最近の要望書

最近は下記のような文章を政党などにメールで送っています。大変にありがたい前向きなご回答を頂いたりもしますが、ほとんどは無反応です。他の被害者の方も同じかも知れませんが、私は脳を攻撃されますので文章の作成に手間取り、しかも、感情の操作により要望を出そうとする気持ちがなくなってしまいます。出来れば他の被害者の方にもご協力を頂ければと思っています。



電磁ハラスメントと呼ばれる隠蔽されたテクノロジーを使った総合的な人間の遠隔監視・
遠隔操作を禁止させる為の要望書

人間の遠隔監視と遠隔操作の被害では著しく人権を無視した一方的な侵害と攻撃が行われていて、それは拷問のような内容の破壊活動です。遠隔より人間の生体情報を盗み取って監視をしながら悪意を持って加工された信号を送りつけてきて心身に対して多大な変調を起こさせます。それにより病気のような症状を引き起こされ自然な日常生活を送ることは到底不可能となります。その被害は人間が正常ではいられなくなるほど悪質なもので耐え難い苦痛と屈辱を受けさせられ続け拒否することは出来ません。遠隔監視についても24時間体勢で行われていて、時と場所には関係なく見聞きしたものをすべてリアルタイムで盗み取られてしまうために被害者のプライバシーは完全になくなってしまします。しかも、隠蔽されているテクノロジーであるために証拠の捕獲は困難で被害を受けていない人には信じがたいものとなっています。

要望趣旨
この要望書は世界的に多くの被害者が発生している電磁ハラスメントの類に関して日本国内に置いて多数の被害者が発生しているにも関わらず何の対策も行われないまま被害者が増え続けている現状なので早急な問題解決をお願いするものです。

要望内容
・ 被害の実態調査
・ 加害媒体の特定と検出方法の開発
・ 電磁ハラスメントが行われていることに対する社会的認知
・ 現在ある法の適用
・ 加害者の特定
・   目に見えない武器による暴力と心身への拷問に関する研究調査
・ 新しい法の制定

被害内容

被害内容は一定ではなく、数多い攻撃メニューの中から選んで行うことをしていて、さらに強弱を付けてコントロールをしています。また、それぞれの被害者によって受けさせられる被害に違いが出ています。そして、装置の向こう側には明らかに人間がいることと、自分自身が遠隔攻撃を受けていることを強制的に知らされます。それは絶え間ない監視をされていることを常に意識させ不自然な状況を作り出しています。五感の遠隔操作では周囲の雰囲気を現実とはまるで違ったように感じさせることも行われています。そう言った攻撃メニューは十分に研究され複合されてひとつの体感被害を作り出しています。また、その被害は苦痛と屈辱を受けさせる為に行われているので途切れる事のない苦痛と屈辱を何年でも受けさせられます。被害が酷くなると耐え難い苦痛となり拷問のようになります。その苦しみは身体に対するものと精神に対するものに分かれています。

1. 脳機能に強い変調を起されます
2. 精神(感情)に強い変調を起されます
3. 五感の遠隔操作が行われています
4. 内臓や筋肉の遠隔操作が行われています
5. 見聞きしたものをすべて盗み取られます
6. 呼吸や心拍数などの生体情報も盗み取られます
7. 考えの盗み取りと送り付けをされます(言語・イメージ映像)
8. 病気の症状を再現する形で行われます
9. 偶然など自然現象を装って行われます
10. テレパシー通信のように会話をさせられます
12. 通信の秘密がありません
13. 通信の妨害をされます
14. 人間だけでなく家電製品の誤動作を起こされます
15. たとえ満員のエレベーターの中でも特定の個人だけに影響を受けさせられます
16. 航行中の航空機の中でもシールドされた電波暗室の中でも逃れることが出来ません
17. どこから誰がやっているのか判りません
18. なぜ自分がそのような対象になったのか理解できません
19. 自由にものを考えること、自由に動くことができません
20. 思考の誘導、意識の誘導が行われます
21. 人工的に夢を見させられます
22. 住むところを追いやられたり、仕事を出来なくされます
23. 対人関係を破壊されます
24. 被害を受けていることを他人に言えなくする工作や攻撃が行われます
25. 日本国から外に出ても被害が継続するようです
26. 自殺・発狂に追いやることが出来ます
27. 絶え間ない拷問のような被害です
28. 生体実験のようですが何の断りもなく一方的に行われています

このような犯罪を放置していると増え続ける被害者が絶え間なく苦しまされるばかりではなく、周囲にも何らかの影響が及び社会を混乱させることになるかも知れません。また、安全が保証されているはずの室内でのプライバシーや脳内のプライバシーは気が付かない間に盗み取られている可能性もありますので早急な対策をお願い致します
プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる