送信、耳鳴り攻撃、など列挙したらきりが無い。音声による脅迫を伴う攻撃。とにかく一日中、思考盗聴をしながら苦痛と屈辱を与え続けている。たとえば電気店でレジの女性の顔を見たり、手を見たりしただけで「スケベー」、「結婚指輪があるかな」などと送信されたり、自動車を運転していても、何処にいても、それらの嫌がらせは一秒も途切れることなく続けられる。その口から出る言葉は想像を絶する物がある。すべてを、いちいち書いていたら大変な量になってしまうのでやめている。

とにかく何も出来ない。落ち着く事が出来ない。支配下に収められたロボットのような物である。

心で物を思う自由。心で感じる自由をも奪い取っている。
逆らうと攻撃を受ける。

これはなんなのか、この犯罪は、この罪は。

午後10時
先ほどニュースで出た。アメリカ兵のタクシー運転手殺害事件。「殺せという声が聞こえた」これが問題である。テレビを見ていて思い出した。たとえばテレビのアナウンサーの顔を見ていると、そのアナウンサーの実際には喋っていない、心の声みたいのを聞かせる時がある。たとえば女性アナウンサーがいたとすると「どうして私って男に相手にされないんだろう」と言う女性の声で送信してきたりする。しかし、それはテレビの本人とは全く関係がないのである。

また、耳鳴り攻撃のボリュームが上がった。

午後11時45分
これから寝るところだが、耳鳴り攻撃が酷い。わざとやっているのである。風呂の中でも臭いの送信を受ける。極悪犯罪者集団。「軍団と呼んでくれ」などと言う。

今も、ブログを読んでいたら急に耳鳴り攻撃をされた。ただ事ではない。

陰に隠れて集団で計画的に武器を使い特定個人を攻撃する。

「お国柄訴える事は出来ない」と豪語するキチガイ殺人集団。

実際に聞いた。この嫌がらせで自ら命を絶たれた方がいると。

名実ともに人殺しである。

と、書いてアップすると、「お前もそうなるぞ」と脅迫をする。

実際に殺すことも、発狂させる事も、簡単にできるのだ。

お互いにそれを知っている。

そんな環境を強制的に作り出すキチガイ集団。

日記も一字一句、すべて監視下において書いていることになる。

どんなブログを読んでいるかも知っている。

絶対に許してはいけない、そんな集団を。

追記 ICレコーダーで試しに録音をしてみた。「そんな物で録音できるわけないだろう」と脳内音声で聞かせ、わざとらしく耳鳴りのボリュームを上げ下げした。

それにしてもNHKのニュース「人を殺せと言う声が聞こえた」の事件。気になる発言だ。

絶対の自信

極悪犯罪者集団には絶対の自信があるらしい。

先ほど、ある人に被害の相談のメールを出したら、送信と同時に一斉に攻撃を開始して、あいつも追い落とせ、こいつも落とせ、すべての人間に被害を受けさせろ。そう言って絶対の自信を見せ付けた。

それもそのはずである。

証拠の残らないやり方で遠隔地からスパイ行為をして

証拠の残らないやり方で遠隔地から攻撃をする。

ようするに、あらゆる情報を盗み取っているのである。

その情報を利用して破壊工作をする。

これでは、もう、

午前8時30分
昨夜も映像を見させられたり就寝時(1時すぎ)に嫌がらせをされた。3時頃に目が覚めた直後は眠かったが、突然脳内が覚醒する信号を送られたように興奮する。そして、いつもの男の声を送信される。その論法は完全に自分達の罪を棚に上げ被害者に「お前は悪い奴だ」と言うように思い込ませる為の内容だ。その後は珍しくすぐに眠りに付け起床したのが8時15分。自分達で睡眠妨害、生活妨害をしているくせに「寝ぼすけ」と呼んでいる。いつも思うのだが目が覚めた直後は耳鳴りが聞こえて無く、数秒すると聞こえて来る。

今日は目覚めとともに何かの思考を送信された。インターネットスプーフィングと言うのがあるらしく、ある特有のサイトが擬似サイトになっているのではなく、インターネットに接続した時点で開始される詐欺行為の事である。たとえば、広告もその人の趣味に合わせて他の人とは違うのを表示するのに似ていて中身、本文が改ざんされていたりするらしい。

もし、目覚めと同時に本人の物ではない思考を挿入されていて、相手の挿入した内容に対して被害者が思考を展開しているとしたら、インターネットスプーフィングに似ていると思った。今日の朝の変な思考。夢の中から目覚めるまでの思考である。人との関わり、交流のようなストーリー展開で何かの記念に会社でケーキを作ってプレゼントしてもらう話だ。最後は私がカラオケを歌うかどうかの所で完全に目が覚める。

「きっと彼は歌わないよ」いきなり脳内音声を送信されたので目覚めと同時に憤慨し、心の中で言ってやった。「私は酒はのまないし、カラオケもやらない、歌うはずがない」。そうすると彼らは「新世界秩序を見せてやれ」と脳内音声で言い返してきた。その後「ねーむれー、ねーむれー、母の胸に」という歌をリピート送信された。問題である「新世界秩序をみせてやれ」この発言。

午前10時
出社後ひと仕事し、お腹が痛いのでトイレに行く。すると「近所のAの家に謝れ」と私に向かって脳内音声で命令をする。なんというデタラメさか、アキレカエルどころではない。最初に脳内音声で無理やり聞かされた演劇ストーリーでは、その家が民家覗きの舞台になったていて「A、おめえら夫婦そろって犯罪者か、指つめだぞ」などと聞かせたり、あたかもその家から悪口が聞えてくるように音声を送信していたのだ。それなのに、今度は、見えないテクノロジーによる攻撃に耐えられなくなり、家の中で独り言を喋ったり、物に当たったりして、少しでも私が騒ぐと手のひらを返したように論法を変えて攻撃をして来る。こんなやり方からも判るように、他のホームページにも書かれているように、被害者に近所でトラブルを起こさせるのが目的である。近隣に悪い噂を出させる。あの人は精神異常なんだよ、なんて噂が広がれば自分達の犯罪に関する噂が消える。

更に、トイレの中で以前住んでいた所での出来事を思い出したら、それだけで「その名前は思い出すな」と脳内音声で脅迫され、更に耳鳴り攻撃で威嚇された。それでは納得行かないので別の事を頭に浮かべたら、それに対する攻撃の材料(音楽のメロディー)まで用意してあって即座に反撃に出てきた。それにしてもあらゆる角度から攻撃する集団である。しかも、その根底にあるのは全く正当性のない、全く常識的判断のない、無理やり被害者に屈辱を与えるための考え方である。嘘なのである。たとえば、被害者のやることなすことを、すべて汚して、自分達の方がすべてにおいて優れている。そんなことを陰に隠れて脳内音声だけで特定個人に対して示すのである。加害者が攻撃をする時の発想は歩くのがやっとの子供と徒競走をして自分の方が早い「勝ったぞ」と言って喜んでいるような物で、走りたくもない子供に無理やり走らせて、転んだとすれば「ざまあ見ろ」と言いい指差して笑うようなものである。また、実際に、現実に競争をして勝てない事が明確に判っている場合は音声送信の加害者ではなく、別の人間の名前を出して「あいつの方が優れている」などと言う。このバカげたやり方は、すでに多くの人に知られているが、毎日、朝から晩まで特定個人にしか聞えない脳内音声で嫌がらせをされると、大変なストレスになる。

午後12時40分
相変わらず脳に直接攻撃を受けている。歌のリピート送信、声による脅迫、中傷は勿論のこと頭が締め付けられるような感じ。耳鳴り攻撃もある。思考誘導というか、そちらの異次元の世界に引きずり込まれてしまい仕事の計画も出来ない状態だ。今日は眉間の辺りに圧迫感を感じる。こうやって書いていると余計攻撃をされ、今、吐き気がしてきた。女性の声で「どんなに汚い手段を使ってもいいから、嫌がらせをさせ続けて」などと脳内音声で聞かされた。めまいもする。

午後3時30分
相変わらず仕事中にも音声送信、臭いの送信による嫌がらせを受ける。たとえば作業場で人と話しをしていると、その話に割り込んで来て私の考えが間違っているなどと送信して、イライラ感の出る電磁波を浴びせてくる。女性と話をしていると臭いの送信を受けたり、目の前にいる人の悪口を意識化に送信されたりする。パソコンのある部屋は2階にあるので階段を昇り降りするが、ほぼ決まってその場所を通過する時に臭いの送信を受ける。今、ログインする時に酷い吐き気をもよおした。それと、やはり脳内音声には種類があるようで、嫌でも送信された言葉を一緒に喋ってしまう種類の物と、ただ聞えるだけのと、周囲から聞えて来るのが確認された。その嫌でも舌が一緒に動いてしまう種類の音声で歌を送信されているようだ。今も頭が締め付けられるような感じになり、内臓が痛む。左の耳が熱いような感じがする。

今、いったん日記を保存したら「殺してやれ、近所が疑われるぞ」と男の声で送信された。

午後6時40分
インターネットで思考盗聴に関する情報を読んでいると耳鳴りがして来て、読んでいる自分の言葉が聞えて来る。臭いの送信もされていて臭い。お腹に空気が溜まる攻撃もされている。頭に締め付け感、イライラ感が出る。夕方には腹痛の為病院に行った。そこでは声以外の被害は受けなかったが尿を取っている時にワイセツな言葉を女性の声で聞かされた。病院で薬をもらい帰りにコンビニでタバコを買い自動車の中で休憩をしていると急に吐き気がしてきた。17時21分だったと思う。その後、運転をしていると17時40分頃にまた耳鳴りがして来た。

午後7時50分
6時40分からずっと耳鳴り攻撃と脳内音声の悪たれをついている。
「可愛そうに」の女性の声がわざとらしい。
殺人と同じ犯罪だ。極悪犯罪者集団の薄汚いやり方。

人間として生活をさせない

精神異常者に仕立て上げる

自殺に追い込もうとする

下手をすると

凶悪な理解不能の殺人事件なども電磁波のせいかも知れない

ここまで書くと、耳鳴りが一段と激しくなり「出て行け」と脳内音声で嫌がらせをする。

午後10時50分
先ほどはイライラ電磁波を浴びせられ、悪たれ音声送信でやられていた。耳鳴り攻撃でやられていた。その後、ネット閲覧で3時間もうろうとしていた。先ほどから腹部が非常に痛い。原因は判らないが、音声で「お腹を痛くして」、「ネット閲覧をやめなさい」などと言われたりしている。正直、胃に穴が空くほどのストレスのせいではないかと思われる。新しいサイトを少し拝見。果たして何の意味があるのか。しかも、その間もテレパシー会話をさせられていたりする。今日は風呂に入って寝ようと思う。

午後11時50分
やはり風呂場は危ない。「ぴゅんぴゅん丸」とか言う歌をリピートで歌われてしまった。風呂に入る前に少し静かになっていた耳鳴りも入浴中にボリュームアップされた。歌はまだリピートされている。そして集団で寄ってたかって悪口を脳内音声で浴びせる。殺意がないとは言わせない。「その通りだと書け」脳内音声で言われる。極悪犯罪者集団だ。「絶対に許すな」などと言う。人殺しと同じだ。

咳の誘発をされている。体がチクチク痛い。腹部が痛いのも電磁波のせいだと思う。
今日、自室に入ると何かいつもと違う臭いがしていた。後になってから解説が入った。「足の臭いを付けさせろ、うんと臭いのを、あいつの子供と同じように」脳内音声での解説。小学生の子供が足が臭いので困るといわれていた時期があった。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる